« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008.11.30

せんべい鍋

鍋の季節になりました。
で、今年の流行りの鍋に挑戦です。今年流行の鍋はせんべい鍋です。昨年のカレー鍋もなかなかでしたが、せんべい鍋はどんなもんでしょう?
家族は、そんなB級グルメ…いやC級グルメ食べなくてもいいようなことを言っています。セブンイレブンのお取り寄せなんかで“せんべい鍋セット”があるのなんか見せたら、急に態度が変わります。

せんべい鍋 準備

材料は、いろいろ凝り出すとあるらしいのですが、醤油味の鶏鍋にせんべいを入れるようなことでやってみました。南部せんべいのごまとまめの両方を準備してみました。

せんべい鍋

通常の鍋と同じように、煮込んでます。
蓋をしてしばらく置き、軟らかくなったところを食べます。
なかなかいい食感です。軟らかいけど麩よりは硬いし、ダシを良く吸っています。

次回は、手作りせんべいで挑戦したいけど・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖籠町 クリスマスイルミネーション

聖籠町 クリスマスイルミネーション

聖籠町商工会青年部が中心となって行っているクリスマスイルミネーションです。
聖籠町町民会館前で見られます。11月30日から1月3日までです。
全長8メートルのツリー、周辺街路樹もイルミネーションが点灯されています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.29

箱根

箱根 ちゃーしゅーめん

阿賀野市(旧水原町)の「ちゃーしゅーめん 箱根」です。
国道49号線沿い、ビルの1階にあります。
お店は、奥から左側にかけて厨房があり、左の厨房に向いて中央にカウンター席、右側に小上がりがあります。
18時営業開始ということで、居酒屋風な感じもするお店です。水原で18時からとなるとなかなかお邪魔できませんでしたが、久々にお邪魔することができました。19時到着でお店には他にお客はいません。
メニューは、麺類に加え一品料理もあり、少し飲んだりできるお店です。麺類は、普通に醤油、味噌、塩、タンメン、五目など中華っぽいものまであります。3年前にちょうど来ていますが、安いメニューが50円値上がりしています。看板メニューのチャーシューメンにしました。
他にお客さんがいないこともありすぐに作ってもらえました。醤油色のしっかりしてそうなスープにトッピングがたっぷりです。
麺は、普通の太さの縮れですが、食感の良い美味しい麺です。
スープは、醤油色が濃い目に見えますがちょっぱ過ぎることもなく、醤油が効いた鶏ガラ中心のあっさりした美味しいスープです。
トッピングは、チャーシューメンらしく多めのチャーシュー、メンマ、ほうれん草、ゆで玉子半個がのってます。脂身が程良く味も良く美味しい小さめのチャーシューは、しっかり味が滲み込んでいます。ラーメンの時は普通に食べれたチャーシューですが、チャーシューメンのように量が多くなるとチョットしょっぱく、脂身が多少しつこく感じます感じます。ゆで玉子も黄身がボソボソにならない、程良いゆで具合いで美味しくいただけました。下手な味玉より美味しい。
しっかりした醤油味スープが美味しいものでした。チャーシューメン850円は、たっぷりのチャーシューと深夜営業のラーメン屋としては普通かも知れません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

瓢湖

瓢湖

今年もたくさんの白鳥が海を渡ってやってきました。
まだ陽の高いうちは白鳥も周辺の田んぼへ出掛けているようで、白鳥の数より人間の数の方が多くいます。小さな子供を連れた家族連れが大勢見物に来ています。

瓢湖

日が短い今は、白鳥が瓢湖に戻ってくる時間は暗くなって写真が撮れるような状態ではありません。シャッタースピードを落として撮ってみました。鴨など動きの早いものがボケル面白い写真になりました。

冷えた身体は「出湯温泉 共同浴場」で温めました。結構お客さんが入っています。最初ぬるく感じますが入っているうちに徐々に温まります。単純温泉です。タオルも石鹸もありませんが嬉しい料金は200円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北方文化博物館

北方文化博物館 アプローチ

今日は、新潟市から東方向にドライブです。
最初は、北方文化博物館です。豪農の館、伊藤家の邸宅です。前回尋ねた関川の渡邉亭よりも広い敷地で、門・母屋までの庭などに風格があります。

北方文化博物館 室内

建物は新しく感じます。そんなに古く感じません。

北方文化博物館 座敷&庭

座敷はさすがに広々して、座敷からの庭もワイドって言葉が似合うものです。
でも、もうひとつ豪農って言葉に合うようなもの凄さが感じられなかった。
入館料は、大人800円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.28

じじ&ばば

じじ&ばば 牛丼

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあります。
今日は、レバ刺し曜日です。今週も一週間分の仕事を片付けると帰りの交通手段がなくなりました。でどうせタクシーならってレバ刺し食べにじじ&ばばへ・・・です。
じじ&ばばに行ってまずすることは、今日のお奨めの書かれたホワイトボードの確認です。通常ならビールのおつまみがなんかあるかなって見ます。天ぷら定食とかあると単体で注文してラーメンに乗っけて食べます。
今日は、国産牛の牛丼です。牛丼大好き。ラーメン好きより遙かに歴史のある牛丼好きです。なもんで今日は定食です。いや~美味しいです。冷奴、お新香、具沢山味噌汁とのセットでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+納豆

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅近くにあります。
巻近くに昼時間いると自然と古潭に足が向きます。駐車場のないお店なので路上駐車が多くなっています。バス路線なのでバスの通行に支障がないように車を停めます。
お店は、車庫の奥にあるような感じです。車が停められそうなスペースの奥に入口があります。お店もさらに奥行きがあり右側に厨房、左側にカウンター席、手前に小さなテーブル席1卓、奥の左側に小さな座敷があります。ちょっと古い感じで照明も押さえた落ち着いた雰囲気です。12時30分過ぎに着きました。満員かと思いましたが今日は結構空いています。カウンター席に座りました。
メニューは、醤油、味噌、塩があり、それらの野菜ラーメンと納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。すぐに注文を聞かれました。このお店も石門子程ではありませんがせっかちです。野菜味噌ラーメン+納豆にしました。
お客さんが少ないと思いましたが、それなりに出入りがあり増えてきました。
お客を急かすだけのことはあって、ラーメンが出来上がるのも早いです。
白味噌仕立ての色が美味しそうに見える筈なんですが明るさが足りないんで合わせ味噌のような色です。納豆が美味しそうです。
麺は、細めの縮れで歯応え、ツルツル感やモチモチ感などずば抜けてどうこう言う特徴はありませんが、バランスの良い好きな麺です。
スープは、白味噌仕立てのあっさりしたものです。色が白っぽく、白味噌らしくあっさりしているのに、味噌の旨味と適度な甘さと優しさがあります。この点が他の味噌ラーメンに勝っているのでしょう。
トッピングは、予め茹でてあったキャベツともやしです。もやしは、全体に良い歯応えを与えてくれます。キャベツは、好みのレタスのような食感です。根に近い太い(厚い)部分や外側や中心の小さい部分を使っていないようです。茹で加減が良いのでしょう。味噌のスープと相まって美味しくいただけます。
さて、それに加えて納豆です。好きな挽き割り納豆です。最初は麺に直接絡めて食べます。納豆の美味しさはガンガン来ますが、しょっぱさが少し足りません。スープの一部分に納豆を多めに溶いて麺を絡めて食べます。これが一番美味しいかな!
今日の古潭もヘルシーに楽しみました。味噌野菜ラーメン600円プラス納豆100円で700です。食べた量を考えると安くはありませんが、楽しんだ量を考えると十分満足できるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.27

喜八

喜八 超激辛ラーメン

南魚沼市(旧六日町)の「喜八」です。
六日町の八海山寄りにあります。味噌ラーメンと辛い地獄ラーメンが評判のお店です。
お店の横に駐車場があります。前回訪ねた土曜日のお昼時間前後は、駐車場に空きはなく、路駐か駐車場に入るために並ぶかといった状態でしたが、平日の13時過ぎは空きがあり停められました。
お店は、左に厨房、中央には間に衝立があり向かい合うようなカウンター席、右側に小上がり、奥に小さな座敷があります。普通の昔からやっている食堂の雰囲気です。
メニューは、食堂と厨房とを仕切る壁の上部に貼り出されています。醤油、塩、味噌、辛口があります。辛口は、小辛、中辛、激辛、超激辛まであります。さらに貼紙があり「超激辛を合格した人以外はこの先の辛さはお断りします。」と書かれています。その横から入口の近くまでメニューにない地獄一丁目から三丁目の合格者の名前が貼り出されています。前回味噌ラーメンを食べたので、今回は辛口のラーメンを食べてみることにしました。どうせ食べるんならめいっぱいってことで超激辛ラーメンにしました。
小辛、中辛、激辛は700円ですが、超激辛は800円です。容赦のない辛さを期待しながら待っていると、今回は早めに出来てきました。
スープの表面を赤いものが覆い尽くしています。お~辛そうです。
まず、スープの表面の赤い部分をレンゲで救って飲んでみます。凄い辛さです。口から火が出そうな辛さです。
麺は、普通か気持ち太いかなって感じの縮れ麺です。モチモチ感が強く歯応えのある麺です。
スープは、めちゃくちゃ辛いです。食べれない辛さではありませんがさすがです。大したことないだろうと思っていましたが本当に辛いです。スープそのものの味は美味しいのですが、辛さで味わうどころではなくなっています。
トッピングは、厚みのあるチャーシュー、ゆでた玉ねぎとシンプルです。
喜八の辛いラーメンはどんなものか食べてみました。本等に辛いものでした。美味しいかって聞かれれば『味わうどうこう以前の問題でした』ってな感じです。

喜八 超激辛ラーメン 完食

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.26

じじ&ばば

Photo_3

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあります。
関東からの出張者と遅くまで仕事になりました。一緒に夕食をと思って魚の美味しいお店へとっていうのが一般的ですが漁師の息子ですから…、そんなに時間をかけずに少しのお酒とボリュームのある食べ物を食べさせてくれるお店っていったら…、でじじ&ばばになりました。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、その左側と手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。夜の8時頃から翌5時までの深夜型です。午後10時頃の到着です。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。ビール、一品料理をいただきながら〆のラーメンは出張者に合わせもやしラーメンにしました。
麺は、細縮れ麺でシコシコした歯応えのあるとっても好みの麺です。
スープは控え目ですが、もやしから出た旨味がまろやかで美味しく感じます。少しですが辛みも効かせてあります。
トッピングのもやしのあんかけは、もやしに加え人参、ピーマン、きくらげなども入っています。大きさを合わせてあり歯応えを楽しむことができます。多めの刻みねぎも風味があってなかなか好みの美味しさです。生姜と一旦潰したニンニクを小さく刻んで加えてあります。生姜の辛味と風味、ニンニクの旨味のカプセルのようにその成分を小さな粒に閉じ込めているようです。それらが、口の中で噛まれた時に広がるようで食べながら楽しめるあんかけになっています。
とても美味しくいただきました。〆にしてはちょっとボリュームがあり少し食べ過ぎになってしまいましたが、出張者にも喜んでいただけました。美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健龍

健龍 らーめん

新潟市の「燕らーめん 健龍」です。
万代島の朱鷺メッセ前のときめきラーメン万代島の1店舗です。
お店は、奥に厨房、配膳スペースを囲うように凹型にカウンター席、右側にテーブル席があります。12時30分に着きました。ときめきラーメン万代島には人通りも少なく感じましたが、健龍は混んでます。テーブル席はすべて埋まっていてカウンター席も半分くらい埋まっています。
メニューは、ラーメン、味噌ラーメン、それらに背脂やトッピングを加えたものがあります。メニューによって太麺と細麺が使い分けられています。 普通のラーメンを注文しました。米粉麺と麦粉麺のどちらにするか聞かれました。全メニューではなさそうですが、米粉麺と麦粉麺が選択できるようです。こちらも普通に麦粉麺にしました。
混んでいることもありちょっと時間がかかりましたが、美味しそうなラーメンが出来てきました。半熟玉子が綺麗な彩を添えたラーメンになっています。
麺は、細縮れ麺で結構モチモチ感の強い麺です。
スープは、醤油味で旨みの強い麺です。サバ節を基本にしているとのことで、強めの魚介系のであることがすぐに解ります。多めの油が表面に浮いています。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、半熟玉子半個、ワカメ、海苔です。基本のラーメンですが充実しています。
600円と普通の値段ですが、旨みのあるスープと充実したトッピングはなかなかじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.25

寿司清

寿司清 ランチ(にぎり)

新潟市の「寿司清」です。
礎町ですが、イトーヨーカドー丸大の近くにあります。
今日は、同僚との食事で寿司ランチになりました。
にぎりとちらしがありますが、今日はにぎりにしました。
甘エビの頭のお味噌汁が付いて800円です。
美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.22

松代 棚田

松代 棚田 初冬

十日町市(旧松代町)の棚田です。
雪でうっすら白くなった棚田を撮ろうと思って出掛けましたが、時間が遅くなったのと日差しが差してきてちょっと違う雰囲気の写真になりました。初冬の雰囲気は伝わるかなと思います。

じっくり撮ろうと思っていたのですが、寒気も本格化してきて肌がヒリヒリ敏感になったので車の中から撮影でした。本当にヤバクなってきました。途中コンビニでユンケル飲んだのですが効いてきません。酷い寒気と車のシートに触れる部分がヒリヒリ痛くなって辛いのでお風呂に入ることにしました。
芝峠温泉で身体を温めたら大分良くなってきましたが、めまいがしてきました。一休みしてめまいもなくなりゆっくり帰りました。家に帰って午後6時と早い時間から寝たら深夜にはすっかり良くなってきました。

深夜は、雷の音と振動で何度か起こされました。電気の瞬断もあったようで光の回線終端装置が固まって電話もインターネットも使用できない状態になりました。ルータが固まることは何度かありましたが、回線終端装置は初めてのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暁天

暁天

小千谷市の「手打ち麺処 暁天」です。“きょうてん”と読みます。
国道17号線三仏生交差点、ベイシアの向かいにあります。お店の前に駐車場がありますがほぼ満車です。裏にも駐車場があります。お店の規模からいうと十分な台数分確保されています。
お店の入ってすぐのところに風除室があり、食券販売機があります。並ぶように椅子があります。12時ちょうどの到着ですが混んでます。前に11人並んでいます。風除室にエアコンが設置されていますが動いていません。朝タイヤ交換した際身体が冷えて少し寒気がしてヤバイかなと思っていましたが、身体が暖まりかけていたんですがまた冷えてきました。
メニューは、醤油、塩、味噌、担々麺とそれにトッピングを加えた物があります。オープンのご祝儀を兼ねて角煮みそ麺の食券を買いました。
お店は、左端に風除室があり、奥に厨房、手前に奥と手前で向かい合わせるように座る長いカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。最近新築オープンしたお店ですので、綺麗なお店です。カウンター席の入口近くの席に案内されました。本店の勝龍同様に大盛りがサービスになっています。大盛りはたぶん2玉です。半端な量じゃないので角煮みそ麺(中盛)にしました。
混んでいることもあり出来上がるまで多少時間がかかりました。

暁天 角煮みそ麺(中盛)

角煮の美味しそうな色と水菜の緑が綺麗です。
麺は太縮れの平打ちで触感、噛み応えの良いもので、濃厚な味噌のスープに良く合います。
スープは、味噌の味が絡みつくような味噌らしい濃厚なスープです。油ととろみも味噌ラーメンとしてはかなりあるものです。
トッピングは、もやし中心の炒め物、水菜、メンマ、角煮です。角煮は、軟らかいものを使っているお店が多いように感じますが、勝龍同様の角煮は歯応えがあります。なかなか良い感じの硬さです。
角煮みそ麺は980円です。高いです。もう少し安ければとも思います。でも、たまにですがそれだけのお金を出しても食べたくさせる味です。

ラーメンを食べたら身体が暖まるだろうと思っていましたが、入口に近い席で人が出入りする度に冷たい風が入り混んで来るの暖まりません。七味唐辛子を入れて暖まろうとしましたが叶いませんでした。

ふろく

ようか

小千谷地区にもう一店舗オープンした『麺や ようか』です。
こちらも13時過ぎでしたが並んでいます。
今度、お邪魔させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM PORT ステッカーキャンペーン

FM PORT ステッカーキャンペーン

長岡市のDoCoMoショップ長岡店で開催された“FM PORTステッカーキャンペーン”に来ました。
この場所では2回目の開催になります。以前より大勢のリスナーが集まっています。
今回は、Hiroeさんと松本愛さんの2人のナビです。

FM PORT ステッカーキャンペーン ステッカー

そしてDoCoMoショップとのコラボステッカーもいただきました。
今回は、飲み物も付きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.21

じじ&ばば

じじ&ばば 味噌チャーシューメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあります。
金曜だけのレバ刺しを食べたくてお邪魔しました。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、その左側と手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。夜の8時頃から翌5時までの深夜型です。午後10時過ぎの到着ですが、今日はお客さんが多いです。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。ビール、レバ刺し、日本酒をいただきながらラーメンの話なんかもしました。大きく味のしっかりしたチャーシューは作るのが難しいことなんか聞いていたらチャーシューが食べたくなりました。今日は、味噌ラーメンが食べたいと思っていたので味噌チャーシューメンにしました。
お客さんが早い時間から多かったのでマスターがひと休みを入れた後で作ってもらいました。
麺は、太縮れ麺です。居酒屋で食べるラーメンなのに、太さの違う麺を用意しています。太麺も美味しい麺です。
スープは、味噌ラーメンの中ではおとなしい味噌の使い方でしょうか。赤味噌ですが、結構あっさりした感じで食べられます。それでも味噌の美味しさを楽しめるものです。もやしの美味しいダシが感じられます。
トッピングは、もやし・玉ねぎ・人参・ピーマン・豚肉などを炒めたもの、大きなチャーシュー、メンマものってます。味噌らーめんにチャーシューやメンマがのってると嬉しくなります。話をしていたチャーシューは、味が中まで入っていて美味しいものです。
ボリュームたっぷりで美味しくいただきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

かぞく亭

かぞく亭 塩チーズラーメン

村上市(旧神林村)の「かぞく亭」です。
国道7号線沿いの旧村上市の寄りにあります。前が道路工事中で入口の位置が少し変わっています。
お店は、右側に厨房、その前に小さめのカウンター席、中央にテーブル席、奥と左側に小上がりがあり、さらに左手前に個室の座敷があります。普通の食堂の雰囲気です。午後1時前の到着ですが、結構混んでます。カウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、麺類、定食、一品料理からそば・うどんまであり、さらに夜は、飲めそうな居酒屋の料理まで揃っています。看板に納豆ハンバーグがあって凄く興味があるんですが今日は麺類にします。麺類は、醤油、味噌、塩の各味と創作系ラーメンがあります。創作系は、わさびらーめん、オリジナルラーメンがあります。どちらも食べました。寒い時期限定のシチューラーメンを食べようと思っていたのですが、まだやってないようです。次に気になっていたのが、塩チーズラーメンです。味噌チーズラーメンは3店舗で食べましたが、塩チーズラーメンはまだ食べたことがありません。どんなもんか塩チーズラーメンにしました。
他のお客さんはほとんど食べていて、すぐに作りはじめて早く出来てきました。大きめの浅い器に塩ラーメンらしい透き通ったスープです。
麺は、やや細の縮れで癖のない食べ易いものです。
スープは、塩ラーメンらしく透き通っていますが、その表面は背脂とネギが浮いています。背脂抜きも出来るとのことですが、それほどの量ではありません。塩は程良く効いています。旨さがあります。マルちゃんの袋麺の塩ラーメンにも似た好みの塩のスープです。
トッピングは、1枚ものの歯応えのあるチャーシュー2枚、メンマ、鳴門、絹さや、コーン、そしてチーズです。チーズは、とろけるチーズがスープの中の麺の上でとろけています。グラタンかビザかといった感じで、麺を取り出すときに絡んできます。味噌のスープにもチーズは合いますが、塩にも合います。まろやかでとても美味しい食べ物になっています。
とっても面白くいただきました。800円も高いラーメンかと思いますが、楽しんだことを考えると妥当な線でしょう。
途中でコーヒーサービスカードをもらいました。期限は2月末まで、平日の昼、2人まで何度でも使用可能です。かなり太っ腹です。スープまで全部飲んだ後に、コーヒーをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.20

ルネッサンス

ボージョレ・ヌーヴォ

働き出してからズーッとこの日はボージョレ・ヌーヴォを楽しんでいる。
お酒の味も美味しさも知らない時から飲んでいる。
最初の頃は、寮で一人で飲んでいた。
結婚してから妻と飲んでいます。
昨年は、妻が買い忘れ喧嘩になって自分でコンビニに行って買いました。

コンビにもいい加減なコンビにもある。
ボージョレ・ヌーヴォを買いに行くとそれ何?って行ったぐあいだ。
説明するとそういうと何か今日多めにワイン来てたな。
とバックヤードから出してくれた。
って、解禁日に店頭に並べないで意味あるのか?

で、今日は自分が買ったもの、妻が買ったもの、プレゼントの応募で当たったものと3本が並んだ。
好きなのは、ボージョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォです。
今年のワインは、まろやかに感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうせんや

とうせんや 辛味噌ラーメン

新潟市の「辛味噌亭 とうせんや」です。
新潟駅前にあります。オープン当時ジャンケンでラーメンが半額にするようなイベントをやっていました。商品代金で博打っぽいことをして話題を作っていたので嫌いだったのですが、それ以来普通にやっています。そろそろ食べてみようかと思いました。
お店は、入った先に厨房があり、その左側にカウンター席、さらに左側に小上がり、左手前にテーブル席があります。町の中のそこそこ綺麗なラーメン屋さんです。12時40分頃に着きました。ほぼ満席です。カウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、お店の名前にもなっている辛味噌ラーメン、醤油ラーメン、岩海苔ラーメンとそれらにネギとチャーシューをトッピングしたものがあります。オープン当時からメニューも値段も変わっていません。お店の名前にもなっている辛味噌ラーメンにしました。
その後食べ終わったお客さんも帰り空いてきましたが、ラーメンが出来上がるまで時間がかかっています。少し待ったかなという当たりでラーメンが出来てきました。
赤味噌と白味噌の中間ぐらいの合わせでしょうか?美味しそうな色です。
麺は、太縮れのこれぞ味噌ラーメンといった感じのもので、それに相応するモチモチ感があります。
スープは、最初に味噌のスープだけで食べてみます。味噌らしさ、しょっぱさ、甘さ、油等のコッテリ感が良いバランスですが、少しだけ薄味です。さて、次に丼の中央に盛り付けられた辛味をスープ全体に溶かして食べます。辛味の量は少なく感じましたが、なかなかしっかりした辛さがあります。といってもだれでもたべられそうな辛さです。さっきまで薄味に感じていたスープが良くなりましたが、まだ少し薄味です。
トッピングは、嬉しいことにチャーシューがあります。野菜炒めはもやしがほとんどで、キャベツときくらげが気持ち程度に入ったものです。さらに味玉も半個、コーンも入ってます。
味噌ラーメンで辛味を加えて楽しむことが出来ました。オープンした当時は、普通かなと思った値段もトッピングの充実さを考えるとなかなかいい線いってるんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.19

くら田

くら田 ワンタンメン(大盛・平麺・塩味)

新潟市の「めん処 くら田」です。
本町通りと東堀通りの間6番町にあります。
お店は、奥に厨房、右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木がお店を印象付けています。12時10分頃着きましたが、席がいっぱいです。少し待ってカウンター席のお客さんが帰り座れました。今日もおじさんとおばさんが切り盛りしています。壁にはメニューの他にマラソン関係の表彰状や記録証、写真などが貼られています。知る人ぞ知るマラソンのある日が定休日のお店です。
メニューは、ラーメン、ワンタンメン、チャーシューメンとカレーラーメンがあります。麺は、普通(160g)、中盛り(200g)、大盛り(240g)、ダブル(320g)と選べます。大盛りは100円増しですがサービス(無料)になります。壁に貼られたメニューには、残さないでねと付け加えられてあります。大盛サービスのお店の多くはお客が言わないと普通盛りになることが多いのですが、このお店はきちんと聞いています。麺は、普通の細麺の他に平麺とうどん麺も選べます。今まで気が付かなかったのですがスープも醤油味と塩味が選択できます。まだ食べたことのない組み合わせでワンタンメン(大盛・平麺・塩味)にしました。
一人前ずつ作っているので時間がかかるのは覚悟していましたが、さほど待った感もなくワンタンメンが出来てきました。
大きめの器に波々とスープがあります。淡い色があっさりしてそうですが、しょっぱさが大丈夫かな、足りないんじゃないのかなと思うような色です。
麺は、平麺ですがそんなに太さはなく、食べてみて一般的な麺の太さよりも少しだけ太いかなと感じるものです。細麺と同じように弱い縮れの癖のない麺です。ツルツルした舌触りの気持ちいい麺です。最初は少しモチモチ感が強めですが食べているうちにちょうど良い歯応えになります。
スープは、透き通った淡い色です。煮干しの香りがほんのり漂う新潟らしいあっさりしたものです。いつも通り少し薄めに感じますが、塩のきつさがなく優しい塩味に仕上げられています。
トッピングは、歯応えのあるチャーシュー、浅漬かりのメンマ、ほうれん草です。ワンタンは、皮が軟らかく具がかなり小さい皮を楽しむ好みのものです。
ワンタンメンが750円ですが、大盛り・平麺変更・塩味などの変更をしても同じ値段です。そんなに極端に安いって感じでもありませんが、それ以上に楽しめたいっぱいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の到来

雹

今日は、朝から荒れ模様です。
霰が降ってと言いたいところですが、雹ですね。
バチバチと音を立てて容赦なく降ってきます。
バスが遅れる季節になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.18

コンビニショッピング

本“日帰り温泉”

会社帰りコンビニに立ち寄ったら日帰り温泉の本があったので思わず購入。
家に帰って見たらかなり行ったことのある温泉ばかりだった。
来年の目標は“蓮華温泉”!

雪見だいふく きな粉黒みつ

アイスクリームも新しいものがあった。雪見だいふく きな粉黒みつ
次男が、好きそうなアイスクリーム。喜ぶ顔が目に浮かぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東横

東横寺尾店 野菜みそラーメン

新潟市の「東横 寺尾店」です。
新潟を代表する味噌ラーメンの人気店です。
西大通り(旧国道116号線)沿いにあります。
オープンしたのも場所も知っていましたが、初めて食べに来ました。
お店の前に数台停められる駐車場があり、少し離れて第二駐車場があるようです。14時前と今日も昼時間がズレてしまいお店の前に車を停めることができました。
お店は、入口が奥まっていて窓が少ない建物です。アメリカ屋寺尾店の時に建てられた建物なんででしょう。左側に厨房、中央にテーブル席、右側にカウンター席のように一人のお客さんが使えそうな大きなテーブルの席、奥に小上がりがあります。最近の大きなラーメン屋さんの雰囲気です。お昼時間を過ぎていますが、そこそこお客さんが入っています。
メニューは、味噌・醤油・塩の各ラーメンを始め、定食まで幅広くやっています。野菜をきちんと取らなきゃと思い野菜みそラーメンにしました。オーダすると普通は太麺ですが、細麺も出来ますと丁寧に説明してくれました。他のお店では説明を受けたことがないのでちょっと嬉しいですね。濃厚でしょっぱいみそラーメンが細麺だったらとどれくらいしょっぱく感じるんでしょう。今まで太麺ばかり食べていたので今日は細麺にしました。
お客さんが少ないんで早くラーメンが出来てきました。
麺は、細麺といっても普通の太さの縮れ麺でモチモチしていて東横の濃い目のスープに合う麺です。やや硬めの茹で加減です。麺か細い分濃いめのスープを良く掬うのでよりしょっぱさを楽しめます。
スープは、割りスープが付くぐらい濃い目です。味噌の旨みが活きている美味しいスープです。ちょっと田舎みそのような雰囲気を感じる味噌です。味噌を濃い目にするから美味しいのか、濃い目にすると美味しい味噌を使っているのか?味噌の旨みと自然な感じの甘みが良いですね。途中からテーブルに置かれた七味唐辛子を入れてみます。味噌の濃厚さとしょっぱさが七味唐辛子を入れたことを感じさせません。さらに最後に薄め用のスープを入れてみます。普通のラーメン屋さんの味噌ラーメンのスープと同じような味になります。薄まったらさっき入れた七味唐辛子の辛さも伝わってきました。
トッピングは、キャベツともやしの炒め物がのっています。火は通っているのですが、野菜の新鮮さのようなものを感じます。野菜炒めもまた濃い目のスープと良く相まってちょうど良い感じの味になります。
東横の味噌は、そんなに好きじゃなかったんですが、食べてるうちにだんだん好きになってきます。好きになるというよりも癖になる味です。割りスープで遊べるのが良いです。それと細麺もなかなか合います。値段も野菜みそラーメンで680円なら今なら良い値段じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.17

蓬来軒

蓬来軒 らーめん(大盛)

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路の東寄りにあります。
お店は、右中程から奥にかけて厨房、その中央よりと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。今日も昼時間がズレてしまい14時に着きました。遅い時間ですがテーブル席に2組のお客さんがいます。カウンター席に座ると後から1人お客さんが来ました。この時間でもお客さんが動いています。
メニューは、カラーの写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、町の中華料理屋さんといった感じで、麺類を中心にご飯ものもあります。麺類も中華系を中心に豊富です。今日は、お腹が空いているのと時間がないのでらーめん(大盛)にしました。
お昼時間だとお客さんも多く中華系が人気で、ある程度の待ちは覚悟しなければいけませんが、さすがにこの時間は早いです。
シンプルな中華そばって感じで出来上がりました。
麺は、細く縮れが少し弱めのシコシコプリプリした歯応えの楽しい美味しい麺です。
スープは、薄い醤油色の透き通った新潟あっさりラーメンらしいものです。醤油味ですが塩も効いていて、ただあっさりしているだけではなく味にしまりのあるものです。好みだともう少し野菜の甘さが欲しいです。
トッピングは、やや軟らかいチャーシュー、メンマ、ねぎ、とてもシンプルです。
あっさりしたシンプルならーめんをいただきました。大盛りにしたので量はあります。麺もスープも美味しい、安いんでわがまま言っちゃいけないでしょうが、もうひとつトッピングが欲しいですね。ちょっとの量で良いのでほうれん草か海苔とか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.16

大舎厘

大舎厘

新潟市江南区(旧亀田町)の奥次郎跡地にラーメン屋さんが入りそうです。
お店の名前は「麺や 大舎厘」です。
新潟ラーメン博のために結集した「ちゃーしゅうや武蔵・一兆・孔明のコラボ店」?
柳都にいがた、柳の下に…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM Port 「MOVE ON STREET」公開放送

MOVE ON STREET 新ステッカー

アピタ新潟亀田店で開催されたFM Port 「MOVE ON STREET」公開放送に行きました。今日はいつもに増してリスナーが多かったようです。公開放送の様子は“たむらぱん”がゲスト出演ということで撮影禁止。仮谷さんは今日も元気いっぱいでした。
「MOVE ON STREET」の新ステッカーいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.15

大沢鍾乳洞

大沢鍾乳洞 登口

五泉市(旧村松町)の「大沢鍾乳洞」です。
村松~加茂の県道67号線の峠にあります。看板がありすぐ判ります。
一度は行って見たいと思ってましたが、ようやく来ました。
県道沿いの駐車場に車を止め、懐中電灯を持って看板の案内に従って進みます。

大沢鍾乳洞 登道

県道の看板には300mとなっていますが、結構きつい山道です。
暑くなってきました。
気分的には500m以上登ったような感じです。

大沢鍾乳洞 上部

登って行くと切り通しがあり、間から建物の屋根が見えます。
少し広くなった場所に、説明や鍾乳洞内の地形などが書かれた看板があります。

大沢鍾乳洞 入口

建物は関係ないようで、普通の原っぱみたいなところが入口のようです。
縦穴を降りていくような入口です。

大沢鍾乳洞 降口

降りていくと廻りは岩になり、奥からコウモリが歓迎しているようで時々飛んで入口付近を飛び回っています。鉄でできた階段があり降りて行きます。天井が低いので注意が必要です。懐中電灯で足元と天井を交互に照らしながら進みます。中はもの凄い湿気です。湿度100%でしょう。下は、岩場やコンクリートになっていますが、泥が1~2cmくらい積もっています。

大沢鍾乳洞 内部

自分の吐息と身体から蒸発する湯気で、肉眼だと大丈夫ですが、カメラだとストロボに反射して写真がなかなか上手く撮れません。こんなところまで落書きしている人がいるんですね。

大沢鍾乳洞 内部

全て行ける所まで行こうと思っていましたが、狭いのと壁が濡れて泥が付いているので諦めました。雨合羽が欲しいです。サンダル履きはきついです。

岩手県岩泉町の龍泉洞を見たことがあります。真っ青に透き通る地底湖の透明度にはビックリしました。内部照明がないくらいでいろんなものがあるかと楽しみしていましたが、山の祠って感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麗人

麗人 ラーメン(大)

五泉市(旧村松町)の「麗人」です。
村松の街中の国道290号線に面してお店があります。店の前に2台分の駐車スペースがありますが、営業時間内はいっぱいで停められない事の方がほとんどです。関川→胎内→赤谷→三川→村松と移動しました。今日は15時過ぎと遅い時間だったので停められました。
お店は、仕切られて奥に厨房、手前にテーブルが5卓あるだけです。テーブルが少し小さい食堂の雰囲気です。テーブルは大小あり、壁に付いたりしていて3~5席になっています。
メニューは、厨房側の壁の上部に貼られています。ラーメンとそれにトッピングを加えたものがあり、2年近く食べてませんでしたが値上がりしていません。量は、小(0.5玉)、普通(1.0玉)、大(1.5玉)、特大(2.0玉)まであり50円刻みに価格設定されています。ラーメン(大1.5玉)にしました。セルフサービスの水を持ってきてラーメンの出来上がるのを待ちます。お店には、本棚が多く単行本の漫画がたくさんあります。
時間を外していたので直ぐに出来上がりました。シンプルで美味しそうです。
麺は、やや縮れのある細麺で、プリプリした食感が良い美味しい麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたものです。いい感じに煮干しの香る風味豊かなものです。実家の味噌汁(おふくろの味)が煮干し出汁だったので食べ慣れた好きな味です。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔です。チャーシューは、ロースっぽい中央部分は脂身がない硬めのもので、周囲に脂身が少しあるもの2枚です。
普通盛り450円で、大盛りでワンコインの500円です。これだけ楽しく・美味しく、お腹いっぱいで500円です。嬉しくなります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

渡邉邸

渡邉邸

FM PORT セーフティドライブキャンペーンが行われた道の駅「関川」の近くにある渡邉邸を見学しました。旧米沢街道に面したこの辺りには古くからの豪農の館等の建物が残っており、その中でも有名な邸宅です。

渡邉邸 土間

建物に入ると左側が管理事務所っぽい一間があり500円の入館料を払います。
まもなく、広々とした土間が現れます。昔の家って大小はありますがこんな雰囲気でした。

渡邉邸 台所

一番奥に台所があります。竈(かまど)があり、井戸も屋内にもあります。
竈って懐かしいですね。実家に昔ありました。タイル張りでしたが…。

渡邉邸 座敷

一番観たかった景色がこれです。
広々した座敷から眺める庭は最高です。
有名な日本庭園らしいのですが、豪農の館にしては狭く感じてしまいました。

津野邸

隣に津野邸があります。

佐藤邸

津野邸から一軒置いて佐藤邸があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM Port セーフティドライブキャンペーン

FM Port セーフティドライブキャンペーン

今月のFM PORT セーフティドライブキャンペーンは、関川村の道の駅「関川」からです。今回は、松本愛さんです。昨年の9月以来のセーフティドライブキャンペーン登場でしょうか。普段のキャンペーンだと10時にリスナーが集まって、その後少なくなるのですが新潟市などから遠いためか次々とリスナーが来ます。

FM Port セーフティドライブキャンペーン 松本愛

松本愛さんの写真を撮らせていただきました。

道の駅 関川 足湯

道の駅に隣接して「桂の関温泉 ゆ~む」があります。そこから引いているのでしょう足湯があります。凄く気持ちいいという人がいたので初めて試してみましたが…。

道の駅 関川 おでん串

おでん串が150円です。玉子、コンニャク、ちくわの3種の串です。
美味しかった。

道の駅 関川 山なめこ

やっと見つけました。天然もののなめこです。いろんな山菜や野菜の直売所でないかと探していましたがようやくここで見つけることが出来ました。今日は、なめこと豆腐の味噌汁です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.14

共進軒

共進軒万代店 北京風味噌ラーメン

新潟市の「共進軒 万代店」です。
万代シティの万代シルバーボールの裏にあります。
お店は、奥行きがあり、右に厨房、中央よりにカウンター席、左側にテーブル席があります。12時15分頃の到着です。並んでいるかなと思いましたが、並んでません。ほぼ満席ですがテーブル席に空きがあり座れました。
いつものようにちょっとごつい無口なおじさんとアメ横で鍛えたかのような声のおばちゃんと甲高い声のおねえちゃんが今日も元気良く働いています。
メニューは、中華系を中心に麺類、ご飯もの、丼ものなどがあります。以前から安かったし、久々なんで値上がりも覚悟していましたが、値上がりしていません。ありがたいことです。共進軒万代店の麻婆麺も美味しいんですが、北京風味噌ラーメンをお願いしました。
並びはしてませんが混んでます。いつもどおり多少時間がかかって出来上がってきました。挽肉のあんかけの色を見ただけで美味しいことが想像できます。
麺は、細縮れで熱々で食べるのが遅れても延び難いものです。あんかけとの相性もなかなかいい麺です。
スープは、あんかけと混じって良く解りません。味付けのしっかりしたあんかけと混じり合うことを最初から考えているのでしょう。スープだけだと物足りないスープです。それがしっかりした味付けのあんかけと混じり合うととても美味しい味になります。
あんかけは、挽肉が中心となっていますが、椎茸のみじん切りも結構入っています。触感が良いものも入っています。筍でしょう。辛みもあります。豆板醤の味に感じます。醤油の色と味、トロミもいい具合になっています。そして気になる甘さもばっちりです。本当に良いバランスです。
とても美味しいものでした。これだけ美味しく楽しんで580円です。コストパフォーマンス素晴らしいラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.13

びぜん亭

びぜん亭 支那そば

東京の「支那そば びぜん亭」です。
最寄り駅がJR中央線飯田橋駅になります。小さなオフィスビルとアパートっぽい住居とか混じった少し駅から離れた町って雰囲気の場所にあります。
お店は間口が狭く奥行きがあり、左に狭い厨房、右側にカウンター席6席です。カウンター席に人が座ると座った人の後ろを何とか通れるくらいのスペースしかありません。雰囲気的にはカウンター席だけの居酒屋さんです。13時頃に着きましたが席がいっぱいです。ちょうど食べ終わったお客さんがいて入れ替わりに座れました。その後からもお客さんがきました。『2階へどうぞ!』と店員が案内しました。2階がある今まであまり見たことのないタイプのお店です。
メニューは、支那そば中心にトッピングを加えた物があります。普通の支那そばにしました。
まあ、そんなに大きなお店でもなく混んでる訳でもなくですぐに出来てきました。
これは美味しそうな中華そばです。メニュー名では支那そばですが、中華そばそのものです。ネットで近くにあるダブルスープのお店とは違うようなことが紹介されていましたが、その通りでした。お店の名前にもあるようにこのお店は岡山ラーメンとのことで炊き込みご飯もあります。100円と安いので食べてみようかとも思いましたが、それは岡山に行ったときの楽しみに取って置きましょう。
麺は、細縮れのしっかりたもので少し硬めにゆで上がっています。なかなか触感の良い麺です。
スープは、醤油味の旨味のあるものでしょっぱさや甘さなどバランスの良いものです。また、適度な油が美味しさをいっそう引き立ててくれます。
トッピングは、軟らかいけど美味しいチャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草です。
東京のラーメン屋さんはいじり過ぎて変な方向に向かっているかと思いましたが、東京ラーメンじゃないかも知れませんがしっかり美味しいラーメンがあることに安心しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.12

じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン(ちょい辛)

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあります。
今日は、同僚と古町でビールと熱燗を少しいただきました。同僚とは拾番で〆のラーメンを良く食べたものです。拾番が再開したことを知らなかったようで、早速食べに行こうということになりました。拾番に向かう途中話しながら行くと、同僚はマーボーメンが大好きとのことです。じじ&ばばには何度か食べに行ってますが、マーボーメンを食べてなかったようです。ということで拾番の手前のじじ&ばばになりました。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、その左側と手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。夜の8時頃から翌5時までの深夜型です。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。同僚に辛さに強いか確認してマーボーメン(ちょい辛)にしました。
すぐに作り始めてもらって、ビールを飲んでる間に出来てきました。中華鍋で麻婆豆腐を作るところから始めるのでバカ早いってことはありません。
麺は、細く縮れた歯応えの良い麺です。麻婆を多めに絡めてきてなかなか美味しく食べることが出来ます。
スープは、醤油味で、さっぱり感、旨味、甘みのバランスの良い風味とまろやかな深みの美味しいものです。マーボとの相性も良く麻婆の味を邪魔しません
トッピングは、麻婆豆腐と多めの輪切りのねぎです。麻婆豆腐の味付けは、いつもながらのしょっぱさ、甘さ、旨さのバランスの取れたとても美味しいものでした。
〆にしてはボリュームがありますが。美味しくて完食してしまいます。

お詫びとお願い

この“新潟ラーメン日記”をご覧になっている方で、じじ&ばばのマーボーメンの“ちょい辛”を食べて辛過ぎてお困りになったお客さんがおられたようでお詫びします。居酒屋で食べられるラーメンの中のマーボーメンということで成人を対象としているため普通でも十分な辛さがあります。余程辛さに自信のある方以外は普通の辛さのマーボーメンから食べてみて下さい。それで大丈夫だったらちょい辛・中辛・辛口・大辛と辛い方向にお進み下さい。凄い辛さになります。マーボーメンとして味わって食べるには大辛が限界でした。激辛ってあるのかは不明です。じじ&ばばのマーボーメンと胡麻ラーメンは辛さを調整してくれます。この辛さを表す言葉もメニューにあるものではなく、食べていくうちにだんだん辛いものを食べてみようと勝手に注文の際にお願いした言葉です。ご自分の言葉で注文されるのもいいかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーモリ

オーモリ新井店 濃厚魚介ラーメン(細麺)

妙高市(旧新井市)の「オーモリラーメン 新井店」です。
国道18号線から旧新井市内に入って右側にあります。
お店は、幅が広くなっていて、奥に厨房、その手前にテーブル席、さらに手前に小上がりがあります。広いドライブインのような雰囲気です。テーブル席も小上がりも6人掛けなのでかなりの人数を収容出来そうです。新井って大きなお店が多いです。12時ちょうどに到着しましたが、ほとんどの席が埋まっています。小上がりにお客さんが帰ったばっかりの席があり、片付けてもらって座れました。
メニューは、醤油ラーメン中心ですが、味噌や塩もあります。セットものや定食、丼物もあります。メニューには載ってませんが、最近出来たらしい濃厚魚介ラーメンが壁に写真入りで貼り出されています。とんこつと魚介のダブルスープということでそれを食べてみることにしました。細麺を選択できるようなので細麺にしました。
多くのお客さんがいるので待つのかなと思いましたが、わりとすぐに出来てきました。
なかなか盛り付けが良くボリュームがありそうです。
麺は、細麺を指定しましたが本当に細い縮れ麺です。普通の麺がやや太のお店では細麺といっても気持ち細い程度が多いんですが、オーモリの麺は、本当に細いです。シコシコした感じの歯応えの良い楽しい麺です。
スープは、とんこつ系ですが意外とあっさりしています。油がほとんどないようです。魚介は濃厚というだけあってかなり効いてます。普通のラーメンでここまで効かせると嫌ですが、濃厚を選んで覚悟して食べるとこれぐらい魚介系を効かせてもらわなきゃです。粉鰹を使っているのでしょうか、途中からスープに粉っぽさを感じます。あまり好きな感触ではないです。
トッピングは、歯応えの良いチャーシュー3枚、もやし、メンマと充実しています。
730円とちょっとお高いラーメンですが、美味しいチャーシューが3枚も入っているのでいい線いっているのではないでしょうか。ちょっと楽しめたラーメンでした。
ラーメンを食べた後に、バナナソフトクリームチョコをかけたチョコバナナなるものがなんと200円で食べれるのを発見。食べました。懐かしいバナナアイスの味でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.11.11

石門子

石門子(東掘) ワンタンメン(大盛)

新潟市の「東堀 石門子」です。
新潟市中心部の東堀通に面してます。ワンタンメンが人気のお店です。
お店は、奥行きがあり左側に厨房、中央にカウンター席、奥に小上がりが1卓あります。右側は、中でも待てるように広いスペースがあります。町の中のラーメン屋さんといった雰囲気です。昼12時過ぎに着きましたが、今日は空いています。カウンター席にも空きがあり、小上がりも空いています。カウンター席に座りました。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、スタミナラーメン、冷し中華やそれらにチャーシューを加えたものがあります。座るとすぐに親父さんから『何にしますか』注文を聞かれます。相変わらずです。『ワンタンメン・大盛』と素早く返し注文終了です。
ゆで玉子を食べている人がいて、見ていたらこっちも食べたくなりました。カウンター上に置かれたゆで玉子と殻入れのザルを手前に引き寄せ大きなゆで玉子の殻を剥き塩をかけて食べます。黄身が片寄っていると思ったらやはり双子玉子でした。
このお店は一度に多くのラーメンを作ります。さすがです。ほとんど待たずにワンタンメンが出来てきました。淡い醤油色の透き通ったスープが美味しそうです。麺は、細縮れで懐かしい感じの美味しい麺です。
スープは、あっさりした醤油と塩の中間の美味しいものです。厨房に“沖縄の塩”の段ボールが積まれています。沖縄の塩を使っているんでしょうか。
トッピングは、好みの硬いチャーシュー2枚、浅漬かりのメンマ、軟らかく具とのバランスが絶妙なワンタンです。
あっさりしたラーメンに美味しいワンタンが乗れば、新潟の懐かしいを堪能した気分になります。ワンタンメン(大盛)650円とゆで玉子50円で700円の昼食はお腹いっぱいの満足なものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.10

吉相

吉相女池インター店 らーめん(こってり・大盛)

新潟市の「ラーメン亭吉相 女池インター店」です。
紫鳥線の女池から鳥屋野野方向寄りにあります。
新潟でも安定した人気を誇るお店です。通常の昼時間は並びを覚悟しなきゃいけないお店です。14時前とかなり遅い昼食です。駐車場は空きがあり停められました。お店の前に数人のお客さんがいます。この時間でも並ぶのかと思っていたら、お店を出たお客で雨宿りをしながら食後のアイスクリームを食べているだけでした。
お店は、奥に厨房、手前中央には配膳スペースを囲うようにカウンター席、右側と手前はテーブル席、左側に小上がりがあります。ほぼ満席です。カウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、らーめんとらーめんにトッピングを加えたものとシンプルです。好きな1スープのお店です。スープが変わったという噂もあります。メニューを見る限り変わった様子はありません。変わらず背脂の有無でスープのこってりとあっさりが選べます。お腹も空いてます。吉相のスープならまずはこってりがだろうとらーめん(こってり・大盛)にしました。
廻りの人がおしぼりを使っているけど店員が持ってきてくれませんでした。と思ったらセルフサービスなんですね。失礼しました。混んでいるのでしばらくかかるだろうと思っていましたが、思いの外早く出来てきました。
いつもと変わらないらーめんですが、大盛りって初めてだったかも知れません。普通盛りの小さな器より大きめの器の方が盛り付けのバランスが取れています。
麺は、普通の太さの少し強い縮れのプリプリした好みの美味しい麺です。
スープは、醤油の味がしっかりし、旨味もあり、なかなか美味しいスープです。以前のものより醤油の味が全面に出てきているように思えます。背脂が浮いています。最初にスープを飲んだときに背脂の胸焼けしそうな重みを感じました。麺を食べている分には良いのですが、スープだけ飲むとかなりしょっぱく、タレの分量を間違えたんじゃないかと思うほどです。
トッピングは、苦手な魚の水煮缶詰のような味の軟らかいチャーシュー、もやし、海苔です。
なんかスープの味が醤油寄りにしょっぱくなって全体的にバランスが崩れたんじゃないかと感じます。富山ブラックのしょっぱく美味しいものを目指しているのでしょうか。それでも下手なラーメン屋さんよりはまだまだ美味しいとは思います。大盛り700円も今では妥当な線でしょう。しょっぱくても最後にアイスクリームが食べられるんで後味すっきりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.09

弥彦神社 菊まつり

弥彦神社の菊まつりが今日の目的でしたが、寄り道してたら遅くなってしまいました。見ることは出来ましたが防犯用のネットに囲われてネット越しのものも結構ありました。良いと思ったものの写真を撮ってきましたので掲載します。

弥彦神社 菊まつり

弥彦神社 菊まつり

弥彦神社 菊まつり

弥彦神社 菊まつり

弥彦神社 菊まつり

弥彦神社 菊まつり


| | コメント (0) | トラックバック (0)

弥彦公園もみじ谷

国上寺

昨日に引き続き弥彦や公園もみじ谷です。
ライトアップが綺麗だったので昼間見たらどうなってるか気になってきました。
と言いたいところですが、行きのFM Port 「MOVE ON STREET」の中で国上寺から道の駅国上に抜ける林道沿いの紅葉が綺麗だって言うのを聴き通りました。雑木林独特の黄色と赤の疎らと残っている緑の彩がいい感じになっています。

弥彦公園もみじ谷

そして弥彦公園です。
公園はそんなに広くはありませんが、谷沿いにもみじが植わっています。

弥彦公園もみじ谷

中間の橋の上から見ると奥にもまだもみじが広がっています。
綺麗な公園です。あいにくの雨でしたが、雨のもみじを楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.08

弥彦公園もみじ谷 ライトアップ

弥彦公園もみじ谷 ライトアップ

今日のもみじ見物の旅の最後は弥彦公園のもみじ谷のライトアップです。
弥彦駅側から入ってすぐの池のもみじのライトアップです。

弥彦公園もみじ谷 ライトアップ

ライトアップも黄色や赤が綺麗ですが、カメラに収めるのは難しいですね。

弥彦公園もみじ谷 ライトアップ

黄色や赤を見慣れた目には緑も新鮮に映ります。
みどりもライトアップされると綺麗です。

いやー寒かった。
帰りは、だいろの湯で身体を温めて帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白玉の滝

白玉の滝 雌滝

暗くなってきました。
石油の里近くの白玉の滝をまだ見たことがなかったので行ってみました。
まあまあ小さい滝だけどいい感じじゃないかなと思って写真を撮って帰ろうと思ったら、雄滝この先100mって案内があります。

白玉の滝 雄滝

雄滝は、水量が少なく迫力に欠けますが綺麗な滝です。

暗いところを無理やり取ったんで写真が粗くてすいません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中野邸美術館

中野邸美術館

続いて中野邸美術館です。
共通チケットだったんでサラッと見てみようと思ってついで入ってみました。屋敷に入って驚きました。もみじ園が遠くから見るためのものだとすると美術館のもみじは近くで観るためのものでしょうか。色がよりいっそう鮮やかです。屋敷に入ってすぐに綺麗なもみじがあり、母屋らしき建物の庭のもみじが見えます。

中野邸美術館

建物の中から格子戸越しにさっき通った母屋前のもみじが見えます。

中野邸美術館

さらに進むと座敷があります。座敷からの庭がいいですね。額縁の絵のようです。

中野邸美術館

一日中のんびり観ていたいもみじがあります。
座敷では、お茶を飲むことも出来るようなのでゆっくり来たいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中野邸もみじ園

中野邸もみじ園

新潟市(旧新津市)の石油の里のもみじ園です。
いろんな人に『新津の石油の里のもみじ園綺麗だよ』って教えてもらっていたので行って見ました。駐車場も混んでいますがなんとか車は停められました。人の流れに追いて行くと何も考えなくてももみじ園でした。着いてビックリ“有料”です。いろんな人に教えてもらったこともあり見ることに。中野邸美術館と共通チケットで700円です。お金を払って中へ。入ったところは庭園になっていてもみじの色が綺麗です。

中野邸もみじ園

もみじも赤、オレンジ、黄色、緑、いろんな色のものが混在しています。
木毎に色が違っていますが、同じ枝でも色が違うものもあります。

中野邸もみじ園

もみじの葉の色を楽しむわけですが、裏側からも綺麗な色を楽しめます。

中野邸もみじ園

陽が差すようになるとまた違った色を楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北越製紙新潟工場 見学会

北越製紙 新潟工場

午前中に北越製紙新潟工場の見学会があったので参加しました。
コンパクトデジカメ持参だったんですが、工場の入口にデジカメ・携帯電話撮影禁止の看板があったので諦めました。
ホールで工場の概要、王子製紙からの敵対的買収が地元に密着した企業であったために阻止できたこと、再生紙の古紙配合率偽装問題のことなどの説明がありました。

工場見学は、今年度稼動した新潟工場第9抄紙機(通称“N9”)の見学です。
世界最大級の高速オールオンラインマシンです。

全長            264m (10両編成の上越新幹線ときと同じ長さ)
ワイヤー幅        10700㎜ (製品幅9680㎜)
運転速度         1600m/分 (時速 約92km)

この装置では、印刷用の紙の生産しているとのことです。
(印刷用はインクが載り易い紙で、筆記用とは違うとのことです)

ローラに巻かれた紙は(直径2.5mくらい)150キロメートルあり、幅も考えると新潟西インターから関越の水上インターまでの2車線を敷きつめれる量だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.07

じじ&ばば

じじ&ばば 野菜とろりラーメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手にあります。
東京から遅い新幹線で帰ってきましたが、お腹が空いたのとレバ刺しが食べたくてお邪魔しました。
ビールを飲みながらレバ刺しを食べ久々に野菜とろりラーメンで〆にすることにしました。
今日も美味しそうです。中華風な感じがいいですね。ってスープがない。以前はスープがあったような気がしましたが、当初からなかったとのことです。あんかけから出た汁がスープになっていたのでしょうか?
麺は、やや太麺の力強い縮れでプリプリ感とモチモチ感のバランスの良いとても良い美味しい麺です。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・玉ねぎ・竹の子・椎茸・きくらげ・ほうれん草などのあんかけです。中華風の味付けが良く、見た感じの期待を裏切らない味です。
あんかけに麺を絡めて食べます。スープがなくても美味しくいただけます。食べているうちに底の方にはスープが残っています。あんかけの野菜から出た汁でしょう。旨みのあるスープでになっています。
今日も美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

斑鳩

斑鳩 特製塩本鰹らー麺

東京は九段下の「九段 斑鳩」です。
今のところ東京で一番好きなラーメン店です。ラーメンそのものもまあまあいいんですが、接客等雰囲気の良いお店です。
今日は、夜の7時からの夕食になります。多少の混みは覚悟してました。お店の前に待ちの列が出来ています。約15人程です。そんなに大きなお店じゃないので総入れ替えで入れるかなって状態です。店員が時々きて順番に待ちの列から外れて店前の食券販売機で食券を購入して戻ってくださいと案内しています。
メニューは、らー麺、塩本鰹らー麺、海の塩らー麺、油そばが中心になっています。らー麺のトッピングを豪華にした特製塩本鰹らー麺にしました。再び並んでいると食券を集めに来ます。
20分くらいかかったでしょうかカウンター席が空いてお店の中に案内されました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側にテーブル席の開放的なまあまあ新しめのラーメン店の雰囲気です。お店に入ると店員のあいさつや会話が、ごく自然に優しく落ち着いた言葉遣いできます。厨房に3人フロア係1人がやっています。待ったような感じもしないままに特製塩本鰹らー麺が出来てきました。
白地に青の模様の器です。そんな変わり映えのない器です。白濁色のとんこつラーメン色のスープです。
麺は、中太の縮れ麺でツルツルモチモチとややコシの強さのある麺です。茹で加減も気持ち硬めですが、気にする程の硬さではありません。
スープは、白濁色のとんこつラーメンそのものです。とんこつのトロミとまろやかさと旨さ、魚介系の風味、塩味がどれも強調し過ぎることのないバランスが取れた美味しいスープです。動物系の後味ががちょっと残るのが気になります。
トッピングは、脂身の少ない程々歯応えのチャーシュー3枚、メンマ、刻み青しそ、揚げ蓮根、大麦、鰹餡、海苔、味玉です。
ラーメン屋の接客なんてそんなに気にしていませんでしたが、やっぱり接客の良いお店はそれだけでラーメンが美味しく感じます。ラーメンが美味しくて接客が良ければ言うことなしです。1000円と高いのも覚悟で食べました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

一蘭

一蘭 上野山下口店

東京は上野駅山下口近くの「一蘭 アコレ上野山下口店」です。
福岡を訪問した際に福岡市の人が是非食べましょうということで食べた一蘭が東京にもありました。新潟じゃ一風堂がオープンして九州ラーメンが人気になっています?が、新潟には進出していませんが同じように福岡を中心に都市部へお店を展開している一蘭です。
13時30分過ぎに着きました。年中無休24時間営業のお店ですが、13時45分から15時45分までの2時間は衛生工事のためお休みしますって貼紙があります。貴重な時間に遭遇しました。お店に入ると、食券販売機があります。ラーメンとそれにトッピングを加えたものがあります。中でも追加注文できるようなのでここではラーメンと替玉にしました。店は仕切りのあるカウンター席のみの店です。選挙の投票用紙を記入する台のような雰囲気です。味集中カウンタとお店側では呼んでいますが、なんじゃこの席はって感じです。二人やグループで会話しながら食べるような店ではありません。
席に案内されるとラーメンの仕上がり具合を指定できる用紙があります。味の濃さ、こってり度、にんにくの量、ねぎの種類、チャーシューの有無(同料金)、秘伝のたれ(からみ)の量、麺のかたさを指定できますが、はっきり言って面倒くさい。本当に選挙の投票用紙を書いている心境です。食券と好みを書いた紙を分かり易いように前に出し呼びボタンを押します。麺を硬めにしたので替玉の食券は硬めと書かれたシールを貼った金属プレートになりました。最初に食べた麺と同じ硬さの麺を替玉でも分かるようにでしょう。後で硬さを変えることもできるようです。そんな感じでオーダーできました。

一蘭上野山下口店 ラーメン

博多ラーメンなのですぐに出来てくるかと思いましたが、まあまあ時間がかかって出来てきました。
麺は、博多ラーメンらしい細ストレートですが、九州で食べた時のような噛み応えの良さはなくモチモチした感じです。
スープは、とんこつらしい白濁色と褐色の中間色のもので、深みと適度のこってり感のある美味しいスープです。秘伝のタレの辛みが結構あります。甘みもかなり強いものです。これはこれで美味しいのですが、なくてもいいような気がします。
脂身のない中華そばによくある硬めチャーシューと刻みねぎがのってます。
スープの美味しいラーメンでした。24時間営業だとしても750円に替玉150円で900円のは高いなぁ。言葉を一言も発しないで、他人の目を気にすることなく食べられるお店でした。そういう食べ方をしたい人もいるかも知れませんがなんか変です。ラーメンどうこう言う以前の問題ですね。最初に食べた時は、こんなシステムもあるんだね。と思っていましたが、普通の人が食事する場所じゃないように感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.06

藤田

藤田 中華そば

新潟市の「ラーメン 藤田」です。
本町通りの12番町のフレッシュ本町の市場っぽい通りにあります。
道路から少し奥まったていて、前に3台くらいの駐車スペースがあります。お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。あんちゃんひとりでやっている小さめの綺麗なお店です。12時30分頃に着きました。いつもは近所のおばちゃんで席が半分くらい埋まっているんですが、今日は他に2人の先客とちょっと寂しい状況です。
メニューは、中華そば、醤油、塩、味噌とそれらに野菜、メンマ、ねぎ、チャーシューを加えたものとたんたんめんなどがあります。後から追加されまだ食べていない中華そばにしました。
先客は既に食べていて、中華そばのオーダと同時に作り始め、すぐに出来てきました。
醤油色のスープにトッピングがバランス良く配されていて、目でも味わえる出来映えです。
麺は、細縮れで軟らかい茹で加減のように感じますが、モチモチ感の強い新潟のラーメンらしい美味しい麺です。
スープは、醤油味のあっさりしたものですが、旨味の強いものです。あっさりしていますが、なかなかしっかりしています。
トッピングは、味、歯応えとも好みの美味しいチャーシュー、メンマ、海苔、鳴門です。さらりとかけられた胡麻もいい風味を出しています。
これだけしっかりした中華そばが500円で食べられます。まだまだ新潟も捨てたもんじゃねえ!って、これは、以前のあっさり醤油といっしょかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.05

くら田

くら田 チャーシューメン(大盛)

新潟市の「めん処 くら田」です。
本町通りと東堀通りの間、6番町にあります。
お店は、奥に厨房、右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木がお店を印象付けています。12時30分頃着きましたが、カウンター席に空きがあり座れました。今日もおじさんとおばさんが切り盛りしています。壁にはメニューの他にマラソン関係の表彰状や記録証、写真などが貼られています。知る人ぞ知るマラソンのある日が定休日のお店です。
メニューは、ラーメン、ワンタンメン、チャーシューメンとカレーラーメンがあります。麺は、普通(160g)、中盛り(200g)、大盛り(240g)、ダブル(320g)と選べます。大盛りは100円増しですがサービス(無料)になります。壁に貼られたメニューには、残さないでねと付け加えられてあります。大盛サービスのお店の多くはお客が言わないと普通盛りになることが多いのですが、このお店はきちんと聞いています。麺は、普通の細麺の他に平麺とうどん麺も選べます。まだ食べたことのないワンタンメン(大盛)にしました。
一人前ずつ作っているので時間がかかるのは覚悟していましたが、さほど待った感もなくワンタンメンが出来てきました。
大きめの器に波々とスープがあります。淡い醤油色があっさりして美味しそうに見えます。
麺は、いつもの細く弱い縮れ、癖のない麺です。
スープは、煮干しの香りがほんのり漂う新潟らしいあっさりしたものです。いつも通り少し薄めに感じます。
トッピングは、歯応えのあるチャーシュー、浅漬かりのメンマ、ほうれん草です。ワンタンは、皮が軟らかく具がかなり小さい皮を楽しむ好みのものです。
普通のラーメンが500円で食べられるお店の750円ですから高めですが、他のお店に比べりゃまだまだ安い、懐に優しくお腹いっぱいの一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.04

ラーメン二郎

東京都品川の「ラーメン二郎 品川店」です。
品川駅の南西部になるのでしょうか。

品川セントラルガーデン

品川セントラルガーデンを抜けた先になります。
2回目になります。大体の場所を覚えていましたが、詳しい場所まで覚えていません。なんとかなるだろうとお店の方向に進みます。心配は無用でした。11時30分過ぎですが歩道にまではみ出した待ちの列ですぐに解りました。

ラーメン二郎 品川店

お店の前は10人程の待ちになっています。店前の食券販売機で食券を購入します。麺の量とチャーシューの量の組み合わせです。普通盛りの「」ってのにしました。
約15分程待ったでしょうか。ようやくお店の中に進みます。お店は奥行きのあるお店で、左側に厨房、厨房に向かったカウンター席だけのお店で、結構古い感じのお店です。奥寄りのカウンター席に座ります。プラスチックプレートの食券をカウンターの上に出し待ちます。
カウンターに貼紙があります。トッピングについて無料と書かれていて、、野菜、ニンニク、辛め(スープの濃さ)、油量の調整が可能で、出てくる前にお願いするのですが、油の少なめは最初に言わなきゃいけないようです。カウンターの中には5㎏ぐらいの袋入りもやしとキャベツが山積みにされています。凄い量です。
順番になり店員からトッピングを聞かれました。野菜多めとニンニク抜きをお願いしました。

ラーメン二郎品川店 小

すぐに出来てきました。山盛りの野菜が美味しそうです。
麺を取り出しやすいように野菜を少し食べようかとしましたが、もやしとキャベツを茹でたものでそのままでは味がなくてだめです。箸を思い切って深く入れ、野菜をこぼさないように麺を上にもってきます。
太縮れの麺は、モチモチ感の強いもので、コシのあるうどんを細くしたような感じです。あまり好きなタイプの麺ではありませんが、食べていると美味しい麺であることが解ります。
麺を食べて空いたスペースで野菜にスープを絡ませて食べます。スープの味を含んだ野菜は、生まれ変わったような美味しさです。
麺と野菜を食べているときのスープはあっさりしています。油抜きをお願いした訳じゃないのにと思って食べます。器の中を覆っていた野菜が少なくなりだんだんスープが明らかになってくると程良い油が判ってきます。そのスープを飲むとめちゃ旨です。醤油味のしっかりしたスープで豚ガラ、豚骨、背脂と野菜の美味しさが伝わってきます。
麺と野菜を食べますが、なかなか減りません。「小」ってメニューですが、普通のラーメン店の大盛り同様のボリュームがあります。麺が普通の1.5玉くらいありそうです。野菜もめちゃ多いです。野菜は、大盛りをお願いしましたが、さらにダブル、トリプル、タワーとあるようです。
ある程度野菜を食べたところでチャーシューが出てきました。分厚く、適度な硬さと旨さがあります。
その後も食べ続け無事に完食できました。
東京周辺のラーメンはいじり過ぎたようなラーメンが多い中、こんなにしっかりしたラーメンが700円で、しかもお腹がはちきれそうなくらい食べれるんですから凄いことです。新潟にもお店を出して欲しい数少ないラーメン店です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.11.03

こだわり 食の彩典

こだわり 食の彩典

新潟市の朱鷺メッセで開催されている「こだわり 食の彩典」に行ってきました。
物産展のようなものですが入場料500円必要で、駐車場料金もありお高いイベントです。まあ、その分楽しめればと思います。午後10時30分頃に着きました。
駐車場の混み具合は、イベントの人出を想像させます。多いように感じます。
会場に向かうと当日券売り場は前に2~3人並んでいる程度で、まあ全然混んでませんと言って良いでしょう。
さて、食べましょうか。
まずは、イクラの大好きな子供から…。
目的の海鮮わがまま弁当です。

こだわり 食の彩典 海鮮わがまま弁当

イクラとカニとウニに組み合わせで多くの種類があります。
どれも美味しそうです。

こだわり 食の彩典 海鮮わがまま弁当(いくら)

いくらイクラが好きだといっても…。これが食べたかったんでしょう。

こだわり 食の彩典 オムレツ

オムレツも美味しそうなので…。なかなかでしょう。

こだわり 食の彩典 梅光軒 醤油ラーメン

「旭川ラーメン 梅光軒」です。旭川ラーメン大賞受賞しているお店のようです。他に札幌や博多ラーメン屋、ラーメン王プロデュースなどがありますが、一番美味しそうなので梅光軒にしました。30人くらいの人が待っています。15~20分ほどの待ちで順番が来ました。醤油ラーメンと醤油チャーシューメンがあります。それぞれ700円と900円です。ちょっと高いんで醤油ラーメンにしました。
麺は、普通の太さの縮れの強い硬いゆで方の麺です。少し苦手寄りです。スープは、トンコツと鶏ガラから摂れる動物系スープと、昆布、煮干しから摂れる魚介系スープをブレンドしたWベースですが、全然あっさりした感じです。トッピングは、歯応えのある厚いチャーシュー、太いメンマと迫力のあるものです。
ちょっとお高いんじゃないかと思いましたが、充実したトッピングを食べてみたら妥当な線だと思います。

こだわり 食の彩典 北海道牛乳ソフトクリーム

デザートは、ソフトクリームです。
小樽のソフトクリーム屋さんです。夕張メロンソフトクリームと北海道牛乳ソフトクリームとミックスがあります。どっちも食べたいです。でも、ミックスのように混じるのは嫌です。北海道だから夕張メロンソフトクリームと行きたいんですが、ここはやっぱり北海道牛乳ソフトクリームでしょう。350円と少し値段が張りましたが、濃厚な美味しいソフトクリームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.02

コンビニショッピング

11月2日は法事のため食事等の掲載はありませんが、最近コンビニで購入したものを紹介します。

カップヌードルレンジ ニューイングランドクラムチャウダー

カップヌードルレンジ ニューイングランドクラムチャウダー

カップヌードルレンジ マンハッタンクラムチャウダー

カップヌードルレンジ マンハッタンクラムチャウダー

日清のカップヌードルに電子レンジで調理できるシリーズがいよいよ発売されました。今までのようにお湯を入れて作ることもできますが、電子レンジで水から調理できます。

爽 まろやかコーヒー

爽にまろやかコーヒーが出ました。普通のコーヒー系のアイスクリームは苦手ですが、これはなかなか美味しくいただけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.11.01

にいがた食の陣 秋の収穫祭「当日座」

にいがた食の陣 秋の収穫祭「当日座」

文化祭もひと通り見て午後3時。ようやく昼食を兼ねて“にいがた食の陣 秋の収穫祭「当日座」”に出掛けました。過去の印象から一番良さそうな古町会場にしました。
午後4時までのイベントで午後3時ですから売り切れ続出で何も食べられないかなとも覚悟していました。販売しているものでも買って帰れればとも思っていましたがほとんど残っています。

にいがた食の陣 秋の収穫祭 新潟グランドホテル 黄金豚のチャーシューラーメン

駐車場から会場の古町通に入って一番近い場所にあった「新潟グランドホテル」のお店です。あまり食べるものはないだろうと見ると黄金豚のチャーシューラーメンがあります。お腹も空いていることなんで食べてみました。
モチモチした麺とあっさり薄味だけど旨みのあるスープです。チャーシューは美味しいんだけど2枚。チャーシューメンだったら名前負けですが、チャーシューラーメンだったら仕方ないんでしょうか?ちょっとさみしい。500円。

にいがた食の陣 秋の収穫祭 鈴木鮮魚 まぐろカマ

ラーメンを食べ上方向に見ていくと、どでかいまぐろの頭が店頭に置いてあるお店がありました。「本町 鈴木鮮魚」です。ラーメンばっかり食べているように思われている方も多いと思いますが、ご飯類も好きなんです。これを見たらまぐろも食べたくなります。

にいがた食の陣 秋の収穫祭 鈴木鮮魚 生まぐろ丼

生まぐろ丼とエビの味噌汁がありますが生まぐろ丼だけいただきました。
結構ズシリとくるような。ケチケチしていないしっかりしたまぐろがのってます。
美味しくいただきました。500円。

にいがた食の陣 秋の収穫祭 白根観光きのこ園 きのこ汁

一番上の方向まで行き、戻ります。少し気になっていた「白根観光きのこ園」です。
三川観光きのこ園は何度か見ていますが、白根は名前だけ聞いていました。きのこは、日陰と水と風が良ければ美味しいものができます。白根って平野部だけかなと思いますが、条件が合えば美味しいのかな。ってことで秋の収穫祭のイベントにもっとも近いきのこ汁です。
いろんなきのこが入っていてきのこの香り美味しいものでした。この手のものには椎茸を入れないで欲しかった。300円。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

文化祭

今日は、子供達の文化祭でした。
三男と四男が通う中学校から見学しました。

文化祭 2008 合唱コンクール

合唱コンクールです。
あまり興味がない分野なので静かに静観しました。

次に作品展をやっている教室へ。

文化祭 2008 作品

三男の作品です。

文化祭 2008 作品

四男の作品です。

文化祭 2008 中庭

教室側に気を取られていましたが、中庭の紅葉が綺麗です。

次に次男が通う高校へです。
スペシャルな催しは、伊藤敏博のコンサートです。

文化祭 2008 伊藤敏博コンサート

1981年にポプコンでグランプリに輝いた「サヨナラ模様」は懐かしかった。
富山で国鉄の車掌をしていたので富山の人かと思ったら新潟出身でした。
(高校の文化祭はコンパクトデジカメでした。結構きつくて、難しい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »