« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006.12.31

西木温泉クリオン

西木温泉クリオン

西木温泉クリオンです。
アルカリ単純温泉です。大風呂、ジェット、バブル、サウナ、水風呂、うたせ湯などがあります。
いつまでも身体がポカポカしているのが特徴です。車窓の曇りがなかなか取れないので大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サーティワンアイスクリーム

サーティワンアイスクリーム

イオンショッピングセンター中仙店内のサーティワンアイスクリームです。
31日ということで31%OFFでした。
ツインベリーヨーグルトとレモンシャーベットです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.30

乳頭温泉 鶴の湯

鶴の湯 入り口

秋田県仙北市(旧田沢湖町)の乳頭温泉郷鶴の湯です。
乳頭温泉郷は、鶴の湯、妙の湯、大釜温泉、孫六温泉、黒湯温泉、蟹場温泉、国民休暇村と温泉に入れる施設があります。今回は知名度の高い鶴の湯にしました。若い女性に人気の妙の湯、自然の中の露天風呂の蟹場温泉も捨て難かったけど野郎ばっかりじゃなかったので鶴の湯にしました。
道路は、2度の冬季国体開催ですっかり良くなった田沢湖スキー場入り口までは広々してます。さらにその先のかつての難所はロードヒーティングが入っているのか全然雪がありません。田沢湖高原を過ぎると多少山道らしくなってきます。

鶴の湯 山道
鶴の湯の看板から左に入ります。今年は雪が少なく、雪の壁が出来てないので余計に怖く感じます。やや狭い道を対向車を気にしながら進みます。

鶴の湯 正面
到着

鶴の湯 露天風呂
露天風呂は、この時期にしてはちょっと温めでした。

鶴の湯 内湯
最後は、内湯で温まり直し。

鶴の湯も、もう秘湯ではなくなり観光地化してました。以前から感じてましたが残念です。マナーも悪い客が多く残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.29

茉莉花

茉莉花 ゆず塩ラーメン

村上市の茉莉花です。
村上駅の新潟よりの最初の踏切り近くの住宅地のなかにあります。
夕食時間に開店を待ってお邪魔しました。
店は、奥の厨房、その手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。
担々麺とみそ担々麺が人気のお店ですが、塩ラーメンに笹川流れの塩を使っており、「ゆず塩ラーメン」という冬季限定のメニューがあったのでそれにしました。
塩ラーメンらしく透き通ったスープです。ゆずの皮を細く切ったものがスープに浮いています。ゆずの香りがとても良く、その香りだけでも満足できるラーメンです。味は塩らしいスープですが、酸味が加えられてます。塩を主力にしているラーメン屋にあるメニューの「梅塩ラーメン」に似た味感じの酸味です。とても爽やかなあっさりしたスープです。
塩ラーメンのスープもいただいてみました。塩ラーメンのスープは、ややしょっぱくキリリとした感じです。塩ラーメンのスープを飲んでから改めて「ゆず塩ラーメン」のスープを飲むと、そんなにしょっぱくなく優しい感じのスープです。そういう風に作っているのか、ゆずの果汁を加えたりしてそういう風になるのかは不明です。優しい奥行きのある塩ラーメンです。
麺は、普通の太さ、縮れでも特徴らしいものはありませんが、あっさりしたスープに良く合う麺です。口に入れた時にはやや軟らかく感じますが、食べてるうちにいい感じになてきます。
味が殆どない感じで箸で取ろうとすると壊れてしまう程軟らかい苦手のチャーシュー、メンマ、ほうれん草。海苔に加えて岩海苔も入っています。岩海苔は、醤油ラーメンに合いますが、塩ラーメンはもっと合います。磯の香りがしてきそうです。
どちらかというと創作系のラーメンになるかと思います。とても好きなラーメンです。満足×2。

一緒に行った人が食べたラーメンの画像も掲載します。

茉莉花 ラーメン
ラーメン

茉莉花 ねぎラーメン
ねぎラーメン

茉莉花 笹川流れの塩ラーメン(大盛り)
笹川流れの塩ラーメン

みそ担々麺
みそ担々麺

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.28

信吉屋

信吉屋

新潟市の信吉屋です。
今日も、狭い店の中で待っている人がいます。外で待とうかとも思いましたが、後から来た人が寒そうにしているので中で待つことにしました。暫くして数人のお客が一気に食べ終わり席に座ることができました。
今日は、豪華にチャーシューワンタンメンにしました。
いつもの黒っぽい器は、量が普通盛・中盛・大盛とあるのでチャーシューワンタンメンにしても、いつもの普通盛の器です。透き通ったスープが食欲そそります。湯気のたち方もより多くなってきました。
今日も細ストレート麺は、噛み切ったときの感触が抜群です。
スープは、透き通って昆布ダシが利いたあっさりしたものです。いつにも増して昆布ダシが効いてるような気がします。麺とのバランスが良くより一層あっさりしたものに仕上がっています。
チャーシューは、厚くやや小さいもので脂身が少なく、歯応えがあります。噛んでると中にいい味が滲みています。美味しいチャーシューです。
ワンタンは、最後に残しておきました。スープを吸って軟らかく好きな感触になってます。プリプリした肉の感触も良い感じです。
普通の半分くらいの長さの浅漬かりメンマ、短めほうれん草、鳴門ものってます。
750円の美味しいチャーシューワンタンメンでした。割安な感じの価値ある750円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.27

万人家

万人家

新潟市の万人家(中山店)です。
いつもはラーメン(550円)ですが、今日はちょっとだけリッチに特製ラーメン(680円)にしました。

普通のラーメンとの違い
  チャーシュー 4枚 → 3枚 (逆に少ない)
  もやしの量も少ない
  メンマ
  味付玉子(半個)
  岩海苔

もやしのシャキシャキした触感と一緒に食べる並太並縮れのツルツル&プリプリの美味しい好みの麺と、脂が油になりかけたような極微細な背脂が溶けたような感じでその下に醤油の味があっさりした美味しいスープです。

680円と値段もそこそこですが、ラーメンほど割安感はありませんが、バランスのとれたトッピングが美味しい一杯です。十分満足できました。

前回のブログもご参考に!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安福亭

安福亭

長岡市の安福亭(千手店)です。
長岡も今年最後かなと思い、本来ならば青島で締めくくるべきでしょうけれど、新潟でも食べられるんで、長岡で特徴のあるラーメン屋ということで安福亭にしました。
店前には4~5人並んでいます。すぐに列がなくなり、店の入口の食券販売機で普通に「老麺」にしました。
店は、左側に厨房、その前にカウンター席、中央から左側にテーブル席になっています。テーブル席はぎっしりと通路も狭く、相席もしていて、映画に出てくる戦後の食堂みたいです。
カウンター席に案内されました。始めて安福亭の厨房を見ます。直径50㎝ぐらい、そんなにおおきくない、かまどに似合いそうな鍋で麺を茹でています。丼の方は、タレを入れ、スープを入れ、背脂をチャッチャッしてるだけで他になにも入ってないようです。茹で上がった麺(本当にうどんみたい)を入れ、メンマとチャーシューをトッピングして終わりのようです。
出来上がってきました。
麺は、太麺です。見た感じは、本当にうどんです。うどんに比べるとコシがあります。讃岐うどんだとコシが強いから同じような感じになるかも知れません。カウンターに置かれたねぎ(縦切り・輪切り)の縦切りを入れて食べます。麺とシャキシャキしたねぎが良い感触です。
麺を食べ終わると、今度は輪切りのねぎを入れます。背脂がたっぷりでその下にはあっさりした醤油の味が美味しいスープです。輪切りのねぎと良い感じで食べられます。
脂身がほどほど混じったチャーシュー、メンマが入っています。
分類すればコッテリ系かも知れませんが、使い放題のねぎといっしょに食べると本当にあっさり食べられました。700円でもたっぷりのねぎで食べられるんで決して高くはないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

食堂ミサ

食堂ミサ

妙高市(旧新井市)の食堂ミサです。
道の駅あらいにあります。ここには、吉祥、よしきゅう、食堂ミサとラーメン店が3軒もあります。最初は、吉祥にしようと思いましたが、「本日は夜の部臨時休業」みたいな張り紙がありました。これで3回目です。と言うか夜やっているところまだ見てません。そんな訳で次によしきゅうの前に行きましたが、とんこつを食べたい気分ではありませんでした。次に食堂ミサの前へ。ミサの味噌ラーメンは旨いけど、ニンニク臭いので事務所に帰ってから『臭い!』と間違いなく言われます。しかし、今日は遅い時間なのでその心配もなさそうです。ここは思い切って食べますか!
出来上がってきて、やっぱり迫力があります。味噌ラーメンですが、玉葱が中心になっています。中郷の店で食べた時は、玉葱のみのように感じていたのですが、今回のものは、玉葱ともやしが半々ぐらいです。玉葱ともやしを食べるといい味です。やっぱり旨い。ニンニクの美味しさなんでしょう。何を食べても美味しく感じられます。
底の方から麺を引っ張り出そうとしてもなかなか出てきません。ようやく引っ張り出した麺は、ごくごくどこにでもありそうな普通の麺です。でもスープとの関係なんでしょう、とても美味しく感じます。
スープは白味噌に近いのでしょうか。綺麗な乳白色に近いような色合いです。
玉葱の美味しさと甘みで美味しいスープになっています。
ニンニク臭さを覚悟の美味しいラーメンでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006.12.26

松代パーキングエりア

松代PA

長野市の上信越道松代パーキングエリア下りです。
スナックコーナーコーナーに、ソフトクリームの「黒胡麻ソフト」がありました。
牛乳と違った甘さがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おっちゃんラーメン

とっちゃん

糸魚川市(旧青海町)のおっちゃんラーメンです。
国道8号線の海岸沿いにあります。夕日を見ながらラーメンを食べられる店です。店の名前と違って女性スタッフ3人で店をやっているようです。
メニューが本当に豊富です。前回「ラーメン」食べたので、今回は店員にお勧めを聞いて「おっちゃんラーメン」にしました。
大きな器に品良く登場です。
麺は、普通かやや細の縮れです。ごく普通の感じの麺ですが、スープとの絡みが良く美味しく感じられます。
スープは、味噌です。表面に白いブツブツしたものがあります。背脂なんかよりも全然小さい粒です。なんだか良く判りません。味噌って感じはそんなに前面出てはいませんが、味噌独特の甘みでとても美味しく感じます。
麺の上に野菜炒めがのってます。キャベツ、筍、キクラゲ、人参、玉ねぎ、ホタテなどの炒め物です。スープ同様に白いブツブツが絡まってます。ごま油を使って炒めているのでしょう。時々いい香りがします。その上にきざみ海苔がのってます。そう思って食べていると、きざみ海苔の下に鱈の切り身があります。きちんと普通の切り身の大きさがあります。食べてみると味噌付けを薫製にしたものかと思いましたが、よく考えてみると酒かす漬けかな!それをそのまま形が壊れないように炒めて、ダシ加えてスープを作ったんじゃないかな?そしたら白いブツブツは酒かすかな、それとも全然違って白ゴマだったりして…
850円に消費税が付いて892円と高いラーメンでしたが、鱈の切り身は、下手なチャーシューや角煮に負けない美味しいトッピングでした。鱈汁名物の糸魚川地区ならではの美味しい一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.25

一心亭

一心亭

阿賀町(旧津川町)の一心亭です。
国道49号線、津川警察署の隣です。
入口が2ヶ所にあります。正面らしい入口から入ると正面に厨房、その手前にカウンター席、左側にテーブル席と小上がりがあります。店の建物は小さめですが、最近のラーメン屋みたいな広い厨房でないため、席も多めに広々してます。
メニューは、そんなに多くはありませんが基本的なラーメンは揃ってます。定食もあります。正油ラーメンにしました。店の前には赤い看板で「ラーメン」と書かれていて、その隣には「軍鶏(しゃも)」とあります。きっと軍鶏のスープなんだろうと思いながら待ってました。
出来上がったラーメンは、薄い醤油色で澄んでいます。見た目は好みのものです。
麺は、そういう言い方をすると失礼かも知れませんが「田舎のラーメンは伸びたような歯応えのないものが多い」ような気がします。しかし、プリプリしたなかなか美味しい麺です。普通の太さでやや縮れ麺ですが感触がいいです。
スープは、醤油の色が薄めですが醤油の美味しさがしっかり伝わってきます。塩も使っているのでしょうか締まりもあります。軍鶏の旨さでしょうかいい味です。派手さはありませんが美味しいスープです。
バラ肉巻の薄めのチャーシュー2枚、浅漬かり色のメンマ、ゆで卵が半個入っています。多めに入っている輪切りのネギはスープとの相性が良く、スープだけでも十分料理になりそうです。
旧津川町にしては、550円と安くはないラーメンかと思いましたが、十分に値するものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

香楼苑

香楼苑

阿賀町(旧三川村)の香楼苑が閉店してました。
三川駅前国道49号線との交差点角にあった香楼苑が、貸店舗になっていました。家の方の入口には貸家の貼り紙がありました。中華系の美味しいお店だったのですが残念です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006.12.23

弁慶

弁慶

燕市の弁慶です。
勝丸さんのブログでリニューアルしたのを知ったので行ってみました。
八王子橋のすぐ近くにあります。今回で2回目、リニューアルして初めてです。道路に面して横に広いお店です。右側に入口があり、奥が厨房、その前にカウンター席、手前に小上がりがあります。メニューや値段は変わっていないようです。良かった。
前回は、トンコツ味の「弁慶らーめん」を食べたので、あっさり味の「牛若ラーメン」にしました。太麺/細麺を選択できますが、あっさり系にはやっぱり細麺かなと思い。「牛若ラーメン(細麺)」をお願いしました。
出来上がって目の前に現れたラーメンは、見た目であっさりしてそうです。白い器だとスープの色が良く判ります。醤油の澄んだ色が特徴です。
麺は、細麺にしたのですが普通の太さの麺です。燕三条背脂系だと本当に太麺は太いので、細麺といっても普通ぐらいはあります。ツルツルして感触は良い麺ですが、スープとの絡みがもう少し欲しいですね。
スープは、あっさりしたものです。醤油の味とダシがいい味を出しています。和風と言っても良いくらいです。美味しいスープです。
大きな一枚ものの脂身も混じったチャーシュー、小振りで脂身の少ない歯応えのあるチャーシューが2枚、いい色のメンマ、海苔、鳴門が入ってます。
美味しいスープのラーメンでした。麺とスープが良く馴染むようになったら、さらにすばらしいラーメンだと思います。
燕三条地区は背脂たっぷりと太麺がスタンダードかも知れませんが、あっさりした美味しいラーメンもあるんですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.22

おもだかや

おもだかや

新潟市の女池にある「おもだかや女池店」です。
女池インターのすぐ近く、パチンコ店と駐車場を共有しています。間口の広い店で、中央から右奥に厨房、右手前からやや左側さらに回り込むように向かいにかけてカウンター席、左端にテーブル席があります。
昨日食べ過ぎたので、今日は質素に「支那そば」にしました。
細くストレートに近い麺は、プリプリしています。噛み切る時の感触は、なんとも表現する言葉が見つかりませんが最高です。
スープは、魚ダシが香る懐かしい風味です。結構強めに効いてます。醤油の旨さと塩のパンチが合わされたような美味しいスープです。ややしょっぱいかな?
脂身の少ない大きな1枚もののチャーシューは、歯応えがあり支那そばらしい組み合わせです。でも、これもチョットしょっぱいかな。シャキシャキと美味しい浅漬かり色のメンマ、鳴門、量は少なめですが茎わかめも入っています。
500円で美味しいものを食べられることに幸せを感じます。単純過ぎ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.21

飛雄馬

飛雄馬 味噌背脂入り

飛雄馬 大リーグボール

長岡市の飛雄馬です。
蔵王橋西詰コンビニの斜め裏にあります。
店は、どちらかというと古い感じのお店で、入口の外で食券を買うようになってます。
2回目になります。今回は、味噌にしようと思ってましたが、さらに背脂入り、大盛りも50円UPだし、大リーグボールも食べてみたいし、で結局「味噌背脂入り大盛・大リーグボール入り」となりました。
前に4人並んでいましたが、直ぐに席が空き順番がきました。
店は、手前左側に厨房、その中央よりにカウンター席、右手前にテーブル席、右奥に小上がり、さらに全体の奥に座敷があります。小上がりのテーブルに一人のところがあったので、店員の勧めで相席させてもらいました。
店内には、メニューやトッピングに関する手作りの貼り紙がいっぱい貼ってあります。また、野球のウェアもいろんな球団のものが掛かっています。
なんて見てたらラーメンが出来てきました。ビックリです。山です。『誰がこんなの食べるんじゃい!』って感じが第一印象です。背脂でこってりしてそうだし、山のようなもやし、下には大盛りの麺です。
まあ、食べなきゃ始まらないので食べ始めます。麺を掘り出すともやしが崩れそうなので、最初にもやしから食べます。味がありません。感触も茹でもやしのようです。隅のスープをレンゲで掬ってもやしにかけて食べます。シャキシャキいい感じですがやがて飽きてきます。
その頃にようやく、麺を掘り出せそうになりました。麺を掘り出すと、なんと普通の太さの普通の縮れ具合の麺です。味噌で背脂入り、どちらを考えても太麺かなと思っていましたが以外です。でも、とても美味しい麺です。歯応えとか食感が味噌に良く合います。
もやしの山の山頂にのっている小さめのバターを麺を掘り出せるようになった辺りのスープに浮かべます。何とまろやかなスープでしょう。背脂と一緒になって味噌あることを忘れてしまいそうなまろやかさです。
さらに山頂には、白い雪ならぬ茶色の挽肉もあります。何粒かを口に入れると肉の美味しさが広がりますが、その後から辛さが襲ってきます。そうと判ればなかなか嬉しいトッピングです。
山のすそ野には、肉の塊が2個あります。大リーグボールはコブシ大の肉団子の筈ですが、軟らかい大きな角煮です。えっこれなんだと、がっかりのような変な納得をして食べ続けます。角煮事態は冷たくて、脂身が何ともコンビーフのような感触の味わいです。さらに半熟味玉も半個入ってます。
シャキシャキしたもやしと美味しい麺を食べてると、山の中にマグマのような塊があります。大きな肉団子です。大リーグボールがありました。食券を店員に渡す時に「大リーグボールをラーメンの中に入れますか?」と聞かれ、「お願いします」とは答えましたが、本当にラーメンの中に入ってました。
カレー味がします。ほのかより強く、カレー!って程強くもなく、いい風味です。挽肉にも脂がそこそこ入っているいるものを使っているのでしょう。肉汁がそんなに多くはありませんが滴ります。ラーメンを食べ始めてから時間も経っているので、そんなに熱々ではなくなっていますが、大リーグボールの中は本当に熱々です。周りの温度といっしょだろうと思って、一気に口に入れたら火傷するかも知れません。もう少し丸みがしっかりしてて欲しかった。
背脂入りの味噌ラーメンをいくつか食べましたが、背脂の味をまろやかにする効果が、味噌の持つ味わいまでも消しているような気がします。まろやかな味噌が好きな人は良いかも知れませんが、味噌の味噌らしい味を楽しむには背脂なしの方がよいでしょう。
大リーグボールを食べた後も黙々と食べ続け、完食できました。勝龍の無料大盛りで食べた「角煮味噌チャーシュー」に次ぐボリュームでした。
味噌背脂入り大盛り700円と大リーグボール200円で合計900円の豪華昼食になりましたが、本当に楽しい食事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006.12.20

GOGO宝来軒

GOGO宝来軒

上越市のGOGO宝来軒です。
右奥に厨房、その手前にカウンター席、右手前と左側がテーブル席です。
カウンター席に座りメニューに目を通すと、メニューが変わってないので安心しました。夜からだけのメニューがあります。こってり系と紹介されている「BUTA醤油ラーメン」にしました。
麺は、やや太いくらいのストレート麺です。プリプリした歯応えのある麺です。麺だけでも楽しめるような感じです。ただ、ラーメンというより、チョットパスタっぽい感じもします。
スープは、背脂がいい感じで入っていて美味しさは伝わってきますが、背脂ってコッテリ感は全然ありません。目を瞑って食べたら背脂を感じないくらいのあっさりした感じです。背脂の下にあるスープが醤油の味であっさりしているのです。燕三条系のような煮干しの風味も特にありません。
一枚もののチョット炙った感じのチャーシューが2枚入ってます。程々の軟らかさのあるものです。たっぷりのもやしが食感の良い麺に、さらに良い食感を与えてくれます。メンマと鳴門も入っています。
上越地区もラーメン屋の熱いバトルが展開されてます。夜だけ限定メニューの美味しさくを堪能させていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーモリ

オーモリ

上越市のオーモリ東本町店です。
古く間口の狭い店です。左側に厨房、中央には厨房に向かってカウンター席、右側には小上がりがあります。昼食時間も遅くなって、普通のお店じゃやってない時間になりました。やってそうな店と思ってお邪魔しました。お客は他に一人です。いろいろメニューが豊富にありますがラーメンにしました。
麺は、普通かやや太の縮れ麺です。スープとの絡みの良い麺です。やや軟らかめに茹でられています。
スープは、味噌ラーメンかと思わせるような色合いです。油も少し浮いています。味は、豚骨のバランスの取れたうま味がジワーと広がります。醤油の味もうまく活かされてます。美味しいスープです。
かなり硬めで味付けもしっかりのチャーシューが4枚、メンマがのってます。
上越にもワンコイン(500円)で食べられれる美味しいお店が結構あるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.19

たこいち

たこいち

新潟市のたこいちです。
亀萬でラーメン食べてたら、呼出しを食らってしまいました。
たこ焼きもバリエーションがいろいろありますが、明石焼きが美味しいとのことで、選択の余地もなく明石焼きにしました。
吸い物のようなダシに浸けて食べるたこ焼きです。以前、違う店で食べたような、食べなかったような、記憶が定かではありません。普通のたこ焼きよりも玉子の分量が多く美味しい。でも、見ため以上にボリュームがあります。確かなのは、ラーメンを食べた後に食べるものではないことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀萬

亀萬

新潟市の亀萬です。
ラーメン仲間から「新潟の夜のラーメン語るんなら亀萬のラーメン食べてから…」てなことで一緒にお邪魔しました。学校町通りの入った辺りにあります。
入ると中央にカウンターがあり、ぐるっと囲うようにカウンター席があります。カウンターの中は厨房ではなく、おでんコーナーのような感じです。その奥には多きな座敷になっています。右側が厨房のようです。おでんや串カツなどを軽く食べてラーメンをお願いしました。
麺は、やや細の縮れ麺でやや軟らかめですが美味しい麺です。
スープは、トンコツで油もチョット浮いています。トンコツらしい旨味のあるスープです。
硬めのチャーシュー、メンマが入っています。
居酒屋というか小料理屋という場所で、これくらいしっかりしたラーメンを食べられるのは嬉しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東堀石門子

東掘石門子

新潟市の東堀の石門子です。
今日は石門子のワンタンメンが食べたくなりました。古町の石門子で食べようと思いましたが、定休日だったはずなので東堀の石門子にお邪魔しました。
奥行きのある店で、左側が厨房、中央が厨房に向かってのカウンター席、奥に小上がりがあります。右側が空いていてもったいなく感じます。2人掛けのテーブルなら 2卓くらい置けそうです。でも、待ちの人がカウンター席で食べてる人との距離をある程度空けて待つのには、ありがたいスペースです。
店に入ると『なんにしますか?』、席に着く前にオーダーです。ワンタンメンの超盛りにしました。
スタミナラーメンを注文する人も結構います。隣に座ったお客もチャーシューメンからスタミナラーメンに急遽変更です。ちょうど麺が茹であがる寸前でギリギリセーフです。店主が麺を取り上げる作業を中断し、ラーメンのスープの張った器に練り胡麻と辛みのような液体を2種類加えています。麺を掬い上げトッピングして出来上がってきました。
麺が軟らかい。茹であがる時に余計な作業をして、茹で時間が長くなってしまったからだろう。隣のお客に『あんたの気紛れで麺が軟らかくなっちまったじゃねえか!』と言いたいのを堪えて食べます。
スープは、醤油の美味しさと塩のきりりとした感じで、あっさりしていながらも旨さも風味もパンチもある好きなスープです。
軟らかな口の中でとろけるようなワンタン、歯応えのある昔ながらの風味のチャーシュー2枚、浅漬かりで色も綺麗でシャキシャキした歯応えのメンマとトッピングも充実しています。
麺が軟らかでチョット残念でしたが、それでも十分美味しい一杯でした。満腹満腹!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.18

小嶋屋

小嶋屋 へぎそば

小嶋屋 天ぷら盛り合わせ

新潟市の小嶋屋です。
出張者と一緒の昼食です。出張者がどうしても「へぎそば」を食べたいとのことで小嶋屋にしました。「へぎそば」と「天ぷらの盛り合わせ」にしました。たまに食べるからかも知れませんが、美味しい。ラーメンと違いますが、ツルツルした感じとコシの良さはたまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.17

焼龍(シャンロン)

焼龍

新潟市の焼龍(シャンロン)です。
焼龍の前は、東麺坊だったところです。赤塚の国際情報大学の近くです。
ライス・メンマ・高菜漬けが食べ放題とのことで、東麺坊の時のライス・カクテキ食べ放題とあまりシステムが変わっていないのでチョット遠慮してましたが、そんなにいつまでも気にしていてもしょうがないかなとお邪魔しました。
奥行きのある店で、右の中央から奥にかけて厨房、それを囲うようにカウンター席、左側にテーブル席があります。右手前のカウンター席に座り、メニューを見ます。メニューが何枚かに分かれており見難い。ラーメン類は、醤油と味噌だけです。焼きそばが具材などの関係で種類が多くなっています。どちらかというと焼きそばのお店です。「節だし濁り醤油らーめん」か「樽仕込み熟成味噌らーめん」のどちらを食べようかと思いましたが、あっさりしている方が無難かと思い「節だし濁り醤油らーめん」にしました。そんなに長い名前付けなくても良いのにと思いながら待ちます。
ラーメンが出来てきました。大きな浅い器です。写真を撮ろうとしますが、カウンター席のダウンライトと厨房の照明の反射でなかなか上手く撮れません。本筋の麺が延びても何でしょうから程ほどに食べます。
麺は、やや細の自然な感じの縮れで、モチモチとプリプリが程良いところでバランスが取れている麺です。なかなか美味しい麺です。
スープは、節だしと言っているので魚系中心だと思われますが、魚系独特の匂いというか風味をそんなに強く出していません。自然な感じの風味が伝わってきます。逆に動物系のような旨味があります。油もチョット浮いててまろやかで甘みもある美味しいスープです。
中心部に歯応えがあり外側に脂肉を配したバラ肉巻きチャーシュー、シャキシャキ感の良い美味しいメンマ、海苔、味付き半熟玉子1個が入っています。
650円と安くはありませんが、味付き半熟玉子1個とライス。メンマ。高菜漬け食べ放題を考えればワンコインラーメンに匹敵するお手頃なラーメンでしょうか。東麺房よりは格段に良くなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.15

萬来

萬来

柏崎市の萬来です。
国道8号線柏崎バイパス半田交差点の角にあります。食堂の雰囲気の店です。中は右側が厨房、 その前にカウンター席、左側にテーブル席があります。
メニューは、麺類、飯類、一品料理まで中華料理が揃っています。麺類も町の中華屋さんといった手頃なものから中華店らしいものまで揃ってます。
ラーメンがただのラーメンではなく「ラーメン並」となっていて530円です。それでも良かったのですが、「ボリューム満点のお店」との情報もあったので、あんかけ風の美味しいものを食べようと思い、店のおばさんに「あんかけ風なのはどれですか?」尋ねました。他にも何種類かあったようですが「広東麺」にしました。
出てきた「広東麺」を見て驚きました。『なにこれ!』です。今にも器からはみ出しそうです。
「まず麺は?」といきたいところですが、麺を下から出すとこぼれてしまいそうな状態です。そこで「あんかけ」からいただくことにしました。白菜、玉ねぎ、人参、筍、きくらげ、小辺の肉が割りと優しい味のあんかけになって、さらに、玉子で綴じられています。美味しい。かなり美味しい。好みの味付です。
そこそこ食べて中から麺を引き摺り出すと、麺は、普通の麺です。熱々のあんかけを時間をかけていただき、麺を引き出したのですが、コシがあって全然伸びたような雰囲気はありません。
スープは、味が判りません。不味いってことはないようですが、あんかけが混じってしまった関係でオリジナルのスープを味わうはできませんでした。
ことは見ることはないようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006.12.14

ぐーちょきぱ

ぐーちょきぱ

長野県大町市の「ぐーちょきぱ」です。
国道148号線の木崎湖湖畔近くにあります。
何度となく前を通っていましたが、観光地のあまり美味しそうなものが出てこない雰囲気の店だったので素通りしてました。ネットで評判が良かったのでお邪魔することにしました。
ラーメンが500円です。セットもあります。普段ならセットにしないんですが、鶏の唐揚げセットが美味しそうなのでそれにしました。
白濁色のスープに、バラ肉巻きのチャーシュー、メンマ、もやし、刻みネギがのってます。綺麗に盛り付けられています。
麺は、やや細のやや縮れでコシがあって美味しい麺です。ネットなどでは縮れじゃなくて、ウェーブのある麺と紹介されてます。
スープは、白濁色でかなりこってりしてそうに見えますが、以外とあっさりしています。白醤油を使用しているために綺麗な色のスープになっています。白醤油は、味が普通の醤油とさほど変わらないらしいが、結構塩味に近いように感じます。醤油の持つ味の深みがもう一つ感じられません。その代わり味にパンチ力があります。
唐揚げもたっぷりでボリュームのあるセットメニューでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とん太

とん太

糸魚川市の北陸自動車道上り線蓮台寺PAにあるとん太です。
朝からラーメンを食べたい気分でもなかったのでそばにしました。蓮台寺そばです。以前はかけそばから天玉そばまで、PAのスナックコーナーらしいメニューだったのですが、今は蓮台寺そば1種類だけになっています。
そばは、細めのそばですが、きしめんみたいな太いものも混じっています。茶色の濃いめの色をしてます。普通の立ち喰いそばなんかと比較するとコシがやや強いものです。
つゆは、かなりしょっぱいものです。色もかなり黒っぽい色です。関東風そばが美味しく食べられるのに、それでもしょっぱく感じるんですから、普通の人は覚悟して食べた方が良いかも知れません。まさか、煮詰まってしょっぱいんだけだったりして…
なすを油で揚げたもの、ネギを油で揚げたもの、油揚げ、太い茎わかめの煮物、鰹節がのってます。
蓮台寺そばは、立ち喰いそばと同じ様な値段だったから良かったのですが、550円も出して食べるもんじゃないと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.13

ラーメン二郎

ラーメン二郎

東京は品川の「ラーメン二郎品川店」です。
名前は聞いたことがあり、いつかは食べたいと思っていました。
品川駅東口から南に再開発されたきれいな街を抜けた先にあります。
19時30分頃ですが店の前には5〜6人の待ちがあります。店に近づくと食券販売機があります。
普通盛or大盛、焼豚はなしorあり、焼豚ありは大きさが小ブタorと大ブタ、焼豚の量も普通orダブルとなっています。スープは1種類だけで期待できそうです。「普通盛焼豚小ブタ」にしました。食券は、懐かしい感じのするプラスチックプレートです。
順番がきて中に入ります。カウンター席だけの店です。席に座ってカウンター上のテーブルに食券を置きます。
順番がくると店員が、ラーメンを作っている所に食券を移動しながらこちらを見ます。店の中の貼り紙にトッピング無料、野菜、ニンニク、辛さ(スープの濃さ)、脂の量(少なめは始めに言って下さい)などと書いてある。それの事だろうと思い「野菜!」と告げる。他の客は、「野菜とニンニク」が多いようだ。隣に座った人は「野菜ダブルとニンニク」でした。
トッピングを告げて間もなくラーメンが出来上がってきました。野菜の量が結構あります。茹でたもやしとキャベツです。味はありません。スープに潜らせて食べると、スープがちょうど良い塩加減らしく美味しくいただけます。なんて食べてる間に、隣の人の「野菜ダブルとニンニク」も出来上がってきました。山盛り野菜がのってます。今まで見た中で、たぶん一番野菜が多いラーメンです。強烈です。情報によると、さらにトリプル、タワーとさらに量を多くしたものも出来るらしい。人間の食べ物の域を越えた食べ物じゃないかと思います。
麺は、これも特徴的です。平打ちともちょっと違って、楕円形をさらに平べったくしたような感じの麺です。コシが強く燕三条系に似た感じの麺です。スープに合う麺です。
さらに特徴的なのが、そのスープです。見た目は白味噌ラーメンのスープのようですが、豚骨味のスープです。味は、醤油より豚骨塩っぽく美味しいスープです。大量の油が浮いてます。背脂の小さな塊もありますが、透き通るように液化した油なんでしょうか。トッピングを書いた貼り紙に「脂」の文字を使っていたので背脂が溶けたものでしょうか。燕三条系は、背脂の下にあっさりしたスープがあるから良いのですが、ここまでこってりのスープは飲み干すことが出来ませんでした。
焼豚の子ブタもインパクトのあるものです。「小ブタ」という名前からもあって、そんなに大きなものではありませんが、2cmぐらいの厚さがあります。角煮に近いような焼豚が、ゴロゴロといった感じで入ってます。
色々、驚きながら食べた一杯でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

天下一

天下一

東京は神谷町駅近くの「恵比寿 天下一」です。
大使館などが多い場所でラーメン屋が見つからず、ラーメンを食べれそうな店があったので入りました。昼を回っていますが混んでます。
中華系の麺類、飯類、丼類など豊富なメニューがあります。ラーメンが600円でありますが、濃い色の炒め物と味玉1個がのった五目っぽい「ホンコンラーメン」が800円なので、それにしました。
麺は、極々普通の太さの自然な縮れ麺です。最初は触感もありましたが具を食べてるうちに伸びてきてちょっと残念でした。
スープは、黒っぽい少し濁ったもので、最初は田舎味噌の黒っぽさかなとも思いました。味も味噌かなと思えるような深みと甘みがあって美味しいものですが、醤油をベースにした中華ならではのスープのようです。
具は、キャベツ、人参、きくらげ、豚バラ肉などを炒めたもので、焼肉のタレのようなものでしっかり味付けされていて美味しい。けど、トロミがついてあんかけだったら、さらに美味しいだろうと思います。
場所が場所だけに800円で食べられるものとしては上々でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.12

味の三平

味の三平

東京は中目黒の「味の三平」です。
昔からあるような町に馴染んだ店です。
メニューは、麺類を中心に飯類、一品料理まで揃った中華料理店です。店の雰囲気の通り庶民的な値段です。醤油ラーメンが530円、中華そばが580円で悩んで中華そばにしました。
なんとなく東京らしい、はっきりとした色の模様の入った器に、醤油の色がしっかりしたスープの中華そばです。
麺は、細縮れのモチモチしたコシのある麺です。
スープは、色も味も醤油がはっきり利いてるものです。といってもしょっぱいということではありません。あっさりしていますが、深みのあるとっても美味しいスープです。
歯応え・弾力・脂混具合・味付けとも良いチャーシュー、メンマ、海苔がのってます。
お腹ペコペコで食べました。とっても美味しい好みの中華そばでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤田

藤田

新潟市の藤田です。
昨日に引き続き新潟島の下のフレッシュ本町という市場っぽい通りに来ています。昨日のたごさくより同じ並びでもう少し下になります。
店の前には駐車場がありますが、露店が多くたどり着くのが大変そうです。年末だから露店が多いのでしょうか。
奥に厨房、その前にカウンター席、手前に小上がりがある小さなお店です。
以前のメニューは、ラーメンと味噌ラーメンとそれらにトッピングを加えたものでしたが、タンタンメン、塩ラーメン、あっさり醤油ラーメンが追加になっています。前回食べたラーメンの味も良く思い出せないので、ラーメンとあっさり醤油ラーメンとは違うのかを訪ねると、全然違うとのことなのであっさり醤油ラーメンを食べることにしました。
見た感じは、普通の醤油ラーメンです。
麺は、ちょっとモチモチした感じのやや細の縮れ麺です。どこにでもある麺のような感じですが、スープとの相性が良いのでしょう。とても美味しく感じます。
さて、そのスープは、醤油の美味しさが活かされた醤油ラーメンという名にふさらしいものです。しょっぱさ、甘さ、魚系を中心に採られたダシがいい味を出してます。久しぶりに美味しいスープに当たりました。
ちょっと薄めのチャーシュー、メンマ、鳴門、わかめとトッピングも充実しています。
美味しく食べてワンコイン(500円)。いいラーメンを発見しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.11

雪見だいふく

雪見だいふく 生チョコレート

コンビニで「雪見だいふく 生チョコレート」が売ってました。味は好みじゃなかった。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

桐生

新潟市の古町通り9番町辺りの「桐生」というもんじゃとお好み焼きのお店です。
学生時代を浅草で過ごした知り合いに「もんじゃ食べよう」と誘われお邪魔しました。

桐生 キムチ納豆もんじゃ
キムチ納豆もんじゃ

桐生 ねぎ&玉ねぎもんじゃ
ねぎ&玉ねぎもんじゃ

桐生 ベビースターもんじゃ
ベビースターもんじゃ

桐生 焼きそば
焼きそば

美味しくいただきました。
ベビースターは、ポリポリした歯応えが楽しいものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たごさく

たごさく

新潟市のたごさくです。
新潟島の下の本町フレッシュなんとか市場っぽい通りの入口近くなあります。間口の広い店で、奥に厨房があり、その手前と左側にカウンター席がある小さな店です。買い物途中の人でしょうか、入れ替わりながら並びこそしませんが、そこそこ混んでます。
麺類を中心にセットメニューなどもあります。以前、お邪魔したときにらーめん500円を食べて、たんめんじゃないかと思うほど野菜たっぷりでした。今回、らーめんが450円に値下がりしてます。どういう風になったかわかりませんが、メニューに迷ったら「たんめん」をどうぞと書かれていたので「たんめん」にしました。さらに野菜が増えたらどうなるんだろうか?
大きな深さの浅い器です。
麺は、やや太で自然な縮れです。あまりコシはありませんがツルツル、プリプリした触感が良い麺です。
塩味のあっさりしたスープは、もやしを中心とする野菜からのダシが出ている優しいものです。好みからは、もう一つパンチが欲しいかな。
野菜は、たっぷりのってます。もやし、キャベツ、人参、きくらげに加え、豚のバラ肉も結構入っています。
550円なんでとっても割安で満足できるものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.09

Wiiゲット

Wii

今日は、明後日に迫った双子の誕生日プレゼント購入に行きました。
ニンテンドウ「Wii」です。いつものことですが、この時期は大変です。いつも行っているお店などを回りましたが、どの店も売切れです。キャラクター商品などで助けられたお店に行きましたが、「ほんのチョット前に売り切れました」ということでした。あまりゲーム好きや家族連れが出没しそうもないお店に切り替えて探したらありました。購入できました。親の役目をまっとうできました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こまつ

こまつ

新潟市(旧黒埼町)のこまつです。
住宅地と畑がある中にあります。間口の広い店で、入って奥に厨房があります。その手前にカウンター席、左にテーブル席、右に小上がりがあります。
ネット上で熱烈「味噌ラーメン」がお気に入りの人がいて、前回お邪魔したときは「味噌ラーメン」を食べたのですが、今回は「こまつラーメン」にしました。
麺の太さ(太麺・細麺)と背脂の量(なし、普通、大油(別料金))を好みで選べます。細麺もすきなのですが、背脂に合う麺だろうから「太麺」にしました。背脂の量は、チョット多めにしたかったのですが、なしと普通(無料)と大油(有料)からの選択なので普通にしました。トッピングは煮玉子を追加しました。
麺は、「こまつの味噌ラーメン」と同じ太縮れ麺です。モチモチした感じで味噌らーめんに合いそうな麺です。燕三条系の背脂ラーメンとは、チョット違う麺です。でも、それなりに美味しくいただけます。
スープは、大きめの背脂が、量はそんなに多くはありませんが浮いてます。醤油色の濃い目で、色を見る限り醤油の濃い目の味がしそうですが、全然しょっぱくありません。麺と一緒に食べてるときには少し薄い味に感じますが、スープだけ飲むと醤油の味が美味しいスープです。
大きめ・厚め・軟らか・薄味のチャーシュー、多めのメンマ、ほうれん草、みじん切りのねぎが入っています。みじん切れのねぎが背脂が浮いているスープに良い食感を与えてくれます。追加トッピングした煮玉子は、いい味が滲みています。黄身も透き通るように軟らかく、半熟具合もバッチリです。
550円の「こまつラーメン」は、なかなかではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.08

金ちゃん

金ちゃん

新潟市の金ちゃんです。
新潟駅南、弁天橋線の場外車券売場入口の亀田寄りにあります。そんなに大きな建物ではありませんが、ビルの1階にあります。
右から中央奥が厨房になっています。左中央にカウンター席、手前左側がテーブル席、手前右が小上がりになってます。
昼をだいぶ過ぎてますが、お客は結構います。一通りのスープが揃っています。さらに、セット、丼、定食があります。オーソドックスに正油ラーメンにしました。
麺は、細か極細に近い太さの縮れ麺です。シコシコした歯応えの美味しい麺です。
スープは、正油ラーメンというより中華そばなんかによくある感じのものです。しょっぱさ、甘さともバランスの取れた、あっさりした美味しいスープです。
やや軟らかめのチャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔が入っています。
町の美味しい中華屋さんといった感じです。550円なんで安くはないのですが十分に満足できる一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.07

青島

青島

新潟市は、西堀の青島です。
時々あるんですが、しっかりしたラーメンらしいラーメンが食べたくなります。そういうときは青島にお邪魔します。12時過ぎに店に着きましたが、今日はガラガラです。6人しかお客がいません。今までで一番空いてます。雨のせいでしょうか。食券販売機でチャーシューメン(大)の食券を買って席に着きました。
麺は、普通の太さで自然な縮れです。ツルツル・モチモチした感じはいつもの通りです。前回は、モチモチ感が強く感じましたが、今日は普通です。こちら側の体調のせいでしょうか。美味しい麺です。
スープは、長岡生姜醤油らしく、しっかりした醤油の味が濃いめに伝わってきます。美味しいスープです。
歯応えを楽しめて程良い味のロース肉チャーシューです。今日は、脂身がそんなに多くなかったので食べ易く感じました。メンマ、ほうれん草、鳴門、海苔ものってます。
久しぶりのチューシューメン大盛でした。最後まで飽きることなく、美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.06

いかの墨

いかの墨

新潟市のいかの墨です。
新潟第一ホテルの向かいにあります。
コース料理の最後に「いかの墨アイス」が出てきました。いかの墨の味と色ですが、結構、美味しくいただけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥次郎

奥次郎

新潟市(旧亀田町)の奥次郎です。
今日もお客が入ってます。ほぼ満席です。
通常メニューの他に期間限定メニューもあります。今回はイベリコ豚というスペインの豚肉を使った「イベリコスペシャルチューシューメン」です。それにしようかとも思いましたが、1050円はさすがにパスしました。軟らかい好みじゃない味ならもったいないですからね。
一通り食べたので最初に食べた浜塩ラーメンにしました。
麺は、細めの自然な縮れの麺です。ツルツル、プリプリして舌触り、噛み応えとも申し分のない麺です。
スープは、魚系の風味と香りがする美味しいスープです。最近は、「これでもか」ってくらい魚風味を出し過ぎる店が多い中で、昔ながらの控えめな感じが好きです。
軟らかく分厚いチャーシュー、メンマ、半熟玉子半個、ほうれん草が入ってます。
630円の塩ラーメンと、そんなに安い訳じゃありませんが、美味しく、トッピングも充実しており満足できる一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.05

名門

名門

大阪市の「揚子江ラーメン 名門」です。梅田近くの繁華街にあります。
お腹が空いたので夜食を食べることにしました。大阪の人から紹介された「あっさりラーメン」のお店です。飲んだ後のお客が結構います。
メニューは壁に木の板がさがっています。マジックの手書きです。ラーメンとチャーシューやワンタンを加えたものがあります。ラーメンにしました。
店のスタッフ同士が会話してますが、中国語っぽい会話です。ラーメンとしては、あまり期待できませんが、美味しい中国の期待が高まります。
器は白く大きく、いかにも中華料理といった感じです。高さのない平たい漆塗りなんかである大きな杯のような形です。
麺は、細ストレートです。噛み応えが楽しいプリプリした麺です。ラーメンというよりそうめんか冷やむぎのような印象です。スープのせいでしょうか。
そのスープは、無色の透き通ったものです。塩味のあっさり薄味です。ダシも利いて、優しい塩水のスープです。
歯応えの良いチャーシュー2枚、茹でもやし、水菜が多めに入っています。
中国料理と聞くとこってりした濃い味の印象がありますが、こういう料理もあるんですね。中国料理って奥が深いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なか卯

なか卯

大阪梅田近くのなか卯です。
昼食で大阪らしいものを食べられなかったので大阪らしいうどんを食べようと夕食時間も探しましたがみつからず、京風うどんの店があったので京風うどんにしました 。立ち食いのような店です。
店頭に食券販売機があり、はいからうどん(たぬきうどん)にしました。
うどんは、平たいもので見た感じはきしめんですが、コシがありやっぱりうどんです。
つゆは、あっしり薄味ですが、ダシが利いていかにも関西風のとても美味しいものです。
天カス、薄切りの蒲鉾2枚、ねぎが入っています。
これで280円です。手頃な値段の美味しい食べ物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多一風堂

一風堂

大阪の博多一風堂梅田店です。
昼食に大阪なんで大阪らしい食べ物ををと思い梅田を探しましたがそれらしいものがつかりません。カツや刺身の定食が700円、普通の定食は550円からあり、喰い倒れの町にふさわしい食べ物屋があります。ダシの利いた大阪のうどんも好きで店を探すのですが、食べようと思うとみつからないものですね。
そういう訳で博多一風堂梅田店にお邪魔しました。以前、大阪に来た時に食べたお店です。東京にもあるので、あまり行く意味はないんですが、他を知らないので仕方がありません。
前回は 、あっさりの「白丸元味」を食べたので、今回はこってりの「赤丸新味」にしました。トッピングで玉子も追加しました。
真っ赤な器は、悪い感じはしないけどチョット違和感があります。表面の半分は黒っぽい香油で覆われています。
麺は、極細ストレートです。雰囲気はそうめんです。歯応えが良いです。プリプリしています。
スープは、白濁色のいかにもとんこつといった感じで、普通の油もそこそこ多く、さらに香油のこくでこってりしています。嫌らしい感じはありません。
軟らかいチャーシュー2枚ときくらげがのってます。玉子は、軟らかく固まった白身を噛む時、黄身は液体のままかと思う程ですが、透き通った様な半熟です。味は、ちょっと薄めです。
ラーメン750円に玉子で850円です。新潟だと高過ぎてだれも食べないラーメンかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.04

白寿

白寿

新潟市の白寿です。
今日は新潟も寒く、今シーズン初めての雪らしい雪模様になりました。こんな寒い日は、「暖まるものが食べたいなあ」と思います。それも優しい感じの暖かさをと思い白寿のうま煮ラーメンにしました。今日も年配の人が多いですね。おばさん一人というのも2人もいます。
今日は、うま煮ができていて待たずにできました。
細麺とあっさりしたスープに、うま煮です。今日のうま煮はちょっといつもよりニンニクが利いているような気がしました。
いつもながら本当に500円で良いのかなとありがたく感じました。
詳細は、前回その前をご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.03

イオン新発田ショッピングセンター

みかづき

新発田市に用事あり子供たちを連れて出かけました。
そんで昼食は、イオン新発田ショッピングセンターで「むつみ屋」の跡にオープンした「チャーシュー屋武蔵」でも食べてみようかと前を通ったら5~6人並んでいる状況でした。一廻りすると子供たちは「イタリアン」の方が良いということになり「みかづき」です。「チキントマトシチューイタリアン」なるものがあったので食べてみました。普通のイタリアンよりは、デミグラソースが美味しく感じました。

サーティワンアイスクリーム

デザートは、例によって「サーティワンアイスクリーム」です。12月~1月の限定メニューの「ブルーベリージンジャーブレッド」です。好みの爽やかとかミルク味ではなく、クッキーみたいな感じのものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.01

楼蘭

楼蘭

新潟市の楼蘭です。
古町の上にあります。今日は、中華風の麺を食べたくてお邪魔しました。中華系のメニュー良く知らないから食べてみようかなというのもあります。
楼蘭はメニューの下に説明書きがあるのでありがたい。前回は、醤油に利いたあんかけを食べようと什錦柳麺(五目そば)にしたのですが、塩味であんかけでなくタンメンのような感じだったので、今回は、広東麺(うま煮そば)にしました。
麺は、細麺で感触はまあまあですが、もう少しシコシコした感じが欲しいかな。
スープは、醤油味のあっさりしたものです。
うま煮と呼んで良いのでしょうか?トロミが緩くほとんどあんかけのような感触がありません。味も薄味に仕上げられていて「おいおいおい」。中身は、白菜、もやし、たまねぎ、人参、ピーマン、きくらげ、イカ、ホタテ、鶉の玉子、蒲鉾などです。
中華も中国の地域によって味が違うのかも知れませんが、好みのものとはちょっと違いました。700円分はまあまああるでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »