« じじ&ばば | トップページ | はるな »

2008.05.15

ラー戦場

ラー戦場 復活・佐野らーめん

埼玉県の大宮駅前そごうデパート9階レストラン街にある「ラー戦場」です。
1軒のラーメン屋で4人の職人の違ったラーメンを食べれるお店です。人気が出て評価されると勝者として卒業できお店を持てます。評価されないと退場させられます。
あらら、新しい職人が入っています。誰かが退場したのでしょう。新潟市出身の職人“渡辺豆吉”は残っています。良かった。応援しなきゃとも思いますが、今回は小泉竜児という職人の復活・佐野らーめんです。今朝、同僚と話をしていた際に、青竹に足をかけて麺を伸ばしたものがコシがあって美味しいらしいと話していた。まさに佐野ラーメンだ。ちょうど食べる機会を得ることが出来ました。
広いお店は、昼時間ですがそれほどの混みもなくゆったりと食べられます。お客さんが少ないこともあり早く出来上がって運ばれてきました。
白い器に醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、やや太の平打ちで縮れの強い麺です。今まで食べた麺の中でも1番縮れの強いものかも知れません。コシもありますが変な硬さはなく、まあまあいける面白い麺です。
スープは、醤油色の見た目通りの醤油味のしっかりしたものです。で間違いはありませんがしょっぱい。かなりしょっぱい。まあまあ美味しい中華そばのスープを倍の濃さにしたような味です。“鶏と豚の旨み溢れる青湯スープ。このあっさりが癖になる。”と説明書きがありましたが、旨みはありますが、あっさりしてないし癖にもならないでしょう。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、煮玉子半個、海苔です。
まあまあ面白味もありますが、730円も出して食べるものじゃないでしょうね。これが本物かどうか佐野ラーメンも食べに行きたくなります。

|

« じじ&ばば | トップページ | はるな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/41229122

この記事へのトラックバック一覧です: ラー戦場:

« じじ&ばば | トップページ | はるな »