« ラー戦場 | トップページ | 斑鳩 »

2008.04.21

Saijo

Saijo 味噌ラーメン

品達のラーメン麺達七人衆にある「旭川ラーメン Saijo」です。
東京は品川駅近くにある品達は、ラーメンの達人7人のお店があります。近年、どんぶりの達人五人衆が併設されました。各店舗が完全に独立しています。好きなどんぶりと好きなラーメンが一緒に食べられたらと思いますが叶うかは不明です。どんぶりは持ち帰りが可能な物がありますが、ラーメン屋で持ち込みが可能かが不明です。人気ラーメン店だと待ってる間にどんぶりが冷めてしまうかも…。
さて、どのお店で食べようかなと一回りします。「なんつっ亭」に人気店だがあまり好きじゃないマー油が特徴、「熊本ラーメン ひごもんず」には申し訳ないが2食続けて豚骨は食べたくないし、「せたが屋」は硬い麺とこれでもかと魚介系の香りがきついもので‘環七を制する物はラーメンを制する’みたいなポスターの貼ってあるいい気になった東京のラーメン激戦区環七の人気店、「つけめん TETSU」は焼き石を入れた冷めないつけめんが特徴、「初代 けいすけ」は7種類の味噌と竹炭の熟成された味噌ダレを使った黒いスープのラーメン、「支那そば きび」は‘流行は追わない、油にも頼らない’という好きなタイプのお店ですが夕食には物足りないかなということで「旭川ラーメン Saijo(さいじょう)」にしました。
旭川ラーメン大賞の塩部門1位の“伝説の塩”が人気のお店です。大雪山の水を使ったスープと麺を旭川から直送しているとのことです。前回食べたときの印象は、とんこつの塩ラーメンでまろやかな旨味のあるラーメンでした。今回は、味噌ラーメンにしました。
午後10時頃ですが、どのお店も結構混んでます。一杯やってきたグループなどはテーブル席が空かなくて待っている人もいます。このお店も混んでいます。店員が5人いますがラーメンを作っているのは一人です。手際よくやってます。一度に5人前くらいまで作っています。味噌ラーメンは、味噌ダレと白いトロミのある油のようなものとスープを器に入れてます。2廻り目で出来てきました。
遠赤外線を出し身体に良いとされるブラックシリカを使った黒い器です。
麺は中太のやや縮れ麺で、少し硬めに茹でられていますが、気になるような硬さではありません。歯応えのいい美味しい麺です。
スープは、濃厚な味噌です。白味噌と赤味噌半々くらいの合わせかと思います。味噌の旨味、甘さ、適度な油などバランスの取れた美味しいスープです。
トッピングは、歯応えのあるチャーシュー、メンマ、白と赤の色が逆転した鳴門です。
全体バランスの取れた美味しい味噌ラーメンでした。ご当地ラーメンもいろいろありますが、旭川ラーメンは期待を裏切らないラーメンです。新潟はご当地ラーメンをもっていませんが、期待を裏切らない見分け方が欲しいです。

|

« ラー戦場 | トップページ | 斑鳩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/40956616

この記事へのトラックバック一覧です: Saijo:

« ラー戦場 | トップページ | 斑鳩 »