« おてもやん | トップページ | 新横浜ラーメン博物館 »

2006.07.07

多賀野

多賀野

今日は、出張で東京です。品川区中延の多賀野で昼食を取ることにしました。東京の「中華そば」として、ネット上では評判のお店です。通常ある程度の待ち並びは覚悟しなくてはいけないとのことで、覚悟してましたが11人が並んでいるくらいで思った程ではありませんでした。
店に入って左側に食券販売機があります。今度またいつ来れるか判らないので最もポピュラーな評判の中華そばにしました。、購入した食券を店員に渡してもう一度元の列に並びます。
しかし、「初夏の東京、花曇りとは言えの良い天気の元並んでラーメンを食べる」と言うことは、感覚が麻痺した物好きか、ラーメンが情熱的に好きかでしょう。後者でありたいと思いますが危ないかも…。しかし、乗り換えやなんやかんやで歩いていたので汗が出ます。
やがて店内に案内されます。店は左側に厨房があり、それを囲むようにカウンター席、奥にテーブル席があります。カウンター席の奥に案内されました。
まもなく「中華そば」が出来上がって来ました。
勝手な憧れから来るものかも知れませんが東京のラーメンは、器のセンスが良い。新潟も良いと思いますがさらに磨かれたセンスがあるような気がします。古い店で昔から使っているような器でもそんな気がするのですから、器に対しても昔から考えられてたのでしょう。
麺は、普通の太さの丸麺で、固めで歯応えのある麺です。大勝軒のパスタみたいな麺を普通の太さにしたものです。美味しい麺かとは思いますが、チョット好みの麺とは違いました。
スープは、魚介系(鰹節・煮干し)が前面に出ていますが、動物系も使用されてそうです。醤油の味が活きた澄んだ美味しいスープです。カウンターに座ったので作るところが見えたんですが、大きな寸胴鍋から丼4配分ぐらいづつの小さな鍋にスープを移して作っています。その小さな鍋には金属製のざるが入っていて、その中へ携帯電話くらいの大きさのパックされた鰹節を3個くらいと煮干しを3本くらい入れてダシを取っています。ラーメンが出来上がる寸前でスープを完成させる珍しいやり方です。
固さ・脂身・味ともバランスの取れたチャーシュー2枚、味の良い美味しいメンマ、大きめの海苔がのってます。
中華そば600円でしょ。東京の家賃、人件費や素材を考えるとこれは凄いことかも知れません。でも、新潟は全国的に名の知れたご当地ラーメンこそないけど、「レベルの高いラーメン県」であることは確かです。確信できました。

|

« おてもやん | トップページ | 新横浜ラーメン博物館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/10825478

この記事へのトラックバック一覧です: 多賀野:

« おてもやん | トップページ | 新横浜ラーメン博物館 »