« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007.06.30

蘇るカーナビ

蘇るカーナビ

10年近く同じカーナビを使用しています。
慣れもあるでしょうけど使いやすく、絵が綺麗で落ち着いた雰囲気の表示をしてくれるので気に入ってます。
ところが、柳都大橋・みなとトンネルがない、高速は新潟空港まで、市町村名が合併前とかなり現状とずれてきてました。
そこで、ゼンリンの地図データCDを購入しました。
  (まだ、CD地図の販売があって良かった)
購入時の全国版、その後購入した関東版、そしてまた全国版です。
道路状況にあったナビがまた蘇りました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

森のめぐみ直売所

森のめぐみ直売所 もりそば

今日は、おそばと山菜を求めて山形県の小国町に行ってきました。
森林組合がやっている「森のめぐみ直売所」で山菜を見に立ち寄ったところ、手打ちそばの幟があります。山菜直売所に食堂が併設されてます。
おそばのみのメニューですです。温かいものと冷たいものがあります。
もりそばにしました。
まあまあ良かったけど、もう少し冷たい方が良いですね。

森のめぐみ直売所 山ぶどうソフト

そこには、山ぶどうソフトもありました。
想定された通りの山ぶどうらしい濃いめの味でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.29

石や嗟 開店

石や嗟

石や嗟

新潟駅前(帝石ビル裏、横浜軒向かい)に「ちゃーしゅー専家 石や嗟」が6月25日オープンしてました。
雰囲気からして「ちゃーしゅー専家 石鵺嗟」の支店のようですが、名前のの字がひらがなになっています。
読み難いし、書き難いし、横溝正史の書で探偵金田一耕介で有名な「悪霊島」で、有名な「鵺の鳴く夜は」とあまり良い印象のない伝説の生物であるから辞めたのかな?

石鵺嗟 海老ヶ瀬店

さて、改装中の海老ヶ瀬店は、どちらの文字でリニューアルするのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モバイルSuica

モバイルSuica

つくばエクスプレスに乗る関係で秋葉原駅を通りました。JRの他路線と一度改札を出ないと連絡できません。(工事中でいずれは…)
一緒に行動したした人は、モバイルSuicaでスイスイ乗り換えています。こっちは、東京まで新幹線を回数券で利用している関係も有り、乗り換えの度に乗車券売り場で乗車券を購入しての乗り換えになっています。置いてかれそうでキツかった。
こんなことが多く、モバイルSuicaを利用しようと思っていましたが、利用方法や登録方法も良く判らないので我慢していました。
秋葉原駅の構内でモバイルSuicaのキャンペーンをやっていて、登録方法を説明していました。そのとき「モバイルSuicaご利用しませんか?」なんて声をかけられて、教えてもらいながら登録完了できました。秋葉原駅からは回数券で帰るのですが、乗り換えの東京駅構内で自動販売機で使ってみました。便利ですね!!!柴咲コウ似の人に声をかけられたからモバイルSuica登録したんじゃありませんから…。

電気部品を探したんですが、電気の秋葉原は殆ど壊れかけてました。残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CHABUTON

Chabuton

東京は秋葉原の「ちゃぶ屋 とんこつらぁ麺 CHABUTON」です。
ヨドバシ秋葉原の8階レストランフロアにあります。このフロアには、ラーメン2店舗と担々麺をやっている中華店、バラエティーに富んだレストランなど、麺類を扱っているお店が数店舗があります。ラーメン屋2店舗の1店舗「光麺」は、最初にヨドバシ秋葉原に来たときに食べました。そして残りもう1店舗の「ちゃぶ屋 とんこつらぁ麺 CABUTON」に来たのでした。
でも、名前長過ぎですよね。ちゃぶ屋というお店の姉妹店らしいのですが、親の支店にするか、親離れさせて別の名前にするかはっきりさせろや。と思います。新潟もそういうお店ありますね。独立したいけど冠がなきゃお客が集まらないか。
そんで、メニューは、とんこつらぁ麺中心です。基本のとんこつらぁ麺が680円です。夕食前の他のお客がいないお店にそれ以上のお金をつぎ込んで、美味しくなかったらショックも大きいので普通のとんこつらぁ麺にしました。その後、お客が増えてきました。女性1人のお客も結構来ます。
とんこつらぁ麺が出来てきましたが、見た目は、小さめの器でちょっとがっかりです。小さめの器でも、センスがあるでしょ。ってセンス語っちゃいけないセンスの持ち主ですが。680円分のラーメンに相応しい器を使って欲しいものです。
麺は、九州ラーメンのような細ストレート麺です。歯応えはありますが、麺の表面がザラついたような感じです。九州ラーメンの好みじゃない部分のツルツル感のないところまで九州ラーメンです。
スープは、一般的な九州らーめんのとんこつスープよりも時間をかけてじっくり作ったような、角のないまろやかなスープです。がその分、インパクトも無くなっちゃってるかな。
薄目で大きくもありませんが、歯応え・味ともなかなか良いチャーシュー2枚、歯応えのかなりある硬めのメンマ、万能ねぎと普通のねぎの青・白2種の刻み、ニンニクの焦がしチップがのってます。ニンニクのチップは好みで入れられるようにして欲しいと思います。
680円のラーメンなんで辛口のコメントになってしまったかな。不味いとか言うことはないんですが…。でも、さらに100円の替玉をお願いしようと思わなかったのも事実です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.28

我や

我や ラムしゃぶしゃぶ鍋

東京は日本橋の「我や」です。
らーめんの幟を見つけて、その幟のところにある階段を上りお店に入りました。音楽は、ジャズの女性ボーカルものが流れています。
焼酎とラムのお店です。ラーメン屋じゃないみたいです。
焼酎は、80種くらいあります。芋が殆どです。
いろんなラム肉料理を始め多彩な料理があります。イタリアンぼいものが多いかな。
ラムのしゃぶしゃぶ鍋があります。最後にラーメンを入れて食べられるようです。
それを食べることにしました。
ラムからもいいダシが出て美味しくいただけました。
お勘定の時に「この辺はラーメン屋さんないんですね」と言ったら「下のお店も閉まるの早いんですよ」だって。
幟ぐらいちゃんと片付けろよ(怒)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まる七

まる七 背脂らーめん

新発田市の「麺食堂 まる七」です。
午後1時30分過ぎに着きましたが、ポツリポツリとお客さんがいます。お店の詳しい状況は、前回訪問の記事をご覧ください。
オープン当時は、らーめん、つけめんのみでしたが、背脂らーめん、味噌らーめん、担々麺、担々つけめんなどメニューが増えてます。本店の「竜胆」との味の関係が不明ですが、「竜胆」の支店なのだから美味しい以上なのは間違いないことだろうと思います。
メニューの中で、背脂らーめんのところに「やわらかく煮込んだ大粒の背脂と濃い口醤油」と説明されています。背脂を煮込む・大粒(どんな風になるのかな)、濃い口醤油(三条の侍みたいかな)の言葉が気になったので背脂らーめんにしました。
最近オープンしたお店ですが、今風ではなく、昔懐かしい中華屋ような小さめの器です。考えてみると背脂系でこのような小さな器が使われていることが多いですね。それで波々とスープがあったりして…。
麺は、普通よりもちょっとだけ細めの縮れ麺です。プリプリした感じと程良いコシの美味しい麺です。スープと良く合ってます。
スープは、表面に背脂と刻みねぎがぎっしりと浮いています。隙間から見えるスープは、普通のあっさりした中華そば程度に見えますが、背脂とねぎを避けて見ると結構濃いめの色をしています。癖のない見た目通りの濃いめの味です。醤油の味を楽しめる美味しいスープです。薄い味の好きな人や子供にはキツイかも知れません。お店の人が非常に親切そうなので「スープ薄め」もできそうに思えます。
背脂は、たぬきそばの揚げ玉くらいの大きさがあり、大きさが揃っています。チャッチャ系ではないようです。背脂を切ってから煮込んでいるのでしょうか。器の縁も綺麗です。煮込んでいるだけのことはあり、スープの熱で溶け出して油がしつこく感じることもありません。背脂によってスープにまろやかさと旨味が増し、油っぽくないと言うこの方法は、背脂の一歩進んだ食べ方かも知れないですね。欲を言うと玉ねぎを入れて食べてみたいですね。濃い味のスープに背脂だったら絶対美味しくなります。
程良い歯応えのチャンシュー、メンマ、鳴門、少しですが岩海苔ものってます。岩海苔の風味が、ラーメン全体をあっさりしたものに変えてくれます。
中華そばが550で、背脂らーめんが650円です。お店をよっては背脂入りの値段が、背脂なしと同じ値段の店もあります。高い背脂らーめんだなあと思いましたが、それなりの美味しさと味への探求心には満足させていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.27

多兵衛

多兵衛 らーめん

柏崎市の「多兵衛」です。
柏崎市の北陸自動車道柏崎インターチェンジから十日町市方面に向かう国道252号線沿いにあります。
「町の食堂」と言いたいところですが、結構田舎で「村のドライブイン」に近い雰囲気もあります。
午後1時頃に着きましたが全然車が止まっていません。
お店は、右奥に厨房、その前にカウンター席、左側に小上がりがあり、中央付近にテーブル席があります。お客も他にいません。食べてる途中で一人きました。
メニューは、麺類・丼類・定食などでそんなに多くはありません。麺類もらーめん・味噌らーめん・ホタテらーめん・冷し中華があります。らーめんが500円、その他が600円とリーズナブルな値段です。ホタテらーめんがちょっと気になりましたが、まずは…らーめんにしました。
壁の張紙を見たら凄いサービスです。大盛りがサービスです。ただし、土日祝は50円増し。半ライス無料サービス。さらに、土日祝は、家族の日と称して麺類200円引きです。半ライスもお願いしました。
出来上がったらーめんは、スープの透き通った普通の町の中華そばです。
麺は、中太の縮れ麺で、それこそ普通の食堂らしい麺です。ただ、茹で方がいいですね。普通の食堂は、茹で過ぎで麺が軟らかくなり過ぎてるお店が多いのですが、歯応えがちょうど良いくらいになっています。
スープは、醤油味の中華って感じの透き通ったもので、癖のないものです。最初は気が付きませんが食べてると胡椒を結構効かせているのが気になります。
程好い硬さのチャーシュー2枚、メンマ、ワカメ、絹さやと豪華さとは違う、おふくろの味風に暖かさを感じるトッピングです。
500円の中華そばってことで普通よりちょっと良いかなとも思います。半ライス無料も嬉しいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.26

珍竹林

珍竹林 珍竹らーめん

新潟市の「らーめん 珍竹林」です。
河渡ショッピングセンター前の道を松崎方面の途中にあります。
店前と横に駐車場があり、空きがあり車を止めお店の中へ。
お店は、右に厨房、その中央よりにカウンター席、左奥が小上がり、左手前がテーブル席になっています。
12時過ぎにお邪魔しましたが、半分くらいの席が埋まっている状況でした。
メニューは、とんこつ・みそ・醤油に加え、焦がしを効かせた黒とんこつらーめんが揃っています。久しぶりだし、1個目の替玉無料だし、この店の名前を取った珍竹らーめんにしました。
とんこつ味のスープで、見た感じも九州ラーメンみたいです。紅生姜はのってませんがテーブルに用意されていて好きな人は、入れて食べれるようになっています。紅生姜をラーメンに入れるのは好きじゃないので、このやり方はありがたく思います。
麺は、歯応えは九州ラーメンのような歯応えですが、普通かやや細程度でストレートと言い切りがたい微妙な縮れがあります。スープとの絡みも良く美味しく食べられます。1回目の替玉無料と言うことで、替玉をお願いしました。替玉は、なぜか最初硬麺かなと思ってしまうのは、私だけでしょうか?
スープは、とんこつらしい白濁色のもので、優しい印象のスープです。醤油で味付けされています。あっさりよりはまろやかと言った方が適切でしょう。トロミも少しあります。溶け出したコラーゲンとかなんでしょうか。油が全然ないようです。
やや薄ですが大きなチャーシュー、メンマ、きくらげ、麩がのってます。
全体的に纏まった食べやすい、美味しいラーメンです。1回目の替玉無料という事で、替玉をする人には嬉しいけど、替玉しなくて630円は安くはないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.25

小樽 銭函大山

小樽「銭函大山」 うに

小樽市は、「和風レストラン 鮨処 銭函大山」です。
新潟のお魚も美味しいけど小樽も美味しいところでした。
うにです。
口の中でとろけるような、表現できる言葉を知らない感触です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

白樺山荘

札幌らーめん共和国

札幌市は札幌駅前の札幌らーめん共和国内にある「麺処 白樺山荘」です。
札幌で少しだけ時間があったので、駅の近くの札幌らーめん共和国で食べることにしました。札幌らーめん共和国は、北海道内ご当地ラーメンのお店が8店舗入っています。なんか懐かしいような雰囲気の作りになっています。なんかラーメンて言うと戦後のイメージなんですかね。12時少し前に到着しましたがお客さんが多く賑やかな雰囲気があります。今まで行ったラーメンテーマパーク人やラーメン村よりお客さんが多く感じます。
その中で地元の札幌で、味噌ラーメンの写真が美味しそうな「麺処 白樺山荘」にしました。
メニューは、看板メニューのみそらーめんにしました。

白樺山荘 みそらーめん

麺は、普通かやや太の縮れの強いものです。あまりどうこう感じませんが、最後まで美味しく食べられました。
スープは、赤味噌が中心で、甘さは控えめですが、味噌の美味しさはバッチリ伝わってきます。背脂も若干ですが使われて、あっさりよりもコッテリと言った印象が残ります。
茹でもやし、カイワレ、メンマとサイコロ型のチャーシューがのってます。
750と安くはないのですが、それなりの質のあるラーメンでした。また、茹で玉子が無料でした。満足!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.06.24

ステーキのどん

ステーキのどん ガーリックサーロインステーキ

子供の誕生日のお祝いで、本人希望の「ステーキのどん」に食べに行きました。
ガーリックサーロインステーキを美味しくいただきました。
今度、自宅の炭焼きで挑戦してみようかな。

ステーキのどん プチフルーツヨーグルトパフェ

デザートにプチフルーツヨーグルトパフェを食べました。
プチと言う事で小さいサイズのパフェがあるのがありがたいですね。
こちらも美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さくらんぼ狩り

さくらんぼ狩り

今日は、聖籠町のさくらんぼ園でさくらんぼ狩りでした。
大人も子供も入園料1000円で、お土産用の容器付きです。
いろんな種類のさくらんぼを食べてきました。
やっぱり、雨上がりの午前中が一番美味しいけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.22

じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン(大辛)

新潟市の「じじ&ばば」です。
焼き鳥屋経由の22時前に伺いました。今日は空いてました。
蒸し蒸しした時には、さっぱりしたものもいいんですが辛~いものもいいんじゃないかと思いマーボーメンを食べようとお邪魔しました。辛さもどうしようかと思いましたがマーボーメンの大辛にしました。
今回の大辛は、見た感じから辛そうです。オレンジっぽい色が鮮やかです。食べると辛いです。本当に辛いです。麺を取り出し麻婆に絡めて食べます。甘みが最初に優しく舌に感じられますが、次に辛さがジワーっとじゃなくて、ザーっと押し寄せる波のように広がります。大辛も辛さと甘さのバランスの良さを感じます。極細の麺はコシもしっかりしていて、安心して引っ張り出して麻婆を絡めていただきます。大辛は、やっぱ凄いです。食べ始めてしばらくしたら汗が噴出してきました。
夏らしい美味しい一杯をいただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青島

青島西掘通店 ラーメン(大盛)+ねぎ

新潟市は西堀にあります「青島西堀通店」です。
ときめきの司菜でこの前食べましたが、なんかちょっと違うかなと思い西堀通店にお邪魔しました。雨がパラツいてムシムシして温かいラーメンといった雰囲気ではありませんが、青島なら食べられそうです。
12時15分頃店に着くと入口の戸は開けたままです。カウンター席は、ほぼ満席です。食券販売機でラーメン大盛り+刻みネギ増量の食券を購入して、空いてるカウンター席の奥の方へ進みます。『ギャー!なんじゃこりゃ!』と叫びたい程、店内は蒸し風呂のように熱く湿気がムッときます。まさか、ブラックイルミネーション2007のCO2削減に協賛して、今日一日冷房なしで営業しようとしているんじゃないだろうな。照明しっかり点いているからそんなことはないか。
食べ終わった人が帰り、席が空き始めました。今日は2人の店員で作っています。後からもポツリポツリと人が入ってきましたが、たまたま一人分で麺を茹でて出来上がってきました。
気温に合わせて調整しているのでしょうか、今日は、豚骨から取ったと思われる旨味のスープを少なめにしてあっさり仕上げています。スープがいつもより透き通っています。
麺は、おーっと硬めですね。硬麺でお願いしたことがないのですが、きっとそれくらいでしょう。大盛りでお願いしましたが、最後まで普通より硬いままで食べられました。ツルツルは変わりませんが、モチモチ感が強くなっています。
スープは、いつもよりあっさりした感じです。生姜醤油らいしさがより強調されてます。これもなかなか美味しいスープです。
いつも通りの歯応えのチャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、増量されたネギは、爽やかさをいっそう引き立てます。
ボチボチ冷たい麺にしたいところもありますが、まだ6月です。もう少し頑張っていこうかな。基本はラーメンですから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.21

柿や

柿や 和風だしラーメン

長岡市の「酒麺処 柿や」です。
ずうっと食べてみようと思っていましたが、ようやくお邪魔することが出来ました。
関越自動車道長岡インターチェンジを国道8号線長岡方面に出て、最初の交差点を新産センター方向に向かった所にあります。
黒を基調とした今時の居酒屋風の建物です。昼はラーメン屋、夜は居酒屋になるお店です。右に厨房、その前中央寄りにカウンター席、左に小上がり席があります。中央が広く空いています。小さなテーブルが置いてありますが、多くのテーブル席を配することができそうです。12時過ぎに着きました。駐車場には車がそこそこあるのにお店は空いています。夜の居酒屋を考えれば、座敷でもあるのでしょうか。
メニューは、醤油の和風だし、塩、とんこつ、味噌と揃っています。各味にはトッピングでバリエーションがありますが、最高値に○○山脈らーめんがあります。全部のせでしょうか。最も基本らしき和風だしらーめんにしました。
和風と言う名に相応しい黒っぽい器です。トッピングが豊富で豪華に見えます。
麺は、店の名が示すとおり柿フェノール入りの麺です。太縮れでツルツルモチモチした麺です。特に美味しいと言うことはありませんが、逆に柿フェノール入り麺は不味いと思っていたのでまあまあって印象です。
スープは、醤油味の和風だしと言う名に相応しいあっさりとした美味しいスープです。和風スープはあっさりしていてラーメンに合わないことが多いのですが、動物系の旨味がラーメンのスープとして仕上げられています。あっさり感は多少落ちてしますかも知れませんが、ラーメンのスープらしくなっています。小さめの背脂もちょっと浮いています。
大きく厚みもあるチャーシューが1枚、中央にドーンとのってます。歯応えがあるものですが、味かなくて残念です。だしで漬けられたのでしょうかいい味の煮玉子半個、シャキシャキした歯応えの良い太めのメンマ、わかめ、大きな海苔4枚のってます。
650円とメニューを見たときは高いラーメンだなと思いましたが、ライス無料と充実した内容にまあまあいいんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.20

支給弁当

お弁当

会社の行事でお弁当が支給されました。
今年は、夕方から食事会もあるとのことで量と予算を抑えてのかな?
ラーメンの屋台でも来てくれたら嬉しいのになあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.19

オトコ香る

オトコ香る

新潟で販売されていないガムですが、FMPORTパライソで話題になっていたので食べたいと思っていました。本日の出張途中大宮で買えました。
いや~、薄味。花の香り系?
柑橘とかミントとかさっぱり系かと思ったのに…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きんしゃい亭

きんしゃい亭駅前店 ラーメン

新潟市は新潟駅前の「きんしゃい亭駅前店」です。
今日は、栃木県への出張で昼食は中華弁当でした。写真撮れる状態ではなかったのでご勘弁を…。なかなかいい弁当でした。
そんで、帰りに新潟駅に着き、きんしゃい亭の前を通ったら入れそうだったので食べて帰ることにしました。昨年暮れもそうでしたが、きんしゃい亭駅前店はボーナスを手にした公務員に占領されるのです。ビールとラーメンで粘る事、粘る事。今のうちに…。普通のラーメンにしました。
いつもはラーメンが来たときに写真を撮って胡麻やニンニクなどを入れて食べるのですが、今日は胡麻を入れてから写真を撮りました。あんまり胡麻は好きじゃないけどきんしゃい亭のラーメンに入れる胡麻だけは別です。
プリプリした歯応えを楽しめる極細麺と油がいい感じのとんこつスープは、一風堂よりも好みです。きんしゃい亭のラーメン500円は、安く美味しく、新潟庶民(夜派?)の食べ物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.18

健龍

健龍 らーめん

新潟市のときめきラーメン万代島にある健龍です。
ときめきラーメン万代島でチャレンジャー店「チャレンジャー本間」としての1年間出店期間が終了したため「健龍」として大堀幹線にオープンしました。そしてときめきラーメン万代島に一般店として戻ってきました。
移転後、初めてお邪魔しました。
12時過ぎでした。多少の人はいるものの、今日もときめきラーメン万代島は寂しい状態です。
お店は、奥に厨房、ちょっと左側に給仕しやすい(吉野家風)出っ張るようなカウンター席、右側にテーブル席があります。4~5人いる程度です。
健龍の特徴は、コッテリと太麺と言った印象がありますが、細麺のあっさり系も用意されています。今日は、大堀幹線当時のお店を含めても始めての普通のらーめんにしました。
麺は、細麺で殆どストレートです。そういっても九州ラーメンの感じではなく一般的なラーメンの麺のような感じです。一般的な細麺と違い、シコシコした歯応えは感じられず、モチモチした粘り強さが感じられる麺です。まあまあです。
スープは、煮干しでしょうか魚系の旨さと風味、玉ねぎで加えられた甘さが絶妙のバランスです。見た目は、おとなしめですが、しっかりしたスープです。
チャーシューは、味、歯応えともいいけど薄いです。3枚くらいか3倍の厚みが欲しいですね。シャキシャキ美味しいメンマ、味付き半熟玉子半個、海苔、わかめとトッピングも充実しています。
シンプルな割りには600円と安くないラーメンですが、価格以上に味わえるラーメンです。新しいのに老舗のラーメンを食べているような感じがします。美味しい一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

COOL BIZ

Cool_biz

この職種について、平日、初めて白以外のワイシャツを着ました。
ネクタイもなしです。
いいような、恥ずかしいような・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.17

PEPSI ICE CUCUMBER

Pepsi_icecucumber

今日は、「父の日」ということで父親と小学生の子供が、なんと銭湯無料なんです。
バーベキューが終わってから、子供と一緒に銭湯に行きました。
遅めの時間でした、同じことを考えてる人も多いようで子供連れで混んでました。
帰りに、アイスクリームでも買おうかと思い711に寄りました。
特別食べたいアイスクリームはなかったのですが、PEPSI ICE CUCUMBERなる「期間限定」の飲み物を買って帰りました。
PEPSI ICE CUCUMBERのCUCUMBERはキュウリのことらしくキュウリを素材にした飲み物です。スイカやメロンも瓜の仲間だからそんなに違和感なく飲めました。でも、そんなに美味しいものでもないような・・・。
やっぱ、ジンジャエールの生姜の方がインパクトあります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

バーベキュー

ニュー七輪

先日壊れた七輪の代わりを購入しました。
新しいうちは白くていいけど、いつまでこの色のままでいられるのかな?
長男のところに遊びに来ていた友人も含め杮落としは盛り上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.16

黒埼パーキングエリア

黒埼PA ルレクチェソフトクリーム

北陸自動車道下り線黒埼パーキングエリアでひと休みで寄ったら、ソフトクリームが食べれます。一般的なソフトクリームだろうと思いました、念のため食券販売機を確認。
なんと、ルレクチェソフトクリームがあります。
ルレクチェは、ルレクチェとかラフランスとか言葉のなかった(流行ってなかった)、洋なしと言われた頃からの大好物でした。それで普通のソフトクリーム260円のところ300円と高めでしたが食べてみることにしました。
ルレクチェの味と香りの広がるとても美味しいソフトクリームでした。また、食べよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徳七(おそば)

徳七

小千谷市にある「徳七」です。
関越自動車道下り線山谷パーキングの近くにあります。山谷パーキングエリアから歩いて横の山道を登って直ぐのところにあります。
民家でやっているおそば屋さんです。
15時頃に着きましたが、やってるか心配でしたがやってました。
ざるそば、天そばの他に温かいものやうどんまであります。天そばにしたかったのですが、まだお腹も空いてないのでざるそばにしました。

徳七 ざるそば

そば粉が多いそばです。そば独特の美味しさと舌触りを楽しめます。へぎそばのようなツルツルとしたそばも好きですが、そばらしいちょっとざらついたようなそばらしいそばもいいですね。
そばつゆは、そんなに特徴のあるものではなく、というかバランスが良くて言えることもないそばつゆです。もう少し鰹節の風味があった方が好みです。
お蕎麦もいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松茶屋

松茶屋 とん汁ラーメン

妙高市(旧新井市)の「松茶屋」です。
今日の目的は、FM-Port セーフティドライブキャンペーンとこの松茶屋のとん汁ラーメンです。天気にも恵まれ絶好のドライブ日和です。さらに、美味しい食べ物があれば言う事なしです。
国道18号線から寺町交差点(インターチェンジ)を国道292号線(旧新井市の市街地)方向に下りた直ぐの左側にあります。駐車場は、店の前と向かい側の旧店舗前にあります。12時過ぎでしたが店の前に車を停めることができました。店の中に進みます。
お店は、左側が厨房、中央から右側の手前がテーブル席、奥が小上がりになっています。どちらも広々しています。新潟県内でもホテルなどを除くと最も収容力があるお店だと思います。4~6人掛けのテーブルが40卓くらいあるでしょうか。数テーブルを残しほぼお客が座っています。
今日は、今日の工程に賛同いただいた友人も一緒で人数が纏まっているので、初めて奥の小上がりに上がらせてもらいました。とん汁ラーメンを食べることは98%決まっていますが、メニューが変わっているといけないので一応メニューに目を通します。変わってませんでした。全員とん汁ラーメンをお願いしました。
ここは、混んでてもそんなに待たずに出来上がります。今日もそんなに待たずに出来上がりました。松茶屋のとん汁ラーメンは、新潟県内のラーメンでも片手に入るほど好きなラーメンですが、食べてる人は殆どいません。普通のラーメン類は、白や水色の器を使っていてとん汁ラーメンだけが和風っぽい色の器を使っているので判るのです。
器の中には、玉ねぎと豚バラ肉と豆腐のとん汁、輪切りの青ねぎがのってます。4~5年ぶりに食べますが、見た目は全然変わっていません。
麺は、太麺の縮れの強いちょっと平たい麺です。あまり好みのタイプではありませんが、そんなに硬めになっていないからか美味しく感じます。さらに、とん汁ラーメン自体が味噌ラーメンに近いものなのでこのような麺が合うのでしょう。
スープは、白味噌の優しいものです。豚肉の旨味と玉ねぎの甘さとニンニクの旨味成分がとっても上品にバランス良くスープを仕上げています。油も豚肉から出たもの程度で、意外とあっさりしています。
具は、豚バラ肉と玉ねぎがたっぷり入っています。豚は、豚バラらしい切り方です。玉ねぎは、とても軟らかく口の中で溶けるようになくなります。豆腐は1/4丁入っています。そして、昔と変わらずジャガイモも入ってました。これは溶けてなくなっているのか見つからない時も有ります。今日は、底の方に小さなものがありました。
800円です。でも絶対に値段以上の満足を得られるラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM-Port セーフティドライブキャンペーン

FM-Port セーフティドライブキャンペーン

今日は、FM-Port セーフティドライブキャンペーンにお出かけました。
天気も良く妙高市の道の駅に着いたら混んでました。それでも並んでステッカーをいただきました。
松本愛さんは、普段も「NIGHT I」と同じ話し方でした。

FM-Port セーフティドライブキャンペーン ステッカー

いただいたステッカーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.15

ラー戦場

ラー戦場 やみつき京都らーめん

埼玉県の大宮駅前そごうデパートのレストラン街にある「ラー戦場」です。
一つの店舗で、入口前に4人の職人の大きなパネルがあります。テレビでやっていた「料理の鉄人」のような雰囲気です。最近のラーメンを作っている人は、目立ちたがり屋が多いのでしょうか。
入口は狭く、2台の食券販売機があります。4列のボタンがそれぞれ職人に割り付けられいます。一つのスープに、トッピングを加えたメニューになっています。サイドメニューは共通です。
このお店の特徴は、4人の職人のラーメンがあることです。4軒のラーメン屋が入っているんじゃありません。そして、人気のない職人は退場させられることです。職人の経歴には、ラー戦場の会社に入社とあります。会社員なんですね。
それで、その4人の職人は、各地のラーメン店で修行してきた強者たちと言うことです。北海道から鹿児島までのラーメンがあります。その中で各職人のポイントが掲示されています。
それほどの差はありませんが、吉井大文字という職人のやみつき京都らーめんがトップです。えっ京都?京都と言う地名は大好きです。しかし、ラーメンでは京都と言う地名は嫌いな地名です。が、一(はじめ)の白みそ麺で多少いいかなと思いつつ、冒険して食べてみることにしました。
食券を購入し店の中に進むと店員に案内されたカウンター席に着きます。店内は、職人毎にコーナーがあり、厨房とその前のカウンター席、テーブル席になっています。テーブル席は、そんなに区切りがなく、込んでる職人のお客が多いと他のスペースまで使えそうな感じになっています。全体で150席ぐらいはあるでしょうか。広いスペースです。結構、客観的に面白いお店です。
12時ちょうどで半分くらいのお客が入っています。各職人とも同じくらいのお客が入っています。
席に案内されてからそんなに待たずにラーメンが出来上がりました。
京都と言う文字が苦手になったチェーン点と違い、割りとあっさりした雰囲気です。
麺は、普通の太さです、が、ストレート麺です。九州ラーメンを太めにしたような麺です。感触もそんなに悪くはありませんが、美味しさが感じられません。スープとの相性が良くないですね。
そのスープは、醤油の味のあっさり澄んだもので、少しの背脂と刻んだ万能ネギがとても上品に仕上げています。
大きめで歯応えといい味のチャーシュー、メンマがのってます。
美味しいスープのラーメンですが、あっさりしたラーメンは麺が難しいですね。新潟あっさり系のラーメン店で修行した方が美味しいラーメン作れるんじゃないでしょうか。新潟ラーメンのレベルの高さを実感する一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.14

あきんど

あきんど みそらーめん

新潟市の「あかんど」です。
お店の詳細は、前回訪問をご覧いただくことにして、今日は12時過ぎのお邪魔になりました。カウンター席だけのお店で、半分の席が埋まってます。
前回、みそらーめんを食べている人が多く、気になっていたのでみそらーめんをお願いしました。
先にいたお客さんが食べ終わって帰って行きますが、精算する時の会話だとみんなみそらーめんを食べているようです。
中華鍋で野菜を炒める音がして、麺を湯切りしているな…。などと音を楽しんでいる間にみそらーめんが出来上がりました。
もやしとキャベツの炒め物がたっぷりとのったボリューム感のあるものです。
麺は、太縮れの新潟の味噌ラーメンに相応しい麺です。茹で加減もちょっぴり硬めでモチモチしています。美味しいんだけどあんまり好みじゃないけど…。
スープは、赤と白のブレンドでちょうど半々かなと思います。味噌らしいインパクトより、味噌の優しさが感じられるスープです。程良い甘さもあります。
もやしとキャベツは、野菜のシャキシャキ感を残したまま火が通ってます。挽き肉も結構多めに入っていました。
700円の味噌ラーメンだから価格的には普通です。野菜炒めが美味しかったのは良かったのですが、チャーシューやメンマをトッピングした味噌ラーメンを出すお店が増えてきている中、ちょっと寂しいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.13

一(はじめ)

一 赤みそ冷麺

新潟市のときめきラーメン万代島にある「一(はじめ)」です。
ときめきラーメン万代島に付いて、どのお店にしようかと一回りしたら、一(はじめ)の店前に新メニュー「赤みそ冷麺」限定1日20食と書かれた張り紙があります。だめですね、弱いですね、限定の文字に誘われてお店に入っちゃいました。
昼時ですがお店は空いてました。これなら限定20食も大丈夫だろうと思いましたが、念のため確認してオーダーしました。
どんな器に盛られてくるかなと思ってたら、大きめの器に盛られてきました。見た感じは普通の味噌ラーメンです。スープの上に数個の氷が浮かんでいることで冷たいラーメンだということが判ります。
麺は、中太の縮れ麺で温かい味噌ラーメンに使われているものと同じ麺です。冷たいのでコシがあります。美味しい麺です。
スープは、もちろん冷たいスープです。味噌の冷たいスープって味噌汁の冷めたのみたいで、今一つ好みではないですね。ピリ辛になっているので、その分美味しく食べられます。
もやしとニラの炒め物、チャーシュー、メンマ、きくらげの細切り、のり、半熟煮玉子半個と豪華なトッピングがのってます。
800円と安くはありません。夏にどうしても味噌ラーメンを食べたいというならお勧めしますが、やっぱり温かい方が美味しいんじゃないかと思う一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.12

じじ&ばば 焼きそば

じじ&ばば 焼きそば

ソースの味が美味しい好きなタイプの焼きそばでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康食

健康食

健康診断会場でのとても健康的な食事をいただきました。結構、良かったけど、やっぱりラーメンでしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.11

石門子 再開

石門子

新潟市は古町、新潟島の下手寄りにあります。
6月8(金)から再開したとの情報をもらったのでお邪魔することにしました。
お店は横に広く、奥に厨房、手前にカウンター席、右端に小上がりがあります。改装してから綺麗になっています。お客さんはいつも(満席)の半分くらいいるでしょうか。
メニューは、壁に貼り付けられてありますが、ワンタンメンが無くなっています。ラーメン、ワンタンメンと冷し中華のお店だったのですが…。ワンタンメンは9月からになるそうです。まだ夏まで時間があるので、冷し系は本当に熱くなってからと思い食べてませんでしたが、今年は好きな石門子の冷しから食べさせていただくことにしました。快気祝いの思いを込めて肉大冷しにしました。他のお客さんもほとんどが冷しを食べています。

石門子 肉大冷し

冷しが出来て来ました。見た目は普通のどこにでもありそうな冷し中華です。ちょっとつゆが多めにかけられています。
麺は、ラーメン(温か物)の時には普通の細縮れ麺ですが、冷しにするとコシが増したように感じます。シコシコした冷し中華らしい歯応えの良い麺です。
つゆも見た感じどこにでもありそうなつゆです。でも、しょっぱ過ぎず、酸っぱ過ぎずいい感じです。細麺なのでつゆを多めに絡めてくるのでこれくらいのちょっと薄味の方が美味しく食べられます。
チャーシューは、結構厚みがあり、しっかりした歯応えのものが5枚のっています。
麺などを食べ終わったら、普通は終わりですが、石門子では最後に残ったつゆを飲みます。ここのつゆは、つゆだけでも飲めるほど優しくさっぱりしています。
とても美味しい一杯でした。夏の始まりを美味しくいただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

丸木屋 一時閉店

丸木屋 本町店

丸木屋本町店(本店)が、一時閉店になりました。
坂井東店を出店したときに、任せられる人で苦労したような話は聞こえてきたけど本町店を閉めましたか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.10

新潟ラーメン博 3日目

三条市の侍からトンボ帰りで新潟市の朱鷺メッセ「新潟ラーメン博 最終日」の会場へ。
と思ったが、まだお腹もすいてないので、昨日見たドゥロス号の停泊している山ノ下埠頭が見えるかなと思い万代島ビルの展望台へ。

新潟西港

ドゥロス号は停泊していましたが正面で判り難い角度でした。そこに佐渡汽船、北海道航路フェリーが列なって入港です。さらにジェットフォイルの出航と結構忙しい港でした。
展望台を下り、まだお腹はそんなに空いてないのですが新潟ラーメン博会場へ。
新潟県内のラーメン屋さんになるだろうけど最後まで頑張って作り続けたお店のラーメンを食べようと思っていました。

新潟ラーメン博 3日目

ガーン!!!
当日券売り切れです。
何考えているんだ。
前売券を買った人を優遇するのは理解できます。(前金が必要でしょうから)
最終日17時までと公表しているのに午前中で当日券終了???
駐車場には、県外ナンバーも多く、また県内も遠くから来た人が係員に説明を求めている姿も…。佐渡汽船寄りの階段付近に行って会場内を見るとお店のスタッフが『美味しいですよ。食べてってください。』と声を枯らして案内している。外には、ラーメンを食べたいお客さんがいる。邪魔しているのは主催者。
そもそも入場券や前売券を必要とするイベントなのか?ラーメンを食べる事以外にラーメン好きな人が喜ぶ内容のものが会場内にあるか。屋台風の写真を撮れるスペースぐらいだと思う。その程度なら入場券なんかはいらないじゃないか。中でのラーメン代だけでいいんじゃないか?
主催者のNSTのイベントに参加させてもらったことがありますが、これほど考えられてないものは珍しい。komachiやweekのニューズ・ラインはイベントを掲載した雑誌で元が取れるだろう。前売券を販売した特別協賛のサークルKサンクスにさらに誘客を図るためなのだろうか?
それとも会場費が高いからだろうか?
朱鷺メッセは、新潟県が建設し新潟万代島総合企画株式会社に管理を委託している。
新潟万代島総合企画株式会社は、新潟県や新潟市も出資している。
新潟万代島総合企画株式会社の役員にも新潟県からの天下りがいるようです。
新潟県の職員は、自分の就職先を建設し、管理会社を作って天下るんですね。
そんな人の退職金のためにラーメン食ってるんです?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

侍  新潟(裏)ラーメン博

侍 ネギラーメン(白多め)+どろたま

今日は、新潟ラーメン博開催中に食べよう決めていた三条市の「侍」です。
以前、ラーメンを食べに行った時、クリアケースに「新潟ラーメン博」に関して記載された紙が入っていました。主催者から出店要請があってお祭り好きな店主ですが、店と同じ味を提供できるか、店に来るお客さんの事、などを考えると店を閉めてまで出店できないとのことでした。その通りだと思いました。お店まで来てくれるお客を大事にしているラーメン屋があったことにホッとしました。
勝手の違う場所、温度管理が出来るか判らないテントの厨房、使い慣れない厨房機器など美味しいラーメンを提供することは神業かも知れません。出店したお店は特別メニューなど並々ならない努力をして美味しいラーメンを提供してくれたことと思います。感謝いたします。
しかし、出店しなかったお店が当たり前だと思います。
そこで、新潟ラーメン博開催中に新潟(裏)ラーメン博で食べようと考えました。対象は、
 1.新潟ラーメン博に出店しても他に引けを取らない美味しさ。
 2.お店に来るお客さんを大事にしている。
 3.味への探求をしており進化している。または、伝統の味を守っている。
個人的見解なので、食べる人(お客)がそう思えばそれでいいです。
今年の対象となったお店はきっちりお客にPRしていた「侍」にさせてもらいました。
三条市にあります。国道8号線沿いです。三条燕系背脂ラーメンのお膝元で、通常の老舗で食べれる三条燕系の背脂ラーメンと醤油の味を出している点が違います。
さて、寝坊してしまい高速で三条燕インターまで行き、引き返すように国道8号線を走り到着しました。午後1時を回っていたので駐車場も空きがあり車を止められました。お店の前まで行くとお店の前に置かれたテーブルで待っている人もいます。お店の中と合わせれば10人以上は待っています。のんびり待つことにしました。15分ほどでお店に入ることが出来ました。
お店は、レトロな感じです。飾り棚や柱の上に仮面ライダーやウルトラマンを始めとする懐かしいキャラクターグッズが、所狭しと飾られてます。右側が厨房、中央にカウンター席、右手前に大きな相席用テーブル席の部屋、左側に小上がりがあります。カウンター席の奥に案内されました。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、浜茶屋ラーメン(細麺、あっさり)の2種類です。新潟ラーメン博へのしっかりした意思表示に敬意を払いネギラーメンの白背脂多め+どろたまにしました。
さほど待たずにラーメンが出来てきました。辛味を混ぜたネギが美味しそうです。
麺は、やや太でやや縮れがかっています。モチモチした感触で美味しい麺です。
スープは、醤油味のしっかりしたもので、色も醤油らしい濃い色です。魚系の風味もでしゃばることなくいい感じです。背脂が全体をまろやかに美味しさを引き立てます。
ネギは、辛味と混ぜられ美味しく刺激してきます。チャーシューは軟らかいものですが見つかりません。ネギに辛味を混ぜるときに一緒に混ぜていたようで、ネギにシーチキンが混ぜてあるかと思っていましたがチャーシューのようです。メンマは、普通の太さですが長さが普通の半分くらいです。どろたまは、醤油(ダシかな?)に漬けられていたため色は褐色です。味は、美味しいの一言です。黄身は赤に近い色で透き通った軟らかの粘土のような硬さです。
美味しいラーメンでした。ネギラーメン800円+どろたま150円で950円とちょっと贅沢ないっぱいでした。そうそう高速での往復1600円を加えると2550円のセレブなラーメンでした。
午後1時30分過ぎにお店を出ましたが、まだ外にまで待っている人がいました。家族連れも多く暖かいお客さんに守られてるお店だと思いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.09

ドゥロス号

ドゥロス号が新潟に寄港しているとのことで見学に行ってきました。
山ノ下埠頭に停泊しているとのことだったので、新潟島側から全景を見ることに…。
入船みなとタワーからドゥロス号をみると白い大きめの船です。

ドゥロス号

そこに、苫小牧から秋田経由の新日本海フェリーの「あざれあ」が到着。
接岸中さらに、両津からの佐渡汽船ジェットフォイルも到着しました。

ドゥロス号

その後、山ノ下埠頭へ行きドゥロス号を見学しました。

ドゥロス号

駐車場の案内から手続きなどに一切を乗組員がやっているようです。外国人です。なんか日本じゃないような雰囲気です。船もがっしりしていて色も白なので綺麗に見えますが、近くで見るとやはり古さを感じさせます。船内は、木製のデッキや装飾品など歴史を感じでさせてくれます。いい雰囲気です。リッチな気分とは違うでしょうけど充実した気分で旅行できそうな船です。
現在は、国際親善と文化交流、グローバルな教育を目指すプロジェクトとして世界各地で活動しています。文化交流プログラムや船上ブックフェア、地域社会への積極的な奉仕などの体験はできる船となっています。
1914年に建造され、現在でも活躍する世界で最も古い現役船としてギネスブックで認定されている船だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟ラーメン博 2日目

第2回新潟ラーメン博も2日目となりました。
今日は、家族と出掛けることになりました。
家を出る前に、FM-PORT GOOD MORNING PORT CITY Saturdayのナビゲータ立石さんが『忙しくて新潟ラーメン博に行けないかも知れない。』と話していたので、『ご希望のラーメンの写真送りますよ』とメールして家を出ました。車でFM-PORTを聞きながら会場に向かっているとメッセージが読まれました。『ラーメンの写真は見ると食べたくなって辛いので、会場のラーメン以外の出店の様子を送って欲しい』とのミッション(大げさ)を頂戴しました。
午前9時45分頃に朱鷺メッセ前に到着しました。昨日と違って歩いている人の数が多くなっています。車を佐渡汽船寄りの立体駐車場に停め、佐渡汽船側の階段を上り朱鷺メッセの広々とした通路に上がりました。
なっなっなんだこりゃ???
昨日は入場入口から佐渡汽船寄りに通路ギリギリでしたが、今日はそこから折り返して端が確認できません。途中の当日券販売所で当日券を購入し最後尾へ。

新潟ラーメン博 2日目 開場前

正面入口のエスカレータを登った近くまで列が伸びていました。
昨日で250人くらいかなと思っていましたが、今日は1000人までいかなくても800人以上は居そうです。人気店のラーメンを食べたいと思っている訳ではないので、900人÷23店舗=40人、その半分くらいだろうから20人くらいの待ちなら全然平気かな…。とか考えながら待っていました。
入口ではチケットを見るだけのチェックなのでスムーズに入場できるのは知っていたので、普通に進んでいましたが後ろの客が焦っていて雰囲気悪くなっちゃいました。まあ、そんな人もいるだろう。そのまま入場して、子供が食べたがっていた「碇や」と「なおじ」と「東横」へ。

新潟ラーメン博 2日目 店舗①

新潟ラーメン博 2日目 店舗②

ほんの数名待っている程度でしたので、そんなに待たずに出来上がり中のテーブル席へ。

新潟ラーメン博 2日目 会場内

そして、いよいよ…。昨年の第一回新潟ラーメン博、その後訪問したお店でも、美味しさはもちろん丁寧な仕事が気に入ったお店「天心」です。今年も食べようと思っていました。天心もそんなに待たずに済みました。店主が自ら麺と野菜を茹でています。気合が入ってます。お店の心意気が伝わってきます。

新潟ラーメン博 天心

麺は、やや細の自然な感じの縮れでシコシコ歯応えの良い麺です。
スープは、珍しい黒っぽいスープです。醤油の濃いラーメンも色々食べましたが色が違います。イカ墨でもこぼしたんじゃないかと思うような色です。派手さとかいうものではなく、さりげなくあっさりした中にも深みのあるスープです。
トッピングは、ニンニクの球根のままの揚げたものの輪切り、チャーシュー、野菜(こまつな系大崎菜?)が入ってます。
天心のこのイベントに対する取り組みが、ラーメンにきちんと出ている一杯です。

家族が食べたラーメンです。

新潟ラーメン博 東横
東横

新潟ラーメン博 碇や
碇や

新潟ラーメン博 なおじ
なおじ

新潟ラーメン博 オーモリ
オーモリ

会場内の様子も紹介します。

新潟ラーメン博 2日目 写真撮影コーナー
会場内に屋台ラーメンが置いてあり店主になったつもりで写真を取ることができます。
また、三吉屋や蓬来軒などの懐かしい写真の展示もあります。

新潟ラーメン博 展示
長岡でしたでしょうか、オートパークの自動車展示
   (ラーメンには関係ないのですがハマー好きなもんで)

新潟ラーメン博 サークルK
特別協賛 サークルKサンクスのカップ麺販売コーナー

新潟ラーメン博 越後製菓
越後製菓で生ラーメンを販売しておりました。

ここからは、2階の通路になります。

新潟ラーメン博 武吉兆
武吉兆が共同で物販までしてました。

新潟ラーメン博 イベントTシャツ
このイベントのTシャツの販売もありました。(参加者記念用?)

新潟ラーメン博 新潟交通商事
おみやげ物卸の新潟交通商事は、東横ラーメンの販売です。

新潟ラーメン博 新潟交通商事
初日のものです。東横を買うといち井が付いてきます?

新潟ラーメン博 かも屋カップ麺
かも屋のカップ麺の販売もあります。

新潟ラーメン博 日清食品
カップヌードルの日清製粉は、子供向けのゲームのようでした。

帰るときの待ちの状況です。(午前11時12分)

新潟ラーメン博 2日目 店舗
最手前、一風堂の待ち行列がテント外で蛇行しています。
最奥、くじら軒の待ち行列が外(左)側から中央付近を超えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.08

新潟ラーメン博 1日目

いよいよ新潟ラーメン博が始まりました。午前10時開場前の9時30分に会場駐車場到着。この時間にしては混んでいますがすんなり止められました。

新潟ラーメン博 開場前

開場待ちの列は、最終的に250人前後です。チケットを見せるだけの入場なので歩くような速さでは入れました。
開場と同時に目的の店に向かう人やどの店にしようか考えている人など様々です。

新潟ラーメン博 店舗①

新潟ラーメン博 店舗②

ラーメン店を一回り。くじら軒と一風堂は直ぐに列ができ、列がだんだん伸びてきています。県内のコラボ店も敢闘しています。県内単独店舗でもそこそこ並んでいるお店と全然お客が入らないお店があります。

新潟ラーメン博 112 ZunDouNoKai

最初に食べたのは、いっとうや・一本気・侍元の3店舗がコラボした「112 ZunDouNoKai」です。
いっとうやのらーめんが、最近のお気に入りなので、まあ味に間違いはないだろうと思いました。
麺は、そうめんなんかにある色の違うのが混じったものです。緑色とオレンジ色の麺が少しですが混じってます。お祭り気分でいいですね。細い縮れ麺でモチモチした触感ですが歯切れがもう一つですね。茹で方でしょうか。
スープは魚系と動物系のダブルスープです。ダブルスープとしては珍しく醤油が利いていていい感じです。多少油っこいものですが、ほんの少し入った柚子の皮があっさり感を与えてくれます。
トッピングはチャーシューのみです。大きく分厚いもので、軟らかめですが圧倒される大きさに良しとしましょう。
全体的には、まあまあ期待通りの味でした。

会場内で、食券を2枚購入、本日3杯を目指すことにしました。

新潟ラーメン博 飛雄馬

次は、味噌にしようと思い出店している中で好きな「飛雄馬」にしました。
麺は、やや細の縮れ麺で歯応えもよく美味しい麺です。
スープは、赤味噌と白味噌の合わせだと思いますが、色合いは白味噌の割合が大きいと思います。味噌の風味と甘みが活きて、さらに背脂の優しい甘さも手伝ってとても美味しいスープに仕上がっています。
トッピングは、茹でたもやしがたっぷりと飛雄馬らしい肉の塊チャーシュー、味付け煮玉子半個がのってます。大リーグボールなどお店で人気のトッピングも用意されています。
全部のお店のラーメンを見たわけではありませんが、今回の出店店舗の中で最もボリューム感のあるものでしょう。

かなりお腹も一杯なので休憩にしました。
休んでると同僚がランチにやってきました。同僚は、「なおじ」を食べることにしたようです。さらに「オーモリ」も食べたいけど休み時間中に戻らなきゃいけないようです。「オーモリ」を買ってきてあげることにしました。
「なおじ」と「オーモリ」のスープを持っていったマイレンゲで少し飲ませてもらいました。「なおじ」は魚系の風味でこってりしたしょっぱめの塩味でしょうか。とりあえず苦手なタイプのものです。勘弁してくれ。次に「オーモリ」です。こちらは、実際のお店と同じ美味しいものです。

3杯目を目指してゆったり休んでいましたが、しょっぱいスープで喉が渇き水が飲みたくなり、3杯目を諦めて水を美味しくいただきました。

さて、新潟vs全国は、結果出ないでしょうね。待ちを考えたら全国の勝ちですが珍しさあっての待ちでしょうから…。味だったらどっこいどっこいでしょう。

今年も午後1時過ぎで売り切れが出ているようです。午前10時から午後8時までの10時間の開場時間なのに3時間で売り切れのお店が出るんですね。その後は売れ残り店の在庫消化タイムでしょうか?
主催者側は、選び抜いた県内のお店とか言ってますが、本当はお願いして出てもらっているじゃないかと思っちゃいます。終了時間まで美味しく食べていただけることを条件に出店させたらこんな早く売り切れなんかにはならないと思いますが、そんなことはできないんでしょう。人気店が売り切れることで人気のないお店にもお客が回り、用意した材料を消費できるようにしリスクを軽減して出店してもらっているのでしょう。また、早く売り切れた方が格好いいと思っているお店もあるのかなと思っちゃいます。第2回目にもなって去年よりは多少解消されているようですがと同じことを繰り返しているようです。良い好きなイベントなのですがお客が離れていかなければいいのですが…。

熱いテントの中で頑張っているスタッフの皆さん。水分補給を忘れずに頑張ってください。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.06.07

プルミエタージュ

しばらくのご無沙汰でした。

エメラルドクーラー
エメラルドクーラー
ドライジン・グリーンミント・レモンジュースなど

柚子かをる
柚子かをる
宮崎産のお酒。麦焼酎がベースになっています。

スミノフ
スミノフ
最後は寝酒になるようスミノフを使ってもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萬来

萬来 カツカレー普通盛り

柏崎市の「萬来」です。
以前御邪魔したときは、ボリューム満点の広東麺を食べました。
そして、今日はラーメンをお休みしてカツカレー普通盛り(1000円)にしました。メニューには、カツカレー大盛り(1300円)というのもあるんですが、その凄さは知っていたので決して無謀なことはしません。しかし、普通盛りでも無謀だと言うことにはこのときは気付いていませんでした。
出来上がったカツカレー普通盛りを見たときには、凄いというのといけそうかなというのが入り混じっています。このカツカレーに使用されているお皿はごく普通のカレーライス用のお皿です。決して小さなものではありません。
食べ始めます。カレーをこぼさないように気を付けながら食べます。山盛りにしてもこぼれないようになのか粘度のあるカレーです。ニンニクが効いていて美味しいカレーです。具らしきものは溶けてしまったのは形を見ることは出来ませんでした。
カツが落ちてしまわないようにカツも食べます。カツは厚さもあります。1円玉の直径が20㎜ですがそれよりも厚さがあります。美味しいカツです。
さらに掘り起こしていくと判りました。カレーの下はカツ、その下は刻みキャベツ、その下に御飯があります。カツ丼が地域ごとに違うように、カツカレーもキャベツがのってるものもあるんですね。
努力して食べたつもりですが、ギブアップです。結局1/3くらい残してしまいました。
普通にカレーライスを2皿ぐらいは食べられるんです。ここのカツカレーはきっと4人前ぐらいあるんでしょう。

大盛りの写真は、いっし~さんのページをご覧下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.06

クローバー

クローバー カレーみそ麺

新発田市の「クローバー」です。
新発田の人柱ラーメンサイトで紹介されているのを見て、いつかは食べて見たいと思っていました。
新発田バイパスの終わりの鳥潟交差点を新発田市外方面に入ったところにあります。お店は、奥に厨房、その前にカウンター席、手前に小上がりと普通の食堂の作りです。名前だけだと喫茶系の感じもしますが食堂です。
メニューは、麺類に力を入れているお店らしく麺類が中心で、その他に丼類・定食・一品料理とバラエティに富んでいます。初めて訪問したお店なので普通のラーメンから食べたい思っていますが、『クセになる美味しさです』と一押しで紹介されているカレー味噌麺が気になってしまったのでカレーみそ麺にしました。
13時頃にお邪魔したので、他にお客が一人いるだけの寂しい状態でした。しばらく待つとラーメンが出来てきました。
大きな浅い器でやってきました。見た感じはカレーラーメンです。
麺は、細いストレートでツルツルしていますが、やや軟らかくチョット延びてるんじゃないかと思うような麺です、他の客と店員の会話を聞いていたら味噌ラーメンなどで使用している太麺もあるようです。
スープは、カレー味の味噌です。カレーの味が強くて味噌らしさを感じませんが、スープカレーなんかと違いしっかりした味が伝わってきます。絡みも程々に効いてます。
カレーは、スープだけではなくあんかけ風にものってます。このカレーもなかなか美味しいカレーです。カレースープ麺なんかと違い、カレー尽くしラーメンのような感じです。カレーの中には煮られて軟らかくなった人参と肉が入っているのが判ります。
カレーラーメンとしては、まあまあ美味しいものでした。しかし、ラーメンとしては普通かなと感じる一杯でした。他のメニューも食べてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.05

蓬来軒

蓬来軒 特製タンメン

新潟市の「蓬来軒」です。
新潟島の上大川前通の坂内小路沿いにあります。
お店に行く途中、お店の斜め前の駐車場に確保された蓬来軒のスペースが2台分あり、いつもはいっぱいなのですが、何故か今日は1台しか止まってません。いつもは、座れるかと思ってお店に入るのですが、今日は半分ぐらいしか席が埋まっていません。天気が良く熱いためでしょうか?
今日は、一番人気のタンメンに玉子を絡めた特製タンメンにしました。
タンメンの具が、玉子を絡められている以外は普通のタンメンです。キャベツ・もやし・ピーマン・人参・玉ねぎ・筍・椎茸・きくらげ・豚肉などが玉子に絡められて見ているだけでもとても美味しそうです。塩中心で味付けされておりますが、しょっぱ過ぎることもなく美味しいものです。
麺は、なかなかたどり着けませんが、いつもの細く歯応えの良い美味しい麺です。
スープは、塩味のいかにもタンメンといった感じのものですが、具に玉子を使っているためかまろやかに感じます。
久しぶりに野菜のたっぷり入った美味しいタンメンをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.04

おとこのガム

MEN’S STYLE

FM-PORTのParaiso Omeletteでおとこのガムが話題になっていた。
クラシエ(カネボウ)の「オトコ香る」が話題らしく、仕事帰りにコンビニに寄ったが売ってなかった。ネットで調べたら地区限定で新潟県では販売していないようです。
Paraiso Omeletteでも紹介された「MEN’S STYLE」が売ってたので買ってきた。
ガムは、どちらかと言えば好きだし、辛いミント系も平気だけど…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

味みつ

新潟市(旧黒埼町)の「味みつ」です。
済生会第2病院の手前を左に曲がった先にあります。宅地の中にあり、店前と隣に駐車場があります。12時過ぎに着き、車を止めてお店の中へ。お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席だけのお店です。老若男女で席がいっぱいで待ちです。お店の中で前に一人待ってます。そこそこ待ちになりました。
夫婦二人でやっているお店のようです。
待っている間に注文を聞かれました。メニューは、以前から変わらずラーメンとラーチャン(ラーメンとチャーハンのセット)だけです。ラーチャンをお願いしました。
やがて席が空き、席に座りお金を払います。珍しい前金制のお店なんです。
オープンキッチンのようになっていて中が良く見えます。厨房はステンレスをふんだんに使っていて手入れも行き届いているのか写って見えるほど綺麗です。また、カウンター周りは、黒を基調とした落ち着いた雰囲気です。
チャーハンは、3人前づつ作っています。チャーシューの刻んだものとご飯を用意し、中華鍋に油を入れ、卵2個を入れ、様子を見てご飯と刻みチャーシューを入れ、お玉の背中でご飯を潰すようにかき混ぜ味を調えて出来上がりです。
ラーメンは、作る人数分器を用意し、白い粉末(塩or化学調味料)を入れ、続いてタレを入れます。ここからは1人前づつです。麺を鍋に入れ、スープを丼に入れ、麺を湯切りして丼に入れます。茹で時間が10~20秒くらいでしょうか。ササッと出来上がります。トッピングをしてお客様のところに運ばれます。
チャーハンを3人前づつ作る関係で、一緒のお客でも物が一緒に出ないことやラーメンとチャーハンの出る順番が逆になったりすることもあるようです。
さて、そろそろ順番です。ラーメンが先にきました。

味みつ ラーチャン(ラーメン)

前回食べた時に、ラーメンが薄味でしっかりした味付けのチャーハンといっしょに食べるとバランスが良いのは知っていましたので、ラーメンが伸びない程度にゆっくり食べ始めました。
麺は、細より極細でしょう。自然な縮れでシコシコした歯応えの美味しい麺です。
スープは、澄んだ綺麗な色です。そして、結構薄味です。煮干しの風味と豚骨らしいのですがあっさりした旨味があります。
ラーメンを食べてるうちに、慣れた手際の良さで間もなくチャーハンが出来てきました。

味みつ ラーチャン(チャーハン)

しっかりした味付けのチャーハンです。単品で食べても十分美味しいチャーハンです。味が濃すぎるとかしょっぱいとか言うことはありませんが、このチャーハンと薄味のラーメンを食べるとちょうどバランスが良いのです。
ラーメンのトッピングは、チャーシューとメンマのシンプルなものです。チャーシューは、軟らかいものですが、焼きが入っていて美味しいもので2枚のってます。メンマも浅漬かりのものですがラーメンに合ったものです。
美味しく食べた後は、カウンターテーブルから厨房側の一段高いところに食器を下げ、ふきんでテーブルを拭いて終わりです。
ラーメン500円、ラーチャン800円とリーズナブルな価格に感謝です。女性も多く来てますが、注文を取っているのを聞く限り、みなさんラーチャンをオーダーしています。女性も残さず食べています。ちょっとビックリ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.06.03

味の大昌

味の大昌 うま煮ラーメン

新潟市(旧味方村)の「味の大昌」です。
味方小・中学校の近くです。お店は、左側に厨房、その前にカウンター席、右側にテーブル席、奥に小上がりがあります。12時30頃に付きましたが他にお客が3人いるだけです。
メニューは、ひと通りのものは揃っていますが、今日はうま煮ラーメンを食べたくて来たので迷わずオーダしました。
うま煮ラーメンがきました。うま煮は、見た感じはクリームシチューでしょうか。玉子の量が多く玉子だけでトロミが付いたような感じです。もやし・白菜・玉ねぎ・人参・チャーシューの賽の目切りが入ってます。味が薄味で全然物足りません。でも、うま煮ラーメンも2度目なので自分なりの食べ方があります。うま煮は薄味、下のラーメンにしっかり味が付いているのです。下から麺を取り出しうま煮に絡めていただきます。しっかりした味の麺とうま煮が絡んでいい感じです。
麺は、やや細縮れのあるもので、噛み応えの良く好きなタイプの麺です。また、うま煮のトロミが麺にうま煮を絡めてきます。
スープは、しっかりした醤油の味が効いていて、薄味のうま煮と絡めるために濃い目にしているのではないかと思います。良く考えられた味のハーモニーです。玉子と玉ねぎからの甘さも手伝って非常にあっさりだけどまろやかな、複雑だけど美味しいものです。
このような味わいのうま煮はまだ他では食べてません。味のしっかりしたうま煮や五目は美味しいく好みですが、このような複雑な味わいも楽しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.02

青島司菜

青島司菜ときめき ラーメン

新潟市のときめきラーメン万代島にある「青島司菜 ときめき」です。
サイクリングの帰りに萬代橋を渡ってしまったので万代島方向に走ってみました。ときめきラーメン万代島に差し掛かったときに何か食べて帰ろうかと思いました。そういえばここの青島ラーメンまだ食べたことがなかったので青島司菜へ。ときめきラーメン万代島の一番手前ですが、奥から入るので一番戻ったところです。お店は、右に厨房、その前の中央にカウンター席、左側にテーブル席があります。入口の食券販売機があります。普通のラーメンにしました。
夕方のときめきラーメン万代島は人影も少なく寂しい感じです。
そんなんで直ぐに出来上がりました。
いつもの青島ラーメンです。
麺は、多く食べてる西掘通店よりも細く感じます。司菜が細いのか、ときめきだけ細いのか、勘違いなのかは不明です。ただ、生姜醤油のしっかりした味にマッチする感触の良い麺です。
スープは、生姜醤油のさっぱりしたものです。西掘店より動物系(とんこつ)を控えてあるような気がします。旨味が抑えられていますが、あっさり感が増してます。これもこれでいい感じです。
青島らしい弾力のある歯応えのチャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、鳴門のトッピングですが、メンマの漬けの浅いものでした。
天気のいい日のサイクリングの締めにはもってこいの一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイクリング

万代橋

天気が良かったので新潟島一周サイクリングに出かけました。
みなとトンネル側から関屋分水にさらにやすらぎ堤を万代橋へ。
万代橋近くにさしかかったところで対岸から三味のいい音が…。

サンセットカフェ

万代橋を渡り、いい音の方の言ってみると「萬代橋サンセットカフェ」なる催しがやってました。「週末は、水辺で音楽を。」というサブタイトルが付いてます。7月いっぱいの週末まで続くようです。
演奏は、「ストリートライブ 津軽三味線・佐藤知」でした。高橋竹山を特集したテレビ番組を見てから津軽三味線も聴いてみたいと思っていました。もう一つでした(がんばれ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワンセグ携帯

F904i

ワンセグ携帯をようやく購入しました。
テレビっ子なんで、これでいつでもテレビが見られます。
あとは、見る時間があるかどうかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.06.01

粋龍

粋龍 粋龍らーめん(醤油)大盛

新潟市の「粋龍」です。
国道8号線新潟ふるさと村から長岡寄りにあります。お店は、入口が右側にありお店を入り中央に進みます。奥に厨房があり、手前と左側にカウンター席、さらに左側にテーブル席があります。
12時過ぎに着きましたが、駐車場に車2台、お店の中は1組のお客がいるだけです。2週間ほど前に国道を通ったときは駐車場がいっぱいだったので、お客の入りにバラつきがあるのでしょう。
メニューは、一般的なラーメンと味噌ラーメンがあります。一般的なラーメンは、スープを醤油と塩から選択できるようになっています。そして大盛がサービスになっています。塩ラーメンに力を入れてるようですが、一番基本的な粋龍らーめん(醤油)の大盛にしました。
店員が3人お客が3人という変な感じでしたが、その後お客が2人来て昼時の感じになってきました。置かれているコショウが2種類あります。ブラックとホワイトですがシールが貼ってます。ホワイトには塩ラーメン、ブラックには醤油ラーメンと書かれたシールです。なんとなく醤油の濃いめはブラック、あっさり系はホワイトをかけて食べることが多いのですが、お店のお薦めとして受け止めておきましょう。
ラーメンが出来上がってきました。透き通った綺麗なスープのラーメンです。彩れも良く美味しそうです。
麺は、細縮れのシコシコとした歯応え歯切れの良い好みの麺です。あっさり系にとても相性の良い麺です。
スープは、県内地鶏でダシを取っているとのことですが、醤油淡い色の透き通った綺麗であっさりしたもので、とても美味しいスープです。程好い甘さもありますが、大盛りだとその甘さが最後の方でチョット飽きてきます。
軟らかめですが味のしっかりしたチャーシュー2枚、メンマ、海苔、青梗菜、味玉半個がのっています。玉子の黄色と青梗菜の緑が鮮やかです。
なかなか良いラーメンじゃないでしょうか。大盛りを食べて600円は妥当かもしれませんが、普通盛りだとチョットお高いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »