2019.04.12

三吉屋 信濃町店

三吉屋信濃町店 チャーシューメン(大盛)

新潟市の「三吉屋 信濃町店」です。
西大通り信濃町交差点の近く、ビルの階段を数段下りた半地下にあります。
バスの系統を間違えてしまい、経路上の三吉屋信濃町店にお邪魔しました。
お店は、奥行きがあり、右に厨房、左側にカウンター席、左側手前に1卓テーブル席があります。和食屋さんのような雰囲気、古そうなビルに似合う落ち着きのあるお店です。午後12時40分過ぎに着きました。早い時間は満席に近い混みが多いのですが、今日は他にお客さんが3人とやけに空いています。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、タンメンの他、炒飯や餃子もあります。組み合わせも楽しそうですがチャーシューメン(大盛)にしました。
お客さんも少なくゆっくりそうで、それでも早めに出来上がってきました。
二本の青い線の入った白い器に昔ながらの中華そばスープが優しい色です。
麺は、極細の縮れ。ラーメンの麺というよりも小麦粉を使用した春雨のよう。シコシコの歯応えが楽しく、麺と絡まったスープとのバランスが最高です。
スープは、あっさりした醤油味で、旨みと自然な甘さを感じさせてくれます。新潟あっさりを代表するに相応しいバランスの良さを楽しませてくれます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎなどとてもシンプルです。脂の少ないチャーシュー、浅漬かりメンマなど昔ながらの懐かしい味です。
新潟あっさり系を代表する味に感心させられます。美味しくいただきました。ラーメンが550円でチャーシューメンが650円、どちらも大盛りは50円UP、チャーシューメンの大盛りでも700円、昔ながらはお値段です。とってもお手頃です。ラーメン一杯で幸せな気分にさせていただきました。

| | コメント (0)

2019.04.11

お食事処 一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
羽越線岩船町駅近く、風情のあるJA倉庫が目印、その向かいにあります。
村上でのお昼になり、久々に好きなに定食をたべようかとお邪魔しました。
午後12時40分過ぎに着きました。お昼も後半ですが、お客さんが多そうな時間帯です。店前と横の駐車場は8割程度の駐車率とまだ空いていました。
腰掛けられるようになっていて、待ちの場所の風除室に待ちはありません。
お店に入ろうとしたら貼紙があります。ひとつは全面禁煙ぽいもの、もうひとつは値上がりの告知的なもの、4月1日から値上がりが実施されています。
お店は、左側奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、左側手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木質を基調とした落ち着いた雰囲気で、とても綺麗な中規模のお店です。お店の中も半分ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、ラーメン、チャーシュー麺、味噌ラーメン、五目ラーメン、野菜タンメン、担担麺、五目焼きそば、ラーメン定食、中華丼、チャーハン、ライス、半ラーメン、半チャーハンなど、変わっていません。組み合わせも楽しめます。いろいろ食べてみたいのですが、いつものラーメン定食にしました。
いつも早めに出来上がってきます。変わらず早めに出来上がってきました。
ラーメンの他にご飯と小皿が3品付きます。豪華な昼食が嬉しくなります。
麺は、細めの縮れで、食べていると平打ちっぽく感じます。ツルツルした食感と適度なモチモチ感、普通のようで懐かしく、食べて嬉しくなってきます。
スープは、中華風の透き通った淡い醤油色で、煮干しの強めの香りがします。あっさりしていながら深みのある旨味と優しい自然な甘さがいい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草がのります。あっさりラーメンに似合うトッピングです。チャーシューは軟らかめです。
定食は、ご飯とおかずとお新香になります。おかずは、海老フライ、筍煮味玉添え、チャーシューサラダ?です。少量ずつですが3種類です。そのメニューにあった季節の生野菜が添えられています。お新香は3種類が楽しめます。
懐かしく出来の良い麺、銘品的なスープ、おとなしめなトッピングなどバランス良いラーメンに仕上がっています。ラーメンは、582円が600円になりました。まだまだお手頃です。さらにラーメン定食はいつもながらの充実した内容で810円が830円になりました。お手頃さがさらに充実します。

| | コメント (1)

2019.04.10

麺の家 渚

渚 みそラーメン(特盛)

柏崎市の「麺の家 渚」です。
国道8号線沿いの長岡寄り、ひらせいホームセンター駐車場内にあります。
柏崎市内での昼食です。お手頃にたっぷり食べようと思いお邪魔しました。
お店は、左側に入口があります。奥に厨房、手前にカウンター席、その手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。和定食屋さんでも良さそう雰囲気のお店です。午後1時10分過ぎに着きました。5割~6割程のお客さんの入りです。入ってすぐの風除室正面とさらにその先にも食券販売機があります。
メニューは、ラーメン、塩ラーメン、みそラーメン、辛みそラーメン、つけめん、塩つけめん、辛みそつけめん、それらをラーメン二郎インスパイア系にしたビッグウェーブ、塩ビッグウェーブ、みそビッグウェーブ、辛みそビッグウェーブ、ビッグウェーブつけめんがあります。ラーメン系はチャーシューとチャーシューダブル、ビッグウェーブ系は肉ましと肉ましましのバリエーションがあります。担々麺、油そばなどもあります。期間限定のメニューはなさそうです。麺の量もなかなかでラーメンは通常が200gで、大盛300g、特盛400gです。つけめんは通常が300gで、大盛400g、特盛500gです。以前は大盛が無料・特盛が10円増しでしたが、大盛が10円増し・特盛が20円増しになっています。ここのところ人気のビッグウェーブを食べてましたが、それほどもやしやキャベツを食べたい気分でもなく、みそラーメン(特盛)にしました。
その後もお客さんがやってきます。お昼も過ぎているのに賑わっています。
いつも早めに出来上がってくるお店で、今日も早く出来上がってきました。
雷文・双喜文・龍に飾られ使い込まれた器にちょうど良さそうな盛りです。
麺は、丸く太く緩い縮れ。表面は軟らめ、芯は強いモチモチ感があります。
スープは、魚介系の風味やこってり感が強めで、味噌味が強烈に濃厚、甘味や辛味は適度にあります。スープだけを飲むと割りスープが欲しくなります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎ、水菜とシンプルです。カイワレが水菜に変わっています。チャーシューとメンマがあると嬉しくなります。
つけめんに合いそうな好みと違う麺も、スープとのバランスが取れています。前回しょっぱ過ぎと感じたスープは、前回が特別にしょっぱい訳ではなかったようです。みそラーメンが680円で、特盛りでも700円。お手頃です。

| | コメント (0)

2019.04.09

ホテルランチ

ホテルランチ

今日は新潟市内での会議、会場ホテルでのランチです。和食のお弁当です。
バラちらしのお弁当、味噌汁、お新香、サラダバーとドリンク付きです

| | コメント (0)

2019.04.08

割烹 かすべ

かすべ

新潟市の「割烹 かすべ」です。入口近くに北海道料理と書かれています。
新潟駅南エリア、けやき通りと笹出線の間、東跨線橋から東詰の近くです。
お手頃な和食ランチが食べられそうなお店で、ようやくお邪魔できました。
ネット情報では2台分の駐車場があるようですが、並びの駐車場に1台分は見つけられましたがすでに駐車中、近くのコインパーキングを利用しました。
お店は、入口を入ると正面に通路が伸びています。すぐに靴を脱ぎ進みます。左側の中ほどに厨房があり、厨房向きのカウンター席もあります。左側手前、奥、中央部の右側に小上がりがあります。和の雰囲気の居酒屋の雰囲気です。午後12時30分過ぎに着きました。賑わっていますが空席がありました。
メニューは、ランチのセットのみで写真入りで判り易いものになっています。海鮮丼、うなぎ丼、日本そば定食、イクラ丼、たれカツ丼、天丼があります。うなぎ丼が850円で、他が800円のお手頃感です。海鮮丼にしました。
割烹の技か?しっかりした仕込みか?とっても早く出来上がってきました。

かすべ 海鮮丼

かすべ 海鮮丼 アップ

お盆にのってきました。海鮮丼、味噌汁、サラダ、小鉢2品、お新香、醤油皿と7つもの器があります。小鉢は冷奴の小鉢と筍の煮物、サラダの桶のような器には、玉子焼とナポリタンも添えられています。海鮮丼もしっかりしたものです。食べ終えるとホットコーヒーも付いていました。驚きのコスパです。

かすべ たれカツ丼

相方の食べたたれカツ丼です。

| | コメント (0)

2019.04.07

吉野家 新潟海老ヶ瀬IC店

吉野家新潟海老ヶ瀬IC店 牛丼(超特盛)+みそ汁とお新香

新潟市の「吉野家 新潟海老ヶ瀬IC店」です。
海老ヶ瀬ICから旧国道7号線を新潟駅方向へ、すぐ左側に見えてきます。
超特盛が発売されてます。ようやく!食べてみようかとお邪魔できました。
お店は、吉野家らしいカウンター席とカウンターから離れた、吉野家らしくないテーブル席があります。最近の吉野家は、以前の吉野家と少し違います。午後6時30分頃に着きました。他にお客さんは2家族だけと空いています。
メニューは、牛丼をはじめとして見るだけでも時間がかかりそうなほど豊富に揃っています。牛丼(超特盛)・みそ汁とお新香のBセットにしました。
空いてはいますが吉野家品質のひとつ、とても早く出来上がってきました。
牛丼の食べ始めが吉野家だったので、牛丼と言えばこの味、ホッとします。
お肉を多めに食べた感じはありますが、ボリューム感はそれほどないかな。
牛丼の超特盛が780円、お新香・味噌汁セットが130円。お高いです。

| | コメント (0)

麺のご馳走 花うさぎ

花うさぎ 和風醤油つけめん

秋田県仙北市(旧角館町)「麺のご馳走 花うさぎ」です。
角館バイパスじゃない昔からの国道46号線沿いにあります。桜の名所で知られる桧木内川沿い桜堤の北端近くです。武家屋敷からも遠くない場所です。
花うさぎの食べていないラーメンを食べてみようと久々にお邪魔しました。
お店は、右に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に奥に壁向きのカウンター席、その手前に待ちの椅子があります。その左側にガラス窓で中が見える製麺室があります。カウンター席だけの小さめ、最近風の明るくお洒落な雰囲気のお店です。午後1時過ぎに着きました。6割~7割程度のお客さんの入り、珍しく待たなくすみます。入ってすぐの左側に食券販売機があります。
メニューは、魚介鶏だしらあめん、丸鶏旨味中華そば、魚介豚骨らあめん、こくまろ豚骨らあめん、濃厚豚骨つけめん(ゆずorマー油)、和風醤油つけめんとそれらに味玉や特製のトッピングを加えたもの、和風香味あえそばと味玉を加えたものがあります。今まで魚介鶏だしらあめん、魚介豚骨らあめん、丸鶏旨味中華そば、冷やし煮干を食べました。和風醤油つけめんにしました。
待ちのお客さんも多かったのですが、普通の待ちで出来上がってきました。
麺・つけ汁ともに白い器に盛られています。醤油色のつけ汁が印象的です。
麺は、太麺の緩い縮れ。つけめんらしい麺で、とても強いモチモチ感です。
つけ汁は、醤油味がしっかりしていてこってり感や変な癖のないものです。
トッピングは、麺にレアチャーシュー・かいわれ・海苔、つけ汁にメンマ・きくらげ、玉ねぎ・柚子皮・もやしなどです。玉ねぎの歯応えを楽しめます。
麺はつけめんらしい好みと違うものでしたが、つけ汁は醤油味を存分に楽しめるものでした。充実のトッピングで670円、嬉しいお手頃感でしょう。

花うさぎ 丸鶏旨味中華そば

相方の食べた丸鶏旨味中華そばです。650円です。

| | コメント (0)

2019.04.06

海老らーめん えび蔵

えび蔵

村上市(旧荒川町)の「海老らーめん えび蔵」です。
国道7号線沿いにあります。旧荒川町中心地の坂町交差点の旧村上寄りです。「元祖支那そば おもだかや 坂町店」だった場所と建物が使われてます。
お店は間口が広く、奥に厨房、その手前にカウンター席、左側に小上がりがあります。おもだかやだったらしい造り、ちょっと歴史のあるラーメン屋さんといった雰囲気です。正午前に着きましたが、他にお客さんは2人だけです。

えび蔵 メニュー

メニューは、濃厚海老みそだしの味噌ラーメン・醤油ラーメン・塩ラーメン、サバ節だしの塩中華そば・醤油中華そばがあります。ラーメンとセットでとまかないカレー・ライスがあります。トッピングの追加は、チャーシューのみ。ラーメン類の大盛は無料です。一番上の味噌ラーメン(大盛)にしました。
すぐに作り始めてもらえました。それほど待たずに出来上がってきました。

えび蔵 味噌ラーメン(大盛)

四角い白い器に盛られてきました。担々麺でとおりそうなスープの色です。
麺は、細めの縮れですが、ちょっびり硬めでしっかりしたモチモチ感です。
スープは、海老だしが濃厚な味噌味のもので、やや海老だしが勝っています。海老だしが濃厚なスープは、食べてる途中で飽きがくることが多く心配です。麺が大盛りなので特に…。食べてみると飽きがくる前に食べ終わりました。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、水菜、糸唐辛子などシンプルです。
海老だしが濃厚な味噌ラーメンを大盛りでも飽きることなく食べ切れました。890円と最初から大盛りかのような、かなりお高いお昼になりました。

えび蔵 味噌ラーメン

相方も味噌ラーメンにしました。並盛りは丸い器で、値段は一緒、高!?

| | コメント (0)

2019.04.05

麺屋 次男坊

次男坊 魚介つけめん(大盛)

柏崎市の「麺屋 次男坊」です。
国道8号線沿いにあります。柏崎駅の南側辺り、ジョーシンの真ん前です。
柏崎の昼食。まだ食べていないメニューを食べてみようとお邪魔しました。
お店は、中央に厨房、厨房を囲うようにカウンター席、右側に小上がりがあります。赤の壁が印象的な、そんな古くないのに昔からやっているような雰囲気がする店内です。午後1時30分過ぎ、前後を他のお客さんに挟まれて入ります。席は半分程が埋っています。入ってすぐ右側に食券販売機があります。
メニューは、オープン当初にお邪魔したときから増えてます。らーめん、味玉らーめん、のりらーめん(バラのり)、チャーシューめん、濃厚らーめん、濃厚味玉らーめん、濃厚チャーシュー、中華そば、鶏と煮干しの塩そば、背脂中華、玉ねぎ中華、もやし中華、のり中華(バラのり)、背脂チャーシュー、担々麺、辛担々麺、担々チャーシュー、辛担々チャーシュー、塩担々麺、塩坦々チャーシュー、野菜みそらーめん、野菜みそチャーシューがあり、濃厚背脂つけめん、魚介つけめん、魚介塩つけめんもあります。麺の大盛りが無料です。らーめん(大盛)と濃厚らーめん(大盛)を食べています。玉ねぎらーめんにも引かれますがお腹も空いてます。魚介つけめん(大盛)にしました。
空いているカウンター席に座り、スタッフに食券を渡します。水は、コップと水差しがカウンターに置かれています。動きの少ないセルフサービスです。
待ちのお客さんが多そうに見えてましたが、普通に出来上がってきました。
白い器に麺が、黒い器につけ汁が…、トッピングは麺に添えられています。
麺は、やや太、平打ちの縮れ。ちょっぴり硬めでモチモチ感の強めで、口の中での触りが良く、なかなか食べ易く、久々に心地の良い麺に出会えました。
つけ汁は、魚介風味の強い醤油味、魚介系のつけ汁に良くあるタイプです。
トッピングは、麺にチャーシュー、メンマ、岩海苔、紫かいわれ、青ねぎ、白ねぎなどがあり、つけ汁には何もありません。岩海苔の香りが楽しいです。
つけ汁は魚介系の一般的なものですが、平打ち縮れ麺にとても良く合います。シンプルなつけ汁も岩海苔で別の料理に変わります。大盛りまでが無料で楽しめて830円です。まあまあいい線でしょう。

| | コメント (0)

2019.04.04

日本海の海鮮料理 越後茶屋 松崎店

越後茶屋松崎店 茶屋ランチ(天然ぶり重)

越後茶屋松崎店 茶屋ランチ(天然ぶり重)アップ

新潟市の「日本海の海鮮料理 越後茶屋 松崎店」です。
イオン新潟東から新潟空港方向へ向かった先、お店が並ぶ右側にあります。
海鮮か蕎麦か定食か…、どれでも食べれそうな越後茶屋にお邪魔しました。
お店は、大きな和風レストランそのものって雰囲気のお店で、テーブル席や小上がり、個室などがあります。午後12時30分過ぎに着きました。お昼時間の真っ最中で混んでいます。用紙に名前と人数を書いて待ちます。10人程の待ちですが、小上がりの待ちが多く、すぐにテーブル席に案内されました。
メニューは、通常のメニューと平日のランチメニューがあります。今日はお手頃に楽しめそうです。ランチメニューだけでも和風レストランの全メニューかのような種類がありますが、夜に食べるにはちょっと軽いかも知れないです。お刺身、天ぷら、お寿司、丼ぶり、そば・うどんなどの単品、組み合わせた定食、御膳の組み合わせになります。さらにお手頃な日替りが越後ランチと茶屋ランチの2種類も提供されてます。越後ランチは鶏肉治部煮と小鉢、茶屋ランチは天然ぶり重と小鉢です。天然ぶり重と小鉢の茶屋ランチにしました。
ランチは、温うどん、冷うどん、温おそば、冷おそば、味噌汁から1品を選ぶようになっています。いつもは冷おそばですが、温おそばにしてみました。
和風レストランですから混みの影響もなく、早めに出来上がってきました。
天然ぶり重、小鉢、温おそば、お新香、醤油小皿がお盆にのってきました。
天然ぶり重は、ぶりの刺身と炙りっぽいものの2種で、玉子焼とかまぼこが付きます。海鮮丼に慣れているためか1種類はちょっと寂しい感じがします。
食べたことのない料理を小鉢に期待しましたが、金平牛蒡は期待外れです。
ドリンクバーも利用できての910円+税、なかなかお得なランチでした。
本当に越後茶屋の平日はお得です。休日に行く気にはなれなくなりました。

越後茶屋松崎店 越後ランチ(鶏肉治部煮)

相方の食べた日替りの越後ランチは、鶏肉治部煮と小鉢のセットです。
こちらもドリンクバーが利用できて、910円+税です。お手頃です。
これら910円+税は、税込み982円、合わせた生産で1965円です。

| | コメント (0)

2019.04.03

塚田そば店

塚田そば店 大盛天玉中か

上越市の「塚田そば店」です。
直江津地区関川左岸の道路沿いにあります。新潟労災病院の河口寄りです。
つかそばの愛称で地元に親しまれている立ち喰いそば屋のようなお店です。
昨日は食費にお金をかけ過ぎたので、お手頃なつかそばにお邪魔しました。
午後1時に着きました。この時間でも30台程の駐車場は賑わっています。
お店は、右側に厨房、奥に窓向きのカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。社員食堂っぽい雰囲気です。入ってすぐ右側に食券販売機があります。購入した食券を厨房前のカウンターに出して作ってもらうようになっています。高速道路PA/SAにある軽食コーナーと同じようなシステムです。お客さんの出入りが多く、この時間でも6割程の席が埋ってます。
メニューは、かけ、玉子、天ぷら、天玉、わかめ、山菜、芽かぶなどそば/うどんのようにトッピングと麺を組み合わせるものですが、麺がそば/うどんの他に中かを選べるようになっています。中華ではなく中かと書かれています。わかめと山菜は、追加トッピングで単独で加えられるようにもなっています。大盛りもあります。今回もお腹が空いてます。大盛天玉中かにしました。
食券を出し、冷水機からセルフサービスの水を用意し、作る様子を見ながら待ちます。麺をゆで、器に移し、温かいつゆをかけます。その上に生玉子、天ぷら、ねぎを次々とのせて完成します。とても早めに出来上がってきました。
立ち食いそばのおそばそのものです。違いは?麺の色が黄色いところです。
麺は、やや細めの縮れ、ややコシの弱いものですが、大曲や中仙地区で良く食べた“うー麺”に似ています。なんか懐かしいような感じで食べれてます。
スープは、っていうより普通のおそばのつゆそのものです。ラーメンのスープのバリエーションを考えるとありかなと思います。麺との相性は全然良いのですが、ラーメンというよりもおそばを食べているって感じが勝っています。
トッピングは、かき揚げと生玉子、ねぎです。オリジナルを楽しみ、生玉子の甘い優しい味を絡ませて楽しみ、スープを吸わせたかき揚げを楽しみ、最後にねぎの風味が立ったスープというかそばつゆをゴクリゴクリと楽しみます。
たっぷり楽しませていただきました。ラーメンかどうかはラーメンでいいと思います。並盛りが310円、大盛りが430円です。お手頃な昼食でした。

| | コメント (0)

2019.04.02

東北桜めぐり弁当

東北桜めぐり弁当 パッケージ

東北桜めぐり弁当

新橋と銀座の間?辺りだと思いますが、中華系っぽいお店で軽く?お酒をいただきました。最終新幹線に間に合います。帰ります。そこそこ食べましたが、いつものように?中毒的に!東京駅改札内の「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。終わっているかと思ったらお店はまだやっていますが、実演コーナーは終わっていて、特集コーナーは残り少し、いつもは魚介系・肉系・幕の内系と別れていますが、手前に纏められています。残りは少しだけ、米沢牛の駅弁で有名な山形県米沢市、松川弁当店の東北桜めぐり弁当をにしました。
新幹線に乗りいただきます。ホームに着いて少し待ち新幹線が入線しました。
掃除の終わった新幹線ですぐにドアが空きました。Maxときの2階に座ります。
3人掛け2列で、3人掛けに2人ずつが座る感じの混み具合で発車しました。
包み紙には“東北桜めぐり弁当”の駅弁名と“おだやかな春風 桜とともに東北にも暖かな春の日差しが…”と書かれています。東北の桜が県毎に紹介されています。青森県青森市の弘前公園、岩手県北上市の北上展勝池、秋田県仙北市の角館武家屋敷、宮城県柴田町の船岡城址公園、山形県米沢市の吾妻山と桜並木、福島県三春町の三春滝桜、写真入りで紹介されています。
お品書きはなく、原材料名になります。炊込みご飯((山形県産 うるち米、もち米)、わらび、その他)、マヨネーズ焼(マヨネーズ、ポテト、帆立、その他)、玉子焼、鮭塩焼、竹の子煮、笹かまぼこ、紅大根酢漬、蒟蒻煮、牛肉煮、鶏肉煮、ハムカツ、牛たん焼、里芋煮、人参煮、高野豆腐煮、ソース、椎茸煮、絹さやなどです。6つに仕切られたおかずは県毎なのでしょうか。説明書きがなくて判りませんが、中身は山形と宮城のお弁当みたいな印象です。
ちょっと東北っていうのが判りませんが、焼き物や好きな煮物がたっぷりのお弁当でした。それでも1250円はちょっとお高いかなっ駅弁でした。

新幹線は、秋葉原近くで緊急停止、社内のSOSボタンが押されたようです。しばらく止まった後に社内放送が、体調を悪くしたお客さんがいたようです。上野駅でそのお客さんを降ろし、そこそこ遅れての出発になりました。

| | コメント (0)

麺屋 いし川

いし川

東京都港区の「麺屋 いし川」です。
新橋、内幸町、御成門などが最寄駅、オフィス街のビルの1階にあります。
新橋での昼食です。ネット上の写真を見て、美味しそうでお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、右側に厨房向きカウンター席だけの小さめのお店です。白い壁、ホワイトチーク調のカウンターや腰壁、ステンレスの反射など、明るくちょっと格好良い雰囲気のお店です。午前11時30分過ぎに着きました。他にお客さんが1人だけです。入ったすぐの左側に食券販売機があります。
メニューは、らー麺、つけ麺、あえ麺とそれらに、味玉、特製、チャーシューなどのトッピングを加えたものがありますが、あえ麺は、夜だけの提供です。昨日の分も?ちょっとだけ豪華にいきましょう。特製らー麺にしました。
麺のゆで時間が結構長く、ちょっと時間がかかって出来上がってきました。

いし川 特製らー麺

巻貝みたい段のある白い器に、なかなか豪華なトッピングのラーメンです。
麺は、普通の太さの縮れ、変な硬さはありませんがモチモチ感が凄いです。
スープは、白湯のトロミで魚介系風味のものです。Wスープのようですが、どちらの印象もこれほど強く出ているのは、かなり珍しいことだと思います。
トッピングは、かなり厚めで歯応えがしっかりのチャーシューが3枚、太いメンマが3本、黄身が溶けてる味玉1個分、海苔、ねぎなど充実しています。
白湯なのに魚粉も使わず魚介系の風味がしっかりした、珍しいスープのラーメンをいただきました。結構手間のかかるものだと思います。らー麺が780円で特製らー麺が980円、東京でこの値段はなかなかいい線かと思います。

| | コメント (0)

新潟産コシヒカリと海鮮のうまいもん寿司

新潟産コシヒカリと海鮮のうまいもん寿司 パッケージ

新潟産コシヒカリと海鮮のうまいもん寿司

いつもの午前中の新幹線移動です。月曜日と金曜日の混雑は避けられました。それほどの混みもないでしょう。いつも通り駅弁を食べながら移動します。
新幹線移動での駅弁購入は、東口改札脇か万代口改札前、新幹線ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。在来線から新幹線への改札前のお店は、なくなったようです。種類・数量ともに揃っている東口改札脇の駅弁屋を覗いてみます。
駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで、いろいろ食べてみたくなります。種類、数ともそこそこあります。食べたことのない新商品の駅弁があります。その新潟三新軒の新潟産コシヒカリと海鮮のうまいもん寿司にしました。
箱には“新潟産コシヒカリと海鮮うまいもん寿司”と駅弁の名前と寿司ねたが書かれています。いくら醤油漬け、味付け蒸しうに、本ズワイ蟹のむき身、えび、たらこ、鮭ほぐし、にしんとなっています。原材料の方が判り易いものもあります。米(酢飯・新潟県産コシヒカリ)、にしん甘酢、味付けたらこ、鮭ほぐし身、蒸しうに、ずわいがにのむき身、海老甘酢漬けいくら醤油漬、とろろ昆布などとなかなかの充実です。特定の食材やおかずを中心とした駅弁でもないし、バラエティな幕の内でもない、海鮮という新潟らしい駅弁でした。
最初に鯖と思った魚はニシンでした。鮭といくら、蟹、海老、うになど好みの海鮮をいろいろ味わえました。酢飯、具材ともなかなか酢の効いたものです。酸っぱいものが好きなので美味しく食べれましたが、酸っぱいものが好きじゃないときついかも知れないです。高級食材で1280円。いい線かな。

| | コメント (0)

2019.04.01

昼食抜き

今日は、3月32日(月)です。

お昼を食べる時間もありませんでした。

| | コメント (2)

2019.03.31

麺家 太威

太威 濃厚チーズ味噌担々麺

新潟市の「麺家 太威」です。看板にDAIとあり、ダイと読むようです。
竹尾インター近く、赤道の1本東の道沿いあります。コメリの斜め裏です。
最近食べていないので何か新しいメニューがあるのではとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に背中合わせ(厨房向きと内壁向き)のカウンター席、右側に小上がりがあります。落ち着いた雰囲気のお店です。午後1時40分過ぎに着きました。お昼時間も遅めになったためか4割~5割ぐらいのお客さんの入りとすぐに座れました。入口を入ってすぐ食券販売機があります。
メニューは、ラーメンとそれに味玉、ほうれん草、メンマ、焼のり、岩のり、ネギ、野菜、チャーシューを加えたものとミニ、味噌ラーメンとそれにバター野菜、チャーシューを加えたもの、四川風マーボー麺、濃厚チーズ味噌担々麺などがあります。麺の増量は、太威盛り(1.5玉)、特太威盛り(2玉)、爆太威盛り(2.5玉)、超爆太威盛り(3玉)が用意されています。四川風マーボー麺は、辛さが1辛~3辛が選べます。トッピングやサイドメニューも用意されています。以前に限定だった濃厚チーズ味噌担々麺にしました。
食券を渡すと麺の太さを聞かれます。細麺と太麺があり、細麺にしました。
いつも早めに出来上がるお店ですが、今日も早めに出来上がってきました。
黒い器に担々麺らしい表面、チーズとほうれん草がかなり美味しそうです。
麺は、細めの弱い縮れ、食感が良く主張し過ぎないバランスの良い麺です。
スープは、胡麻の風味とまろやかな味噌味で、とろみのある仕上がりです。
トッピングは、挽肉芝麻醤炒、ほうれん草、チーズ、糸唐辛子、ねぎです。
麺が好みで、胡麻の楽しい味噌味にチーズ、楽しめました。860円とお高いお昼になりましたが、いろいろお高くなっている中、まあいい線でしょう。

太威 ラーメン

相方の食べたラーメンです。690円です。

| | コメント (0)

2019.03.30

ラーメン いっとうや

いっとうや 担々麺

新潟市の「ラーメン いっとうや」です。
駅南地区。紫鳥線の旧市民病院近くにあるセブンイレブンの裏にあります。
先週は、お昼過ぎの遅い時間にお邪魔しましたが、お店の外にまでおよぶ列びがあって諦めました。今回はさらに遅い時間なら大丈夫かお邪魔しました。
午後2時20分過ぎに着きました。駐車場は数台分の空きがある状態です。
お店は、右側に厨房、中央に衝立のある向かい合わせのカウンター席、手前にテーブル席、奥と左側に小上がり、入口を入ったすぐ右側手前には座れるス待ちのペースがあります。落ち着いた雰囲気のラーメン屋さんらしいお店です。8割~9割程度のお客さんの入りで、カウンター席奥側に案内されました。
メニューは、開店当時から変わっていません。醤油、かさね醤油とそれらにめんまやちゃーしゅうを加えたもの、つけめん、辛つけめんがあります。追加のトッピングやサイドメニューも充実しています。1日限定20食提供の炊き込みチャーシュー丼がありますが、残っているかは不明です。Happy Passとのコラボラーメンで【期間限定】担々麺があります。その担々麺にしました。
食べ終わって寛いでいるお客さんが多く、結構早く出来上がってきました。
青い線の入った白い器に担々麺らしいスープとトッピングがいい感じです。
麺は、細めのストレートに近い自然な緩い縮れ、いい噛み切れ具合いです。
スープは、胡麻の風味とまろやかな味わい、表面の辣油は優しい辛さです。
トッピングは、ザーサイと挽肉の花椒炒め、ピーナッツ、ほうれん草などですが、その下にはいつもの大きなチャーシューが2つ切りで隠れていました。
普通な担々麺に大きなチャーシューが入り、ザーサイと挽肉の花椒がこれでもか!ってぐらいに痺れさせてくれます。830円とお得な担々麺でした。
相方は醤油にしました。写真撮り忘れました。730円です。

| | コメント (2)

2019.03.29

大江戸 県庁前店

大江戸県庁前店 醤油ラーメン(大)

新潟市の「大江戸 県庁前店」です。
県庁近く、国道116号線と県道51号笹出線の間の市道沿いにあります。
市内での昼食、時間もなく、出来上がりが早めの大江戸にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その手前と左側に厨房向きのカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。広々・明るく、綺麗な和食堂のような雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。駐車場はそこそこ駐車されていますが、お店は6割~7割程のお客さんの入り、いつもよりちょっと空いています。
メニューは、醤油と味噌それぞれの味のラーメンとチャーシューメン、塩と味噌それぞれの味のタンメン、焼きそば、冷やし中華などがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。サイドメニューもライス(小・並・大)、おにぎり(梅・鮭・天かす)、ミニ自家製カレー、ミニチャーシュー丼、曜日毎の日替りミニ丼ととても充実しています。醤油ラーメン(大)にしました。
タイミングが良かったのでしょうか。かなり早めに出来上がってきました。
店名の入りの白い器に濃いめの醤油色のスープがしょっぱそうに見えます。
麺は、極細の縮れなのにモチモチ感とコシがあります。カップ麺の麺の美味しさが逆に普通のラーメンに採用されたかのような麺です。普通のラーメン店ではなかなか出会えない珍しい食感です。ちょっと食べ難い長さがあります。
スープは、濃い醤油色のとおりに醤油味がしっかりしたものですが、しょっぱ過ぎることもなく、適度なまろやかさとバランスの取れた旨味があります。
半分ほど食べたところでトッピングの辛味を溶かします。少ない量ですが、きりりと辛味が効いた違った感じの味になります。テーブルに辛味の入った容器があってさらに辛味を加えられるようになっています。終盤に少し辛味を加えてみます。さらに辛さを楽しみます。食べ終わる頃には汗が出始めました。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎ、辛味などです。
極細縮れ麺とバランスの良い醤油味スープ、並で650円、大で750円、辛味も楽しめ、お腹もいっぱいになりました。今ではお得な気分になります。

| | コメント (0)

2019.03.28

本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ

せっぺ 鶏パーコーらーめん

新潟市の「本家 新潟 鶏ラーメン せっぺ」です。
新潟駅前エリア、旧東急イン脇の道を万代シティ方面へ、信号機のある交差点を越えた先にあります。第四銀行新潟駅前支店の裏の通り沿いになります。
新潟駅前での昼食。久々に好みのラーメンが食べたくなりお邪魔しました。
先週末のテレビ番組で紹介されてました。混んでなければ良いのですが…。
お店は、右側に厨房、左側と手前に厨房向きカウンター席が合わせて10席の小さなお店です。庶民的な雰囲気のお店です。午後1時過ぎに着きました。他にお客さんがぽつりぽつりと4人座っています。奥まった席に座りました。
メニューは、Lunch Menuです。以前は、通常メニューに限定っぽいメニューが加わり、メニューや貼紙などあちこちを見なくてはいけませんでした。貼紙がなくなりメニューを見るだけで良くなって、長い名前も少し短くなりました。柚子香る潮らーめん、生姜香る醤油らーめん、麹香る味噌らーめん、焼きチーズ味噌らーめん、チキングリーンカレーらーめん、サバ味噌カレーらーめん、鶏パーコーらーめんがあります。ミニ丼は、とり天丼、とりそぼろ丼、明太高菜丼、チキンキーマカレーがあり…、いずれもプラス50円と超お手頃です。トッピングは、越の鶏ちゃーしゅーがモモとムネ、穂先メンマ、もやしがありましたが、メニュー表面にはありません。鶏パーコーらーめんにしました。
空いてはいますが手間のかかるラーメンで、普通に出来上がってきました。
久々のメタル丼。鶏の揚げ物がドーンと鎮座し、スープの生姜が香ります。
麺は、極細の縮れ。食感がとても良く、きんしゃい亭に似た好みの麺です。
スープは、生姜の香りの醤油味がしっかりしながらあっさりしたものです。
トッピングは、鶏のパーコー、ほうれん草、もやし、鳴門、ねぎなどです。
好みの麺と生姜香る醤油味のスープ、そこに熱々の鶏パーコーなど充実のトッピングです。880円とお高めですが、この内容ならまあまあ納得です。

| | コメント (0)

2019.03.27

拉麺厨房 福麺

福麺 広東麺

新潟市(旧西川町)の「拉麺厨房 福麺」です。
国道116号線沿いにあります。旧西川町の市街地に近い辺りになります。
潮ラーメンで評判の弥彦村「こだわりらーめん たかみち」の姉妹店です。
移動中の昼食で時間もそれほどなく、時間の計算ができる福麺にしました。
お店は、奥に厨房、その手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前に小上がり、左側にテーブル席があります。ファミレスにも似た雰囲気のお店です。午後12時30分頃に着きました。半分程のお客さんの入りと空いています。
メニューは、味噌らーめん、味噌ちゃーしゅーめん、背脂味噌らーめん、背脂味噌ちゃーしゅーめん、らーめん、あじ玉らーめん、メンマらーめん、ちゃーしゅーめん、ちゃーしゅーメンマらーめん、背脂中華そば、背脂岩のりらーめん、背脂ちゃーしゅうめん、男の福麺、黒冴、鶏と魚介の塩ラーメン、辛麺、広東麺、豆乳担々麺、魚介つけめん、台湾まぜそば、キッズセットなどがあります。男の福麺はメガ盛りで普通盛り~特盛りとも同じ値段です。トッピングの追加やサイドメニューも充実しています。平日のランチタイムは、ライス無料、ミニ丼のお手頃提供などのサービスがあります。広東麺にしました。
お客さんが少ないこともあってか?予定通り早めに出来上がってきました。
 白い器に対するかのような醤油色のあんかけですがとても美味しそうです。
麺は、普通の太さの縮れ、癖のない食べ易いもので、あんかけに合います。
スープは、癖のない醤油味でちょっと薄味です。後半物足りなく感じます。
トッピングは、広東麺らしう醤油味の五目あんかけのみです。豚バラ、白菜、人参、小松菜、筍、きくらげ、鶉の玉子のあんかけです。魚介系がなくて淋しいと思っていたら、鶉の玉子が2個も入っていました。スープが薄味なのに!と言うのか、バランスを取ってと言うのか、しっかり濃いめの醤油味です。
やっぱり少量でも海老やイカなどがあったらと思いますが、なかなか楽しめました。後半は、味の変化を楽しもうかとお酢を加えてみました。中華系はお酢を加えてもなかなか楽しめます。850円とちょっとお高めでしょうか。

| | コメント (0)

2019.03.26

麺屋 ななひら

ななひら こくまろ醤油らーめん

新潟市の「麺屋 ななひら」です。
大堀幹線に沿いの小針病院近くです。ラーメン富士がやっていた建物です。
オープン当初3回程食べました。久々に食べてみようかとお邪魔しました。
建物共有の狭い駐車場ですが、時間も結構遅くすんなりと駐車できました。
お店は、左側奥に厨房、手前と中央に厨房向きのカウンター席、右側の手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。中規模の広々して落ち着いた雰囲気のお店です。午後1時40分過ぎに着きました。時間が遅くやっているか?心配したくらいなのに、8割~9割ぐらいのお客さんの入りと賑わっています。
メニューは、魚介薫るななひらイチオシの塩らーめんと塩ちゃーしゅーめん、ボリュームたっぷり野菜たんめん、数量限定ややこってりの塩とんこつの極塩らーめんと極塩ちゃーしゅーめん、あっさり醤油の中華そばとちゃーしゅーめん、数量限定まろやか黒醤油とんこつのこくまろ醤油らーめんとこくまろ醤油ちゃーしゅーめんがあります。塩・醤油ともとんこつが太麺、その他は細麺が基本で変更もできます。トッピングやサイドメニューも豊富で、セットも用意されています。雑誌とのコラボらーめんを提供したことはありましたが、オープン当時から全然メニューが変わっていません。遅い時間ですが、数量限定の残っているものもあります。その中からこくまろ醤油らーめんにしました。
かなり賑わってはいますが、ごく普通の待ち時間で出来上がってきました。
昨日と同じ赤い線の入った白い器に、充実のトッピングが嬉しくなります。
麺は、太麺の縮れ。好みの麺とは違いますが、癖がなく嫌いでもないです。
スープは、表面に油が浮くこってりしたものですが、その下には豚骨の旨味としっかりした醤油の旨味がバランス良く楽しめるスープがあります。豚骨醤油は普通に見かけますが、これほど醤油もしっかり楽しめるのは珍しいです。
トッピングは、チャーシュー、味玉半個、もやし、海苔、焦がしねぎ、青ねぎなどです。チャーシューが想定以上に入ってますが、メンマがありません。
豚骨醤油の旨味を存分に楽しめるラーメンでした。なかなかの充実感で、オープンから値上がりをしていないのも関心しました。760円とお高いような気もしますが、食べた後の充実感からはいい線ではないでしょうか。

| | コメント (0)

2019.03.25

王風珍

王風珍 玉ねぎらーめん

燕市(旧吉田町)の「王風珍」です。
国道116号線沿いにあります。旧分水町方面に向かうと右側にあります。
ラーメン・ぎょうざと書かれた看板はありますが、建物が大きくて中華料理店かと思っていました。ちょっと前になりますが、テレビに取り上げられたのを見て、普通にラーメン屋さんなのを知ってお邪魔したいと思っていました。
午前11時20分頃ですが、もう駐車場には何台かの車が止まっています。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。大きな建物ですがゆったりとしていて、そんなに新しくもありませんが綺麗です。お客さんがぽつりぽつりと入っています。
メニューは、ピリ辛ねぎの王風めん赤、シャキシャキねぎの王風めん白、不動の背油醤油らーめん、全部入った得盛りらーめんがお薦めなのか目立ちます。他にも背油醤油は、玉ねぎらーめん、もやしらーめん、ちゃーしゅーめんがあります。味噌は、味噌らーめん、ねぎ味噌らーめん、味噌ちゃーしゅーがあります。塩は、塩らーめん、タンメンがあります。トッピングやサイドメニューも充実しています。お店の中心的な辺りから玉ねぎらーめんにしました。
時間が早くお客さんが少ないこともあって?早めに出来上がってきました。
赤い線の入った白い器の表面をなかなかいい雰囲気で背脂が覆っています。
麺は、平打ちの太麺の縮れ。モチモチ感の強い背油ラーメンらしい麺です。
スープは、濃い醤油色で煮干しだしが効いた醤油味がしっかりしたものですがあっさりしています。背脂も多そうに見えて癖がなく、好みのスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、ねぎ、たっぷりの玉ねぎです。玉ねぎの食感と爽やかさで背脂が浮いてるスープも進みます。
しっかり燕地区らしい背脂ラーメンをいただきました。背脂にはやっぱり玉ねぎが合います。たっぷりの玉ねぎが入って730円、ちょっとお手頃です。

| | コメント (0)

2019.03.24

麺屋 愛心 河渡本店

愛心河渡本店 特製五目あんかけ麺
新潟市の「麺屋 愛心 河渡本店」です。
東地区の河渡マーケットシティ向かいにあるauショップの裏にあります。
最近ご無沙汰で、何か新しいメニューがあるのではと思いお邪魔しました。
午後2時過ぎに着きました。もう空いているだろうと思っていたのですが、駐車場も混んでいて外にも2人お客さんが待っています。まあ待ちましょう。
お店の中の用紙に名前を書いて待ちます。少し待ってお店の中に入ります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、左端にテーブル席があります。真新しく洋食でも出てきそうな雰囲気の綺麗なお店です。お店の中には3人の待ち、少し待ってカウンター席中央に案内されました。
メニューは、金色煮干し中華そば、金色みぞれ煮干し中華そば、岩海苔中華そば、特製香味中華そば(塩・醤油)、とそれらのチャーシュー麺、麻婆麺、香辣麻婆麺、ニラそば、ニラダブルそば、海老寿久担々麺、海老寿久MISO、野菜味噌らーめん、香辣野菜味噌らーめん、背脂ジョニー、台湾まぜそば、五目あんかけ麺などがあります。普通が特製五目あんかけ麺で、海老増しの上・五目あんかけ麺もあります。最初なんで特製五目あんかけ麺にしました。
そこそこ賑わっていると思いましたが、結構早めに出来上がってきました。
白い器に淡い色のスープ、中央にある醤油色のあんかけが美味しそうです。
麺は、普通かやや細の縮れ、あんかけ系中華麺で良く使われている麺です。
スープは、金色煮干しスープ、癖のない、あんかけ麺を邪魔しない麺です。
トッピングは、五目あんかけのみです。具材は、豚バラ、海老、イカ、白菜、小松菜、人参、椎茸、木耳、生姜、長ネギとありますが、椎茸と生姜が判りませんでした。味付けは、牡蠣・帆立・浅蜊の醤油ベースの優しいものです。
なかなか食べ易く、具材の豊富、好みの味付けの特製五目あんかけ麺でした。880円とラーメンが高騰している今ではちょっとお手頃かも知れません。

| | コメント (0)

2019.03.23

ラーメン まっくうしゃ 笹口店

まっくうしゃ 笹口店

新潟市の「ラーメン まっくうしゃ 笹口店」です。
駅南エリア、東跨線橋からの笹出線と紫鳥線の間の市道沿いにあります。パチンコ玉三郎笹口店の後にこの春オープンを予定しているケーズデンキの駐車場内です。「ちゃーしゅうや武蔵 笹口店」の並び、すき家の隣になります。
午後2時近くになり「いっとうや」も空いているだろうとお邪魔しましたが、外に列を成す程の賑わいです。それなら食べていない「いっとうや」の新コンセプト店で2店目「ラーメン まっくうしゃ 笹口店」にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。前の「中華そば むしゃ」で新築され、広々した通路や真新しい最近のラーメン屋さんらしい雰囲気はそのままです。午後2時近くに着きました。満席に近い賑わいですが、カウンター席に空きがあり案内されました。
メニューは、醤油(アジ×煮干)、塩(えび×鯛)とそれらのちゃーしゅう、みそ(越後×信州)、ばくばんみそ、つけめん、辛つけめん、みそつけめんがあります。つけめんは大盛り無料です。ミニ丼類やライスを始めとする飯類などのサイドメニューも充実しています。醤油(アジ×煮干)にしました。
賑わってはいますがスタッフも多く、普通の待ちで出来上がってきました。

まっくうしゃ笹口店 醤油(アジ×煮干)

白い器に品良く盛られてます。クリーミーなスープがとても濃厚そうです。
麺は、普通太のストレート、モチモチ感が強く、パスタっぼいタイプです。
スープは、醤油らしくないクリーミーなもので、油も多くとこってりしています。アジと煮干しの香りと旨味が濃厚なもので、柚子の香りも加わります。
トッピングは、おおきめで炙った程好い歯応えのチャーシュー、極太メンマ、味玉半個、ねぎ、海苔、柚子です。海苔の上に柚子が盛り付けられてます。
濃厚でこってりですが癖がなく食べ易いものでした。どちらかと言うと若者向きのラーメンでした。トッピングが充実して680円はなかなかでしょう。
相方も醤油(アジ×煮干)にしました。

| | コメント (0)

2019.03.22

はな禅

上越市の「はな禅」です。
高田地区です。南高田駅から高田商業高校方向へ、手前住宅地にあります。
新しい上越名物である酒粕を使ったラーメンを食べたくてお邪魔しました。
お店前に、上越新名物“雪むろ酒かすラーメン”と書かれた幟があります。
お店は、左側に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席があり、白い壁や窓からイタリアンなどが食べれても良さそうな明るくお洒落な雰囲気です。午前11時30分過ぎに着きました。お客さんはいません。貸し切りです。
何度かお邪魔し、はんなり、わびさび、classic、Vintage~2015新古゚~(醤
油)、風土、海物語 淡麗 真鱈(塩)、豚さん、イノシシと食べています。
メニューは、はんなり(醤油)、わびさび(塩)、一期一会と銘打った日替わりがあります。一期一会は、お店に入ってそのまま正面の黒板に書かれています。ハナと雪の城へⅡです。2月2日(土)から提供を開始し、第一段を食べていないのにもう第二段になっています。ハナと雪の城へⅡにしました。
すぐに作り始めますが、手間がかかるようで普通に出来上がってきました。
はな禅 ハナと雪の城へⅡ
春らい桜のピンクが可愛い白い器に、スープも酒粕っぽい白いスープです。
はな禅 ハナと雪の城へⅡ 麺
麺は、太麺の超平打ち、縁がひらひらです。久々に麺の写真を撮りました。
スープは、白い酒粕の優しい旨味のあるもの。最初のひと口目に酒粕の香りがします。酒粕の香りが続くようなら嫌ですが、本当に最初のひと口だけです。酒粕を使っていますよって感じ。それ以降はまろやかで優しいスープです。
はな禅 ハナと雪の城へⅡ トッピング
トッピングは、チャーシューと勘違いしそうな麩、梅酢に漬けてピンク色で桜の飾りに包丁を入れた大根、菜の花、焦がしねぎ、超細切りのきんぴら牛蒡、黒千石の煮豆、紫キャベツ、椎茸煮、焼南瓜などラーメン域を越えてます。
大根の模様が桜花のように見え、ひと足早くお花見をさせてもらいました。
とても特別なラーメンをいただいたような印象が残ります。950円とかなりお高いものになりますが、和食のような丁寧な仕事に納得してしまいます。

| | コメント (0)

2019.03.21

くら寿司 新潟紫竹山店

新潟市の「くら寿司 新潟紫竹山店」です。
弁天橋線沿い、駅南からバイパスをくぐり、弁天橋の手前左側にあります。
いろんなものを提供してくれるくら寿司です。ラーメンは以前に食べました。まあまあかと思いました。他にも食べてみたいものがありお邪魔しました。
弁天橋線を通っているときにはそんなに大きなお店に見えなかったのですが、奥行きのある広い駐車場は、週末とはいえ午後1時過ぎでもほぼ満車です。
お店の中は20人程度のお客さんの待ち、端末に待ちをエントリーして待ちます。ほんの少しでテーブル席に案内されました。カウンター席でエントリーしたのですが、テーブル席でエントリーしたお客さんを追い越したようです。
お皿が蓋付きトレーで回っていて、注文用配膳用の高速レーンもあります。

くら寿司新潟紫竹山店 KURA BURGER MEET

くら寿司新潟紫竹山店 KURA BURGER FISH

今回は麺類をパスしてボリューミーな目的のKURA BURGERからいただきます。
MEETとFISHがありますが相方と両方を食べて見ます。米粉入りバンズがボロボロ、パン粉まみれになりました。食べ難さが印象的なハンバーガーでした。
 
くら寿司新潟紫竹山店 熟成まぐろ

お寿司は、熟成まぐろを食べたいと思っていました。テレビCMは、とても美味しそうに見えていました。どれほど違うものかと思っていましたが…。
 
くら寿司新潟紫竹山店 天然くえ

もうひとつ、天然くえです。新潟で食べられるとは思っていませんでした。
相方とでお寿司100円×25皿+くらバーガー250×2+税240円=合計3240円になりました。回転寿司としては適当な値段かなと思います。

| | コメント (0)

2019.03.20

大衆食事処 味の八珍亭

八珍亭 特製みそラーメン

新潟市(旧巻町)の「大衆食事処 味の八珍亭」です。
新潟寺泊線沿いにあります。農家が並ぶ静かな道に目立つ看板があります。
西蒲原地区での昼食、久々に八珍亭の味噌を食べようかとお邪魔しました。
周辺のお店に定休日の多い水曜日です。ある程度の混みは覚悟していました。午後1時過ぎに着きました。予定通りと言うか?お店前の駐車場は満車です。並びの第2駐車場に行くとこちらも満車に近い混み、想定以上の混みです。
お店は、左側奥に厨房、厨房手前にカウンター席、中央に大広間のような広い小上がりがあり、その手前にテーブル席、右側に個室の座敷があります。とても広い定食屋さんのような雰囲気のお店です。お店に入ったところに待ち用の椅子があります。4人組の待ち…、用紙に名前と人数を書いて待ちます。その後もお客さんが来ます。5分程度の待ちでカウンター席に案内されました。
メニューは、麺類、丼物、定食、洋食系のほか、ドリンクバーまであります。麺類は、ラーメン、チャーシューメン、ラーメンセット、タンメン、五目うま煮そば、もやしラーメン、塩バターラーメン、カレーラーメン、担々麺、特製みそラーメン、特製ネギみそラーメン、特製みそチャーシューメン、特製ネギみそチャーシューメン、特製みそコーン、柿大将ラーメン(味玉付、背脂)、冷し中華(夏季のみ)があります。いつもの特製みそラーメンにしました。
カウンター席からは、厨房の作っている様子が見えます。一度に結構いい量のラーメンを一気に作ります。あれかな?そろそろかな?と思って見ても違うことが多く、3回りぐらいでしょうか?かなり待って出来上がってきました。
派手な模様の黒い器にたっぷり野菜と味噌スープの組み合わせが映えます。
スープに馴染んだ野菜を先に、麺が落ち着いた頃を見計らい掘り出します。
麺は、太く丸く強い縮れ、モチモチ感の強い好みと違う元気の良い麺ですが、変な硬さもなく、スープとの相性も良く、嫌いになれない麺のひとつです。
スープは、濃いめの味噌味ですが、普通のしょっぱさでやや甘めに感じます。気になるようなコッテリ感や油っこさもなく、太い麺や野菜に良く絡みます。強い旨味を感じます。ニンニクが効いての旨味です。気を付けなければ…。
トッピングは、たっぷりのもやし・キャベツ・玉ねぎなどの炒め物だけです。前にあったきくらげがありません。なくなったのか忘れられたのかは不明。
炒め物とスープの絡みも良く、麺がなくてもひとつの料理になっています。
太麺と濃厚味噌味スープ、野菜炒めとバランスの取れた味噌ラーメンでした。最後まで楽しくいただきました。800円。なかなかいい線だと思います。

| | コメント (0)

2019.03.19

中華そば 来味 東堀店

来味東掘店 つけ麺(特大盛)

新潟市の「中華そば 来味 東堀店」です。
新潟市のど真ん中にあります。柾谷小路と東堀通との交差点角の…隣です。
お腹が空きガッツリ食べようかと、特大盛が無料の来味にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。小さめのちょっと古い感じもある中華そば屋さんです。お店に入った時に煮干しのいい香りがして、なぜかホッとします。午後12時10分過ぎに着きました。5割~6割ほどのお客さんの入り、まあまあ賑わっています。
メニューは、中華そば、肉そば、辛そば、つけ麺、辛つけ麺などがあります。辛そばと辛つけ麺は、1辛~3辛の辛さ調整があり、好みの辛さにできます。麺の大盛(1.5玉)や特大盛(2玉)が無料です。これはありがたいです。デカわんたんのワンタン麺(5個入)とおつまみワンタンが加わっています。後に追加されたのでしょうか?ワンタン麺(3個入)というものもあります。辛いものを食べていませんが今日はパスつけ麺(特大盛)にしました。
待ちのお客さんも多くいましたが、そこそこ早めに出来上がってきました。
麺、つけ汁とも白い器です。シンプルながらなかなか綺麗な盛り付けです。
麺は、極細のストレート。へぎそばの手振り風に小分けした盛り付けです。
つけ汁は、煮干し中華そば風、煮干しダシの濃厚な旨味と風味があります。
トッピングは、麺にチャーシュー・メンマ・海苔、つけ汁にねぎなどです。
最後につけ汁のスープ割りを楽しもうと思いましたが、水割りにしました。
昔ながらの煮干しダシの中華そばをつけ麺にしたようなもの。心地良い極細麺を煮干しダシの旨味と風味が濃厚なのにあっさりした醤油味のつけ汁でいただくつけ麺でした。700円で特大盛が食べられるんですから助かります。
まるしん、来味、蓬来軒など細麺+あっさりつけ汁のつけ麺は好みかも!?

| | コメント (0)

2019.03.18

ら~めん 二葉

Photo_714

新潟市の「ら~めん 二葉」です。
古町エリア、東横イン新潟古町の向かいの路地を入ったところにあります。
3月月替わりらーめんをぼちぼち食べようかと遅めですがお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、さらに手前にテーブル席のちょっと小さめのお店ですが、フロアが全体が吹き抜けになっていて広々しています。左側に階段があり、ロフトにも席があります。新しさと古さとが融合した、落ち着いた雰囲気のお店です。午後12時10分過ぎに着きました。他にお客さんが3人と空いています。入口近くのテーブル席に座れました。
メニューは、味噌らーめん、紅味噌らーめん、味噌タンメン、醤油らーめん、塩らーめんがあり、追加のトッピングやサイドメニューもあります。貼紙で月替りらーめんが紹介されています。3月は岩のり背脂醤油です。貼紙が使い込んだ感じで今回が初お目見えではなさそうですが、食べた記憶はありません。一瞬考えましたが一度は食べてみましょう。岩のり背脂醤油にしました。
その後、お客さんがポツポツやってきて、待ちになる程の混みになります。
混む前に注文できていたこともあり、かなり早めに出来上がってきました。
黒い器に醤油と醤油に浸かった背脂の色、岩海苔の見た目が良くないです。
麺は、普通太の縮れ、軟らかめをお願いしましたが、まだコシが強めです。
スープは、醤油と塩の中間のような味で動物っぽいこってり感があります。
トッピングは、チャーシュー、岩海苔、玉ねぎなどととてもシンプルです。
もともとはそんなにこってりしていないスープですが、背脂でかなりこってりになっています。岩海苔や玉ねぎでかなりこってり感が和らぎます。途中からは黒胡椒も加えてみましたが、玉ねぎのあっさり効果が大きく感じました。
一般的な背脂ラーメンよりも麺が細く、ちょっと違った感じです。岩のり背脂醤油は800円、岩海苔の量も少なく、かなりお高く感じちゃいます。

| | コメント (0)

2019.03.17

農家のそば屋 手打ち十割 角館地そばの店 そばきり長助

そばきり長助 十割そば 二色もり(大盛り)

そばきり長助 十割そば 二色もり(大盛り)挽きぐるみ

そばきり長助 十割そば 二色もり(大盛り)丸抜き挽きぐるみ

秋田県仙北市(旧角館町)の「農家のそば屋 手打ち十割 角館地そばの店 そばきり長助」です。
角館町の観光地、武家屋敷や桧内川堤、仙北市角館庁舎の近くにあります。
武家屋敷の通りからお店へと向かいました。寒いオフシーズンのはずがそこそこ観光客がそこそこいます。混んでいたら諦めようとお店前に着きました。
お店前に4台分の駐車場があります。午後12時40分過ぎに着きましたが、お昼時間で2台しか駐車していません。車を駐車してお店の中に入ります。
お店は、右側に厨房、左側手前にテーブル席、直接は見えませんが奥に小上がりがあります。新しく綺麗な、和風なおそば屋さんらしい雰囲気のお店です。手前のテーブル席に案内されました。4人掛けのテーブルで、溝で仕切られています。溝などの小口部分は、角館伝統工芸の桜皮細工が施されています。
メニューは、以下の通りです。
 十割そば 二種食べ比べ          1188円
 あかそばとそばソフトのセット       1080円
 あかそばと黒蜜そばあられソフトのセット  1180円
 あかそば                  864円
 十割そば 二色もり            1026円
もりそば
 十割 もりそば               702円
 二八 もりそば               648円
 十割 とろろ付きもりそば          820円
 二八 とろろ付きもりそば          766円
 十割 えび天付きもりそば         1155円
 二八 えび天付きもりそば         1101円
温かいかけそば
 十割 かけそば               702円
 二八 かけそば               648円
 十割 とろろそば              820円
 二八 とろろそば              766円
 十割 えび天付きかけそば         1155円
 二八 えび天付きかけそば         1101円
冷たいかけそば
 十割 冷かけそば              702円
 二八 冷かけそば              648円
 十割 とろろ冷かけそば           820円
 二八 とろろ冷かけそば           766円
 十割 えび天付きかけそば         1155円
 二八 えび天付きかけそば         1101円
その他?
 十割 かも汁つけそば           1458円
 二八 かも汁つけそば           1404円
 十割 かもなんばんそば          1458円
 二八 かもなんばんそば          1404円
各種大盛り                  250円
サイドメニュー
 自家栽培あきたこまちを使ったおにぎり(梅) 124円
 ※梅が苦手な方は塩おにぎりにできます。
 えびの天ぷら(2本)            453円
 安藤醸造さんの味噌を使った自家製そば味噌  308円
 とろろ(単品)               118円
 そばソフト                 300円
 黒蜜そばあられソフト            350円
たくさんのメニューで迷いますが、それでも色々味わってみたいと思います。前回、お店の一番人気だろう“十割そば 二種食べ比べ(大盛り)”を食べました。今回は似ていますが、十割そば 二色もり(大盛り)にしました。
そばきり長助は農家が営むそば屋で、無農薬で育てられたそばを低温貯蔵、毎日使う分だけを石臼で自家製粉して、挽きたて・打ちたて・茹でたてを提供し
ているようです。二色もりにはそのポイントなどの説明が書かれています。
・十割そば 二色もり
会津在来種、または常陸秋そばを殻ごと挽いた「挽きぐるみ」(黒)、殻を剥いて挽いた「丸抜き挽きぐるみ」(白)の二種類の挽き方でそれぞれ食べ比べいただけます。
すぐに作り始めてもらえたようです。とても早めに出来上がってきました。
品の良い板のようなお盆にのってきました。左側が挽きぐるみになります。
まずはそのままで、香り・甘味・食感を楽しみます。次に右側の丸抜き挽きぐるみを同様に香り・甘味・食感を楽しみます。そばつゆにつけて、普通にいただきます。つゆは、鰹節と昆布のダシが効いています。おそばは太めでコシが強く、田舎そばのような感触です。つゆにおろし山葵やねぎを加え、ねぎの加わった香り・辛味・味の変化などを楽しみます。コシの強さがすごいです。
おそばを楽しんだ後は蕎麦湯を楽しみます。後から熱々でやってきました。
お新香とデザートが付き、お新香はいぶりがっこ、デザートはゆべしです。
十割そば 二色もり1026円+大盛り250円の豪華なお昼でした。
相方の食べた二八 もりそば648円は、写真を撮り忘れました。
 
がんばろう東北!

| | コメント (0)

«食菜 和ごころ