« 胎内市チューリップフェスティバル2008 | トップページ | 慶楽 »

2008.04.29

山、桜、雪、温泉

今日は天気が良さそうなので山へ出かけました。
山、桜、雪、温泉ってなところでしょうか?
最初の目的地は、道の駅「よしかわ杜氏の郷」です。
しかし、お酒のアイスクリームなし、お酒のゼリーは前の人で完売。残念!

妙高山

旧妙高高原町周辺は桜が身頃です。妙高山と桜の写真をと考えてましたがいいポイントが見つからず、タンポポに代役をお願いしました。野尻湖周辺も時間をかければポイントが見つかりそうですが、先が長いので断念しました。

志賀高原

そして、志賀高原へ。
関東に住んでいた時は、熊の湯・横手山に通っていました。ここ数年来てなかったので新鮮です。道路もオリンピックに合わせてでしょうが整備されていて驚きました。
そして、志賀から草津へのルートにしました。
万座も捨て難かったのですが、今回は草津です。

大滝の湯

草津の温泉といえば、大滝の湯です。
46℃のお湯で痛楽しい合わせ湯があるからです。他人に水を入れたり邪魔されない熱い温泉を楽しめるところって少ないですね。
四男が4月から中学に行ってます。まだ小柄です。大滝の湯のフロント係の女性に『小学生は400円になります。』と言われました。ラッキーとも思ったのですが、これで親が子供料金で済ませたら、子供はどう思うのだろう。馬鹿真面目も嫌ですが、セコイ親とも思われたくないし、子供のプライドも守ってやらねばとも思い『中学生です。』と大人料金を払って入りました。格好いい?馬鹿?
ここで、綺麗に身体を洗います。草津の湯を合わせ湯や露天風呂で楽しみます。

桜と鯉のぼり

途中、こんな光景もありました。
向こうから写真を撮ってるオッチャンが、桜の手前に車を停めて邪魔。ドア開けっ放しだし、助手席の奥さんらしい人は知らん振り、最近の中年はマナー悪過ぎ。

尻焼温泉

そして、最終目的地の尻焼温泉へ。
先客、6組7名、後客1組1名、全て成年男子でした。
明るい時に入ってみたいと思っていた尻焼温泉です。
一番深いところも行きました。おでこまで深さありました。
子供の頃、川で泳いでいたそのままの感じでお風呂に入れるのですから素晴らしい事です。岩や石のヌルヌルした感覚まで一緒なんですから自然のままです。
写真には入ってませんが、風呂の西斜面の中腹の桜が満開です。
最高!

|

« 胎内市チューリップフェスティバル2008 | トップページ | 慶楽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/41038982

この記事へのトラックバック一覧です: 山、桜、雪、温泉:

« 胎内市チューリップフェスティバル2008 | トップページ | 慶楽 »