« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

2007.11.30

プルミエタージュ

プリミエタージュ ポート・エレン23年カスク

久々のプルミエタージュです。
ポート・エレン23年カスクがありました。閉鎖されたアイラ島のポートエレン蒸留所のシングルモルトスコッチウィスキーです。
60.9度とかなりきつめです。
旨い!旨い!旨い!です。

NEXT21 クリスマスデコレーション

おまけの絵は、NEXT21のクリスマスデコレーションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一平

一平 チャーシュウ麺

神林村の「お食事処 一平」です。
神林駅の近く、農協の倉庫などがあるところの一角にあります。気が付かずに通り過ぎてしまいそうです。12時ちょっと過ぎに着きました。車は、なんとか停められました。外にまで並んでいる状況は免れました。といいたいところですが、ちょうど外で待つことになりました。7~8分待ってお店の中に…。
お店は、左奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、その手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。
メニューは、ラーメンが中心で、セット、チャーハンや丼などもあります。五目ラーメンも気になったのですが、前回ラーメンを食べたので今回はチャーシュウ麺にしました。
見た目はシンプルな町の食堂のラーメンていう雰囲気のものです。でもチャーシューの色が美味しそうです。
麺は、細い縮れでツルツルしています。噛み応えはいいですね。前回のラーメンは普通に感じましたが、今回はより美味しく感じます。
スープは、明るい醤油色のどこにでもある中華そばのような色です。結構透き通っています。いいスープですね。最初に麺を口元まで運んだときに魚介系の香りが漂ってきます。これが絶妙です。いい香りだなぁと感じさせておいて、しつこさが全然ありません。爽やかな魚介系の風味です。そして、動物系も混じっているのでしょう。スープにほんの少しのトロミと旨味があります。まろやかなコクがあるのにあっさりしています。
トッピングは、軟らかめなところと歯応えのあるところがバランス良く、しっかり味付けされたチャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草がのってます。チャーシューの量がもう少しあってもいいかな。
とっても満足の一杯でした。700円のチャーシューメンですから値段的にも良いところでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007.11.29

なんばん屋

なんばん屋 もやしあんかけらーめん

新潟市の「なんばん屋」です。
新潟駅南けやき通り西側の突き当たりの手前にあります。GOINGOINの姉妹店です。
お店は、左側に厨房、その手前と中央よりにカウンター席、右側にテーブル席があります。以前は、居酒屋風の営業をしていて奥に座敷を使用していましたが、今は、完全なラーメン屋の営業です。午後6時30分頃に着きました。他にお客さんがいません。その後2人のお客さんが来ました。
メニューは、醤油、ブラック、ホワイト、ちゃーしゅうめん、味玉らーめん、もやしあんかけらーめんです。レッドと激辛麻婆の夜限定メニューは、廃止になってました。レッドを食べたくて来たのですが…×。まだ食べていないもやしあんかけらーめんにしました。
もやしのあんかけがいい色です。とても美味しそうな色です。
麺は、細ストレートのようですが少しだけ縮れがあります。歯応えと程良いコシ美味しい麺です。
スープは、あんかけと一緒になって解かり難いのですが醤油ラーメンのとんこつらしい味です。まろやかで美味しいスープです。
トッピングは、もやし、玉ねぎ、人参、竹の子、きくらげ、豚肉の炒めたものにトロミを付けたあんかけです。醤油っぽい五目風のあんかけが好きなんですが、醤油醤油したものではなく一般的な中華風のあんかけです。でもなかなkいい味付けです。それとほうれん草もトッピングされています。
普通の醤油らーめんが590円で、もやしあんかけらーめんが690円です。100円UPで食べられるものとしてはなかなかいいんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伝道師

伝導師 みそラーメン

新潟市の「伝道師」です。
新潟県庁の南側、笹出線との中間辺りにあります。
お店は、ビルの1階、テナントが数店舗入った端です。床が三角形で、長い辺側が厨房、短い辺がLの字型のカウンター席だけのお店です。12時40分頃に着きましたが、お客は7割り程度です。13時ちょうどに食べ終わりましたが、後からお客さんが来なくて他にお客さんがいない状態になりました。
メニューは、醤油・塩・味噌とそれらにトッピングを加えたものが用意されています。今朝のように寒くなって来ると味噌ラーメンが食べたくなります。まだ食べていないこともありみそラーメンにしました。
麺を茹で始めると中華鍋にもやしを入れて炒め始めました。軽く炒めてスープと味噌タレを加えて混ぜます。麺を丼に取り、中華鍋のスープともやしを丼に入れ、トッピングを乗せて完成です。
出来上がったみそラーメンは、白味噌に近い合わせ味噌のようです。トッピングも充実しています。
麺は、細縮れでツルツル感、プリプリ感、モチモチ感ともバランスの取れた噛み応えの良い美味しい麺です。
スープは、白味噌に近い色で味噌の旨味と甘みも出ていますが、あっさりしていて少し物足りない感じがします。普通でバターが付いていて、バターによってまろやかな美味しさが出てきます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、バター、コーン、もやしの炒め物と充実しています。あと、スープに5mm角くらいのサイコロ形の小さな肉が入っています。チャーシューの脂身の多いものを刻んだような感じです。もやしと一緒に炒められたものでしょうか?
味噌ラーメンでは珍しい細麺を使ったものですが、スープのあっさりさもありバランスの良いものとなっています。トッピングも充実しており、650円という値段を考えるとまあまあ満足できるものでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.28

とうちゃんラ-メン

とうちゃんラーメン 閉店

長岡市の「とうちゃんラーメン」です。
長岡駅東口近くにあります。
ちょうさんのブログに今月で終了と紹介されていました。気になるラーメンがあったのでお邪魔することにしました。
このお店は午後の休みなしの連続営業しているので、昼食時間を外してしまった時にありがたく利用してました。午後休みなしでやっているお店ということで数店舗ありますが、亀井さんのコメントをいただいてから「とうちゃんラーメン」が食べたくなって食べて、好きになって2回お邪魔しておりました。今回で3回目で最後になります。
お店は、昔からのラーメン屋さんて感じの下町っぽい雰囲気です。奥行きがあり左側に厨房、手前と中央寄りにカウンター席、右側に小上がりがあります。午後1時をちょっと回ったときに着きましたが、結構お客さんがいます。メニューは、ラーメンとそれらにトッピングを加えたものと塩ラーメンがあります。ニンニクラーメン、ニコニコラーメン、なんこつラーメンがあります。どれも食べていないので、いつか食べてみたいと思っていましたが今日で来られる日が最後になりました。一番気になっていたなんこつラーメンにしました。

とうちゃんラーメン なんこつラーメン

大好きな半熟玉子の半分が3個(1.5個分)、豚の生姜焼きみたいながのっているんじゃないかと思うようなチャーシューです。豚バラ肉の一枚ものようなチャーシューです。、そして、椎茸か舞茸のような、最初きのこかと思うようなものがその下にあります。
麺は、普通の太さで普通の縮れの良くあるような麺です。でも、ツルツルした触感と適度なモチモチ感のとても美味しい麺です。青島に似た麺です。
スープは、醤油色のしょっぱくないか心配になるような色です。麺を食べようすると生姜の香りが判ります。長岡生姜醤油系でも生姜が効いている方です。これ以上生姜がキツイと美味しくなくなるかもと思うくらい効いています。ラーメンやチャーシューメンのときはそんなにしょっぱく感じませんでしたが、今日のスープは、富山ブラックほどではありませんが結構濃い目です。ラーメンやチャーシューメンのときは感じませんでしたが、今日の濃い目のスープだとたまり醤油っぽく感じます。
トッピングは、半熟玉子の半分に切ったもの3個(玉子1.5個分)が最初に目に入ります。醤油で味付けされていて、外側が赤玉子のような色をしています。生姜焼き定食の豚バラ肉の生姜焼きのようなチャーシューが2枚とメンマと海苔がのってます。チャーシューは、脂身の混じり、歯応え、味付けともいい感じです。メンマもシャキシャキした歯応えのあるものです。その下になんこつとその周辺の肉をチャーシューにしたものがあります。最初見たときは、椎茸か舞茸のように見えましたが、お肉系でした。軟骨とその周辺で出来たチャーシューは、醤油色ですが、その色に負けないくらいしっかりとしたしょっぱさがあります。中心部に軟骨があり、コリコリとした感触を楽しめます。さらに歯応えのあるメンマも美味しいものです。
最近多い上品な感じのラーメンではなく、下町のボリュームのあるラーメン屋です。850円と安くはありませんが、味、トッピングの充実を考えると十分満足できるものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.27

青島食堂

青島東掘 ラーメン(大)

新潟市の「青島食堂 東堀通店」です。
一時休業してたらしい時期もあったようですが、今では復活しています。
東堀通の白山神社突き当たりの手前右側にあります。
小さなお店です。青島らしい食券販売機もありますが、歩道側に面した外に設置してあります。中は、奥に厨房、手前にカウンター席だけです。7~8人でいっぱいでしょう。12時30分頃に着きましたが、食べ終わって帰るまで入れ替わり5人くらいのお客が常にいる状態です。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらのトッピングの増量です。ラーメン大盛りにしました。
お店は、2人の店員がいます。西堀通店が倍以上の席数を2人でこなしていることがあることを考えるとあまり効率の良いお店ではないですね。
作り方は、西堀通店といっしょです。麺を茹で始めとほぼ同時に器を温め、タレを入れ、2種の粉末(塩・化調?)とネギを入れる。麺の茹で上がる前に2種のスープを入れて、麺をしっかり湯切りして入れる。トッピングを乗せ完成です。
お店が変わってもいつもの美味しそうな感じは一緒です。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。いつもより気持ち太く感じます。西堀通店でも太く感じることがありました。太さの違う麺があるのか、茹で方や麺を打ってからの時間とかで変わるのでしょうか。ツルツル感やモチモチ感などは変わりありませんが、プリプリした感じはいつも以上に良く感じます。いつも食べている西堀通店は1回に3~4食ほど作るので最初と最後で茹で加減の差が出るかも知れませんが、東堀通店はお店が大きくないためそんなに多く作ることがないので品質に斑がないのかも…。今日も1食で作ってもらえました。でも西掘通店の手際の良さではそんな変わりないか。
スープは、あっさりしています。醤油と生姜が効いていますが、旨味やコクがやや抑えられているような気もします。なんて感じながら食べ終わろうとしたら、黒胡椒を挽いて入れるのを忘れていました。黒胡椒になれると掛け忘れると今ひとつ締まりのない味に感じてしまいます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、鳴門です。チャーシューは、麺を茹でている間に切ってるだけのことはあって美味しいです。メンマは、西掘通店のものよりも太さがあって、やや硬さ控え目で普通寄りで美味しいメンマです。
いやー!胡椒は失敗しましたね。それでも十分美味しいラーメンです。青島はお店に寄って多少の違いはあるかも知れませんが、とても好みのラーメンなので650円分十分満足できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.26

たごさく

たごさく 天津麺

新潟市の「たごさく」です。
本町通りの下町、フレッシュ本町の市場っぽい通りにあります。
間口の広いカウンター席だけのお店です。奥に厨房、手前と回り込んだ左側にカウンター席があります。12時20分頃に着きましたが、ほぼ満席に近い状態です。
メニューは、中華系を中心に豊富で、その他に冷し中華、つけめん、麻婆つけめんなどがあります。まだ食べていない天津麺にしました。
店主が一人で全てをこなしています。麺を茹でる鍋、スープ鍋、中華鍋2個を手際良く渡りながら次々と注文された品を作っていきます。見事なのが中華鍋2個を代わるがわる使って作る様です。大きな火力を落とすことなく次から次へとラーメンに乗せるものを作っています。
麺を鍋に入れ茹で始めました。器にタレとスープを入れて準備します。あまり見かけないお好み焼き風なものを混ぜています。熱くなった中華鍋に入れ形を整えます。チャーシュー2枚をこれまたお好み焼き風のものに貼り付けて、少し時間をおいて裏返します。鍋から麺を取り出し先ほどスープを張った器に入れます。その上に中華鍋のお好み焼き風と思って見ていた天津麺の具をのせます。出来上がりかなと思ったら、さらにその中華鍋で素早くあんを作って上にかけます。出来上がりです。
大きな深さの浅い器です。美味しそうななかなかいい感じの色合いです。
麺は、やや細の縮れです。歯応えが良く、あまりツルツルしていない中華に多いあんかけに絡み易い麺です。あんかけ類で食べるのに時間を要することを考えてかほんの少し硬めに茹でています。美味しい麺です。
スープは、あんと混じってそのものの味は判りませんが、癖のないものだと思います。
天津麺の具は、玉子をふわりと揚げたものです。高温で一気に調理したため表面には焦げ色が少し出ていますが、中はふわりとした感じと半生のとろりとした感覚が残っています。軟らかなオムレツ風で玉子の美味しさが活きてます。メニューに書かれた通り蟹肉は入ってません。変わりにチャーシューがくっ付いています。中にはねぎが入っているのが判りますが、その他は気が付きませんでした。ちょうど良い味付け、トロミと相まってとても美味しく仕上がっています。
ふわりとした玉子の美味しさを楽しめて600円は超お得です。普通のラーメンでも600円が当たり前になりつつあるような今、頑張って欲しいラーメン屋さんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.25

伊蔵

伊蔵

新潟市は、赤道の味噌ラーメンで知れたお店「一ぷくどう」の跡に、「麺や 伊蔵」なる看板の付いた建物がありました。
オープンしたのか、いつオープンするかは不明です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.24

たん吉

たん吉

三条市の「たん吉」です。
三条市の飲食店街にあります。
夜10時からのお店と言うことで諦めていましたが、夜の尻焼温泉からの一般道の帰りでちょうど良い時間に三条付近に差し掛かりました。どうせならと食べることにしました。
お店は、広め厨房とそれを囲うL字型のカウンター席と小上がりがあります。夜遅くなので、ご機嫌な若い人達で込み合っていましたが、カウンター席に空きがありました。
メニューは、ラーメンから醤油、塩、味噌やその他があります。ラーメンと醤油ラーメンがあります。ラーメンが600円、その他が800円、手間のかかりそうなものが900円です。店の名前の付いたたん吉ラーメンがあります。900円とちょっと高いのですが、滅多に来られるお店でもないし、お店の人にあんかけ風と聞いたのでそれにしました。

たん吉 たん吉ラーメン

他のお客は、殆ど食べ終わるか食べている最中でですぐに出来てきました。ラーメンに挽肉中心のあんかけ、さらにねぎがたっぷりかけられています。
麺は、普通の太さの強い縮れで硬めに茹でられた苦手な麺です。それは仕方ないとしても、短い麺が多いですね。茹でている間に切れたのか。麺を丼から取り出すときに切れたかは不明ですが、普通に食べるとちぎれてしまい易い麺です。
スープは、あんかけと一緒になって判りませんが、癖のなさそうなスープです。
あんかけは、挽肉と玉ねぎのみじん切りを炒めたものです。味付けは、ごく普通のあんかけ風です。トロミは、もう少しあった方が良いかなと思います。挽肉がたっぷりです。その上にかけられたねぎもたっぷりです。輪切りのねぎが合ってないような気もします。
昼だったら900円出して食べないラーメンですね。飲んだら判りません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

尻焼温泉

尻焼温泉

今日のお風呂は、群馬県六合村にある尻焼温泉です。
朝起きて、タイヤをスタッドレスに交換しエアー補充してたら雪道を走りたくなりました。そして雪の中の露天風呂に入りたくなりました。
最初に、行きたいと思っていた新発田の「ささ宮」のラーメンを食べ、FM Port MOVE on STREET公開放送を見て、雪を求めて国道8号線17号線を南下しました。
途中、川口町の「つり吉」でお腹も補充してさらに南下。
湯沢町が近くなったところでもつ煮も食べたくなりました。露天風呂も白根山周辺なら雪があるだろうと硫黄の匂いの万座温泉/大きな露天風呂の草津温泉西の河原露天風呂/熱い風呂の草津温泉大滝乃湯のいずれかにと変更し群馬県内を目指します。
もつ煮を食べるには…。永井食堂は、土曜日9時30分から14時までの営業でとうに時間が過ぎています。谷川岳パーキングエリアもこの時間からの帰りでは営業していないでしょう。で湯沢から関越道に乗って谷川岳パーキングエリア上り線で食べました。
でも、ここで雪のないことに気が付きました。雪見の露天風呂は諦めて、どこにしようかと考えているときに「尻焼温泉」に行きたくなりました。
カーナビに目的地を設定し道案内させながら向かいます。距離優先にしてあるので狭い道も案内してくれます。暮坂峠経由でした。暮坂峠は、狭い、急カーブ、上り下りが大きいところまでは良かったのですが、道路に枯葉が多く気になりました。滑りました。
そして、目的の尻焼温泉に着きました。
すでに暗くなっています。手前の駐車場に車を停め歩いて進みます。橋を渡り、道路からコンクリート道をおりて川原近くを道なりに上流に進みます。到着です。手前の屋根のある温度高めのお風呂には老夫婦が入っています。裏を通り川原の近くへ。先客から『こんいちは!』、あいさつを交わし服を脱ぎ中へ…。
自然ですね。石がネロネロと滑り易くなっています。転ばないように気を付けて入ります。お湯の中には落ち葉が結構入ってます。ぬるい!でものんびり長めに入るには良い温度です。
浅い場所に横になって夜空を見上げます。月が大きく明るく照らし暮れます。月が明る過ぎて星までは良く見えません。
午後8時近かったので近くの宿に泊まっている人が浴衣姿でやってきます。
帰る頃には目も暗さに慣れてきて、結構多くの人が入ってるのが判ります。
カップルが多いですね。
車に帰って、自宅ルート検索。245km。もち一般道。何時に着くのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

もつ煮定食

もつ煮定食

関越自動車道上り谷川岳パーキングエリアのもつ煮定食です。
もつ煮が軟らかくて美味しいものでした。
もっともっと美味しいかと思っていましたが、普通に美味しいものでした。
新潟市内の居酒屋でも、結構美味しいの食べられます。
でも、美味しい空気と水、周りの景色を見たら叶わないですね。
ご飯が、やや軟らかめで美味しかった。

次は、永井食堂かな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つり吉

つり吉 ラーメン(白醤油)

川口町の「つり吉」です。
国道17号線沿いの上越新幹線の高架の近くにあります。
お店は、入ると風除湿があり食券販売機があります。メニューは、醤油と味噌にトッピングを加えたものがあります。入口脇にラーメンは白醤油もあるとの書かれている看板があります。食券販売機でラーメンの食券を購入し中へ。
お店の中は、大きな厨房を囲むようにカウンター席があり、その手前にテーブル席、左右に小上がりが配置されてます。カウンター席に座り、食券を渡しラーメン白と伝えます。
白醤油ということで、塩ラーメンのような透き通ったものを考えていましたが、普通の醤油ラーメンらしきものが出来てきました。ラーメンの白です。と言われました。
麺は、やや細の縮れで歯切れが良く、スープに合う美味しい麺です。
スープは、醤油のしっかりしたものです。普通のラーメンがかなり濃いめのものなので普通のラーメンに比べるとこれでも薄い色のものです。味は、色に反して結構薄味に感じます。そしてお店前の看板に書かれているようにスープの旨さを引き出す上品なさっぱりしたものです。旨さもありなかなか良いスープです。
トッピングは、味のしっかり付いた歯応えもややありチャーシュー2枚、メンマ、海苔、鳴門です。
この場所で580円だと考えると安くはないですが、味としてはまあまあじゃないでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

FM Port MOVE ON STREET 公開放送

FM Port MOVE ON STREET 公開放送

MOVE ON STREET公開放送を見学にプジョー新潟に行きました。
新発田からの移動になったので放送が始まってからの到着となりました。
今回で、MOVE ON STREET公開放送は2回目の見学になりますが、前回に引き続きショールームの中では、仮谷さんがいつもの明るい放送をしています。
放送を聴きながら、プジョー207を見ています。職場の同僚がプジョー205に乗っていた時にはかなり小型車と思っていましたが、今では3ナンバーですか。ホンダのシビックと似た感じの成長してますね。

FM Port MOVE ON STREET 公開放送 ステッカー

プジョー新潟のアンケートに答えていただいたコラボステッカーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささ宮

ささ宮

新発田市の「ささ宮」です。
市役所近くの前の店を閉めてから随分経ったように思えます。新潟で普通のラーメンでかなり好きなラーメンだったので待ち焦がれていました。
国道7号線新発田バイパスのホンダのカーディーラーのある交差点から市内に入って、しばらく行った一時停止の交差点の左側にあります。11時過ぎに着きました。お店は11時30分からと入口に貼り紙があります。早かったかなと思いましたが、暖簾が下がっていて中にお客さんもいます。入口から中へ入って聞くと、もう良いですよとのことです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらにその手前にテーブル席、左側と右側にに小上がりがあります。

ささ宮 開店お得メニュー

メニューは、11月23日から11月30日までの「開店お得メニュー」があります。普通のメニューがあってお得メニューがあるんなら判りますが、お得メニューのみです。まあしょうがないかと良く見ても普通の醤油ラーメンがありません。以前、新発田市役所の近くにあったときに美味しいと思ったラーメンが食べたかったので、『醤油ラーメンありますか?』と聞くと作れるとの事で醤油ラーメンにしました。
お店の名前ですが、「ささ宮」と「さヽ宮」の両方が混在してます。お店の看板等は「さヽ宮」で、お店の中は「ささ宮」を使っています。これからの子供達とかは“ヽ”を読めなくなるのではないかと思います。最近殆ど見ることもなくなりました。

ささ宮 醤油ラーメン

まだ早い時間ということもあってすぐに出来てきました。はっきりとは覚えていませんが、以前のお店のときと同じような感じです。
麺は、細縮れの普通の麺ですがスープと相まってとても美味しく感じられる麺です。
スープは、醤油のあっさりした、醤油の味が活きているものです。美味しいのは、何系とか感じさせないいろんな素材の旨味が出ているものだということです。醤油のあっさりした感じとしっかりした感じ、ダシの旨さのバランスのとても良いスープです。
トッピングは、バラ肉巻チャーシュー2枚、シャキシャキしたメンマ、ほうれん草、海苔など基本的で、大袈裟な飾り付けが多い最近ではちょっと寂しいかもしれませんが、懐かしくさえ感じられるものです。
“新発田の味が復活しました”と思っている一杯です。最終的なメニューがどうなるか判りませんが500円で食べられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.23

記事一覧(50音順)追加!

このブログの記事一覧に最近の記事を追加しました。

県内のラーメン屋の感想記事を店名ごとに50音順に並べてあります。
右下のカテゴリーの一番下のz:記事一覧(50音順) から入れます。

ご参考に活用ください。

2006年6月24日以降の記事には写真が掲載されてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のアイスクリーム

ガリガリ君リッチ ミルクミルク

子供の好きなガリガリ君のリッチにミルクミルクが出てました。
ガリガリ君もリッチシリーズは美味しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.22

くら田

くら田 ラーメン

新潟市の「くら田」です。
本町通りと東堀通りの間にあります。
お店は、奥に厨房、右側に壁に向いたカウンター席、左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木がお店を印象付けています。日本の古民家の雰囲気です。昼時に着きましたが、カウンター席に空きがあり座れました。おじさんとおばさんが切り盛りしています。壁にはメニューの他にマラソン関係の表彰状や記録証、写真などが貼られています。知る人ぞ知るマラソンのある日が定休日のお店ですから…。
メニューは、ラーメン、ワンタンメン、チャーシューメンとカレーラーメンがあります。麺の大盛りは100円ですがサービス(無料)になります。壁に貼られたメニューには、残さないでねと付け加えられてあります。大盛サービスのお店の多くはお客が言わないと普通盛りになることが多いのですが、このお店はきちんと聞いています。関心関心。普通盛りラーメンにしました。後から来た人もラーメンかチューシューメンを注文する人が殆どです。男性は、殆ど大盛りにしています。
良く見るとあんまり若くないサラリーマンとおばさんのお客の多いお店です。若い人には人気がないんでしょうか。あまり一度に多く作っていないようです。2人前くらいずつ作っているようで、そこそこ時間がかかりました。
醤油の薄い色の透き通ったスープに、煮干しの香りの新潟らしいあっさりした感じに見えます。
麺は、極細の縮れでこの細さにしてはコシがあります。美味しい麺です。
スープは、煮干しの香りのするあっさりした新潟らしいスープです。透き通っているのでみているだけでも楽しいスープです。煮干しのダシがしっかりしていますが、醤油ダレの量がちょっと少なく感じます。醤油の味は楽しめますが、物足りない薄味です。
トッピングは、味が薄いのに醤油の香りの強い厚めのチャーシューです。濃い目の醤油に短時間漬けてるんでしょうか。歯応えもあってなかなか美味しいチャーシューです。メンマも特徴あります。薄削りなメンマです。かんなくずとはいいませんが薄いメンマです。あと、ほうれん草ものっかります。刻みねぎも多めです。
新潟の中心地で500円円で食べられるラーメンです。新潟らしい懐かしさのあるラーメンです。マラソンを楽しみながら身体を大切にいつまでも美味しいラーメンをお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.21

今日のアイスクリーム

ガリ子ちゃん
不二家ネクターシューアイス

ガリガリ君の姉妹品のガリ子ちゃん不二家ネクターシューアイスとそのりんご味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOGO宝来軒

GOGO宝来軒 トクラーメン味噌

上越市の「GOGO宝来軒」です。
上越市はイオンショッピングセンター近く、警察署の裏にあります。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらにその手前にテーブル席、左側にもちょっと離れてテーブル席があります。今風のラーメン屋と言うよりランチのお店の雰囲気です。13時を少し回った時間に着きました。お客さんが席の半分くらいかなと思いましたが、その後もお客さんが来てほぼ満席近くになりました。
メニューは、醤油と味噌を中心に創作系のものが揃っています。夜だけのメニューなんかもあります。さらに、金曜日は「RealSalt 55」と言う名で塩専門ラーメン店に変身します。いろんな創作ラーメンがありますが、基本メニューのゴーゴーホウライスペシャルのトクラーメン味噌にしました。
お客さんが少ないときに注文したので、すぐに出来上がってきました。白い四角いお皿の上に、黒い渋めの器に盛られてきました。
麺は、普通の太さの縮れの少し強いものです。モチモチした黄色がかった色の旨味のある麺です。
スープは、赤味噌と白味噌合わせらしい色です。味噌の旨さと甘さがバランス良く、コッテリそうに見えますが思いの外あっさりしてます。好みの味噌ラーメンのスープです。表面には、胡麻を煎ったものが浮いています。
トッピングは、15~20ミリ角のサイコロ形チャーシュー、結構入っています。メンマ、鳴門、細切りのねぎ、糸唐辛子が入っています。
とっても楽しく美味しくいただきました。でも850円は、懐に痛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.20

風来居

風来居 塩らーめん

埼玉県は大宮駅近くの大宮らーめん村の「らーめん 風来居」です。
オープン当初はらーめん七福神と言う名で7軒のラーメン屋さんが入っていたようですが、現在は4軒です。その中には有名な「中華そば 青葉」も入っていて、いつも行列が出来ています。「らーめん 風来居」は、山頭火本店で修行との但し書きがあります。修行って言ったってどんなもんかと思っていましたが、暖簾の右側に贈山頭火本店と書かれています。ラーメン業界でそこまで嘘ついて通せるもんでもないだろうから、信用して今日の昼食は「らーめん 風来居」にしました。大宮らーめん村の4軒中唯一食券販売機を使用していません。いいですね。カウンター席だけのお店です。12時過ぎですが空きがあります。
席に座りメニューを見ると塩、醤油、みそ、辛みそとそれらにトッピングを加えたものがあります。山頭火系なら塩でしょう。塩らーめんにしました。
後からお客が増え少し待ちになりました。7~8割の人が塩らーめんを注文しています。男性は大盛りが多いですね。
厨房の中ではおじさんが一人でラーメンを作っています。厨房とフロアに女性店員1人ずつです。手際良く働いています。
ラーメンが出来てきました。山頭火と同じような小さく深く厚手の器です。好きな器です。その中は、乳白色のクリームシチューのような色です。
麺は、やや細の縮れで少し硬めに茹でられていて縮れもその分強く感じます。噛んだ時にプリプリした感じとモチモチした感じが伝わってきます。残念ながら好みとは少し違いますが、美味しい麺です。
スープは、九州ラーメンのとんこつスープよりも白い、クリーム色のクリーミーでまろやかなスープです。そして、塩ラーメンらしく塩のえぐい感じがあります。まろやかな塩ってスープです。
トッピングは、山頭火らしいこだわったチャーシュー2種です。全体的に厚く軟らかめですが、調理方法での軟らかと言うよりも素材の脂の刺し方がこの軟らかさなんでしょう。また、いい味付けがされています。他にメンマ、キクラゲもトッピングされています。
素材から良いもの使っているのは判りました。山頭火の考えとちょっと高い価格を引き継いでいますが、価格だけのことはあります。楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.19

東掘石門子

石門子(東掘) スタミナラーメン

新潟市の「東堀 石門子」です。
新潟市中心部、東堀通りに面してあります。ワンタンメンが人気のお店です。
お店は、奥行きがあり左側に厨房、右側にカウンター席、奥に小上がりが1卓ある小さなお店です。歴史は古いのですが移転したこともあり、最近の小さめのラーメン屋さんの雰囲気です。12時過ぎにお店に着きましたが、カウンター席が塞がっています。後から来たお客様と相席で奥の小上がりになりました。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、スタミナラーメン、冷し中華やそれらにチャーシューを加えたものがあります。本店にないメニューのスタミナラーメンが気になっていたのでそれにしました。
普通のラーメンが500円のところ、スタミナラーメンは750円もします。チャーシューメンが650円なのですから、このお店では豪華メニューになります。以前他の人が食べているのを見た時は、担々麺のような感じに見えましたがどうでしょう。
そんなに待たずにスタミナラーメンが出来てきました。オレンジ色のものがスープの上に浮いていて、思った通り担々麺のような雰囲気のラーメンです。
麺は、細縮れで懐かしい感じの美味しい麺です。
スープは、ラーメン同様のあっさりしたものですが、オレンジ色の浮いているものが少し辛さを持っていて全然優しいんですけど辛さがあります。また、胡麻も混じっているのでしょうか。優しいまろやかさもあります。まろやかさが増した分メリハリもボケてしまったような気もします。
トッピングは、好みの硬さのあるいろんな形のチャーシューが5枚、メンマ、わかめ、挽肉の塊、たくさんの刻みねぎです。
スタミナの意味が良く判りません。ニンニクだったり、生玉子だったりしますが、ここでは胡麻なんでしょうか。ラーメンが500円で食べれるお店の750円メニューですが、ちょっとお高いかなと思いますが、全体的にまあまあですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.18

ホテル華鳳

ホテル華鳳 ランチ

ホテル華鳳 ランチ

新発田市(旧豊浦町)の月岡温泉「ホテル華鳳」です。
今日の昼食は、月岡温泉で昼食&温泉です。
昼からの温泉浸かって、お料理、ビールと日本酒に舌鼓打ってます。
嬉しいけど昼から豪華料理、ちょっと抵抗を感じながらも食べてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.17

松苧 (まつお)

松苧 天ざる

十日町市(旧松代町)の「そば処 松苧(まつお)」です。
松之山まで来て満足できずに帰るのも悔しいので、帰り道の松代で新そばを食べて帰ることにしました。おふくろ館の蕎麦がボリュームなかったのとツユが少なくてそば湯を少ししか飲めなかったのが幸いしました。
メニューは、ざる700円、天ぷら400円、天ざる1100円とシンプルで解かり易いメニューです。ざる大盛りにしようか悩みましたが天ざるにしました。
少し待つと出来てきました。山菜中心の天ぷらは地元で取れたものを中心に使っているとのことです。ひとつひとつ説明してくれましたが、覚え切れませんでした。
そばが、茶蕎麦ほどではありませんが緑っぽく見えます。麺の太さがちょっと揃い過ぎています。凄腕の職人さんか?機械で切ってるんでしょうか?
でも、とても美味しいそばです。
よし! 満足して帰れます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おふくろ館

おふくろ館 ざる&天ぷら

十日町市(旧松代町)の「おふくろ館」です。
八方台(長岡市)をドライブ中、車のラジオ(FM PORTのMOVE ON STREET)からお蕎麦の情報が…。佐渡の大崎そばの会のイベント情報ですが、佐渡まですぐには行けない。なんて諦めムードでラジオを聞き流していたら、十日町市で新そばまつりをやっているとのことです。十日町市の「おふくろ館」です。調べたら旧松之山町です。で、行こうか!
15時までのイベント開催ですが、間に合いました。駐車場脇に立てられたテントが受付兼食券販売所です。ざる(700円)と野菜天ぷら(300円)のみです。選べないことは苦にならないので、天ざる1000円てな感じで食券を購入し中に上がりました。食券を渡し待っていると、出来てきました。
見るからに苦手なタイプのお蕎麦です。案の定、太めで硬くて…。美味しいとまでは感じられませんでした。ツユも少なめでした。そば湯を飲む前に空になってしまいました。
ちょっと残念なお蕎麦でした。
紅葉の天ぷらは、季節感があって良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山金銘泉

今回は、城山(栃尾城跡)遊歩道の8合目付近にある金銘泉(きんめいせん)です。
城山を南側から登りました。銀銘泉があるらしいのですが、それらしきものもありましたが確証を得られないまま山頂(本丸跡)に着きました。

城山から望む守門岳

非常に見晴らしのいい場所です。
栃尾市街を眼下に、彼方には守門岳です。

金銘泉

北側に少し下りたところに、金銘泉のもとらしきものがあります。
水を汲み取れる状態じゃないのでさらに下ってみます。

金銘泉

バケツのコップがあります。管で上部からきています。
さっきのところから引いてるのかなと思いながら飲んでみます。
山道を上り下りしたため、とても美味しくいただけます。

台場の大清水

台場の大清水でさらに喉を潤します。

八方台付近にて

紅葉も終盤ですが、綺麗に色付いている木々はまだたくさんありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM-Port セーフティドライブキャンペーン

FM-Port セーフティドライブキャンペーン

今月は、道の駅「R290とちお」でのFM-Port セーフティドライブキャンペーンです。
寒くなってきました。並ぶのも多少きつくなって来たような気がします。
今回は、タカハシ カナコさんです。

FM-Port セーフティドライブキャンペーン ステッカー

『にょーもー!!』って挨拶したら、『にょーもー!!』って書いてもらえました。
これが、封印されてたサインですね。

栃尾油揚げ

道の駅「R290とちお」で売っている油揚げです。ねぎ入り250円です。
試食部長のHiroeさんを差し置いて食べてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.16

あごすけ

あごすけ 背脂醤油麺

上越市の「麺屋 あごすけ」です。
国道18号線からジャスコを目印に市役所方向に進み、最初の信号を右折して少し進んだ右側にあります。
お店は、古い木造の山小屋風を模した造りになっています。左側に厨房、手前と中央にカウンター席、右側にテーブル席があります。右側の手前、風除湿、アプローチと3ヶ所に待ち行列用の椅子が用意されています。12時ちょうどに着きましたが、アプローチの先の店脇までの待ちになりました。20人以上が待ちとなっています。少しずつ進みカウンター席に案内された時には12時30分を回っていました。
前回お邪魔した時に11月からメニューと価格が変わるとの貼紙がありました。新メニューは、醤油・塩・醤油とんこつ・塩とんこつ・醤油背脂とそれらにチャーシューを加えたものです。なんでもないとんこつがなくなっています。そして50円値上げになっています。まだ、食べていない醤油背脂麺にしました。
他のお客の注文を聞いていると塩とんこつが人気のようです。厨房では、スープを作っています。器の中にスープを入れ、背脂をチャッチャではなくお玉の背中で押し出すように器に入れてます。そこに茹で上がった麺を入れ、小さな鍋からダシのようなものをさらに入れてます。トッピングをのせ出来上がってきました。
醤油の美味しそうな色が背脂までを染めて、見た目は最高です。
麺は、自家製麺とのことです。やや太のストレート麺です。ツルツルした触感とモチモチした歯応えはやや細目のパスタを食べているようです。大勝軒のように太過ぎると違和感がありますが、あごすけの太さだとセーフです。このままもう少しだけ細く縮れの入った麺も食べてみたいと思います。
スープは、醤油色が濃くもなく薄くもなくちょうど美味しそうな色合いです。アゴだしを使っていますが、風味を強調し過ぎる事もなく、逆に控え目にさえ感じます。魚系の風味を強調すれば良いかと思っているようなお店が多い中さすがです。醤油を全面に出した味付けも嫌いではありませんが、醤油の使い方も上手です。醤油で味付けしていることはすぐに解かりますが、醤油がでしゃばることもなく、上手くダシの旨味と絡まっています。背脂もまろやかさを与えてくれます。名脇役です。美味しいスープです。
トッピングは、厚めの薄味軟らかチャーシュー、メンマ、江戸菜、海苔です。
麺は好みが出るかも知れませんが、スープはとても美味しいものです。650円と安くはありませんが、満足出来る一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.15

今日のアイスクリーム

雪見だいふく ティラミス
ガリガリ君 巨峰
不二家ミルキーアイスいちご

最近、寒くなって覗いていなかったコンビニのアイスクリームケースを覗くと新しいものがありました。いや、食べて忘れているかも知れない。雪見だいふくのティラミス、ガリガリ君の巨峰、不二家のミルキーアイスいちごです。
「いちご」とか「ストロベリー」とか言葉の入ったアイスクリームは好きじゃないんですが、ミルキーの懐かしさで食べたら美味しい。いちご味で初めてと言っていいと思いますが、美味しく食べました。酔ってたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火山

新潟市の「石焼らーめん火山 弁天橋通店」です。
食事時や夜間も待ちの出来る人気店です。栃木県を中心に20店舗を展開するチェーン店です。新潟には、この弁天橋通店と新松崎店の2店が進出しています。
弁天橋通店は、新潟駅南口からまっすぐ延びる弁天橋通にに面しています。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。お昼ちょうどに着きました。すんなりテーブル席に座ることが出来ました。
メニューは、お店の名前にもある通り石焼きの野菜入りらーめんが特徴で、石焼き以外にもいろんなメニューが揃ったラーメン専門店です。やっぱり石焼野菜でしょう。醤油や味噌に加え、期間限定のとんこつがあります。普段は、期間限定と言う言葉に流されてしまいすが、今日は石焼野菜味噌らーめんにしました。
その後もお客さんが増え店の外まで待ちになっています。
石焼野菜らーめんの食べ方を書いた紙(A3大)が来ました。栃木の方言なんでしょうか。標準語ではない言葉で書かれています。スープを入れてから30秒程待って、野菜と麺を混ぜて食べ、半ライスを入れ食べるそうです。
やがて石焼ラーメンが来ました。出来てきましたといつもは言っていますが、これは来てから出来るのでちょっと普通のラーメンとは違います。焼いた石鍋(ビビンバと同じもののようです)に麺と具を入れたもの、スープ、半ライス、空の茶碗とレンゲがお盆で登場しました。

火山弁天橋通店 石焼野菜味噌らーめん

先ほどの紙で沸騰したスープが自分の方に飛ばないように壁を作ります。店員がスープを石鍋に入れてくれます。しばらくの間、石鍋の中でスープが沸騰しています。

火山弁天橋通店 石焼野菜味噌らーめん

沸騰が収まるのを待って、かき混ぜて、空の茶碗に取って食べます。さすがに熱々です。
麺は、普通の太さ普通の縮れで、ぷりぷり感の歯ごたえがあり、かなり美味しい麺です。石焼用の器で一般的なものよりも高温で茹でられたからでしょうか。石鍋に入っていたせいでチョット焦げもありますが焦げた臭いもなく良好です。
スープは、赤味噌よりのあわせ味噌のようです。味噌らしい旨味もありますし、野菜から出るのでしょうか甘みもあり美味しいスープです。
もやし・キャベツ・にんじん・きくらげ・ニラ等の野菜がいい感じで食べられます。半熟の味玉半個が入ってますが沸騰したときに黄身が固まってしまうのが残念です。
値段も安くはありませんが、普通でもそこそこする味噌ラーメンですから、819円でこれだけ楽しめればいいかなと思います。面白い一杯でした。
会計時のに思うのですが、ラーメン屋は消費税の外税をやめて欲しいな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.11.14

青島食堂

青島西掘 ラーメン(大)+ほうれん草

新潟市の「青島食堂 西堀通店」です。
新潟市は西堀通りのイタリア軒の並び下手寄りにあります。
入口に食券販売機があり、奥行きのあるお店です。右側に広い厨房があり、左側と手前のカウンター席のお店です。あまり飾り気のないラーメン専門店です。お客さんを大量にさばけそうなお店です。お昼の真っ最中に着きましたが、ちょうど1席空いていました。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピング等の追加ができます。好きな1スープで勝負しているお店です。お腹が空いていたので、ラーメン(大盛)+ほうれん草50円増しにしました。
今日も店員二人かと思ったら新しい人が入ったようで3人です。手際よく3~4人前ずつ作っていきます。大きな鍋に麺を入れ、さらりと箸でお湯の中に麺を通す光景は絵になります。麺を取り出しササッとトッピングを加えて出来上がりです。で、まだ来ません。次の回での出来上がりで来ました。
醤油色のしっかりしたスープを見るだけで食欲が沸いてきます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で、見た目でどうこう特徴のあるものではありません。でも、ツルツル&モチモチ感と旨味のあるバランスの取れた麺です。
スープは、ちょっとしょっぱいかなと思うほど醤油の色が濃い透き通ったスープです。醤油のしっかりした味を生姜がキリリと引き締めます。これほどインパクトのあるしっかりしたラーメンのスープは、ありそうでなかなかありません。
歯応えを楽しめて味もよいロース肉チャーシュー、メンマ、50円増しのほうれん草、鳴門、海苔もスープと一緒になることによってより一層美味しく食べられます。
青島は、好みなんでしょうが、やっぱり『うまいっす』。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.13

ミルクシーフードカップヌードル

ミルクシーフードカップヌードル

ミルクシーフードカップヌードル

シーフードカップヌードルにホットミルクを入れて食べるという方法が密かにブームになっていたようです。それを、お湯だけで同じ味が出るようにしたミルクシーフードカップヌードルが12日に発売になりました。
しかし、12日に数店舗のコンビニに行きましたが、店頭には並んでいませんでした。本日ようやく見つけました。即購入!
で、食べてみました。
シーフードカップヌードルの味を基本に考えると、別の食べ物ですね。
クリームシチューのようなまろやかな優しい味で、シーフードのような和にも通じるような美味しさとは、違うステージのものです。
これはこれで美味しいと思いますが、シーフードヌードルの方が好みです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

はるな

はるな ラーメン

高崎市の「お食事処 はるな」です。
高崎駅の構内にあります。高崎の名物「だるま弁当」のたかべんが経営しているお店です。頭文字Dのファンとしては、「お食事処 あきな」の方がいいけど知名度が低くてだめですね。
高崎に仕事で訪れる際にネットで調べたら、高崎駅構内のたかべんのラーメンが、町中のラーメン屋さんに引けを取らないくらいに美味しいとの情報がありました。その時は、食べる時間とお腹の減り具合が合わなくて諦めました。リベンジとか大袈裟なものではありませんが、ようやく来ました。
メニューは、そば、うどん、ラーメン、カレーライスなどです。駅そばのお店の品揃えを良くしたような感じです。
店前に食券販売機があります。食券を購入しようとしたら、なんとSuicaが使えます。携帯電話をセンサーに近付け、シンプルにラーメンの食券を購入しました。
お店の中に入り、厨房前のカウンターに食券を出します。『出来たら呼びますのでお待ち下さい』とのことです。店内は、4人掛けと2人掛けのテーブルがあります。駅構内で座って食べられるっていいですね。セルフサービスの水を飲みながら待ちます。他にお客もいないためか、すぐに出来上がりました。
カウンターでラーメンを受け取り、席にもどります。シンプルなラーメンです。最近のラーメン屋では見ることのない、夫婦でやってる老舗ラーメン屋で出てきそうなラーメンです。
麺は、やや細のストレートに近い僅かな縮れの残る麺です。モチモチした感じがします。細目のモチモチした麺はあまり美味しいという記憶がありませんが、この麺はなんか美味しい麺です。麺自体から旨味が伝わってきます。旨味を麺に混ぜ込んであるように思えます。
スープは、醤油色が普通の濃さの少し濁りのあるものです。味も醤油のあっさりしたものです。でも何でしょうか。あっさりしているのに、旨味があります。醤油の濃さとダシがちょうど良いバランスなんです。ダシは、魚系と昆布が効いてます。鶏ガラも使っていそうです。でしゃばる物のない美味しいスープです。
トッピングは、やや小さめのチャーシュー、少な目のメンマ、ゆで卵半個です。
ボリューム感には欠けますが、なかなかあっさり纏まりのある美味しいラーメンでした。駅構内という限られた人を相手にしている場所のラーメン屋ですが、420円ととても安い値段でしっかり美味しいのにはビックリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

紅虎餃子房

紅虎餃子房 名物四川タンタン麺


東京は汐留の「紅虎餃子房」です。
中華料理のお店です。比較的新しいビルの中に入っているので綺麗です。
東京の昼時は、混んでます。お昼少し前ですが、既に並んでいます。
メニューは、ランチをはじめご飯物が中心ですが、麺類も数種類あります。麻婆麺か広東麺があればと思いますがありません。名物四川タンタン麺が、名前で美味しそうなので注文しました。
昼時の回転が良いようにしているのでしょう。そんなに待たずに出来てきました。
中華らしい真っ白な小さく深さのある器です。あれ、良く見たら以前に食べたことのあるものです。ちょっとガッカリ!
麺は、普通の太さでやや縮れの強いものです。少し硬めに茹でられています。インスタントラーメンの茹で時間が足りなかった時のような感触です。そんなに美味しさを感じる麺ではありません。
スープは、名前の通り、そして見た目の通り辛いものです。どんくらい辛いかと言われると万人向けの辛さです。辛口、チョイ辛、中辛、大辛、劇辛の辛口くらいです。小学生にはきつい辛さでしょうか。また、胡麻のまろやかさがその色と相まって、辛さを無視すればデミグラソースのような味わいにも似た旨さと深みがあります。
トッピングは、挽肉を辛目に炒めた物がのってます。
これで880円ですか?
味的にはまあまあですが、量と値段を考えると、これじゃあ生活していけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.12

そばよし

そばよし みそバターラーメン

柏崎市の「そばよし」です。
柏崎駅前にあります。
お店は、細長く奥行きがあり、右に厨房、中央にカウンター席、左にテーブル席があります。古くからの街に溶け込んだ雰囲気のお店です。昼時に着きましたが、カウンター席がポツリポツリと空いているだけで、おばあちゃんの2人組がお店の中で待っています。一人だったのでカウンター席に案内されました。
メニューは、ラーメン屋と中華料理店の間のようなメニューが用意されています。大きなチャーシューを花びらのようにトッピングしたチャーシュー麺が有名ですがこの前食べたので、まだ食べたことのないみそラーメンにしようと思ったらみそバターラーメンが50円UPだったのでみそバターラーメンにしました。
他のお客は?と言うと焼きそばを食べているお客が多いです。サイエンスアカデミーに子供を連れて来た時の昼食で、子供が焼きそばを注文し、残りを食べたときの美味しさは、まだ記憶がしっかり残っています。それ以降も何店かで焼きそばを食べましたが、そばよしほどの美味しい焼きそばには、出会っていません。この次は、久々に焼きそばでも食べようかなと思っているとラーメンが出来てきました。
大きめの器にドーンとやってきました。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。歯切れは良いのですが、ツルツルした感じはありません。中華系に多いあんかけなんかとの絡みの良い麺です。焼きそばもこの麺がソースとの絡みが良く美味しくなるのでしょうか。
スープは、合わせ味噌のあっさりしたものです。ラーメン屋さんで味噌ラーメンもやってますよ、といったあまり特徴のないスープです。ただ、バターが甘いような風味と味のまろやかさを増し、なかなかいい感じになりました。
トッピングは、キャベツ、もやし、人参、挽肉の炒め物です。しっかり炒められていて、キャベツが美味しく、挽肉の量も結構多めです。なぜか鳴門ものってます。そしてバターです。
680円のみそバターラーメンでした。まあまあ普通の味噌ラーメンでした。バターが嫌いじゃなければ、バター入りをお勧めします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.11

にいがた食の陣 「秋」

にいがた食の陣 「秋」

にいがた食の陣「秋」の古町会場に行ってきました。
天候のためか、遅くなってしまったためかそんなに混んでませんでした。
冬のときは、通路を歩くのも大変でしたが、今年は楽でした。

かも汁

風もあり寒いので着いてすぐにかも汁で身体を温めました。
鴨の肉らしきものは小さいのがちょっと入っているだけ、油も大して浮いていなくて、野菜煮込みですね。

とん汁

知り合いからいただいたとん汁です。
遅めだったためでしょう、ちょっとしょっぱかったけど、煮込まれていてうまい。

おにぎりも食べましたが、写真が黒い塊りで使い物になりません。

越後もち豚串焼き

やっぱり肉か魚が食べたくなりますね。
今日の越後もち豚串焼きは美味しかった。ふるさと村よりも美味しい。

「豆八」の最中アイスも食べました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

かも屋 最終章

かも屋 最終章

かも屋 最終章

かも屋 最終章

かも屋のカップ麺が、また出てましたね。
しばらく前に出ていましたが、食べる機会がなくて今時になってしまいました。
しょっと油の浮いた美味しいあっさりスープとシコシコの麺が特徴です。
感謝の気持ちのワンタン入りです。
美味しいけど値段なりですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.10

神戸プリン

神戸プリン

神戸プリン

大阪は、伊丹空港で購入のお土産第2弾。
食べてみたかった神戸プリンです。
1個210円とかなり高いプリンです。
濃厚な卵の旨味が美味しいです。
ミルクが濃厚なソフトクリームのような満足感です。

トーラク(販売元)のからの紹介
厳選した卵と生クリーム、そして隠し味に使った柑橘系リキュールが、深いコクとフルーティーな味わいを作り出しています。
プリンそのものの、さわやかな風味と絹のようななめらかな食感をお楽しみいただけるよう、カラメルソースを別添えにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八ツ橋

聖護院 八ツ橋

いつもは、あまりお土産を買わないんですが、たまにはと言うことで。
大阪は、伊丹空港で購入のお土産第1弾。
聖護院の聖「黒胡麻」抹茶詰合わせです。
黒胡麻10個・ニッキ6個・抹茶6個の筈が目を放した隙に…

聖護院からの紹介
ほど良い甘さの、黒胡麻の風味を大切にした聖護院の黒胡麻餡。
生地には黒胡麻と厳選した食用竹炭を使用して、餡の風味をより一層惹きたてています。
体にやさしい味わいの聖護院「黒胡麻」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古潭

古潭 阪急グランドビル店

大阪は梅田の「古潭 老麺」です。
WENS東奔西走さんから、新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」の記事に『大阪にも同名のラーメン屋さんがあるよ』とのコメントをいただいておりました。大阪に行く機会ができたのでお邪魔することにしました。
大阪近郊に13店舗を構えるチェーン店です。梅田の阪急グランドビル店を目指します。阪急グランドビルの地下1階にあります。大阪の地下街は複雑で苦手です。同じところ何度も通ったりしながらたどり着きました。地下街にあるラーメン屋さんですが、昼時と言うのもありますが並んでいます。
メニューは、醤油と味噌があり、トッピングの追加や天心を加えたセットメニューなどがあります。塩や塩アレンジもあります。オーソドックスな古潭ラーメンのしょうゆ味にしました。

古潭阪急グランドビル店 古潭ラーメン(しょうゆ)

とんこつと醤油の期待していた通りの見た目です。
麺は、普通の太さのストレート麺です。ツルツルした歯応えの良い麺です。ストレートだからでしょうか、余計ツルツルに感じます。
スープは、とんこつ醤油です。九州ラーメンのような白濁食ではなく、やや透き通るコラーゲンたっぷりタイプのスープです。旨味もあります。だれでも美味しく食べられそうな好き嫌いに左右されにくい味です。
バラ肉巻でそこそこの厚みと歯応えのあるチャーシュー2枚、人参の千切り、九条葱がのってます。人参の千切りって珍しいですね。チャーシューは十分ですが、他のトッピングが寂しく感じます。
地下街ですが大阪梅田と言う場所で630円でこんなしっかりしたものを食べられることはさすがです。食い倒れの大阪だったらもっと安くてもいいかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.11.09

鶴丸

鶴丸 カレーうどん

高松市の繁華街のちょっと端にある「鶴丸」です。
夜食のうどんになります。3食目の讃岐うどんです。
2食目は夕食です。「川福本店」で鍋を囲んで、最後にうどんを入れていただきました。ざるうどんを最初に出した老舗とのことです。
寝る前に小腹が空いたのでうどんを…。讃岐の人に成りかけています。
「鶴丸」はそんなに大きなお店でもなく、セルフでもないようです。深夜なのに並んでいます。お店に入ると2階に通されました。2階も合わせると50人くらい入れるでしょうか。小さなお店じゃないですね。
普通のメニューの他に、アレンジされたメニューもあります。お店で一番人気のカレーうどんにしました。
小さく深みのある器に品良く盛られてきました。
コシのある、程良い歯切れのうどん。カレーはボンカレーに似た味です。大きく硬な牛肉が入っているのが違います。
美味しさはありますが、讃岐らしさをあまり感じられないうどんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たみ家

たみ家 かけ

高松市の「たみ家」です。
今日は、四国は香川県高松市。讃岐うどんの本場です。
街の主要な通りにはアーケードがあり、自動車の乗り入れが規制されています。広々としていて自転車の通りが多く、新潟では見たことのない光景です。通りにはラーメン屋もありますが、やっぱうどんでしょう。
本当なら瑠美ばあちゃんの池上製麺所に行きたかったのですが、公共交通機関では無理らしく、タクシーもかなりのお金らしく、レンタカーもそれなりにお金が掛かるので諦めました。
高松市の繁華街を抜けたところにある「たみ家」です。セルフの小さなうどん屋さんです。新潟の「こびきや」にシステムは似ています。お店の大きさが、ファーストフード店のようです。うどん1玉が90円からです。めちゃ安です。かけ2玉にちくわ揚げと玉子で、300円代です。ねぎ、天かす、生姜、大根おろしは無料です。
うどんのことは、良く判りませんが、適度なコシと歯切れの良さは、三条燕系の太麺よりも心地よいような気もします。
薄い色のダシの効いたつゆが美味しいですね。関東風の醤油色のしょっぱめのつゆも好きですが、関西風も美味しいですね。関西風って言っちゃいけないのかな。
讃岐うどんは、庶民の生活に根付いた美味しい食べ物です。新潟にもそんな食文化が欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.08

ラー戦場

ラー戦場 北の大地の塩ラーメン

埼玉県の大宮駅前そごうデパートのレストラン街にある「ラー戦場」です。
1軒のラーメン屋で4人の職人の違ったラーメンを食べれるお店です。人気が出て評価されると勝者と卒業できます。評価されないと退場させられます。
職人の名前は忘れましたが、サザンの曲が聞こえてきそうな湘南塩ラーメンという名のラーメンを食べようと思っていましたが退場させられたようでメニューにありません。代わりに入った石澤一学の北の大地の塩ラーメンが美味しそうなので食べることにしました。
食券を購入し、案内されたカウンター席に座ります。石澤一学が目の前でラーメンを作っています。今日は、そんなに混んでませんが、1人で来た人はカウンター席のようです。関根熊源の北海道白味噌ラーメンは相変わらず人気があり、石澤一学の目の前のカウンター席まで侵略しています。関根熊源の北海道白味噌ラーメンが石澤一学の目の前で食べられています。屈辱的でしょうね。奮起させるためなんでしょうか。
北の大地の塩ラーメンが出来てきました。塩らしい透き通ったスープです。色鮮やかなトッピングもいいですね。
麺は、普通の太さの縮れでツルツルしています。モチモチ感もありますが、プリプリした歯切れが良さもあります。普通の麺のようでなかなかバランスの取れた美味しい麺です。
スープは、ゲンコツと鶏ガラベースにモミジと2種類の魚節と7種類の野菜を使用。タレは天然塩と白醤油にホタテの旨味をを使用してさっぱりと仕上げているとのことです。食べてみると塩のまろやかな美味しいスープです。まろやかさがありますが、そのためにあっさり感が損なわれているような気がします。でも、それがいい具合でバランスが取れています。
トッピングは、豚バラチャーシュー、黒木耳、白木耳、あおさと説明があります。豚バラのチャーシューは1枚もののやや軟らかめのチャーシューです。緑色・赤色・白色の海草とキクラゲかと思いましたが違うようです。キクラゲかと思ったのは黒木耳、白い耳の海草と思ったのは白木耳、緑色と赤色の海草と思ったのはあおさでしょう。キクラゲかと思ったものは、表面がコーデュロイのような変わった感触です。キクラゲではないようです。口の中ではあまり味わったことのない、喉の通りの悪いものです。海草もキノコも好きなんで、その色合いの組み合わせで目から楽しませてもらいましたが、味的には今一つかなと思います。あおさらしきものが磯の香りがしました。塩ラーメンに磯の香りは最高ですね。でも、岩海苔の方が良かったな。
北の大地の塩ラーメンという名前で、ジャガイモやとうもろこし、間違うとラベンダーや夕張メロンとかと思いましたが全然違いました。北海道出身の石澤一学ですが、北の大地は違うんじゃないでしょうか。北の塩ラーメンでいいんじゃないですか。関東の大きな駅前デパートの中、630円で食べられることを考えると満足できる一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.07

昭和のカレーヌードル

昭和のカレーヌードル

仕事帰りにコンビニで昭和のカレーヌードルを見つけました。
日清食品ですがカップヌードルのシリーズではありません。
おまけに、即席ハウスカレー使用と書かれています。
ハウス食品は、麺類出していなかったかなと思いながら食べました。
昭和のカレーってなんだ。カレーの缶入りの粉を小麦粉で延ばしたものでしょうか。

昭和のカレーヌードル

カップヌードルカレー食べた方が、良かったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
新潟市の中心街、WITHビルと三越を直線的に結んだ中間くらいにあります。
お店は、右側中央から奥に厨房、その手前と中央寄りににカウンター席、左側に小さな2人掛けのテーブルが2卓と全部で12席ぐらいの小さなお店です。壁を綺麗に張り替えてからは、今までの綺麗じゃないお店が嘘のようです。厨房に昔の面影がありますが…。それに、小さいお店と言うことで、終日禁煙なのが嬉しいですね。お昼も真っ最中の12時15分頃に着きました。カウンター席が2席空いているだけで、久々に混んでいる状態に遭遇しました。食べ終わって帰るまで入れ替わり立ち替わり混んだ状態が続きました。
メニューは変わらず、ラーメンとうま煮そばです。メニューは、左側の壁に紙に書かれたものが貼ってあるだけです。以前は、もやしラーメンもありましたが、改装後なくなりました。あれ、改装前は「うま煮ラーメン」でしたが、「うま煮そば」に変わっています。前回食べた時は気付きませんでした。まあ、いずれにしても食べるのはうま煮です。『うま煮!』とお願いしました。
後から来たお客さんも『うま煮』と注文しています。昨日の「古潭」の味噌野菜ラーメンといい、今日のうま煮そばといい、他にもメニューはありますがその店を代表するメニュー以外が全然出ないというのも凄いですね。白寿は時間にもよりますが、うま煮をまとめて作ります。昼の早い時間だと一般的な大きさの中華鍋になみなみと作ります。7~8人前くらいはあるでしょうか。今日はタイミング良く、うま煮を作って1~2人くらい出たところでした。運良く、あまり待たずに出来上がりました。
今日も、褐色のうま煮が美味しそうです。
麺は細麺よりも細く、極細煮に近い太さのやや強い縮れの麺です。細麺らしいシコシコした歯応え、強めの縮れが絡めてくるうま煮との調和の取れた味がたまりません。うま煮そばのための麺と言い切っちゃいたくなる麺です。
スープは、良く判りません。うま煮と混ざってしまうことが多く、スープだけを飲むことがなかなか出来ません。少しうま煮が混じったスープを飲んでも判ることは、癖のないシンプルなスープだと言うことです。
さて、この店の顔の「うま煮」です。白菜ともやしなどの野菜がトロミのあるあんかけになっています。いつもより多少ニンニクが効いています。いつもより玉子が多めです。嬉しくなってきます。
ヘルシーで美味しいうま煮そばでした。いつまでも500円で食べれますように。
寒くなってくると並ぶようになるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.06

古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+野菜大盛

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅前の道をまっすぐ、最初の一時停止のある交差点を左に曲がり進むと左側にあります。お店は奥行きがあり、右側に厨房、その左側にカウンター席、一番手前にテーブル席1卓、左奥に座敷があります。12時15分にお邪魔しましたが、お店の中に4~5人並んでいます。ちょうど昼時ちょっと前に来たお客さんが多いのか、一気に席が空きました。前の人まで奥の座敷に進み、次です。注文を聞かれました。今日は、ちょっとお腹が空いているのでどうしましょう。
メニューは、醤油、味噌、塩があり、それらの野菜ラーメンと納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。特製ラーメンは、以前食べてあまり好みじゃなかったので、パスして野菜味噌ラーメンの野菜大盛りとヘルシーなものを注文しました。
後から来た人は、野菜味噌ラーメンにトッピングを加えています。チャーシューや玉子が人気のようです。トッピングがいずれめも50円なので、あまり気にせずバンバン頼めます。カウンターが4席空き、待っている人がいなくなりました。ほとんど待たずにラーメンが出来上がってきました。
他の人のラーメンと見比べると野菜の山が全然違います。ラーメン二郎のように同料金ではありませんが、見て楽しめる野菜の量です。トリプルも頼めるのかなあと、次への展開が開けてきます。
麺は、やや細めの縮れで歯応え、ツルツル感やモチモチ感などずば抜けてどうこう言う特徴はありませんが、バランスの良い好きな麺です。味噌ラーメンにも細い麺は合います。もっと多くのお店で細麺の味噌ラーメンが食べられればと思います。
スープは、白味噌仕立てのあっさりしたものです。白味噌らしくあっさりしているのに、味噌の旨味と適度な甘さがあります。この点が他の味噌ラーメンに勝っているのでしょう。
そして、トッピングです。茹でた野菜のみです。野菜は、その度に茹でるのではなく予め茹でた野菜を角バットに入れてあり、麺を器に入れてから上にのせます。種類は、キャベツともやしです。もやしは、ありきたりのものと変わりありません。違うのは、キャベツです。キャベツと言うよりもレタスの食感です。根に近い太い(厚い)部分や外側や中心の小さい部分を使っていないようです。茹で加減が良いのでしょう。
ヘルシーにお腹いっぱいなりました。トリプルでも食べれそうです。普通盛り600円ですが、野菜大盛り700円でした。それ以上に満足できた一杯です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.11.05

なんばん屋

新潟市の「なんばん屋」です。
新潟駅南のけやき通りの西側、突き当たりの手前にあります。GOINGOINの姉妹店です。
お店は、左側に厨房、その手前と中央よりにカウンター席、右側にテーブル席、奥に座敷があります。お昼ちょっと前に着きましたが、他にお客が一人いるだけです。
メニューは、醤油、ブラック、ホワイト、レッド、激辛麻婆ですが、レッドと激辛麻婆は夜限定メニューです。ランチタイムに始めてお邪魔しましたが、ランチセットもあります。チャーシュー飯付きです。値段がラーメン単体だと590円ですが、ランチセットが680円とかなりお得そうなのでブラックをランチセットにしました。

なんばん屋 ブラック

醤油の濃い色です。富山ブラックほどではないものの新潟ではかなり濃い目の色のスープです。
麺は、やや細のストレートに近い自然の縮れが少しある麺です。歯応えもまあまあいい感じです。スープが特徴あるラーメンなのだから、麺は負けないようにでしゃばらないようにって感じでしょうか。
スープは、色から来た印象どおりのものです。富山ブラックが正面からドーンとくる男性的なしょっぱさとすれば、このラーメンはホワーっと全体的に包みながら来るような女性的なしょっぱさでしょうか。しょっぱいけど優しく、程良い甘みもあります。割りスープも付いてきます。食べ終わる最後の割りスープを入れて食べました。鰹節だと思うのですが魚系の割りスープです。日本そばの「そばつゆ」か「そばつゆのそば湯割り」のような美味しさが広がります。
トッピングは、軟らかく味が薄めで煮魚のような歯応えの苦手なチャーシューは1枚です。以前、単体でブラックを食べたときにはチャーシューが2枚でした。ブラックとして1枚に減ったのか、ランチセットが1枚なのかは不明です。そのほかにほうれん草です。トッピングではありませんが、黒胡椒も粗挽きのものが多めにかけられています。締まった味になっています。

なんばん屋 ランチセット(チャーシューハン)

チャーシューの小さく刻んだものをタレに絡ませているようです。上にかけられた海苔も良い香りをさせてくれます。半ライス程度と量は多くありませんが、セットとしては良い量です。
ラーメンが美味しく、セットも安く程よく纏まっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.04

文化祭 焼きそば

焼きそば

今日は、息子の学校の文化祭に行きました。
子供たちが一生懸命作った焼きそば
とても美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.03

岡村家

岡村家 節だし醤油麺

新潟市の「らーめん 岡村家」です。
間違って二重に書き込んだんじゃありません。昨日食べて気になったメニューがあったので二日連続でお邪魔しました。
青山から黒崎に向かう道沿いにあります。
お店は、左側から中央奥に厨房、その前にカウンター席、右側に小上がりがあります。12時30分過ぎにに着きました。小上がりはいっぱいで、長いカウンター席が半分埋まっているくらいです。カウンター席に案内されました。
メニューは、醤油・味噌をアレンジしたものと担々麺とつけめんです。気になったメニューは、醤油です。昨日は、基本ぽい値段の安いコクだれ醤油麺にしました。もうひとつ節だし醤油麺と言うのがあります。そう気になったのはその節だし醤油麺です。味玉半個入りのコクだれ醤油麺が550円なのに650円もします。100円もの違いはなにかなと気になったのです。トッピングでしょうか。もちろん、節だし醤油麺にしました。
醤油の色が淡い、透き通っていない色のスープのらーめんです。トッピングが、豪華かなと思っていましたが、違いました。
食べようとしたら、お店のおばさんが『席を移ってもらえませんか』と言ってきました。3人連れの家族が来たようです。右に1人分ずれるだけなので別に良いんですけど、お願いするような言い方じゃなく、動くのが当たり前だろうとでも言いたいような事務的に話しているだけです。こちらが『良いですよ』と言うのが判っているかのように、返事する前にもう『さっさと動いてよ』とでも思っているようにラーメンと水のコップを動かすような仕草、ムカッてきたけど大人げないこともしたくないのでそのまま『良いですよ』と移動しました。料理が運ばれてから席を移ってもらうことをどう考えているんでしょう。これじゃ美味しさ半減です。
麺は、コクだれ醤油麺と同じ細縮れのツルツルした触感で少しモチモチした歯応えのものです。魚だしののスープにも合います。
スープは、一般的なとんこつ醤油のような色です。鰹節のようないい香りがします。人によってはキツイかも知れないですね。節だしですが、最近はいろんな節があり何、何と何を使っているんでしょう。旨味もかなりあります。醤油の美味しさもあり、好みの美味しいスープです。スープを飲み終わるときに魚の香りの粉末が残ってました。できれば粉は使わないで欲しいですね。
トッピングは、やや軟らかめのチャーシュー、歯応えのあるメンマ、のりが2枚です。コクだれ醤油麺に比べ味玉半個、水菜が足りません。値段が100円高かったので、多少でもトッピングが豪華になるかと思っていたのですが違いました。
美味しいラーメンだとは思いますが、650円は少しお値段高いんじゃないでしょうか。コクだれ醤油麺550円がコストパフォーマンスいいだけに比べてしまいます。凄い素材を使って旨味を出しているのかな。
帰りの精算の時に、おねえさんの店員から『席移っていただきありがとうございました』とお礼の一言と笑顔がありました。お店ではおばさんの方が偉そうにしているように見えましたが、若い人を見習ったら…。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007.11.02

岡村家

岡村家 コクだれ醤油麺

新潟市の「らーめん 岡村家」です。
青山から黒崎に向かう道沿いにあります。
お店は、左側から中央奥に厨房、その前にカウンター席、右側に小上がりがあります。遅い昼だったので、お客がポツリポツリといるだけです。
メニューは、開店当時と変わらず醤油・味噌をアレンジしたものと担々麺とつけめんです。開店当時は醤油が中心でしたが、今は担々麺が中心になっているようです。値段も50円前後上がっています。 基本ぽいコクだれ醤油麺にしました。
醤油色が濃いめのしっかりした味を楽しめそうならーめんです。
麺は、細縮れのツルツルした触感で少しモチモチした歯応えのものです。醤油のしっかりした味に相性の良い麺です。
スープは、どんだけしょっぱいんだよと思うほど黒っぽいものです。たまり醤油でも使っているのかなと思えるような色です。メニューには、黒醤油使用と書いてありましたが、黒醤油ってなんだ。白醤油って言葉は良く聞くけど、それに対して普通の醤油をそう言っているのか。いや、普通の醤油よりはかなり色が濃いめですから別物なんでしょう。たまり醤油ほどではありませんが、ちょっと普通の醤油と違うような感じもあります。でも、醤油の旨さと程良い甘さを感じられる美味しいスープです。
トッピングは、やや軟らかめのチャーシュー、歯応えのあるメンマがちょっと多め、味玉半個、水菜、のりと充実しています。
全体のバランスの良いラーメンです。550円で味玉半個付きですからワンコインラーメンに匹敵する美味しいラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.11.01

孔明

孔明 らーめん

新潟市の「ラーメン亭 孔明」です。
新潟駅南からの弁天橋通りの亀田寄りにあります。
お店は、右側に入口があり、左側に厨房、中央奥に向かい合わせで仕切りがありカウンターのように使える大きなテーブル席、中央手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。12時過ぎに到着しました。車は駐車場にすんなり入れられましたが、お店は待ちの並びが4~5人あります。思ったより早くカウンター席に案内されました。前に柱があり照明の陰になっています。上手く写真が撮れるか心配です。
メニューは、らーめん、みそらーめん、それらにチャーシャーを加えたもの、つけめんがあります。久々ということもあり普通のらーめんにしました。
待っている間に次々とお客さんが入ってきます。お客さんの人気は、つけめんです。あつ盛りを注文している人が多いようです。混んでいる事もありそこそこ時間がかかってらーめんが出来てきました。
澄んだ適度な濃さに見える醤油の色が食欲をそそります。
麺は、普通よりも少し太めの縮れです。ツルツルした触感とモチモチした歯応えの美味しい麺です。
スープは、醤油の色が程良く澄んでいます。醤油味が活かされた癖のない美味しいスープです。
トッピングは、大きめで薄く軟らかめですが味のしっかりしたチャーシューが2枚、メンマ、程良い味の味玉半個、鳴門、のりです。
580円でこれだけの味とトッピングですから、ワンコインに近い充実したものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »