« まるしん | トップページ | 大江戸 »

2007.01.18

大江戸

大江戸

新潟市の大江戸です。
12時20分くらいに着いたのですが、6~7割席が埋まっている状況です。入って右が厨房で中央よりにカウンター、左側にテーブル席があります。カウンター席の中央に一人分空きがあったのでそちらに座りました。
タンメンを食べた記憶もないんでタンメンを食べようかとも思いましたが、メニューを見てるうちに「みそラーメン」が食べたくなったきてしまい「みそラーメン」にしました。
まわりの人を見てると白く大きめで丸みの綺麗な器で食べてます。器変えたのかと思ってたら大盛り用の器でした。『おいおい、ほとんど大盛り食べてるのか?』とちょっと驚きでした。量が少ないお店でもないのに…
最初に大江戸に来た頃は、おばさん3人でやってたような気がしたのですが、今日はあんちゃんとおばさん2人でした。とか見ている間にラーメンが出来上がりました。
味噌ラーメンらしい色ですが、油がほとんどないためかあっさりに見えます。見た感じは、ちょっと油があって、照りがあった方が美味しそうです。チャーシュー2枚、メンマ、多めのもやし、ほうれん草が目に飛び込んできます。
そして大江戸の特徴であるニラや唐辛子などの素材を加えた秘伝の辛味薬味が可愛らしくちょこんとのってます。
こんなに量少なかったかなと思いながらその薬味がスープに溶け出さないように麺を箸で取り出します。やっぱり長い!以前から思ってましたが、普通のラーメンより長めです。美味い!細い普通の麺のようですが、一般的な硬さというか、想像していた硬さよりもうひとつ硬い茹で加減です。いやあ美味しい麺です。秋田から取り寄せているだけのことはあります。この麺を使っている秋田のラーメン屋でも食べてみよう。
スープは、味噌ラーメンにしてはあっさりしてます。もう少し味噌の味が濃い目に出ている方が好きです。そして甘みももう少しあった方が好みです。サッポロ一番味噌ラーメンの袋麺を、作り方に従って作ったときの味に似ています。薬味の唐辛子は先に入れて(お湯が早く沸騰します)作ったときと同じような辛味があります。サッポロ一番味噌ラーメンの袋麺をお湯をやや少なめにして味噌の味を濃い目にして作った方が好きなんです。大江戸の味噌は、サッポロ一番の正しい作り方と似ています。
半分くらい食べてからの次の楽しみ。大江戸特徴のニラや唐辛子などの素材を加えた秘伝の辛味薬味をスープに混ぜます。ほんのちょっとの量(銭形のとんかつに付いてくる「かんずり」より少ない)ですが、辛味が一気に増します。さっきまでの「ちょっと辛味がある」から「辛味噌ラーメン」に変身したような辛さです。滅茶苦茶辛いとか言う程の辛さではありません。辛味薬味の少ない量に対しての辛味の増し方が大きいだけの驚きです。醤油ラーメンでも美味しいのですが、味噌ラーメンには一層この辛さが合います。辛味が加わるとスープのあっさりした感じが辛味に合うのかなとも思えます。一杯で二度美味しいラーメンです。
以前のチャーシューは軟らかく感じていましたが、今日のチャーシューは硬さもあり結構弾力があって好みのあるものです。味噌ラーメンなのに2枚も入っていて嬉しい。以前、メンマは大きめに感じていましたが今日は普通です。あと、ほうれん草も乗ってます。
600円でこれだけ楽しめるラーメンです。満足満足。平気で700円とかするラーメンを売り物にするラーメン屋増えてきている中、ありがたいお店です。

それから、本日、黒埼の住民さんからi-mode版の「新潟ラーメン情報」の『黒埼』の字が『黒崎』になってるぞとのメールを頂戴しました。失礼しました。
また、佐渡の寿司屋のラーメンが美味しいとの情報も頂戴しました。確認したい!!!

|

« まるしん | トップページ | 大江戸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/13567991

この記事へのトラックバック一覧です: 大江戸:

« まるしん | トップページ | 大江戸 »