« 宝珠温泉 | トップページ | 桃の木亭 »

2009.01.13

白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
新潟市の中心街、WITHビルと三越を直線的に結んだ中間くらいにあります。
今日は、新潟としては珍しく大寒の前に纏まった雪が積もりました。こういう日は暖まるものを食べたくなります。そう考えると白寿のうま煮そばあたりが浮かんできます。足元が雪で良くないのですが、白寿は屋根や人通りなどで比較的行き易い場所にあります。
お店は、右側奥に厨房、その手前と中央寄りにカウンター席、左側に小さなテーブル席の小さなお店です。お昼12時15分頃に着きました。weekに掲載した後は一時的にお客さんが増えましたが、元の状態に戻りつつあります。先客は7人で、5人が食べていて、2人が出来上がりを待っています。
メニューは変わらず、ラーメンとうま煮そばです。このお店は、うま煮そばを食べたくなると来るお店ですから、今日も座ると同時に『うま煮!』と注文します。先客も後から来たお客さんも今日もみんなうま煮そばです。と言いたいところですが、後から来たお客さんでラーメンを注文した人が1人いました。
今日は、親父さんが一人でやっています。うま煮をまとめて作る関係で、お店に入ったタイミングで待ち時間が違います。ちょうどうま煮を作っているところでした。しばらくの待ちかと思いましたが、仕上げの玉子を入れるところです。そんなに待たずに作ったばかりの熱々のうま煮を乗せたうま煮そばが出来上がりました。
今日も、褐色のうま煮が美味しそうです。
麺は細麺よりも細く、極細に近い太さのやや強い縮れの麺です。細麺らしいシコシコした歯応え、強めの縮れが絡めてくるうま煮との調和の取れた味がたまりません。
スープは、うま煮と混ざってしまうことが多く、スープだけを飲むことが出来ないので良く判りません。少しうま煮が混じったスープを飲んでも判ることは、癖のないシンプルなスープだと言うことです。
うま煮は、白菜、もやし、玉ねぎなどの野菜がトロミのあるあんかけになっています。出来上がったばっかりなので熱々です。いつもよりニンニクが効いた部分に当たりました。一段と美味しさが伝わってきます。
いつにも増して美味しいうま煮そばでした。これだけのものが500円で食べられることに感謝です。値上げが当たり前になっていますがいつまでも500円で食べれますように期待します。

|

« 宝珠温泉 | トップページ | 桃の木亭 »

コメント

こんばんは 毎日見せてもらっています

 一度だけお会いしたことがある亀井です。前に、私のコメントで食べたくなって「とうちゃんラーメン」へ行かれたということを書いていただきましたが、昨夜は私がこちらの記事を見て食べたくなり、久々に白寿へ行ってきました。

 夜営業の初めの時間ですいていたため、できたて状態で食べることができました。細麺に割合主張の少ないスープ、そして野菜たっぷりのうま煮の三位一体の食べ物という感じです。 よく「二郎はラーメンではなく~」という言葉がありますが、ここのうま煮そばも似たようなことが言えそう、ラーメンとはちょっと別の食べ物のようにも思えます。

投稿: 亀井 | 2009.01.15 18:01

>亀井さん

ご無沙汰しております。
新潟県内もラーメンなどの美味しい食べ物を紹介するブログが増えて助かっています。
「とうちゃんラーメン」とも出会えました。美味しかったのですが、閉店されて残念です。
「白寿」月一ぐらいで食べたいお店です。値上げもせずに頑張っているようなので応援したくなります。
五目やうま煮、麻婆などは確かにラーメンとは違うようにも思います。中華料理系はちょっと味わい方が違うかも知れませんね。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2009.01.17 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/43732133

この記事へのトラックバック一覧です: 白寿:

« 宝珠温泉 | トップページ | 桃の木亭 »