« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007.05.31

にしやま

にしやま うま煮らーめん(醤油)

新潟市の「にしやま」です。
国道116号線に面しています。新潟商業高校の向かいになります。裏の月極駐車場に駐車スペースが確保されています(一方通行なのでご注意を)。12時前に着いたためすんなり駐車できました。お店は、入口を入って正面に厨房、その手前と右側にカウンター席があります。半分くらい席が埋まっている状況です。その後から来た数人組が『奥いい?』と確認を取って、右のカウンター席の後を通り右奥の部屋に入って行きました。まだ、席があるようです。
メニューは、らーめん・味噌らーめん・ワンタンめんなどに加え、うま煮らーめんやもやしらーめんなどのあんかけの中華系まであります。ネットで紹介されているうま煮らーめんが食べたかったのでうま煮らーめんにしました。『醤油と味噌を選べますが!』とのこと。味噌の方が100円UPです。以前、麻婆麺の味噌を食べて、あんかけ系はスープにそんな影響されないかなと思ったことがあったのを思い出しうま煮らーめん(醤油)にしました。
らーめんを作っている様子が見えます。他にうま煮らーめんをオーダしたお客さんがいないのに、結構多めのうま煮を作っています。作り置きするのかなと見ていると。中華鍋の中にある出来上がったうま煮を全て一杯のらーめんに盛り付けています。そして、出来上がったうま煮らーめんがこちらにやってきました。
熱々のあんかけです。醤油のしっかりした色合いが美味しそうです。キャベツ・もやし・人参・ピーマン・筍・椎茸・きくらげ・海老・豚肉・鶉の玉子など種類が多く、見た目通り醤油味の美味しいうま煮です。
麺は、太く縮れの強い麺です。結構四角っぽい麺です。細麺の方が好きなのですが、全然普通に食べられます。熱々のうま煮なので、麺を食べ終わるまで時間を要しますが、伸びることなく最後まで美味しくいただけました。
スープは最初、うま煮で味が判らないんじゃないかと思っていましたが、最後の方になると中華系で多い癖のない美味しいスープだということが判ります。このうま煮だったら味噌味でも味噌の美味しさを楽しめるかも知れません。
ボリュームたっぷりの美味しいうま煮らーめんでした。値段も800円とそこそこするんですがそれだけのことはありました。うま煮の海老の尻尾の殻を取ってあればもっと良いのにとも思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.05.30

万人家

万人家紫竹山店 特製らーめん

新潟市の「万人屋 紫竹山店」です。
国道7号線(新新バイパス)紫竹山インターチェンジから紫鳥線に入った角にあります。何店舗か入った建物の紫鳥線寄りにあり共同の駐車場があります。12時過ぎに着き端の空いたスペースに車を止め、お店に入ると満席です。並びの最初でしたがそこそこの待ちになりました。
席に着きメニューを見ると特製らーめんの貼り紙があります。チャーシュー・メンマ・もやし・岩のり・玉子が入って680円です。以前中山店で食べてるのを忘れて(飲んだ後だったから?)、普通のラーメンが550円なのでお得かなと思い特製らーめんにしました。
麺は、中太の縮れでツルツル感・プリプリした食感がバランスの良く、最高ランクの好みの麺です。
スープは、脂と脂が油になりかけたようなものが表面に浮いてます。極微細な背脂が溶けたような感じです。その下には、醤油の味がいい感じのあっさりした美味しいスープです。
チャーシューは、色が赤みがかって歯応えがありそうで軟らかめ、しっかり味が染み込んだ、大きめで厚さもそこそこあるものが3枚もあります。メンマ、もやし、程々の量の岩のり、完熟に近いゆで玉子半個がのっています。
普通のらーめんがチャーシュー4枚なのに少ない、もやしの量も少ない、メンマ、中山店は半熟なのに完熟に近い
玉子(半個)、岩のりと金額の増も少ないのですがお得感も消えてしまいました。玉子が好きなんで、玉子は1個入ってなきゃ玉子じゃないよ。なんてチョット派手な貼り紙が悔しい一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.29

FM-Port Happy7Days

帰宅したらFM-Portからお手紙が2通届いておりました。

MORNING GATE Happy7Daysステッカー
MORNING GATEからのHappy7Daysステッカーです。

FM-PORTステッカー
TOWN CROSSINGからのFM-PORTステッカーと

FM-PORT TC ポストカード
ポストカードです。

ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大江戸

大江戸県庁前店 醤油ラーメン

新潟市の「大江戸県庁前店」です。
名前の通り県庁近くにあります。新潟中央警察署近くの本店は何度かお邪魔しておりますが、県庁前店は初めてです。12時過ぎに着きましたが、駐車場で知り合いとばったり会いました。向こうも一人で来ているようで一緒にお店に入りました。
お店は、奥に厨房、その前にカウンター席、広々としたテーブル席があります。8割くらい席が埋まっている状況です。空いているテーブル席に座りました。
メニューを見ると醤油と味噌それぞれのラーメンとチャーシューメン、塩と味噌それぞれのタンメン、焼きそば、冷し中華があります。全て普通盛り(1.0玉)大盛り(1.5玉:100円増)特盛り(2.0玉:200円増)の盛りが選べます。メニュー構成は本店と一緒ですが、値段が本店と違い消費税分(10円未満切り捨て)高くなっています。系列なんだから同じ値段にすればと思うのですが…。醤油ラーメン大盛りにしました。知り合いは冷し中華にしました。
醤油ラーメンが早く出来てきました。「延びるから先に食べて!」の言葉に甘えて先にいただきました。
麺は、秋田から取り寄せている細縮れで本店と同じ長い麺です。長くても良いけど絡まって取り難くなってます。噛み応えの良い麺のはずです。モチモチはしてますが、ゆでが足りないのかネチャネチャして切れの良さがありません。どうしたんでしょうか。
スープは、醤油色濃いめで、色同様に味もしっかりしていて醤油の旨さを味わうことが出来ます。そして、大江戸と言えば…で豆板醤のような辛味を混ぜていただきます。味が締まります。
やや軟らかめのチャーシュー1枚、普通の硬さのものが2枚、メンマとほうれん草ものってます。
麺の茹で具合だけが気になりましたけど、それ以外は良好で、総合的にまあまあかなって具合でいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.28

来々軒

水天宮

東京は中央区水天宮駅前の「来々軒」です。
水天宮は、第一子の安産祈願でお参りしましたが、それ以来です。今回は近くに用事があってきました。さて、町の中華屋の代名詞みたいなこの名前ですが、最初に「来々軒」という名前を付けたお店は既に閉店していますが、このお店もそれほどではないものの古いお店です。場所がら「下町ビジネス街の中華屋さん」といった感じお店です。12時30分頃にお店に着きましたがお店の外に3人程並んでいます。混んでるなぁと思いましたが、間もなくお店に入れました。カウンター席とテーブル席の狭いお店で、カウンター席に案内されました。
メニューは、中華屋らしく麺類、飯類揃っています。中華系のあんかけも食べてみたかったのですが、最初なんで普通のラーメンをお願いしました。
その後もお客さんは、途切れることなくやってきて常にそとに並んでいる状態です。

来々軒 ラーメン

中華系のメニューは、中華なべで調理する関係で時間がかかっていますが、ラーメンは結構早く出来てきました。
麺は、細ストレートで冷麦みたいな感じです。程々の歯応えはありますが、あんまりラーメンらしさを感じない麺です。
スープは、昔ながらの普通の中華そばです。あっさりしていて醤油の味が活かされた美味しいスープです。鶏ガラ中心だと思いますが癖のないスープです。東京にもこういう昔ながらの中華そばが食べれるお店があるんですね。
歯応えのあるチャーシュー、色が濃い目で味のしっかりしたチョット多めのメンマ、鳴門がのってます。
東京でもワンコイン(500円)でしっかりしたラーメンを食べさせてくれる頑張っているお店があるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.27

爽 抹茶

コンビニで爽の抹茶(5月21日発売)を見つけました。
甘さ控え目で抹茶の味がグッグッと濃い目に感じられます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.26

いっとうや

いっとうや めんまらーめん

新潟市のいっとうやです。
今日は、5月末まで有効のワーナーマイカルの鑑賞券があったので「パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド」を観に行きました。帰りに近くでラーメンでも食べて帰ることになり「いっとうや」にお邪魔しました。
小新インターから小新方向に向かった途中にあります。
らーめんとそれにトッピングを加えたもの、つけめんがあります。前回食べたらーめんのメンマが美味しかったのでめんまらーめんにしました。
前回食べたときは、麺が平打ちのストレートに感じたのですが、今日は普通の中太ストレート麺です。麺が変わったのか記憶違いをしているのか?いずれにせよ、感触も良く美味しい麺です。
スープは、ダブルスープです。最初に魚系の風味がきます。結構強めです。食べると動物系の旨味があり、程好い甘さもあります。ここのダブルスープはいけます。ドロドロしてなくていい感じです。
チャーシューは、大きめ厚めで程好い歯応えのあるもので味もいい感じで滲みてます。味玉も半個入ってます。出来の良い美味しい味玉です。海苔ものってます。さて、メンマは穂先メンマでしょうか長いものが2本、さらにZIPOよりちょっと薄めのものがたっぷりのってます。味も良く程良い歯応えが楽しめます。
730円と値段の高いちょっと豪華なラーメンになりましたが、値段を上回る満足感を味わえる一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.25

じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン(チョイ辛)

新潟市の「じじ&ばば」です。
久しぶりに美味しいマーボーメンが食べたくて仕事帰りに寄らせていただきました。
マーボーメンのチョイ辛をお願いしました。
麺は、細縮れなので麻婆のあんかけを絡めてきます。細麺が好きなので最高の組み合わせです。細くてもしっかりとした歯応えのある麺です。
スープは、癖のないコクのあるもので麻婆ともマッチします。
麻婆のあんかけが美味しいですね。しょっぱさ、辛さ、甘さがバランスよく、豆腐と食べると美味しく麺と食べても美味しい好みの麻婆です。

じじ&ばば 餃子

お腹が空いてたので餃子も食べました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+納豆

新潟市(旧巻町)の「古潭」です。
好きなお店ですが、最近食べてませんでした。
巻駅周辺になるのかな?街中にあります。
お店は、車庫のような場所の奥にあります。車庫の入口上部をオレンジ色に塗ってくれたので解り易くなりました。以前は、解り難いお店でした。入口を入るとさらに奥に深くなっています。右側に厨房、厨房に向いて中央にカウンター席、手前にテーブル席が1卓あります。左側に入ったことはありませんが小さな座敷があります。
午後1時過ぎに着きましたが席の8割方埋まっている状況です。カウンター席に座りました。
メニューは、醤油・味噌・塩と揃っていますが、95%のお客さんが味噌ラーメンを食べます。その殆どが野菜味噌ラーメンです。そう、お客さんの殆どが野菜味噌ラーメンを食べるお店です。さらに、トッピングに納豆がありので野菜味噌ラーメン+納豆にしました。水がセルフサービスなので、一旦席を立ち冷水機から水を持って席に着きました。
厨房の作る様子をみていると、そんなに大きくない鍋から丼にスープを移しています。それだけです。普通は、丼に味噌ダレを入れてスープを入れて混ぜたりしますが、そんなに大きくない鍋で完全にスープが出来上がっているようです。そこに麺を入れ(湯切りがおとなしい)野菜のトッピングを加えて野菜味噌ラーメンの出来上がりです。さらに納豆のトッピングを加えてます。
麺は、中太の縮れです。いろんな言葉で麺を表現しています。ツルツル・プリプリ・モチモチ・さらに歯切れの良さなどです。それら麺の美味しい要素がバランス良く出ています。どれも出しゃばっていないいないところがいいですね。美味しい麺です。また、人気の味噌ととてもよく合う麺です。
スープは、白味噌の味、白味噌の甘みが優しく包んでくれるようなとても美味しいスープです。色は白味噌らしい色、トロミは醤油なんかと比べるとありますが一般的な味噌のトロミです。油は殆どないくらいですが、やっぱりあっさりと言うよりはまろやかに優しいスープです。
野菜は、キャベツともやしです。炒めてあるのかもしれませんが、茹でているのかなといった感じのです。キャベツか美味しいんです。葉の軟らかいところを使っています。硬いところを使ってなくてシャキシャキ感もいい感じで残ってます。好みだともう少し熱々だと良いんだけどぬるい感じです。ぬるいから作り置きしてもシャキシャキしているかも知れません。
最初は、普通に野菜味噌ラーメンを食べ、1/3くらい食べたら納豆を混ぜます。小さい頃から食べていた納豆が挽き割りだったので、この店でトッピングに用意されている納豆が挽き割りなのがとても嬉しく思います。ラーメンのトッピングは挽き割りの方が合うように感じます。粒納豆なら小粒が良いですね。味噌が、より一層まろやかに、納豆の旨味成分でさらに美味しくなります。残り1/3くらい食べます。最後は、七味(たぶん七味、あまり混じり気がないので一味かな)をちょっと入れます。まろやかな味がちょっとだけキリリと締まります。これもまた、優しさと違ったしまった美味しさがあります。
味噌ラーメンが500円、野菜味噌ラーメンが600円、納豆がプラス100円、今回は普通で食べましたが大盛はプラス50円ととてもリーズナブルな価格でとても美味しく食べられます。個人的見解として新潟を代表する味噌ラーメンのひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.24

中華大陸

中華大陸 味噌ラーメン

柏崎市の「ラーメンスーパー中華大陸」です。
柏崎市の国道8号線沿い長岡寄りにあります。
お店は、左側に厨房があり、中央寄りにカウンター席、厨房の手前と右側にテーブル席があります。12時30分頃に着きました。席が7~8割埋まっている状況です。食券販売機がお店に入ったところにあります。
メニューは、醤油・味噌・塩・とんこつから中華系まで揃っています。前回は、正油ラーメンだったので今回は味噌ラーメンにしました。
麺は、中太の縮れで特に味噌用に太い麺とかではないようです。正油のときと同じ麺です。スープとの絡みも良く美味しい麺です。
スープは、赤味噌ベースの味噌らしい濃いめの味がいいですね。油が多めです。最初は美味しく食べられますが、後半はこってり感に飽きてきちゃいそうです。
チャーシューは、醤油ラーメン同様たっぷりのってます。チャーシューメンと言うメニューが必要ない訳が分かるくらいのってます。程好い歯応えで味付けもなかなかです。脂身が多めです。メンマ、もやしものってます。もやしは炒めたばかりのもので熱々です。さらに茹で玉子も半個のってます。
ボリュームたっぷりの一杯でした。好みからすると、ちょっとだけこってりが強いかな。正油ラーメンもそうだったのでお店の特徴なのかも知れません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.05.23

くじら軒

くじら軒八重洲地下街店 支那そば濃口醤油

東京は東京駅八重洲口地下飲食店街の「くじら軒」です。
お腹が空いたので食べるか飲むか考えましたが、食べることにしました。
奮発して新丸ビルの展望レストランでラーメンでも食べようと思いましたがラーメン屋は地下にしかありませんでした。中華料理店はありますが、1日に2回も贅沢してられないので諦めて東京駅八重洲口の地下飲食店街にしました。
八重洲口から地下に潜ったら直ぐにくじら軒がありました。以前、品達で食べた時にまあまあだなと思っていたので食べることにしました。
店の前に食券販売機があります。そこそこメニューもありますが、前回支那そば薄口醤油を食べたような記憶がしてたので、今回は支那そば濃口醤油にしました。
麺は、細ストレートで九州ラーメンのような感じの麺です。プリプリした歯応えの良い美味しい麺です。お店の外に麺の空木箱が置いてありましたが「くじら軒」と書かれています。自家製麺か専用に製麺しているんでしょうね。
スープは、名前の通り濃口醤油を使ったスープらしく醤油のしっかりした色です。普通の醤油ラーメンと言われているものの多くは濃口醤油を使っているので、普通とあまり変わりありません。逆に薄口醤油の方が色が淡いのにしょっぱかったりするので濃口の方がラーメンらしいかも知れません。透き通った美味しいスープです。
チャーシューは、軟らかく味のない好みじゃないタイプのものです。他に、メンマ、ほうれん草、鳴門、海苔と入っています。
650円です。新潟でだったら高いラーメンですが、東京では安い方になんですね。東京という土地柄満足の出来る一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永利菜飯

永利菜飯 広東麺

東京は虎ノ門の 「永利菜飯」です。
虎ノ門近くで昼食になりラーメン屋を探しましたが、見つけられなくて中華料理店にしました。お店は混んでいて相席になりました。
日替わりランチがありますがご飯物だけです。麺類は、千円前後です。高~い。その中でも安い広東麺にしました。
麺は、細縮れで中華系らしい美味しいものです。
スープは、醤油の濃い色をしていて味も濃いめです。中華系らしい美味しい癖のないスープです。
あんかけは、青椒牛肉絲のような肉の細切りの炒めたものを使っています。キャベツ、きくらげ、筍、緑色の中国野菜(でしょうか名前が判りません)などです。一般的なものと逆でスープより味が薄いように感じました。
ラーメンが850円するお店の900円の広東麺ですから、それなりのものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.22

八幡

八幡 支那そば

東京は深川近くの「屋台そば 八幡」です。
深川らしい「深川飯」など食べたかったのですが、遅くて食べれそうなお店を探すことが出来ず、少しでもらしいものをと居酒屋で穴子の白焼きを食べて、締めのラーメンとなりました。木場の「よってこや」も少し気になりましたが、「昔懐かしい味の支那そば」の宣伝文句に引かれて八幡になりました。
オープンな厨房中心のカウンター席だけのお店です。
メニューは、支那そば中心の1スープ勝負のお店です。お腹も程々なのでシンプルに支那そばにしました。
このお店は、その時間、自分も含めて男の単独しかいません。暗い雰囲気です。
麺は、やや細の縮れでモチモチよりも硬めの粉っぽい感じの麺です。
スープは、醤油の効いたしっかりしたタイプのもので、動物系の旨味はありますが魚干系のしつこさが出て切れが良くないように感じます。生姜が結構効いていて、長岡生姜醤油系みたいな感じです。
脂身の少ない歯応えのあるチャーシュー、太く噛んだ感触を楽しめるメンマ、海苔、鳴門ものってます。
全体的にもう一つかも知れませんが、結構楽しめた一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味の横綱

味の横綱 黒ラーメン

柏崎市の「味の横綱」です。
柏崎市山寄りの新潟工科大学の近くになります。ときめきラーメン万代島に新潟店がオープンしていますが、本店で食べてみようとお邪魔しました。
お店は、奥にオープンな厨房、厨房の左側と手前がカウンター席、左側と廻り込んだ中央側にテーブル席、廻り込んで行く右側と手前に小上がりがあります。12時に着きましたが、席が6割くらい埋まっている状況です。カウンター席に座りました。
メニューは、一番人気白醤油の白ラーメン、黒醤油の黒ラーメン、味噌ラーメン、辛味噌ラーメンがあります。前回は、白ラーメンを食べてあっさりしてるなと感じた記憶があります。今回は、黒ラーメンにしました。
白ラーメンが500円で、黒ラーメンが550円です。どこが違うのかなあ?
ラーメンが出来上がってきて理解できました。岩のりがトッピングされています。そこそこの量の岩のりがトッピングされていて割安です。
麺は、中太の縮れでシコシコと歯応えも良く、スープとの絡みも良い美味しい麺です。
スープは、お店の案内にも「しょっぱ目系」とある通り、色を見ただけでしょっぱそうな醤油の濃い色です。じっくり煮込んだ拳骨から出たダシもなかなか美味しいものです。そして、しょっぱい。言われて食べると平気ですが、知らずに食べたらかなりしょっぱく感じるでしょう。醤油の旨さと生姜も少し効いているようにな気がします。長岡生姜醤油系を濃いめにした感じです。
やや軟らかめのチャーシュー2枚、メンマ、ほうれん草、鳴門がのっています。そして、岩のりのお陰で磯の香りと豊かな風味を味わうことができます。
岩のり入りの美味しいラーメンが、本当に550円で良いのと言うくらい満足の一杯でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.05.21

こまどり

こまどり 特製味噌ラーメン

新潟市(旧巻町)のこまどりです。
新潟寺泊線沿い竹野町交差点近くにあります。新潟の味噌ラーメンの代名詞のように言われていたらしいのですが、最近はどうも?と言う声が聞こえてきます。昔、食べたことはありますが、ラーメンに興味を持っていない時期だったので良く覚えていません。とびっきり旨いとか不味いとかはなかったのでしょう。
知り合いが週末にこまどりで食べたとの話を聞いて久々に食べてみようかと思いました。
お店は、入口付近にテーブルの個室風なコーナーがあり、中に進むと右側にラーメン屋にしては広過ぎる厨房があり、その前にカウンター席、右側に大広間を長くしたような広い小上がりがあります。夕方の早い時間だったのでガラガラです。小上がりでゆっくり食べようかと思いましたが店員にカウンター席に案内されました。
メニューは、味噌ラーメンを中心にまあまあ揃っています。麺が4種類あります。味噌用が太麺と平麺、その他が細麺、特製味噌ラーメンにだけ和風平麺が使われています。その和風平麺でも食べてみようかと特製味噌ラーメンにしました。
カウンター席は、厨房が良く見えます。最近のラーメン屋は作っている人が2極化しています。年配の人が多い老舗タイプ、若い人がやってるニュータイプです。この店は前者です。厨房におじさんらしい人が2人もいて中華鍋を振るっています。ニュータイプのお店では揃いのTシャツなんか着ているのが多いけど、濃い色のものが多く清潔感に欠けるなあと思っていました。しかし、このお店では特にそんなものもないようですが、親父の白い服は汚れ過ぎだよ。食べ物を作っているんだからもう少し小奇麗にしてよ。なんて見てたらラーメンが出来上がりました。
ラーメンが前に運ばれると味噌のいい香りがします。
麺は、和風平麺とありましたが普通の麺です。四角っぽさはありますが平麺ではないでしょう。普通の太麺が丸く区別するための平麺でしょうか。麺自体は味噌に合う麺で、歯応えも美味しい麺です。
スープは、赤味噌ですね。味噌の風味があります。味噌の美味しさはちょっと弱い感じでしょうか。あっさりしていて、そのあっさりさがもう一つ物足りなさを感じます。油も甘さも抑えてこの味は立派ですけどね。
キャベツとキクラゲの炒め物と薄い玉子焼きの細切りとゆで玉子半個がのってます。玉子が好きなので重なっているけど嬉しいトッピングです。食べ終わった後のスープの底に挽肉も入ってました。
普通の食堂の味噌ラーメンなんかよりは全然美味しいと思いますが、最近のラーメン屋さんの味噌ラーメンも美味しくなってきているのでまあまあ普通の味噌ラーメンにしか感じませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屯 らーめん

新潟市の「あおやま 屯」です。
新潟亀田内野線沿い、青山ジャスコ近くにあります。
12時ジャストにお邪魔しました。駐車場は半分くらいしか車が停まっていなくて、すんなり停められました。お店は、奥に厨房、左右にテーブル席、中央に向かい合わせ仕切りのあるカウンター席があります。席も半分くらい埋まっている状況です。
入口近くにある食券販売機で食券を購入します。伊勢頭塩らーめんをまだ食べていないのですが、久しぶりと言うこともあり普通のらーめんにしました。中央のカウンター席に座り、店員に食券を 渡し待ちます。
その後、お客がやってきてほぼ満席になりました。
暫くしてらーめんが出来てきました。
あれ!ちゃーしゅうめんかなと思うほどチャーシューがのってます。器の表面の半分くらいを覆い尽くすように、普通の大きさのものが5枚も。中央にはもやしの小さな山、鳴門、メンマ、万能ネギで麺やスープが見えないくらいです。
麺は、中太の自然な感じの縮れでプリプリした噛み応えですが、ちょっと軟らかめです。
スープは、全国各所の魚節、鶏、豚と能書きがありますが、魚系の香りが強く、動物系の旨味のあり現代風のまろやかなスープです。
チャーシューは、程々の噛み応えがあり、脂身も適度に混じり、味も程良い好みに近いものです。メンマもシャキシャキしてます。鳴門ものってます。ちょっとまろやか過ぎるかなとも感じますが、スープに混じる刻まれた万能ねぎがあっさり感を与えてくれます。
最近のラーメン屋ですが、価格的にはまあまあ普通です。チャーシューが好みに近いもので良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.20

吉相

吉相女池インター店 ねぎらーめん(こってり)

今日は、家族と買物に出掛け夕食時間になったのでラーメンを食べることにしました。醤油ラーメンのこってりが食べたいと言われ「吉相女池インター店」にしました。
午後7時を回っている時間です。お店の前と中で10人ほど並んでいました。徐々に中に入りオーダを取りに来ました。
最初食べたときはあっさりを食べましたが、そんなに美味しく感じませんでした。前回は、久しぶりでこってりを食べたら結構いけるんじゃないかと思いました。ただ、燕三条系のように背脂の下のスープがあっさりしていないのでひと工夫しなくちゃと思っていました。そこで、ねぎとの組み合わせならいけるんじゃないかと思いねぎらーめん(こってり)にしました。
席数も多いのでので回転も良く、そんなに待たずに席に案内されました。中央のカウンター席です。小さな子供を連れた若い夫婦やデートの帰りか途中の男女が多いように感じます。隣の男女はパチンコの攻略法を話しています。今日もテーブル席側上のテレビが音量がんがんで流れています。煩いけどパチンコの攻略法よりは熱血!平成教育学院の方がいいかな。店員が7人もいてテキパキ動いているようで、そんなに待たずに出来てきました。
器の中央に、たっぷり山になったねぎともやし、ラーメンに紅生姜はそんなに好きじゃないのに…。中から麺を取り出しねぎと一緒に食べます。旨い。実際にはねぎともやしと麺ですが、癖のないもやしは、ねぎの風味でシャキシャキした食感で食べることができます。まるでねぎがシャキシャキ食感がよくなったように…、高価なねぎをたくさん食べることができるような感じです。
麺は、中太で手打ち風の縮れと言うよりよじれのような感じの麺です。プリプリとかシコシコではなくモチモチした感じです。太くもないのにモチモチしています。なかなか美味しい麺です。
スープは、背脂でまろやかに感じますが、醤油のしっかりした味のさっぱり(あっさりではない)した切れの良いスープです。背脂は、普通の背脂入りラーメンよりも多く感じます。
チャーシュー2枚、これが苦手なものです。味のない軟らかなもので、魚類の水煮缶詰ような味わいです。残念。
わかめものってます。
ねぎがもやしと相まって美味しくいただけました。

吉相女池インター店 らーめん(こってり)

家族が食べたらーめん(こってり)です。

吉相女池インター店 餃子

餃子もいただきました。

サービスのアイスクリームもいただきながら帰りました。
帰る頃には、待ちの人がさらに増えていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七輪

七輪

自宅前で、バーベキューをやるときに使用していた七輪がとうとう壊れてしまいました。10年ぐらい使用、延べ百数十回は使用しています。周囲を囲っていた金属板が徐々に取れていたのですが、土の部分だけで使用できていました。移動しようとしたらあっさり割れてしまいました。備長炭と着火時のガスバーナーの高温、終了後には翌朝の消火が確認できるまで外に置くため雨にも打たれ、厳しい使用環境ですが長い間使うことが出来ました。
ご苦労様。そして、ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.19

コトブキ

コトブキ らーめん

新潟市の「らーめん家 コトブキ」です。
午後4時というラーメンを食べるのに非常に困難な時間です。この時間開いているお店、かつ、最近行ってないお店をと考えてお邪魔しました。
新潟亀田内野線沿い寺尾駅の辺りにあります。お店は、靴を脱いで入るお店です。奥に厨房、左側が廊下、右側の奥から中央にかけて小上がり席、右側手前が大きな相席用の卓の席になっています。他に空いているお店が少ないためか、変な時間ですがそこそこお客さんがいます。
メニューは、ゴマらーめんが中心です。辛みのあるものですが辛みを抜くことも出来るようです。ゴマはそんなに好みじゃないので普通のらーめんにしました。
麺は、太いくチョット平たい感じの手打ちっぽい麺です。モチモチした感じがあり、美味しい麺です。
スープは、白味噌寄りの味噌汁のようなちょっと濁りのあるものです。まろやかな魚系風味で、醤油の旨味と塩の締まりあるスープです。両者のバランスですが、塩の感じがそんなに好みじゃないのでちょっときつい感じがします。
脂身の少ない、外をしっかり焼いたチャーシューが3枚、メンマ、海苔2枚がのってます。
全体的に纏まったラーメンですが、好み的に普通のラーメンですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM-Port セーフティドライブキャンペーン

FM-Port セーフティドライブキャンペーン

今日は、FM-Port セーフティドライブキャンペーンにお出かけました。
出雲崎町の道の駅に着いたらそんなに混んでませんでした。それでも並びが少なくなってからと思い柏崎方面にちょっとドライブしました。

FM-Port セーフティドライブキャンペーン ステッカー

いただいたステッカーです。

寺泊 浜焼き

帰りに、寺泊で浜焼きを食べて帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.18

REAL SALT 55

REAL SALT 55 REAL SALT

上越市のREAL SALT 55です。
と言っても金曜日以外はGOGO宝来軒のお店です。金曜日は、塩専門店に変身します。暖簾、店内のデコレーション、そしてメニューが違います。お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、手前と左側にテーブル席があります。夕食前の変な時間にお邪魔したせいか他にお客さんがいません。
メニューは、貝類ダシの塩1号、魚介乾物類の塩2号、それらをブレンドしたREAL SALTがあります。お店の名前にもなっているREAL SALTにしました。
暖簾や店のデコレーション、メニューが青と白で統一されていて、南国の雰囲気です。店員の服も南国風です。気分だけですがリゾート気分です。ゆったりしているとラーメンが出来上がって来ました。
白い器が、白い四角い皿の上にのってきました。ダイニングバーかと勘違いしそうな器です。
麺は、塩専用の自家製麺です。やや細のストレートでツルツルシコシコしています。そうめんのコシが強いものって感じでしょうか。
スープは、あっさりしているけどまろやかな味わいのあるとても美味しいスープです。塩でここまで味わいのあるスープはなかなかありません。これなら金曜日だけでも塩専門店にしようとするのが判ります。
分厚く軟らかめですが、しっかり焼きの入った良い感じのチャーシュー2枚、メンマ、鶉の卵2個、白髪ねぎ、星形にカットされた鳴門がのってます。
魚介のダシが効いたとても美味しい作り手の意気込みが伝わる一杯でした。ただ、850円と言う値段はちょっと奮発しないと無理ですね。金曜日に、一週間ご苦労様で食べれるメニューかも…。金曜日だけの営業と言うのは良いシステムかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.05.17

拾番

拾番 ラーメン

今日は、関東地区からの出張者と新潟の美味しいお酒を飲む機会がありました。
飲んでる席でラーメンの話になり、全国的ご当地ラーメンに入っていないため、新潟に美味しいラーメンがあるとは思っていないようです。そこで、美味しいラーメンを食べに行こうという話になり「拾番」にお邪魔しました。シンプルなラーメン450円を薦めて食べました。
本当に450円なの?
非常に満足して食べていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孔明

孔明 らーめん

新潟市の「孔明」です。
駅南弁天橋線沿いにあります。12時30分頃にお邪魔しました。駐車場にはすんなり車を停められましたが、10人以上の列で並んでいる状況です。ちょうど混んでいた時間のようで、そんなに待たなくてすみました。
お店は、奥に厨房、左側にテーブル席、中央から右にかけて向かい合わせで仕切のあるカウンター席、その手前に小上がりがあります。
メニューは、らーめん、みそらーめん、つけめんが中心となっていて、つけめんが人気のようです。普通のらーめんにしました。お腹が空いているのでちゃーしゅー丼も付けました。
テレビがあり、厨房のおじさんの声がでかいのもあって、待っているお客や食べているお客の会話までがうるさい状態です。良く見たら食べ終わって騒いでいる人もいました。
暫く待つとちゃーしゅー丼が出来てきました。間もなくらーめんも出来てきました。
醤油の赤っぽい澄んだ綺麗な色のスープと煮たまごの色が食欲をそそります。
麺は、中太のストレートでツルツルモチモチした美味しい麺です。細目のパスタのような感じです。大勝軒の麺も似たような感触で好みではありませんが、大勝軒のように太くなければ美味しく感じます。
スープは、魚介系風味のあっさりしたスープです。魚介系の香りがやや強めですが、あっさりした全体のバランスから嫌な感じはしません。醤油も程良く効いた好みのスープです。
チャーシューは大きめのものが2枚、箸で摘もうとすると壊れてしまう軟らかいものです。味も薄めで水煮の魚缶のようでこれだけが好みのものではありません。メンマ、海苔、鳴門、味付けや半熟具合の良い煮たまご半個ものってます。
美味しいラーメンです。残念なのはチャーシューが好みのものでないことです。

孔明 ちゃーしゅー丼

ちゃーしゅー丼は、ご飯の上にチャーシューを敷き、紅生姜をのせ、胡麻を振りかけ、タレがかけられたものです。好みじゃない軟らかいチャーシューですが、タレの味で食べることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.16

じじ&ばば

じじ&ばば ねぎラーメン

新潟市のじじ&ばばです。
本日訪問予定はなかったのですが、強制召還されました。(じじ&ばばを紹介してくれた人から)
ねぎラーメンを食べに来ませんかとのことです。お腹も減ってないので遠慮しておこうかとも思いましたが、時間も早かったのでお邪魔しました。
ねぎラーメンは塩ベースの細麺で、ねぎを炒めた旨味を使い塩味のスープを作ったものです。とても軟らかく美味しいスープですが、ねぎの旨味・風味がもう一つ引き出されてないようです。ねぎを炒めるときに焦がしねぎのようにすれば風味は増しますが、焦がしねぎの好き嫌いが出るので避けたそうです。賛成です。進化途中のようなので次回も期待してます。
入ってる肉はチャーシューではなく、ねぎ炒めた鍋で炒めた豚バラ肉のようです。
まろやかな塩ラーメンとしては満足ですが、ねぎの美味しさをどう引き出すか楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリン良質素材

キリン良質素材

キリンビールから5月23日に発売されるキリン良質素材をいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三吉屋

三吉屋駅南けやき通店 ラーメン

新潟市の三吉屋駅南けやき通店です 。
普段取らない朝食を珍しく取り、ソフトクリームを食べたら食欲がなく、あっさりした三吉屋の新潟らしいラーメンだったら食べられそうなのでお邪魔しました。
お店は、左に厨房、右にカウンター席、奥にテーブル席のあるこじんまりしたお店で、和服を着たおねえさんが一人でやっている小料理屋のような雰囲気のお店です。13時30分を回ってましたが若いお客さん(近くの専門学校生かな)が結構います。若いお客さん多い店です。お客様の平均年齢は本店の半分以下でしょう。
メニューは、本店プラスもやしでしょうか。本店は中華そばとなっていますが、こちらはラーメンです。食欲もないのでラーメンにしました。
麺は、相変わらずのこれでもかというような細麺です。本店でも過去にあったのですが絡まって取り出し難い。ちぎれないようにゆっくり取り出して食べます。細麺なのでスープを掬ってより一層美味しく食べられます。
スープもあっさりだけとダシの効いた美味しいものです。本店より浮いている油の量が多少多いかなと思いました。
脂身の少ない歯応えのあるチャーシュー、メンマ、鳴門がのってます。
今日も美味しくいただくことができました。食欲がなくても最後まで美味しくいただけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花畑牧場ソフトクリーム

花畑牧場ソフトクリーム

札幌千歳空港内売店の花畑牧場です。
田中義剛牧場長の牧場です。
夕張メロンミルクソフトクリームです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.05.15

けやき

けやき みそ

札幌の「さっぽろ けやき」です。
全国のラーメンに詳しい人から『けやきは美味しいから食べてみて!』と言われてお邪魔しました。
札幌でも行列の出来るメジャーなラーメン屋とのことでしたが、本当に並んでます。20人近くでしょうか。『こんなに並んでるんだからきっと美味しいよ』と会話しながら待ちました。メニューは、みそとそれらにトッピングを加えたものです。チャーシューが売り切れでした。みそが800円でみそでいいかと思いましたが、ねぎみそが850円なんでねぎみそにしました。
列が少なくなり店の中が見えました。10人ちょっとぐらいのカウンター席だけのお店です。天気が良かったからかも知れませんが、外にも1テーブルあり、6人ぐらい座れます。店員に『外でも良いですか?』と訪ねられ、外のテーブルに座って待ちました。この時期の札幌は、ちょうどお花見シーズンとのこと。夜は、吐く息も白くなります。温かいラーメンの出来上がりを待ちました。
24時に並んで25時過ぎに出来上がってきました。
50円のねぎのトッピングなんで期待してませんでしたが、白髪ねぎが山盛りです。みそにも白髪ねぎがある程度盛られており、増量分の価格差かなとも思いましたが、やっぱり割安感があります。
麺は、中太の強い縮れのものです。最近食べたこの手の麺は硬くて『これもか!』と思いましたが、違いました。ちょうど良い硬さです。スープとの馴染みも良くプリプリした美味しい麺です。
スープは、赤味噌と白味噌の合わせ味噌の色です。味も合わせ味噌らしいものです。赤味噌の味噌らしい存在感と白味噌の優しいまろやかさが調和した美味しいスープです。ダシはとんこつ系っぽいもので、油が多めです。適度なニンニクも効いているようです。まろやかでややこってりのスープです。大粒の一味唐辛子も用意されています。普通と辛めの2種類の味を楽しめます。
キャベツ、もやし、人参、きくらげ、豚肉の小間切れの炒め物がのってます。スープと相性も良く美味しい炒め物です。
みそ800円だとちょっと高いんじゃないかと思いますが、ねぎみそが850円はいい値段かなと思います。バランス良い美味しい一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キリンビール園

札幌大通公園

札幌です。
大通公園の昼下がりは、市民や観光客の憩いの場になっています。

キリンビール園

札幌の「キリンビール園」です。
地元の人にチョイスしてもらったお店です。サッポロビール園の方が一般的だと思っていましたが、うるさくて会話ができないとのことでこの店になりました。
キリンビールとジンギスカンとお寿司が飲み放題・食べ放題です。
お腹がいっぱいになるまで食べさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味の三平

味の三平 醤油ラーメン

札幌市の「味の三平」です。
大通公園の近く、文具・事務用品を販売しているビルの4階にあります。カウンター席だけのお店です。13席程度ですが店員が5人もいます。12時前にお邪魔しましたが混んでます。12時過ぎに帰るときは、文具売場まで行列が出来てました。
メニューは、醤油・味噌・塩と揃っています。全て850円です。高い。選択の余地もないのでメニューの一番上に書かれている醤油ラーメンにしました。
暫く待つとラーメンが出来上がってきました。普通の大きさの器に、油がたっぷり浮いている状態です。
麺は、中太の縮れが強いものです。茹で加減も硬めで、かた焼きそばみたいな感じです。モチモチして不味いと言うことはありませんが、好みの一般的な麺とは違います。
スープは、細かな粒の油が一面に浮いていて、表面が白っぽく見えます。その下には、醤油の色のしっかりした、ちょっとしょっぱいスープです。動物系のダシが効いていてなかなかいい味です。
歯応えがあり、味付けも良い中華そば風のチャーシューが3枚、細いメンマ、キャベツ・もやし・玉ねぎの炒め物がのっています。炒め物はごま油を使っているのでしょうか。いい香りがします。
インパクトのあるラーメンでした。なかなかいいかなとも思いますが850円は高すぎるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.14

じじ&ばば

じじ&ばば チャーシューメン

新潟市のじじ&ばばです。
全部食べたと思ったら、チャーシューメンの写真がなかったのでチャーシューメンにしました。
麺は、極細から細の縮麺でモチモちしています。お腹がいっぱいでゆっくり食べましたが、最後まで歯応えもあり美味しい麺です。
スープは、色も味もしょうゆのやや薄めのあっさりしたスープです。野菜から出た程よい甘みで美味しいスープです。
チャーシューは、大きめで適度な歯応えもあり、好みのチャーシュー3枚です。今日は味付けも好みです。これもまた微妙な甘さが美味しいメンマ、みじん切りのネギものってます。最後にスープを飲むときのネギの混じり具合でスープが美味しくいただけます。
美味しい一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あきんど

あきんど らーめん(あっさり)

新潟市の「らーめんや あきんど」です。
新潟市の国道116号線寺尾西交差点から海岸方向に少し入った所にあります。
11時から2時30分まで、お昼だけ営業のお店です。お店は、奥に厨房があり、手前にカウンター席10席のお店です。外の看板や店内は桧を使った雰囲気のあるお店です。ビールが飲みたくなります。
メニューは、らーめんとみそらーめん、それらにチューシューをトッピングしたものです。らーめんは、あっさりとこってりからスープを選択するようになってます。らーめん(あっさり)をお願いしました。後から入って来たお客は馴染みのようでみそらーめんの細麺をオーダしてました。麺の太さもお願いすれば調整できそうです。
出来上がったラーメンは、醤油の色が濃くしょっぱいかなと思うような雰囲気です。
麺は、普通かやや細の自然な感じの縮れ麺です。ツルツルプリプリ、ちょっぴりモチモチしたバランスの取れた美味しい麺です。青島の麺をほんの少し細くしたような感じの麺です。
スープは、醤油が効いたあっさりしたタイプのもので、バランスが良く、これと言ってでしゃばったものがありません。色が醤油醤油してますが以外と薄味で、好みで言わせてもらうともう少し濃いめが良いのですが…。
大きさ、厚みとも良い感じのチャーシューは、脂身も適度に混じり歯応えもありなかなかのものです。ほうれん草は当たりが良かったのかシャキシャキした新鮮さの伝わってくる茹で具合です。今まででも一番美味しいかな。メンマものってます。
スープが、ちょっと薄味で残念でしたが、麺、チャーシュー、ほうれん草と満足のできる一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.12

奥次郎

奥次郎 カレーラーメン

新潟市(旧亀田町)の奥次郎です。
一緒に出かけた子供が味噌ラーメンが食べたいと言うのと、そろそろ期間限定ラーメンが変わってもいい頃かなと思いお邪魔しました。何を食べても好みで美味しく感じられる、安心して行けるお店の一軒です。
夕食時間の7時を周ってお邪魔しましたが人がぽつりぽつりいるだけです。好きなお店なんで空いてるのも寂しいことです。店の入口には、期間限定メニューのカレーラーメンを紹介する貼り紙があります。カレーラーメンなんてkomachiがブームを作ろうとして特集しただけかと思っていました。ラーメンの本筋から外れるような気もしますが、最近は何でも有りかなとも思うし、嫌いじゃないんでカレーラーメンをオーダーしました。メニューを見たら、期間限定のカレーラーメンがしっかり記載されたものがパウチされています。頑張ってメニューきちんとしているんですね。
白く大きな杯のような器に盛られています。あんかけ風にカレーのかけられたラーメンです。カレースープ風だったらどうしようかと思いましたが安心しました。
麺は、細目の縮れ麺です。プリプリした触感と噛み切れ具合の良い美味しいものです。
スープは、カレーの風味で良く判りません。上に黄色い油のようなものが浮いています。
カレーは、適度な(一般的家庭でのカレーくらいの)トロミのあるものがで細麺と絡んで、口の中に運ばれてきます。挽肉が入っていることは判りますが他の材料は溶けて形が無くなっているようです。辛味はピリ辛と言うかチョイ辛というか心地良い辛さです。塩分もちょうど良く、甘みは溶けた野菜から出ているものでしょうか少し甘めかも知れませんがカレーラーメンにちょうど良い具合です。ラーメンにはバッチリのカレーです。
ほうれん草、コーン、温泉玉子、ヤングコーンがのってます。行儀の悪い箸みたいなのは、グリッシーニのようです。イタリアのトリノ地方のパンで、生ハムを巻いて食べるのが一般的ですが、何でカレーラーメンにトッピングされているかは???。硬めでジャンボプリッツって感じです。
細麺とカレーの組み合わせもいいですね。細麺が好きなので美味しくいただけました。カレーうどんの太い麺に慣れてるから新鮮です。温泉玉子まで付いての630円ですから、奥次郎の期間限定の企画は楽しみです。
次は、何かな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.11

ラーメン七福神

ラーメン七福神

埼玉県さいたま市のラーメン七福神です。
大宮駅の近く、アミューズメントビルの4階フロアーがラーメン七福神です。名前の通り7店くらい入れそうなラーメンテーマパークでしょうか。ただ、やっているお店は4店です。

ラーメン七福神 青葉 中華そば

最初は、ネット上で一番人気の「青葉」にしました。東京中野に本店があるお店です。少し並んでいましたが直ぐに入れました。カウンター席のみのお店です。
メニューは、中華そばとつけめんが中心です。中華そばにしました。
麺は、中太の縮れが少ないものです。ツルツルプリプリモチモチした麺です。パスタっぽい感じで大勝軒の麺を少し細くしたような麺です。
スープは、豚骨・鶏ガラの動物系スープと魚介系和風ダシをブレンドした“Wスープとのことですが、動物系の旨味魚介系の風味がともに強過ぎます。食べ過ぎて感覚が麻痺した人がターゲットなんでしょうか?
出来上がった時はしっかりしていましたが、後で食べようと思って残してたら脂が溶けて痩せこけてしまったチャーシュー、メンマ、鳴門、海苔がのってます。
東京らしい動物系の濃いダシ、これでもかと香りをさせる魚系風味、不味くはないけどちょっと違うんじゃないかと思いました。

ラーメン七福神 こもり 正油らあめん

二店目は、次に人気のこもりです。東京四ツ谷に出店後、旭川らあめんを関東に合うように試行錯誤を重ねてきたとのことです。カウンター席とテーブル席のオーソドックスな店構えです。
味噌、醤油、塩と一般的なメニューが揃っています。正油らあめんにしました。大盛りサービスとのことで大盛りにしました。
麺は、細麺の硬茹でで強い縮れのものです。まるでカップヌードルにお湯を入れて1分後から食べ始めたような感じです。好みの麺の部類ですが、ここまでやることないじゃんって感じです。
スープは、豚骨・鶏ガラをベースに鯵の丸干しなどの魚介系を主張しすぎないように調整し、マイルドに仕上げているそうです。魚介系が強すぎないのはまあまあいいんじゃないでしょうか。色が濃いめに濁っているので、味噌ラーメンと言っても疑いのないような色です。醤油も程良く馴染んでいますが、こんなスープが関東の好みなのかなあと思います。
チャーシュー、メンマ、茹でもやし 、コーンがのってます。焦がしネギものってますが、爽やかさを増すためより、味に深みのあるものをするためのトッピングなんでしょう。
豊富なトッピングでボリュームのある一杯でした。関東に合わせない方がいいんじゃないのかな思います。

でも、関東ではこんなラーメンが本当に好きなのかなあ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.10

一(はじめ)

一 白みそ麺

新潟市のときめきらーめん万代島の一(はじめ)です。
前回お邪魔した時に食べた北海道の札幌味噌を使用した赤みそ麺が美味しく、もうひとつの京都の西京味噌を使用した白みそ麺が気になっていました。しばらく食べたいと思っていて、ようやくお邪魔しました。ときめきラーメン万代島のどのお店にも5~6割のお客さんが入っています。イベントがないと人が少ないですね。
もちろん、白みそ麺にしました。
麺は、普通の太さで縮れがやや強めです。茹で加減が適切なんでスープと相まってなかなか良い感じでいただけます。
スープは、白味噌らしくおとなしい感じで、味噌の美味しさと白味噌らしい甘さがあります。メニューには、胡麻と柚子が使用されているとの説明書きがあります。最初は、胡麻の風味が感じられませんでしたが、食べているうちに胡麻の風味とまろやかさが感じられるようになってきます。しかし、この感じはなんかねっとりするような、スープの切れと言うか爽やかさが損なわれているように感じます。これは、完全に好みの問題だと思います。スープを飲み干す頃にようやく柚子の香りが爽やかに伝わってきます。もう少し柚子を効かせてくれた方が好みです。
バラ肉巻きチャーシュー、平たい硬め浅漬かりメンマ、茹でたもやしと人参、キクラゲの細切りがのってます。
700円とちょうど良い値段でしょうか。天下一で遠のいていた京都が嫌いから普通になりました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007.05.09

じじ&ばば

じじ&ばば やっこ

新潟市のじじ&ばばです。
今日は熱かったですね。夏の気温じゃないけど身体が慣れていないので疲れます。そんなときには豆腐がいいですね。寒いときには温めて、暖かくなったら冷して。美味しい食べ物です。これからはやっこですね。
食べていないものはないし…とか考えていたら、メニューに塩ラーメンもあるし、チャーシューメンもあるので塩チャーシューメンをお願いしました。

じじ&ばば 塩チャーシューメン


初めてかも知れないと快く作ってもらうことになりました。
細く自然な縮れ麺は、シコシコして美味しい麺です。
スープは、「塩館」のような塩って感じではなく、あっさりで、ダシが利いて、まろやかでコクのある優しい美味しさです。
大きく分厚く味の良いチャーシュー3枚、ちょうど良い漬かりのメンマ、たっぷりの刻みねぎがのってます。
あっさりまろやかなスープは美味しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正園

正園 広東メン

新潟市の正園です。
大堀幹線の東寄りにあります。
街の中華食堂って感じのお店です。左奥に厨房があり、その中央寄りと手前にカウンター席、その手前が小上がり、右側がテーブル席になっています。
メニューは、ラーメン店と中華店のメニューが合わさったような品揃えです。ワンタンメンや麻婆メンも気になりますが、好きな広東メンにしました。
注文してからメニューを見直したら広東メンの他に五目めん(塩味)というのもありました。後から来たお客さんはやさいそば(塩味)や塩ラーメンを注文していました。塩味も美味しいのでしょうか。大きな餃子も人気のようです。餃子を食べていたお客さんが、持ち帰りをお願いしようとしたら売り切れとのことでした。さて広東メンが出来てきました。
あれ!色合いが普通の広東麺と違います。普通の広東麺は、醤油色っぽいのですが、白っぽいんです。ミルクキャラメルのような色です。コーヒーを待っていたらカフェオレが来たような印象です。味は、色の通り薄く優しい味です。薄味ですがいい味付けです。スープと混じると深みのあるものになります。あとは好みかどうかでしょう。
麺は、細い自然な感じの縮れ麺です。食感の良い美味しい麺です。
スープは、癖のない中華系のものです。
あんかけは、白菜、人参、玉ねぎ、ねぎ、きぬさや、マッシュルーム、わかめ、豚肉、蒲鉾、鶉の卵などがのあんかけになってます。
優しい広東メンでした。好みかと考えると好みの味とは違いました。でも、これはこれで良いんじゃないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.08

あおきや長岡インター店

あおきや長岡インター店 ラーメン大盛り

長岡市のあおきや長岡インター店です。
京浜地区からの出張者と一緒です。長岡らしいラーメンを食べてもらおうとあおきや本店に行きました。しかし、定休日でした。本店前に長岡インター店の案内があったので長岡インター店に移動しました。駐車場がほぼ満車に近い状態です。空きを見つけて車を停め、お店の中へ。
お店に入った正面に食券販売機が2台、左側の奥から中央にかけて厨房、その手前がカウンター席、左側にテーブル席があります。6人掛けと4人掛けのテーブルがかなりの数あります。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛り、餃子とシンプルです。ラーメン大盛りにしました。空いている奥のテーブル席に座り食券を渡し待ちました。
ラーメンが出来てきました。見た目でビックリしました。分厚いチャーシューが入っています。以前は、青島と同じそぎ落としたような薄いチャーシューだったのですが、分厚いチャーシューも入っています。
麺は、中太の自然な縮れのものでツルツルモチモチした美味しい麺です。
スープは、長岡生姜醤油らしいさっぱりした醤油の味が効いた美味しいスープです。青島に慣れてしまったせいかやや薄味に感じます。力強さを感じたいのなら青島でしょう。さわやかに上品に食べるときはおおきやですかね。
分厚いチャーシューは硬いかなと思いましたが普通に食べられます。薄いチャーシューも結構入っています。歯応え、味付けとも好みのものです。メンマ、ほうれん草、海苔ものってます。
やっぱり美味しいラーメンです。青島の方がやや好みですが、青島よりも50円安いというのは凄いですね。今日も満足な一杯でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.05.07

古稀楼

古稀楼 マーボーラーメン

新潟市の古稀楼です。
日替わりワンコインラーメン月曜日のマーボーラーメンが気になっていました。
12時過ぎ店前に着きましたが、駐車場がいっぱいで車が停められません。しばらく待ってようやく車が停められました。
お店に入ると車の割りには混んでませんでした。。カウンター席に座り日替わりワンコインラーメンのマーボーラーメンをお願いしました。
何気なく壁に貼り出されたメニューを見ていたら金曜日のワンコインがキムチラーメンから胡麻だれ冷しに変わっていました。夏メニューですね。これも食べてみたいものです。日替わりワンコインラーメンでもマーボーなどを作り置きしてません。一人前ですが作ってます。その後、入って来たお客がもやしラーメンを注文しています。日替わりワンコインの対象日ではないことお店側で伝えても、もやしラーメンを注文しました。そんなに美味しいのかな。もやしラーメンも食べてみたい。
マーボーラーメンが出来上がってきました。
あれ!ちょっと違います。豆腐が小さく潰れたようになっています。包丁で切った立方体の形をしているのが一般的なものだと思いますが、ここのは違います。トロミも少なめ、味も薄めです。ヘルシーな感じの仕上がりです。味が薄めですが、辛味は普通にあります。最初はあまり感じませんが、後味に辛味がしっかり残ります。心地よい辛味です。
麺は、普通かやや細めの自然な縮れです。ツルツルして、歯応えの良い麺です。ツルツルしているのとマーボーのトロミの少なさからあまり麺とは辛みませす。
スープは中華系らしい癖のないしっかりしたもので、薄味のマーボーと混じるとスープの味が全体に旨みを与えています。
マーボーが麺に絡むものが一般的ですが、マーボーとスープが一緒になり旨みを増したスープで食べる。こういうのもありかなと思います。あとは、好みのものでしょう。
まあまあいい感じだと思います。濃いめの中華系を望んでいるのであれば、ちょっと物足りないかも知れません。満足の日替わりワンコインラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.06

新潟へ向かって

今日でゴールデンウィークも最終日です。
秋田の実家から新潟に向けて移動開始です。

安藤醸造元

最初に角館にある安藤醸造元へ。
味噌と醤油の醸造元です。
味噌と醤油と漬物の販売もしており、各種試食できます。
味噌にお湯を入れただけのものを飲ませてもらったんですが、下手な味噌ラーメンのスープより美味しいんじゃないかと思う程でした。

五月人形

大きな土蔵があり座敷のように畳敷きになっていて、中に五月人形の展示がされていました。

ババヘラアイス

移動の道沿いに今日もポツリポツリとババヘラアイスの販売がやってました。今回のは、花びらのような感じではなくジェラートの一般的な盛り付けのようでした。ちょっと残念。

不動ノ滝

その後、国道341号線を由利本荘市(旧岩城町)に出ました。
国道で舗装はしていますが、乗用車が待避所でなければすれ違えないような道です。
途中、不動ノ滝(落差20数メートル)がありました。
滝を見られるように展望台がありましたが、遠くて写真の通りです。

その後、にかほ市(旧仁賀保町)のフェライト子ども科学館に寄って遊んできました。新潟県立自然科学館とほぼ同じような展示物です。建物の写真を撮ろうかと思いましたが、玄関先が喫煙所状態で写真が撮れる状況ではありませんでした。

時間があれば白瀬南極探検隊記念館も見学したいと思いましたが、ゆっくり見られる時間がなかったので諦めました。次回ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.05

後生掛温泉

秋田県と岩手県の県境の八幡平にドライブ&温泉で行きました。

水芭蕉

田沢湖から八幡平に向かう国道341号線沿い玉川地区に、水芭蕉の群生地があります。
まだ、周りに雪があるような冷たい水の中で咲いています。
仙北市田沢湖町には、他に2ヶ所ほど水芭蕉の群生地があります。国道46号線で角館と田沢湖の間の刺巻地区、乳頭温泉鶴の湯への道端です。

後生掛温泉

今日の目的地の後生掛温泉です。
乳頭温泉は、秘湯から有名観光地になってしまったし、玉川温泉も凄く混んでるし、そこで後生掛温泉にしました。もう10年くらいぶりです。建物が新しくなって鄙びた温泉といった風情が無くなっていました。残念!

後生掛温泉 黒たまご

昼を回っていたので到着して直ぐに食堂へ行こうとしたら、食堂前の売店で黒たまごなるものが売ってました。さっそく買って食堂へ。黒たまごは、卵の殻のカルシウムが温泉で化学反応して黒くなるのだったはず。中は普通のゆでたまごでした。1個60円はいい値段ですね。

後生掛温泉 山菜うどん

食堂のメニューにはラーメンがありませんでした。
山奥だから山菜でも食べようかと思いました。
なめこと蕨の地元と関係の無さそうな山菜です。
うどんは、鹿角うどんです。きしめんのような感じでした。

後生掛温泉 浴室
浴室:後生掛温泉パンフレットより

浴室は、古いままで風情あるものでした。
子供たちは、泥湯で顔をペイントして楽しそうでした。

八幡平 見返峠

その後、両側3m程の雪の壁の間を県境へ。霧の中でした。駐車場にこのような八幡平見返峠の看板がありました。晴れてたらいい景色が広がっているのかな?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.05.04

田沢湖 お花見

辰子姫

田沢湖のシンボル「辰子姫の像」です。
今年は、雨が多かったとのことで水面が高くなってます。

田沢湖畔

田沢湖畔に綺麗な桜の見所が何ヶ所かあります。そのひとつ。
天気がよければ湖の色が青くなってもっと綺麗なんですが…。

潟前山森林公園

潟前山森林公園から望む田沢湖です。

潟前山森林公園

潟前山森林公園の中にある桜です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角館 お花見

角館のお花見に早朝行ってきました。

角館 武家屋敷

武家屋敷です。
かなり散ってます。
早朝にもかかわらず、団塊世代の夫婦旅行風カメラマンが多かった。

角館 桧木内川堤

桧木内川堤は桜吹雪でした。

角館 桧木内川

橋の上から河川敷方面です。
昼頃には、ブルーシートと人で地面が見えなくなるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.03

ババヘラアイス

ババヘラアイス

秋田県仙北市角館町で秋田名物のババヘラアイスを食べました。
街道の広くなった駐車スペースにビーチパラソルが目印です。あちこちにいます。
おばあちゃんが赤と黄色のシャーベットで上手に花の形に作ってくれます。
150円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潟尻川

潟尻川

秋田県は雄物川の上流、桧木内川の支流です。
子供達と渓流釣りに行きました。
30分程で小さいけれど山女1匹とウグイ2匹の釣れました。
子供達が釣りました。
塩焼きで美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.02

吉右ェ門

吉右ェ門

村上市の味噌麺家吉右ェ門です。
国道7号線に沿いにあります。最初は何のお店か知りませんが、その後期間限定九州ラーメンのおてもやんがやってたところです。
お店は、風除室よりはるかに広い部屋があり扉を開けて中に入ります。奥に仕切られた厨房、その手前の中央から右側がテーブル席、左側に子上がりがあります。
メニューが変わってます。創作味噌ラーメンのお店です。みそ膳やみそやのように、全国の味噌をメニューにしたお店はありますが、納豆味噌・味噌・牛乳味噌・キムチ味噌・豆乳味噌・唐辛子味噌・もつ味噌・味噌チャーシュー・ねぎ味噌・味噌つけ麺といった味噌をアレンジしたメニューをこれほどまでに揃えているお店も珍しいと思います。その他に支那そば風中華そば・塩・とんこつ・担々めんなどもあります。
このメニューだったら好きな納豆味噌ラーメンでしょう。
午後10時までのお店で、午後9時50分頃に「いいですか?」と確認して入りました。その時は、他にお客がいませんでした。待ってる間に、暖簾が下げられ、表の照明も消されました。そしたら、不思議なことに2人のグループが3組も待っていたかのように入ってきました。常連さんかなと思ったら、『野菜もっこりらーめんてどんなの?」とか聞いています。常連でもなさそうで、偶然でしょうが閉店間際に混み合いました。
さて、注文した納豆味噌らーめんですが、味噌らーめんに納豆をパックから取り出し乗せただけのものかと思っていました。出来上がった納豆味噌らーめんは、中央にもやし・ニラ・人参・キクラゲ細切りの炒め物と歯応えがそこそこのチャーシューが乗っています。さらに、納豆も乗っていますが、トローッと広がっています。黄色で泡立った納豆です。スープか何かを加えて良く掻き混ぜられています。余りにも黄色が鮮やかで練り辛子がいっぱい入っているんじゃないか心配になる程の色ですが、そうではありませんでした。さらに、休前日でもありますし、ニンニクも多めに入れさせていただきました。
麺は、中太の自然な感じの縮れ麺で、ツルツルした食感の良い麺です。太くないため、スープや納豆が良く絡みます。
スープは、サラサラしたあっさりタイプのものです。味噌の美味しさと納豆の美味しさが重なり合います。『お前、美味しい味噌になったな』、『お前こそ、粘り強い納豆になったな』とか大豆の会話が聞こえてくる訳ないか。納豆と味噌にニンニクですから、美味しくない筈がありません。
これだけ楽しませてもらって700円ですから、休前日前のニンニク満足です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すし清

すし清 ちらし寿司ランチ

今日は、出張者と一緒の昼食でした。
新潟に来てくれた人が寿司食べたいって言ったら、やっぱ寿司でしょう。
すし清のちらし寿司ランチです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.05.01

キナレヤ

キナレヤ エビ塩ラーメン

燕市(旧吉田町)のキナレヤです。
JR越後線吉田駅の西側、吉田小学校近くの住宅地の中にあります。お店は、入って左側中央に厨房、右側中央にテーブル席、奥が大広間のような広い小上がり、手前左にグループで使えそうな個室があります。
メニューは、麺類をはじめ中華屋さんと食堂の中間をいくような感じで揃っています。以前来たときには普通のラーメンを食べましたが、今回は人気のエビ塩ラーメンにしました。
大きめの器に品良く出来上がってきました。
上には塩味のあんかけがのってます。白菜、江戸菜のような茎野菜、人参、キクラゲ、ヤングコーン、エビなどです。広東麺や五目麺などより品数は少ないようですが、名前にあるエビのプリプリした食感が最高です。
麺は、中太の自然な感じの縮れで特にどうこう特徴のある麺ではありませんが、塩味のあんかけと絡んで美味しい麺です。
スープは、塩味で全く癖のないスープです。麺とスープだけだとある程度は食べられそうですが、そんなに美味しいと感じるほどのものでもないでしょう。それがあんかけの野菜とエビの旨味と絡まって美味しいものになります。
出来上がってきたときには、この手のあんかけは熱々でなかなか食べられないことは良くありますが、最後まで熱々のままでした。食べ終わっても器の下の周りが触っていられないほど熱々でした。700円とちょっと奮発の食事ですが、満足×2の美味しい一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »