« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008.10.31

じじ&ばば

じじ&ばば ラーメン+天ぷら

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあります。
今週やらなきゃいけない仕事片付けたら遅くなってしまいました。金曜限定のレバ刺しで栄養補給しなきゃとお邪魔しました。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、左側とその手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。夜の8時から翌5時までの深夜型です。
メニューも麺類、定食、中華系一品料理、居酒屋系おつまみ、などあり、飲みから食事まで出来るお店です。麺類は本格的で醤油、味噌、塩、中華系と揃っています。今日の定食は、久々の野菜天ぷら定食です。今回も「玉寿し食堂」のまねをして天ぷらラーメンです。ラーメン+天ぷらをお願いしました。
出来た天ぷらをラーメンの上にのせます。秋はきのこです。舞茸の天ぷらが美味しそう。全部のせ切れません。カボチャとレンコンがのってません。凄いボリュームになりました。
麺は細縮れで、プリプリした歯応えがとても良い美味しい麺です。
スープは、あっさりしていながらも醤油の美味しさがと自然な甘さが伝わるものです。
トッピングは、チャーシューと多めのメンマです。今日はさらに天ぷらがのってます。美味しいスープが染み込んだ天ぷらは美味しい。これはなかなかいい出来です。定食用の天ぷらだったので衣が少し薄いかなって感じはあります。もっと衣が厚ければもっとスープを吸って美味しくなりそうです。
じじ&ばばのラーメンのスープは美味しいから、天ぷらに吸わせてもやっぱ旨いです。
満腹×2!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八珍亭

八珍亭 特製ネギみそラーメン

新潟市(旧巻町)の「味の 八珍亭」です。
新潟寺泊線沿いにあります。お店の前と少し離れた場所2箇所に駐車場があります。13時30分頃に着きました。お店の前の駐車場に空きがあり停められました。
お店は、左奥に厨房、中央が小上がりというか広間というか広いスペース、右側に個室の座敷があります。とても広いお店は、定食屋さんのような雰囲気です。こんな時間ですがほとんどの席が埋まっています。テーブル席で知り合いと話をしていた親父さんが、空いている小上がりのテーブルを案内してくれました。タバコを吸いながらじゃないから多少進歩したのかな?
メニューは、麺類と定食があります。麺類は、醤油と味噌を中心に中華系のものまであります。今日はちょっと奮発して特製ネギみそラーメンにしました。
大きなお店の厨房は能力があります。早い出来上がりです。お店の入口にサンプルがありました。普通はサンプルの方が勝っているのですが、サンプルよりも豪華です。ヤッター!
さて、麺を食べようと思うのですが、野菜炒めとネギに阻まれてなかなか麺に辿り着けません。硬めにゆでられた麺なのでのんびり食べれます。野菜炒めを食べて麺を取り出せるようにしてようやく麺を食べます。太い縮れの強い麺は好みのタイプの麺ではありませんが、なんか美味しく感じます。
スープは、味噌の濃厚タイプですが油が少なくて結構あっりして食べ易いものです。美味しいスープです。
トッピングは、チャーシュー、辛ネギ、たっぷりの野菜炒め、麺よりもボリュームがあります。これこそ味噌ラーメンの醍醐味です。
いやーお腹いっぱいです。って満足感に浸っていたら店員が八珍柿を持ってきてくれました。そういう時期になったんですね。サービスの柿を1個剥いて食べてしまいました。ますますお腹いっぱいです。930円とお高いラーメンですがそれ以上のボリュームたっぷりな一杯です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハロウィーン

ハロウィーン

ハロウィーンです。
一度やってみたかったカボチャの飾りです。
胎内市(旧中条町)の「公園のある直売所 リップル長池」でゲットとしカボチャを子供達に作らせました。ガンダムの目を希望していましたが無視されました。
カボチャ自体は家畜の飼料程度のもので、害はないかも知れませんが普通食べるものじゃないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.30

拾番

ラーメン 拾番

新潟市の「ラーメン 拾番」です。
新潟島の広小路と古町通の交差する近くに本日リニューアルオープンしました。道路拡幅工事のため以前のお店より奥まったところになりました。
お店の外観は、少し入口の場所が変わった程度で昔の印象が残っています。関本製麺の花輪があります。
お店の中は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの小さいお店です。新しいことは新しいのですがそんなに煌びやかにすることもなく、昔のお店の壁が綺麗になったかなって程度です。27時過ぎにお邪魔しましたが混んでいます。開店祝いのお花などが置かれて窮屈そうな端の席しか空いていません。嫌だなあと思っていたら、帰るお客さんがいて普通の席に座れました。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたものと焼きそばです。再開をお祝いしてチャシューメンにしました。このお店もチャーシューって伸ばさない名前です。

拾番 チャシューメン

注文したらすぐに作り始めて、早く出来てきました。昔と全然変わっていません。
麺は、細縮れのシコシコした癖のない食べ易いものです。
スープは、醤油と言うより塩に近い澄んだあっさりしたものです。
トッピングは、大きなチャーシュー5枚と浅漬かりのメンマとシンプルなものです。
依然と同じ、あっさりしたラーメンがワンコイン、チャシューメンが750円と深夜のお店とは思えない値段で食べられます。再開おねでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茉莉蔵

茉莉蔵 味噌らーめん

新潟市の「麺屋 茉莉蔵」です。
駅南けやき通を西に向かい突き当たりを左に曲がったところにあります。
お店は、間口が狭く奥行きのあります。入ってすぐ右側に厨房、厨房に向かってカウンター席、奥の左側にも壁に向かうカウンター席、奥の右側にテーブル席があります。12時ちょうどに着きましたが、席が6~7割ほど埋まっています。手前のカウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、醤油らーめん、味噌らーめん、塩らーめん、坦々めん、味噌つけめんとシンプルですが揃っていて、トッピングも味付玉子、のり、ねぎ、岩のり、チーズ、辛ねぎ、めんま、チャーシューと用意されています。組み合わせればかなりのバリエーションになります。過去に秋味そばというメニューを出したこともありましたが、今年はないようです。まだ食べたことのない味噌らーめんにしました。平日ランチタイムサービスの半ライスもお願いしました。
すぐに作ってもらえたようで早めに出来上がりました。和の感覚の雰囲気の良い黒い器に味噌の色が美味しそうです。
麺は、やや太の普通の縮れ麺です。食べるとモチモチ感があります。味噌ラーメンらしい美味しいめんです。味噌ラーメンというと太麺が多いのですが、これぐらいまでにしてもらえばって思います。
スープは、赤味噌と白味噌の合わせで、赤味噌寄りかなと思います。味噌の美味しさがガンガン伝わってくる濃厚なスープです。適度な甘さもありなかなか美味しいスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、挽肉ともやしの炒め物、白髪ネギと万能ネギです。
サービスの半ライスは、新米なんでしょうか。とても美味しいご飯です。
しっかりした美味しい味噌らーめんでした。730円は、チャーシュー、メンマがトッピングされていることを考えるとなかなかいいんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.29

青島

青島西掘 チャーシューメン

新潟市の「青島 西堀通店」です。
新潟市の新潟島は西堀通り、イタリア軒の並び下手寄りにあります。
寒くなってきました。今週は、良くない天気が続いています。新潟の冬を思わせる天気です。こうなるとラーメンが美味しい季節です。スタンダードに青島です。
お店は、奥行きがあり入口を入ってすぐ左に食券販売機があります。右側に広い厨房があり、左側と手前のカウンター席だけの広いお店です。あまり飾り気のないラーメン専門店らしいお店です。お昼の12時30分に着きました。寒くなってきたので混んでるかなと思いましたが、半分くらいのお客の入りです。雨がふっているためでしょうか。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピング等の追加です。好きな1スープで勝負しているお店です。あまりお腹が空いていないのでラーメンにしようかとも思いましたが、それだけじゃつまらないので久々にノーマルなチャーシューメンにしました。カウンター席に座り食券を前に出し待ちます。
お客が少ないこともあって一人前の麺をゆでています。珍しいことです。すぐに出来上がってきました。
いつも通りの醤油色のスープと多めのチャーシューが美味しそうです。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で、見た目も特徴のあるものではありまが、ツルツル&モチモチ感と旨味と噛み応えのあるバランスの取れた美味しい麺です。スープとの相性も抜群です。
スープは、ちょっとしょっぱいかなと思えるほど醤油色が濃い透き通ったスープです。生姜のすっきりした味です。醤油の旨味を引き出したスープです。今日は、いつもよりしょっぱく感じます。体調のせいでしょうか。
トッピングは、旨味・硬さ・弾力も楽しめるチャーシューがたっぷり、細く硬めのメンマ、ほうれん草、海苔、鳴門です。
ラーメン600円、チャーシューメン100円UP、大盛り50円UPなんで大盛りにしてしまいがちですが、チャーシューメンの普通盛りもバランスが良く美味しく食べられます。やっぱ旨いわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.28

飛雄馬

飛雄馬見附店 味噌背脂入り

見附市の「らーめん飛雄馬 見附店」です。
国道8号線PLANT―5近く、日産ブルーステージの裏にオープンしました。「ラーメン たなかや」があった場所です。午後8時頃に着きました。お店の前と脇にある駐車場は、結構停まっています。空きもあり車を停めお店の前に進みます。お店の入口脇に食券販売機があります。
メニューは、見附店オリジナルのとんこつ魚粉入りがあります。オリジナルって聞くと食べたくなりますが、魚粉が好きじゃないのでパスです。他に味噌、塩、あっさり醤油とそれらに背脂やチャーシューを加えた組み合わせの定番があります。さらに10月28日からのメニューの三条系背脂らーめんがあります。今日じゃないですか。説明に“麺が太いので時間がかかります”のようなことが書かれています。食べようかとも思いましたが、800円という値段で食べたさが半減してしまいました。飛雄馬の好きなメニューの味噌背脂入りにしました。
お店に入ります。奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側少し離れて小上がりがあります。カウンター席が空いていたので座り、食券を渡します。麺の種類を選べます。メニュー毎に標準で使う麺は決まっていますが変更できます。今まで味噌背脂入りを何度か食べていますが、細麺で食べてみようと思っていて言うのを忘れて標準の太麺ばかり食べていました。今日は、細麺でお願いしました。
食券販売機のところの貼紙には、太麺が14番で細麺が20番を使っているとのことです。
ラーメンが出来てきました。美味しそうな味噌らしいスープの色が食欲をそそります。
麺は、普通より少しだけ細い縮れで、スープを上手く絡めてきます。背脂も絡めてくるので少しコッテリ感も強くなります。
スープは、赤味噌と白味噌の中間ぽいもので、味噌が味わえるものです。程良い甘さもあります。背脂とも相まって濃厚なスープになっています。
トッピングは、角煮かと思わせるような塊のチャーシュー2個、メンマ、もやし、半熟卵半個です。とても充実しています。
700円でこれだけ楽しめるんですから凄く得した気分です。見附店は場所も良いので流行るでしょう。食べ終わってしばらくしてから感じましたが、夕食には少し重たかったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸木屋

丸木屋坂井輪店 らーめん(大盛)

新潟市の「らーめん 丸木屋」です。
西区は大堀幹線沿い、坂井東交差点近くにあります。ログハウス風の小さなお店です。新潟島本町の下手にオープンしたお店が坂井輪店を出し、本町のお店を閉めたため、移転したような感じになりました。13時過ぎに着きましたが駐車場が満車です。少し待つと帰るお客さんがいて車を停められました。
お店は、左に厨房、厨房向き中央と右側手前窓向きにカウンター席、右側中央から奥にかけてテーブル席があります。結構お客さんがいますが、カウンター席奥に空きがあり座れます。
メニューは、らーめん、ちゃーしゅーめん、うま辛麺、胡麻もやしらーめんがあります。壁に掛けられた板に書かれたメニューは、値段のところだけ紙が貼られ開店当初から50円値上がりしています。本町にお店があった時は良く行ってましたが、坂井輪になってから足が遠のいています。久々なんでらーめん(大盛)にしました。
本町にいるときから変わらない店主と女将さんです。その当時から変わらずジャズが流れています。ちょっと落ち着いた雰囲気で待っているとらーめんが出来てきました。
変わらない優しさを感じます。
麺は、ごく細の縮れでシコシコした美味しい麺です。
スープは、醤油と塩の中間のような色合いです。動物系、魚介系、野菜の天然ダシのやさしい物で、どれも出しゃばることなくバランスが良いものです。以前のスープよりとろみも少なくあっさりしていて、甘みも抑えているように感じます。
トッピングは、やや軟らかめのチャーシュー3枚、メンマ、ほうれん草です。
普通盛り550円で、大盛なので650円になります。細麺の優しいらーめんでした。好きなラーメンのひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.27

うだつや

うだつや 味噌らあめん

新潟市の「麺商 うだつや」です。
東区の山ノ下地区の商店街の通りにあります。
3年前のオープン当時に1度お邪魔して以来の訪問になります。その時は、製麺所の人と試作の新しい麺をゆでて食べ比べしていました。
お店の前に3台分の駐車スペースがあり、空いてたので停めることができました。道路も交通量のわりに広いので路駐の人も多いようです。
お店は、黒い柱に白い壁とシックな外観です。お店の中も同様で、中央の厨房を囲うようなカウンター席だけのお店で、黒いカウンターと厨房内のステンレスの輝きがちょっと格好いいかなと思います。12時30分前に着きましたが7割くらいの席が埋まっています。
メニューは、らあめん、たんめん、味噌らあめんです。オープン当初はらあめんだけでしたが、3つのメニューになっています。らあめんが550円とオープンから値上げしていないようです。まだ食べていない味噌らあめんにしました。
壁には、ばんげメニューなる夜のおつまみが貼られています。結構、豊富で本当に飲めそうです。後から主婦らしき2人連れが来ました。良く見るとサラリーマンと主婦のグループのみでした。
味噌らあめんが出来てきました。
凄く濃厚そうな味噌ラーメンです。メニューの説明にコッテリとんこつと書かれていました。油は多くありませんがかなり濃厚な見た目です。
麺は太縮れでモチモチ感もあり、味噌ラーメンに良く使用されている麺です。
スープは、運ばれてきた時に味噌のいい香りがしましたが、見た感じはシチューのようなとろみ具合でとんこつの濃厚さが感じられます。食べてみるととんこつ味噌で麺に絡み易くて美味しく麺がいただけます。ただ、残ったスープを飲もうとすると少し抵抗があります。
トッピングは、味付けが魚缶の水煮のような好みじゃない味付けのチャーシュー、メンマ、炒められたもやしです。醤油ラーメンのようなこのトッピングは好きです。味噌でもチャーシューの1枚やメンマは食べたいですからね。
680円と今では手頃な値段で、トッピングもまあまあ。スープが好みと違うけど不味いとかじゃないし、たまにはこういうラーメンもって感じでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.26

一風堂

一風堂新潟店 白丸元味

新潟市にオープンした「博多 一風堂 新潟店」です。
新新バイパス弁天橋インターのすぐ南よりです。
10月25日(土)にオープンしましたが、行くことができずに本日になりました。
駐車場は、思ったより広くしっかりしていて、本気でお店を出したんだということが解ります。夜の24時30分頃に着きましたが、駐車場は60%の駐車率ってところでしょうか?
お店に入ると、お店は広々しています。奥に厨房、厨房手前にカウンター席、さらにその手前に配膳スペースを囲うようにカウンター席、左側と手前にテーブル席があります。お店の中はこの時間にしては入っています。っていうか開店当時ならまあまあの入りでしょう。
メニューは他のお店と同じもので、白丸元味、赤丸かさね味が中心になっています。本来の味である白丸元味(かた麺)にしました。
スタッフも大勢いたので早くできてくるかなと思いましたが普通です。
普通よりも小さめの器に、盛られてきました。
麺は、ごく細のストレート麺です。噛み応えの良い美味しい麺です。
スープは、まろやかなもので油も少ないとんこつらしい美味しいスープです。
トッピングは、チャーシュー、きくらげ、もやしなどです。
替玉は、バリかたでお願いしました。
テーブル上には、辛いもやしや辛口高菜などいろんなものがあります。
750円のラーメンに替玉で100円アップの850円と少しお高いラーメンでした。よく利用できるラーメン屋さんではありませんが、たまにお邪魔するには良いラーメン屋さんでしょう。

開店祝いの手拭い、餃子お試し券、替玉無料券を頂戴しました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

燕温泉

燕温泉 河原の湯

栃尾から守門→六日町→十日町市→飯山→斑尾高原経由の燕温泉の河原の湯です。今日も遅かったので独占浴でした。まわりは紅葉しているのかな?
雪が降ると入れなくなるので入れるのはあともう少しですね。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

栃尾地域農業まつり

栃尾地域農業まつり

FM PORT復興応援キャンペーン「hand in hand」から栃尾に飛びました。
道の駅R290とちおで開催されている「栃尾地域農業まつり」です。大きいなイベントはほぼ終了しています。やっているのは、子牛や羊やウサギなどの動物ふれあいコーナーと焼いものふるまいだけです。農産物などの試食会と販売がされています。たこ焼きなどの露店も出店していますが暇そうです。人気のお店は、道の駅R290とちおで通常営業している油揚げ屋さんです。

道の駅R290とちお ねぎ付き油揚げ

揚げたての油揚げが、250円です。ねぎ付きの300円のものをいただきました。
これでは、お祭りの食べ物系の露店がかないません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM PORT復興応援キャンペーン「hand in hand」

FM PORT復興応援キャンペーン「hand in hand」

FM PORT復興応援キャンペーン「hand in hand」が開催されたので行きました。
場所は、アピタ新潟西店1F 多目的広場です。
遠藤まりさんとHiroeさんの新潟在住ナビに加え、JIROさんが東京から掛け付けてMCをしていました。3人というのも凄いですね。

FM PORT復興応援キャンペーン「hand in hand」 ステッカー

いただいた新ステッカーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

収穫感謝祭

リップル長池

胎内市(旧中条町)の「公園のある直売所 リップル長池」で開催された収穫感謝祭です。場所は、日本海沿岸東北自動車道中条インターチェンジから海岸方向に向かったところです。農産物の直売施設です。
そして目的は、『味自慢 お寺様 こだわりのラーメン』というイベントです。
お寺様は、精進料理をはじめ独特の味の文化をもっています。その磨かれた味の感性で作られたラーメンということで非常に興味深く、楽しみにしていました。
11時~13時で限定250杯ということですが、まあ全然大丈夫だろうと思って出掛けました。11時45分頃会場到着です。会場の受付でラーメン代300円を払い整理券をもらいます。105番です。結構、売れてます。ラーメンを作っているところで引き換えかと思って行きました。住職らしい方が、女性スタッフと次々とラーメンを作っています。それを配膳する女性スタッフがテーブルに持って行きます。運んでくれそうなので、テーブル席の空きで待ちます。
年配の方が多く聞こえてくる話では、料理が美味しいことで名の知れたお寺様が今回作っているようです。これは楽しみです。番号順に運ばれてきます。5分くらいで出来てきました。

リップル長池 ラ味自慢 お寺様 こだわりのーメン

300円という値段を考えてそう量は多くなく半玉くらいかなと思っていましたが、ズシリと重さがありしっかりしたラーメン1杯です。新潟ラーメン博の高い値段に慣らされてラーメンの値段感覚が麻痺していました。
麺は、やや細の縮れでモチモチ感のある麺ですが特にどうこうではなく、どこかの製麺屋さんに作ってもらったような麺でしょう。
スープは、醤油と塩の美味しいとこ取りしたような感じで、あっさりしていますが深い味わいがあります。昆布や煮干しを中心とする魚系だと思いますが、とても美味しいスープです。
トッピングは、チャーシュー大小2枚、メンマ、海苔です。
旨いラーメンです。これが300円ですか。お金の価値が上がったようなというか、今までのイベントで食べたラーメンは何だったんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.25

じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン(辛口)

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあります。
仕事から帰ってきたら、帰る足がなくなる時間となりました。タクシーに乗るなら少しアルコールもいいかなとお邪魔しました。
じじ&ばばのメニューで食べるんならこれでしょう!ってことでマーボーメンです。今日は、辛口にしてみました。
麺は、細縮れなので麻婆のあんかけを絡めてきます。細麺が好きなので最高の組み合わせです。細くてもしっかりとした歯応えのある麺です。
スープは、癖のないコクのあるもので麻婆ともマッチします。
麻婆のあんかけが美味しいですね。しょっぱさ、辛さ、甘さがバランスよく、豆腐と食べると美味しく麺と食べても美味しい好みの麻婆です。ちょい辛が一番食べ易いと思いますが、この辛口の辛さもなかなかいい感じです。
〆にしてはちょっとボリュームあります。でも、美味しいから食べたくなる味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土佐屋

土佐屋宮内店 背脂味噌ラーメン(大盛)

長岡市の「らーめんの土佐屋 宮内店」です。
南中央通りの宮内駅近くにあります。そう、宮内ラーメン激戦区に魚沼市(旧堀之内町)から支店を出したラーメン屋さんです。何を食べても美味しい店(好みの味の店)が何店かありますが、その中の1店です。
12時過ぎに到着です。お店横の駐車場は広く余裕で停められました。入口が風除室になっていて食券販売機が置かれています。いつもなら並んでいますが、今日は空いてます。
メニューは、醤油、塩、味噌とそれらに背脂、チャーシューを加えた組み合わせになっています。土佐屋ですきなのは、醤油と味噌です。背脂入り味噌の中盛・大盛の食券を購入、特に好きな組み合わせです。
お店の中に進みます。お店は、奥に厨房、中央に配膳スペースを囲うようなカウンター席、左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。今日は、人数がいたのでテーブル席です。店員が来て食券を持って行きます。大盛りを告げ背脂味噌ラーメン(大盛)のオーダ完了です。
そうです。普通盛りはそれだけですが、中盛りと大盛りはどちらも同じ値段なので食券を渡す時に告げる必要があります。新潟県内のラーメン屋さんは、この量について2分されています。普通はほぼ良いのですが、中盛り・大盛りっていうお店と大盛り・特盛りっていうお店があります。大盛り1.5玉が一般的だと思うので、大盛り・特盛りっていうのが良いかと思うのですが、牛丼の吉野家の真似みたいで…。
お客さんが増えてきて並びになりました。お客さんの出足が遅かっただけのようです。ラーメンも早く出来てきました。一緒に人で普通盛りにした人もいますが、器の大きさの違いが歴然としています。
そして、器の中は背脂の色で白っぽくなっていて味噌ラーメンには見えません。
麺は、普通の太さの縮れです。食感の良い美味しい麺です。
スープは、しっかりした味噌味です。それも塩がしっかり効いた味噌です。背脂が浮いているためか色・味とも白味噌風なんでギャップがあります。背脂がまろやかさを感じさせますが、味噌の風味と甘さもきちんと感じることができます。背脂の溶けたものでしょうか、油も多めに浮いてます。
トッピングは、チャーシュー2枚、メンマ、もやし、海苔、水菜が乗っていいます。
チャーシューは脂身の少ないものですが、程良い歯応えがありほんのり染みた味とスープの味が混じって美味しく食べられます。もやしも麺と一緒に食べるといい触感です。メンマは、普通の硬さですが歯で噛み切り易い、噛んで気持ちの良いものです。水菜も彩と野菜の香りがさわやかな感じを与えてくれます。
美味しいラーメンでした。背脂の味噌の大盛りで880円は妥当な線でしょうか。帰りにアイスのサービスを貰おうかとしましたが、並んでいる人がアイスケースを塞いでいたのと隙間から見ると美味しそうなのが見えなかったので諦めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.24

泉貴

泉貴 味噌野菜らーめん

新潟市の「拉麺家 泉貴」です。
新幹線の高架下、女池から新和町の中間あたりにあります。
過去に1度お邪魔して今回が2回目になります。
お店は、間口の広く奥に厨房、手前にカウンター席、左側に小上がりがあります。12時少し前に着きました。駐車場が結構混んでが、お店の前に停められました。お店の中もそこそこお客さんが入っています。
メニューは、醤油らーめん、味噌らーめんとそれらにトッピングを加えたもの、前回訪問時から追加になったぴりからみそがあります。前回は醤油らーめんを食べて、あっさりした美味しいラーメンだった記憶があります。今回は、味噌野菜らーめんにしました。
ちょうどオーダした時には、他のお客さんのラーメンを作り終わったところで、すぐに作ってもらえました。
店内に貼ってある説明には、2種類の味噌に自家製味噌をブレンドしているとのことです。見た感じは白味噌寄りの好みの味の予感がします。
麺は、普通の太さの縮れ麺でプリプリ&ツルツルした美味しい麺ですが、スープとの絡みがもう一つでしょうか。少し薄味に感じます。
さてそのスープは、味噌とは思えないほどサラサラしています。このサラサラが、麺との絡みをもう一つにしているのかも知れません。この手のスープは味噌の美味しさが物足りないのが一般的ですが、美味しいスープです。白味噌寄りなんですが、田舎味噌のような味わいもあります。好きな味噌ラーメンの代表格の古潭にも似てるような感じがします。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・きくらげ・筍・ニラなどの野菜炒め、チャーシュー、コーンです。ボリュームがあります。
美味しいスープで麺も美味しい。もう少し細い麺でも楽しめそうです。値段も840円と安くはありませんが、とても満足の一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.23

慶楽

慶楽 担々麺

新潟市の「慶楽」です。
新潟グランドホテルの中華料理店です。
ホテルの中の中華料理店と言うことで雰囲気がちょっと違って違和感がありますが、これも慣れでしょうか。何度かお邪魔している間にあまり気にならなくなってきました。12時過ぎに入ったのですが、そこそこお客さんが入っています。ホテルなんでイベントの有無に左右されるんでしょう。
メニューはそれなりにあります。麺類は、夏の冷し関係が終わり通常のものに戻っています。今回は、まだ食べたことのない担々麺にしました。こういうところの担々麺はどんなものでしょうか?
程好い時間が過ぎたところで、担々麺が出来上がってきました。今回の器は中華料理店らしい形のものですが、あまり見かけない黒い器です。担々麺らしい赤い色のスープと青梗菜の緑が対照的です。
麺は、普通の太さ普通の縮れ具合のものです。ツルツルした感じの表面であんかけの麺とは違ったものです。噛み応えも良く美味しい麺です。
スープは、担々麺らしい辛さ、甘さ、しょっぱさ、まろやかさのバランスの取れたものです。特に辛さは、気持ち辛めかなと思うくらいです。そして、普通のラーメン屋さんと少し違うのが程好い酸味もありところです。
トッピングは、青梗菜、もやし、挽肉のそぼろ、ねぎを小さく刻んだものです。
メニュー自体は980円となっていますが、サービス料等で1078円になります。ラーメン店や街の中華屋さんで食べるのに比べりゃ高い昼食になりますが、ホテルの中華料理店の雰囲気を食べたと思えば安いものかもしれないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.22

いっとうや

いっとうや 辛つけめん

新潟市の「ラーメン いっとうや」です。
紫鳥線の旧市民病院近く、セブンイレブンの裏です。
最近、いっとうやの食べていないなあと思いお邪魔しました。
お店は、右に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、手前にテーブル席、奥と左側に小上がりがあります。12時前に着きました。お客さんは結構入っていますが、駐車場もカウンター席も空きがありました。開店当時の混み具合は緩和されたようです。
メニューは、醤油、かさね醤油、つけめん、辛つけめんとそれらにトッピングを加えたものがあります。開店当時から変わっていません。値上がりもしていません。普通のラーメンの方が好きなんですが、まだ食べていない辛つけめんも食べてみたいしで少し考えました。大盛りが追加料金なしとのことなので、辛つけめん(大盛)にしました。
つけめんなんで多少は時間がかかるかなと思いましたが、早く出来てきました。
麺とつけ汁のシンプルな姿で登場です。
麺は、太く平たいものです。ほとんど縮れがありません。きしめんよりひと回り太く感じます。なかなかコシの強いものですが、歯切れが良く食べ易いものです。麺の量は見た目では普通かなと思いますが、なかなか減りません。大盛りは、結構ボリュームがあります。
つけ汁は、赤みのある辛そうなものです。まろやかでコクのあるものです。魚介系の風味もあります。そして、辛みですが、食べたときと後からも増して辛味がきます。小辛・中辛・大辛・激辛なんて段階付けをしたら中辛くらいでしょう。一般的な辛さとして辛めだと思います。また、分厚い器を使っているので、麺を入れて下がったつけ汁の温度が休めると温まります。
トッピングは、麺には糸唐辛子、つけ汁には大きなチャーシューが器の内側周囲にあり、中にチャーシューの小片、極太メンマ、半熟味玉半個、海苔なども入ってます。大きな焼きの入ったチャーシューです。
つけめんはそんなに食べないのですが、これはなかなか楽しめました。700円で大盛りまで食べられるのがありがたいです。
開店時の混みが緩和されたためか仕事のリズムが出来てきたのか?店主や店員のあいさつと笑顔がとっても良いお店になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.21

ラー戦場

ラー戦場 おいも

埼玉県大宮駅前のそごうデパート9階レストラン街にある「ラー戦場」です。
1軒のラーメン屋で4人の職人の違ったラーメンを食べれるお店です。人気が出て評価されると勝者として卒業できお店を持てます。評価されないと退場させられます。
新潟出身職人“渡辺豆吉”の応援と秋のラーメンを食べたくて訪れました。お昼12時に着きました。そごうは「秋の大北海道展」をやっている関係でしょうか?混んでいます。レストラン街も混んでます。特にお寿司屋さんなんかはかなり並んでいます。
ラー戦場もいつもよりかなり混んでますが、並ぶほどまでは至っていません。入口に食券販売機があります。メニューは各職人とも5種類。“渡辺豆吉”は醤油豚骨が中心となっていて、その中に季節物もあります。“秋の野菜たっぷりタンメン”と説明のあるおいもです。芋は、好きっ!てほどでもありませんが嫌いでもないのでおいもを食べてみることにしました。食券を購入し店員に渡すと4人の職人がラーメンを作っている前のカウンター席と広いフロアー内のテーブル席があるのですが、“渡辺豆吉”が作っている前のカウンター席に案内されました。
周りに誘い合わせて来たおばさま達が何組かいまして、まあ賑やかなこと。さほど時間もかからず出来てきました。外側が黒く内側が白い、魚介とんこつと同じ器に盛られてきました。
麺は普通の太さの縮れで、プリプリした触感の楽しい美味しい麺です。
スープは、白濁色のとんこつらしいまろやかな美味しいものです。結構薄味です。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・さつまいもの炒め物です。さつまいもっていうのが珍しいです。そんなにさつまいもが好きじゃないのでどうかなと思います。ラーメンにはあんまり合っているようにも感じません。
900円と少し高価なラーメンです。もうひとつ秋らしいものが欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.20

萬来

萬来 チャーシューワンタン麺

柏崎市の「中華料理 萬来」です。
国道8号線のバイパス半田交差点の角にあります。
お店は、右に厨房、中央寄りにカウンター席、左側にテーブル席、左奥に小上がりがあります。定食屋さんといった雰囲気のお店です。お昼の12時過ぎに着きましたが、ほぼ席が埋まっている状況です。小上がりに空きがありました。
メニューは、麺類、ご飯物、一品料理と中華料理が揃っています。そしてこのお店の名物カツカレーです。その盛りの良さで有名なお店ですが、他のメニューもボリューム満点です。麺類も町の中華屋さんといった手頃なものから中華店らしいものまで揃ってます。食べたことないメニューを同時に2つ味わえるチャーシューワンタン麺にしました。
混んでいますが、そんなに時間もかからず出来てきました。
分厚いチャーシューが印象的なチャーシューメンです。???。ワンタンがチャーシューに隠れて見えません。でも、他の中華系メニューと違って器からこぼれ落ちそうな具合じゃないので安心しました。
麺は、普通の太さの縮れの弱いもので、味的にはそうめんなんかに近いように感じます。特に美味しいとかいう麺ではありません。
スープは、醤油のあっさりしたものでやや薄味タイプのものです。生姜が少し効いてるかなって感じで爽やかです。
トッピングは、大きく分厚いチャーシュー、メンマ、鳴門、蒲鉾、わかめ、ワンタンです。チャーシューは、歯応えのあるものを分厚く切っているのでとても硬く感じます。新潟県内で一番硬いチャーシューでしょう。一切れでもそこそこのボリューム感のあるものが、5枚ですからそれだけでもある程度お腹に応えます。その下のワンタンはごく普通のワンタンです。どでかいワンタンだったどうしようかと思いましたが安心しました。でも、ワンタンの量も多いのです。普通のワンタンメンの倍くらいは入っているでしょうか。
チャーシューワンタン麺…。期待を裏切らず、いや期待以上のボリュームでした。2種のトッピングをドーンと楽しめて850円と経済的です。満腹満腹。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.19

収穫感謝祭

収穫感謝祭

こんなの見つけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鈴ヶ滝

鈴ヶ滝

村上市(旧朝日村)の「鈴ヶ滝」です。
日本の滝百選に選ばれています。
昨年暮れに行った時には、雪で滝の近くまで行くのを断念しました。
今回は、無事に見易いところまで到着です。
綺麗な滝です。
ってのんびりしてたら暗くなってきました。

星座 20081019

せっかく真っ暗で明かりのないところなので星空観賞です。
写真も撮ってみましたが、上手く撮れないですね。
勉強してリベンジしなくちゃ…です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩船大祭

村上市の「岩船大祭」です。
今年、村上大祭に行き『村上のおまつりに行ったぞ』って思っていましたが、村上には村上大祭と岩船大祭があるんですね。っていうことで見に行ってきました。

岩船大祭 岩船港

港側の粟島航路近くに臨時駐車場があり、車を無料で駐車できます。駐車場から港の船をみると大漁旗が風になびいています。

岩船大祭 屋台巡行

村上大祭がオシャギリ毎に動いてるのに対し、岩船大祭は屋台が行列を組んで移動しているように見えました。並んだ姿はなかなか絵になります。

岩船大祭 御神輿巡行

御神輿の巡行など神事も、しっかりあるんですね。

また、お祭りを見ていると見ている所に家の人から声をかけられます。『休んでいって下さい。』てな具合にです。お客さんをもてなすっていう文化が根付いているんですね。屏風やひな祭りを見せるのもありますし…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.18

あごすけ

あごすけ 醤油麺

上越市の「麺屋 あごすけ」です。
国道18号線からジャスコを目印に市役所方向に進み、最初の信号を右折して少し進んだ右側にあります。
お店は、左側に厨房、手前と中央にカウンター席、右側にテーブル席があります。木を活かしたちょっとレトロな雰囲気と綺麗に手入れされている厨房のステンレスの反射が対照的です。20時30分過ぎで閉店も近くなった時間に着きました。お店の外までは並んでいませんが、お店の中で前に4人ほど並んでいます。時間が時間なんですぐに座れました。
メニューは、醤油・塩・醤油とんこつ・塩とんこつ・醤油背脂とそれらにチャーシューを加えたものです。期間限定メニューは、秋メニューの爽辛麺という塩味を辛めにしたようなメニューがありますが、塩用の鶏チャーシューがなくなったため不可とのことで醤油麺にしました。お腹が空いているので豚めしもお願いしました。
今日は、燕温泉川原の湯から降りてきてもラーメン屋さんが選べる時間帯に上越に入ることができました。8時頃までだと結構お店も選べますが、それ以降は限られます。それでもあごすけがやっている時間でよかった。
待っているお客も少なく早めに出来てきました。結構シンプルな感じです。
麺は、自家製麺のやや太のストレート麺です。ツルツルした触感とモチモチした歯応えはやっぱりやや細目のパスタを食べているような感じです。このままもう少しだけ細く縮れの入った麺も食べてみたいと思います。
スープは、店の名前の由来となったアゴダシです。魚系の風味が良い醤油のさっぱりとアゴダシのコクとうま味がマッチして、とても美味しいスープに仕上がっています。
トッピングは、箸で持ち上げようとすると壊れる軟らかなチャーシュー、メンマ、江戸菜、海苔がのってます。

あごすけ 豚めし

豚めしは、たれの味とねぎの香りのお陰で美味しく食べさせていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

苗名滝・笹ヶ峰

今日の目的地の苗名滝です。
行きたいと思っていましたが、時間と天気が一致しなくて初めて来ました。
駐車場も広く、駐車場からの道も整備されていてとても簡単な道のりでした。
でも、人が多い。ビックリするほどの人です。
登山道風のゆるやかな道を登ると滝が見えてきます。

苗名滝

滝の前にあるつり橋が絵になってます。
大自然なんて見方すると邪魔かもしれませんが…。
まだ、滝の両サイドの木は紅葉していませんでした。
上部が紅葉しています。
NDフィルター使用+82秒のシャッター時間で人はほとんど消えました。

笹ヶ峰のもみじ

もう少し紅葉を楽しもうと笹ヶ峰へ奥の未舗装路を進むと紅葉が綺麗です。
霧か雲かが完全に取れなくて、遠い山の紅葉は写真になりませんでした。

ここまで来たら、帰りには燕温泉の川原の湯でのんびりさせていただきました。
星が、めっちゃたくさん見えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃の木亭

桃の木亭 火打ラーメン

上越市板倉区(旧板倉町)の「桃の木亭」です。
新井柿崎線から東の山手寄りにあります。上手く説明できません。
古びた温泉にでも来たような雰囲気です。板張りで日本風なのか西部劇の田舎風なのかというような感じです。広い駐車場の奥に木の門があり、提灯があるお陰で判ります。営業中の大きな看板が判り易く助かります。
お店の中に入ると、殆どが木で秘湯のロビーか山小屋のような雰囲気です。右奥に厨房がありその左寄りと手前にカウンター席があります。腰高の窓の位置で空いていますが、それ以外は木の壁で仕切られています。左側には、20畳を超える2間の和室があります。4~6人座れる座卓が10卓ほどあります。12時30分過ぎに着きました。席が半分くらい埋まっているくらいです。家族連れが多いです。入口近くの戸棚を空けコップを出し、冷蔵ケースの中の水を注いで席に着きます。
メニューは、ラーメン、うどん、そば、天丼に加え、サイドメニューかおつまみようなものもあります。ラーメンは、醤油、塩、味噌味があり、醤油と味噌には辛いものがあります。さらに味噌には1番から5番までの段階が選べるようになっています。醤油系、辛醤油系と食べてきました。今回は、塩系の火打ラーメンにしました。テーブル席の上に置かれた紙に、自分の苗字と食べたいラーメンを書いて店員に渡して注文完了しました。
田舎風の雰囲気を味わっていると…と言いたいんですが、近くに座った子供の元気いいこと、親の代わりに叱ってやりたくなりそうです。最近は、変な親も多くて…。
ラーメンが出来てきました。大きめの味わいのある器に入ってきました。
白菜のあんかけが美味しそうです。
麺は、普通の太さの縮れの弱いストレートに近いものです。美味しい麺です。
スープは、あんかけと混じっていて判り難いのですが、あっさりした中華料理っぽいものです。と思いましたが?食べているとスープがあんかけそのものかとも思います。いずれにしてもとてもあっさりしていながら味わいのある美味しいスープです。
あんかけは、白菜、人参、きくらげ、エビ、イカ、タコ、ホタテなどの海鮮風のあんかけです。白菜が根に近い厚い部分から芯に近い軟らかいところまで入っていてとてもいいですね。海鮮は、それなりに入っていますが、切り方のせいでしょうか中華系のような豪華さがもうひとつ感じられないのが少し残念です。
いやいやなかなか美味しいものでした。840円と値段もそこそこしますが、十分楽しめるものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM Port セーフティドライブキャンペーン

FM PORT セーフティドライブキャンペーン

今月のFM PORT セーフティドライブキャンペーンは、出雲崎町の道の駅「越後出雲崎 天領の里」からです。今回は、野沢直子さんです。復活後初めて見ました。凄く元気そうな顔で安心しました。出雲崎からのGOOD MORNING PORT CITY Saturdayの中継は、やはりタコでした。

元気一番“生”テレビSP

道の駅では、他にTenyの元気一番“生”テレビSPの生中継もやってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.17

一番亭

一番亭

新潟市の「一番亭」です。
新潟市役所近く陸上競技場の向かいにあります。
新潟市役所職員で混んでそうで遠慮していました。食べたいと思っていた近くの毘沙門も遠慮している間に閉店してしまったこともあり、昼時間がずれたのでお邪魔しました。
お店は、間口が狭く奥行きがあります。左側に厨房、右側にカウンター席、奥に小上がりがあります。昔からのラーメン屋さんといった雰囲気です。13時30分前に着きましたが、お客さんがだれもいません。店主がテレビを見ています。
お店を入ったすぐ右側に食券販売機があります。懐かしいプラスチックプレートの出る食券販売機です。メニューは、ラーメン、チャーシューメン、冷し中華、定食とカレーライスです。最初の訪問で食べるのは、特にお勧めがなければラーメンにでしょう。
昼の繁忙時間を過ぎたからかどうかは不明ですが、親父さんが一人でやってます。作り始めたかなと思ったら出来上がりました。麺のゆで時間も短いようですが早いです。

一番亭 ラーメン

なかなかシンプルで、新潟の中華そばって感じのラーメンです。
麺は、細縮れでプリプリした歯応えが楽しく美味しいものです。
スープは、醤油色、醤油味のあっさりしたもので、新潟あっさりラーメンです。
トッピングは、硬い中華そばらしい小さめのチャーシュー、メンマ、海苔、鳴門です。
シンプルなラーメンでした。これで430円ですか。安いですね。市役所職員が羨ましい一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.16

にしやま

にしやま 特製らーめん(醤油)

新潟市の「らーめん亭 にしやま」です。
国道116号線の新潟商業高校向かいににあります。お店裏の月極駐車場にスペースも用意されています。昼時も過ぎてしまったので駐車場もガラガラです。
お店は、入るとドーンと厨房があり、手前と右側にカウンター席があり、右奥に座敷があります。お昼営業が15時までのところ14時30分過ぎに着きました。他にお客さんはいません。
メニューは、らーめん、野菜、辛野菜、岩のり、うま煮、ワンタンメンなどがあり、ほとんどが醤油と味噌を選べます。お腹が空いているので大盛りにしようかとも思いましたが、トッピングの豪華な特製らーめん(醤油)にしました。
今日は、女将さんらしい人が目の前で調理しています。親父さんは、休んでいたようで戻ってきました。
出来上がったラーメンは、器に豪華なトッピングです。
浮いた醤油色に染まった背脂を見るだけで美味しそうです。
麺は、見た目通り太麺で、縮れも強くモチモチ感の強いブリブリした麺です。
スープは、醤油色でしっかりした醤油の味で煮干しの香りの優しいスープです。背脂が浮いていますが、普通のラーメンと違い少ない量です。
トッピング、大きめのチャーシュー2枚、メンマ、海苔3枚、もやし、コーン、味玉1個です。トッピングが多く、結構ボリュームがあります。
新潟市内のも太麺を食べれるお店があります。にしやまのラーメンは、なんか庶民的な感じのするお店で好きです。850円もこのトッピングならまあまあ良い方かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.15

津気屋

津気屋大宮店

埼玉県さいたま市の「とんこつ津気屋 大宮店」です。
大宮駅西口から西に5分くらいの場所にあります。
お店は、居酒屋かなと思えるような派手な感じで店内も派手目です。奥行きのあるお店は、左側に厨房、右側にカウンター席だけのそんなに広いお店ではありません。お昼の12時時過ぎと多少の混みは覚悟でした。10人くらい並んでいます。5人の並びで5分待ちのようなことが書かれています。10人並びで10分ちょっとの待ちでした。
お店を入ったところに食券販売機があります。メニューは、とんこつ、塩とんこつ、和風魚スープがあります。とんこつと塩とんこつはトッピングで数種のバリエーションがあります。普通のとんこつがメインのようなのでとんこつにします。その中に1380円もする津気とんてんこ盛りがあります。お腹が空いていますが、それをほど食べれる(無謀なことをする)歳でもないので、お奨めらしい特選津気とんにしました。
国内豚骨と肉付き丸鶏と5種の野菜をじっくり煮込んだ超濃厚スープのWスープだそうで、どれだけ濃厚なのかが楽しみですが、どんなものか判らない怖さもあります。麺は、毎日博多から直送されているものだそうです。
お客さんが入っている割りには早く出来てきました。九州ラーメン系の時間でしょうか。

津気屋大宮店 特選津気とん

トッピングが豪華なちょっと嬉しいタイプのラーメンです。
麺は、細ストレートでお店のPRの通り、シコシコしためっちゃ美味しい麺です。博多から毎日直送しているとのことですが、博多で食べた麺よりも美味しく感じます。
スープは、予想通りの濃厚でコッテリしたものです。ここまでしなくてもいいんじゃないかと思うほどです。ベジとんということで、野菜のベジタブルととんこつの組み合わせです。ここまで濃厚なスープだと野菜やとんこつの旨みもガンガンきても良さそうですがそれもないです。マー油も隅に浮いています。全体的に油が多めです。調整してもらえそうなので少なくしてもらった方がいいと思います。
トッピングは、チャーシュー、油ギトギトの角煮、もやし、豆板醤、海苔3枚、きくらげ、味玉半個が3個と豪華です。
人気のラーメン店らしいのですが、新潟のあっさりしたラーメンをたまに食べている者にとっては、結構きついものでした。通常980円と結構高いものですが、クーポンの利用で780円とまあいい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.14

麺亭

麺亭 麺亭ラーメン

新潟市古町の「麺亭」です。
坂内小路に面していて、鍋茶屋通と交差する近くにあります。
夏に冷し中華を食べましたが、温かいものをしばらく食べていなかったので麺亭にしました。
お店は、中央に厨房、囲うように手前と右側にカウンター席、両サイドにテーブル席があります。中華料理店らしい雰囲気です。12時過ぎに着きましたが、お客はいつもより少なく、ちょっと寂しい感じです。
メニューは、麺類、飯類、一品料理、点心と中華系が揃っています。メニューを見るまでは、まだ食べていない広東麺かマーボ麺にしようかと考えていましたが、メニューを見たら久々に麺亭ラーメンが食べたくなり注文しました。
お客さんが少ないこともあってすぐに出来てきました。ラーメンの器に入ったクリームシチューみたいです。
麺は、細縮れの歯応えの良いものです。結構あっさりしていて細麺が合います。
スープは、塩のあっさりしたもので麺との相性がいいです。
表面には、野菜などのクリーム煮です。白菜の厚い部分を細く切ったもの、玉ねぎ、椎茸、ハム、青梗菜などの具です。とても熱々です。薄味です。
スープと混じるとまろやかなスープに変身させます。スープ全体がとてもまろやかになります。でも、油がないためあっさりしています。
バランスが良く、変化を楽しめる一杯でした。700円も妥当な線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.13

白布峠

米沢から会津方面に向かいます。西吾妻スカイバレー経由するルートです。
ちょうど白布峠付近の紅葉が身頃になっています。

紅葉 白布峠

紅葉 白布峠

夕日 白布峠

紅葉を眺めていたら、なんという山にか判りませんが夕日が沈みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松川弁当店

本日の目的地になります。
山形県米沢市の「松川弁当店」です。
朝のテレビ番組の中で駅弁ランキングをやっていました。松川弁当店の駅弁が美味しそうで食べたくなりました。『山形の米沢か?行こうかな!』ってなことで出発。胎内市の胎内秋の味覚まつり・ジャンボカボチャまつりを経由して米沢駅に到着しました。
駅駐車場に車を停めて、駅の中へ入ります。コンビニと土産物店が入っていますがどちらも駅弁の販売はありません。改札付近からホームを見ると1番線に駅弁の販売店があります。諦められないので入場券を買ってホームへ。
ホームの中には、見えなかったお店もあり駅弁を販売するお店が2件。どちらも牛肉中心です。お店を良く見ると手前のお店の下に「MATSUKAWA」と書いてあります。ここだ。前に2人並んでいて結構たくさん買い込んでいます。順番が着たらほとんど残っていない。お店の親父さんに聞くと『今日、テレビで放送されたのを見たってお客さんが多いので、追加しているんだが追いつかない。』ってことだ。困っていると作っているところが近くにあり、そちらでも販売しているとのことです。場所を聞き米沢駅前のお店に向かう。

松川弁当店

お店に着くと、前にお客さんがいて8個も買っています。
お店の人に聞くと放送したものは材料を全て使ったので今日は作れないそうです。同じようなもので美味しそうなものがまだまだあります。スタンダードで美味しそうな牛肉弁当にしました。ほかべん状態です。作ってもらって熱々をすぐ食べることもできますが、帰ってから食べます。

松川弁当店 牛肉弁当 パッケージ

さて帰宅後、お肉から出た汁がご飯に滲みて美味しくなっているかな。期待しながら開けてみます。

松川弁当店 牛肉弁当

おう!美味しそうになっています。
見た目通りの美味しさです。
松川弁当店がランキングにくる訳だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

胎内秋の味覚まつり・ジャンボかぼちゃまつり

胎内秋の味覚まつり・ジャンボかぼちゃまつり

道中、Portから胎内市で開催されている胎内秋の味覚まつり・ジャンボかぼちゃまつりの情報を入手。すぐ近くなので寄ってみました。
胎内スキー場の駐車場でやってます。
胎内産を使用した食べ物や特産品の販売、フリーマーケットなどが開催されています。ステージ前には大きなカボチャも並べられています。一番大きなものは143㎏です。かぼちゃの種飛ばし競技も選手の募集をしています。

胎内秋の味覚祭り・ジャンボかぼちゃまつり 牛大鍋汁

一番の出し物がこの牛大鍋汁のようです。ボリュームたっぷりで400円と食べてみたいのですが、マーボー麺完食して間もないため断念しました。
人気のあったのは「みゆき庵」のおそば(ざるそば・かけそば・各400円)でした。
直接来た方が良かったような気も…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さとう

さとう マーボー麺

胎内市(旧中条町)の「レストハウス さとう」です。
前回、新潟のラーメン屋の情報ではなかなか出てこない店ですが、ホームページをしっかり作っており、ラーメンに力を入れているようなのでお邪魔しました。なかなかしっかりしたラーメンが480円で食べられたので再びお邪魔しました。
旧中条町の国道沿いの賑やかな辺りかと思っていましたか、やや村上よりの胎内川手前の追分交差点近くにあります。
ファミリーレストランのような派手な看板もなく、気が付かないと通り過ぎそうな感じの店です。店内はテーブル席と大きめの座敷が2室あり、レストランとは違いますが食堂よりも家族連れとかで入りやすい雰囲気です。12時過ぎに着きましたが、結構お客さんが多く、家族連れがほとんどです。
メニューは、ラーメン・定食・丼物・炒飯・カレー・パスタ・ドリンクとあり、レストランらしさがあります。しばらく来ていなかったのでやはり値上がりしていました。ラーメンは550円です。今回はマーボー麺にしました。
そこそこ時間がかかるかなと思いましたが、結構早く出来てきました。器が瀬戸物ではなく、大きなお椀に入っています。
麺は、ごく細でやや縮れのあるものです。細さに負けずしっかりした食感がありなかなか美味しい麺です。
スープは、マーボーと混じって判り難いのです。混じっても美味しいスープです。
マーボーは、あんかけというようなとろみが感じられません。どちらかと言うと豆腐のキムチ風味煮物をのせたようなものです。豆腐、もやし、玉ねぎ、人参、ニンニクの芽、豚肉など多くの具材を使っています。それ自体は美味しいのですが、マーボー麺といわれると少し違ったものです。メンマものっています。
まあそれなりに美味しいものでしたが、マーボー麺とはちょっと違ったものと思えばいいでしょう。800円は少し高いかなと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.12

狐の夜祭り

柏崎市高柳町(旧高柳町)で行われた「狐の夜祭り」に行ってきました。
会場は、栃ヶ原地区の栃ヶ原会場と漆島地区の漆島会場の2会場です。昼は、大きな油揚げの製作などが行われているようです。
午後5時に栃ヶ原会場から漆島地区目指して出発です(画像消失)。暗くなった3Kmの山道を手に持った提灯の灯りだけを頼りに進みます。地元の行事参加者に続き一般の参加者が続きます。その行列には、栃ヶ原会場で作られた1畳ほどの大きさの大きな油揚げも運ばれます。

狐の夜祭り 漆島会場

狐の夜祭り 漆島会場

漆島会場で待つ多くの人々の前に、行列が登場します。
右の上の山から降りてきます。

狐の夜祭り 漆島会場 大油揚げ

会場に到着した大きな油揚げです。1畳ほどの大きさです。

狐の夜祭り 漆島会場 大油揚げ 切り分け

大きな油揚げを切り分けているところです。
三田村邦彦さんが来ています。(写真右側)
柏崎市会田市長も出席しておりました。

狐の夜祭り 漆島会場 大油揚げ 振舞い

大油揚げの振舞いです。狐、行列参加者、一般参加者の順にいただきます。
『おばちゃん、どんだけ持ってくの?』って人もおりました。

会場には、大きなテントで食べ物、農産物、郷土工芸品などの販売もしています。食べ物なんかは町内会のお祭りのような200円~300円が中心の利益なしのような値段です。その中に、きつねラーメンがあります。最も人気があるようで少し並んでます。自家製油揚げ入で500円です。

狐の夜祭り 漆島会場 きつねラーメン

狐そばのような油揚げがのったものかと思ったら、油揚げの入ったあんかけです。
なかなかどうして、とても美味しいものです。
せいぜい狐そばとかなんだろうと思ったらきつねラーメンが食べられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.11

おおぎや

おおぎや直江津店 みそ

上越市の「おおぎや 直江津店」です。
国道8号線の国道18号線起点下源入交差点の角にあります。
のんびりし過ぎて遅くなってしまい夕食時間を逃してしまいました。
上越市内の夜だけのラーメン店でも行こうかとも思いましたが、探していると時間がかかりそうです。あんまり帰宅が遅くなるのもなんだしと思いチェーン店になりますがおおぎやにしました。以前は上越店もありましたが、今は県内にはこの直江津店だけです。
大きなお店で、ファミレスのラーメン屋さんバージョンのようなお店です。奥に厨房、その手前に長い向かい合わせのカウンター席、さらに手前と、右側にテーブル席があります。入口にラーメン屋さんらしい食券販売機とファミレスや居酒屋などで席から注文する時に使用するような会話型っぽい食券販売機があります。
メニューは、みそ、岩塩、しょうゆとんこつ、中華そばほか多くのものがあります。最初にみそラーメンがあります。そのみそラーメンのページの上に“自慢のみそ”と書かれています。どれどれ自慢のみそをいただきましょう。
夜も11時頃ですが、お客さんもそこそこいます。そんなに時間もかからず出来てきました。野菜炒めとコーンがのったオーソドックスなみそラーメンです。
麺は、太いものではなくごく普通の太さの縮れ麺です。感触も良好です。
スープは、なかなかいい感じに纏められています。味噌の旨さも、甘さも、コッテリ感もみんないい感じに出ています。新潟県内の味噌ラーメンのスープを全部混ぜたらこんな味かなって感じの非のない優等生的なスープです。その分、特徴も少ないですね。コメントし難いスープです。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参の炒め物とその上にコーンがのっています。
味的に面白さとか特徴はありませんが、標準的なみそラーメンです。驚きとしては、税込み620円で食べられる非常にコストパフォーマンスの良いみそラーメンということです。なかなかです。
そうそう、時間関係なしでライスがサービスです。セルフサービスでおかわり自由、たくわんとふりかけもあります。お得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燕温泉

ゆっくりとお風呂に入ろうと思っていましたが、笹ヶ峰周辺をドライブしていたら遅い時間になっちゃいました。日帰り客の駐車場には結構車が停まっています。のんびり入れたらと思っていましたが、さてどうでしょう?

燕温泉 河原の湯 つり橋

小雨で霧がかかっているお天気です。
登山道も平らな部分だけで道を間違えるところもなく、沢に滑落しなければ大丈夫です。霧もそんなに濃いものではないので、まあゆっくり進みます。やがて目印のつり橋を渡ります。

燕温泉 河原の湯 案内板

つり橋を渡って左に川原の湯の案内板が立ってます。
川の方に降りて、川沿いの上流に進むとやがて川原の湯です。

燕温泉 河原の湯 脱衣所

おう!雨と霧の20時30分は誰もいません。
脱衣所って言うんですか、更衣室って言うんですか。
服を脱いで露天風呂でのんびりします。

燕温泉 河原の湯 露店風呂

露天風呂を一人占めです。
今日は、空が少し明るくなっています。
標高1500mの笹ヶ峰奥長野県境辺りは、お月様が見えてました。ここもそこまで標高はないとしてもお月様が霧の上にあり明るくなっているのでしょう。

のんびりさせていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道の駅「雪のふるさと やすづか」

雪だるま物産館 柿のジェラート

以前、FM Port セーフティドライブキャンペーンで訪問した道の駅「雪のふるさと やすづか」です。美味しいジェラートがあったので移動中寄りました。
紫芋を使ったモンブランのようなスイーツも美味しそうなんです。
しかし、やっぱジェラートでしょう。
柿のジェラートです。柿ってジェラートやスイーツをあまり見かけませんが、かなり美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM Port 「MOVE ON STREET」公開放送 IN 長岡造形大学 大学祭

長岡造形大学

FM Port 「MOVE ON STREET」公開放送見物と大学祭の中でも結構気に入っている長岡造形大学の大学祭を訪問しました。
普段目にする一般のデザインナーによる社会に出すために作られたデザインと違う個性的なデザインや新鮮なデザインを楽しむことができます。
まずは、腹ごしらえです。

長岡造形大学 大学祭 模擬店 とん汁

とん汁です。長岡まで窓全開で走ったらさすがに体が冷えました。温かい!!

長岡造形大学 大学祭 模擬店 おでん

おでんです。どれも1品50円です。G優勝セールの7-11より安い。旨!

長岡造形大学 大学祭 模擬店 コップカレー

コップカレーです。ご飯なしも可。スープのように食べれるます。熱々です!

長岡造形大学 大学祭 模擬店 チキンカレー

チキンカレーです。辛さが選べます。時間をかけて煮込んだカレーです!
お腹もいっぱいになりました。
他にもカクテルを出している模擬店も多く誘惑が強すぎます。

長岡造形大学 大学祭 FM Port 「MOVE ON STREET」公開放送

「MOVE ON STREET」公開放送です。
仮谷さん・高橋さんのダブルナビで30分延長の公開放送です。
Portのナビって結構個性的ですね。

学内の企画展示を見ます。

長岡造形大学 大学祭 学内展 椅子

いきなりこんな椅子たちが出迎えてくれます。
自宅に置きたくないし、座りたくもないけど面白くて好きですね。
こういうのって滅多に見られないし、お店に並ぶこともないだろうし、芸術です!

長岡造形大学 大学祭 学内展 自由作品展

長岡造形大学 大学祭 学内展 自由作品展

見ていて好きなのがこの自由作品展です。

帰りの駐車場出口は、アルコールチェック有りです。きちんとしています。
耐えた甲斐がありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.10

飛行機

CRJ-200

今回の福岡往復は、直行便の予約が取れなかったことや時間の関係で小牧空港経由となりました。新潟空港~小牧空港間、小牧空港~福岡空港間ともにCRJ-200という飛行機が使われています。新潟空港~伊丹空港間の飛行機に乗るときプロペラ機(DHC-8)やエアバスが多く 、新潟空港に駐機しているCRJ-200に乗ってみたいと思っていました。

富士山と諏訪湖

新潟空港から名古屋に向かう途中、富士山と諏訪湖です。

福岡~名古屋

福岡空港~小牧空港に向かっているときの雲海の上です。

雲海の月

こちらも福岡空港~小牧空港で、月が見えてます。

本当は夜景も取りたいんですが、離着陸前後でデジカメが使えなくて残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋台

屋台 明太ラーメン

福岡市の「とんこつラーメン 屋台」です。
福岡空港第2ターミナル3階にあります。紛らわしい名前のお店ですいません。空港内のレストランフロアに何店舗か博多ラーメンのお店が入っている中で、安くてお客さんが多いので、そのお店にしました。
博多の街中のラーメン店でも良かったのですが、標準的な博多ラーメンを食べたくて、美味しい個性的なお店が多い街中より空港内のお店の方が無難だろうと空港内のお店にしました。
空港内のお店ですから、ラーメン屋というより空港内のお店って雰囲気です。午後1時過ぎですがそこそこ混んでます。入口に近い、カウンター席として使っている大きなテーブルに案内されました。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたものが豊富にあります。せっかくの博多なんでらしい明太子を加えた明太ラーメンにしました。
このお店もさすがです。出来上がりが早いです。
博多ラーメンらしい白濁色ですが、結構濃いめの少し肌色っぽい色です。
麺は、ごく細ストレートで、博多ラーメンらしい麺です。今まで食べた他のお店より、モチモチ感がおとなしめで、逆にプリプリした歯切れの良さがあります。こちらの方が好みです。
スープは、見た目通りとんこつが濃厚で、しょっぱさが普通です。まろやかですが、油が少なめで意外とあっさりしています。
トッピングは、薄目のチャーシュー3枚と多めのねぎです。海苔の上に明太子が盛られています。明太子の旨さと辛みは良いのですが、少しだけ生臭いようになります。好みの問題でしょうが、もうひとつです。
740円と結構お高いラーメンですが、どっしりとするくらいの明太子の量を考えるとなかなかいいんじゃないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.09

長浜屋

長浜屋

福岡市の「元祖 長浜屋 本店」です。
長浜地区にあります。長浜ラーメンの屋台が並ぶ魚市場に近い通りから1本隣の通りです。
屋台の通りを散策してみるとラーメン専門の屋台もありますが、ラーメンの他におでんやもつ煮や焼き鳥などがあり、1軒のお店でお酒を飲んでラーメンで締めれるようです。
「元祖 長浜屋 本店」は、屋台ではなくお店を構えています。お店の前は広くなっていて車が数台停められるようになっています。午後11時頃に着きました。お店の前には車が停められ、脇の広い道には、客待ちのタクシーもいます。
お店の前には食券販売機があります。ラーメンと替玉、替肉、焼酎だけです。解り易いです。前の人がラーメンと替玉2枚の食券を購入しています。麺の量が少ないんだなと思いラーメンと替玉の食券を購入しました。
そしてお店の中へ。お店は、奥に厨房、手前にテーブル席があります。魚市場の近くにあるこのお店は、その場所にぴったりの市場の食堂って雰囲気のお店です。新潟にはない24時間営業のお店で、お休みは年末年始だけです。
テーブルには、プラスチックの湯飲みがザルに入って置かれています。高校野球のドラマなんかで使われそうな大きなヤカンのお茶が置かれています。
午後11時頃で、待ちの並びこそありませんが混んでいます。テーブル席に座ると食券をテーブルに置きます。店員がきてラーメンの食券を取ります。『普通』をお願いします。
よくここで食べている雰囲気の人達は、かた・なま・べたなど注文しています。博多ラーメンは、やわ・普通・かた・バリかた・針金・粉落としが一般的な麺の硬さの注文方法かと思っていましたが、このお店は、かた・なまです。油多めがべたです。
24時間営業だから店員も3交代とかでやっているんでしょう。厨房の中は年輩組、フロア係は若手です。バイトかな。
さすが長浜ラーメンです。すぐに出来てきました。

長浜屋 ラーメン

博多ラーメンらしい白濁色ですが、白っぽくやや透明感のあるのスープが美味しそうです。でも、少し違いがありそうです。
麺は、ごく細ストレートで、モチモチした博多ラーメンらしい麺です。食券購入時、麺は少なめかなと思いましたが、逆に多めです。
スープは、思った通り薄味です。油は普通にありますが、あっさりしています。しょっぱさも少し足りない感じです。
トッピングは、チャーシューと多めねぎです。チャーシューと思いましたが、脂身のないゆで肉です。塩で濃いめの味付けがされていて薄味のスープとバランスが取れています。紅生姜はのってません。好みじゃないのでありがたいです。テーブルにはたっぷりの紅生姜が置かれていて好みで入れられるようになっています。
替玉も頑張っていただきます。かたたま、なまたまってな具合に注文します。かたたまをお願いしました。替玉を持ってきてテーブルの食券を持って行きます。替玉が少なめかなと思いましたが、替玉も多めです。人の真似をするのも良いかなと思いますが、リスクがあります。
ラーメン400円、替玉100円でお腹が苦しいです。長浜ラーメンは、お手頃でとんでもないサービス精神いっぱいのラーメンでした。なんで地方に展開すると650円もするんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍龍軒

龍龍軒

福岡市の「博多 龍龍軒 本店」です。
博多駅近くにあります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席とテーブル席の小さめのお店です。あんまり綺麗とは言えないお店ですね。午後1時30分頃に着きました。お客さんがポツリポツリといます。入口付近に食券販売機があります。
メニューは、とんこつラーメンの他に醤油・味噌・塩などバラエティーに富んでます。とんこつラーメンを食べることにしました。食券を購入しようとすると席に案内されました。店員にお金を渡すと代わりに購入してくれます。
お客が少ないし、なんといっても麺のゆで時間の短い博多ラーメンですから、すぐに出来てくるだろうと思いましたがなかなか出来てきません。思いのほか待って出来てきました。

龍龍軒 とんこつラーメン

博多ラーメンらしい白濁色のスープが美味しそうです。
麺は、ごく細ストレートで、モチモチした博多ラーメンらしい麺です。
スープは、白濁色のとんこつらしいもので、とんこつの旨みと油、しょっぱさなどバランスの良いスープです。
トッピングは、やや軟らかめで大きなチャーシュー、もやし、ねぎです。
替玉が最初の1回は無料です。もちろんいただきます。
これで500円です。博多ラーメンは、お手頃で満腹のとても庶民的なラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋(小牧)空港

名古屋(小牧)空港内のレストラン「翼」です。
名古屋も中部国際空港が出来て、小牧空港は日本航空と自衛隊の使用する空港になり新潟空港よりも全然寂しい状態です。レストランも1軒しか入っていません。それでも名古屋らしいものを食べようと入りました。
味噌カツ、海老フライ、きしめんなどがあります。ひつまぶしを食べたかったのですがないようなので味噌カツ膳にしました。
時間は10時30分です。朝食と昼食の間の時間ですが、朝食抜きだったので(いつものことですが)朝食ってことにしましょう。

翼 味噌カツ膳

交通関係の場所にあるお店なので、さすがに早いですね。
以前食べた人気店「矢場とん」は味噌ダレに漬け込んだようなものでしたが、ここのカツは普通のカツに味噌ダレをかけた期待通りのものです。甘しょっぱいお味噌がカツに合います。
朝食って考えると少し重いのですが、朝はしっかりと考えるとまあ良いでしょう。980円の朝食でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.08

まる七

まる七 特製らーめん

新発田市の「麺食堂 まる七」です。
国道7号線沿いの北側、五十野公園に入口交差点の中条寄りにあります。
お店は、左奥に厨房、左手前と中央寄りにカウンター席、左最手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。午後1時過ぎに着きましたが、テーブル席や小上がりはいっぱいですが、カウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、らーめん、背脂らーめん、味噌らーめん、担々麺、つけめん、担々つけめんとそれらにトッピングを加えたものがあります。背脂らーめんにトッピングを充実させた特製背脂らーめんにしました。
客さんが多いので時間がかかるかなと思いましたが、すでに食べているお客さんが多く早くできてきました。
トッピングが充実した特製背脂らーめんも普通の背脂らーめんと同じ小さめの器です。それで波々とスープがあります。
麺は、普通よりもちょっと細めの縮れ麺です。プリプリした感じと程良いコシの美味しい麺です。スープと良く合ってます。
スープは、表面に背脂と刻みねぎがぎっしりと浮かんでいます。隙間から見えるスープは、普通のあっさりした中華そば程度に見えますが、良く見ると濃いめの色をしています。しっかりした程良い濃さの醤油味で、癖のない見た目通りの美味しいスープです。背脂は、たぬきそばの揚玉くらいの大きさがあり、粒が揃っています。チャッチャ系でありません。背脂を切ってから煮込んでいるのでしょうか。器の縁も綺麗です。背脂は、スープの熱で溶け出して油がしつこく感じることもありません。背脂によってスープにまろやかさと旨味が増し、油っぽくない食べ易いものです。醤油味のスープに背脂は美味しさが決まります。
トッピングは、やや軟らかめのチャンシュー3枚、メンマ、鳴門、岩海苔、味玉、海苔3枚です。
背脂らーめん650円にプラス250円でトッピングを充実させた900円のらーめんです。他のお店は全部のせなんてかなり高いものもありますが、このトッピングの内容を考えるととても満足できるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.07

我聞

我聞 らーめん

新潟市の「ラーメン亭 我聞」です。紫鳥線沿い旧市民病院近くにあります。
オープン当時以来なのでかなり久々になります。吉相グループが新しい味を放つなんてことでオープンしたお店です。時間がなくて、ちょっと失礼かも知れませんが、並ばなくて良さそうなのでお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、右側奥に窓を向いたカウンター席、手前にテーブル席、さらに手前が小上がりになっています。吉相同様、木を使った少し自然な感じの内装になっています。まあまあ広く、小さめのファミレスのようです。12時30分くらいに到着しましたが、予定通り並ばずにカウンター席に案内されました。窓の方を向いているのでラーメンの表面に空が移って写真が旨く撮れそうにない席です。仕方ないですね。
メニューは、オープン当時からのらーめんとつけめんに加え味噌オロチョンが追加されています。らーめんの値段がオープン当時は少し高いかなと思いましたが、そのままの630円で値上がりしていません。ご立派。味も忘れているので普通のらーめんにしました。
時間が無くて急いで入ったのに、近くの人を見るとまだ出来てきていない人が結構います。どうにもならないことなのでじっと待ちます。ある程度の待ち時間は覚悟しましたが、全然思ったよりも早く出来上がってきました。ちょっと濃い目の雰囲気です。
麺は、普通の太さかやや細かなっていったあたりのストレートです。プリプリ感とモチモチ感をあるなかなか美味しい麺です。
スープは、近くですぐに解るくらいの魚ダシの香りがたっぷりです。昔は、魚ダシをガンガン効かせているお店も少なく珍しさもあって良かったのですが、多少なりとも味とか美味しさが解ってくると(年を重ねると)きつく感じますね。動物系の旨さもあり、とろみもあり、油も少し多めに浮いています。かなりのこくのありコッテリっぽいダブルスープです。まあまあ美味しいスープです。急いでいる人には、ちょっと熱々です。そして、熱々が続きます。
トッピングは、半熟味玉子半個、脂身多めですが軟らかい炭焼き厚めのチャーシュー1枚、歯応えの良い太めのメンマ2本、縦切りねぎ、海苔、セリか三ッ葉の茎の部分が乗ってます。
値上がりせずの630円は、今では頑張っている方に入るのでしょうか。満足の一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.06

2008年 花火大会の感想

全国花火競技大会 大会提供花火

今年見た花火大会

 2008.03.08 野沢温泉 冬の灯明夜まつり
 2008.06.07 白根大凧合戦 花火大会
 2008.06.14 大会名不明?越後川口SAにて
 2008.07.05 中之口まつり 花火大会
 2008.07.20 関屋浜水中花火大会
 2008.07.26 ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会
 2008.07.27 燕大花火大会
 2008.08.02 長岡まつり 大花火大会
 2008.08.03 長岡まつり 大花火大会
 2008.08.17 角田山提灯登山
 2008.08.23 第82回全国花火競技大会
 2008.09.06 第26回全国新作花火競技大会  
 2008.09.09 片貝まつり 奉納煙火
 2008.10.04 第77回土浦全国花火競技大会

私の花火大会ランキング

 特 第82回全国花火競技大会
 1 長岡まつり 大花火大会
 2 片貝まつり 奉納煙火
 2 ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会
 4 土浦全国花火競技大会
 5 第26回全国新作花火競技大会
 6 角田山提灯登山
 
全国花火競技大会(大曲の花火)は凄いです。ランキングどうこうじゃないです。別格です。花火の質はもちろん大会運営が見事です。4万人(合併前)ほどの田舎の町(市)に土砂降りの雨でも65万人の見物客ですから、普通じゃ考えられません。大会は、民謡で鍛えた土田英夫さんの声が田舎の河川敷に響くところから始まります。特に大会提供花火を告げたときの観覧席の歓声も凄いものです。この大会提供花火を観るために来ている人が多くいます。6分強の時間、音楽に合わせて打ち上げられる花火は見事です。フィナーレも見事です。「いざないの街」という壮大な曲に合わせての10号割玉30連発を中心とたゆったりとしたスターマインです。最近の間髪空けずに打ち上げられるスターマインとは違う、郷愁を感じさせるます。観客も花火を好きな人が集まりますので良い花火の歓声があがります。花火師さんたちも目の肥えた人たちの反応を実感できる花火大会でしょう。待ってる間の秋田の夏の代名詞「ババヘラアイス」も美味しいです。
長岡まつり大花火大会もいいですね。迫力のある花火が楽しめます。片貝まつり奉納煙火は、日本一の4尺玉、長岡の花火大会などではあまり観られない質の高い単発の花火が観られます。綺麗な花火を観るならいい花火大会です。ぎおん柏崎まつり海の大花火大会は、尺玉100発同時上げは圧巻です。通常花火と水中花火とが観られる花火大会です。土浦全国花火競技大会や全国新作花火競技大会は、質の高い花火が観られます。角田山提灯登山は、日本で唯一の山岳花火で、体力勝負の花火大会です。山の上で、下から上がってくる花火が目の前で開きます。花火が近付いてくるという未体験ゾーンでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三吉屋

三吉屋信濃町店 チャーシューメン(大盛)

新潟市の「三吉屋 信濃町店」です。
古町、駅南、信濃町にあるお店の中の信濃町店です。国道116号線沿いのビルの半地下にあります。奥行きがあり、右に厨房、左側にカウンター席、左手前に1卓テーブル席があります。ちょっと古そうなビルの半地下にあり、雰囲気がちょっとそんな感じです。12時30分過ぎに到着しました。今日も並んでいるのかなと思ってましたが空いてます。
メニューは、ラーメン、チャーシューメンの三吉屋基本メニューに加え、タンメンがあります。炒飯も人気があるようです。ラーメン・チャーシューメンは、それぞれ550円・650円と本店よりも50円安く、さらの大盛りも本店が100円UPなのに信濃町店は50円UPです。信濃町店はお得です。チャーシューメン(大盛)にしました。
今日はお客さんが少なめですが、それでも入れ替わりながらお客さんが来ます。
三吉屋は、どのお店も出来上がりが早く、待ちを考えなくても良いのでありがたく思います。
麺は、極細の縮れでシコシコ歯応えと、極細だからでしょうあっさりしたスープを上手く絡めてきます。麺と絡められたスープのバランスが最高です。ただ、スープとのバランスの関係ですが、大盛りは食べ難いですね。器やスープの量がさほど変わらない中に麺が大盛になっていて、箸での麺をさっと掬い取り出し易さが普通よりも悪いような気がします。気持ちよく食べるなら普通盛りでしょう。
スープは、これぞ中華そばと思います。色は本店と少し違います。本店が少し黄色っぽいような綺麗な色なのに対して信濃町店は醤油の色がちょっと強いような普通の中華そばに近い感じです。醤油味ですが醤油を強調させ過ぎない。薄味のようでダシが効いているので美味しい。そして野菜から出ているだろう程良い甘さ。大好きなスープです。味は本店と同じか、ほんの少しだけ濃い目のような気がします。
トッピングは、脂身の殆どないチャーシュー5枚、浅漬かり色のメンマ、鳴門とシンプルですが、この麺とスープには合っています。チャーシューは、チャーシューメンなのにそんなに多くはありませんが、100円UPなので納得です。
やっぱ旨いですね。大盛で700円と嬉しくなる満足満足な一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.05

雪ささの湯

雪ささの湯

滝巡りで少し汗をかいたのでもうひとつ温泉に入ることにします。
群馬県側で入りたかったのですが、帰りの時間も遅くなるといけないで、まずは新潟方面に進みます。
苗場の町の中に日帰り温泉「雪ささの湯」があります。
国道17号線に面しています。
寮みたいな建物の1階です。入口近くの券売機で入場料800円の券を購入します。フロントに券を渡し男湯に向かいます。
そんなに大きなお風呂ではありませんが、お客さんも少なめでゆったりできます。

雪ささの湯

露店風呂もあります。
泉質は、カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

群馬観光

小倉の滝

せっかくなんで少し観光してみました。
小倉の滝です。
四万温泉近くにある滝です。
車から降りて結構山道を歩きます。

しゃくなげの滝

しゃくなげの滝です。
四万川ダムの上流にあります。
すぐ横まで車で行けます。
他にも、四万温泉付近には摩耶の滝、子泉の滝 などもあります。

親都神社の大けやき

中之条町には、巨木もあります。
親都神社の大けやきです。

囀石のもみ

囀石のもみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四万温泉

四万温泉 山口露天風呂

本日2軒目も群馬県の中之条町の「四万温泉」です。
名前は良く聞きますが、まだ入ったことがないので行ってみました。
四万温泉はそこそこ規模の大きな温泉宿と中小の温泉宿があり、いくつかにエリア分けされています。全体は、結構大きな温泉です。山口地区に「山口露天風呂」という無料の露天風呂があります。温泉組合で運営している露天風呂です。無料っていうのがありがたいです。
入口が解り難いです。大きな看板や道案内はありません。道路の小さな看板を見逃さずに入口を降りて川を渡ると露天風呂があります。

四万温泉 山口露天風呂 露天風呂

男女別の脱衣室と混浴の浴槽が4個程あります。
本当に良く透き通った温泉です。
泉質は、ナトリウム・カルシウム-塩化物硫酸塩温泉です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

沢渡温泉

沢渡温泉共同浴場

群馬県中之条町の「沢渡温泉 共同浴場」です。
温泉の町中之条町の山間にあります。
サービスエリアで軽い仮眠のつもりがぐっすり寝てしまいました。それじゃ群馬の温泉で朝風呂にしましょう。温泉のいっぱいある中之条町に車を進め、何となく沢渡温泉に着きました。付近の案内看板を見て共同浴場にしました。共同浴場は午前9時からと書かれていますが、午前7時頃なのにやっています。地元の人が次から次へとやってきます。

沢渡温泉共同浴場 浴室

透明な硫黄の香りが少しする温泉です。泉質は、カルシウム・ナトリウム-硫黄塩・塩化物温泉で、源泉かけ流し温泉です。大人は300円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.04

土浦全国花火競技大会

土浦の花火 会場

茨城県土浦市で開催される花火大会です。競技会形式で“大曲の花火”とこの土浦の花火だけが日本国内で内閣総理大臣賞が授与されるされる花火大会です。
競技大会は、1社ずつではなく、10号玉、創作花火、スターマインと数社ずつ打ち上げられます。
打ち上げ場所の近くで見られたため、10号玉は開いたときに観客席の上まで広がって来ているような感じです。
10号玉は、昇曲導付の八重芯、三重芯、四重芯の変化菊が打ち上げられます。四重芯は、同心円や色の境目が決まらないものも多くその難しさを感じさせます。

第77回土浦全国花火競技大会 昇曲導付五重芯変化菊(小松煙火工業:秋田)

そんな中、唯一五重芯に挑戦した小松煙火工業(秋田)が見事な“昇曲導付五重芯変化菊”を披露した。廻りの観客は、完成度の高さよりも迫力を楽しんでいる。そんな観客からも驚きの声が聞こえた。大曲の花火で見事な花火を披露し内閣総理大臣賞を受賞した野村花火工業(茨城)の地元で一矢を報いる事が出来ました。

第77回土浦全国花火競技大会 昇曲導付四重芯変化菊(野村花火工業:茨城)

と思いましたが、優勝したのは野村花火工業(茨城)の昇曲導付四重芯変化菊です。
創作花火は、数発打ち上げられる。見る角度によって違いがでるからだろう。あまり鮮やかというものは感じられなかった。

第77回土浦全国花火競技大会 おっぱいがいっぱい(芳賀火工:宮城)

人気のあったものは、芳賀火工(宮城)の“おっぱいがいっぱい”です。2個のおっぱいが天空に現れ、消えたかと思うと周りに複数のおっぱいが現れるものである。時間差があるためシャッターをバルブで撮影するが星が流れてうまく撮影できない花火です。

第77回土浦全国花火競技大会 ブタもおだてりゃ木にのぼる(北日本煙火興業:秋田)

もうひとつは、北日本煙火興業(秋田)の“ブタもおだてりゃ木にのぼる”です。タイトルが放送されたときは、廻りからは『なんだそ?』みたいな会話が聞こえます。したし花火が打ち上げられると『ブタだ!』とか『可愛い!』だとかみんな楽しんでいます。

第77回土浦全国花火競技大会 天空への贈り物(田熊火工:栃木)

スターマインは、見新しいものはなかった。迫力のあるものや星に動きのあるものが人気のようです。

第77回土浦全国花火競技大会 ワイドスターマイン

一番人気は、ワイドスターマイン「土浦はなびづくし」です。音楽に合わせて夜空一面打ち上げられるワイドスターマインは、見事です。並の広角レンズでは入りきりません。
土浦の花火も見事な花火大会です。道路整備や誘導などきめ細かい配慮がなされています。より良い花火大会になればと思い一言。観客席のなかの露店の発電器が煩いので電気を引いて欲しい。音響が桟敷席以外ももう少し充実して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

藤良

藤良

茨城県土浦市の「旬の味いただきます 藤良」です。
お昼ご飯を食べようと街中を散策して、霞ヶ浦がうなぎの産地らしいのでうなぎの幟のある雰囲気良さそうなこのお店に入ってみました。
メニューは昼用で、うな重、刺身定食、天ぷら定食、生姜焼定食があります。帰りの運転開始時間まで8時間はあるので、うな重とビールを一杯いただきます。お店の貼紙に愛知県三河産うなぎと書かれたものがあります。お店の人に聞くと霞ヶ浦で取れなくなったためとのことです。時節がら中国産でなくて良かった。つまみが欲しいと思いお願いしました。

藤良 地魚の唐揚げ

地魚の唐揚げを作ってくれました。骨までカラカラに揚げてあります。レモンとおろし生姜が付いています。併せて食べると今まで食べたことのないさわやかな味です。レモンと生姜って合うんですね。

藤良 うな重

うな重が出来てきました。軟らかな身と少しカラッとした皮が絶妙です。とても美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

到着しました!

土浦の花火 会場(到着)

場所確保できました。

後は暗くなるのを待つだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊香保温泉 黄金の湯館

伊香保温泉 黄金の湯館

群馬県伊香保温泉の「黄金の湯館」です。
国道7号線・国道17号線での移動はさすがに時間がかかりました。
本当は尻焼温泉のような無料のワイルドな温泉に入りたかったんですが、時間がないので24時間営業のこの温泉にしました。
新しい日帰り温泉かと思っていたら、伊香保グランドホテルの旧館のお風呂と大広間を日帰り温泉にしたようです。
午前4時に入っている人が他にもいました。
泉質は、カルシウム・ナトリウム硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉です。

伊香保温泉 黄金の湯館 露天風呂

露店風呂は、そんなに大きくありませんがいい感じです。
大広間には大勢の人が仮眠しています。
昼だと680円ですが、深夜入場は980円となりました。
さて、こちらは移動を開始しましょう。って、警察官が駐車場で車上荒らしらしき少年2人の身柄を拘束しています。車を確認、無事です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008.10.03

お出掛けしましょうか!

さて、ボチボチと…。

敷物、ホッカイロ、懐中電灯、カメラ、寝袋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOGO宝来軒

GOGO宝来軒 ヌードルスターHG

上越市の「GOGO宝来軒」です。
上越市のイオンショッピングセンター近く、上越警察署の裏にあります。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらにその手前にテーブル席、左側にもちょっと離れてテーブル席があります。ラーメン屋と言うよりお洒落なランチを楽しめそうな雰囲気のお店です。13時前に着き待ちかなと思いましたがすんなり座れました。
今までは、金曜日のみ「REAL SALT」という店名で塩ラーメン専門店で営業してましたが、「GOGO宝来軒」の名前に戻して、第3回新潟ラーメン博でグランプリを取った商品“ヌードルスターHG”と“チャラメラ”なる2種類のメニューで営業しています。グランプリって何だと思ったら人気投票です。
“チャラメラ”は、1日30食限定で12時頃に売り切れるそうですでに売り切れていました。“ヌードルスターHG”は1日100食限定でまだ残っていました。選ぶ余地なく“ヌードルスターHG”にしました。
2種類の麺を使用するということで多少時間がかかるようなことが案内されていましたが、そんなに待たずに出来てきました。白の半透明のお盆の上に白い大小の器に盛られてきました。
最初に左側のスープのある器からいただくそうです。プリプリとコシのあるやや細のストレート麺です。スープは500万年前の塩を使用しているとのことです。岩塩でしょうね。塩味のさっぱりした感じと少しの優しい甘さのあるスープです。スープの上には、刻んだねぎと焦がしねぎのほぼ素ラーメンです。
この素ラーメンぽいものを食べる時にスープを残しておかなければなりません。小さな器の麺とトッピングをスープだけ残った大きな器に移し、スープに絡むよう混ぜます。
こんどは、やや太の麺です。そしてトッピングも入ります。蛤2個(このハマグリを略しHG)、香りの高いベーコン、白髪ねぎ、糸唐辛子です。
麺は、最初の麺を食べてる間に熱々ではなくなりますが、そんなに温度の低下が気になることはありません。ニンニクの微塵切りを油で炒めたかけらが入っています。ほんの少し入っているだけですが旨みが凄く増します。
最初のあっさりしたシンプルな塩ラーメンと旨みとまろやかさの増したラーメンを2種の麺で味わうことができます。まあまあ手間がかかってるでしょうけど1000円は高いかなと感じる一杯でした。いや二杯でしたって言った方がいいのかな。ジャンル分けする必要はないのですが、普通の単なるラーメンと違ったジャンルかなとも思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.02

那の福

那の福

新潟市の「博多ラーメン 那の福」です。
伊勢丹の7階レストラン街にあります。
新潟への博多ラーメン進出ラッシュの1店舗です。
お店は、左に厨房、その手前と中央寄り・中央の手前壁向きにカウンター席、中央に大きなテーブル席、右側に通常のテーブル席があります。デパートの中だけあって清潔感があり、品の良い雰囲気です。12時30分過ぎに着きましたがガラガラです。ちょっと寂しい状態です。
メニューは、レストラン風に水と一緒に持ってきて、注文すると持って帰ります。ラーメンとご飯類があります。麺類は、豚骨ラーメンと醤油ラーメン、それらにトッピングを加えたものがあります。普通の豚骨ラーメンにしました。
“とんこつ”ってひらがなを使用することが多く、漢字を使っているのは珍しいなあ。なんて事を考えているうちに出来てくるだろうと思っていましたが、空いてることもあり、博多ラーメンらしい早い出来上がりです。吉野家の牛丼並のスピードに感じました。

那の福 豚骨ラーメン

博多ラーメンらしい小さめの器に盛られてきました。
麺は、ごく細のストレートです。博多ラーメンらしい麺です。しかし、好みとしては九州ラーメンとは違うかも知れませんが“きんしゃい亭”の麺の方が好きです。見た時に思った通り少なめで物足りないので、替え玉をバリかたでお願いしてみました。歯応えがあって面白いです。替え玉も少なめです。もう1回替え玉をお願いしたいところですがキリがなさそうなので辞めときます。
スープは、とんこつ風のまろやかで塩のしょっぱさいい感じのものです。食べているうちになんとなく飽きてきます。何でだろうか考えると少し油が多くコッテリ感が強いためじゃないかと思います。
トッピングは、程々の歯応えのチャーシュー2枚、海苔、万能ネギです。
デパートの中も最近は本格的で楽しい。なかなかしっかりした博多ラーメンをいただきました。メニュー金額、豚骨ラーメン662円と替え玉105円の767円の食事でした。精算時には、豚骨ラーメン630円と替え玉100円に消費税36円が加算された766円でした。伊勢丹の精算は、消費税が合わないから心地良く帰れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.10.01

ピエールマルコリーニ

ピエールマルコリーニ バニラ

東京駅で新幹線まで時間があったので“銀の鈴”広場方向に足を向けてみました。意図的に作られた待ち合わせ場所で、殺風景な場所のような気がしていました。
今回行ってみたら「GranSta」という品の良さそうなお店が並んだ綺麗なところになっていました。なかなか上品なお土産が…(いや贈り物と言った方が良さそう)並んでいる。その中でも小さなお店で「ピエールマルコリーニ」というお店があります。
美味しそうなチョコレートを売っています。お土産に買おうかと思いました。一般的金銭感覚で3000円超えるかなと思うチョコレートがありました。これがいいかなと思って価格表示を見たら10,000円でも買えません。でお土産は諦めて、他のものも見ていたら端にアイスクリームがあります。
シングル630円とかなりお高いアイスクリームです。
バニラにしました。高い値段がするだけのことはあります。
とても美味しいアイスクリームです。

お店からの紹介

エッセンスは一切使用せずタヒチ産バニラビーンズをたっぷり使い
ナチュラルな旨みと香りが凝縮され男性のお客様にも人気です
どのフレーバーとも相性の良い優れものバニラアイスに詳しいお客様でも
「一番美味しい」と絶賛されます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九十九

九十九

東京は恵比寿の「九十九とんこつラーメン 恵比寿本店」です。
JR恵比寿駅西口から六本木方向に向かった途中にあります。
味の時計台の焼きチーズラーメンや衝動の味噌チーズラーメンを食べました。チーズとラーメンの組み合わせは意外に合います。最近の好みのラーメンです。そこで、本家の九十九とんこつラーメンの元祖まるきゅう味噌チーズラーメンを食べたくてお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、その手前から中央にカウンター席、右側にグループのお客様でも1人のお客でも対応できそうな大きなテーブル席があります。昔の大衆酒場を再現したかのようなレトロなお店です。14時過ぎに着きました。さすがに東京ラーメンランキングの上位常連のお店だけあってこの時間でも混んでます。以前はずーっと待ちの列が絶えることがなかった時代もあったようですが、今ではそこまで混んでいません。7~8割の席が埋まっています。時間をずらしたのが効をそうし、すぐに座ることが出来ました。
メニューは、九十九ラーメン、まるきゅうラーメン、みそラーメン、醤油ラーメンがあり、他にも担々麺などがあります。お客さんを見ているととんこつの九十九ラーメンとチーズ入りのまるきゅうラーメンに2分されています。そしてランチタイムは、ゆで玉子、半ライス、サラダ、コーンの中から2品がサービスになります。目的のまるきゅうラーメン+ゆで玉子+半ライスにしました。
待ちこそないんですが混んでいるので多少時間がかかるもんだろうと思っていましたが、結構早く出来てきました。多くのお客さんに普段から対応していることがわかります。

九十九 まるきゅうラーメン

たかみちの潮ラーメン以来でしょうか?黄色い器です。
そして、粉チーズの山が凄いことになっています。
麺は、普通の太さで普通の縮れ具合のごく一般的な麺です。形的には一般のものですが、プリプリとした歯応えが良くとても美味しく感じられます。
スープは味噌味のものですが、まろやかな少しおとなしめのものです。粉チーズが溶け込むととてもまろやかで濃厚なスープになります。濃い目のクリームシチューのようです。チーズの味が強いのですが、癖のない花畑牧場のトムチーズなので嫌な感じは全然しません。チーズ濃い目のスープです。
トッピングは、もやしが結構多めにトッピングされています。粉チーズが山盛りのように見えますが、もやしで上げ底になっています(味的に十分な粉チーズがトッピングされています)。ゆで玉子は完熟ゆでです。テーブル上には、ピリ辛もやし、ねぎ、激辛高菜が置かれており自由に食べることができます。ライスには激辛高菜が合います。本当に辛いです。
まるきゅうラーメンは900円と高価なラーメンですが、チーズの味を十分に楽しめれば決してお高いものではないでしょう。今度は、とんこつ味の九十九ラーメンを食べてみたいと思います。こちらは650円でランチタイムのサービスを考えるとかなりのコストパフォーマンスになります。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »