« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008.05.31

カップヌードル ミルクカレー

カップヌードル ミルクカレー

カップヌードルのミルクカレーが何故か自宅にありました。
あまり気にしていなかったのですが、新潟ラーメン博の日清食品のゲームコーナーでゲームをした時の景品だと思います。新潟ラーメン博に行った人はみんなやってるのかな?1回100円でオリジナルグッズやカップ麺の当たるゲームです。はずれで方でもカップヌードル1個かチキンラーメン2袋で損しないものでした。土日の2日間行ったのですが、両日子供に3回ずつやらせてあげました。たぶんその時の景品です。
で、食べてみたんですけど、ミルクでとてもまろやかな風味になっています。カレーとミルクって合うんですね。でも、味にパンチというか締りがなくなったように感じてしまいます。おやつぐらいに考えて食べるにはいいかも!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.30

大江戸

大江戸 冷し中華

新潟市の「大江戸」です。
新潟中央署の東側にあります。
お店は奥行きがあり、右に厨房、その中央寄りにカウンター席、左側にテーブル席があります。12時過ぎにお邪魔しましたが、テーブル席はいっぱいですが、カウンター席奥に空きがあり座れました。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、タンメン、味噌タンメン、冷し中華、焼きそばがあります。あらら、大江戸も値上がりしています。全品50円づつ値上がりしています。今日は、冷し中華が出ています。醤油ラーメンもそこそこ出ています。冷し中華が人気のお店で、このお店の季節がやってきたという感じです。で、目的の冷し中華をお願いしました。
お店は、おばちゃん3人でやっていて、その後手伝いのお兄ちゃんもいましたがおばちゃん3人に戻っています。注文より出来上がったものが少なかったり、少しどたばたしてますがまあまあ普通くらいの待ちで冷し中華が出来上がりました。
麺の上にチャーシュー・メンマ・胡瓜・金糸玉子がのって、さらに中央にもやし、全体に細切りの海苔、その中央に紅生姜がのってます。
大江戸の特徴でもある豆板醤のような辛味をタレに溶いて、麺を取り出します。相変わらず細い自然な縮れの長~い麺です。辛味を溶いた辺りのタレに浸けて食べます。黄色い練り辛子もいけますが、大江戸の辛味もなかなかです。熱いメニューにも合うから不思議な辛味です。タレは、しょっぱさと酸っぱさは濃いめでバランスが取れてます。麺との絡み具合もいい感じです。麺は、コシが強くかなり歯応えのある麺です。
チャーシューは細切りになっていますが、それでもなかなか歯応えがあります。冷しは歯応えのあるチャーシューがいいですね。って思って食べていましたが顎が疲れてきます。
冷し中華で750円。安くはありませんが、年に1回はそうしても食べたい一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.29

じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
例によってタクシーで帰る時間まで仕事をしてしまいました。少しだけビールでも飲んで帰ろうと「じじ&ばば」にお邪魔しました。
ビールを飲んでいると近くのもんじゃ焼き屋の親父さんが、お店の空いた時間を見つけて腹ごしらえに来ました。マーボーメンを注文しています。そう前回「じじ&ばば」でもんじゃ焼き屋の親父さんに『何が美味しいかな』と聞かれ『まず、マーボーメンからだね』と答えたのだが、気に入ってもらえたようだ。マーボーメンを作っている最中に親父さんの携帯電話が…。お店が忙しくなってきたようだ。
『マーボーメン食べて、お勘定はおれに付けておいて!』と言って去ってしまった。
で、マーボーメンをいただくことになりました。
麺は、細縮れなので麻婆のあんかけを絡めてきます。細麺が好きなので最高の組み合わせです。細くてもしっかりとした歯応えのある麺です。
スープは、癖のないコクのあるもので麻婆ともマッチします。
麻婆のあんかけが美味しいですね。しょっぱさ、辛さ、甘さがバランスよく、豆腐と食べると美味しく麺と食べても美味しい好みの麻婆です。
他の人のマーボーメンは、辛さ控え目だなと感じます。いや~!美味しかった。
ちゃんとお勘定は払いましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北陸自動車道米山サービスエリア

北陸自動車道米山サービスエリア下り線 温泉玉子そば

柏崎市の北陸自動車道米山サービスエリア下り線軽食コーナーです。
少しお腹が空いたのと仕事で遅くなりそうなので、おそばでも食べてみようかと思いました。かき揚げ+玉子の天玉そばが好きですが、ここは海老天とかイカ天の高めの価格設定です。その中で安い温泉玉子そばにしました。
関東風のつゆに、細めのそばです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日の写真

妙高山

妙高山、いもり池からです。
風がなければ、もっと綺麗に水面に写っているはずなんですが…。

今日の夕日

今日の夕日
北陸自動車道米山サービスエリア(下り線)からの夕日です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

妙高

妙高 あんかけラーメン

妙高市(旧妙高高原町)の「お食事処 妙高」です。国道18号線沿い妙高山麓直売センターの中にある食堂です。
山菜や野菜、特産品やお土産の販売所に併設されています。テーブル席だけのドライブインのようなお店です。お昼も午後1時30分頃になったためか他にお客さんはいません。
食券販売機がありメニューに一通り目を通すと、そんなに大きなお店ではありませんが、定食、そば、ラーメン類などがありラーメンも結構種類があります。普通のラーメンが500円とお手頃な価格に設定されています。メニューの写真もあり、もやしラーメン風なあんかけラーメンにしました。
他にお客さんがいないんですからすぐに出来てきました。
醤油色もやし中心のあんかけが美味しそうです。
麺は、やや細いかなって感じの縮れ麺でごく普通のものです。
あんかけは、見た目どおりの醤油の味のトロミの強いなかなか美味しいものです。でも、熱々で食べるのが大変です。時間が経っても冷めてくれません。食べるのが大変です。もやし、キャベツ、人参、ピーマン、玉ねぎ、きくらげ、豚肉、蒲鉾、鶉の玉子などが入っています。普通の醤油味かなとも思いますが時々酸味を感じます。食べ終わる頃に気が付きましたが、スープに酸味があるようです。これもこれで好みの味です。
あんかけラーメンは、なかなか食べ応えのあるものでした。これで700円です。ラーメンも500円です。お手頃価格でボリュームのあるお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.28

蓬来軒

蓬来軒 冷し中華(チャーシュー入)

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路に面しています。お店は、右側に厨房、中央とその手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。12時を少し廻っただけですが混んでます。カウンター席に空きがあり座ることが出来ました。
他の人もほんの少し前に来たようで、食べている人がそれほどいません。座れたので良いのですが、時間がかかるのは覚悟です。
町の中華屋さんといった感じのメニューがあります。麺類・飯類が揃っています。今日は、さほど暑くはないのですが冷し中華が食べたくて来ました。冷し中華も4種類あります。基本の冷し中華、それらに納豆、玉ねぎ、チャーシューをそれぞれトッピングした冷し中華です。納豆をトッピングした冷し中華が好きで食べていましたが、今日はまだ食べたことのない冷し中華(チャーシュー入り)にしました。
やはり多少時間がかかって出来上がってきました。
麺の上に生姜・わかめ・トマト・胡瓜・金糸玉子、きざみ海苔などがのり、その上にたっぷりのチャーシューがのってます。
下から麺を取り出し練り辛子を少し混ぜて食べます。
いや~!美味しい麺です。極細の縮れ麺でしっかりしています。かといって一般的な冷し中華のような弾力ではなく、日本そばのようなコシがあります。歯切れがいいですね。
タレは、普通のものですが、おとなしく、味わいのあるものです。しょっぱさとか酸っぱさは押さえ目で、魚介風味ダシが効いた旨味のあるものです。
トッピングは、生姜・わかめ・トマト・胡瓜・金糸玉子、きざみ海苔などです。さらに6枚のしっかりしたチャーシューがのってます。なかなか美味しいものです。
冷し中華(チャーシュー入り)が950円とかなり高価な昼食となりましたがなかなか味わいのあるものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.27

藤田

藤田 ネギみそラーメン

新潟市の「ラーメン 藤田」です。
本町通りの12番町フレッシュ本町の市場っぽい通りにあります。
道路から少し奥まった建物になります。前に3台くらいの駐車スペースがありますが、市場のような通りを通らなくては入れません。お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。あんちゃんひとりでやっている小さめのお店です。12時20分頃に着きました。いつもは席が半分も埋まっているかといった感じのお店ですが、今日は結構お客さんがいます。
メニューは、しょうゆ、中華そば、塩、みそとそれらにネギ、メンマ、野菜、チャーシューなどのトッピングを加えたもの、その他に冷し中華、たんたんめんなどがあります。しょうゆ、中華そば、塩は500円です。ワンコインで食べられるお店です。日差しが強いので冷し中華にしようかと思っていましたが、思いのほか風が爽やかなの温かくても大丈夫だと思いネギみそラーメンにしました。
手際良く作っています。そろそろ出来上がりかなと思ったらトッピングに多少時間がかかっていましたが出来上がりです。
みそラーメンですがしっかりラーメンと同じトッピングなのがいいですね。
麺は、細縮れ麺で、味噌ラーメンには一般的な麺ではないかも知れませんが、細麺好きはなかなかいい感じで食べられます。ツルツルした感じや歯応えも特別どうこうではありません。普通なんですが、バランスがとれてて美味しい麺です。
スープは、味噌ラーメンなので判り難いのですが、魚系の香りがするもので、味噌の美味しさも感じられる美味しいスープです。あっさりしています。好みだともう少し濃厚で甘みのあるものですが、このようなスープもなかなかいいかなと思えます。細麺なので麺を食べてるときに麺がスープを絡めて掬い上げてくれるんです。以前は、スープだけを飲むと味噌味が控えめで物足りなさを感じましたが、あっさりした味噌汁のようで今日はいけます。ねぎにかけられた辛味が溶け込んだからかも知れません。
トッピングは、種類が豊富です。見た瞬間にそれだけで嬉しくなってしまいます。茹でたもやし、チャーシュー、メンマ、鳴門、海苔、挽肉佃煮風です。さらに斜め細切りのねぎにドレッシングのように辛味がかけられています。味噌ラーメンにもチャーシューやメンマが入っているのが好きです。チャーシューやメンマは、そんなに量はいらないけど食べたいし、追加トッピングしてもらう程の量もいらないですから…。さらにねぎは辛味がかけられていて美味しくいただけます。辛味は、豆板醤というよりもかんずりっぽい味ですが、ドレッシングのような軟らかさです。
スープが濃厚なタイプじゃないこと以外はレベルの高いものだと思います。これで700円ですからなかなかのもんじゃないでしょうか。場所柄でしょうか全体的にお手頃な値段になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.26

三吉屋

三吉屋 中華そば

新潟市の「三吉屋」です。
西堀通り三越の並び白山寄りにあります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前がテーブル席になっています。カウンター席は、出来た中華そばの渡し口になっているので端に2人掛けられる程度です。テーブル席は、4人掛けが4卓あります。中華そばの丼だけなら4人で食べられる小さなテーブルです。椅子は5脚あり混みあったときは5人まで座れるようになっています。狭い小さなお店です。
12時過ぎに付きましたが3人程並んでます。食べ終わるお客さんも多くすぐにお店には入れました。相席が普通のお店ですが、狭い所しか空いていません。カウンター席の一番奥が空いていて座れました。お客さんの出入りはありますが、ほぼ満席の状態が続きます。
メニューは、中華そば・ワンタン・叉焼麺とそれらの大盛りです。冷し中華も始まっています。まさぼーさんの情報で値上がりしているとのことでした。中華そばが100円、叉焼麺と冷し中華が50円値上がりしています。中華そばの500円から600円の値上げは結構痛く感じます。それでも今日はそんなに暑くないので中華そばにしました。
あっさりした美味しさが良いのでしょうか今日も年輩のお客さんが多くいます。
三吉屋は、出来上がりが早いです。次々と出来上がってきます。いつも通りの飾らないシンプルな中華そばです。でも、美味しそうな雰囲気が伝わってきます。
麺は、極細の縮れでシコシコ歯応えと、極細だからでしょうあっさりしたスープを上手く絡めてきます。麺と絡められたスープのバランスが最高です。
スープは、これぞ中華そばと思います。亜麻色の透き通った綺麗な色です。醤油味ですが醤油を強調させ過ぎない。薄味のようでダシが効いているので美味しい。そして野菜から出ているだろう程良い甘さ。大好きなスープです。
トッピングは、脂身の殆どないチャーシュー大1枚、浅漬かり色のメンマ、鳴門とシンプルですが、この麺とスープには合っていると思います。
新潟を代表するラーメン店の中でもトップクラスの味は、やっぱ旨いです。でも600円と考えると美味しさも半減していまいます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.05.25

侍  新潟(裏)ラーメン博

侍 背脂煮込みらーめん+どろたま

今回も新潟ラーメン博開催中に食べよう決めていた三条市の「侍」です。
以前、クリアケースに「新潟ラーメン博」に関して記載された紙が入っていました。主催者から出店要請があってお祭り好きな店主ですが、店と同じ味を提供できるか、店に来るお客さんの事、などを考えると店を閉めてまで出店できないとのことでした。その通りだと思いました。お店まで来てくれるお客を大事にしているラーメン屋があったことにホッとしました。
そこで、新潟ラーメン博開催中に新潟(裏)ラーメン博で食べようと考えました。対象は、
 1.新潟ラーメン博に出店しても他に引けを取らない美味しさ。
 2.お店に来るお客さんを大事にしている。
 3.味への探求をしており進化している。または、伝統の味を守っている。
個人的見解なので、食べる人(お客)がそう思えばそれでいいです。
今年も意思をはっきり表明している「侍」にさせてもらいました。
三条市にあります。国道8号線沿いです。三条燕系背脂ラーメンのお膝元で、通常の老舗で食べれる三条燕系の背脂ラーメンと醤油の味を出している点が違います。
午後8時30分頃に到着しました。今日も盛況で、この時間にしては混んでいます。
お店は、右側奥が厨房、中央にカウンター席、右側手前に大きな相席用テーブル席の部屋、左側に小上がりがあります。右側手前の大きなテーブルの部屋に案内されました。レトロな感じで、飾り棚や柱の上に仮面ライダーやウルトラマンを始めとする懐かしいキャラクターグッズが、所狭しと飾られてます。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、浜茶屋ラーメン(細麺、あっさり)の2種類です。と思っていたら店員がメニューの書かれた黒板を持ってきました。数種類の夜限定メニューがあります。最初に書かれた背脂煮込みらーめんが気になります。食べてみることにしました。
下の双子も連れてったのですが、途中で寝てしまい食欲があまりないようです。子供達には、お土産の玩具つきのちびっこらーめんにしました。
ちびっこらーめんが先に出来上がり、食欲無さそうな子供たちでしたが、美味しさが判ったのか食が進みます。テーブル中央に置かれたニンニク醤油が美味しいようで入れて食べています。さらに加えてます。小さな壷(とんかつ屋のソース入れのような)器に入っていますが、テーブル上を押して返そうとしたらテーブルのちょっとした段差に引っかかって倒してしまいました。醤油がテーブルの上に広がります。テーブルの上に置かれていた布巾で拭きながら店員に布巾をお願いします。店員はタオルを持ってきてくれ、『服、汚れませんでしたか?』と言われました。大丈夫の旨を伝え一緒に拭きます。テーブル上でことは収まりました。綺麗にしようとしたら『あとはこちらでやりますので…。子供さんが食べてる横で気になるでしょうから…。』との暖かい言葉です。口だけじゃないお客さんを本当に大事に考えていることがわかる一件でした。
ちょうど簡単に片付け終わったところでラーメンが出来てきました。落ち着いた器に煮込まれた背脂の色が綺麗です。
麺は、やや太でやや縮れがかっています。モチモチした感触で美味しい麺です。
スープは、醤油味のしっかりしたもので、色も醤油らしい濃い色です。魚系の風味もでしゃばることなくいい感じです。煮込まれた背脂が普通の背脂よりもスープと馴染んでいます。
トッピングは、程好い歯応えのチャーシュー、短めのメンマ、ほうれん草、海苔です。どろたまは、醤油(ダシかな?)に漬けられていたため色は褐色です。味は、美味しいの一言です。黄身は赤に近い色で透き通った軟らかの粘土のような硬さです。
美味しいラーメンでした。背脂煮込みらーめん800円+どろたま150円で950円とちょっと贅沢な一杯でした。迷惑をかけてしまいましたが、こういうラーメン屋さんのお客になれることが嬉しいですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新潟ラーメン博

新潟ラーメン博3日目(最終日)です。
朝食と昼食を兼ねてきました。
午前9時25分頃会場に到着しました。昨日より約10m手前に並べました。今日も午前10時開場時間頃には、待ちの最終を示す看板が見えなくなっていました。

新潟ラーメン博 あごすけ

今日の目的は、人気の「麺屋 あごすけ」(上越市)の『胡辛麺』(コシンメン)です。
新潟県内でも店員の雰囲気が最も良いお店(おじいちゃん、おばあちゃんのやっているような家族的なお店は除く)です。店主の考えが店員一人一人にまで伝わっているお店だと思います。
金曜日に、上越のお店を訪問した際に店主が新潟ラーメン博に行っているとの貼紙で、食べてみたくなっていました。昨日は、様子を見ていましたが開場と同時に行列になっています。今日も前に30人くらい並んでいます。食べたいラーメンで他に凄く並ばなきゃいけないラーメンもないので、多少の待ちは覚悟で並びました。ラーメンの説明や食材の展示などで退屈することなく列が進みます。
受け渡しのカウンターが近付いてきます。上越のお店で見られる店主が作っています。いつもと同じ感じでラーメンを作り続けています。ラーメン屋さんも店主ですね。どうしても「麺屋 あごすけ」を食べたいという長男と並んでいました。長男が食券を渡す間際に『辛味増しお願いできますか?』と聞くと、あまりお願いした人がいなかったのか店員が判断しかねていると、店主が『はい、できます。』と答え辛味を入れている店員に指示をしています。長男が辛味増しを食べたいといっていたので、店員に相談してみろと言っていました。このようなイベントでのことなので断られてもと思っていましたが、イベントでも本物のラーメン屋です。
おとなしい派手さのないラーメンです。昨日食べれば良かったと思うほど、あっさりしています。あっさりしていながらまろやかさもあります。お店の麺よりも食べ易い麺ですね。お店の麺のストレートよりもほんの少しですが縮れがあるように感じます。にいがた地鶏のモモ肉を炭火であぶったチャーシューも美味しい。

新潟ラーメン博 バス長ラーメン

2杯目は、三条市(旧栄町)にある「バス長ラーメン」の極塩ラーメンです。
背脂と醤油が美味しいと思っているお店の塩です。背脂を使わせたら上手い店主がどう仕上げているか楽しみでした。こちらも店主が腕を振るっています。
麺は、太縮れ麺です。コシのある食べ応えのある麺です。あまりイベント向きじゃないでしょうか。待ちの列も大したことないと思っていましたが、麺をゆでる時間が必要で回りが思った以上に良くないようです。
スープは、塩と背脂。どんな味になるかと思っていましたが、思っていた味になっています。背脂の旨さと塩のキリリとした味です。
少しですが岩海苔もトッピングされていて、いい味に仕上げてくれます・

家族が食べたラーメン

新潟ラーメン博 GOGO宝来軒

上越市にある「GOGO宝来軒」のNOODLE STAR★〝HG〟です。
少し残りを食べさせてもらえましたが、これもあっさりしていてなかなかです。
創作系を得意としているお店の実力が伺えました。

新潟ラーメン博 えん楽

北海道函館市から出店「えん楽」の函館塩ラーメンです。
今回、北海道から出店したお店です。ここも思ったとおり人気です。
屋外で長い行列が作れる場所に配置されています。東のあごすけ、西のえん楽。
あまりの美味しさにスープしか残っていませんでした。
塩らしさ、切れ、旨さとまろやかさのバランスがいいスープです。

いろいろ美味しく食べさせてもらえました。
ラーメン博での並びよりは、ラーメン屋さんに行って食べたい派ですが、まっいいか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.24

Popolo

Popolo しぼり立て牛乳とレモン

新潟市の「ジェラテリアPopolo」です。
ラーメンの油が口の中に残っているようでさっぱりしたくてアイスクリームを食べたくなりました。西海岸公園市営プールの帰りに子供達とよく食べに行くお店です。
今日は「しぼり立て牛乳」と「レモン」のダブルです。

美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM Port MOVE ON STREET 公開放送

MOVE ON STREET in Harly-Davidson Lake Woodということで公開放送があったので見に行ってきました。

FM Port MOVE ON STREET 公開放送

仮谷さん、いつもの高いテンションでの放送です。

FM Port MOVE ON STREET 公開放送

多くのハーレーダビッドソン、国産旧年式中古車などもありますが、現役レーサーの今年度使用バイクの展示もあります。

FM Port MOVE ON STREET 公開放送

放送終了後には、セーフティーライド講座などもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟ラーメン博

新潟ラーメン博も今年で第3回になります。
午前9時30分頃会場に到着しました。開場30分前で佐渡汽船よりの折り返し部分まで並んでいます。午前10時開場時間頃には、待ちの最終を示す看板が遙か遠くになっています。

新潟ラーメン博 開場前

同じように長い列を写真に撮っている人がいますが、中には土足のままベンチに上がって撮っている人がいます。家族連れの子供達も見ている前です。新潟ラーメンファンにとってそのマナーの悪さに腹立たしさを感じます。新潟アルビレックスファンのマナーの良さが知られていますが、新潟ラーメンファンは最低と一部の人のために言われたくないですね。悲しいことです。
開場後は、スムーズに中に入ることができました。入場券も見せるだけとラーメンを食べる券としての意味なので入場も簡単です。

新潟ラーメン博 会場

テーブルは所々に赤・黄・緑の表示があり、広くて大変だと思っていましたが待ち合わせ場所を確認し易くなっています。

新潟ラーメン博 烈士洵名

さて今回の最初は、県外からの出店に感謝をして長野県「烈士洵名」のトリプルスープの極上ラーメンです。
魚介系、海草系、鳥系のトリプルスープと長野県産の小麦粉を採用しているそうです。
スープは、旨さの強い美味しいスープですが、後で味の濃さに少し飽きてきます。こってりした感じが強く、何杯か食べたい時に最初から食べるラーメンではないですね。
麺は、中太の平打ち麺で癖のないものですが、スープに対し少しインパクトに欠けます。

新潟ラーメン博 なおじ・来味・三吉屋のコラボ店

2杯目は、コラボ店のなかから1杯です。「なおじ・来味・三吉屋のコラボ店」の南蛮えびと地魚のらぁ麺です。三吉屋が、新潟ラーメン博に絡むとは思ってもいませんでした。これは食べてみるしかありません。また、来味もメンバーに入っているとのことで三吉屋と来味だったら凄いと思ったのですが、中華の来味ではなく姉妹店の麺や来味でした。
スープは、地魚や南蛮エビの旨味の魚介スープとトンコツスープを合わせたWスープに、背脂にエビ油を混ぜたことで濃厚で香りも豊かなものにしているとのことです。濃厚な甘味を感じるこってりしたスープです。これもまた旨味が強いために途中から飽きてきます。みんなでいろんな種類のラーメンを食べようと少しずつ食べるんだったらいい味かも知れませんが、一人で食べるには重過ぎます。
麺は、細麺でなかなかいい感じです。トッピングは海老や海老団子とこれまた美味しいんだけど少し重たい感じです。爽やかな野菜系が欲しいですね。
まあまあ、イベント用として面白いラーメンでした。本当に三吉屋がコラボしているのかが疑問です。あの新潟を代表するあっさりラーメンのお店が、このようなラーメンに関わったのでしょうか?

新潟ラーメン博 天心

3杯目は、単独店の中から1店です。南魚沼市(旧塩沢町)の「らー麺 天心」の地ゾット麺です。そんなに有名店ではありませんが、第1回から単独で出店していてズーッと食べています。
まろやかでコクのある黒しょうゆを旨く使ったラーメンで、新潟あっさり系、長岡生姜醤油系、小出の醤油ラーメンとも違った醤油を味わえるラーメンです。普段のお店でも地元産の食材こだわったラーメンを食べさせてくれます。
さて今回は、そのラーメンにサフランリゾットをトッピングしています。チーズと野菜のリゾットはラーメンとの相性も良く、スープに浸かると溶け出してしまうんじゃないかと思いますが、纏まったままになっています。魚沼地鶏の手羽先の煮込みと楽天菜もとても美味しいものです。
このラーメンもあっさり系じゃないので、前2杯と相まってかなりこってりしてきました。ボリュームもあり腹八分目ということで本日はここまでです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.23

拾番

新潟市の「ラーメン 拾番」です。
新潟島の広小路にあります。夜だけ営業のお店です。
柳都大橋からの道路が整備されていますが、さらに西北側への道路整備が進められるために5月24日で閉店との情報がありお邪魔しました。

拾番 休業案内

お店の中に、休業を知らせる紙が張り出されています。
当初は5月24日までの予定だったのですが、5月31日までの営業に変更です。また、半年後に同じ場所で営業再開です。しばらく、食べられなくなります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席の小さなお店です。夜の日付が変わる前の時間ですが、結構お客さんがいます。それも年配のお客さんが多いですね。
メニューは、ラーメンを中心にトッピングを加えたものも用意されています。シンプルにラーメンにしました。ラーメンが500円で、夜営業なのにワンコインで食べられていいお店だと思っていましたが、良く考えると前回訪問の時は450円だったので値上がりしています。
出来上がりを待っているお客がいなかったようですぐに出来てきました。

拾番 ラーメン

済んだ綺麗なスープのいかにもあっさりそうなラーメンです。
麺は、細縮れのシコシコ歯応えの楽しいものです。
スープは、黄色っぽい澄んだ綺麗なスープです。薄色の中華そば風のスープは、味が薄いのでヘルシイーに感じます。日本海側なので塩味をとてもあっさりした美味しいスープです。
トッピングは、チャーシュー2枚、多めのメンマです。
あっさりした爽やかさの残る、新潟らしいラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あごすけ

あごすけ 旨藍濁汁麺

上越市の「麺屋 あごすけ」です。
国道18号線からジャスコを目印に市役所方向に進み、最初の信号を右折して少し進んだ右側にあります。
お店は、左側に厨房、手前と中央にカウンター席、右側にテーブル席があります。木を活かしたちょっとレトロな雰囲気と綺麗に手入れされている厨房のステンレスの反射が対照的です。12時30分過ぎに付きました。前に5人並んでいるだけです。
メニューは、醤油・塩・醤油とんこつ・塩とんこつ・醤油背脂とそれらにチャーシューを加えたものです。塩とんこつ(旨藍濁汁麺)豚めしにしました。
本当は、上越の金曜日の楽しみであるREAL SALT で食べようと思ったのですが、ラーメン博のためかお休みでした。近くのラーメン屋ってことで「麺屋 あごすけ」にしました。「麺屋 あごすけ」もラーメン博準備のための22日の休業とラーメン博開催中の店長の不在を知らせる貼紙があります。厨房の中で中心でやっている店長がいないと少し心配です。
カウンター席に案内されて暫く経ちますが、まだラーメンが出来てきません。仕方なくラーメンを作る様子を見ていたらようやくラーメンが出来てきました。塩とんこつですが、担々麺のような感じにも見えます。
麺は、他のメニューと同じ自家製麺のやや太のストレート麺です。ツルツルした触感とモチモチした歯応えはやっぱりやや細目のパスタを食べているようです。このままもう少しだけ細く縮れの入った麺も食べてみたいと思います。
スープは、とんこつらしいお味噌汁のような色です。とんこつのまろやかさと塩のきりりとした感じがコラボしています。バランスの良い美味しいスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、揚げニンニク、江戸菜、海苔、焦がしねぎなどです。
とんこつと塩がはっきり出ているラーメンです。さすがですね、と言いたいところですが、好みとは少し違ってるかな。787円と安くはありませんが、まあまあの一杯でした。

あごすけ 豚めし

豚めしは、程良い味のたれのお陰で美味しく食べさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.22

北陸自動車道大積PA(下り)

北陸自動車道大積PA(下り) 味噌ラーメン

長岡市の「北陸自動車道大積PA(下り線)軽食コーナー」です。
ちょっと小腹が空いたのでパーキングエリアでラーメンを食べることにしました。
いろんな種類がありますが味噌ラーメンにしました。
麺は、やや細か普通かなというくらいの縮れ麺です。味噌ラーメンの太くない麺もいいですね。あっさりしたスープですが、細さでスープを抱え込んできてくれます。
スープは、赤味噌っぽいあっさりしたもので、最初は美味しく感じますが、食べているうちに塩っぽいしょっさがしつこく感じてきます。
トッピングは、もやし・きくらげ・にらの炒め物(茹で?)、細切りチャーシュー、コーンです。
なんとなくいい意味で古さを感じるような懐かしいような感じの味噌ラーメンでした。640円は、今としてはお手頃価格でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いち井

いち井 塩

長岡市の「ラーメン いち井」です。
1年半ぶりです。長時間並んでまでも…と思い足が遠退いていました。関東からの出張者と一緒なのでどういう感想になるか、待ちが少なかったら食べてもらおうと思い午後1時を回った時間ですが来てみました。7~8人の待ちです。大したことないので食べてみることにしました。昔ながらの雰囲気の店に入ると中も昔の雰囲気ですが綺麗な店です。左奥に厨房、その前がカウンター、中央に大きなテーブル、右は普通のテーブル席です。食券販売機になってます。入口付近で待っている間に食券販売機で食券を購入します。醤油、塩、とんこつの3つのスープとトッピングを選べます。醤油が好みじゃないので最初にこの店で食べて美味しいと思ったにしました。そんなに待たずにテーブル席が空き案内されました。
テーブルの上には、箸がセットされています。居酒屋のような感じです。
暫らく待つとラーメンが出来上がってきました。
小さめの可愛らしい、和食風で落ち着いた旭川ラーメンのような器です。
麺は、やや細ぐらいの縮れ麺です。触感もモチモチしている美味しい麺です。麺にも味があるように感じてしまいます。
スープは、まろやかなものです。焼きあごのダシですが関東に多い魚風味を前面に出したものと違い、控え目なでしゃばったものがありません。また、塩味を楽しむというような塩が目的ではなく、美味しいスープを塩で仕上げたと言った方が良さそうな美味しいスープです。
やや軟らかいチャーシュー2枚、メンマ、水菜、きくらげ、桜海老を揚げたものがのってます。
店のいい雰囲気のなか美味しい一杯でした。オープン当時600円だったラーメンが今では750円です。今年でオープン10年になります。その間に数回の値上げをしてます。信吉屋が10年以上も値上げしてなかったのが立派に思えます。また、オープン当時は週3回やっていた夜営業もなくなり営業時間が短くなり、なかなか近寄りたいと思わないお店です。醤油は好みではありませんが、塩は美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.21

信吉屋

信吉屋 冷し中華(中盛)

新潟市の「信吉屋」です。
新潟島のイトーヨーカドーの近く、本町の市場風お店の東堀寄りにあります。
間口の広いカウンター席だけのお店です。市場の支那そば屋さんです。12時過ぎに着きました。混んでます。遠くから並んでいる人が見えます。10人くらいでしょうか。15分くらい待って席に着けました。入口の戸が開いていて爽やかな風邪が抜けていきます。
メニューは、支那そばと、メンマ、チャーシュー、ワンタンを組み合わせたものになります。盛りは、普通、中盛、大盛があります。あらら、全品50円値上がりしています。前回の料金改定が平成9年5月17日でしたから10年以上値上がりしていなかったんです。ワンコインで食べれるお店がまたひとつ減りました。残念なことです。夏季は、冷し中華もあり楽しみです。と思ったら冷し中華の貼紙があります。そりゃ食べるしかないと思い冷し中華(中盛)にしました。
去年までは、温かいラーメンを出来るだけ食べるようにこだわっていましたが、もっと季節を楽しむのもいいかなと考えを改めました。
麺を器に入れてからトッピングに少し時間がかかっています。出来てきました。
温かい支那そばと同じ黒い器です。キュウリの千切りが表面を覆っています。緑の優しい色が爽やかさを演出してくれます。
麺は、支那そば用を冷やしたものです。極細に近い縮れ麺です。シコシコした歯応えがとても好きな麺です。冷しにしても弾力が強くなり過ぎないのがいいですね。
たれは、ごく一般的なものですが、しょっぱ過ぎず、酸っぱ過ぎず、ちょうど良いきつさのない優しいものです。レモンが付いてきます。汁をかけると爽やかな香りが広がります。
トッピングは、多めのキュウリの下に、細く切ったチャーシュー、鳴門、金糸卵がのってます。さらに、普通のチャーシューも1枚のってます。キュウリの歯応えと細麺の歯応えがバランス良く噛みながら楽しめるものです。
冷し中華は800円、中盛りは850円になります。お勘定を払うと『ごめんなさいね、850円です。』と言われました。苦渋の決断で値上げしたのが伝わってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.20

くう快

くう快 ラーメン

東京は蒲田駅近くの「くう快」です。
蒲田駅周辺での昼食になりそうなので、ネットで美味しそうなラーメン屋さんを探しました。「らーめん潤 蒲田店」がヒットします。おいおい、蒲田まで行って「潤」は勘弁してくれよ。って他を見ると火曜日定休のお店が多く難航します。そんな中でも良さそうなのが「くう快」です。
お店は、厨房を囲むカウンター席だけの小さめのお店です。12時少し回った時間に到着しましたが、ほぼ満席に近い状態です。
メニューは、カウンター席目の前に伝票が置かれてあり、それに書かれています。主になるラーメン、その調整、トッピングを選択していきます。ラーメンにしました。味の濃さや油の量、麺の太さ、茹で加減などの調整は普通、多め、未回答、普通でお願いしました。麺の太さを聞かれ、一般的だと言う細麺にしました。
お店の中には、ラーメンの説明があちこちに貼られています。豚骨スープを臭味なく取るのは難しいと言うことを一番言いたいようです。その他にもすべての食材において最高級のものを厳選し、本物のスープ、至難のわざ、殿堂入り、日本一、自信作、至極、究極、伝説など言葉で説明されています。美味しんぼの読者でしょうか。自信たっぷりなのは良いことでしょうが、まあここまで並べた言葉を見ると小心者は嫌な気分になってきます。
混んでますが大した待ちもなくラーメンが出来てきました。
とんこつらしい褐色のスープです。お味噌汁のような色です。少し大きめの海苔3枚が豪華そうに見えます。
麺は、細麺を選択しましたが、おとなしい細ストレート麺です。冷や麦のコシを少し強くしたようなものですが、ツルツルとかシコシコとかプリプリとかモチモチとか麺の感触を楽しむ言葉は出てきません。
スープは、まず熱々です。とんこつでしょっぱさを押さえた、割りとおとなしいスープです。とんこつ以外の食材は極力使用を抑えているとのことですが、動物っぽさがあり、食べ終わる頃に飽きが来るような感じがします。
トッピングは、薄味のチャーシュー、メンマ、海苔です。
650円と安くはありませんが、まあまあそれなりのものでした。説明に対してはがっかりしました。あれだけのことを書いた説明を見たらそうでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.19

東横

東横 野菜みそラーメン

新潟市の「東横(エキナン)」です。
出張者と一緒に駅南での食事になりました。足がないので三吉屋、青島、東横のどれかですが、その出張者とは前回、青島食堂曲新町店にいったので、実質三吉屋か東横です。『あっさりした新潟らしい中華そばのお店と濃い味噌ラーメンのお店が近くにありますが…。』とその出張者の希望を聞いたら、濃い目の味噌ラーメンが食べたいとのことで「東横」になりました。
マンションの1階部分にあり、外から見るとそんなに広そうに見えませんが、中に入ると広々してます。右が厨房、中央にテーブル席、左に小上がりがあります。12時前に着きました。お客は、ポツリポツリといるだけです。お昼に近付くにつれお客さんが増えてきます。
メニューは、味噌ラーメンの人気店ですが他のスープもあり、普通のラーメン屋さんプラスご飯物もあるお店です。あまり肉を食べたい食欲もないので野菜みそラーメンにしました。
オーダしてからちょっと時間がかかってラーメンが出来てきました。
麺は、太縮れ麺でモチモチしていて東横の濃い目のスープに合う麺です。硬めの茹で加減ですが、美味しく感じられるギリギリあたりです。これ以上硬いと好みではなくなっちゃいます。
スープは、割りスープが付くぐらい濃い目です。味噌の旨みが活きている美味しいスープです。ちょっと田舎みそのような雰囲気を感じる味噌です。味噌を濃い目にするから美味しいのか、濃い目にすると美味しい味噌を使っているのか?味噌の旨みと自然な感じの甘みが良いですね。結局、薄め用のスープを使わずスープまで飲み干してしまいました。
ラーメンの上には、キャベツともやしの炒め物がのっています。火は通っているのですが、野菜の新鮮さのようなものを感じます。野菜炒めもまた濃い目のスープと良く相まってちょうど良い感じの味になります。
東横の味噌は、そんなに好きじゃなかったんですが、食べてるうちに好きになってきましたね。好きになるというよりも癖になる味でしょうね。値段も安くはないけど、美味しいラーメンでした。
フェーン現象で、気温が高い日に食べるものじゃないですね。汗…汗…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.18

四川飯店

龍泉の後は、隣の「四川飯店」で夕食を食べました。
そう、新潟市中央区の万代エリアミナミプラザにあった「四川飯店」が移転したのです。
子供達(下の双子)に『好きなの食べなさい。』って言っても、『あんまり高いのは無理だよね。』と、二人で優しく決めています。

四川飯店 麻婆豆腐

四川飯店 酢豚

四川飯店 カニ炒飯

子供達は、麻婆豆腐酢豚カニ炒飯になりました。
麺類は、今月限定の“麻婆豆腐入りスープそば”も美味しそうだったのですが、子供達が残したのも食べられるだろうから麻婆豆腐がダブってもと思って五目入りスープ麺にしました。

四川飯店 五目入りスープ麺

色がしっかりしていますが見た目よりは薄味です。癖のない細麺とスープが一緒になって、とても上品な味に仕上がっています。万代にあるときに食べた“本場陳麻婆豆腐”から想像する大胆な料理とまた違う一面があります。あんまり四川らしくないくらい品良く纏まっています。
とても美味しゅうございました。
これで3050円でした。村上に移転して値下げしたのでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

龍泉

笹川流れ

仕事仲間から龍泉の入浴券をいただいたので早速行ってみることにしました。お風呂よりも夕日の時間に合わせて新潟を出ました。今日は笹川流れの夕日と見よう思って行ったのですが、雲が厚く遥か上空で太陽が隠れて見えなくなってしまいました。まだ明るかったので少しの間、子供達と引潮の岩場で遊びました。

龍泉

何年前になるか?10年前後かも知れません。一度来たことがあります。その時も岩場で遊んで、子供が足に少し切り傷を作ってしまいました。龍泉の係からビニール袋と輪ゴムをもらって、足に履かせてお風呂に入った記憶があります。とても親切なところだと思っていましたが、タオル等なしの840円はチョット奮発しないと来れません。
内風呂は、ごく普通の大浴場です。
サウナ等はなし、ボディーソープとリンスインシャンプーがあります。

龍泉 野天風呂

そして、野天風呂へ…。広々としたスペースに大きな岩のお風呂と滝からなります。
なかなか開放的で、まったいした気分になります。
泉質は、ナトリウム塩化物温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)です。
源泉の温度が約94度と高いため加水しているそうです。

龍泉の写真は、龍泉のパンフレットの写真を使用しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.17

今日の夕日

柏崎市の恋人岬です。
いつも浜焼きの匂いに捕まってしまい恋人岬まで辿り着けませんでしたが、今日はお店もほとんど閉まっていて辿り着けました。
18時頃到着で、日没まで50分近くのんびり夕日を見ていました。

夕日 20080517

夕日 20080517

夕日 20080517

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松代

松代 冬

松代は、山が優しい表情をしている好きな景色の多い場所です。高柳から山へ南下し松代に向かいます。芝峠温泉の近くに行ってみます。今年の3月1日に上の写真の表情をしていた集落が…。

松代 春

全然、同じ場所だと思えないほど新緑がまぶしい状態になっています。
そして、松代の棚田の写真を撮って見たいと思っていたので、場所を探します。斜面に綺麗に段々と出来た田んぼの写真を撮りたいのですが、減反のためか放置された田んぼやまだ田植えの終わっていない田んぼが多く良いポイントが見つかりません。国道403号線の上越市大島区寄りで棚田写真撮影などと書かれた看板がありました。看板の案内に従い進みます。

松代 棚田

団塊の世代の人にしか見えないカメラマン達です。写真教室らしいグループもいます。
まだ、混じりたくねえ!

松代 松代駅にて

松代駅で時刻表に載ってない列車が…。
ジョイフルトレイン“パノラマエクスプレス アルプス”で使用されていた車両です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

春紀

春紀

柏崎市(旧高柳町)の「小さな小さなラーメン屋 春紀」です。
柏崎方面から国道252号線を旧高柳市街(岡野町交差点)やこども自然王国などに曲がらず進むとすぐ右側に見えてきます。
駐車スペースは1台分しかありませんが、道幅が広くなっていて路肩に停めても車道まで十分な間隔を取ることができるので路肩に停めました。少し離れた地区集会場に停めても良いとの貼り紙もあります。
お店はに入ると前に厨房があり、その前と右側に座れるL字型のカウンター席だけです。檜のような色の木目が綺麗なカウンターです。それも前・右とも2席ずつです。席に座っているとその後を通れないほどの狭さです。お店の名前の通り、小さな小さなラーメン屋です。今までで一番小さなラーメン屋さんは、佐藤ラーメン堂の6人でした。知ってる限り新潟県内で一番小さなラーメン屋さんです。12時過ぎにおじゃましましたが、先客2人です。らーめんと味噌らーめんを食べています。
メニューは、らーめん・みそらーめん・たぬきらーめん・つけめんです。しおらーめんも間もなく始めるとのことです。らーめん+肉増しにしました。豊富なメニューも目標かもしれませんが、4席でメニュー増やしてもと考えるのは私だけでしょうか?
スープの寸胴は厨房奥の母屋の廊下に直接置かれています。火を入れていないようです。寸胴から取り出したスープを小さな鍋で温めて器に入れています。お店が小さいからなのか、そういう作り方なの方なのかは不明です。そのようなお店ですからすぐに出来てきました。

春紀 らーめん+肉増し

麺は、平縮れの手打ち風の麺です。この手の麺は硬茹でが多いのですが、食べ易い美味しい茹で加減です。なかなか良い感触です。
スープは、少しトロミのあるダブルスープのようなものです。鰹節だと思うのですが魚介系の香りの強いものです。やや薄の醤油が和風っぽい良い感じに仕上げています。お店の場所や雰囲気からあっさりした新潟らしいものかと思いましたが、最近のテクと和風の控え目な感じを併せ持つ斬新なラーメンです。
トッピングは、チャーシュー7枚、味玉1個、斜め切りねぎチョット多め、鳴門です。チャーシューは箸で取ろうとすると壊れるほど軟らかいものです。苦手な感じかなと思いましたが、控え目ですが味付けが良いですね。味玉は半熟具合、味とも良いものです。
4席で、チャーシューを増量してますが普通なら600円。味玉1個付いてです。これじゃやってけないでしょ。お客が心配してしまうお店です。1人で美味しく食べてもらおうとすると4人ぐらいがいいのでしょうか?高柳も熱いところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

FM-Port セーフティドライブキャンペーン

FM-Port セーフティドライブキャンペーン

今月のFM-Port セーフティドライブキャンペーンは、道の駅 「じょんのびの里高柳」です。ひとっ風呂浴びてからは気持ちいいですね。ちょうど“GOOD MORNING PORT CITY Saturday”の中継のところです。試食部長はさすがです。中継しながらも、美味しそうな顔して食べています。

FM-Port セーフティドライブキャンペーン ステッカー

いただいた、ステッカーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じょんのび温泉 楽寿の湯

楽寿の湯

今日開催される今月のFM-Port セーフティドライブキャンペーンは、道の駅 「じょんのびの里高柳」です。朝から順調に行動したら、開始の午前10時に間に合いました。って、GOOD MORNING PORT CITY Saturdayの中継(10時38分頃)から見れれば良いと思っていたので、ひとっ風呂浴びることにしました。
午前10時からなので、一番風呂独占かなと思ったら男性だけで10人くらい待っている人がいて、一気にお風呂です。

楽寿の湯 内風呂

内風呂は、普通のお風呂と泡風呂です。
サウナ等はなし、ボディーソープとリンスインシャンプーがあります。

楽寿の湯 露天風呂

露天風呂は、小さめのものが2ヶ所あります。屋根のあるところとないところです。
温泉は、醤油を薄めたような褐色で、臭いはありません。
泉質は、ナトリウム炭酸水素塩・塩化物温泉(弱アルカリ性低張性温泉)です。
タオル等は付きませんが500円とお手頃な料金です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.16

今日のコンビニ土産

FANTAふるふるシェーカー

今、話題のFANTAふるふるシェーカーです。
振って飲むゼリー状の飲み物ですが、確かに炭酸を感じます。

爽 ゴールデンパイナップル

ガリガリ君 ゴールデンパイン

爽のゴールデンパイナップルガリガリ君のゴールデンパインです。今ってゴールデンパイナップルの時期なんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まつのや

まつのや

胎内市(旧中条町)の「御食事処 まつのや」です。
国道7号線と海岸沿いの国道113号線の間の県道3号線築地交差点から胎内市の市街地に向かったすぐのところにあります。
同僚からTeny夕方一番のラーメンの旅で胎内市にねぎしか入っていないシンプルなラーメンを放送していたと聞きお邪魔しました。
お店は広く、右奥に厨房、中央から左奥に小上がり手前がテーブル席となってます。お店は結構暗めです。天気が良いので外との明るさの差があり余計そう思えるのでしょう。古くからの歴史を感じる店内には、Tenyラーメンの旅の手拭も飾ってあります。昼時ですがお客さんはポツリポツリといる程度です。店員が水と一緒に小さな器に入ったお新香も持ってきました。出来上がるまで時間がかかるのかなと覚悟を決めます。
メニューは、定食・丼ぶり・ラーメン・うどん・日本そば・一品料理・おつまみ・お吸い物など豊富にあります。ラーメンも醤油・塩・味噌・とんこつにトッピングを加えた豊富な種類があります。でも、今日の目的はねぎだけのってるしんぷるラーメンです。それだけだと申し訳ないような気になりメニューを見ます。餃子はニンニクが効いてると困るし、定食や丼ぶりはハーフサイズもありません。定食のところにきのこご飯がありました。さらにおかずになりそうなものみたら目玉焼がありました。これでそこそこ豪華な昼食になりそうです。
グループの先客もいて多少の時間がかかって出来上がってきました。大き目のお盆に定食のようにやってきました。思った以上に豪華です。

まつのや しんぷるラーメン

このようなメニューの多い食堂は、ラーメンはあまり期待できないのが一般的です。まあどんなもんか食べてみます。
麺は、ごく普通のやや細ちぢれ麺です。普通の食堂だとここまでですが、ちょっと違います。麺がモチモチ感もシコシコした感じもなかなかいいのです。スープとの馴染みも良くとても美味しく感じられる麺です。
スープは、醤油ベースの中華そばって感じのスープです。醤油の旨味、ダシの美味しさ、程好い甘みのバランスの取れた美味しいスープです。
トッピングはねぎだけ。新潟ラーメン日記では、ねぎが入るのは当たり前と思って普段は記載しておりません。いつも通りでいうと、トッピングはありません。

まつのや きのこご飯

きのこご飯もしっかりした味付けのされた美味しい出来です。

まつのや 目玉焼

目玉焼きは、サラダや小さな焼肉まで付いています。さすが目玉焼きとは言え一品料理の品格があります。

まつのや おまけ?

そして、注文していないけどお新香と奴まで付いてきました。
まあ普通の量かなと思って注文しましたが、チョット食べすぎになってしまいました。
驚きなのが、コーヒーとココアがセルフサービスですが自由に飲めることです。
そしてメニューに、月曜15%引き火曜~金曜10%引きとあります。
しんぷるラーメン299円、きのこご飯129円、目玉焼き256円。支払い金額は、10%引きの616円でした。ビックリビックリのまつのやでした。おそるべし「まつのや」。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.05.15

はるな

はるな あんかけラーメン

高崎市の「お食事処 はるな」です。
高崎駅の構内にあります。高崎の名物「だるま弁当」で有名なたかべんが経営しているお店です。高崎駅構内のたかべんのラーメンが町中のラーメン屋さんに引けを取らないくらいに美味しいとのことで前回食べましたが、安いのにしっかりしていたので再びお邪魔しました。
メニューは、そば、うどん、ラーメン、カレーライスなどです。駅そばのお店の品揃えを良くしたような感じです。
店前に食券販売機があります。ラーメンのボタンをみると結構種類があります。今回は、あんかけラーメンにしました。
新幹線の改札内なのでお客さんもほんのわずかです。なんで、すぐに出来上がりました。カウンターでラーメンを受け取り、席にもどります。醤油色濃いめのあんかけが食欲をそそります。
麺は、やや細のストレートに近い縮れの麺です。モチモチした感じがします。細目のモチモチした麺はあまり美味しいという記憶がありませんが、この麺はなんか美味しい麺です。
スープは、醤油色が普通の濃さの少し濁りのあるものです。味も醤油のあっさりしたものです。あっさりしているのに、旨味があります。でしゃばる物のない美味しいスープです。
あんかけは、白菜、人参、筍、ヤングコーン、イカ、エビ、豚肉、蒲鉾、茹で玉子半個を醤油味ですが少し濃いめの味で絡めてあります。お弁当用の肉団子のあんのような濃さがあります。
ボリューム感には欠けますが、なかなか纏まりのある美味しいあんかけラーメンです。前回のラーメン420円もとても満足でしたが、あんかけラーメン500円もおどろきです。白寿と同等以上かも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラー戦場

ラー戦場 復活・佐野らーめん

埼玉県の大宮駅前そごうデパート9階レストラン街にある「ラー戦場」です。
1軒のラーメン屋で4人の職人の違ったラーメンを食べれるお店です。人気が出て評価されると勝者として卒業できお店を持てます。評価されないと退場させられます。
あらら、新しい職人が入っています。誰かが退場したのでしょう。新潟市出身の職人“渡辺豆吉”は残っています。良かった。応援しなきゃとも思いますが、今回は小泉竜児という職人の復活・佐野らーめんです。今朝、同僚と話をしていた際に、青竹に足をかけて麺を伸ばしたものがコシがあって美味しいらしいと話していた。まさに佐野ラーメンだ。ちょうど食べる機会を得ることが出来ました。
広いお店は、昼時間ですがそれほどの混みもなくゆったりと食べられます。お客さんが少ないこともあり早く出来上がって運ばれてきました。
白い器に醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、やや太の平打ちで縮れの強い麺です。今まで食べた麺の中でも1番縮れの強いものかも知れません。コシもありますが変な硬さはなく、まあまあいける面白い麺です。
スープは、醤油色の見た目通りの醤油味のしっかりしたものです。で間違いはありませんがしょっぱい。かなりしょっぱい。まあまあ美味しい中華そばのスープを倍の濃さにしたような味です。“鶏と豚の旨み溢れる青湯スープ。このあっさりが癖になる。”と説明書きがありましたが、旨みはありますが、あっさりしてないし癖にもならないでしょう。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、煮玉子半個、海苔です。
まあまあ面白味もありますが、730円も出して食べるものじゃないでしょうね。これが本物かどうか佐野ラーメンも食べに行きたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.14

じじ&ばば

じじ&ばば ラーメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあります。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、左側とその手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。夜の8時頃から翌5時までの深夜型です。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。つまみを定食にしたり、メニューに記載されていないものでも材料さえ揃えば作ってくれそうなわがままを聞いてもらえるお店です。
今日は、最近珍しく公共交通機関で帰れない時間まで仕事をしてしまったので、タクシー乗車前の夕食です。久しぶりに普通のラーメンにしました。
お客さんが数名いるいつものじじ&ばばの雰囲気です。おつまみなんかの注文が殺到すると時間がかかりますが、そんなこともなく早めに出来てきました。醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、細くコシのある縮れ麺です。スープとの相性も良く美味しくいただけます。味わいのある麺です。
スープは、醤油味で、さっぱり感、旨味、甘みのバランスの良い風味とまろやかな深みの美味しいものです。
トッピングは、やや軟らかめでしっかり味のチャーシュー(普通1枚なんですがもう1枚おまけしてもらえました)、シャキシャキしたメンマです。
あっさりしながらしっかりした旨味のバランスの良いラーメンです。夕食や夜食の時間帯営業なのでその時間帯に食べてますが、昼でも十分たのしめそうなラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

青島

青島西掘 ラーメン

新潟市の「青島 西堀通店」です。
新潟市の新潟島は西堀通り、イタリア軒の並び下手寄りにあります。
醤油のしっかりしたラーメンを食べたくなりました。そうなるとやっぱ青島ですね。
お店は、奥行きがあり入口を入ってすぐ左に食券販売機があります。右側に広い厨房があり、左側と手前のカウンター席だけの広いお店です。あまり飾り気のないラーメン専門店らしいお店です。お昼の12時過ぎに着きました。今日は、そんなに混んでません。7〜8割の席が埋まっているくらいです。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピング等の追加です。好きな1スープで勝負しているお店です。食券販売機で食券を買おうと思ったら小銭入れの中は600円チョットです。トッピングを増やそうと思って財布をさがしても見つかりません。たぶん家に置き忘れて、財布も持たずに出掛けしまったようです。まあ600円あったので、普通のラーメンは食べられます。トッピング追加なしの普通のラーメンにしました。それしか食べれません。
今日も店員二人で効率良く働いています。必要な言葉以外は発せず黙々と作っています。麺の茹でとスープを入れたりしているおじさんとその他のことをしているおじさんです。時々店員が変わっているような気もします。1番手際の良い組み合わせです。一人は以前も記載しましたが、ちょっぴり泉谷しげるに似ている人です。愛想の悪そうな雰囲気が似てます。
混んでいるときは4人前くらい同時に麺を茹でていたこともあったように記憶してますが、今日は2〜3人前づつ茹でています。ラーメン屋でお客を集めるテクニックとして、席数を減らして待ち並びの列を作ったり、お店の中にお客をある程度留まらせて人気のお店にように見せたりしますが、そういうのなんでしょうか?たぶん違いますね。4人分の麺を大鍋から一人前づつ取る作業の最初と最後で麺の茹で上がりの差が出るでしょう。それを少なくするためには一度に茹でる麺は少ない方がいいのでしょう。
2廻りくらい待ってラーメンが出来てきました。いつも通り醤油の色がしっかりしたスープです。普通のラーメンの器は、器の中の模様がすり減ってかすれています。青島のラーメンにはブラックペッパーがあいます。ちょっと多めにかけます。今日もいい香りです。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で、見た目でどうこう特徴のあるものではありません。でも、ツルツル&モチモチ感と旨味と噛み応えのあるバランスの取れた美味しい麺です。スープとの相性も抜群です。
スープは、ちょっとしょっぱいかなと思うほど醤油の色が濃い透き通ったスープです。生姜のすっきりした味とブラックペッパーの風味が最高です。醤油の旨味を最大限に生かし引き出したスープです。あれ、今日はちょっと濃いめに感じます。少ししょっぱいです。
トッピングは、旨味・硬さ・弾力も楽しめるチャーシュー、細く硬めのメンマ、ほうれん草、海苔、鳴門です。
ラーメンの要素ひとつひとつが美味しくバランスが取れていますから、なにも申すことはありません。普通盛り600円です。美味しくいただきました。今日も昼食を楽しみました。午後は、お金なしで生きていくか。
そうそう、新潟交通西堀駐車場と提携したようで30分無料になるとの貼紙がありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.13

伝導師

伝導師 醤油らーめん

新潟市の「らーめん 伝導師」です。
新潟県庁近くにあります。
お店は、ビルの1階、テナントが数店舗入った右端で、Lの字型のカウンター席だけのお店です。女将さんと息子さんでしょうか、二人でやってます。12時過ぎに着きました。お客さんは、入れ代わりながら席が半分くらい埋まった状況が続きます。
メニューは、醤油・塩・味噌とそれらのチャーシューやタンメンなどです。醤油は少し多くて、五目や角煮などもあります。冷し中華も始まっています。醤油らーめんにしました。
厨房が近いお店の中華鍋の音は、相変わらず耳にキツイですね。少し待って醤油らーめんが出来上がりました。
あっさりした感じの新潟らしい食欲をそそる見ためです。
麺は、細縮れでツルツル感、プリプリ感、モチモチ感ともバランスの取れた噛み応えの良い美味しい麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたもので醤油の美味しさと上品な甘さが好みにピッタリきます。出しゃばるダシもなく美味しくいただけます。欲を言うと麺との馴染みがもうひとつかなとも感じます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、味玉半個です。味玉が半熟と完熟の中間の茹で加減で、これもありかなと思える黄身の美味しさです。
品の良いらーめんです。味玉半個付いて550円ですからワンコインラーメン同等でしょう。満足の一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.12

白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
風邪でしょうかのどが痛くて優しくて健康に良さそうなラーメンを食べたくなりました。丸木屋も良いかなと思いましたが、「中華 白寿」にしました。
新潟市の中心街、WITHビルと三越を直線的に結んだ中間くらいにあります。
お店は、右側奥に厨房、その手前と中央寄りにカウンター席、左側に小さなテーブル席の小さなお店です。終日禁煙なのが嬉しいですね。お昼12時過ぎに着きました。殆どの席がいっぱいです。カウンター先の角がようやく一人分の空きがあったので座れました。
メニューは変わらず、ラーメンとうま煮そばです。このお店は、うま煮そばを食べたくなると来るお店ですから、今日も座ると同時に『うま煮!』と注文します。先客も後から来たお客さんも今日はみんなうま煮そばです。
おじさんが一人でやっていて、うま煮をまとめて作ります。お店に入ったタイミングで待ち時間が違います。今日は、うま煮が3人前くらい残っているところでした。すぐに出来上がりました。
今日も、褐色のうま煮が美味しそうです。いつもよりちょっぴり醤油っぽい色が強く感じます。見た目がいつもより悪いですね。
麺は細麺よりも細く、極細に近い太さのやや強い縮れの麺です。細麺らしいシコシコした歯応え、強めの縮れが絡めてくるうま煮との調和の取れた味がたまりません。うま煮そばのための麺と言い切っちゃいたくなる麺です。
スープは、良く判りません。うま煮と混ざってしまうことが多く、スープだけを飲むことがなかなか出来ません。少しうま煮が混じったスープを飲んでも判ることは、癖のないシンプルなスープだと言うことです。
うま煮は、白菜、もやし、玉ねぎなどの野菜がトロミのあるあんかけになっています。日によっては混じり方が足りないかなという日もありますが、今日は作ったうま煮も終わりの方なので良く混じっていないようです。
食べている最中に入ってきたサラリーマンの二人が「ラーメンしかないや」と言って帰って行きました。中華と名乗っているから炒飯でも食べようと思ったのでしょうか。うま煮で名の知れたお店だと知らないんでしょうね。
体調が良くなくても美味しく食べられるヘルシーなうま煮そばでした。これだけのものが500円で食べられるんですからありがたいことです。いつまでも500円で食べれますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.11

新潟西港

日本丸

日本丸が4年ぶりに新潟西港に寄港しています。
夕方、カメラ片手に行ってみました。
どうも工場からの煙が気に入らないので場所を変えて…。

日本丸

山ノ下みなとタワーがちょっと目障りですね。

朱鷺メッセ

G8労相会合が開催されている朱鷺メッセです。
港には警備のためでしょう、多くの海上保安庁の巡視船などを見ることが出来ます。

新潟海上保安部 巡視船えちご
新潟海上保安部 巡視船えちご

新潟海上保安部 巡視船ひだ
新潟海上保安部 巡視船ひだ

新潟海上保安部 巡視船やひこ
新潟海上保安部 巡視船やひこ

伏木海上保安部 巡視船のと
伏木海上保安部 巡視船のと

伏木海上保安部 巡視船のりくら
伏木海上保安部 巡視船のりくら

能登海上保安署 巡視艇おぎかぜ
能登海上保安署 巡視艇おぎかぜ

海上保安庁 ボート
船名までは認識できませんでした。

これほど多くの第九管区海上保安本部の艦船を見ることができるのも珍しいことです。

夕日

新潟西港から見えた本日の夕日です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.05.10

イオン新潟南ショッピングセンター

イオン新潟南ショッピングセンターに行ってきました。
子供と一緒だったので、ゲーム売場や専門店を見ました。
そして、ひと休みでアイスクリームです。

サーティワン レモンシャーベット

何店かアイスクリームのお店がありましたが、いつも「サーティワン」ですね。
今日は、レモンシャーベットです。美味しい。
良く考えたらお昼を食べてませんでした。
おそばを食べようと1階のレストラン街をみたら「わたや」がありました。

わたや 天ぷら

わたや へぎそば

天ぷらへぎそばにしました。
そばも天ぷらもいいけど、やっぱりつゆが好きじゃないですね。
いいダシは出ているんだけど、もう少し甘みが欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.09

じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン(チョイ辛)

新潟市の「じじ&ばば」です。
懐かしい同僚が来県しました。美味しい魚とお酒を飲んでもらい〆は「じじ&ばば」のマーボーメンです。マーボーメンのチョイ辛をお願いしました。
麺は、細縮れなので麻婆のあんかけを絡めてきます。細麺が好きなので最高の組み合わせです。細くてもしっかりとした歯応えのある麺です。
スープは、癖のないコクのあるもので麻婆ともマッチします。
麻婆のあんかけが美味しいですね。しょっぱさ、辛さ、甘さがバランスよく、豆腐と食べると美味しく麺と食べても美味しい好みの麻婆です。懐かしい同僚にも満足してもらいました。お腹がいっぱいでスープまで完食できなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安福亭

安福亭千手店 排骨麺

長岡市の「安福亭 千手店」です。
長岡駅と市役所の中間辺りでしょうか。隣に交番があります。
お店は、入口に食券販売機があります。中に入ると左側が厨房、その中央寄りにカウンター席、中央から右側にテーブル席があります。古くからの食堂といった感じで、ラーメン類だけだからでしょうかテーブルも小さめ、通路も狭い、作業着を着た職人さんも多い、混んでる時は映画に出てくる戦後の食堂のような雰囲気です。13時過ぎの到着なんで車も停められ、席も空いてます。
メニューは、老麺(通常のラーメン)と味噌老麺などがあります。知り合いに奨められた排骨麺(パイクウメン)にしました。
昼時間を過ぎていますが入ってくるお客さんもあり、程々の状態が続きます。
さて、排骨麺と名の付くものを食べたことがありません。動物の骨が絡んでそうですが、どんなものでしょうか。
排骨麺が出来てきました。ラッキー!好きな角煮がのってます。
麺を取り出し食べます。太いですね。一般的なうどん同じか気持ち細いかなといった太さです。少し縮れてますが、うどんも手打ち風のものにあるタイプに似てます。歯応えもさぬきうどんに似た歯応えです。
少し食べたところでいよいよねぎを入れます。このお店の楽しみです。縦に切ったねぎと輪切りのねぎが用意されていますが、最初は縦切りのねぎを入れます。ねぎラーメンと同じくらい入れます。白髪ねぎよりも太めに切ってあり歯応えも楽しめるものです。ねぎの香りを楽しむには太めの切り方がいいですね。
スープは、普通に背脂が浮いています。燕三条系です。その下のスープは、煮干し味ですが香りが全然大人しめで、旨味も極端にデシャバるものがありません。醤油で味付けでしょうが、醤油を感じさせない味です。凄くレベルの高い美味しいスープです。
麺を食べ終わると、輪切りのねぎをスープに入れて楽しみます。背脂がスープの温度を保っていてくれるので熱々で味わえます。いやー、美味しい。
トッピングは、軟らかな角煮が3個入っています。軟らかく美味しいもので中に骨があります。骨の周りの肉って美味しいですね。その他に燕三条系に良くある美味しいメンマです。
1000円とかなり豪華なラーメンですが、軟らかな骨付きの角煮と2種類のねぎ食べ放題を考えると安いですね。美味しい一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.08

おざわ

おざわ

新潟市の「らーめん おざわ」です。
本町通のアーケードを白山に向かい、アーケードの切れた先にあります。
5月20日(火)をもって閉店ということで少しでも、食べておこうと思いお邪魔しました。
お店は、奥行きのある建物で奥に厨房、手前左側と手前がカウンター席、右側がカウンター内側の通路になっています。古民家のような内装です。店内が暗く、ダウンライトがカウンターとその上に置かれるラーメンを照らし出します。12時過ぎに着きましたが、先客が勘定していて他にお客さんがいません。
メニューは、らーめんとそれらにチャーシュー、メンマ、ワンタンを加えた組み合わせがあります。今日は基本の味を食べておこうとシンプルにらーめんにしました。
閉店も近くなり、みんな閉店していると勘違いしているのかなあなんて考えていたら、バタバタとお客さんがきて席が一杯になりました。

おざわ らーめん

らーめんが出来てきました。薄い亜麻色が、あっさり感を伝えてくれます。
麺は、細縮れです。ごく普通の昔ながらの中華そばって言葉が似合う麺です。今日の後から来たお客さんは固麺でお願いしている人が多いですね。最近のラーメンに慣れた人は固麺がいいかも知れません。
スープは、淡い亜麻色で、色から想像できるあっさりした薄味のスープです。他の店の薄味のスープと違うのは、魚系のダシがしっかりしているため、旨味があることです。残り少ない営業日を考えるとより一層旨味がまします。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ゆで玉子半個と鳴門です。
らーめんが500円の時から食べて、550円に値上がりした時にはショックでしたが、美味しいらーめんです。新潟で食べられる新潟らしい、ズーッと昔からあったような美味しい一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.07

じろ吉

じろ吉

三条市に移転オープンした「麺屋 じろ吉」です。
国道8号線沿い長岡寄りにあります。この地で育ったラーメン屋さんです。吉田駅近くに住宅地に移転し営業していましたが、戻ってきたとの情報があり行ってみました。
開店の花輪が出ていてすぐに判りました。お店の脇から入って奥にかけて駐車場があります。砂利にロープで仕切っています。まだ、舗装工事が終わっていないのか、このまま砂利なのかは判りません。そんなに広い駐車場ではないので、お店の実力からして車を停めるのに待つようになるかも知れないですね。12時前に着いたので、車はなんとか停められました。
お店は、左側奥から中央にかけて厨房、左手前から右奥にかけてL字形のカウンター席、さらに左手前と右側の外側にテーブル席のある比較的広めのお店です。内装は、コンクリート打ちっぱなしや風雨にさらされた木の感覚を出した、チョット新しい雰囲気のお店に仕上がっています。席は半分くらい埋まっている状況です。
席にメニューがあり、席に案内されると水を持ってきてくれます。メニューが決まったらリモコンでフロア係を呼ぶ、ファミレスのようなオーダ方法です。リモコンの形がマウスのようでチョット変な感じです。
メニューは、基本のらー麺、みそらー麺、辛みを効かせたらー麺、中華系など豊富にあります。また、らー麺は燕三条系らしく、大油・中油・小油から選べます。らー麺(大油)にしました。
その後もお客さんがやってきます。実力派のラーメン店の底力を見ているようです。

じろ吉 らー麺(大油)

比較的早めに入ったのですぐにらー麺が出来上がってきました。
背脂が綺麗で、隙間から醤油色の美味しそうなスープが見えます。
麺は太い縮れの強いもので、苦手なタイプの麺です。食べてみると茹で加減がほんの気持ち硬めかなと思いますが、これでもかみたいな硬さはなく、モチモチ感が残る美味しい麺です。
スープは、醤油色がほんの少し濃い目かなと思うような色ですが、味は結構しっかりした濃い目です。旨味のあるしっかりしたスープです。背脂にもってこいのようなスープです。背脂は、大油にしたので結構多めかと思いましたがそんなに多くなくて程好い量です。ダブルなんてあってもいけそうな気もします。
トッピングは、程好い歯応えのチャーシュー2枚、やや大きめでシャキシャキした歯応えの楽しいメンマ、ほうれん草です。
なかなか燕三条らしい美味しいラーメンです。吉田に引っ込んだような印象がありましたが、また表舞台に帰ってきました。値段が630円と上手いところに収められたかなとも思います。今度、みそやうま煮なんかも食べて見たいと思います。

じろ吉 もやしあんかけ麺(中油)

一緒に行った同僚が食べたもやしあんかけ麺(中油)です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.05.06

LEDライト

SupeFire X

LED式の懐中電灯が欲しいと思っていましたが、明るさなど満足できるものがなく静観していました。今日、子供の買物でホームセンターに行ったら、良さそうなものを発見しました。値段、明るさ、電池式、電池寿命、丈夫さなんかを気にしていましたが、まあまあ良い線いってます。売り場でもそこそこの明るさがあります。
購入して家に帰って今まで使っていたマグライトと比べます。マグライトは、単一電池の2セル、3セル、4セルと使用していましたが、2セルのものと同じ長さです。
購入したのは「SupeFire X SF-503X」です。単二アルカリ乾電池3本使用、電池寿命15時間、明るさも2段階調整可能、点滅も出来ます。重さが219グラムとちょっと軽めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊井ラーメン

熊井ラーメン 辛味噌豚骨味

日テレ系のドラマ“ごくせん”の中に出てくる「熊井ラーメン」に別味の辛味噌豚骨味があるとのことで、早速食べてみることにしました。
豚骨味噌の優しい味が、辛味で引き締まった大人の味に変わります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.05

あすなろ荘

さらに、国道13号線を南下し米沢市にやってきました。
米沢ラーメンに米沢牛と期待は膨らみますが、米沢ラーメンも下調べ不足から断念。怪しい雰囲気のお店が多過ぎます。米沢牛のステーキを食べようと思ったのですが午後休みで食べれるお店が見つかりません。結局、子供達の好きな「すき家」でメガ牛丼になりました。
米沢から国道121号線で喜多方に向かいます。福島県に入ってすぐのところに日中ダムがあり、ダムの下に「日中温泉 ゆもとや」があります。入りたかった温泉ですが午後4時30分の日帰り入浴の時間までに間に合わなくてアウト、『時間過ぎてますけどいいですよ!』なんて言葉を福島県じゃ言ってくれないのか。
喜多方ラーメンは、子供たちも好きじゃないので素通りして国道49号線を新潟方面に向かいます。

あすなろ荘

新潟県に入ったところの阿賀町(旧三川村)の「御神楽温泉 あすなろ荘」です。ここも行ってみたいと思っていた温泉のひとつです。入口の感じからして好きな温泉の雰囲気があります。
500円で午後8時まで入浴可能と日帰り入浴には嬉しい時間設定です。

あすなろ荘

フロントで料金を払い大浴場へ向かいます。途中の川を越える橋と言うか、廊下を通ります。木のぬくもりが伝わってくる何ともいえない風情です。

あすなろ荘

脱衣所や大浴場は今風の温泉でレトロな感じはありませんが、周りの森林の新緑が綺麗です。内湯はさほど広いものではありませんが、大きな窓が周りの自然に溶け込む感じでいいですね。シャンプーとボディソープ付きでシャワーの湯量も豊富です。

あすなろ荘

露天風呂は、周りの木々の新緑と目で川のせせらぎを耳で味わいながら入ります。
山深いところの温泉は最高です。
泉質は、弱ナトリウム硫酸塩泉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅 天童温泉

道の駅 天童温泉

秋田県内から国道13号線を南下、山形市に近くなったところに道の駅「天童温泉」があります。ここは、子供のリクエストで立ち寄りました。
噴水と楽しめる場所なんです。ミストの噴水は、時期によっては霧がかかったようになります。普通の噴水も池からではなく、鉄の網目の側溝の蓋のようなところから出るのでその上で遊べます。すでに全身ビショビショで遊んでる子もいます。

道の駅天童温泉 蔵王牛コロッケ

蔵王牛コロッケ(150円)が、美味しそうなので食べてみました。揚げたてのホクホクで、とても美味しく食べました。子供達は、ラフランスゼリーの掴み取り(2回/100円)で取ったゼリーを食べてます。他に玉コンニャク100円も食べちゃいました。ラフランスラムネっていうのもありました。仁手古サイダーが効いてるので今回はパスしました。
近くには、オルゴール博物館など見どころもあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニテコ清水

ニテコ清水

秋田県の美郷町(旧六郷町)の「ニテコ清水」です。
古くから湧水の地として知られていた六郷町が、町村合併により美郷町になりました。
町内には、名前の付けられているものだけで80箇所近くの湧水があります。
その中でも古くから親しまれている「ニテコ清水」に寄りました。

ニテコ清水

とても、美味しい水でその場で飲むことが出来ます。

仁手古サイダー

でも、もっと楽しみは、「仁手古サイダー」です。
子供の時から飲んでいた懐かしいサイダーです。
透き通る爽やかさが喉の渇きを潤してくれます。
ビール並みに爽快です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.04

黒湯温泉

秋田県仙北市(旧田沢湖町)の乳頭温泉郷の「黒湯温泉」です。
ゴールデンウィーク中なんで混んでたら水沢温泉にしようと思って行きましたが、思ったほど混んでませんでした。
入口近くの事務所にお金を払います。大人一人500円です。
そして、入口近くの混浴に入ります。

黒湯温泉

内風呂で身体を慣らし混浴へ。混浴は、地元でカメ蜂と言っている蜂がすぐ近くまで来ます。蜂は危害を加えなければ大丈夫なのでのんびり観察しなが入浴です。
白濁した硫黄の大好きな温泉です。泉質は、単純硫化水素泉、酸性硫黄泉です。

黒湯温泉

それから温泉を奥に行った男湯にも入りました。
その後、事務所前に戻ってきて飲み物と温泉玉子を食べました。温泉玉子メチャ旨です。
また、若女将でしょうか事務所前で、てきぱき笑顔でお客さんに対応しているのが良い感じです。
乳頭温泉は、鶴の湯や妙の湯に人気が集まっているようですが、黒湯温泉や孫六温泉がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一助

一助

※ご注意  現在、不定期営業となっています。(2011年2月)

秋田県仙北市西木町の「農家のそば屋 一助」です。
秋田の実家近所にオープンしたそば屋さんです。
もともとが農家で、減反で替わりに植えていたそばを多くの人に食べてもらおうとそば屋さんを始めたのです。農家が始めたそば屋さんていうのもあまり聞いたことがありません。秋田県はあまりそばを食べる県民性はなく、夫婦2人でのんびりやろうと思っていたようです。それが口伝えで評判になっています。現在は、近所からも応援をもらっているようです。知っている人が混みあって時間に行くこともできないので、食べられなくてもしょうがないんで昼時間が過ぎる14時過ぎにお邪魔しました。常連ぽいお客さんが数人います。『また、食べられますか?』と言うと『ざるなら』と帰ってきました。もともとざるそばを食べようと思っていたのでラッキーでした。
メニューは、暖かいぶっかけそばとざるそば、てんぷらです。ざるそばが600円です。おいおい大丈夫かと思うようなお手頃値段です。

一助 ざるそば

お手頃価格なんで立ち喰いそば屋程度のものかと期待していませんでしたが、きちんとした食事らしい身なりでやってきました。
そばは、腰の強い二八そばです。手打ちらしく多少の太さの不揃いもありますが、それが手打ちらしさを感じます。
つゆは、手間とお金がかかっているとのことです。確かに美味しいつゆです。さらに食べ易いようにでしょうか酸味も多少効かせてあります。
ひじきときのこの煮物といぶりがっこ(沢庵の燻製)が付きます。
このあたりは、山深いところで山菜のてんぷらも期待していましたが叶いませんでした。これからの時期いろんな山菜が出てくるので、隔週くらいでお邪魔したお店です。
秋田もそば屋さんが増えてきているようですが、農家が自信を持った食材でお手頃価格なんですから、是非チェックしたいお店です。
秋田のそばも熱くなってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ババヘラアイス 2008発

ババヘラアイス

ババヘラアイス、2008年初食べです。
先日、国道13号線で山形から秋田に入ったところで見つけましたが、かなりのお客が並んでいたので諦めました。今回は、仙北市(旧角館町)の国道105号線の峠になったところです。
今年も150円です。
味は問題ないんですが…。作ってもらって少しがっかり、ただコーンの上に決まった量をのせてるような感じです。ババヘラアイスの楽しみの花のような綺麗な仕上がるとは違うものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.03

川原毛地獄

秋田県湯沢市の「川原毛地獄」です。
目的は、「川原毛大湯滝」を目指していました。20ⅿ程の落差のあるお湯が流れ込む滝です。滝壺が湯舟になっているのです。駐車場に車を停め「川原毛大湯滝」を目指し15分程度の徒歩移動を始めたときに、向こうから帰ってくる人が来ました。状況を聞くと『冷たくて入れる状況ではない』とのことです。途中の道路際の積雪で予想していましたが的中です。まだ多くの雪があり、その雪解け水や伏流水じゃ冷たいだろうと思っていました。その通りとなりました。

川原毛地獄

川原毛地獄

上部の状況を見ると川原を掘った温泉に数名の入浴者がいました。
上部の噴出した熱い温泉を川の脇の石を積んだだけの水路で石で囲っただけの浴槽に入れています。ぬるいのかなと思いましたが、逆に少し熱いくらいです。
泉質は、酸性 - 含二酸化炭素・鉄Ⅱ - 塩化物泉です。
もち無料です。更衣室等もありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉泉食堂

吉泉食堂

山形県三川町の「吉泉食堂」です。
ネット上で紹介されていてお店を知りました。テレビ朝日のホームページを見て是非行ってみたいと思いました。ちょうどふるさとに帰省する途中にあります。普段は夜中移動ですが、今回は吉泉食堂の営業時間に合わせての移動にしました。出発が多少送れ午後1時にお店に着きました。近くに郵便局があり目印になっています。郵便局がお休みなので駐車場に停めさせてもらい周囲を少しあるくと「吉泉食堂」を見つけることができました。
お店は、左に厨房があり店主の政子ばあちゃんが椅子に座っていました。お客は一人の男性老人で中華を食べていました。食堂は、中央に4人掛けのテーブルがあるだけです。空いている椅子に座らせてもらいました。
メニューは、中華と中華の大盛の2つだけです。中華(大盛)にしました。子供は普通盛りの中華にしました。
スーパーのような袋に入った麺を秤で計って茹で始めました。丼にスープを張ります。長年の積み重ねでしょう。最近のラーメン屋さんのような格好良さはありませんが、優しい手運びで作ってくれます。

吉泉食堂 中華(大盛)中華(大盛)

吉泉食堂 中華中華

手打ち風の太強平打ち麺、煮干だしの懐かしい味のスープ、チャーシュー・メンマ・海苔のトッピングです。チャーシューがめっちゃ旨いです。年齢を重ねた人が作るラーメンは支那そばのあっさりしたものかと思っていましたが
しっかりしたものでした。
下の紹介にもあるようにいろんなお話をしながら食べました。子供にお土産をくれようとしてます。何もいらないんですが、人の行為には素直に受けた方が相手も喜んでくれるだろうと思っていたら『キャラメルでもあれば良かったんだけど…』と言いながら大きな袋に入ったせんべいをいただきました。
また、テレビ放送してからは遠くからのお客さんもあり、お店を閉めるわけにもいかないとのことです。健康が1番だから無理しないようにと話して帰りました。
いつまでも元気で!
休みたいときは、休んでください。

以下は、テレビ朝日のホームページより

「どんぶりに幸せのせて~ラーメン店主は95歳~」

山形県三川町に一軒の食堂があります。名前は「吉泉食堂」。今年で95歳になる吉泉政子さんが  たった一人で店を守っています。メニューは中華そばただ一つ。一日に数人しかお客さんが来なくても政子さんは毎日スープを作り、夕方には残ったスープを惜しげもなく捨ててしまうのです。テーブル一つという小さな店内は、昼時になると昔懐かしい味に魅せられた常連客がやってきます。「儲けなくてもいいの。人が来てくれれば…」政子さんはお客さんとの会話が何よりの楽しみなのです。若くして夫と長男を、女手一つで育て上げた自慢の次男も八年前に亡くし、一時は店をたたむ決意をしたほど落ち込んだ政子さんですが、周りの人たちの励ましに支えられ店を続ける決意をしました。お客さんに元気と幸せをくれる政子さんのラーメン。毎日の日課にもなっている政子さんのラーメン作りを通じ、彼女の生きる原動力になっている周囲の人たちとの絆を描きます。

~ディレクターズ・ノート~
初めてこのお店に食べに行ったのは去年の春ごろ。住宅街に迷い込みながらやっと辿りついた私にラーメンを作ってくれながら、まだ聞いてもいないのに自分の波瀾万丈の半生を一方的に話しかけてくる政子ばあちゃんが愛おしく、頭の片隅で長い間気になる存在になっていました。取材をお願いしようとした矢先、今度は骨折し長期休業…番組化計画は一時ストップ。ですからこの作品はいわば政子ばあちゃんの「復帰第1作」でもあるのです。長期休業したことで常連客も廃業したと思い込んだようで、賑わいを撮影しようと思った時に限ってお客さんは来ず、何度かお客が私だけという日も…。20人分の材料で作ったとても贅沢な1杯のラーメンを味わい、食べ終わった直後に残ったスープをいさぎよく流しに捨てる姿が切なかったなあ…。取材を終え、そろそろ帰ろうかなあと思うとなぜか少しずつ「おやつ」を出して来る政子ばあちゃん。「もうちょっと(ここに居ても)いいんじゃない…」と何気に私たちを引き留める作戦を図ってくるあたり、頭もカラダもまだまだ元気と思われます。番組の完成に当たり「放送するとお客さんが一杯来るから覚悟してね…」とは伝えてはありますが、「1日限定20杯」「売れても売れなくても3時には閉店」は政子ばあちゃんにとって歯を磨くのと同じ位に日常のことなので、お店に行っても食べられない場合もあるかもしれません。専用の駐車場もありませんので、どうかご理解の上根気強く通ってみて下さい。幸いにも食べることができたらきっと「いいこと」があるはずですから…  <ディレクター 山内 正俊>

「吉泉食堂」 山形県東田川郡三川町

山形放送制作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.02

MOVE on STREET 2008春ステッカー

MOVE on STREET 2008春.jpg

帰宅したらFM PORTからの封筒があるのに気付いた。
MOVE on STREETステッカーが送られてきていた。
休日のお昼のひと時を楽しませてくれ、午後の行動を左右する好きな番組です。
春バージョンのステッカーを作ったと放送で紹介されていて、できれば欲しいと思っていましたが、ゲットできました。
仮谷さんありがとうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃花林

ホテルオークラ新潟

新潟市のホテルオークラ新潟にある「中国料理 桃花林」です。
新潟グランドホテルの麺料理は何度か食べましたが、近くのホテルオークラ新潟の麺は初です。ホテルオークラ新潟も会食は何度かありますが麺料理が出ませんから。チョット期待します。12時過ぎに着きましたが空いています。
メニューは、美味しそうな中華麺があります。安いもので945円です。最初は、五目つゆそばにしました。新潟グランドホテルはスープ麺と言う表示を使用していますが、ホテルオークラ新潟はつゆそばという表示を使用しています。ジャスミン茶を飲みながら待ちます。照明が結構落としてあるので写真が上手く撮れるか心配です。

桃花林 五目つゆそば

中華料理関係のお店って出来上がりが早いですね。混んでいないこともあるのでしょうがすぐに出来上がってきました。
醤油色のそんなに濃い色ではないものです。五目あんかけの素材が美味しそうです。青梗菜、白菜、筍、人参、海老、イカ、きくらげ、金華ハムなどが醤油味なんだけど優しい味付けです。美味しく仕上がっています。白菜は、中心部なのか種類が違うのか、黄色が鮮やかなものです。海老は、そんな大きなものではありませんが、海老の旨味の濃いものです。イカは、大きいものであまり火を通さず軟らかに仕上げています。きくらげは、大きさはほどほどありますが厚さの薄いものを揃えています。金華ハムは、チャーシューのような美味しさがあります。良い材料を揃えています。
麺は、細縮れで食べ易い麺ですが、ラーメン屋の麺なんかと比べておとなしいどうこうない麺です。あまり目立たないようなものにしているのでしょうか。
スープは、しょっぱさや甘さを抑えたおとなしい癖のないものです。旨味のありますが前面に出てくることのないような感じです。
五目あんかけを楽しむ麺料理ですね。麺もスープも控えめにして五目あんかけの旨味を楽しむように考えているのでしょう。
美味しい中華料理でした。麺料理でした。でも、ラーメン類とかは違うもののように感じました。950円に10%のサービス料が加わり1045円でした。まあまあ良い感じ満足できるものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.01

今日のコンビニ土産

帰りに少し時間があったのでセブンイレブンに寄りました。
本をサラッと見たら頭文字Dの37巻が出ていました。買い~。

熊井ラーメン

ほかの商品を物色しているとごくせんの中に出てくる熊井ラーメンが売ってます。日テレ本社のショップで4月28日から発売というのは見ました。今度、東京に行ったら買おうと思っていましたが、セブンイレブンでも販売するとは知りませんでした。ゲット。

LOTTE 宮崎関連

さらに見ていると宮崎県東国原知事のイラスト入りの商品があります。『クランキー〈宮崎メロン〉』と『ふんわりブッセ〈日向夏みかん〉』です。即買い~!
帰って調べたら『パイの実〈日向夏みかんのパイ〉』と『のど飴〈宮崎温州みかん〉』も出てるんですね。ひょうきん族時代からのたけし軍団大好き人間ですから…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

福来亭(関屋)

福来亭(関屋) 五目うま煮ラーメン

新潟市の「(関屋)福来亭」です。
新潟市内で本格的燕三系背脂ラーメンを食べられるお店です。越後線関屋駅前にあります。12時30分頃に着きました。お店の近くに5台分の駐車場がありますが、いっぱいで空き待ちです。5分程待って停められました。
お店は、左奥に仕切られて別の部屋になった厨房、手前は左側と中央にテーブル席、右側に壁に向かうカウンター席、右奥に小上がりがあります。古くからの食堂って感じです。
予告貼紙にあった通り全品100円値上がりしています。いつもはかなり混んでますが、値上がりしたためかそれほど混んでいません。カウンター席に座ることができました。
メニューは、ラーメン・もやしラーメン・タンメン・味噌ラーメン・五目うま煮ラーメンとそれらにメンマ・チャーシューのトッピングの組み合わせしたものがあります。食べてみたいと思っていたラーメンがあります。五目うま煮ラーメンです。五目もうま煮も好きですから両方の言葉が入っていたら食べるしかないと思っていました。
後からもお客さんが来ますが、待たずに座れる状態が続きます。やっぱり100円の値上げは大きいのかなあ。600円で本格的背脂ラーメンが食べられるんで気に入ってましたが、700円になっちゃうと良い値段だと思います。
奥の厨房で中華鍋を使っている音がしているなと思ったら出来てきました。
好きな色合いの五目あんかけです。白菜・青梗菜・人参・玉ねぎ・筍・きくらげ・イカ・海老・豚肉・鶉の卵などのあんかけです。醤油で味付けされていていい味です。豆も入っています。大豆のような大きさですがもう少し長い殻です。美味しい仕上がりのあんかけです。
あんかけの下の麺は、燕三条系らしい太く平たい手打ち風の縮れで、モチモチしてコシもあり歯切れも良いスープと馴染む美味しい麺です。
スープには、背脂が浮いてません。もしかして入っているかなと期待もしましたが違いました。醤油ベースの中華らしいさっぱりしていながらまろやかさも兼ね備えた美味しいスープです。煮干しと豚肉のうま味が美味しいスープです。
いや~、なかなか美味しい五目うま煮ラーメンでした。麺を食べている時に普段の慣れからでしょうか背脂が欲しくなります。とても美味しくいただきましたが900円出せばそれなりかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »