2017.08.16

のんき食堂

のんき食堂 冷やし中華

秋田県仙北市(旧角館町)の「のんき食堂」です。
旧角館町中心地横町にあります。居酒屋など昔ながらの店が多い場所です。
最初にラーメンを外食したお店、昔懐かしい味を期待してお邪魔しました。
向かいの月極駐車場に駐車します。お店の駐車場には他の車が駐車してます。他にもお店の駐車場がないかと探していたら、駐車していた車が出ました。
お店の前にはツーリングのお客でしょうか?4台のバイクが駐車しています。4人の家族連れがお店を覗きましたが、諦めたようで帰っていきました!?
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きカウンター席、右側に大きなテーブル2卓のテーブル席があります。白い壁と黒い柱の古い街並みにマッチしたお店の外観に似合った店内になっています。スイーツなんかのお店でも良さそうな雰囲気です。午後13時20分過ぎに着きました。1つのテーブルに4人のライダー、もう1つテーブルでは常連らしきお客が1人でビールを飲んでいます。後からまた常連らしきお客さん1名がカウンター席へ、何か話しています。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、タンメン、味噌ラーメン、味噌タンメン、味噌チャーシューメン、塩ラーメンがあります。裏面に冷やし中華があります。この前はラーメンにしました。今回は冷やし中華にしました。
おばちゃんが1人で切り盛りをしています。ちょっと時間がかかるとのこと、後で判りましたが、ライダー4人組が別々のメニューを注文していたのです。相方は当初ラーメンにしようかとしていたのですが、できれば同じメニューをとお願いされちゃいました。今回は、冷やし中華に合わせてもらいました。
お店の中に藤あや子のサインが貼られてますが、ポスターがなくなってます。のんき食堂の近所に実家があったとのこと、昔から食べていたのでしょう。
相当の待ちを覚悟していましたが、さほど待たずに出来上がってきました。
大きく浅い白いお皿に盛られてきました。ビザぐらいありそうなお皿です。
麺は、やや細の弱めの縮れ、硬めが多い中の普通の硬さは物足りないです。
つゆは、酸味をやや控えた醤油味です。なんか優しいようないい感じです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、胡瓜、トマト、コーン、わかめ、ゆで玉子半個、紅生姜などです。ピッツァトッピングのように見えちゃいます。
お皿に驚かされることから始まる冷やし中華は、750円といい線でした。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.15

元祖ホルモン焼きそば 炭火焼やきとり まいど

まいど

秋田県横手市の「元祖ホルモン焼きそば 炭火焼やきとり まいど」です。
横手駅西口に近くあります。駅前の交差点を左折して右側に見えてきます。
秋田県立近代美術館の「ミューズ まなざしの先の女性たち」展を観るために横手入りしました。腹拵えをしようと思いました。横手市出身の知り合いから「ホルモン好きですか」→「好き」と確認の後に教えてもらったお店です。
午後12時10分過ぎに着きました。お店前の駐車場は満車になっています。少し待ってから食べ終わり帰る車と入れ替えに駐車することができました。
お店の中や外に6人程の待ち、記入するようなものもなくただただ待ちます。お店は、右側に厨房、中央から右側奥に厨房向きのカウンター席、左側手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。メニューなど貼紙が多い、庶民的な焼物屋さんの雰囲気のお店です。10分程度でテーブル席に案内されました。

まいど メニュー

メニューは、焼きそば、炭火焼やきとり、飲み物等があります。焼きそばは、元祖ホルモン、特製ホルモン(玉子入)、並、肉、玉子、肉玉子、野菜、野菜玉子、野菜肉玉子があり、中盛と大盛もできます。元祖ホルモンにまいど名物とあります。横手焼きそばっぽく、特製ホルモン(玉子入)にしました。
店内の奥にはセルフサービスの水などがあります。水を用意して待ちます。
家族3人でやってそうな雰囲気で作るのは親父さんだけ、1度に2人前ずつ出来上がってきます。ゆっくりとした感じで、タイミングもあり、かなり時間がかかりました。お店に着いてから50分程かかって出来上がってきました。

まいど 特製ホルモン(玉子入)

楕円形の白いお皿に、目玉焼きをのせたソース色の塊って感じで登場です。
麺は、やや太ウェーブがかったもの。適度なモチモチ感が気持ちいいです。
味付けは、ホルモン焼からの苦味が含まれる深みのある濃厚な味付けの汁に、ソースが絡まったものになっています。横手焼きそばらしいつゆだくです。
トッピングは、ホルモン焼、キャベツ、目玉焼きと紅生姜などです。キャベツは、焼きそばといっしょに炒められたものか?ホルモン焼といっしょに炒められたのか?は不明です。目玉焼きの黄身を壊し、麺と絡めていただきます。
焼きそばとホルモン焼をいっしょに楽しみました。とてもいい感じに軟らかな
ホルモンですが、どうも味噌味の味付けの方が好みかと認識しちゃいました。
横手焼きそばの条件である目玉焼きが必ず付く訳でもなく、福神漬ではなく一
般的な紅生姜が着いてます。お店も横手焼きそばとは一言も言っていません。
横手焼きそばではないかも知れませんが、横手焼きそばの地元で愛されている
焼きそばです。並の焼きそばが400円と超お手頃なお店の700円です。
相方も同じ特製ホルモン(玉子入)をいただきました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.14

自家製粉 手打ち蕎麦の店 角館そば

角館そば もりそば(大盛)

角館そば もりそば(大盛) アップ

秋田県仙北市(旧角館町)の「自家製粉 手打ち蕎麦の店 角館そば」です。
旧角館町の中心部、町の駅や西宮家など観光施設も多いエリアになります。
角館でのお昼です。お蕎麦のお店も多く、食べてみようとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側中央にカウンター席として使える大きなテーブル、手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。古民家的な雰囲気があります。午後12時20分頃に着きました。7割~8割程度のお客さんの入りです。
メニューは、冷たいそばと温かいそばに大別されます。冷たいそばは、もりそば、おろしそば、鴨ざる、天ざる、あゆ天ざるがあります。温かいそばは、かけそば、釜揚げそば、鴨南蛮、天ぷらそばがあります。あゆ天は、鮎まる本店の鮎の一夜物語という干物の天ぷらになります。土日祝限定で、田舎そば、田舎おろしそば、田舎鴨ざる、田舎天ざる、田舎釜揚げそばもあります。二八のもりか十割の田舎か迷うところですが、8月14日(月)は土日祝扱いになっているのか。確認しようかと思いましたが、太めでコシの強い田舎そばが少し苦手です。二八そばの方が好みなので、もりそば(大盛)にしました。
観光客を相手のお蕎麦屋さんの雰囲気です。普通に出来上がってきました。
ザルに盛られたお蕎麦です。普通盛りと同じ大きさのザルに盛られてます。
そばは、やや細めでいい感じのコシ、二八そばらしい食感と食べ易さです。
つゆは、冷たいため香り的なものは感じられませんが、普通に楽しめます。
トッピングは、的なものは薬味のねぎ、山葵、大根おろし、お新香などです。少量でも大根おろしが付いていると嬉しいです。味の変化を楽しめました。
なかなか充実のお蕎麦でしたが、もうちょっと瑞々しい方が好みでしょうか。
もりそばが750円で大盛りが300円アップ、いい線じゃないでしょうか。
相方は、普通盛りのもりそばを食べました。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.13

仁賀保温泉 いちゑ

いちゑ 行楽弁当

いちゑ 行楽弁当 アップ

秋田県にかほ市(旧仁賀保町)の「仁賀保温泉 いちゑ」です。
国道7号線沿いにあります。旧仁賀保町の中心に近い辺り、国道西側です。
何度も前を通っていますが、時間がずれていることが多く初のお邪魔です。
大きめガラス張りの温泉ホテルで、入ってすぐのラウンジっぽいところです。午後12時30分過ぎに着きました。7割~8割程のお客さんの入りです。
メニューは、いちゑ御膳、行楽弁当、海鮮丼、稲庭うどん、ビーフカレーなどシンプルですが十分です。岩ガキの時期なので食べたいと思っていましたが、岩ガキを含むメニューも単品の提供もありません。行楽弁当にしました。
いいペースで料理が運ばれてきますが、待っているお客さんも多く、普通の待ち時間で出来上がってきました。稲庭うどんと行楽弁当が人気のようです。
メニューに写真はありましたが、実物は大きく、かなりの迫力があります。
焼魚、煮魚、海鮮重、天ぷら、焼豚、野菜煮、もずく酢、昆布巻きなどなど、デザートにプリンも付きます。質と量を伴ってお腹いっぱいになりました。
鰈だと思いますが、煮魚を冷やしたものです。この暑さに最高の栄養にです。野菜煮も季節の冷菜と呼びたくなるほどいい感じに涼を感じさせてくれます。和食って温かいのが当たり前と思っていましたが、いやいや奥が深いです。
美味しく食べてお勉強もさせてもらって1300円、ご馳走さまでした。

いちゑ 稲庭うどん

相方が食べた稲庭うどんです。1000円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.12

麺のあんまる

あんまる 冷やしエビ味噌ラーメン

新潟市の「麺のあんまる」です。「あんまる製麺」との看板もあります。
紫鳥線沿いにあります。国道116号線との鳥屋野交差点の近く、交差点から少し女池寄りです。以前に「手打ちそば 山都庵」だった建物です。
お店の斜め向かいの月極駐車場に4台分の駐車スペースが確保されています。
午後1時10分頃に着きました。混みを心配していましたが空いています。
お店は、右側に厨房、左側から奥にかけ厨房向きのカウンター席があります。前は何のお店だったのでしょうか?ずっと古くからあるかような雰囲気です。カウンター席が7席だけの小さなお店です。帰るお客さんとすれ違いました。それほど遅くはないのですが、他にお客さんいません。後に2人来ました。
メニューは、ラーメン、ワンタン麺、特製ラーメン、味噌ラーメン、野菜味噌ラーメン、ニボ味噌つけ麺、辛エビ味噌ラーメン、魚辛味噌ラーメン、魚辛味噌つけ麺があり、追加トッピング、サイドメニュー、セットメニューもあります。チャーハンセット、半玉チャーハンセット、味噌チャーハンセットが結構お得に感じます。8月限定で冷やしエビ味噌ラーメン、エビ味噌まぜそばがあります。やっぱ夏らしいものでしょ、冷やしエビ味噌ラーメンにしました。
すぐに作り始め、温かいラーメンかのような早さで出来上がってきました。
青の模様が涼しそうな器に、冷やしか?お好み焼か?のような見た感じです。レンゲと木製のスプーンが重なり、木製スプーンに辛味噌がのっています。
麺は、やや細の縮れ、少し硬めですが、噛み応えが良く、食べ易い麺です。
スープは、味噌味の冷たいもの。なかなか珍しいですが違和感がありません。途中から辛味噌を加えます。優しい味噌味がきりりとした味噌味になります。麺を食べているときはそれほどですが、飲むとエビの味がかなり濃厚です。
トッピングは、豚と鶏のチャーシュー、メンマ、もやしなどで、もやしには、紅生姜、青海苔、胡麻、マヨネーズがお好み焼のようにかけられています。
あまり他で聞いたことのない冷やし味噌ということでどうかと思いましたが、なかなかいい感じで楽しむことができました。800円といい線でしょう。
相方はラーメン、子供達は特製ラーメン、ニボ味噌つけ麺を食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.11

cafeレストラン ガスト 新潟上王瀬店

ガスト新潟上王瀬店 肉みそとサラダのピリ辛冷やしタンタン麺

新潟市の「cafeレストラン ガスト 新潟上王瀬店」です。
県道4号線(赤道)沿いにあります。藤見交差点(歩道橋)すぐ近くです。
午後も遅くなり、ラーメン以外でも仕方なし、営業中のガストにしました。
お店は、ファミレスそのものといった雰囲気です。午後3時頃に着きました。家族連れの煩ささを覚悟していましたが、半分以下のお客さんで静かです。
メニューは、cafeレストランらしいカジュアルな感じのものが揃っています。開催中ハワイフェア、夏のおすすめ、グランドメニューが提供されています。お手頃なランチメニューは平日のみの提供、残念ですが他メニューにします。夏のおすすめに麺類があります。肉みそとサラダのピリ辛冷やしタンタン麺、糖質控えめ・海老と野菜のさっぱりサラダ麺の2種類が用意されていました。肉みそとサラダのピリ辛冷やしタンタン麺は、通常の麺を使用していますが、お値段100円増しで糖質控えめ・ほうれん草麺に変更することができます。糖質控えめ・海老と野菜のさっぱりサラダ麺は、そのメニューから想像通り、標準の麺に糖質控えめ・ほうれん草麺を使用しています。ヘルシーな麺です。グランドメニューに、夏のおすすめを含めた麺類があり、他にもありました。標準で糖質控えめ・ほうれん草麺を使用した1日分の野菜のベジ塩タンメン、特製本格辛口チゲ(半玉うどん入り)、海老と9種の野菜のサラダうどんが、カフェの夏のメニューとは思えない品揃えです。その豊富さに安心しました。ちょっと悩んで、肉みそとサラダのピリ辛冷やしタンタン麺にしました。
カフェの麺なので時間がかかりそうですが、早めに出来上がってきました。
ステンレスの薄い、浅いボール状の器に盛られてきました。野菜たっぷり。
麺は、やや細めの縮れ麺、冷やしらしいちょっと硬めにゆでられています。
つゆは、胡麻の風味と深い味わいがあり、好みでラー油を加え楽しみます。
トッピングは、肉味噌、温泉玉子、7種の野菜のサラダ、ほうれん草です。
器ごと冷え冷え、たっぷりの野菜、胡麻の風味と深い味わいを楽しめました。699円(税別)での消費税の影響も大きく、まあまあの線かと思います。

ガスト新潟上王瀬店 海老と9種の野菜のサラダうどん

相方が食べた海老と9種の野菜のサラダうどん。599円(税別)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.10

大積パーキングエリア(上り)

大積パーキングエリア(上り) 醤油ラーメン

長岡市の「大積パーキングエリア(上り)」です。
北陸自動車道長岡ジャンクションから上越方面へ、最初のパーキングです。
休み前の忙しさ、昼食の時間が上手く取れず、移動中の昼食になりました。
手頃な値段と味とボリューム、SA/PAの中でもかなり良心的なお店です。高速パーキングエリアの軽食コーナーですから、うどんやおそばが人気です。しかし、ラーメンや定食などバラエティに富んだメニューでどれも人気です。長岡生姜醤油ラーメンや燕背脂ラーメン、いち押しの担々麺などがあります。夏メニューを探しましたが見つからず、普通の醤油ラーメンにしました。
交通系の食事施設です。うどんやおそばのような早さとまではいきませんが、お昼の真最中、賑わってはいても、そこそこ早さで出来上がってきました。
彩りが品良く鮮やかな模様の白い器に期待できそうな醤油色のスープです。
麺は、普通の太さの平打ち縮れです。ちょっと硬めですが食べ易い麺です。
スープは、醤油味の中華そば風。癖のない万人向けでバランスが良いです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎととてもシンプルです。
シンプルでごく普通のラーメンでした。麺が好みだったので嬉しかったです。630円てSA/PAにしてはお手頃ですが、おそばの方が良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.09

八起家 高崎店

八起家高崎店 かき揚げ天玉そば

群馬県高崎市の「八起家 高崎店」です。構内店との店名情報もあります。
駅弁だけのお昼では持ちません。もうすぐ夕食っていうのなら耐えれますが、夕食までしばらくかかりそうで、ちょっと軽くお腹に入れようと思います。
高崎駅の改札を入った構内にあります。新幹線の構内からも利用できます。
在来線改札を入った構内と新幹線改札を入った構内の両方に入口があります。お店の中もお客さんのエリアが二分されて、厨房だけが共通になっています。新しく綺麗で、立ち食いと座って食べれるよう椅子のあるところもあります。入口の脇に食券販売機があります。今風の写真入りのタッチパネル式です。
メニューは、おそばとうどん、ご飯物もありますが、ラーメンはありません。温かい専用、冷たい専用、温かいまたは冷たいを選択できるものもあります。かき揚げ(温)、かき揚げ天玉(温)、コロッケ(温)、ちくわ天(温)、海鮮かき揚げ(温)、かけ(温)、たぬき(温)、きつね(温)、月見(温)、わかめ(温)、冷しかき揚げ(冷)、豚肉つけ(冷)、冷したぬき(冷)、おろし(冷)、山菜(温)、ざる(冷)、冷しきつね(冷)、板そば、ミニ豚丼セット(温・冷)、ミニカツ丼セット(温・冷)、ミニカレー丼セット(温・冷)、ミニかき揚げ丼セット(温・冷)、コロッケごはんセット(温・冷)、うなぎ丼セット(温・冷)、夏期限定の豚しゃぶポン酢おろし、緑野菜のとろろ、鴨つけなどがあります。この前、冷しかき揚げそばを食べました。今回は気になっていた中から、スタンダード的なかき揚げ天玉そばにしました。
午後7時を回っています。在来線側も新幹線側もそれほど混んではいません。交互に作るような感じです。まあまあ普通の待ちで出来上がってきました。
青線入りの白い器に、醤油色のつゆが美味しそうな仕上がりのお蕎麦です。
そばは、細め平打ち風ののもので、ちょっとネチネチしたタイプのものです。好みのそばではありませんが、立ち食い店で食べるのは嫌いじゃないです。
つゆは、関東風の醤油味です。冷しほどではありませんが、少し甘めです。
トッピングは、かき揚げ、、生卵、ねぎなどです。想定のシンプルさです。
なかなかお手頃に楽しめました。かき揚げ天玉そば、これで490円です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

よくばりスタミナ弁当

よくばりスタミナ弁当 パッケージ

よくばりスタミナ弁当

暑いです。東京の予想最高気温は37度、動かなくても汗が吹き出してきます。午前中の仕事を終え、移動です。ラーメン店で…けど時間が全然ありません。夏休みらしく混雑する東京駅の「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。店内それほどの混みではありませんが、大きな荷物の人が多く歩き難いです。お昼の休みが過ぎようかとしている時間も、結構いろいろな駅弁があります。食べたことのない駅弁は何種類かありますが、食べたい駅弁と一致しました。明治26年創業、宇都宮市の松廼家のよくばりスタミナ弁当にしました。
新幹線に乗りいただきます。東京駅は混んでますが、新幹線は空いています。東京駅では、川崎フロンターレのシャツを着たサポーターが見受けられます。新潟で何を食べようかとかを話しています。経済効果的に嬉しくなります。
駅弁の包み紙には、いろいろな似たような言葉がたっぷりと書かれています。栃木自慢! 栃木がたっぷり! いいとこどり!!、駅弁発祥地宇都宮、とちぎの名物などです。駅弁が宇都宮の発祥とは知りませんでした。諸説のひとつ?
包み紙には、駅弁の絵もあり、主だったおかずなどの説明も書かれています。こしひかり100%、霜降高原豚のピリ辛味噌焼き、いっこく野州どりの照り焼き、まぐろカツなどです。豚と鶏と鮪の3主と考えるとなかなか豪華です。
原材料名の記載は、こしひかり米(国産)、豚肉、鶏肉、まぐろ、ザーサイ、葉唐辛子、胡瓜、茄子、山葵、生姜、大根、クラゲ、ピーマンなどです。
何がスタミナか判りませんが、夏バテなんかを飛ばしてくれそうな駅弁です。これで1000円です。駅弁の中ではちょっとお手頃に思える駅弁でした。
宇都宮ってあるので、餃子を期待しましたが、入っていませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一年かきめし

一年かきめし パッケージ

一年かきめし

今日は、早朝からの新幹線移動。夏休みに入ったためか多少人が多めです。
新幹線での移動で駅弁を買おうとするとき東口改札を利用するのが便利です。改札脇、在来線から新幹線への改札脇、ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入らない、在来線改札内、新幹線改札内の順番で廻れます。逆走不可。
いつも通り東口の新幹線改札脇にある駅弁屋から見ていくことにしましょう。駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで、いろいろ食べてみたくなります。ちょうどいろいろな駅弁が入荷したところです。とても豊富に揃っています。普通の駅弁が4食ずつ、人気の駅弁などは6食ずつ、置かれているようです。人数の多いグループが同じ駅弁を食べるには、数店廻るか、予約が必要です。新規販売や食べたことのない駅弁はありませんが、食べたい駅弁があります。季節限定の駅弁になります。好きな神尾商事の一年かきめしにしました。
早めに着いていたので、入線を待っての乗車になります。余裕で座れました。出発するころでもそれほどの混みはありません。早速いただきましょうか。
厚紙のケースには“しっかり育てあげた一年牡蠣”と思いが書かれています。原材料は、白飯(米・国産)、佐渡産かき煮、煮物(椎茸、筍、きねさや)、錦糸たまご、山ぜり漬け、さくら漬け大根、蓮根酢漬けと書かれています。
厚紙のケースから駅弁本体を取り出し、透明なプラスチックの蓋を開けます。一年かきのためか?小振りで味も濃いめのずっしりしたものが多いのですが、それほど小さくもなく、味も普通の味付けのふんわりしたものもありました。今回は、大きさは小さめで味は普通の味付け、軟らかく感じる仕上がりです。このかき煮は、温かくなくても美味しく食べれるよう調理されてるようです。かきの味がかなり濃厚ですが、他の食材で爽やかにするバランスが良いです。山ぜり漬けのシャキシャキした歯応えがとても楽しくて癖になりそうです。
かきが食べれる時期だけの駅弁です。かきの美味しさを存分に楽しめました。
1080円と安くはありませんが、それ以上に楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.08

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
今日も信吉屋の冷し中華を目指しましたが午後12時10分過ぎで売り切れ、これからお盆でいろいろお金も要りようでお手頃な白寿にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その中央寄りと手前に厨房向きのL字型カウンター席、左側にはラーメン丼2個がちょうどの小さな2席のテーブルが2卓あります。少し歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時20分過ぎに着きました。今日もお客さんが少ないかも?と思って来ましたが、満席に近い状態です。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけ、大盛りの対応もありません。サイドメニューは何もありません。トッピングの追加も用意されていません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかない選択の少ないお店です。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばです。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?って感じでしょうか。席に着かずにそのまま『うま煮そば!』と注文を言いなから左側の奥にある冷水機までセルフサービスの水を用意しに行き、水を持って席に着きます。
いつも通りです。親父さんとおばさんの2人、おばさんが作ってくれてます。うま煮は、大きい中華鍋で一度に10人前程でしょうか?たくさん作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、多くのお客さんが一機に来ると、うま煮の出来上がりを待つこともあります。今日がその日らしいです。1/3ぐらい入った鍋と新たに作り始めた鍋が…。出来上がり待ちのお客さんが5人、次に出来上がる熱々をいただきましょう。いつもは大きな中華鍋でたっぷりのうま煮を作ります。野菜をいっぱい入れ、かさが減ると野菜をつぎ足し、2~3度繰り返してうま煮が出来上がります。今日は、それほどの量を作らないようで、かなり早めに出来上がりました。
ゆで用の鍋の木の蓋に麺をのせて解します。温めてもいるようにも見えます。麺を鍋に入れ、器を用意、タレを入れ、スープを張ると麺もゆで上がります。麺を優しく湯切りし器に入れ、中華鍋からうま煮をかけ出来上がりました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、かなり細めの縮れで、シコシコした歯応えが楽しめる好みの麺です。
スープは、うま煮と混じり判り難いですが、魚介系のあっさりしたものです。うま煮と混じり合うことで適度にまろやかに、旨味も増すようになります。
トッピングは、白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけのうま煮です。ニンニクも少し効いてます。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
なんか?観光&帰省&ラーメン巡りのお客さんが多いような気がしました。
今日は、出来上がったばかりの熱々のうま煮のをいただくことができました。細縮れの麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。なんともありがたいお手頃感です。他のお店も見習って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.07

笑美寿亭

笑美寿亭 冷やし担々麺

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。本町通と上大川前通間の小原小路沿い、竹山病院脇です。
信吉屋の冷し中華を目指しましたが、午後12時10分頃ですでに売りきり、笑美寿亭に変更、どれぐらい食べてないでしょう。久々にお邪魔しました。
お店に入る前に店先に表示のランチメニューをチェックします。3種類あり、麺類のAランチは“濃厚つけ坦々麺と半チャーハン”、Bランチは“四川麻婆豆腐定食(スープ・サラダ・デザート)”、Cランチは“玉子ふわとろ天津飯(スープ・サラダ・デザート)”です。なかなか美味しそうです。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。下町の中華食堂って雰囲気の中規模のお店です。午後12時20分頃に着きました。お店前に2人が列んでいます。フェーン現象で暑い待ちは辛い。とか考えようとするかしないか、すぐにカウンター席に案内されました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、紹興酒と幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩の各ラーメンとそれに葱、チャーシュー、野菜を加えたもの、塩はタンメンもあります。中華麺はあんかけのらーめんや焼きそばなどの多くの種類があります。さらにこのお店ならではの15種類の担々麺があります。白胡麻、汁なし、赤、濃厚つけ、麻辣、黒マー油、海老、グリーンカレー、こってり和風、味噌、にんにくにら、クリーミー、冷やし、激辛、肉の各担々麺です。期間限定の担々麺があったりもします。香菜担々麺というパクチーを使ったものがあります。冷たいものが食べたいです。冷やし中華もあってかなり食べたいのですが、このお店らしい冷やし担々麺にしました。
混んではいますがさすが中華料理のお店、早めに出来上がってきました。
円錐を逆さにした深みのある白い器の表面を担々麺らし色が覆っています。
麺は、細い縮れでプリプリと食感が良く、冷しなのに適度なちょい硬です。
スープは、胡麻の風味の豊かでとてもまろやか、適度な辛味も楽しめます。
トッピングは、挽肉の芝麻醤炒め、味玉半個、トマト、パクチー、水菜、ねぎなど、野菜がたっぷりって感じです。挽肉で担々麺の雰囲気が出ています。
まるで温かい担々麺のようで冷たい担々麺でした。違和感なく食べれました。880円でサービスの小ライスもいただき、いい感じの昼食になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.06

食堂 かねさや

かねさや

阿賀野市(旧安田町)の「食堂 かねさや」です。
国道49号線の旧道からさらに北側の通り沿い、安田支所手前にあります。
Teny新潟一番・ラーメンの旅で紹介され、食べてみたいと思っていました。
午後12時20分過ぎに着きました。お店前3台の駐車場はすでに満車です。暖簾が下がってませんが、出てくるお客さんがいて、聞くと営業中とのこと、さらに時間がかかるとのことです。そのお客さんと入れ替えに駐車します。
お店は、右側に厨房、その手前に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。白い壁と白木のテーブルなどで明るく綺麗なお店です。午後12時20分頃に着きました。6~7割程のお客さんの入りと賑わっています。

かねさや メニュー

メニューは、ラーメン、チャーシュー、九州ラーメン、もらしラーメン、タンメン、坦々めん、あんかけラーメン、みそラーメン、みそチャーシュー、チャンポン、焼きそば、塩焼きそば、冷やし中華、冷やし中華特盛り、ご飯物も各種定食や丼物やカレー類、単品料理など豊富です。冷やし中華にしました。
やっぱり時間がかかるとのこと、セルフサービスの水を用意して待ちます。
厨房では次々と料理が出来上がってきますが、たまにお店に運ばれてきます。時々電話がきて、出前注文を受けています。出前も時間がかかるようです。
時間もあるので諦めながら待ちます。忘れかけた頃出来上がってきました。

かねさや 冷やし中華

青い模様の白い、涼しそうな器に盛られてきました。優しそうなつゆです。
麺は、やや細の縮れ、普通そうで軟らかです。過去トップの軟らかさです。
つゆは、見た感じの通りしょっぱさ・酸味ともに控えめ、優しいつゆです。
トッピングは、チャーシュー、錦糸玉子、胡瓜、トマト、紅生姜などです。
辛味は、練り辛子ではなく山葵、やっぱりお蕎麦のようには決まりません。
酸味を控えた好みの冷し中華かなと期待しましたが、ちょっと違ってました。
一般的なものより優しい冷やし中華です。730円といい線かと思います。

かねさや ラーメン

相方の食べたラーメンです。580円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.05

すき家 新潟東店

すき家新潟東店 うな牛しじみ汁おしんこセット

新潟市の「すき家 新潟東店」です。
東地区、赤道沿いにあります。旧国道7号線との交差点から竹尾寄りです。
うなぎが食べたいです。ちょっとでいいです。吉野家で食べようかと思っていましたが、吉野家でのうなぎは土用丑の日の一の丑はやっていましたが、二の丑はやっていません。二の丑にやっているすき家で食べます。二の丑の混みや売り切れもあるかも知れないので、前夜祭的に食べようとお邪魔しました。
お店は、牛丼屋らしいカウンター席とカウンターから離れた、牛丼屋らしくないテーブル席があります。一戸建ての建物で結構窓が広く、明るい店内です。午後12時30分過ぎに着きました。半分程度のお客さんの入りです。
メニューは、期間限定、牛丼、豚丼、カレー、まぐろ・丼、定食、朝食、スイーツ、お子様などに大別されています。期間限定は、しじみ汁フェア、彩り野菜のスパイシーチキンカレー、なすアラビアータ牛丼、うな丼とうな牛、ロカボ牛麺/ロカボ牛ビビン麺、とん汁おしんこセット/とん汁たまごセットなどいろいろ催されています。うな丼とうな牛は、うな丼しじみ汁おしんこセット、うな牛しじみ汁おしんこセット、うな牛、ねぎキムチうな牛、ねぎ玉うな牛、山かけうな牛、うな丼、特うな丼、うなたま丼、うなとろ丼などがあります。うな牛しじみ汁おしんこセットにしました。うなぎとしじみの2フェアお得総取りのような感じです。相方はうな丼しじみ汁おしんこセットです。
どうやっているのでしょうってぐらい、とても早く出来上がってきました。
うな牛の丼としじみ汁、お新香とシンプルで、個別包装の山椒が付きます。
うなぎの蒲焼きと牛丼の具の相性が良く、他を邪魔しません。1杯でうな丼と牛丼を楽しめます。うなぎの蒲焼きの味の染み込みがもう少し欲しいです。
単品のお値段だと、うな牛880円、じじみ汁150円、お新香80円、合計で1110円です。しじみフェアで、しじみ汁+お新香セットが190円とお手頃になっていて、合計で1070円とちょっとお手頃です。うな丼/うな牛フェアでは、この組み合わせが980円。130円引とかなりお手頃です。
相方が食べたうな丼としじみ汁おしんこセット、880円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.04

おかず麺処 じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン(ちょい辛)

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
古町の鍋茶屋通りから少し下手、広小路に近い東新道通り沿いにあります。
民謡流しも無事に踊り切りました。すぐのバスは混みそうだし、乗り換えも面倒だし、で時間をずらして帰ろうと、久々、じじ&ばばにお邪魔しました。
お店は、通りから建物に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的な居酒屋の雰囲気です。午後9時00分過ぎに着きました。まだまだ早いようで、他にお客さんはいません。
餃子をつまみに日本酒を楽しみました。ラーメンで〆て帰ろうと思います。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加えマーボーメンや
担々麺など中華系麺類も充実しています。マーボーメンや担々麺に人気です。
久々なこともあり、1番好きなマーボーメン(ちょい辛)にしました。
手間のかかる中華メニューが人気のお店です。混み合うと時間がかかります。特に辛さなど混み合っているときは、辛さが苦手な人に合わせ注文します。
その後、お客さんも増えて賑わってきました。まだ、お酒を楽しんでいます。タイミング良く作ってくれてます。ちょうどの頃に出来上がってきました。
青の模様の白い器に、麻婆のオレンジ色が対照的に盛り付けられています。
麺は、極細縮れで歯応えの良いもの。極細麺と麻婆の絡みが楽しい麺です。
スープは、麻婆を邪魔しない醤油のあっさりしたもの、脇役に撤してます。
トッピングは、麻婆と刻みねぎだけです。麻婆は、絹ごし豆腐を使ったもの、あんは挽肉、筍、ザーサイなど、歯応えと味の深みを楽しませてくれるます。辛いものが好きなのでいい感じ、好みの辛さです。しょっぱさ・辛さ・甘さ・トロミなどバランスがいいです。麻婆と絡む麺が美味しく、自然に馴染む豆腐の大きさ、良く考えられた麻婆、この麻婆あってのマーボーメンでしょう。
じじ&ばばのマーボーメンは、本格中華店の麻婆麺や最近特に多い薬膳の麻婆麺などと違い、食べ易い庶民的な、家庭的なマーボーメンです。完成度が高いです。850円と〆にしては安くはありませんが、食べたくなる一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

らーめん 六綵亭

六綵亭 冷し中華(中)

新潟市の「らーめん 六綵亭」です。
東堀前6番町、アパホテル向かいの路地を入った気付き難い所にあります。
今シーズン、まだ食べていない冷し中華を求めて六綵亭にお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席が5席、左側にテーブル席2卓があります。小さめで木の質感が良く、小料理屋でも良さそうな雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。カウンター席にお客さんが1人だけ、帰った跡の席が1席、空いてます。カウンター席の手前に座りました。
メニューは、みそラーメン、野菜みそラーメン(野菜がみその倍)、麻婆味噌ラーメン、ラーメン、冷し中華(夏季限定)などがあります。チャーシュー、ワンタン、メンマ、バター、コーンなどのトッピングも豊富です。麺の量は、並150g、中200g、大280gから選択できます。中が50円増し、大が150円増しです。予定していたものをいただきます。冷し中華(中)にしました。
店主1人。時間がかかることもありますが、早めに出来上がってきました。
真っ白で少し深みのある皿に盛られてきました。とても彩りが鮮やかです。
麺は、細い縮れ、ツルツル感モチモチ感が良く、つゆとの絡みも良いです。
つゆは、一般的な味で少し濃厚。ダシの旨みなどバランスの取れています。
トッピングは、胡瓜、トマト、ハム、錦糸玉子、くらげ、紅生姜などです。
辛子も多めで辛みをしっかり楽しみます。少ないお店が多いのに関心です。
薄味でダシの効いたつゆが最近の好みですが、好みと違ってもしっかりしたつゆです。細い麺にしっかりしたつゆの冷し中華でした。古町の中心地で冷し中華が600円、中盛でも650円と超お得です。お得感が嬉しいお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.03

生粉打 畔上

畔上 高遠そば(大盛)

新潟市の「生粉打 畔上」です。
女池地区、中華麺食堂かなみ屋女池上山店の前の道を西に進むとあります。
そば好きの同僚との昼食、畔上のそばを食べて貰おうかとお邪魔しました。
ごく普通の住宅地にごく普通の住宅のような佇まい、目立ちにくいお店です。あまり目立たないためでしょう。ちょっと手作り感のある看板があります。
お店前には4台分の駐車場があります。午後12時20分過ぎに着きました。2台が駐車していました。混んでいるかと心配しましたがホッとしました。
階段を数段上って暖簾の下がった玄関を入ります。靴を脱いで上がります。
お店は、右側手前に蕎麦打ちの部屋、その中央寄りに1卓だけのテーブル席、それらの奥から左に厨房があり、蕎麦を挽くのに使うだろう石臼があります。中央から左側手前の広いフローリングのスペースに座卓が配置されています。とても清潔感があり、広い窓からは、狭いながらも落ち着いた庭が見えます。和風な空間が広がり、お蕎麦もそうですが、ちょっと贅沢な時間があります。帰るお客さんとすれ違い、お店に他にお客さんがいない状態になりました。
スタッフが特に案内する様子もなかったので奥の座卓に座ろうとしましたが、予約が入っているとのことでした。反対側のテーブル席に座ろうとしますが、中央の座卓の席にお願いしますとのこと、最初から言って欲しかったです。
メニューは、冷たいそばと温かいそばがあります。冷たいそばは、もりそば、高遠そば、ぶっかけ、野菜天セイロ、海老天セイロ、鴨南セイロ(10月~3月)です。温かいそばは10月~3月の提供です。かけそば、鴨南そば、海老天そばです。お勧めセット(海老天セイロ、こずゆ、そばがき揚げだし)もあります。会津山都産の蕎麦を石臼自家製粉、十割そばです。他に肴ってことで会津の郷土料理などもあります。前回、高遠そば(大盛)とにしん山椒漬をいただきました。好みの味でした。お店に来るまで、前回と違うものをいただこうと思っていたのですが、やっぱり好きな高遠そば(大盛)にしました。
先週もそうでしたが、会社の役員っぽい男性と秘書っぽい女性の組が来ます。隠れ家的な場所と雰囲気のお店なので…、なんかドラマを観過ぎでしょう。
そばなんで普通より早めかと思いましたが、普通に出来上がってきました。
長四角のセイロに盛られてきました。そば猪口に大根おろしが入っています。大根おろしとつゆの味とで食べるため、ねぎや山葵などは付いていません。
大根おろしは汁のみのようで、そばつゆを加えて大根の辛さを楽しみます。
お蕎麦は、細めで瑞々しい感じ、適度なモチモチ感の全く好みのそばです。
つゆは、癖のない普通のつゆで、大根の汁でいい辛味と甘味を楽しめます。
そばのみ、大根おろしの汁、大根おろしの汁+つゆの3段階で楽しめました。メロンのお新香付きです。冬瓜か夕顔かズッキーニなんだろうと思いました。味は瓜で、香りはメロンです。最初の香りでデザートかと思っちゃいます。
最後にそば湯をいただきました。醤油・鰹節・昆布など温かくなって、とても旨味を増して感じられるものでした。普通盛800円、大盛1100円と易くはありませんが嬉しいお蕎麦でした。同僚にも満足してもらえました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.02

なつ

なつ パッケージ

なつ

午後の仕事も終え、ラッシュの中を移動します。今日こそ新たな駅弁をと…。今日もそこそこ混雑の東京駅の「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。全然空いています。不思議なぐらい。お店に入るとほとんど残っていません。2310円のうな重と数種類の駅弁だけです。今日はどうしたのでしょうか。食べたことのない駅弁は何種類かありますが、食べたい駅弁と一致しません。うな重も美味しそうですが、駅弁でちょっと食べようかとは思えてきません。以前に食べたNRE大増のなつという季節限定の吹き寄せ弁当にしました。
吹き寄せ弁当は品の良い駅弁で季節毎の楽しみ。内容は毎年変えられます。
おしながきは、鱧照焼、くらげレモン風味和え、茗荷酢漬、玉子焼、笹蒲鉾、有頭海老煮、そら豆、揚げ豆腐トマト和風あん、鶏肉塩焼、醤油ゆずこしょうジュレ添え、きのこ炒め、パプリカ揚、枝豆ととうもろこし真丈揚、南瓜揚、いちぢく蜜煮、煮物(ヤングコーン・牛蒡・野菜入り鶏団子・人参・蓮根・絹さや・茄子揚げ煮)、御飯、梅しらす、飾り人参ととても充実しています。
御飯のお米は、有機認証米秋田県産あきたこまちを使用、説明が入ってます。夏の味覚を楽しめる駅弁は1350円とお高いのですが、納得の品質です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CHINA BISTRO WANG'S GARDEN 武蔵小杉店

CHINA BISTRO WANG'S GARDEN武蔵小杉店

神奈川県川崎市の「CHINA BISTRO WANG'S GARDEN 武蔵小杉店」です。
JR武蔵小杉駅の新南改札から少し先の野村不動産ビルの1階にあります。
武蔵小杉駅周辺での昼食、たまにはお洒落に食べようかとお邪魔しました。
お店は、とても広く、テーブル席が広がっています。落ち着いた雰囲気です。パーティや食事会なんかも出来るようなので、個室なんかもありそうです。
メニューは、平日ランチタイム用になります。料理長おすすめセット、鶏とアボカドの胡麻たれ冷やし麺セット、日替わりセット、名物よだれ鶏セット(よだれ鶏&点心)、名物よだれ鶏セット(よだれ鶏&麻婆豆腐)、辛さ選べる麻婆豆腐セット(選べる痺れ!花山椒香る本格四川麻婆豆腐)、辛さ選べる麻婆豆腐セット(コク旨香港麻婆豆腐)、あっさりスープの鶏そば、濃厚白ゴマ担々麺、特選ランチセット(黒酢の酢豚)などがあります。食べる物を選ぶだけでも疲れそうです。鶏とアボカドの胡麻たれ冷やし麺セットにしました。
アルファベットが並んでいますが中華料理店、早く出来上がってきました。

CHINA BISTRO WANG'S GARDEN武蔵小杉店 鶏とアボカドの胡麻たれ冷やし麺

四角い真っ白なお皿に緑色が綺麗な訳の判らない料理が運ばれてきました。
中華?フレンチ?イタリアン?何でもいいかって感じ、和食じゃないです。
麺は、細めのストレートに近い縮れ、ちょっともちもちしてまあまあです。
つゆは、胡麻の風味とまろやかさがしっかりしながらもなかなか爽やかです。好みの問題かと思いますが、酸味が強めです。ちょっときつく感じました。
トッピングは、鶏チャーシュー、アボカド、レタス、胡瓜、紫玉ねぎ、トマトなどです。冷し中華の進化系!なのか?サラダ冷し麺のようにも見えます。

CHINA BISTRO WANG'S GARDEN武蔵小杉店 鶏とアボカドの胡麻たれ冷やし麺セット

焼売と小籠包が付きます。小籠包は食べ慣れないのでどうかは判りません。
あまり食べ慣れてないものを食べてしまった感じです。1000円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.01

中華そば シンジョー

シンジョー

神奈川県川崎市中原区の「中華そば シンジョー」です。
JR南武線武蔵新城駅近く、市道南部沿線道路沿い、中原寄りにあります。
ネットの画像を見て、あっさりして食べてみたいと思ってお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側に厨房向きカウンター席が7席の小さなものです。新しくも古くもなく、まあまあ綺麗なお店です。午後9時過ぎに着きました。他にお客さんが1人だけです。入口を入って左側に食券販売機があります。
メニューは、塩中華そば、中華そば、煮干しそば、塩つけそばが中心となり、チャーシューや味玉など加えたものや特製などのバリエーションがあります。ネットの情報では、通常の細麺や平打ち麺を平打ち麺や細麺に変更できます。ネットの写真が美味しそうで食べたいと思っていた煮干し中華にしました。
カウンター席に座り、カウンター越しにスタッフへ食券を渡して待ちます。
麺の種類を変更することができます。的な目立つような貼紙などありません。スタッフからも聞かれなかったような気もしますが、声が小さくもしかして。まっ、オリジナルのままでいこうと思っていたし、平打ち麺も好きだし…。
その後に家族連れなどが訪れ、別のお店かのような賑わいに変わりました。
空いている間に注文ができていたので、結構早めに出来上がってきました。

シンジョー 煮干し中華

外がオレンジ、内側が白に雷文模様の昔ながらって感じの器に盛られてます。スープが透き通った淡い醤油色、シンプルですが、逆に期待が高まります。
麺は、細麺のストレート、歯切れがとても良く、九州ラーメンのようです。
スープは、あっさりしてますが、煮干しの味と風味はしっかりしています。
トッピングは、チャーシュー2枚、多めのメンマ、かいわれ、ねぎなどです。あまり豪華そうに見えませんが、どれもいい仕事、少数精鋭なんでしょう。
九州ラーメンのような細ストレート麺と煮干しのあっさりスープが合います。そこにシンプルだけど食べ応えのあるトッピングが入っての750円でした。京浜地区としては、いい線ではないでしょうか。中華そばも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八起家 高崎店

八起家高崎店 冷しかき揚げそば

群馬県高崎市の「八起家 高崎店」です。構内店との店名情報もあります。
高崎駅の改札を入った構内にあります。新幹線の構内からも利用できます。
在来線改札を入った構内と新幹線改札を入った構内の両方に入口があります。お店の中もお客さんのエリアが二分されて、厨房だけが共通になっています。新しく綺麗で、立ち食いと座って食べれるよう椅子のあるところもあります。入口の脇に食券販売機があります。今風の写真入りのタッチパネル式です。
メニューは、おそばとうどん、もしかして!と思ったラーメンはありません。温かい専用、冷たい専用、温かいまたは冷たいを選択できるものもあります。かき揚げ(温)、かき揚げ天玉(温)、コロッケ(温)、ちくわ天(温)、海鮮かき揚げ(温)、かけ(温)、たぬき(温)、きつね(温)、月見(温)、わかめ(温)、冷しかき揚げ(冷)、豚肉つけ(冷)、冷したぬき(冷)、おろし(冷)、山菜(温)、ざる(冷)、冷しきつね(冷)、板そば、ミニ豚丼セット(温・冷)、ミニカツ丼セット(温・冷)、ミニカレー丼セット(温・冷)、ミニかき揚げ丼セット(温・冷)、コロッケごはんセット(温・冷)、うなぎ丼セット(温・冷)夏期限定の豚しゃぶポン酢おろし、緑野菜のとろろ、鴨つけなどがあります。迷った挙げ句、冷しかき揚げそばにしました。
在来線側が賑わっていて、しばらく在来線側の商品が出来上がってきてます。5~6杯程度を見送ったところで、新幹線側の商品も出来上がってきました。(食券販売機連動での食券の発券の順番かと思いましたが、違ってそう。)
黒い器に盛られています。山葵もありますが、唐辛子の辛さも楽しみます。
おそばは、細めのおそばでちょっと硬めです。なかなか食べ易いそばです。
つゆは、ぶっかけ風のちょっとしょっぱめです。好みより甘味が強いです。
トッピングは、かき揚げ、わかめ、ねぎ、とラーメン以上にシンプルです。
なかなかお手頃に楽しめました。冷しかき揚げそば、これで460円です。
ちなみに、かけが290円、かき揚げ天玉で490円、お手頃で悩みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟たれカツ重

新潟たれカツ重 パッケージ

新潟たれカツ重

今日は、お昼前からの新幹線移動です。火曜日でそれほどの混みはないかな?と思ってましたが、夏休みのためか?いつもより人が多いように感じます。
新幹線での移動で駅弁を買おうとするとき東口改札を利用するのが便利です。改札脇、在来線から新幹線への改札脇、ホームの3ヶ所に駅弁屋があります。改札を入らない、在来線改札内、新幹線改札内の順番で廻れます。逆走不可。改札脇の駅弁屋からいつも通りに見くことにしましょう。さて、どうかな。
駅弁近くには販売している駅弁の内容を紹介する写真入りカードがあります。写真を見ているとどの駅弁も美味しそうで、いろいろ食べてみたくなります。お昼も近いためと思いますが、駅弁の種類も多く、数も多いように感じます。食べたことのない駅弁はありませんが、久々に見かけた駅弁を食べましょう。三新軒の新潟たれカツ重です。ちょっと賑わう新幹線に乗りいただきます。
包み紙には、越後もちぶたと新潟米コシヒカリ、味噌風味と書かれています。
あまり知られていないためでしょう。親切にたれカツ丼の説明があります。
新潟のカツ丼は揚げたてのトンカツを少し甘めの醤油だれに浸した「たれカツ丼」が昔から郷土の味として地元の人々に愛され人気があります。
なんと!越後もちぶたの説明もあります。さらに知られていないでしょう。
越後もちぶたは、新潟県が県をあげて長年研究をし、飼育の差別化、運動スペースの確保基準、独自の流通網など、様々な視点から改良を重ねた越後自慢のブランド豚肉です。脂身はほんのりと甘く爽やかで、肉は豚特有の臭みのない美味しい豚肉です。安全で健康的な豚肉をどうぞご賞味ください。
原材料名は、白飯(新潟県産)、越後もち豚カツ、赤かぶ、ふき山椒、キャベツなどです。包み紙の説明は多かったのですが、原材料名はシンプルです。
以前にこの駅弁を食べた時には、肉の薄さもあって食べ易いと思いましたが、今回も肉の薄さは変わりませんが、お肉と言うか?かつがちょっと硬めです。味噌風味のたれは、醤油よりも垂れが少なく良さそうで駅弁に向いています。新潟たれカツ重は900円と駅弁の中ではお手頃で食べ易いものなのは確か、ボリュームもあって、駅弁の中ではなかなかの優等生の部類だとは思います。しかし、タレかつ丼自体が家庭料理ではなく、外で食べる料理なのですから、お店で食べる熱々のものの値段と比べてしまいます。県民からは厳しい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.31

崎陽軒の中華弁当

崎陽軒 中華弁当 パッケージ

崎陽軒 中華弁当

月曜日と金曜日の移動は混むので避けたいところ、夏休みになってさらに混みそうで嫌な感じでした。しかし、実際には驚くほど混みはありませんでした。自由席のB列がほとんど空いていました。新幹線は良いのですが駅弁です。
今朝の新潟駅は、食べたい駅弁がありませんでした。そこそこの種類はありますが、あまりにも代わり映えのない駅弁達に食欲も削がれてしまいました。
午後の仕事も終え、帰宅ラッシュ前の移動です。今朝の件もあり期待します。今日もそこそこ混雑の東京駅の「駅弁屋 祭 グランスタ店」を覗いてみます。駅程ではありませんが賑わっています。駅弁の残りもかなり片寄っています。魚介系も肉系も美味しそうには見えますが、食べたいものが見つかりません。何種類かある筈のうなぎを使った駅弁がある辺りが何ひとつ残っていません。幕の内系が無難でしょう。眺めているうちに崎陽軒の中華弁当を見つけます。幕の内とも違うし、一度食べていますが、崎陽軒の中華弁当にしました。
新幹線に乗り込みいただきます。良く見ると崎陽軒ですが、東京でも作っているようです。包み紙に“横濱名物のシウマイも3粒入った、崎陽軒の中華へのこだわりを表現したボリューム満点の駅弁。”との説明が書かれています。
お品書きはなく原材料には、ご飯、黒酢の酢豚、シウマイ、厚揚げとナスの麻婆、イカと帆立の塩旨煮、海老のチリソース、春巻、風味蒲鉾とクラゲと錦糸玉子の酢の物、付合せとなっています。でも、これってお品書きでしょう。
あまり見かけない中華の駅弁です。見た目の華やかさで買ってしまいました。それぞれがなかなかの味で、なにげにペロリとお腹に収まってしまいました。1200円とちょっとお高い駅弁ですが、その充実振りに満足できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺屋 翔 品川店

麺屋翔品川店 白醤油の冷やしらーめん

東京都品川区の品達ラーメン麺達7人衆の「麺屋 翔 品川店」です。
品川駅の近くです。京浜急行品川駅から川崎方面へのカード下にあります。
都内移動途中のお昼。夏らしいものを思い品達ラーメンにお邪魔しました。
麺達7人衆の名前の通り7軒のラーメン店(なんつッ亭、蒙古タンメン中本、せたが屋、きび、麺屋翔、TETSU、神仙)があります。併設されてどんぶりの達人五人衆もあります。フードコート風で組み合わせて食べられれば良いのですが独立しています。冷たいラーメン類を求め、ひと回りしてみます。
「麺屋翔」のメニューに“冷”文字が2文字、ここで食べることにします。
「麺屋翔」は、新宿に本店があり、この品達ラーメンが2号店になります。
品達ラーメン麺達7人衆は全店が食券制。お店前に食券販売機があります。
メニューは、香彩鶏だし塩ラーメン、香彩鶏だし醤油ラーメン、鶏白湯つけ麺で、午後5時までの提供です。午後5時からは、味噌らーめんと辛味噌らーめんの提供に変わります。いずれも味玉を加えたものと特製があります。夏のメニューで冷たい混ぜそばと白醤油の冷やしらーめんがあります。チャーシューメンやチャーシューなどトッピングの追加もありません。香彩鶏だし醤油ラーメンと限定の冷製塩香味麺を食べています。らーめんの食べていないものにも興味はありますが、結構暑いです。白醤油の冷やしらーめんにしました。
お店に入ります。奥に厨房、手前に厨房向きのカウンター席、手前にテーブル席があります。ちょっと屋台かテントっぽさのある品達ラーメン麺達7人衆にしては落ち着いた雰囲気のお店です。午前11時30分過ぎに着きましたが、6割~7割のお客さんと賑わっているような、空いているような状態です。
スタッフに食券を渡し、水を用意してあったテーブル席に座って待ちます。
冷やしは時間がかかると思っていましたが、早めに出来上がってきました。
白い器、わずかに褐色の透き通ったスープと香味野菜がなんとも上品です。
麺は、平打ちの細ストレート、冷たいので乾麺のうどんのような感じです。
スープは、白醤油を使うことにより透き通った綺麗な色に仕上がっています。あっさりしながらも優しい軟らかさ、ちょうどいいしょっぱさもあります。
トッピングは、鶏チャーシュー、大葉、白ねぎ、茗荷。香りを楽しみます。
白醤油と平打ちストレート麺、大樋・白ねぎ・茗荷の香りの野菜を楽しめる冷たいラーメンでした。器を含めよく冷えていました。涼むことができました。仕上がりからして750円とお手頃ですが、トッピングからはお高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.30

ラーメン万人家 中山店

万人家中山店 夏幟

新潟市の「ラーメン万人家 中山店」です。
笹出線を東へ、栗の木バイパス・馬越跨線橋を越えた先の右側にあります。
万人家でも中山店は冷たいメニューがあった筈、期待してお邪魔しました。
お店の前に水色のラーメンと書かれた暖簾があります。期待が高まります。
お店は、奥に厨房、左側にテーブル席、中央に大きなテーブルを使用したカウンター席、右側に軽くしきられた小上がり席のスペースがあります。木を基調としたラーメン店に多い雰囲気のお店です。午後1時30分過ぎに着きましたが、6-7割程度のお客さんの入りと賑い、テーブル席に案内されました。
メニューは、らーめん、メンマらーめん、特製らーめん、ちゃーしゅうめん、G麺、がっつりG麺があります。G麺は、極太麺(Gokufutomen)のG、ガッツリ(Gattsuri)のG、ニンニク(Garlic)のG、三つGからG麺と名付けられ、チャーシュー3枚・メンマ・味玉を加えたのががっつりG麺です。夏期限定のしそ香る夏冷やしもありました。早速そのしそ香る夏冷やしにしました。
メニューに説明があります。“しそたっぷり、生姜がアクセント!!鰹ダシと白ダシ、リンゴ酢の入ったあっさり冷たいスープ!!”どんな味なんでしょう。
その後もお客さんが次々とやってきます。G麺に人気が集中していました。
冷やしなので時間がかかるかと思いましたが早めに出来上がってきました。

万人家中山店 しそ香る夏冷やし

ガラスの器に盛られています。ちょっとボリュームがありそうに見えます。
麺は、やや細の弱い縮れ。硬めでモチモチ感も強めですが食べ易い麺です。
つゆは、白の透き通ったもの。梅っぽく感じるリンゴ酢の酸味が強めです。
トッピングは、鶏ササミ、メンマ、しそ、おくら、かいわれ、わかめ、生姜、トマト、胡麻などです。しその香りがリンゴ酢を梅のように感じさせます。
夏らしさをさわやかにいただきました。見た以上にボリュームもありました。864円とちょっとお高めに感じます。相方も同じものをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.29

居酒屋・ラーメン 白浜屋

白浜屋

新潟市の「居酒屋・ラーメン 白浜屋」です。
新潟市江南区鐘木地区、曽野木ニュータウンの前を通る道沿いにあります。
前のお店からほんの少し信濃川寄り、前のお店を目指せばすぐに判ります。
冷しラーメンが食べたくて、例年のようにお邪魔しました。移転後初です。
お店は、左側に厨房、中央と手前に厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。新しいけどシンプルな雰囲気です。午後1時30分過ぎに着きました。遅い時間ですが、6~7割程のお客さんの入りと賑わっています。

白浜屋 メニュー

メニューは、唐揚げらうめん、らうめん、ちゃしゅうめん、わんたんめん、わんたん、たんめん(醤油味)、焼きそば(ソース味)、にゃんめん(つけ麺・200g)があり、夏期限定メニューで、冷やし坦々麺、冷やし中華、りょうめんなどもあります。昼の営業で提供されていた昼らうめんはなくなりましたが、らうめんが昼時間ちょっとお安く提供されます。麺の量は、大盛、特盛に加えてトリプルまで対応されています。予定のりょうめん+唐揚げしました。
今日のお客さんも馴染み客が多く、親父さんや店員と会話を楽しんでいます。週末だからかどうか馴染み客には、ビールを飲んでいるお客さんが多いです。その後もお客さんがやってきます。トッピングを含めて唐揚げは大人気です。冷やしなんで手間がかかるかと思いますが、普通に出来上がってきました。

白浜屋 りょうめん

雷文がかすれるほど使い込んだ小さめの白い器に美味しそうなスープです。
麺は、細めの縮れ、硬めのゆででモチモチ感がありますが、食べ易いです。
スープは、薄い醤油色で透き通っています。新潟らしい醤油味のあっさりしたもので、しょっぱさを控えてますが、ダシの旨みで美味しくいただけます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、カニの剥き身、ほうれん草、鳴門、ねぎなどです。程良い歯応えの煮チャーシューは、徐々に軟らかくなります。
酸味のない、冷たいラーメンらしいりょうめんをいただくことができました。
らうめん620円がランチタイムは570円で味わうことができるお店です。
りょうめんは、810円とちょっとお高めですが庫の時期は食べたいです。

白浜屋 唐揚げ

唐揚げは、揚げたての熱々で提供されます。170円です。

白浜屋 らうめん

相方の食べたらうめんです。570円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.28

ラーメン二郎 新潟店

ラーメン二郎新潟店 ラーメン(小)

新潟市の「ラーメン二郎 新潟店」です。
新潟駅前~万代間、流作場五差路の近く、長崎ちゃんぽんの隣にあります。
お腹が空きガッツリ食べようと、冷しはないだろうと思いお邪魔しました。
お店は、左側の奥寄りに厨房があり、その手前と中央に厨房向きのカウンター席があり、右側に待ち席があった場所はテーブル席が2卓に変わっています。昭和後期?二郎らしい造りです。午後12時20分過ぎに着きました。カウンター席が2席ほど空いてます。入ってすぐの右側に食券販売機があります。
メニューは、オープン当時から変わらず、ラーメン(小)、ラーメン(大)、ラーメン(小)ぶた入り、ラーメン(大)ぶた入りの4種類とシンプルです。予想通り&期待通りに冷し系はありません。ラーメン(小)にしました。
セルフサービスの水を用意して着席、食券をカウンターにのせて待ちます。
すぐ『ニンニク入れますか?』と聞かれます。午後から人と話す予定もなく、前のこってり感も思いだし『ニンニク有り、アブラ少なめ』と返しました。
ゆでに時間がかかりそうな麺ですが、わりと早めに出来上がってきました。
結構入りそうな丸みのある水色の器に、増しなしでも凄いもやしの山です。
麺は、太く弱い縮れのある二郎系らしいもの、適度なモチモチ感があります。普通で1.5玉~2玉程のボリュームです。後半は飽きが来てしまいます。
スープは、豚骨の旨み、醤油のうま味と甘みなどのバランスの取れたもので、最初のうちは良いのですが、最後の方はこってり感がかなりきつくなります。麺を食べ終わって、スープに浮く背脂の量は、指示通り少なくなっています。しかし、背脂によるものではなく、スープそのものがこってりしています。
トッピングは、ゆでたキャベツともやし、ぶたという名の肉の塊が2個です。ぶたは迫力と歯応えのあるもの。キャベツともやしのゆで加減も絶妙です。
ちょっと苦手な麺、スープと肉の脂身のこってり感には負けてしまいました。アブラ少なめでスープに浮く背脂の量は少なくなりましたがこってりでした。スープがこってりで飲み干せませんでした。胡椒でも調整できませんでした。不本意ながら食べ終わり、器とコップをカウンターに戻してお店を出ました。ラーメン(小)は700円でした。ボリュームからするとかなりお手頃です。お店を出るときには待ちが数名、お店の中で列ぶ状態となっていました。
座った近くにはカップルがいました。その女性もラーメンを食べていました。こちらが席に着いたときには半分程食べたところでした。辛そうに見えます。その後、こちらのラーメンが出来上がり、麺を食べ終わる頃には帰りました。結構時間がかかったつもりでしたが、女性のラーメンはさほど減ってません。一般女性は、ラーメン二郎のラーメン半分ぐらいがちょうどなんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.27

らーめん 古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+チャーシュー+メンマ

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面の道を進み一時停止を左へ、神社が並ぶ向かいにあります。
巻地区でのお昼、冷し中華の美味しいお店を知らないので古潭にしました。
お店は、車庫のような屋根があるスペースがあり、その奥に入口があります。さらに奥行きのある建物です。右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、その手前にテーブル席1卓、左奥に小さな隠し部屋のような座敷があります。ちょっと古く、照明も押さえられ、落ち着いた隠れ家的な雰囲気のお店です。午後12時30分頃に着きました。6~7割ぐらいのお客さんの入りです。
メニューは、醤油・味噌・塩の各ラーメンとそれらの野菜ラーメン、その他に納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。追加トッピングは、チャーシュー、メンマ、バター、コーン、わかめ、たまごがあり、さらに大盛りまで50円増しとお手頃です。野菜味噌ラーメン+チャーシュー+メンマにしました。
注文を伝えながらカウンター奥にある冷水機で水を用意して席に座ります。
今日も店主と奥さんの二人で、注文を聞くのが早いですが出来も早いです。
黒く渋い器、白味噌仕立てスープ、淡い緑色のキャベツが美味しそうです。
麺は、細い縮れの普通の麺のように見えますが、ツルツル感やモチモチ感、歯応えなどバランスが整った麺です。スープとの絡みも良く食べ易い麺です。
スープは、白味噌仕立てのあっさりです。色が白く味噌の旨味と適度な甘さとしょっぱさ、優しさがあります。この優しさが他ではお目にかかれません。
トッピングは、予め茹でてあったキャベツともやしです。キャベツは茹で加減が良く、レタスのような食感で、味噌味の優しいスープと相まって温野菜のような味わいです。それにチャーシューとメンマを加わり豪華ラーメンです。
細麺と優しいスープが特徴の味噌ラーメンです。トッピングの追加がほとんど50円増しとお手頃です。シンプルに食べて良し、いろいろ追加して良し、とても楽しめるラーメンです。800円といい線じゃないかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.26

大江戸

大江戸 冷やしそば(大)

新潟市の「大江戸」です。
新潟小学校と中央警察署の間の道を美術館方向へ、道沿い左側にあります。
シーズン中に食べておきたい冷し中華をもとめて大江戸にお邪魔しました。
最近、県庁前店で食べる機会が多く、久々、本店に来たような気がします。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。定食が似合いそうな食堂といった雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。満席かに見えましたが、カウンター席に空きが1席だけありました。冷水機からセルフサービスの水を用意してカウンター席に座ります。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメンとそれらのチャーシューメン、塩と味噌のタンメン、焼きそば、冷やしそば、冷やしそばチャーシュー、胡麻冷やしそばなどがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。それほど暑いってこともありませんがもう夏モード、冷やしそば(大)にしました。
その後もお客さんは来ますが帰るお客さんも多く、午後12時30分を過ぎると空席が目立ってきます。そんなことで結構早めに出来上がってきました。
白い器に濃い色のつゆ、そのつゆと麺をたっぷりのトッピングが覆います。
麺は、極細の弱い縮れ、コシがあり、かつシコシコした歯応えも楽しめます。大江戸の特徴でもある麺の長さが…、大盛りは、さらに取り出し難いです。
つゆは、濃い醤油色の見た目通りのしっかりした醤油味ですが、普通のしょっぱさと甘み、控えめな酸味、途中から辛味を加えて味の変化を楽しみます。
トッピングは、チャーシュー、胡瓜、メンマ、錦糸玉子、もやし、刻み海苔、紅生姜など、少し太めに切られていて歯応えを楽しめるようになってます。
大江戸の極細麺は、冷やしそばにも合います。冷やしそば(大)は900円と少しお高い昼食になりましたが、見た以上にボリュームがあり、冷し中華ではいい線かお手頃かとも思えます。新潟の夏をまたひとつ楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.25

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
酷い雨です。そろっと懐に優しいラーメンを食べようかとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その中央寄りと手前に厨房向きのL字型カウンター席、左側にはラーメン丼2個がちょうどの小さな2席のテーブルが2卓あります。少し歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時10分過ぎに着きました。今日はお客さんが少ないかも?と思って来ましたが、なぜか一人もいません。親父さんやおばさんも!待っていると親父さんが店の奥から出てきました。
メニューは、ラーメンとうま煮そばの2品だけ、大盛りの対応もありません。サイドメニューは何もありません。トッピングの追加も用意されていません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかない選択の少ないお店です。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばです。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?って感じでしょうか。席に着かずにそのまま『うま煮そば!』と注文を言いなから左側の奥にある冷水機までセルフサービスの水を用意しに行き、水を持って席に着きます。
いつもは親父さんとおばさんの2人ですが、親父さんが一人でやってます。
うま煮は、大きい中華鍋で一度に10人前程でしょうか?たくさん作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、多くのお客さんが一機に来ると、うま煮の出来上がりを待つこともあります。今日は、1/3ぐらい入った鍋と空鍋、本当にお客さんが少ないようです。
ゆで用の鍋の木の蓋に麺をのせて解します。温めてもいるようにも見えます。麺を鍋に入れ、器を用意、タレを入れ、スープを張ると麺もゆで上がります。麺を優しく湯切りし器に入れ、中華鍋からうま煮をかけ出来上がりました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、かなり細めの縮れで、シコシコした歯応えが楽しめる好みの麺です。
スープは、うま煮と混じり判り難いですが、魚介系のあっさりしたものです。うま煮と混じり合うことで適度にまろやかに、旨味も増すようになります。
トッピングは、白菜・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけのうま煮です。ニンニクも少し効いてます。野菜の旨味が中華風に香る上品な仕上りです。
早い出来上がりで居た時間も短かったのですが、他にお客さんはその後に訪れた一人だけでした。お手頃でも、こう蒸し蒸しすると冷たいものでしょうか。そう言えば今日は土用の丑の日か、鰻に行っちゃったのかも知れないです。
細縮れの麺とあっさりスープ、ヘルシーなあんかけで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。なんともありがたいお手頃感です。他のお店も見習って欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«元祖支那そば 信吉屋