« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006.06.30

らーめん処 潤

らーめん処 潤

柏崎市の「はじめや」が「潤」になりました。
安くて美味しいお店だと思っていましたが残念です。
系列店だから、名前の知れた方にしたのでしょうか?
「潤」が支店を「勝」で暖簾分けして、「はじめや」は取り込んでと激しい新潟のラーメンを象徴しているようです。
ホームページが追い付いていないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くいしん坊

くいしん坊

柏崎市のくいしん坊です。以前お邪魔したときはラーメンを食べましたが、今日は、マーボーメンを食べたくてお邪魔しました。
普通の辛さ・中辛・大辛・激辛が同じ値段で食べられます。味噌味も同じ値段です。と言う訳で大辛みそマーボーメンにしました。
麺は、普通の太さの縮れ麺で、あまりどうこう癖のない麺ですかが、マーボーメンみたいな中華系の他の味と絡むには適した麺です。
スープは、確かに味噌味ですが、マーボーの味が強くてあまり美味しさが伝わってきません。東横の味噌のような強烈さがあっても良いかも知れません。
麻婆豆腐は大辛ですが、カレー屋で過去に辛過ぎて美味しさを感じられずに食べたようなきつい辛さはありません。甘みも適度にあり、美味しい麻婆豆腐です。野菜は、韮が少し入っています。韮は味噌に良くあいます。
麻婆豆腐とは別に、茹でモヤシものってます。
なかなか美味しいマーボーメンでした。これで500円で食べられるんですから凄いことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.29

大積パーキングエリア

大積パーキングエリア

長岡市の大積パーキングエリアです。
高速道路のパーキングエリアやサービスエリアではあまりラーメンを食べないのですが、今日は時間の関係で大積パーキングエリア上線で昼食となりました。食券販売機を見たら麺類のメニューも意外と充実しています。こってりラーメンがあってパーキングエリアのこってりラーメンてどんなんだろう、と興味で食べることにしました。食券を購入し、半券を出して待っている間に周りを見ると

大積パーキングエリア

同じラーメンがお土産用で販売していました。『ガーン!』柿ポリフェノール入り…「無尽蔵」であまり好みじゃなかった麺です。ラーメンが出来上がる前から期待が薄れてしまいました。
ラーメンが出来上りました。普通の背脂チョット入りのラーメンです。
麺を食べるとそんなに変ではありません。太縮れ麺で良くある普通の麺です。全然普通です。
スープは、魚系の新潟らしいあっさりしたスープでダシは効いてますが塩分控えめみたいな良いスープです。
ただ、麺とスープの相性がもうひとつですね。麺を食べていると塩分控えめのスープとの絡みで味がないような感じになってしまいます。
大きい薄切りのチャーシュー、メンマ、岩海苔がのってます。
もうひとつ、ポテトサラダのような塊ものってます。良く見ると背脂の塊です。スープに掻き混ぜていただきました。
さっき販売してたお土産用のラーメンは、ここで出しているラーメンを販売用にしたのかと思っていましたが、もしかして、販売用のラーメンが先にあってそれをここで調理しているだけじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.28

麻の館

麻の館

長野県は大町市(旧美麻村)の麻の館と言う店でおそばです。
長野のラーメンも全然嫌いじゃないです。でも、道路沿いにそば屋やそば民宿だの看板があり、集落全部がそば屋みたいな所を通ったらやっぱりそばしかないでしょう。どの店どうこう考えないで入りやすい店に入りました。店の入り口の脇にはそばを打つ部屋がガラス張りでありますが、やってませんでした。
木の分厚い板のテーブルと切り株風の椅子の席に着きメニューを見ました。とろろ、天ぷら、山菜をはじめいろんなメニューがありますが、シンプルにざるの大盛にしました。
そば屋の待ち時間は嫌いじゃないですね。長野だけではないと思いますが、そば茶とお新香が出てきます。今日のお店は、キャベツ中心の一夜漬けでした。戸隠のうずら屋のみたいな野沢菜漬け好きなんですが、キャベツも甘みがあって美味しいものです。
そばが来ました。そばがらを入れないで挽いた白いおそばです。細めでチョット不揃いな感じです。以前松本の水車がシンボルになっているそば屋で食べたとき以来です。こういうそばも好きです。更科そばって言う種類になるんですかね。つゆにねぎとわさびと大根下ろしを入れて食べます。鰹節の香りと昆布のうま味の出た美味しいつゆにさらりと浸けていただきます。田舎で水が良いためなのか何の抵抗もなく、体が受け入れるように食べられます。半分程いただいて、そば好きには叱られるかもしれませんがゆず入りの七味があったのでつゆに軽く浮かして食べました。大盛りなのに楽々入っちゃいました。つけめんの1.5玉が普通に多いのが判ったような気がします。
そして、最後にそばゆです。そばつゆをそばゆで割っていただく、最高の時間です。
ざる大盛り850円で観光地寄りの値段かも知れませんが楽しんでいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小布施の栗ソフト

小布施の栗ソフト

長野県は上信越道上り線小布施パーキングエリアスナックコーナーの栗ソフトです。
休憩で小布施パーキングエリアに入ったら栗ソフトなるものがあるではないですか。アイスクリーム類の大好きな者にとって食べないで立ち去ることができずに…
色が少し黄色がかって栗らしい色です。ペロリ!濃いめの牛乳ソフトのような濃厚なミルクの味かと一瞬思えました。次にほのかな栗の甘さが判りました。とても軟らかい甘さなのでミルクの甘さに似てるんですね。
長野県はいろんなソフトクリームがあるから楽しみです。
ラーメンは、お腹の空き具合と相談しながら食べなきゃいけませんが、アイスクリームの仲間はお腹がいっぱいでも食べられますね。300円のソフトクリームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.27

将門

将門

新潟市の将門です。
チョット話がそれますが、今日の東京出張帰りの新幹線でのことです。
上越新幹線下りで越後湯沢駅にて、新幹線がホームに到着したのですがポイント故障で発車の見込みが立たないとのことでした。少し時間が経ったら、東京行きの「たにがわ」で上毛高原に戻り、後発の「あさひ」に乗って新潟に向かってくださいとのことでした。新幹線に乗っていた人が言われたとおり上毛高原に戻り後発の新幹線に乗って新潟方面に向かいました。車内放送で「越後湯沢ではポイント故障のためホームに新幹線を着ける事ができない。越後湯沢までの人は、一旦浦佐まで行って東京行きの新幹線で戻ってください。」とのことでした。
結局、上越新幹線の越後湯沢駅で新幹線がホームに入ってから、ポイントが故障して、本線と通過のためのホームのない線路が繋がったままとなってしまったようです。
それで、新潟駅に着く前の車内放送で「遅れて申し訳ございませんでした。27分遅れて到着です。」って、車掌さんの担当した新幹線は27分遅れかもしれないけど、先発の新幹線に乗ってた人は1時間遅れですから、残念!
でも、それだけのことでも1時間遅れでつけたのだからJRの好判断だと思いました、

で、新潟駅に着いたのですが最終バスも出た後で、家に帰って準備してもらって食べても時間がもったいないので、というか、本当はただ食べたいので、ラーメンを食べに行くことにしました。いつも通りにきんしゃい亭かなとも思いましたが、遅い時間は酔っ払い(同類)が多いのでチョット場所を変えて将門にしました。
他にも数人の一次会か二次会終了組、デート組らしき人がいました。
そんなこんなの一日だったので、え~い!と豪華に黒コク味噌めん(900円)にしました。
ラーメンが来て、やっぱ高いラーメンは違うわぁ。豪華豪華です。器の内側に海苔が襟を立ててるようです。その中には、キクラゲの千切り、茹でもやし、半熟煮たまご、チャーシュー、メンマが食べてくださいとばかりにトッピングされています。チャーシューは軟らかめの脂身程々でした。
具を適当に食べていよいよ麺に、箸を深めに入れ麺を掬ったつもりが、またキクラゲです。いや違う。色が同じ黒でも違いました。スープがちらりと見えたときに普通の赤に近い色でした。この店は、赤、白、黒の味噌ラーメンと黄のカレーラーメンがあった筈で、それぞれスープの色かと思っていたのですが、どうやら違うようです。黒は麺の色だったのです。食べてみるとプリプリ感の強い普通の太さの縮れ麺です。イカ墨かなとも思いましたが、メニューに結構能書きが書いてあるので見たら「食用炭」でした。健康に良いようです。味はチョットごめんです。
新潟県内で、変わった麺がいろいろありますが、好みの麺は今までありません。柿ポリフェノール、クロレラとか入れたものはだめでした。
スープは、八丁味噌ということで美味しい味噌です。味噌の美味しさ、味噌らしさ、味噌の甘さが美味しいスープです。背脂も入っています。背脂チャッチャではなさそうです。包丁で切ったような少し大きめの背脂です。
普通の麺で食べてみたい一品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅虎

紅虎

汐留の紅虎です。
今日は、東京出張です。日テレの汐留ラーメンを食べようと思って、新幹線の中で下調べをしたら火曜日は定休日でした。仕方がないし、時間もないし、近くのラーメンが食べられる店を探して行きました。
東京のオフィス街の昼はさすがに混んでます。それでも新潟の有名行列店に比べれば早く入ることができます。カジュアルな雰囲気の中華料理店です。普通のラーメンがなくチャーシューメンにしようかとも思いましたが、四川タンタン麺が一押しと言うことでそれにしました。
上品なうどんとかで使われている小さく深い器です。白い中華らしい器です。
四川タンタンメンと言うことでかなり辛いものを覚悟しましたが大丈夫です。後から辛さが多少きますが万代の四川飯店の陳健一の麻婆豆腐に比べりゃ可愛いもんです。
麺は、平打ち風のやや太縮れ麺で喜多方ラーメンそっくりの麺です。歯応えは、まあまあ良いのですが、今まであまり美味しい喜多方ラーメンを食べたことがないので、なんか心理的にだめですね。
スープは、ハヤシライスみたいな色でトロミのあるものです。タンタンメンらしい豆板醤の辛みと甘みがあります。辛みが違いますがカレーラーメンのような雰囲気とトロミのタンタンメンです。胡麻の風味はあまり感じられません。
具はない。辛みを作ったときの挽き肉のかけらがある程度です。
そんなに不味いとかは思いませんが、880円も出して食べるものではないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.26

東堀石門子

東堀石門子

新潟市の東堀石門子です。
最近、何度か前まで来たのですが定休日を勘違いしたり、臨時休業だったりして振られていました。やっと食べられます。ワンタンメンの大盛にしました。
カウンターだけの店なので作っているのが良く見えます。丼の縁に鰹節の練り物みたいなものを置いてます。最初は、石門子の冷しは器をラーメンと同じものにして、練り唐辛子を盛付けたのかと思いましたが、そこに熱いスープが注がれ普通のラーメンになりました。スープに加えるものらしい。
麺は、細麺の縮れでシコシコと歯ごたえの良いものです。
スープは、あっさりしていて澄んだスープです。醤油と言った感じより醤油と塩の中間のような印象を受けます。
ワンタンは、具は小さめで挽き肉が中心ですが、皮が軟らかくてツルツルして好みのワンタンです。
脂身が少なく硬めで薄味ですがあっさり系にらしいチャーシューが2枚、浅漬かりのメンマがのってます。
石門子の良い点は、それらが単体でも美味しいのですが全部が合わさったときのバランスです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

らーめんあおやま屯

らーめんあおやま屯

新潟市の「らーめんあおやま 屯」です。
新潟市県道16号線(新潟亀田内野線)沿い、ジャスコ新潟店北側青山T字路交差点から西方向に300m行った左側です。
着いて駐車場に車を入れようとしたら午後3時近いのに結構混んでます。空いてるところに車を入れ店へ。店もこんな時間なのに席も半分ぐらい埋まってました。
店に入りました。席はテーブル、小上がり、カウンター風に使える向かい合わせで中央に目隠しのある大きなテーブルがあります。
店員はカウンター風の席に案内しました。その雰囲気がちょっと嫌でした。言葉までは覚えていませんが、一人で行ったせいでしょうか?「こちらにどうぞ」と優しい雰囲気じゃなく、「この席を使うんだぞ」みたいな印象がしました。
木戸にあったときと同じで食券販売機です。食券販売機の隣に「衛生面から触らなくても良いものに触らないようにしています。ご協力下さい。」のようなことが貼り紙に書かれています。衛生的にはもっともと思いました。ちょっぴり寂しいような気もします。
この店は、テーブルにメニューが用意されているので一旦席に着いて、食べたいものを決めてから食券を購入するのでしょうか?
メニューは、最後に木戸の屯にお邪魔したときに比べ、らーめん(竹)、伊勢頭の塩ラーメン、豚つけが増えています。ラーメン(竹)は、普通のラーメンがチャーシュー2枚のところを1枚、玉子をなしにしてリーズナブルな値段にしているとのことです。「廉価版みたいで好みじゃない」と思っていたら結構注文している人がいました。特に女性にヘルシーと思われているようです。健康的には、それにしたいような気もしました。伊勢頭の塩ラーメンも食べてみたいと思ったのですが、売り切れでした。オープン直後なんでまだなのでしょうか?伊勢と付いているので海老の頭の殻に熱を加えてダシを取っているのでしょう。
オープンのご祝儀も兼ねて自分なりの豪華さでラーメンにしました。
麺は、多加水熟成手揉麺とのことですが、良く判りませんが、最後まで美味しく頂ける麺です。普通のやや縮れの麺ですが、口の中でスープが絡められた麺を噛んだ時の官職が良いです。そんなに特別変わった麺だとは思いませんが、スープとの相性もなかなかのものです。
スープは、これぞダブルスープと言うものでしょう。魚介の風味と動物の旨みが、まろやかな味わいになって麺を美味しく包んでくれます。あっさりでもなく、コッテリでもない、まろやかな美味しさです。色もダブルスープらしい半分濁ったような醤油色のスープです。小さな柚子の皮も入ってあっさりした感じを与えてくれます。
チャーシューは、1枚物で脂身の混じり具合も良い、美味しく味付けされたものです。ラーメンには2枚入っています。見た感じ普通ですが、味・シャキシャキした歯応えも良いメンマ、半熟玉子半個、海苔ものってます。
前の店でも値段が高かったように記憶してますが、またチョット値上がりしてます。それでも充分値段だけのことはあるラーメンだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.25

天外天  (オープン)

新潟大学駅前の牛太郎→道楽→小桃林→天外天のようです。

天外天

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ことぶき屋大形店  (閉店)

ことぶき屋大形店閉店しました。

ことぶき屋大形店


| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゃじゃうま  (閉店)

新潟市のじゃじゃうまが閉店しました。

じゃじゃうま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.24

よし田亭

よし田亭

新潟市(旧潟東村)のよし田亭です。
6月20日にオープンしたばかりで、店の周囲や駐車場は花輪でいっぱいです。駐車場は12台程とめられるようになっており端の方にとめ店の前へ。3人の家族連れが待っています。混むことが判っていたのでしょう、外には椅子が置いてあります。外観は「ログらあめん」という店の肩書き通りのロゴハウスです。
間もなく3人家族が店の中に案内されて入りました。自分の順番になり店の中に案内されました。店の中もログハウス風のかわいい内装です。厨房側の壁はステンレスの板で覆われています。4人掛けのテーブル2組とL字形カウンターです。カウンターのちょうど角の部分に座りました。カウンターは狭くないのですが、足の置き場がチョット困りました。ラーメンとチャーシューメンとつけめんのシンプルなメニューです。ラーメンをオーダしました。

よし田亭

麺は、細縮れでやや軟らかめですが、食べてるとなかなか良い歯応えかなとも思えてくる麺です。あっさり目のスープに合う美味しい麺です。
スープは、醤油色の薄い色で、醤油の美味しさと動物系の旨みのあるあっさりしているけどまろやかなコクのある美味しいスープです。
脂身の少ない厚みのあるチャーシューは、軟らかいけど脂身が少ないためか程好い歯応えもあります。味も良い感じの味付けがされています。軟らかいけどシャキシャキ歯応えのあるメンマ、半熟玉子半個、海苔がのってます。
食べる場所の少ない巻潟東インターチェンジ近くに、良い店ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.23

あおやま 屯  (移転)

屯

今日、仕事の関係で青山のジャスコ近くを通りました。
なんと、ようやく、あのお店に新店がオープンしてました。
「屯」です。
新潟東地区のイトーヨーカ堂の近くの判り難い場所にありましたが、今度の場所は良いかな。
「山頭火青山店」→「道楽」→「おてもやん(期間限定)」と変遷をたどった建物ですが、今度は長続きするでしょう。「山頭火」は値段が高かった。「道楽」は新潟市西地区に2店舗もいらなかったのでは(共倒れ)。
「屯」は、好きなラーメンですが、最近、多い味のタイプなのが気になりますが、大丈夫でしょう。
頑張ってもらいたい。

ご参考:以前のお店は今  中華料理宅配 上海龍(シャンハイドラゴン)

上海龍

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもだかや

新潟市のおもだかや女池店です。
今日は、昨日以上に遅い時間になってしまって連続で営業している店ということでお邪魔しました。やはり他にはお客はいませんでした。どれにしようか悩みましたが、食べたことのない「野菜たっぷり」とサブタイトルの付いた「おもだかそば」にしました。
ラーメンの器はすり鉢みたいな器です。本当にすり鉢みたいな器のお店もありますが、ここは色合いが似ている器です。
麺は、細ストレートてシコシコした美味しいものです。あっさりしたスープに良く合います。
スープは、鰹ダシが効いた醤油味です。あっさりした美味しいものです。
変な時間だったのでスープを仕込んでいる様子も見えました。スープの寸胴鍋にはチャーシューも入っていました。肉の塊をガーゼで包んでさらにタコ糸で縛っています。
タマネギがそのままと大きな昆布も入っていました。それらは掬い上げられるとゴミバケツに捨てられました。
程々の弾力があり味付けもしっかりされたチャーシュー2枚、浅漬かりのメンマ、わかめ、くきわかめ、茹で野菜がのってます。茹で野菜は、キャベツ、もやし、人参に小さな肉です。小さな肉が入っているから茹でじゃなく炒めかもしれませんが食べた感じは茹で野菜です。
好きな海草類も入ってヘルシーな「おもだかそば」650円はなかなかじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.22

土佐屋

長岡市の土佐屋宮内店です。
長岡のラーメン激戦区に魚沼市(旧堀之内町)から挑んできたお店です。知り合いが土佐屋の塩は美味いと言ってたので食べてみることにしました。
自動販売機で食券を買うスタイルです。自動販売機のボタンを見ると各ラーメンの下に(中盛・大盛)と書いてあり、食券販売機には(中盛1.5玉、大盛2玉、残さないようにして)と書いてあります。ラッキー!中盛にしようとが思い、塩のバリエーションを見ると塩、背脂入り、チャーシュー入り、背脂チャーシュー入りとありますが、オーソドックスにただの塩ラーメンにしました。
店に入ると右側が小上がり中央がカウンター左側がテーブル席です。カウンターに座り食券を渡し待っていました。すると11時から14時の禁煙時間が終了したので灰皿をテーブルに置いて回ってます。関心関心。とか見てたら中盛にしてもらおうと伝えるのを忘れていました。もう麺を茹で始めているようなので諦めました。
ラーメンがきました。最初にレンゲでスープを一口飲みました。ゴマのトッピングのせいかマルちゃんの塩ラーメンに似た好みのスープです。他の店で食べた塩ラーメンでは、マルちゃんの塩ラーメンの方が美味しいじゃないかと思うこともしばしばでしたがここはいけます。塩らしさもありコクとまろやかさもあります。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合ですがプリプリした感触の良い麺です。スープの塩味にもマッチしています。
薄切りですが大きめで弾力があり程良い味付けのチャーシューが2枚、かなり良く漬けられたメンマ、海苔がのってます。
中盛にできなかったのは残念ですが美味しい塩ラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.21

蓬来軒

新潟市の蓬来軒です 。
石門子東堀店にお邪魔しようと思い、前回定休日だったので定休日でないことを確認して行きましたが、暖簾が下がってません。貼り紙があり臨時休業でした。
それではと、近くてそれなりに美味しいラーメンが食べたいと思い蓬来軒にしました。店の遙か遠くから冷し中華の青い幟が見えて営業していることが判りホッとしながら向かいました。今日も混んでます。テーブル席はいっぱいでカウンターが2席空いているだけです。カウンター席に座りました。新潟ラーメン博(金曜・土曜・日曜開催)に日曜のみ出展し、早めにスープ切れで閉店してたので人気を呼んで混んでたらと思いましたがいつも通りで何か安心しました。
何にしようかメニューを見ながら、周りの人が食べてるのを見ると焼きそばやご飯物も美味しそうですが、五目っぽいのを食べたいと思いましたがないので、あんかけ風で比較的近い広東めんにしました。
って、待ってる間に隣の会社員風の人、チャーハン食べ終わってマンガ見ながらたばこ吸い始めちゃいました。風上は勘弁してくれ!最近のおじさんはマナー悪いね。ほんと最近は若い人のマナーの方が全然良い。
ちょうどそのたばこが吸い終わる頃広東めんがきました。普通のラーメン用の器に波々とあんかけがあります。こぼれないか心配になりますが余計な心配でした。あんかけのとろみが強くてこぼれことはなさそうです。
具の方をチョットいただいて、麺を下の方から引っ張り出してとろみのある具と絡めていただきました。最初に驚いたのは、細い麺ですが結構コシがしっかりしてて上から引っ張り出しても千切れることはありません。細い縮れのある麺は、あんかけ絡んでなかなか美味しいしっかりした歯応えもあります。麺を絡めながらあんかけも一緒に食べると美味しいんだけど初夏と梅雨で汗の出そうな日にはチョット辛いかも知れません。
スープは、塩味であっさりしていながらもダシが適度に効いて、甘みは少なめかもしれませんが、塩らしい味の纏まりが感じられる美味しいものです。
具は、中華丼と同じ具の模様です。厨房の奥から「先に広東めんを出して!」とか行ってます。私が店に入った跡に私の風下に座った人が注文した中華丼がチョット遅れて来ました。やはり一緒に調理したのでしょう。
とろみの強いあんかけです。白菜、もやし、人参、ピーマン、玉ねぎ、筍、椎茸、キクラゲ、豚肉などが入っています。塩で味付けられたあんかけは、あっさりしていながらも味わいに奥行きを感じます。こちらもスープ同様に甘みが抑えられているように感じます。
好みとしては、やはり醤油ベースの味の方が好きですが、これもこれで美味しいものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.20

支給弁当

今日は、職場の行事で昼食(弁当)付きでした。
個人的には、それを食べないでラーメン屋に行きたかったのですが、貧乏の性なのかタダの言葉に弱くて美味しくお弁当をいただきました。
職場の行事は年1回で700円程度の予算のお弁当ですが、予め人数が把握できて予約を入れるので結構良いお弁当です。
バランスのとれたおかずと味付けがあっさりしているのが好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.06.19

三吉屋

新潟市の三吉屋(本店)です 。
今日は、三吉屋へ向かう途中、店に近くなったあたりでニッカボッカスタイルの3人が前を歩いていてました。「この人たちも三吉屋かな?チョット待ちが入るかな」と思いながら行くと、やっぱり三吉屋でした。いつもの通り相席で、前の3人はテーブルに案内されました。それに続いて店に入ったらカウンターの端が空いていて案内されました。
店に入ってビックリです。英語を喋っている外人が10人くらいいて2テーブルに別れて座って食べていました。
ラーメンを注文し待っていると食べ終わった外人同士が話し始めました。外人の会話は声が大きめなのは判っていました。今日の外人は煩さくない方でした。
やがてラーメンがきました。細い!この前の丸木屋も麺が細いと思いましたが三吉屋もやっぱり細い麺です。スープもあっさりだけどダシの効いた美味しいものです。脂身の少ない歯応えのあるチャーシュー、メンマ、鳴門がのってます。
今日も美味しくいただくことができましたが、英会話を聞きながらのラーメンはチョット苦手です。国際的な三吉屋は嬉しいような寂しいような気分でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.18

アイスクリーム&バーベQ

今日は、子供のゲームソフトの購入で新発田市へ行きました。
ゲームソフトを探している間に、車の中は結構暑くなりアイスクリームのリクエストとなりました。
と、いうことで西新発田のジャスコ西新発田店にお邪魔しました。
近くに仕事で通りかかったときにサラッと見ましたが、やっぱりショッピングセンタージャスコです。新潟には、スーパージャスコしかないからちょっと羨ましい。でジャスコの中にもラーメン屋があり、チョット食べたいような気もしましたが夕飯の時間もあり、我慢でアイスクリームです。
サーティワンで子供達と食べました。ダブルでもう一個サービスでトリプルになるのですが子供達にはダブルがちょうど良いようでダブルで食べていました。もったいない。最近、子供達とアイスクリームを食べてなかったので楽しいひと時でした。
その後、食材を購入し自宅でバーベQです。
また、今日は「父の日」だから、新潟市内の銭湯が父親と小学生が無料なのでバーベQが終わり次第行きます。
我が家のバーベQは、大きな四角い七輪で備長炭を使用してやります。紀州産の備長炭は値段が高いけどもちが良い炭です。しかし、自宅で行うバーベQでは、そんなに長い時間必要ないので、最近は中国産の備長炭を使用しています。それでもなかなか火が付かないので、安い炭を使用し、まずその炭に火を付け、その炭で備長炭に火を付けています。何で備長炭を使用するかというと、ほとんど炎がないことです。普通の炭だとずっと小さな炎が出ていて、肉や野菜などが焦げてしまうからです。備長炭は、鉄を焼いたように真っ赤になりますが炎が出ないんです。肉の脂が多量に落ちたときと網に脂が付いた時に炎が出るときが、たまにある程度です。
そろそろ炭の具合も良くなってきたので始めましょうか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.16

奥次郎

新潟市(旧亀田町)の奥次郎です。
今日で3回目になります。今日も一緒に仕事をしている人と(前回東横に一緒に行った人)来ました。今度は連れに塩を進めて、自分はまだ食べたことのない味噌にしました。
麺は、プリプリしたやや太めの縮れ麺です。そんなに太くなく良い感触です。美味しい麺です。
スープは、味噌の美味しさと野菜から出ていると思いますが結構甘さが感じられます。まろやかで濃厚なタイプで、麺との絡みも良好です。柚子でしょうか柑橘系の香りがして濃厚なスープにあっさり感を感じさせます。醤油系のラーメンに柚子は美味しいと思っていましたが、味噌もなかなか良いじゃないですか。
器の中心にもやしがのってます。山盛りと言うほどでもありませんが、一応のってると言うよりも多めです。キャベツとかも一緒に炒めた野菜炒めが好きですが、残念ながら茹でもやしです。その隣にはコーンがレンゲ1盛り分ぐらいのってます。そんなものかなと思っていたら、もやしの下に軟らかめで縁に炙りの跡のあるチャーシュー、メンマもありました。なんか、それだけで嬉しくなりました。チャーシューやメンマがあれば茹でもやしでも納得です。
半分くらい食べてから、好みで入れてくださいと紹介されていた辛味味噌を加えました。あまり辛いラーメンは得意ではありませんが、これは美味しい。もともとのスープの甘さが辛味によって締まって良い感じのスープになります。辛味味噌にも柚子が入っているのかどうかは不明ですが、柚子の香りもいっそうあっさり感じさせてくれます。
一杯で二度楽しいラーメンでした。650円です。700円が当たり前の新潟の味噌ラーメンではお得感もあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.15

青島

新潟市は、西堀の青島です。
この前、長岡の曲新町店にお邪魔したしたが、久しぶりの青島のような気がします。以前が週一ぐらいで食べてたときもあるのでそう感じるのかも知れません。12時過ぎに店に着きましたが、今日も混んでます。待ちの3人目でした。
ラーメンの食券を購入し待つと程なく座れました。
待ってる間に隣から生姜醤油の良い香が漂ってきます。絶えられずに生唾を飲みながら待ってました。最近、西堀店の店員はおじさん2人のことが多いようです。以前は3人のときもあったのですが…ようやく自分の前にラーメンが運ばれてきました。
麺は、普通の太さで自然な縮れでどちらかというとストートに近い、ツルツルモチモチしていて美味しい麺です。生姜醤油の濃いめの味で合います。
スープは、長岡生姜醤油。しっかり醤油の味が濃いめに伝わってきます。メリハリとパンチの利いた美味しいスープです。適度な油も良いですね。今日のスープはいつもより澄んでるように感じられました。
歯応えを楽しめて味もよいロース肉チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、海苔ものってます。
美味しくいただきました。
チョット気になったのが他のお客さんで年配の女性2人と男性1人、それぞれ別で何も関係ないと思いますが、帽子を被って食べてるではないですか?なんか残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.14

信吉屋

新潟市の信吉屋です。
今日は、三吉屋にしようかとも思いましたが、しばらく信吉屋にお邪魔してないので信吉屋にしました。12時10分過ぎに店に着いたら、ラッキー!ちょうど1席だけ空いてました。一番端でした。「支那そば」と言うと「普通盛り?」と帰ってきました。男性だと中盛りとか大盛り頼む人(でもスープたっぷり残すもったいない星人)も多いからそんなものかな思いつつ「普通で!」と注文しました。隣の人が、冷し中華を注文して先に来ました。レモンを絞りました。良い香りがほんの少しだけ来たような気がしました。と、思っていたらレモンの汁が結構飛んできました。隣の人は気付いていないようでそのままです。まあ、そんなのはどうでも良いけど信吉屋の冷し中華も好きなので、そろっと暑い日には食べてみようかなとも思いました。
支那そばは、ラーメンなんでしょうか?と思うときがあります。信吉屋やおもだかやの支那そばは、ラーメンとは違った次元の食べ物のような気がすることがあるのです。ラーメンや中華そばは麺がやっぱりラーメンなんです。スープもいろんなものがありますがラーメンなんです。支那そばは、麺もラーメンよりもそうめんとか冷麦とかに近い麺の感触に感じてしまいます。スープも和風です。あっさりしており、飾らないダシの本当の美味しさを感じさせてくれます。
今日も美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.13

白寿

新潟市の白寿です。
昨日の丸木屋での細麺に満足を覚え、今日は三吉屋でラーメンでも食べようと思い向かいました。店の近くで暖簾が下がっていないことに気が付きました。入口の戸の脇に定休日の札がかかってました。あ~やってしまった、しょうがないやって、信吉屋か白寿のどちらかにしようと思いました。とりあえずかな?近い方で白寿にしました。
今日も混んでました。カウンターが2席あいてるだけでした。カウンター席に着きうま煮ラーメンを注文しました。奥のセルサービスの冷水機に行きたいけど混んでるので、まっいっかで水なしで待っていました。
今日は、作ってたうま煮なくなり作るところでした。熱々のうま煮が食べられる喜びで作るのを見ながら待つことにしました。最初に、白菜から切り始めました。白菜の外の葉を剥いて良く見て捨てました。何枚か捨てて、それから使えそうな葉を4〜5枚取り大胆に斜めに包丁を入れて切り、大きなザルに移しました。外の葉を取られてやや小さくなった白菜を4つに切りそれらも斜めに大胆に切りザルに移しました。今度は玉葱を2個取りこちらは普通に切ってザルに入れました。中華鍋に油を入れ先程の野菜を入れ炒め始めました。途中で挽肉や調味料やスープを入れ、炒めてるうちに量が少なくなり大きなザルの野菜が全部入ってしまいました。さらにもやしを入れました。最後にお玉に生玉子3個を取り出し軽く混ぜてうま煮にかけるように入れサラっと混ぜて出来上がりです。
うま煮を作っている間に勘定を置いて帰る人あり、次の客も入ってきました。最近のラーメンに興味のある人はインターネットとかiモードとかで情報を仕入れて白寿は「うま煮」と知っているでしょうが、通り掛かり年配の人はそうはいかないようです。うま煮を作っている間に、まず最初60代後半の夫婦がやってきました。席に座ると「餃子下さい。」…店主は「餃子やってません。今の時間はラーメンとうま煮ラーメンです。」と言うと、その客は壁に貼ってあるラーメン、うま煮ラーメン、もやしラーメンのメニューの貼紙を見て「もやしラーメン2つ。」と言いました。店主は再び「今の時間はラーメンとうま煮ラーメンです。」と言うと客は「ラーメンとうま煮ラーメン。」と注文しました。やっと終わったかと思っていると、今度はも70代ぐらいの夫婦がやってきました。こちらも席に座ると「餃子下さい。」、店主は「餃子やってません。今の時間はラーメンとうま煮ラーメンです」と不機嫌そうに言うと客は先ほど客同様に壁のメニューを見て「もやしラーメン2つ」と言いました。店主は「今の時間はラーメンとうま煮ラーメンです」と言うと「ラーメンともやしラーメン」と言いました。店にいた他の客は笑いをこらえるのが大変でした。先ほど入ってきた60台後半の夫婦も苦笑いしてます。店主は「だから今の時間はラーメンとうま煮ラーメンです」と言うと「ラーメン2つ」と言い注文が終わりました。嘘のような本当の話です。まあ、街の中華屋さんに入った気分で注文しているのでしょうからしょうがないでしょうね。白寿の入口も中華と書いてますからね。
なんて、楽しい笑いをいただいていたらうま煮ラーメンができました。今日は溢れそうなくらいの盛ではありません。
今日もあんかけの隅の混じっていないスープをレンゲで掬って飲んでみたした。あっさりした中華風のスープです。やっぱりこれだけでも良さそうです。今日は、あんかけと麺を混ぜながら食べました。あっさりしたスープと良い感じに味付けられた白菜中心のあんかけが調和して美味しいんです。
今日は、演芸劇場にも負けない楽しいお店でした。食べるのだけでも満足なのにお腹の皮が…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.12

丸木屋

新潟市の丸木屋です。
本町通九番町にあります。タキザワガレージの近くです。
店の前に貼紙があり4台分の駐車場を確保したようです。
店は木をふんだんに使っていて、中に入るとログハウスかロッジにいるような感じです。
カウンターとテーブル席です。12時過ぎに入ったときはそんなに混んでませんでしたが、やがていっぱいになり相席をお願いする程になりました。
細麺が食べたくなって三吉屋にしようか、丸木屋にしようか、蓬莱軒にしようかと考えましたが、お腹もすいていて大盛りが50円増しと安い丸木屋にしました。
もちろんラーメン大盛りにしました。
最近、細麺を食べていないせいでしょうか麺がやけに細く感じます。それとも本当に細くしたのでしょうか。カップのはるさめヌードルのような細さです。優しいスープと絡まってなんとも言えない美味しさです。
スープは、やや薄味ですがダシが効いていて美味しいスープです。動物系と魚系を使っていると思いますが、あっさりしているけどまろやかなんです。野菜から出ていると思いますが甘さがなんとも上品です。
チャーシューは2枚のってます。やや軟らかめで口に入れたときは薄味で好きじゃないタイプかと思いますが、噛むと薄味なんですが良い味付けがされていることに気が付きます。メンマは、やや薄い漬かりかなといった色合いですがなかなか良い味で見た目より軟らかい歯応えです。ほうれん草ものってます。
まろやかであっさりで上品で、好きなラーメンとはチョット違うような雰囲気なんですが、美味しくて大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.10

スローフード・スローライフ展にいがた2006

今日は、新潟県立万代島美術館の「印象派と20世紀の巨匠たち」展を観に行ってきました。
ベオグラード国立美術館収蔵のモネ、ルノワールからゴッホ、ゴーギャン、マティス、ピカソまでフランス近代絵画です。ご想像の通り消化不良です。万代島美術館は、土日に14時から学芸員による解説があります。今日もそれを聞いてからですが…
帰りに、朱鷺メッセで行われている「スローフード・スローライフ展にいがた2006」に行きました。
新潟県内企業の物産展ですね。
食品関連とリビング小物が中心となっています。
「かも鍋」を買って食べました。もやしやキャベツなどの野菜が中心でヘルシーでした。
かみはやしのハム、原田の飲むヨーグルト、エチゴビール、栃尾のあぶらげを買って帰りました。
そんなに、たいしたことはなかったけれど、入場無料だから良いか?  満足・満足

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.06.09

健康食

健康診断会場でのとても健康的な食事をいただきました。結構、良かったけど、やっぱりラーメンでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.08

拾番

新潟市の拾番です。
なんと、明日の健康診断のために早めの夕食で、仕事中、なのだから素面でお邪魔しました。飲まずにお邪魔するの初めてです。飲まないとチョット遠いね。
今日は、早めの夕食でその後食べられないのでラーメン大盛りにしました。
器が大きいせいかチョット迫力もあります。
今日も、やや黄色みがかった、如何にも塩味らしい透き通ったスープです。魚系(鰹節と煮干)のあっさり澄んだスープです。あっさり塩のラーメンの中でもレベルの高いラーメンです。
そのスープから細縮れ麺を掬い上げます。プリプリと細麺らしい感触の良い美味しい麺に塩味のあっさりしたスープが良く合います。
チャーシューの厚さはそんなにありません。今日はいつもよりチョット脂身が多いかな。でも弾力のあるしっかりした歯応えと、塩味のラーメンに合うしっかりした味で楽しませてくれます。
メンマはこれまた浅い漬かりなのでしょうか、白っぽく澄んだスープに合います。味は塩味のスープに合うしっかりしたものです。
大盛り550円なのですから、スープを少しだけ残してしまいました。ごめんなさい。本当に満足の一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

れすとらん あい

新潟市のれすとらん「あい」です。
新潟市西地区の流通センターにある流通センター会館内の「れすとらん あい」です。
マーボーメンが評判とのことで、遠い昔食べたかも知れませんがお邪魔しました。会館の中のレストランそのものです。昼の営業時間外は喫茶室です。そして、新しい建物じゃないので今ひとつ暗いような感じがします。レストランですが、真ん中にテレビがあります。
もちろん、マーボーメンにしました。
普通のラーメン屋て大盛りで使っているような器でやってきました。
麻婆豆腐とスープが混じる前にスープをレンゲで掬って飲んでみました。麻婆豆腐のラー油が少し混じってしまいましたが、鶏ガラが中心となっているでしょう、あっさりしたスープです。
麺は、普通よりほんの少しだけ細い良くある感じの麺です。ツルツルしていて中華系には馴染む麺です。
麻婆豆腐は、直方体の形で、程良い大きさです。味は、結構辛めで塩加減や甘さともいい感じに調理されています。量もしっかりボリュームあります。鍋料理なんかで具を掬うときに使うような穴の空いたスプーンが付いてるのも嬉しいことです。
社員食堂のような感じで650円と安い値段で、美味しくたらふく食べられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.07

残念!

今日は、同僚と一緒でカレーライスになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.06

麦丸

新潟市の麦丸です。
赤道沿いの以前「おてもやん(第2期)」の跡にできたラーメン屋です。
ニラ唐辛子ラーメンが売り物らしくニラ唐辛子ラーメンの看板だらけで店の名前が全然出ていません。
店に入ってメニューを見たら、メニューの隅に麦丸と書かれているだけです。
ニラ唐辛子ラーメン、博多ラーメン、マー油ラーメン、魚ダシラーメンを中心にトッピングを追加したものがメニューになっています。
マー油ラーメンにしました。「おてもやん」どうこうとコメントが書かれています。次の移動場所が決まらなくて名前を変えて居付いてしまったのでしょうか?消費税程度におてもやんより安くしてあります。
麺は、細ストレートで九州ラーメンらしい麺です。噛み切るときの感じはもうひとつかな。
スープは、とんこつの白濁色です。とんこつらしい美味しいスープです。メニューの写真を見ると博多ラーメンの方が白い白濁色なのに対して、マー油ラーメンはやや醤油のようなチョット茶色がかっています。マー油の色のせいでしょうか。マー油が焦げたような深みのある味わいになっています。
硬いチャーシュー、海苔、キクラゲの千切り、万能ねぎがのってます。
九州ラーメンらしく麺の量が少ないのですが、ランチタイムご飯無料でセルフサービスです。自分で食べれる量のご飯とキャベツの浅漬けを取り、ラーメンのスープを味噌汁代わりに食べました。
まあ、ラーメン600円ということで安くはありませんが、ライスを食べてちょうどそれなりでしょうか。マー油ラーメンは熊本ラーメンとのことで、味千拉麺が閉店した今貴重な熊本ラーメンを食べられる店です。九州ラーメンも好きなラーメンなのでチョットおまけしてチョット美味しく食べたことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.05

健龍

新潟市の健龍です。
ときめきラーメン万代島の出店期間満了で、チャレンジャー本間が健龍として移転オープンしました。 大堀幹線沿いで店は判り易いのですが駐車場があまり広くありません。以前は「ぐゎらん洞」の時は店が狭かったのですが奥に広げたようで広々してます。ラーメン、塩、味噌、つけめんとメニューの品数は多い方ではありませんがひと通揃ってます。
らーめんにしました。
麺は、細ストレートです。軟らかい感じですがツルツルしてまあまあ美味しい麺です。最近、硬いコシの強い麺が多かったのでなんか逆に安心します。
スープは、醤油味が美味しいものですが、色が醤油の色に加えて何か黒っぽい感じです。濁りもややあります。程良い甘みがあり、いろんな素材でダシを取っているのでしょう。寄せ鍋の最後に残ったスープのような複合的な美味しさです。生姜の香りも結構します。長岡生姜醤油よりも優しい感じです。
軟らかく味の薄い好みじゃないチャーシュー、メンマ、ワカメ、味・黄身の硬さが良い(好きな)半熟味玉半個がのってます。
ランチタイムサービスでコーヒーも付いてます。ホットだけじゃなくアイスもあります。
本当に500円で良いのかなぁと恐縮してしまう一杯でした。満足!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.02

三番館

柏崎市の三番館です。
柏崎市役所の前にあります。
場所は知ってましたが、初めての訪問です。
ビルの1階にあります。ビルの1階の通路を通って奥に入ると駐車場があります。三番館と書いた札の場所に車を止め店へ。赤を基調にした如何にも中華料理店て感じの店です。店の中央には、6人掛けの中華らしい中央の回るテーブルが2セットと、4人掛けの普通のテーブルが4セットあります。奥の壁には白地の大きな紙(模造紙4枚分ぐらい)に中華一品料理がズラーと書かれています。
店員が水とおしぼりとクリアケースに入った麺&飯メニューを持って来ました。ラーメンが500円、什錦湯麺(五目ラーメン)650円のどちらにしようか悩みましたが、人気メニューの什錦湯麺にしました。
中華らしい白い器です。下のお皿も真っ白です。
器の色と対象に、器の中は醤油の濃い色です。しょっぱいんじゃないか心配になりそうな色です。これまた真っ白なレンゲでスープを掬って飲みます。醤油味の美味しいスープです。中華らしいダシの効いたコクのあるスープで、今まで食べたものより醤油の味が活きたスープです。これだったらラーメンも美味しそうです。
その上の具は、鶉の玉子、海老、イカ、豚肉、キャベツ、筍、人参、キクラゲ、他にもいろんなもののあんかけです。色合いがこちらも濃い目ですが、こちらもしっかりしたけっして濃くない味でいや本当に美味しいあんかけです。とろみ具合もバッチシです。
麺は、やや細の縮れ麺であんかけ風のメニューには合う麺です。あんかけが美味しくさりげなくあんかけと絡んで食べれる麺です。この麺がラーメンの麺と同じだとチョットおとなし過ぎるかなとも思います。
本当に650円で良いのと大満足の一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東横

新潟市の東横シチクヤマです。
出張者と一緒の昼食です。チョットインパクトのあるものをチョット面白く食べれればと思いお邪魔しました。
みそラーメンは以前食べたので、野菜みそラーメンにしました。
すり鉢風の器に、野菜がたっぷりとのってきました。
野菜は、キャベツともやしのようです。山盛りというほどのことでもないので驚くほどの量ではありません。八珍亭なんかは驚くほどのってますから。ただ、濃い味噌味のスープを薄め用のスープで薄めるためか最初からスープが少なめです。野菜は下の部分を除くとスープに浸かっていません。野菜をのせてから濃い味噌味のスープをかけているのでしょう。野菜にスープがかかった跡があります。まずは、野菜をそのまま食べました。やはりスープがかかっていて良い味です。キャベツももやしも適度なシャキシャキ感が残っていてとても美味しい野菜です。
野菜を殆ど食べて麺に移ります。最初はそのまま食べます。濃いスープのまま食べると味噌と醤油の違いはありますが富山ブラックのような濃い味を感じます。丸い太麺で縮れで硬めのゆで具合です。この麺だけが嫌いではありませんが好みではありません。
出張者は、美味しかったと満足して貰えたので良かったと思います。
好みはあるけど評判の良い店は、やっぱそれなりに美味しいんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.06.01

吉晴三

上越市の吉晴三です。本店に行きましたが居酒屋でした。ラーメンではありませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥次郎

新潟市(旧亀田町)の奥次郎です。
今日で2回目になります。49号バイパス鵜の子交差点を、大野(旧黒崎町)方向に進み、すぐ右側に見えてくるラーメン屋です。オープンしてそんなにたってないので新しいままです。
仕事で会う方で新潟のラーメンの美味しさを教えてくれた人に『奥次郎の塩は美味しいよ』と教えて貰っていて、さらに今日一緒に仕事をしている人が奥次郎のラーメンを食べたことがないとのことでお邪魔しました。
迷うことなく浜塩ラーメンにしました。
麺は、プリプリしたやや細めストレートの近いスープと合っていて美味しいものです。
スープは、地鶏の美味しさがが効いているのでしょうか。煮干しの風味が活きているのでしょうか。塩なのにまろやかです。あっさりしています。あっさりしているんだけどまろやかです。
弾力にある味も優しいチャーシュー、小さめですがシャキシャキ美味しいメンマ、ほうれん草、斜め薄切りねぎがのってます。
なかなか良く纏まった美味しいラーメンです。630円も安くはありませんがそれだけのことはあるラーメンです。
帰り、ラーメン代を払っているとき店員に聞いたら「奥次郎ラーメン」は、人気がなかったので止めたそうです。確かに車麩のないほうが良いと思ってました。でも、店の名をつけたラーメンなら止めて欲しくなかった。夏には、夏用の新メニューが出るらしい。楽しみだ!でもラーメン界の夏はいつ頃なのかなぁ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »