« カップヌードルカレー | トップページ | ささ宮 »

2008.02.12

ほうとく

Photo

上越市の「ラーメン ほうとく 春日山店」です。
市役所から春日山方向に向かい春日山交差点のすぐ先にあります。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。今日も昼食時間が遅くなりました。午後2時ですが、結構お客さんがいます。
メニューは、味噌にトッピングを加えたものを中心に醤油や塩、その他豊富です。今日このお店に来た目的は、今月の創作ラーメン“酒粕ラーメン”です。前回お邪魔したときはそんなに食べたいと思わなかったのですが、NSTスマイルスタジアムを見て食べたくなりました。番組の内容は、栃尾の景虎の仕込みを見学した後に、料亭のようなお店で酒粕を使った鍋料理を食べるものでした。その鍋では、酒粕が全然お酒臭くならないことや魚の臭みなどを和らげる効果があると言うものでした。酒粕鍋でもいいのですが、せっかく酒粕ラーメンというものがあるんですから食べてみようと思ったのです。
メニューの説明では、当店の味噌に雪中梅の酒粕を合わせました。トッピングには紅鮭と大根おろし、酒粕の風味と紅鮭のコク、大根おろしのサッパリ感が複雑な味わいです。体の真から温まるラーメンの完成です。と書かれています。簡単な味では内容ですが、楽しみに待ちます。
お店は混んでいるようですが、ほとんどのお客さんが食べているか食べ終わっているようで、すぐに酒粕ラーメンが出来てきました。
大きなすり鉢の器でです。すり鉢を器に使っているお店はそこそこありますが、ラーメンの器に使っているものは通常使用するすり鉢よりも多少小さ目が一般的ですが、ひと回り大きなすり鉢で迫力があります。酒粕の色かどうかは解かりませんが白っぽいスープの表面をたくさんの野菜が覆い尽くしています。
麺は、普通かやや太めの縮れの強い麺です。縮れの強い麺は一般的に硬いものですが、この麺は硬過ぎることがなくスープとの絡みも良い美味しい麺です。
スープは、説明の通りほうとくの味噌ラーメンの白味噌仕立てスープに酒粕を加わえたものです。ほうとくのみそラーメンのスープは、白味噌寄りなのに甘さを控えてあっさり感のあるものです。酒粕により甘さが増し、まろやかでコクのあるものになっています。酒粕を感じないかというと、少しだけ感じます。それが、嫌らしさのないスッキリした感じになっています。
トッピングは、もやし、玉ねぎ、人参と豚肉の炒め物がのっています。そして中央部分に鮭のフレークというかそぼろに近いものが盛られています。刻まれた万能ねぎものってます。大根折おろしは、姿を認識することが出来ません。ただ、通常の味噌らーめんに酒粕を加えたものでは、ありえないさっぱり感があります。白味噌仕立ての味噌ラーメンに酒粕を加えたら、くどくて食べ難いものになるでしょうがそんな風にはなっていないのです。鮭の身も最初は鮭の魚臭さを感じますが、スープに混じると臭さが感じられなくなり、まろやかな香りと旨味が増します。
酒粕ラーメンは、酒粕鍋の最後にラーメンを入れて食べているような味わいです。しつこくなくいろんな旨味が調和しています。美味しいラーメンですが、980円出して食べるものなのかはチョット疑問が残ります。

|

« カップヌードルカレー | トップページ | ささ宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/40105691

この記事へのトラックバック一覧です: ほうとく:

« カップヌードルカレー | トップページ | ささ宮 »