2019.03.16

食菜 和ごころ

Photo_709

村上市の「食菜 和ごころ」です。
村上駅前近く、村上瀬波温泉IC方面へのセブンイレブンの裏にあります。
村上市での昼食、食べたことのないものの多い和ごころにお邪魔しました。
午前11時45分に着きました。お店前2台の駐車スペースは空いてます。
お店は、奥に厨房、左側にドリンク程度の配膳スペース、中央に配膳スペース向きのカウンター席、手前にテーブル席、右側に広々の小上がりがあります。カウンター席の回りは喫茶店、小上がりは居酒屋のような雰囲気のお店です。早かったため他にお客さんはいません。テーブル席を使わせてもらいます。
席に着くとスタッフが椎茸ともやしの煮物風なものと水を持ってきました。
メニューは、ラーメンを中心に、定食や単品などもあります。お店の雰囲気に反し、お酒が飲めそうなお昼の居酒屋メニューはありません。ラーメン類は、塩味から始まります。しじみ塩ラーメン、エビ塩ラーメン、海鮮タンメン、塩ラーメン、塩チャーシューメン、エビ塩焼きそばがあります。次に中華そば、わかめラーメン(醤油・塩)、チャーシューメンがあります。追加トッピングやセットもあります。わかめラーメン(醤油)ミニカツ丼にしました。
真っ白な器に盛り付けられてきました。スープが塩ラーメンかのようです。
麺は、細い縮れ、好きなタイプの麺です。最近の傾向でしょうが硬めです。
スープは、あっさりした醤油味が控えめのもの、最初塩味かと思いました。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鶉玉子、わかめ、鳴門、ねぎです。
塩味のようなあっさりしたスープに細縮れ麺、トッピングも充実しています。わかめラーメンは、税込みで648円です。今ではかなりお得に感じます。
ミニカツ丼は、豚肉でチーズをサンドしたものでコロッケ程度の大きさ。3つに切られていてボリュームもありますが、税込みで334円とお高めです。
 
Photo_707

相方の食べたしじみ塩ラーメンです。税込み864円です。
 

| | コメント (0)

2019.03.15

大積パーキングエリア(上り線)

大積パーキングエリア(上り線) あかごま担担麺とミニタレカツ丼のセット

長岡市の「大積パーキングエリア(上り線)」です。
北陸自動車道長岡ジャンクションから上越方面へ、最初のパーキングで、その軽食コーナーになります。新潟県内の高速道路上では、お手頃なお店です。
年度末の忙しさ、昼食の時間が上手く取れず、移動中の昼食になりました。
どこにでもある高速道路のパーキングエリアらしい、カウンター席とテーブル席のスペースがあります。その入り口近くには2台の食券販売機あります。
メニューは、写真入りのパネルがあって、解り易くなっています。高速道路のパーキングエリアらしいものが殆どで、そば、うどん、ラーメン、ご飯物、スナック、単品などがあります。ラーメンを食べる程度の時間はあります。ラーメンは、醤油ラーメン、長岡ラーメン、こってりラーメン、あかごま担担麺があります。前に食べたヤスモッカ特製ラーメンがなくなっています。醤油ラーメン、長岡ラーメン、こってりラーメンには、ミニチャーハンとのセットがあります。あかごま担担麺には、ミニタレカツ丼とのセットがあります。いずれも250円増しと以前のような不可解な価格設定はありません。改装してからヤスモッカ特製ラーメン、長岡ラーメンを食べました。ちょっとお腹も空いているので奮発してあかごま担担麺とミニタレカツ丼のセットにしました。
いつもは早めに出来上がるのですが、タイミングが悪く待ちのお客さんがかなりいます。順調にこなしていますが、結構遅めの出来上がりになりました。
黒に渋い赤の模様入りの器に赤よりカレーっぽい色のスープの担々麺です。
麺は、普通の太さの縮れ。かなりモチモチ感で楽しめる余裕がありません。
スープは、胡麻の風味とまろわかさに加え、しっかりした痺れがあります。
トッピングは、挽肉と搾菜の芝麻醤炒め、青梗菜、青ねぎとシンプルです。
あかごまがどんなものか特徴的なことは判りませんが、まあまあ普通な担々麺でした。あかごまの価値が判りませんが単品で800円はお高く感じます。
ミニタレカツ丼は、しっかり重みのある趣のある器に盛られています。ご飯が少なめ、タレカツも小さめのものが1枚、物足りなく感じるボリュームです。ご飯に対しタレカツが足りない事を理解しているようで、かなりしょっぱめのタレになっています。これで250円は、セットからくるお得感が…。セットで1050円。閉鎖された高速道路上はやりたい放題と感じるお昼でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.14

らーめん 六綵亭

六綵亭 みそラーメンつけ麺風

新潟市の「らーめん 六綵亭」です。
東堀前6番町、アパホテル向かいの路地を入った気付き難い所にあります。
相当前から食べていないような気がします。同僚と一緒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席が5席、左側にテーブル席2卓があります。小さめで木の質感が良く、小料理屋でも良さそうな雰囲気です。午後12時15分頃に着きました。カウンター席は空きがなく、手前のテーブルもお客さんが入っていますが、奥のテーブルが空いていましたす。
メニューは、みそラーメン、野菜みそラーメン(野菜がみその倍)、麻婆味噌ラーメン、ラーメン、冷し中華(夏季限定)があります。タンメンが新たに提供されています。麺の量は、並150g、中200g、大280gで、中が50円増し、大が150円増しです。トッピングは、チャーシュー、メンマ、バター、コーンがあります。厨房前の垂れ壁に“みそラーメンつけ麺風はいかがですか?”と貼紙があります。食べてはいますが、みそラーメンつけ麺風にしました。
店主1人でこなしているお店です。手際は良いと思いますが、タイミングが悪かった。待ちのお客さんがほとんどでかなり待って出来上がってきました。
麺は白い皿、つけ汁はみそラーメンと同じ大きさの白い丼に盛られています。つけ汁の山が少し低いだけで、みそラーメンと区別がつかない見た目です。
麺は、普通の太さの縮れ。ツルツル感とモチモチ感のバランス良い麺です。
つけ汁は、味噌の味がしっかりしてまろやかで、こってり感がないものです。一般的なつけ汁の強いしょっぱさのない、普通のみそラーメンスープです。
トッピングは、みそラーメンと同じです。キャベツ、もやし、玉ねぎ、人参、きくらげ、挽肉の炒め物のみです。つけ汁の中にたっぷりと入っています。
みそラーメンから麺だけ取り分けたようなつけ麺でした。つけ汁に強いしょっぱさがないのに不思議と麺といい感じに絡みます。なので割スープも必要なく残ったつけ汁を飲むことができました。味噌の味、麺の感触、たっぷりの野菜とバランスの良さを楽しめるものでした。みそラーメンが600円でつけ麺風もそのままの600円。お手頃な六綵亭のお昼、ちょっと得した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.13

らーめん 古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+納豆

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面の道を進み一時停止を左へ、神社が並ぶ向かいにあります。
巻地区でのお昼です。やっぱり古潭の味噌が食べたくなりお邪魔しました。
駐車場がないので路線バスの支障とならないようお店前の道路に路駐します。正午過ぎに着きましたが、いつもと変わらないほどほどの路駐の状況です。
お店は、車庫のような屋根があるスペースがあり、その奥に入口があります。さらに奥行きのある建物です。右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、その手前にテーブル席1卓、左奥に小さな隠し部屋のような座敷があります。ちょっと古く、照明も押さえられ、落ち着いた隠れ家的な雰囲気のお店です。カウンター席は満席で、直前でお店に入ったお客さんが1人テーブル席で食べているところに相席しました。4人掛けですが、相席なら2人まででしょう。隠し部屋的な席は1人客の使用はないでしょうし、食べ終わりそうなお客さんもいるようなので少しの待つように言われました。椅子に掛けて待ちます。
ニューは、醤油・味噌・塩の各ラーメンとそれらの野菜ラーメン、その他に納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。追加トッピングは、チャーシュー、メンマ、バター、コーン、わかめ、たまごがあり、さらに大盛りまで50円増しとお手頃です。東堀石門子が閉店してしまい、新潟県内でもっともせっかちに注文を聞くお店になってしまったでしょうか。やはり待ちの間に注文を聞かれました。一番好きな組み合わせの野菜味噌ラーメン納豆にしました。
2~3分待ってカウンター席の2人組が食べ終わりました。後ろにもお客さんが列んでいて、案内されません。すぐにカウンター席の1人のお客さんが食べ終わり、その席に案内されました。後ろのお客さんが2連続のカウンター席に案内されました。普通の対応ですが、なかなか出来てないお店もあります。
カウンター奥にある冷水機で水を用意して案内された手前の席に座ります。
今日も店主と奥さんの二人、店主が作り、奥さんがトッピングと配膳をしています。せっかちなぐらい注文を聞くのが早いですが出来上がりも早いです。
黒く渋い器に白味噌仕立てのスープ、ゆで野菜の淡い緑がとても綺麗です。
麺は、細い縮れの普通に見えてバランスが整っています。少し硬ゆでです。
スープは、まろやかな白味噌仕立て、味噌の旨味がいい優しいスープです。
トッピングは、予めゆでてあったキャベツともやしと挽き割り納豆のみです。キャベツは、ゆで加減が良くレタスかのような食感で楽しむことが出来ます。さて、納豆の出番です。麺やスープ、野菜に納豆の旨みを絡めて楽しみます。麺やスープ・野菜に直接絡めたり、スープに溶かした納豆を絡めたりします。普通で旨味のある野菜味噌ラーメンが、納豆でさらに強い旨味になります。
細い縮れ麺と優しくバランスの良いスープ、キャベツの食感を楽しみました。納豆でさらに旨味を楽しみ800円。今ではちょっとお得にさえ感じます。
食べている最中に4人組が来て隠し部屋風な席へ、結構上手く回ってます。
その後、訪れるお客さんも少なく、お昼時間とは到底思えない静けさが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.12

大江戸 県庁前店

大江戸県庁前店 味噌タンメン

新潟市の「大江戸 県庁前店」です。
県庁近く、国道116号線と県道51号笹出線の間の市道沿いにあります。
同僚と一緒の昼食、同僚の希望で大江戸にしました。大江戸のファン多し。
お店は、右側に厨房、その手前と左側に厨房向きのカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。広々・明るく、綺麗な和食堂のような雰囲気です。午後12時30分過ぎに着きました。駐車場はそこそこ駐車されていますが、お店は半分程のお客さんの入り、前々回の混雑振りは何だったのでしょう。
メニューは、醤油と味噌それぞれの味のラーメンとチャーシューメン、塩と味噌それぞれの味のタンメン、焼きそば、冷やし中華などがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。サイドメニューもライス(小・並・大)、おにぎり(梅・鮭・天かす)、ミニ自家製カレー、ミニチャーシュー丼、曜日毎の日替りミニ丼ととても充実しています。前回は寒いときの味噌タンメンと思いつつお邪魔してのもうひとつ食べたかった冷し中華になってしまいました。今回は味噌タンメンにしました。野菜をたっぷりと採らせてもらいます。
タイミングが良かったのでしょうか。かなり早めに出来上がってきました。
真っ白な(たぶん店名入り)の器に、たっぷりの野菜が山になっています。
麺は、細く弱い縮れ。その細さからくる優しい食感が心地良い、食べ易い麺です。長い麺です。普通のラーメンのように食べると口の中に収まりません。
スープは、味噌味がしっかりしていながら油が少なくあっさりしたものです。細麺と良く合うスープです。なんでしょう?スイスイと口の中に入ります。
トッピングは、豚肉・白菜・もやし・玉ねぎ・人参・ニラ・きくらげ・しめじなどの野菜炒め?とねぎです。見た通り、かなりのボリュームになります。
他のメニューのような大江戸ならではの辛味がトッピングされてません。間違いかと思いましたが、本店の味噌タンメンにもありませんでした。辛味はテーブルに置かれてるので自由に加えられますが、今回は辛味なしにしました。
野菜がたっぷりで脂も少なめ、身体に優しい味噌タンメンをいただきました。味噌タンメンは900円です。野菜をたっぷりいただき、大盛りの必要性を感じさせないボリュームでしたが、それでもちょっとお高いような気がします。辛味で味の変化を楽しんでの900円の方が後味がいいような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.11

蓬来軒

蓬来軒 らーめん(大盛)

新潟市の「新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路のやや東寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)の向かいにあります…。もしかすると?たぶん?市役所庁舎ってNEXT21に移ったかも知れないです。
同僚との昼食になりました。同僚の希望もあって蓬来軒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。なんか落ち着く古さのある庶民的な中華料理屋さんです。午後12時20分頃に着きました。半分ぐらいのお客さんの入りでしょうか。カウンター席は結構空いていて、テーブル席は1テーブルが空いています。
メニューは、カラー写真が並ぶ1枚もの、判り易いメニューです。らーめん、めんまらーめん、ちゃーしゅーめん、潮らーめん、たんめん、味噌たんめん、四川たんめん、きくらげたんめん、特製たんめん、焼きそば、揚げそば、広東めん、麻婆めん、天津めん、わんたんめん(秋~春)、冷やし中華(夏)などがあります。他にも、潮つけめん、四川つけめん、麻婆つけめんもあります。ご飯ものや一品料理なども豊富です。らーめんはお手頃ですが、他は手間がかかるためかそこそこの値段です。お手頃ならーめん(大盛)にしました。
今日は待ちのお客さんも少なく、すぐに作り始めて出来上がってきました。
パステルカラーの綺麗な鳳凰の模様が入った白い器です。大盛りは龍でした。飴色の懐かしさを感じさせるスープ、ちょっと彩りがおとなし過ぎ?です。
麺は、極細の緩い縮れですが、ストレートでもいいでしょう。少し硬め、歯応えと噛み切れ具合が長浜ラーメンを食べているかのような気持ち良さです。
スープは、淡い醤油色の透き通ったもので、その見た目通り、懐かしいを感じさせる醤油味のあっさりですが、優しい旨みと深みを感じさせてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎなどです。彩りが欲しいです。
蓬来軒の麺は本当に好みの麺です。らーめんでシンプルに麺を楽しみました。途中から胡椒をかけ、あっさり味+αを楽しみました。彩りはちょっと寂しいもののらーめんが600円で、大盛りが700円、お手頃に楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.10

回転寿司 スシロー 新潟赤道店

新潟市の「回転寿司 スシロー 新潟赤道店」です。
赤道沿い、藤見町交差点の近くにあるパチンコ店駐車場の一角にあります。
テレビCMでスシローの天然だけの3貫盛り祭が流れています。くら寿司のハンバーガーにしようか思っていましたがスシローで食べることにしました。
お店は回転寿司そのものです。テーブル席が多く、カウンター席もあります。午後1時40分過ぎに着きました。10人程の待ちになっています。タッチパネル式端末で人数と席の希望を入力、プリントされた用紙を持って待ちます。しばらくの待ちかと思ったら10分ぐらいでテーブル席に案内されました。
回転寿司ですが、時間が遅かったこともありほんの少ししか流れていません。注文はタブレット風端末でする方式。使い易い構成でページ遷移も容易です。トップ画面から限定メニューのページへ。天然だけの3貫盛り祭があります。テレビCMで見た通り3種類の3貫盛りがあります。それぞれ注文します。
天然だけの3貫盛り祭
◆天然インド鮪3貫盛り 赤身・中とろ・大とろ      300円+税
◆天然魚3貫盛り    ひらめ・いわし・むらさきいか  150円+税
◆天然貝の3貫盛り   赤貝・白とり貝・ほっき貝    100円+税
お寿司は一般のお寿司が廻っている所を少し高い台にのって廻ってきます。
山葵も廻っています。お寿司はさび抜きで、セルフで山葵を加えられます。

スシロー新潟赤道店 天然インド鮪3貫盛り

天然インド鮪3貫盛り 赤身・中とろ・大とろ

スシロー新潟赤道店 天然魚3貫盛り

天然魚3貫盛り    ひらめ・いわし・むらさきいか

スシロー新潟赤道店 天然貝の3貫盛り

天然貝の3貫盛り   赤貝・白とり貝・ほっき貝
その他にいろいろ食べました。相方と二人で2808円、お手頃ですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.09

創作中華料理 香町

香町

新潟市の「創作中華料理 香町」です。“ほんちょう”と読みます。
古町エリア、本町通りと東堀通りの中間、6番町の小原小路沿いにあります。「めん処 くら田」の東堀通り寄り斜め向かいにある創作中華料理店です。
香町のご飯ものも食べてみたいと思っていました。相方とお邪魔しました。
お店は、左奥に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左手前に手前窓向きのカウンター席があります。席数も少なく、庶民的な雰囲気の中華居酒屋です。午前11時50分頃に着きました。1階は他に1組のお客さんと空いていますが2階も…ってことで2階に上がらせてもらいました。右側に階段があり、靴を脱いで上がります。2階には広いスペースがあって、ゆったりと卓が5卓配置されています。他にお客さんはいません。取り敢えず貸し切り状態です。

香町 メニュー

メニューは、ランチの1枚ものがあります。肉ランチ、魚ランチ、肉・魚両方のせのWランチがあります。肉ランチや魚ランチの内容は日替わりで変わっています。今日の肉ランチは牛肉と木の子の中華たまり正油炒め、魚ランチはハタの岩のりあんかけです。麺ランチは、広東麺、担々麺、海老塩あんかけ麺、いつもの3種類があります。肉・魚の両方が食べれるWランチにしました。

香町 Wランチ サラダ

少し時間が経ってサラダが先に運ばれてきました。シンプルなサラダです。

香町 Wランチ

サラダが食べ終わる頃に、大きなお皿、ご飯とスープが運ばれてきました。

香町 Wランチ メイン

大きなお皿に、肉ランチと魚ランチ、一般的なら定食なら小鉢に盛られて料理が2品、プレートランチ風に盛り付けられています。肉ランチは牛肉と木の子の中華たまり正油炒め。木の子は舞茸、椎茸、しめじが使われ、チンゲン菜、筍、ねぎなども入っています。醤油色が濃くて心配しましたが、たまり醤油なので、全然控えめな味付けでした。魚ランチはハタの岩のりあんかけ。癖のない白身のハタに岩のり混じりの優しい塩味のあんがかかります。他にブロッコリーのマヨネーズ和え、里芋と玉蒟蒻の煮物が添えられてます。スープは玉子スープとシンプル、ご飯は女性向きのようで?ちょっと小盛りに感じます。

香町 Wランチ 杏仁豆腐

食べ終わる頃にはデザートの杏仁豆腐がきました。これが結構楽しみです。
肉も魚も結構美味しくいただけました。972円となかなかいい線です。

香町 広東麺

相方の食べた広東麺です。864円です。

途中で女性の3人組、その後に5人組がきました。結構賑やかで、食べている人がいる近くでたばこは吸い始めるし、休日は雰囲気がもうひとつでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019.03.08

大江戸 県庁前店

大江戸県庁前店 冷し中華

新潟市の「大江戸 県庁前店」です。
県庁近く、国道116号線と県道51号笹出線の間の市道沿いにあります。
暖かくなってきたかと思ったら、ちょっぴり冬に戻ったかのような寒さです。こんな日は辛さで身体を温めようと辛味の好きな大江戸にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と左側に厨房向きのカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。広々・明るく、綺麗な和食堂のような雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。駐車場はお店がお休みかと間違えるほどガラガラ、お店の中も3割程度のお客さんの入り、不思議なぐらいに空いています。どのお席でもどうぞ!って雰囲気で手前のテーブル席に座りました。
メニューは、醤油と味噌それぞれの味のラーメンとチャーシューメン、塩と味噌それぞれの味のタンメン、焼きそば、冷やし中華などがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。サイドメニューもライス(小・並・大)、おにぎり(梅・鮭・天かす)、ミニ自家製カレー、ミニチャーシュー丼、曜日毎の日替りミニ丼ととても充実しています。今日の日替りミニ丼はささみたれカツ丼です。寒いときの味噌タンメンにしようかと思っていたのですが…、思い出しました。大江戸は、冷し中華を通年食べられることを…。次に大盛りにしようかとも悩みます。で、結局冷し中華ささみたれカツ丼にしました。
その後、お客さんが次々とやってきていい賑わいになりました。その前に注文できたため、手間のかかる冷し中華ですが、早めに出来上がってきました。
白っぽい器に濃い色のつゆ、麺を隠すかのようなトッピングが嬉しいです。
麺は、極細の弱い縮れ。冷しで一層コシが強く、特徴の長さに遊ばれます。
つゆは、醤油色の濃さに反して普通のしょっぱさ、程良い甘みと控えめな酸味があります。途中から辛味を加え、ひと味大人風な冷し中華を楽しみます。
トッピングは、チャーシュー、胡瓜、メンマ、錦糸玉子、もやし、刻み海苔、紅生姜などです。少し太めに切られ、胡瓜など素材の歯応えを楽しめます。
大江戸の極細麺はつゆに良く絡みます。辛味での味の変化を楽しめるのも好きです。冷し中華(並)は850円です。温かいものと比べると結構割高になりますが、作る手間とトッピングを考えると…、そんなものかも知れません。

大江戸県庁前店 ささみたれカツ丼

ミニ日替り丼のささみたれカツ丼です。軟らかくボリュームもまあまあです。これで200円、ちょっと得した感じです。合計1050円のお昼でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.07

海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX

海老寿DELUX 海老醤油ラーメン

新潟市の「海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX」です。
柳都大橋西詰辺り、一方通行のこんぴら通り入口の近く、左側にあります。
同僚との一緒の昼食です。同僚のリクエストで海老寿 DELUXになりました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に広い座敷があります。庶民的中華料理店のような雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。まだ早めだったのか半分ぐらいのお客さんの入りです。
入口を入ってすぐ左側に食券販売機があり、脇にランチの案内もあります。
メニューは、お店の名前からも判るように、海老醤油ラーメン、海老塩ラーメン、海老味噌ラーメン、海老出汁担々麺、濃厚海老つけ麺、海老チャーシュー麺(醤油or塩)、海老味噌チャーシュー麺、赤担々麺、白胡麻担々麺、麻辣担々麺、醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、えびたまそば、俺たちの麻婆シリーズで麻婆麺・麻婆担々麺・汁なり麻婆あえ麺、石焼麻婆飯などがあります。ランチは、Aランチ、Bランチが提供されています。happy Passとコラボの海老蟹デラックスは終わっています。海老醤油ラーメンにしました。
フロア係りのスタッフに食券を渡し、サービスの小ライスもお願いしました。今まであまり座ったことの少ないテーブル席に陣取り座つことにしました。
お客さんがかなり増えてきました。テレビ局っぽい団体までもがきました。
中華店の手際の良さ、空いてもいて、かなり早めに出来上がってきました。
真っ白な器に盛られてきました。海老のいかにも濃厚そうな香りがします。
麺は、細めの優しい縮れのものでシコシコした食感がとても心地良いです。
スープは、海老の濃い旨味と醤油のあっさりした旨味が合わさっています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、ほうれん草、海老粉、ねぎなどです。魚粉と同じで強い香りのための海老粉ならなくてもいいかな…。
海老の濃厚な旨味と醤油の旨味、海老の美味しそうな香り、最初はとても美味しく感じますが、その強さのため、どうしても後から飽きがきてしまいます。780円とちょっとお高いラーメンですが、充実のトッピングとサービスの小ライスもあり、まあまあいい線かと思います。たまに食べるラーメンです。

同僚がランチのAセット海(老醤油ラーメン+半チャーハン)を食べました。そうじゃないかと思っていましたが、セットの海老醤油ラーメンはチャーシューが付きません。セットのお得さはそう簡単なものじゃなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.06

小嶋屋総本店

小嶋屋総本店 春彩天ざる得盛り+大根おろし

十日町市(旧川西町)の「小嶋屋総本店」です。
十日町市での遅~いお昼。遅くてもやってそうな小嶋屋総本店にしました。
お店は、大きな蕎麦屋さんです。和食レストランの雰囲気で、カウンター席、テーブル席、小上がり、小座敷、大座敷まであるようです。午後2時40分過ぎに着きました。ポツリポツリとお客さんが居そうな音は聞こえてきます。
メニューは、へぎそばを中心に冷たいお蕎麦と温かいお蕎麦、お寿司を中心ととする海鮮やお膳、天ぷらをはじめとする一品料理まで豊富に揃っています。季節のメニューもあります。春の味覚まつりと題した1枚もののメニューがあります。たこのこ御飯膳、春の天ばら膳、ご馳走ちらし膳、春彩天ざるなどがあります。桜海老やほたるいかなど春の食材を使った一品料理を加えるのも楽しそうです。お腹が好きました。お蕎麦たっぷりと食べられるものにします。そば1玉半分の春彩天ざる得盛りにしました。大根おろしも付けました。
そば茶を飲みながらのんびり待ちます。ねり辛子、ねぎが運ばれてきました。今回は、あさつきがありません。胡麻をする鉢とすりこぎもきました。好きなだけ胡麻を入れ、軽く軽く擦りながら待ちます。そんこともあり、待ち時間が苦になりません。普通の待ちで春彩天ざる得盛りが出来上がって来ました。
布乃利(海草)を繋ぎに使った十日町や小千谷など中越地区独特の蕎麦です。ツルツルした触感とちょうどのコシ、噛み応えを楽しむ好みのお蕎麦です。
大根おろしをそばつゆに入れておろしそばも楽しみます。とても爽やかです。擦り胡麻や練り辛子、ゆず七味なども加えたり、味の変化を楽しみました。
天ぷらは、春らしい天然えび、金目鯛、たけのこ、桜えびかき揚げなどです。ひと足早く春の味覚を楽しめました。大根おろしがあって味が絡まります。
残ったそばつゆにそば湯を入れて飲みます。これが楽しみになっています。
時間は遅くなりましたが、なかなか楽しい昼食をとらせていただきました。
春彩天ざる得盛りが1706円で大根おろしが108円、1814円と2日分の食費になってしまいました。天ぷらに大根おろしがないのが痛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.05

ラーメンの店 東光

東光 東光ラーメン(野菜増し増し・背脂少なめ)

新潟市(旧豊栄市)の「ラーメンの店 東光」です。
北区支所の近く、以前の葛塚の市が立つ通りの1本南側の通りにあります。
豊栄でのお昼、久々に東光の味噌ラーメンを食べようかとお邪魔しました。
お店の周囲に駐車場がありますが、午後12時50分頃でも混んでいます。
時間も遅いし、すんなりお店の入ろうと思ったら、手前の風除室に女性3人組が待っています。お詫びと書かれた貼紙があります。スタッフ不足のため、お昼時間は小上がりを閉鎖するとのことです。そのための混みなんでしょう。
高校生のお孫さんがいそうな、おばさんと言うよりおばあさんと言っても怒られないような女性の3人組です。先にメニューをもらっていたようで真剣に見ています。列んで5分ほど経ったところでスタッフが注文を取りに来ました。
最初のおばあさんが東光ラーメンの野菜増し増し背脂少なめ、次のおばあさんが東光ラーメンの野菜増し背脂少なめ、最後のおばあさんが濃厚煮干しラーメンの太麺を注文をしました。が、2番目のおばあさんが野菜増し増しにしたくて悩んでいます。3番目のおばあさんが多かったら手伝うってことで野菜増し増しに変更しました。ラーメンマニア的なおばあさん達っているんですね。
注文が終わるとおばあさんの3人組は店内へ、テーブル席に案内されました。もう少しの待ち、メニューを渡されるかと思ったら続いて案内されました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席、奥に小上がりがあります。山小屋風居酒屋のようななかなか渋い雰囲気です。
もう少し待ちかと思ったら、カウンター席の奥に続け様に案内されました。
メニューは、味噌らーめんがメインですが、醤油らーめんや塩らーめん、煮干しラーメンやマーボー麺、二郎インスパイア系まで、とても豊富にあります。味噌らーめん、味噌チャーシューめん、ネギ味噌らーめん、辛味噌らーめん、特味噌らーめん、味噌らーめんW(二玉)、ミニ味噌らーめん、らーめん、ミニらーめん、たっぷり野菜らーめん、ネギばからーめん、チャーシューめん、ワンタンめん、特醤油らーめん、野菜たっぷり濃厚塩らーめん、濃厚煮干しラーメン、たっぷり濃厚煮干しラーメン、味噌マーボー麺、醤油マーボー麺、煮干しマーボー麺、汁なしマーボー麺、野菜汁なしマーボー麺、酸辣湯麺、東光ラーメン、デラックス東光ラーメンがあります。東光ラーメンが二郎系インスパイア系のようです。めんの量は大盛り100円・W盛り200円、野菜の量は増し(300g)無料・増し増し(400g)無料・バカ増し(800g)150円、背脂の量は増し無料・増し増し無料・バカ増し無料となっています。通常の野菜の量は200gなんでしょうか。チャーシュウ×③・メンマ・味玉・ネギと充実させたデラックス東光ラーメンもなかなかです。久々に東光の味噌らーめんをと思っていましたが、東光ラーメン(野菜増し増し・背脂少なめ)にしました。もう少しお腹が空いていれば、お金があればデラックス東光ラーメンも食べたかった。
混んでいて心配しましたが、まあまあ普通の待ちで出来上がってきました。
二郎インスパイア系らしい真っ白な器にたっぷりのもやしが盛られてます。
麺は、細めの縮れ。このようなラーメンでは珍しい親しみやすいものです。
スープは、醤油味があっさり、しっかり、まろやかな心地の良いものです。
トッピングは、チャーシュー、大量のもやし、少量のキャベツ、ねぎです。
二郎インスパイア系かと思えるほど食べ易いものでした。背脂の量は、普通でも良かったかも知れません。当初期間限定で提供されたもので当時の値段のままだそうですが、東光ラーメン750円、当時からお高かったのようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.04

こだわりの熟成スープ 麺屋 八戒

八戒

新発田市の「こだわりの熟成スープ 麺屋 八戒」です。
国道290号線沿いの南高校近く、跨線橋手前のたわらや場所にあります。
お店は、奥に厨房、手前に向い合わせのカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。広々して、新しく、綺麗で解放感のあるお店です。午後1時過ぎに着きました。3割~4割ぐらいのお客さんの入りです。入口を入って左側、セルフのおしぼりを持ってカウンター席に座りました。
メニューは、八戒ちゃーしゅう麺、八戒らぁ麺、熟成味噌ちゃーしゅう麺、熟成味噌らぁ麺、香辣麺、香辣ちゃーしゅう麺、あっさりちゃーしゅう麺、あっさりらぁ麺、つけめん、ちゃーしゅうつけめんがあります。追加トッピングやサイドメニューも揃っています。まかないらぁ麺の貼紙が、切り落としちゃーしゅう、もやし、小ネギなどトッピングを押さえてお手頃に提供しています。八戒らぁ麺辺りから食べるべきでしょうが、あっさりらぁ麺にしました。
お客さんが少ないこともあってでしょうか。早めに出来上がってきました。

八戒 あっさりらぁ麺

黒っぽい渋めの器に、いろいろとトッピングが賑やかそうなラーメンです。
麺は、やや細の縮れ。最初は硬めですが、後半は食べ易い食感になります。
スープは、動物系の旨味と魚介系の風味とのバランスが心地良いものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、岩海苔、桜海老、青ねぎ、白ねぎ、ゆず胡椒と器の表面が狭く思えるほど豪華に、綺麗に盛り付けられています。
途中からゆず胡椒を溶かして味の変化を楽しみます。ゆず胡椒って青唐辛子とゆずのはずですが、普通っぽい唐辛子の色です。ゆずの香りはちょっと控え気味ですが、なかなか良い辛みがあります。もともとのスープとも合います。
充実のトッピングも殆どが好みのものであり、味の変化も楽しめました。なかなか楽しいあっさりらぁ麺でした。税別800円も支払いは864円、かなりのコストです。八戒らぁ麺が税別750円、まかないらぁ麺税別640円を商品提供せざるを得なかったのも理解できます。質と値段設定は難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.03

SUHSI & KAPPOU おさかな亭 空港通店

おさかな亭空港通店 寒ぶり丼とぶり大根セット

おさかな亭空港通店 寒ぶり丼とぶり大根セット 寒ぶり丼

新潟市の「SUHSI & KAPPOU おさかな亭 空港通店」です。
国道113号線沿い、新潟空港入口交差点からほんの少し松浜橋寄りです。
「おさかな亭」は、「雷神」や「和楽」と共にオサムフーズのひとつのブランドで、他に白根店とCoCoLo長岡店があります。海鮮を食べようとお邪魔しました。
お店は、入口を入ると少し広めのスペースがあり、奥に厨房があり、その手前にカウンター席があります。左側にスペースが続き、周囲にやや大きく個室風に仕切った小上がりがあります。ちょっと古さを感じさせる居酒屋のような雰囲気のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。駐車場は満車に近かったのですが、お店の中はちょうど満席、少しの待ちになりました。その後もお客さんが訪れ6人の待ちに、5分程待ってカウンター席に案内されました。
メニューは、表紙に本日のお薦めらしきものがあります。ミックスフライト寿司セット(小鉢・寿司7貫・フライ・みそ汁)、寒ぶりしゃぶしゃぶ御膳(白米・煮物・つけ物・みそ汁・ブリ)、寒ぶり丼とぶり大根セット(小鉢・みそ汁)、カキフライ上にぎりセット(小鉢・茶わんむし・みそ汁)があります。単品で、大トロ(2貫)、中トロ(2貫)、生ウニ(2貫)があります。揚げもので鳥の唐揚げ、タコの唐揚げ、イカゲソ唐揚げ、くじらのみそ漬け、シマエビの唐揚げ、あん肝ポン酢天ぷらがあります。メニューを開くと最初に寿司ランチメニューがあります。ご飯大盛り無料!と書かれています。花かごセット(海鮮丼(ミニ)、北海丼(サケ・イクラ・カニ)、ねぎトロ鉄火丼、バラちらし(温玉のせ)から選択)、店長おまかせにぎり(12貫・小鉢・みそ汁付き)、おさかな亭セット(小鉢・サラダ・茶碗蒸し・みそ汁付き)、レディースセット(小鉢・サラダ・茶碗蒸し・みそ汁・デザート付き)、海鮮丼、おさかな亭丼、極上海鮮丼、地魚の唐揚げと寿司セット(寿司7貫・小鉢・みそ汁付き)、煮魚と寿司セット(寿司9貫・小鉢・みそ汁付き)、お子様寿司セット(ジュース・おもちゃ・デザート付き)、そば・うどんセット(温・冷から選択可、寿司9貫(小鉢付き)・海鮮丼(ミニ)・北海丼(サケ・イクラ・カニ)・ねぎとろ鉄火丼・天丼のいずれかとそばまたはうどんを組み合わせ)があります。次に定食ランチメニューがあります。こちらにもご飯大盛り無料!と書かれています。刺身定食(サラダ・茶碗蒸し・小鉢・白米・つけもの・みそ汁付き)、煮魚定食(サラダ・茶碗蒸し・小鉢・白米・つけもの・みそ汁付き)、おさかな亭御膳(刺身・煮物・天ぷら・茶碗蒸し・白米・つけもの・みそ汁付き)、イカキモちゃんちゃん焼き定食(刺身・茶碗蒸し・小鉢・白米・つけもの・みそ汁付き)、焼き魚定食(刺身・サラダ・もずく酢・白米・つけもの・みそ汁付き)、極天丼(サラダ・小鉢・みそ汁付き)があります。お米は、山北産コシヒカリを使用しています。デザートは、バニラアイス、抹茶アイス、ミニデザート、ミニミニパフェがあり、アルコール等ランチドリンクもあります。寒ぶり丼とぶり大根セット(小鉢・みそ汁)にしました。
お客さんで賑わってはいますが、普通の待ち時間で出来上がってきました。
出来上がってきました。寒ぶり丼、ぶり大根、小鉢、みそ汁のセットです。
寒ぶり丼は、どんな大きな寒ぶりだろうと思うほどの切り身がのってます。
ぶり大根は、しっかり身の付いたぶりと味の良く染みた大根が楽しめます。
この組み合わせで1000円です。新潟の冬をお手頃に味わいました。

おさかな亭空港通店 レディースセット

相方はレディースセット(小鉢・サラダ・茶碗蒸し・みそ汁・デザート付き)
この豪華さで980円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.02

つけめん らーめん 猫満

猫満 マーボーつけめん(ひやもり・大盛)

新潟市の「つけめん らーめん 猫満」です。
東地区、赤道沿いにあります。変電所向かい「武吉兆Ⅱ」だった建物です。
プレオープン時以来です。食べ易いつけめんを提供してくれているお店です。変な方向に向いただるまやグループですが、今はどうなっているのでしょう。続いているってことで食べていないものを食べてみようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に向い合わせのカウンター席、手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。外見よりもシンプルで結構落ち着いた雰囲気です。午後1時過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りです。テーブル席は全卓にお客さんが入り、カウンター席は1人おき、小上がりは空いています。入口近くのおしぼり冷温蔵庫からおしぼりを持って小上がりに座りました。
メニューは、オープン当時に提供の猫つけめん、濃厚味噌つけめん、台湾つけめん、らーめん、ちゃーしゅうめんに、背脂こってりつけめん、マーボーつけめん、みそらーめん、みそちゃーしゅうが加わっています。つけめんは、大盛無料、ひやもりとあつもりから選べ、追い飯の一杯目が無料です。猫まんまで〆て欲しいようです。マーボーつけめん(ひやもり・大盛)にしました。
混みも一段落したのでしょうか、普通の待ち時間で出来上がってきました。
店名入りの白い器に麺、黒の重厚感のある器につけ汁が盛られてきました。
麺は、普通の太さの縮れで食べ易く、マーボーともなかなか良く絡みます。
つけ汁は、マーボーで豆腐ときくらげが目立ちますが、筍かザーサイなどの小さく切られた野菜と挽肉など入っています。ちょっと辛めの仕上がりです。
トッピングは、麺には糸唐辛子、つけ汁には青ねぎ、かなりシンプルです。
マーボーのつけ汁は豆腐も多く、豆腐を食べると一気に量が減ります。大盛りを食べるには足りません。途中でお願いした追い飯にも味が付きません。テーブル上にポットに入った割りスープがあります。割りスープを加えておじや風にしようとしましたが、マーボーとの相性か悪いのか?なんか生臭いような臭いがします。何なのか判りませんが、苦手な食べ物になってしまいました。
前半はそこそこ楽しめましたが、後半はちょっといただけませんでした。つけ汁の汁の少なさが問題でしょう。目立つつけめんが多い中、普通のつけめんでした。大盛に追い飯を加えても830円。まあまあお手頃かと思います。

猫満 らーめん

相方が食べたらーめんです。680円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.03.01

荒川らーめん魂 あしら

あしら 鴨塩ラーメン(大盛)

村上市(旧荒川町)「荒川らーめん魂 あしら」です。
国道7号線沿い、国道113号線との十文字交差点の胎内寄りにあります。
下越地区を移動中の昼食になりました。お昼も真っ最中の時間ですが、3月になり、今月も新メニューを提供しているだろうと期待してお邪魔しました。
今まで、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅーめん、手打ちらーめん(醤油)、全粒粉つけめん(味噌・辛味噌・魚介醤油)、味噌野菜らーめん、味噌マーボーめん、特製博多らーめん、期間限定メニュー(村上新茶塩らーめん・村上せいろ、穴子の柳川鍋麺、自家製豆腐と夏野菜の冷製味噌麺、冷やし中華、鴨南蛮手打麺、チーズタッカルビ麺と食べています。お手頃でメニューも豊富、大盛無料、期間限定メニュー提供、好みのものが多く、何かしらあるでしょう。
お店は、見た目はそんなに大きくないのですが、奥行きがあり、席数も結構あります。中央に厨房、左側に厨房向きのカウンター席、右側に小上がり、手前にテーブル席があります。どさん子を少し落ち着きのある内装にしたような感じです。午後12時30分過ぎに着きました。駐車場はそこそこ混んでいましたが、お店の中はカウンター席に何席かの空きがあり、中程に座りました。
お店に入るときに風除室に貼られている限定麺の貼紙を見ながら入るのですがいつものパターンですが、今日はらしいものが何も貼られていません。限定麺がなくてもこの時期だから辛味や味噌を楽しめればいいかと思い入ります。
メニューは、味噌らーめん・辛味噌らーめんとそれらにトッピングを加えたものやセット、味噌マーボーめん、全粒粉つけめん、うどん粉で作った麺を使用したさぬき手打ちらーめんなどとトッピングを加えたものやセットなどがあります。全粒粉つけめんは、味噌・辛味噌・魚介醤油のつけダレも選ぶことができ、並(200g)・中(300g)・大盛(400g)、特盛(500g、+100円)と麺の量も選べるようになっています。ほとんどのメニューが大盛りが無料となっています。午後3時からは、博多とんこつらーめんとトッピングを加えたものが提供され、最初の替玉がサービスです。他に1枚もので限定麺のメニューがありました。春の限定麺で鴨塩ラーメン、900円で20食限定、こちらも麺大盛無料です。大きな写真入りです。その鴨塩ラーメン(大盛)にしました。
その後もお客さんがやってきて『用紙に名前を書いての待ちください。』と言うスタッフの声も聞こえてきました。何組か後のお客さんが鴨塩ラーメンを注文したところで、厨房のスタッフからフロアのスタッフに限定麺ストップの指示が出ました。結構ぎりぎり、たぶん19食目の鴨塩ラーメンのようです。
混んでいても早い出来上がりですが、今日は普通に出来上がってきました。
青い渦模様の器に綺麗なトッピングです。周囲のスープが美味しそうです。
麺は、平打ちの強い縮れ。好みですがスープとの馴染みがもうひとつです。
スープは、癖がなく、旨味のしっかりした塩味、こういう塩味は歓迎です。
トッピングは、鴨ローストチャーシュー、ほうれん草、焼き丸太切りねぎ、縦切りねぎ、柚子皮、糸唐辛子などです。鴨ローストチャーシューは、硬くはありませんが弾力の強いものです。鴨肉の凝縮された旨みが一気に広がります。鴨にはねぎ、丸太状に切られたねぎは程良く焼かれ、中心部分が熱々です。
好みのタイプの麺ですが、なんかもうひとつ旨みが伝わってきませんでした。それでも絶品のスープと鴨とねぎ、日本の春を楽しまさせていただきました。大盛無料ですが900円、鴨とねぎ、スープを考えたらいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.28

大江戸 県庁前店

大江戸県庁前店 ラーメン

新潟市の「大江戸 県庁前店」です。
県庁近く、国道116号線と県道51号笹出線の間の市道沿いにあります。
暖かくなってきましたが、今のうちに辛いもの食べようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と左側に厨房向きのカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。広々・明るく、綺麗な和食堂のような雰囲気です。前回は午後12時30分過ぎに着いて、列んで座って待って…。大変でした。今回は、午後12時10分過ぎに着きました。駐車場は多少は賑わってはいましたが、お店の中は7割~8割程度のお客さんの入りで普通に座れました。
メニューは、醤油と味噌それぞれの味のラーメンとチャーシューメン、塩と味噌それぞれの味のタンメン、焼きそば、冷やし中華などがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。サイドメニューもライス(小・並・大)、おにぎり(梅・鮭・天かす)、ミニ自家製カレー、ミニチャーシュー丼、曜日毎の日替りミニ丼ととても充実しています。今日の日替りミニ丼は焼肉丼です。麺類大盛りにしようかとも思いましたが、ラーメン焼肉丼にしました。
混んでいて待ちの人も多いのですが、普通の待ちで出来上がってきました。
店名の入りの白い器に濃いめの醤油色のスープがしょっぱそうに見えます。
麺は、極細の縮れなのにモチモチ感とコシがあります。カップ麺の麺の美味しさが逆に普通のラーメンに採用されたかのような麺です。普通のラーメン店ではなかなか出会えない珍しい食感です。ちょっと食べ難い長さがあります。
スープは、濃い醤油色のとおりに醤油味がしっかりしたものですが、しょっぱ過ぎることもなく、適度なまろやかさとバランスの取れた旨味があります。
半分ほど食べたところでトッピングの辛味を溶かします。少ない量ですが、きりりと辛味が効いた違った感じの味になります。テーブルに辛味の入った容器があってさらに辛味を加えられるようになっています。終盤に少し辛味を加えてみます。さらに辛さを楽しみます。食べ終わる頃には汗が出始めました。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎ、辛味などです。
極細縮れ麺とバランスの良い醤油味スープ、並で650円、辛味も楽しめて普通にボリュームもありました。この値段も今では得した気分になります。

大江戸県庁前店 焼肉丼

ミニ日替り丼の焼肉丼は、歯応えがあり、ボリュームもなかなかあります。
これで200円ですからこちらも得した感じ、合計850円も嬉しい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.27

関屋 福来亭

関屋福来亭 ラーメン+ネギ

新潟市の「関屋 福来亭」です。
西地区、アピタ新潟西から小針駅方面へ。西川を渡る手前の左側にあります。「麺処 La Cuore」だった建物。とても綺麗でラーメン店には見えません。
ぼちぼちと背脂入りのラーメンが食べたくなり、福来亭にお邪魔しました。
関屋から移転後にお邪魔して以来、1年以上の経っての2回目になります。
午後1時ちょっと前に着きました。お店前の駐車場は満車に近い賑わいです。以前のお店の点在する駐車場と比べれば、かなり広く停め易い駐車場です。
建物の左側に入口があり、建物に入り中をそのまま右に進むと福来亭になっていますが、建物に入ったところが待ちのスペースになっています。オープン時は同じような時間帯で20人程の列びでしたが、今日はすんなりいけます。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、さらに手前に窓や壁向きのカウンター席、右側に小上がりがあります。まだまだ新しくて綺麗な、ちょっと落ち着いた、そこそこ広めのお店です。店内に入った正面に食券販売機があります。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、メンマラーメン、チャーシューメンマラーメンがあります。大盛りと特盛りが対応できます。飯は、半ライス、ライスがあり、トッピングは、ネギ、チャーシュー、メンマがあります。ドリンクは、コーラ、オレンジジュース、ウーロン茶、生ビールがあります。以前のお店より全然少なくなってしまいました。ラーメン+ネギにしました。
4割~5割程度のお客さんの入りでしょうか、カウンター席に座りました。
太麺は、ゆで時間がかかるでしょう。普通の待ちで出来上がってきました。
綺麗な青の雷門が入った器に、背脂ラーメンらしい風景が広がっています。
麺は、平打ちの太麺で紐のような縮れ、やや硬いゆででスープと絡みます。
スープは、煮干しの風味や醤油とダシの旨味が背脂でまろやかになります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎと必要最小限ねシンプルさです。ネギのトッピングは、もしかしたら玉ねぎかと期待しましたが普通のねぎで、期待した量よりも少なめですが、それでも背脂のこってり感が和らぎます。
平打ち太麺、煮干しダシの醤油味スープに背脂が浮き、チャーシューとメンマと増量のネギ、これで800円です。お手頃に楽しむことが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.26

海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX

海老寿 DELUX 海老蟹デラックス

新潟市の「海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX」です。
柳都大橋西詰辺り、一方通行のこんぴら通り入口の近く、左側にあります。
同僚との昼食になり、賑わっていても列びのない海老寿 DELUXにしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に広い座敷があります。庶民的中華料理店のような雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。賑わっていますが、テーブル席・座敷とも空きの卓はあります。いつも混んでるカウンター席が空いています。テーブル席には人数が少ないし、座敷には纏まった人数の賑やかそうなグループが…。今日は、カウンター席にしましょう。お店に入ってすぐの左側に食券販売機があります。
メニューは、お店の名前からも判るように、海老醤油ラーメン、海老塩ラーメン、海老味噌ラーメン、海老出汁担々麺、濃厚海老つけ麺、海老チャーシュー麺(醤油or塩)、海老味噌チャーシュー麺、赤担々麺、白胡麻担々麺、麻辣担々麺、醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、えびたまそば、俺たちの麻婆シリーズで麻婆麺・麻婆担々麺・汁なり麻婆あえ麺、石焼麻婆飯などがあります。今まで入口前にあったランチの看板がありません。お手頃なランチの提供を止めたのかと思ったら、食券販売機の脇にランチの貼り出されいました。変わらずAランチ、Bランチが提供されています。ランチか麻婆のいずれかと思っていたのですが、もう一品、happy Passとの期間限定のコラボ麺があります。なかなか美味しそうな写真です。その海老蟹デラックスにしました。
タイミングが悪かったようでちょっと時間がかかり出来上がってきました。
黒い渋めの器に盛られてきました。海老と蟹、とても豪華なラーメンです。
麺は、細めの縮れで少し硬め、モチモチ感も強く、なかなか元気な麺です。
スープは、海老だしの旨味を強くした玉子スープのような優しいものです。
トッピングは、海老、蟹、炒り豆腐、ねぎなどとシンプルですが、豪華です。happy Passの貼紙の写真で天津麺風に見えた玉子は、炒り豆腐に海老油っぽい黄色い油がかかったものでした。味的には、海老の旨味で食べる豆腐ですからなかなかのものです。海老は、まあまあ大きさのあるものが5個、プリップリです。蟹は、さほど大きさのない蟹足1本だけですが、味はなかなかです。
麺が好みより少し硬めでしたが、サービスの小ライスを食べている間に適度な硬さに近づきました。海老の旨味の優しいスープに好みだらけのトッピング、炒り豆腐もあって結構いいボリュームです。880円はお得に感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.25

蓬来軒

蓬来軒 広東めん

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路のやや東寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)の向かいにあります…。もしかすると?たぶん?市役所庁舎ってNEXT21に移ったかも知れないです。
同僚との昼食です。最近食べていないってことで蓬来軒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。なんか落ち着く古さのある庶民的な中華料理屋さんです。午後12時20分頃に着きました。半分ぐらいのお客さんの入りでしょうか。カウンター席は結構混んで、テーブル席は1テーブルのみ使われています。
メニューは、カラー写真が並ぶ1枚もの、判り易いメニューです。らーめん、めんまらーめん、ちゃーしゅーめん、潮らーめん、たんめん、味噌たんめん、四川たんめん、きくらげたんめん、特製たんめん、焼きそば、揚げそば、広東めん、麻婆めん、天津めん、わんたんめん(秋~春)、冷やし中華(夏)などがあります。他にも、潮つけめん、四川つけめん、麻婆つけめんもあります。ご飯ものや一品料理なども豊富です。同僚に合わせ広東めんにしました。
中華鍋を使うメニューの注文が多いときには、時間のかかることがあります。女将さんと息子さんの2人で中華鍋をあおり、わりと早めに出来上がります。今日は待ちのお客さんが普通にいて、中華鍋を使う注文も普通に入っているようです。いつもより少し長めに待ったかなって頃に出来上がってきました。
龍と双喜文の模様が入った白い器の表面を波々とあんかけが覆っています。
麺は、極細の少し弱い縮れ。シコシコプリプリした歯応えが楽しい麺です。
スープは、塩味のあっさりしたもので、エビ塩のような雰囲気になります。
トッピングは、白菜・もやし・玉ねぎ・人参・椎茸・きくらげ・豚肉などのあんかけで、たんめんとほぼ同じ内容、あんかけかどうかの違いのようです。
熱々に最後まで野菜を楽しめるものでした。海老やイカや玉子らしきものが欲しいです。健康的な広東めんでした。880円はちょっとお高いような…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.24

麺食堂 まる七

まる七 ゆずみそラーメン

新発田市の「麺食堂 まる七」です。
国道7号線沿いにあります。五十野公園方面交差点から少し中条寄りです。
テレビ番組で新発田市の高校生とのコラボラーメンを提供しているのが取り上げられました。高校生の考えているラーメンを食べようとお邪魔しました。
お店は、左側奥に厨房、左側手前と中央寄りにカウンター席、左側さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあり、木質の明るい感じがロッヂのような雰囲気のお店です。午後2時10分過ぎに着きました。遅い時間なのに駐車場が混んでいて、お店の中も7割~8割程のお客さんの入りと賑わっています。
メニューは、中華、坦々、塩味、背脂、味噌、つけ、担つけに大別されています。中華は、中華そば、チャーシューメン、まるとく中華そば、メンマラーメンが…、坦々は、担々麺、坦々チャーシュー麺、まるとく担々麺、激辛ラーメンが…、塩味は、タンメン、チャーシュータンメン、まるとくタンメン、塩バターコーンが…、背脂は、背脂ラーメン、背脂チャーシューメン、まるとく背脂ラーメン、岩のりラーメンが…、味噌は、味噌ラーメン、味噌チャーシューメン、まるとく味噌ラーメン、味噌メンマラーメン、味噌バターコーン、ネギ味噌ラーメン、ネギ味噌チャーシューメン、辛味噌ラーメンが…、つけは、つけ麺、チャーシューつけ麺、まるとくつけ麺、岩のりつけ麺が…、坦つけは、坦々つけ麺、坦々チャーシューつけ麺、まるとく坦々つけ麺、激辛つけ麺があります。サイドメニューやセットメニューも充実しています。中華そば・背脂ラーメン・つけめん・坦々つけめんの4種のいずれかの麺とたれカツ丼・玉子とじカツ丼・カツカレー丼・豚そぼろ丼・ネギチャーシュー丼・鳥からあげ丼の6種のいずれかのミニ丼を組み合わせたセット、麺とライスと餃子を組み合わせた定食が3種、中華そば・背脂ラーメンと玉子かけご飯を組み合わせたかけセットがあります。別頁にあんかけメニューのサブタイトルで、五目塩ラーメンと汁なし麻婆麺があります。チャーハン、半チャーハン、中華そばや背脂ラーメンと半チャーハンとのセットもあります。1枚もののメニューで牡蠣のオムレツ台湾風貝だしあんかけラーメンとゆずみそラーメンがあります。好みだけなら牡蠣のオムレツ台湾風貝だしあんかけラーメンを食べたいところですが、新発田市の高校生とのコラボラーメンが目的、ゆずみそラーメンにしようと思います。提供期間が1月21日~2月28日、1日限定20食となっています。時間も遅く諦めつつ聞くと大丈夫、ゆずみそラーメンにしました。
メニューの他にもゆずみそラーメンについて説明が書かれたものがあります。新発田市内6校の2年生に新発田市を象徴するラーメンのアンケートを募り、そのアンケートを参考に新発田農業高校食品科学科栄養科学専攻とまる七が共同開発、新発田の野菜や特産品、新発田農業高校の生徒が作った味噌が使われています。とのこと。新発田地域を担う若者達のラーメンをいただきます。
手間や時間がかかりそうかと思いましたが、普通に出来上がってきました。
なかなか趣向の良い渋めの器に見たことのないトッピングが並んでいます。
麺は、細麺の縮れ。プリプリした食感と程良いコシ、旨みが感じられます。
スープは、味噌の自然な旨味がとてもバランス良い、見事な仕上がりです。
トッピングは、チャーシュー、新発田麩、柚子皮、味玉半個、コーン、ほうれん草、プチヴェール、ねぎなどです。新発田麩は、なかなかの迫力があり、その上にのった柚子皮がとても爽やかに香ります。最後まで残しその状態で香りを楽しみました。コーンは、缶詰ではない食感の良いものが大量に入っています。プチヴェールは初めて食べました。癖がなくラーメンに合う野菜です。
好みの麺に見事な仕上がりのスープ、新発田産のトッピングを楽しまさせてい
ただきました。これで800円は、十分に満足できれるラーメンでした。

まる七 中華そば

相方の食べた中華そばです。630円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.23

在郷町小須戸 ひな・町屋めぐり

在郷町小須戸 ひな・町屋めぐり

新潟市(旧小須戸町)で開催の「在郷町小須戸 ひな・町屋めぐり」に行ってきました。秋葉区自治協議会と小須戸コミュニティ協議会が実施しています。町中の30店舗でひな人形の展示や特別サービスが実施されています。
土曜日ということで金融機関などの展示は見ることができませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 恵

恵

新潟市(旧小須戸町)の「麺屋 恵」です。
国道403号線沿いにあります、矢代田~田上間の矢代田寄りになります。
小須戸で昼食、国道403号線でたぶん食べていない恵にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。入ってすぐの右側に座敷があります。混んだときや人数が多いときに使える小上がり的なスペースです。まあまあ綺麗なラーメン店です。午後1時過ぎに着きました。他に2組のお客さんと静かな店内になっています。
メニューは、(自然の恵)ブレンドWスープ、(大地の恵)濃厚とんこつスープ、(海の恵)香る魚介スープの3つのスープがあります。ブレンドWスープは、ブレンド醤油ラーメン、ブレンド醤油チャーシュー、ブレンドやさいみそラーメン、ブレンドピリ辛ねぎみそラーメンがあります。濃厚とんこつスープは、とんこつやさいみそラーメン、とんこつやさいみそチャーシューがありますが、メニューの最初に店長のおすすめということでとんこつピリ辛ねぎみそチャーシューもあります。香る魚介スープは、あっさり醤油ラーメン、あっさり醤油チャーシューメンがあります。いずれも麺の量が半麺や大盛りも用意されています。あっさり醤油ラーメンにしました。餃子もお願いしました。
時間が遅く、お客さんが少ないこともあって早めに出来上がってきました。

恵 あっさり醤油ラーメン

青の龍と双喜文が控えめな白い器にかなら濃厚そうな醤油色のスープです。
麺は、細めのしっかりした縮れで、少し硬め、モチモチ感が心地良いです。
スープは、見た目に反して醤油味がまろやかでちょうどのしょっぱさです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、縦切りねぎととてもシンプルです。
スープの色が濃くて富山ブラックよりもしょっぱいんじゃないかと心配しましたが、なかなかバランスの良いラーメンでした。550円とお手頃です。

恵 餃子

餃子は良く判りませんがなかなか好みのものでした。5個で300円です。

恵 とんこつやさいみそラーメン

相方の食べたとんこつやさいみそラーメンです。650円とお手頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2019.02.22

中華麺食房三宝亭 四ヶ所店

三宝亭四ヶ所店 肉盛り味噌らーめん

上越市の「中華麺食房三宝亭 四ヶ所店」です。
上越の国道18号線四ヶ所インターから三和方向へ向かった右側にあります。Seriaの駐車場内です。お店は、木が基調のファミレス風の外観です。
上越での昼食。時間もあまりなく、時間が確かな三宝亭にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前と左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。お店の中もファミレスのような雰囲気です。午後1時に着きました。半分程のお客さんの入り、カウンター席に案内されました。
メニューは、とんこつ、中華系、しょうゆ、味噌、中華そばを中心に豊富なバリエーションがあります。大勢で押し掛けても何かしらお気に入りがありそうな感じです。1枚もので季節感のあるメニューもあります。五目うま煮めんを予定していましたが、肉盛り味噌らーめんがあります。お店の外に幟、お店入口風除室の黒板、1枚もののメニュー、とかなり頑張っています。標準的なもの、肉ダブル、肉トリプルもありますが、肉盛り味噌らーめんにしました。麺類注文で半ライスが無料サービスとのこと、半ライスもお願いしました。
手間がかかるのでしょうか、ちょっと時間がかかり出来上がってきました。
青い模様の入った派手な器に、なかなか美味しそうな焼肉がのっています。
麺は、平打ちっぽいやや太のストレート。硬めでモチモチ感の強い麺です。
スープは、味噌らしい色で味噌味がしっかりして、バランスの良いものです。その上にちょっと黄色っぽい油のようなもの、かなりこってりになります。
辛味噌が付いてきて、途中から加えて味の変化を楽しむことが出来ました。
トッピングは、豚バラの焼肉2枚、ゴマ、もやし、水菜、玉ねぎ、紫玉ねぎなどです。焼肉は、定食のご飯を食べる焼肉と違いちょっと薄味に感じます。
新潟米を食べて育った“こしおう”というブランド豚ですが、その旨味が良く判りませんでした。濃厚な味噌ラーメンですが、まあまあいい感じに食べれました。辛味も楽しめました。普通盛りで890円、税込み961円です。半ライスのサービスもありましたが、それでもちょっとお高いかなと思います。
餃子を食べている人がやたらと多く感じました。後で調べたら半額でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.21

牡蠣まつり丼

牡蠣まつり丼 パッケージ

牡蠣まつり丼

午後の仕事も終えラッシュ最中の移動になりました。普通にお腹が空きます。
いつものように?中毒的に!東京駅改札内の「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。賑わっています。実演コーナー、特集コーナー、魚介系、肉系、幕の内系と順番に見ていきます。なくなった駅弁もあります。種類的に6割ぐらいの残りでしょうか。海鮮系の駅弁を食べてみようかと思います。食べたことの駅弁が結構ありますが、すぐに目に止まったものがあります。それにしましょう。兵庫県姫路市のまねき食品(株)の“牡蠣まつり丼”にしました。
早速、新幹線に乗りいただきます。新潟行きの“とき”までにはまだ時間があります。発車予定時間の“たにがわ”がホームに入っていますが、ドアが開いていません。東北新幹線の遅れの影響で、とアナウンスが流れています。信号が変わり次第発車とのこと、列びも少なく“たにがわで”高崎か越後湯沢まで行って“とき”乗り換えましょう。すぐにドアが開き乗り込みます。A席とE席が埋まり、C席がポツリポツリの混み具合です。A席に座りました。しばらくの待ちかと思いましたが、お客さんが少なく、1分遅れて発車しました。
箱には“牡蠣まつり丼”の駅弁名と“創業明治21年 山陽本線 姫路駅 まねき食品株式会社”と書かれています。手前面には“瀬戸内海産牡蠣使用”とも書かれています。お品書きはなく、原材料名は、牡蠣だし飯(うるち米、オイスターソース、醤油)、牡蠣蒸し焼き、小松菜漬(小松菜、人参、椎茸、その他)、椎茸煮、大根甘酢漬、焼海苔、調味料などとの記載になっています。
新潟にも神尾商事の“一年かきめし”があり、何度か食べています。牡蠣の大きさが同じぐらいなんで一年ものの牡蠣なんでしょうか。味付けは、割と薄味です。一年かきめしのしっかりした味付けがお気に入りでしたが、牡蠣まつり丼の味付けもなかなかです。牡蠣の旨味がしっかり味わえます。そして、牡蠣が全然多く入っています。1380円とお高いのも納得の駅弁でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華そば 集来

集来

東京都港区の「中華そば 集来」です。
都営浅草線の大門駅が最寄り駅になりますが、JR山手線・京浜東北線の浜松町駅から歩きました。5分程度です。オフィス街のビルの1階にあります。
浜松町での昼食です。昔ながらの味が楽しめそうな集来にお邪魔しました。
お店は、ビルの1階ですが、お店左側の通路を進むと右側に入口があります。脇から入るようになっていて、奥に厨房、厨房の手前に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。ビルの1階にあることを忘れそうなレトロ感のあるお店です。正午過ぎに着きましたが、8割~9割ぐらいのお客さんの入り、テーブル席は空いていますが、カウンター席は満席です。これからお客さんも増えてくるだろうし…と悩んでいたら、カウンター席が空きました。
メニューは、ラーメン、ワンタン、もやし麺、タンメン、ワンタンメン、サンマー麺、ワカメラーメン、チャーシューメン、五目麺、チャーシューワンタンメン、五目ワンタンメン、玉子タンメンなどがあります。ワンタン以外は、麺が普通麺と手打ち麺があります。手打ち麺が30円増しです。他のお客さんが食べている手打ち麺を見ると、かなり太めの縮れが強い平打ち麺のようです。初めてなんで普通の麺から食べようかと思います。タンメンにしました。
その後もお客さんが増え、列びになっています。他のお客さんの注文を聞いていると、手打ち麺が8割~9割の確率で選ばれています。失敗したのかな?
水が出て来ないと思っていたらセルフサービスでした。準備して待ちます。
後から来たお客さんのが出来始めています。順番が入れ替わることがあります的な事を書いた貼紙もあるので軽く優しく『まだ~!』ってな催促しました。普通麺の注文がゆで用の鍋1回分(数丼)が溜まるまで待つのでしょうか。
結構待ったような気がする程まで待ってタンメンが出来上がってきました。

集来 タンメン

青っぽいカラフルな模様の器がタンメン系で使用の器かと思っていましたが、赤っぽい模様の器に入ってきました。想定外にたっぷりな野菜があります。
麺は、やや細の縮れ。食感は悪くないのですが、楽しさが感じられません。
スープは、タンメンらしく塩っぽいけど、醤油も入っていそうな旨味です。
トッピングは、白菜・ほうれん草・人参・もやし、豚肉などの炒め物です。
昔ながらのタンメンを楽しむことが出来ました。結構いい感じに纏まっていましたが、手打ち麺も楽しんでみたいです。730円は結構いい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小町ちらし

小町ちらし パッケージ

小町ちらし

今日は、いつもより早い時間の新幹線移動です。移動する人が多く混雑する月曜日と金曜日は避けられました。いつも通り駅弁を食べながら移動します。
新幹線移動での駅弁購入は、東口改札脇か万代口改札前、新幹線ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。在来線から新幹線への改札前のお店は、なくなったようです。種類・数量ともに揃っている東口改札脇の駅弁屋を覗いてみます。
駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真があり、どの駅弁も美味しそうです。種類も多く、数もそれなりにあります…。新商品がありました。神尾商事の小町ちらしという駅弁です。早速その小町ちらしにしました。
早速、新幹線に乗っていただくことにします。改札付近には、早い時間にも関わらず、結構人手があります。新幹線のホームまで行くとちょうど新幹線が入線しているところで、全然問題にならない程度の並びです。すぐにドアが開き乗り込むと、A列とE列は埋まり、C列にポツリポツリと埋まる程度です。
パッケージには、新潟美人と新潟県産コシヒカリ米使用と書かれています。
お弁当の記載におしながきのようなものはなく、原材料名の記載になります。酢飯(新潟県産コシヒカリ米使用)、雪国まいたけ煮、錦糸たまご、紅鮭酢漬け、いくら醤油漬、椎茸煮、山ぜり煮、数の子醤油漬、赤かぶ漬などでした。主と言うか?花と言うか?紅鮭酢漬だけではちょっと寂しい感じがします。
具の種類も多くなかなか楽しい駅弁でした。1080円といい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.20

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
お高いお昼が続いたのでお財布に優しい白寿で食べようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房があり、その中央寄りと手前に厨房向きのL字型のカウンター席が、左側にはラーメン丼2個がちょうど並ぶ小さな2席のテーブルが2卓あります。少し歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時20分過ぎに着きました。カウンター席が1席、テーブル席が相席で1席だけ空きがあるという久々の賑わいになっています。テレビに取り上げられたのでしょうか。
メニューは、ラーメンとうま煮そば、大盛りの対応もなく、サイドメニューもトッピングの追加も用意されてません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかないです。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばが目的です。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?って感じでしょうか。席に着かずにそのまま『うま煮そば!』と注文を言いなから左奥にある冷水機までセルフサービスの水を取りに行きます。
いつも通りで親父さんとおばさんの2人。親父さんがうま煮を作り、おばさんがそのうま煮でうま煮そばを作ります。親父さんだけ!のときもあります。
うま煮そばのうま煮は、大きな中華鍋で10人前程度の量を一度に作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、大勢のお客さんが一機に来るとうま煮の出来上がりを待つこともあります。
今日は、1人分程度の残りで1人分の麺をゆでています。器も1個しか用意されていません。次のうま煮も作り始めています。中華鍋に大量のキャベツが投入されたところです。しばらくかかりそうです。1人分のうま煮そばが出来上がったところで、麺をゆでるお湯も換えるようです。その間にも食べ終わったお客さんと新たなお客さんが入れ替わり、殆どのお客さんが待っている状態になります。やがてうま煮が出来上がり、麺をゆでるお湯も沸いたようです。
ご飯用の羽釜で麺をゆでます。木蓋に麺をのせ、温めながらほぐしています。その麺を鍋に入れ、茹での合間に器を用意、タレを入れ、スープを張ります。ほんの短い時間ですが、そのスープの準備が整う頃には麺も茹で上がります。麺を湯切りし、器に入れ整え、中華鍋のうま煮をかければ出来上がります。
器が4個用意され、その次ぐらいかと思っていましたが、おNEWのお湯でゆでた麺のうま煮そばが出来上がってきました。こちらにも回ってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、かなり細めの縮れで、シコシコした歯応えが楽しめる好みの麺です。
スープは、うま煮と混じり判り難いですが、魚介系のあっさりしたものです。うま煮と混じり合うことで適度にまろやかに、旨味も増すようになります。
トッピングは、キャベツ・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉などのうま煮のみで、ニンニクも少し効いています。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。いつもより野菜の食感があったような気がしましたが。気のせいでしょうか。
細縮れで食感のいい麺とあっさりしたスープ、うま煮がとても良く絡みます。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。ワンコイン500円、本当にいいの?って感じのありがたいお手頃感です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.19

青島ラーメン司菜 ときめき

青島司菜ときめき ラーメン(大盛)

新潟市のときめきラーメン万代島の「青島ラーメン司菜 ときめき」です。
新潟万代島エリア、佐渡汽船の手前の右側、朱鷺メッセ向かいにあります。
市内でのお昼。やっていそうなときめきラーメン万代島にお邪魔しました。
イベントなどの時には並ぶ駐車場ですが、1時間無料なのでラーメンを食べるには十分です。D駐車場に車を入れます。かなりの余裕で停められました。
長屋のような建物に8店舗分のスペースがあり、開設時には賑わってました。今日は「青島ラーメン司菜 ときめき」と「中華 丸美」が営業中、「新潟元祖鯛らーめん 大漁」は営業していません。青島の近くに駐車できました。
お店は、右側に厨房、その手前と中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時40分過ぎに着きました。他にお客さんは5人です。入った左脇に食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、その大盛りの好きな1スープ勝負のお店です。麺、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、刻みねぎ、海苔が増量できます。割高にはなりますが、好みにトッピングを加えたラーメンが楽しめます。お腹が空きましたがシンプルに青島ラーメン(大盛)にしました。
先客の作りに間に合わせてもらえ、そこそこ早めに出来上がってきました。
綺麗な鳳凰の模様が入った白い器、濃い醤油色のスープが美味しそうです。
黒胡椒を挽きながらかけます。黒胡椒のいい香りと生姜の香りが絶妙です。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ、これといった特徴はありませんが、ツルツル感、プリプリ感、モチモチ感、それらのバランスの良さを楽しめる麺です。
スープは、醤油の濃い色の見た目通り、醤油のしっかりした旨みがあります。醤油の旨みにダシの旨みが加わり、生姜と胡椒が味を引き締めてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草、ねぎです。トッピング追加も楽しいけど、基本だけでもかなり充実した感じがします。
青島は、どのお店でもある程度の品質なので安心して食べることができます。普通そうで高品質の麺、醤油と生姜でしっかり&爽やかに仕上がったスープ、黒胡椒を挽いて香りも加えて楽しめます。標準的なラーメンで800円です。かなりお高いものになりますが、プチチャーシューメンと考えれば納得です。大盛りが850円で少しお高いです、それでも食べたくなるラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019.02.18

日本海の海鮮料理 越後茶屋 松崎店

越後茶屋松崎店 味覚三昧ランチ

新潟市の「日本海の海鮮料理 越後茶屋 松崎店」です。
イオン新潟東から新潟空港方向へ向かった先、お店が並ぶ右側にあります。
海鮮か蕎麦か定食か…、どれでも食べれそうな越後茶屋にお邪魔しました。
お店は、大きな和風レストランそのものって雰囲気のお店で、テーブル席や小上がり、個室などがあります。午後12時40分過ぎに着きました。お昼時間の真っ最中で混んでいますが、カウンター席ならと言うことでお寿司コーナーのようなカウンター席に案内されました。カウンター席もあったようです。
メニューは、通常のメニューとランチメニューがあります。以前お邪魔した際には、日曜日ということでランチメニューはありませんでしたが、今日はお手頃に楽しめそうです。ランチメニューだけでも和風レストランの全メニューかのような種類がありますが、夜に食べるにはちょっと軽いかも知れないです。お刺身、天ぷら、お寿司、丼ぶり、そば・うどんなどの単品、組み合わせた定食、御膳の組み合わせになります。さらにお手頃な日替りが越後ランチと茶屋ランチの2種類も提供されています。豪華な味覚三昧ランチにしました。
ランチは、温うどん、冷うどん、温おそば、冷おそば、味噌汁から好きな1品を選ぶようになっています。お決まりの冷おそば(ざるそば)にしました。
和風レストランですから混みの影響もなく、早めに出来上がってきました。
先付け、ざるそば、お刺身、ご飯、お新香となかなか見映えする御膳ですが、メニューにある写真は配置も違っていてもっと豪華そうに写っていました。
先付けは、大根おろしのいくらのせ、わさび漬け、鶏の唐揚げ、蒸し海老、焼き鮭、玉子焼きと食材、調理方法も工夫があり、いい感じの食べ応えです。
蕎麦湯は楽しめませんでしたが、ドリンクバーも利用できての1250円+税ですから、なかなかお得なランチでした。越後茶屋は平日に限る!かな?

越後茶屋松崎店 茶屋ランチ

相方の食べた日替りの茶屋ランチは、鍋焼きうどんとミニ天丼のセットです。こちらもドリンクバーが利用できて、910円+税です。お手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ラーメン 伊藤