« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008.01.31

古潭

古潭 野菜味噌ラーメン(大盛)

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面を背に正面の道路を進み、一時停止の交差点を左に曲がり進むと左側にあります。
お店は、車庫の奥にあるような感じです。車が停められそうなスペースの奥に入口があります。お店もさらに奥行きがあり右側に厨房、左側にカウンター席、手前に小さなテーブル席1卓、奥の左側に小さな座敷があります。12時過ぎに着きましたが、前に2人並んでいます。カウンター席が2席空き前の人が座り、次です。
待っている間に注文を聞かれました。メニューは、醤油、味噌、塩があり、それらの野菜ラーメンと納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。野菜味噌ラーメン(大盛)にしました。そんなにボリュームのあるラーメンじゃないんですが、大盛りを食べたことがありませんでした。
そろそろ空くかなと待っていると男子高校生の5人組が後から入ってきました。食べている高校生もいて仲間のようです。テスト期間とかで午前中で高校が終わったのでしょう。高校生の時からこんなに美味しい食べて、将来食べるものなくなるんじゃないか余計な心配をしてしまいます。その高校生が注文しています。面白い。野菜味噌ラーメンの麺大盛り、野菜大盛り、両方大盛りなど頼もしい食べっぷりになりそうです。一人が野菜塩ラーメンを注文しました。野菜味噌以外が珍しいのですが、塩って初めて聞いたような気がします。
お店の人がカウンター席の人に詰めてくれるよう頼んでいます。良く見るとお客の間に椅子がひとつあります。空いた席に案内されました。狭い。窮屈。人1倍体格がいいので大変です。無理して詰めなくても待っていたのに~。
あ~あとか思う間もなく野菜味噌ラーメン大盛りが出来てきました。
白味噌仕立ての色が美味しそうです。キャベツの色が綺麗で目でも楽しめます。
麺は、細めの縮れで歯応え、ツルツル感やモチモチ感などずば抜けてどうこう言う特徴はありませんが、バランスの良い好きな麺です。味噌ラーメンにも細い麺は合います。もっと多くのお店で細麺の味噌ラーメンが食べられればと思います。
スープは、白味噌仕立てのあっさりしたものです。色が白っぽく、白味噌らしくあっさりしているのに、味噌の旨味と適度な甘さと優しさがあります。この点が他の味噌ラーメンに勝っているのでしょう。
そして、トッピングです。茹でた野菜のみです。野菜は、その度に茹でるのではなく予め茹でた野菜を盛り付けます。野菜は、キャベツともやしです。もやしは、ありきたりのものと変わりありませんが、全体に良い歯応えを与えてくれます。違うのは、キャベツです。キャベツと言うよりもレタスの食感です。根に近い太い(厚い)部分や外側や中心の小さい部分を使っていないようです。茹で加減が良いのでしょう。味噌のスープと相まって美味しくいただけます。
今日の古潭もヘルシーにお腹いっぱいなりました。大盛りでも飽きることなく最後まで美味しくいただけました。やや狭く窮屈でしたが、美味しく大盛りの50円を加えても650円と財布にも優しい満足できる一杯です。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.01.30

ささ宮

ささ宮 ラーメン(醤油)

新発田市の「お食事処 ささ宮」です。
国道7号線新発田バイパスのホンダカーディーラーのある交差点を市街方向に入り、一時停止に突き当たった場所の左側になります。
移転オープン後に一度行きましたが、その時はまだオープンメニューでした。そろそろメニューも確定しただろうと思いお邪魔しました。
12時20分頃に着きましたが、駐車場がいっぱいす。少し待って車を停めてお店の中へ入ります。
お店は、奥に厨房、その前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がり、右側手前に個室風の小上がりがあります。ラーメン屋というよりは食堂の雰囲気の内装です。お店の中もお客でいっぱいですが、カウンター席に1席があります。そこに案内されました。
メニューは、麺類、飯類、セットメニューがあります。ラーメンは、醤油、塩、味噌、中華系とそんなに多くはありませんが揃っています。値段が手頃なこともあってセットメニューを食べている人も多くみられます。入口に日替わりラーメンのメニューも書き出されています。今日は“もやしあんかけラーメン(680円)”です。今日のところは普通のラーメン(醤油)にしました。
混んでいたのでしばらくかかるかなと思いましたが、早めに出来てきました。飾らないシンプルな感じですが、スープの醤油の色が美味しそうです。
麺は、やや細めの縮れです。最初はモチモチした感じですが、食べているうちにプリプリした歯応えを感じます。バランスの良い美味しい麺です。
スープは、醤油系褐色の透き通ったもので、見ただけで美味しさが伝わってきます。表面には、ほんのり油が浮いています。醤油の旨さが活きています。ダシもいい感じです。動物系の旨みでしょうか。魚介系の風味も感じられます。出しゃばったものがない癖のない美味しいスープです。
トッピングは、薄目ですがやや軟らかめのチャーシュー2枚、メンマ、もやし、海苔、ほうれん草です。どれもそんなに量は多くありませんが、種類を楽しめるのが嬉しいですね。
移転前と比較するとほとんどのメニューが50円アップになっています。それでもラーメンは500円です。美味しくて、トッピングも充実して、財布に優しいラーメンです。最近オープンするお店は、ラーメン630円が当たり前かと思っているようですが見習って欲しいと思います。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.01.29

Gita

Gita 醤油ラーメン(普通)+味玉

上越市の「こってりらーめん Gita」です。
上越地区の背脂ラーメンを代表するお店です。
上越教育大学の麓の道を新井方向に進んだ突き当たり角にあります。セブンイレブンと同じ建物に入っているので、駐車場は停められないなんて心配はありません。
お店は、奥に厨房、その前に広々したテーブル席、左側に小上がりがあります。ラーメン屋さんとしてはかなり広いお店です。15時の昼の部閉店間際に着いたため、他にお客さんがいません。ギリギリだったのでお店の人に確認したところ『まだ、良いですよ』とのことです。助かりました。
メニューは、醤油と味噌、つけめんなどです。キムチラーメン(750円)が冬期限定であります。限定と言う言葉に弱いのですが、今日はあまりキムチラーメンを食べたいと思いません。普通に醤油ラーメンと味玉でも食べようと思いました。背脂の量を調整出来ます。メニューには、少なめ(アッサリ)、普通(コッテリ)、多め(ギタギタ)と書かれています。多めをお願いしました。店員が『多めは、背脂8とスープ2の割り合いなんですけどよいでしょうか?』と確認してくれました。そりゃ無理だわ。結局、醤油ラーメン(背脂普通)+味玉トッピングをお願いしました。
広いお店なだけに、貸し切りのようで嬉しいような、恥ずかしいような気分です。
そのうちに木製の丼敷きだけ目の前に運ばれてきました。そして少し後にラーメンが運ばれてきました。スープに浮いている背脂の感じが、たまらなく美味しそうです。
麺は、太い縮れです。燕三条系のような極太ではなく、味噌ラーメンなんかで使われているような一般的な太さの太麺です。丸っぽく感じます。茹で加減も硬過ぎることもなく、適度なモチモチ感もあります。
スープは、背脂で覆われています。どれくらいの厚さか気になります。麺を取った時にそんなに分厚くないのが解りました。表面を覆う程度の量です。その下のスープは、燕三条系と異なり煮干しの感じはなく、鶏ガラでしょうか。自然な感じのスープです。塩が効いているみたいなしょっぱさがあります。
トッピングは、大きく軟らかめのチャーシュー、メンマ、もやしと追加の味玉です。味玉は、黄身が固まっていないんじゃないかと思うような透き通るような色ですが、見事に半熟です。味もいい感じに塩っ気が効いています。
燕三条系の背脂ラーメンは美味しいのですが、たまには肩の力を抜いてもう少し普通っぽい麺で背脂を楽しむのもどうでしょうか?
醤油ラーメン580円+味玉100円、トータル680円のお楽しみでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中華大陸

中華大陸 移転

柏崎市の「ラーメンスーパー 中華大陸」が蛻の殻です。
新潟工科大学近くに移転するような情報もありましたが、最後にチャーシューのボリュームたっぷりラーメンを食べようかと思い尋ねましたが、以前何のお店だったか解からないような状況です。借店舗でどうしようもないかも知れませんが、移転先の情報も案内されていません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.28

じじ&ばば

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあるラーメンや定食が食べられる居酒屋です。
カウンターと小上がりのラーメンの食べられる居酒屋です。
メニューも本格的で醤油、味噌、塩、中華系と揃っています。
今日は、湘南に引っ越す同僚の送別会で主役の希望でお邪魔しました。

じじ&ばば おまかせサラダ

メニューにないものですが、最初にあっさりしたものをリクエストして作ってもらいました。これでもかといったくらいの素材を使ったおまかせサラダです。胡麻風味のドレッシングが全ての食材にうまく合ってます。豆腐も入ってるんですよ。

じじ&ばば 回鍋肉

このお店は、美味しいラーメンを食べられる居酒屋ですが、ご飯物も美味しいんです。その中でも気に入っている回鍋肉にしました。回鍋肉のしょっぱさと甘みで、いくらでもご飯が食べられそうな美味しさです。

じじ&ばば ラーメン

そして、ラーメンです。本当はこのお店を代表するジャージャーメンかマーボーメンにでもしようと思っていたのですが、回鍋肉&ライスでボリュームのあるラーメンは無理そうです。シンプルにラーメンにしました。
出来上がったラーメンは、バラ肉巻の大きなチャーシューがドーンとのってます。見ただけで嬉しいいですね。今年も楽しませてもらえそうです。
麺は、細縮れです。プリプリした歯応えとスープと一緒になっての旨味など美味しい麺です。今日は、なんだか表面がいつもよりざらついているような感じです。マーボーメンだったらかなり美味しそうな麺です。
スープは、あっさりしていながらまろやかさの味わいのあるものです。甘さ具合が最高のバランスです。
トッピングは、ちょっとだけ軟らかいけど美味しいチャーシュー、メンマとシンプルです。
美味しいラーメンでした。今年は、このお店で何杯のラーメンを食べるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓬来軒

蓬来軒 めんまらーめん

新潟市の「蓬来軒」です。
新潟島の坂内小路の東寄りにあります。
お店は、右中程から奥にかけて厨房、その中央よりと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。12時過ぎに着きました。テーブル席がいっぱいで、カウンター席にはポツリポツリ空きがあります。お店に着く時に、店前に車を停め中に入った3人連れが前にいます。追い越してカウンター席に座るのも嫌だし、店員がどう判断するか待っているとテーブル席が空き、事なきを得ました。
メニューは、カラーの写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、町の中華料理屋さんといった感じで、麺類とご飯ものがあります。麺類も中華系を中心に豊富です。まだ、食べていないものを探したらめんまらーめんがありました。蓬来軒のメンマが美味しかったか記憶になかったんですがめんまらーめんにしました。他の人が注文するのを聞いたことがないので、多少不安はありますが…。
中華鍋を使うあんかけやたんめんなんかと違い、早く出来てきました。らーめんにメンマが増えただけですからシンプルであっさりしてそうな感じです。
麺は、細縮れのプリプリした歯応えの楽しい美味しい麺です。
スープは、醤油味ですが塩も効いている新潟のあっさりらしいものです。
トッピングは、やや軟らかいチャーシューとメンマです。メインのメンマですが、結構しょっぱいものです。かなりしょっぱいメンマを塩出ししているようですが、それでもしょっぱさが残っています。ご飯といっしょならいいかもと思える感じです。なんで、味わいはありますが、甘さとかはあまり感じられないものです。
あっさりしたらーめんをちょっと豪華にいただきました。らーめんに少し入っているメンマとしては良いのですが、いっぱい食べるとちょっと好みとは違います。630円と最近のラーメン屋の普通のラーメンの値段ですからまあいいんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.27

田上ごまどう温泉

湯っ多里館

田上町にある田上ごまどう温泉の日帰り施設「湯っ多里館」に行きました。
国道403号線から入ったところにあります。看板があり解かり易く着きました。
一般の方は車を一般駐車場に停め、駐車場の隅にあるエレベータで2階に上がり、連絡通路で玄関先に進みます。車椅子使用者などは、玄関先まで車で行けるようです。
午後6時前の入館は600円、午後6時以降500円になっています。
施設は、一般的な日帰り温泉施設そのものです。
下駄箱の鍵と料金をフロントで渡し、鍵の預かり札をもらってお風呂に向かいます。
ローカーの場所は自由で、100円玉を入れ戻ってくるタイプです。
駐車場の車も多かったが人も多い。小学校低学年までの親子連れが多いように感じます。洗い場や浴槽も結構人がいて、隙間を見つけて利用するような感じです。
普通の施設と違うのは、サウナがソルティーサウナ(体に塗る塩が置いてあるサウナ)です。座れないくらい混んでたのと沁みると嫌なのでやりませんでした。

湯っ多里館 露天風呂

露天風呂も人が多いのですが、内風呂ほどの混みはありません。
露天風呂でのんびりさせてもらいました。
また、脱衣所から少し階段を上がったところに休憩する場所もあり、タオルを巻いたままひと休み出来ます。高台にあるため眺めも抜群です。
泉質は、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(アルカリ性低張性温泉)です。あまり温泉とは感じない無色無味無臭かと思っていましたが、玄関先に飲用泉があったので口に含んだ瞬間に硫黄の香りを感じることが出来ました。
いつになくのんびり出来る温泉でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

望月家

望月家

三条市(旧栄町)の「三条 望月家」です。
国道8号線沿いにあります。派手目な赤い建物です。
お店は、入口に食券販売機があります。
九州とんこつ、塩、たまり醤油、醤油の4種類のメニューしかありません。九州とんこつのボタンには、長浜26ラーメンとも書かれています。26番の麺と言うことでしょうか。九州とんこつにしました。お店を進みます。お店は長く、カウンター席だけのように見えますが、端っこにテーブル席が2卓あります。午後3時近くになります。お馴染みさんらしいお客さんが数名います。食券を渡しラーメンが出来上がるのを待ちます。店内の営業案内を見ると午後2時30分までの営業になっています。お馴染みさんがいて話し込んで、営業中の看板を下げ損なったのでしょうか。嫌な顔ひとつ見せず作ってもらいました。

望月家 長浜26ラーメン

白濁食の九州ラーメンらしいスープです。
麺は、極細のストレート麺です。九州とんこつや長浜26ラーメンとか書かれているだけのことがあり、歯切れの良い九州ラーメンらしい麺です。「真空極細熟成麺」とかいう麺らしいのですが、製造や熟成とか難しいことは解かりませんが、とても好きな感触です。
スープは、結構濃厚です。コラーゲンをたっぷり含んでいるのでしょうかトロミもあります。醤油の味の付け方も良く美味しいスープです。動物系の重たい感じが少し感じられます。
トッピングは、歯応えのあるチャーシューがたっぷり入っています。チャーシューメンがメニューになかったのですが、なくても良いのかなと思うくらいチャーシューが入っています。他に、きくらげ、たっぷりの万能ねぎも入っています。
チャーシューが多目だったのでまあまあ納得できましたが、醤油や塩なども含め700円なんですよね。やっぱり普通の昼食を考えるとチョット割高になるのかな。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

小川屋

小川屋

燕市の「ラーメン 小川屋」です。
燕三条駅近くにちょっと前オープンしたお店です。
お店の前に大きめの看板でメニューが掲示されています。豚骨仕込み・鶏骨仕込み・あご仕込みの大きく3つに分類されています。豚骨仕込みは、チャシューとネギの組み合わせがあります。あご仕込みは、チャシューだけの組み合わせです。鶏骨仕込みは、トッピングの組み合わせの他に、みそ・ゴマ・ピリ辛とスープのバリエーシヨンも豊富です。
入口を入るとすぐに食券販売機があります。豚骨仕込みにしようか鶏骨仕込みにしようか迷っていましたが、食券販売機の上方のボタンに割り付けられている鶏骨仕込みのラーメンにしました。
お店は、左側奥に厨房、右側には前と右側の壁に向かってのカウンター席、お店の手前はテーブル席になっています。最近のオープンですから、それなりに綺麗なラーメン屋らしい雰囲気です。午後2時半過ぎお店に着きましたが、この時間にしては混んでます。席に着くと貼り紙に気が付きました。麺の硬さ、スープの味の濃さやトッピングなどについて調整できません。と言うような内容です。わがままな客ならぬわがままなお店です。
もう食べている人がほとんどだったためか、お客が多いのに、そんなに待たずにラーメン出来上がってきました。

小川屋 鶏骨仕込みラーメン

いい色合いのスープと背脂が美味しそうです。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。四角っぽさが強調された麺です。なかなか美味しい麺です。
スープは、鶏骨仕込みとありますが、普通に使われている一般的なスープであって、醤油の味も程良く活きた、そこそこあっさりしたなかなか美味しいスープです。背脂も適度に浮いています。
トッピングは、軟らかなチャーシュー2枚、メンマ、玉ねぎです。背脂入りに玉ねぎは嬉しいですね。
まあまあ普通の背脂入りのラーメンでした。600円もまあ最近じゃ仕方ない値段なんでしょうね。麺の硬さやスープの味の濃さを指定することはまずありませんが、指定出来ないのもラーメン屋らしくないですね。ラーメン屋はそこから始まると思っていますから残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FM Port MOVE ON STREET 公開放送

MOVE ON STREET公開放送

MOVE ON STREET公開放送を見学にイオン新潟南ショッピングセンターに行きました。 今回は、イオンとFM PORTのコラボによるイオン×FM PORT I LOVE MY TOWN 100日祭スペシャルとのことです。
今回で、MOVE ON STREET公開放送は3回目の見学になりますが、前回までの外車系カーディーラからイオンに変わり、コーナーが多くていつもより大変そうな放送でした。
でも、いつも通りの仮谷さんが明るい放送です。
佐藤智香子さんも始めて見ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.26

桐生

新潟市の古町通り9番町辺りの「桐生」というもんじゃとお好み焼きのお店です。
子供達にもんじゃ焼き食べたいとせがまれてお邪魔しました。外食(お酒)のカテゴリーに分類していますが、車でのお出かけでアルコール抜きです。
タキザワガレージに着いたら、出勤のお姉さま達に遅れをとってなかなか車を停められません。何とか空きを見つけて「桐生」へ。

桐生 コンビーフ&コーンもんじゃ

コンビーフとコーンのもんじゃです。その他にスタミナ焼きと明太納豆を食べました。

桐生 海鮮お好み焼き

海鮮お好み焼きです。その他にミックスを食べました。

桐生 焼きそば(ソース味)

焼きそばは、醤油・ソース・辛の中からソース味にしました。

子供達も美味しい美味しいと食べてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政令市移行記念コンサート

政令市移行記念コンサート
写真は撮影不可のため、終演後の会場の雰囲気だけです。

新潟市の政令市移行記念コンサートに行ってきました。
会場は、りゅうとぴあです。
会場時間(開演30分前)に到着しました。駐車場はすんなり入れました。そんなに混んでません。りゅうとぴあに入るともの凄い行列です。未就学児が入場できないんですが小学生もあまり見当たりません。あばさん達が多いです。ゲストの関係でしょうか。早くから並んだ人も多いようで3階席の正面になりました。
NAMARAきぬがさの司会で進行。

最初は、私たちの政令市記念歌発表です。
・「光をあつめて」  歌:阿曽美雪withぴーかーぶー(新潟市)
・「WATASHITACHI NO THEMA」  歌:ASIAN・PANDAMONKEYS・SPECIAL(福岡市)
・「butterfly」  歌:Hanna(新潟市)
ASIAN・PANDAMONKEYS・SPECIAL良かった!

次に、政令市移行記念歌の発表・歌詞公募表彰式 です。
・政令市移行記念歌「ありがとう新潟」
・遠藤実(作曲) ・いではく(歌詞補作) ・秋川雅史(歌)
・歌詞公募最優秀賞:小林直司(新潟市)
演歌みたいな、唱歌みたいな???

そしていよいよ第2部のゲストステージです。
・秋川雅史(テノール歌手)
・新井満(作家)
・加藤登紀子(歌手)
3人とも凄いです。音響がもうひとつかなとも思いましたが流石です。

コンサートなのでフルオーケストラ、悪くてもバンドかと思ってましたがカラオケでした。
ただだから文句言うなって、すいません。駐車場代は払ったよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

にしやま

にしやま 野菜らーめん(味噌)

新潟市の「らーめん亭 にしやま」です。
国道116号線の新潟商業高校向かいににあります。学校町の通りから入るお店裏の月極駐車場にスペースも用意されています。昼時だったためでしょうかいっぱいです。少し待つと出た車があったのでそこに入れお店へ向かいます。
お店は、入るとドーンと厨房があり、手前と右側にカウンター席があります。カウンター席がいっぱいです。混んでますね。お店の人が『奥にどうぞ』ってことで、初めてにしやまの奥に入ります。短い廊下を進み右側の和室(8畳くらいかな)に大きめのテーブルは、お客でいっぱいです。その奥の縁側みたいなところに小さなテーブルがありそこに座れました。さらに縁側の奥にも部屋があり、4人(無理して5人)のテーブルにはお客さんがいます。
メニューは、らーめん、野菜、辛野菜、岩のり、うま煮、ワンタンメンなどがあり、ほとんどが醤油と味噌を選べます。野菜らーめん(みそ)にしました。
奥は、住居にしていたのかな?休憩スペースにしていたのかな?
お客で混んでいましたが、食べ終わりそうな人や食べてる人が多く、そんなに待たずにラーメンが出来上がりました。出来上がった野菜らーめん(みそ)は、もの凄い量です。柏崎市の萬来食堂に近いものがあります。
麺は、ってなかなかたどり着けません。野菜をたくさん食べてようやくたどり着きます。太麺で、縮れも強くコシ、モチモチ感の強いブリブリした麺です。そんなに硬すぎることない美味しい麺です。
スープは、味噌らしいもので油の少ないものです。この手のスープはあっさりし過ぎて、味噌として物足りない感じのものが多いのですが、そこはしっかりしています。好みだともう少し甘さがほしいですね。豆板醤みたいなものがテーブルの上にあります。残り1/3くらいで入れて食べました。これもなかなかです。
トッピングは、キャベツ、もやし、人参、きくらげ、豚肉の野菜炒めです。火の通りと味付けもいい感じです。量だけが多いですね。
ボリュームたっぷりというのが印象に残る野菜らーめんでした。野菜炒め定食なんかの野菜炒めより多いんじゃないでしょうか。普通のラーメンの大盛りよりは食べ甲斐があります。800円でも安いんじゃないかと思ってしまうラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.25

REAL SALT 55

REAL SALT 55 塩1号

上越市の「REAL SALT 55」です。
上越市はイオンショッピングセンター近く、警察署の裏にあります。
大寒に入って冬らしい天気になっています。こんな日は、温かい味噌ラーメンをと思いますが、場所が上越です。上越の金曜日で気になっているのは、やはり「REAL SALT 55」です。
そう「GOGO宝来軒」が金曜日だけ塩専門店で営業するお店です。
新潟には「笹川流れの塩」という美味しい塩がありますが、アメリカユタ州の岩塩と沖縄海水塩を使用しており、南国のリゾートを思わせる雰囲気のお店です。
雪が降っている中、オアシスです。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらにその手前にテーブル席、左側にもちょっと離れてテーブル席があります。暖簾や店内のデコレーションが「REAL SALT 55」用に変更されています。南国リゾートのランチのお店の雰囲気です。13時前に着きました。お客さんが結構いますが、カウンター席が空き片付けてもらって席に付けました。
メニューは、貝類ダシの塩1号、魚介乾物類の塩2号、それらをブレンドしたREAL SALTがあります。塩1号にしました。
ゆったりリゾート気分を味わっているとラーメンが出来上がって来ました。
白い器が、白い四角い皿の上にのってきました。ダイニングバーかと勘違いしそうな洗練された器で登場です。
麺は、塩専用の自家製麺です。やや細のストレートでツルツルプリプリした麺です。パスタっぽいコシの強いものです。歯切れの良い美味しい麺です。
スープは、あっさりしているけど貝の旨味をまろやかに塩で仕上げています。魚介類の独特な香りを効かせたいと思っているお店も多いようですが、ここは違います。癖のない優しいスープです。REAL SALTは、バランスの取れた味にまとまりのあるスープ。塩2号は、塩らしさを出した塩好き向け。そして塩1号は、優しくまろやかさを味わう一杯でしょうか。とても美味しいスープです。
分厚く軟らかめですが、しっかり焼きの入ったいい感じのチャーシュー、メンマ、鶉白醤油味玉2個、白髪ねぎ、星形にカットされた鳴門がのってます。
貝は、いいダシが出る食材ですが、それを優しく仕上げた美味しいものでした。塩で味付けることによって貝の旨味がストレートに伝わってきます。750円とお安くはありませんがまた食べてみたいラーメンです。ちょっと奮発しないと無理ですね。だから一週間に1度、金曜日に一週間ご苦労様で食べれるメニューかも…。金曜日だけの営業と言うのは良いかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.24

奥村家

奥村家

新潟市の「横浜ラーメン 奥村家」です。
紫竹山インター近く、旧国道49号線沿いにあります。何店舗か入った建物の左側です。少し前にオープンしたのは知っていましたが、ようやくお邪魔できました。13時近くに着きましたが、同じ建物の他のお店との共同駐車場は、それなりに車が停まっています。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、右側にも窓を向いたカウンター席、左側にお店のお客収容の中心的な小上がりがあります。テーブル席のないお店です。最近オープンしたお店らしく綺麗でラーメン屋さんらしい雰囲気のお店です。そんなに混んでません。右側のカウンター席に座りメニューを見ます。
メニューは、ラーメンとチャーシューメンです。ワンスープ勝負のお店です。油の量と麺の硬さを調整いたしますとも書いてあります。ラーメンで普通の油の量、普通の麺の硬さにしました。

奥村家 ラーメン

さほど待たずにラーメンが出来上がってきました。黒っぽい器に3枚の海苔が印象的です。渋い感じです。
麺は、やや太い平打ちっぽい縮れの強い黄色がかったものです。硬く茹でられることが多いタイプの麺かなと思いましたが、普通の硬さでホッとしました。モチモチ感のある麺です。
スープは、味噌汁のような色です。豚骨醤油でコラーゲンたっぷりというような印象を受ける家系らしいスープです。好きなスープとはちょっと違います。
トッピングは、大きな軟らかめですが弾力も楽しめるチャーシュー、ほうれん草、海苔が3枚です。家系のお手本のトッピングです。海苔に隠れていた器の縁にお店の名前が書かれています。いい演出です。
麺、スープ、トッピングのどれもが家系らしいラーメンです。新潟にも多くの美味しいラーメンがある中で、650円のこのラーメンがどこまで認められるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.23

玉寿し食堂

玉寿し食堂 五目ラーメン

村上市の「玉寿し食堂」です。
岩船港の荷捌き場の道路の向かいにあります。
お店は、黒っぽい木材を使った落ち着いた雰囲気の小綺麗なお店です。奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席(漫画本棚の仕切あり)、右にテーブル席、左に堀こたつ風の小上がりがあります。昼1時過ぎに着きましたが6~7割の席が埋まっている状況です。
メニューは、ラーメン、うどん、飯類などです。ラーメンの中でもこのお店ならではの天麩羅ラーメンもあります。まだ、食べたことがなくて食べてみようと思っていた五目ラーメンにしました。
食べているお客さんがほとんどだったので、そんなに待つこともなく出来上がって来ました。
麺は、細い自然の縮れで中華そばのような麺です。なくなかなか良い歯応えです。
スープは、五目のあんかけといっしょになって、それ自体の味は解かり難いのですが、醤油のような色なのに塩味が効いています。
トッピングの五目は、しっかりしたトロミのあんかけです。キャベツ、もやし、玉ねぎ、人参、きくらげなどで、海鮮系は使っていませんが野菜を楽しめるものになっています。五目だと鶉の玉子が一般的ですが、鶏のゆで玉子です。薄味の熱々なあんかけです。熱いものに強い自信がありますが、ちょっとかないません。いつもより時間をかけていただきました。嬉しいのは、五目なのにチャーシューとメンマがトッピングされていることです。硬さや味のいい美味しいチャーチューです。
700円の五目ですから、まあまあかなと思いますが、もう少し濃い目のあんかけだったらもっと好みなんですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.22

ラー戦場

ラー戦場 ねぎガッツリ

埼玉県の大宮駅前そごうデパートのレストラン街にある「ラー戦場」です。
先週に引き続きお邪魔しました。新潟市出身の職人“渡辺豆吉”のラーメンを食べて応援しようと思ったからです。詳細は、先週の記事を見てください。午後4時の昼食です。想像通りガラガラです。
食券を購入しようと食券販売販売機のボタンを見るとねぎガッツリと言うラーメンがあります。普通のねぎラーメンでも良いのですが、たっぷり入っていそうな名前に引かれてねぎガッツリにしました。購入した食券を店員に渡します。今日は、席まで案内されました。渡辺豆吉のコーナーのカウンター席です。
先週、ラーメンを作っていた職人は、店頭に掲げられたパネルの職人と違う人だと思って見ていました。今日、目の前でラーメンを作っている人は、間違いなくパネルの写真の人です。26歳の若さでラー戦場と言う場で戦っているだけのことはある風貌、相反して爽やかな挨拶が良いですね。
麺は、極細のストレートです。あんまりツルツルしてた感じはありません。適度なモチモチ感がありますが、プリプリした歯切れが良さも良いですね。九州ラーメンの麺のようでなかなかバランスの取れた美味しい麺です。先週の渾身の醤油豚骨らーめんは、細麺だと思ってたべましたが、今日のねぎガッツリはさらに細い麺です。使い分けをしているようです。
スープは、白濁色の醤油とんこつです。とんこつの旨味がまろやかに伝わってきます。渾身の醤油豚骨らーめんよりも優しい感じで。トロミもあります。
トッピングは、やや軟らかめですが硬いのが好みの人も軟らかいのが好みの人も楽しめそうなチャーシュー、メンマ、もやし、海苔、炒められたほうれん草、そしてねぎです。ねぎは、これぞ白髪ねぎって感じですね。髪の毛とまでは言いませんが、細く切られた見事なねぎです。味的にはねぎの旨味が活きたものとは違うかなと思います。大内宿の三沢屋で食べたねぎそばのねぎが美味し過ぎて、チョットぐらいのねぎでは驚かなくなりました。
といっても美味しいラーメンです。830円と値段も高めですが、満足できる味だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.21

おざわ

おざわ ちゃしゅうめん

新潟市の「らーめん おざわ」です。
本町市場の近く東北電力の前にあります。
お店は、奥行きのある建物で奥に厨房、手前左側と手前がカウンター席、右側がカウンター内側の通路になっています。古民家のような内装です。店内が暗く、ダウンライトがカウンターとその上に置かれるラーメンを照らし出します。黒光りする木も使い込まれた感じが出ています。12時15分頃に入りましたが、結構混んでます。お客さんの間に挟まりました。
メニューは、ラーメンとそれらにトッピングを加えたもので、ワンタンメンもあります。まだ食べていないちゃしゅうめんにしました。
チャーシューメンも何通りか書き方があります。カタカナが一般的で、最近はひらがなを使うお店が多くなっています。また、チャーシューメンとチャーシュウメンと二つ目の延ばしを“ー”と“ウ”の両方の書き方があります。見ている限り、カタカナがチャーシューメンで、ひらがながちゃーしゅうめんと使っているお店が多いようです。ただ、ちゃしゅうめんと最初の延ばしを詰めているのは、初めてだったと思います。何度かお邪魔してますが、気が付きませんでした。おざわの近くの三吉屋があります。漢字で叉焼麺と書かれています。店員が厨房に伝えるときは、チャシューメンと言っています。この地区特有の言い方なんでしょうか?
ちゃしゅうめんが出来てきました。薄い亜麻色が、あっさり感を伝えてくれます。
麺は、細縮れです。プリプリとかシコシコとかモチモチとか言葉は出てきませんが、昔ながらの中華そばって言葉が似合う麺です。
スープは、淡い亜麻色で、色から想像できる薄い味のスープです。あっさりしています。ただ、他の店の薄味のスープと違うのは、魚系のダシがしっかりしているため、旨味があることです。
トッピングは、メンマ、ゆで玉子半個と鳴門です。チャーシューは、大きく厚みがあります。脂身が少なくいい歯応えです。味も中華そば風の落ち着いたちょうど良い味付けです。チャーシューだけでもボリュームがあります。
普通のらーめんが550円に対して、ちゃしゅうめんは750円です。200円UPですが、それ以上にボリュームがあります。新潟で食べられる新潟らしい、ズーッと昔から有ったような美味しい一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.20

秋田のお酒

刈穂 大吟醸

秋田の友人から日本酒をいただきました。刈穂の大吟醸です。
秋の東北鑑評会、局長賞受賞酒です。
秋田でも大仙市を中心とするエリアで飲まれている日本酒です。辛口の淡麗な味わいです。酒蔵が実家ともまあまあ近いこともあり、同じような水で育ちましたから美味しくない訳がありません。
秋田のお酒は、新潟のお酒のように情報が流通していないため、その地域でしか知られていないようなお酒が多く、楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のアイスクリーム(家庭の日)

PINO 濃厚ビターチョコ

今日は、第3日曜日。と言うことで「家庭の日」です。
新潟市内の銭湯は、子供(小学生まで)が無料です。
近くの銭湯へ・・・
帰りに子供とコンビニ(711)に寄ったらPINOの濃厚ビターチョコが売ってました。
期間限定なので、チョットだけ探していました。
LとかDで見つけられなかったけどありました。
甘さを抑えて、カカオのニガミが少しあります。
美味しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.19

ドライブ & 美人の湯

ドライブ 雪道

雪道をドライブしたくなり除雪の入らない道を探してドライブしました。

今日は朝から寒かったのですが、昼頃チョット和らいだかと思ったらまた冷えてきました。寒くなると露天風呂に入りたくなります。ごんさんの新潟日記の「加茂 美人の湯」に入ったらおいらも美しくなるんじゃないかと考えました。(嘘!!!だよ)
場所も良くわからないが、携帯電話のネット検索とカーナビで何とかなるだろうと加茂に向かいました。途中から案内看板少ないながらあり、美人の湯に到着しました。

加茂 美人の湯

急に冷えたためか靄がかなりかかっていました。
加茂の市街地から多少外れた程度かと思っていましたが、結構山の中に入ります。
市民福祉交流センターになっていて、地元の人が多いようです。脱衣所や浴室で挨拶交わす人が多く見受けられます。午後5時過ぎからだと500円で入れます。タオルとバスタオル付きです。安いですね。最近の新しい温泉施設そのものです。風情は感じられませんが、清潔感のある施設です。

加茂 美人の湯 露天風呂
美人の湯パンフレットより

露天風呂も大理石の綺麗なお風呂です。
露天風呂のすぐ近くまで雪があります。
帰りは、駐車場も道路も凍ってます。
のんびりと帰ってきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

こだわり らー麺まつり

らー麺まつり

新潟市(旧黒埼町)の道の駅「新潟ふるさと村」で開催されている「こだわり らー麺まつり」です。新潟ふるさと村バザール館前に臨時のプレハブ厨房を作ってのイベントとなっています。

こだわり らー麺まつり メニュー

吉祥、112ZunDouNokai(いっとうや・一本気・侍元)、燦燐炙(たかみち・竜胆・麺ちん)、藻塩屋 with FM PORTの4店舗が出店しています。人気は、藻塩屋、吉祥が並んでいます。

こだわり らー麺まつり 112ZunDouNokai 新潟旨出汁らー麺

最初は、112ZunDouNokaiの新潟旨出汁らー麺(600円)です。いっとうや・一本気・侍元の3店合同出店のラーメンです。第2回新潟ラーメン博にも出店していましたが、そのとき食べられなかったので食べてみることにしました。
麺は、細いストレートに近いものです。九州ラーメンに似た感触は、噛み応えがよい美味しい麺です。
スープは、醤油系ですが凄い旨味のあるスープです。ラーメンのスープですが、煮物の出汁でも良さそうです。
厚さがあり軟らかめのチャーシュー、メンマ、海苔です。
なかなか美味しいラーメンでした。旨味の強過ぎるのもチョット逆にキツくなりますね。

らー麺まつり 燦燐炙 新潟甘えび味噌らー麺

2杯目は、燦燐炙(さんりんしゃ)の新潟甘えび味噌らー麺(500円)です。弥彦のたかみち・竜胆・麺ちんの3店合同出店のラーメンです。
麺は、やや太の縮れです。硬めです。チョット苦手な麺です。
スープは、赤味噌仕立てであっさりした感じとコッテリの中間です。ラーメンの出来上がりに油を入れていました。エビの旨味油と思われますが、それが香ばしさを増します。でも、以前期待して食べてがっかりした三宝亭のエビ味噌ラーメンよりずっと美味しく感じます。また、ラーメンを渡されたところにある辛味を加えると引き締まった味を楽しめます。
トッピングは、もやし、万能ねぎ、甘えびの出汁殻です。
500円でこれだけ楽しめるラーメンを提供してもらえるとは思いませんでした。

らー麺まつり 藻塩屋 新潟地鶏ラーメン

3杯目は、藻塩屋のFM PORTコラボラーメンの新潟地鶏ラーメン(500円)です。一番列が長かったので、後の方が多少空くかなと思い、後回しにしましたがほんの少し列が短くなった程度です。列の最後尾に並ぶと、最後尾のプラカードを持ったおにいちゃんに『藻塩ラーメンと新潟地鶏ラーメンがありますがどちらにしましか?』と聞かれました。FM PORTとコラボの新潟地鶏ラーメンを食べるつもりだったので伝えると“19”と書かれたカードをくれました。整理券のようです。後から並んだ人の様子を見ていたら次の人で新潟地鶏ラーメンが終了でした。限定とか書かれていなかったので気にしていませんでしたが、限定20色のようです。ギリギリっぽくセーフです。
麺は、細縮れのやや硬めに茹でやれているものです。
スープは、塩ですが塩のきつい感じがなく優しいまろやかなものです。ダシの美味しさが引き立つスープです。
トッピングは、鶏肉を焼いてあんかけ風にしたものです。多めのねぎと海苔もあります。
あまり塩と構えることもなく、普通にラーメンを食べたら塩味でした。美味しくいただきました。ってなラーメンでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM PORTセーフティドライブキャンペーン

FM PORTセーフティドライブキャンペーン

2008年初のFM PORTセーフティドライブキャンペーンです。
今回は、新潟市(旧黒埼町)の道の駅「新潟ふるさと村」です。
今回のステッカー配布のナビゲーターは、hiroeさんです。
気温が低い中、ステッカーにサインをするため手袋なしで頑張っています。
今日は、新潟ふるさと村で「こだわり らー麺まつり」が開催されています。GOOD MORNING PORT CITY Saturdayの中で中継するとき、試食部長のhiroeさんは何かを食べるのですが、今日はラーメンでしょう。と思ったら、やはりラーメンでした。藻塩屋でFM PORTコラボの新潟地鶏ラーメンがあり、それを食べました。ゆっくり食べればいいのにチョット咽せながら食べちゃいました。hiroeさんらしいかな。

FM-Port セーフティドライブキャンペーン ステッカー

いただいたステッカーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.18

今日のアイスクリーム

PINO マルチパック

PINO マルチパック(期間限定)

帰りにコンビニでPINOマルチパックの期間限定品を見つけました。
普通のマルチパックと併せて購入しました。
子供たちの嬉しそうな顔が浮かびます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青島

青島西掘 ラーメン(大盛)+ねぎ50+ほうれん草100

新潟市の「青島 西堀通店」です。
新潟市の新潟島は西堀通り、イタリア軒の並び下手寄りにあります。
お店は、奥行きがあり入口を入ってすぐ左に食券販売機があります。右側に広い厨房があり、左側と手前にカウンター席があります。カウンター席だけのお店では、かなり広いお店です。あまり飾り気のないラーメン専門店らしいお店です。お客さんを大量にさばけそうです。お昼の真っ最中12時20分に着きました。あらら!どうしたことでしょう。お客さんが席の1/3くらいしかいません。今日は雪もあり寒いので、みんなこんな日はラーメン食べたくて混んでいると思ったんですが違いました。足元が悪くて空いているのでしょうか。
メニューは、ご存じの通りラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピング等の追加です。好きな1スープで勝負しているお店です。今日はお腹が空いていたので、ラーメン(大盛)+ほうれん草100円増し+ねぎ50円増しにしました。
今日も店員二人で効率良く働いています。依然、新しい人が入ったと思っていましたが、今日はいないようです。混む日だけ3人なんでしょうか。そうこう見ている間にお客さんが増えて、2/3くらいになりました。こうでなきゃ。
ラーメンが出来上がりました。いつにも増して醤油の色がしっかりしたスープです。この手のラーメンにはブラックペッパーがあいます。挽きながらちょっと多めにかけます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で、見た目でどうこう特徴のあるものではありません。でも、ツルツル&モチモチ感と旨味のあるバランスの取れた麺です。スープとの相性が抜群です。
スープは、ちょっとしょっぱいかなと思うほど醤油の色が濃い透き通ったスープです。生姜のすっきりした味とブラックペッパーの風味が最高です。醤油の旨味を最大限に生かし引き出したスープです。
トッピングは、旨味・硬さ・弾力も楽しめるチャーシュー、メンマ、海苔、鳴門です。そして増量されたほうれん草とねぎです。生姜の効いた醤油ラーメンを美味しくするものばかりです。
新潟を代表するラーメンでしょう。良く考えられたラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.17

武吉兆

武吉兆

新潟市の「麺や 武吉兆」です。
「ちゃーしゅうや 武蔵」、「ラーメン亭 吉相」、「ラーメン亭 一兆」が第2回新潟ラーメン博にコラボで出店した武吉兆が、サークルKサンクスのカップ麺で発売開始されました。それと同時にラーメン店「麺や 武吉兆」がオープンしました。
場所は、新潟駅南の笹出線の東にある笹口ショッピングセンターの駐車場内です。モスバーガー→十全→武吉兆と変遷している笹出線寄りの建物です。
12時前に着きました。駐車場は笹口ショッピングセンターと共同なので心配ありません。お店に入ると店員がいっぱいいます。これじゃ人件費で長持ちしないかなと思います。オープンしたばかりなので多めにしているのか。サークルKサンクスのカップ麺が捌けるまでのお店なのかは不明です。お店は、左寄り奥に厨房、左側に小上がり、中央にテーブルのアイランド形のカウンター席、右側にテーブル席があります。外にまでは並びがありませんでしたが、お店の中には5人ほど待っている人がいます。一人の店員がメニューを渡し注文を取っています。
メニューは、ラーメンとそれらにトッピングを加えたものがあります。1味勝負のお店です。特製(全部のせ)ラーメンがあります。さらに特製+麺1.5玉のメガラーメンがあります。3店舗のコラボラーメンですから複数のスープの味を調整するのは難しい事なんでしょう。コラボした3店舗ともそんなに特別好きじゃないからメガラーメンは遠慮して普通のラーメンにしました。
店員の数は多いけどまだ慣れていないのか、動きはあまり良くありません。列が少なくなりテーブル席の相席になりました。4人掛けですが、向かい合わせに1人ずつになりました。相席も仕方ないと思いますが、これくらいの詰め具合ならいいですね。並んでいるときから注文を取っていたので席に着くと間もなくできてきました。

Photo_5

麺は、太く丸っぽい縮れ麺です。形的にあまり美味しく食べたことのない麺です。思ったとおりのやや硬の茹で具合です。そして凄くモチモチしています。やっぱり苦手です。
スープは、豚骨と鶏がらでしょうか。動物系の美味しさがありますが、ダブルスープなんかで良くあるようなこってりした感じがあります。最近多いラーメンのスープなんでしょう。
トッピングは、チャーシュー2枚、ほうれん草、海苔3枚です。海苔が多いのがいいですね。忘れられたのかどうかは不明ですが、メンマがありません。結構、グーっと来るスープなのでたまに箸を休めないと飽きてきちゃいます。メンマが欲しいですね。
普通のラーメンの値段が600円で収まらないお店が増えてきましたね。いろんなものが値上がりしているのだからしょうがないって言えば簡単だけど、お店側も好きで値上げしている訳でもないのは解かるけど…。あんまり好みじゃないラーメンに630円はキツイですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

市玄

市玄

新潟市の「らーめん屋 市玄」です。
新新バイパス竹尾インターから県道4号線横越方面に向かった新潟市中央卸売市場内にあります。広い市場の中央にある中央棟の1階です。
今日は、雪のための渋滞も予想され朝早くから車での移動をしていたため、お腹が空くのも早まりました。早い時間からやっているラーメン屋さんと言えば「中華のカトウ本店」が有名ですが、新潟島本町地区は車が停め易くないのでどうしようかと思いましたが、新潟市中央卸売市場は、まだ入ったことがないので行ってみることにしました。
新潟市中央卸売市場の北西側のゲートから入ると左前方に中央棟が見えます。広い敷地ですが高い建物がないので4階建ての中央棟がすぐに解かります。中央棟正面入口の前に駐車場があり、車を停めて中に入ります。吹き抜けになっていて近くに理髪店、食堂、鮨屋などもあります。そんなに大きなお店ではなく、市場の仲買いや仕入れのお客がラーメンを食べるのには良い大きさかもしれません。
午前9時30分に着きました。お店は、7:00~14:00でスープが切れると閉店するようです。仕入れに来ている人も食事が終わってとうに帰っている時間です。市場も閑散としています。お店に入ります。やや奥行きのあるお店で左側に厨房があります。その手前と中央よりに12席L字形のカウンター席があります。入口を入ってすぐ右に食券販売機があります。市場の食堂の暇な時間でしょうか?お客が一人もいません。
やったー!しょうゆらーめん1味勝負のお店のようです。らーめんに背脂、ねぎとちゃーしゅーの組み合わせがメニューになっています。普通のらーめんが600円で背脂は「油、大油」ともに追加料金がありません。背脂多めの大油らーめんにでもしようかなと思って食券販売機のボタンを見せていたら、一人しかいないスタッフのあんちゃんに『あっさりが好きなら細麺の朝限定あっさりしょうゆがありますよ』って教えてもらいました。朝限定あっさりしょうゆは、500円です。限定と言う言葉への弱さとワンコインで食べられると思ったらそれしかないでしょう。朝限定あっさりしょうゆにしました。それとやっぱり市場は安いとかボリュームあるとか特徴なきゃね。
カウンター席の後に水やお茶を入れる道具や灰皿などが置かれています。『お茶良かったら、セルフになりますがそうぞ!』って言われました。回転寿司にあるような緑の粉末を入れるタイプのお茶です。寒い日は水よりお茶がいいですね。お茶を飲んでると結構早めに出来てきました。

市玄 朝限定あっさりしょうゆ

茶色のすり鉢の器です。本当にあっさりした感じに見えます。
麺は、細く弱い縮れの麺です。食べた感じは軟らかめです。細い麺は、シコシコした感じと歯応えの良さを楽しめるものが好きなんですが、ちょっと違います。朝のお腹がビックリしないよう、消化が良いようにそうしているのかなとも思います。
スープは、中華そば風のスタンダードなものです。良い感じに旨味もあります。塩の締まりと醤油の旨さが良いバランスです。これもまた朝から食べられそうな感じのスープです。
トッピングは、やや軟らかめのチャーシュー、メンマとシンプルです。
今風の飾られたらーめんではなく、昔の伝統を守ったようなラーメンです。朝からでも食べられるあっさり優しいラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.16

ラー戦場

ラー戦場 渾身の醤油豚骨らーめん

埼玉県の大宮駅前そごうデパートのレストラン街にある「ラー戦場」です。
1軒のラーメン屋で4人の職人の違ったラーメンを食べれるお店です。人気が出て評価されると勝者と卒業できます。評価されないと退場させられます。
時々お邪魔してしてます。この場所(駅前のデパート内)でそれなりに腕に覚えのある職人のラーメンが手頃に食べられるんだからお気に入りのお店です。そこそこ入れ代わりもあり、調べる時間もなくて事前に誰のラーメンを食べようなんて決めずに来ました。
職人が入れ代わっています。卒業してか?退場か?は不明です。サッと見ると前からいる3人の職人のラーメンはひと通り食べたような気がします。新しい職人のラーメンが現在トップポイントを獲得しています。知ってか知らずか新しい職人のラーメンは、人気No.1になります。その好調さを継続できるかが腕でしょう。
入口周辺の貼り紙を見ると新しい職人は、“渡辺豆吉”です。醤油とんこつで勝負しているようです。さらに良く見ると新潟県新潟市出身です。新潟商業高校を卒業後、ラーメン屋さんと味噌ラーメン屋さんで修行を重ねてラー戦場に勝負をかけたようです。26歳です。こりゃ~応援しなくちゃです。大宮駅周辺で昼食やラーメンを食べるときは、大宮そごうレストラン街ラー戦場で渡辺豆吉のラーメンを食べましょう。
入口で食券を購入し…。『あれー』。渡辺豆吉の一番安いラーメンは680円です。何で新潟出身者のラーメンを高くするだよ。って思って他を職人のボタンを見たらみんな基本的なラーメンは680円になっています。この時期に合わせて50円も値上がりさせあがって。それでも県外で頑張っている新潟県出身者を応援したい気持ちはいっしょです。渾身の醤油豚骨らーめんという基本のラーメンを食べることにしました。15時頃と普通のラーメン屋さんなら午後の休みでも取っている時間ですが、デパートのレストラン街は連続営業です。ありがたいことです。空いていることもあり『お好きな席にどうぞ!』って言われました。指定された方がらくなんですが…。渡辺豆吉のコーナーのカウンター席にしました。
店頭に掲げられたパネルの写真と目の前の職人はなんか雰囲気が違います。なんかの理由で別の人がやっているのでしょうか。良く解りません。かなりお客も少なく、職人同士が仲良く話しながらラーメンを作っています。麺を茹でているのが見えますが、麺はあまり見慣れないストレートの少し太めのものに見えます。渾身の醤油豚骨らーめんが出来上がりました。。豚骨らしい白濁色のスープです。
麺は、茹でる前は太めに見えましたが、出来上がると細麺のストレートです。あんまりツルツルしてた感じはありません。適度なモチモチ感がありますが、プリプリした歯切れが良さもあります。九州ラーメンの麺のようでなかなかバランスの取れた美味しい麺です。
スープは、ゲンコツと鶏ガラベースに12時間かけて煮込んだものとのことで九州ラーメンのようなとんこつの旨味を味わうことができます。天然塩や白醤油を使っているため色も綺麗な白濁食です。まろやかさもありますが、パンチもあるスープです。しつこさや臭みのない美味しいスープです。
トッピングは、脂身が少なく歯応えがそこそこあるチャーシュー、シャキシャキ感のあるメンマ、もやし、ほうれん草のソテー、海苔です。なかなか良い感じに纏まっています。
九州ラーメンに近い美味しいものです。680円とデパートの中のラーメン屋さんの値段になってしまいましたが、損したっていう感じにはならないかなと思います。頑張っていこう新潟!

大宮駅前からのSOGO

帰りの大宮駅前から望むSOGOです。
いつまでやっているか判りませんが、綺麗なイルミネーションです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.15

きんしゃい亭

きんしゃい亭駅前店 ラーメン

新潟市の「きんしゃい亭 駅前店」です。
新潟駅前の飲食店街にあります。新潟ラーメンではなく九州ラーメンのお店ですが、新潟県内のラーメン屋さんの中でもかなり好きなラーメン屋さんです。博多の本場九州ラーメンも好きですが、きんしゃい亭の新潟の食習慣に合わせたんじゃないのかなあと思わせる美味しさが好きです。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前に大きなテーブルと小さなテーブルを囲う席があります。最終の新幹線で新潟に着きました。深夜にも関わらず飲んだ帰りのお客さんで満席です。少し待ってようやくお店に入れました。深夜のラーメン屋を居酒屋のように使うお客さんに狙われているような雰囲気です。
メニューは、ラーメンにトッピングを加えたものが数多くあります。このお店の好きなのは普通のラーメンがトッピングを加えたものよりバランスが良く美味しいことです。普通のラーメンにしました。
九州ラーメンは、麺の硬さがいろいろ指定できます。福岡博多の市場で育ったラーメンです。軟らかめを指定する人はまずいません。普通、硬麺、バリ硬、針金、粉落としなどあり、味よりも出来上がりの時間を短縮するための指定だったようです。きんしゃい亭ではバリ硬を指定したお客さんを見たことがあります。
それぐらい急ぐお客さんに愛されて育ったラーメンですからすぐに出来上がりました。
麺は、極細の弱い縮れです。本場の九州ラーメンのストレートと違いますが、なかなか美味しい麺です。新潟に合わせた麺だと思います。
スープは、白濁色のとんこつらしいもので、旨味としょっぱさが絶妙です。そして、表面に浮いた油の量がちょうどよいのです。きんしゃい亭も複数店舗ありますがお店によって油の量が違います。言えば調整してもらえますが、駅前店は何も言わなくてもちょうど良い量です。
トッピングは、脂身の少ない歯応えのあるチャーシュー、ねぎ、紅生姜、胡麻です。さらにテーブルに置かれた胡麻をさらに入れて食べます。胡麻は好きじゃなかったんですが、きんしゃい亭のラーメンを食べるようになってから好きになりました。
気にせず食べましたが、値上がりしています。ラーメンが530円です。5%程度の小さな値上がりですが、ワンコインで食べられなくなりました。美味しく好きなラーメンだっただけに残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

烏骨鶏ラーメン 龍 大森店

東京都は、大田区大森の「烏骨鶏ラーメン 龍 大森店」です。
京浜東北線大森駅の北側ジャーマン通りにあります。
どのお店で食べようかと思いましたが、ネットの口コミで評判が良かったことと旨いだけじゃなくたまには身体にも良いものと考えお邪魔しました。ただのラーメンじゃなく薬膳料理の扱いになっています。病原体そのもののような身体が拒絶反応を起こしたらどうしましょうとちょっと心配です。
お店は、まあまあ最近の小さめのラーメン屋さんのたたずまいです。烏骨鶏の栄養や効果などが書かれた紙が壁に貼られ、同じ様な書籍などもあります。不真面目な人にとっては、ちょっと息苦しい感じもあります。そんなお店は、おっちゃんが一人でやっているようです。
12時過ぎに着きました。混んでいて待ちが長そうだったらどうしようかと思いましたが、心配の必要はありませんでした。12席くらいのお店ですがお客さんは半分くらいです。
席に着き、メニューを見ます。烏骨鶏ラーメンを中心に肉入りやチャーシューメンなどがあります。味は、醤油、味噌、塩があります。烏骨鶏ラーメンの醤油にしようと思い、厨房のおっちゃんに伝えると…。入口脇に食券販売機で食券を購入するようお願いされちゃいました。食券販売機には、何を食べようか迷ったら、男は味噌、女は塩と書かれた貼り紙があります。オカマじゃないけど最初に決めていた烏骨鶏ラーメンの醤油にしました。食券をおっちゃんに渡してオーダー完了です。
お店のお客さんは、健康のこと考えているちょっとインテリっぽい人が多いのかなと思いましたが、普通のサラリーマンや作業員風のお客さんのいる普通のラーメン屋さんです。お客さんが多くないので、そんなに待たずに出来上がりました。

龍 大森店 烏骨鶏ラーメン(醤油)

深さの浅い大きめの器です。身体に良い○○石を練り込んだ器だそうです。器は、良く解りません。一般人が見る限り普通の器です。醤油の色がしっかりした美味しそうな色のスープです。
麺は、普通の縮れ麺が味噌と塩に使用され、平打ち麺が醤油に使用されています。平打ち麺と聞くときしめんのようなものを想像しますが、普通の麺がチョット角張っているのかなと思うような形の麺です。口に含むとツルツルした感じが半端じゃないです。噛み応えも良いものです。ラーメンらしい麺かなと言われると違うかも知れません。
スープは、ごく普通の醤油ラーメンのスープです。と言われてもあまり気が付かないような普通の感じのものです。食べている間に普通じゃない奥行きの深さに気が付きます。そしてそれが烏骨鶏の美味しさに頼ることなく、魚介系を含め素材のしっかりしたダシに仕上がっていることに気が付きます。ラーメン店でスープに使用する水にまで気を使う数少ないお店なのも解ります。新潟のラーメン屋さんに引けを取らないこだわりがありそうです。
トッピングは、鶏肉のささみとメンマです。ささみは、ダシに使った烏骨鶏のものかは不明ですが、食べた感じはごく普通の鶏肉です。肉っぽいところと、フレークっぽいところもあります。あんまり美味しいっちゅうものではありません。薬膳なのだから薬だと思えば美味しいものです。
なかなか美味しいラーメンでした。と締めたいところですが、750円出して食べるには、ボリューム感も美しさも豪華さもないものでした。お薬だと思えば安いかも知れません。それから、烏骨鶏の味玉もありました。食べようかなと思いましたが、380円はおいらの食べるものではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.14

たこやきまつり

たこやきまつり

新潟市(旧黒埼町)の新潟ふるさと村で開催された「たこやきまつり」に行きました。
イベントがあるとチョット狭い駐車場かなと思いますが、案の定混んでました。
午後に行ったのですが、ダラダラと駐車場に停めることができました。
アピール館と物産館の間ぐらいかと思ったら物産館の中での開催となっていました。
この時期に寒くない場所で並ぶのはありがたい。
県内のたこやき屋さん7店のたこやきが食べられます。

たこやきまつり たこ匠

たこ匠です。

たこやきまつり あずまや

あずまやです。

たこやきまつり 丸和屋

丸和屋です。

多いお店は待ちが30人くらい並んでいて、ラーメン屋の待ちなんかと違って一人で何個も買えるから思った以上に時間がかかりました。
たこ焼きは、あんまり味が判りません。というよりどれも美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.13

城下町しばた全国雑煮合戦

城下町しばた全国雑煮合戦

新発田市の新発田城址公園で開催された「第四回城下町しばた全国雑煮合戦」です。
お餅はあまり好きな方でもないんで行こうとか考えていなかったのですが、全国からレストラン、ホテル、民宿、料亭、割烹、食堂、農協など広い業種から48店もが出店する雑煮を楽しめるイベントです。近くでやっているのだから、これは是非行った方が良いと思い行きました。雑煮のダシだけでも楽しめれば十分かなと思います。
一日だけのイベントですが1万人以上の来場者があるらしいので、帰りに車を出し易いことを考え新発田市役所駐車場に停め会場に向かいました。
会場に到着し会場をひと回りします。土の上に1~2cm雪が積もっています。まだ寒いので解けていませんが、どろどろになりそうな感じです。開始10時からの開催なのですが人気店の前には凄い行列が出来ています。村上YEGの極上!村上牛炭焼き雑煮、北海道花の都~恵庭すずらん城の白銀の大地から感動の一品~北海天雑煮、広島うま味の牡蠣雑煮が50人近くの待ちになっています。
午前10時から開会セレモニーです。雪と霰の天気ですが冬の食べ物だからみんな割りと平気で待っています。10時から開始と勘違いした店舗が営業を開始して主催者から注意を受けています。セレモニー終了と同時に営業開始です。セレモニー長過ぎ。15分くらいやってました。

城下町しばた全国雑煮合戦 イーサン食堂 タイ王国の牛肉米麺ラーメン雑煮

最初は、神奈川県から出店の「イーサン食堂」のタイ王国の牛肉米麺ラーメン雑煮です。パスタっぽいストレート麺が入っています。米麺とはっきり言われたものを食べるのは初めてのような気がします。稲庭うどんのようなツルツル感と腰の強い美味しい麺です。以前食べたベトナムフロッグにも似ています。あっさりしたスープにお餅もなかなか合います。

城下町しばた全国雑煮合戦 麺食坊けやき 西洋雑煮ボンジュール

2杯目は、地元新発田のラーメン店「麺食坊けやき」の西洋雑煮ボンジュールです。デミグラスソースを上手く使った美味しいものです。ビーフシチューのような味わいですが、お餅に合うよう雑煮風にアレンジしてあります。奥行きのあるコクと旨みたっぷりの洋風雑煮です。洋風もなかなかいいですね。基がラーメン屋さんなんで少しくらい麺が欲しかったですね。

城下町しばた全国雑煮合戦 麺屋道楽 新発田名物安兵衛ラーメン

3杯目も、地元新発田のラーメン店「麺屋 道楽」の新発田名物安兵衛ラーメンです。って「麺屋 道楽」って新発田市の店舗を閉めたんじゃなかったのかな?細かいことは抜きにして食べてみました。とんこつ味噌らーめんにお餅を入れたものですね。麺もスープもトッピングもまあまあ美味しいラーメンでしたが、お餅と合っていたかな???

城下町しばた全国雑煮合戦 リサイクル容器

初めて見ましたリサイクル容器。食べ終わったら会場内のゴミステーションに容器や割箸を持って行きます。発泡容器は内側に貼ってあるフィルムを剥がして回収するんです。外側の容器がリサイクルできるためリサイクル率が90%以上になり、ゴミ発生量は30分の1程度になりようです。割り箸についても100%リサイクルし、ゴミゼロを目標にしているようです。

今回食べた雑煮は、どれも400円のものでした。会場では300円~500円の雑煮が販売されています。安いような高いような、まあまあ良い値段でしょうか。県内の出店、特に新発田市やその周辺が多いようです。県外からの出店もあり、やっぱり全国と名が付くイベントはいいですね。楽しませていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2008.01.12

さるーん

さるーん ダブルコンビネーションステーキ

新潟市の「ステーキ さるーん」です。
だいろの湯へは子供を1人連れていったのですがお腹が空いたので、夕食を食べて帰ることにしました。無類の肉好きの子供なんで、ステーキかすき焼きのどちらかと食べたいと言われステーキにしました。
ボリュームのありそうなダブルコンビネーションステーキ+セットにしました。
子供は、ミニッツステーキの300gとソフトドリンクです。ステーキ屋さんでは、ご飯もサラダもスープも食べない子供です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

だいろの湯

だいろに湯 露天風呂
だいろの湯パンフレットより

新潟市(旧岩室村)の「多宝温泉 だいろの湯」です。
雪が降ると露天風呂に入りたくなります。だいろの湯の前を通っていますが入ったことがなく気になっていました。車の燃料も少なくなってきたので、西蒲原地区のお手頃燃料を補充して温泉でもと思い出かけました。
県道2号線新潟寺泊線沿いで岩室温泉街を抜けて少し弥彦方面に走ったところにあります。大きなボーリングの櫓がライトアップされているので暗くなってもすぐに解かります。広い駐車場がありますが、結構車が停まっています。端の方に空きがあったので車を停め建物へ。最近の日帰り温泉そのものです。料金は、タオル+バスタオル付きで800円です。子供は400円です。タオル類はいらないからもう少し安いと助かります。
フロントに下駄箱の鍵を預け、タオル類とロッカーの鍵をもらって男湯へ。脱衣所はもう少し通路が広くても良いかなとも思いますが普通です。そして浴室に向かいます。浴室は狭いですね。なんじゃこりゃって感じです。洗い場は普通に数もあります。身体を洗って内湯に入ります。ほんのり硫黄の香りのする透き通ったお湯です。サウナを見ると混んでいます。
いよいよ露天風呂へ。露天風呂は屋根がかかって、外との間を戸で閉められるようにもなっていて内湯と露天風呂の中間です。広いお風呂です。お湯は、ここも内湯と同じように透き通ったものです。ただ、内湯と違いかなり硫黄の香りが強くなっています。浴槽の片隅が浅くなっていて露天根風呂になっています。
そして、屋根のない外には本当の露天風呂があります。ここでは露天岩風呂と呼んでいるようです。やや白っぽく硫黄の香りもやや薄くなっています。この温泉には源泉が3本あり、泉質は、内湯と露天風呂が含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉です。露天岩風呂が含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉です。白い色はカルシウムからなのでしょうか?ただ、お湯はかなりのぬるいものです。いつまでも入っていられそうな温度です。
硫黄ってお湯が乳白色だと思っていましたがそうでもなさそうです。でも、なかなかいいお湯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.11

らのばR

らのばR

新潟市の「らのばR」です。
新潟市の県道16号線(新潟亀田内野線)沿い坂井交差点の西側にあります。
亀田の「らのば」が新潟西地区に移転“R”が付きました。移転して場所が解り難くなりましたが暫くやっていたので、近くの新潟大学の学生達にも覚えてもらって順調かと思いましたが、この14日で閉店との情報があり最後になると思いますがお邪魔しました。

らのばR 閉店

入口には、閉店の案内が貼られてあります。
お店は、奥に厨房、右に小上がり、中央に仕切のある向かい合わせのカウンター席、左側にテーブル席があります。白っぽい壁の清潔感のある綺麗な店内です。依然気になった壁の液晶テレビの音量も、今日は煩くありません。
メニューは、移転当初ラーメンとつけめんでしたが、野菜みそらーめんや昔懐かしの中華そばなどが追加になっていました。みそラーメンも食べてみたいのですが、普通のラーメンと違い細麺を使っている昔懐かしの中華そばにしました。「らのば」は、新潟の新しいラーメン業界に影響を与えてきたお店だと思います。敬意を表してハーフぎょうざ+ミニチャーシュー丼のセットメニューにしました。
12時前に付きましたが、お客さんが結構います。閉店近い情報で多くなったのでしょうか。若い人と言うより30代から上の人です。夫婦らしい人も多いですね。
最初に昔懐かしの中華そばとミニチャーシュー丼が来ました。

らのばR 昔懐かしの中華そば

安心できる雰囲気の中華そばです。
麺は、細麺とメニューには書かれていましたが普通の太さです。ゆるい縮れです。特徴的なのがツルツルしている点です。並のツルツルではありません。そして結構モチモチしています。最近のつけめんで多く使われているような麺です。昔懐かしの麺ではないですね。
スープは、普通の中華そばのスープです。好みではない薄目で旨味が伝わるダシでもないように感じます。普通の食堂の中華そばのスープです。
トッピングは、バラ肉巻きの大きく薄いチャーシュー、メンマ、鳴門、海苔です。
昔懐かしさのない麺とインパクトのないスープは好みではありませんが、500円ちょうどとワンコインで良い雰囲気で食べられたことが良かった。

らのばR ミニチャーシュー丼

ミニチャーシュー丼は、オリーブオイルが少しかけてあるのかな?大きなチャーシューの下にサイコロ形のチャーシューがあります。タレが少しかけられていましたが、もう少し多めにかけてあったら好きな味なんだが…。

らのばR ハーフぎょうざ

ハーフぎょうざは、大きめの餃子が3個です。挽肉の多い餃子です。大きく具と皮が剥がれ易くてちょっと食べ難いかな。
ミニチャーシュー丼とハーフぎょうざは、合わせて300円とまあまあお得で、みんなが食べたいと思うような組み合わせかなと思います。ハーフぎょうざってものをセットにするあたりがいいですね。
あんまり好みじゃなかったけど、惜しいお店がまたひとつ消えてしまいます。残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.10

一(はじめ)

一 炊き出しとんこつ麺

新潟市のときめきラーメン万代島にある「らーめん 一(はじめ)」です。
朱鷺メッセの向かいにあります。万代島の駐車場が1時間無料になったので気兼ねなく来れるようになりました。
今日も大きなイベントがないようで閑散としています。雲呑屋の後に新規店が入っているのかなぁと期待していたんですが、空きのままでした。
どのお店にしようかひと通りお店を覗いてみると「一(はじめ)」が今日も(ズーッと?)大盛りサービスです。サービスに弱い貧乏性はイチコロですね。
お店は、奥に厨房、配膳用通路を囲うように“コ”の字形のカウンター席(吉野家風だが仕切が高い)、左側に小上がりがあります。12時過ぎの一番混む時間の筈ですが、他にお客が一人いるだけです。
メニューは、味噌がメインですが、焼醤油麺と炊き出しとんこつ麺があります。焼きとか焦がしってあまり美味しかったことがないので、今日のところは遠慮して炊き出しとんこつ麺の大盛りにしました。
注文してから炊き出しの言葉で影虎を思い出してしまいました。影虎の一押しメニューが炊き出しとんこつなんですが、影虎が全然好みと違っていたので、やや覚悟を決めて諦めながら待ちます。
出来てきました。黒っぽいかなり大きな器です。味噌ラーメンのような見た目です。
麺は、普通の太さで縮れがやや強めです。茹で加減が適切なんでスープと絡まってなかなか良い感じす。
スープは、見た目は味噌ですが、とんこつ醤油です。程良くコッテリしていて甘さもあります。かなり好みの味です。メニューの説明では、豚げんこつと魚介系のダブルスープとのことですが、魚介系の風味が出しゃばっていないのが美味しさの秘訣でしょう。
トッピングは、やや歯応えのあるバラ肉巻きのチャーシュー、長めのメンマ、味玉半個、きくらげ、海苔、紅生姜です。紅生姜は、ない方が好きです。
なかなか美味しいラーメンです。680円と高いかなと思いますが、大盛りサービスならいいんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.09

三吉屋

三吉屋 中華そば(大盛)

新潟市の「三吉屋」です。
西堀通り三越の並び白山寄りにあります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前がテーブル席になっています。カウンター席は、出来た中華そばの渡し口になっているので端に2~3人掛けられる程度です。テーブル席は、4人掛けが4卓あります。中華そばの丼だけなら4人で食べられる小さなテーブルです。椅子は5脚あり混みあったときはチョット無理して5人まで座れるようになっています。狭い小さなお店です。
12時過ぎに付きましたが混んでます。相席が普通のお店ですが、狭い所しか空いていません。ちょうど食べ終わった人がいてまあまあ座り易い所に座れました。お客さんの出入りはありますが、ほぼ満席の状態が続きます。
メニューは、中華そば・叉焼麺とそれらの大盛りです。少しお腹が空いたので中華そばの大盛りにしました。三吉屋の普通盛りは、もともと量が少なめなので、若い女性や年輩の男性も大盛りを食べている人がいます。
あっさりした美味しさが良いのでしょうか年輩のお客さんが多くって言うか、今日は年輩のお客さんしかいません。平均お客年齢は65歳を越えていそうです。そんな中ひとりのおばあちゃんが胡椒入れがベタベタするので取り替えてくれと言っている。店員は何かいちゃもんでも付けられたのかといった感じで別のものと取り替えたが、どうやら蓋の部分をラーメンに落とした人がいたらしい。そんなこともあるうだと思っていたら、次は電話がかかってきた。営業しているか確認の電話です。店員がもう一人の店員に、こんな忙しい時間に…!って話している。
三吉屋は、出来上がりが早いですね。次々と出来上がってきます。いつも通りの飾らないシンプルな中華そばです。でも、美味しそうな雰囲気が伝わってきます。目でも楽しめます。
麺は、極細の縮れでシコシコ歯応えと、極細だからでしょうあっさりしたスープを上手く絡めてきます。麺と絡められたスープのバランスが最高です。
スープは、これぞ中華そばと思います。亜麻色の透き通った綺麗な色です。醤油味ですが醤油を強調させ過ぎない。薄味のようでダシが効いているので美味しい。そして野菜から出ているだろう程良い甘さ。大好きなスープです。
トッピングは、脂身の殆どないチャーシュー大1枚小2枚、浅漬かり色のメンマ、鳴門とシンプルですが、この麺とスープには合っていると思います。
店員もいろいろあるでしょうが新潟でもトップクラスの美味しいラーメン店の店員ですから、お客様に美味しくラーメンを食べていただくためにもっと接客を考えて欲しい。そんなことがあってもやっぱ旨いです。普通盛り500円大盛り600円をいつまでも継続して欲しいと願うだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.08

じじ&ばば

じじ&ばば 胡麻ラーメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあります。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、左側とその手前に小上がりがあります。あまり他のお店のことは判りませんが、本格的ラーメンを食べられる居酒屋です。夜の7時から翌5時までの深夜型ですが、お邪魔するのは開店間もない時間です。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富で、メニューに記載されていないものでも材料さえ揃えば作ってくれます。今年最初は、ご祝儀を兼ねてちょっと豪華に塩系の海老ラーメンにしようと思いましたが、良い海老が入荷されていないため作れないとのことです。その覚悟の良さが嬉しいような、食べられないのが残念なような感じです。で、このお店の豪華で食べていない普通の辛さの胡麻ラーメンにしました。
麺は、旨みのある太く縮れの強いものです。茹で加減がいいので、この手の麺に多い硬過ぎる嫌な感じもなく美味しく食べられます。
スープは、胡麻の風味とまろやかな深みの美味しいものです。普通の辛さにしてもらったのですが、それでも結構辛めです。
トッピングは、キャベツ・もやし・玉ねぎ・ピーマン・人参・筍・きくらげの炒め物、チャーシュー、メンマ、それらの上にすり胡麻がかかっています。とても良い風味です。
胡麻って甘みの多い料理が多く好きになれませんでしたが、ここの胡麻ラーメンときんしゃい亭のラーメンにかける胡麻を食べて胡麻の旨みを知ることが出来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うれっ子

うれっ子 ラーメン

柏崎市の「うれっ子」です。
柏崎の市役所近くにあります。
見た感じは、古い小さなお店です。
お店の中に入ると、左側に厨房、その手前と中央寄りにL字型のカウンター席があります。12時少し前に付いたらカウンター席がちょうど1席空いていました。そんなに大きなお店でもないのにお店の人が6人もいます。市役所への出前で大変なのかなと思ったらそうでもないようです。その後もお客さんが来ます。右に通路があり、その先にも席があるようです。覗き込むとテーブル席があります。後の会話だと畳の小上がりもあるようです。
メニューは、昔からのラーメンらしい麺類とチャーハン、餃子定食です。久しぶりなので普通のラーメンにしました。
つけめんも人気があるようで注文が入っています。そんなに大きくない厨房で所狭しと作っています。
ラーメンが出来上がりました。なんかホッとする懐かしい中華そばのような出来映えです。
麺は、やや細の縮れが強いものです。ツルツルして舌触りは良いのですが、ツルツルし過ぎていてスープとの絡みがもうひとつかなと感じます。
そのスープは、中華らしいスープで、醤油と塩の中間かなといった味付けです。癖のない美味しいスープです。
トッピングは、歯応えの良い中華らしいチャーシュー3枚、メンマ、ほうれん草、鳴門です。
麺がツルツルし過ぎて、ラーメンのあっさりしたスープとの絡みがもうひとつかなとと思いますが、480円とお手頃な値段とチャーシュー3枚を考えれば何も言うことありません。
いろんなメニューがあるから、次は麺に絡むようなものを食べてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.07

慶龍飯店

慶龍飯店 ラーメン

新潟市の「中華料理 慶龍飯店」です。
古町通りの下手にあります。
新年会の〆のラーメンです。拾番にしようかと歩いていると、連れが入ってみようと言うことで入ってみました。
お店は、奥行きのある小さなお店で、左側に厨房、それに向かって右側にカウンター席があるだけの町の中華屋さんと言った雰囲気です。
メニューは、ラーメンを中心に中華系の麺があります。中華料理と名前に冠が付いていますが、麺料理だけです。最初なんで普通のラーメンにしました。
お店が、夜だけの営業なのにラーメンなんか480円とお手頃なのにはビックリです。『夜だけなのに安いですね。』なんて話したら、『人を使っていないから。』と帰ってきました。おじさんとおばさんでやっているお店ですが、夫婦のようです。
ラーメンが出来てきました。醤油のあっさりした感じです。
麺は、細で縮れの強いものです。歯応えの良い麺です。表面がざらついた中華系のあんかけに良く絡みそうな麺です。
スープは、あっさりした醤油味の癖のないものです。飲んだ後には、なかなかいい感じです。
バラ肉巻のチャーシュー、メンマがのってます。
シンプルで手軽なあっさりラーメンです。
連れが餃子を注文してお裾分けをいただきました。ニンニクの利いた美味しい物でした。明日は、ブレスケア買わなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーモリ

オーモリ東本町店 ねぎ味噌ラーメン

上越市の「オーモリ 東本町店」です。
国道18号線バイパスから高田公園方面に向かい関川を渡った最初の交差点にあります。お店の前と交差点の向かいに駐車場があります。向かいの駐車場は夏場は気になりませんが、雪があると出入りしにくくなります。それでも空いていたので助かりました。
お店は、奥行きがあり、左側に厨房、中央にカウンター席、右側に小上がりがあります。12時過ぎに着きましたが、半分くらいしかお客さんが入っていない状況です。その後、職人風の人がパラパラと来てほぼ満席になりました。
メニューは、醤油、味噌、塩を中心に揃っています。ワンコインで美味しいいつものラーメンにしようかとも思いましたが、ワンコインのラーメンであれだけ美味しいのだからと思い味噌に。風邪予防の効果も期待して、ねぎ味噌ラーメンにしました。寒いこの時期だからでしょうか後から来たお客さんも味噌ラーメンを注文しています。
出来上がったラーメンは、ねぎがたっぷりのっています。
麺は、普通よりやや太の縮れの強い麺です。この手の麺は硬過ぎて好みじゃないものが多いのですが、噛み始めは普通ですが、噛み切れるときにモチモチする麺です。なかなかいい感じです。
スープは、味噌って感じはそんなに強くありません。かと言って味噌で味付けしましたと言う旨みのないものとも違います。ダシが効いているのでしょうか。あっさりしているのにまろやかな旨みがあります。
トッピングは、もやし・玉ねぎ・人参・挽肉の炒めもの、メンマ、コーンです。炒め物の量が少な目です。コーン好きじゃないからチャーシューが1枚だけでも良いからのせて欲しいものです。そして、ねぎがたっぷりです。長めの斜め細切りです。
普通のラーメンがワンコインで、味噌ラーメン700円、ねぎ味噌ラーメンが850円です。味は良かったのですが、普通のラーメンがお手頃だけにお値段が高く感じる一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.06

白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
今日は、あいにくの天気ですが古町に買物で出かけました。遅く起きて朝食とも昼食ともつかない半端な時間に食事をしたためか夕方になってお腹が空いてきました。夕食まで食べないのもつらいので、買物場所近くに白寿で食べることにしました。
お店は、右側中央から奥に厨房、その手前と中央寄りににカウンター席、左側に小さな2人掛けのテーブルが2卓と全部で12席ぐらいの小さなお店です。夕方5時チョット前に着きました。おばちゃんと娘さんと子供がいます。お店の親父さんも一緒に話をしています。親父さんの顔を見る限るお孫さんのようです。他にお客さんもいなかったのでなんかお邪魔しちゃった感じです。
メニューは変わらず、ラーメンとうま煮そばです。家族もみんなうま煮そばにしました。
その後、お客さんが結構やってきてカウンター席が一杯になりました。後から来たお客さんの中には親父さんの息子さん友達もいて、嬉しそうに会話しています。以前もそうでしたが、この親父さんの人柄でしょうか家族的な雰囲気の感じです。
今日のタイミングは、うま煮が全然ない状態でした。でも、その後から来たお客さんもあり結構手際よく作ってます。野菜を切ってあったこともありますが、昼よりテキパキ作っているように感じます。
今日も、褐色のうま煮が美味しそうです。
麺は細麺よりも細く、極細煮に近い太さのやや強い縮れの麺です。細麺らしいシコシコした歯応え、強めの縮れが絡めてくるうま煮との調和の取れた味がたまりません。うま煮そばのための麺と言い切っちゃいたくなる麺です。
スープは、良く判りません。うま煮と混ざってしまうことが多く、スープだけを飲むことがなかなか出来ません。少しうま煮が混じったスープを飲んでも判ることは、癖のないシンプルなスープだと言うことです。
さて、この店の顔の「うま煮」です。白菜ともやしなどの野菜がトロミのあるあんかけになっています。今日もニンニクが効いています。美味しいですね。作ったばかりのうま煮だったため猫舌の家族にはきつかったようです。
ヘルシーで美味しいうま煮そばでした。いつまでも500円で食べれますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.05

ちゃんぽん亭新潟とやの店 閉店

ちゃんぽん亭 新潟とやの店

吉野家

笹出線を通っていたら、ちゃんぽん亭新潟とやの店が吉野家に変わっていました。吉野家も出たり引っ込んだりまた出たり大変ですね。
牛がチャンポン食っちゃったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.04

なんばん屋

なんばん屋 ブラック+味玉

新潟市の「なんばん屋」です。
新年会の後の〆のラーメンです。駅南で午後9時チョット前だと「なんばん屋」かなとお思いお邪魔しました。南のけやき通りの西側、突き当たりの手前にあります。GOINGOINの姉妹店です。
お店は、左側に厨房、その手前と中央よりにカウンター席、右側にテーブル席、奥に座敷があります。この時間だと他にお客さんがいません。
メニューは、醤油、ブラック、ホワイト、ちゃーしゅうめん、味玉らーめん、もやしあんかけらーめんです。ひと通り食べたので、この店のだったらこのラーメンと思うブラック味玉をトッピング追加しました。
醤油の濃い色です。富山ブラックほどではないものの新潟ではかなり濃い目の色のスープです。
麺は、やや細のストレートに近い自然の縮れが少しある麺です。歯応えの良い感じです。スープが特徴あるラーメンなのだから、麺は負けないようにでしゃばらないようにって感じです。
スープは、色から来た印象どおりのものです。以前よりやさしくなったような気がします。アルコールのためでしょうか。程良い甘みもあります。割りスープも付いてきます。最後に少し残ったスープを薄めて飲みます。鰹節だと思うのですが魚系の割りスープです。日本そばの「そばつゆ」か「そばつゆのそば湯割り」のような美味しさが広がります。
トッピングは、軟らかく味が薄めで煮魚のような歯応えの苦手なチャーシュー2枚、太いメンマ、ほうれん草です。味玉も良い茹で具合、味付けです。トッピングではありませんが、黒胡椒も粗挽きのものが多めにかけられています。締まった味になっています。
醤油の美味しさというか、味噌もそうでしょうが大豆の持っている美味しさというか恵を楽しめた一杯でした。青島ラーメンが醤油を美味しく食べられるラーメンとして好きですが、なんばん屋も醤油の美味しいさ感じられるラーメンですね。

なんばん屋 餃子

餃子も食べました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

奥次郎

奥次郎 たんめん

新潟市(旧亀田町)の「松浜ラーメン 奥次郎」です。
新年明けて最初のラーメンは、何を食べても美味しく食べられ、期間限定メニューなど研究心のあるお店にしようと考えていました。ぴったりなお店として「奥次郎」にしました。
国道49号線鵜の子インターから黒埼方面に向かった右側にあります。交通量の多い場所でしたが、イオンショッピングセンター出来てより一層混むようになりました。駐車場もお店に合ったスペースが確保されています。お昼過ぎに到着しましたが6割くらいが停まっています。
お店は、左奥に厨房、その手前と中央寄りにカウンター席があります。左カウンター席の手前と左右中央、右側にテーブル席があります。左側のカウンター席と手前のテーブル席が喫煙可能でしたが、今はお店自体が昼時間帯禁煙と変更されています。ダイニングっぽい雰囲気で、最近のラーメン屋さんですから綺麗です。席は7~8割埋まっています。
メニューは、醤油、塩、味噌を中心にバラエティに富んでます。その他に期間限定のメニューもやっています。今は何かなと店内を見回してみると「たんめん」があります。店員に聞いたら期間限定じゃない、通常メニューとのことです。今は期間限定メニューはないようです。奥次郎は、浜塩らあめんと言う塩ラーメンがあり、美味しく好みの味なんで間違いないだろうと考え、840円と高めの値段ですが年始のご祝儀と思い新メニューのたんめんにしました。
周囲には、ラーメンの出来上がりを待っているお客さんも多く、少し待っての出来上がりとなりました。
大衆食堂みたいなボリュームたっぷりのタンメンと違い、ラーメンの上に野菜炒めが品良くのっています。
麺は、細縮れでプリプリした歯応えと適度なモチモチ感のとても美味しい麺です。
スープは、あっさりしたタンメンらしいもので、塩の旨さもありますが野菜炒めの具材からの旨みもあり美味しく仕上がっています。
トッピングは、野菜炒めです。キャベツ、もやし、人参、玉ねぎ、ピーマン、きくらげ、イカ、海老、あさり、鳴門です。海鮮類が多く豪華です。嬉しくなりますね。また、この海鮮類から美味しいエキスが出ているのでしょう。ただ、ほんの少しですが焦げた臭いがします。玉ねぎの一片なんですが周囲に焦げのある物があります。焦がしねぎのように、焦げの臭いは意図してやっているかどうか判りませんがいらないもんですね。
上品なタンメンでしたが、840円はボリュームを考えるとチョットお高いかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.03

龍上海 赤湯からみそラーメン

龍上海 赤湯からみそラーメン

山形県内のセブンイレブンで龍上海赤湯からみそラーメンのカップ麺を見つけました。明星から地域限定で発売されているようです。

龍上海 赤湯からみそラーメン 内容

スープ、からみそ、かやく、ふりかけ(青海苔)が入っています。
かやくだけ麺と同時に入れるものです。

龍上海 赤湯からみそラーメン 完成

麺は5分茹でです。
味噌ラーメンとして食べてもなかなか美味しいものです。からみそを混ぜると龍上海の赤湯からみそラーメンになかなか近い味になります。かやくは、チャーシュー、メンマ、ねぎです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

稲住温泉

稲住温泉

秋田県湯沢市(旧雄勝町)の秋の宮温泉郷です。その中でも良さそうな稲住温泉にしました。建物は、建築会の巨匠『白井晟一』氏によるものです。そして武者小路実篤の『稲住日記』でも有名な温泉です。
以前は混浴だったとのことですが、今は時間で男湯と女湯を入れ替えています。訪れた時間は、大浴場が女湯になっている時間で小さめのお風呂が男湯になっています。
脱衣所も狭く心配ですが、服を脱いで浴室へ。

稲住温泉 小浴場

浴室に入ると寒いのです。良く見りゃ浴室の向こうに壁も窓もなく、外と繋がっています。寒さを堪えて身体を洗って(洗い場2人分)浴槽に入り温まります。その先を見ると鍋風のお風呂が2つ、一番先には樽の浴槽があります。その先には川が流れていて、その川向こうの山が見えます。清水の舞台のような雰囲気です。そしてそれらの上には屋根がなく露天風呂になっているのです。入っている時間帯は雪でご機嫌な風情を楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横手やきそば

食い道楽・横手駅前支店

秋田県内もラーメン店が多いのですが、もっと名物になっている横手焼きそばを食べることにしました。横手市と言えば、かまくら祭りで有名な土地ですが、今では「やきそばとかまくらの横手」となっています。お店は、秋田県横手市の横手駅前からちょっとの「食い道楽・横手駅前支店」です。

食い道楽・横手駅前支店 PR

このお店は、2007年度の横手やきそばグランプリを受賞したお店です。お店には駐車場かなく、駅前方向の斜め向かいの時間貸し駐車場が提携とのことで車を入れお店にへ。焼きそば屋さんかと思っていたら、お店には居酒屋のような短冊状のメニューがたくさん貼ってあります。昼時間を過ぎていたので横手焼きそばのみとのことで、目的通りでお願いしました。

食い道楽・横手駅前支店 横手焼きそば

横手やきそばの特徴は、目玉焼きがのってることです。玉子を崩して、混ぜていただきます。麺が美味しく、ソースが多めで、食べ易いですね。玉子のまろやかさが良い具合に調和します。キャベツと挽肉が一緒に入っています。紅生姜の変わりに福神漬です。横手やきそばがそういうものか、この店だけなのかは不明です。でも、そんなに特別美味しいって感じでもないですね。まあ美味しめの焼きそばってところでしょうか。
嬉しいのは値段が470円と言うところでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.01.02

柵の湯

柵の湯

秋田県大仙市(旧仙北町)の「柵の湯」です。
昔は、「秋仙荘」という名前で、お世辞にも綺麗とは言えない温泉でした。
名前も建物も新しくなっています。
周囲は、史跡の公園になっています。
太古のロマンと温泉が同時に癒してくれます。

柵の湯 露天風呂
柵の湯パンフレットより

浴室・浴槽は小さくこじんまりした物ですが、露天風呂が広めなのがいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デジカメ

デジカメ

初売りでデジカメの安売りを発見!
秋田県大仙市の大型量販店でゲットしました。
デジカメも安くなったもんです。
次は、地デジレコーダーの値段が下がってくるでしょう!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.01

お酒はじめ

キリン 一番絞り

2008年の最初のお酒は、キリンの一番絞りです。
今年こそお酒を健康的に飲みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西木温泉

西木温泉

秋田県仙北市(旧西木村)の「西木温泉 クリオン」です。
日帰り温泉としてオープンし、宿泊施設もできました。
泉質はアルカリ性単純温泉で、アルカリ性の強い温泉です。
特徴は、かなり長い時間身体がポカポカしていることです。
露天風呂がないのが残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おめでとうございます

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
昨年中は、お世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。
皆様にとって良い年でありますように!!!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »