2018.01.15

支那そば とうせんや

支那そば とうせんや

新潟市の「支那そば とうせんや」です。
新潟駅前エリアにあります。万代口バスターミナルの向かいの通り沿いです。「辛味噌亭 とうせんや」少し先、「らーめん 濱来た」だった建物です。
とうせんやの新しいコンセプトを食べてみたくて楽しみにお邪魔しました。
お店は、間口が狭く奥行きがあり、左奥に厨房、左手前と右側が仕切りのある向かい合わせのカウンター席があります。まあまあ歴史もありそうな雰囲気のお店です。午後1時10分頃に着きました。ポツリポツリとお客さんがいる程度とちょっと寂しいです。お店に入ってすぐ左側に食券販売機があります。
メニューは、支那そば、チャーシューそば、タレカツ丼が基本になってます。麺の大盛が+50円、特盛が+100円とちょっとお得です。トッピングの追加やサイドメニューもあります。ミニタレカツ丼とのセットや唐揚げ+ライスとのセットもあります。後に追加されたように麻婆そばもあります。平日は、午後6時まで麺の大盛が無料です。支那そば+ミニタレカツ丼セットにしました。おしぼりと水がセットされた席に座り食券を渡し大盛にしました。
空いてはいますがミニタレカツ丼とのセット、時間がかかりそうですがミニタレカツ丼が先に、その後少しして支那そば(大盛)出来上がってきました。

支那そばとうせんや 支那そば(大盛)

すり鉢のような器に見かけない白濁食のスープ。さて、どんな味でしょう。
麺は、色白の細い麺で適度な縮れ、ラーメンとはちょっと違う味わいです。
スープは、塩のあっさりしたもの、旨味を強調していない珍しいものです。
トッピングは、歯応えのある支那そばらしいチャーシューが2枚、メンマ、鳴門、ほうれん草、他で見たことのない紫色の茎のカイワレ、ねぎなどです。
麺は支那そばらしく、スープも塩味ですが、なんかもう少し旨味を感じられたら好みかなと思います。トッピングも葉野菜が高いのにしっかり入っていて感心しました。680円はちょっとお高いような気もしますが、通常+50円の大盛りが無料ですから、大盛りならなかなかいい線ではないでしょうか。

支那そばとうせんや ミニタレカツ丼セット

ミニタレカツ丼は、厚みのあるヒレカツが2枚、タレも美味しく、海苔の香りも良く、ご飯の量も結構あります。このご飯の量だともう少し薄くても良いのでタレカツが3枚欲しいです。単品の注文だと380円です。牛丼かな!?
合わせて1060円のところ、セットは980円で80円引きになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.14

ラーメン万人家 中山店

万人家中山店 らーめん

新潟市の「ラーメン万人家 中山店」です。
笹出線を東へ、栗の木バイパス・馬越跨線橋を越えた先の右側にあります。
雪で遠出もしたくなく、自宅から自宅から近めの万人家にお邪魔しました。
午後2時過ぎに着きました。雪で駐車場がかなり狭くなっていますが、1台分の空きがありました。まあまあ賑わってはいそうですが、待ちはないかな。
お店は、奥に厨房、左側にテーブル席、中央に大きなテーブル風のカウンター席、右側に軽くしきられた小上がり席のスペースがあります。木を基調としたラーメン店に多い雰囲気のお店です。駐車場の混みから想像した通りの混み具合で、カウンター席と小上がりに空きがあり、カウンター席に座れました。
メニューは、らーめん、メンマらーめん、特製らーめん、ちゃーしゅうめん、G麺、がっつりG麺があります。G麺は、極太麺(Gokufutomen)のG、ガッツリ(Gattsuri)のG、ニンニク(Garlic)のG、三つGからG麺と名付けられたものです。チャーシュー3枚・メンマ・味玉を加えたのががっつりG麺です。コラボ系の期間限定メニューもありません。基本のらーめんにしました。
混みもあり心配していましたが、普通の待ち時間で出来上がってきました。
白い器にたっぷりのチャーシュー、メンマ、もやしの豪華なラーメンです。
麺は、普通の太さの縮れ、とてもツルツルプリプリした食感の良い麺です。
スープは、多めの背脂の下で、醤油とダシの旨味とバランスを楽しめます。
トッピングは、薄めのチャーシュー4枚、もやし、青ねぎになります。盛り付けが良いので見映えはしますが、メンマがないのでどうも寂しい感じです。
細麺ほどではありませんがかなり好みの麺、スープも醤油味がしっかりで旨味のあるもの、背脂の量が結構きつくなってきました。らーめんが600円ですが、メンマが欲しいのでメンマらーめんにすると700円です。外税で税が加わりますので、単純にお手頃とはなりませんが、なかなか好みの一杯です。
相方は、らーめん(背脂抜き)でした。600円です。写真なし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.13

海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX

海老寿DELUX 海老出汁担々麺

新潟市の「海老ラーメン専門店 海老寿 DELUX」です。
柳都大橋西詰辺り、一方通行のこんぴら通り入口の近く、左側にあります。
テレビの全国系グルメ番組でラーメンが紹介されているコーナーを見ているときに『海老の出汁って美味しそう!』との家族の反応に『新潟でも海老出汁のラーメン食べれるよ!』と言ってしまいお邪魔することになりました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に広い座敷があります。庶民的中華料理店のような雰囲気です。午後12時10分過ぎに着きました。テーブル席は賑わっていますが、カウンター席は空いていて、座敷は1組もお客さんが入っていません。どこに座ってもいい状態です。お店に入ってすぐ左側に食券販売機があります。ボタンや字が大きいです。
メニューは、お店の名前からも判るように、海老醤油ラーメン、海老塩ラーメン、海老味噌ラーメン、海老出汁担々麺、濃厚海老つけ麺、海老チャーシュー麺(醤油or塩)、海老味噌チャーシュー麺、赤担々麺、白胡麻担々麺、麻辣担々麺、醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、えびたまそば、俺たちの麻婆シリーズで麻婆麺・麻婆担々麺・汁なり麻婆あえ麺、石焼麻婆飯などがあります。また、雑誌とのコラボでしょうか、期間限定で濃厚えびトマトつけ麺があります。ランチは平日のみのようでありません。まだ食べていないものもありますが、家族の食べる海老の文句に引かれ、海老出汁担々麺にしました。
中華店の手際の良さ、空いてもいて、一緒に早めに出来上がってきました。
真っ白な器に担々麺らしい充実したトッピングなど、綺麗な盛り付けです。
麺は、やや太めのゆるい縮れ、ツルツル・モチモチの食感が心地良いです。
スープは、クリームのような胡麻の色と担々麺らしい赤が対照的で綺麗です。海老の濃い旨味と胡麻のまろやかさと豊かな風味がみごとに調和してます。
トッピングは、挽肉の芝麻醤炒め、厚めのチャーシュー、メンマ、味玉半個、ほうれん草、岩海苔、ねぎなどです。とっても豪華で嬉しい充実ぶりです。
海老の濃厚な旨味は胡麻のまろやかさに吸収され、更なる旨味に変わります。
とても深い味を楽しみました。880円とお高いけど納得させられました。

海老寿DELUX 海老塩ラーメン

相方の食べた海老塩ラーメンです。780円です。

海老寿DELUX 海老醤油ラーメン

子供の食べた海老醤油ラーメンです。780円です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.12

大衆食事処 味の八珍亭

八珍亭 特製ネギみそラーメン

新潟市(旧巻町)の「大衆食事処 味の八珍亭」です。
新潟寺泊線沿いにあります。農家が並ぶ静かな道に目立つ看板があります。
古潭は、暖簾が下がっていないし、路駐も雪で無理そうな状態で諦めました。こまどりは、結構食べているような気がして、ならばと八珍亭にしました。
今回の雪は里雪、巻もなかなかの雪になっています。お店の前と裏、少し離れた場所に第2と駐車場はありますが、お店の前後駐車場は雪で入れませんが、第2駐車場はちょうど重機による除雪中です。少し待って駐車できました。
お店は、左側奥に厨房、厨房手前にカウンター席、中央に大広間のような広い小上がりがあり、その手前にテーブル席、右側に個室の座敷があります。とても広い定食屋さんのような雰囲気のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。雪や駐車場の影響もあってかほんの数組のお客さんがいるだけです。
メニューは、麺類、丼物、定食、洋食系のほか、ドリンクバーまであります。麺類は、ラーメン、チャーシューメン、ラーメンセット、タンメン、五目うま煮そば、もやしラーメン、塩バターラーメン、カレーラーメン、担々麺、特製みそラーメン、特製ネギみそラーメン、特製みそチャーシューメン、特製ネギみそチャーシューメン、特製みそコーン、柿大将ラーメン(味玉付、背脂)、冷し中華(夏季のみ)があります。特製ネギみそラーメンにしました。
お客さんもスタッフも少なめで、いつもより早めに出来上がってきました。
派手な模様の黒い器に、たっぷりのネギと味噌のスープ、美味しそうです。
まずは、ネギの下にある味噌のスープに馴染んだ野菜を先にいただきます。
麺が落ち着いた頃を見計らいたっぷりのトッピングから麺を掘り出します。
麺は、結構太めで強い縮れです。好みとは違いますが、元気の良い麺です。
スープは、濃い味噌味です。普通のしょっぱさ、やや甘めでコッテリ感や油がほとんどありません。麺や野菜に良く絡みます。ニンニクが効いています。
トッピングは、チャーシュー、キャベツ・もやし・玉ねぎ・挽肉の炒め物、きくらげ、辛ネギなどです。炒め物とスープの絡みも良く、麺がなくてもひとつの料理になってます。そこに辛ネギが加わり、また違った味を楽しめます。
太麺と濃厚味噌味スープ、野菜炒めと辛ネギ、バランスの取れた味噌ラーメンでした。最後まで楽しくいただきました。1000円。今じゃいい線かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.11

三吉屋

三吉屋 中華そば(大盛)

新潟市の「三吉屋」です。
西堀通り沿いにあります。三越から100mほど白山神社方向の並びです。
昨日のお昼がお高かったので白寿のうま煮そばを食べようと思ったのですがお休み。雪で移動もあまりしたくないので、近くの三吉屋にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前に混んだ時にしか使われないカウンター席、その手前に4卓のテーブルがあります。小さなテーブルですが、中華そばの器なら4人が食べるのにちょうどの大きさです。小さな昔ながらの中華そば屋さんです。午後12時15分過ぎに着きました。他にお客さんが3組4人、昔の相席があたり前だった賑わいが嘘のようです。空きのテーブルに単独で座れました。
メニューは、中華そば、叉焼麺とそれらの大盛り、ワンタンがあります。夏季の冷し中華とその大盛りも提供されています。中華そば(大盛)にしました。
青の模様が綺麗な器に、派手さのないホッとする仕上がりの中華そばです。
麺は、極細の縮れ。口に入れた時、舌にあたる麺の縮れが気持ち良いです。
スープは、淡く薄く綺麗な醤油色です。醤油味を強調させ過ぎることもなく、ダシがいい具合に効いて、野菜から出ているだろう優しい甘さがあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ねぎととてもシンプルです。
極細麺とあっさり醤油のスープ、新潟あっさりラーメンを代表する一品です。昔懐かしさを感じさせてくれるスープ、バランスの良い仕上がりが見事です。
中華そば600円+大盛100円です。最近は、お手頃に思えてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.10

小嶋屋総本店 長岡喜多町店

小嶋屋総本店長岡喜多町店 へぎそば(2人前)

長岡市の「小嶋屋総本店 長岡喜多町店」です。
国道8号線沿い、長岡IC~長岡大橋の間の喜多東交差点の角にあります。
まとまった人数での昼食、いろいろ無難な小島屋総本店にお邪魔しました。
お店は、大きな蕎麦屋さんで、暖簾で仕切られ個室風なテーブル席や小上がりの多い、和食レストランといった雰囲気です。正午過ぎに着きましたが、すでに賑わっています。それでも小上がりの卓を並びで確保してもらえました。
メニューは、へぎそばなど、冷たいお蕎麦と温かいお蕎麦、天ぷら、お寿司、丼物、はじめとする一品料理、それらを組み合わせたお膳など豊富に揃っています。冬の味覚祭りもやっていてブリカツ丼が美味しいそうです。あれやこれや食べたいものがありますがやっぱり…、へぎそば(2人前)にしました。
そば茶を飲んでいると、そこそこ早めにわさびとねぎが運ばれてきました。
まとまった人数でも次々と、へぎそばも含め早めに出来上がってきました。
へぎに手振りで綺麗に盛り付けられています。見ているだけで楽しいです。
布乃利(海草)を繋ぎに使った十日町や小千谷など中越地区独特の蕎麦です。ツルツルした触感とちょうどのコシ、噛み応えを楽しむ好みのお蕎麦です。
残ったそばつゆにそば湯を入れて飲みます。これが楽しみになっています。
へぎそば(2人前)は、税込み1512円です。いい線じゃないでしょうか。ラーメンが好きですが、お蕎麦も美味しいです。財布には優しくないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.09

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 ワンタンメン(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
今年最初の信吉屋。ワンタンメンを食べたいのですが、ワンタンの売り切れが早く食べれていません。今日も売り切れる頃かと思いつつお邪魔しました。
午後12時10分過ぎに着きました。いつもは遠くからでも列んでいるお客さんが見えて判りますが、この季節は店内で待つので混み具合が判りません。
お店は、間口が広くあまり奥行きのない造りで、奥に厨房があり、その手前にカウンター席があるだけの小さなお店です。あまり綺麗とは言えませんが、昭和を感じさせてくれるような、懐かしく庶民的な雰囲気が大好きなお店です。満席でカウンター席の後ろに2人のお客さんが待っています。『ワンタンメンの中ね?』と聞かれるのを予定していたのですか聞かれません。でも、冷蔵庫にワンタン売り切れの貼紙もありません。久々に食べれそるのでしょうか。
食べ終わって帰りそうなお客さんが何人かいて、注文の確認になりました。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタン、冷し中華(夏季)などがあります。麺の量は、普通、中盛、大盛があります。ワンタンメン(中盛)にしました。
その後に来たお客さんも3人程いて、次のお客さんでワンタンが売り切れになりました。もう2人で麺が売り切れになりました。すぐ暖簾が外されます。
おじさんとおばさんで切り盛りしています。出来上がり待ちのお客さんも多いのですが、明るいおばさんの声を聞いていると待ち時間も苦になりません。
次の作り始めに間に合わせてもらえ、かなり早めに出来上がってきました。
艶のある渋い黒い器に澄んだスープが品良く、ボリュームがありそうです。
麺は、かなり細めの弱い縮れ。あまりラーメンぽくない麦が優しい印象です。シコシコした歯応えと適度なモチモチ感が特徴の食べていて楽しい麺です。
スープは、塩で味付けしたすまし汁のような透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばでしょう。
トッピングは、脂身のない弾力と歯応えが楽しいチャーシュー、肉団子に近い大きさの挽肉を包んだ軟らかなワンタン、メンマ、小松菜かな、鳴門、ねぎなどです。ねぎは輪切りのもので、スープと絡まり香りと味わいを楽めます。
歯切れの良い麺とお吸い物かのようなスープ、もう和食の領域の麺料理です。溶ろけるようなワンタンはボリュームもあります。800円、お手頃です。

ワンタン売り切れの貼紙が貼られる前、その下には1月14日臨時休業のような貼紙があったような気がします。記憶が曖昧なので各自でご確認を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.08

ファミール

ファミール おこのみヘルシー弁当

新潟市の「ファミール」です。
新潟市の古町エリア、本町通り6番町のアーケードに面してあるイトーヨーカドー丸大新潟店7階レストラン街にあるファミリーレストランになります。
食べたい野菜があって本町へ、祝日のためか露店の出店もなく、近くのラーメン店も軒並みお休み、駐車場を無料になればとイトーヨーカドー丸大新潟店で食べることにしました。以前はラーメン店が入居していたこともありますが、今はこのファミリーレストランとお好み焼き屋さんの2店だけになります。
お店は、入口にメニューやサンプルがあるデパートレストランらしく、内部もテーブル席がたくさんあるらしいものです。午後1時過ぎに着きましたが、多くの年配女性で賑わっています。会計を済ませて帰ろうとするお客さんで入口付近が混み合ってます。少し待って壁近くのテーブル席に案内されました。
メニューは、デパートのレストランらしく洋食から和食、喫茶やスイーツまで豊富に揃っています。ラーメンもあり、和風醤油の醤油ラーメンが570円、醤油ラーメン+チャーハンセットが780円とかなりお手頃に食べられます。でも、もっと美味しそうに見えたんで、おこのみヘルシー弁当にしました。
ある程度人気で仕込んでもいるでしょうが、普通に出来上がってきました。
お弁当らしい器に綺麗に盛り付けられています。おかずの種類が多いです。
ご飯が少なく、薄味のお吸い物が付きます。おかずは、白身魚のおろし煮、豆腐ときんぴらごぼうのサラダ、ローストビーフ、まぐろたたきなどです。
なかなか充実した内容ですが、お吸い物がちょっと薄味過ぎるのとお新香が付かないのが残念でした。1080円とまあまあいい線かなと思います。

ファミール いくらと鮭の二色丼と天ぷらご膳

相方が食べたいくらと鮭の二色丼と天ぷらご膳です。1078円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.07

中華そば さぶろう

さぶろう 中華そば(並)

新潟市の「中華そば さぶろう」です。
国道7号線(新新バイパス)竹尾インターから県道4号線(新潟横越線)を横越方面へ。新潟卸売市場入口の先、信号機のある丸山交差点角にあります。
煮干しの効いたラーメンが食べたくなり、開店以来久々にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前と右側奥にテーブル席があります。まあまあ新しめ、中規模のお店です。午後2時過ぎに着きました。風除室に待ちはありませんがお店の中に2人の待ち、念のため用紙に名前と人数を書き、お店の中に入った正面の食券販売機で食券を購入して待ちます。
メニューは、中華そば、肉中華そば、濃厚煮干しそば、濃厚肉煮干しそばがあります。麺の量は、並が140g、中が190g、大が250gから選べます。女性向け、男性向け、大盛りって感じです。50円増し/100円増しとなっています。食券販売機には、オープン当初なかった鬼煮干しがありますが、提供されてない?売り切れ?×ランプが点いています。中華そば盛りにしました。
食券購入が終わるのを待っているかのようにテーブル席に案内されました。
混んでいて時間がかかるかと思いましたが、早めに出来上がってきました。
青赤黄の雷文模様がレトロな器に澄んだ醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、平打ちの細い縮れ、麦の旨さが感じられ、食感の良さが楽しいです。
スープは、煮干しだしの旨味がかなり強めで、醤油の旨味ととても合います。
煮干しの出汁が強く効いていますが、油が多めで香りは抑えられています。
トッピングは、チャーシュー2枚、メンマ、鳴門、海苔、白ねぎなどです。
あっさりで煮干しだし強めの中華そばでした。麺がとても好みのものでした。並盛りが麺140gと少なめですが、650円と今ではお手頃に感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.06

らーめん亭 にしやま

にしやま

新潟市の「らーめん亭 にしやま」です。
県道290号線沿いにあります。東新潟駅前地域、第四銀行の隣になります。「中華料理 佐敦」→「SAKASA-FUKU」の建物が、ほぼそのまま使われています。
「にしやま」は改築と思っていましたが、東に移転、早速、お邪魔しました。
お店の前に3台分と右横の駐車場5台分に駐車スペースが確保されています。午後12時40分頃に着きました。右隣の駐車場が1台分空いていました。
お店の中に4人、お店の外に2人のお客さんが待っています。お店の中も確認しますが、名前を書くような用紙はありません。少し待ってお店の中へ…。
お店は、奥に厨房、手前に配膳スペース、その手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、右側にテーブル席があります。その手前に待ちのスペースがあります。小上がり席はありますが、中華に限らず洋食なんかも合いそうなお洒落な雰囲気です。待ちのスペースの椅子に座ってもう少し待つと、テーブル席に案内されました。ラーメン店らしいかなり小さめのテーブルになります。
メニューは、背脂らーめん、味噌らーめん、チャーシューメン、岩のりらーめん、ワンタンメン、メンマらーめん、四川風麻婆麺、五目うま煮らーめん、野菜らーめん、汁なし麻婆麺、汁なしうま煮麺、背脂つけ麺(1.5玉)と豊富で、らーめん類の多くが、スープを醤油と味噌から選べるようになっています。麺の量も、大盛り1.5玉、スペシャル2玉、超スペシャル2.5玉、トリプル3玉があり、3玉以上もお気軽にお申し付けください。とあります。トッピングも豊富です。食べているかも知れませんが、四川風麻婆麺(醤油)にしました。
時間がかかるだろうと思っていたのですが、普通に出来上がってきました。

にしやま 四川風麻婆麺(醤油)

白い器にたっぷり。味がしっかりそうな麻婆と背脂が表面を覆っています。
麺は、背脂らしく、太麺で縮れも強く、コシ、モチモチ感の強いものです。
スープは、麻婆と混じり判り難いが、かなり薄味のあっさりしたものです。
トッピングは、豆腐と挽肉がたっぷりの麻婆、ねぎ、青ねぎなどになります。なかなかしっかりした味の麻婆ですが、背脂でかなりまろやかな麻婆です。
背脂ラーメンの麻婆かけって感じ。細麺でも食べてみたいけど、背脂の絡みでこってりし過ぎそうな気もします。850円(税抜)と少しお高いのかな。

にしやま 五目うま煮らーめん(醤油)

相方が食べた五目うま煮らーめん(醤油)です。850円(税抜)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.05

関屋 福来亭

関屋 福来亭

新潟市の「関屋 福来亭」です。
西地区、アピタ新潟西から小針駅方面へ。西川を渡る手前左側にあります。
「麺処 La Cuore」だった建物。とても綺麗でラーメン店には見えません。
関屋の福来亭が関屋から移転。食べようと思い、ようやくお邪魔しました。
午後1時過ぎに着きました。以前のお店の点在する駐車場と比べれば広く停め易い駐車場ですが満車。少し待って帰る車と入れ替わりで駐車できました。
建物の左側に入口があり、建物に入り中をそのまま右に進むと福来亭になっていますが、建物に入ったところが待ちのスペースのようで20人程のお客さんが待っています。お店の入口前にある用紙に名前と人数を書いて待ちます。
風は防げますが暖房のないところで40分程待って店内に案内されました。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、さらに手前に窓や壁向きのカウンター席、右側に小上がりがあります。新しくて綺麗な、まあまあ広めのお店です。店内に入った正面に食券販売機があり、食券を購入し、もう少し待ちです。

関屋福来亭 メニュー

メニューは、ラーメン、チャーシューメン、メンマラーメン、チャーシューメンマラーメンがあります。大盛りと特盛りが対応できます。飯は、半ライス、ライスがあり、トッピングは、ネギ、チャーシュー、メンマがあります。ドリンクは、コーラ、オレンジジュース、ウーロン茶、生ビールがあります。以前のお店では提供されていた萌やしラーメン、タンメン、味噌ラーメン、五目うま煮ラーメン、焼きそば、チャーハン、中華飯は提供されなくなっています。移転のお祝いの気持ちを込めてチャーシューメンマラーメンにしました。
店内にも待ち椅子4席がありますが、すぐにテーブル席に案内されました。
太麺はゆで時間もかかるでしょう。しばらく待ちで出来上がってきました。

関屋福来亭 チャーシューメンマラーメン

ちょっと華やかな器の表面をメンマが覆っています。下にあるチャーシューが見えません。周囲に僅かに見える背脂と醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、平打ちの太い縮れ。適度な硬さとモチモチ感の食感が楽しい麺です。
スープは、煮干しの風味と醤油味が良いが、背脂の香りがどうも苦手です。
トッピングは、噛み応え味付けが好みのチャーシューとメンマ、ねぎです。
平打ち太麺、煮干しダシの醤油味スープに背脂、好みのチャーシューとメンマがたっぷりで1100円。高価ですがそれ以上に楽しむことができました。
普通のラーメンが700円、チャーシューメンとメンマラーメンが900円、チャーシューメンマラーメンが1100円、燕系に多い値段になってます。

関屋福来亭 ラーメン

相方が食べたラーメンです。700円。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.01.04

拉麺 えぼし

えぼし

新潟市(旧亀田町)の「拉麺 えぼし」です。
国道49号線(亀田バイパス)の鵜の子ICから亀田駅への途中にあります。「山下家具店 亀田店」の駐車場内にあり、駐車場が共有になっています。
今日も昨日に引き続き、食べていないお店で食べようかとお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央から厨房手前にかけて厨房向きのカウンター席、右側にテーブル席があります。白い壁と木目の落ち着いた感じですが、厨房との垂れ壁が赤、カウンター下がグレーとちょっと派手な感じもあります。右側手前に椅子の置かれた待ちスペースがあり、食券販売機も設置されています。
メニューは、味噌拉麺並、味噌拉麺大、辛味噌拉麺並、辛味噌拉麺大、特製味噌拉麺並、特製味噌拉麺大、醤油拉麺並、醤油拉麺大、ベビー拉麺無料(5歳以下)、餃子2個、餃子4個、ごはん、ランチセット(餃子2個+ごはん)、餃子定食(ご飯大盛無料)、チャーシューごはん、チーズごはん(味噌拉麺専用)などがあります。トッピングの追加もローストチャーシュー2枚、チャーシュー2枚、チャーシュー4枚、味玉、メンマ、コーン、もやし増し、ネギ増しなど追加できます。基本の線をいただきます。味噌拉麺並にしました。
午後12時50分過ぎに着いて食券も購入できました。待ちのスペースに4人のお客さんが待っています。10分程待ってテーブル席に案内されました。
スタッフが水とおしぼりを持ってきました。購入した食券を渡し待ちます。
テーブルにはなぜか知恵の輪があります。かなり待ち時間があるということなんでしょうか。やなりちょっと長めの待ちの後に、出来上がってきました。

えぼし 味噌拉麺並

赤い皿に黒くゴツゴツ感のある器、ボリュームありそうなトッピングです。
麺は、やや太のストレート、適度なモチモチ感がチャンポン麺のようです。
スープは、白味噌が濃厚なぐらいしっかりしていますが、しょっぱさはごく普通です。白味噌らしくちょっと甘さが強めに感じられ、トロミもあります。
トッピングは、もやしとキャベツと豚肉の炒め物、チャーシュー、白ねぎの細切り、青ねぎなどになります。なかなかボリュームのあるトッピングです。
白味噌をチャンポン麺で楽しむラーメンでした。たっぷりのトッピングものっての800円。チャーシューもありますから、まあまあいい線でしょう。

えぼし 醤油拉麺並

相方が食べた醤油拉麺並です。690円です。

えぼし 辛味噌拉麺大

子供が食べた辛味噌拉麺大です。900円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.03

麺や真玄 弁天橋通店

真玄弁天橋通店

新潟市の「麺や真玄 弁天橋通店?」です。
弁天橋通り沿いにあります。「らーめん 麺や来味 弁天橋通店」だった建物がそのまま使われています。来味から系列店の真玄にお店が変わりました。
1階は駐車場とアプローチがあり、北寄りの階段を登ってお店前に進みます。午後1時30分過ぎに着きました。入口を入ってすぐ右側に待ちのスペースがあり、20人弱のお客さんの待ちになっています。用紙に名前を書きます。
お店は、奥行きがあり、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側に大きな窓から弁天橋通りを見下ろせるテーブル席、右側手前に待ちスペースがあります。ラーメンダイニングとでも言った方がいいかような雰囲気です。
それほど大きくないお店、30分程待ってカウンター席に案内されました。
メニューは、最初に麺の量が書かれています。ありがたいです。基本180gで、大盛り1.5玉無料、特大盛り2玉無料とあります。次にらぁ麺各種があります。極み煮干しらぁ麺、煮干し背脂(こってり太麺)、濃淡京醤油らぁ麺、濃淡塩らぁ麺、フォルマッジョ塩、担々麺になります。その次につけ麺・和え麺各種があります。煮干しつけ麺(太麺)、辛い煮干しつけ麺(太麺)、濃厚魚介豚骨つけ麺(太麺)、油そば(太麺・シンプル盛)、油そば和え麺(太麺・豪華盛)、汁なし担々麺になります。好きだろう極み煮干しらぁ麺にしました。
お店は混んでいますが、料理も結構時間がかかって出来上がってきました。

真玄弁天橋通店 極み煮干しらぁ麺

白く深い器に盛られてきました。醤油色の澄んだスープが美味しそうです。
麺は、細いストレート。モチモチ感が強く、結構楽しく食べられる麺です。
スープは、醤油味のあっさりで、煮干しのうま味と風味とがいい感じです。
トッピングは、大きなチャーシュー、太いメンマ、味玉半個、海苔、ねぎなどです。大きく分厚いチャーシューは、苦手な塩での味付け、ちょっと残念。
縮れの方が好みですがなかなか良く出来た麺、品良く仕上げられた煮干し醤油スープ、苦手な味付けのチャーシューですが充実のトッピング、さらに大盛りや特大盛りまでもが麺増量無料です。これで680円、食べなきゃ!です。

真玄弁天橋通店 濃淡京醤油らぁ麺

相方が食べた濃淡京醤油らぁ麺です。680円です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018.01.02

お食事処 土鍋屋

土鍋屋 土鍋ビビンバ

土鍋屋 土鍋ビビンバ アップ

秋田県仙北市(旧角館町)の「お食事処 土鍋屋」です。
国道46号線沿いにあります。バイパスが出来て旧道扱いになるでしょうか。安藤醸造北浦本館(味噌と醤油、漬物、関連商品販売)の大きな建物です。
正月2日はまだまだお休みが多く、やってそうな土鍋屋にお邪魔しました。
角館の武家屋敷から少し離れた商人町に安藤醸造の古くからのお店があり、テレビの旅番組などでは、昔からの古い建物を使用したお店と調度品などが武家屋敷と共に紹介されています。北浦本館は、車が入り易く、土鍋屋で食事が出来るので便利です。お店で販売している商品を使用した食事も楽しめます。
北浦本館は、工場と店舗からなり、中には「安藤極撰の味 安藤本店」、「豚まん・鶏まん・ちまき処 せいろ亭」、「お食事処 土鍋屋」があります。
土鍋亭は、左側の緩やかなスロープを登った中二階のような場所にあります。厨房の前の廊下を通るとその先に広いスペースに落ち着いた雰囲気のテーブル席があります。午後1時10分過ぎに着きました。厨房前の廊下からスロープにかけてベンチ風の椅子で待てるようになっています。その先に設置してある用紙に名前などを書いての待ちになります。10人弱の待ちですが、進みが思いの外早く、それほど待たずにカウンター席の中央付近に案内されました。
メニューは、土鍋ラーメン(醤油・旨辛みそ・しお)半ライス付きのセットもあり、土鍋ごはん/味噌豚、御狩場焼定食、きりたんぽ鍋/定食、桃豚旨みそ寒こうじ漬焼定食、山の芋鍋/定食、復活の土鍋ビビンバ、期間限定の土鍋白いタンメンがあります。食べていないものから土鍋ビビンバにしました。
フロアの入口近くに“がっこ(漬物)バー”というものがあります。ドリンクバーやサラダバーは見ますが、がっこバーはここぐらいでしょうか。5種類の漬物があります。お店で販売している漬物試食コーナーのようなものです。
漬物を楽しんでいるためでしょう。思いのほか早めに出来上がってきます。
小さく可愛く渋い両手土鍋に入ってます。海草の味噌汁が美味しそうです。
多くの具があり、その中央に生卵があります。生卵を割り、具を下のご飯に混ぜて食べます。土鍋が熱々のため、石焼きビビンバとなんら変わらず、そこの辺りのご飯にはお焦げも出来ています。なかなかいい味付けかなと食べていましたが、豆板醤でしょうか?小さな子供は無理だろうなって感じの辛さがきました。いぶりがっこでしょうか?具の中にそれらしい歯応えがありました。
味噌汁は、赤い色の海草の入り味噌汁です。海草のとろみがいい感じです。
土鍋ビビンバは石焼き風に楽しめるものでした。800円といい線です。

土鍋屋 土鍋白いタンメン

相方の食べた土鍋白いタンメンです。700円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.01.01

あけましておめでとうございます。

朝日

あけましておめでとうございます。
昨年は、ありがとうございました。
今年もよろしくお願いします。
今年もラーメン、山、写真などなど日記に残していこうと思っています。
2017年に食べたラーメンの数は、以下のとおりです。(集計中)
食べたラーメン 〇〇〇杯
 そのうち県外  〇〇杯

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.31

ラーメン万万

ラーメン万万

秋田県仙北市(旧角館町)の「ラーメン万万」です。
国道105号線沿いにあります。角館駅の南、ホームセンター駐車場内です
古くからのお店で店前を何度も通っていますが、ようやくお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前と左側には小上がりがあります。窓が広く明るい、ラーメン屋さんらしいお店です。午後12時10分頃に着きました。ほぼ満席ですが、カウンター席左側に空きがありました。
メニューは、万万ラーメン(塩ベース)、万万ラーメン2(あんかけ)、味噌ラーメン、醤油ラーメン、塩ラーメン、ねぎラーメン(味噌・醤油・塩)、野菜ラーメン(味噌・醤油・塩)、チャーシューめん(味噌・醤油・塩)、お子様ラーメン、チゲ鍋ラーメン、味噌ちゃんぼん(小辛・中辛・大辛)、特製タンメン(野菜たっぷり)、酢辣タンメン、カレーラーメン、あんかけ醤油、担担麺、広東麺、ジャージャー麺、冷やし中華(夏季)、冷やし担担(夏季)、冷麺などがあります。ご飯類も少しあります。焼肉、野菜炒め、チャーハン、麻婆、から揚げ、カレーのセットもあります。醤油ラーメンにしました。
ある程度広さのあるお店です。そこそこ混んでいます。なのにスタッフも少なそうです。想定した通り、まあまあ時間がかかって出来上がってきました。

ラーメン万万 醤油ラーメン

ちょっとカラフルな器に何とも濃厚そうなスープ、想定外の仕上がりです。
麺は、細めの縮れ、やや硬めのゆで、なかなか食感も良く心地良い麺です。
スープは、あっさり中華そば風を想定していたのですが、動物系のとろみのある濃厚なタイプです。動物系の旨味が強めで、いい感じの甘味もあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ねぎととてもシンプルです。
中華そば風かと思った醤油ラーメンは、動物系の濃厚なものでした。ちょっと
想定したものとは違いましたが楽しめました。トッピングもちょっと物足りな
いような気もしますが、醤油ラーメンの550円ととてもお手頃です。

ラーメン万万 あんかけ醤油

相方の食べたあんかけ醤油です。800円です。

がんばろう東北!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.30

御食事・甘味・特産品 穂菜味亭

穂菜味亭 醤油ラーメン

村上市(旧神林村)の「御食事・甘味・特産品 穂菜味亭」です。
国道7号線沿い、道の駅・神林「穂波の里」内にある和風レストランです。
秋田への帰省途中での昼食です。「ちくに」で食べたかったのですが時間的に無理、「一平」は風除室の待ちがおしくらまんじゅう状態、「小太喜屋」は休業中との情報、「にぼしまじん」は先日食べたばかり、「玉寿し食堂」は時間のロスが…、てなことで食べたことのない「穂菜味亭」にお邪魔しました。
お店は、ちょっと古い外観で、入るともっと古く古民家風のような印象です。入ってすぐの土間風なところにテーブル席があります。午後1時15分頃とお昼の混む時間を過ぎているつもりでしたが、テーブル席は満席、右手前の座敷の小さな卓が空いているのでどうぞ!と案内されました。広めの座敷に4人用の卓がたくさんありますがいっぱい、2人用の卓が空いていて座れました。
メニューは、定食6種、丼物6種、カレーや一品料理があり、次に麺類がきます。醤油ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメン、辛味噌ラーメン、肉野菜ラーメン、五目あんかけラーメン、タンタンラーメン、チャーシューメン、ネギ味噌ラーメン、味噌チャーシュー、焼そば(ソース)、ネギ塩焼そば、そばやうどんと続きます。さらに最後にセットと飲み物になります。セットは、ラーメン+ミニタレカツ丼、ラーメン+ミニ天丼、ラーメン+ミニ牛丼、ラーメン+ミニネギトロ丼があります。醤油ラーメン村上牛コロッケにしました。
混みで時間もかかるだろうと思いましたが、早めに出来上がってきました。
青い模様の白い和風な器に、飾り気のないシンプルなラーメンの登場です。
麺は、細めの縮れ、中華系にも使うためかそれほどツルツルしていません。
スープは、醤油のあっさり薄味っぽい、万人向けのとても優しいものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、水菜、ねぎ、鳴門などシンプルです。ちょっと驚きがチャーシュー。歯応えも味も好みのものが2枚もあります。
あまり特徴を出し難い道の駅のラーメンですが、なかなかいい感じに仕上がっ
ていました。チャーシューが好みでした。630円と値段もいい線でしょう。

穂菜味亭 村上牛コロッケ

村上牛コロッケは、ジャガイモのコロッケ、牛挽肉が少しだけ混じりますが、牛肉のとても良い風味が広がります。130円と値段もとてもお手頃です。

穂菜味亭 鍋焼きうどん

相方の食べた鍋焼きうどんです。900円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.29

吟醸味噌らーめん まごごろ亭

まごころ亭

新潟市の「吟醸味噌らーめん まごごろ亭」です。
弁天橋通り沿いにあります。弁天橋の西詰すぐ、越後茶屋だった場所です。
あしらやしゃがらの角中グループの新店、食べてみようとお邪魔しました。
午後12時45分頃に着きました。ローソンと共用の駐車場には問題なく駐車できました。遅めにしたのですが、お店の外までお客さんが列んでいます。
お店の外は10人程度の列びになっています。風除室にある用紙に名前、人数と席の希望を書いて列びます。その後もお客さんがやってきます。順調に列が進み風除室に入ります。8脚ある椅子に座って待ちます。やがて店内へ…。
お店は、奥に厨房、手前に厨房向きカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。ちょっと大きめでラーメン店らしい雰囲気、新築の建物は明るく綺麗です。お店入口を入ったところに椅子が3脚あって座って待ちます。メニューを渡されましたが、すぐに小上がりに案内されました。
メニューは、吟醸味噌らーめん、海老辛味噌らーめん、霜降り味噌らーめん、胡麻香る濃厚担担麺、あっさり清湯旨味、とろみあんかけの旨煮ソバなどの味に別れています。吟醸味噌らーめんは、特製吟醸味噌らーめん、吟醸味噌らーめん、吟醸味噌らーめん 味玉入り、吟醸味噌らーめん ネギ肉入り、吟醸味噌らーめん 野菜入り、吟醸味噌らーめん かしら増し、吟醸味噌らーめん 直火焼チャーシュー入りがあります。海老辛味噌らーめんは、特製海老辛味噌らーめん、海老辛味噌らーめん、海老辛味噌らーめん 味玉入り、海老辛味噌らーめん 直火焼チャーシュー入りがあります。霜降り味噌らーめんは、特製霜降り味噌らーめん、霜降り味噌らーめん、霜降り味噌らーめん 味玉入り、霜降り味噌らーめん ネギ肉入り、霜降り味噌らーめん 野菜入り、霜降り味噌らーめん かしら増し、霜降り味噌らーめん 直火焼チャーシュー入りがあります。胡麻香る濃厚担担麺は、担々麺、担々麺 味玉入りがあります。あっさり清湯旨味は古式熟成醤油のことで、特製古式醤油らーめん、古式醤油らーめん、古式醤油らーめん 味玉入り、古式醤油らーめん 直火焼チャーシュー入りがあります。2018年 1月18日から提供が予定されているとろみあんかけの旨煮ソバは、五目野菜あんかけらーめん、肉あんかけらーめんがあります。サイドメニューもかなり充実しています。唐揚げ、旨辛唐揚げ 自家製辛口チリソース、唐揚げ油淋鶏、特製餃子、チャーハン、肉あんかけチャーハン(2018年 1月18日~)、特製中華丼(2018年 1月18日~)、直火焼チャーシューなどがあります。お得なセットもあります。半チャーハンセット(Aセット)、麻婆丼セット(Bセット)、直火焼チャーシュー丼セット(Cセット)、特製餃子5個セット(Dセット)、唐揚げ3個セット(Eセット)があります。このお店の基本だろう吟醸味噌らーめんにしました。相方も同じものしました。
2017年12月18日に開店し、1ヶ月間はスタッフの馴らしもあるのでしょうか?
メニューの一部を絞っていますが、とても多くのスタッフが働いています。
混みもあり時間がかかるかと思いましたが、早めに出来上がってきました。

まごころ亭 吟醸味噌らーめん

すり鉢を意識した器の表面をいろんなトッピングが所狭しと彩っています。
麺は、やや太の縮れ、変な硬さのない、なかなか普通に食べ易いものです。
スープは、味噌のバランスの良いもので、とろみが麺に良く絡むものです。
トッピングは、チャーシューのさいの目切りと筍?の細かなさいの目切りの和え、もやし、メンマ、焦がし玉ねぎ、おろし生姜、ねぎなど充実してます。
あしらや赤シャモジの味噌と同じような味噌ラーメンでした。このお店は大盛りが無料でないのが残念ですが、これだけのラーメンで720円はお得なような気がします。背脂入りの霜降りも食べてみたいのですが、身体が受け付けてくれるでしょうか。いろいろなこだわりがお店のメニューなどに書かれていますが、吟醸や霜降りの言葉の意味の説明はありません。酒や肉が好きなので吟醸や霜降りなどの意味のあいまいな使い方は、好きにはなれないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.28

ラーメン工房 まるしん

まるしん つけめん(2玉)

新潟市(旧亀田町)の「ラーメン工房 まるしん」です。
駅南の弁天橋線を南へ、亀田駅からの道とを交差したさらに先にあります。
高速に乗って目的地周辺での昼食を楽しみにしていましたが、なかなか出掛けられずにまだ市内です。高速に乗る前に昼食を取ろうとまるしんにしました。旧亀田町付近は、新店のオープンが多く、空いているだろうとの想定です。
午後12時50分過ぎに着きました。お店裏の広い駐車場は数台分の空きがあるかなってぐらい、想定を遥かに越える混み具合です。駐車場に回り込もうとしたら、お店前の駐車スペースから出る車がありすんなり駐車できました。
外に待ちはありません。風除室には父と小学生ぐらいの男子の2人だけが見えます。風除室にある食券販売機でただ食券を購入してだけかも知れません。風除室に入るとお店の中にも3人程がお客さんが待っているのが見えます。しかし、その3人程は、父子が食券を購入している間に席へと案内されてました。食券を購入した父子はお店の中へ移動します。こちらも食券を購入します。
メニューは、つけめん、つけ・ごまだれ、まるしんのらーめん、担々麺、マーボ麺、みそらーめん、タンメン、ワンタンメン、ワンタン、汁なしマーボ麺、半らーめんなどがあります。つけめん類は、1玉~3玉まで0.5玉間隔で、
らーめん類は大盛りもあります。つけめん、つけ・ごまだれ、らーめんなどと半チャーハンのセットメニューやチャーハン、もやしらーめん、野菜あんかけらーめんなどはお休みになっています。つけめん(2玉)にしました。
お店は、左側奥に厨房、その手前にテーブル席、右側に周りの窓や壁を向いたカウンター席があります。白い壁と黒っぽいテーブルがシンプルで、窓が広くて明るい店内です。お店に入るとカウンター席に空きがあるのが判ります。父子とほぼ一緒のタイミングで正面窓向きのカウンター席に案内されました。
まるしんがオープンした当時は、ほとんどの人がつけめんを食べていました、マスコミに取り上げられてからマーボ麺を食べるお客さんが増え、その後につけめんがかなり挽回してきました。次に汁なしマーボ麺を食べるお客さんが急増し、今日は、またつけめんにお客さんが戻ってきたように感じられます。
つけめんですが、細麺を使用しているため?早めに出来上がってきました。
麺は模様入りの白、つけ汁はまっ白の器に盛られ、お盆で運ばれてきました。麺はシンプルに麺だけ盛り付けられ、つけ汁にトッピングが入っています。
麺は、細い縮れです。太麺、やたらとコシの強い麺、パスタっぽい麺と主張の強い麺が多いつけめんですが、普通にプリプリした歯応えが楽しい麺です。
つけ汁は、油が少なくあっさり、醤油味がしっかりしたものです。魚介の風味が豊かなものですが、魚粉のようなきつさはありません。心地良い甘さ、少しの酸味があります。食べているときはあまり感じませんが辛味が残ります。
トッピングは、すべてつけ汁の器に盛られています。チャーシュー細切り、メンマ、もやし、わかめ、海苔などです。もやしが結構多めに入っています。
最後に割りスープでつけ汁を割って楽しみます。魚介系風味、酸味、際立って辛味が増して、最初のつけ汁とは別のもののように楽しむことができます。
なかなか食べられない細麺のつけめんで、存分に楽しまさせてもらいました。スープ割りを楽しんだら食べ過ぎです。つけめん(2玉)は900円です。前回食べてから80円も値上がりし、結構お高いものになっています。とはいっても好きなつけめんです。お高くなって回数が減ってもまた食べるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.27

ヒュリカ Curry

ヒュリカ

新潟市の「ヒュリカ Curry」です。
新潟駅前エリア、きんしゃい亭の向かい、スナックなどが入る第一ビルの4階にあります。ALA CafeDinningというお店に同居するような感じになります。
新潟駅前での昼食です。昨日、ヒュリカ復活の幟を見かけお邪魔しました。
ヒュリカは、古町エリアにあったときには時々食べていたものですが、やがて閉店、その後は外食でほとんどカレーを食べることがなくなっていました。
ネットの情報によれば、「ヒュリカ」は1975年の創業で、先代が「ヒュリカ」と「勝烈亭」を営業してました。後にその両店とも閉店、その両店で修行した息子さんが「二代目勝烈亭」を開店させました。しかし、その「二代目勝烈亭」も昨年閉店。今回「ヒュリカ」が15年ぶりの復活になったそうです。
「ヒュリカ」の記憶は、親父さんがジーンズを履いて厨房に立っていたことでしょうか。15年は長くて、お店の事などほとんどを忘れてしまってます。
建物の入口に「ヒュリカ」の幟はありますが、1階にお店はなく、エレベータ近くの案内板にもお店の情報はありません。1階の看板に4階と書いてありました。エレベータで4階まで来ましたが、「ヒュリカ」らしい看板のお店はみあたりません。ALA CafeDinningの前にカレーのメニューがあり、ようやくALA CafeDinningで二毛作的な同居しての営業をしていることを理解しました。
お店は、入ってすぐ正面に厨房、手前にカウンター席、左右にテーブル席があります。最も右側にも窓向きのカウンター席がありました。ダーツなどの遊具も豊富にあり、食べ物も美味しいかも知れませんが、遊び場的な雰囲気のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。他にもお客さんはいますが、そこそこ広さがあるお店だけにポツリポツリといった感じになってしまいます。
メニューは、はじめにカレーを選びます。チャッパーカレー、チキンカレー、シーフードカレー、カツカレー、ビーフカレーの5種類があります。次に辛さレベルを選びます。レベル1~5まで、程よい辛さ、ちょい辛、辛口、極辛、超極辛と表されています。辛さレベル毎に30円ずつ増します。さらにライスとナンから食べたいものを選びます。大盛り無料になっています。トッピングも用意されています。チャッパー、チキン、シーフード、カツ、ビーフ、目玉焼き、チーズ、カレーソース大盛りがあります。アーラサラダ、ヒュリカサラダもあります。ドリンクも付きます。ホットコーヒー、アイスコーヒー、アイスティー、ウーロン茶、オレンジジュース、リンゴジュース、メロンソーダ、コーラから選べます。とんでもない組み合わせの中からシンプルにチキンカレー(辛さレベル1:程よい辛さ、ライス普通盛り、コーラ)にしました。
すぐに作り始めてくれたようですが、普通の待ちで出来上がってきました。

ヒュリカ チキンカレー(辛さレベル1:程よい辛さ、ライス普通盛り、コーラ)

カレー、別皿のライス、ドリンク、福神漬などが一緒に運ばれてきました。
ちょっとサラサラのカレーソースです。辛さレベル1:程よい辛さですが、なかなかどうしていい辛さがあります。トマト系の味が効いています。以前は、ターメリックがもっと効いていたような気がしますが、どの辛さを食べていたか忘れたので…、もっと辛い方を食べると同じ味を楽しめるかも知れません。通常380円のドリンクが付いて880円です。ドリンクなんかいらないような気もしますが、原価が安いからセットとして仕方がないのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.26

みつ井酒蔵

みつ井酒蔵 とろろざる(大盛)

みつ井酒蔵 とろろざる(大盛)アップ

新潟市の「みつ井酒蔵」です。
新潟駅前、COI新潟ビル(旧新潟三井物産ビル)の地下1階にあります。
新潟駅前での昼食。欲するラーメンもなく、みつ井酒蔵にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。シンプルそうな居酒屋の雰囲気で、席数も結構あります。午後12時30分過ぎに着きました。帰るお客さんとすれ違いながらお店に入りましたが、さっきまで満席だったような賑わいになっています。平日は今も賑わっています。
カウンターの上には天ぷらをのせた皿が並ぶのですが、今日はありません。男性スタッフ2人、女性スタッフ1人、平日のいつもの体制になっています。
メニューは、ざるそば、天ざるそば、とろろざるの冷たいそば、天ぷら・とろろ・月見・山菜・たねきの温かいそば/うどんがあります。天ぷらは、やさい天といか天のセット、単品でも注文できます。大盛は50円増し、100円増しの大大盛をよく食べていたものです。とろろざる(大盛)にしました。
お代は、前払い/後払いともできます。610円。今日は後払いにします。
食事が終わって帰るお客さんもいて、ちょっとずつ静かになってきました。
おそばのゆで、水洗い、冷たい水でしめて、普通に出来上がってきました。
昔と同じアルミの皿に竹のざる、渋めの器につゆととろろが盛られてます。
つゆのおかわり、ねぎと山葵はカウンターやテーブルに置かれお好みです。
そばは、小麦をつなぎにした一般的なもので、お蕎麦屋さんの手打ちなんかとは違いますが、やや細めに切られているため、かなり食べ易くなってます。
つゆは、昆布と鰹節の旨味がしっかりしていて、ほんのり甘めのものです。
トッピングは、刻み海苔のみ。とろろ、ねぎや山葵とで好みの味にします。
ざるで食べ易いおそば、やっぱり美味いです。ざるそば440円でとろろざるは560円、+大盛50円の610円。ラーメンより全然お得な感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.25

大江戸

大江戸 味噌タンメン(並)

新潟市の「大江戸」です。
新潟小学校と中央警察署の間の道を美術館方向へ、道沿い左側にあります。
細麺が食べたくなり、好きな大江戸の細麺を食べようかとお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。定食が似合いそうな食堂といった雰囲気です。午後12時20分過ぎに着きました。カウンター席は満席ですが、テーブル席は奥のテーブルに1人だけ、中央のテーブルに案内されました。セルフサービスの水を用意しようとしましたが、お客さんが少ないためか?スタッフが持ってきてくれました。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメンとそれらのチャーシューメン、塩と味噌のタンメン、焼きそば、冷やしそば、冷やしそばチャーシュー、胡麻冷やしそばなどがあります。全ての麺類が大盛りや特盛りも選べます。寒くなってきて、ラーメンもいろいろ楽しめます。味噌タンメン(並)にしました。
その後もお客さんがやってきて相席になっています。賑わってきました。いつものようにおふくろの味的な雰囲気ですが、以前よりスタッフが少ないような気がします。そのためか?ちょっと時間がかかって出来上がってきました。
青い花の模様の白い器に、淡い色のスープとたっぷりの野菜が印象的です。
麺は、細く弱い縮れ。その細さからくる優しい食感が心地良い、食べ易い麺です。長い麺です。普通のラーメンのように食べると口の中に収まりません。
スープは、味噌味はしっかりしていながら油が少なくあっさりしています。細麺と良く合う麺です。他のメニューのように辛味がトッピングされていませんが、テーブルに置かれています。半分ぐらい食べたところで辛味を加えて食べます。この味噌味のスープのための辛味なのではと思わせる程に合います。
トッピングは、チャーシュー、白菜・もやし・玉ねぎ・人参・ピーマン・きくらげの炒め物、ねぎなど。見た目の通り、かなりボリューム感があります。
普通だったらちょっと物足りなく感じるスープかも知れませんが、細麺と相性が良く、さらに辛味を加えてと、味の変化を楽しくいただけました。トッピングもなかなかボリュームがあって、食べ終わる頃には普通盛りにして良かったと実感しました。味噌タンメンは880円…、ちょっとお高いのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.24

かっぱ寿司 逢谷内店

新潟市の「かっぱ寿司 逢谷内店」です。
県道3号線沿いにあります。新新バイパス逢谷内インター~新潟空港と交差する大形本町交差点の角です。県道を挟みイオン新潟東の向かいになります。
テレビで寒ブリのCMが流れていたので食べてみようかとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にはお寿司の流れるスペースを挟むようにカウンター席やテーブル席が配置されています。午後3時10分過ぎに着きました。他にもお客さんはいますが、お店が広いだけにガラガラといった感じでしょう。
メニューは、お手頃なものは多くありますが、全体的に種類は少なめです。
味噌汁等のサービスはありません。流れているお寿司もなく、ポップが流れています。タッチ式のディスプレイで注文をします。かっぱ寿司が出来たときには画期的だと思いましたが、後発のお店でも導入され、ディスプレイの設置位置、文字の大きさ、画面遷移や検索方法などちょっと古いものに思えます。
目的は、寒ブリ、じゃんじゃんと注文します。といっても注文レーンの搬送機の関係で一度の注文は4皿まで、何度かに分けて注文していただきました。
わさび抜きのみで自分でわさびをセットする方法になります。ちょっと面倒です。機械で整形したシャリにネタをのせたお寿司、握っていません。子供が小さい時にはお手頃で良かったのですが、なんか好みとずいぶん違ってます。
それでもお手頃なので助かります。寒ブリを中心にお腹一杯になるまでいただきます。いつもの倍ぐらい食べた感じ、相方と二人で3348円でした。

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

かっぱ寿司逢谷内店

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.23

居食亭 ほうせい丸

ほうせい丸 海鮮丼セット

ほうせい丸 海鮮丼セット アップ

聖籠町の「居食亭 ほうせい丸」です。
国道7号線(新新バイパス)東港インターを下りて、すぐ左側にあります。
海鮮丼が人気のお店をネット検索、美味しそうだったのでお邪魔しました。
お店は、入口を入って右側奥に厨房、手前に小上がり、右側にテーブル席があります。田舎の大きな居酒屋のような雰囲気です。午後1時頃に着きました。駐車場が満車に近い混みでしたが、お店の中もかなり混んでいます。少し待ちかなと思ったらお店の奥に案内されます。宴会が出来そうなほど大きな座敷があり、卓卓が並べられています。こちらも賑わっていますが、座れました。
メニューは、豊漁刺身定食、なぎさ定食、さざなみ定食、みさき定食、とんかつ定食、かつ鍋定食、漢方豚しょうが焼定食、エビフライ定食、天ぷら定食、和風ハンバーグ定食、刺身定食、ミックス定食A、ミックス定食B、海鮮丼、いくら丼、ねぎとろユッケ丼、天丼、えび天丼、ロースかつ丼、タレかつ丼、穴子丼、豚丼、にぎり寿司特上、にぎり寿司上、にぎり寿司並、にぎり寿司8カン(みそ汁付)、海鮮丼セット、えび天丼セット、天丼セット、タレかつ丼セット、ネギトロユッケ丼セット、いくら丼セット、カツ丼セット、穴子丼セット、ミニいくら丼、ミニねぎとろ丼、ミニかつ丼、ミニ天丼、漢方豚しゃぶしゃぶ御膳、さつき御膳、つばき御膳、ゆり御膳、寿司御膳、ラーメン・ミニかつ丼セット、うどんセット、にぎり寿司セット、特盛ざるそば、ラーメンセット、天ぷら茶そばセット、そばセット、茶そばセット、天ぷらそば・うどん、かけそば・うどん、ラーメン、チャーシューメン、天ざるそば・うどん、茶そばざる、ざるそば・うどん、ざるラーメン、大粒岩がき御膳、岩がきフライ定食、岩がきステーキ定食、ミニそば、ミニうどん、ミニラーメン、豊山定食、トンテキ定食、ローストビーフいくら丼、濃厚海老みそラーメン、濃厚海老みそチャーシューメン、ミニ海老みそラーメン、海老みそラーメン+ミニかつ丼セット、海老みそラーメン+ミニ寿司セットなどがあります。月~土提供で、祝日の今日は提供されていませんが、大漁ランチ、豊漁ランチ、寿司ランチ、カレーランチ、日替り丼ぶりランチ、日替り魚ランチ、日替り釜飯ランチも用意されています。デコレーション寿司、シェア海鮮丼、海鮮チャレンジ丼などの予約の必要な大盛系のメニューもあります。その他に一品料理も多数あります。いろいろあって悩むところですが、海鮮丼セットにしました。
なんといっても席数の多いお店です。仕込みがしっかりしているのか?厨房のスタッフが多いのか?思っていたよりも結構早めに出来上がってきました。
海鮮丼、半うどん、野菜サラダのセット。海鮮丼は塗りの器に入ってます。
海鮮丼は酢飯で、その上には海鮮が綺麗に並べられています。お魚の切り身の殆どが2枚ずつ入っているような感じで、食べ応えがしっかりしています。
半うどんも結構しっかりしていますが、1350円はちょっとお高いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.22

中華料理 萬来

萬来 開花ラーメン

柏崎市の「中華料理 萬来」です。
国道8号線の部分開通しているバイパス沿い、半田交差点の角にあります。
柏崎でのお昼、カツカレーにするかどうかは保留したままお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、中央寄りにカウンター席、左側にテーブル席、左側奥に小上がり的に使っている座敷があります。大きめの和定食屋さんといった雰囲気のお店です。座敷が広いので待つ心配をしなくても良いお店です。午後1時10分頃に着きしました。2割~3割程のお客さんの入りと空いています。
メニューは、麺類、御飯類、一品料理などに分類され、中華料理のお店らしい品揃えになっています。麺類は、マーボーメン、ラーメン並、ワンタン、ワンタンメン、チャーシューメン、チャーシューワンタン、チャーシューワンタン麺、五目そば、五目ワンタン、五目ワンタンメン、肉そば、広東麺、もやしそば、ミソラーメン、焼そば、タンメン、天津麺、ミソチャーシューメンがあります。夏期限定で冷し中華と冷しくらげそばがあります。御飯類のオムライスやカツカレーの盛りの良さは有名ですが、麺類もあんかけなど上にのるものがなかなかのボリュームです。カツカレー小盛(ご飯半分)も食べきることが難しく、ご飯を1/3でなんとか食べ切れるかぐらいです。どうしようかと考えていたら、壁に親子ラーメン、開花ラーメンと書かれた貼紙があります。親子は鶏肉と玉子とねぎが具のラーメン、開花は豚肉と玉子とねぎが具のラーメンとのこと、なかなか美味しそうです。萬来の豚肉は豚カツにも使われる大きなロースの塊、そのお肉を切って使っているだろう開花ラーメンにしました。
お店の中にはカツカレーに挑戦中のサラリーマンがいます。さらに、待っている間にカップルのもとにカツカレーが運ばれていきました。その後、来店したお客さんがカツカレーを注文しみしたが、スタッフからの出来上がるまで20分程度かかるとの説明で断念しました。なんて間に出来上がってきました。
水色の器に波々のスープ、運んできたお盆にかなり溢れてます。波々のスープの下は、豚肉とねぎが珊瑚礁のようで中央に刻みねぎの島が出来ています。
麺は、やや細の縮れで普通の硬さ、癖のない普通が嬉しい食べ易い麺です。
スープは、あっさり醤油味でおとなしいもの、玉子で優しい仕上がりです。
トッピングは、ねぎと豚肉を玉子綴じしたものに刻みねぎがのります。豚肉は豚カツにも使われるロース、軟らかくたっぷり入っています。玉子は、黄身が壊れてなくて、白身がスープに廻っています。豚肉とねぎが良く合います。
食べ易い麺と優しいスープのラーメンにたっぷりの豚のロース肉がのったものでした。900円とお高いですが、豚ロースなど内容を考えれば納得です。
カツカレーを食べていた、サラリーマンはギブアップしてそのままのお帰り、カップルは残りをタッパに詰めてお帰りました。インスタ映え目的なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.21

村上ラーメン にぼしまじん

にぼしまじん ピリ辛野菜まじん(大辛・大盛)

村上市の「村上ラーメン にぼしまじん」です。
国道7号線沿いの村上プラザ(イオン村上東店)フードコートにあります。
「喜びラーメン 小太喜屋」のプロデュース店です。なかなか本格的です。
村上市での昼食。ちくにで食べようと思っていましたが遅くなってしまい、確実にやっていて食べたことのないメニューのあるにぼしまじんにしました。
お店は、ショッピングセンターのフードコート内ですから広々としています。午後1時10分過ぎに着きました。遅い時間でもそこそこ賑わっています。
メニューは、しょうゆ、背油、みそ、辛みそ、塩、ゴマ、酸の各味とそれらにネギやチャーシューを加えたもの、トッピングを充実させた“まじん”があります。各味に合わせ、わかめ、岩のり、コーンなどを加えたものもあります。いずれも大盛りが無料になっています。酸はスッパ辛味で、中辛・大辛が無料、激辛が20円増しになります。期間限定でピリ辛野菜が提供されています。このピリ辛野菜も辛さを増すことができます。食べたことのない酸の大辛辺りを予定してましたが、ピリ辛野菜まじん(大辛・大盛)にしました。
今まで通り、お店のカウンターで注文を伝え、お金を支払おうかと思っていましたが、カウンター手前左側に食券販売機があります。タッチパネル式、高額紙幣対応の食券販売機です。食券を購入し、カウンターに出して待ちます。
フードコート共通のセルフサービスの水を用意して、のんびりと待ちます。
女性スタッフが多かったように記憶していましたが、今日は男性スタッフが3人です。ゆで用のお湯でも替えたのでしょうか?しばらく厨房に動きがなく、その後、普通に作り始め、ちょっと時間がかかって出来上がってきました。
真っ白な器に辛そうなスープ、豪かなトッピングが盛り付けられています。
麺は、やや細の縮れ、歯切れが良く、スープと良く馴染み旨みがあります。
スープは、しっかり優しい味噌の旨味に一味唐辛子の癖のない辛さと煮干しの旨味と風味が加わります。そして、それらは絶妙なバランスで絡み合います。
スープは、煮干し濃厚な醤油味に一味唐辛子の癖のない辛さが加わったもの。大辛の辛さのため、煮干しや醤油の旨味がちょっと隠れてしまっています。
トッピングは、チャーシュー、味玉半個、キャベツ・もやし・玉ねぎの野菜炒め、岩海苔、コーン、白ねぎ、青ねぎなどです。さすが充実感があります。
美味しいと言うか好みの麺、煮干し・醤油・辛味を楽しめるスープ、充実したトッピングのラーメンのはずでしたが、ちょっと辛さが強過ぎました。バランス的には、あまり辛くしない方が良かったのかなと思います。これだけ楽しんで、大盛りでお腹いっぱいになって850円。ちょっと得した気分です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.12.20

中華 城門

城門 マーボーラーメン

新潟市の「中華 城門」です。
新潟市役所本庁舎の近くにあります。市役所裏の交差点から銭湯の先です。
市役所近くでのバス乗り換え時間のお昼、お手頃な城門にお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側に結構広めの小上がりがあります。定食が似合いそうな雰囲気のお店です。午後12時30分過ぎに着きました。市役所職員風のお客さんなど6~7割の席が埋ってます。
メニューは、飯類・麺類とも豊富にあります。麺類は、ラーメンセット(おにぎり2個)、ラーメン、メンマラーメン、みそラーメン、チャーシューメン、みそチャーシューメン、マーボーラーメン、五目タンメン(醤油味)、塩タンメン、五目ヤキソバ、ソースヤキソバ、ワンタンメン(冬期)、ワンタン(冬期)、冷し中華(夏季)、冷しチャーシューメン(夏季)があります。醤油と味噌にタンメンの塩、麻婆まであります。マーボーラーメンにしました。
水はセルフサービスになっています。冷水機の隣にコップが置かれてます。
親父さんと女将さんの2人でやっているお店、好きなパターンのお店です。
待ちのお客さんも多く、いつもより時間がかかって出来上がってきました。
水色の器に醤油色の麻婆、その中に白い豆腐がゴロゴロと転がっています。
麺は、細麺の優しい縮れ、普通の中華そば風ですが、いいコシがあります。
スープは、醤油味のあっさりしたもの、薄味なのでおとなしめに感じます。
トッピングは、生姜の良く効いた挽肉ともめん豆腐のみの麻婆豆腐だけです。醤油味の五目あんかけの豆腐バージョンみたいです。醤油味や甘さ、辛さなど控え気味かなと思っていましたが、食べ終わる頃にはいい汗が出てきます。
シンプルでおとなしい感じの麻婆のマーボーラーメンです。おとなしさも食べ重ねると段々美味しく感じてきます。これで630円、とてもお手頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.19

中華 白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
西堀通と古町通の間にあります。三越西側交差点向かいの路地の右側です。
お手頃で好みのうま煮そば、中毒かのように食べたくなりお邪魔しました。
お店は、右側に厨房があり、その中央寄りと手前に厨房向きのL字型のカウンター席が、左側にはラーメン丼2個がちょうど並ぶ小さな2席のテーブルが2卓あります。少し歴史を感じさせる小さなお店です。午後12時10分過ぎに着きました。7割~8割ほどのお客さんの入りです。久々に空いています。
メニューは、ラーメンとうま煮そば、大盛りの対応もなく、サイドメニューもトッピングの追加も用意されてません。ラーメンかうま煮そばのいずれかを注文するしかないです。と言ってもうま煮そばが人気のお店。ほとんどのお客さんがうま煮そばが目的です。ラーメンを食べる人とは年に1回遭遇するか?どうか?って感じでしょうか。席に着かずにそのまま『うま煮そば!』と注文を言いなから左側の奥にある冷水機までセルフサービスの水を取りに行きます。
いつも通りで、親父さんとおばさんの2人、おばさんが作ってくれてます。
うま煮は、大きい中華鍋で一度に10人前程でしょうか?たくさん作ります。最近は、うま煮がなくなる前に作り始めるので待つことがなくなりましたが、多くのお客さんが一機に来ると、うま煮の出来上がりを待つこともあります。今日はうま煮の残りが半分ほど、これから次のうま煮を作ろうとしているところでした。今回もうま煮を作るところが見られます。大きな中華鍋でたっぷりのうま煮を作ります。野菜をいっぱい入れ、かさが減ると野菜を足し、3度程繰り返し、最後に卵を入れて仕上げます。今日もメインは、キャベツです。
うま煮は親父さんが作り、女将さんがそのうま煮でうま煮そばを作ります。
ご飯用の羽釜で麺をゆでますが、ちょうどお湯を取り替えたところ、綺麗なお湯でゆでた麺を食べられますが、お湯が沸くまでちょっと待ちとなりました。たまにはこんな待ちもいいでしょう。鍋の木蓋に麺をのせて解します。温めてもいるようにも見えます。麺を鍋に入れ、ゆでている間に器を用意、タレを入れ、スープを張り終わる頃に麺もゆで上がります。ゆで時間の短い麺です。麺を湯切りし器に入れ、整えます。中華鍋からうま煮をかけ出来上がります。
お店の人の仕事を見ていたため、それほど待たずに出来上がってきました。
淡い落ち着いた水色の器に、いつもと変わらない美味しそうなうま煮です。
麺は、かなり細めの縮れで、シコシコした歯応えが楽しめる好みの麺です。
スープは、うま煮と混じる前のものが縁にありました。レンゲで掬って飲むと中華そば風の割りとパンチのあるもの、ラーメンも食べてみたくなります。
トッピングは、キャベツ・玉ねぎ・もやし・玉子・挽肉のあんかけのうま煮ですが、今日もうま煮の野菜の切り方がなんか小さいような気がします。前回は中華鍋の最後の方なので小さく切った野菜しか残っていないのではと思いましたが、そうでもないようで、キャベツだから小さく切っているのでしょう。
今日は、中華鍋の中で程よく馴染んだ、ヘルシーなうま煮をいただきました。細縮れで食感のいい麺とあっさりしたスープで500円とお手頃です。出来上がったままの優しい味と胡椒をかけて引き締まった味を楽しみました。本当にありがたいお手頃感です。キャベツから白菜に戻る日を楽しみしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017.12.18

元祖支那そば 信吉屋

信吉屋 支那そば(中盛)

新潟市の「元祖支那そば 信吉屋」です。
本町5番町、人情横丁の市場風なお店が並ぶ建物の東堀通寄りにあります。
年内に信吉屋のワンタンメンも食べておかなきゃと思ってお邪魔しました。
お店は、間口が広くあまり奥行きのない造りで、奥に厨房があり、その手前にカウンター席があるだけの小さなお店です。あまり綺麗とは言えませんが、昭和を感じさせてくれるような、懐かしく庶民的な雰囲気が大好きなお店です。午後12時10分過ぎに着きました。満席かと思ったら、ちょうど1席だけ空いていました。店内に入ると『ワンタンなくなっちゃった!』とのおばさんの明るい声が…。『ワンタンメンの中ね?』と聞かれるのを予定していたので、だいぶ違っちゃいました。麺とスープはあるので、昼食にはなるでしょう。
メニューは、支那そば、チャーシュウメン、メンマラーメン、ワンタンメン、チャーシュウワンタンメン、ワンタン、冷し中華(夏季)などがあります。麺の量は、普通、中盛、大盛があります。しかし、ワンタンが売り切れ、ワンタンの付くものはありません。Next定番的な支那そば(中盛)にしました。
良く見ると厨房中央の冷蔵庫にはワンタンが売り切れの貼紙がありました。
おじさんとおばさんで切り盛りしています。出来上がり待ちのお客さんも多いのですが、明るいおばさんの声を聞いていると待ち時間も苦になりません。
次の作り始めに間に合わせてもらえ、かなり早めに出来上がってきました。
黒く渋もの器に澄んだスープが上品です。結構ボリュームがありそうです。
麺は、極細に近い弱い縮れで、シコシコした歯応えが楽しい好みの麺です。
スープは、塩で味付けしたすまし汁のような透き通った綺麗な仕上がりです。昆布ダシの旨みと深い味わいの和風スープです。これが支那そばでしょう。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、うるいかな、鳴門、ねぎになります。歯応えのあるチャーシュー、輪切りねぎの香りがスープとよく絡まります。
お吸い物かのようなスープのとってもヘルシーな支那そばをいただきました。支那そば(中盛)は、好みの味でボリュームもありながら700円とお手頃。信吉屋で一番コストパフォーマンスが良い一品です。御馳走様でした。
待っている間に出来上がってくるものの中には、ワンタンメンもありました。タッチの差のようです。ワンタン類は正午までの注文なら大丈夫そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.17

製麺屋食堂 聖籠店

製麺屋食堂 聖籠店

聖籠町の「製麺屋食堂 聖籠店」です。
国道7号線(新新バイパス)蓮野インター近く、SUPER CENTER PLANT-4の駐車場内の蓮野交差点寄りにあります。ロッテリア新潟聖籠店の隣になります。
前を通った時、聖籠店で食べていなかったような気がしてお邪魔しました。
お店は、入ってすぐにその広さに驚きます。右側にちょっと入り組んだ厨房、厨房向きににカウンター席、中央に数卓のテーブル席、左側に小上がり的に使用されている座敷があります。大きな座敷というか、広間のような和室が4室も連なっています。和定食の大きな食堂って雰囲気です。午後2時20分過ぎに着きました。かなりのお客さんですが、お店が広いため空いて見えます。
メニューは、全て写真入りです。中華そば、夜鳴きそば、ちゃあしゅうらぁめん、塩らぁめん、塩ちゃあしゅう、味噌らぁめん、味噌ちゃあしゅうめん、特製味噌らぁめん、辛味噌らぁめん、背脂らぁめん、背脂ちゃあしゅうめん、特製背脂らぁめん、背脂野菜盛、背脂味噌らぁめん、背脂味噌ちゃあしゅう、特製背脂味噌らぁめん、背脂味噌野菜盛、もやしらぁめん、五目うま煮そば、野菜タンメン、あごだしらぁめんなどがあります。味噌らぁめんにしました。
その他にも、焼きそば、チャーハン類、丼類、定食、魚定食など豊富です。
胎内店で食べた時は時間がかかりましたが、普通に出来上がってきました。

製麺屋食堂聖籠店 味噌らぁめん

すり鉢の器に山盛りの野菜、ボリュームがありそうな盛り付けになります。
麺は、平打ちやや太めの縮れ。バランスが良く、とても気持ちの良いです。
スープは、味噌味はしっかりしていますが、あっさりした感じのものです。
トッピングは、チャーシュー、キャベツ・もやし・きくらげの炒め物、コーン、ねぎなどです。炒めものだけでも、かなりいいボリュームになります。
気持ちのいい麺と味噌味がしっかりしていながらあっさりのスープ、ボリュームのあるトッピングです。通常780円のところ、12月のおすすめで50円引きの730円でした。なんか得した気分が心地よい一杯でした。

製麺屋食堂聖籠店 夜鳴きそば

相方が食べた夜鳴きそばです。680円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«鈴木鮮魚店