« 青島食堂 | トップページ | 伝道師 »

2007.11.28

とうちゃんラ-メン

とうちゃんラーメン 閉店

長岡市の「とうちゃんラーメン」です。
長岡駅東口近くにあります。
ちょうさんのブログに今月で終了と紹介されていました。気になるラーメンがあったのでお邪魔することにしました。
このお店は午後の休みなしの連続営業しているので、昼食時間を外してしまった時にありがたく利用してました。午後休みなしでやっているお店ということで数店舗ありますが、亀井さんのコメントをいただいてから「とうちゃんラーメン」が食べたくなって食べて、好きになって2回お邪魔しておりました。今回で3回目で最後になります。
お店は、昔からのラーメン屋さんて感じの下町っぽい雰囲気です。奥行きがあり左側に厨房、手前と中央寄りにカウンター席、右側に小上がりがあります。午後1時をちょっと回ったときに着きましたが、結構お客さんがいます。メニューは、ラーメンとそれらにトッピングを加えたものと塩ラーメンがあります。ニンニクラーメン、ニコニコラーメン、なんこつラーメンがあります。どれも食べていないので、いつか食べてみたいと思っていましたが今日で来られる日が最後になりました。一番気になっていたなんこつラーメンにしました。

とうちゃんラーメン なんこつラーメン

大好きな半熟玉子の半分が3個(1.5個分)、豚の生姜焼きみたいながのっているんじゃないかと思うようなチャーシューです。豚バラ肉の一枚ものようなチャーシューです。、そして、椎茸か舞茸のような、最初きのこかと思うようなものがその下にあります。
麺は、普通の太さで普通の縮れの良くあるような麺です。でも、ツルツルした触感と適度なモチモチ感のとても美味しい麺です。青島に似た麺です。
スープは、醤油色のしょっぱくないか心配になるような色です。麺を食べようすると生姜の香りが判ります。長岡生姜醤油系でも生姜が効いている方です。これ以上生姜がキツイと美味しくなくなるかもと思うくらい効いています。ラーメンやチャーシューメンのときはそんなにしょっぱく感じませんでしたが、今日のスープは、富山ブラックほどではありませんが結構濃い目です。ラーメンやチャーシューメンのときは感じませんでしたが、今日の濃い目のスープだとたまり醤油っぽく感じます。
トッピングは、半熟玉子の半分に切ったもの3個(玉子1.5個分)が最初に目に入ります。醤油で味付けされていて、外側が赤玉子のような色をしています。生姜焼き定食の豚バラ肉の生姜焼きのようなチャーシューが2枚とメンマと海苔がのってます。チャーシューは、脂身の混じり、歯応え、味付けともいい感じです。メンマもシャキシャキした歯応えのあるものです。その下になんこつとその周辺の肉をチャーシューにしたものがあります。最初見たときは、椎茸か舞茸のように見えましたが、お肉系でした。軟骨とその周辺で出来たチャーシューは、醤油色ですが、その色に負けないくらいしっかりとしたしょっぱさがあります。中心部に軟骨があり、コリコリとした感触を楽しめます。さらに歯応えのあるメンマも美味しいものです。
最近多い上品な感じのラーメンではなく、下町のボリュームのあるラーメン屋です。850円と安くはありませんが、味、トッピングの充実を考えると十分満足できるものでした。

|

« 青島食堂 | トップページ | 伝道師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/17219341

この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんラ-メン:

« 青島食堂 | トップページ | 伝道師 »