« 助屋 | トップページ | かも屋? »

2007.02.08

健龍

健龍

新潟市の健龍です。
大堀幹線沿いにあります。お店は中央から右寄りにかけてドーンと厨房があり、手前、左側、奥と厨房を囲うようにカウンター席、さらにその奥に小上がりがあります。12時30分頃にお店に入りましたが、他にお客が5人程とちょっと淋しい状況です。
お店の前に「燕らーめん」なる新メニューが張り出されてました。単純な人間ですから気になります。背脂系のラーメンであることは確かですが、もともと背脂を使ったコッテリ系のこのお店が「燕らーめん」と名前を付けているのですから…。メニューを見ても目に入りません。当然「燕らーめん」をお願いしました。
「燕らーめん」は極太麺を使用しているため、麺を茹でるのに10分近くかかるような事も書いてありました。美味しいものを食べるためだと平気で待てるもんですね。
やがて、背脂をチャッチャしている様子がして「燕らーめん」出来上がりました。
『おっ!これだぜ』って感じの麺です。これよりも太い麺を使っているお店もありますが、極太であること間違いなしです。感触も燕三条系らしい平打ちっぽい普通のラーメンとは違いますが美味しい麺です。
スープは、コッテリしてますね。燕三条系のラーメンよりもさらにコッテリした感じがあります。背脂もありますが、背脂の溶けたものかどうかは不明ですが、油の層が上部に熱く溜まっています。煮干しのダシが効いてます。この煮干しダシが「燕ラーメン」の名前をつけた由縁でしょうか?
バラ肉巻のチャーシュー2枚、メンマは燕の名前を付けるにはチョット弱いかな。岩海苔の方が合うと思うけどわかめ、背脂には欠かせない玉ねぎのみじん切り、なかなかいい味の半熟玉子ものってます。
燕三条系の背脂ラーメンに近い美味しいラーメンでしたが、やっぱり750円という値段と、背脂の下のスープのあっさりした感じが少なくチョット物足りなさも感じました。

|

« 助屋 | トップページ | かも屋? »

コメント

固形の脂の他に溶けた背脂?みたいのがあって、かなりコッテリですよね(´Д`;)
濃こく味噌がウマかったです☆

投稿: kzy | 2007.02.11 22:52

>kzyさん

健龍は、真面目で丁寧で好きなラーメン屋さんですが、コッテリはチョット許容範囲オーバーです。スープを最後まで美味しくいただけませんでした。濃こく味噌も新潟県内トップクラスのコッテリですね。
まだまだ、修行しなければ…(笑い)

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2007.02.11 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/13839633

この記事へのトラックバック一覧です: 健龍:

» らーめん健龍 [うぴブログ]
仲間とラーメン食べに行こうとして、行こうとした店がやってないってのが2店続いたあと、week(新潟の情報誌)でみつけて行ってみることに。 地図を見て行ったのに、店がない( ゚д゚)ポカーン 電話してようやくたどり着いた(;´Д`) 地図が曖昧すぎだねヽ...... [続きを読む]

受信: 2007.02.11 22:53

« 助屋 | トップページ | かも屋? »