« 光龍 | トップページ | 楼蘭 »

2006.07.12

信吉屋

信吉屋

新潟市の信吉屋です。
奥行きのない店で、奥に厨房、手前にカウンターだけのお店ですが、今日は空いてます。他に客が3人だけです。
今日も、雨上がりで蒸します。それでも、もう少しがんばって温かいのを食べましょうか。ラーメンの基本は温かいのでしょう。って忍耐力で食べるんじゃないから「暑いんなら冷やしを食べれば・・・」なんですけどね。
で、支那そばにしました。
待っていると、隣のおじさん2人は冷やしの中盛りです。おばさんに『レモン搾って入れてね。はい、これで手を拭いてね。』と目の前にテッシュの箱が差し出されました。今日のおじさん達は上手にレモンを搾ったようです。去年は、隣に座った人の搾ったレモンの雫が飛んできてましたから・・・。美味しそうに冷やしを食べています。
やがて支那そばが出来上がりました。いつも通りの黒い器のあっさり支那そばの登場です。
麺は、はっきり言ってラーメンじゃないです。やや細麺でストレートに近い麺ですが、ラーメンと言うよりも、冷や麦とかそうめんに近い感触のものです。小麦粉の味が強いのかも知れません。
でも、この麺が昆布ダシの利いたスープと相まって美味しい麺に化けるのです。
このスープは、本当に和風です。お吸い物のようで、脂身のないチャーシューもあって、スープの上には油らしきものは全然浮いてません。珍しいくらいあっさりしたラーメンです。また、その昆布ダシと醤油より塩が多いのでしょうか本当に澄んだスープです。
もも肉らしいチャーシュー、小さなメンマ、鳴門、が乗ってます。本日の特選素材は、絹さやです。普段はほうれん草ですが、夏は絹さやです。逆の言い方をすれば信吉屋のトッピングが絹さやになれば夏なんです。
今日も美味しくいただきました。
やっぱり期待を裏切らないことが大事ですね。

|

« 光龍 | トップページ | 楼蘭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/10924580

この記事へのトラックバック一覧です: 信吉屋:

« 光龍 | トップページ | 楼蘭 »