« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007.12.31

2007年 ラーメン集計

2007年の食べたラーメンを集計しました。

  総数  359杯(県外49杯含む)
  記事  358杯(県外49杯含む)

記事にしてない1杯は、新潟に転勤で着た時から新潟のラーメンの美味しさを教えてくれたラーメン恩師の通夜振舞いのラーメンです。
ご冥福をお祈りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安比の高原アイスクリーム

安比の高原アイスクリーム

こちらもローソンで販売したものです。
安比の高原アイスクリームって言われても、安比はスキー場でしょ?
岩手県は、小岩井を良く見かけますが安比は始めて見ました。
買ってからレシートを見てびっくり280円もするんです。
それだけのまろやかな美味しさはありましたが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カップヌードル

秋田のローソンで見つけたカップヌードルです。
新潟で見たことがなかったものです。
新潟で気付かなかっただけか?
今、発売されたのか?
地域限定なのか?

カップヌードル・ベーコン旨ダレ醤油

カップヌードル・ベーコン旨ダレ醤油は、旨ダレ醤油とおり醤油味らしいものです。ベーコンは、小さすぎて名前負けですね。

カップヌードル・ネギしお豚カルビ

カップヌードル・ネギしお豚カルビは、ネギしおの味はなかなかです。カルビは、量はそこそこ入ってますが小さくて食べたって感じはありません。
どちらもまあまあかなと思いますが、もう少しインパクトが欲しかったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.30

水沢温泉

水沢温泉

乳頭温泉をあきらめ、日帰りのための温泉のある水沢温泉です。
ここは、乳頭温泉に引けを取らない硫黄温泉です。屋内に2つの温度の異なる浴槽、露天風呂も温度の異なる2つの浴槽があります。

水沢温泉 露天風呂

露天風呂の温めの浴槽は深さ1mもあります。最初に子供を連れて行ったときには、何気なく入って溺れそうになったことを思い出します。
雪が結構降っています。最高のスチエーションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乳頭温泉 蟹場温泉

秘湯として名の知れた仙北市(旧田沢湖町)の「乳頭温泉」です。
田沢湖駅周辺は、雪が全然ありません。田沢湖スキー場前の坂を上ったところから道路に雪があり、田沢湖高原からは圧雪路になっています。4WD車ですが、後輪駆動(FR)のまま、スタッドレスタイヤも今年で最後かなといった状況ですが、そのまま進んでみます。

鶴の湯 入口

乳頭温泉でも一番手前から脇道に入るのが鶴の湯です。
細い山道を進むと鶴の湯のマイクロバスも往復しています。広い場所ですれ違いながら鶴の湯に到着です。

鶴の湯

人が多く秘湯と言った雰囲気が薄れてきていますが、日帰り客がいない時間は風情を取り戻します。

鶴の湯 日帰り案内

日帰りの入浴は午後3時までです。
FRに古びたスタッドレスタイヤですが、飛ばさなかったので軟らかな右足操作で往復できました。

蟹場温泉

乳頭温泉の一番奥に位置するのが、蟹場温泉です。
小学校の乳頭山登山のときに大広間に泊まったのが最初でした。そのころの乳頭温泉は、静かな秘湯そのものでした。露天風呂も小さなコンクリート打ちっぱなしのいけすの様な露天風呂でした。今では建物・露天風呂とも新しくなりました。午後4時30分で日帰り入浴終了でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.29

花葉館

花葉館

秋田は、仙北市(旧角館町)の「角館温泉 花葉館」です。
鄙びた温泉にでも入ってみようと思いましたが、時間が遅くようやく入れる温泉を見つけられました。午後10時の閉館に近い時間でしたので浴室の写真も撮れました。
昔から「ひでこ荘」と言う名で地元の多くの人々に親しまれた温泉です。建物も新しくなりました。泉質は、カルシウム、ナトリウム硫黄温泉です。
浴室は、ジャグジー風呂、一般風呂、電気風呂、うたせ湯、サウナ、露天風呂です。

花葉館 浴室

電気風呂と言うのは初めてです。入ってみると普通のお風呂です。浴槽の周囲にアルミニウムのような素材の電極板が数箇所あります。近づくとビリビリします。良い心地です。もっと近づくと、オー! かなりの電気ショックです。身体が震えます。なんか健康になれそうです。

花葉館 露天風呂

露天風呂はそんなに大きなものではありませんが、寒い土地の露天風呂は気持ちいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちくに

ちくに 中華そば

村上市の「ラーメン ちくに」です。
今年最後であろう新潟のラーメンは、最近食べていますが家族にも食べさせたいこともあり「ラーメン ちくに」お邪魔しました。村上地区を代表するラーメン屋さんです。
村上市役所近くの城下町らしい住宅地の中にあります。解り難い場所ですが、カーナビがあると楽ですね。すんなりたどり着けました。
お店前と近くの駐車場には、車が停まっています。お店の中へ入ると午後3時30分からと早い営業ですが、午後4時でも以外とお客さんがいます。
お店は、左奥に厨房があり、他は所狭しとテーブルが置かれています。すべて4人掛けのテーブルです。半分くらいのテーブルに座っています。
メニューは、中華そば600円と中華そば大盛り700円だけです。普通盛りの中華そばにしました。
おばちゃんが一人でやっているお店です。厨房にいるおばちゃんに中華そばをお願いして、セルフサービルの水を飲みながら待ちます。少し待って中華そばが出来上がってきました。
家族も見た感じから美味しそうな中華そばに釘付けです。
麺は、細い縮れで軟らかめです。普通だとそれだけで終わってしまいそうな麺ですが、食べるとスープとの馴染みが良いのでしょうか美味しく感じられます。
スープは、煮干しと動物系の混じったあっさりしたものです。あっさりしていますが適度な油が表面に現れています。旨味のあるスープです。透き通った色は、醤油と塩の中華の色合いです。味も醤油と塩の中間のような味わいで、程よい甘さがより一層美味しく感じさせます。
トッピングは、いい感じの歯応えで脂身のちょっと多目かなって感じのバラ肉の一枚もののチャーシューが2枚、薄切りのメンマ、鳴門、海苔がのってます。なかなか纏まった感じです。
100円値上がりも一人だとそんなに大した事ないと思いましたが、6人だと3600円で一人分の差が出ますね。チョット響きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.28

じじ&ばば

じじ&ばば 胡麻ラーメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあるラーメンや定食が食べられる居酒屋です。
遅い時間に食べられる美味しいラーメン屋さんで、気にって何度もお邪魔しました。
カウンターと小上がりのラーメンの食べられる居酒屋です。
昨日、今年最後と思い年末の挨拶をしました。
午前中仕事、午後3時まで大掃除、それから納会で午後6時頃には帰宅予定でしたが、仕事終了が午後9時になりました。そこからのうちわでの納会。で〆のラーメンとなりました。
メニューも本格的で醤油、味噌、塩、中華系と揃っていて、昨日は最後に基本のラーメンにチャーシューを加えてチャーシューメンにしましたが、今日は今年食たいと思って胡麻油が手に入いらずなかなか食べられなかった胡麻ラーメンにしました。
仲間とガヤガヤ話しながら待っています。今日はお客さんも多くちょっと時間がかかってできてきました。
やや大きく深いすり鉢型の器です。アルビレックスカラーに近い鮮やかなオレンジ色です。美味しい食欲をそそる色です。
麺は、細麺と普通の麺が用意されていますが、普通の麺が使われます。適度な縮れ、ツルツル感、適度なモチモチ感、美味しい麺です。
スープは、めちゃ辛です。胡麻ラーメンが辛さ調整できるのは知っていますがメチャ辛です。マーボーメンで辛いものが平気なのは知られていましたが、気を利かせて辛めに調理していただきました。胡麻のやわらかさと絡まって辛味が一層効きます。胡麻の風味と味の奥行きがあります。他のお店の胡麻ラーメンはだめですが、じじ&ばば美味しくいただけます。
野菜もたっぷりのってます。キャベツ、もやし、玉ねぎ、人参、ピーマン、筍、きくらげ、豚肉の細切れなどが炒められたものです。他に大きいチャーシュー、メンマと豪華ラーメンです。
作る人と好みが合うと何を食べても美味しいんですね。
今年はありがとうございました。
来年も美味しいラーメンお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

REAL SALT 55

上越市の「REAL SALT 55」です。
上越市はイオンショッピングセンター近く、警察署の裏にあります。
そう「GOGO宝来軒」が金曜日に塩専門店バージョンで営業するのです。
新潟には「笹川流れの塩」という美味しい塩がありますが、アメリカユタ州の岩塩と沖縄海水塩を使用しており、南国のリゾートを思わせる雰囲気のお店です。

REAL SALT 55 年越し

正月が近くなってきましたが、南国のリゾートにも正月をやってきます!?
門松がドーン! 正月らしくお客さんを迎えてくれる嬉しいような…
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらにその手前にテーブル席、左側にもちょっと離れてテーブル席があります。暖簾や店内のデコレーションが「REAL SALT 55」用に変更されています。南国リゾートのランチのお店の雰囲気です。13時前に着きました。お客さんが結構いますが、1人出来ている人が少ないのでしょうかカウンター席は空いています。
メニューは、書かれた紙が青っぽいものから白っぽいものに変わっていますがラーメンは変わっていません。貝類ダシの塩1号、魚介乾物類の塩2号、それらをブレンドしたREAL SALTがあります。塩2号にしました。
店内の雰囲気もそうですが、女性店員もアロハ見たいな服に麦藁帽子と南国風です。仕事をちょっとだけ離れてゆったり南国リゾート気分を味わっているとラーメンが出来上がって来ました。

REAL SALT 55 塩2号

白い器が、白い四角い皿の上にのってきました。ダイニングバーかと勘違いしそうな器です。

REAL SALT 55 箸袋

箸の袋まで「REAL SALT 55」専用に作っているんですね。ここまでやってくれると楽しいですね。「REAL SALT 55」とその他の曜日で本当に別のお店のようです。
麺は、塩専用の自家製麺です。やや細のストレートでツルツルプリプリした麺です。パスタっぽいコシの強いものです。
スープは、あっさりしているけどまろやかで塩の塩らしいミネラルっぽさもあります。前回食べたREAL SALT」よりも塩らしいラーメンです。とても美味しいスープです。
分厚く軟らかめですが、しっかり焼きの入った良い感じのチャーシュー、メンマ、鶉白醤油味玉2個、白髪ねぎ、星形にカットされた鳴門がのってます。
魚介のダシが効いた、そして塩の味も残しているとても美味しい作り手の意気込みが伝わる一杯でした。ただ、750円はお安くはありませんがまた食べてみたいラーメンです。ちょっと奮発しないと無理ですね。だから一週間に1度、金曜日に一週間ご苦労様で食べれるメニューかも…。金曜日だけの営業と言うのは良いシステムかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.27

じじ&ばば

じじ&ばば チャーシューメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあるラーメンや定食が食べられる居酒屋です。
遅い時間に食べられる美味しいラーメン屋さんで、気にって何度もお邪魔しました。
カウンターと小上がりのラーメンの食べられる居酒屋です。
メニューも本格的で醤油、味噌、塩、中華系と揃っています。
今年も最後かなと思い、基本のラーメンにしたかったのですが、チャーシューが美味しいのでチャーシューメンにしました。
出来上がったチャーシューメンは、バラ肉巻の大きなチャーシューがドーン。見ただけで嬉しいいですね。今年も最後かなとかお話していたら、チャーシュー1枚増量してもらえました。
麺は、細縮れです。プリプリした歯応えとスープと一緒になっての旨味など美味しい麺です。
スープは、あっさりしていながらまろやかさの味わいのあるものです。甘さ具合が最高!
トッピングは、ちょっとだけ軟らかいけど美味しいチャーシュー、メンマとシンプルです。
少しのアルコールも手伝って幸せな気分にしてくれる癒しの一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一平

一平 味噌ラーメン

神林村の「お食事処 一平」です。
神林駅の少し前の線路に平行な道を村上方面に進み、農協の倉庫などがある左カーブの右側にあります。
お店は、左奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、その手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。いつから今のお店でやっているかは知りませんが小綺麗なお店です。18時前ですが、そこそこお客さんが入っています。ようやくお昼ご飯にありつけました。時間的には夕食ですね。
メニューは、ラーメンが中心で、セット、チャーハンや丼などもあります。このお店でまだ食べたことのない味噌ラーメンにしました。
前回のチャーシューメンが美味しかったので、チャーシューやメンマの入った味噌ラーメンならいいなと思っていましたが、野菜炒めとコーンののったものでした。
麺は、細いやや弱縮れでツルツルしています。噛み応えは普通です。そんなに特色のある麺ではありませんがスープに合います。
スープは、赤白の合わせ味噌のようですが、白が強いような色と味です。あっさりもしていますが、まろやかな感じのきめ細やかな雰囲気のスープです。味噌らしいと言うより担々麺の胡麻の使い方を真似たような旨みがあります。
トッピングは、キャベツ、もやし、ほうれん草、人参、少しの豚肉の炒め物とコーンです。コーンは、あまり好きじゃないけど食べられないこともない悲しい存在…。
麺とスープの相性が「古潭」のような良さがあります。630円と値段も手頃です。味噌の美味しさが活きたラーメンとは違いますが、なんか美味しい印象の残る味噌ラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どっこん水

どっこん水

胎内市(旧中条町)の乙近くのどっこん水です。
県道3号線、新潟新発田村上線相違にあります。目印は新日本石油のGSの隣です。
水がコンコンと湧き出ています。
お昼食べ損なっていたので、15時過ぎのお昼ごご飯かな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.26

プルミエタージュ

プルミエタージュ ギムレットハイボール

忘年会も少し遅れてしまいもうチョット飲みたいなで「プルミエタージュ」寄りました。
ビールの後のお薦めのカクテルからギムレットハイボールです。
ジンベースで、ライムジュースお加え、炭酸(ソーダ)で割ったものです。
あっさり系!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一心亭

一心亭新潟店 塩ラーメン

新潟市の「一心亭新潟店」です。
西掘通に面しています。柾谷小路から少し歩いたところにあります。
うちわの忘年会の後、ラーメンでもということで「拾番」に向かったのですがお休みでした。後で判りましたが定休日でした。ならば次のお店で「一心亭新潟店」にしました。
夜10時開店という完全夜型ラーメン店です。今回で3回目になります。
お店は小さなカウンター席だけのお店です。正面と左側に厨房があり、厨房にカウンター席が囲まれているという他で見たことのない造りです。おっちゃん一人でやっているお店のようです。
醤油、塩、味噌、担々麺などのメニューになっています。おでんもあります。拾番のラーメンが食べたいなと思っていたので、前回と同じですが拾番の味に似た塩ラーメンにしました。
麺は、細縮れのプリプリした歯切れの良い美味しい麺です。
スープは、塩らしい味がまろやかでしっかり効いています。油が程よく浮いていて、美味しさを増してくれます。
小さめですが、味のしっかりしたチャーシュー、メンマ、海苔がのってます。
飲んだ後って言うのもありますが(素面で行ける時間やってない)なかなか美味しいラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃の木亭

上越市板倉区(旧板倉町)の「桃の木亭」です。
新井柿崎線から東の山手より、最初だとなかなか解かり難いかも知れません。
古びた温泉にでも来たような雰囲気です。板張りで日本風なのか西部劇の田舎風なのかというような感じです。

桃の木亭

広い駐車場の奥に木の門があり、提灯があるお陰で判ります。営業中の看板はコンパネを縦に半分にした程の大きさがあり、遠くから解かります。車を停め、山道っぽい家の脇の道を進み店の前まで進みます。

桃の木亭 いけす

すぐに、コンクリートの生簀のようなものがあります。今回、囲いのようなものが出来ていました。
店の入口脇には、「携帯電話使用禁止」のステッカーが貼ってあります。以前は「携帯電話使用禁止と電源を切って下さい。」と書かれていたので多少緩和されています。
お店の中に入ると、殆どが木で秘湯のロビーか山小屋のような雰囲気です。右奥に厨房がありその左寄りと手前にカウンター席があります。腰高の窓の位置で空いていますが、それ以外は木の壁で仕切られています。左側には、20畳を超える和室があります。4~6人座れる座卓が6卓あります。さらに左側にも同じような和室がもうひとつあります。12時過ぎに着きました。着いたときには5~6人のお客でした。入れ替わりもありますが、帰る頃には10人くらいの人がいる状況でした。
メニューは、ラーメン、うどん、そば、天丼に加え、サイドメニューかおつまみようなものもあります。ラーメンは、醤油、塩、味噌味があり、醤油と味噌には辛いものがあります。さらに味噌には1番から5番までの段階が選べるようになっています。前回は普通のラーメンにしましたが、今回は、辛味系醤油の辛い方の焼山噴火ラーメンにしました。なお天丼も具材によって多くのメニューがあります。
テーブル席の上に置かれた紙に、自分の苗字と食べたいラーメンを書いて店員に渡して注文完了しました。以前は、名前を書くようにとあったんですが今回は苗字に緩和されています。個人情報の扱いを気にしているのでしょうか?
お店が山の麓で少し高くなっているため周りの景色が良く見えます。遠くには春日山方面から妙高方向の山も見えます。

桃の木亭 焼山噴火ラーメン

ラーメンが出来てきました。大き目のすり鉢の器に入っています。
醤油の濁った濃い目のスープが印象的です。
ラーメンをテーブルの上に置いてから、大き目の海苔をトッピングしてくれました。
麺は、やや細でもちもち感のあるものです。醤油ラーメンを食べた時はやや太かと思っていましたが細く感じます。麺を変えたのか、辛みで麺の太さが違うのか、勘違いだったのか。普通の麺のような感じですが食べてるうちになかなか美味しく感じてきます。
スープは、ほのかな魚系の香りと動物系旨味も感じられます。唐辛子が中心になっているのでしょうか。普通の辛さよりもほんの少し辛いかなといったところです。辛味がスープと馴染んでまろやかにやってきます。
トッピングは、やや柔らかめのバラ肉巻のチャーシューがたっぷり、味が良く漬けられた大きめのメンマ、ほうれん草と運ばれてからトッピングされた海苔です。チャーシューの上には、豆板醤のような醤油ベースっぽい辛味ものっています。
ただ辛いだけだったらどうしようと思いましたが、美味しく辛いラーメンでした。そうそう来れる場所じゃないので840円の焼山噴火ラーメンにしました。辛み醤油のチャーシューメンとしては妥当な値段でしょう。醤油の辛みを楽しめるメニューのあるお店はそんなにないのですから、貴重な一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.25

あら川

あら川 ラーメン(大)

上越市の「あら川」です。
市民プラザの近くにあります。
外に色褪せた看板がありますが気が付きません。開いている間は入口の暖簾で判りますが、閉まっている時は準備中の表示もなく何のお店か判りません。間口が広く奥行きのないカウンター席だけで、左右中央部分が厨房になっています。いつもは13時頃に着いて左側のカウンター席に座って食べますが、今日は12時前に着きました。混んでいます。右側カウンター席の一番右端が空いているので座って待ちます。水がきました。
メニューは、ラーメン450円、ラーメン(大)500円、わかめラーメン500円とシンプルな1スープ勝負のお店です。ラーメン(大)にしました。
座って待っていたらラーメンができてくるものかと思っていましたが違うようです。左側のカウンター席が空くと右側のカウンター席から順番に移ります。右側のカウンター席は左にズレるように進みます。右側のカウンター席は、待合室のような扱いだったのです。水の入ったコップを持ってようやく左側のカウンター席に座りました。12時20分を過ぎてます。
右側のカウンター席に座れないお客さんも出始めました。この時間に居たことがないので、凄い混んでいるなあと思って見ていたら暖簾を下ろしました。12時20分過ぎでお店に入って待っている人までです。普段は、13時過ぎまでと聞いていたので、今日は特に混んでいるみたいです。
おばちゃん二人でやっているお店だとは知っていましたが、良く見ると年齢差があります。母娘でしょうか。左側カウンター席のお客さん分を作れば良いのですから急ぐこともなく、非常にゆっくりとした丁寧な仕事です。
ラーメン(大)が出来てきました。あっさりそうだけど油も適度に浮いていて、美味しそうないい感じです。その油のためか、湯気がそんなに立っていません。熱くないだろうと思って食べると結構熱々です。
麺は、やや細の縮れ麺です。軟らかめです。普通のお店だとこれでお仕舞いです。でも、なんでしょうか。延びている感じがなく、麺の旨みがあるんです。スープとの相性が良いんです。
スープは、醤油色の普通に見えるものですが、すっごく美味しいスープです。醤油の味はもちろん、出汁、甘み、そして油の美味しさが調和されています。
トッピングは、脂身少し多めバラ肉一枚物のチャーシュー2枚、メンマ、海苔です。
大盛りを注文したのに普通盛りがきたかなと思いましたが、食べてみるとボリュームもあります。
上越市の街中でひっそりと佇むラーメン屋さんですが、そこには新潟県のラーメンの奥行きを感じさせてくれるラーメンがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.24

FRUIT WORLD

Fruit_world

新潟伊勢丹の地下1階の「FRUIT WORLD」です。
濃厚そうな名前の○○ミルク&笹川流れの藻塩のジェラートです。藻塩って茶色いのに青い色です。全然しょっぱさがなく爽やかなミルクっぽい味です。シングル320円、ダブル380円でお手頃で美味しいジェラートです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM PORT 7th Anniversary Christmas Special WORLD’S HAPPINESS

PORT SQUARE

PORT SQUAREでやっているFM PORT 7th Anniversary Christmas Special WORLD’S HAPPINESSに子供と一緒に行ってきました。いつもは寂しいCOZMIXの1階が賑やかです。お餅つきをしていました。ちょっとだけ参加して、スマイルフォトギャラリーに参加しました。パネルに写真が貼られています。

FM PORT 7th Anniversary Christmas Special WORLD’S HAPPINESS

FM PORT 7th Anniversary Christmas Special WORLD’S HAPPINESSのPart1の公開放送もされていました。Hiroeさんがいつもよりおとなしい感じで放送していました。受付近くには遠藤まりさんもいました。

FM PORT 7th Anniversary Christmas Special WORLD’S HAPPINESS
FM PORT 7th Anniversary Christmas Special WORLD’S HAPPINESS

抽選でいただいたステッカーと缶バッジです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.12.23

イオン新潟南ショッピングセンター

イオン新潟南ショッピングセンターに行ってきました。ようやく…
秋田市御所野ニュータウンのイオンモール秋田と似ている作りでビックリしました。
子供と一緒だったので、玩具・ゲーム売場やファンシーっぽい専門店を見ました。
人が多かったですね。不思議と知ってる人に会いませんでした。
そして、歩き疲れてアイスクリームです。

サーティワン ウインターホワイトチョコ&スケーティングベア

何店舗かアイスクリームを食べられるお店がありましたが「サーティワン」ですね。
この時期にピッタリの名前のアイスクリームがあったので食べることにしました。
ウインターホワイトチョコスケーティングベアです。
冬でもアイスは美味しいですね。

十鉄 十鉄焼ちゃんぽん

ちょっと小腹も空いてきたので軽く食べて帰ろうかと思いました。
3階のフードコートの中の焼きチャンポンになりました。
「十鉄」というお店の十鉄焼チャンポンです。
残ったスープだけいただきましたが、とても美味しいものでした。
でも730円は、いい値段です。

鉄平 焼きそば(大盛り)

育ち盛りの子供がこれで満足する筈もなく、富士宮焼きそばも食べました。
富士宮焼きそばも興味があったので…。
「鉄平」というお店の焼きそば(大盛り)です。
注文してから作ってますが、水分が少なく時間が経ったような感触です。
400円+100円(大盛り)だから値段的には満足ですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.22

あづまや

あづまや 塩らーめん

魚沼市(旧小出町)の「あづまや」です。
群馬からの帰りです。国道17号線沿いにあります。関越自動車道小出インターチェンジに曲がる古新田交差点よりやや長岡よりです。新潟県内は行ってからラーメンを食べて帰りたいと思って走ってきましたが、閉まっているお店が多かったのですが、好きなあづまやがまだやってました。
お店は、奥中央から左にかけて厨房、その手前と右側にカウンター席、そのまわり右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。そんなに新しいみせじゃないと思いますが、そこそこの規模の小奇麗なお店です。
入口に食券販売機があります。ラーメン、手打ちラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンと揃っています。ちょっと気になっていた新メニューの塩らーめん+味玉にしました。
遅い時間で、若い人1グループと1人のお客だけです。注文したら作り始めてくれたのですぐに出来上がってきました。
トッピングが充実しているためか豪華な雰囲気です。
麺は、普通の太さの普通の縮れの麺です。歯応えも普通ですが、塩味のスープに合っています。あづまやは、もっと太い麺かと思っていましたが普通の麺です。普通じゃない麺を使うお店も最近多く、普通の麺は安心出来ます。
スープは、焼きアゴを使用しているとのこと。やや濁りもあります。焼きアゴってことで魚系の香りを強調するようなものかと思いましたが、そんなことはありません。癖のない美味しいスープに仕上がっています。あっさりしていますが塩の味がまろやかになって伝わってきます。
やられたなと思ったことがあります。トッピングの中央に梅干があったのですが、梅の香りと味がいい感じに爽やかさをスープに与えているのです。好きなんですねこの梅とか、柚子とか…。反則じゃないけどほとんどのスープはひと回り美味しくなりますね。
トッピングは、脂身の少ない・やや軟らかめ・味付けの良いチャーシューが多め、ちょっと辛味を効かせたメンマ、味玉半個×3、海苔、梅干しがのってます。普通で味玉半個が入っているんですね。
塩らーめん630円+味玉80円です。麺・スープ・トッピングとバランス良く、充実したトッピングのお得で満足できるものでした。小出もラーメンの熱いところですね。
21時ちょっと前に入って、21時過ぎにお店を出ました。振り返れば準備中になってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大滝の湯(草津)

大滝の湯

群馬県は、草津温泉の日帰り専用の大滝の湯です。
草津にスキーに来たときに、宿の温泉だけじゃ満足できずに一度入浴したことがあります。今回で2回目になります。西の河原露天風呂も良かったのですが、硫黄の温泉に入りたくて来てしまいました。ここは施設が充実している分ちょっと高い800円です。西の河原露天風呂が湯治場みたいな雰囲気なのに対して、大滝の湯は日帰り温泉タイプの近代的な雰囲気です。
男湯と女湯、合わせ湯の3つのお風呂があります。男湯の脱衣所を通って屋内の風呂に入ります。大きな広々した浴室です。そしてそこから露天風呂へ。

大滝の湯 露天風呂
草津観光のパンフレットより

露天風呂は、上段、下段と温度の違うものが2箇所あります。
乳白色の硫黄温泉と滲みるような寒い気温が最高です。
露天風呂の脇の階段を下りると、合わせ湯に外から行けます。

大滝の湯 合わせ湯
草津観光のパンフレットより

40℃から46℃の5つの浴槽を1分づづ入って回る入り方です。
昔はもっと熱いと思いましたが、今日は平気でした。
以前は混浴でした。今も混浴なんですが、女性専用時間が設定されています。
やっぱり硫黄の匂いの温泉はたまりません。
都会っぽいお客さんが多く写真が撮れなかったのでパンフより掲載しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西の河原露天風呂(草津)

西の河原露天風呂

群馬県は、草津温泉の西の河原露天風呂です。
西の河原公園の中にあり、すぐ近くまで車で行けないので、寒い時期はちょっとつらいですね。草津スキー場の一番下の駐車場が西の河原露天風呂の駐車場と兼用になっています。車を停め、公園の中を進むと林の中に露天風呂が見えてきます。

西の河原露天風呂

結構お客さんがいます。
正面で入湯料500円を払い脱衣所へ。そして露天風呂へ。

西の河原露天風呂

ここは、露天風呂しかありません。
これからの時期は、端まで見えません。
下手な、25mプールよりは広いお風呂です。
脱衣所と反対側(奥)から熱いお湯が出ています。
入る場所で好みの温度のお湯に浸かれます。
広々とした開放感と森林浴の効果のある温泉です。
草津温泉なのに硫黄臭くないのが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

永井食堂

永井食堂

群馬県渋川市(旧子持村)の「永井食堂」です。
もつ煮で有名なお店です。
その昔全然知りませんでしたが、ネットで知って、調べてみたら見てビックリしました。有名なんですね。そして前を通っている国道17号線には、国土交通省が立てたと思われる「注意!この先永井食堂、車の出入り多い」といったような看板まであります。
そして、道路脇にお店があり駐車場もあります。でも、国道の手前に駐車帯の道路標識があります。駐車場は国道の駐車帯のようです。
営業時間は、平日9:30~20:00、土曜9:30~14:00、日祝(販売のみ)10:00~18:00となっています。普通に観光で食べようとしたら、土曜日の~14:00で食べるしかないのですが、寝坊助さんにはキツイですね。という訳で関越自動車道を利用することになりました。
お店は、幅の広いカウンター席だけのお店です。カウンター席の後は、人が通れるほどに広さもなく、出入り口があります。どこからでも入れそうなお店です。14時の閉店間際に着きましたが、席が半分くらい埋まっています。食べられそうです。席に座り壁のメニューを見ます。
もつ煮定食(590円)、もつ煮定食(もつ大:770円)、そのほかの定食もあります。もつ煮定食(もつ大)にしました。前にいた店員が厨房に伝えました。

永井食堂 もつ煮定食(もつ大)

おねーさんからおばちゃん(30代~50代)かな、10人ぐらいの店員がカウンター席の対応や厨房などテキパキと動いています。厨房から『もつ大』と言ってきました。他の人のだろうと思っていたら違いました。30秒とかかっていないんじゃないでしょうか?気分的には吉野家の半分から1/3くらいの時間で出来てきます。
ご飯ともつ煮、味噌汁、沢庵2切れ、ねぎの組み合わせです。もうひとつ小鉢が欲しいような気もします。と思ったら100円から150円くらいの一品が日替わりであるようです。ホワイトボードに3品ほど書かれていました。ねぎが好きじゃない人のためでしょうか、ねぎも小皿に分けられてあります。ねぎをのせ、七味唐辛子をかけて食べます。
軟らかくて美味しいもつ煮です。味付けがいいですね。ご飯では、普通のおかずよりも薄味ですが、十分ご飯が進むしょっぱさがあります。お酒のつまみにもしょっぱ過ぎないようなバランスの良い味付けです。軟らかなもつに反してコンニャクは、しっかり歯応えがあります。
ご飯も結構山盛りだなと思って食べていたら、後から来た人が『定食半ライスで』とか『もつ大、半ライス』と注文しています。

永井食堂 もつっ子

そして、この永井食堂が普通の食堂と違う点…。出前はしていないようです。
そんなことではなく、販売が凄いことです。
もつっ子なる3人前(1.2kg、1070円)のもつ煮が、飛ぶように売れることです。
食べないで購入だけの人も結構いました。
驚いたのは、『もつっ子を30』といって30袋購入に来た人もいました。
その場で宅配をお願いする人も…。
ホームページでは、5袋以上の通信販売もやっているようです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

谷川岳の天然水

谷川岳の天然水(上り線)

関越自動車道上り線谷川岳パーキングエリアの片隅のある「谷川岳の天然水(自然水)」です。
休日の行楽は高速道路をあまり使用しないでのんびりなんですが、訳あって高速道路利用です。
ポリタンクで汲みに来ている人が多いんですね。
美味しさは良く判らなかった。
あんなに山の上だと岩が多く、ろ過やミネラルがあるのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.21

武蔵

武蔵笹口店 からし味噌らーめん

新潟市の「ちゃーしゅうや武蔵 笹口店」です。
東跨線橋をまっすぐ、笹出線を越え、TSUTAYAの駐車場の一角にあります。または、紫竹山インターから紫鳥線に入り最初の信号を右折ししばらく行ったところです。
あまり好きなラーメンじゃないんですが、出張者のご指定なんでお邪魔しました。
12時30分頃に着きました。駐車場は、混んでますがTSUTAYAと一緒なんで多少空きがあり停められました。
お店は、右が厨房、奥に小上がり、その手前に長いテーブルを使ったカウンター席、左にテーブル席があります。混んでるかなと思いましたが、6~7割程度と以外と空いています。
メニューは、らーめん、からし味噌らーめん、つけめんなどです。FM-KENTOとのコラボラーメンと言うのもありますが、FM-KENTOを聞いたことがないので辞め、からし味噌らーめんにしました。
あっさり系の老舗は年輩の方が多いなあと思いますが、良く見るとこのお店は若い人が多いですね。最近の流行のお店を年輩の人は、雰囲気で嫌うのか、それともコッテリとか味で嫌うのか、どっちなんでしょうか。後の方なんでしょうね、なんて考えていたらラーメンが出来てきました。
辛味の赤が鮮やかで見映えのするラーメンです。
麺は、あ!だめだ。太縮れの硬い麺です。苦手な麺です。それまで!
スープは、油が多くコッテリした感じす。赤白のブレンドでしょうが、赤味噌よりでしょうか。甘みもあり美味しいかなと思いたいのですが、もう少し味噌の味が強い方が好みです。
と、ここまでは素のスープです。辛味を箸で少し舐めてみます。辛みもありますが旨みもあります。これは大丈夫だなとと思い一気に混ぜます。そこそこの量もあり辛みが増しますが、何か物足りないように感じたスープが引き締まります。なかなか美味しくなったと思いますが、好みじゃない辛いラーメンが好きになることはないですね。
トッピングは、一枚物のチャーシュー2枚、メンマ、もやし、鳴門、海苔と言いたいのですが青海苔ですね。お好み焼きかたこ焼きみたいです。
690円のからし味噌らーめんでした。麺が好みじゃなかったんですが、その他は満足出来ました。思ってた以上まあまあでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.20

勝龍

勝龍 煮みそラーメン(中盛)+ねぎ

小千谷市の「手打ちらーめん 勝龍」です。
小千谷市の市役所辺りから信濃川方向下った先にあります。レンタルビデオ店などと同じ建物で、駐車場も収容が多く安心して車で行けます。
お店は、奥の中央に厨房があり、周りを囲うように左右と手前がカウンター席です。何の仕切りもない、オープンキッチンそのものです。手前の左右にはテーブル席、手前中央は風除室になっていて、食券販売機があります。結構広々したお店です。
メニューは、醤油、味噌、塩、担々麺、つけ麺など豊富です。味噌が人気ですが、担々麺も人気が出てきているようです。12時15分頃に着きましたが、ほとんど満席状態です。味噌を食べている人がやっぱり多くいますが、担々麺を食べている人もそこそこいます。担々麺も気になりますが、やっぱり味噌でしょう。そして、勝龍の嬉しいのは、大盛りも同じ料金で食べられることです。角煮みそラーメン(中盛)+ねぎにしました。大盛りと普通盛りの間の中盛りもできます。
勝龍は、一度に結構多く作るのでそんなに待たずに出来てきました。
ラーメンの上にたっぷりのねぎです。迫力あります。
麺は、お店の名前の通り手打ちです。平打ち太縮れ麺です。この手の麺だと硬めなのが一般的なんですが、ちょうど良い硬さです。モチモチ感が強く、さらに後になるほど強く感じます。味噌に合う麺です。
スープは、濃厚なスープです。トロミも甘さも濃く感じます。さらに少しの辛さやゴマ風味のまろやかさもあるように感じます。東横やこまどりのような割りスープを必要とする味噌味濃厚の味噌とは違います。
トッピングは、もやし、メンマ、かいわれです。そして角煮みそラーメンの角煮は、歯応えのあるものです。一般的な角煮は、軟らかく口の中で溶けるようなものが多いかと思います。そういう角煮も好きですが、歯応えのある角煮もなかなかです。味もいい感じに染み込んでいます。追加トッピングのねぎは、斜め細切りで、辛味と和えています。白髪ねぎかなと思いましたが違いました。量がたっぷりで、食べても食べてもねぎがあります。これだけ食べれば風邪も寄って来ないでしょう。
角煮みそラーメン940円+ねぎ200円と普通に考えたらとんでもない高価な昼食になりました。大盛り無料を考えても高いものでした。勝龍の角煮みそラーメンはたまにはお金を出しても食べたい一品です。ただ、注意したいのは、トッピングはほどほどにしないとスープの温度が下がってしまいます。表面にスープはぬるく、中程から底の熱いものから食べなきゃいけなくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.19

サッポロ一番みそラーメン

サッポロ一番みそラーメン

サッポロ一番みそラーメンです。
大好きなラーメンです。でも、好きなのは袋麺の方です。カップ麺もずっと前に食べて『そんなに美味しいことないなあ!』と思った記憶があります。それで暫く食べていなかったのですが、コンビニの棚に陳列されているのをみたら食べてみるかということになりました。
蓋の部分に七味唐辛子が付いているだけで、スープなどはカップヌードルのようにスープやかやくを入れる必要がありません。面倒くさがり屋さんにはありがたいものです。お湯を入れて3分待ちます。

サッポロ一番みそラーメン

蓋を開けると挽肉のそぼろの大き目のものが結構入っています。目立ちます。
麺は、やっぱりカップ麺用の麺でそれ自体はまあまあ美味しいのですが、袋麺を調理してたものにはかないませんね。
スープは、結構いい味です。しつこくなく、味噌の濃さを実感出来ます。
挽肉の大粒のものと野菜も結構入ってました。
袋麺の美味しさを知っている人には、ちょっと物足りない感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓬来軒

蓬来軒 たんめん

新潟市の「蓬来軒」です。
新潟島の坂内小路の東寄りにあります。
お店は、右中程から奥にかけて厨房、その中央よりと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。12時過ぎに着きました。席が6~7割程度埋まっているだけで、いつもの空席があるかどうかといった状態が嘘のようです。
メニューは、カラーの写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、町の中華料理屋さんといった感じで、麺類とご飯ものがあります。麺類は、中華系を中心に豊富です。まだ、食べていないたんめんにしました。たんめんの説明では、当店人気No.1だそうです。まだ食べてなかったんだ。
今日は、お客さんが少ないこともあって、いつもより早く出来てきました。
タンメンらしい野菜たっぷりの塩味風スープです。
麺は、細縮れのプリプリした歯応えの楽しい美味しい麺です。
スープは、塩味です。塩のキツサはなく、野菜によってまろやかで優しい味に仕上がっています。
野菜は、キャベツ、もやし、玉ねぎ、人参、ほうれん草、きくらげ、豚肉を炒めたもので、炒めた時の香りが香ばしく残っています。野菜の切り方がやや細切りになっています。
とってもヘルシーなラーメンです。690円と安くはありませんが、野菜の美味しさと優しさを楽しめた一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.18

今日のアイスクリーム

クーリッシュ スイートショコラ

クーリッシュ スイートバニラ

スーパーカップ 杏仁豆腐味

今日のアイスクリームは、子供たちの好きなクーリッシュとスーパーカップです。
クーリッシュは、スイートショコラとスイートバニラです。クーリッシュは、ちょっとお高いので買ってませんでしたが、たまにはいいかなと思って買いました。
スーパーカップ杏仁豆腐味は、あまり買わなかったのですがYMCAさんから紹介で買ってみました。杏仁豆腐のあの風味のアイスクリームなんですね。好みの味です。さわやかです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

伝導師

伝導師 五目中華らーめん

新潟市の「らーめん 伝導師」です。
新潟県庁近くにあります。
お店は、ビルの1階、テナントが数店舗入った右端でLの字型のカウンター席だけのお店です。女将さんと息子さんでしょうか、二人でやってます。12時30分頃に着きました。お客さんは、入れ代わりに一人出て他に2人です。その後3人来て多くて6人とちょっと寂しい状態です。
メニューは、醤油・塩・味噌とそれらのチャーシューやタンメンなどです。醤油は少し多くて、五目や角煮などもあります。五目中華らーめんにしました。
厨房が近いお店の中華鍋の音は、結構耳にキツイですね。少し待って五目中華らーめんが出来上がりました。
醤油味のトロミのある期待通りの見た目です。
麺は、細縮れでツルツル感、プリプリ感、モチモチ感ともバランスの取れた噛み応えの良い美味しい麺です。
スープは、かなり薄味のあっさりしたものです。あんかけと一緒になることを考えて薄味にしているのでしょう。
あんかけは、白菜、もやし、人参、筍、椎茸、きくらげ、海老、イカ、ホタテなどを醤油ベースで味付けされ、適度のトロミも付けられています。一般的なあんかけよりも醤油味が中心となっていて和風を意識しているのかなと思います。
細麺とあんかけが合います。スープがやや薄味で、しっかり味付けされたあんかけが味を整える。心憎い演出です。これもスープとあんかけの絶妙な味のバランスがなせる技なんでしょう。美味しい五目中華らーめんでした。750円と安くはありませんが、満足できる一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.17

どっこん水

どっこん水

胎内市(旧中条町)の「どっこん水」です。
近くに行きましたが、コップのような水を汲めるようなものはありません。
隣に「この水は飲料水ではありません」と書かれた看板もあります。
どっこん水って売ってるんじゃなかったっけ。
「飲料水ではありません」とはあるが、「飲んではいけません」と書かれている訳でもないので手で掬って飲んでみました。
そんなにでもありませんが美味しいかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ちくに

ちくに 中華そば

村上市の「ラーメン ちくに」です。村上地区を代表するラーメン屋さんです。
村上市役所近くの城下町らしい住宅地の中にあります。
お店の隣の隣辺りに駐車場があります。1台分空きがあったので車を停めお店へ行きました。お店の前には午後3時30分からの営業のようなことが書かれた看板が出ています。あまり気にせずお店の中へ入ります。
お店は、左奥に厨房があり、他は所狭しとテーブルが置かれています。車がいっぱいだったので大丈夫かなと思っていましたが、やはりテーブルが塞がっています。すべて4人掛けのテーブル7卓です。1人で座っている人に相席させてもらおうとめぼしつけ、壁に貼られたメニューを見ます。
メニューの横に「材料の値上がりにより100円値上げします」と言うようなことが書かれています。ラーメン屋さんが一気に100円値上げは大きいですね。50円くらいにして欲しいものです。
メニューは、中華そば600円と中華そば大盛り700円だけです。肉そば(チャーシューメン)が以前はありましたがなくなりました。無いのも無いでいいですね。普通盛りの中華そばにしました。
おばちゃんが一人でやっているお店です。厨房にいるおばちゃんに中華そばをお願いして、先ほどめぼしをつけた席に、相席させてもらいました。少し待って中華そばが出来上がってきました。
見た感じから美味しそうな中華そばです。
麺は、細い縮れで軟らかめです。普通だとそれだけで終わってしまいそうな麺ですが、食べるとスープとの馴染みが良いのでしょうか美味しく感じられます。
スープは、煮干しと動物系の混じったあっさりしたものです。あっさりしていますが適度な油が表面に現れています。旨味のあるスープです。透き通った色は、醤油と塩の中華の色合いです。味も醤油と塩の中間のような味わいで、程よい甘さがより一層美味しく感じさせます。
トッピングは、いい感じの歯応えで脂身のちょっと多目かなって感じのバラ肉の一枚もののチャーシューが2枚、薄切りのメンマ、鳴門、海苔がのってます。なかなか纏まった感じです。
これだけ美味しい中華そばが500円の時は安くて美味しく得した気分でしたが、600円だとその値段では普通かなって感じになっちゃいます。100円の値上がりはキツイですね。でも、美味しい!
帰りに気が付きました。この店のお昼の営業時間は11時30分から12時45分です。お店に入ったときは12時45分を回っていました。何も言わずに食べさせてくれありがとうございました。でも、12時45分で昼時間営業終了も早いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.16

新潟県立植物園

新潟県立植物園

新潟市(旧新津市)にある新潟県立植物園に行ってきました。
11月14日~12月26日まで「花と緑のステージ」で行われているクリスマス展は、クリスマスらしい飾り付けとクリスマスらしい植物でとても綺麗でした。
近くの中学校2校によるクリスマスソングの音楽会も見事でした。

新潟県立植物園 紙芝居『だいじだいじ』

昨年のクリスマスにFM PORTから子供達へ贈った愛のメッセージ番組「Baby I Love You」~だいじだいじで輪になって~の中で行った紙芝居を今年は新潟県立植物園で見ることが出来るとのことで楽しみの見させていただきました。会場に来ていた小さな子供たちに、メッセージが届きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

多菜加

多菜加

田上町の「らーめん 多菜加」です。
国道403号線沿いにあります。国道403号線は、普段あまり通らないためまだ食べたことのないラーメン店があります。そこで今日は「らーめん 多菜加」にしました。
お店は、中央奥から左奥にかけて厨房、その前にカウンター席、さらにその前にテーブル席、右側に小上がりがあります。比較的新しいようで、綺麗で広さも程よくあります。13時を回っていましたが、小さな子供を連れた家族連れがポツリポツリといます。
メニューは、醤油、塩、味噌、とんこつなどひと通り揃っています。普通のらーめんチャーシュー飯にしました。

多菜加 らーめん

凄く早く出来てきました。不安なぐらい。
見た感じは、普通のラーメンで、わかめがたっぷりです。わかめが好きで良かった。
麺は、普通の太さで縮れのかなり弱いものです。ストレートと言い切っていいような感じです。歯応えもまあまあですが、もうひとつ美味しさが来ないですね。
スープは、醤油のかなりあっさりしたものです。あっさりし過ぎているような感じもあります。胡椒を入れると多少味に締まりが合っていい感じになってきます。
トッピングは、歯応えのまあまあのチャーシュー、メンマ、多めのわかめです。
普通のラーメンです。ラーメン専門店といいようなメニューのお店なんですが…。
そんで510円と良く判らない値段です。

多菜加 チャーシュー飯

チャーシュー飯は、海苔の風味とタレの味で美味しくいただけました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.15

一平

一平

神林村の「お食事処 一平」です。
神林駅の少し前の線路に平行な道を村上方面に進み、農協の倉庫などがある左カーブの右側にあります。山の中へ入っていたため食事が取れず、昼食が夕食を兼ねて18時30分になってしまいました。駐車場は結構混んでいますが何とか停められました。結構賑わっていて待ちがあるのかなとも思いましたが、そこそこ賑わっていますがこの時間はさすがにすんなり座れました。
お店は、左奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、その手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。
メニューは、ラーメンが中心で、セット、チャーハンや丼などもあります。軟らかなチャーシューが好きな人は、チャーシューメンを注文しているようで人気があります。気になっていた五目ラーメンにしました。
今日は、ほとんどの人が家族連れです。そんなに待たずに出来上がってきました。
あんかけの好きな中華系で安心しました。
麺は、細い弱縮れでツルツルしています。噛み応えは、普通ですね。そんなに特色のある麺ではありません。
スープは、明るい醤油色のどこにでもある中華そばのような色です。結構透き通っています。いいスープですね。トッピングは、五目あんかけのみとなっています。キャベツ、白菜、人参、ほうれん草、マッシュルール、きくらげ、ヤングコーン、豚肉焼などが入っています。醤油系と塩系の中間をいく味付けです。塩加減もバッチリです。
これで630年です。高級なお店に行くと普通すら食べれないような値段ですが、とっても満足の一杯でした。

NIIGATA 光のページェント

おまけの画像:新潟駅南口けやき通を通りました。NIIGATA光のページェントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラジウム清水

ラジウム清水

山北町にある標高555mの日本国という山の登山道脇にあるラジウム清水です。
入口に着いたときには、午後4時で天気が悪いこともあり暗くなってきたので諦めようかとも思いましたが、登山道入口付近の案内看板で、登山道入口から300mということで行ってみることにしました。登山道に入り杉林の中を進みます。うっそうと茂った大きな杉は、光を遮りその下は一層暗くなっています。ゆっくり進むと目も慣れてきます。目が慣れかけた頃には清水の前についていました。もう登山する人がいないためでしょうか。コップなどの器類は何もありません。久々に手で飲みました。

ついでなんで、新潟県最北端のラーメンでも食べようかと思いました。
日本テレビの「ザ!鉄腕!DASH!!」でソーラーカーひとふで書きの旅で、だん吉が通った鼠ヶ関マリーナ近くの県境へ…。

新潟・山形県境

県境を確認したあと、やっているラーメン屋や食堂を探し南下。

ラーメン 華

国道7号線沿いに「ラーメン 華」という名のお店がありましたが、定休日でした。
次に北にあるお店を探して食べようかとも思いましたが、この手のものは、次では意味がないので諦め帰路に就きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉祥清水(川内清水)

次に向かったのが同じ山北町大毎地区にある吉祥清水(川内清水)です。
大毎の集落の中を通ったら水を汲んでいる人がいてにすぐに解かりました。

Photo_8

みなさんたくさんのポリタンクや4リットルのペットボトルに水を次々と入れています。飲み水だけじゃなくお風呂にも使うんじゃないかと思う量です。岩のところの他に横にも水道のような蛇口があり、そこからも組めるようになっています。

次は、長寿清水です。

長寿清水?

近くに長寿清水があるはずなんですが見つけられません。
昔からの出羽街道沿いの筈ですが、その周辺を何度か探してもこの清水だけでした。

次は、桜清水、北中清水、秋葉清水、大代清水、四十手清水ですが…

林道(山北町北黒川地区)

清水を探し林道らしいところも楽しんで走っていましたが、道を間違えると落石や倒木があり、道幅も狭く木の枝にこすりながら進みましたが、Uターンできない場所が数キロもあるような状態なので断念しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鰈山清水

FM-Port セーフティドライブキャンペーンの中継で、道の駅「朝日」をPRしていた珍しい女性駅長に付近の湧水のポイントを教えてもらいました。山北町がかなり力を入れて湧水を観光に取り入れていることでした。
まずは、朝日村の湧水を求めて広域農道山北朝日線を北上します。

鈴ヶ滝

全国日本の滝百選に選ばれた名瀑「鈴ヶ滝」です。遊歩道で滝壺近くまでいけるのですが、天候が悪いので道路上からの見学にしました。(落差55m、幅10m)
さらに広域農道山北朝日線進み天蓋高原を越えます。積雪が5cmくらいあります。新雪で他に車の通った跡がありません。道もいいのでそのまま進むと左側に東屋が見えてきました。

鰈山清水

東屋の隣に清水があります。鰈山清水です。飲んでみたら美味しい水です。今まであまり水で違いを感じたことはありませんでしたが今回はほんの少しですが美味しく感じます。水の出ているところが低く入れ難かったのですが、ポリタンクに10リットル確保しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM-Port セーフティドライブキャンペーン

FM-Port セーフティドライブキャンペーン 中継

今月は、道の駅「朝日」でのFM-Port セーフティドライブキャンペーンです。
もたもたしていたら10時40分に現地到着です。
寒くなってきて外に並ぶのはきついなと思っていましたが、情報コーナーの暖房が効いた中でのキャンペーンでした。
ちょうど、立石さんの「GOOD MORNING PORT CITY Saturday」の中継の時間です。
今回は、Hiroeさんです。肩書き:試食部長は???
道の駅「朝日」の名産の「干し柿」でした。今回は、参加リスナーもやや少なく、リスナーにもお裾分けが回ってきました。
ステッカーが新しくなってます。今度のカラーは「パープル」です。

FM-Port セーフティドライブキャンペーン

Hiroeさんが持っているところを写真に撮らせてもらいました。
「Paraiso Omelette」で雪だるまと言っていた白いスタッフジャンパーは、係りの人が外で着ていました。Hiroeさんの雪だるまはお預けでした。

FM-Port セーフティドライブキャンペーン ステッカー

いただいた新ステッカーです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.14

古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+Wチャーシュー

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
巻駅を背に正面の道路を進み、一時停止を左に曲がり進むと左側にあります。
お店は、車庫の奥にあるような感じです。車が停められそうなスペースの奥に入口があります。さらに奥行きがあり右に厨房、左側にカウンター席、手前に1卓だけ小さなテーブル席があります。普通に見るとそれだけかなと思いますが、左奥に小さな座敷があります。
メニューは、醤油、味噌、塩ラーメンとそれらの野菜ラーメン、特製ラーメンなどがあります。そして、充実したトッピングも50円と安価です。今日は時間が少し早かったのですが、好きな古潭の野菜味噌ラーメンが食べたくてお邪魔しました。11時30分前に着きましたが、既に先客もいました。みんな野菜味噌ラーメンを食べています。野菜味噌らーめん+Wチャーシューにしました。早めの時間なのにあとからもお客さんも来ます。そして野菜味噌ラーメンを注文しています。
今日は、入口よりの厨房内の鍋で野菜を茹でているようです。塩だと思うんですが結構入れています。それとも野菜(キャベツの厚いところ)を軟らかくするようなものでも入れているのかな?なんて見ている間にラーメンが出来てきました。
今日もいつもの美味しそうな野菜味噌ラーメンに、チャーシューがどっさり乗っています。
麺は、やや細めの縮れで、歯応えやツルツル感やモチモチ感などずば抜けてどうこう言う特徴はありませんが、バランスの良い好きな麺です。味噌ラーメンにも細い麺は合います。
スープは、白味噌仕立てのあっさりしたものです。白味噌らしくあっさりしているのに、味噌の旨味と適度な甘さがあります。今日はチャーシューを加えたためか気持ちいつもより濃く感じます。
トッピングは、茹でたレタスのような感じのキャベツともやしです。そしてチャーシュー、バラ肉ではなく脂身の少ない部位を使っています。歯応えがあって美味しいけど味は薄めです。チャーシューが50円で、Wチャーシューでも100円と満足のトッピングです。
チャーシューもWだとボリュームありますね。お腹いっぱいなりました。野菜味噌ラーメン600円にWチャーシュー50円×2で700円です。お得に満足できた一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.13

どさん子 礼拝店

どさん子 礼拝店

柏崎市(旧西山町)の「どさん子 礼拝店」です。
最初「一龍 西山店」に行きました。昼の12時30分を回っていましたが、外にまで人が並んでいます。震災復旧工事の人が多いようです。駐車場に停められた車で判ります。周辺に食事を取れるお店が少ないから仕方ないでしょう。
諦めて一緒に行った人が知っているという「どさん子 礼拝店」にしました。国道116号線からもう1本海岸寄りの道沿いになります。西山町事務所の近くから少し出雲崎町方向です。新潟市内からまず通らない道沿いでどさん子があるのを知りませんでした。
お店は、奥行きがあり、奥に厨房、その手前は真ん中に通路があり両脇に小上がり、さらにその手前にテーブル席があります。どさん子全盛時の雰囲気があるくらい古さもあります。
メニューは、麺類、定食、丼物、一品料理などがあります。麺類も豊富にあります。寒い所に居たので暖まるものを食べたくて味噌ラーメンにしようと思っていましたが、少し豪華にねぎ味噌ラーメンにしました。
実は昔、どさん子の味噌ラーメンが好きで食べていました。いろんなお店で食べましたが、まあまあ普通以上の美味しさと思っています。お客も少なくすぐに出来てきました。

Photo_4

さすがにねぎたくさんのってます。斜めの細切りです。
麺は、普通の太さの弱い縮れのものです。あまり味噌って良くある太いものと違い普通な感じの麺です。感触も良く美味しい麺です。
スープは、味噌らしく適度な甘みもあり、濃厚かなとも思えますが、以外とあっさりしています。
トッピングは、たくさんのねぎ、ねぎの上にはドレッシングのように唐辛子の赤い辛味がのってます。脂身が少な目で適度な歯ごたえのチャーシュー、メンマ、コーン、キャベツともやしの炒め物まで充実しています。
750円とねぎ味噌ラーメンとしては、お手頃な値段です。寒かったので温かい味噌ラーメンをと思ったのですが、充実したトッピングに熱を奪われて少し冷えてしまいました。美味しくいただきましたが、それだけが残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.12

今日のアイスクリーム

ガリガリ君 白桃

爽 チョコレート

寒くなってもアイスクリームは美味しいですね。
子供たちへのコンビニお土産です。
ガリガリ君の白桃、爽のチョコレートです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

らーめん工房 味噌屋

らーめん工房 味噌屋

今日も昼飯抜きでした。
合間をぬっておそばを食べていたので救われました。
で、今日もコンビニで買い物をしました。
今日の夕食は、日清の「らーめん工房 味噌屋」で磐梯熱海温泉の隠れた名店の味を再現しているようです。

らーめん工房 味噌屋

液体と粉末の2種のスープと、かやくがチャーシューとその他で別れています。かやくと液体スープを入れ熱湯を入れ4分の待ちです。

らーめん工房 味噌屋

麺は、カップ麺にしてはやや太めの平打ち縮れ麺です。まあまあ普通の麺です。
スープは、味噌の濃厚な味が楽しめる好みのものです。味噌の美味しさや甘みなど好みのものです。カップ麺でここまで美味しい味噌ラーメンも久々のような気がします。
トッピングは、普通です。
美味しいスープの味噌味カップ麺でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅 豊栄

道の駅豊栄 ジャンボ狐そば

新潟市(旧豊栄市)の「道の駅 豊栄」です。
午前11時30分です。今日も、いつ何を食べられるか判らないので、今のうちに少しお腹に入れておくことにしました。他にも、仕事の途中でお腹に何か入れておこうと考えているおじさん達が結構います。お昼休み時間をずらして、空いている昼休みに移動するんでしょうね。
道の駅らしい、立ち食いのそば・うどんコーナーが進化して、ラーメンや飯類、セットメニューもあります。座れるスペースもたくさんあります。
この手のお店は、食べ盛りの頃の通学の途中の駅やスーパーの飲食コーナーで食べたものが、思い出となって懐かし美味しく食べられます。新潟の人のイタリアンやポッポ焼きのようにです。
ここには何度か寄りました。ラーメンやチャーシューメンなどがあるのは知っていますが、なぜかその懐かしさがおそばになってしまいます。
天玉そばが定番なんですが、少し趣向を変えてジャンボ狐そばにしました。
おそばの上に大きな分厚い油揚げがのっています。長方形の油揚げは対角線で2つに切られています。お出汁で煮込んでいますが、豆腐部分が多く油揚げっぽく感じません。表面もあまり揚げられたものではないため出汁が染み込んでいません。食券販売機に書かれているのはジャンボ狐そばで、一般的には狐と言えば油揚げですが、油揚げと書かれていた訳でもなく、豆腐も大好きなのでツユに浸しながら美味しくいただきました。
おそばは、立ち食いなんかに多い生のひと玉づつ袋に入ったものですが、おそばもいろいろ食べるとコシの無さに別の種類の麺類のように感じます。でも、懐かしさがあり、それでも好きな食べ物です。
ツユは、色も少し薄いかなと思いますが、味も少し薄めです。が、昔は濃いめを食べていたので、これぐらいが良いのかなと思います。
ジャンボ狐そば330円とお手頃値段です。この時期は、七味唐辛子を少し多めにして…暖まりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.11

新潟でみつけた 煮干背脂系 醤油ラーメン

新潟でみつけた 煮干背脂系 醤油ラーメン

今日はお昼を食べる時間がなく。昼食抜きになってしまいました。
帰りにローソンでエースコックの「新潟でみつけた 煮干背脂系 醤油ラーメン」というカップ麺を見つけました。以前から少し気になっていました。でも、ラーメン店の名前の付いたカップ麺なら食べようと思いますが、この手のは、初めてかなと思います。

新潟でみつけた 煮干背脂系 醤油ラーメン

かやくと2種(醤油・背脂)の液体スープです。醤油スープは、蓋の上で温めてくださいと書いてありますが、背脂の方は何も書かれていません。かやくを入れ熱湯を注ぎ5分間待ちます。醤油スープは、書かれていたとおり蓋の上で温めます。5分後に醤油スープと背脂スープを入れます。

新潟でみつけた 煮干背脂系 醤油ラーメン

醤油スープは、美味しそうな煮干しのいい香りがします。
背脂スープは、背脂と言うよりラードです。
ラードを箸で背脂のように小さくします。もたもたしていると溶けてきます。
麺は、太麺にしたかったでしょう。実際は平打ち太縮れ麺です。
スープは、醤油の美味しいスープです。背脂の効果でしょうか。
具材に玉ねぎも入っていますが、軟らかく歯応えもなくなっています。
背脂かどうかは別としても、なかなか美味しいカップ麺でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.12.10

大蒲田店 ラーメン

東京都大田区の「ラーメン大 蒲田店」です。
蒲田駅西口から品川方向にほんの少し歩いた場所にあります。ゲームセンターなんかの繁華街の中です。
以前は「ラーメン二郎 蒲田店」があった場所で、他の「ラーメン二郎」支店と同時に「ラーメン大」になったようです。お店の前の食券販売機やお店の雰囲気は「ラーメン二郎」そのものです。暖簾分けの姉妹店でしょうか。
お店は、奥行きのある間口の狭いお店です。右に厨房、左にカウンター席だけのお店です。他のお店でも感じましたが「ラーメン二郎」系のお店は、綺麗じゃないですね。改装前でも「白寿」の方が綺麗です。まあ、そんなお店でも13時前の時間でも待ちの列があります。美味しいところに人が集まるんですね。
メニューは、ラーメンと塩ラーメン、それらにチャーシューなどのトッピングを加えたものがあります。普通のラーメンの食券(プラスチックの板)を購入し待ちます。
食べ終わった人が何人か出てすぐに座れました。さっき購入した食券をカウンターの上に置き待ちます。その間にセルフサービスの水を持ってきます。
カウンターに貼られた注意書を見ました。背脂、野菜、ニンニクのトッピングが選択出来ます。無料です。野菜少し多めにしてもらおうかな、背脂は有りだし、ニンニクは入れたいけど我慢です。なんて考えていたら、そろそろ順番らしく聞かれ、考えていた通りお願いしました。
先に注文していた隣の人の出来たラーメンをビックリ!隣の人は、野菜普通+背脂でお願いしていたのですが、普通でも野菜の量が多い、そしてその野菜の上にも背脂がのっています。
そして自分の注文したラーメン(野菜少し多め+背脂)が出来てきました。野菜の量は1.5倍くらいあります。普通の野菜が普通のご飯茶碗少し山にした1杯分ぐらいあるのでしょう。ご飯茶碗1.5杯分の野菜です。そしてたっぷりのドレッシングのような背脂です。
ダブル、トリプル、タワーって言う量があるらしいのですが、食べてみたいとは思いませんが、見てみたいものです。
なんか言葉の通じない外国で、予想もしない食べ物を注文したらこういう感じなんでしょうね。
麺から食べようと思いましたが、野菜が崩れそうで取り出せないため野菜から食べます。大きな胡椒を挽くのがあります。期待しつつ挽いた胡椒をかけましたがホワイトでした。残念!
でも、香りが良く食べ易くなりました。
やっと麺を取り出せるところまで野菜をたべました。麺は、太く縮れの強い硬めのものです。ちょっと苦手なタイプですが、スープの味と合っていてまあまあいい感じです。
スープは、醤油のしっかりした味と甘さも程良い美味しいスープです。背脂もスープに加えたものでちょうど良い量です。
さて、特徴的なトッピングは、歯応えのあるやや小振りですが厚みのあるチャーシュー2枚、そしてモヤシとキャベツの茹でた野菜、結構軟らかめに茹でられています。そして背脂。トッピングの背脂は、普通にラーメンを食べている人には少し重いですね。スープの背脂とダブルで来ますから…。トッピングの背脂をお願いしなければかなり好みに近くなるでしょう。
600円でこれだけ楽しめるんだから凄いことです。
「ラーメン二郎」は、品川店で最初に食べました。その時は、脂が油になり、層になってました。今回は、スープの温度が低いために背脂が背脂のままです。でもぬるく感じます。さて、どっちにしたもんだか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.09

むつみ

むつみ 味噌らーめん

川口町の「ラーメン むつみ」です。
国道17号線沿いにあります。
万座温泉からの帰路、永井食堂のもつ煮定食を狙っていましたが時間が遅くなり食べることが出来ませんでした。そして、そのまま新潟県内でラーメンを食べようと思って走ってきましたが、日曜の遅い時間になって殆どのお店が閉まっていました。どさん子などのお店はやっているところもありましたが、どうせならと思っていたら「ラーメン むつみ」がやってました。
お店は、間口が広く、奥に厨房、その前にカウンター席、左手前にテーブル席、さらに左に小上がりがあります。夜も遅めの時間になってしまいましたが、カウンター席に数名と小上がりに家族連れがいます。
メニューは、バラエティに富んでいます。一番はじめに書かれている味噌らーめんにしました。お腹が空いていたのでサイドメニューのミニカルビ丼も付けました。
他に待っている人もいなかったようですぐに出来てきました。
いろんな種類のトッピングがのっていて、目にも楽しいラーメンです。
麺は、普通よりも気持ち太いかなと感じられる縮れ麺です。歯応えも良く、スープとの絡まり具合もいい美味しい麺です。
スープは、あっさりしています。まあまあ美味しいかとも思いますが、味噌のパンチ力と自然な甘さがもう少し欲しいように感じます。胡椒、唐辛子とニンニクなどと一緒に豆板醤が目の前にありました。少し入れて食べました。少しはキリリとした感じになりましたが、やはりもうひとつ好みの味にはなりませんでした。
さて、豪華なトッピングは、味玉半個、チャーシュー、メンマ、もやし、コーン、きくらげです。高い値段では全部のせなどのメニューを用意しているお店もありますが、普通の味噌らーめんでこれだけのているのは珍しいでしょう。

むつみ ミニカルビ丼

サイドメニューのミニカルビ丼はタレの味が美味しく、ご飯にこぼれたタレが最高です。もう少しお肉が軟らかければ最高なんですが…。

三国峠

おまけの画像:国道17号線三国峠には、冬が来てました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万座温泉

万座温泉 豊国館

群馬県の万座温泉です。
硫黄臭い温泉に入りたくて万座にしようか草津にしようか熊の湯にしようか悩んで万座温泉にしました。前回入ってから20年くらい経っているような気がします。
前回はスキーの泊まりでした。万座温泉の近くまで来るとする硫黄の臭いが期待を盛り上げます。子供の頃は硫黄臭いものだけが温泉だと思っていたので、万座温泉は最初から好きになりました。
万座ハイウェイの料金所を過ぎ途中までは雪が全然ありませんでしたが、残り6kmになった辺りから道路の上にも雪があります。プリンスホテルをはじめ近代的なホテルもありますが、湯治場っぽい雰囲気の好きな「豊国館」にしました。
スキー客が道具を置けるように広い玄関です。フロント付近は、お土産の売店と自炊客のための商店が一緒になった感じです。フロントって言うより受付でしょうね。おじいちゃんが居ました。明るさのない、いかにも田舎の温泉宿風の接客です。入浴料500円を払って浴室へ。
入口が3つあります。女湯(女性用露天風呂も同じ入口)、男湯、露天風呂(混浴)です。

豊国館 内湯(男)

とりあえず男湯の入口から中へ入って裸になり内湯へ。木の優しい肌触りの浴槽です。そして硫黄臭い温泉。最高です!

豊国館 露天風呂(混浴)

そして、露天風呂へ。
男湯の脱衣所に扉があり、扉を開けると露天風呂(混浴)の脱衣所です。
そして、外の露天風呂へ。外に出たところの脇に傘が数本置いてあります。露天風呂を見ると屋根のかかったところがありません。天気の悪い日は傘を差して入るんでしょうね。階段を数段下りて入りますが、階段には雪が少しですが積もっています。こらえて下ります。そして露天風呂に入ります。結構熱めです。風が強く、時々雪もちらつく天気です。でも、この感じがたまらなく好きです。もちろん傘なし。
温泉らしく情緒ある建物と500円で入れるって言うのがいいですね。
片道1020円の万座ハイウェイの往復を考えると2540円。ちょっと使いすぎ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武井旅館

武井旅館

長野県は、戸隠の「武井旅館」です。
年越しそばで忙しくなる前のこの時期に休みを取る「うずら家」、休みかも知れませんが目指しました。お店に到着するとやはりお休みでした。でも、そこは戸隠。そば屋と宿しかないような門前町です。他のそば屋を探します。お店の入口付近の雰囲気の良い「武井旅館」にしました。
お店は、旅館ですが、昼にはおそばが食べられようでおそばの看板が出ています。車を停め、門の近くにいた若女将らしき人におそばを食べられるか聞くと、多少時間をいただければとのことでした。急ぐ旅でもないので食べることにしました。
昔からの民家風で8畳間が6部屋も繋げて使える広いスペースがあります。この時期なんでコタツに入っての食事になります。
メニューは、冷たいものと温かいものがあります。冷たいものは、ざるそば800円、天ざる1300円、ざるとろろ900があります。他にも懐石風のコースもありますが天ざる(大盛)にしました。旬の食材を使うため、海老は入っていませんとのこと。せっかく山の中へ来たのだから、その方がありがたい。
コタツの中でお茶と野沢菜をいただき。テレビを見ながら待ちます。

武井旅館 天ざる(大盛)

それなりの待ち時間を覚悟していたためか、思ったよりも早く出来てきました。
そばは、冷たく、細く、喉越しの良い美味しい好みのそばです。
つゆは、甘さ控えめでコクのあるつゆです。
天ぷらは、山菜と野菜の天ぷらです。
1300円+150円(大盛)でした。普通でも美味しいおそばは、大盛りぐらいがちょうど良いですね。もう少し食べたい気持ちもありますが、そんな気持ちのところで止めとくのが美味しさの秘訣ですね。

信濃信州新線

戸隠に行く途中の信濃信州新道(県道38号線)です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.12.08

我路

我路

新潟市(旧白根市)の「らーめん処 我路」です。
最近オープンしたラーメン屋さんです。国道7号線からNTT前を通り、亀田製菓白根工場から手前にあります。
ログハウス風に木を使ったお店で、中も木の暖かさを感じます。左奥に厨房、その手前にカウンター席、右奥に小上がり、その手前に振り返るようにカウンター席、カウンター席のさらに右にテーブル席があります。14時頃に着きました。お客は、店主の知り合いらしい若いおねーちゃんが2人いるだけです。良く見ると店主も結構若そうです。
メニューは、麺類の他に焼き鳥や一品料理などちょっと一杯出来そうなものがあります。麺類は、普通のらーめんとみそらーめん、それらにトッピングを加えたものです。ランチタイムの数量限定で、セットメニューも数種類あります。らーめん+ミニカツ丼+サラダのセットにしました。

我路 らーめん

最初にらーめんが出来てきました。
普通のシンプルなラーメンです。町の食堂で良く見かけるようなラーメンです。
麺は、細い弱い縮れ麺で噛み応えの良いものですが、茹で方が少し軟らかいかなと思います。
スープは、これもシンプルなラーメンのスープです。醤油味のあっさりしたものです。魚介系か昆布からかと思いますが少し癖のある風味がします。
トッピングは、軟らかめのチャーシュー、メンマ、多めのねぎのように見えましたが水菜もありました。

我路 セットメニュー(ミニかつ丼+サラダ)

らーめんを食べている途中でミニカツ丼とサラダが来ました。玉子とじを期待していましたがタレのかかったものです。でもタレでご飯が美味しく食べられます。サラダは、小さな小鉢にもられたシンプルな葉っぱのサラダです。
最近オープンしたお店なのに、あまりに普通のラーメンなんでビックリしました。こんなのも有りでしょうね。でも、普通のらーめんが500円なんでまあまあでしょう。セットで750円は、きちんとご飯も食べたいときにはいいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.07

共進軒万代店

共進軒万代店 椎茸そば

新潟市の「共進軒万代店」です。
万代シティの万代シルバーボールの裏、交番の斜め前にあります。
お店が近くなると(そんなに近くないのに!)元気なお姉~ちゃんの声が聞こえます。今日も元気です。お店は奥行きがあり、右に厨房、中央よりにカウンター席、左側にテーブル席があります。12時15分頃の到着です。外まで並んでいるかなと思いましたが、天候の悪さもありすんなりカウンター席に座れました。
メニューは、中華系を中心に豊富です。麺類が中心です。ご飯ものも丼などがありますが、チャーハンを注文する人がたまにいるくらいです。麺類は、これといった人気メニューがあると言うこともなくいろんなものが出ています。焼きそばも人気があるようです。まだ食べたことのない椎茸そばをお願いしました。
いつものようにちょっとごつい感じのおじさんが手際よく麺の上にのせるものを作っています。二つの中華鍋を巧みに使っています。手際良過ぎて何を作っているか解り難いと思います。ガスコンロの上に3個のステンレスのボールがあり、2種類の白い粉末と醤油色の液体を加えて味を整えているようです。さらに、胡椒入れらしきものからの胡椒と瓶に入った液体を加えて仕上げています。ものによって水溶き片栗粉を手でつかみ加えています。いつもと変わらないリズムで仕事をしているなあと思って見ていると椎茸そばが出来上がっていました。
大好きな醤油味のあんかけです。全体の色合いを見ただけで美味しいことが判ります。食べようとしても熱々でなかなか食べれません。ふうふうしながらゆっくり食べます。
麺は、細縮れで熱々で食べるのが遅れても延び難いものです。スープとの相性もなかなかいい麺です。
スープは、あんかけと混じって良く解りません。味付けのしっかりしたあんかけと混じり合うことを最初から考えているのでしょう。あんかけと混じり合っていない部分があったので、レンゲで掬って飲んでみると薄味の物足りないスープです。それがしっかりした味付けのあんかけと混じり合うととても美味しい味になります。
あんかけは、椎茸そばの名の通り椎茸も沢山入っていますが、白菜、キャベツ、ピーマン、ほうれん草らしい緑色の葉、多めに感じる筍が入っています。醤油の色と味、トロミもいい具合になっています。そして一番気になる甘さが絶妙です。これ以上は望みません、と宣言したくなるような好みの味です。
熱々なので一般的な麺よりも時間がかかりましたが、とても美味しいものでした。この椎茸そばは、580円で食べてもいいの?と思わせるコストパフォーマンス素晴らしいものでした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.12.06

白い恋人

白い恋人

札幌のお土産といえば白い恋人ですね。
賛否両論あるようですが…。
新千歳空港は、午前中には売り切れになる人気です。
早かったのでまだ結構ありました。

おいしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
新潟から転勤で関東地方に行った後輩が仲間を連れて来県しました。
それなら美味しいマーボーメンを食べてもらおうと思い「じじ&ばば」へ。
辛さを追求する必要もないし、普通の辛さのマーボーメンを食べました。
麻婆の甘さが完璧に好みのど真ん中です。そして、絹ごし豆腐の柔らかさ…。
癖のないスープ。シコシコした細縮れ麺。いや~! 美味しいマーボーメンです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新々軒

新々軒 ラーメン

新潟市の「新々軒」です。
新潟空港の中、3階のレストラン街の一角にあります。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。12時少し前に着きましたが、お客さんは半分くらいです。空港の中と言う立地条件ですから、航空機の発着時間でのお客さんでそんなもんかも知れません。
メニューは、ラーメンからご飯ものまであり、ラーメンも中華系を中心に揃っています。普通のラーメンにしました。
お客さんが少ないためか、空港と行う場所柄からかすぐに出来てきました。
シンプルな中華そば風の器に、あっさりしてそうな薄い色のスープです。
麺は、細縮れの新潟あっさりラーメンらしいものです。適度な歯応えも楽しめます。
スープは、塩ラーメンかなと思うほどの色の薄い透き通ったものです。ただ、塩ラーメンのような味を期待するとパンチ力に欠けます。醤油の味もしますので、薄味の醤油なんでしょう。
トッピングは、大きめの歯応えのあるチャーシュー、メンマ、わかめ、えんどうまめです。
580円と一般的に物価の高い空港の中では、まあまあ良心的な価格ですが、かなりあっさりしていますから好みが別れるところかも知れないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.05

信玄

信玄 信州

札幌の「らーめん信玄 南6条店」です。
知り合いからの紹介でお邪魔しました。
厨房を囲うカウンター席とテーブル席もあります。普通のラーメン屋さんの雰囲気です。
メニューは味噌ラーメンが中心で、信州(まろやか)と越後(辛みそ)が人気のようです。新潟に仙台の辛味噌ラーメン店が出店しているのに、札幌では越後と言う名で辛味噌です。辛みはそんなに食べたくなかったので信州にしました。
その後に来たお客さんが「白」や「赤」と言って注文しています。裏メニューかなと思いましたが、味噌ラーメンの種類でした。信州は白、越後は赤で味噌の色で注文しているのでした。
出来てきたラーメンは、黒っぽい大きな器です。白味噌仕立ての美味しそうな雰囲気のラーメンです。
麺は熟成された麺とのことですが、太さは普通ですが縮れの強い硬めの歯応えの麺です。ちょっと苦手な麺の部類です。
スープは、コッテリ系として紹介されていることが多いようですが、お店の説明の通り、まろやかな味です。白味噌仕立てで味噌の旨味と甘みのバランスのとれた、油の少ない食べ易いタイプのスープです。食べているうちに「古潭」に似ていることに気が付きました。
トッピングは、大きめで歯応えの良いチャーシュー、メンマ、多めの細切りネギは青いところも使っています。
札幌で味噌ラーメン美味しいと言われているお店の味噌ラーメンと新潟で味噌ラーメンが美味しいと言われている店の味噌ラーメンは似ているのでした。でも700円は高い。新潟の方が安く美味しく食べれますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌

札幌大通公園

札幌です。
昼の気温が氷点下です。風もあり、新潟の明け方よりも寒い。とても寒い。今回の寒波のピークに札幌です。雪が積もっていないし、降っていないのが救いです。
大通公園のイルミネーションです。夏に来た時には、いろんな色鮮やかな花を市民が楽しんでいました。冬は、ご存じの雪祭りを楽しんでいますが、その前にこんな楽しいイベントがあるんですね。とってもメルヘンチック&幻想的です。

アサヒビール園 ジンギスカン

そして夕食は、ジンギスカンです。札幌に何度か来てますが、前回のキリンに次いで「アサヒビール園 羊々亭」です。まだ、サッポロビール園に行ってません(笑)。256席の大きなビアホールです。
ジンギスカンは、2時間食べ放題で2100円からです。ちょっと良いお肉の2400円の食べ放題にしました。プラス1100円の飲み放題もありです。
自分だけなら食べ放題でなくても良いのですが、若い人が良く食べるし、食べ放題の方が飲み放題の料金が安いのです。
ジンギスカンのことは良く解りませんが、とても美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山桜桃

山桜桃

札幌の「らーめん 山桜桃」です。(山桜桃:「ゆすら」と読みます)
地下鉄東西線琴似駅が最寄り駅になります。
ネット上で人気店になっていたのでお邪魔してみることにしました。ネット上の案内地図に誤りが多くチョット時間を要しました。
お店は、奥行きがあり間口が狭い、左に厨房があり、囲うようにカウンター席があります。12時過ぎに着きました。待ちを覚悟していましたが、半分程度の席が埋まっている程度でした。
メニューは、とんこつ、しょうゆ、みそ、しおの各らーめんがあります。ほとんど氷点下の風を食らっていたので、暖かさを楽しめるみそらーめんにしました。

山桜桃 みそらーめん

お客が少ないためか、すぐに出来てきました。味噌のあっさりそうなラーメンです。
麺は、やや細の縮れで少し硬めに茹でられています。もう少し軟らかい方が好みです。
スープは、味噌の美味しさを感じられる、見た目よりもあっさりしたものです。その味は、事前にネットで調べていた通り「札幌一番味噌ラーメン」に似ています。似ているというよりも、進化した味でしょう。美味しい好みの味です。
トッピングは、やや軟らかめで弾力があり、脂身も適度に混じったチャーシュー2枚。塊の時に焼いているのでしょうか。周囲が美味しそうに焼き形が付いています。味もいい感じに付いていてとても美味しい角煮かなと思ってしまうようなチャーシューです。さらに小さめの角煮がらしきものもあります。良く味わうとチャーシューの切れ端を大きめのそぼろにしています。シャキシャキ歯応えの良いメンマ、鳴門もあります。
やや細に好きなみそのスープのラーメンです。一般的なトッピングのラーメンが600円と札幌ではとても安いお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.04

あら川

あら川

上越市の「あら川」です。
市民プラザの近くにあります。
お昼時間だけ営業のお店で、11時に開店しスープ切れまで営業します。通常13時30分頃に閉店になります。今日の現地到着は、13時15分です。天気が霙で悪いため大丈夫だろうと思い来ましたが、暖簾が下がっていてホッとしました。
お店は、外に看板らしきものがなく、開いている間は入口の暖簾で判りますが、閉まっている時は準備中の表示もなく何のお店か判りません。間口が広く奥行きのないカウンター席だけで、奥の中央部分が厨房になっています。普通のラーメン屋さんのような大きな寸胴とかがなく、ちょっと質素な厨房です。もともとラーメン屋じゃなくて、焼き鳥屋とかだったような雰囲気です。今日もおばさん2人でやっています。
メニューは、ラーメン、ラーメン大盛り、わかめラーメンだけのシンプルで、好きなワンスープ勝負店です。でも、勝負というよりも『このスープが好きだったらどうぞ』って雰囲気です。ラーメンにしました。

あら川 ラーメン

麺は、普通の太さでやや縮れの普通の麺ですが、味はスープと馴染んでなかなか良い感じです。ゆで具合いはやや軟らかめです。
スープは、一般的な中華よりも若干濃いめの透き通ったものです。醤油の味が本当に美味しく感じられるものです。あっさりしてますが、まろやかさもコクもあります。油が浮いています。後味もかなり良いです。
トッピングは、味、脂身の交じり、弾力性のある歯応えと好みのお手本のようなチャーシューが2枚がのってます。味、シャキシャキした歯応えとも良いメンマものってます。
トッピングは派手じゃないけど、本当に450円でいいの?
450円でここまで美味しいラーメンが作れるんだと感心させられる一杯でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.12.03

陣丸

陣丸

長岡市の「麺屋 陣丸」です。
「麺家 もろみ亭」の跡地にオープンしました。
お店は、右側に奥に厨房、手前と中央よりにカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。どの程度手を入れて改装したかは不明です。外観はそんなに真新しさを感じませんが、中は綺麗です。12時30分に着きましたが、お店はガラガラです。オープンして間もないため知られていないんでしょうか?
入口を入って左側に食券販売機があります。メニューは、醤油、塩、味噌の各ラーメン、それらのチャーシューメンと極め(全部のせ)があります。基本的なラーメンにしました。

陣丸 ラーメン

お客が少ないこともあり、すぐに出来上がりました。
黒を基調とした落ち着いた雰囲気の器で登場です。
麺は、細縮れのシコシコした美味しいものです。
スープは、鰹節の香りの強く、とんこつだと思いますが動物系の旨味のあるおそらくダブルスープです。とんこつの白濁食で味噌汁のように見える色です。油が少ないタイプですが、あっさりと言うよりまろやかな印象です。
トッピングは、軟らかく味薄の苦手なチャーシュー2枚、太くシャキシャキしたメンマ、海苔などですです。
最近のラーメンですね。細麺はいい感じでしたが、スープは好みのものとは違いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.01

道の駅 西会津

道の駅西会津 薬膳ソフト

道の駅「西会津」内に「交流物産館 よりっせ」があります。
その中に「ふるさと薬膳 櫟(いちい)」というレストランがあります。(ややこしい)
そして、そのレストランのメニューに薬膳ソフトがあったので食べてみました。
抹茶ソフトに似た風味で、まあまあ美味しいものです。
そんで健康に良ければ文句なし。
値段も250円とそんなに高くもありませんでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いいでのゆ

いいでのゆ

喜多方市(旧山都町)の「いいでのゆ」です。
おそばを食べた「やま仙そば」の方に聞いた温泉です。地元の方も好きで入るし、結構遠くからのお客さんもいるそうです。
一ノ木集落の道の先のどん詰まりにあります。
周りを山と川に囲まれた自然の中にあります。日帰り温泉に後で宿泊が出来るようにしたようです。近代的な作りの温泉です。玄関で靴を脱ぎ、フロントに料金500円を払って浴場へ。玄関や途中通路のソファにはおばあちゃんがいっぱいいます。先ほど玄関に入ろうとした時に「いいでのゆ」と書かれたバスが来たのようなので、そのバスで帰るんでしょうか。
脱衣所も綺麗です。お風呂まで2枚の引き戸を開けて進みます。大きな浴槽と源泉と書かれた浴槽もあります。大きな浴槽は、いい湯加減です。泉質が「ナトリウム塩化物・硫酸塩温泉」とのことです。透明な少しヌルヌルした感じがあります。入っていると肌がすべすべになったような気がします。源泉は、赤茶けた色の鉄錆びのような色と匂いの温泉です。浴室の前と左右がガラス張りになっています。天気が良ければ飯豊山が見えるのでしょうか?
露天風呂もあります。向こう側の地面に色付いた枯葉が敷き詰められたようになっていて綺麗です。
寒い空気の中で入る温泉は最高です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やま仙そば

喜多方市(旧山都町)の一ノ木地区の「やま仙そば」です。
飯豊とそばの里センターを見学しパンフレットなどの情報を収集。宮古地区は要予約が殆どなので、一ノ木地区にしました。「やま仙そば」は平日なら予約が必要ですが、土日は予約しなくても食べられると言うことで決めました。

やま仙そば

田舎の道を進むと山里の集落が現れてきます。案内の看板に従って進むと「やま仙そば」がありました。
普通の古い民家です。茅葺き屋根にトタンでカバーした昔ながらの家です。冬囲いが終わっています。手前から冬囲いの中を進むと玄関先の上に「やま仙」と書かれた一枚板の看板があります。現在時刻14時ちょっと前です。14時までなので心配をしながら玄関を入り『おそば食べられますか?』と聞くと『どうぞ!』とのこと。おばさんと呼んで良いのか、おばあさんと呼んで良いのか迷いそうな女性が迎えてくれました。先ほど通った冬囲いの家の中側の縁側を進みます。3部屋ほどあり、手前の部屋は広く4人用の座卓が数卓置かれています。おそばや天ぷらで場所をとるので実際には2人用なんでしょうね。次の部屋に通されました。そんなに広くはなく、詰めて6人、普段は4人用でしょう。座卓が中央に置かれています。個室的でいいですね。座卓の上には、メニューと雑記帳があります。メニューは、おそばの一品料理、天ぷらなどとのセットメニュー、季節の山菜や焼き川魚とのセットメニューがあります。季節の山菜そばと言うセットメニューにしました。
雑記帳をさらりと見ると、関東をはじめいろんなところからお客さんが来ているんですね。山都そばの知名度って凄いです。
とても静かな里の家の中で、お客が他にいないことがすぐに判りました。なんですが、そんなに時間がたっていないのに足音が近づいてきます。お盆に前菜って言って良いか判りませんが持ってきてくれました。

やま仙そば 山菜そば(前菜)

自家製こんにゃくの刺身、ゼンマイ料理、山ウド料理、お漬け物です。こんにゃくの刺身は、軟らかく、こんにゃく独特の臭いもなく、軟らか目の白身魚の刺身のようです。ゼンマイは、たっぷりの胡麻が振りかけられていて山菜が好きでなくても食べられそうになっています。山ウドは、逆に山菜らしさを前面に出した味付けになっています。懐かしさと新鮮さを楽しんでいるうちにそばが出来てきました。

やま仙そば 山菜そば

おそばと山菜の天ぷらです。
おそばは、繋ぎなしの10割そばです。とても滑らかで、瑞々しく、冷たく、好きなタイプのそばです。最初につゆに付けずに食べてみました。うまい。つゆなしでもおいしいそばです。コシがあり、噛み応えもばっちりです。つゆに付けて食べます。好みじゃないそばはたっぷりそばつゆに付けて食べますが、美味しいそばはほんの少し付けて食べた方が美味しいですね。
つゆは、昆布だし、鰹だしなどが利いた、少し甘みを感じる美味しいつゆです。
山菜は、舞茸、蕗の薹、山人参の葉、柿です。秋らしく綺麗な紅葉も飾られています。
山人参の葉は春に出るものですが、この時期も葉を出すものがあるとのことで、昨日取れたものだそうです。蕗の薹が季節はずれです。まあ良いことにして、柿の天ぷらは初めてです。さつまいもやカボチャなどの甘いものの天ぷらは苦手なんでどうなることかと思いましたが、食べてみるとなかなかいけます。天ぷらとスイーツの両方を同時に楽しる感じです。
最後にきのこと大根など具沢山お吸い物が付きました。お吸い物をいただきながらお話を伺うと、そば屋さんは一人でやっているとのことです。
とてもあたたかく迎えてもらえました。民宿ならぬ民食でした。1500円でこんなに楽しめて良いんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »