« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007.02.28

龍喜

龍喜

糸魚川市の龍喜です。
白馬・松本方面に向かう国道148号線沿いにあります。
お店は、奥に厨房、右にテーブル席、左に小上がりでどちらも4人掛けが2卓の小さなお店です。
メニューは、醤油・塩・味噌に中華系の麺類が中心です。加えて一品料理、定食、セットメニューまで豊富に揃ってます。一押しに龍喜らーめんがあります。背脂に味玉入りのようです。醤油と塩が選べるようになっています。龍喜らーめん醤油にしました。
出来てきた龍喜らーめんは、背脂が綺麗に浮いています。そんなに多い量ではありません。背脂の隙間から見える下のスープは、澄んだ綺麗な褐色です。食欲をそそる雰囲気のラーメンです。
麺は普通の太さで縮れがやや強いものです。感触は悪くはありませんが、飛び抜けて良いと言う感じでもありません。
スープの上の背脂は、所々隙間があり、模様のように見えます。背脂の下はあっさりしたスープです。なかなか上品で美味しいスープですが、ラーメンのスープとして考えるとちょっと薄味かなと感じます。
軟らかいチャーシュー2枚、小さめのメンマ、海苔2枚、味玉は黄身が透き通るよう硬めのものがのってます。
750円と安くはないけどまあまあ美味しく食べました。普通のラーメンが600円と安くはない店なので、もう少し美味しいメニューを探してみたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.27

藤田

藤田

新潟市の藤田です。
新潟島の下のフレッシュ本町の通りにあります。今日は、通りも賑やかでおばちゃん達の会話が響いています。
藤田はカウンター席と小上がりの小さなお店で、今日は、小上がりに女性2人組がいるだけです。
新しく追加されたメニューから、タンタンメンにしました。
全体の色は、味噌ラーメンにラー油を浮かべたような色で、オレンジ色っぽい派手さはありません。真ん中にもやし、廻りにわかめとチャーシューのみじん切りが添えられています。
麺は、やや細かなくらいの自然な縮れの麺で、なかなかいい感触です。
スープは、コクのある味噌ラーメンの味噌の風味の弱い感じのものです。胡麻の風味とまろやかさもありますが結構弱めです。辛さは、そんなに強い辛さは感じませんが、食べてるうちに普通のラーメンでは出ないような汗が出てきます。やっぱり辛いんでしょう。
麺は好みの美味しい麺ですが、スープは普通ですね。もう少し美味しさが欲しいけど600円という値段には納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.26

青島

青島

新潟市は、西堀の青島です。
青島も最近食べてないかなと思い、思ったら最後食べたくなってしょうがなくお邪魔しました。
今日は、7~8割席が埋まった状態が入れ替わり続いています。
写真コレクションにないものを食べようと考えたら、青島でメンマを増量したことがないので、今日はラーメン+メンマ50円増しにしました。100円増しというのもありますが、どれぐらい増量されるか解らないのでまずは50円増しにしました。
麺は、普通の太さで自然の縮れでツルツル、プリプリ、モチモチがバランス良く感じられる好きな麺です。スープとの絡みも良い麺です。
スープは、これぞ長岡生姜醤油ラーメン、大好きなスープです。
チャーシュー、海苔、鳴門、ほうれん草とどれも美味しいラーメンに一役かってます。
そして、今日増量したメンマは、太さや長さは普通のものです。味も程良い味ででしゃばっていないところがいいですね。硬さはやや硬めでしょう。シャキシャキした歯応えも良好です。50円分の増量も程良いくらいです。お手軽に増量できるのが良いと思います。
燕三条系のメンマは200円くらいしますから、青島みたいに手軽な増量ができるようになればと思います。
いつでも美味しく食べられる青島はありがたいです。飲んだ後に食べられる店も1店舗くらいあれば助かるのになぁ。贅沢ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.25

東北旅行記

秋田から山形にかけての旅行記録です。

秋田内陸縦貫鉄道
秋田内陸縦貫鉄道の急行もりよし2号です。
例年なら積雪1mくらいある場所なのですが。

角館
仙北市(旧角館町)の武家屋敷です。
昔は、この季節人通りなんかない場所でしたが、今は観光地です。
いろんなテレビ小説、ドラマなどに出てくるところです。
映画にも出ています。
映画「トラック野郎」の中で、大型トラックの運転台から女性に道を聞くシーンがありました。この場所です。
 ⇒大型車進入禁止の道路なんですが・・・昔から

鳥海山
鳥海山です。とっても綺麗でした。
別名、東北3大富士の一つ「出羽富士」です。

鳥海ブルーライン
冬季閉鎖でした。通行止めのゲート近くです。
今シーズン初の雪らしい雪の上を走りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きんしゃい亭

きんしゃい亭

新発田市のきんしゃい亭新発田店です。
国道7号線新新バイパス新発田インター近くにあります。
お店は、左奥から中央奥にかけて厨房があり、その前にカウンター席、その手前にテーブル席、右側に広い小上がりがあります。
夜も結構遅かったのですが、若者のグループが小上がりに居ました。
この店は、入口付近に食券販売機があります。普段行く新潟駅前店や古町店にはないメニューもあります。鶏煮込みラーメンがあります。鶏肉が好きなのでそれを食べてみることにしました。
出来上がったラーメンを見たら、鶏肉の煮込みと言いながら鳥の唐揚げの煮込みです。食べてみると熱々です。味は、砂糖醤油で煮込んだ鶏の唐揚げです。ちょっと甘過ぎます。きんしゃい亭のラーメンに合うかと言われれば、好みでは合いません。ラーメンはラーメンで、ライスの上にのせた丼物だと美味しいかも知れません。
ラーメンは、美味しくいただきましたが、好みの問題でしょうが鶏煮込み余計でした。ただ、650円という値段は妥当だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

与作

与作

山形県は鶴岡市の「らー麺 与作」です。
日曜日の午後7時ですが他にお客さんがいません。
真ん中奥にオープンな厨房があります。左右と手前で厨房を囲むようにカウンター席、左右手前にテーブル席があります。
新潟であまり聞いた事のない「豆乳ラーメン」があります。普通の中華そばもあります。冒険しようか、どうしようか悩みました。豆乳鍋も美味しいし、味噌も醤油も豆から作られているのだから、そんなに美味しくないことはないだろうと思い豆乳ラーメンにしました。
麺は、やや太の縮れの強いモチモチした麺です。味噌ラーメンに良く使われているような麺です。
さて、問題のスープです。色は、味噌ととんこつの中間のような色です。味は、まろやかなでとんこつに近い味に感じます。ただ、とんこつのような旨味ではありません。魚系の旨味と風味があります。言われなければ豆乳と解らないような味です。
大きなバラ肉巻きチャーシュー2枚、メンマ、海苔がのってます。
豆乳ラーメンは、有りかなと思いますが、もう少しメリハリが欲しいですね。あと、650円という値段は工夫しないと魅力ないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Aji-Q

Aji-Q

秋田県は仙北市(旧角館町)のラーメンショップAji-Q角館店です。
カウンター席、普通のテーブルと相席用の大きなテーブルの席、日曜日の昼食時間ということで混んでます。メニューは、とんこつ系がお奨めのようなのでメニューの最初に書かれているコク旨とんこつラーメンにしました。
その後近くの小上がりに4人組が来てそれぞれオーダしました。その内の一人が同じコク旨とんこつラーメンでした。店員が早く出来たコク旨とんこつラーメンを4人組のところへ運びました。間違ってしまいました。間違いに気付いた店員は、厨房にコク旨とんこつラーメンを始め4人組の残りを早く作る用にお願いしています。ラーメンは早く出来て運んできて、間違えた事を詫びました。きちんと詫びられたら何も言うことありません。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。ごくごく普通です。
スープは、白濁色のとんこつのあっさりタイプです。薄味で溶けかかった背脂が浮いています。
軟らかいチャーシュー2枚、きくらげの細切り、味付煮玉子半個がのってます。ラーメンと一緒に運ばれた辛味味噌みたいな物を、半分くらい食べてから入れてみました。あまり、変わりませんでした。
ごくごく普通のチェーン店のとんこつラーメンでした。精算時に650円に消費税が加わりました。682円も出して食べるラーメンかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.24

みそ膳

みそ膳

村上市のみそ膳村上店です。
夕食時間、村上市にいたのでどこにしようかと思い「玉寿し食堂」へ行きましたが営業してません。次に「かめや」へ行きましたが「かめや」も営業してません。時間に余裕がないので確実にやってそうな「みそ膳」にしました。
土曜日の 村上市の夜は静かです。町の中を歩いているような人は、見かけることはありませんでした。お店もコンビニ以外は殆ど閉まっています。みそ膳もお店は開いていました。
お店の奥寄りの駐車場に車を停め中へ。右側が厨房、中央がカウンター席、左側がテーブル席になっています。テーブル席もどちらかと言うとボックス席風でお店全体居酒屋でも良さそうな雰囲気です。他にお客さんはいません。
みそ膳のお決まりメニューに加え塩や創作系メニューもあります。しばらく前に糸魚川で食べた札幌味噌らーめんが美味しかったので、今回も札幌味噌らーめんにしました。
器は、小振りで深さのあるタイプのものです。普通の器から大きく浅い器が流行り、最近では小振りな器が流行っているのでしょうか。まあ、どれも好きな器ですが・・・
麺は、平打ち風の太い縮れの強い麺です。茹で方も硬めに茹でられていて、モチモチした味噌ラーメンに合うらしい麺です。
スープは、味噌の味と甘みという味噌の美味しさが引き出されたものです。適度なトロミもあり麺との絡みも良好です。ただ、糸魚川で食べた時のような驚きの美味しさはありません。味が微妙に違うのか、美味しい味噌ラーメンに慣れてしまったためでしょうか?
チャーシュー、メンマ、もやし、コーンとトッピングも味噌ラーメンらしいものです。好みはキャベツともやしの野菜炒めですが、野菜味噌というのがありました。味噌でもチャーシューとメンマがトッピングされていると嬉しいですね。
650円という妥当な値段だと思います。下手なお店の味噌ラーメンより遥かに美味しい味噌ラーメンです。お店毎に味に違いがあるかどうか疑問が増えましたが。コーンがあまり好みじゃないのでコーンの代わりに何かトッピングしてくれたらいいのにとも思いますが。わがままなお客ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.23

天一

天一

新潟市の天一です。
ちょっとお酒を飲んで、久々のきんしゃい亭ニンニク入りを食べようと思い言ったのですが、超混み混みで入れる状態ではありませんでした。しかも、ラーメンを食べてるんじゃなくて、居酒屋のつもりで話し込んでいるんです。これでは、暫くは入れなさそうです。きんしゃい亭の親父さんもお手上げのようです。ラーメン屋も一杯のラーメンで粘られたんじゃ可愛そうです。
諦めて、近くの天一にしました。こちらは他に客なしのガラガラです。おじさんが一人でやってます。最近食べていないしおラーメンにバター入れてもらいました。
麺は、ちょっともたもたした歯切れの悪い感じです。いつもはもう少し美味しかったはずだと思ったんですが・・・スープは、塩味なんですが、今風の塩って感じよりも、タンメンのスープのような感じです。バターの甘い香りが食欲をそそります。茹でもやしは、タンメンみたいなスープなので良く合います。
夜だけの店の600円ですから、まあまあじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛雄馬

飛雄馬

長岡市の飛雄馬大山店です。
本店と似た雰囲気で、本店よりも小さいお店です。入口の風除室に食券販売機があります。
焼あじ醤油というのがあります。美味しそうなのでそれにしました。大リーグボールも食べようかなと思いましたが、食券販売機のボタンを見つけられませんでした。ないのかな?
店にはいると右側に厨房、厨房を向いてカウンター席、左側に小上がりがあります。
さらに奥に壁に向かうカウンター席もあります。壁には本店ほどではありませんが、メニューなどを紹介した貼り紙が貼っています。混み具合は半分くらい席が埋まっています。男女一人づつの2人でやってます。
奥のカウンター席に座り食券を渡します。

飛雄馬

出来てきたラーメンは、醤油の濃い色でしょっぱそうに見えます。
麺は、普通の太さで縮れです。程々のモチモチ感と噛み応えがバランスの良い、美味しい麺です。
スープは、しょっぱそうに見える色程しょっぱくはありませんが、濃いめの醤油味です。油の殆ど 浮いていないあっさりしたものです。焼あじと名前が付いているのだから焼鯵でしょう、魚系の良い香りがします。これでもかと強い香りを出す店もありますが、弱くはありませんが程良い香りに感じます。
肉の塊のような脂身が混じって軟らかいチャーシューと言うのかどうか不明ですが2個、最初からトッピングされている物としては多めの岩海苔、メンマ、味付き半熟玉子半個、水菜とトッピングも充実しています。
650円と安くはありませんが、味とボリュームを楽しめた満足の一杯でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.02.22

おざわ

おざわ

新潟市のおざわです。
最近、いろんなラーメンを食べているのですが、どれが本当に美味しいラーメンなのか解らなくなってきます。ここで言ってる美味しいは、個人的好みのことです。多くの人が美味しいと思うラーメンが、本当に美味しいラーメンだと思います。ここいらでシンプルなラーメンでリセットしようかなと思い、新潟らしいラーメンのおざわにお邪魔しました。
カウンター席のだけの奥行きのあるお店で、今日は席が半分くらい埋まっています。
ラーメンにしようと思ってましたが、ワンタンメンが食べたくなって急遽変更です。
出来てきたワンタンメンは、そのワンタンの大きさに驚きです。ワンタンの生地は普通よりちょっと大きめですが、中の具がジャンボです。シュウマイと同じくらいありそうです。ラーメン屋のワンタンというのは、小さめの具が当たり前のように思っていましたが、違ったようです。挽肉団子の味を楽しむことができます。
麺は、細縮れで歯応えの良いものです。
スープは、薄味ですが魚系ダシの美味しさがなんともいえません。
チャーシューもやや薄味ですがいい味付です。メンマ、絹さや、ゆで玉子半個などの具もラーメン同様に入ってます。
700円と安くはありませんが、それだけのことはある十分に味わえるものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.21

とん太

とん太

糸魚川市のとん太は蓮台寺下り線です。
やってしまいました。蓮台寺そばまた食べてしまいました。
上り線で以前、「550円も出して食べるほど好みのものじゃなかったのに」と思っていましたが、また食べてしまいました。忘れてました。反省・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スキー場の夕暮れ

八方尾根

夕方のスキー場が綺麗だったので写真を撮ってみました。
疲れを知らない頃は、一番上から一番下までノンストップで滑ったこともありました。
岡部、斉藤、原田、舟木らが輝いた頃も懐かしく思われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2こだま

第2こだま

糸魚川市の第二こだまです。
国道8号線から少し入ったところにあります 。お店の前と後ろに駐車場があります。
お店は、奥に厨房があり手前のテーブル席だけです。満席なので相席させてもらいました。家族連れと工事関係者が多いようです。以前は、昼と夜に営業していましたが、おばさん一人でやっているので今では昼だけにしたそうです。
メニューは、中華系を中心と麺料理と丼物があります。知り合いから五目麺が美味しいよと聞いていたので五目麺にしました。
いろいろな具があっていかにも五目って感じです。白菜・人参・玉ねぎ・ピーマン・筍・きくらげ・豚肉などです。さらにトッピングも豊富です。茹で玉子半個、メンマ、ハム。そして最初に目に飛び込んでくるのは蒲鉾です。アルビレックスカラーの渦巻きがあるようなもの、黒っぽい渦巻きのあるもの、普通と3種類も入ってます。豪華です。黒っぽい渦巻きの蒲鉾の黒い部分は昆布のようです。とてもいい味の蒲鉾です。
麺は、普通の太さ普通の縮れです。普通じゃないのはとてもツルツルしている点です。
スープは、醤油の淡い色ですが、味は塩が効いてますね。あっさりしていながらメリハリのあるスープです。
720円の五目麺ですが、1日30品目食すことを目標にしている人にはありがたいメニューです。なかなか美味しくいただけましたが、今度はあんかけの広東麺を食べてみたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.20

たごさく

たごさく

新潟市のたごさくです。
二日連荘でのたごさくです。昨日の麻婆麺も結構割安感があったので五目っぽいものが食べたくて来ました。
今日もフレッシュ本町の通りは人があまり出てませんが、たごさくの中は昨日と違って7割くらい席が埋まっています。それぞれのお客さんがいろんな種類のものを食べています。炒飯を食べている人もいます。美味しそうです。でも五目っぽいのを食べたくて来たので広東麺にしました。
同じ時間にお店に入った人はもやしラーメンを注文しました。このお店はおじさん一人でやってます。中華鍋を2つ火にかけ、手際よくもやし炒めと広東麺のあんかけを同時進行で作ります。麺も茹で始めました。あれよあれよと言う間に出来上がりました。
広東麺のあんかけは、白菜・人参・筍・椎茸・きくらげ・豚肉・海老・イカ・ホタテ・鶉の卵の具が塩味中心で味付けされています。昨日の麻婆麺と同様スープは薄味で、あんかけもそんなに濃い味付けではありませんが、塩のピリリとした感じが味を引き締め、なかなかいいバランスです。
麺もあんかけのトロミを上手いこと絡めてきます。ごく普通の麺ですが、中華系のあんかけに良く絡み、歯応えの良い麺です。
これで650円は驚きです。そんな大きくないお店を人を使わず営むっていうのが美味しいラーメンを安く提供するっていうことでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.19

たごさく

たごさく

新潟市のたごさくです。
今日は、どうしたでしょうか?いつもと同じ昼食時なんですが、本町フレッシュマーケットを通る人が少なく寂しい感じです。たごさくもカウンター席だけの広いお店ではありませんが、他にお客さんが2人と寂しい状況です。
市場っぽい通りにあるだけのことはあって、ラーメンから中華系まで手頃な値段です。中華系の麺にしようかと思いました。中華系を食べようとするとなぜかその店の最初は味試し的なオーダーは、麻婆麺から入ってしまいます。今日も麻婆麺にしました。
大きな深さの浅い器です。
麺は、ごく普通の自然な縮れのものです。麻婆麺で食べるのに時間を要することを入れてか、やや硬めに茹でています。なかなかいい感触です。
麻婆と絡む前にレンゲでスープを掬って飲んでみましたがあっさりした薄味のスープです。麻婆と絡むとちょうど良いのかなと思います。
さて、その麻婆です。挽肉、豆腐、ねぎとシンプルで基本的なものです。味付けは、そんなに濃いものではなく、というよりもやや薄味です。麻婆だけ食べても良さそうな、酒のおつまみにちょうど良さそうな味付けです。
600円なんで贅沢はいいません。とっても割安感のある満足できるものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.18

家庭の日

エビス(黒)

第3日曜日は、家庭の日です。
新潟市内の銭湯は、小学生の料金が無料になります。
学校行事で宿泊スキーの子供を車で迎えに行き、そのまま銭湯へ。
帰りに食後のデザート等を買って帰りました。
冬場は、そんなにビールを多く飲まなくていいのでちょっと濃い目をチョイス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.17

雷電

雷電

加茂市の雷電です。
昨年暮れ頃、タウン誌記事なんかで雷電のオープン情報が掲載されているのを見て、比較的大きなラーメン屋かと思っていましたが、小料理屋風たたずまいの店です。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、一番手前に子上がりがあり、左側に小さな座敷があります。住宅地の中のラーメン屋らしく家族連れなんかがのんびり食事をしています。
メニューは、そんなに多くはありませんが、醤油、味噌、塩と揃っています。醤油ラーメンにしました。

雷電 醤油ラーメン

緑色かかった器です。あまり使っている店は多くないと思っていましたが、最近増えてきているように感じます。
麺は、普通の太さで小さな軽い縮れのあるモチモチした麺です。
スープは、かなり醤油の濃さを思わせる色です。実際は、色と違い普通の濃さです。甘みもありなかなか美味しいスープです。背脂もほんの少し浮いています。
バラ肉巻のやや軟らかいチャーシュー、メンマ、海苔、鳴門がのってます。
550円の醤油ラーメンですから普通でしょうが、加茂までわざわざ食べに行くほどのものかは…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FM-Port セーフティドライブキャンペーン

セーフティドライブキャンペーン 風景

今日は、三条市の国道289号線道の駅「漢学の里しただ」にてFM-PORTのセーフティドライブキャンペーンをやっているとのことで行ってみました。10時過ぎに着きました。凄い行列でしたが、並んでステッカー頂戴しました。

セーフティドライブキャンペーン ステッカー


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.02.16

じじ&ばば

じじ&ばば

新潟市のじじ&ばばです。
今日は美味しいレバ刺しが入るとのお店の方から聞いてたので、レバ刺し+少しのアルコール目的で来ました。ラーメンを食べるつもりはなかったんですが、人が食べているのを見てるとだめですね。やっぱり食べたくなります。メニューにないけど味噌ラーメン納豆入りをお願いしました。
出来て来ました。って味噌ラーメンと発砲容器に入ったままの納豆が来ました。あんまり味噌ラーメンに納豆を入れて食べて欲しくなかったのか?手抜きか?自分で納豆を混ぜます。『納豆の混ぜ方はこだわる人も結構いるんだよね』とお店の人に言葉。そういうことなのかな?こだわりないのに。延び易い麺じゃないからいいけど、延び易い麺だったら大変。
そのものだけで十分美味しい味噌ラーメンに納豆を入れる。同じ大豆から出来ていて、大豆そのものが混じり合うんだから間違ってもそんなに不味くはならないだろう。
納豆そのものが持っている美味しさで、スープがさらに美味しく・優しく・深みのある味わいになります。あまり味噌ラーメンが好きじゃない人は、諄く感じるかも知れません。
普通に味噌ラーメンだったのでボリュームがあります。それに納豆ですからお腹がいっぱいになりました。ラーメン美味しい。納豆美味しい。

前回食べた味噌ラーメンの感想
前回食べた納豆ラーメンの感想

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン大学

ラーメン大学

長野県の小谷村にあるラーメン大学小谷店です。
あまり選択の余地がなく来ました。といいながらも2度目です。古くから食べてるので懐かしい味です。美味しい不味いとか関係のない世界です。
ラーメン大学の定番は味噌ラーメンですが、味噌ラーメンもバリエーションが増えてるし、昔はなかったとんこつもあります。味噌ラーメンに肉味噌ラーメンがあります。メニューの写真だとチャーシューじゃなくて豚バラ肉の焼肉か炒め物風なのがのってます。美味しそうなのでそれにしてみました。
ラーメンが出来て来ましたが、賑やかで豪華です。肉、メンマ、キャベツともやしの茹でもの、わかめ、コーンがのってます。
肉はバラ肉の薄切りで茹でか蒸しで加熱したように見えます。食べると硬めです。乾燥させてる途中のような感じです。味付けもされていないようなので味噌ラーメンのスープに浸して食べます。豚シャブのようです。
麺が強いですね。コシとモチモチした感じの強い麺です。太縮れで味噌に良く合う麺です。
スープは、赤味噌寄りの合わせ味噌でしょう。もっともポピュラー味に仕上がっています。懐か美味し味です。
740円とラーメン大学では値段の高い方ですが、値段だけのことはあります。

お店には、八代亜紀の「しみじみ飲めば・・・」なんて音楽が流れてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.15

じじ&ばば

じじ&ばば

新潟市のじじ&ばばです。
やっと胡麻ラーメンができる日が、巡って来ました。
胡麻ラーメン用の胡麻油が手に入ったとのことで、『今日できるよ!』って覚えてもらってるのがいいですね。日本酒をチビリチビリといただきながらのんびり胡麻ラーメンが出来上がるのを待ちます。待っていると『辛いの大丈夫?』聞かれました。『好きですよ』と応えましたが、以前食べた麻婆ラーメンで辛さを調整できるとのことでしたので胡麻ラーメンも調整できるのでしょう。
出来て来ました。やや大きく深いすり鉢型の器です。
アルビレックスカラーとまではいかないかも知れませんが、鮮やかなオレンジ色です。美味しい食欲をそそる色です。
普段は麺から食べるのですが、今回はスープから飲んでみました。いきなり噎せてしまいました。結構辛めに味つけされています。でも胡麻の風味と味の奥行きがあります。今まで食べた中でも胡麻の美味しさがこれほどストレートに攻めて来るものはなかった気がします。あんまり胡麻って美味しいものじゃないと思っていましたがこれなら大丈夫です。
麺は、普通のラーメンよりも太めで縮れのあるものです。細麺のメニューはどれも美味しくいただきましたが、太い麺もいい感じの麺です。
野菜もたっぷりのってます。キャベツ、もやし、玉ねぎ、人参、ピーマン、筍、きくらげ、豚肉の細切れなどが炒められたものです。他に大きいチャーシュー、メンマと豪華ラーメンです。
「ちょっとラーメンでも!」といった気楽なラーメンもありますが「ごちそうのラーメン!」に属する美味しいラーメンでした。900円と言う値段ですので懐にはあまり優しくないかも知れません。じじ&ばば表メニュー完食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓬来軒

蓬来軒

新潟市の蓬来軒です 。
今日は中華系が食べたいと思い来ました。12時30分過ぎに来たためてしょう、席が半分くらいしか埋まっていませんでした。メニューを見ると食べてないののも残り少なくなってきました。メニューの写真が美味しそうなきくらげたんめんにしました。
メニューの写真では醤油っぽい色が見えたので、醤油味かなと思いましたけど塩味でした。蓬来軒人気メニューのたんめんのきくらげいっぱいバージョンです。
きくらげ、白菜、もやし、人参、ほうれん草、豚肉の炒め物です。ボリュームたっぷりで見たときには食べられるかなと思う量ですが、あっさりしているためか食べれちゃいます。
麺がやっぱり美味しいですね。細麺で歯応えがプリプリして好きな麺です。
スープは、あっさりした塩味で野菜の甘みが美味しく出ていますが、好みで言うとやっぱり動物系か魚介系のうま味が欲しいと思います。ただ、実際にそうなっても今以上美味しくなるかは解りません。
790円と蓬来軒の中でも高い一品です。たんめんや潮ラーメンと比べても高いので、きくらげが本当に好きな人向けのかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.14

ポンポ子

ポンポ子

新潟市のポンポ子です。駅南からの弁天橋線を進みホームセンタームサシに近いところにあります。
お店の前に8台分の駐車場があります。前の道路が工事をしていて多少入り難くなっています。お店は、奥に厨房、その前カウンター席がありますが出来たラーメンを渡し口で使えないかも知れません。中央から左にかけて大きなテーブルがあり、一人のお客がカウンター席として使えるようになっています。手前と右側は、小上がりになっています。
メニューは、ラーメンから中華系麺が揃ってます。お店の名前をとった「ポンポ子ラーメン(納豆入り)」があります。かなり気になるんですが、後の楽しみにとって置きましてラーメンしました。いや、ラーメン2(ツー)なるものがあります。こってり系・煮玉子入りです。ラーメン520円に対して、ラーメン2は570円です。煮玉子だけでも100円増しが当たり前ですから、ここはラーメン2にするしかないでしょう。昨日に引き続きこってり系です。
出来上がってきたラーメンは、背脂が浮いています。ちょうど良い感じの量が浮いています。煮玉子がいい色合いで表面に見えてます。
麺は、平打ち太の強縮れ麺です。コシが強く味噌ラーメンなんかに合いそうな麺です。
スープは、適量の背脂があり、その下には白濁と褐色の中間のトロミのあるスープです。油っこさは上部の背脂部分だけで、下は油っこさはありませんが、濃厚な感じがします。豚骨のうま味と鰹のような魚介系の風味です。
一枚もので脂身が多めのチャーシュー1枚、軟らかいけどシャキシャキするメンマ、海苔、黄身がとろけそうで味付けがしっかりした煮玉子とトッピングも豪華です。
あっさりした感じも何かひとつ欲しい気もしますが、これで570円なんですから得した気分の1杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.13

忍

新潟市の忍です。
新潟西バイパス小新インターから大堀幹線方面へ、大堀幹線との交差点手前にあります。
新しくオープンしたお店で店頭には花が飾られています。お店の前とチョット離れた場所とで8台分の駐車場が用意されています。お店の前に車を停め中に入ります。
新築か大規模改装をしたのでしょう?木の素材を活かした綺麗なお店です。お店に入ってすぐ右側に待ちのスペースがあります。ゆったりしていてファミレスのようです。左奥が厨房です。左中央に厨房方向を向いたカウンター席がありますが、そのカウンター席前には壁があり仕切られています。左手前と右中央から奥にかけてテーブル席があります。2人用の席も多くあります。ゆったりとした間隔で置かれたテーブルを見るとイタリアンのお店と言っても通りそうな感じです。
メニューは、らーめんとみそらーめん、タンメンとシンプルです。壁に3月より餃子開始の貼り紙もあります。どんな傾向のラーメンかシンプルならーめんにしました。背脂の量を調整してもらえるとのことなので燕三条系のラーメンでしょうか?特に指定しないでお願いしました。
出来上がったらーめんは、見た感じは燕三条系ラーメンです。
麺は、自家製麺と看板に書かれていた通り太くて手揉み風の縮れがあり燕三条系そのものです。プリプリした歯応えがあり噛み切り易く感じます。
スープは、背脂が適量浮いています。その下は、醤油の味が濃いめなっている煮干ダシ風味のスープになっています。なかなか美味しいスープですが、あっさり感は抑えられています。
白髪ねぎが器に真ん中に盛られており、その下にチャーシューとメンマがあります。チャーシューは、大きさはさほどありませんが適度な歯応えときちんとした味付のもので、脂身適量と多めの2枚です。メンマは、燕三条系らしく歯応えの味ともなかなか美味しいものです。
新潟市で、燕三条系のラーメンを食べられるお店が1軒増えました。喜ばしいことです。値段もらーめん600円と安くはありませんが適当なものだと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.02.12

豊まる

豊丸

阿賀野市(旧安田町)の豊まるです。
安田の国道49号線沿いに数店舗まだ食べたことのないお店があります。今回は、ひらせいショッピンギセンターの一角にある「豊まる」です。
入口を入ると奥に厨房、その前にカウンター席、手前に小上がりがあります。夕方早い時間ですが休日ということもあり、カウンター席も小上がりも数人の人がいます。メニューを見ると背脂系ラーメンとコク味噌ラーメンが中心となって、塩とつけ麺もあります。
背脂系の普通のラーメンにしました。背脂の量も調整(抜き、少なめ、多め)もできるようですが、基本がどれくらいか判らないので、何も指定しませんでした。トッピングを見ると嬉しいことに玉ねぎがあります。追加をお願いしました。
メニューとテレビを見ながら過ごしました。そんなに時間がかからず出来上がりました。
なかなかいい感じのラーメンがやってきました。チャーシュー、メンマ、ほうれん草、追加の玉ねぎが表面を飾っています。その隙間から醤油の濃い目の色が見えます。なんかワクワクしてきます。
まず、麺を箸で掬い一口。やや細のやや縮れ麺です。ツルツルした触感とプリプリした歯応えの美味しい麺です。背脂系なので太麺だとばっかり思っていましたが、細めです。細めなのになかなかいい感じで食べられます。
その理由は、スープかもしれません。麺自体もそれなりに美味しいものだとは思いますが、スープがまた、いい味を出しています。背脂は少なめで、燕三条系のコッテリと違い、まろやかさを出させるために入っている程度です。スープそのものは、醤油の味がしっかり効いたものです。でも、結構あっさりしています。背脂入りの醤油濃い目なのですがあっさりしています。また、程好い甘さもあります。全体的に魚なんかの煮物に使用する汁をチョット薄めにしたような味わいです。
軟らかなバラ肉1枚もののチャーシュー2枚、軟らかいけどシャキシャキ歯応えのあるメンマ、ほうれん草がのってます。一緒に口に入ってくる玉ねぎのみじん切りを噛みながら飲むスープは、玉ねぎがスープをより一層あっさり爽やかなものにしてくれます。
玉ねぎのトッピング50円を加えての合計620円のラーメンでした。麺・スープ・具材ともにバランスの取れた美味しいラーメンでした。次回はコク味噌ラーメンに挑戦です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

斉家

斉家(開店当時)

斉家(現在)

新津駅前の斉家が閉まってました。ここも食べてません。
上の写真は、開店当時の定休日のものです。入口の扉に営業時間の案内がありました。
下の写真は、今日のものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かがや

かがや

新潟空港近くのかがや(その前は天童)が貸店舗になってました。
まだ、食べてなかったのに!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.11

にいがた冬食の陣 当日座 2日目

今日も「にいがた冬食の陣 当日座」に出掛けました。
第1日目、新潟ふるさと村会場でイベント感覚をもうひとつ満喫できなかったので、古町会場に行きました。
柳都大橋から坂内小路を通りタキザワガレージに駐車。今日も午後2時過ぎに到着しました。道があまりに空いているので不思議に怖い感じです。今日やってるよね???
歩いて、下の8番町側から会場に入りました。風が強くて寒いので、アーケードの屋根のある方向に進みます。7番町を進むに連れ三味のいい音が聞こえてきました。津軽三味線です。ステージをやってるようです。

にいがた冬食の陣 くじら汁

その手前でくじら汁を購入し、津軽三味線の音を聴きながらいただきました。
今年の冬は、マグロ漁のテレビ番組が多かったので、津軽三味線の音を聴きながら「なかおち」で良いんで大間の鮪を使ったマグロ丼なんかを食べたかったな。って、青森物産展になっちゃうか???

にいがた冬食の陣 新潟美人鍋

もう少し身体を温めようと、次に「新潟美人鍋」を食べました。美人…とか興味はなかったのですが、材料を入れてる箱にイタリア軒の文字が入っていたので、イタリア軒ならば大丈夫かなと思いいただきました。

にいがた冬食の陣 鴨汁
にいがた冬食の陣 ジャンボフランク

途中「中華饅頭(写真なし)」をいただき、5番町の会場まで観てUターン。越後もち豚の串焼きも食べたかったのですが待ちが多かったので諦めました。最後に、身体を温める「鴨汁とジャンボフランクのセット」をいただきました。
どこの「○○汁や○○鍋」なども300~400円前後で楽しめたので良かったですね。煮干ダシラーメンも数ヶ所でやってました。
創作鍋アイデアコンテストは、政令指定都市へ移行する新潟市の記念事業のひとつとして,政令市へ向けた機運を高めることと,政令市新潟の誕生を全国にアピールすることを目的として実施したそうです。
来年は、「海の幸に恵まれた新潟の漁師鍋」とか、素材の美味しさがそのままの食べられるものをやってくれることを期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.10

にいがた冬食の陣 当日座 1日目

「にいがた冬食の陣 当日座」に出掛けました。
新潟ふるさと村会場へ行きました。午後2時過ぎの到着しました。
道の駅側の駐車場に入れず河川敷の駐車場を覚悟していましたが、混んでましたけど道の駅側に車を停める事ができました。会場ももっと混んでるかと思いましたが、それほどでもありません。
屋外の越後もち豚の串焼き(600円)に行列が出来ていました。一番人気です。
屋内に進むと売り切れたものもあるようです。

にいがた食の陣 越のあやめ豚のボルシチ
越のあやめ豚のボルシチ

にいがた食の陣 越の鶏カレー鍋
越の鶏カレー鍋

いずれも300円とお手頃価格です。味は…。
やっぱり、古町会場へ行かないとイベントって感じは味わえないのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

プルミエタージュ

久々のプルミエタージュです。
ゆっくり飲みたいけどあまり時間がないので強めのものをいただきました。

プルミエタージュ リバティ
「リバティ」 アップルジャック、バカルディ・ホワイトラム、レモンジュースのカクテルです。

プルミエタージュ モッキンバード
「モッキンバード」 サウザシルバー、ハイラムウォーカーミントグリーン、フレッシュライムジュースのカクテルです。カクテルグラスが一般的らしいのですが、丸氷で飲みたくてロックグラススタイルにしてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.09

みそ膳

みそ膳

糸魚川市のみそ膳マックスバリュー店です。
2度目になります。前回は、「札幌味噌らーめん」を大変美味しくいただいたような記憶でまた来ました。味噌の美味しさをしっかり味わえるラーメンが食べたいと思います。
で、味噌といっても種類が多くて悩みますが「糸魚川味噌らーめん」なるものがあります。ご当地ラーメンではありませんが、地元の食材を使用したラーメンらしいのでそれを食べることにしました。
糸魚川の味噌と磯の香りということで岩海苔がチョイスされています。そして、なんと?背脂入りです。やや小振りで深さのある好きな器です。気が付き難いのですが、きちっと程良い量の背脂が入っています。
太く縮れが少ないモチモチした麺は、味噌らしいスープと良く合います。
味噌の味と甘み、トロミなど美味しさの要素が上手く調和しています。「パンチの利いた味噌を」と思っていたのですが、チョット優しいスープですね。背脂のまろやかさからくるものでしょう。
味噌に背脂を組み合わせて出しているお店は、少なからずありますが、標準で岩海苔入りは珍しいと思います。豚骨のコッテリ背脂には岩海苔がベストだと思います。しかし、味噌に背脂は合う、背脂に岩海苔は合う、味噌に岩海苔はどうでしょうか?合わないことはないでしょうがベストマッチでもないのかな感じます。
複雑な組み合わせの考えさせられるラーメンでした。美味しいけれど750円は安くはないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俵屋飯店

俵屋飯店

大町市の駅前にある俵屋です。お肉屋さんが始めた中華料理店で、一品料理・麺類・飯類まで豊富なメニューです。2回目になります。前回はチャーシューメンを楽しみましたが、今回は肉片湯麺(ウマニソバ)にしましまた。
縮れの少ない歯応えの良い細麺に癖のない中華風スープです。
キャベツ、人参、ピーマン筍、玉ねぎ、きくらげ、豚肉など醤油ベースで期待した通りに味付けされたうま煮です。トロミも程良く美味しいく仕上げられてます。
本当にこれで525円でいいんですか?税別ワンコインで大変満足した1杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.08

かも屋?

かも屋 カップ麺

帰宅前にコンビニに寄ったらかも屋のカップ麺があったので買っちゃいました。かも屋のカップ麺が売り出されたのは知ってましたが、あまり気に止めてませんでした。帰って夜食代わりに食べようかと思ってのことです。

かも屋 カップ麺(調理後)

作りました(お湯を入れて待ってただけ)。透き通ったスープが綺麗です。麺、スープともまあまあですが、かも屋の味とは違ったものに感じました、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

健龍

健龍

新潟市の健龍です。
大堀幹線沿いにあります。お店は中央から右寄りにかけてドーンと厨房があり、手前、左側、奥と厨房を囲うようにカウンター席、さらにその奥に小上がりがあります。12時30分頃にお店に入りましたが、他にお客が5人程とちょっと淋しい状況です。
お店の前に「燕らーめん」なる新メニューが張り出されてました。単純な人間ですから気になります。背脂系のラーメンであることは確かですが、もともと背脂を使ったコッテリ系のこのお店が「燕らーめん」と名前を付けているのですから…。メニューを見ても目に入りません。当然「燕らーめん」をお願いしました。
「燕らーめん」は極太麺を使用しているため、麺を茹でるのに10分近くかかるような事も書いてありました。美味しいものを食べるためだと平気で待てるもんですね。
やがて、背脂をチャッチャしている様子がして「燕らーめん」出来上がりました。
『おっ!これだぜ』って感じの麺です。これよりも太い麺を使っているお店もありますが、極太であること間違いなしです。感触も燕三条系らしい平打ちっぽい普通のラーメンとは違いますが美味しい麺です。
スープは、コッテリしてますね。燕三条系のラーメンよりもさらにコッテリした感じがあります。背脂もありますが、背脂の溶けたものかどうかは不明ですが、油の層が上部に熱く溜まっています。煮干しのダシが効いてます。この煮干しダシが「燕ラーメン」の名前をつけた由縁でしょうか?
バラ肉巻のチャーシュー2枚、メンマは燕の名前を付けるにはチョット弱いかな。岩海苔の方が合うと思うけどわかめ、背脂には欠かせない玉ねぎのみじん切り、なかなかいい味の半熟玉子ものってます。
燕三条系の背脂ラーメンに近い美味しいラーメンでしたが、やっぱり750円という値段と、背脂の下のスープのあっさりした感じが少なくチョット物足りなさも感じました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

助屋

「がんばるや」が、いつの間にか↓「助屋」になってました。

助屋

長野の美味しいラーメン屋さんらしいのですが、今度行ってレポートしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.07

菖蒲亭

菖蒲亭

上越市の菖蒲亭です。
国道253号線沿い上越テクノセンターから東寄りにあります。
お店は、入口を入ると左側が厨房、右側奥と右手前が小上がり、右中央がテーブル席になっています。昼時間にお邪魔しましたが、半分くらい席が埋まっている状態です。
メニューを見ると醤油、味噌、塩、カレー、つけ麺などです。塩味にも塩ワンタンメンがあります。塩のワンタンメンは、珍しいかなと思いそれにしました。
出来上がった塩ワンタンメンは、湯気が上がってます。熱そうです。色は、中華そばの薄い色合いのものとあまり変わりがないようです。
麺は、自家製麺とのことです。普通の太さで縮れの強い麺です。プリプリした感触の美味しい麺です。
スープは、塩って感じです。見た目の中華そば風とは違い塩らしい味です。鶏ガラ中心のダシで、中華そばの風味の塩味です。表面に油が浮いてますがあっさりしています。
ワンタンは、軟らかくツルツルした美味しい感触です。中の具は少なめですが、噛んだ時に中の肉汁が感じられるものです。
1枚ものの歯応えのあるチャーシュー、メンマものってます。
最後まで熱々で食べることができました。美味しいことはそこそこ美味しいと思いますが、石門子で450円/500円でワンタンメンを食べてるものにとって800円出して食べるものかどうかは???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.06

蓬来軒

蓬来軒

新潟市の蓬来軒です 。
今日も味噌ラーメンが食べたいと思い、まだ食べてない味噌ラーメンのある蓬来軒にお邪魔しました。12時30分を回っていましたが、席が8割くらい埋まっている状況でした。カウンター席の空き席に座りました。蓬来軒は、味噌ラーメンという名前のものはなく、味噌たんめんがあります。以前から気になっていました。野菜がたっぷり入って、スープの作り方が多少違っても美味しければと注文しました。
そんなに待たずに出来上がってきました。
第一印象は白菜ともやしの炒め物がのっている味噌ラーメンです。良く見ると玉ねぎ、ほうれん草、人参、きくらげ、豚肉も混じっています。たっぷりの野菜を食べていよいよ麺にかかります。
麺は、蓬来軒の他のラーメンと一緒の細麺です。これは味噌たんめんには合わないんじゃないかと思うような麺ですが、合うんです、細麺は、味噌味にあまり好かれない麺かも知れませんが、食べてみるとなかなか美味しい麺です。
スープは、味噌では珍しいあっさりしたスープです。味噌の美味しさはある程度伝わってきますが、味噌の濃いめの美味しさと味噌の甘みが今ひとつ伝わって来ないのが残念です。良く使わせていただいている言葉ですが、味噌の美味しさを引き出したスープではなく、味付に味噌を使っているスープです。
値段も690円と結構安めに設定されているので、まあ無難な線でないでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.05

東横

東横

新潟市の東横 紫竹山店です 。
アイスクリームの食べ過ぎでしょうか?濃い(しょっぱい)味のラーメンが食べたくてしょうがありません。富山ブラックでも食べれればと思いますが、近くにやってるお店がないので味噌でもいいからと思い東横にしました。
紫竹山店は、紫鳥線沿いにあります。昼食時間を過ぎていたので駐車場も空いてます。お店は、外観がポップな感じです。入口を入ると風除室兼待ちの部屋があります。さらに中に入ると、奥に厨房、その手前にカウンター席、その手前がテーブル席、左側に小上がりがあります。数えませんでしたがかなりの収容力があります。
お客は、ポツリポツリといるだけです。店員が『好きな場所へ』と言うので、遠慮なく広めの6人 がけのテーブル席に座りメニューを見始めました。
メニューは、3店舗共通のものでした。悩まず特製みそラーメンにしました。みそラーメンのところに細麺もできます。と書いてあったので、店員に聞くと特製みそラーメンも細麺にできるとのことです。特製みそラーメンの細麺をお願いしました。
お客が少ないためか早くラーメンが出来上がってきました。特製みそラーメンと薄め用のスープがテーブルの上に置かれました。すり鉢の器に特製みそラーメンが入ってます。目的の濃いめのみそのスープが少ない。予め薄め易いように少な目にしてあるのでしょう。ちょっと残念。
大きな豚肉のチャーシューが真ん中にデーンと陣取っています。チャーシューと言うより生姜焼き定食なんかに使う肉のさらに大きなものです。子供の草履くらいありそうです。味は、スープが濃いためかあまり感じません。歯応えのあるものです。その下にはキャベツともやしの炒め物があります。これも濃いめのスープと合うシャキシャキした触感の残るいい炒め具合のものです。
麺は、細麺でお願いしましたが、一般的には普通の太さの縮れ麺です。ほとんどの人がみそラーメン系を食べるお店なので太麺が基本で、これでも太麺に比べれば細麺なんですね。モチモチした触感は太麺と同じで味噌ラーメンに合う美味しい麺です。
スープは、期待通りの味噌濃いめです。濃いめなのでしっかり味噌の美味しさがストレートに伝わってきます。赤味噌寄りの味ですが、ただしょっぱいだけじゃなく味がきちんとしているのがいいですね。
薄め用のスープを使わず3分の2くらい、味噌の濃さを楽しんで食べました。七味唐辛子があったので少しふりかけて振り掛けてを入れて食べてみました。味噌の濃さが勝って辛味をあまり感じません。残りがほんのわずかになったところで薄め用のスープを入れて食べました。薄め用スープで薄めても、これまた美味しく食べられます。
ただ、すり鉢の器は、残りが少なくなって箸が器の内側に当たると意識した箸の動きと違う、器の溝に沿って箸が動いて掴み難い状態になります。薄め用のスープだけもちょっと飲んでみましたが、そんな美味しいものではありませんでした。煮干しと野菜でしょうかあっさりしたものです。
身体に塩分が補充されて満足できました。最近は、チャーシュー入りの味噌ラーメンも増えてきているような感じなので、インパクトはありましたが810円は安くはないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.04

Windows Vista

Windows_vista

待ちに待ったWindows Vistaのパソコンがやってきました。
「使い難い…!」。
慣れるまで苦労しそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.03

Haagen-Dazs

Haagendazs

今日の風呂上りは、ちょっとリッチにHaagen-Dazsです。
バニラ。美味しいけど、甘~い!
RadyBordenの方が好みかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.02

じじ&ばば

じじ&ばば

新潟市のじじ&ばばです。
少しお酒をいただいて締めにラーメンにしました。
メニューで食べてないのは、胡麻ラーメンです。昼食で奥次郎の胡麻醤油ラーメンを食べたので連荘になりますが、いいかなと思って注文しました。しかし、材料が揃ってないとのことです。ないものはしょうがないので諦めて何にしようかと考えました。今日のお勧めを書いてるホワイトボードを見ると「もつ煮と納豆と海苔」が今日の定食でした。ということは納豆がある。(喜)
メニューにはありませんが、納豆ラーメンが食べたくなって作ってもらえるかお願いしました。快く作ってもらえることになりました。
麺は、いつもの細縮れです。プリプリ感と噛み応えの良い麺に納豆を絡めていただきます。納豆のすべりでツルツル感も良くなり、普通でも美味しい好みだと思っていた麺が、さらに美味しくなります。表現できません。
スープは、これもまた普通でも美味しいのですが、納豆の旨味が加わってラーメンとかいう領域を感じさせないただの「美味しい料理」です。
大きいチャーシュー、メンマ、ネギは納豆に合うようにということで多めに入れていただきました。納豆の旨さとネギの旨さがスープのもとで重なります。
ラーメンを美味しくするトッピングとして納豆の地位向上を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じじ&ばば

じじ&ばば

今日は、寒かったですね!
こんな日は、日本酒でキューットやっちゃいました。
で、今回のおつまみは「ぬかいわし」です。
日本酒にバッチリ合います。
昔の人の知恵には感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥次郎

奥次郎

新潟市(旧亀田町)の奥次郎です。
あっさりしたラーメンが食べたくて奥次郎にしました。今日は7~8割くらい席が埋まっています。何を食べようかとメニューを見たらいつも通りのメニューですが、不意に裏を見たらイベリコ豚チャーシューメンが載ってます。きちんとパウチされたメニューに載ってす。期間限定メニューとなってますが、パウチされたメニューに載っているということは暫く続くのでしょうか。新しい期間限定メニューも楽しみだったのですが、まだ変わっていないのでちょっと残念です。
食べてないメニューは、と思ったら胡麻醤油ラーメンがありました。以前、1周年記念で期間限定の黒胡麻ラーメンがあり食べましたが、胡麻醤油ラーメンはどんな味でしょうか?
胡麻醤油ラーメンが出来て来ました。
胡麻醤油ということで考えていた通りのラーメンです。醤油の色と胡麻の色が交わって味噌ラーメンに近い色です。ほうれん草の緑と半熟玉子の黄色が鮮やかです。
麺は、細目の縮れ麺です。プリプリした触感と噛み切れ具合の良い美味しいものです。
スープは、胡麻らしい旨味、甘みのあるまろやかなものです。あまり胡麻が好みじゃないので大丈夫かなと思いました、なかなか美味しくいだだけました。醤油の味もいい感じで活かされています。
軟らかく箸で摘もうとすると壊れそうなチャーシュー、メンマ、ほうれん草、味付けされてない半熟玉子半個がのってます。ねぎも白髪ネギ風の細いねぎが多めにのってます。
あっさりしたラーメンを食べようと思って来て、まろやかなラーメンになりました。苦手な胡麻のラーメンですが、気にしないでまあまあ美味しく食べられました。700円はちょっと高いかなとも思いますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.02.01

飛雄馬

飛雄馬

飛雄馬

長岡市の飛雄馬です。
長岡市の蔵王橋近くにあります。
入口で食券を購入して中に入るのですが、例によって悩みます。飛雄馬は、特にメニューが豊富です。メニューが豊富で食券販売機で選ぶのは至難の技です。
食べたことのないラーメンで興味ありそうなもので黒(たまり醤油)にしました。
出来上がってきたラーメンは、浅い広い器にのってやってきました。
醤油の濃い目の色がちょっと濃すぎるかなとも思いますが、醤油の味が存分に楽しめるかなとの中間の感じです。
麺は、普通の感じすが、美味しいです。そんなに特徴のある麺ではありませんが、全体的なバランスのいい麺です。
スープは、黒とか名前が付けられてあるだけのことはあって特徴のあるものです。樽で熟成させたような木の香りが強い醤油です。あっさりを希望される方は遠慮した方が良いかも知れません。とても深い味わいですけど醤油でここまでするのと言ったようなスープです。
そこそこ味わいのあるチャーシュー、噛み応えの優しいメンマ。わかめ。何と生卵も1個のってました。
田舎風の麺料理が、美味しい世界に踏み出そうとしているのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »