« 龍龍軒 | トップページ | 屋台 »

2008.10.09

長浜屋

長浜屋

福岡市の「元祖 長浜屋 本店」です。
長浜地区にあります。長浜ラーメンの屋台が並ぶ魚市場に近い通りから1本隣の通りです。
屋台の通りを散策してみるとラーメン専門の屋台もありますが、ラーメンの他におでんやもつ煮や焼き鳥などがあり、1軒のお店でお酒を飲んでラーメンで締めれるようです。
「元祖 長浜屋 本店」は、屋台ではなくお店を構えています。お店の前は広くなっていて車が数台停められるようになっています。午後11時頃に着きました。お店の前には車が停められ、脇の広い道には、客待ちのタクシーもいます。
お店の前には食券販売機があります。ラーメンと替玉、替肉、焼酎だけです。解り易いです。前の人がラーメンと替玉2枚の食券を購入しています。麺の量が少ないんだなと思いラーメンと替玉の食券を購入しました。
そしてお店の中へ。お店は、奥に厨房、手前にテーブル席があります。魚市場の近くにあるこのお店は、その場所にぴったりの市場の食堂って雰囲気のお店です。新潟にはない24時間営業のお店で、お休みは年末年始だけです。
テーブルには、プラスチックの湯飲みがザルに入って置かれています。高校野球のドラマなんかで使われそうな大きなヤカンのお茶が置かれています。
午後11時頃で、待ちの並びこそありませんが混んでいます。テーブル席に座ると食券をテーブルに置きます。店員がきてラーメンの食券を取ります。『普通』をお願いします。
よくここで食べている雰囲気の人達は、かた・なま・べたなど注文しています。博多ラーメンは、やわ・普通・かた・バリかた・針金・粉落としが一般的な麺の硬さの注文方法かと思っていましたが、このお店は、かた・なまです。油多めがべたです。
24時間営業だから店員も3交代とかでやっているんでしょう。厨房の中は年輩組、フロア係は若手です。バイトかな。
さすが長浜ラーメンです。すぐに出来てきました。

長浜屋 ラーメン

博多ラーメンらしい白濁色ですが、白っぽくやや透明感のあるのスープが美味しそうです。でも、少し違いがありそうです。
麺は、ごく細ストレートで、モチモチした博多ラーメンらしい麺です。食券購入時、麺は少なめかなと思いましたが、逆に多めです。
スープは、思った通り薄味です。油は普通にありますが、あっさりしています。しょっぱさも少し足りない感じです。
トッピングは、チャーシューと多めねぎです。チャーシューと思いましたが、脂身のないゆで肉です。塩で濃いめの味付けがされていて薄味のスープとバランスが取れています。紅生姜はのってません。好みじゃないのでありがたいです。テーブルにはたっぷりの紅生姜が置かれていて好みで入れられるようになっています。
替玉も頑張っていただきます。かたたま、なまたまってな具合に注文します。かたたまをお願いしました。替玉を持ってきてテーブルの食券を持って行きます。替玉が少なめかなと思いましたが、替玉も多めです。人の真似をするのも良いかなと思いますが、リスクがあります。
ラーメン400円、替玉100円でお腹が苦しいです。長浜ラーメンは、お手頃でとんでもないサービス精神いっぱいのラーメンでした。なんで地方に展開すると650円もするんだろう。

|

« 龍龍軒 | トップページ | 屋台 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/42744522

この記事へのトラックバック一覧です: 長浜屋:

« 龍龍軒 | トップページ | 屋台 »