« ドライブ 十日町市周辺 | トップページ | 味の時計台 »

2008.09.28

燕温泉

温泉通の知り合いから教えてもらった燕温泉に行きました。
その昔スキーで行ったことがあり、関温泉、燕温泉は知っていました。
教えてもらったのは、無料の露天風呂があることです。
尻焼温泉や川原毛大滝などの無料の露店風呂は、いつでも入れるから好きです。
燕温泉手前の日帰り客用の駐車場に車を停めます。午後7時、辺りはもう真っ暗です。花火の頃の7時はまだ明るさが残っていたのですが…。
懐中電灯を持ち温泉街(?10軒程度かな)に進む(登る)と温泉街を抜けた辺りに案内図がありました。黄金の湯と河原の湯があります。手前の黄金の湯に向かいます。

燕温泉 黄金の湯

黄金の湯は、山の中腹のような温泉で男女別の露天風呂があります。
小さな脱衣室もあります。
他のお客さんはいません。
月明かりもなく、面白みもないので入らずに元の道まで戻ります。

妙高山への勾配の少ない登山道を奥へ進みます。左が山で右が川です。
川が下の方を流れていますが、結構大きな流れの音がします。
少し怖い感じです。
月明かりがないと本当に真っ暗で懐中電灯だけが頼りです。
途中に工事中の箇所もあります。つり橋を渡ります。
川を見たら、水の量は大したことありません。脅かしやがって…。

燕温泉 河原の湯

つり橋を渡ったところに案内の看板があります。
登山道を外れ、川に沿って降りていくと露店風呂がありました。
川の近くで、ここなら川の流れの音を楽しみながら入れそうです。
だれも入っていないだろうと思って進むと人気があります。
『こんばんは』ってあいさつをしながら、露店風呂を照らさないよう足元だけを照らして奥に進むと脱衣籠があります。
露店風呂に入ると中年の男女と中年のおじさんの3人が入っていました。
10人くらいがゆったり入れそうな露天風呂です。
白濁色の硫黄の香りのする好きなタイプの温泉です。
泉質は、ナトリウム・カルシウム・炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉です。
何度か来ている人は今日はぬるいと言っています。
確かに一度入ると出られないぬるさです。
往復の歩きの方が温まるような気がします。
中年の男女が帰るときに判りましたが、露天風呂の手前に脱衣室があります。

|

« ドライブ 十日町市周辺 | トップページ | 味の時計台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/42629254

この記事へのトラックバック一覧です: 燕温泉:

« ドライブ 十日町市周辺 | トップページ | 味の時計台 »