« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008.06.30

一(はじめ)

一 焼醤油麺

新潟市のときめきラーメン万代島にある「らーめん 一(はじめ)」です。
朱鷺メッセの向かいにあります。万代島の駐車場が1時間無料になってしばらく経ちますが、知られていないのかお客さんがまばらです。12時20分頃に着きました。ひと通り見てみましたが夏らしい新しいメニューがありません。「港」の冷し中華と「カルビ亭」の冷麺くらいです。“ときめきラーメン万代島 夏麺フェスタ”とかやりゃーいいのに…。健龍と一(はじめ)に期待してましたが夏らしいメニューは叶いませんでした。
ひと通り見た中で、どのお店にしようかと思いましたが、一(はじめ)にしました。
お店は、奥に厨房、配膳用通路を囲うように“コ”の字形のカウンター席、左側に小上がりがあります。他にお客さんが1人と寂しい店内です。
メニューは、赤と白の味噌がメインですが、焼醤油麺と炊き出しとんこつ麺なんかもあります。一日20食限定で中華そばもあります。今日は、大盛りサービスです。まだ食べていない焼醤油麺(大盛り)にしました。
注文と同時に作り始めます。空いているのですぐに出来てきました。白い大きなやや浅の器に醤油の濁った濃いめの色が結構きつめに感じます。
麺は、普通かやや細の太さの縮れです。平打ちっぽくも感じます。この手の麺は硬めに茹でられることが多いのですが、歯応えモチモチ感も程良くなかなか美味しい麺に仕上がっています。
スープは、メニューの熟成醤油と焼き醤油を合わせているようなことが書かれていました。濁りのある醤油で赤味噌っぽいような印象も受けますが、まろやかで旨味や深みのある優しいスープに仕上がっています。見た目で溜まり醤油かなとも思いましたが、全然違いました。
トッピングは、やや歯応えのあるバラ肉巻きのチャーシュー、メンマ、きくらげ細切り、海苔、味玉半個です。味玉が、しっかりした味付けでもう1個追加トッピングすれば良かったかな。
なかなか美味しいラーメンです。680円です。最初からの大盛りを食べようとした人にはいい値段ですが、普通盛りを食べようとしてサービスだからって大盛りにした人には少し高いかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.28

開高

さて、帰りの飛行機の時間も近付いてきたので新千歳空港に向かいます。

新千歳空港前

新千歳空港や札幌駅など交通の主要な場所には、警官や機動隊がいっぱいです。北海道洞爺湖サミットのための警備でしょう。石を投げれば警察関係に当たりそうです。

新千歳空港 花畑牧場

田中義剛の「花畑牧場」から発売されている生キャラメルをお土産にしようかと思い空港内の花畑牧場のショップへ…。生キャラメルを買う人ための時間になっていて、一般購入はしばらくお待ち下さいとのことです。良く見ると、生キャラメルを購入する人が待つスペースが少し離れたところに出来ています。午後2時の発売の列が入場制限で待っています。並ぶことが出来ないようになっています。午後5時発売の列も出来ています。3時間待てば購入できそうですが、飛行機に遅れてしまうので諦めました。

開高 白味噌ラーメン

最後の北海道ラーメンは、空港内の北海道ラーメン道場内の「麺屋 開高」です。
十勝帯広本店となっています。
今回の北海道は、味噌ラーメン食べまくりだったので仕上げに白味噌ラーメンにしました。
午後の食事時間を外していることもあり、他店も含めお客さんがまばらです。ってなことですぐに出来上がってきました。
白味噌ラーメンを注文しましたが、黄色いラーメンです。席の上からのスポットライトのような照明なので多少は黄色く見えるのですが、それ以上に黄色い色です。
麺は、普通の太さかやや細の縮れ麺です。が、ここも硬めに茹でられています。色も黄色っぽい色です。スープから掬い上げたときに、スープに色と変わりないじゃんと思いました。
スープは、白味噌らしいまろやかで優しい好みの白味噌ラーメンのスープです。しょっぱさや甘さの具合がいいですね。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、白髪ねぎです。
730円は、空港内で食べるにはそんなもんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

小樽

帰りの飛行機まで時間があったので小樽に行って見ました。

石原裕次郎記念館

石原裕次郎記念館 ヨット

最初に石原裕次郎記念館です。
館内は、撮影や録音禁止になっています。
入館料1500円と高かったのですが、入っていました。
良い時代の映画俳優だったんですね。
古い映画のシーンをスクリーンで楽しめて、その当時のものが展示してあります。
歌手としての石原裕次郎の展示も豊富です。
1500円の入館料も納得です。
若い頃の浅丘ルリ子の可愛さにうっとりでした。

小樽運河

小樽運河は、明治後期から昭和初期の繁栄期の面影を残す町並みです。
タイムスリップしたみたいで、のんびりできます。
人力車も多いですね。
人力車で結婚式から来たような新郎新婦が写真撮影しています。
新潟も堀と古い建物が残っていたら、凄い観光地になったでしょうね。

政寿司ぜん庵 初夏の陣

昼食は、チョット奮発して運河近くの「おたる政寿司 ぜん庵」の初夏の陣です。
2階にあるお店で運河を見ながら食べられるお店です。
美味しいけど新潟の寿司と変わりないや。
新潟の方が、同じ値段なら美味しく食べられるかも。
ウニだけは、かなわないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.27

五丈原

五丈原

札幌の「らーめん 五丈原」です。
札幌ラーメンの人気店で、食べたいと思っていましたがようやくたどり着きました。
札幌の繁華街からかなり外れているので、ラーメンを食べることが目的としている人が来るお店です。深夜にも関わらず混んでます。お店は、奥行きのあるお店で右側に厨房があり、左側と手前のカウンター席だけのお店です。前に6人並んでいます。食べ終わるお客さんも多くそんなに待たずに座れました。
メニューは、とんしお、みそ、しおとシンプルです。とんしおが人気のようですが食べたかったみそにしました。それと人気のチャーシューおにぎりです。
小さなお店ですが、お店の規模に似合わない大きな寸胴鍋が並んでいます。お客さんの数の多さが判ります。後から来たお客さんも席に着きます。水が運ばれていきます。水がきません。言おうかどうしようか悩んでいると店員が気付いてくれました。こちらが何も言ってないのに、申し訳なかったしっかり言われました。札幌でもトップクラスのお店ですがおごることなくお客さんを大事にしていることが判ります。心掛けが人気なんですね。先客がほとんど食べている状態なので、そんなに待たずにみそが出来てきました。

五丈原 みそ

とんこつ+みそのスープが美味しそうな色をしています。
麺は、普通かやや細の縮れ麺です。少し硬めに茹で上げられています。カップ麺を待ちきれずに食べた時のような感触です。それも好きなんでこの麺も美味しく感じますが、すこしのんびりめに食べると徐々に麺がより美味しく感じられるようになってきます。
スープは味噌味で、白味噌の優しさ甘さと美味しさが感じられます。そしてとんこつのダシがよりまろやかに深みを与えてくれます。表面の脂の旨味が駄目押しをします。美味しいスープです。人気があるのがわかります。
トッピングは、軟らかく箸で壊れてしまいそうなチャーシュー3枚、メンマ、海苔です。
これで、650円です。普通って言えば普通ですが、観光客気分なら750円でも納得です。

五丈原 チャーシューおにぎり

人気サイドメニューのチャーシューおにぎりです。
普通のおにぎり1.5分くらいのボリュームがあります。これで150円ですか?
札幌の観光地のラーメン屋さんじゃなく、北海道のでかい心と優しさを感じられるラーメン屋さんでした。次はとんしおです。いつになるやら…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味の三平

札幌 大通公園

札幌です。
札幌最初のお店は「味の三平」です。
元祖札幌ラーメンのお店です。
大通公園から三越やパルコの近くに入った商業ビルの4階にあります。フロアの多くが和風な文具っぽいものを売っているお店なので少し不釣り合いな雰囲気です。
お店は、奥に厨房、手前にストレートのカウンター席といったシンプルなお店です。13時を少し回っていたのでお客さんも半分くらいの席が埋まっている程度です。
メニューは、醤油、味噌、塩と基本的なものと冷し味噌があります。すべて850円と札幌の有名店ならではの値段です。味噌ラーメンにしました。
普通のお店のようにコップでお水を持ってきてくれますが、水差しがありません。コップの水が少なくなると店員がコップを持って行き、水を入れてまた持ってきてくれます。近くで食べているおじさんですが、ラーメン丼を2杯並べて食べています。汗をかきながら水を飲みながら食べていますが、店員がお水を何回足したか解らないほど往復しています。少しこっけいです。そのおじさんが帰った後、店員が『さすがだね』なんて話しています。どっかからわざわざラーメンを食べるためにきたのでしょうか?

味の三平 味噌ラーメン

なんていうのを見ている間に味噌ラーメンが出来てきました。白味噌あっさりしてそうなラーメンです。
麺は、普通かやや太程度で、細かな縮れの強いものです。少し透明感があります。新潟で似たような麺は食べたことがありません。西山製麺の麺です。
スープは、白味噌らしい色合いのものです。あっさりしているかなと思いきやかなりのこってりです。味も濃いめでしょっぱめです。でもバランスの良い、味噌の美味しさを楽しめるスープです。さらにテーブルに用意された辛みタレを入れて食べます。辛味がこってりしたスープを引き締めてくれます。この辛みタレは、味噌ベースなようなので入れすぎるとしょっぱくなります。
トッピングは、玉ねぎ、もやしと豚肉の炒め物、メンマとカイワレです。
札幌の寒い夜には食べたいラーメンになるでしょうが、気候のいい時期には濃すぎるラーメンです。850円はチョット高過ぎますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.26

じじ&ばば

じじ&ばば チャーシューメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあります。
やっぱり公共交通機関で帰れる時間に仕事が終わりませんでした。家に帰ってもみんな寝てそうなので夕食を食べて帰ることにしました。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、左側とその手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。夜の8時から翌5時までの深夜型です。
メニューも麺類、定食、中華系一品料理、居酒屋系おつまみ、などあり、飲みから食事まで出来るお店です。麺類は本格的で醤油、味噌、塩、中華系と揃っています。今日はチャーシューメンにしました。
チャーシューと多めの刻みねぎが食欲をそそります。
麺は細縮れで、プリプリした歯応えがとても良い美味しい麺です。
スープは、あっさりしていながらも醤油の美味しさがと自然な甘さが伝わるものです。
トッピングは、チャーシューと多めのメンマです。今日のチャーシューは、少し軟らかめかなと思います。
じじ&ばばのしょっぱさと甘さは、最高ですね。麺が美味しく、スープもトッピングも美味しくバランスがいいのですから夜中でも美味しくいただけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓬来軒

蓬来軒 冷し中華(玉ねぎ入)

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路の東寄りにあります。
二日続けてホウライケンですって漢字が違います。
お店は、右中程から奥にかけて厨房、その中央よりと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。12時過ぎに着きました。同僚と一緒だったんですがテーブル席がいっぱいで、カウンター席に離れて座りました。
メニューは、カラーの写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、町の中華料理屋さんといった感じで、麺類を中心にご飯ものもあります。麺類も中華系を中心に豊富です。今日は、片付けなくてはいけない仕事が多く大変です。根気強く、ネバリ強く仕事が出来るよう冷し中華(納豆入)を食べようと思っていました。注文すると納豆がないとのことです。来た意味ないじゃん。で、次に好きな冷し中華(玉ねぎ入り)にしました。
蓬来軒は、お客さんも多く、中華系の時間のかかるメニューも人気である程度待ちは覚悟です。
中華鍋を使うあんかけやたんめんなんかと違い、早く出来て欲しいのですが、規則正しく順序に作ります。程々待って出来上がりました。
麺は、細縮れのプリプリした歯応えの楽しい美味しい麺です。冷しでも美味しい麺です。
タレは、一般的な冷し中華のものです。醤油の濃さ酸味ともほんの少し押さえ気味かなって感じでですが、食べてると美味しく感じてきます。
トッピングは、キュウリ、トマト、金糸玉子、やや軟らかいチャーシュー、紅生姜、海苔です。メインの玉ねぎは、スライスされたものでたっぷりのってます。シャキシャキした美味しい玉ねぎです。以前食べたときは、水にさらし過ぎて水っぽくなっていましたが、今日の玉ねぎはばっちりです。
790円と最近の冷し中華としてはいいんじゃないでしょうか。ああ!納豆食べたかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.25

GOGO宝来軒

GOGO宝来軒 オロチョン味噌

上越市の「GOGO宝来軒」です。
上越市はイオンショッピングセンター近く、警察署の裏にあります。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらにその手前にテーブル席、左側にもちょっと離れてテーブル席があります。今風のラーメン屋と言うよりイタ飯が出てきてもよさそうな雰囲気です。12時20分に着きました。先客3人が並んでいます。そんなに待たずに右端のテーブル席が空き座れました。
メニューは、醤油と味噌を中心に創作系のものが揃っています。夜だけのメニューなんかもあります。さらに、金曜日は「RealSalt 55」と言う名で塩専門ラーメン店に変身します。いろんな創作ラーメンがありますが、冷し系はありません。まだ食べたことのないスパイシー系にしてみようと思います。オロチョンの醤油と味噌があり、辛さも2~4倍の調整が出来ます。オロチョンはラーメンのメニューとしてたまに見かけますが、特別どういうものとの定義もないようです。オロチョンは味噌が一般的なんですが、醤油もまれにあります。新潟だと大江戸も辛い醤油ラーメンを食べられます。オロチョン味噌の普通の辛さにしました。
お店が混んでいるのにそんなに待たずに出来上がってきました。白い四角いお皿の上に、黒い渋めの器に盛られてきました。
麺は、普通の太さの縮れの少し強いものです。モチモチした黄色がかった色の旨味のある麺です。
スープは、白味噌っぽいあっさりした感じの美味しいものです。少し食べてから辛みを混ぜて食べます。優しくあっさりした味噌が引き締まり、辛さと味に深みを与えてくれます。美味しくなります。辛みのラーメンは好きな方ではありませんが、これはいけます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、白髪ねぎ、水菜、鳴門、味玉、結構入っています。
とっても楽しく美味しくいただきました。でも850円は、少し高いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.24

とみ家

とみ家 日替わりランチ

柏崎市の「お食事 とみ家」です。
柏崎市の海岸線松波地区、ブルボン本社近くにあります。国道352号線に面していて、お店の前に駐車場がありますが、ほとんどいっぱいです。お店の裏にパチンコ屋さんと同じくらいの第2駐車場があります。
お店は、入口の感じはそうでもありませんが広いお店です。準個室風になっています。10人くらいの食事が出来るような2卓のテーブルを置いた和洋の扉のない仕切られた部屋がたくさんあります。夕方や休日にも家族連れで混みそうなン感じです。
このお店は、ボリュームのある定食が評判のお店です。メニューは、定食、寿し、そば、その他にもありますが、ラーメンはありません。で、お手頃な日替わり定食にしました。
秋刀魚、玉子焼き、とろろ、揚げ出し豆腐、ホタテの味噌汁、お新香、ご飯です。
これで700円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.23

今日の夕日

夕日

今日は、夕日の綺麗な日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和可山

和可山 冷やし中華

柏崎市(旧高柳町)の「和可山」です。
高柳町地区事務所の近くにあります。
お店は、奥に厨房、手前右と中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。古い昔からの食堂といった感じのお店で、お店の中が少し暗いのですが、晴れた日のお昼は特に暗く感じます。まあ、食べる頃には目が慣れてきますが…。12時20分頃に付きましたが、数名のお客さんがいるいる程度です。この辺りだどこんなもんでしょう。
メニューは、ラーメン類、そば、うどん、飯類、定食、丼類と豊富です。ラーメンも、醤油、味噌、塩など揃っています。中華系もあります。暖かい日なので冷し中華にしようと思います。冷やし中華と味噌冷やし中華がありますが冷やし中華にしました。
混んでないのもありますが、早く出来てきました。麺が見えないほどのトッピングです。トマトの上に辛子をのせているのも珍しいことです。
麺は、細縮れのツルツルシコシコした美味しい麺です。冷やしでも美味いです。
タレは、普通の醤油味のもので、酸味をおさえたものが主流になりつつある中で昔ながらの酸味の強いものです。細麺なので結構効きます。
トッピングは、ハムとキュウリの細切り、トマト、ワカメ、刻み海苔、金糸玉子、メロンです。デザートのメロンまでのっかちゃってます。
懐かしくトッピングの楽しい冷し中華でした。700円、今の冷し中華としてはお手頃でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.22

巻の夕日

今日は空の色が綺麗に染まる日でした。
角田山です。

そして昨日同様ほたるの里に行きました。
今日は、カメラ昨日であまり使っていなかったISOの感度を上げて挑戦です。
明るさの残っているうちに到着して、辺りの様子を見ます。
子供達も本当にほたるが出るのか疑問のようです。
やがて辺りが暗くないほたるの登場です。

巻のほたる

ほたるを見た後は、福寿温泉 じょんのび館で温泉に入って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古潭

古潭 野菜味噌ラーメン

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面を背に正面の道路を進み、一時停止の交差点を左に曲がり進むと左側にあります。
お店は、車庫の奥にあるような感じです。車が停められそうなスペースの奥に入口があります。お店もさらに奥行きがあり右側に厨房、左側にカウンター席、手前に小さなテーブル席1卓、奥の左側に小さな座敷があります。
今日は、初めて家族と来ました。18時45分の到着です。19時までなのでダメかなとお店を見ると暖簾が下がっていなく、明日用の定休日の札が下がっています。ダメもとでお店に入り聞くとOKでした。奥左の部屋で始めて食べれるかなと思いましたが、小さな子供の家族連れ先客がいました。カウンター席が空いてたのでカウンター席に並んで食べます。
メニューは、醤油、味噌、塩があり、それらの野菜ラーメンと納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。野菜味噌ラーメンにしました。家族にも野菜味噌ラーメンが美味しいと伝えてあり野菜味噌ラーメンに好きなトッピングを加えて注文しています。四男だけは塩ラーメンとワカメが食べたいとのことで塩ラーメン+Wワカメです。餃子も注文しました。
すぐに調理が始まり、野菜味噌ラーメン大盛りが出来てきました。
麺は、いつもの細めの縮れで歯応え、ツルツル感やモチモチ感などずば抜けてどうこう言う特徴はありませんが、バランスの良い好きな麺です。味噌ラーメンにも細い麺は合います。
スープは、白味噌仕立てのあっさりしたものです。多少赤味噌を混ぜているのか、元々混ぜていたが赤味噌の量を増やしたのか、照明を変えたのか、以前より色の白さから赤みをおびた合わせ味噌っぽくなったような気がします。味噌の旨味と適度な甘さと優しさがあります。多少赤味噌っぽい味噌のこくのようなものが増したような気がします。
トッピングです。茹でた野菜のみです。野菜は、その度に茹でるのではなく予め茹でた野菜を盛り付けます。野菜は、キャベツともやしです。キャベツはレタスの食感です。茹で加減が良いのでしょう。味噌のスープと相まって美味しくいただけます。
今日の古潭もヘルシーに美味しく頂きました。

古潭 塩ラーメン+Wワカメ

四男の食べた“塩ラーメン+Wワカメ”です。
残したので食べてみました。
スープが、昔からのラーメン屋さんに多い少し癖のある塩ラーメンです。

古潭 餃子

どこにでもあるような餃子ですが、美味しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

護摩堂山あじさい園

田上町の「護摩堂山あじさい園」に行ってきました。
今日は、家族でのお出かけです。
護摩堂山は、過去に登った覚えがありません。たぶん初めになります。田上町か近くのどっかのお寺のあじさいを見に行った覚えはあります。妻は一緒に登ったって言ってるので私が呆けたか???
で細かいことはいいんですが、1800mの距離も大した事はありませんが、工程時間40分と書かれているのが結構精神的に嫌になりますね。
駐車場の近くにあるものだと思ったら、山頂付近とのことです。
思い切って登ることにしました。サンダル履きで…。
登山でもハイキングでもなく、公園の散歩に斜度が付いて少し距離が長くなったようなものです。道が綺麗に整備されているのでサンダルでOKでした。安全面からは運動のし易い靴がいいですね。

護摩堂山 展望

山頂からの展望です。
さすがにいい景色です。

護摩堂山 あじさい園

山頂付近のあじさい園です。
まだ早いようですが、綺麗なあじさいもあります。
個々のあじさいも綺麗です。

護摩堂山 あじさい園

護摩堂山 あじさい園

護摩堂山 あじさい園

護摩堂山 あじさい園

護摩堂山 あじさい園

護摩堂山 あじさい園

あじさいって可愛く綺麗ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.21

ドライブ

本日のドライブは、新潟市→新潟西IC→柿崎IC→ラーメンショップ(大潟)→道の駅「雪のふるさと やすづか」→松代の棚田→川西→ちんちん亭(小千谷)→山古志→杜々の森(栃尾)→岩室・弥彦→巻→新潟市でした。
途中で撮った写真を載せます。

松代の棚田

松代の棚田は、植えられた稲が育って緑が濃くなってました。
田植え後にいたカメラマンはどこに行ったのでしょう。だれもいませんでした。
山古志は、震災当時に報道された土砂ダムのダム湖に飲み込まれた家がそのまま残っていました。道路や新しい住宅などしっかり復興している印象がありましたが、ビックリしました。
そして、杜々の森(栃尾)の湧水を汲んで岩室へ。
岩室の稲架木は、空の色も太陽の方向も良くなかったので弥彦村へ。

弥彦山

弥彦山に沈む夕日です。

夕日

今日は空気が澄んでないので夕日は全然見えないだろうと思っていましたが、弥彦山に登ると佐渡と佐渡に沈む夕日が見えます。空気が澄んでないのは、地表付近だけなんですね。

ほたる

巻のじょんのび館近くのほたるです。
観察会もあり、ほたるの数より人の数が…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちんちん亭

ちんちん亭 ラーメン

小千谷市の「正油ラーメン専門 ちんちん亭小千谷店」です。
小出に本店があり、その2号店です。小千谷インター近くにあります。どちらもお店も場所は知ってましたが、食べるのは初になります。
お店は、間口が広く中央に厨房があり、その左右と手前にカウンター席、左側にはテーブル席、右側には厨房を向くカウンター席とお互い背中を向けるような壁向きのカウンター席があります。午後1時過ぎに着きましたが、ポツリポツリお客さんのいる程度です。
メニューは、入口近くの食券販売機を見るだけしかわかりません。正油ラーメン専門らしく醤油味のみです。ワンタンメンやチャーシュー麺などもあります。冷し中華は、紙でボタンを隠しています。最初なんで普通のラーメンにしました。
お客が少ないし待っている人もいなかったのですぐに出来てきました。
正油ラーメン専門と言うだけのことがあり醤油の色のスープが美味しそうです。
麺は、普通の太さの縮れです。ツルツルしていてとても気持ち良い美味しい麺です
スープは醤油の色が美味しそうで、その色に負けないくらい醤油の美味しいものです。醤油が待っている美味しさが自然に出ている美味しいスープです。
トッピングは、チャーシュー2枚、メンマ、海苔です。チャーシューはバラ肉の1枚物、醤油に漬けられた味のしっかりした薄切りです。
醤油の美味しいラーメンの発見でした。600円と価格もいいところでしょう。かなりレベルの高いラーメンです。今回は小千谷店で食べましたが、小出本店を考えると小出の醤油ラーメンは、新潟ラーメン第5のご当地系でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM Port セーフティドライブキャンペーン

今月のFM Port セーフティドライブキャンペーンは、道の駅「雪のふるさと やすづか」です。上越市大潟区のラーメンショップからの移動でです。
久々になりますが、キャンペーン開始前に到着しました。
しばらく、車の中で“GOOD MORNING PORT CITY Saturday”を聴きます。
FM PORT上越送信所の波がギリギリ入ります。
10時キャンペーン開始です。

FM PORT セーフティドライブキャンペーン

さすがに都市部ほどではありませんが、結構リスナーが集まっています。
今回は、遠藤まりさんです。
一昨年のHappy7DaysモーニングゲートでiPod shuffleを頂いたので、遠藤まりさんはいい人です。物に釣られる人ですから…。また、FM PORT 7th Anniversary Christmas Special WORLD’S HAPPINESSでPORT SQUAREで一度会ってますが、結構きつめのことを言う人には見えなんですがね。

FM PORT セーフティドライブキャンペーン ステッカー

遠藤まりさんのサイン初めてかな?

FM PORT セーフティドライブキャンペーン 中継

そして、“GOOD MORNING PORT CITY Saturday”の中継です。
遠藤まりさんも美味しそうに食べますね。

雪だるま物産館 ルレクチェジェラート

本日の会場となった道の駅「雪のふるさと やすづか」のメイン建物の雪だるま物産館で人気のジェラートです。全部のアイスクリームにそば粉が入っています。食べたのは、ルレクチェでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメンショップ

ラーメンショップ大潟店 ねぎ味噌ラーメン

上越市(旧大潟町)の「ラーメンショップ 大潟店」です。
なんでこのお店かと言うと朝からやっているからです。早朝6時01分から深夜2時までのたぶん新潟で最も長時間営業しているお店です。なぜ6時01分なのかは不明です。
お店は、左奥に厨房、その手前と右側にカウンター席、さらに右側にテーブル席があります。菅原文太&愛川欣也出演のトラック野郎に出てきそうな雰囲気です。もちろん流れている音楽は演歌です。8時30分頃の到着しましたが、カウンター席が結構埋まっています。朝から盛況です。
メニューは、チェーン店だけのことはあって豊富です。朝からなんで味噌汁代わりに味噌を食べたいと思っていましたが、ラーメンショップはねぎが有名です。
にしよう思いましたが、盛りが4種類もあります。小・並・中・大です。昼もなんらか食べたいので並でいいかなと思いましたが、念のためメニューに書いていないか見ました。裏に書いてありました。小=1玉、並=1.5玉、中=2玉、大=3玉です。一般的な盛りより一段多くなっています。見て良かった。ねぎ味噌ラーメン(小)にしました。
その後も多くのお客さんがやってきます。テーブル席にも座るようになりました。
ラーメンが出来てきました。辛味噌で和えたねぎが美味しそうです。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。程良いモチモチ感が味噌味のスープと合います。
スープは、背脂入りのインパクトのあるものです。味噌の味はそんなに感じられません。塩を多めにしょっぱいく仕上げた味噌を使っているんじゃないかと思います。キリリとした塩ラーメンと通常の味噌ラーメンの中間の味です。味噌って名前はどうかとして、これはこれで美味しいスープです。
トッピングは、チャーシューの切れ端っぽいものとほうれん草、海苔です。
朝からこれだけしっかりしたラーメンが食べられるとは凄いことです。800円という値段も今じゃ普通かな。
お勘定は、三条店同様のザルです。千円札をカウンター席に点在して置かれたザルに入れ、その中から百円玉2個いただきます。朝からごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.20

支給弁当

お弁当

会社の行事でお弁当が支給されました。
今年も、夕方から食事会もあるとのことで量と予算を抑えてのかな?
いつもの年よりヘルシーな感じがします。
夕方、結構早くからの食事会だからお腹が空くかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.19

じじ&ばば

じじ&ばば ジャージャー麺

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあります。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、左側とその手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。夜の8時から翌5時までの深夜型です。
メニューも麺類、定食、中華系一品料理、居酒屋系おつまみ、などあり、飲みから食事まで出来るお店です。麺類は本格的で醤油、味噌、塩、中華系と揃っています。今日はジャージャー麺(汁有)にしました。スープなしが一般的で夏の食物のなのですが、スープ有もスープが美味しいので全体を美味しく食べることが出来ます。
炸醤とキュウリの色が対照的で美味しそうに見えます。特に炸醤の色が良いですね。
麺は細縮れで、プリプリした歯応えがとても良いものです。スープ・炸醤と一緒になった旨味などが絡んで掬ってくる美味しい麺です。
スープは、あっさりしていて炸醤のために薄味になっているような気がします。
トッピングは、キュウリの千切りと炸醤です。一般的な炸醤は、長ねぎ、生姜、ザーサイ、筍、椎茸、豚ひき肉らしいのですが、筍と椎茸と豚ひき肉は感触で判り易いのですが、他は良く判らないですね。生姜は味で判ります。 肉味噌の味付けは、マーボーメン同様にちょっぱさと甘さがいい具合です。そして結構辛めに仕上げられています。スープに溶けて薄まっても程々の辛さがあります。
じじ&ばばのしょっぱさと甘さは、最高ですね。辛さは、辛いものが好きだというのが判られているので、お断りを言わないと辛めに作ってくれます。またまた美味しいものを食べてしまいました。汗が…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

三吉屋

三吉屋 冷し中華(大)

新潟市の「三吉屋」です。
西堀通り三越の並び白山寄りにあります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前がテーブル席になっています。テーブル席は、4人掛けが4卓あります。中華そばの丼だけなら4人で食べられる小さなテーブルです。椅子は5脚あり混みあったときはチョット無理して5人まで座れるようになっています。狭く小さなちょっと古いお店です。
12時30分過ぎに付きましたが混んでます。でも座れました。いつもの相席です。お客さんの出入りはありますが、ほぼ満席の状態が続きます。
メニューは、中華そば・叉焼麺とそれらの大盛りです。ですが今日は、冷し中華(大)です。熱くなってきても普通の中華そばを食べてるお客さんが多いお店です。
あれ、若い高校生か専門学校生が入りかけてまた出て行きました。また顔を出します。フロア係のおばさんがそのお客さんを呼び捨てにしています。息子さんのような感じで話しています。友達4人を連れて来たようです。お昼も終盤で、分かれて座ってます。息子さんらしい人はカウンター席で奥の店主と話しをしています。家族的な雰囲気が作る味なんでしょうね三吉屋って…。ほのぼのします。
以前、冷し中華を食べた時に極細麺が絡まって取り難くて嫌だったのですが久々に食べてみることにしました。さて、今日はどうでしょうか。三吉屋って出来上がりまでの時間を考えるとファーストフード並です。モスよりも早いでしょう。今日も、すぐに出来てきました。
細麺の冷し中華の上にハムときうりの千切り、紅生姜、金糸玉子と鳴門がのってます。キュウリとハムは麺に合わせてでしょう、極細です。
麺は、中華そばと同じもので極細の歯応えの楽しい麺です。
タレは、美味しさはありますが味付けがきつめです。というか昔の中華そばの味です。最近の中華そばは酸味を押さえているのが多いんですが、昔風の酸味のあるものです。
トッピングのハムときうりの千切り、紅生姜、金糸玉子と鳴門は、麺と一緒に食べると違和感なく歯応えを楽しめます。
以前のような麺が絡まって取り出し難いことはありませんでした。三吉屋さんはもともと懐かしい味のお店ですから、まあ懐かしい酸味の少し利いたタレでいいんじゃないでしょうか。冷し中華並盛り700円、大盛り800円と安くはありませんが、夏を楽しむってことでなかなかいいじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.18

きんしゃい亭

きんしゃい亭駅前店 野菜味噌ラーメン

新潟市の「きんしゃい亭 駅前店」です。
新潟駅前の飲食店街にあります。新潟ラーメンではなく九州ラーメンのお店ですが、新潟県内のラーメン屋さんの中でもかなり好きなラーメン屋さんです。博多の本場九州ラーメンも好きですが、きんしゃい亭の新潟の食習慣に合わせた味が好きです。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前に大きなテーブルと小さなテーブルを囲う席があります。少しお酒を飲んでの夕食と夜食の間の食事になりました。深夜のめちゃ混みほどではありませんが、結構混んでいます。カウンター席がいっぱいなので小さなテーブル席にしました。
メニューは、ラーメンにトッピングを加えたものが数多くあります。このお店の面白く好きなのは、トッピングを加えたものより普通のラーメンの方がバランスが良く美味しいことです。でも今日は少しお腹が空いています。このお店で唯一スープの異なる野菜味噌ラーメンにしました。
今日は、時間がそんなに遅くないからでしょうか、居酒屋代わりにしているような人はいません。が、酔っ払って良く喋りながらたまにラーメンを食べている人がいます。
麺は、極細の弱い縮れです。本場の九州ラーメンのストレートと違いますが、なかなか美味しい麺です。新潟に合わせた麺だと思います。
スープは、味噌ラーメンらしいもので味噌の旨味と甘さのバランスがいい感じです。いつものとんこつとも似たような感じで美味しいスープです。
トッピングは、脂身の少ない歯応えのあるチャーシュー、紅生姜、わかめ、胡麻です。メインの野菜は、キャベツともやしです。茹でただけのものですがキャベツの歯応えがちょうど良く美味しくいただけます。
きんしゃい亭のラーメンは、ボリューム感に欠けますがいい味です。替玉も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
今日は、出張者や同僚と一緒で4人です。信吉屋で食べようと思ったのですが10人近く並んでいます。少し並ぶしかないかと思ったら他の人は諦めて他の店へとなりました。同僚が白寿で食べたいとのことで白寿になりました。
新潟市の中心街、WITHビルと三越を直線的に結んだ中間くらいにあります。
お店は、右側奥に厨房、その手前と中央寄りにカウンター席、左側に小さなテーブル席の小さなお店です。お昼12時過ぎに着きました。どうしたことでしょう。お店に入ろうとしたとき出るお客さんとカウンター席に1人いるだけです。いつも混んでるので拍子抜けです。カウンター席に4人並んで座れました。
メニューは変わらず、ラーメンとうま煮そばです。このお店は、うま煮そばを食べたくなると来るお店ですから、今日も座ると同時に『うま煮!』と注文します。先客も後から来たお客さんも今日もみんなうま煮そばです。
親父さんが一人でやっていて、うま煮をまとめて作ります。お店に入ったタイミングで待ち時間が違います。が、今日は4人なので諦めてました。4人分は残ってないだろうと思ってたら、ピポーン!です。1人分しか残ってません。うま煮を作るのを待ちます。しばらく待ってうま煮そばが出来上がりました。
今日も、褐色のうま煮が美味しそうです。
麺は細麺よりも細く、極細に近い太さのやや強い縮れの麺です。細麺らしいシコシコした歯応え、強めの縮れが絡めてくるうま煮との調和の取れた味がたまりません。
スープは、良く判りません。うま煮と混ざってしまうことが多く、スープだけを飲むことがなかなか出来ません。少しうま煮が混じったスープを飲んでも判ることは、癖のないシンプルなスープだと言うことです。
うま煮は、白菜、もやし、玉ねぎなどの野菜がトロミのあるあんかけになっています。出来上がったばっかりなので熱々です。
食べている途中で、奥さんらしい人がエプロンをして後から来た人のラーメンを作り始めました。親父さん1人じゃないの初めてです。見慣れない光景です。
いつもの美味しいうま煮そばでした。食センスの良い同僚はスープが動物臭いと言ってました。敏感なんですね。他の人もこれだけのものが500円で食べられることには関心していました。いつまでも500円で食べれますように。難しいかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.17

FM PORT Happy7Days

家に帰ったらFM PORTから封書が2通届いていました。
「GOOD MORNING PORT CITY」と「MOVE on STREET」からです。
「GOOD MORNING PORT CITY」は、Saturdayの立石勇生さんからです。
デジカメ写真を初めてフォトギャラリー復活を楽しみにしているんですが…
Sundayの野沢直子さんも早く元気に復活するといいですね。
もうひとつは、「MOVE on STREET」からです。
最近公開放送が多いプログラムです。
仮谷和代さんのテンションの高さにはついてけません。
どちらもステッカーの当選でした。
Happy7Daysのステッカーはありませんでした。

FM PORT ステッカー
両方に入っていた「FM PORT」のステッカーです。

FM PORT GOOD MORNING PORT CITY ステッカー
「GOOD MORNING PORT CITY」のステッカーです。

FM PORT MOVE on STREET ステッカー
「MOVE on STREET」のステッカーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カトウ

カトウ 中華そば

新潟市の「中華のカトウ」です。
古町の柾谷小路から1本上手の通りにあります。
お店は、右に厨房、中央寄りにカウンター席、右にテーブル席があります。小さな昔からの中華そば屋さんの雰囲気です。表示されてるものはありませんが、変わってなければ朝7時からお昼時間までの営業です。12時20分頃に着きましたが他にお客さんが2人いるだけの寂しい状態です。
メニューは、中華そば、チャーシュー麺とそれらの大盛りです。普通の中華そばにしました。
何年前になるか覚えていませんが中華そばが350円でした。今は450円ですが、それでも安い方だと思います。
待っている間にお客さんが来てほぼ満席状態になりました。後からきたお客さんは、玉子のトッピングを追加しています。生玉子のようです。ちょうど良い時間に入りました。すぐに中華そばが出来てきました。あっさりした感じが見ただけで解る昔からの中華そばです。
麺は、普通の太さの平打ちです。ほとんどストレートに近い麺で、ラーメンの麺よりも冷や麦のような感じです。
スープは、新潟らしいあっさりしたものです。かなり薄味です。少し物足りなく感じます。途中から胡椒をかけて食べました。胡椒をかけた方が味がしっかりします。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、きねさやです。チャーシューは、脂身の少ない歯応えのある中華そばらしいもので、濃いめの味付けになっています。薄味のスープとバランスが取れています。
ワンコインでおつりの来るお手頃価格ですが、ちょっとボリューム感にかけます。あんまりお腹の空いていないときにちょうど良いかなと思います。もとが安いんで大盛りにするのも良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.16

衝動

衝動 うま煮ラーメン

新潟市の「麺屋 衝動」です。
西区小針球場近くの住宅地の中にあります。
1階が駐車場になっていて2階にお店があります。
外の階段を上がりに2階のお店に入ります。左側から入ると奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席2卓があります。午後1時頃に着きましたが、他にお客が2人いるだけです。
メニューは、正油ラーメン、味噌ラーメン、味噌チーズラーメン、担々麺の4品で昨年初冬にオープンしました。前回は、味噌チーズラーメンを食べました。そろそろ夏の面白い創作メニューが出ていないかと思いましたが、冷やし系はありません。冷たいものはありませんが、うま煮ラーメンが増えています。好きなメニューなんでうま煮ラーメンにしました。
黒っぽい味噌のようなものを取り出し作り始めました。普通のうま煮より調理前に時間をかけています。やがて中華鍋で炒め始めました。麺の茹であがりを少ないスープの張った器に入れ、中華鍋のうま煮をかけて出来上がりです。
やはり見た通り黒っぽい味噌で味付けされています。醤油や塩と違って濃厚な味に見えます。
麺は、太縮れです。茹で時間をかけて太い麺に良くありがちな強いモチモチ感はなく食べ易い麺です。
スープは、あんかけに占領されて解りませんが、全体を邪魔してないことは確かです。
あんかけは、思ったとおりの味噌味風味のものです。キャベツ、もやし、人参、ピーマン、豚肉などが入っています。トロミの強いもので、量もたっぷりあります。まろやかな美味しいものです。
なかなか美味しいうま煮ラーメンでした。800円という値段も少し高いかなとも思いますが、最近の状況ではまあ妥当な線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.15

イオン新潟南ショッピングセンター

買物があってイオン新潟南ショッピングセンターへ行きました。
買物も終わり簡単な夕食をと思い3階のフードコートで好きなものでお食事です。子供達は、「First Kichen」や「ちゃんぽん座 十鉄」です。「ラーメン創房 玄」というお店があります。まだ食べていないので食べてみることにしました。
とんこつラーメンを中心にそこそこのメニューがあります。基本的で手頃(430円)のとんこつラーメンにしました。

玄 とんこつラーメン

九州らーめんと同じストレートの極細麺としょっぱさ控え目のとんこつスープです。トッピングは、チャーシュー、きくらげ、紅生姜、海苔です。不味いことはないけどそんなに美味しいどうこう言うものでもないかな。フードコートでちょっと食べるにはいいかなと思います。

すき家 牛あいがけ

で、ちょっとまだお腹が落ち着かないのですき家の牛丼とカレーの牛あいがけも食べてしまいました。

帰る頃には新潟のお空が綺麗に染まっていました。

夕日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟分屯基地創設45周年記念

新潟分屯基地創設45周年記念

新潟分屯基地創設45周年記念イベントの見学に行ってきました。
場所は、新潟空港内ですが入口は西側からです。
当初予定されていたブルーインパルスの展示飛行は、岩手・宮城自信のため中止となりました。開場に貼り出されたプログラムに書かれています。開場に見に来た人はだれもが『しょうがないね』って顔で残念そうではありますが、不満そうな人もいない状況でした。
開場には、4機の救難機が展示されています。子供用の服やヘルメットがあり着替えて写真撮影を行っている家族連れも多くいます。格納庫は。音楽隊の演奏や子供用の滑り台、装備の展示もあります。
救難訓練が始まりました。

新潟分屯基地創設45周年記念 展示飛行 U-125A

救護目的をU-125Aが捜索、見つけて一時救援物資を投下します。

新潟分屯基地創設45周年記念 展示飛行 UH-60J

その後、ヘリが到着して救援します。

新潟分屯基地創設45周年記念 展示飛行 UH-60J

フランシスコッポラ監督の“地獄の黙示録”からヘリが格好よく思えてきました。
その後、朝食も食べずに家を出たのをブランチにしました。

新潟分屯基地創設45周年記念 広島焼き

新潟分屯基地創設45周年記念 たこ焼き

食べ物の露店も結構出ています。
その中から広島焼きとたこ焼きを食べました。
温かくねえ!たこ焼きは、むしろ冷たいぐらいです。
食べ物は、ハズレですね。
グッズの露店が楽しいですね。こういう場所じゃなきゃって商品が多いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.14

花火大会?

越後川口サービスエリアから十日町市川西町方向に見えた花火です。

花火?

花火?

花火?

花火? 月!

月も綺麗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土佐屋

土佐屋 ラーメン

魚沼市(旧堀之内町)の「らーめんの土佐屋」です。
国道17号線に面しています。お店は、右側に厨房、その中央寄りにカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。そんなに大きなお店ではありませんが、機能的になっています。雰囲気は国道沿いの地場系のラーメン屋さんそのものです。長岡市宮内に出店してから長岡のお店は3度ほど食べましたが、堀之内の本店は5年ぶりになります。午後7時過ぎに着きました。お客さんがポツリポツリといます。
メニューは、醤油、味噌、塩と背脂の有無の組み合わせになっています。やっぱり値上がりしています。でも、全品20円の値上がりです。可愛い値上がりです。こういう値上がりは、気分的に“仕方ないよね”って思います。塩が一番人気のようですが初心に還って、この店で最初に食べた普通のラーメンにしました。入口近くの食券販売機で食券を購入し、カウンター席に座ります。
混んでないのですぐに出来てきました。醤油の味がしっかりしていそうな色がなんか嬉しくなります。
麺は、普通か少し太めの縮れ麺です。モチモチした少し硬めに茹でられた麺です。最初に食べたときは、青島を先に食べていたので似たような味のラーメンンがあるんだなと思った記憶があります。でも、今は違うものだと判ります。
スープは、醤油の味がしっかりしたもので生姜の味も利いてます。しっかりした味わいがあるのに意外とあっさりしています。
トッピングは、青島同様で弾力が少し少ないチャーシューが多めに入っています。今回は、薄めですが大き目のものが3枚です。メンマ、水菜、海苔ものってます。
長岡生姜醤油系かなって感じですが、さてどうでしょう。結構好みのラーメンです。麺を多少軟らかに茹でてもらった方が好みだろうな。580円が600円になってもチャーシューの充実なんかを考えると満足できる一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北野天満温泉

北野天満温泉

少し戻って長野県栄村の「北野天満温泉」です。
学問の湯ってことです。頭良くなるのかな?
料金は、500円(最近まで300円でした)。シャンプー&ボディソープあり。
泉質は、ナトリウム-塩化物温泉(低張性アルカリ性高温泉)です。

北野天満温泉 露天風呂

少しぬるめでのんびり入るにはちょうど良い感じです。

北野天満宮の清水

温泉の建物から先がハイキングができる公園として整備されています。
その一番下に「北野天満宮の清水」があります。
1分間に8トンの湧水です。なにそれ!って量です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

菱ヶ岳 & 秋山郷

林道をドライブしたくなって上越市安塚区(旧安塚町)の菱ヶ岳へ。

安塚の棚田

途中、棚田の綺麗なところがありました。
そして、不動の滝を目指したのですが、険しい道と草や木から水滴が激しく断念。
山を越え長野県側は、山の斜面が急勾配で滝や綺麗な渓流がありそうな感じです。

長野県栄村の渓流

で、山を降りていたらありました。
長野県栄村の恋一路せせらぎ公園近くの渓流です。
そして、国道117号線を十日町市方向に戻ります。
途中、道の駅「信越さかえ」で、昼食っぽくおやつタイムです。

マテリアーレ ソフトクリーム

道の駅内にある酪農家自家製のお店マテリアーレでソフトクリームです。
濃いのにとってもさわやかです。

道の駅信越さかえ 竹の子汁

田舎のおかあさん風の地元の人が竹の子汁を販売していました。
雰囲気で美味しそうって思い食べました。美味しかったよ。
お腹が落ち着いたところで秋山郷へ。

蛇淵の滝

蛇淵の滝を目指します。
滝までの道は、遊歩道風に整備されています。
紅葉の時も見たい景色です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.13

武骨外伝

武骨外伝 味玉つけそば

東京は渋谷の「麺屋武蔵 武骨外伝」です。
道玄坂にあります。渋谷駅近くのラーメン屋さんを探して見つけました。新宿の本店は、店員の横柄な接客が嫌いですが、他もそんなものなのか気になっていたので入ってみることにしました。
お店は、奥行きのあるカウンター席16席だけのお店です 。お店の中は暗いのですが、カウンターはダウンライトが明るくて照らしています。13時30分頃に着きましたが、この時間でも待っている人が7人もいます。
メニューは、つけそばとかけそば、それらにトッピングを加えたものがあります。つけめんがメインのお店で、普通のラーメンはかけそばと呼んでいます。スープを付けて食べるのか、スープをかけて食べるのか解り易いんですが、日本そばの一番安いのみたいで印象がいまいちです。で、食べている人を見ると100%つけそばです。女性も多いのですが、つけめん専門店のような状態です。こんな雰囲気のところでかけそばを食べる勇気もなく、そんなに美味しいのかと期待も込めて味玉つけそばにしました。入口近くの食券販売機で食券を購入し待ちます。タイミングが悪いのかそこそこ待ちになりました。待ってる間に店員に食券を渡します。普通盛り、中盛り、大盛りも同じ値段とのことなので大盛りにしました。暫く待って一番奥の席が空き案内されました。カウンターを跳ね上げて通れるようになっているところです。それ自体は大したことがないんですが、カウンター下の鞄を置く棚がその席だけありません。床も汚れていないようで床に置きました。その後も少し待ってようやくつけそばが出来てきました。
さすが大盛りです。そこそこボリュームありそうです。味玉は麺の上にのってます。
麺は、太縮れのモチモチ感の強いものです。少し硬めに茹でられています。最初は歯応えを楽しめて良いのですが、見た目以上のボリュームで顎が疲れてきます。
つけ汁は、魚介系の香りと動物系の旨味のなかなか美味しいものです。あっさりしたダブルスープでしょうか。これは、かなりレベルの高いものです。メンマとチャーシューの小さな欠片が入っています。
味玉は、半熟を期待していましたが7部熟でしょうか、少しゆで玉子に近いものになっています。
麺を食べているときは少し薄味かなと思いますが、スープだけ飲むとしっかり濃いめの味がします。麺が太いのでそう感じると思いますが、それにしても良いバランスです。
そう大したことないように思えたボリュームも器の形でしょう。かなりあります。後に解ったことですが普通盛りで200グラム、大盛りで500グラムです。普通も多めですが、並のラーメンの3玉分あるじゃないですか。お腹が本当にいっぱいになりました。
つけ汁が本当に美味しいですね。麺が美味しければ最高なんですが…。
このつけ汁で「まるしん」や「孔明」の麺を食べて見たいと思います。


そうそう普通の接客でした。良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.12

潮夢来

東京は新橋(汐留)日本テレビタワー1階の「中国飯店 潮夢来」です。
「中国料理 富麗華」で食べようと思っていましたが、ミシュランで一つ星になり予約が入れられなくて系列のこのお店になりました。中国料理には厳しいミシュランですから、一つ星でももの凄いことです。その系列店です。
汐留は、新橋から潮サイト方面へ地下2階に太陽の日が射す開放的な通路があるような近未来の作りなんで、1階ってのが結構上になります。
お店に着き、ビールと紹興酒を飲みながら美味しい料理をいただきました。
丸い大きなテーブルに大きなお皿をから取って食べるのかと思っていましたが、出来た料理を大皿で見せて一旦下げて、取り分けて持って来てくれます。
コースでお願いしてました。お店は、中国料理の中でも広東料理のことです。

潮夢来 前菜4種盛り合わせ

最初は、前菜4種盛り合わせです。

潮夢来 大正海老のXO醤炒め

大正海老のXO醤炒めです。

潮夢来 フカヒレの煮込み

フカヒレの煮込みです。

潮夢来 北京ダック(姿)

北京ダックです。
これは、取り分ける前の写真を撮らせてもらいました。

潮夢来 北京ダック

そして、それが出てくるときには生春巻になってました。

潮夢来 活ハタの姿蒸し

活ハタの姿蒸しです。

潮夢来 旬の野菜炒め

旬の野菜炒めです。

潮夢来 蟹肉あんかけチャーハン

蟹肉あんかけチャーハンです。

潮夢来 焼きそば

お腹一杯になっていない人もいるようで、追加の焼きそばです。

潮夢来 マンゴープリン

コースの締めくくりは、マンゴープリンです。

美味しいものでお腹一杯になりまたした。

外では、夕方のニュースの天気中継をしていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蔵 冷しラーメン

東京は新橋の「喜多方ラーメン 蔵」です。
午後2時、時間もありません。新橋駅から近いラーメン屋さんを探したら蔵でした。喜多方ラーメン事態好きじゃないんで他のラーメン屋にしようかと思いましたが、時間もないので食べてみることにしました。
お店は、間口が狭く奥行きがあり、内装までが蔵の外壁のような作りです。外で食べるような感じです。晴れている日なら良いでしょうが、雨なんで違和感があります。他にお客が1人いるだけです。
メニューは、チェーン店らしく豊富です。好きじゃない喜多方ラーメンでもいいかなと思ったのは、夏メニューの冷し中華を食べようと思っていたからです。冷し中華と言う名前ではなく、冷しラーメンです。他に冷しスープラーメンと言う冷たいスープの見た目普通のラーメンもあります。冷しラーメンがスープのものを言うお店も多く紛らわしい名前です。冷し中華である冷しラーメンににしますが、ねがやサラダなど1枚もの専用メニューになるほど種類があります。そのほとんどが800円です。普通の冷しラーメン(冷し中華)にしました。
他に料理を待っているお客もいないのに以外に時間がかかっています。麺の茹で時間がかかるのでしょうか。フロア係女性2人の中国語らしい会話も解らない。退屈な時間が少し過ぎて冷しラーメンが出来てきました。
モチモチして弾力が強く噛み切り難い麺と酸味としょっぱさもややきつめのごく普通の冷し中華です。
キュウリ、トマト、チャーシュー、ワカメ、玉子、紅生姜がトッピングされています。細切りされたチャーシューの脂身が少し気になります。
ラーメンは、好みで当たり外れがありますが、冷し中華は外れが少なくて良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.11

石門子

東掘石門子 冷し中華(大)

新潟市の「東堀 石門子」です。
新潟市中心部の東堀通りに面してあります。ラーメンとワンタンメンが人気のお店です。夏場は、冷し中華も人気のお店です。冷し中華を食べたくてお邪魔しました。昼の12時過ぎです。少し遠くから並んでいるのが見えます。お店の中と外で7人くらいの待ちです。ちょうど帰るお客さんもいてお店の中へ。
お店は、奥行きがあり左側に厨房、中央にカウンター席、左側奥に小上がりが1卓あります。右側は、中でも待てるように広いスペースがあります。お店の歴史は古いのですが移転したこともあり、最近のやや小さめのラーメン屋さんです。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、スタミナラーメン、冷し中華やそれらにチャーシューを加えたものがあります。
昨日の古潭と同様にせっかちな親父さんのお店です。お店の中に入るとすぐに『なんにしますか?』と注文を聞かれます。決まっていたので『冷し中華の大盛り』と返します。常連やメニューを知っている人には何でもないことですが、初めての人は嫌でしょうね。
そんな感じでやっていますから回転は早いです。
席が空き、座るとすぐに出来てきます。見た目は、ごく普通の食堂の中華そばです。
麺は、細縮れで懐かしい感じの美味しい麺です。適度なモチモチ感と麺そのものの持ってる旨みが伝わってきます。ラーメンでも美味しい麺ですが、冷し中華でも美味しい麺です。
タレは、醤油味のありふれたものと同じようなものですが、酸味もしょっぱさも控えめにしてあります。これでタレの量が少なければ食べ難くなりますが、たっぷり波々とあるので麺がたっぷり掬って口の中でちょうど良くなります。
トッピングは、きゅうり、ワカメ、メンマ、チャーシューの細切り、紅生姜です。メンマはかなり色の薄いメンマです。色からメンマと解りません。チャーシューは歯応えのあるものですから細切りにしても結構しっかりしています。細いのにしっかりした歯応えです。
冷し中華700円の大盛りで800円です。だてに人気があるのとは違いしっかりした実力のあるラーメン屋は美味しいです。冷し中華は、通常のラーメンと比べると割高かも知れませんが、食欲がなくても美味しく食べられるのがいいですね。って言いたいけど、食欲落ちません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.10

古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+チャーシュー

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅正面を背に正面の道路を進み、一時停止の交差点を左に曲がり進むと左側にあります。今日は、お祭りのようです。駅前から幟があり、路上駐車も多くなっています。露店も出ているようです。古潭の近くも路上駐車が多くなっています。
お店は、車庫の奥にあるような感じです。車が停められそうなスペースの奥に入口があります。お店もさらに奥行きがあり右側に厨房、左側にカウンター席、手前に小さなテーブル席1卓、奥の左側に小さな座敷があります。12時過ぎに着きました。満員かと思いましたが、カウンター席奥に2席の空きがあり座れました。
注文を聞かれました。メニューは、醤油、味噌、塩があり、それらの野菜ラーメンと納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。冷し中華はやらないのかな、まだないのか不明ですがありません。メニューを見ていると、また注文を聞かれました。古潭の親父さんは急かすようでと言う話を聞きますが、その通りですね。野菜味噌ラーメン+チャーシューにしました。
しっかし、一番奥の冷水機の近くに座ったんですがかなり暗い。携帯のカメラで撮れるかぎらぎりです。お客を急かすだけのことはあって、早く野菜味噌ラーメンが出来てきました。写真を撮ろうとしますがなかなかオートフォーカスが決まりません。何度かトライしてようやく撮れました。
白味噌仕立ての色が美味しそうに見える筈なんですが明るさが足りないんで合わせ味噌のような色です。
麺は、細めの縮れで歯応え、ツルツル感やモチモチ感などずば抜けてどうこう言う特徴はありませんが、バランスの良い好きな麺です。
スープは、白味噌仕立てのあっさりしたものです。といつもなら言っているところですが、色が多少濃い目で味噌の味もいつもより濃い目に感じます。ほんの少しだけですが…。多少どうこう合っても美味しいスープです。あっ、そして今日のスープはいつもより熱く感じました。野菜が茹でたてで冷めなかったからかなあ?
そして、トッピングです。茹でた野菜、チャーシューです。野菜は、その度に茹でるのではなく予め茹でた野菜を盛り付けます。野菜は、キャベツともやしです。もやしは、ありきたりのものと変わりありませんが、全体に良い歯応えを与えてくれます。レタスのような食感のキャベツが美味しいです。茹で加減が良いのでしょう。味噌のスープと相まって美味しくいただけます。チャーシューはロースでしょうか、脂身のないもので歯応えもあり、少し濃い目の味付けがされています。
今日の古潭も美味しくいただけましたが、急かす親父さんが気にすると本当に気になります。愛想がもともと良くないと思うのでもう少しは考えてもいいんじゃないでしょうか。少し時間を空けて食べに行くと値上がりしているお店が多い中、値上がりしてませんでした。チャーシュートッピングが凄く安く50円を加えても650円と財布にも優しい満足できる一杯です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.06.09

GOGO宝来軒

GOGO宝来軒 Fanky Janky Noodle

上越市の「GOGO宝来軒」です。
上越市はイオンショッピングセンター近く、警察署の裏にあります。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらにその手前にテーブル席、左側にもちょっと離れてテーブル席があります。今風のラーメン屋と言うよりイタ飯が出てきても良いような雰囲気です。13時30分頃に着きました。ほぼ満席ですがカウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、醤油と味噌を中心に創作系のものが揃っています。夜だけのメニューなんかもあります。さらに、金曜日は「RealSalt 55」と言う名で塩専門ラーメン店に変身します。いろんな創作ラーメンがありますが、メニューがカテゴリー分けされていて、今回はジャンク系に挑戦です。創作系の真髄でしょう。お腹が空いたところに飛び込んできたメニューがあります。お店の説明は、背脂進化系のスープと太麺200gになんと!!直径20cmのチャーシューが合体!!見た目もお腹もFankyだぜ~!!一度食べたら中毒間違いなし!!とのこと、1日限定10食ですが、まだ大丈夫とのことでFanky Junky Noodleにしました。
ほとんどのお客さんは、食べてるところか食べ終わったところなのですぐに出来き上がってきました。白い四角いお皿の上に、白い器が地中海のような雰囲気です。でも、器の中は反対に濃い目の色が主張している感じです。
麺は、太めの縮れの少し強いものです。モチモチした食感と硬めの麺が、好みの範囲をぎりぎりオーバーしてしまっています。食べ終わる頃は、少し軟らかくていい感じに近付いてきます。
スープは、醤油のあっさりしていながらしっかりとしたものです。でも、その上に多めの油があり、あっさり感を飛ばしそうになりながら旨味を出しています。
トッピングは、メンマ、味玉、白髪ねぎ、カイワレ、糸からし、海苔が見えます。トッピングかスープの一部か解りませんが背脂を細かくし、タレで炒めた(焦がした)ような弾力のあるものものってます。そしてそれらの下には、巨大なチャーシューがあります。直径20cm厚さ1cmくらいでしょうか。もう少し厚みがあります。大きめの鍋敷きが入ってる感じです。味付けも良く、歯応えもあり、脂の混じり具合も良い美味しいチャーシューです。
とっても楽しく美味しくいただきました。お腹もいっぱいです。高いと思った1200円ですが、チャーシューで500~600円程度の価値はあると思うので、まあまあ妥当な線でしょう。新潟で1番大きなチャーシューかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.08

香りのばらまつり

長岡市の「越後丘陵公園」で開催されている香りのばらまつりです。
春と秋に開催されるこのまつりも現在春のまつりの真っ最中、かつ無料開園日でした。それを狙って行ってきました。
国道8号線をそれ、越後丘陵公園に向かうと「満車」の立看板が数箇所あります。時間が午後3時なので帰る人も多いだろうと気にしていませんでしたが、駐車料金所が少し並んだ程度で車を停められました。駐車場か正面玄関へ歩道は、たくさんの毛虫が出迎えてくれました。
そして、公園内を散策。
香りのばらまつりの手前にも綺麗に咲いているお花がありました。

越後丘陵公園

越後丘陵公園

越後丘陵公園

そして、バラ園に・・・。

香りのばらまつり

凄い人です。
バラってお花屋さんで売っているような綺麗な形のものは家庭の花壇などではなかなか難しいってのは知っていましたが、国営公園のバラ園でもなかなか形のいいバラってないもんなんですね。その中でも綺麗かなと思ったものの写真です。

ティファニー
ティファニー

ドフトゴールド
ドフトゴールド

ロイヤル・ハイネス
ロイヤル・ハイネス

羽衣
羽衣

天津乙女
天津乙女

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飛雄馬

長岡市の「らーめん 飛雄馬」です。
蔵王橋西詰コンビニの裏にあります。
店は、どちらかというと古い感じのお店で、入口の外で食券を買うようになってます。
午後2時前に着きましたが、4人並んでいます。
メニューは、醤油、味噌、塩に加えとんこつ、お魚、鶏ガラなどのスープの違う醤油もあります。背脂もあります。味噌も合わせみそと白みそがあります。まだ食べたことのない白みそ背脂にしました。さらに、土日のみになってしまった大リーグボールも食べることにしました。
食券を購入し、10数分待ってようやく中に案内されました。
店は、手前左側に厨房、その中央よりにカウンター席、右手前にテーブル席、右奥に小上がり、さらに全体の奥に座敷があります。店内には、メニューやトッピングに関する手作りの貼り紙がいっぱい貼ってあります。また、野球のウェアもいろんな球団のものが掛かっています。
席に案内されると麺の太さを聞かれます。通常は中太麺ですが、細麺にしてみました。
お客さんも多くまあまあ時間がかかっています。最初に大リーグボールがきました。

飛雄馬 大リーグボール

ラーメンが出来てくるまで時間がかかるかもしれないので大リーグボールをつまみながら待ちます。挽肉のだんごですが味付けが良くて美味しい。大きなもので中まで火が通っているか心配になる大きさですが大丈夫です。いつもこんな黒っぽかったっけ?
もう少し待つとラーメンが出来てきました。

飛雄馬 白みそ背脂

背脂をチャッチャしたようで器の縁に背脂が付いています。こってりしてそうです。
麺は、ご指定通りの細麺で食感の良い麺です。
スープは、薄味です。しょっぱさをほとんど感じられません。料理で京都の白みそを使用したことがありますが、そんな感じです。みその味はしっかりしているのに塩分がないような感じです。細麺だから薄味のスープでもいけるはずなんですが薄いですね。と思いながらも食べていると段々美味しさが感じられるようになってきました。また、魚系のダシの良さも感じてきました。背脂もちょうど良い量です。あ、そうです。大リーグボールが濃い目の味だったので多少口の中が麻痺しているかも知れないです。
トッピングは、茹でたもやし、普通でのってる小さめのバター、肉の塊のようなチャーシュー2個、さらに半熟味玉も半個入ってます。
最後の残ったスープは、いい味です。途中で飽きるようなラーメンもありますが、飛雄馬は逆でした。大リーグボールを食べたのでかなりのボリュームとなりました。白みそ背脂700円と大リーグボール200円で合計900円の豪華昼食になりましたが、今日も本当に楽しい食事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.06.07

白根大凧合戦

新潟市(旧白根市)の白根大凧合戦に行ってきました。
開場は、中之口川です。
新潟県内の祭りは新潟まつりと蒲原祭りぐらいしか行ったことがないので、白根大凧合戦が開催されているのを知り見に行きました。国道8号線を南下し会場近くまで行くと、白根小学校のグランドが臨時駐車場になっていて、結構空きがあります。出発する時間も遅かったため帰る車も多く空きがでたのでしょう。車を停め、開場の中之口川へ向かいます。川の右岸に到着です。川の左岸で大凧が上げられています。

白根大凧合戦 大凧

本当に大きな凧が、30~40人に引かれて上がります。さすがに大きいだけのことはあります。ゆっくりした動きで上がっていきます。風がないため引っ張った速度の分だけ上がっているように見えます。

白根大凧合戦 巻凧

大凧が同時上げがなく1枚ずつなのに対して、巻凧は同時にいくつもの凧があげられます。巻凧は、右岸でも上げられます。風によってはすぐ近くまで凧やロープがきます。見ている観客が迫力を感じられるおまつりです。
その後は、露店をひと回りして少しだけ腹ごしらえをしました。

新潟市(旧岩室村)の「多宝温泉 だいろの湯」で汗を流し、温泉玉子を購入しました

そして、このお祭りのもうひとつの楽しみの花火大会です。
打ち上げ場所が田んぼの中なので、近くの農道からの見物です。見物予定の場所に着いたら、さっき購入した温泉玉子を食べながら打ち上げ時間を待ちます。

白根大凧合戦 花火大会

白根大凧合戦 花火大会

白根大凧合戦 花火大会

20時30分から21時までの予定が少しオーバーしましたが、短い時間に集中して見られて飽きずに楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決戦!新潟和牛 vs 越後もち豚

決戦!新潟和牛 VS 越後もち豚

新潟ふるさと村で6月7日~8日開催の『決戦!新潟和牛 VS 越後もち豚』に行きました。
メインは、焼肉丼です。

越後もち豚 焼肉丼
越後もち豚 焼肉丼(500円)

にいがた和牛 焼肉丼
にいがた和牛 焼肉丼(700円)

越後もち豚 とん汁
越後もち豚 とん汁(200円)

にいがた和牛 沢煮椀
にいがた和牛 沢煮椀(300円)

もう、食べれません。
味的には、吉野屋の方が好みかな。
他に、カレー、コロッケ、串焼きなどがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.06

健康食

健康食2008

人間ドックでした。
会場でのとても健康的な食事をいただきました。
今年は塩分控え目で、病院の食事みたいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.05

きんしゃい亭

きんしゃい亭 古町店

新潟市の「きんしゃい亭古町店」です。
古町4番町にあります。結構上手になります。夜だけのお店です何度か探しましたが見つけられるずに閉鎖したもんだとばっかり思っていましたが、昨日のきんしゃい亭駅前店の店主から『古町店やってる。昔、日野屋があった近くと。』と教えてもらいました。奥行きのあるビルの1階の少し曲がった通路を進むとあります。道路からは入口が見えないようになっています。夜はビルの入口に幟がありわかります。昼に幟を下げられたんじゃ見つけることは出来ません。
お店は、入口は普通ですが間口が広めです。奥に厨房、手前にカウンター席、その手前にテーブル席があります。19時過ぎです。常連のお客さんらしい人がビールを飲んでます。
メニューは駅前店と同じで、九州ラーメンとそれらにトッピングを加えたものが中心となります。駅前店では気が付きませんでしたが冷し中華もあります。今日は最初ですので普通のラーメンにしました。

きんしゃい亭古町店 ラーメン

麺は細ストレートで、とても良い食感です。少し硬めに茹でられています。
スープは、とんこつスープです。好みで駅前店と同じバランスがいいです。
トッピングは、チャーシュー2枚、紅生姜がのってます。
さっきまでビールを飲んでいた常連さんが『そろそろ食べて帰るか』てな雰囲気でラーメンを注文しました。『麺は軟らかめで』と伝えています。やっぱり少し硬めに茹でられているのでしょう。
美味しく食べて550円です。オーバーワンコインですがまだまだ満足に一杯でした。

さて、明日は年に数回の昼食にラーメンを食べられない?食べない日です。残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓬来軒

蓬来軒 冷し中華

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路に面しています。お店は、右側に厨房、中央とその手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。12時20分頃です。今日は同僚と3人で来ました。『混んでいてカウンターにバラバラに座るしかないか』なんて話しながら来ましたが、偶然と言っていいのかテーブル席が1卓空いてました。
町の中華屋さんといった感じのメニューがあります。麺類・飯類が揃っています。今日も、さほど暑くはないのですが冷し中華が食べたくて来ました。冷し中華も4種類あります。基本の冷し中華、それらに納豆、玉ねぎ、チャーシューをそれぞれトッピングした冷し中華です。基本の冷し中華にしました。
同僚もラーメンかなと思ったら一人の同僚は炒飯でした。この同僚、なかなかの食センスの持ち主というか好みが一緒なのかも知れませんが、その同僚に進められるお店は本当に美味しいです。最近、あまり紹介してもらえてませんが…。今日も多少時間がかかって出来上がってきました。
麺の上にチャーシュー・生姜・わかめ・トマト・胡瓜・金糸玉子、きざみ海苔などがのってます。
下から麺を取り出し練り辛子を少し混ぜて食べます。
前回の麺は、『極細の縮れ麺でしっかりしています。かといって一般的な冷し中華のような弾力ではなく、日本そばのようなコシがあります。』と紹介させていただきました。今日は、少し弾力が感じられます。茹で時間とかで違うんでしょうか。自分の感覚が違うのかな。
タレは、普通のものですが、おとなしく、味わいのあるものです。しょっぱさとか酸っぱさは押さえ目で、魚介風味ダシが効いた旨味のあるものです。
トッピングは、チャーシュー・生姜・わかめ・トマト・胡瓜・金糸玉子、きざみ海苔などです。なかなか美味しいものです。
冷し中華が740円と最近の800円~850円が当たり前になってきているので安いのかななかなか味わいのあるものでした。蓬来軒は、今のところ値上げはしていません。ラーメン500円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.04

きんしゃい亭

きんしゃい亭駅前店 野菜ラーメン

新潟市の「きんしゃい亭駅前店」です。
無事新潟に帰ってきました。美味しいラーメンを食べたくなってお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その前にカウンター席、その手前に大きなテーブルと小さなテーブルの席があります。
メニューは、九州ラーメンとそれらにトッピングを加えたものが中心となります。お腹も空いていたのでボリュームがあってヘルシーなものをと思い野菜らーめんにしました。
麺はいつもの細ストレートで、とても良い食感です。好みの麺です。
スープは、とんこつスープです。好みでしょうが駅前店のスープが一番好きです。
トッピングは、チャーシュー、茹でたキャベツともやし、ワカメ、紅生姜がのってます。
美味しく食べて650円です。少し値上がりしましたがまだまだ満足に一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京

東京

神奈川にいた頃、東京湾近くを良くドライブしました。当時は倉庫ばっかりと思っていましたが、今はいろんなビルが建っています。
新潟市は“水の都”と言っていますが、お掘りのない新潟市はただの河口の町に過ぎません。東京には、掘りではありませんが運河みたいな船の行き交うものがあります。その周辺は、公園が整備され良い雰囲気になっています。
あ~あ、新潟市の都市計画が良い方向に向きますように!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藩 塩ラーメン

東京モノレール天王洲アイル駅近くの「ふるさと三昧 藩」です。
昨日、今日のお昼をどのお店で食べようかと楽しみにネットで調べて来ました。しかし、単独行動のお昼時間が確保出来なくなりました。悲しいかな立場上お店や食べ物を選べない状態です。昼食を楽しみにしているので悲しいことです。ラーメンも諦めました。
さて、そのお店はビルの中にある居酒屋が昼定食もやっている感じのお店です。お店の前の立て看板に写真入りで昼定食のメニューが紹介されています。4種類の定食があります。写真を見る限りなかなか美味しそうです。
たまにはラーメン以外も良いかなと思って見ると…その中に塩ラーメンと高菜ごはんのセットがあります。昨日の夕食と似ています。味的にはそんなに期待してませんが、ラーメンが食べれるだけで良しとしましょう。ただ、12時45分とお昼時間の終わり頃に店に着いたんで残っているかです。
お店の中に入ると、居酒屋らしく暗い店内の照明です。携帯電話で写真が撮れるかな?こんな時間ですがまだ混んでます。帰るお客も多く、5分くらい待って席が空き座れました。塩ラーメンと高菜ごはんのセットをオーダするとOKです。
お店が混んでいますが、食べ終わってお喋りをしている人が多いんですね。昼定食には、セルフサービスですがコーヒーも付いています。お客の回りが悪いわけです。なんで、すぐに出来てきました。
東京にしてはシンプルないい感じのラーメンです。
麺は、ごく普通の縮れ麺です。特に良いところも悪いところもない平々凡々な麺です。
スープは、塩味のありふれた感じのものですが、ダシが利いていて癖のないなかなか美味しいスープです。あっさりしていて塩味の出し方を下手にいじってないのがいいですね。
トッピングは、魚肉ソーセージと蒲鉾の細切りとワカメです。ないよりはましだけど最悪に近いものがあります。
高菜ごはんはまあまあいけます。きんぴらごぼうの鉢がひとつ付いています。
これに、紙コップコーヒー(hot or ice)が付いて870円です。価格的には良いのですが、トッピングが残念でした。
ラーメン食べれただけでも良かったのに、あんまり贅沢言っちゃいけないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.03

じじ&ばば

じじ&ばば 高菜ラーメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下にあります。居酒屋、ラーメン屋、定食屋のミックスされたお店です。
ビールでも少し飲んで帰ろうかと寄ってみました。
マスターとの会話で、『最近、高菜ラーメンが良く本日のメニューにあるけど』って話になったら、『最近、美味しい高菜漬けが手に入るんで…』ってことで、漬物も漬ける時期や食べる時期ってものがあるんですね。スーパーの漬物を見ると季節感が感じられないと思っていましたが、美味しいものを求めると季節はちゃんとあるんですね。
ということで高菜ラーメンをいただくことにしました。
高菜ラーメンの美味しさは高菜はもちろんですが、スープにあります。高菜漬けと麺を食べるときの高菜の塩分、高菜漬けの塩分のスープに溶け出す具合を考えてスープを予め少しだけ薄めに作るそうです。最初に、麺を食べた時にも違和感がなくて、最後までしょっぱ過ぎることのない美味しい高菜ラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺亭

麺亭 冷し中華

新潟市の「麺亭」です。
坂内小路のイタリア軒近くにあります。古町地区で手頃な値段で中華が食べられる店です。広々した店で、中央と奥が厨房です。中央の厨房部分を囲うようにカウンター席があり、その外側にテーブル席があります。12時20分頃なので、4人掛けのテーブル席は2人ぐらいずつでうまっています。カウンター席はまだ空いています。
カウンター席に座ってメニューを見ると、20円くらいの値上げをしています。最近の値上がりラッシュの中では可愛い値上がりです。ラーメンから中華風麺類をはじめ飯類、一品料理も品揃えされています。日替わりのセットも割安で美味しいのですが。今日は冷し中華にしました。冷し中華は、醤油とごまダレがあります。醤油にしました。
食べているお客がほとんどで、すぐに作り始めました。中華系のお店は手際が良いですね。すぐに出来上がってきました。細切りのトッピングが品良く感じます。
麺は、極細の縮れ麺です。歯応えがありますって言うより噛み切り難い、昔ながらの感触の麺です。以前は、この噛み切り難い麺が嫌いでしたが、最近食べてなかったためか懐かしささえ感じます。細いためタレをいい感じで絡めてきてくれます。
タレは、麺の絡め具合の良さを考えてか、わりと抑え目の味になっています。酸味もきちんとありますがきつさがなく、なかなかいい感じのタレです。
トッピングは、キユウリ、ハムの細切り、錦糸玉子、チャーシュー、ワカメ、紅生姜などで少し多めの胡麻もかけられています。キュウリとハムの細切りの加減がいいです。麺が細目を意識してか歯応えに斑がなく美味しくいただけます。
なかなか品のある冷し中華でした。美味しくいただきましたが、もうひとつボリューム感があればと思います。850円という値段を考えるとまあまあですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.02

濱来た

濱来た らーめん

新潟市の「らーめん 濱来た」です。
新潟駅前、バスターミナルの前の通りの先にあります。万代シティから駅前でと思い万代の共進軒にしようと思ったのですが、月曜日は定休日でした。駅前辺りだと濱来たか濱家か十全あたりなのでそこいらを散策します。濱来たの前に看板のメニューがあり見ていると店員が『今座れます。』とか言って声をかけてきます。まあ、いいかとお店の中へ。13時近い時間でしたが結構お客さんがいます。
お店は、間口が狭く奥行きがあり、左奥に厨房、左手前と右側が仕切りのある向かい合わせのカウンター席だけのお店です。
メニューは、とんこつ醤油とそれにトッピングを加えたもの、いつからなのかは判りませんが塩とんこつも増えています。そして、大盛りか半ライスがサービスとなっています。以前は両方も良かったのですが今はどちらかのようです。学生にはらーめんが100円引きの500円で提供されています。普通のらーめんにしました。入口左脇の食券販売機で食券を購入し店員が、紙おしぼりと水を用意してある席に座ります。店員が麺の太さとサービスの選択を聞きます。細麺の大盛りにしました。
このお店は、店員が若いためか音楽もラップぽいJ-POPが流れていて、客層も若いってのが目立ちます。平均年齢は三吉屋の半分くらいでしょうか。そんなに待つこともなく出来上がりました。
2枚の大きな海苔がちょっと豪華そうに見えます。
麺は、細麺と言ってますが、普通かほんの少し細いかなと見える縮れのあるごく普通の麺です。変に癖のある特徴的な麺よりは全然大丈夫です。
スープは、とんこつ醤油の中でもあまり特徴を出さない万人受けしそうなおとなしいとんこつ醤油味のスープです。以前食べた時は、結構コッテリに思っていましたが、スープの上にほんの少し浮いた背脂程度でコッテリ感を感じられるほどのものではありません。最近、関東を中心にいろんなラーメン食べてるから慣れてきちゃったのでしょうか。
トッピングは、豚バラ一枚もののチャーシュー、メンマ、大きめの海苔2枚、万能ねぎ、焦がしねぎなどです。
しばらく来ていなかったのですが値上がりすることもなく、普通のラーメンが600円と安いことはありませんが、大盛りが600円で食べられると思うと安いかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.01

岩室の稲架木

岩室の稲架木

夕日の時間を目指して新潟に帰ってきましたが間に合いませんでした。と言っても、空気が霞んだような状態のため途中で太陽が見えなくなってしまいました。太陽は沈みましたが空の色が少し綺麗な色になっていました。

ここまで来たんで、だいろの湯に入って帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渓流(一ノ戸川)

おそば屋さんから北上すると、飯豊山の登山口への道があります。山道は傾斜があり、川もまた急勾配で美しい景観を見せてくれます。滝もありますが、木々の緑が多く写真にはなりませんでした。

一ノ戸川

一ノ戸川②

この渓流では、釣りを楽しんでいる人が多くいました。写真を撮っている人もいて会話しましたが、昨日の雨で水量は増えていい感だが水の透明度が落ちているとのことでした。いつも信濃川下流の水を見ているのでとても綺麗に見えたんですがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やま仙

やま仙

喜多方市(旧山都町)の一ノ木地区の「やま仙そば」です。
今回で2回目になります。山菜の美味しい季節になったのでまた来ました。山都そば屋の多くは3日前までに予約を入れなくはいけませ。このお店は予約なしで食べさせてもらえるお店です。田舎の道を進むと山里の集落が現れてきます。案内の看板に従って進むと「やま仙」があります。
普通の古い民家です。茅葺き屋根にトタンでカバーした昔ながらの家です。初冬に来た時は冬囲いがされていましたが、今回は外されていて、そばを食べる部屋(縁側が通路の座敷)が明るくなってます。13時を少し回った時間です。心配をしながら玄関を入り『おそば食べられますか?』と聞くと『どうぞ!』とのこと。手前の4人用の座卓が数卓置かれている手前の部屋に通されました。今回も季節の山菜そばと言うセットメニューにしました。
今日は、前回食べた部屋にカップルが来ています。会話を聞いてると何度か着ていて予約を入れてきているようです。行き当たりばったりの人には出来ないことです。そんなに違わない時間に入ったようで同じタイミングでのオーダになりました。

やま仙 山菜そば(前菜)

自家製こんにゃくの刺身、山菜料理です。こんにゃくの刺身は、軟らかく、こんにゃく独特の臭いもなく、軟らか目の白身魚の刺身のようです。山菜は、いい季節になったのでいろんなものが使われています。

やま仙 山菜そば(天ぷら)

次に天ぷらが運ばれてきました。
旬の山菜の天ぷらです。良く揚がっていてサクサクします。

やま仙 山菜そば(そば)

そして、おそばです。おそばは、繋ぎなしの10割そばです。とても滑らかで、瑞々しく、冷たく、好きなタイプのそばです。最初につゆに付けずに食べてみました。うまい。つゆなしでもおいしいそばです。コシがあり、噛み応えもばっちりです。つゆに付けて食べます。好みじゃないそばはたっぷりそばつゆに付けて食べますが、美味しいそばはほんの少し付けて食べた方が美味しいですね。
つゆは、昆布だし、鰹だしなどが利いた、少し甘みを感じる美味しいつゆです。つゆの時には気が付き難いのですが、そば湯にすると鰹節のいい香りがします。
山菜など季節を食べられて楽しい昼食でした。普通盛り1500円ですが、そば大盛りにしてもらい1700円でした。安いですね。
そば屋さんは一人でやっているとのことですが、元気に続けてくださいね。また来ます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

SLばんえつ物語号

今週は、のんびりおとなしくしてようと思いましたが、朝起きたら天気がバッチリじゃないですか。山菜が食べたいと思っていたので山形県の小国町にでもドライブを兼ねて買いに行こうと思いました。が、気候も良く窓全開で走っていたらSLの汽笛が…。目的地変更、会津方面へ。
西会津から喜多方(山都)に入ります。途中、カメラをセットしている人が見かけられます。カーナビの地図を見ながら良さそうな場所へ。先客1名ですが、会話をするほど近くもないのでぺこりと会釈を交わしてカメラをセットします。さて、問題はいつSLが来るのか判らない。20~30分ほど待ちました。救いは近くに踏切があり、踏み切りの音で列車が来るのがわかる事でした。SLは、スピードがゆっくりなので何枚もシャッターを下ろすことが出来ました。

SLばんえつ物語号

まあまあ面白い写真が撮れたかな。
さらに、喜多方方面に向かうとSLばんえつ物語号が山都駅に停車しています。先回りをしてもう一枚撮ろうと考えました。山都駅を喜多方方面に行くとすぐ鉄橋があります。そこはポイントらしく大勢のカメラマンがいます。大型バスも1台止まっています。すぐにでも来そうなのでそそくさと準備を…。来た~!三脚も使用せずに撮影です。

SLばんえつ物語号

腕が良くなくてもカメラに助けられますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »