2019.08.15

ラーメン万人家 大学前店

Photo_20190816234601

新潟市の「ラーメン万人家 大学前店」です。
西大通りから新大五十嵐キャンパス方面へ、新大の手前、右側にあります。
他にも紫竹山店、中山店があり、各店で工夫を凝らしたラーメンを食べさせてくれています。オリジナルの冷たいラーメンが食べたくてお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、中央にカウンター席として使われている大きなテーブル、右側にテーブル席、左側に座敷があります。木の質感が心地よく落ち着くお店です。午後1時50分過ぎに着きました。満席で3人の待ち、用紙に記入して待ちます。帰るお客さんも多く少し待って小上がりの奥に案内されました。
メニューは、らーめん、メンマらーめん、特製らーめん、ちゃーしゅうめん、ラーメン次郎インスパイア系のG麺、がっつりG麺があります。G麺は、極太
麺(Gokufutomen)のG、ガッツリ(Gattsuri)のG、ニンニク(Garlic)のG、三つGからG麺と名付けられ、チャーシュー3枚・メンマ・味玉を加えたのが、がっつりG麺です。壁に貼紙があります。“食えるもんなら食ってみろ!!”とのことばの添えられたガッツリG麺トリプルです。違う世界のことと思いましょう。1枚もののメニューで万人麻辣麺があります。辛くて旨そうなものです。もう1枚あります。黒酢冷し中華です。マヨネーズ+マスタードと麻辣醤から好みを選べるようになっています。黒酢冷し中華(麻辣醤)にしました。
手間がかかりそうでお客さんも多いですが、普通に出来上がってきました。
深めの白い器に賑やかに盛られてきました。盛り付けが雑に感じられます。
麺は、やや細の弱い縮れ。硬めでモチモチ感も強めですが食べ易い麺です。
つゆは、醤油味で酸味が程良く、冷し中華らしいバランスの良さを感じます。別皿の麻辣醤を加えて味変に挑戦!、自然で深みのある辛味を楽しめます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉、海苔、鰹節、もやし、青ねぎ、紅生姜などです。海苔に書かれた単位ですが、新潟大学前のお店、万人家で単位がもらえる…的なお遊び的なもの、神社でお祈りをしたものとのことが。
なかなか洒落っ気のある、しっかり楽しい冷し中華でした。盛り付けがちょっと雑に見えます。800円となかなか冷し中華としては優しいと思います。

| | コメント (0)

2019.08.14

須坂屋 新潟駅前店

Photo_20190816234101

Photo_20190816234102

新潟市の「須坂屋 新潟駅前店」です。
新潟駅前、東大通りから旧東急イン脇への一方通行の入口近くにあります。
台風のフェーン現象で国内最高気温の暑い日。お蕎麦が食べたくなりました。ヨドバシで買物もあり、あまり食べてお店で…と須坂屋にお邪魔しました。
お店は、前の道路(歩道)から数段の階段を登ったところに入口があります。お蕎麦屋さんはどの店もですが、ラーメン店と違い厨房の場所は判りません。広さがあり、多くのテーブルが配置されたお蕎麦屋さんの和風な雰囲気です。午後12時50分過ぎに着きましたが、ほぼ満席のような状態になってます。空きを待つのか?相席になるのだろうかと思ったら、2階へ案内されました。2階は広い座敷になっていて、結構な数の卓が良い感覚で配置されています。2階も和風な雰囲気で、3割程度のお客さんの入り、靴を脱いで上がります。窓際の席を陣取りました。看板には3階もあるかのように書かれています。
メニューは、最初にへぎそば、花巻があります。大(3~4人前)・中(2~3人前)・手振り(1,5人前)のおそばの量があります。天ぷらは、天ぷら盛合せ、〃(小)、〃(上)、野菜天ぷら盛合せ、〃(小)、海老天ぷら盛合せがあります。次に冷たいおそば、ざるそば、もりそば、天ざるそば、野菜天ざるそば、冷やしとろろそば、上天ざるそば(手振り+天ぷら)があります。温かいおそばは、天ぷらそば、野菜天ぷらそば、上天ぷらそば、かけそば、なめこそば、山菜そば、月見そば、山かけそば、にしんそばがあります。天丼を中心にご飯類も豊富です。お得そうなおそばとのセットも用意されています。アルコール類や一品料理も豊富で、居酒屋的に利用もできそうです。セットも魅力的ですが、へぎそば中(2~3人前)と天ぷら盛合せにしました。
注文を受けてから天ぷらを揚げているようで普通に出来上がってきました。
嘘だろう!厨房暇だったんかい!と思う程の早さで出来上がってきました。
へぎに手振りのおそば、お皿に天ぷらが盛られてます。天つゆが付きです。
お蕎麦は、やや細の好きな太さ、布海苔つなぎのツルツル感と一般的なおそばのツルツル感と中間的なツルツル感で、喉越しが気持ちの良いおそばです。
つゆは、しっかりした味付けで、かすかに苦味っぽい濃厚な旨みがあります。おそばを食べ終わって、そば湯を加えて飲むといい感じの旨みになります。
2~3人前で相方とちょうどの量でした。2330円と結構いい値段です。
天ぷらは、穴子、海老、鱚、茄子、ピーマン、野菜のかき揚げで、1000円です。ちょっとお高いような、大きな穴子の天ぷらが値段のほとんどか?。

| | コメント (0)

2019.08.13

吟醸味噌らーめん まごごろ亭

Photo_20190816215701

新潟市の「吟醸味噌らーめん まごごろ亭」です。
弁天橋通り沿いにあります。弁天橋の西詰すぐ、越後茶屋だった場所です。
あしらやしゃがらなどを展開する角中グループの味噌らーめん専門店です。
昨年に続き、何かしら夏らしいメニューの提供を期待してお邪魔しました。
午後2時過ぎに着きました。待ちがないか、あってもそれほどの待ちはないだろうと思ってお邪魔しましたのですが、お店の外にまでおよぶ待ちになっています。店内、風除室、外と合わせて14人前後の待ちになっています。前は、風除室にある用紙に名前、人数と席の希望を書いて待つシステムでしたが廃止され、列ぶようになっています。列んでいるとメニューが回ってきました。
メニューは、以下通りです。いろいろ悩むほど豊富な品揃えになってます。
吟醸味噌らーめん
 特製吟醸味噌らーめん
 吟醸味噌らーめん
 吟醸味噌らーめん 味玉入り
 吟醸味噌らーめん ネギ肉入り
 吟醸味噌らーめん 野菜入り
 吟醸味噌らーめん かしら増し
 吟醸味噌らーめん 直火焼チャーシュー入り
海老辛味噌らーめん
 特製海老辛味噌らーめん
 海老辛味噌らーめん
 海老辛味噌らーめん 味玉入り
 海老辛味噌らーめん 直火焼チャーシュー入り
霜降り味噌らーめん
 特製霜降り味噌らーめん
 霜降り味噌らーめん
 霜降り味噌らーめん 味玉入り
 霜降り味噌らーめん ネギ肉入り
 霜降り味噌らーめん 野菜入り
 霜降り味噌らーめん かしら増し
 霜降り味噌らーめん 直火焼チャーシュー入り
胡麻香る濃厚担担麺
 担々麺
 担々麺 味玉入り
あっさり清湯旨味(古式熟成醤油)
 特製古式醤油らーめん
 古式醤油らーめん
 古式醤油らーめん 味玉入り
 古式醤油らーめん 直火焼チャーシュー入り
とろみあんかけの旨煮ソバ
 肉あんかけらーめん(提供見合わせ中)
サイドメニュー
 唐揚げ
 旨辛唐揚げ 自家製辛口チリソース
 唐揚げ油淋鶏
 特製餃子
 チャーハン
 肉あんかけチャーハン
 直火焼チャーシュー
お得なセット
 半チャーハンセット(Aセット)
 麻婆丼セット(Bセット)
 直火焼チャーシュー丼セット(Cセット)
 特製餃子5個セット(Dセット)
 唐揚げ3個セット(Eセット)
夏季限定の1枚もののメニューがありました。昨年同様の冷やし鳥らぁ麺か、似たようなものを期待しましたが、今年はちょっと違うようで、つけ麺です。
 吟醸味噌つけ麺
 霜降り味噌つけ麺
 海老辛味噌つけ麺
3種類のつけ麺が提供されていて、大盛無料、特盛有料、トッピングも無料を含めいろいろと用意されています。無料で出来るとこまでって組み合わせで、吟醸味噌つけ麺(大盛・ゆず・おろし生姜)を食べようかと考えていました。ところが無料トッピングをしっかり注文しなければ…と気を取られてしまい、吟醸味噌つけ麺(ゆず・おろし生姜)にしました。こちらのミスですが、“大盛り無料ですが…?”的な案内が欲しかった。面倒なんでそのままで…。
順調に列が進み風除室に入ります。椅子に座って待ちます。やがて店内へ…。お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。ちょっと大きめでラーメン店らしい雰囲気、明るく綺麗なお店です。左端の6人は座れそうなテーブル席に案内されました。混みもあり時間がかかるかと思いましたが、早めに出来上がってきました。
黒縁の大な器に麺、白系の器につけ汁、どちらも和風で落ち着いた器です。
麺は、やや太の縮れ、変な硬さもない、なかなか普通に食べ易いものです。
つけ汁は、味噌のバランスの良いもので、とろみが麺に良く絡むものです。
トッピングは、麺の器にチャーシュー・メンマ・味玉半個・海苔・柚子皮・おろし生姜などが、つけ汁の器にねぎ、ニラ?などが、充実しています。おろし生姜のすっきりした感じ、柚子の香りなど存分に楽しむことができました。
あしらや赤シャモジ同様のバランスの良い味噌味を楽しむことができました。味噌ラーメンとほとんど変わらない味噌の味がつけ麺でも再現されています。麺がつけ麺のためかの麺かのように馴染みます。トッピングもピッタリです。割りスープをもらいスープ割りも楽しみます。割っても抜群のバランスです。味噌味では抜群のつけ麺、800円で大盛可、とても満足の一杯でした。

| | コメント (0)

2019.08.12

回転寿司 スシロー 新潟赤道店

Photo_20190816215101

新潟市の「回転寿司 スシロー 新潟赤道店」です。
赤道沿い、藤見町交差点の近くにあるパチンコ店駐車場の一角にあります。
テレビCMで見かける事も多く、何かありそうな気がしてお邪魔しました。
お店は回転寿司そのものです。テーブル席が多く、カウンター席もあります。午後12時40分過ぎに着きました。家族連れ20人程の待ちになってます。タッチパネルで人数と席の希望を入力、プリントされた紙を持って待ちます。40分の待ちと表示ありましたが、5分程でカウンター席に案内されました。家族連れ等はテーブル席を希望しているようで、カウンター席は早いです。
回転寿司でそれほど多くはありませんが、そこそこのお寿司が流れています。注文はタブレット風端末でする方式。使い易い構成でページ遷移も容易です。今回のキャンペーンは、匠シリーズ、肉、ウニ、天然インドマグロ7貫盛り、その他もあります。あわびの3貫食べ比べ(煮・蒸・生)から食べましょう。お寿司は一般のお寿司が廻っている所を少し高い台にのって廻ってきます。
山葵も廻っています。お寿司はさび抜きで、セルフで山葵を加えられます。
その他に鯵、鮭、鰤、鯖、貝類、納豆など好みをいろいろと楽しみました。
最近のチェーン店は、漬けも多く、生と合わせて食べ比べも楽しめました。
その他にいろいろ食べました。相方と二人で2538円、お手頃ですが…。

 

| | コメント (0)

2019.08.11

麺屋 愛心 河渡本店

Photo_20190816214701

新潟市の「麺屋 愛心 河渡本店」です。
東地区の河渡マーケットシティ向かいにあるauショップの裏にあります。
100円引きサービス券が付いたチラシを入手し、相方とお邪魔しました。
午後2時過ぎに着きました。もう空いているだろうと想定していたのですが、駐車場もそこそこ混んでいて外にも7人~8人のお客さんが待っています。
お店の中の用紙に名前を書いて待ちます。少し待ってお店の中に入ります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、左端にテーブル席があります。真新しく洋食でも出てきそうな雰囲気の綺麗なお店です。お店の中には3人の待ち、少し待ってテーブル席の中央に案内されました。
メニューは、金色煮干し中華そば、金色みぞれ煮干し中華そば、岩海苔中華そば、特製香味中華そば(塩・醤油)、とそれらのチャーシュー麺、麻婆麺、香辣麻婆麺、ニラそば、ニラダブルそば、海老寿久担々麺、海老寿久MISO、野菜味噌らーめん、香辣野菜味噌らーめん、背脂ジョニー、台湾まぜそば、五目あんかけ麺などがあります。普通が特製五目あんかけ麺で、海老増しの上・五目あんかけ麺もあります。期間限定メニューもあります。辛激の紅魔神、香辣味噌らーめん、赤ジョニーなどになります。辛激の紅魔神は、辛さレベルを辛激とスタンダードから選べるようになっています。冷やし中華は以前に食べています。今回は夏の辛味を、辛激の紅魔神(スタンダード)にしました。
後からもお客さんが結構やってきて、変わらず外まで列ぶ状態が続きます。
かなり混雑している感じですが、普通の待ち時間で出来上がってきました。白い器にニララーメンのようなトッピング、スープが凄く辛そうな色です。
麺は、やや細めの弱い縮れ、食べ易く、食べ進めると旨みを感じてきます。
スープは、想定通りに結構辛いものですが、見た目より辛さは控えめです。
トッピングは、挽肉の芝麻醤炒め、ニラ、もやしなどとてもシンプルです。
なかなかご機嫌に辛いラーメンでした。辛いけど美味しい、全然レベルは違いますが、テレビの激辛選手権みたいな気分です。後からとんでもない汗が出ました。通常880円はちょっとお高いように感じますがサービス券で100円引き、この内容での780円だったらなかなかお手頃に思える一杯でした。

| | コメント (0)

2019.08.10

麺屋 しゃがら

Photo_20190816120401

新潟市の「麺屋 しゃがら」です。
旧国道7号線沿いにあります。イオン新潟東近く、しゃがらの1号店です。
帰省した子供のリクエストです。駅のお店は混んでそうで本店にしました。
お店は、左手前に製麺室、左奥に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席、奥に小上がりがあります。比較的大きな、木の質感を活かしたお店です。午後1時過ぎに着きましたが、10人超、20分程度の待ちになりました。
メニューは、醤油味のらーめん、味玉らーめん、ちゃーしゅうめん、特選と題した全部のせみたいな関ヶ原らーめん、味噌味の味噌らーめん、味玉味噌らーめん、味噌ちゃーしゅうめん、特選と題した全部のせみたいな合わせ味噌らーめん、つけ麺もつけ麺と特選と題した全部のせみたいなしゃがらつけ麺があります。麺の量は、並盛(180g)、大盛(270g)、特盛(360g)となっています。つけ麺は並盛(270g)、大盛(360g)、特盛(450g)です。大盛10円増し、特盛20円増しとかなりお手頃です。期間限定で冷やし中華とシビ辛冷やし中華があります。シビ辛冷やし中華は食べているので、冷やし中華(大盛)にしました。
まるで洗面器のような大きな白い器に盛られてきました。器に満杯の盛り付けも好きではありませんが、大き過ぎる器は動物の餌用のみたいで苦手です。
麺は、やや太のストレート。硬めにゆで加減ですが食べ難さはありません。
つゆは、醤油と酢の一般的な冷やし中華風ですが、隅に特製ごまダレがあり、味変を楽しむこともできますが、個人的にはあまり好みの味ではないです。
トッピングは、鶏チャーシュー、きくらげ、玉子、トマト、もやし、水菜、ねぎなどです。冷たい麺と食べたくない水菜ですが、水菜使い過ぎでしょう。
強烈な痺れの夏メニューと痺れのない夏メニュー、わがままなものです。中間的な痺れを食べてみたくなります。850円+10円はいい線でしょうか。

| | コメント (0)

2019.08.09

貝楽酒場 たらふく うなり

Photo_20190816115701

新潟市の「貝楽酒場 たらふく うなり」です。
古町エリア鍋茶屋通りにあります。鍋茶屋の少し上、向かい側になります。
新潟まつりの民謡流しに参加し、バスが動くまで乾いた喉を潤そう、どうせならラーメンが食べられる居酒屋へ行こう…と同僚と一緒にお邪魔しました。
お店は、入口を入った1階が厨房と厨房向きカウンター席、テーブル席の小さな居酒屋風ですが、階段を登った2階には仕切りを工夫した小上がり席に使っている座敷と個室があります。2階に登った所で靴を脱ぎ、席は堀ごたつ風に足を伸ばせる席です。そんな大袈裟ではありませんが、ライティングもあって古民家風にいるかのような雰囲気を味わえるお店です。まつりが終わって着替えてからなんで満席で断られることも覚悟していましたが、大丈夫でした。
メニューは、貝の料理店らしくいろんな産地のいろんな貝をいろんな料理で楽しめるようになっています。お通しだけでもそこそこの貝料理を楽しめます。ビールと茶豆などで乾きを潤すことができ、そろそろ〆のラーメンにします。〆の料理として貝出汁ラーメン!!、牡蠣ラーメン!!、はまぐり雑炊が用意されています。やっぱり普通はこれからでしょう。牡蠣ラーメンにしました。
“濃厚旨味噌!!太麺です。牡蠣パウダー入り!!ファン多し!!牛骨を2日間煮込んで作ったスープに自家製の味噌で仕上げています。”と説明があります。
入店当初は順調に運ばれてきていた料理も徐々に出来上がりが遅くなり、その後にお願いしたお水もかなり待たされました。帰るお客さんも多くなってますが運ばれてきません。帰りのバスを諦めたその時、出来上がってきました。

Photo_20190816115801

白い縁の傾いた器に白味噌の濃厚そうなラーメンスープが美味しそうです。
麺は、普通の太さの縮れ。冷やしが多かったので普通麺の食感に感激です。
スープは、白味噌の見た目通りの味、そこに濃厚な牡蠣の旨みが加わります。海老味噌ラーメンに似た旨みの濃いもので、大盛りだと飽きが来そうです。
トッピングは、牡蠣煮、チャーシュー、白髪ねぎとシンプルです。牡蠣煮は、大きい牡蠣ですが、牡蠣の旨みと味付けがしっかりしていて全く好みです。
居酒屋の片手間のラーメンかと思っていましたが、貝料理店らしい牡蠣の旨みを存分に味わえるラーメンでした。冬場に食べたい感じですが、生ビール冷えた身体にも合います。好みより旨みが濃過ぎです。880円はいい線かな。

| | コメント (0)

麺の家 渚

Photo_20190816115201

柏崎市の「麺の家 渚」です。
国道8号線沿いの長岡寄り、ひらせいホームセンター駐車場内にあります。
お昼も遅くなり、確実に営業していそうな渚です。久々にお邪魔しました。
お店は、左側に入口があります。奥に厨房、手前にカウンター席、その手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。和定食屋さんでも良さそう雰囲気のお店です。午後1時過ぎに着きました。5割~6割程のお客さんの入りです。入ってすぐの風除室正面とさらに入ったその先にも食券販売機があります。
メニューは、ラーメン、塩ラーメン、みそラーメン、辛みそラーメン、つけめん、塩つけめん、辛みそつけめん、それらをラーメン二郎インスパイア系にしたビッグウェーブ、塩ビッグウェーブ、みそビッグウェーブ、辛みそビッグウェーブ、ビッグウェーブつけめんがあります。ラーメン系はチャーシューとチャーシューダブル、ビッグウェーブ系は肉ましと肉ましましのバリエーションがあります。担々麺、油そばなどもあります。期間限定のメニューの提供があります。冷やしラーメンです。以前はこってりしていましたが、どうでなったのか。麺の量もなかなかでラーメンは通常が200gで、大盛300g、特盛400gです。つけめんは通常が300gで、大盛400g、特盛500gです。大盛が20円増し・特盛が40円増しに値上がってます。冷やしラーメン(大盛)にしました。
食券をスタッフに渡し、入口近くの壁向きのカウンター席に座って待ちます。あっ水はセルフサービスだったかと用意して座ると出来上がってきました。
雷文・双喜文・龍に飾られ使い込まれた器にちょうど良さそうな盛りです。
麺は、丸い太めの大きな縮れ、表面が軟らかく中芯がモチモチした感じです。いつもの麺ですが、冷やしラーメンでは一層コシが強く存在感があります。
スープは、塩なのに癖のないあっさり風、適度な旨みが冷たさに合います。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、水菜、たっぷりの焦がし玉ねぎ、ねぎなどシンプルです。見た目だけでは冷やしラーメンと気付かないでしょう。
力強い麺とあっさり塩味のスープ(こってりは和らぎました)、焦がし玉ねぎの香りも添えて冷たいラーメンを楽しみました。冷やしラーメン790円+大盛り20円。冷やしラーメン(大盛)の810円はいい線かなと思います。

| | コメント (0)

2019.08.08

うえんで

Photo_20190816114601

福島県会津若松市の「うえんで」です。
国道118号線沿い、会津鉄道会津線芦ノ牧温泉駅の駅前すぐにあります。
会津のお昼、久々にうえんでにお邪魔しました。改築後2回目になります。
正午前の到着でお店脇の駐車場が満車、斜め向かいの駐車場に止めました。
お店は、右側に厨房、その中央寄りに厨房向きのカウンター席、手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。明るく綺麗なお店です。10人程の列びができています。店内の用意された紙に名前と人数を書き入い待ちます。日陰はあるものの暑いです。そこそこいい時間待ってテーブル席に案内されました。
メニューは、写真入りになっています。中華そば、チャーシューメン、会津山
塩ラーメン、会津山塩チャーシューメンがあります。この前あったみそタンメ
ン、しおタンメン、濃厚辛みそ中華、濃厚辛みそタンメン、濃厚つけ麺がなく
なっています。いずれも中太縮れ麺の普通麺と極太縮れ麺の手打麺から麺の種
類を、並盛300g、大盛400g、特盛500gから麺量を組み合わせて選ぶようになっ
ています。人気の焼き鳥、手作り餃子や豚丼などのサイドメニューも充実して
います。食べでない会津塩チャーシューメン(手打麺・並盛)にしました。
ある程度の待ちは覚悟していましたが、とても早く出来上がってきました。白い器に美味しそうなチャーシューと間の透き通ったスープが印象的です。
麺は、極太の平打ち、手打ちらしい縮れ。少し硬めが太さのため手強いです。中華料理のくらげを太くしたかのような形状で、他に見ない珍しい麺です。
スープは、塩らしく無職透明、味もなかなかいい感じに仕上がっていますが、飲んだ時にちょっと癖があります。塩独特の香りがスーッと鼻を通ります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎととてもシンプルですが、チャーシューが、味、硬さ、脂身の少ない感じなどかなり好みのものです。
極太超縮れ麺と山塩のスープ、美味しいチャーシューをたっぷり食べました。中華そばが600円と今ではお手頃なぐらいですが、会津塩が100円増し、手打ち麺が80円増し、チャーシューメンが250円増し、増しの3段活用的な結果、1030円の豪華ランチになりました。お高いけど十分納得です。

| | コメント (0)

2019.08.07

らーめん 六綵亭

Photo_20190816114001

新潟市の「らーめん 六綵亭」です。
東堀前6番町、アパホテル向かいの路地を入った気付き難い所にあります。
今シーズン、まだ食べていない冷し中華を求めて六綵亭にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席が5席、左側にテーブル
席2卓があります。小さめで木の質感が良く、小料理屋でも良さそうな雰囲気
です。午後12時10分過ぎに着きました。カウンター席は空きがなく、奥の
テーブルもお客さんが入っていますが、手前のテーブルが空いていました。
メニューは、みそラーメン、野菜みそラーメン(野菜がみその倍)、タンメン、麻婆味噌ラーメン、ラーメン、冷し中華(夏季限定)があります。麺の量は、普通150g、中盛200g、大盛280gで、中盛が50円増し、大盛が150円増しです。トッピングは、チャーシュー、メンマ、バター、コーンがあります。厨房前の垂れ壁に“みそラーメンつけ麺風はいかがですか?”と貼紙があります。みそラーメンといきたいところですが、冷し中華(中盛)にしました。
店主1人。時間がかかることもありますが、早めに出来上がってきました。
真っ白で少し深みのある皿に盛られてきました。とても彩りが鮮やかです。
麺は、細い縮れ、ツルツル感モチモチ感が良く、つゆとの絡みも良いです。
つゆは、一般的な味で少し濃厚。ダシの旨みなどバランスの取れています。
トッピングは、胡瓜、トマト、ハム、錦糸玉子、くらげ、生姜漬などです。
辛子も多め、しっかり楽しみます。辛子の少ないお店が多いのに関心です。
薄味でダシの効いたつゆが最近の好みですが、好みと違ってもしっかりしたつゆです。細い麺にしっかりしたつゆの冷し中華でした。古町の中心地で冷し中華が600円、中盛でも650円と超お得です。お得感が嬉しいお店です。

| | コメント (0)

2019.08.06

元祖支那そば 信吉屋

Photo_20190812115301

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
暑い日が続いています。連チャンで振られ、今日こそはとお邪魔しました。
正午過ぎ、お店の近くまで来ました。お店前までおよぶ待ちはありません。
お店は、間口が広くあまり奥行きのない造りで、奥に厨房、手前にカウンター席8席だけの小さなお店です。昭和を感じさせる懐かしい雰囲気が好きです。ちょうど満席ですが、タイミングがよく、中央右寄り席が空き座れました。
ワンタンがなくなると中央の冷蔵庫に貼り出される“ワンタン売り切れ”の貼紙ですが、貼り出されていません。貼り忘れられたか?後で判るでしょう。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタンがあります。ワンタンメンが人気です。夏季限定は、冷し中華があります。こちらもワンタンメンと同様の人気です。麺の量は、普通、中盛、大盛があり、普段はお得感のある中盛にしています。冷し中華の中盛りにしました。実際のところ、おばさんに『冷しの中ね?』と聞かれて『はい!』と返事をして冷し中華(中盛)の注文が完了します。
列んでいる間にオーダしていたので、かなり早めに出来上がってきました。
支那そばと同じ黒っぽい渋い器に盛られてます。胡瓜の緑やレモンの黄色などトッピングの彩りが綺麗に映えます。野菜たっぷりで健康的な麺料理です。
麺は、極細に近い細さで弱い縮れがあります。支那そばより少し硬めに感じる仕上がりです。シコシコとした歯応えと切れの良さがとても楽しい麺です。
つゆは、最初、そのままで楽しみます。魚介が香ばしく、酸っぱさやしょっぱさがちょうど良いです。まろやかでちょっと懐かしさを感じさせてくれます。次にレモンを搾ると柑橘系の爽やかな酸味が加わり、香りが広がります。練り辛子を箸で取り、そのまま麺に付けます。辛味をダイレクトに楽しみます。
トッピングは、弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、キュウリ・ハム・細切りの鳴門、金糸玉子です。脇にある搾ったレモンからいい香りが広がります。
冷しでは珍しい気持ち良い麺を、魚介風味とレモン爽やかな香りのつゆでいただきました。ボリュームもちょうど良く、バランスが取れたトッピングも魅力的です。中盛で950円。安くはありませんが、それ以上に楽しめました。
今季9杯目の信吉屋の冷し中華でした。昨年の9杯にいよいよ並びました。
 
食べ終わって帰ります。午後12時15分です。麺もワンタンともまだ有ります。火曜日が比較的空いているとのことですが、典型的な日だっようです。

| | コメント (0)

2019.08.05

大江戸 県庁前店

Photo_20190812113801

新潟市の「大江戸 県庁前店」です。
県庁近く、国道116号線と県道51号笹出線の間の市道沿いにあります。
夏のねば玉冷やしですが、またまた食べたくなってしまいお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と左側に厨房向きのカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。広々・明るく、綺麗な和食堂のような雰囲気です。午後1時10分過ぎと珍しく遅い時間に着きました。100円ショップと共同の駐車場はそこそこ混んでいましたが問題なし、と言いたいところですが、今日はバス移動でした。お店の中も5割~6割程度のお客さんの入りでしょう。いつもの賑わいです。カウンター席の奥側、テレビ近くに案内されました。
メニューは、醤油と味噌それぞれの味のラーメンとチャーシューメン、塩と味噌それぞれの味のタンメン、焼きそば、冷やし中華などがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。サイドメニューもライス(小・並・大)、おにぎり(梅・鮭・天かす)、ミニ自家製カレー、ミニチャーシュー丼、曜日毎の日替りミニ丼があります。月曜日は麻婆丼です。大江戸人気の冷やし三銃士という1枚もののメニューがあります。王道!冷やし中華、胡麻冷やし中華、夏のねば玉冷やし、通常の冷やし中華を含め3種類の冷やし中華があります。今はこれしかないでしょうって…、夏のねば玉冷やしと麻婆丼にしました。
タイミングが良かったのでしょうか。かなり早めに出来上がってきました。
浅く白い器に濃い醤油色のつゆ、隠すかのようにトッピングが覆ってます。
麺は、極細の弱縮れ、コシが一層強く、特徴である麺の長さに遊ばれます。
つゆは、醤油色の濃さに反して普通のしょっぱさでほど良い甘みとちょっと強めの酸味があります。冷やし中華に付いている大江戸名物の辛味ですが、これには付いていません。ちょっと残念のような気もしますが大丈夫、このお店はカウンターやテーブルに辛味が置かれています。辛味を加えて楽しみます。
トッピングは、チャーシュー、生卵、胡瓜、わかめ、おくら、山芋の千切り、納豆、昆布、刻み海苔、紅生姜などです。夏のネバネバが大集合してます。
大江戸の極細麺はつゆに良く絡みます。とても美味しくいただけます。…が、前回の豪快な混ぜ混ぜはやめて、生卵と納豆を混ぜ、麺を潜らせて食べます。この程度の混ぜだと見た目でそれほど汚くならなずに食べることができます。920円といい線です。前まで900円だと思っていたのは勘違いでした。
 
Photo_20190812114401

日替わりミニ丼の麻婆丼です。とろみがかなり強いタイプで、ちょっと大袈裟に言うと箸でも食べられそうです。そこそこボリュームがあって、辛さは全然ミニじゃないです。結構楽しめました。これで200円はありがたいです。

| | コメント (0)

2019.08.04

SHINASOBA 颯々樹

Photo_20190812113101

新潟市の「SHINASOBA 颯々樹」です。“ささき”と読みます。
東エリア、イオン新潟東から空港方向への賑やかな通り、松崎にあります。
旨そうな夏の麺を探していて美味しそうなのが見つかりお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、手前にテーブル席、左側に個室風の小上がりがあります。綺麗な建物ですが、ちょっとカジュアルっぽい雰囲気もあります。午後12時40分過ぎに着きました。家族連れ1組の列びです。用紙に名前と人数を書いて待ちます。少ししてカウンター席が空きました。家族連れが小上がりを希望のようです。追い越して案内されました。
メニューは、琥珀重ね醤油そば、琥珀重ね醤油めんま、琥珀重ね醤油あじたま、琥珀重ね醤油ちゃあしゅう、おこさま醤油そば、銀淡麗塩そば、銀淡麗塩めんま、銀淡麗塩あじたま、銀淡麗塩ちゃあしゅう、芳醇合わせ味噌があります。期間限定で冷製チリトマトそばがあります。~鶏のササミの日本酒と塩麹漬けと自家製ジェノベーゼソース添え~とサブタイトル的な説明があります。さて、どんなものでしょう。予定していた冷製チリトマトそばにしました。
タイミングが良かったのか?賑わってますが早めに出来上がってきました。
お盆にいろいろのってきました。ラーメン本体、割りスープ、薬味などです。ラーメンは、白い器に盛られています。中央に品良く盛り付けられています。割りスープ。薬味は、レンゲにのったジェノベーゼソースと粉チーズです。
麺は、細麺のストレート。冷たいラーメンに合い、変な硬さもありません。
スープは、トマト味の爽やかでまろやかなもの、夏を美味しく食べれます。
トッピングは、鶏チャーシュー、味玉半個、トマト、水菜、レモン、唐辛子、胡麻などです。シンプルかのように思えますが、なかなか充実しています。
さて、味変を楽しみましょう。まずは、トッピングのレモンを絞りましょう。レモンの酸味はそれほどではありませんが、柑橘系のいい香りが広がります。味がしっかりしているので割りスープを入れます。ととも爽やかになります。ジェノベーゼソースを入れると深みとまろやかさが増したような気がします。最後に粉チーズを入れます。スープパスタに料理が変わります。驚きです。
味の四変化ですか。とてもとても楽しくいただきました。最後にスープの底に辛味が残っていました。チリの部分でしょうか。味の五変化になりました。
とてもとても楽しめました。これで880円はお得な一杯だと思います。

| | コメント (0)

2019.08.03

らーめん 幸

Photo_20190812112302

新潟市の「らーめん 幸」です。
県道16号線沿いにあります。北高校の近くの中興野南交差点の角地です。
何かしら冷やしを提供してくれるお店、今年は何かと思いお邪魔しました。
建物壁の看板には、“AGO IPPIN”や“あご逸品”などと書かれています。
お店は、左側の奥に厨房、中央にカウンター席、手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。広めで落ち着いた雰囲気です。午後1時30分過ぎに着きました。6割~7割のお客さんの入りです。入ってすぐ食券販売機があります。雑誌類などとのコラボラーメンらしいメニューが書かれた貼紙もあります。
メニューは、あご塩麺、あご塩鶏ワンタン麺、あご塩チャーシュー麺、あご正油麺、あご正油鶏ワンタン麺、あご正油チャーシュー麺、特製みそラーメン、みそチャーシュー麺、マーボー麺、坦々麺、辛つけ麺、麻辣湯麺、たまり醤油のサンマー麺、冷やし坦々麺(期間限定)などがあります。大盛は、麺の増量のボタン、麺大盛(1.5玉)、麺大盛(2玉)が用意されています。塩・正油限定細麺変更(0円)というボタンもあります。冷やし坦々麺にしました。
食券を購入して席の方へと向かいますが、ご自由に!って雰囲気、スタッフに食券を渡し、セルフサービスのお茶などを用意しカウンター席に座ります。
そこそこ賑わってはいますが、いつも通り、早めに出来上がってきました。
内側に段があってかつ丼なんかが似合いそうな白い器に盛られてきました。
麺は、細麺の縮れ。ちょっと硬めで食べ易く、つゆといい感じに絡みます。
つゆは、胡麻の風味とまろやかさがしっかり、クリーミーな仕上がりです。
トッピングは、挽肉とザーサイの芝麻醤炒め、チンゲン菜、飾切胡瓜、水菜、ねぎなどです。野菜の緑が多く、辣油の橙もあってとても綺麗か彩りです。
食べ易い麺とクリーミーなつゆ、彩りの良いトッピング、胡麻の滑らかさに辣油の辛味が効いてます。バランスの良さを楽しんで780円、お手頃かも。
 
Photo_20190812112301

相方の食べた麻辣湯麺です。750円です。

| | コメント (0)

2019.08.02

大江戸

Photo_20190803100801

新潟市の「大江戸」です。
新潟小学校と中央警察署の間の道を美術館方向へ、道沿い左側にあります。
最近、県庁前店で食べる機会が多く、久々、本店に来たような気がします。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。定食が似合いそうな食堂といった雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。カウンター席はほぼ満席に近い状態ですが、テーブル席は奥のテーブルが1卓使われているだけです。カウンター席奥寄りのお客さんで帰ろうとしているので片付けを待って座らせてもらいました。セルフサービスのお水ですが、お客さんが少ないためか?スタッフが持ってきてくれました。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメンとそれらのチャーシューメン、塩と味噌のタンメン、焼きそば、冷やし中華、冷やし中華チャーシュー、胡麻冷やし中華などがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。県庁前店を含め、たぶん食べたことのないだろう胡麻冷やし中華(大盛)にしました。
出来上がり待ちのお客さんも少ないようで、早めに出来上がってきました。
お皿のように底が平らで縁だけが高い白い器、たっぷりの野菜があります。
麺は、極細の弱い縮れ、コシがあり、かつシコシコした歯応えも楽しめます。大江戸の特徴でもある麺の長さが…、大盛りは、さらに取り出し難いです。
つゆは、最初に冷やし味噌?と思う程、まろやかで、甘めで、優しいです。
トッピングは、チャーシュー、レタス、水菜、キャベツ、人参、辛味です。
途中で辛味を直接麺に付けたり、つゆに溶いたり、味の変化を楽しみました。大江戸の極細麺は、長くて扱い難いのですが、胡麻冷やし中華にも合います。胡麻冷やし中華(大)は980円と少しお高い昼食になりましたが、見た以上にボリュームがあり、冷し中華としてはなかなかいい線かなとも思います。

| | コメント (0)

2019.08.01

復路

午後の仕事も終え、ラッシュ前の移動になります。普通にお腹が空きます。

駅弁を買って食べながら帰りたいところですが、横須賀線の東京駅到着が上越新幹線の発車6分前、諦めて駅弁をじっくり選んで食べるのが今までの行動パターンですが、なんかこの人混みから早く逃れたい気持ちもかなりあります。6分間の乗り換えに挑戦して、だめだったらじっくり駅弁を選びましょう。

人が多く危ないので、走らず早歩きで移動します。動きの怪しい人は見ていて判ります。近くを通らず、エスカレータも歩かず、出発時刻30秒前、発車のベルの鳴り始めぐらいに新幹線に乗れました。とりあえず階段近くの指定席車両に乗ったところで出発、自由席車両へと移動します。凄い状態です。自由席が満席、100%、1席も空きがありません。社内アナウンスでは、指定席も全て売り切れとのことです。でも諦めません。出発しているので車掌に相談しましょう。販売していない席があるはずです。やっぱりありました。DーE席が連続して空いていて、E席を使ってくださいとのこと、終点新潟まで隣も空いたまま、早めに新潟に帰れましたが、やっぱり駅弁が食べたかった。

| | コメント (0)

田中そば店 新橋店

Photo_20190803095901

東京都港区西新橋の「田中そば店 新橋店」です。
JR新橋駅から住所を頼りに歩いてきました。順調で5分程で着きました。
冷たいラーメンが食べたくて田中そば店にしました。新橋店は初めてです。
お店は、左側に厨房、右側と厨房手前に厨房向きのカウンター席があります。間口が狭く奥行きのあるお店は、白木のカウンターや白壁で明るく綺麗です。午前11時10分過ぎに着きました。開店して間もなく2人の先客がいます。お店に入ってすぐ右側、主だったものに写真入りの食券販売機があります。
メニューは、中華そば、ねぎそば、中華そば(玉子入り)、肉そば、山形辛味噌、夏限定冷やかけ中華そばがあります。サイドメニューは、特製肉めし、明太子ごはん、韓国風明太子ごはん、ごはんがあります。麺の大盛、温野菜、味付け卵、ねぎトッピング、チャーシュー1枚、チャーシュー2枚、メンマトッピングなどのボタンもあります。予定通りの冷やかけ中華そばにしました。

Photo_20190803100001

お好きな席へとのこと、中央付近に座り、スタッフに食券を渡して待ちます。フロア係の女性スタッフと厨房で作りの男性スタッフの2人でやっているお店のようです。前のお客さんのが出来上がり次です。かなり長い時間かかって麺をゆでているように思えますが、普通の待ち時間で出来上がってきました。オレンジっぽい色の雷文模様の器に、澄んだスープが綺麗なラーメンです。
麺は、普通太の平打ちでほぼストレート、冷しらしい噛み応えがあります。
スープは、魚介系のやわらかな風味の白だしだろうバランス良いものです。
トッピングは、チャーシュー3枚、深漬メンマ、たっぷりのねぎなどです。
カウンターには特製唐華という唐辛子のように赤く辛そうなものがあります。冷やかけ中華そばに合わないこともないでしょうが、山葵で食べたいです。
バランス良い冷やかけ中華そばでチャーシューが多く食べ応えがありました。中華そばが750円で冷やかけ中華そばが900円、ちょっとお高いです。

 

| | コメント (0)

海老づくし

Photo_20190803094502

Photo_20190803094501

いつもの午前中の新幹線移動です。混雑する月曜日・金曜日は免れましたが、夏休みに入ってのお遊び期間、子供連れのお客さんでとても混んでいます。
新幹線移動での駅弁購入は、東口改札脇か万代口改札前、新幹線ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。在来線から新幹線への改札前のお店は、なくなったようです。種類・数量ともに揃っている東口改札脇の駅弁屋を覗いてみます。
駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで、いろいろ食べてみたくなります。種類、数ともそこそこあります。なんと!食べたことのない駅弁があります。神尾商事の海老づくしです。ちょっと豪華に海老を楽しみたいと思います。
今日はちょっぴり遅めです。新幹線が既に入線していて、自由席は3両です。夏休みに入り指定席を増やしているようです。なかなか混んでいます。もっと早く来るんだった。1両目に3席空きがあり、A席を無事確保できました。
箱に“海老づくし”と駅弁名があり、その前に“新潟”と添えられています。お品書きはなく、原材料名は、醤油飯(国産米使用)、海老しんじょ、えび刻み煮、赤海老煮、大根漬になります。とてもシンプルな原材料の駅弁です。
海老しんじょはなかなか美味しくいただけましたが、赤海老煮は殻を剥こうか殻ごと食べちゃおうか悩みます。噛めない硬さでもないので殻ごと食べます。この手の海老って、頭の先が口の中に刺さる時もあって、ちょっと怖いです。えび刻み煮はそぼろのこと、味付けが薄く、旨味も薄く、パサパサした感じ、せっかくの海老ですがまったく好みと違い、なんかもったいなかったです。
海老づくし?、海老だけの駅弁でした。もう少し海老のおかずが欲しいです。大きな海老もなく、ご飯も銘柄米でもなさそうで1180円、お高いですね。このお値段なら、なんかもうひと工夫をして欲しいと思わせる駅弁でした。

| | コメント (0)

2019.07.31

小千谷そば 天ぷら あき乃

Photo_20190803093001

新潟市の「小千谷そば 天ぷら あき乃」です。
上大川前通5番町・人情横町の市場風な建物の上大川前通寄りにあります。
今日こそ「元祖支那そば 信吉屋」の冷し中華を!と同僚と一緒に目指しました。午前11時55分頃と早めに着きました。遠くからでも2~3人列びは見えていましたが、お店が近くなるころには列びもなくなっていました。少し待てば食べられると思った瞬間、信吉屋のおばさんから『1人分しかない!』との…、2人で諦めました。暑くてあまり移動もしたくないのでラーメン以外でも冷たいものをと近場の「小千谷そば 天ぷら あき乃」にお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、右側奥にテーブル席、手前に手前窓向きのカウンター席があります。人情横丁の昭和レトロな外観に似合わず落ち着いた雰囲気です。満席に近いことが多く、人数がいると入れないとのですが今日は大丈夫です。すんなりテーブル席に座れました。地元の常連らしい年配女性が多いです。
メニューは豊富で、盛りそば、ざるそば、野菜天ざる(6種の野菜)、海老天ざる(海老天2本と3種の野菜)、かけそば、たぬきそば、ワカメそば、きつね蕎麦、野菜天そば、餅天そば(餅と2種の野菜)、海老天そば(海老天2本と2種の野菜)があります。そばは、小盛り・大盛り・特盛におそばの量を変更できます。定食も用意されています。A定食(たれカツ丼とワカメそば)、B定食(野菜天丼とワカメそば)、C定食(海老と野菜の天丼とワカメそば)があります。蕎麦・丼ともに小盛りでそれぞれ普通盛りへの変更ができます。定食のお蕎麦は、温かい蕎麦・冷たい蕎麦(ざる・ぶっかけ)から選べます。他にも温泉卵、餅天、海老天、たれカツ、7種の野菜天、海老と野菜天盛り合わせがあります。天つゆや薬味は付きません。前と同じものになります。B定食(冷たいぶっかけわかめそば普通盛りと野菜天丼普通盛り)にしました。
注文を受けてから天ぷらを揚げているようで普通に出来上がってきました。
白っぽい丼に蕎麦が塗りの椀に天丼が盛られてきました。お新香付きです。
お蕎麦は、細めのお蕎麦です。ワカメそばってことでワカメをトッピングしたお蕎麦を想定していましたが、それらしきものがありません。ワカメを繋ぎにしたか、練り込んだとかって感じでしょうか。十日町辺りのへぎそばよりも一般的なお蕎麦に近いツルツル感と喉越しがとても気持ちの良いお蕎麦です。
つゆは、温かい蕎麦つゆをそのまま冷やしたようなもので、いい感じです。
トッピングは、日替わりの分が温泉卵で、他にねぎととてもシンプルです。
野菜天丼は、熱々揚げたてサクサクの天ぷら、ご飯もいいお米のようです。
お新香もついてB定食は830円、お蕎麦の普通盛りが+80円、ご飯の普通盛りが+60円、970円でお腹いっぱいのお昼になりました。ちゃんとしたお蕎麦でこのお手頃感は凄いです。とろろも食べたかったけどないのかな。

| | コメント (0)

2019.07.30

青島食堂 東堀店

Photo_20190801042301

新潟市の「青島食堂 東堀店」です。
新潟市中心部、東堀通り沿いにあります。といっても白山神社に近くです。
信吉屋の冷し中華を食べようかとしましたが、健康診断のためお休みでした。おじさんもかいって感じで他に冷し中華を食べたいお店が思い浮かびません。いつもなら冷し中華モードが続きますが、なぜか青島が食べたくなりました。万代とときめきは、まあまあ最近食べているので東堀店にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席だけの小さな小さなお店です。あまり飾り気のないラーメン屋さんらしい雰囲気です。午後12時15分過ぎに着きました。真夏の暑い日です。それでも2席が空いているだけと盛況です。食券販売機は、なかなか珍しくお店の外、東堀通に面しています。お店の壁にめり込むように設置してあり、東堀通の歩道から購入するようにあります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピングの追加のみです。夏の冷たいメニューもありません。ひとつのスープで勝負しています。ありがたいのは大盛りが50円アップとお手頃なところです。以前は、食券販売機に麺量が貼り出していましたが、今日は見当たりません。以前の表示では、普通が175gで大盛りが250gです。昨日の分までもということではありませんが、ちょっと豪華にチャーシューメン(大盛)+刻みねぎにしました。暑くておつりを取るのも面倒なので刻みねぎのトッピングで調整しました。
前のお客さんのが出来上がりその次、かなり早めに出来上がってきました。
かなり使い込まれたちょっとカラフルな器は、模様が擦れて掠れています。
カウンターに置かれた黒胡椒を挽きながらたっぷりとかけていただきます。
麺は、普通の太さの縮れ。見た感じはごくごく普通ですが、ツルツル感やモチモチ感、噛み応えの良さ、麺自体の旨味やスープとの絡みを楽しめる麺です。とてもバランスの良い麺ですが、いつもよりちょっとだけ硬めに感じます。
スープは、醤油味とダシの旨みを生姜と胡椒がきりりと引き締めてくれます。麺を食べるとちょうど良くて、スープだけ飲むとちょっとしょっぱめですが、今日はその傾向がちょっとだけ強いように感じます。塩分補充になります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、ねぎです。青島は、どこでも綺麗なトッピングはありません。それが青島なんでしょう。ねぎを増量してるので、残ったスープを飲むのもちょっと楽しくなります。
東堀店は味が安定しているので、いつも安心して食べさせていただいてます。今日は、ちょっぴり夏バージョンだったような、こちらの体調のせいなのか。チャーシューメン(大盛)は950円+刻みねぎ50円、ジャスト1000円とおつりを受けとるのも面倒なお暑いお昼でした。納得させられる品質です。青島でもこの東堀店はお店が小さく食洗機がありません。親父さんですが手をかけて洗う器で食べられます。だから他より美味しく感じるのでしょう。

| | コメント (0)

2019.07.29

三吉屋

Photo_20190801041501

新潟市の「三吉屋」です。
西堀通り沿いにあります。三越から100mほど白山神社方向の並びです。
と書いていましたが、三越が…、またひとつランドマークがなくなります。
暑いうちに三吉屋の冷し中華も食べておかなければと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に混んだ時にしか使われないカウンター席、その手前に4卓のテーブルがあります。小さなテーブルですが、中華そばの器なら4人が食べるのにちょうどの大きさです。小さな昔ながらの中華そば屋さんです。正午過ぎに着きましたが、まだ早いようで1テーブルだけ空いていました。
メニューは、中華そば、叉焼麺とそれらの大盛り、ワンタンがあります。夏季の冷し中華とその大盛りも提供されています。冷し中華の大盛りといきたいところですが、午前中の健康診断直後、大盛りは控え、冷し中華にしました。
ちょうど前のお客さんの麺がゆで上がるところでした。中華そばが出来上がるとすぐに次の麺をゆで始めました。細麺なので早いゆで上がりですが、その後も多少の手間がかかり、それでも結構早めに出来上がってきました。その間にもお客さんが次々と訪れて、ほとんどのテーブルが相席になっていました。
大きな白いお皿の中心に可愛く盛り付けられています。老舗中華そば屋らしからぬ上品な仕上がりです。今日だけはこれぐらいのボリュームがいいです。
麺は、極細の縮れ、口に入れた時の食感とシコシコした歯応えが最高です。
つゆは、中華そばと同じ様な黄金色。薄味のように見えて結構濃いめです。
トッピングは、ハム、胡瓜、錦糸玉子、紅生姜、鳴門と結構シンプルです。
なかなか他では味わえない縮れの食感がとても楽しい麺、ちょっと濃いの懐かしい中華そばのつゆ、シンプルなトッピング。懐かしく楽しめた冷し中華は、普通盛りで700円です。今ではお手頃でしょう。新潟!夏の一杯でした。

| | コメント (0)

2019.07.28

俺のラーメン ジョー

Photo_20190801040301

新潟市(旧白根市)の「俺のラーメン ジョー」です。
国道8号線沿いの新潟市街に近い所「らーめん吉兆丸」があった建物です。
この前、新潟情報のクーポンで冷やしマーボー麺が790円→500円を食べにいきましたが、その時、気になったメニューがあり再びお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央奥に壁向きのカウンター席、その手前に向かい合わせのカウンター席、右側にボックス形のテーブル席、さらに右側に小上がりがあります。木の飾らない質感を表現した、庶民的な、落ち着きのある、綺麗なお店です。午後2時10分過ぎに着きました。時間も遅いために列びはなく、半分ぐらいのお客さんの入りでしょうか。風除室に食券販売機があります。
メニューは、食券販売機のボタンになります。ちゃーしゅう麺、らーめん、濃厚ちゃーしゅう麺、濃厚らーめん、スペシャルブラック、ブラックらーめん、みそちゃーしゅう麺、みそらーめん、つけ麺、辛つけ麺、マーボー麺、お子様らーめん、冷しらーめんなどがあります。トッピングやサイドメニューも充実しています。食券販売機の周囲に貼紙があります。マーボー麺は、麺が冷・温から選べる旨の説明があります。なっとうらーめん、冷しなっとうらーめんもあります。それらは食券を購入せず、スタッフにお申し付けください。とのことです。この前から食べたいと思っていた冷しなっとうらーめんにします。
食券を購入せず店内に入り、スタッフが指定するカウンター席に座ります。
現金をスタッフに渡し冷しなっとうらーめんをお願いします。前払いです。
お客さんがそんな多くもないこともあってか早めに出来上がってきました。
浅く白い丼にこぼれんばかりの醤油色のスープ、美味しそうなスープです。
麺は、やや細めの縮れ。冷やしらしいモチモチ感と適度な硬さがあります。
スープは、見た通りの醤油味のあっさりで、濃厚な魚介系の香りがします。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、挽割納豆、ほうれん草、わかめ、白ねぎ、青ねぎ、唐辛子と充実、納豆は通常の1バックはあります。
麺は好み麺ですが少し硬め、つゆは冷たくても魚介風味を存分に楽しめ、納豆の量を始め充実のトッピング、980円とお高いものですが、食べてみるとお手頃にも思えてしまう納得の冷やしなっとうらーめんでした。他も楽しみ。

Photo_20190801040901

相方の食べたらーめんです。720円です。

| | コメント (0)

2019.07.27

レストラン 三宝 新潟黒埼本店

 Photo_20190801035401
新潟市(旧黒埼町)の「レストラン 三宝 新潟黒埼本店」です。
国道8号線沿いにあります。市街地からは新潟ふるさと村の手前、右側です。中央分離帯があり、新潟ふるさと村を回り、Uターンするように入ります。
三宝グループ夏メニューを紹介するチラシがあり、サービス券もありました。夏らしい麺からレストラン三宝のみの提供麺が食べたくてお邪魔しました。
お店は、ファミレスの造り、雰囲気です。午後1時40分過ぎに着きました。10人を越える待ち、入った正面の用紙に名前と人数などを書いて待ちます。席数も結構多く、時間も時間です。それほど待たずに席に案内されました。
メニューは、洋食、中華、和食ともなかなか豊富です。麺類は、中華系を中心にそこそこあります。ランチも日替わり、週替わりが提供されていて、土曜日も取り扱いがあります。予定していた冷やしぶっかけらーめんにしました。
冷やし系で手間がかかりそうですが、普通の待ちで出来上がってきました。
丼だろうと思っていましたが、大きな鉢!と言った方が良さそうな器です。
麺は、細麺の縮れ。誰もが食べ易そうな冷やしらしい、いい感じの麺です。
つゆは、濃いめのまろやかな醤油味、トッピングとバランスが取れてます。
トッピングは、ゆで豚、とろろ、トマト、玉ねぎ、水菜、カイワレ、天カスなどです。とろろが良く合います。途中でお蕎麦を食べていたかのような錯覚を覚えます。冷たいからでしょうか?天カスのサクサクした食感が続きます。
とろろが好きなんでとにかく楽しめました。これで950円。いい線かな。

Photo_20190801035501

家族で食べた焼売です。

| | コメント (0)

2019.07.26

蓬来軒

Photo_20190728234401

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路のやや東寄り、新潟市役所(上大川前庁舎)向かいにあります…。
夏に食べておきたい冷やし中華のひとつを求めて蓬来軒にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央と厨房手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。なんか落ち着く古さのある庶民的な中華料理屋さんです。午後12時20分頃に着きました。7割~8割程度のお客さんの入りです。
メニューは、カラー写真が並ぶ1枚もの、判り易いメニューです。らーめん、めんまらーめん、ちゃーしゅーめん、潮らーめん、たんめん、味噌たんめん、四川たんめん、きくらげたんめん、特製たんめん、焼きそば、揚げそば、広東めん、麻婆めん、天津めん、わんたんめん(秋~春)、冷やし中華(夏)などがあります。他にも、潮つけめん、四川つけめん、麻婆つけめんもあります。ご飯ものや一品料理なども豊富です。らーめんはお手頃ですが、他は手間がかかるためかそこそこの値段です。冷やし中華のポップ的なメニューが見当たりません。普通の冷やし中華の他に玉ねぎ入り、納豆入り、チャーシュー入りがあります。納豆入りを注文したら一旦受けてはもらえましたが、納豆の用意がないとのこと、食べていない冷やし中華(チャーシュー入り)にしました。
この前までしばらく女将さんと息子さんの2人でやっていましたが、配膳中心のスタッフが1人増えています。そのお陰か早めに出来上がってきました。
白い器に醤油色のつゆ、チャーシューの存在感でリッチな気分になれます。
辛子を麺に付け、その麺でつゆに掬うように絡ませて口の中へと運びます。
麺は、ラーメンと同じ細く弱い縮れ、シコシコプリプリした歯応えの麺です。ラーメンで好きな美味しい麺が、冷やし中華で美味しさがさらに際だちます。ゆで加減が前よりも硬めに感じます。バリ硬ぐらいでしょうか。細いのに硬くて、九州ラーメンのようですが、最後にめっちゃ気持ち良く噛み切れます。
つゆは、あっさりしていながらまろやか、鰹の香りと昆布の深みがあります。醤油味は普通の濃さで、酸味と甘さが控えめ、爽やかな、懐かしい味です。
トッピングは、たっぷりのチャーシュー、胡瓜の細切り、錦糸玉子、トマト、紅生姜、わかめ、刻み海苔、春雨です。チャーシューは、他の冷やし中華のような細切りではなく、ラーメンのような1枚ものです。細切りを食べると1枚ものを食べたくなりますが、細切りの方がバランスが取れてる気がします。
とても優しい冷やし中華でした。冷やし中華が930円で、チャーシュー入りは1200円。50円値上がりしていました、ちょっとお高いですが、かなり楽しむことができました。納豆を用意してくれるようなのでもう一度!??

| | コメント (0)

2019.07.25

本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ

Photo_20190728233801

新潟市の「本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ」です。
新潟駅前エリア、旧東急イン脇の道を万代シティ方面へ、信号機のある交差点を越えた先にあります。第四銀行新潟駅前支店の裏の通り沿いになります。
新潟駅前での昼食です。夏メニュー第2段の登場はあるのか?第2段がなくても、前回のひやし鶏塩をもう1回食べても良いかなと思いお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側と手前に厨房向きカウンター席が合わせて10席の小さなお店です。庶民的な雰囲気のお店です。正午過ぎに着きました。まだ、ちょっと早かったのか奥に2人連れのお客さんが1組だけと空いています。
メニューは、Lunch Menuです。柚子香る潮らーめん、生姜香る醤油らーめん、麹香る味噌らーめん、焼きチーズ味噌らーめん、チキングリーンカレーらーめん、サバ味噌カレーらーめん、鶏パーコーらーめん、鶏ギョーザがあります。サイドメニューがあります。ほとんどお客さんが注文するミニ丼です。ミニ丼は、とり天丼、とりそぼろ丼、明太高菜丼、チキンキーマカレーの4種類があり、いずれもプラス50円と破格です。トッピングは、越の鶏ちゃーしゅーがモモとムネ、穂先メンマ、もやしがありましたが、メニューの表面にはありません。裏面を確認しなければと思うのですが、今日もを忘れてしまいました。夏季限定メニューは、ひやし鶏塩が継続されています。派手さがなく、おつまみのひと品かのような貼紙がありました。今回もそのひやし鶏塩にしました。サイドメニューは、食べていないだろう?チキンキーマカレーにしました。
ちょっとして先客2人組は食べ終わって帰り、一瞬貸し切り状態かのようになりましたがつかの間、ポツポツとお客さんが増えて結構賑わってきました。注文してすぐに作り始めてもらえたこともあり早めに出来上がってきました。
曇ったメタル丼に盛られてきました。凍ってこそいませんが良く冷えてます。別皿で少量のゆず胡椒が付いてきます。辛味と味の変化も楽しめそうです。
麺は、極細の縮れで口の中の当たりが気持ち良く、モチモチ感もあります。
スープは、透き通った塩味で控えめな酸味も、爽やかに楽しめるものです。
トッピングは、鶏のささみと水菜をオリーブオイルで軽く合えたようなもの、もやし、ミニトマト、鳴門、柚子皮です。熱の加わらない水菜は苦手です。
塩味と控えめな酸味のあっさりした仕上がり、とても爽やかに楽しめました。もともと柚子皮で爽やかな香りもゆず胡椒で深くなり、さらに青唐辛子の辛味も楽しめました。これで780円、冷やしとしてなかなかお手頃でしょう。

Photo_20190728233901

チキンキーマカレーです。キーマカレーがあまり好みではないのですが、何が違うのか?すんなりと食べれました。そこそこボリュームがあって50円、こりゃ食べなきゃ損でしょ。合わせて830円、お腹いっぱいのお昼でした。

| | コメント (0)

2019.07.24

元祖支那そば 信吉屋

Photo_20190728233201

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
今日梅雨明け!本格的な夏は信吉屋の冷し中華からと思いお邪魔しました。
午前11時45分過ぎ、お店が見えます。お店前に待ちの列はありません。
お店は、間口が広くあまり奥行きのない造りで、奥に厨房、手前にカウンター席8席だけの小さなお店です。昭和を感じさせる懐かしい雰囲気が好きです。左端と中央付近の2席の空きがあり、久々すんなり座ることができました。
ワンタンがなくなると中央の冷蔵庫に貼り出される“ワンタン売り切れ”の貼紙ですが、今日はお店に着いた時にはもうしっかり貼り出されていました。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタンがあります。ワンタンメンが人気です。夏季限定は、冷し中華があります。こちらもワンタンメンと同様の人気です。麺の量は、普通、中盛、大盛があり、普段はお得感のある中盛にしています。いつもと変わらない光景ですが、おばさんに『冷しの中ね?』と聞かれます。『はい!』以外の言葉も見つからず冷し中華(中盛)の注文が完了します。
待ちのお客さんが多く、2順目で作ってもらえるだろうと思っていましたが、1順目の作りに間に合わせてもらえ、かなり早めに出来上がってきました。
支那そばと同じ黒っぽい渋い器に盛られてます。胡瓜の緑やレモンの黄色などトッピングの彩りが綺麗に映えます。野菜たっぷりで健康的な麺料理です。
麺は、極細に近い細さで弱い縮れがあります。支那そばより少し硬めに感じる仕上がりです。シコシコとした歯応えと切れの良さがとても楽しい麺です。
つゆは、最初、そのままで楽しみます。魚介が香ばしく、酸っぱさやしょっぱさがちょうど良いです。まろやかでちょっと懐かしさを感じさせてくれます。次にレモンを搾ると柑橘系の爽やかな酸味が加わり、香りが広がります。練り辛子を箸で取り、そのまま麺に付けます。辛味をダイレクトに楽しみます。
トッピングは、弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、キュウリ・ハム・細切りの鳴門、金糸玉子です。脇にある搾ったレモンからいい香りが広がります。
冷しでは珍しい気持ち良い麺を、魚介風味とレモン爽やかな香りのつゆでいただきました。ボリュームもちょうど良く、バランスが取れたトッピングも魅力的です。中盛で950円。安くはありませんが、それ以上に楽しめました。
今季8杯目の信吉屋の冷し中華でした。昨年の9杯を越せそうな勢いです。
食べ終わったお客さんが帰り、正午過ぎなのにお店はガラガラになりました。翌日、同僚も信吉屋の冷し中華を食べたと聞きました。午後12時10分頃に着いてお店はガラガラ、冷し中華の注文が最後、麺切れになったそうです。

| | コメント (0)

2019.07.23

ラーメン だるまや 亀田店

Photo_20190728232301

新潟市(旧亀田町)の「ラーメン だるまや 亀田店」です。
国道49号線(亀田バイパス)鵜の子ICから亀田駅への途中にあります。
何かしら夏メニューを提供してくれるだるまや、期待してお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に向かい合わせに座るカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。木をふんだんに使ったロッジ風な雰囲気のお店です。お昼時間も遅め、午後12時50分過ぎに着きました。だるまや威風の頃のような列びもなければ、席は6割~7割程度のお客さんの入りです。
メニューは、和風とんこつのだるまラーメンと味噌ラーメン、野菜味噌ラーメンとそれらにチャーシューを加えたものがあります。基本的なメニューの変更はありません。他にも煮干つけめん、辛辛つけめん、冷やし中華があります。メニューや貼紙を見たつもりですが、他に麻婆麺もあるようです。注文しているお客さんがいました。予定通りの夏メニューから冷やし中華にしました。
ガラス製のお皿に盛られてきました。正統派に近い安心の冷やし中華です。
麺は、細めんの縮れ。ちょっと硬めでこしの強い仕上がりになっています。
つゆは、醤油味・酸味がしっかりで、適度な甘味とほのかな魚介風味です。
トッピングは、チャーシュー、錦糸玉子、きくらげ、もやし、トマト、水菜などです。なかなか充実していますが、胡瓜がないのがちょっと寂しいです。
麺、つゆがちゃんとして、チャーシューや錦糸玉子などのトッピングも美味しく、なかなか楽しめました。800円はちょっとお得かも知れないです。

| | コメント (0)

2019.07.22

中華 白寿

Photo_20190728231901

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
降るかな?って感じの曇り空ですが、なんか蒸し蒸しで気温もそこそこです。それでもなんでしょう?朝から白寿のうま煮が食べたくてお邪魔しました。
お店は、右側に厨房があり、その中央寄りと手前に厨房向きのL字型のカウンター席が、左側にはラーメン丼2個がちょうど並ぶ小さな2席のテーブルが2卓あります。少し歴史を感じさせる小さなお店です。カウンター席は、椅子の間隔が狭く、椅子の数のお客さんが座るのは無理そうです。午後12時30分過ぎに着きました。他にお客さんが5人、この時期の白寿はそれほどの混みにはなりません。1人飛ばしで座っているためちょっと間に入り難い状態になっています。ちょうど食べ終わって帰るお客さんがいて、その後に座れます。
メニューは、ラーメンとうま煮そば、大盛りの対応もなく、サイドメニューもトッピングの追加も用意されてません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかないです。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばが目的です。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?って感じでしょうか。席に着かずにそのまま『うま煮そば!』と注文を言いなから左側奥にある冷水機までセルフサービスの水を取りに行きます。
いつも通りで親父さんとおばさんの2人。親父さんがうま煮を作り、おばさんがそのうま煮でうま煮そばを作ります。親父さんだけ!のときもあります。
うま煮そばのうま煮は、大きな中華鍋で10人前程度の量を一度に作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、大勢のお客さんが一機に来るとうま煮の出来上がりを待つこともあります。
今日は、たっぷりのうま煮があります。出来上がった直後のように見えます。まだ、多くのお客さんが来るようで、親父さんがキャベツを切っています。
お客さんは少ないけどいつもと変わらない光景です。なんか落ち着きます。
と思ったら、先客の麺がゆであがりました。なんか様子が違います。うま煮をかけて出来上がりかと思ったら、メンマやチャーシューをトッピングし始めました。ラーメンです。隣の年配男性客の注文、シンプルで美味しそうです。
ご飯用の羽釜で麺をゆでます。木蓋に麺をのせ、温めながらほぐしています。その麺を鍋に入れ、茹での合間に器を用意、タレを入れ、スープを張ります。ほんの短い時間ですが、そのスープの準備が整う頃には麺も茹で上がります。麺を湯切りし、器に入れ整え、中華鍋のうま煮をかければ出来上がります。
お店の人の仕事を見ていたため、それほど待たずに出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、かなり細めの縮れで、シコシコした歯応えが楽しめる好みの麺です。
スープは、うま煮と混じり判り難いですが、魚介系のあっさりしたものです。うま煮と混じり合うことで適度にまろやかに、旨味も増すようになります。
トッピングは、キャベツ・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉などのうま煮のみで、ニンニクも少し効いています。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。出来上がった直後の超熱々、野菜のシャキシャキ感が楽しめるうま煮です。
細縮れで食感のいい麺とあっさりしたスープ、うま煮がとても良く絡みます。今日は、出来上がったばかりで今までで一番熱々なうま煮をいただきました。ワンコイン500円、本当にいいの?って感じのありがたいお手頃感です。

| | コメント (0)

2019.07.21

味の店 若とり 大通り南店

Photo_20190728230501

新潟市(旧白根市)の「味の店 若とり 大通り南店」です。
国道8号線沿いにあります。「俺のラーメン ジョー」のちょっと先です。
味覚の確かな同僚から半身揚げの美味しいお店とのことでお邪魔しました。
午後12時40分に着きました。お店脇の広い駐車場は結構混んでいます。
お店は、和風レストランというかお蕎麦チェーン店のような広々したもので、テーブル席や小上がりがあります。個室もありそうです。駐車場ほどの混みではありませんが賑わっています。小上がりに案内されました。小上がりの卓毎に鍵のかかる下駄箱があります。靴を下駄箱に入れ、小上がりに座ります。
メニューは、一般的な(昼・夜)ちょっと厚いメニューと1枚もののランチメニューがあります。ランチは、鳥のから揚げとあり、大(半身)定食、小(四半身)定食、ブツ定食(半身を六つに切ります)の3種類があります。他にもロースカツ定食、ヒレカツ定食、生姜焼き定食、鳥めし定食、かにクリームコロッケ定食、ミックスフライ定食(エビ、ホタテ、魚)、ハンバーグ定食、魚フライ定食、松花堂(一日15食限定)、日替わりランチ(平日限定)があります。メニュー下部に“食事にコーヒー、カルピス、ウーロン茶、コーラ、オレンジジュース、レモンスカッシュ、グレープフルーツジュース、ジンジャーエールの中から1つお選びください。”と書かれています。まずはメイン…これでしょ、鳥のから揚げ大(半身)定食、飲み物はウーロン茶にしました。
半身揚げですから相応の時間はかかるはずですが、思ったよりも早めに出来上がってきました。専門店ですから、大量の油が準備できているのでしょう。
トンカツ定食風で、トンカツのところに半身揚げが盛り付けられています。
飲みでの半身揚げは時折々食べますが、食事の半身揚げは初かも知れません。
ご飯と半身揚げは、食べ応えがあります。切られていないと迫力があります。
皮のカラッと揚がっている上にニンニクパウダーをかけると旨味が倍増です。
好みの鳥の揚げ物なんかより滲み出る油の量が少なかったような気がします。
肉汁と言うかその油が感じられないためか?ジューシーって感じもなかった。
それでもかなり美味しいランチでした。1050円とお手頃な部類かも!?

Photo_20190728230502

相方の食べた鳥のから揚げブツ定食(半身を六切)、1100円です。

| | コメント (0)

2019.07.20

くら寿司 新潟松崎店

Photo_20190728225801

新潟市の「くら寿司 新潟松崎店」です。
新潟市の東地区、新潟西港~ゴザレア橋線沿いにあります。河渡マーケットシティからゴザレア橋方面に向かい、空港~逢谷内IC線との間、左側です。
最近、あまり海鮮を食べていません。なんかあるだろうとお邪魔しました。
テーブル席の多いお店、午後1時50分過ぎに着きましたがガラガラです。
お皿が蓋付きトレーで回っていて、注文品を配膳する高速レーンもあります。かなり回っていますが、タッチ式端末で注文も出来るようになっています。
さて何を食べましょう。キャンペーンは行われてはいません。特にお奨めはないようです。KURA BURGERですが、この前食べてちょっと苦手なので、麺類にしようと思います。通常の醤油ラーメン、味噌ラーメン、担々麺に加え、夏らしく冷し中華と冷し担々麺があります。冷し中華を食べてみましょう。
長い黒い椀に盛られてきました。半麺ぐらいの量でトッピングも豊富です。
麺は、角張った四角いものです。なんか冷し中華って感じのしない麺です。
つゆは、一般的な醤油味のものですが、酸味を控えた優しい万人向きです。
トッピングは、チャーシュー、海老、蟹、ゆで玉子1/4個、ブロッコリー、ポテトサラダ、ゆず皮など、お寿司屋さんらしく海鮮までもの豪華さです。
麺の量が少なく好みと違いましたが、390円でこの内容はなかなかです。
ゆず漬けイカを始めとしてひと手間加えたものなどいろいろ楽しみました。
相方と二人で2786円、遅い昼食、かなりお手頃に楽しめました。

| | コメント (0)

«ら~めん 二葉