« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006.09.30

大陶器市

今日から新潟テレサ前の空き地で、大陶器市が開催されます。
いいものがあるうちにと思い初日にお邪魔しました。

ラーメン用鉢2種類

家で食べるラーメン用の器も冴えないものだったので購入しました。

大陶器市 麺鉢①
面白い色のラーメンの器がありましたので購入しました。
写真を白黒で撮った訳ではありません。こういう色です。

大陶器市 麺鉢②
もともと欲しかった形のラーメン用の器も購入しました。
これで、家で食べるラーメンも美味しくなりそうです。

小鉢2種

これが目的の買い物です。
大好物の温泉玉子を美味しく食べられる器を探していました。
三越、伊勢丹、百均にもなかったけどようやく見つけました。

大陶器市 小鉢①
チョット高かったけど気に入ったので購入しました。
自分専用で1客だけ…

大陶器市 小鉢②
雰囲気が良かったのでこれも購入しちゃいました。

秋刀魚用皿

秋といえば秋刀魚の季節。
秋刀魚用に良い食器を持ってなかったので購入しました。
第2の目的の買い物です。

秋刀魚用皿
厚みとゴツゴツ感があって、気に入りました。
帰って早速秋刀魚を焼いて食べました。

やっぱり、器が良いと食べ物が一層美味しく食べられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きんしゃい亭

きんしゃい亭

新潟市の新潟駅前のきんしゃい亭です。
今週も仕事が終わって、運動して、きんしゃい亭のラーメンにニンニクを入れて食べることにしました。遅い時間(日付が変わってしまってました)ですがやってました。奮発して「ネギラーメン」にしました。
ニンニクと胡麻をたっぷり入れます。
歯応えの良い細麺、豚骨らしさが美味しいスープに、辛味と食感を楽しめるネギとの組み合わせも良いですね。
普通の「ラーメン」が500円に対して700円…200円UPは懐にキツイけどの満足の一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.29

そばよし

そばよし

柏崎市の「そばよし」です。
柏崎駅前からほんの少しの場所にあります。駅前食堂に近い雰囲気があります。ラーメン好きの先輩に『これから行く店のチャーシューメン美味しいから食べてみな!』と言われたのが「そばよし」の食べ始めでした。当時(昔)、花びら型にチャーシューを盛り付けてる店は知りませんでした(無かったかと思います)し、そのまたチャーシューの大きさにもビックリしたものでした。
店は、奥に長く右に厨房、中央にカウンター席、左にテーブル席です。
何年ぶりか判りませんがチャーシューメンにしました。(やっぱり値上がりしてました)
期待通りの大きなチャーシューが器からはみ出してます。チャーシューは、脂身が少なく縁の部分に僅かにあるだけです。厚さ、硬さがちょうど良く食べ易いものです。味は付いてますが薄味です。中央の具の下にもチャーシューがあります。とにかく、どっかのチャーシューを食べなければ麺にたどり着けないのです。
その麺は、丸めの普通の太さで縮れのプリプリした美味しいものです。
スープは、あっさりした醤油味のもので一般的な中華に近いのですが、もう少しだけ醤油の味が強く、少しだけしょっぱいかなと思います。
メンマ、鳴門、海苔も乗ってます。
ラーメンとしての味は、まあまあでしょうか?チャーシューの醍醐味を目と口で味わうことができました。これだけのボリューム感で700円だから良いと思います。
昔食べた時の味を良く覚えていないのですが、話題の中で「そばよし」と「こまどり」は『昔は美味しかった』と良く聴きます。そうなんでしょうか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.09.28

塩館

塩館

新潟市のこづち屋の跡地がようやく動き出しました。
塩ラーメン専門店『塩館』です。
10月中旬オープン!予定

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥次郎

奥次郎

新潟市(旧亀田町)の奥次郎です。
今日は、同僚と一緒に移動しています。なにを食べても美味しい店が良いだろうと思い奥次郎にしました。店は入って左奥に厨房があります。左手前に喫煙ができるカウンター席とテーブル席、中央部分は厨房に向かってカウンター席、右側がテーブル席になっています。12時前店に着きました。まだ、客はポツリポツリぐらいです。
張り紙があり、1周年記念(期間限定)黒胡麻ラーメン500円(1日限定30食)というメニューがあります。担々麺のようなものかなと思い食べてみることにしました。胡麻は、きんしゃい亭のらーめん(九州ラーメン)にかける程度で、辛いのもそんな好みじゃないので担々麺は殆ど食べませんが、ここなら好みに合う店なので大丈夫かなと思い食べることにしました。
出来て来ました。
『くっくっ黒い!』
黒胡麻と言っても多少黒いくらいかと思っていましたが、イカスミに近い黒さです。
驚いたのと『どんな味なんだろう?』と疑問が湧いてきました。まあ、目の前にあるのだし食べてみました。
麺は、普通のラーメンと同じ細目の自然な縮れのものでプリプリした触感と噛み切れ具合の良い美味しいものです。ただ、黒胡麻スープを吸収したからだと思うのですが、やはり黒っぽい色になってます。
スープは、黒胡麻の色で美味しそうには見えません。異様な食べ物に見えます。しかし、元々美味しい奥次郎のスープですから、スープの美味しさと胡麻の風味でまろやかなスープになっています。食べてるうち、本当にイカスミのように真っ黒い麺が現れました。正体は溶け残った練り状の黒胡麻でした。
軟らかく箸で摘もうとすると壊れそうなチャーシューは味も薄味ですが、軟らかいチャーシューにしては好みです。メンマ、ほうれん草、薄味で上品な美味しい半熟玉子半個も乗ってます。
担々麺とは全然違うものでした。醤油580円浜塩630円味噌650円の店が500円で提供しているお得なラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.27

蓬来

蓬来

新潟市の蓬来です。
新潟駅近くの東跨線橋と笹出線の交差点近くにあります。「ひさご」でも食べようかなと思い行ったのですがやってませんでした。最近「ひさご」の前を通るんですがやってるところを見てないような気もします。そこで廻りを見たら「ひさご」と交差点の対角線にラーメン屋がありました。
店の見た目は古くて、美味しいか並以下かどっちかのような雰囲気ですが、思い切って入ってみました。入って右が厨房、その前がカウンター席、中央から左側の手前がテーブル席、奥が小上がりになっています。12時30分過ぎにお邪魔しましたが、他の客は2人だけでした。ラーメン、うどん、丼物、中華飯、定食など豊富なメニューががあります。中華系の麺メニューも650円と安く手軽な値段の店です。最初なんでラーメンにしました。
他にも、出来上がりを待っている客がいて、厨房からは中華鍋を返すリズミカルな音が聞こえてきます。
ラーメンが出来上がってきました。お盆に乗って来たんですが、お盆の縁が大きく欠けています。他の食べてる人や片付けているお盆にも欠けてるものがたくさんあります。ちょっと酷過ぎるんじゃないかなと思いました。
ラーメンですが、麺は普通の太さの縮れたプリプリした期待した以上のものです。
スープは、醤油の効いたあっさりしたもので、普通の食堂の中華そばというよりも醤油ラーメンという名前を付けられるようなスープです。
チャーシューは、チョット厚めのものが2枚入っています。肉部分と脂身とはっきり分かれたものですが、肉部分がかなり硬めです。これだけの硬さならもう少し薄切りの方が良いと思います。味は中華風の薄味です。メンマ、蒲鉾も乗ってます。
500円の町の食堂のラーメンとしては上出来でしょうか。それから、あのお盆なら使用しない方が良いのでは…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.26

ちょこざいや火麿土

新潟駅前のちょこざいや火麿土です。
カクテルとお蕎麦が食べられる店なので重宝しています。

ちょこざいや火麿土 チャイナブルー

チャイナブルーです。
ライチ・リキュール、フレッシュ・グレープフルーツ・ジュース、ブルー・キュラソーが材料となっています。
静かに沈められたブルー・キュラソーが綺麗です。


ちょこざいや火麿土 テキーラサンライズ

テキーラサンライズです。
テキーラ、オレンジ・ジュース、グレナディン・シロップが材料となっています。
静かに沈められたグレナディン・シロップが綺麗です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梓川サービスエリア

長野県は長野自動車道の梓川サービスエリア下りです。

梓川サービスエリア わさびソフト

わさびソフトがありました。
北アルプスの綺麗な伏流水でわさび作りが盛んな場所がらです。
やっぱりありました。
わさびの辛味より、ハーブのような爽やかさが感じられるソフトです。
もう少し形良く作って欲しかった。

梓川サービスエリア わさびそば

わさびそばもありました。
わさびの茎や葉の茹でたものが乗ったそばです。
わさびの茎や葉の辛味と信州そばの美味しい組み合わせです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田屋

成田屋

長野県松本市の成田屋です。
松本にかなり透き通ったスープのラーメンがあるとのことでお邪魔しました。
ラーメンとワンタンメンが人気メニューとのことで、ラーメンにしました。
麺は、やや細の縮れでシコシコした美味しいものです。
スープは、鶏ガラの塩です。と言いたいところですが醤油らしい。色は黄色がかって透き通ってます。あっさりした美味しいスープです。
厚めで軟らかめでやや薄味のチャーシュー、シャキシャキしたメンマ、海苔、鳴門が乗ってます。
新潟市の拾番と似た美味しいラーメンでした。そうすると600円は高過ぎますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松代パーキングエリア

松代パーキングエリア

長野市の上信越道松代パーキングエリア上りです。
ソフトクリームのコーナーに、バニラと並んで「ブルーベリーヨーグルト」がありました。
果肉入りの甘酸っぱいソフトでした。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.25

ののや

ののや

新潟市の「ののや新潟駅南店」です。
三条市の店は以前お邪魔しましたが、新潟駅南店は初めてです。ちょっと値段が高いけど美味しかったように記憶してます。13時近くでしたが店に入ると席がいっぱいで待ちになりました。ほんの少しの待つとカウンター席に案内されました。
三条市の店では「醤油らーめん」を食べたので、今度は人気メニューの「塩らーめん」にしました。
出来上がるまで、麺の説明書きがあったので見ました。水分の少ない縮れ麺で茹でる前はボソボソだそうです。それが茹でると水分を吸収してコシのある麺に仕上がり、さらにスープの水分をも吸収するそうです。
径の小さな深みのある器でやってきました。うどんなんかでよく使用される雰囲気の器で、普通のラーメン屋の器と違うだけで気分がそそられます。今は撤退してありませんが、山頭火も同じような器だったので「旭川ラーメン」はこのような器を使用しているのかも知れません。
麺は、丸い細めの縮れで美味しそうな麺です。食べてみるとモチモチしています。そこまでは好みですが、九州ラーメンのようなプリプリとした歯切れの良さがありません。粉の練り物のような、粘土のような歯切れです。ちょっと残念です。
スープは、クリームシチューのような見た目です。好みのためでしょうか、ラーメンのスープといった雰囲気には感じられません。塩ラーメンもあっさりした透明度の高いものから、とんこつ塩の白濁色のものまであります。実際、食べてみるとクリーミーなスープです。やはり山頭火のスープと同じ感じのスープです。これもこれで結構好きですが、もうひとつ、ラーメンスープとしてのしょっぱさがうまく出ていないように感じます。
チャーシューは、2枚入っています。同じ味付けのようですが、脂身多めのものとそうでないものです。軟らかく厚みもあります。しっかりした味付けで「角煮」に近い味わいを楽しめます。その他にメンマときくらげが乗っています。きくらげは、大きさの揃った小さめのもので、細切りにされたものが多いのですがそのまま切られていないものです。
「ののやの塩」は人気メニューになっているようですが、以前食べた醤油のほうが美味しかったような気がします。どちらもレベルの高いラーメンだと思います。値段(700円)もやっぱ高いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.23

健龍

健龍

新潟市の健龍です。
大堀幹線沿い、ときめきラーメン万代島の期間限定のチャレンジャー店「チャレンジャー本間」でラーメン屋の修行を重ねてきて独立した店です。前回お邪魔したしたときに、丁寧な接客と「らーめん」500円でコーヒーのサービスというコストパフォーマンスの良さで気に入りまたお邪魔しました。
今回は、「濃こく味噌らーめん」にしました。らーめん550円、味噌らーめん680円の店で980円もするらーめんですから期待も高まります。「濃いコク」って、「味噌の濃さ」って→「東横みたいなものかな」なんて考えながら待っていると出来上がりました。
見た目、他のラーメン屋で言っている「全部のせ」でしょうか?豪華なラーメンです。ラーメンの他にザルそばのザルのような浅い竹製のザルに焼いた海苔が1枚付いてます。(写真は4つ切りにしてます)
麺は、太縮れのモチモチした味噌に良く合う美味しい麺です。
スープは、白味噌仕立ての味噌味ですが、油が多めでコッテリした感じになっています。それがコクなのでしょうか?味噌の風味はそんなに強くありません。
トッピングは、もやし・キャベツ・きくらげ・しいたけ・海老の炒め物、軟らかで味付けのしっかりしたチャーシュー2枚、メンマ、コーン、わかめ、海苔(全1枚)、半熟具合味付けともなかなかの玉子1個と豪華です。
油コッテリの味噌ラーメン全部のせです。ボリュームも半端ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェラート ボーノ

ジェラート ボーノ

新潟市のジェラート屋さんボーノです。
今日も運動不足解消とラーメン屋写真撮影を兼ねてサイクリングです。
ときめきラーメン万代島から、新潟駅前、新潟大学周辺まで新潟西地区を走りました。やすらぎ亭など心地よく走れるところもありますが、狭く自転車通行可でない歩道かつ車道も狭く走りにくい道もあります。新潟市民マラソンが近いためでしょうかジョギングをしている人も多く見掛けます。涼しくなってきました。サイクリングには、運動での温かさと風の涼しさがバランス取れて気持ちよく走れます。
水分補給も怠らないようにアイスクリームです。(見ると食べたくなっちゃいます)
ときめきラーメン万代島のジェラートボーノです。アイスクリームとシャーベットがあります。シャーベットも数種類ありますが、ルレクチェにしました。
爽やかで甘すぎない美味しい、水分補給にちょうど良いものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.22

天一

天一

新潟市の天一です。
仕事終了後、泳ぎたくなってプールへ。水泳しました。お腹が空きました。
どうせなら夜営業の店で、美味しくて、最近食べてない店と思いお邪魔しました。
店は、左側が厨房、中央にカウンター席、右側がテーブル席です。小さな店です。
遅い時間、飲んだ帰りのお客さんがさらにビール瓶を並べてラーメンを食べてます。
味噌、醤油、塩が揃って美味しく、いずれも600円です。味噌ラ-メンにしました。
麺は、普通よりチョット太め、丸の縮れで味噌にあう美味しい麺です。
スープは、赤味噌系で味噌の美味しさと少しの甘みのあるタイプのものです。
硬めで好みじゃない香りのするチャーシュー、もやし、メンマも乗ってます。
普通のラーメン屋が閉まる時間に、600円で食べられる味噌ラーメンです。
良いんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

又来屋

又来屋

長岡市の又来屋(またらいや)です。
国道8号線を長岡インターチェンジ方向から長岡大橋を渡り、東詰めを戻るように右折し東中学校の隣にあります。
建物の角に入口があり、入ってすぐのところに食券販売機があります。ラーメン、みそ、塩ねぎがあります。普通のラーメンにしました。食券販売機の多くは印刷された紙式のものですが、ここはプラスチック製のカラープレートです。
右奥に大きく厨房があり、囲うようにL字型カウンター席のみの店です。13時を回っていたためかポツリポツリと客がいる状態です。
食券を出すとラーメンを作り始めます。夫婦でやっているのでしょうか?旦那らしい人が作り始めると、奥さんらしい人がカウンターにサービス券を置きました。見ると10枚でスペシャルメニュー(通常メニューにない)の「海の幸ラーメン」が食べられるようです。また、大盛り(通常70円)サービス券としても使用できます。
ラーメンが出来上がってきました。
見た目でかなり醤油の濃い色のスープが目立つラーメンです。
麺は、普通の太さでツルツルした歯応えの良い美味しい麺です。
スープは、魚系のダシと醤油の濃さが特徴です。煮干し6種類・豚骨・鶏ガラからとったしっかりした醤油味のスープは、最初に煮干しの風味が前面に感じます。醤油味も濃い目に感じますが、これは煮干しの風味で強調されて感じるものでしょう。濃い目の味付けが好きなんでそんなにしょっぱくは感じません。食べていくと動物系の旨さも感じられるようになります。
チャーシューは弾力のある、味付けの良い美味しいもので3枚分くらい乗ってます。メンマ、海苔、きぬさや3本も乗ってます。
580円のラーメンですが、次回はサービス券で大盛りが同じ値段で食べられます。「又来屋」(またこいや)でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.21

とん八

とん八 磯盛り

とん八 越後もち豚串揚げ

新潟駅前のとん八新潟駅前本店です。
今日も飲みになってしまいました。
連ちゃんは避けたいところですが、半分以上仕事の飲み会です。
アルコールが嫌いじゃないので良かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青島

青島

新潟市は、西堀の青島です。
残暑も和らいでいよいよラーメンが美味しい季節になってきました。と言っても陽射しはまだ強く、日なたを歩くと暑いです。
昨日、日本酒を飲んでやや野菜不足かなと思い青島の「ラーメン+茹でほうれん草100円増し」を食べたくてお邪魔しました。
食券を購入して中へ。、12時過ぎと混み合う時間に入りましたが、広めの厨房を囲うようにあるカウンター席はほぼ満席で出入りはありますが、その状態が続きました。
今日もラーメンを作る様子を見ながら待ちました。丼を温める専用の鍋に軽く潜らせ、取り出した丼にタレを入れます。それに、2種類の白い粉末を小さじ1杯ぐらいづつ入れてます。化学調味料と塩とかですかね。ねぎを入れ待ちます。麺の茹であがり時間に合わせて、2種類のスープを加えます。麺を入れ、具材を乗せ完成です。
麺は、普通の太さで自然な縮れでツルツルモチモチしていて美味しい麺です。今日は、体調のためかモチモチ感がいつにも増して強く感じます。
スープは、しっかり醤油の味を生姜の風味が引き締めます。
歯応えを楽しめて味もよいロース肉チャーシュー、メンマ、増量のほうれん草、鳴門、海苔が乗ってます。
本当に大好きなラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.20

力弥

力弥 さんま刺

力弥 シメサバ

力弥 舞茸天麩羅

新潟市の力弥です。

今日は飲みになりました。あんまり綺麗な盛り付けだったのでブログに載せます。
いよいよ時期到来「さんまのお刺身」、「〆さば」、ピンク色の塩で食べる「舞茸の天麩羅」です。普段は焼酎を飲む機会が多くなってますが日本酒と一緒にいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一兆

一兆

新潟市の一兆です、
河渡店もありますが、小新の本店です。
オープン頃だったと思いますが、当時にお邪魔したとき(2003年3月11日)以来になります。その頃は、スープがチョットだけ薄味、麺が好みじゃないようでした。自分の好みも変わってるだろうし、店側の味も変わってるかも知れないと思いお邪魔しました。
店は、右奥に厨房、右手前に小上がり、左側がテーブル席になっています。12時30分頃にお邪魔しましたが、席の8割くらいがうまっている状態です。評判の高い店よりもチョット寂しい感じです。
らーめん、みそらーめん、つけめんとそれらにトッピングを加えたものがメニューです。シンプルにらーめんにしました。
らーめんは、大きなチャーシュー2枚ときざみねぎ、味玉で華やいだ見栄えのするラーメンです。
麺は、丸い麺で普通の太さでやや縮れあるものです。プリプリした美味しい麺です。以前のものと変わったか、自分の好みが変わったか不明ですが…
スープは、とんこつの醤油味で、やや濁りのあるタイプのものです。表面にきざみねぎ(万能ねぎ?)と良く見ないと判らないほど小さな背脂が浮いてます。醤油の味が活きてて、見た目より全然あっさりした美味しいスープです。
大きく薄い巻き物のチャーシュー2枚は丼の縁に花弁のように盛り付けられてます。見た目は良いのですが味付けがかなり薄めで軟らかもので好みのものではありませんでした。半分の半熟煮玉子は良い感じですが少し薄味です。良く漬けられシナシナしてるけど歯応えのあるメンマ、鳴門、海苔も乗ってます。海苔はスープに沈みかけてました。
600円と安い方ではありませんが、半熟煮玉子を考えるとちょうど良い値段です。スープ、麺、具材(チャーシューだけが好みじゃなかったけど)とも良いラーメンでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.19

道の駅豊栄

道の駅豊栄

新潟市(旧豊栄市)の道の駅豊栄です。
チョット小腹が空いたので、自動販売機のスナック類でも食べようかと思い寄りました。自動販売機を見ると美味しそうなものがありますが、結構いい値段してます。これならと思い軽食堂へ移動、ラーメンもメニューにありますが、ここに来ると若い頃の立ち喰いそばの懐かしさが蘇り、いつも天玉そばにしてしまいます。好みの問題ですが、立ち喰いそばは美味しいですね。ここのそばは好きです。
天麩羅が、立ち喰いの場合大きく違います。衣だけで大きく見せてるものもあります。ここの天麩羅は、一応天麩羅らしいのですが、かき揚げらしい軟らかさはありません。硬めです。玉ねぎが多めでごぼうの隠し味が美味しい天麩羅が食べたい。
380円ですので、下手なラーメンより得した気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福来軒

福来軒

村上市の福来軒です。
村上駅の近く、村上駅を背に進み最初の信号を左に曲がった左側にあります。村上総合病院の向かい側になります。村上駅から楽々歩ける距離(200m)です。
チョット昔の「町の中華食堂」の雰囲気です。店の入口が中央にあり、右側ガラスケースの中には料理サンプルがあります。人気メニューはシーフードラーメンのようです。白濁食のスープの上にズワイガニをはじめとする魚介類が豪華に乗ってます。五目ラーメンが醤油の色がしっかりしていて美味しそうに見えます。店に入ると奥に厨房があり、手前に2~4人のテーブル席のみです。馴染みの客が5~6人います。
メニューに目を通すと、中華の一品料理から麺類、飯類まで入口料理サンプル以外にも豊富にあります。日本語の名前の次に括弧書きで中国語(漢字)も表記してあります。料理サンプルの醤油の色と照り具合が美味しそうだったので、五目ラーメンにしました。
五目ラーメンは、サンプルの通り醤油の色が濃い目に出た美味しそうな感じです。
あんかけと混じる前にスープをレンゲで掬って飲みます。見た感じ醤油の色がチョットしょっぱそうですが、逆にちょうど良いか薄味に感じるほどです。今まで食べた中華料理店のものよりもあっさりしています。中華料理のスープは、コクがあって美味しいけどあっさり感の欠けるものかと思っていましたが、福来軒のスープはあっさりしています。油もほんのり浮いてます。
麺は、普通よりチョット細めの縮れで、プリプリした触感はいいんですが、もう少しコシがあった方が好きです。
海老、イカ、豚肉、鶉の卵、白菜、人参、ピーマン、筍、ヤングコーン、マッシュルーム、きくらげなどのあんかけが乗ってます。見た目はスープ同様濃い目の色ですが、普通か薄味ぐらいです。豚肉は薄く小さく(1cm×3cm)切ってありますがはっきり判るほど生姜が効いてます。五目ラーメンで生姜焼き定食まで味わったような感じです。
見た目と違ってあっさりした五目ラーメンでした。683円と値段も手頃で良いんじゃないでしょうか。小さなことですがメニューに消費税抜きと消費税込みの値段が書かれてますが、円以下は切り上げてます。残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.18

ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキーフライドチキン

今日は、吉野家の牛丼復活ということで、夕食に吉野家にお邪魔しましたが売り切れでした。数店舗行きましたが、同じです。
不本意ながら、好きな肉のファーストフード繋がりでケンタッキーフライドチキンのオリジナルにしました。
食べ物の安全性は大事なことです。吉野屋の牛丼も大好きです。ただ、それだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.17

ジェラテリア・レガーロ

ジェラテリア・レガーロ

新潟総おどり、子供に「レガーロ」のアイスクリームを食べさせる条件で連れ出しました。
子供はジェラートにしました。ジェラートも美味しそうでしたが、なぜかソフトクリームが食べたくなってソフトクリームにしました。普通のソフトクリームよりチョット濃厚なミルクかなといった感じのソフトクリームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

にいがた総おどり

にいがた総おどり

今日は、新潟総おどりの応援(見学)に行ってきました。
FM-PORTでIpod shuffleをいただいたのもあったので「チームパライソ」を応援しようかと思いました。
それと、今年は「大曲の花火」での音楽に合わせての花火の鮮やかさを見て、エンターテインメントっぽいのを見たくなってしまいました。
大人だけで決まっているチーム、子供と一緒でチョット踊りは外れるけど微笑ましいチームなど、県内外からの楽しそうな踊りを見させていただきました。フォトコンテストのせいかカメラ小僧が多かった。

大曲の花火のオフィシャルページ」は、もう来年のことを載せてます。
新潟まつりのオフィシャルページ」は、いつも開催1ヶ月を切ってから修正されます。
がんばれ新潟市商工会議所!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.16

Hobson's

Hobson's

夕方、子供と一緒に買い物に出かけました。
弁天橋近くのHobson'sでアイスクリームを食べて帰りました。
Flavorが21種類もあり悩みます。
「ニューヨークチーズケーキ」にしました。
アイスクリームを選ぶのが、最近一番悩む時間です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.15

プルミエタージュ

同僚がガーリックトーストを食べたいとのことで、仕事の帰りに「プルミエタージュ」にお邪魔しました。

アメリカンレモネード
「アメリカンレモネード」 赤ワインとレモンのカクテルです。さわやかです。

アマレット
「アマレット」 アーモンドの香りをもつイタリア産のリキュール「アマレット・ディ・サローノ」です。アンズの核が芳香成分のもととなっています。コクのあるカクテルです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

でんろく亭

でんろく亭

田上町のでんろく亭です。
kzyさんから紹介いただいた「みるくらーめん」が気になってお邪魔しました。
国道403号線沿いにあり、見つけ易い店です。店の前と後に駐車場には工事関係の車が多く、職人の客が多い店は…期待できそうです。
店に入るとの左側が厨房、中央にテーブル、右と奥に小上がりがあります。昼も過ぎて空いていたので小上がりに上がって食べることにしました。店の中の厨房前には以前使用していた暖簾でしょうか、「麺工房でんろく亭」と書かれたものが貼ってあります。店の外は「中華料理でんろく亭」と看板出ています。
食べるものは決まっていましたがひと通りメニューに目を通すと、ラーメン屋に力を入れてる中華料理店でしょうか。一般的な中華麺は740円です。「みるくらーめん」は840円と豪華中華麺です。そして「みるくらーめん」をお願いしました。
きた「みるくらーめん」は、真っ白なあんかけ風なラーメンです。スープは、ミルクではなく普通の塩味のようです。ミルクのあんかけが混じる前に端のスープをレンゲで掬って飲むと美味しい。塩自慢のラーメン店に負けない美味しさです。恐るべし中華料理店。あんかけは、白菜の厚い部分の細切り、ハムの細切り、シメジ(普通のシメジより茎が細い)、鶏肉が入っています。ミルク(エバミルクらしい)の風味が優しい良い感じです。食べていると時々濃厚なソフトクリームのような牛乳の香りを感じます。注意しなきゃいけないのは「熱い」ことです。そんなに急いで食べてもいなかったのですが、唇や口内にやけどをしてしまいました。
麺は、やや細の縮れ麺であんかけに合う美味しい麺です。
最後の方になって、あんかけとスープが混じってくると、まろやかな美味しいスープになります。ラーメンというより牛乳(豆乳)鍋の最後にラーメンの麺を入れて食べてるような印象です。
美味しい「みるくらーめん」でした。やっぱり中華料理系は凄い。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.09.14

iPod shuffle

iPod shuffle

『やったー!』
今日、自宅に帰ったらFM-PORT MORNING GATEへのメッセージで当たったiPod shuffleが届いてました。
ステッカーとタイムテーブルも一緒に!

ありがとうございました。大事に使わせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉晴三

吉晴三

上越市の吉晴三です。
今までお邪魔したかったのですが、上越市の夜だけ営業の店と言うことでなかなかお邪魔できませんでした。今日は、上越市内に遅い時間の用事があったのでお邪魔する機会ができました。
以前、本店にお邪魔しましたがラーメン類がなく、焼きそばかなんかを食べたように記憶してます。今回は中華そばをいつもやっている高田店です。
店は、小奇麗な小さな店です。カウンターの奥には焼酎の瓶がいっぱいあります。それもボトルキープのような同じものがいっぱいではなく、違う銘柄の瓶が並んでいます。焼酎のショットバーかなと言って良いくらいです。女将さん一人でやっている店のようです。メニューを見ると中華そばのみです。中華そばをお願いしました。他にお客さんはいません。『お客さん初めてでしたっけ?』と言う女将さんの言葉から会話が始まりました。吉晴三はラーメン屋でないこと(居酒屋です)、禁煙の店であること、自然食品など健康に関心の深い人が集まることなど聞いてるうちに中華そばができました。
昔懐かしい味の中華そばです。麺、スープ、具材、どれをとってもあっさりした美味しい中華そばです。焼酎飲んでから食べるとまた格別だろうな。夜だけの店で500円の中華そば、感心しました。
麺類よりも焼酎飲みにお邪魔したいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俵屋飯店

俵屋飯店

長野県大町市の俵屋飯店です。
新潟のドライブインのようなたわら屋とは関係ないようです。
肉屋で始めた中華屋です。肉をふんだんに美味しく使ったメニューが多く、大町市では評判の店です。そういう店ですので叉焼麺にしました。
麺は、中華料理店でよく使用されるやや細の縮れ、モチモチでチョットザラザラしている麺です。
スープは、醤油の味の美味しい、油もチョット浮いてるものです。中華料理店のスープは美味しいですね。
チャーシューは、厚さもあり、歯応えもあり、弾力もあり、脂は少なめです。味はちょうど良い味が染みてます。新潟に持ってきたらトップクラス間違いなしのチャーシューです。5枚乗ってます。その他にメンマ、鳴門、ちっちゃな海苔が乗ってます。
これで630円です。驚きの一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小布施パーキングエリア

小布施牛乳ソフト_

長野県は上信越道上り線小布施パーキングエリアスナックコーナーの小布施牛乳ソフトです。
以前、小布施パーキングエリアに入ったら時は、栗ソフトがあったので食べました。その時、自動販売機で食券を購入しようとしたら、隣に小布施牛乳ソフトがあり、気になっていました。小布施で牧場とか農場とか聞いたことがないのですが、ソフトの前にわざわざ牛乳を付けるなんて…
期待しながら…。
思ったとおり濃厚な牛乳の味です。コンデンスミルクに近いような味です。甘さは、やや控えめで食べ易い味です。美味しい300円です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.09.13

青島

青島

新潟市は西堀の青島です。
今日は、雨が少しだけ降ってます。今までの感じから雨の日は西堀の青島は、やや空いてます。今日も待つことはないだろうと期待しつつ向かいました。店の前について中を見ると「大丈夫」座れそうです。「ここんとこ青島のチャーシューメン食べてないな」と思い自動販売機でチャーシューメンの食券を購入し中へ、カウンター席のみ20席ほどありますが5席ほど空いてました。手前側の席に座り食券をカウンターの奥側に出し、作る光景を眺めます。
青島では、丼に2種類のスープを入れるんです。最初に大きな(直径50センチぐらい)のステンレスのボールから丼に70~80ccぐらい入れます。豚骨系の美味しさが凝縮されたものでしょうか?続いて大きな寸胴から残りの量のスープを入れます。こちらは昆布や野菜などが中心でしょう。一般的にダブルスープは、動物系と魚介系のようですからダブルスープとは言わないんでしょう。
青島の特徴は、麺の茹で方です。昔からのラーメン屋ではごく当たり前だったのですが、最近オープンするラーメン屋ではあまり見ない。数杯分の麺を一緒に茹でるのです。信吉屋、石門子なんかもそうです。青島が良いのはその鍋の大きさです。給食の調理で使うような直径1mぐらいの鍋に、お湯をグラグラ沸騰させて茹でるのです。麺なんか鍋の中で思いっきり泳ぎ回るかのように撹拌されます。この茹で方ならインスタントラーメンだって美味しく茹で上がると思います。
泳ぐ麺から一人前を箸でくるりとそば揚網に取り、パンッパンッ!さらりと湯切り…「格好いい」と思います。麺揚げで1人前づつ茹でてパフォーマンスのように振り回している店もあるけど「自分で思ってるほど格好よくないですよ!」
なんて考えながら見てるとチャーシューメンが出来上がりました。
普通のラーメン屋では食べる前に胡椒を入れることはないのですが、食べ慣れた青島では黒胡椒を胡椒挽きで挽きながらかけます。GABANのブラックペッパーも悪くはないけど、挽きたては美味いって。
いつも通りの見た感じ普通だけどモチモチ、プリプリ、ツルツル、シコシコの麺、醤油のしっかりしたスープ?今日はチョットしょっぱいかな?油の浮きも多いかな?それもそれで美味しいけどね。
最初に青島ラーメン(新潟に無い時代の長岡)に連れてってくれた人は「昔のチャーシューメンはもっとチャーシューの量が多かったのに」と言うけど、今も十分多いです。食べ盛りの頃はもっと食べれそうな気もしましたが…
最近は、軟らかい煮物みたいなチャーシューや味の無いか薄味過ぎるチャーシューが多い中、味、歯応え(弾力)のある好みのチャーシューです。
今日も満足の一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.12

古潭

古潭

新潟市(旧巻町)の古潭です。
JR越後線巻駅の駅前をまっすぐに進み一時停止の交差点まで進みます。そこから左に一方通行を進むと左側に見えてきます。以前は非常に判り難い店でしたが、入口上部をアルビレックスと同じ色に塗って看板風にしたので判り易くなりました。店は、車は停まっていませんが車庫の奥にあります。だよね?店に入ってすぐ右側にテーブル席があり、その先が厨房になっています。その前がカウンター席で、左側は通路になっています。入ったことはありませんが、左奥に和室の席もあるようです。昼の混雑時にお馴染みさんが入って行くのを見かけます。
14時頃にお邪魔しましたが、店の部分は半分以上席がうまっていました。
古潭は、知る限り新潟県内で1番コストパフォーマンスの良い味噌ラーメンを食べれる店です。ちょっと大げさかも知れませんが客の8割は、野菜味噌ラーメンを食べています。味噌ラーメンで500円、野菜味噌ラーメンで600円です。安くてもしっかり美味しいラーメンなんです。味噌ラーメンだと650円~750円でやってる店が殆どだと思います。古潭の味噌を知ったら「値段が高くてもそれだけの美味しさなんだから食べたい。」って言える店はどれほどあるかな?
と言うことで野菜味噌ラーメンにしました。納豆のトッピングが好きなんですけど隣のカップルが食べていたと、ここ何回か「野菜味噌ラーメン+納豆トッピング」を食べているので、普通に野菜味噌ラーメンのしました。
すぐに、出来上がりました。
白味噌仕立てのスープなのが一目で判ります。また、ある程度のトロミも運ばれてきたときの様子で判ります。その上には、キャベツともやしの茹で野菜が乗ってます。茹で野菜は、予め茹でているので茹で過ぎによって軟らかくなり過ぎる事もありません。また、野菜の炒め物が乗ったものと違い熱すぎる心配もありません。
キャベツは、硬いところを除いて使用しています。今日は中心部のパリパリかサクサクといった表現が合うようなフレッシュなキャベツです。もやしも言い触感です。
麺は、普通の太さの縮れ麺でスープとの相性もよく、プリプリした触感を楽しめます。
スープは、白味噌仕立てのややトロミのあるものです。しょっぱさも甘さも抜群です。トロミがまた野菜や麺との絡みも良く美味しい味噌ラーメンです。
本当に600円で良いのでしょうが、と疑問になるほど美味しい味噌ラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.11

石門子

石門子

新潟市の石門子です。
暑さも峠を過ぎたようで過ごし易い日々が続き、そろそろ温かいラーメンも食べたくなって来ました。なんとなく石門子のワンタンメンが、食べたくなりました。
以前だと、店に入りきれなかったり、店前の路上駐車スペースも無い状況でしたが、今日は空いてます。前回、冷し中華を食べに来たときも空いてました。これだけ名の知れた新潟を代表するあっさりラーメンなのに・・・
今日は、ワンタンメンの大盛りにしました。石門子は、ラーメンも、ワンタンも、ワンタンメンも同じ値段なのです。と、いう事はワンタンメンは、普通のラーメンより麺が少なめなのでしょう。
今まで食べた石門子のラーメンはチョットしょっぱいと思っていましたが、今日はそんなことなく、スープの味を楽しめえるいい味です。
麺は細麺、スープは魚介系の美味しいスープです。ワンタンは軟らかく、この店のワンタンを食べると他の店が硬く感じます。
脂身の無い硬めのチャーシュー、浅漬かりで色も薄くシャキシャキのメンマがあっさりしたラーメンに合います。
今日も50円の双子ゆで玉子を食べました。
満足の新潟あっさりラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.10

ラーメン店写真撮影

ラーメン店写真

今日も先週に引き続き、天気が良かったので新潟市内をサイクリングしました。
ラーメン店24店舗の写真を撮影、マイフォトのラーメン店写真にUPしました。
今日こそどこかの店でラーメンを食べようと思っていましたが、夕方からの雨に打たれてびしょ濡れでラーメン屋に入れる状況ではありませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.09.09

片貝祭り 奉納大煙火

片貝祭りの花火に行ってきました。

出発

4尺玉打ち上げ(22時)時に多少でも近いところで見られればと思いながら新潟市を20時に出発しました。途中、子供たちのアイスクリームタイムを取りながら小千谷方面へ向かいます。この頃は、小千谷インター出口の渋滞2kmです。カーナビに関越道片貝バス停を目的地に設定しました。21時の3尺玉を片貝バス停付近の高速道路上で見られればと思い進みます。中之島見附インターを超えた当たりから遠くに花火が見えてきました。長岡インターを過ぎ流れの速度(80km/h)に合わせて走行します。小千谷インター出口の渋滞も1kmと短くなっています。

渋滞

越路のバス停付近で一般道路の渋滞状況が見えます。長岡片貝小千谷線は全然流れていません。他の道路も花火会場が近いほど細い道でも殆ど止まっています。

正3尺玉(21:00)

関越道は、路肩駐車の車もいましたが、順調な流れでちょうど21時に片貝バス停付近。真横で3尺玉を見ることができました。大きい。迫力あります。長岡の花火で見て依頼になりますが、やっぱり『でかい!』。

思案

その後も関越道から見える一般道の状況は良くありません。5m幅の道路にずらりと路上駐車で一方通行になっていれば何とかなりますが、擦れ違えるような状況ではありません。「花火打ち上げ場所の近くまで」という当初目的地は、「高速道路近くで花火打ち上げ場所の近くまで」に変更です。

山谷パーキング上り線

山谷パーキングは、トイレタイムぐらいでしか使用した事がなく、近くに散策道とか公園があるか、花火が見えそうか入ってみました。本線からはずれパーキングに入ると側道の右側(本線寄り)の芝生の上で花火を見ている人がぎっしりです。駐車場も空きがなさそうです。ゆっくり車から確認します。売店付近は、手前の林で何も見えそうもなく、公園や散策道もなさそうです。そのままパーキングを出ます。

Uターン

小千谷インターが渋滞していたら、越後川口インターでUターンしようと考えていましたが、空いてます。料金所で前の車が料金を払っているすぐ後に付け、料金を払ってUターン。再び関越道(今度は下り線)へ。

山谷パーキング下り線

山谷パーキング下り線は、エリア内からは、前の小高い丘が邪魔で何も見えません。見ている人もいません。車は結構停まっています。側道から本線寄りの通路に進み空いているところがあったので車を停めます。車から降り売店に向かうと停まっている車には、人が乗ってません。「あれ!これだけの車の人は?」と疑問です。トイレ横の通路を多くの人が上って行きます。上り口には、投光器があり坂を照らしていますが、先までは見えません。車からマグライトを持ち出し、子供を先に坂を登ります。坂を登ると道路があり、人の後を付いて行くと花火の見える場所に着きました。花火の打ち上げ場所までの距離はありますが、花火の下から良く見えます。廻りに民家があり多少の光はありますが、星空が綺麗に見えるくらいの場所です。行き止まりの道路らしく道路にシートを広げてみている人が大勢居ます。空いてるところに座って花火を見ました。携帯で写真を撮ろうかとも思いましたが、携帯画面の明るさも他の人に迷惑そうな暗い良い場所です。

スターマイン&正三尺玉(21:30)

21時30分の花火はスターマインと正3尺玉です。それまでのスターマインで尺玉の大きさと迫力を感じています。そこに3尺玉ですから…

時間調整

22時00分の花火を片貝バス停付近から見て帰路に着くために、「マイ・ボスマイ・ヒーロー」も気になっていたので、パーキングエリアに戻りました。カーナビに再び片貝バス停付近を入力し検索、約5kmです。駐車場で「マイ・ボスマイ・ヒーロー」を見て、あ~終わったか。

ハプニング

もうちょっとしたら、出発しようとしたとき通路の先で車が詰まっています。先頭は大型トラック、その後に高速機動隊のパトカー、その後に一般車が2台です。パトカーは、スピーカーで大型トラックに立ち止まらないで進むよう警告しています。まだ、時間もあったので行って見ると、一般車の駐車で通路が狭く、大型トラックが抜けられそうもないのです。警官が降りて確認してようやく静かになりました。「やばい!出発できない」とあきらめムードになりました。今から、さっきの坂道を戻り、さっきの場所までならまだ行ける。車に戻りました。車を停めたのはパーキングの入口に近い場所でした。詰まった車の最後尾がちょうど車を停めた辺りまでです。

脱出

「やったー!出られる」
車をバックさせ、通路に戻ります。そのまま、もうちょっとだけ後ろに注意してバック。
車を左側の売店寄りの通路に進めます。大型トラックの前を通り本線へ。

秒読

予定の時間に出られました。80kmをキープして本線を新潟方向に進みます。下り線も路肩駐車で見ている車があります。パトカーも四つん這いで出られなさそうなので、路肩に停めてみようかとも思いましたが、変な事故に巻き込まれても困るのでそのまま進行しました。前には車がいない状態で、後には数台の車が続いています。22時前ギリギリになると後続の車のスピードがダウンします。やがてその後続車の後にも車が続きます。追い越し車線に出る車がない状態です。最低制限速度に気をつけて進行します。やがて22時に。

正四尺玉(22:00)

あがりました。なんかゆっくりあがってるように感じました。「あれ!まだ開かない?」開きが大きい分上まであがるのは知ってましたが、ゆっくりに見えるから時間がかかるのか、時間がかかるためゆっくりに見えるのか。とにかくゆっくりあがっていきます。そして、開きました。大きい感動の言葉は『でかい』なんですけど、正3尺玉で使ってしまってその上の言葉がありません。言葉にできない大きさです。関越道から見る花火は、開いてその余韻と明るさを保ったまま山に降って下りてるように見えます。山火事とかならないんですかね?

帰路

そのまま、アクセルを踏み混んで23時頃には着きました。車の量は、土曜日のこの時間にしては多いかなと思いますが、全然混雑せず帰ることができました。

講評
そんな偉いもんじゃないけど、片貝の祭りもいいですね。お祝いや感謝の気持ちで上げる花火は、感動も一入です。
今年は、質の高い大曲の花火(花火のワールドカップ)と迫力の片貝の花火(ギネスブック認定)を見ることが出来ました。こんな贅沢させてもらっていいんでしょうか?ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東横(販売) 栄パーキンクエリア下り

栄パーキンクエリア下り

北陸自動車道栄パーキングエリア下り線の売店で東横のラーメンが売ってました。
4食入り1050円です。
東横ラーメンのしょっぱくないのが作れると思うといいかも。
やっぱりしょっぱくなくちゃ東横ラーメンじゃない。
買ったら葛藤するだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.08

きんしゃい亭

きんしゃい亭

新潟市の新潟駅前のきんしゃい亭です。
仕事が終わって、運動して、休前日の楽しみの復活です。きんしゃい亭のラーメンにニンニクを入れて食べることです。ニンニクとの相性が良いラーメンなんです。
今日も混んでます。でも、いつもと違ってカウンター席と小さなテーブル席がいっぱいで、大きなテーブル席が空いてたのでそこに座りました。
きんしゃい亭の普通の「ラーメン」はメンマが入ってません。九州ラーメンは、メンマが入っていないのが一般的でキクラゲの千切りとかが多いようです。でも、メニューに「メンマラーメン」があったので食べてみることにしました。
ニンニクと胡麻をたっぷり入れます。胡麻は和え物とか、担々麺とかそんなに好きな方じゃないけど、きんしゃい亭の「ラーメン」とマルちゃんの「塩ラーメン」に入れる胡麻は好きです。
歯応えの良い細麺、豚骨らしさが美味しいスープ、脂身の少ないチャーシューとやっぱり美味しいラーメンです。
さて、今日の主役のメンマは普通よりやや短く、やや太いものです。軟らかい方ですがシャキシャキした歯応えも楽しめます。味もやや深漬かりですが、ちょうど良い塩加減です。メンマの美味しさ伝わります。
普通の「ラーメン」で味わえなかったきんしゃい亭のメンマは、期待通りのもでした。600円も納得納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おざわ

おざわ

新潟市のおざわです。
普通のラーメンが550円に値上がりして、ワンコインで美味しいラーメン屋(三吉屋信吉屋丸木屋)の多い場所なので自然に足が遠退いています。それでも好きなラーメン屋です。
本町市場からやや上に進んだところにあります。ビル1階の奥に深い店で、L字形のカウンター席だけの店です。古くからの歴史を感じるような雰囲気の店です。店は暗めで白熱球がカウンターを照らしています。水はセルフサービスです。
10席ありますが7人ぐらいの人が入っています。殆どの人は温かいラーメンを食べてます。
夏も終わりになりつつあります。残った夏を楽しもうと気温が上がった今日は冷しを食べに来ました。ごまだれ冷やしめんとレモン冷やしめんがあります。胡麻よりレモンが好きなので、レモン冷しめんにしました。去年は、両方の冷しめんは800円でしたが、今年は750円です。
チャーシュー、メンマ、キュウリ、わかめ、錦糸玉子が中心から放射状に乗ってます。中心には紅生姜とレモンが乗ってます。レモンを搾り、練り辛子をスープに溶いて、麺を取り出し辛子の溶けたスープにつけて食べます。
まず感じるのが麺が取り出し難いことです。三吉家も取り出しに難かったように感じましたが、おざわもですね。へぎそばのように小分けにするような工夫があったら嬉しいですね。値段もそこそこだからそれぐらいの手間かけてもいいかなと思います。麺自体は細く、他の店と比べても冷し中華としてちょうど中間ぐらいの歯応えです(そんなにいっぱいたべてないけど)。スープとの相性も良く絡みやすく、美味しい麺です。
スープは、はっきり言って「マルちゃんの冷し中華」に似た味です。レモンのさわやかさもあって、昔食べた「マルちゃんの冷し中華」の懐かしい味と一緒に、甘すっぱい夏の思い出までもが蘇ってきそうな感じです。美味しさどうこうより懐かしい好きな味です。新潟で子供時代を過ごしていないので、イタリアンとポッポ焼きを美味しく食べられないのが残念です。
冷し中華らしい具材が嬉しいですね。チャーシューがパサパサ?モサモサ?してます。温かい麺には美味しいチャーシューですが、冷しだと弾力が少ないので残念です。ハムみたいなスーパーで売ってる焼き豚の方が合ってるかな。以前、万人家で食べた「冷しラーメン」のラードみたいな脂っぽいチャーシューよりは全然大丈夫です。
なんか、小さい頃の思い出と冷し中華を良く作ってくれた離れている母親を思い出すような味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.07

いち井

いち井

長岡市のいち井です。
久々にお邪魔しましたが、やっぱり混んでます。13時30分を回っていますが駐車場も殆ど空きがありません。それでも空きを見つけて車を停め、昔ながらの雰囲気の店に入ると中も昔の雰囲気ですが綺麗な店です。左奥に厨房、その前がカウンター、中央に大きなテーブル、右は普通のテーブル席です。席も殆ど空きがありませんが、大きなテーブルに空き席があり案内されました。
テーブルの上には、箸がセットされています。居酒屋のような感じです。悪くはないけどここまで必要ないよとおもいます。テーブルの上には、季節メニューか期間限定メニューらしいものがあります。普通のメニューは、木板のメニューです。醤油・塩・とんこつがあります。とんこつを食べていないような気もしましたが、基本に戻って醤油ラーメンにしました。味玉のトッピングも加えました。
暫らく待つとラーメンが出来上がってきました。
現れたラーメンの器が凝ってます。この手の器を使った店は記憶に残ってません。普通の温かいラーメン類で、丸くない器は初かも知れません。良い感じ・好みの器ですが、和食風でラーメンに合うかは別です。
麺は、最近、細麺の店を食べていたためか、太く感じますが普通の太さの縮れ麺です。触感もモチモチしている美味しい麺です。
スープは、今風のトロミのある何と行ってよいでしょうか。魚介や動物系のダシの出た美味しいものです。味はまあまあですが、醤油ラーメンなのに期待した醤油の味を楽しめないのが残念です。トロミが、あっさりした醤油ラーメンではなく、しつこい後味になってしまいます。たまには食べれますが、毎日のように食べたいと思うラーメンではありません。
軟らかく歯応え・味のないチャーシュー2枚、メンマ、水菜、茎わかめ、海苔、麩が乗ってます。トッピングで追加した味玉は良い味です。黄身が透き通ったもので、見た目でやられます。不思議なのは黄身の味が結構濃いんです。チョットしょっぱく感じます
店の雰囲気など全般的には満足できますが、あっさりラーメン好きの行くところではないかも知れません。醤油ラーメンで700円(実際は味玉プラスで800円)、ラーメンの昼食では高い昼食になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.06

蓬来軒

蓬来軒


新潟市の蓬来軒です。
13時30分を回っていたので客も2人ぐらいしかいません。まあ、この時間なのに2人もいるといったほうが良いでしょうか。
空腹時間を通り越してしまって、そんなに食欲もなかったので普通のラーメンにしました。
麺は、極細のやや縮で美味しい麺です。噛んだときにモチモチしていて最後にはプリプリしたような良い切れがあります。麺が細いためスープとの絡みもいいです。
スープは、ごく普通の中華風のスープですが、鶏ガラを中心としたいいダシがでているあっさりしたスープです。
軟らかめで味の薄いチャーシュー、硬めで浅漬かりのメンマが乗ったシンプルなものです。
麺とスープは、申し分ない美味しいものですが、チャーシューだけがチョット好みじゃないのが残念ですが、それでも美味しいラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.05

じじ&ばば

じじ&ばば ジャージャー麺

新潟市のじじ&ばばです。
前回のマーボーメンが美味しかったのと「今度ジャージャー麺食べてみて!」の言葉に甘えて、またお邪魔しました。夜7時開店のラーメン屋ですから、普通の会社員が気軽に食べるところでもありません。飲んだ後のラーメンなら判りますが、ラーメンを食べるためにチョット1軒寄ってビールをひっかけていきました。
店に着き、ジャージャー麺を食べる旨を伝えて、「菊水の4段仕込み」を飲みながら待つことにしました。鯖の味噌にも美味しくできてるとのことでいただきました。日本酒と鯖の味噌にだけでも来た甲斐があります。
この店のジャージャー麺は、スープなしとスープありを選べます。最近はスープなしが主流らしいのですが、ラーメン好きとしてはスープありでしょう。辛さも調整できるとのことですが、中辛ぐらいでお願いしました。
ジャージャー麺が、出来上がりました。
見た感じは、挽肉炒めのあんかけの乗ったラーメンですが、キュウリの千切りも乗っています。冷し中華などでキュウリの千切りの食感を楽しめたので、温かいものですがチョット楽しみです。
麺をそのあんかけに絡めて食べます。美味しい。中華系のあんかけには、やられてしまいます。じじ&ばばのあんかけは、前回のマーボーメンもそうですが美味しい。好みのど真ん中です。あんかけは、挽肉と椎茸の小さいものが入っています。大きさをどう説明したら良いのでしょうか。普通のコーン(とうもろこしの1粒)を薄く2枚にしたくらいの大きさでしょうか。じじ&ばばのプリプリした細麺には良く合います。
キュウリの千切りも細麺との触感もバッチリ合ってます。
今日も、美味しいものをいただいちゃいました。

下に、一緒に行った友人の食べたラーメン(チャーシュー1枚追加)の写真も載せておきます。

じじ&ばば ラーメン(チャーシュー1枚追加)

メニューです。

メニュー

| | コメント (4) | トラックバック (0)

白寿

白寿

新潟市の白寿です。
定期的に食べたくなる店です。今日は、遅めに着きました。
エレキギターを隅に立て掛け置いている若い男性が4人入った後でした。「うま煮」と注文を告げ店主を見てました。お馴染みらしく店主は、会話をしながら器を洗っていました。お馴染みさんよりも店主の息子の同級生かなと思うような弾む会話をしています。最近のラーメン屋は自動食器洗機を使っているお店が多い中、古い人間なんでしょうか手洗いの丁寧さを見ると安心します。店はお世辞にも綺麗な店ではありませんが、食器の洗い方は丁寧に綺麗に洗っています。食器を洗い終わるとうま煮の調理開始です。中華鍋には2~3人前のうま煮があります。5人分必要なのでいつもよりは全然少ない量ですが、3人前ぐらい作る量を切っています。
それから、うま煮を作り始めました。作る様子は前回のブログをどうぞごらんください。
今日も、プリプリした美味しい麺、醤油ベースで中華風の美味しい味付けのうま煮、満足満足の一杯でした。
早く食べたいときに限って待ち時間が長いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.04

土佐屋

土佐屋

長岡市の「土佐屋宮内店」です。
何を食べても美味しい店(好みの味の店)が何店かありますが、その中の1店です。
醤油も食べたかったのですが、それ以上に味噌が食べたくてお邪魔しました。
味噌も背脂入りやチャーシューがあります。背脂入りにしました。
出来上がってきたラーメンは、見ため普通の背脂ラーメンで味噌ラーメンには見えません。色が白っぽくて白味噌仕立てのようです。チャーシュー2枚、メンマ、もやし、海苔、水菜が乗っていいます。
麺を食べると味噌味です。それも塩が効いたしょっぱい味噌です。色・味とも白味噌風なんでギャップがあります。背脂がまろやかさを感じさせますが、その甘さが味噌のしょっぱさを引き締めているようにも感じます。しょっぱさが目立ちますが、味噌の風味と甘さもきちんと感じることができます。背脂の溶けたものでしょうか、油も多めに浮いてます。油の下は、そんなにトロミのないさらりとしたスープです。
麺は、普通の太さで縮れです。モチモチしたコシがありスープとも合ってます。美味しい麺です。
チャーシューは脂身の少ないものですが、程良い歯応えがありほんのり染みた味とスープの味が混じって美味しく食べられます。もやしも麺と一緒に食べるといい触感です。メンマは、普通の硬さですが歯で噛み切り易い、噛んで気持ちの良いものです。水菜も彩と野菜の香りがさわやかな感じを与えてくれます。
白味噌も味噌だけ食べるとしょっぱいものですから、白味噌の味を本当に出すとこんなしょっぱさかも知れませんが、好みよりもかなりしょっぱいものです。「東横」の味噌が赤味噌なので、それの白味噌版かな?富山ブラックに比べればまだまだです。富山ブラックもそうなんですが、後で水を無性に飲みたくなることはありませんでした。しょっぱいけど好きなラーメンです。750円は良い値段でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.03

ラーメン店写真撮影

ラーメン店写真

今日は、天気が良かったので新潟市内をサイクリングしました。
海老ヶ瀬インターから県庁前までのラーメン店54店舗の写真を撮影、マイフォトのラーメン店写真にUPしました。
日差しが強くて、逆光で取り難かった。
また、午後のお休みで暖簾が下がってない店もありました。
どこかの店でラーメンを食べようと思っていましたが、水分補給のスポーツドリンクのみで食欲がなく、ラーメンを食べるのはお休みしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.02

ステーキのどん

ステーキのどん

新潟市の「ステーキのどん」です。
今日の夕食は、外食を予定していました。どこのラーメン屋に行こうかと考えていましたが、子供たちの「肉食べたい」との意見で「ステーキのどん」になりました。
週末とあって、そこそこ込んでいました。全員一緒に座れる席が空いてなかったので、2つのテーブルに分かれて座りました。なぜか年齢の若いテーブルとそうでないテーブルになりました。年齢の若いテーブルは小学生と中学生だけです。オーダするときだけ手伝ってあげて、あとは放っておきました。
昨日のテレビ番組で、新鮮なハンバーグをレアーで食べていたのを思い出して、普段はあまり食べないハンバーグとステーキを食べれる「ステどん欲張りグリル&Aセット(ライス+アイスティ)」にしました。店員には焼き加減をレアーと告げただけで、ハンバーグの焼き方もレアーになるのか楽しみに待ちました。
出来上がったハンバーグとステーキにオニオンソースをかけナイフで切ると、レアーです。「ヤッター!」と思いながら一口、そんなに感動するほど美味しいとも感じませんでした。逆に、これを感動しながら食べれたら石ちゃんみたいにレポーターとか成れるのかなと思ってしまいました。
さて、子供だけのテーブルは、近くを通る他のお客さんが不思議そうに見て通ったりしましたが、行儀悪いことをすることもなく無事に帰ることができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.09.01

十兵衛

十兵衛

上越市の麺屋十兵衛です。
前を通りかかったときにちょうど夕食時間なのでお邪魔してみました。
入口を入った風除室に食券販売機があります。その横にもメニューが掲示されていて、炙りチャーシューがお勧めのようですが、「らーめん」にしました。
中に入ると、新しくオープンしただけのことはあって綺麗な店です。右のテーブル席に案内されました。カウンター席もありますが、混雑しない時間だから「ゆっくりどうぞ!」という意味もあってテーブル席だと思います。
チャーシューや炙りチャーシューなど高い値段のメニューが中心ですが、600円のラーメンも見た目はなかなか良いものです。やや緑色がかった黒い器の中に、岩海苔、万能ねぎ、焦がしねぎ、チャーシュー、メンマと豊富なトッピングが豪華です。
麺は、普通の太さ、自然の縮れの麺でモチモチしたコシのある麺です。美味しい部類の麺でしょう。太麺も選択できるようになっているようです。
スープは、豚骨です。背脂とかは入ってませんが、スープそのものがコッテリしています。あまりお腹が空いている訳ではないので、ちょっときついコッテリです。動物系スープの重さがあります。焦がしねぎも余計です。すいません好みじゃないので…。お腹が空いたときには良い感じかも知れません。
1枚もののチャーシューは、味の薄い軟らかいものです。
なんかちょっと重たい一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手造り工房

手造り工房

妙高市(旧妙高村)の手造り工房です。
国道18号線沿いにあり、ちょっと気になる雰囲気のお店なので寄って見ました。
13時を回っていますが、年齢60歳代の客が3人ほどいます。店主と親しそうに話しているので常連のようです。
店は、お世辞にも綺麗と言える店ではありません。清潔感がないとかじゃなく、いかにも手作り風で纏まっていないというか、整然としていない感じなのです。店はカウンター席のみで6人ぐらいの定員でしょうか?
メニューは、一通り揃っていますが、「らぁめんのしょうゆ味」にしました。
麺は、自家製麺の平打ち自然な縮れのもので、食べてみると噛み応えがない、いや少ない、伸びた麺の感覚とも違う。口に入れたときの感触は普通だが、噛み応えのない麺です。
スープは、ダシは取れていて、醤油の味が活きていますが薄味です。
大きめのチャーシュー2枚も薄味です。メンマ、海苔も乗ってます。
自家製麺、素材の生産者直接仕入れ、龍ヶ窪の水など努力して作られたラーメンのようですが、好みとしてはもうひとつインパクトが欲しい一杯でした。価格(500円)的には満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »