2018.06.18

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 冷し中華(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
お昼時間を移動時間にして、先に食べちゃおうかと早めにお邪魔しました。
正午前にお店の近くに、遠くからでもお店の前の4人の列びが見えてます。
お店は、間口が広くあまり奥行きがありません。奥に厨房があり、手前にカウンター8席だけの小さなお店です。昭和を感じさせてくれる懐かしい雰囲気のお店です。タイミングが良く、ほんの少しの待ちで席が空いて座れました。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタン、今週から始まった冷し中華(夏季)などがあります。麺の量は、普通、中盛、大盛があります。今日は、涼しく温かいものが出ていてワンタンもありますが、冷し中華(中盛)にしました。
今日は、娘さんが手伝いに来ていました。スタッフが3人もいい感じです。
次の作り始めに間に合わせてもらえ、かなり早めに出来上がってきました。
支那そばと同じ黒っぽい渋い器に盛られてます。胡瓜の緑やレモンの黄色などトッピングの彩りが綺麗に映えます。野菜たっぷりで健康的な雰囲気です。
麺は、極細に近い細さで弱い縮れがあります。支那そばより少し硬めに感じる仕上がりです。シコシコとした歯応えと切れの良さがとても楽しい麺です。
つゆは、最初、そのままで楽しみます。魚介が香ばしく、酸っぱさやしょっぱさがちょうど良いです。まろやかでちょっと懐かしさを感じさせてくれます。次にレモンを搾ると柑橘系の爽やかな酸味が加わり、香りが広がります。練り辛子を箸で取り、そのまま麺に付けます。辛味をダイレクトに楽しみます。
トッピングは、弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、キュウリ・ハム・細切りの鳴門、金糸玉子です。脇にある搾ったレモンからいい香りが広がります。
冷しでは珍しい気持ち良い麺を、魚介風味とレモン爽やかな香りのつゆでいただきました。ボリュームもちょうど良く、バランスが取れたトッピングも魅力的です。900円と安くはありませんが、それ以上に楽しめました。
今季4杯目の信吉屋冷し中華になります。今年は何杯食べれるでしょうか。

貼紙があります。
6月20日(水)は、休ませて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.17

中国上海台所 三宝茶楼 河渡店

三宝茶楼河渡店 冷やし中華

新潟市の「中国上海台所 三宝茶楼 河渡店」です。
東地区です。コメリが核テナントのマーケットシティ河渡の中にあります。
という訳で新潟空港での昼食を諦め、なんかあるだろうとお邪魔しました。
お店は、中華かとんかつなどの和食でも良いようなちょっと高級感のある雰囲気です。個室もあり、パーティーもできそうです。午後2時20分過ぎに着きました。見える範囲ではそれほど混んでいません。テーブル席にしました。
メニューは、たぶん三宝亭の中華系の麺類やセットなど豊富にあるのでしょうが、1枚ものの夏メニューが目に入り、他は見ていません。冷やし中華と冷やし担々麺の2品があります。まあ、基本的な線で冷やし中華にしました。
さすが!どこまで仕込んでいるのか、かなり早めに出来上がってきました。
ガラスの器に冷やし中華らしい具沢山な盛り付けです。関心させられます。
麺は、細麺の弱い縮れ、久々にちょうど良い硬さの冷たい麺を食べました。
つゆは、醤油味で酸味の効いたもの。いつか食べた懐かしい感じがします。
トッピングは、海老、鶏肉胡麻ソース添え、ハム、錦糸玉子、胡瓜、トマト、水菜?、クラゲのような牛スジのようなものの煮凝り、ジュレなどです。
充実した懐かしい冷やし中華でしたが、896円とちょっとお高いような!

三宝茶楼河渡店 あんかけ焼きそば

相方の食べたあんかけ焼きそばです。810円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ANA 祝 新潟空港定期路線 開設60周年

新潟市の「新潟空港」です。
“ANA 祝 新潟空港定期路線 開設60周年”ということでイベントが開催されるとの情報、どのようなものか?乗り物も好きなんで行ってみました。
午前11時過ぎに新潟空港に着きました。混み合うことの多い駐車場で心配しましたが、混み合ってはいますが、どうにか駐車することができました。
空港1階のセンタープラザでは、なんか演奏のリハーサルが行われています。7人での演奏ですが、もっと大勢の人で演奏しているかのように聞こえます。椅子も空いていて、しばらくその演奏を聞いてイベントの内容を確認します。記念式典 吉乃川 振る舞い酒、ANAの子供制服試着体験、ANA羽田オーケストラ演奏、新潟空港とANAの歩み~今昔写真展~、スタンプラリー、屋上展望デッキ無料解放、想像以上に盛り沢山なイベント内容になっています。
まずはお昼ご飯の確保、1階のショップで販売していた空弁が目的でしたが、ショップの場所は工事中です。他のショップなどでも見つけられなかったので総合案内カウンターで確認。現在、新潟空港では空弁の入手ができません。
3階レストラン街にある「新々軒」に夏らしいメニューがないか確認します。冷やしラーメンの貼紙が…、値段もお手頃で、冷やし中華じゃなさそうです。お昼を食べる場所も予定が付いたのでもう少しイベントを楽しみましょう。
スタンプラリーの用紙は確保しましたが、スタンプの設置がされてません。
時間も早いので、新潟空港とANAの歩み~今昔写真展~を見学しました。
屋上展望デッキ無料解放、久々に展望デッキから飛行機の離着陸を見ます。

ANA 祝 新潟空港定期路線 開設60周年

まずは、オープニング的な記念式典 吉乃川 振る舞い酒からスタートします。写真も撮っておこうかと思いますが、わざとのようにBSNが前に来ます。
帰りの運転があるので、吉乃川の振る舞い酒は相方が美味しく飲みました。

ANA 祝 新潟空港定期路線 開設60周年

続いてANA羽田オーケストラの演奏になります。7人の精鋭、パイロットやキャビンアテンダントもいました。優雅な飛行を妄想するような演奏です。
演奏が終わって、そろっとスタンプも設置されたでしょうから回ってみます。新潟空港も一般の人が入れるエリアを考えると小さな建物と思いながら回るとすぐにスタンプが押し終わりました。ANAの国内線受付カウンターがゴールでしたから列びます。予定時間よりも早めに景品の引き換えが始まっていて、ボールペンとメモ用紙が残っていました。まあいいか!お昼にしましょう。
午後1時を回って「新々軒」へ…。ガーン!もう準備中になっていました。
もう少し屋上展望デッキから飛行機の離着陸の様子を見て帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.16

食堂 ニューミサ

ニューミサ みそラーメン+クリームチーズ

上越市(旧中郷村)の「食堂 ニューミサ」です。
国道18号線沿いにあります。旧中郷村ですが、旧妙高町寄りになります。
ちょっと遅い時間、妙高エリアでの昼食です。ニンニクも食べれます。食堂ミサで食べることが多かったのですが、久々、ニューミサにお邪魔しました。
お店は、右側の奥に厨房があり、左側全体がテーブル席になっています。4人掛けが20卓あります。右手前に壁向きのカウンター席、予備的なテーブル席と個室があります。大きなドライブインかレストハウスのような雰囲気です。午後1時過ぎに着きました。12人の列びでカウンター席は満席が続きます。相席でも良いか?との確認、良いです!でテーブル席の相席になりました。
メニューは、麺類、ご飯類、定食、一品料理と別れていていろいろあります。麺類は、みそラーメン、塩ラーメン、正油ラーメン、野菜ラーメン、カレーラーメン、とん汁ラーメン、塩チャーシューメン、正油チャーシューメン、みそチャーシューメンなどがあります。貼紙で激辛メニュー!のサドンデス(みそ)があります。青鬼(レベル1)、赤鬼(レベル2)、黒鬼(レベル3)、閻魔(レベル4)、死神(レベル5)、幸狐(レベル6)と辛さを選べます。休日ですからニンニクを楽しみたいと思います。みそラーメンにしました。みそラーメンにはクリームチーズが合うとの貼紙が…。加えてみましょう。
みそラーメンの説明がありました。“うちへ来たらまずコレ!!看板をかかげた当時のそのままの味。豚、煮干、厳選野菜でとったスープで具材を煮込みこだわりはここでしかだせません。”とのことです。ずっと変わらない味です。
大きなお店の調理能力以上の混み、ちょっと待って出来上がってきました。
青の模様がカラフルな器にシンプルなと言うか淋しい彩りの仕上がりです。
麺は、普通の太さの弱い縮れ。特徴のない麺ですがスープに良く合います。
スープは、白味噌が優しく適度な甘さがあり、ニンニクの旨味が強いです。
トッピングは、玉ねぎ、もやし、挽肉の炒め物だけ、とてもシンプルですが、今回加えたクリームチーズを絡めて食べます。味噌とチーズって合います。
ニンニクの旨味がとても凄いです。途中から七味唐辛子を加えて楽しみます。やっぱり、味噌+ニンニク+さらにチーズは最高の組み合わせです。久々に食べましたが、みそラーメンが700円から800円に値上がりしていました。クリームチーズのトッピングが300円で豪華1100円の昼食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.15

蒲原ラーメン きぶん一

きびん一 肉ラーメン

新発田市(旧豊浦町)の「蒲原ラーメン きぶん一」です。
月岡温泉街入口付近にあります。ローソンの裏にあり、手前から入ります。
豊浦での昼食、久々にきぶん一のラーメンが食べたくなりお邪魔しました。
午後12時10分過ぎに着きました。ローソン脇の道を入ろうと思いますが、縦列駐車の車があって、その横をバックで出て来る車、前の道もちょっと混雑してきました。何台かの車が出てようやく入れましたが、中で待っていた車もあるようで、頭から突っ込むしかない場所しか空いてません。まぁっいいか。最悪、バックで駐車場を出ることにします。頭っから突っ込み駐車します。
お店は、中央に厨房、厨房の手前と右側にカウンター席、さらに右側にテーブル席、厨房の奥に小上がりがあります。昔からのラーメン屋さんですが、最近オープンしたかのような綺麗な店内です。7割~8割のお客さん入りで、カウンター席に空きがあり案内されました。セルフサービスの水を用意します。
メニューは、店名にもなっている蒲原ラーメンと肉ラーメンの2種類だけ、大
盛りの設定はなく替玉(1食目はサービス)となっています。好きなひとつの
スープで勝負しているお店です。サイドメニューも餃子のみとシンプルです。
久々でちょっと贅沢に食べたい気分です。奮発し肉ラーメンにしました。
男店主と近所のおねえさんぽい女性スタッフ5人ですが、なんか緊迫感さえ感じさせる雰囲気です。麺のゆで時間も短めで早めに出来上がってきました。
淡い水色の浅い器ですが、その器が見えないほどのチャーシュー盛りです。
麺は、細縮れで、ツルツルした触感とプリプリした歯応えが楽しいものです。ちょっと硬めかと思っていたら、軟らかめを注文するお客さんもいました。
スープは、とんこつのあっさりしたもの。しょっぱさ控えめで優しいです。
トッピングは、器を覆うチャーシュー、万能ネギ、海苔、紅生姜などです。
1食目の替玉はサービスになっています。当然かのようにお願いしました。
細縮れの麺とあっさり控えめなとんこつの優しいスープ、好みの一杯でした。蒲原ラーメン600円で、替玉130円は1食目がサービスになっています。替玉を利用する人にとって、蒲原ラーメンはワンコインラーメンになります。そんなお店の肉ラーメンは、花盛りチャーシューで850円とお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.14

中華そば 来味 東堀店

来味東掘店 つけ麺(特大盛)

新潟市の「中華そば 来味 東堀店」です。
新潟市のど真ん中にあります。柾谷小路と東堀通との交差点角の…隣です。
同僚と一緒の昼食。二葉を目指しましたがお休み、こなやは食べたいものがなく、ご無沙汰の来味にお邪魔しました。新たな夏メニューを期待しましたが、店前の看板には苦手なシークヮッサーと黒糖のつけそばが書かれています。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。小さめのちょっと古い感じもある中華そば屋さんです。お店に入った時に煮干しのいい香りがして、なぜかホッとします。午後12時20分過ぎに着きました。6割~7割ほどのお客さんの入り、まあまあ賑わっています。
メニューは、中華そば、肉そば、辛そば、つけ麺、辛つけ麺などがあります。辛そばと辛つけ麺は、1辛~3辛とあって辛さを楽しんでみたい気もします。麺の大盛(1.5玉)や特大盛(2玉)が無料のとてもありがたいお店です。貼紙があります。デカわんたんのタイトルでワンタン麺(3個入)とワンタン麺(5個入)、おつまみワンタンが新たに提供されてます。そうそう入口の看板に食べたことのないメニューを期待しましたが、中華そば、ワンタン麺、苦手なシークヮーサーと黒糖のつけそばでした。つけ麺(特盛)にしました。
待ちのお客さんも多くいましたが、そこそこ早めに出来上がってきました。
麺、つけ汁とも白い器です。シンプルながらなかなか綺麗な盛り付けです。
麺は、極細のストレート。へぎそばの手振り風に小分けした盛り付けです。
つけ汁は、煮干し中華そば風、煮干しダシの濃厚な旨味と風味があります。
トッピングは、麺にチャーシュー・メンマ・海苔、つけ汁にねぎなどです。
最後につけ汁のスープ割りを楽しもうと思いましたが、水割りにしました。
昔ながらの煮干しダシの中華そばをつけ麺にしたようなもの。心地良い極細麺を煮干しダシの旨味と風味が濃厚なのにあっさりした醤油味のつけ汁でいただくつけ麺でした。700円で特大盛が食べられるんですから助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.13

妙高高原パーキングエリア(下り線)

妙高高原パーキングエリア(下り線) 鶏天そば

妙高市(旧妙高高原町)の「妙高高原パーキングエリア(下り線)」です。
上信越自動車道を長野側から新潟県に入って最初のパーキングエリアです。
昼食を予定していたお店3店は全てお休みです。今日も不運が続いています。時間の関係でやはりお昼を食べ損なってしまいました。その後、時間は取れたものの営業しているお店もなさそうな時間。パーキングエリアで食べます。
こちらも高速道路パーキングエリアの軽食コーナーらしい店内、カウンター席とテーブル席のスペースがあります。その入口近くに食券販売機あります。
メニューは、写真入りのパネルがあって、解り易くなっています。パーキングエリアの軽食コーナーらしいものが揃っています。そば、うどん、ラーメン、ご飯物、スナックなどがあります。このパーキングエリアならでは!ってものがありました。鶏天、天然ぶり漬けなどあまり見かけない言葉があります。おそばは連チャンでも全然平気で食べれる方なので、鶏天そばにしました。
待ちのお客さんもなく、軽食コーナーらしく早めに出来上がってきました。
黒い器に盛られてきました。つゆがどれだけ濃い醤油色なのか判りません。
おそばは、普通太で太細が混じり、ネチネチした食感がちょっと苦手です。
つゆは、関東風のものです。一般的な味ですが、ちょっと甘めでしょうか。
トッピングは、鶏ささみ天ぷら、蒲鉾、たっぷりのわかめ、ねぎなどです。
残念ですが苦手なおそばでした。かけそばが460円で、鶏天そばは750円とお高い部類のパーキングエリアでした。醤油ラーメンも740円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小布施パーキングエリア(上り線)

小布施パーキングエリア(上り線) 手作りかき揚げそば+生たまご

長野県小布施町の「小布施パーキングエリア(上り線)」です。
上信越自動車道上越ジャンクションから長野方面へ、長野市最寄りの須坂長野東インター手前にあるパーキングエリアで、その軽食コーナーになります。
お昼を食べれるか微妙な一日、朝食も兼ねて食べようかとお邪魔しました。
高速道路パーキングエリアの軽食コーナーらしい、カウンター席とテーブル席のスペースがあります。新しいです。その入口近くに食券販売機あります。
メニューは、写真入りのパネルがあって、解り易くなっています。パーキングエリアの軽食コーナーらしいものが揃っています。そば、うどん、ラーメン、ご飯物、スナックなどがあります。このパーキングエリアならでは!ってものも感じられず、長野なんでおそばにします。いろんなトッピングを加えたものや丼とのセットもありますが、手作りかき揚げそば生たまごにしました。
待ちのお客さんもなく、軽食コーナーらしく早めに出来上がってきました。
白系のおそばらしい器に盛られてきました。出汁が美味しそうなつゆです。
おそばは、細めでなかなか良いコシがあります。気持ち良く噛み切れます。
つゆは、関東風のものですが、醤油味が控えめで出汁が適度に効いてます。
トッピングは、かき揚げ、ねぎ、生たまごです。かき揚げはたっぷりの海老とサイコロ状の根菜が入っています。山芋だと思いますが、もしかして里芋?
この前食べた高崎市「八起家 高崎店」といい、好みおそばを提供してお店を見つけたときは嬉しくなります。530円+60円ちょい高おそばでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.12

俺のとんこつラーメン 伝丸

伝丸 冷やしとんこつラーメン

新潟市の「俺のとんこつラーメン 伝丸」です。
古町地区の西堀ローサにあります。みずほ銀行前から潜るとちょうどです。
火曜日、比較的空いている信吉屋を目指しました。午後12時10前に着きましたが、すでに5人の列びになっています。食べられるだろうか?いや~な雰囲気です。おばさんに『大丈夫そう?』と聞いたら『ギリギリ?』と言いながら麺の量を確認してくれました。ズバリ!!!前の人までで終わりでした。
いや~な雰囲気を引きずりながら白寿へ…お休み、三吉屋へ…定休日、三越へ…定休日、なぜかこの流れだと伝丸、辿り着くかのようにお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前に背中合わせでローサの通路向きのカウンター席、右側の広いスペースにテーブル席があります。洋食やスイーツでも似合いそうな雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。お客さんが半分ぐらいの入りでしょうか。カウンター席の空きに挟まろうと思いましたが、スタッフから『テーブル席もどうぞ!』的に案内されました。
メニューは、ラーメン、ねぎラーメン、岩のりラーメン、チャーシューメン、辛ねぎラーメン、辛ねぎチャーシューメン、トッピング全部のせがあり、黒と赤、細めんと太めんの組み合わせから選べるようになっています。ラーメンとチャーシュー丼・博多明太子丼のセット、内容は係に…とちょっと謎めいている日替わりセット、脱!!豚骨ラーメン、野菜みそラーメン、ゆず胡椒みそラーメン、豚骨つけ麺、名物焼きラーメン、1日10食限定の冷しとんこつラーメン、背油濃厚豚骨ラーメン、ざる中華などがあります。平日ランチタイムは半ライス無料サービスがあります。午前7時30分から午前11時00分の朝営業では、朝汐ラーメン、汐雑炊のお手軽なメニューがあります。1日10食限定もまだ大丈夫そうな直感がしたので冷しとんこつラーメンにしました。
お客さんは少なめでも待ちが多く、まあまあ普通に出来上がってきました。
平日ランチタイムサービスサービスの半ライスと一緒に運ばれてきました。
磨りガラスの器にサラダ風で、洋食のようなちょっと洒落た仕上がりです。
冷やしなので麺が軟らか過ぎることもないでしょう。まるでサラダような冷やしとんこつラーメンのトッピング、とんこつラーメンのトッピング用に用意されている辛し高菜漬けや紅生姜をおかずにし半ライスを先にいただきます。
いいおかずになります。半ライスを食べ終わりメインをいただきましょう。
麺は、細めの縮れ、冷し中華に多いコシのやや強い仕上がりになってます。
つゆは、醤油と酸味に胡麻のまろやかさと風味、豚骨の旨味が調和してます。サラダ風に見える器とトッピング、ドレッシングのような感じもしてます。
トッピングは、チャーシュー、レタス、水菜、胡瓜、トマト、玉子焼細切り、刻み海苔など、麺が見えていないのでボリュームのあるサラダのようです。
器も麺もつゆもトッピングも良く冷えてます。850円もいい線でしょう。
一昨年はとんこつ冷やし麺、昨年は冷やしとんこつラーメン、今年はどうなるかと思いましたが、もう名前はもう決まりでしょう。さて来年は新…?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.06.11

日本料理 竹俣

新潟市の「日本料理 竹俣」です。
新潟駅前の左方向、一方通行の上方向、新潟マンションの1階にあります。
美味しそうな和食ランチの写真を見つけ、食べてみようとお邪魔しました。
駐車場はなさそうなので、店前のパーキングメーター利用の路上駐車です。
お店は、入口で靴を脱いで上がります。仕切られて見えませんが左側に厨房がありそうです。右側に通路が延び、奥と手前に個室があります。堀ごたつの席です。ちょっと品のある和食居酒屋の雰囲気です。午後1時過ぎに着きましたが、賑やかなお姉さんが何組か入っているようでなかなか賑わっています。
メニューは、松花堂弁当とわっぱセットの2種があります。わっぱセットは予約が要ります。予約なしでは松花堂弁当のみ、その松花堂弁当にしました。ご飯の盛りと飲み物が選べます。普通盛りで、アイスコーヒーにしました。
メニュー1種で仕込みも良いようで、かなり早めに出来上がってきました。

竹俣 松花堂弁当

竹俣 松花堂弁当 アップ

松花堂弁当らしい器に盛られてきました。好みですがなんか好きな器です。
おかずは、刺身(3種)、焼物(魚)、揚物(酢豚)、煮物(季節の野菜)となかなかの充実ぶりで、適度に野菜も添えられています。冷たい煮物がこの季節はありがたいです。ご飯の器が2段式で上段はお新香が盛られています。

竹俣 松花堂弁当 飲み物+デザート

コーヒー・デザート付、食後のひと休みはアイスコーヒーをいただきます。
竹俣の松花堂弁当は1080円。ランチのお得さを実感できる昼食でした。
今回は、相方も全く同じものになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.10

中華そば にぼし屋

にぼしや屋 冷がけ中華そば

秋田県仙北市(旧角館町)の「中華そば にぼし屋」です。
角館町中心地のやや端、飲食店が多い場所にあります。昼営業もありです。
秋田でもなかなかの人気店。食べていないものを食べようとお邪魔しました
お店は、飲食店の入るビルの1階です。建物に入り右側の入口から入ります。正面奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、右側に小上がりがあります。ちょっと古めの廻りに馴染んだ雰囲気のお店です。午後12時20分過ぎに着きました。カウンター席にカップル、小上がりに作業着の3人組だけです。
メニューは、中華そば、味噌中華、つけそばとそれらの特製や熟玉などトッピングを充実させたもの、煮干し香る油そば、とりそばなどがあります。中華そば(細麺)、とりそばを食べています。そろそろ味噌中華かつけそばかと予定をしてましたが“数量限定 冷がけ中華そば 800円 180g、大盛250g”と書かれたボードがあります。800円で大盛まで食べれるか微妙な書き方です。大盛が同じ値段なのか?盛りをどうしようか?悩みましたが全くの無駄。それほどお腹が空いていなかったのでした。冷がけ中華そばにしました。
店主一人でかなり手際良くやっています。それでも2組5人のお客さんが待ちといったタイミングです。まあまあ時間がかかって出来上がってきました。
昔ながらのカラフルな模様の器に、濃い醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、やや細めのストレート。歯切れの良さがとても気持ちの良い麺です。
麺は、平打ち普通太の緩い縮れ。冷やしスープのためか?かなり硬めです。
スープは、しっかりした醤油味に魚介出汁がまろやか絡まります。冷やしなのに香りがしっかり立ってると思いましたが、底には多めの魚粉が残ります。
トッピングは、硬く小さな肉、穂先メンマ、鶉玉子、海苔、ねぎなどです。
冷たい器に冷たいスープ、氷の使わなくてもしっかり冷たい中華そばでした。冷たいのに魚介の旨味と香りを存分に楽しめました。旨味がしっかりしていますが、この手のスープにありがちな嫌らしさがありません。温かいスープには強過ぎて好きじゃない魚粉も冷たいスープにはちょうど良いです。冷たい中華そばは800円とちょっとお高いですが、それ以上に好みのスープでした。
相方も同じ冷がけ中華そばを食べました。後に判りましたが、冷がけ中華そばは昨年も提供されていて、相方は昨年も冷がけ中華そばを食べていました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.09

バラ園

バラ園

秋田県にかほ市(旧仁賀保町)のバラ園です。
国道7号線沿いのフェライト子ども科学館の奥、隣接するサイエンスパーク内にあります。公園には大きな無料の駐車場があり、ばら園は公園の花壇のようで小規模です。それでも50種類ぐらいのバラがありそうです。驚くほどババヘラアイスに似た、美味しそうな色のバラもありました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すし屋の中川

中川

秋田県にかほ市(旧仁賀保町)の「すし屋の中川」です。
国道7号線に看板があります。看板に従い、国道から少し入るとあります。
国道沿いの看板が気になっていました。食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、和風でちょっと高級そうな感じです。奥にお寿司屋さんらしいカウンターとカウンター席、手前に小上がり、右側に通路の先にお座敷があります。午後12時40分過ぎに着きました。2組のお客さんだけで空いています。

中川 おしながき

メニューは、にぎり、ちらしが特上から並まで、お好み、ランチがあります。ランチは、すし懐石、海鮮丼、今日のおすすめおまかせコース、つきじ直送本鮪(赤身、トロ、まぐろづくし)などがあります。すし懐石にしました。
解禁になった小砂川産の岩ガキがあるとのこと、それもお願いしました。
鳥海山の伏流水が海中に湧き出る海岸で育った岩ガキ、好きな岩ガキです。

中川 すし懐石 先付け珍味三種

先付け珍味三種です。
説明してもらいましたが、覚えきれませんでした。

中川 すし懐石 茶わん蒸し

茶わん蒸しです。
お餅入りです。

中川 すし懐石 焼き物(鮭のハラス)

焼き物もしくは煮物です。
鮭のハラスの焼き物です。

中川 岩ガキ(小砂川産)

このタイミングで岩ガキがきました。
レモンを少しかけていただきます。

中川 すし懐石 握り寿司

握り寿司と味噌汁が一緒に出てきました。
にぎりは、鮪赤身、鮪中とろ、玉子、鰈、石鯛、蒸し海老、ツブ貝です。

中川 すし懐石 味噌汁

味噌汁は、ねぎと海草です。わかめとぎんばさです。

中川 すし懐石 デザート

デザートです。
バニラにブルーベリーソースがかけられています。
すし懐石は税別1350円、いよいよシーズン到来の岩ガキは税込900円、合計税込2682円のちょっと豪華なお昼になりました。相方も同じです。

がんばろう東北!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.06.08

蓬来軒

蓬来軒 冷し中華(玉ねぎ入り)

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路のやや東寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)の向かいにあります。
夏に食べておきたい冷やし中華のひとつを求めて蓬来軒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。なんか落ち着く古さのある庶民的な中華料理屋さんです。午後12時10分前に着きました。今日は、半分程のお客さんの入りです。
メニューは、小さなカラー写真入りで判り易い1枚ものになってます。らーめん、めんまらーめん、ちゃーしゅーめん、潮らーめん、たんめん、味噌たんめん、四川たんめん、きくらげたんめん、特製たんめん、焼きそば、揚げそば、広東めん、麻婆めん、天津めん、わんたんめん(秋~春)、冷やし中華(夏)などがあり、別に1枚もので、潮つけめん、四川つけめん、麻婆つけめんもあります。ご飯ものや一品料理なども豊富です。冷やし中華は、チャーシュー、玉ねぎ、納豆を加えたものもあります。冷やし中華の始めは納豆の用意がないことが多く、今年もそうでした。冷やし中華(玉ねぎ入り)にしました。
中華鍋を使うメニューの注文が多いときには、時間のかかることがあります。女将さんと息子さんの2人で中華鍋をあおり、わりと早めに出来上がります。待ちのお客さんが多くいましたが、まあまあ普通に出来上がってきました。
白い器に醤油色のつゆ、トッピングの山に冠雪のような玉ねぎがのります。
辛子を麺に付け、その麺でつゆに掬うように絡ませて口の中へと運びます。
麺は、ラーメンと同じ細く弱い縮れ、シコシコプリプリした歯応えの麺です。ラーメンで好きな美味しい麺が、冷やし中華で美味しさがさらに際だちます。ゆで加減が前よりも硬めに感じます。バリ硬ぐらいでしょうか。細いのに硬くて、九州ラーメンのようですが、最後にめっちゃ気持ち良く噛み切れます。
つゆは、あっさりしていながらまろやか、鰹の香りと昆布の深みがあります。しょっぱさと酸っぱさ、甘さのバランスが良く、爽やか、懐かしい味です。
トッピングは、チャーシューの細切り、胡瓜の細切り、錦糸玉子、トマト、紅生姜、わかめ、刻み海苔、春雨といろんな味と食感を楽しむことができます。玉ねぎは、薄くスライスして水にさらしたもの、辛さが控えられています。
とても優しい冷やし中華をいただきました。冷やし中華が880円、玉ねぎ入りは930円です。安くはありませんが、かなり楽しむことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.07

春紀

春紀 薄口しょうゆらーめん

上越市(旧板倉町)の「春紀」です。
県道95号線沿いにあります。国道18号線岡原交差点と県道30号線柿崎荒井線(板倉区)総合事務所前を結ぶ道の途中、広い駐車場で見つけれました。
お昼時間が遅くなりました。久々に春紀で食べてようかとお邪魔しました。
柏崎市(旧高柳町)から上越市(旧板倉町)に移転して2回目になります。
道路からすぐ、お店前に21台も止められる大きな大きな駐車場があります。午後12時40分過ぎに着きました。数台の空きがある程度に混んでいます。一戸建ての民家で、駐車場側に大きくない営業中の木の札が下がっています。外の列びはなく、玄関を入ると長椅子が4個、9人の先客が待っています。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前に2間の座敷があります。座敷は、4人~6人座れる座卓が4個だけで、ゆったりと配置されています。カウンター席は新しそうですが、あとは綺麗なお宅の座敷で食べる感じです。前回は入ってからの回りが結構良かったのですが、タイミングなんでしょう。今回は時間がかかり、30分近くの待ちでカウンター席に案内されました。
メニューは、らーめん、塩らーめん。数量限定で、たまりじょうゆらーめん、薄口しょうゆらーめん、みそらーめん、赤だしみそらーめん、赤らーめん(唐辛子入り、しょうゆ味)、赤みそらーめん(唐辛子入り、みそ味)です。トッピングは、味玉、甘エビペースト、肉増し(3枚)、大もり(1.5玉)があります。まだ、食べたことのなさそうな薄口しょうゆらーめんにしました。
春紀は席に着くまでに時間がかかります。でもその後は早い動きのお店です。早いとは言っても慣れた丁寧な仕事、普通の待ちで出来上がってきました。
おそばが似合いそうな和風の器にあっさりそうな淡い醤油色のスープです。
麺は、平打ちっぽいやや太の縮れ、モチモチ感が強めで旨味のある麺です。
スープは、和食店の吸い物のような上品な和風出汁を味わっているようです。ほんの少し背脂が浮かべられていて、まろやかな旨味と熱々感が続きます。
トッピングは、分厚いチャーシューが2枚、海苔、水菜、青ねぎなどです。
ちょっと苦手な元気の良い麺と上品な和風出汁のスープ、相性は良さそうで、分厚いチャーシューを楽しんで800円。ちょっとお高いような感じかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.06

魚沼産コシヒカリ弁当

魚沼産コシヒカリ弁当 パッケージ

魚沼産コシヒカリ弁当

午後の仕事も終え、ラッシュで混み合う真っ只中の移動になっちゃいました。東京駅に到着も、100mを15秒台で走れば乗り換えられそうな時間です。ここは素直に諦めます。駅弁などを眺めながら後発の新幹線を待ちましょう。時間もあり、今日も東京駅改札内の「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗きます。サラリーマン風な人もいますが、地方から出てきた老夫婦が多く見られます。結構賑わっています。レジでのお金の支払いでかなりの時間を要しています。駅弁の数的な残りは少なくなってますが、種類的にはまあまあ残っています。食べていない駅弁はありますが、食べたい思わせてくれる駅弁がありません。そんな中、新潟駅では見たことのない新潟県内の駅弁を見つけちゃいました。魚沼産コシヒカリ弁当です。お弁当はやっぱりお米、このお弁当にします。時間のかかるレジもゆったり素早くSuicaで清算、ホームへと向かいます。
新幹線は、早くから列んだので余裕で座れましたが、帰宅客で混んでます。
さて、食べましょう。駅弁の硬い包みには“魚沼産コシヒカリ弁当”と名称、内容的な“タレカツ/鮭・イクラ”、“食用菊/笹団子”のメニュー的説明、それから“魚沼産コシヒカリ100%”と駅弁一番の特徴が書かれています。駅弁販売元について“長岡駅 構内営業 株式会社池田屋”と書かれています。ラベルには“魚沼産コシヒカリ弁当(タレカツ/鮭・イクラ)”とあります。販売者は池田屋(長岡市)、製造者はオーシャンシステム百米千葉工場です。長岡市で作っているかと思ったら、千葉県千葉市稲毛区で作っていました。
おしながきはなく原材料名は、ご飯(国産)、たれカツ、笹団子、鮭そぼろ、玉子そぼろ、奈良漬、菊甘酢漬、鮭いくら醤油漬、蒲鉾、紅生姜などです。
当たり前のことでしょうが、ご飯の、お米の美味しさを楽しめる駅弁でした。そぼろなどをかけたご飯とタレカツ丼的なご飯、真っ白なご飯が欲しいです。もっとシンプルにご飯が進むおかずの駅弁を期待します。かぐら南蛮など。
魚沼産コシヒカリ弁当は税込み1180円、良い値段ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小杉らぁめん 夢番地

夢番地

神奈川県川崎市の「小杉らぁめん 夢番地」です。
東急東横線小杉駅の駅前、東急スクエア1階にあります。建物の西端です。
夏メニューをいろいろ調べていたら「TETSU」グループの「たかくら」で金の冷やしそばというものを提供するとの情報がありました。梅のジュレがのり、その溶け出した梅の風味や味を楽しめる物らしく食べようと武蔵小杉へ。「濃厚博多とんこつ たかくら 武蔵小杉東急スクエア店」は閉店しており、隣の「つけめんTETSU 武蔵小杉東急スクエア店」も、周囲のお店も閉店しています。東急スクエア内にある「小杉らぁめん 夢番地」にしました。
お店は、入った正面が壁になっていて、左に進むようになっています。壁の向こう(お店の右側)に厨房、中央に奥と手前から配膳スペースを挟むようにカウンター席、左側に2人掛け用のテーブル席があります。建物もまあまあ新しく、お洒落な雰囲気もありますが、川崎フロンターレの幟などが賑やかです。午前11時40分過ぎとそこそこ早めに着いたつもりですが、カウンター席はすでに満席で、数卓ある2人掛けのテーブル席は誰も使っていない状態です。左側進んだカウンター席とテーブル席の中間辺りに食券販売機があります。
メニューは、主な味が4種、煮干背脂らぁめん、海老らぁめん、生姜醤油らぁめん、鶏白湯らぁめんがあり、いずれにも味玉・のり・ねぎ・特製のバリエーションがあります。他にも、黒担々麺、担々麺などもあります。ちょっと期待した夏のメニューは、気配もありません。生姜醤油らぁめんにしました。
スタッフに食券を渡すとテーブル席に案内されました。お客さんが増えてきて外にまで列ぶほど混んできましたが、相席になることはありませんでした。
待ちのお客さんが結構多く、普通よりちょっと遅く出来上がってきました。

夢番地 生姜醤油らぁめん

蓋受けのような段のある白い器に想定より上品に盛り付けられてきました。
麺は、やや細の縮れ。口の中での触感、噛み切れ具合が気持ち良い麺です。
スープは、醤油味が控えめな優しいもの、生姜の刺激と香りを楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、穂先メンマ、青ねぎ、玉ねぎ、海苔などです。生姜のみじん切りかのように見えた白い粒がありましたが、玉ねぎでした。
長岡生姜醤油ラーメンのようなものかと想定して待っていましたが、運ばれてきたものは長岡とは全然違う生姜醤油ラーメンでした。麺が食べ易く、スープもまあまあ良くできてたと思います。750円もまあいい線かと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後の豚鶏弁当

越後の豚鶏弁当 パッケージ

越後の豚鶏弁当

いつもの午前中の新幹線移動です。月曜日でも金曜日でもなく週のど真ん中、それほどの混みもないでしょう。いつも通り駅弁を食べながら移動します。
新幹線の移動で駅弁を購入しようとすると東口改札脇か万代口改札前、新幹線ホームになります。在来線から新幹線への改札手前のお店は、駅が変わった後に一度、探してはみましたが確認が取れていません。今までの経験から東口改札脇の駅弁屋が種類・数量ともに揃っています。早速、覗いてみましょう。
駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで、いろいろ食べてみたくなります。種類はそこそこありますが、数量は少なめ、食べていない駅弁はありません。ちょっと欲張った駅弁、神尾商事神尾弁当部の越後の豚鶏弁当にしました。
駅弁を購入して改札を入ります。いつもと変わりない光景が広がっています。多くの駅弁が売れたかと思いましたが、いつもの新幹線は影響なさそうです。新幹線は入線済みで、ドアも開いています。修学旅行生も雰囲気はないです。新幹線の自由席は、まだまだ余裕ですが、A席とE席はほぼ埋まっています。ABC席orDE席が連続する空きはありません。C席を確保して食べます。
厚紙のケースに“越の鶏”、“もち豚”、“越後の肉弁”と書かれています。ラベル等は“越後の豚鶏弁当”で統一されていますが、表面には出てません。お品書きはありません。原材料は、白飯(米:国産)、越後もちぶた(新潟県産、角煮・そぼろ煮・肉団子(鶏含む))、越の鶏(新潟県産、そぼろ煮、塩焼き、鶏団子)、錦糸玉子、漬物(大根、山せり)、調味料関連などです。
神尾商事の駅弁は、包装のセンスが良く、開封にストレスを感じさせません。越後の豚鶏弁当は、新潟県産の越後もち豚と越の鶏を存分に味わう駅弁です。豚・鶏とも3種の調理方法、6種類の肉料理を楽しめます。かなり豪華です。肉を食べたい時にはなかなかの駅弁です。好みの駅弁のひとつにはなります。越後もち豚と越の鶏を存分に味わって1100円!まあまあいい線かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.05

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 冷し中華(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
お昼時間を移動時間にして、先に食べちゃおうかと早めにお邪魔しました。
午前11時30分過ぎ、遠くからでもお店の前の2人の列びが見えてます。
お店は、間口が広くあまり奥行きがありません。奥に厨房があり、手前にカウンター8席だけの小さなお店です。昭和を感じさせてくれる懐かしい雰囲気のお店です。タイミングが良く、ほんの少しの待ちで席が空いて座れました。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタン、今週から始まった冷し中華(夏季)などがあります。麺の量は、普通、中盛、大盛があります。今日は、涼しく温かいものが出ていてワンタンもありますが、冷し中華(中盛)にしました。
次の作り始めに間に合わせてもらえ、かなり早めに出来上がってきました。
支那そばと同じ黒っぽい渋い器に盛られてます。胡瓜の緑やレモンの黄色などトッピングの彩りが綺麗に映えます。野菜たっぷりで健康的な雰囲気です。
麺は、極細に近い細さで弱い縮れがあります。支那そばより少し硬めに感じる仕上がりです。シコシコとした歯応えと切れの良さがとても楽しい麺です。
つゆは、最初、そのままで楽しみます。魚介が香ばしく、酸っぱさやしょっぱさがちょうど良いです。まろやかでちょっと懐かしさを感じさせてくれます。次にレモンを搾ると柑橘系の爽やかな酸味が加わり、香りが広がります。練り辛子を箸で取り、そのまま麺に付けます。辛味をダイレクトに楽しみます。
トッピングは、弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、キュウリ・ハム・細切りの鳴門、金糸玉子です。脇にある搾ったレモンからいい香りが広がります。
冷しでは珍しい気持ち良い麺を、魚介風味とレモン爽やかな香りのつゆでいただきました。ボリュームもちょうど良く、バランスが取れたトッピングも魅力的です。900円と安くはありませんが、それ以上に楽しめました。
今季3杯目の信吉屋冷し中華になります。今年は何杯食べれるでしょうか。

貼紙があります。
6月6日(水)は、休ませて頂きます。とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.04

傾奇家本舗 前田慶次朗

前田慶次朗

石川県金沢市の「傾奇家本舗 前田慶次朗」です。
金沢市の香林坊にあります。東急ハンズの近く、とても賑やかな繁華街です。そういう場所なのでお店に駐車場はありませんが、近くにコインパーキングがいっぱいあります。昼は30分100円、今回は30分以内に帰れました。
金沢市でのお昼です。食べたことのないお店で食べようとお邪魔しました。
正午過ぎに着きましたが、ちょうど満席です。外に列ぶようになっています。代表者だけが列ぶのはNGなど、マナーを守るようにと注意書きがあります。このお店は食券制ですが食券を購入せず、そのまま列ぶことになっています。
長野の烈士洵名の系列です。長野や東京などにある系列店の案内があります。前回は京都、今回は長野、他県の影響を受けていないラーメンが食べたい。
すべてか判りませんが、メニューがあります。二郎インスパイア系でした。
待っている間に、後ろに2人の列びが出来ています。少し待って。食べ終わったお客さんが出てきます。特に案内もないので不安ですが、中に入ります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席が8席だけの小さなお店です。それほど新しくも感じないし、レトロ感を感じるような古さもなく、ラーメン店によくある雰囲気です。左側に入口があり、入った先に食券販売機があります。
メニューは、お店の名前を付けた慶次朗、さらに盛りを良くした慶次朗加賀百万石盛り、ジンジャー慶次朗、ジンジャー慶次朗加賀百万石盛り、お松(麺、スープ、味は慶次朗と同じ)、奥村つけ衛門、幻の王様中華そばなどがあります。慶次朗類は、ニンニクの量、麺のかたさ、味の濃さ、背脂の量が調整できます。トッピングやサイドメニューも用意されています。幻の王様中華そばについてですが“大人気にも関わらず、惜しまれながら閉店した伝説のラーメン店。その幻の王様中華そばを再現致しました!!スープの熱さで甘く変化したネギ、スープを自然にからめ上げる麺、仕上げに一度食べたら忘れられない魔性の黒コショウ!!信州発ネオご当地ラーメンを是非ご賞味ください!!”との説明があります。もう閉店しているようですが、飯山市「麺屋 義継」の姉妹店で妙高市「麺屋 よしつぐ」があった時に、信州麺友会の関連店50店以上で提供し、ご当地ラーメングランプリを目指している長野の新ご当地ラーメン“王様中華そば”というのを食べています。たぶん同じものでしょう。長野のご当地ラーメンを金沢で食べる必要もないでしょうから慶次朗をにしました。
食券をカウンター越しにスタッフに渡し、ニンニク少なめでお願いしました。その他、麺のかたさ、味の濃さ、背脂の量は、オリジナルのままにします。
男性スタッフ2人でこなしてます。規模も…普通に出来上がってきました。

前田慶次朗 慶次朗(ニンニク少なめ)

白系ゴツゴツ・変形した器にもやしを中心とした野菜の山が聳えています。
麺は、二郎インスパイア系らしい太麺の緩い縮れ。かなり硬めの茹でです。
スープは、豚の旨味が濃厚な醤油味で、背脂がかなり少なく結構快適です。
トッピングは、チャーシュー、もやしとキャベツ、ねぎ、ニンニク等です。
麺の硬さはちょっと許容範囲を越えてました。野菜を先に食べても硬いです。ただ、二郎インスパイア系としては、なかなかあっさり食べ易いものでした。慶次朗800円。二郎インスパイア系にしてはお財布に優しくないよう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.03

ちゃーしゅうや武蔵 笹口店

武蔵笹口店 からし味噌らーめん

新潟市の「ちゃーしゅうや武蔵 笹口店」です。
駅南エリア、笹出線と紫鳥線の間、笹口のTSUTAYAの駐車場内にあります。
6月3日・4日は“武蔵の日”とのこと、からし味噌らーめんが390円で提供されます。過去にも食べたような気もしますが、今年もお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に長いテーブルを使ったカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。木をふんだんに使ったラーメン屋さんでよくある造りです。午後2時10分過ぎに着きました。武蔵の日ということで相応の混みを覚悟していましたが、外にまでおよぶ列びはありません。武蔵の日をやってるか心配になりましたが、お店の入口脇にポスターがありました。
お店に入ると8人の列びで、スタッフの指示に従い列びます。記入用紙的なものはありません。すぐにスタッフがメニューを持って注文を取りにきます。
メニューは、らーめん、ちゃーしゅうめん、つけ麺、旨辛つけ麺がお休みで、からし味噌らーめん、からし味噌ちゃーしゅうめん、それらの大盛りの4品と関連するもののみ提供となっています。からし味噌らーめんにしました。
冷やし中華 850円(税込)はじめました。と書かれた貼紙があります。
混みがあるのでしょう。いつもより長い待ちの後、出来上がってきました。
青い雷文模様がレトロな器に、辛味の赤が鮮やかで見映えになっています。
麺は、普通の太さの緩い縮れ、いい食感ですが、もう少し細めが好みです。
スープは、味噌味で見た目よりも薄味で、辛味を混ぜいい感じになります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、鳴門、海苔、辛味などです。チャーシューはちょい苦手な軟らかいもの、海苔はあおさ海苔の粉末です。
武蔵の辛味はそれほどの辛さはなく、途中から全ての辛味を一気に混ぜます。ちょっと控えめに感じたスープが引き締まり、なかなか美味しくなります。
特徴はないのですが、まあまあ無難に食べ易い味噌らーめんかなと思います。通常税込810円(税別750円)と結構お高い味噌らーめんですが、この期間は税込421円(税別390円)と破格値で楽しむことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.06.02

らーめん 麺や真玄 弁天橋通店

真玄 うめ塩冷やし中華(細麺)

新潟市の「らーめん 麺や真玄 弁天橋通店」です。
弁天橋通り沿いにあります。「らーめん 麺や来味 弁天橋通店」の跡です。
1階には屋外と建物下の駐車場とアプローチがあり、建物の北寄りに階段があります。階段を登った2階にお店があります。2階お店の入口を入ってすぐ右側にまあまあ広さで待ちスペースがあり、用紙に名前を書いて待つようになっています。午後1時30分過ぎに着きました。待ちのお客さんはいません。
お店は、奥行きがあり、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に大きな窓から弁天橋通りを見下ろせるテーブル席があります。ラーメンダイニングとでも言った方がいいかような最近のラーメン屋さんの雰囲気です。半分ぐらいのお客さんの入り、カウンター席の空いた席に自由にとのことです。
メニューは、最初に麺の量が書かれています。基本が180gで、大盛り1.5玉(無料)、特大盛り2玉(無料)とあります。次にらぁ麺各種があります。極み煮干しらぁ麺、濃淡京醤油らぁ麺、濃淡塩らぁ麺、煮干し背脂(こってり太麺)、背脂みそ(こってり太麺)、フォルマッジョ塩、担々麺などがあります。次につけ麺・和え麺各種があります。煮干しつけ麺(太麺)、辛い煮干しつけ麺(太麺)、濃厚魚介豚骨つけ麺(太麺)、油そば(太麺・シンプル盛)、油そば和え麺(太麺・豪華盛)、汁なし担々麺などがあります。トッピングやサイドメニューも豊富です。真玄ならば夏メニューもあるだろうと期待してましたが、夏季限定冷麺メニューとのタイトルでしっかり用意されています。大盛り・特大盛り・追い飯・追い麺・全無料とあります。冷やし汁なし担々麺(細麺)、冷やし油そば生姜和え(太麺)、冷たいスープのつけ麺(細麺)、冷たいスープの辛いつけ麺(細麺)、シークヮーサー冷やし中華(細麺)、ごまだれ冷やし中華(細麺)、うめ塩冷やし中華(細麺)、7月初旬販売開始予定で、冷やし炭酸レモン塩らぁ麺(細麺)と冷やし煮干しレモンらぁ麺(細麺)があります。冷たいラーメンは次回です。うめ塩冷やし中華(細麺)にしました。
席がそれほど混んでいないこともあってか?普通に出来上がってきました。
冷やし中華なのでお皿かと思ってました。真っ白な丼に盛られてきました。
麺は、細ストレートでめちゃ硬。ここまで硬いと逆に楽しくなってきます。
タレは、塩味のしょっぱめ。梅肉が多く酸っぱく、さらにしょっぱめです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、岩海苔、トマト、ほうれん草、レモン、小梅干しなどです。冷やし中華らしく豪華なトッピングです。
麺が硬く、タレが濃い味で、トッピングが充実していても、梅が好きでも、苦手な部類になってしまうでしょうか。大盛り・特大盛り・追い飯・追い麺・全無料とありますが、これで終わります。780円と大盛りを楽しめれば…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2018.06.01

Ristorante Sasaki(リストランテささき)

新潟市の「Ristorante Sasaki(リストランテささき)」です。
洋食・南欧料理のお店です。ワインを楽しめる新潟市では老舗洋食店です。
柳都大橋西詰辺り、一方通行のこんぴら通りに入りすぐ、左側にあります。
同僚と蓬来軒へ。冷やし中華(納豆入り)を楽しみにしていましたが、満席。出来上がり待ちのお客さんが多く、座れてもさらに時間がかかりそうで断念、海老寿 DELUXもありましたが、その手前のRistorante Sasakiにしました。
お店は、入口近くに大きめのテーブルの席、中程に4人までのテーブルの席、奥には小上がりもあります。厨房は、右側で見えません。欧風料理が似合う喫茶でも良さそうな店内です。午後12時10分過ぎに着きました。半分ぐらいのお客さんの入りですが、さらにお客さんがやってきて賑わってきました。

リストランテささき ランチメニュー

メニューは、最初からお得なLUNCH MENUしか考えていません。入口脇の黒板にLUNCH MENUがあります。日替りランチとカレーランチの2種類あります。日替りランチは、和豚もち豚のソテー野菜添えジンジャーソースで、パンorライス・サラダ・ドリンク付になります。カレーランチは、挽き肉と野菜のカレーで、サラダ・ドリンク付になります。日替りランチ(ライス)にしました。

リストランテささき 日替りランチ サラダ

すぐにサラダが運ばれてきました。のんびり食べながらメインを待ちます。
さすがに老舗のランチ、仕込みが良いようで早めに出来上がってきました。

リストランテささき 日替りランチ メイン

最初に人数分のスープとライス、次にメインディッシュがやってきました。
野菜もたっぷりでもち豚も適度な歯応えがあり、鶏の唐揚げも添えられ、なかなかのおかずです。ライスは普通、スープは味噌汁かなと思いますが、かなり味噌の味を薄めにしています。その代わりに出汁がしっかり効いています。
ドリンクは、アイスコーヒーにしていました。スタッフが忙しそうで、なかなか見てくれていません。みんなが食べ終わり、こちらからお願いしました。
日替りランチ900円、美味しくいただきましたが、ちょっとお高いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.31

らーめん 大輝

大輝 冷し塩らーめん(平麺・大盛り)

十日町市の「らーめん 大輝」です。
越後川口方面から国道117号線を十日町方向へ、四日町新田交差点先の飯山線跨線橋の手前にあるの信号機のないところを右に曲がった先の右側です。
十日町市での昼食、冷たい夏らしいものがあるのでは?とお邪魔しました。
お店は、右側奥に厨房があり、中央奥にカウンター席、手前にテーブル席があります。白木(杉かな)を打ち付けた清潔感のある店内です。午後1時30分過ぎに着きました。他にお客さんもなく、帰るまで静かな状態が続きます。
メニューは、豚骨スープ・和風スープに大きく別れています。豚骨スープは、醤油、味噌、塩、豚骨特濃(醤油味)、ごま味噌豚骨、ごま辛味噌豚骨、旨辛らー油(激辛)、旨辛らー油SP(超激辛・鬼辛)、魚介豚骨、野菜豚骨、にんにく豚骨、にんにく豚骨特濃、魚介豚骨つけ麺があります。和風スープは、醤油、味噌、塩、辛口醤油、野菜味噌、野菜辛味噌、和風 豚骨、カレーらー麺、つけ麺、辛つけ麺があります。つけ麺は冷しも可です。麺種は、太麺、細麺、平麺から選べて、ミックスは有料になります。盛りは、大盛、特盛、メガ盛があり、平日ランチタイムサービスは大盛が無料です。トッピングやサイドメニューも豊富に用意されています。メインメニューには裏もあります。刺激的な辛味と中国山椒のしびれの麻辣めん、鬼辛にできます。豚骨醤油らーめんの大輝S.P(ちゃーしゅー、味玉、もやし入り)があり、スープの味を変更できます。他にも何枚かの限定メニューがあります。ピリ辛豚骨スープがおいしい辛豚骨麺、大辛もできます。こちらも辛口で肉もやし麺があります。冷しメニューと書かれたものには、辛すっぱい冷しサンラー麺、冷し辛口塩らーめん、冷し塩らーめんがあります。メニューの下には、(冷しの太麺・平麺は、少し時間がかかります)と書かれています。少しですがメニューも変わり、冷し中華はみつかりません。冷し塩らーめん(平麺・大盛り)にしました。
小さめのお店ですが、店主1人でやっています。多くのメニューは驚きです。時間がかかるとありましたが、貸切状態!、早めに出来上がってきました。
小さく深く焦げ茶のザラザラした渋めな器にいい感じに盛られてきました。

大輝 冷し塩らーめん(平麺・大盛り)麺アップ

麺は、とってもとっても幅広の縮れ。厚さがそんなにないので、ゆで時間はそんなにかからないでしょう。食べ易くてパスタを食べているかのようです。
スープは、塩味が濃厚なものですが、こってり感はなく、あっさり気味です。平太い麺を食べていると気付きませんが、飲むとかなりのしょっぱさです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、刻み海苔、水菜、ねぎです。氷も入ってます。氷は珍しくないのですが、かき氷と手が込んだものです。
麺の幅広を塩味のスープで楽しみました。醤油のスープでもたのしんでみたいです。冷し塩らーめんは、麺を選んで、大盛りで、800円、いい線かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.30

喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店

大安食堂東掘店 冷たいスープのワンタン麺

新潟市の「喜多方ラーメン 大安食堂 東掘店」です。
東掘通に面しています。柾谷小路に程近いAPAホテルの斜め向かいです。
今回もお昼時間の移動です。その前に昼食を取ろうと信吉屋を目指しました。午前11時30分過ぎ、信吉屋が見える所まで来ましたが…列びが見えます。冗談だろう!お店前まで行き、一旦並びました。数えると前に9人の列び…、カウンター8席のお店ですか、そんなに時間の余裕はありません。さて、どうしましょう。くら田→大安食堂→六綵亭→白寿なんて感じで覗いてみます。几帳面で冷し中華の提供が遅いくら田、冷し中華の貼紙がありません。まだ、はじまっていないようです。次は大安食堂です。趣向を変えていろいろ提供してくれてます。今年はどうでしょう。季節メニューのチラシを貼り出してくれるので助かります。食べてみたいラーメンがありました。お邪魔しましょう。
入口を入った右側に食券販売機があります。近いため、前の人が食券を購入している間、次の人が外での待つことになります。直前にお客さんが入り、少し考えてから食券を購入しました。さて、食券販売機の真ん前まで来ました。
メニューは、醤油ラーメン、醤油ワンタン麺、醤油チャーシュー麺、醤油ワンタンチャーシュー麺、醤油豚骨ラーメン、醤油豚骨チャーシュー麺、塩ラーメン、塩ワンタン麺、塩チャーシュー麺、塩ワンタンチャーシュー麺、味噌野菜ラーメン、味噌野菜チャーシュー麺、辛味噌野菜ラーメン、辛味噌野菜チャーシュー麺、たっぷり野菜タンメン、たっぷり野菜チャーシュータンメン、魚介つけ麺、魚介チャーシューつけ麺、麻婆麺、冷たいスープのワンタン麺、台湾風辛子そばなどがあります。以前に食べた生姜醤油肉そばは見当たりません。見た瞬間に名前で食べたいと思った冷たいスープのワンタン麺にしました。
お店は、右側に厨房、厨房を囲うようにカウンター席、奥と手前左側にテーブル席があります。居酒屋風な雰囲気のお店です。2階にも居酒屋風に6卓の座卓を配した座敷があります。午後11時40分過ぎです。出来上がり待ちのお客さんが1人、直前のお客さんが1人、3番目です。後ろにも1人います。
スタッフに食券を渡すとカウンター席にどうぞとのこと、手前に座りました。通常なら中太麺と細麺から麺の太さを選ぶのですが、聞かれませんでした。
店前に貼られたチラシに“和風出汁の効いた冷たいスープラーメンに大安自慢のワンタンをドガッと乗せた一品です!!涼を誘う一杯、これからの暑い季節に是非!!”や“細麺のみ!”と説明があります。写真があり“爽やかな三つ葉でさっぱり”とか“ワンタンは茹で立ての温かい物です”と説明があります。
お客さんが少ないため…?冷しとは思えない早さで出来上がってきました。
写真よりちょっと若草色に見えるカラフルで可愛い器に盛られてきました。
麺は、やや細の縮れ。触感は楽しいのですが、なかなかの弾力があります。
スープは、説明通りの和風で癖のなく、スーッと気持ち良く喉を通ります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ワンタン、胡瓜、パクチー、もやし、鳴門、ねぎなどです。説明を見てなかったのでワンタンも冷たい物かと思っていましたが、なんと温いものでした。適度な具の大きさで皮も軟らかです。
ワンタンが温かく、氷も入っていないので、最後まで冷たいって感じはありませんでしたが、冷たいラーメンでワンタンも食べられてちょっと嬉しいです。冷たいスープのワンタン麺800円、なかなかいい線ではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.29

ちゅんり 醤油白湯麺

ちゅんり 醤油白湯麺

新発田市の「彩宴空間 ちゅんり」です。
県道202号線沿い、五十公野公園の北、食品工業団地向かいにあります。
オープン当時に食べています。流行ってるかなとお店の駐車場を覗いたら…、混んでます。なら大丈夫。食べていないものを食べようとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に向い合わせのカウンター席、左奥にテーブル席、手前に小上がりがあります。白い壁と黒っぽい木が対照的でお洒落な、モダンな雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。4人程度の列びですが、帰るお客さんも多く、片付けを待って、すぐにカウンター席に座れました。
メニューは、菜譜と書かれた表紙で、何ページかあります。鶏塩白湯麺、黒潮白湯麺、蝦塩白湯麺、醤油白湯麺、味噌白湯麺、辛味噌白湯麺、担々麺、お子様らぁめんセットなどがあり、ちゃーしゅう、白油鶏、ワンタン、青ネギ、メンマ、味付け玉子などが追加トッピングできます。1日限定10食のまーぼー丼、ばんばんぢぃ丼、小ライス、ライスや餃子、あいすくりーむ春巻などのサイドメニューも充実しています。お客さんの混み具合から無理かなと思っていたまーぼー丼もまだあるとのことで醤油白湯麺まーぼー丼にしました。
菜譜に“丸大豆・淡口・白醤油ブレンドに鰹の香味油”と説明があります。
混んでいて時間がかかるかと思いましたが、普通に出来上がってきました。
真っ白な器に鶏白湯スープの褐色とトッピング、上品に仕上がっています。
麺は、やや細の縮れ。やや硬ゆでですが、噛み切れ具合が気持ちいいです。
スープは、鶏白湯なのに意外とサラサラでバランスのとてもよいものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、小揚げ玉、ねぎ(青・白)などです。小揚げ玉はあられかも…、終盤までスープに浸らず、触感を楽しめました。
麺は好みより硬めでしたが、醤油白湯のスープが馴染み易く、チャーシューも適度な歯応えがあり、揚げ玉も触感が良く、なかなかいい感じに楽しむことができました。これで640円、今ならなかなかいい線じゃないでしょうか。
カウンター上には、胡椒などの他にもきざみニンニク、豆板醤、おろし生姜もあります。休日に味噌白湯麺なんかで味の変化を楽しんでみたくなります。

ちゅんり まーぼー丼

まーぼー丼は、ミニ丼ですがそれ以上のボリュームがあって、意外と濃厚で、きちんと辛く、適度な痺れもあって、それで150円はありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.28

割烹・地魚 浜寿司

浜寿司

糸魚川市(旧能生町)の「割烹・地魚 浜寿司」です。
水曜見ナイトだと思ったんですが、テレビで紹介されていました。ラーメンとお寿司の組み合わせという非の打ち所のないお店で、早速お邪魔しました。
国道8号線と能生事務所の間、第四銀行脇の細い道を入った先にあります。
お店に駐車場がありません。すぐ前に農協とその駐車場がありますが、千円札が切れています。第四銀行で引き出し、そのまま駐車させてもらいました。
お店の入口が2ヶ所あります。お店前の看板には「割烹・地魚 浜寿司」と書かれていて、左側の入口脇には「割烹 浜寿司」と書かれています。商い中の札がある右側の入口から入ります。「割烹・地魚 浜寿司」なんでしょう。
お店は、奥にお寿司の厨房、手前にカウンター席、手前と左側に広々した小上がりが連なっています。左側奥に通常の厨房があります。左側の入口を入ると座敷や個室になるんでしょう。お寿司屋さんらしい、堂々とした雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。7割~8割ほどのお客さん入りです。
お店のスタッフと常連さんが話をしています。『テレビって凄いね』と…。
メニューは、お寿司、ごはん・丼物、定食、そば、うどん、麺類、ランチ、飲み物に大別されています。麺類は、中華ラーメン、正油ラーメン、もやしラーメン、味噌ラーメン、チャーシューメン、塩タンメン、正油タンメン、塩五目ラーメン、正油五目ラーメン、焼きそば、野菜スープなどがあります。ランチは、ちらしセット、ちらしハーフセット、巻きハーフセット、焼肉セットがあります。ここからが交渉です。通常のハーフセット(ちらし半分、中華ラーメン半分)の麺類を普通にしたハーフセット(ちらし半分、中華ラーメン)をお願いしました。お値段が上がることを了承して無事にお願いできました。
さすが割烹です。賑わってはいますが、やや早めに出来上がってきました。

浜寿司 ハーフセット(ちらし半分、中華ラーメン)

お盆にのってきました。ちらしは蓋がされていますが、蓋を取り撮影です。

浜寿司 ハーフセット(中華ラーメン)

ラーメンから食べます。双喜文と龍の模様、昔ながらの器に盛られてます。
麺は、やや細の縮れ。癖のない、昔懐かしい食堂を思い出すような麺です。
スープは、あっさりした醤油味ですが、適度なまろやかさも備えています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、刻みねぎなどとてもシンプルです。
特別なラーメンというより、忠実な昔懐かしいラーメンをいただきました。

浜寿司 ハーフセット(ちらし半分)

ちらしは、鮪、鰤、蛸、イカ、〆鯖、玉子、蒲鉾、大葉、山葵、生姜などで、本当にハーフ?って思うほどボリュームがあります。ちょっと嬉しいです。
昔懐かしのラーメンとちらしのセットをいただきました。お腹いっぱいです。ハーフ&ハーフが900円で麺普通盛りが1210円でした。ちょっと…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.27

新潟元祖鯛らーめん 大漁

大漁

新潟市のときめきラーメン万代島の「新潟元祖鯛らーめん 大漁」です。
新潟万代島エリア、佐渡汽船の手前、朱鷺メッセの向かいの広場にあります。といっても芝生広場が駐車場にするための工事中で、広場がなくなります。
「新潟元祖鯛らーめん 大漁」が10年ぶりに復活!!早速お邪魔しました。
万代島の有料駐車場は、1時間無料です。ラーメンを食べるのには十分です。いつものようにD駐車場に駐車しようとしましたが、イベント等で満車です。案内に従いB駐車場に駐車します。工事中のため広場を回って着きました。
長屋のような建物に8店舗のスペースがあり、開設時には賑わっていました。今まで「青島ラーメン司菜 ときめき」と「中華 丸美」の2店だけでした。今回「新潟元祖鯛らーめん 大漁」のオープンで、営業は3店になりました。昔は奥の佐渡汽船依りにお店がありましたが、今回は手前の青島の奥隣です。空き店舗のスペースは、広場駐車場化の工事の現場事務所になっています。
お店は、奥に厨房、中央の配膳スペースを囲うようにカウンター席、右側奥にテーブルを壁に付けたカウンター席っぽい席、手前にテーブル席があります。まあまあ普通のラーメン店の雰囲気です。午後2時10分過ぎに着きました。他にお客さんが1組の3人と空いていますが、その後もお客さんが来ます。

大漁 メニュー①
大漁 メニュー②

メニューは、鯛らーめん(塩・しょうゆ)、和風だし(ピリ辛めん 塩味・みそらーめん)、夏季限定の冷やし鯛らーめん(塩・しょうゆ)、麺類との組み合わせでお手頃に提供される鯛めし、トッピングのチャーシュー、麺の大盛りなどがあります。冷やし鯛らーめん(しょうゆ)鯛めしにしました。
メニューに“レモンの爽やかな酸味と上品なスープの相性がよい、癖になる一品です。夏ならではの鯛らーめんをご賞味下さい。”との説明があります。
他のお客さんのが出来上がり、続いて普通の待ちで出来上がってきました。

大漁 冷やし鯛らーめん(しょうゆ)

茶系のごつごつした渋い器に、醤油色のあっさりスープが美味しそうです。
麺は、細麺の縮れでなかなか良い食感ですが、冷しの分だけ少し硬めです。
スープは、醤油のあっさりしたもので、冷たくてもまろやかな味わいです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、水菜、ねぎなど、彩りが良いです。
山形の冷たいラーメンに近い、期待通りの冷たいらーめんをいただきました。鯛のスープは、癖がなく、とても自然な旨味で、冷たいスープ用みたいです。塩・しょうゆとも温かい鯛らーめんは750円でお高く感じますが、10年前が690円なのでもともとちょっとお高めです。冷たい鯛らーめんは790円です。ちょっとお高いですが、新潟で食べれるのですからありがたいです。

大漁 鯛めし

鯛めしです。通常200円、らーめんとセットで100円引きです。

大漁 鯛らーめん(塩)

相方の食べた鯛らーめん(塩)です。750円です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.26

和食処 本ん万

本ん万 看板

新潟市の「和食処 本ん万」です。“ほんま”と読みます。
笹出線、紫鳥線、弁天線、東跨線橋線?間の住宅地に隠れ家的にあります。
お手頃な和食ランチがあり、土曜日も食べられそうなのでお邪魔しました。
狭い道の住宅地の中にあります。お店までの周辺道路は一方通行だらけです。ちょっと遠回りして辿り着きました。お店前には2台分の駐車場があります。しかし、タイミングが悪く満車。待ちましたが、空きそうな感じがしません。帰りに買い物をしようと思っていたAEONの駐車場に駐車し歩きました。
暖簾の下がったちょっと格好いい門を通って、通路を進むと玄関があります。和の雰囲気の玄関で、手前に黒板があり、ランチのおしながきがあります。
お店は、一般住宅の広めぐらいの玄関に入って靴を脱ぐようになっています。右側に厨房、左側の食堂に進むと堀こたつの座卓が連結され中央にあります。2卓を連結させ長い座卓にしてます。小さなテーブルも手前に2卓あります。午後1時過ぎに着きました。3人組と2人組の2組の女性グループがいます。ちょうど2人組のお客さんが帰るところ、片付けを待って座卓に座れました。門~玄関までアプローチが窓からの景色に、初夏の植物がとても綺麗です。
メニューは、基本のAランチがあり、コーヒーとデザートが加えたBランチ、さらに茶碗蒸しを加えたCランチがありますが、Cランチは予約が要ります。玄関前の黒板に今日のランチと書かれたおしながきは、煮物:鰊竹の子煮、刺身:三点盛、焼物:赤魚柚庵、揚物:天ぷらです。Bランチにしました。
基本的に1種類のランチ、仕込みもあってか早めに出来上がってきました。

本ん万 ランチ

松花堂や幕の内などの弁当で使われる塗りの器に綺麗に盛られていました。
おしながきに書かれた料理の他に蕗の甘煮、酢蓮根、お新香などもあります。ご飯、味噌汁が付いてランチになります。ご飯がとても普通で美味しいです。

本ん万 ランチ(デザート&コーヒー)

ご飯を食べ終わってからは、デザートとコーヒーをのんびりと楽しみます。
ランチが800円、デザートコーヒーを加えて1000円といいお昼です。
相方も同じものを楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.05.25

麺処 清水

清水

南魚沼市(旧六日町)の「麺処 清水」です。
国道17号線沿いにあります。旧六日町の中心市街地からやや小出寄りです。「らーめん 福来軒」→「麺や とん福娘」だった建物が使われています。
旧六日町のお昼。まだ食べてことのない「麺処 清水」にお邪魔しました。
お店は、入口を入ると壁があり、右に折れ、その先を左に折れて奥へと広がります。壁の裏側に厨房、その先にカウンター席、さらにその先と右側にテーブル席があります。若者をターゲットに仕上げられたようなちょっとお洒落な雰囲気です。ラーメン関係のお店になる前は、お酒を楽しむお店だったのでしょうか。窓が広くショップだったのかも知れないです。午後12時30分過ぎに着きました。5~6割程のお客さんの入りです。入口を入って右に進み、左側に折れた左側、お店の中央付近にタッチパネル式の食券販売機があります。
メニューは、中華そば、ワンタン中華そば、特製中華そば、特大中華そば、塩煮干そば、塩煮干ワンタンそば、特製塩煮干そば、塩そば、塩ワンタンそば、特製塩そば、山椒の塩そば、チャーシュー麺(売切or提供なし)、台湾まぜそば/追い飯付、汁無し坦々麺(売切or提供なし)、冷やし塩煮干そば(売切or提供なし)などがあります。最初に書かれたものから!というのが一般的ですが、全体を見る限り“塩”になります。塩煮干ワンタンそばにしました。
カウンターから厨房の様子が見えます。まあまあ若い夫婦でやっているように見えます。女性が作りで男性が配膳などを担当しています。上越の「はな禅」に似ていますが、もう少し雰囲気に軟らかさが欲しいです。個別にスープを温めて作る方法でやっていますが、小鍋は電磁調理機を使用し温めています。
タイミングか?待ちのお客さんが多く、少し待って出来上がってきました。

清水 塩煮干ワンタンそば

白い器にシンプルで上品な盛り付け、淡いスープがとても美味しそうです。
麺は、細麺のストレートで硬め。好みとは違いますが歯応えが楽しいです。
スープは、塩のあっさり煮干しがいい感じで、えぐみもなく油が多めです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ワンタン、かいわれが入っています。ワンタンは、具が大きめ、お弁当サイズの肉団子にトローっとした皮です。
麺はちょっと好みと違い油も多めでしたが、スープと品の良さがそれを上回る好印象なラーメンでした。塩煮干しそばが500円で塩煮干しワンタンそばが850円、塩煮干しワンタンそばは普通のお値段ですが、塩煮干しそばならお得感があり、ワンタンがお高い印象です。塩煮干しそばにサイドメニューからチャーシューご飯100円を加えたらベストかもと思いました。他のメニューで、中華そばも500円で塩そばが600円です。ちょっと気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«越後の味処 大助 駅前本店