« 行列のできる店のラーメンカップ 新潟 | トップページ | ピエールマルコリーニ »

2008.10.01

九十九

九十九

東京は恵比寿の「九十九とんこつラーメン 恵比寿本店」です。
JR恵比寿駅西口から六本木方向に向かった途中にあります。
味の時計台の焼きチーズラーメンや衝動の味噌チーズラーメンを食べました。チーズとラーメンの組み合わせは意外に合います。最近の好みのラーメンです。そこで、本家の九十九とんこつラーメンの元祖まるきゅう味噌チーズラーメンを食べたくてお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、その手前から中央にカウンター席、右側にグループのお客様でも1人のお客でも対応できそうな大きなテーブル席があります。昔の大衆酒場を再現したかのようなレトロなお店です。14時過ぎに着きました。さすがに東京ラーメンランキングの上位常連のお店だけあってこの時間でも混んでます。以前はずーっと待ちの列が絶えることがなかった時代もあったようですが、今ではそこまで混んでいません。7~8割の席が埋まっています。時間をずらしたのが効をそうし、すぐに座ることが出来ました。
メニューは、九十九ラーメン、まるきゅうラーメン、みそラーメン、醤油ラーメンがあり、他にも担々麺などがあります。お客さんを見ているととんこつの九十九ラーメンとチーズ入りのまるきゅうラーメンに2分されています。そしてランチタイムは、ゆで玉子、半ライス、サラダ、コーンの中から2品がサービスになります。目的のまるきゅうラーメン+ゆで玉子+半ライスにしました。
待ちこそないんですが混んでいるので多少時間がかかるもんだろうと思っていましたが、結構早く出来てきました。多くのお客さんに普段から対応していることがわかります。

九十九 まるきゅうラーメン

たかみちの潮ラーメン以来でしょうか?黄色い器です。
そして、粉チーズの山が凄いことになっています。
麺は、普通の太さで普通の縮れ具合のごく一般的な麺です。形的には一般のものですが、プリプリとした歯応えが良くとても美味しく感じられます。
スープは味噌味のものですが、まろやかな少しおとなしめのものです。粉チーズが溶け込むととてもまろやかで濃厚なスープになります。濃い目のクリームシチューのようです。チーズの味が強いのですが、癖のない花畑牧場のトムチーズなので嫌な感じは全然しません。チーズ濃い目のスープです。
トッピングは、もやしが結構多めにトッピングされています。粉チーズが山盛りのように見えますが、もやしで上げ底になっています(味的に十分な粉チーズがトッピングされています)。ゆで玉子は完熟ゆでです。テーブル上には、ピリ辛もやし、ねぎ、激辛高菜が置かれており自由に食べることができます。ライスには激辛高菜が合います。本当に辛いです。
まるきゅうラーメンは900円と高価なラーメンですが、チーズの味を十分に楽しめれば決してお高いものではないでしょう。今度は、とんこつ味の九十九ラーメンを食べてみたいと思います。こちらは650円でランチタイムのサービスを考えるとかなりのコストパフォーマンスになります。

|

« 行列のできる店のラーメンカップ 新潟 | トップページ | ピエールマルコリーニ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/42657672

この記事へのトラックバック一覧です: 九十九:

» ゆで玉子 作り方 [ゆで玉子 作り方]
ゆで玉子 なかなか上手く茹でられなかったので いろいろ調べて忘れないようにブログにしちゃいました [続きを読む]

受信: 2008.10.09 00:23

« 行列のできる店のラーメンカップ 新潟 | トップページ | ピエールマルコリーニ »