« ラー戦場 | トップページ | FM PORT 復興応援キャンペーン“hand in hand” »

2007.07.28

杭州飯店

杭州飯店 チャーシューメン

燕市の「杭州飯店」です。
FM PORT 復興応援キャンペーン午後の諌山実生ミニライブまでの間に昼食です。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、右側に座敷があります。テーブル席・座敷ともテーブル・座卓がところせましと配置されています。それでも混んでます。お店に着いたのは12時頃で、相席で座れましたが、その後はお店の外に行列が出来ていました。
中華そばの他にも、味噌ラーメンをはじめたくさんのメニューがあります。いつも中華そばを食べていたので、今日はチャーシューメンにしました。
混んでいるのにそんなに待たずに出来上がりました。
中華そばは小さな器に波々と盛られてきますが、チャーシューメンは少し器が大きくなっていてこぼれそうな心配は要りません。

杭州飯店 チャーシューメン 麺

今まで食べ始めてからの写真は撮っていませんでしたが、麺の太さを解ってもらおうと撮ってみました。位置関係で多少オーバーに見えますが平たい太い麺です。コシもいい感じです。燕三条系のラーメンを食べるとコシの強いうどんのような錯覚を起こします。
スープは、癖のない背脂入りで、その下には結構濃い目の醤油味のスープです。背脂の下にはあっさりしたスープが多いのですが、杭州飯店のスープは、しっかりした醤油味濃い目のものです。また煮干しのダシもしっかり利いていて美味しいスープです。
たっぷりのチャーシューは、歯応えはそこそこあります。モモ(鶏だったらささ身)とかのようなものでチャーシューメンにしてまで食べなくても良かったかなと思います。メンマもトッピングされています。
美味しい中華そばですが、チャーシューメンにしてまで食べるような好みのチャーシューとは違うものでした。

|

« ラー戦場 | トップページ | FM PORT 復興応援キャンペーン“hand in hand” »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/15934601

この記事へのトラックバック一覧です: 杭州飯店:

« ラー戦場 | トップページ | FM PORT 復興応援キャンペーン“hand in hand” »