« 小布施の栗ソフト | トップページ | 大積パーキングエリア »

2006.06.28

麻の館

麻の館

長野県は大町市(旧美麻村)の麻の館と言う店でおそばです。
長野のラーメンも全然嫌いじゃないです。でも、道路沿いにそば屋やそば民宿だの看板があり、集落全部がそば屋みたいな所を通ったらやっぱりそばしかないでしょう。どの店どうこう考えないで入りやすい店に入りました。店の入り口の脇にはそばを打つ部屋がガラス張りでありますが、やってませんでした。
木の分厚い板のテーブルと切り株風の椅子の席に着きメニューを見ました。とろろ、天ぷら、山菜をはじめいろんなメニューがありますが、シンプルにざるの大盛にしました。
そば屋の待ち時間は嫌いじゃないですね。長野だけではないと思いますが、そば茶とお新香が出てきます。今日のお店は、キャベツ中心の一夜漬けでした。戸隠のうずら屋のみたいな野沢菜漬け好きなんですが、キャベツも甘みがあって美味しいものです。
そばが来ました。そばがらを入れないで挽いた白いおそばです。細めでチョット不揃いな感じです。以前松本の水車がシンボルになっているそば屋で食べたとき以来です。こういうそばも好きです。更科そばって言う種類になるんですかね。つゆにねぎとわさびと大根下ろしを入れて食べます。鰹節の香りと昆布のうま味の出た美味しいつゆにさらりと浸けていただきます。田舎で水が良いためなのか何の抵抗もなく、体が受け入れるように食べられます。半分程いただいて、そば好きには叱られるかもしれませんがゆず入りの七味があったのでつゆに軽く浮かして食べました。大盛りなのに楽々入っちゃいました。つけめんの1.5玉が普通に多いのが判ったような気がします。
そして、最後にそばゆです。そばつゆをそばゆで割っていただく、最高の時間です。
ざる大盛り850円で観光地寄りの値段かも知れませんが楽しんでいただきました。

|

« 小布施の栗ソフト | トップページ | 大積パーキングエリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/10711022

この記事へのトラックバック一覧です: 麻の館:

« 小布施の栗ソフト | トップページ | 大積パーキングエリア »