« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009.02.28

醤丸

醤丸

柏崎市の「中華そば つけ麺 醤丸 柏崎店」です。
柏崎市の駅前の野田西本線沿い、越後線の下をくぐる近くにあります。
長野県内で展開する中華そばとつけめんの醤丸が新潟進出1号店です。
お店は、奥に厨房、左側にテーブル席、右側に広い小上がりがあります。テーブル席は、対面と仕切りがありカウンター席と使用できるものもあります。最近オープンしたラーメン屋さんらしい今風なお店です。午後10時頃に着きましたが、かなりアルコールをいただいた先客がいます。カウンター席の仕切りで直接見えず助かります。
メニューは、中華そば、塩そば、豚骨そばとつけめんが5種メニュー化されています。まあ最初なんで普通の中華そばにしました。
お客さんも少なく、厨房近くのお客さんは女性店員に一生懸命話しかけています。そんなに大声を出すこともありませんが、場所を弁えて欲しいものです。お客さんが少ないこともありすぐに出来てきました。

醤丸 中華そば

ちょっと豪華な雰囲気の中華そばです。
麺は中太の縮れで、モチモチ感の強いパスタっぽい歯応えで、硬めのゆで加減です。新潟に進出するラーメン屋さんが好きな麺のようです。もう少し歯切れの良さがあればと思います。
スープは、鶏、豚骨、鰹節のトリプルスープとのことです。鰹節の強い香りと豚骨と鶏ガラのトロっとした旨さはあります。それぞれは美味しいのでしょうが、それぞれの主張が強くてうざったく感じる関東のラーメン店に多いものに似たスープです。
トッピングは、煮玉子半個、軟らかく水煮魚缶のような味の苦手なチャーシュー、メンマ、水菜です。
いろいろ手間を掛けて作っているように思いますが、中華そばっていう昔懐かしいあっさりしたものとは全然違う食べ物でした。700円もちょっとお高いかなと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あさひ雪あそび

帰宅後、今日は天気が良いのに大きなお祭りもないようなので、家で後の情報収集をしていました。そしたら、小さいものですが今日もいくつかのお祭りがあります。山形県西川町の“大井沢雪まつり”です。お祭りはそんなに大きくないのですが2000発の花火が打ち上げられます。そこそこの夏花火並みです。午後7時開始には間に合いません。“えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭”も花火が打ち上げられる予定でしたが、雪不足のために祭り自体が中止になっています。
あさひ雪あそび”というお祭りがあります。花火は午後8時30分。場所は、上越市大島区って間に合うじゃないですか。…で、出掛けることにしました。
安全運転で上越市大島区の中心地へ到着しましたが、お祭りの雰囲気がしません。旧村役場やほくほく大島駅周辺なんかも雰囲気なしです。国道253号線にあった交番で道を聞こうと思い行ってみますが、不在です。やっぱりお祭りの警備か。近くで開いているお店があったので聞いてみると田麦地区とのこと、さっそく向かいます。会場が近くなると道路の端に雪の祠が掘ってありロウソクの灯りが灯されています。会場近くには交通誘導員もいて車も無事停められました。

あさひ雪あそび アプローチ

駐車場から会場の庄屋の家ひろばまで、会場までの道路同様の雪の祠の灯火と竹をくりぬいた灯火が足元を照らしてくれます。

あさひ雪あそび 小千谷市穂波会

ステージも最後に間に合いました。小千谷市穂波会の民謡と三味線の演奏です。廻りの田舎らしい雰囲気に三味の音が気持ちよく響きます。数箇所に用意された薪で暖をとりながら見ている人がほとんどです。

あさひ雪あそび 花火開始前

最低必要な灯りを残し照明が落とされ、いよいよ花火の開始です。
この花火は、4尺玉で有名な小千谷市の花火師による花火の打上げです。

あさひ雪あそび 花火

あさひ雪あそび 花火

あさひ雪あそび 花火

打上げ花火とナイアガラ花火が観られます。冬場にナイアガラ花火が観られるのも珍しいことです。規模は小さなものですが、目のすぐ前で見られるので迫力はあります。
このお祭りは、地元地域の人たちが楽しむお祭りです。他所から人も暖かく迎えてはくれます。観光目的じゃない心の暖かさが感じられるお祭りです。
冬場の澄んだ空気の中、光と音を楽しませていただきました。
ありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

紫竹苑

紫竹苑

新潟市の「レスト飯店 紫竹苑」です。
新潟市の東地区卸団地の西側にあります。
ふどーさんからのコメントで中華系の美味しいお店と情報をいただきましたのでお邪魔しました。場所はネットで確認しお店の前の辺りを通ったのですが、ラーメン店、食堂、中華料理店らしいお店が見つかりません。もう一度通ってみたら見つかりました。お店が新しい必要性はないのですが、お店の色が白黒のように目立つ色がなく卸団地の中の事務所とか倉庫っぽい色に溶け込んでいました。
お店は、左側に厨房、中央寄りにカウンター席、右側にテーブル席、奥に座敷があります。お店の中も結構古い感じです。卸団地の中にはそんなに食べる場所がないので平日はかなり混み合うようですが、土曜の午後2時前という時間でタクシーの運転手さんなど他に2人の先客がいるだけです。
メニューは、ランチ、飯類、麺類、一品料理、うどん類、セットメニューと豊富です。うま煮ラーメンを食べようと思っていたので探すとありました。うま煮そばです。セットメニューにうま煮そば・ミニチャーハン・小鉢のセットがあります。せっかくなんでそのうま煮そばセットにしました。
作るのを待っている間にお客さんが2組も入ってきます。知る人ぞ知るってお店なんでしょう。きちんとした調理の身なりの店主らしい男性、調理を手伝っているが出前もしていそうな男性、フロア係っぽい女性の3人で夜用の仕込みとオーダの調理をしています。程好い待ち時間で出来てきました。
ちょっと濁りのあるうま煮のあんかけのそばとチャーハン、小鉢が3点です。

紫竹苑 うま煮そば

うま煮そばからいただきます。
そのうま煮は、期待通りの熱々です。熱々で食べるのが大変ですが、これがいいのです。こうでなくっちゃ。白菜、筍、きくらげ、椎茸、ピーマン、人参、海老、鶉の玉子などのうま煮です。醤油味でもなく、塩味でもなく、中華味の美味しいあんかけです。見た感じはそんなに美味しそうに見えませんが、かなり美味しいです。ラーメン屋さんのものではなく、中華料理店の味です。
麺は、細めの縮れでツルツルした美味しい麺ですが、そのツルツルがあんかけを多少掬い難くしているようにも思えますが、細さで掬ってくることでカバーしています。
スープはあっさりしたもののようですが、たっぷりのあんかけと混じってしまいそれ自体の味をしっかりと味わうことは出来ませんでした。しかし、あんかけと混じったスープはまろやで、美味しい単品の中華スープのようです。
これだけしっかりしたうま煮そばが単品だと680円です。お手頃です。

紫竹苑 ミニチャーハン(セット)

ミニチャーハンと小鉢が3点です。ミニチャーハンと言ってますがミニじゃないだろう?って量はあります。やや大きめのお茶碗一杯分です。小鉢は、わかめと水菜の酢醤油和え、焼きそば、お新香です。焼きそばって不自然ですが、味わうことの出来る量なので一品食べたような満足感があります。
これで880円とかなりお手頃で、美味しくいただくことが出来ました。こんなに食べたら消費しなくちゃ???です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

FM Port 「MOVE ON STREET」公開放送

Fm Port Move ON Street 公開放送

本間釣具黒崎店で開催されたFM Port 「MOVE ON STREET」公開放送を見学に行ってきました。
本間釣具黒崎店は、何度か行っているのでいつも通りに行ったら駐車場がいっぱいです。コメリ側の駐車場に車を停め、本間釣具黒崎店の中に入りました。お店の広さはあるのですが、普段から通路など狭いお店でどうやって放送するのかと思っていました。ショーケースや陳列棚などを動かしてスペースを作ってました。それでも大した広さは確保できず、お客さんのすぐ前で放送していました。
さて、にいがたフィッシングショー2009と言うことで渓流用釣竿で掘出し物がないかと見ました。1万円以上の竿が10%OFFとのことですが、売値が殆ど定価なので買いたいと思うほどの割安感がありません。釣具って価格破壊とは無縁のものなんですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.02.27

麺亭

麺亭 みそラーメン

新潟市古町の「中華料理 麺亭」です。
一昨日に食べましたが、また来ました。お店の詳細は一昨日の記事をご覧ください。今日は12時20分頃の到着で、お店はいつものように半分くらいの席が埋まっています。
今日こそみそラーメン(ジャージャー麺)を食べようと思ってきました。お店の日替わりのセットは、タンメンと牛バラ肉煮込み+ライスのセットです。かなり美味しそうな単語が並んでいます。これじゃいつまでもみそラーメン(ジャージャー麺)にたどり着けなくなっちゃいそうなので、日替わりを我慢してみそラーメン(ジャージャー麺)にしました。
ジャージャー麺は「じじ&ばば」で食べたジャージャー麺(汁あり)と「共進軒万代店」の北京味噌ラーメンがほぼ同じようなものかと思っています。大体の雰囲気は想像できます。後は出来上がってくるのを待つだけです。お客さんが少ないこともあってすぐに出来てきました。想像していた通りのものが出来てきました。
麺は、細縮れの歯応えの良いものです。味噌味のあんかけと良く合います。味噌ラーメンは一般的に太麺が多いのですが、中華系には細麺がよく合います。
スープはラーメンのものですが、あんかけの味噌の味を壊さないようにかなり薄味になっています。あんかけが混じらないようにスープを飲むのは難しいです。
あんかけは、挽肉、筍、椎茸などを小さく刻んだものが入っています。味噌の味で小さな具材の歯応えを楽しめるものです。味噌の美味しさと適度の甘さが細麺に絡み易く美味しくいただけます。残ったスープは、あんかけが混じって味噌の味の美味しいスープに仕上がります。器の中で麺を食べている間に調理されたようなスープです。
トッピングは、細切りのキュウリもです。良い食感と熱くなった口の中を静めてくれる嬉しいトッピングです。
どこのラーメン屋さんでも食べれるものではありませんが、美味しい麺料理です。650円と価格も手後で楽しいものでした。器の縁が欠けてるのが少し気になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.26

春楽

春楽 うまにラーメン

新潟市(旧亀田町)の「中華 春楽」です。
江南区役所(旧亀田町役場)から亀田駅にかけての住宅地の中、亀田消防署の通りにあります。12時30分頃に着きました。今日は、お店の前の駐車場が空いていて停められました。
お店は、奥に厨房、中央と右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。ボックスタイプのテーブル席は、昔の喫茶店を思わせる雰囲気です。ひとつのテーブルに1人のお客さんが座っていて空きが少なく、小上がりにしました。写真をとるのには窓から入る斜めの光が邪魔で避けたいところですが、他に空いている席もなくしょうがありません。
メニューは、麺類、丼物、ご飯物、セットメニューです。麺類も中華系がひと通り揃っています。セットメニューもあります。日替わりのサービスメニューが月曜日カツ丼セット、水曜日うまにライスセット、木曜日カレーセット、金曜日マーボーセット、土曜日牛丼セットとなっています。不定休ですが火曜日の休みが多いためか火曜日はありません。他にチャーハンセットがあり、人気メニューになっています。同僚から春楽のチャーハンは美味しいから是非食べてみてと言われていました。この前にサービスメニューで普通のラーメンを食べたばっかりで避けたいし、チャーハンも食べたいので悩みます。店員に聞くと差額でラーメンを変えられるそうなのでチャーハンセット(うまにラーメン変更)にしました。
後からもお客さんが入ってきますが、チャーハンセットが人気のようでオーダする人が目立ちます。厨房からは中華鍋の音が断続的に聞こえてきます。ラーメン屋さんよりは待ちますが、中華料理店の待ち時間で出来てきました。
おいおいおい。うまにラーメンがこれまた大きな器です。この前、こまつのラガーメンを食べたので器の大きさには慣れてきましたが、これもビックリする大きさです。
うま煮は、白菜、人参、ピーマン、筍、豚肉、しいたけ、きくらげなどの具材を中華系の味付けにした美味しいものです。熱々でとろみもいい具合です。醤油の味と適度な甘さがあって好きな味付けです。
麺は、細い縮れ麺です。歯応えの良い美味しい麺です。
スープは、透き通った中華そばのスタンダードなスープです。癖のない一般的な美味しいスープです。あんかけと味ってまろやかな味になってまた楽しめます。
単品で680円のうまにラーメンです。うま煮の具材にバラエティさはすこし欲しいところですが、普通のラーメンが600円だ630円だって言ってる中お手頃にボリューム感のある美味しいうまにラーメンでした。

春楽 チャーハン(セット)

さて、期待している食べ物です。チャーハンです。春楽のチャーハンです。
食べた時に味付けの良さ、玉子や味の絡み具合というか混じり具合というかいい感じです。ご飯が一般的なチャーハンよりも軟らかいです。テレビの料理番組などで、チャーハンの仕上がり方をパラパラと言っています。今まで食べたチャーハンはパラパラかも知れませんが、パラパラさせるためかご飯を少し硬めに仕上げていてお米の美味しさが感じられなくてあまり好きな食べ物ではありませんでした。蟹や海老などの具材で美味しく、豪華そうに見えますがお米の美味しさをあまり感じたことはありませんでした。
春楽のチャーハンは、お米の美味しさが味わえる適度な軟らかさがあります。ネチャネチャしたような感じもなく、ご飯の米粒どうしが手を繋いでいる感じです。ベタベタくっついてもいないし、ひとり一人が勝手にバラバラになっているのでもなく、食べ易い仕上がりになっています。
中華料理の美味しいチャーハンとは多少違うかも知れませんがお米の国の美味しいチャーハンです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009.02.25

麺亭

麺亭 しいたけラーメン

新潟市古町の「中華料理 麺亭」です。
坂内小路に面していて、鍋茶屋通と交差する近くにあります。
お店は、中央から奥にかけて厨房、囲うように手前と右側にカウンター席、両サイドにテーブル席があります。中華料理店らしい雰囲気です。12時20分過ぎに着きましたが、半分くらいの席が埋まっている状況です。カウンター席に座りました。
メニューは、麺類、飯類、一品料理、点心と中華系が揃っています。麺亭のジャージャー麺が美味しいとの情報をいただき来ました。入口の日替わりランチの案内は、しいたけラーメンと野菜炒めのセットでした。メニューから美味しいと情報をもらったジャージャー麺を探しますが見つかりません。もう一度見回すと、みそラーメン(ジャージャー麺)となっています。650円です。日替わりのセットになっているしいたけラーメンもメニューにありました。800円です。脇に“当店一番人気”みたいなことが書かれています。日替わりランチが800円なんで、ランチのおかずとおかわりし放題のご飯がサービスになっているようなものです。当店一番人気みたいな言葉にも引かれ日替わりランチにしました。ここならまた来れますから、次はジャージャー麺にしましょう。
同じ頃に店には行った年輩の夫婦は、しいたけラーメンの単品を注文しました。そんなに量を食べなくても良いからでしょう。カウンター席に座ったので厨房が良く見えます。しいたけラーメンのあんかけは、日替わりということもあってまとめて作っているようです。大きめの鍋からゆで上がった麺の上にあんかけをかけます。あんかけを盛る際に日替わりと単品の両方を同時に作っていますが、そのあんかけ盛り方が違います。単品は、しいたけを選んでたっぷり乗せています。日替わりは、普通に盛っています。さらに、フロア係にもどっちがどうと説明しています。セットメニューは日替わりの麺+おかず+ご飯と思っていましたが、その麺を単品のものと同じだと思っていましたが、違うのにはちょっと残念です。
目の前に日替わりランチが運ばれてきました。ラーメンだけをお盆から出して写真をパシャリ、お盆に残った日替わりのセットをパシャリ。ラーメンを見るとしいたけラーメンにしては、しいたけの量が少ないように感じます。
あんかけは、白菜、青梗菜、筍、しいたけです。しいたけは香りや味の強いものです。五目やうま煮とは違うでしょうがもう少し具の種類が欲しいです。味は、中華らしい醤油や塩に偏らずなかなか美味しいものです。
麺は、細縮れの歯応えの良いものです。
スープは醤油ベースですが、醤油って偏りもなく中華風の美味しいものです。ダシが効いていて、あんかけと混じっても美味しく食べられます。

麺亭 日替わりランチ

日替わりランチのセットです。おかわりし放題のライス、って言われても今は一杯で良いです。サラダにはザーサイも置かれています。野菜炒めも野菜のシャキシャキ感もあり味付けもいい感じですが、残った油の量を見るとちょっと心配です。少しですが杏仁豆腐も付いています。
これだけ充実していて800円はお得です。でも、通常の単品のもの“+セット”かなと思っていましたが、通常のものと違うのは、残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.24

蓬来軒

蓬来軒 広東メン

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路の東寄りにあります。
お店は、右中程から奥にかけて厨房、その中央よりと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。庶民的な中華料理屋さんです。12時20分過ぎに着きました。並んでいても不思議じゃない時間ですが、カウンター席に空きがありました。
メニューは、カラーの写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、麺類を中心にご飯ものもあります。麺類も中華系を中心に焼きそばにいたるまで豊富です。今日は、広東メンにしました。
お昼時間はお客さんも多く中華系が人気で、手間がかかるのである程度の待ちは覚悟していましたが、食べている人がほとんどでいつもより全然早く出来てきました。
まだ、カメラ付き携帯を持つ前に食べて以来なのでどんなのか忘れていました。醤油味のあんかけを期待していましたが、白っぽいあんかけです。少し思いだしました。
あんかけは、白菜、ねぎ、人参、ピーマン、もやし、筍、椎茸、きくらげ、小さな豚肉などの材料です。塩味できりりと味付けされていますが、もう少し旨味が欲しいように感じます。その中で頑張っているのは椎茸でしょうか。乾燥物をもどして使っていると思います。かなり椎茸の味が強く出ています。
麺は、細く縮れが少し弱めのシコシコプリプリした歯応えの楽しい美味しい麺です。
スープは、薄い醤油色の透き通った新潟あっさりラーメンらしいものです。しかし、あんかけと混じってトロミのあるスープになります。スープ自体がしっかりしているのでしょう。あんかけと混じると少ししょっぱく感じます。
これで750円ですからなかなかのものです。好みとしては、醤油味のあんかけで食べてみたいです。そしてもう少し甘みが合ったらと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.23

三吉屋

三吉屋信濃町店 チャーシューメン(大盛)

新潟市の「三吉屋 信濃町店」です。
三吉屋は、古町、駅南、信濃町にありますが、その中の信濃町店です。国道116号線沿いのビルの階段を3段ほど降りた半地下風なところにあります。奥行きがあり、右に厨房、左側にカウンター席、左手前に1卓テーブル席があります。和食屋のような雰囲気で古そうなビルの中にしては落ち着いています。午後1時30分過ぎに到着しました。ぼつりぼつりとお客さんがいます。
メニューは、ラーメン、チャーシューメンの三吉屋基本メニューに加え、タンメンがあります。ラーメン・チャーシューメンは、それぞれ550円・650円と本店よりも50円安く、さらの大盛りも本店が100円UPなのに対し信濃町店は50円UPです。信濃町店はお得です。お腹が空いていたのでチャーシューメン(大盛)にしました。
他のお客さんは既に食べていてすぐに作ってもらえました。その後もお客さんがぽつりぽつりとやってきます。
三吉屋は、どのお店も出来上がりが早く、待ちを考えなくても良いのでありがたく思います。
麺は、極細の縮れでシコシコ歯応えと、極細だからでしょうあっさりしたスープを上手く絡めてきます。麺と絡められたスープのバランスが最高です。ただ、スープとのバランスの関係ですが、大盛りはやや食べ難いです。器やスープの量がさほど変わらない中に麺が大盛になっていて、箸で掬い易さが普通盛りよりも悪くなります。気持ちよく食べるなら普通盛りでしょう。
スープは、これぞ中華そばと思います。色は本店と少し違います。本店が少し黄色っぽいような綺麗な色なのに対して信濃町店は醤油の色がちょっと強いような普通の中華そばに近い感じです。醤油味ですが醤油を強調させ過ぎない。薄味のようでダシが効いているので美味しい。そして野菜から出ているだろう程良い甘さ。大好きなスープです。味は本店と同じか、ほんの少しだけ濃い目のような気がします。
トッピングは、脂身の殆どないチャーシュー5枚、浅漬かり色のメンマ、鳴門とシンプルですが、この麺とスープには合っています。チャーシューは、チャーシューメンなのにそんなに多くはありませんが、100円UPなので納得です。
美味しいです。大盛で700円と嬉しくなる満足満足な一杯でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.22

どんど祭り

どんど祭り

新発田市(旧豊浦町)の月岡温泉カリオンパークで開催された「雪と炎の祭典 下駄供養祭 どんど祭り」に行ってきました。
温泉客の足として使われ、温泉旅館に欠かすことのできない下駄の供養と千客万来を祈願して行われるお祭りです。もうすでに供養される下駄が積み上げられ塔になっています。これが燃やされたら凄い炎だろう。
でも、花火好きなくいしん坊の目的は鍋と花火です。
鍋は、越後の美食豪農鍋と題されて以下のメニューがあります。
 「なごみ鍋」 湯の宿 こばやし
 「ずわいガニ・たらばガニ・ワタリガニのカニ鍋」 湯めぐりの宿 高橋館
 「越後もち豚角煮鍋」(カレー風味) ホテル 清風苑
 「越後のきりたんぽ鍋」 白玉の湯 華鳳
 「月見五色だんど鍋」 ホテル ニューあけぼの
 「越後もち豚とん汁」 ホテル 摩周
 「白玉美食鍋」 白玉の湯 泉慶
 「越の鶏のカレー鍋」 ホテル ひさご荘
 「広瀬川のちゃんこ鍋」 ひろせ館
 「新潟名物具だくさん新発田雑煮」 特別参加 城下町しばたもちもち会
いずれも100円です。
さらに、餅つき・餅振舞い、花振舞い、吟醸甘酒振舞い、お楽しみ抽選会などのお楽しみと神事、子供みこし、たいまつランナー走行、塔点火、花火打上げなどたくさんのイベントが用意されています。

どんど祭り 越後の美食豪農鍋

午後5時30分の神事から始まります。午後5時前に到着といい感じです。
花火の打上げ場所や、越後の美食豪農鍋などの場所を確認します。風向きが安定してないのが心配です。越後の美食豪農鍋が午後6時スタート、花火が午後8時10分と時間もありのんびりと散策。時々雨もぱらつき始めました。鍋は午後5時30分頃から並び始めています。食べたい鍋だけは逃したくないので並ぶことにしました。
ホテル ひさご荘の越の鶏のカレー鍋です。地元新発田産越の鶏と地元産野菜、それにカレーも好きなので最初に並びました。雨脚が強くなり『早く鍋食わせろ!』など叫ぶ酔っ払いも出てきました。それが直接関係ないとは思いますが午後5時45分くらいから鍋が始まりました。しかし、食べ始められる鍋と並びの列が全然進まない鍋が現れました。午後6時に合わせて温めていたためでしょう。それでも午後6時頃には殆どの鍋は食べられるようになりました。越の鶏のカレー鍋を除いてかな?
さらに待つこと20分、午後6時20分頃ようやく食べられるようになりました。前に並んだ10人くらいが進み出した時に売り切れの鍋が出始めました。その差45分もかかりゃ仕方ないか。器が普通の味噌汁椀くらいと小さいこともあり全制覇できるかと思いましたが、即断念です。入口付近に露店もありましたが、鍋を楽しみにお腹を空かしていたのと予想通りの味で美味しくいただけました。夜の屋外、投光器による斜めからの強い光、雨で写真は取れませんでした。
餅振舞いも楽しみにしていましたが、列の長さと残りの量を考えて断念。
次の鍋に並ぶことにします。ホテル清風苑の越後もち豚角煮鍋(カレー風味)です。もち豚を5時間煮込み味噌味ベースにカレー粉を溶いたものです。こちらも結構長い列ですが、ひとりの人が角煮を壊さないように中の具が均等になるように盛っているので時間はかかっていますが、鍋の残りもたくさんあり大丈夫そうです。こちらはカレー風味という通り、味噌仕立ての鍋にカレーの風味を加えたものです。もち豚の角煮は軟らかくて美味しいです。
次は、湯の宿 こばやしの「なごみ鍋」です。もうこの頃になると売り切れが半数以上、お客さんも食べ終わったようで列も短くなりました。なごみ鍋は、季節の食材を中心に胃袋もこころもホットに和むような鍋とのこと、優しい飾り気はないけど美味しい鍋です。
大分残りも少なくなってきました。ホテル摩周の越後もち豚とん汁を目指したんですが…。鍋の中はしっかり残っていますが、器切れです。しばらくお待ちくださいとのことです。お餅や鍋で夕食になるかと思っていましたが諦めて花火が大丈夫そうな場所へ移動です。会場周辺は立ち木が多いため少し離れた田んぼの中の道路にしました。
こちらも雨のためでしょうか?予定よりも早く始まり最初に数発を逃しました。

どんど祭り 花火

早めに始まったので三脚を出しリモコンを使わず撮ったらいっぱいブレてました。
まあ、なんとか見れるのです。

もう少し段取りが良ければと思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.21

十日町雪祭り

十日町市で開催されてる「十日町雪祭り」です。
是非見たいと思っていたイベントです。新潟県の冬を代表するイベントです。
十日町が近付くと国道117号線も混雑してきました。国道を逸れ雪上カーニバル会場に近い第4駐車場に車を停めました。幅の広い道路の路駐です。係員の指示に従ってとめます。雪が酷い降りなので車中待機です。
空腹に勝てず雪上カーニバル会場城ヶ丘ピュアランド近くのほんやら洞広場へ。かなりの登り坂を登って到着です。雪上カーニバル会場のすぐ近くです。

十日町雪祭り かき揚げそば

十日町といえばおそば。寒くてもザルって思っていましたが、そんな人も少ないんでしょう温かいものしかありません。かき揚げそば(500円)にしました。やくみにカンズリがあります。やっぱ十日町はそばの里です。うんめいわ。

十日町雪祭り 雪上カーニバル会場

雪上カーニバルの会場も下見しておきます。当初は平地かと思いましたが、山の上の広場です。優待パスポートゾーンと一般ゾーン(無料)と分かれています。仕切りは雪の塀です。
雪上カーニバルまでの間、雪像を楽しみます。

十日町雪祭り 雪像

十日町雪祭り 雪像

他にもたくさんの雪像があります。
企業で会社前に作ったもの、お店の前に作ったもの、町内会でつくったもの、家庭で家の前に作ったものなど楽しむことができます。
雪像を楽しみながら十日町駅を通りクロス10に到着です。

十日町雪祭り もつ煮

小腹が空いたのでもつ煮(400円)で落ち着けます。

十日町雪祭り FM-NIIGATA「SOUND SPLASH」WINTER STAGE ’09

道の駅を兼ねたクロス10の隣の越後妻有交流館キナーレでは特設ステージが設けられFM-NIIGATA「SOUND SPLASH」WINTER STAGE ’09が開催されています。
そして、そのステージの最後は山下久美子です。「赤道小町ドキッ」から始まりました。熱々亜熱帯って雪がちらついているなかで…などMCも面白く、デビュー曲の「バスルームから愛をこめて」など数曲の演奏でしたが、のりのりの楽しいステージでした。
山下久美子、相変わらず格好ええ!

十日町雪祭り なめこ汁

午後になって寒くなってきました。冷えた身体を暖めようとコーヒーでもと思いましたが、安かったんでなめこ汁(200円)にしました。
雪上カーニバル会場に移動します。

十日町雪祭り 雪上カーニバル

照英江口ともみの司会で雪上カーニバルが始まったところでした。
火焔土器をモチーフに造られたステージが綺麗です。

十日町雪祭り 雪上カーニバル やなわらばー

やなわらばーの演奏は、三線(さんしん)を使用するもので十日町の雪の舞台に沖縄の郷土楽器の音色が奏でられました。

十日町雪祭り 雪上カーニバル 着物ショー

十日町の産業を代表する着物のショーです。
女子レスリング銅メダリスト、浜口京子さんも出演しています。

十日町雪祭り 雪上カーニバル 中村あゆみ

中村あゆみのステージです。
翼の折れたエンジェル、尾崎豊のシェリーのカバーなど演奏しました。

十日町雪祭り 雪上カーニバル バブルガム・ブラザーズ

十日町雪祭り 雪上カーニバル バブルガム・ブラザーズ

バブルガム・ブラザーズは音楽的には知らないんですが、ステージの演出は花火やガスを使った華やかなものでした。

十日町雪祭り 雪上カーニバル 花火

最後は雪上カーニバルを締め括る花火です。
風下です。煙でちょっと写真には厳しい。

十日町雪祭り 雪上カーニバル 花火

風向きを知って最初から位置を変えようとしていたのか?
途中からは、ステージサイドからの打ち上げになりました。

たのしいイベントでした。

冷えた身体は、小千谷の温泉ちぢみの里で暖めて返りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FM PORT Wステキャン

今月のセーフティドライブキャンペーンも、LOVE SNOW PARADISEステッカーキャンペーンと同時開催です。会場は、関川村のわかぶな高原スキー場です。

FM PORT Wステキャン 往路

中条周辺は雪と靄のためホワイトアウトに近い状態になっていろ所もあります。

FM PORT Wステキャン 会場

午前10時20分頃会場到着です。スキーセンター前の駐車場に停められました。
GOOD MORNING PORT CITY Saturdayの中継に間に合いましたが、電波の関係か一般客からは見え難い場所での中継でした。

FM PORT Wステキャン ステッカー

hiroeさんからセーフティドライブキャンペーンのステッカーとLOVE SNOW PARADISEのステッカーをいただきました。

さて、十日町に移動しましょうか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.20

じじ&ばば

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。って昨日に引き続きの連荘です。
お店のことなどは昨日の記事をご覧下さい。
今日も仕事で遅くなったのと、レバ刺しが食べたいこともあって来ました。ビールにレバ刺し、日本酒に銀ダラで週末の時間を気にしないお酒の雰囲気を楽しみました。今日は、お客さんが多いです。
他のお客さんから麺類のオーダが入りました。マスターが『そろそろ食べる?』きました。『いただきます!』って返してオーダ完了です。さてそのメニューは…。
新メニューです。昨日から構想をお店でものにしてみていたそうで、試作を常連のお客さんが食べていました。『もう少し…した方が好みだな』なんて話をしていました。きちんとマスターの納得のいくものが出来てから食べようと思っていたのですが、もうできたようです。

じじ&ばば 担々麺

麺は太麺を使用しています。太縮れで旨味のある麺です。味噌ラーメンなどで使われている麺です。細麺が好きだけど担々麺は太麺が合います。
スープは心配していませんでしたが、その通りになりました。味噌と胡麻と豆板醤のしょっぱさ・甘み・まろやかさ・香り・そして辛みまでが良い感じに交わっています。味噌ラーメンと胡麻ラーメンが既にメニューになっていてそれを融合させるだけじゃないかと思いましたが、味噌か胡麻のいずれかが勝ってしまうため苦労した点だそうです。
トッピングは、挽肉・筍・椎茸などの炒め物、レタス、辛ねぎ、メンマです。挽肉・筍・椎茸などの炒め物は、昨日のジャージャーメンと似ていますが、トロミを無理して加えていないところや挽肉の量が多く、辛みも違っています。レタスは、青みのあるところ使って良い色を添えています。辛ねぎも無理に混ぜることなくねぎのシャキシャキ感を残しています。
これも結構ボリュームがあります。マスターは、『まだ荒削りだけどね』って言ってますが、おいおいどう変えるんだって思うほど美味しいものでした。マーボーメンと同じくらいの満足感を目指しているんだろうね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石門子

石門子 チャーシュウワンタンメン(大盛)

新潟市の「東堀 石門子」です。
新潟市中心部やや下手東堀通りに面してます。ワンタンメンが人気のお店です。今年になってお初です。
お店は、奥行きがあり左側に厨房、中央にカウンター席、左側奥に小上がりが1卓あります。右側は、中でも待てるように広いスペースがあります。町のラーメン屋さんといった雰囲気です。午後1時過ぎに着きました。カウンター席に空きはありますが、昼時間が終わったお店としてはかなりのお客の入りでしょう。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、スタミナラーメン、冷し中華やそれらにチャーシューを加えたものがあります。例によって座るとすぐに親父さんから『何にしますか』注文を聞かれます。『チャーシュウワンタンメン(大盛)』と素早く返し注文終了です。
その後もお客さんが訪れ引き続きお客の入りの良い状態が続きます。一度に多くの量を作ります。待たずにチャーシュウワンタンメンが出来てきました。表面を覆い尽くした大きなチャーシュウで他になにも見えません。
麺は、細縮れで懐かしい感じの美味しい麺です。
スープは、あっさりした醤油と塩の中間の美味しいものです。しょっぱさをほとんど感じませんが、ダシの旨味で美味しく食べられます。
トッピングは、好みよりも硬いチャーシュウが表面を覆うほどいっぱい、浅漬かりのメンマ、軟らかく具とのバランスが好きなワンタンです。
あっさりしたラーメンに美味しいワンタンが乗れば、新潟の懐かしいを堪能した気分になります。チャーシュウがいっぱい食べられて800円の昼食はお腹いっぱいの満足なものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.19

じじ&ばば

じじ&ばば ジャージャーメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
夜の8時頃から翌5時までの深夜型のお店です。最近は、出張者のお相手が多く早く帰っていたため多少仕事が溜まってきました。年度末の忙しい時期に前に仕事を溜めてはと思ったら日付が変わってるし…で食事に来ました。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、その左側と手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。まずは、軽くビールをいただきます。そして食事は、しばらく食べていないジャージャーメンにしました。
見た目は、ミートソースのような…、冷し中華のような…、焼きそばのような不思議な食べ物です。
麺は、細く縮れた歯応えの良い麺です。中華系のあんかけに馴染む美味しい麺です。冷たい麺です。
あんかけっていっていいかどうか判りませんが温かいもので、挽肉、椎茸、筍などの細かい具が美味しさと歯応えを楽しませてくれます。マーボーメン同様の味のバランス良さが麺に絡まって、とても面白い食感を楽しむことが出来ます。
このメニューでトッピングって言って良いか判りませんが、キュウリの細切りがシャキシャキした食感を与えてくれます。
スープってものがないんでラーメンとは違いますが、とても楽しい食べ物です。冷たい麺に温かいものを絡めて食べるあたりは、つけめんに似ているかも知れないですね。楽しく食べさせていただきました。ボリュームたっぷりのメニューが多い中、これはスープがないので食べやすい量です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こまつ

こまつ ラガーメン

新潟市(旧黒埼町)の「麺味亭 こまつ」です。
場所の説明が難しいです。黒崎中学校の北側にあります。
お店は、入ってすぐの配膳スペースに向かってのカウンター席、奥に厨房、左右に小上がり、左奥に座敷があります。午後1時過ぎに着きましたが、1グループのお客さんがいるだけです。
メニューは、ラーメンと味噌ラーメンが中心になっています。少し高いかなと思っていましたが、さすがに値上がりしていません。ピリ辛マーボーメンを食べようと思っていましたが、メニューが塗り潰されています。特製五目ラーメンがあるのでそれにしようと思ったら売り切れです。冬季限定のねぎ味噌ラーメンにしようかと思ったら1日限定10食でこちらも売り切れです。あと食べたことのないものと探したらラガーメンというのがあったのでラガーメンとミニカツ丼にしました。
メニューにラガーメンの説明があります。豚ロース唐揚げとラグビーボール(味玉)が追加トッピングされるようです。スポーツマン向けのボリュームあるもののようです。やばい!
このお店の店主はラグビーが好きなんでしょう。味玉がラグビーボールという名前で、ラガーメンというメニューがあります。5月に東北電力ビッグスワンスタジアムで行われる全日本チームのゲームのポスターも貼ってあります。
お客が少ない時間ということもあって早くできてきました。
なんじゃこりゃ!って言いたくなるような大きな器です。デザインは良いのですが、半端じゃない大きさです。直径が30㎝前後ありそうです。
麺は、平打ちっぽい縮れです。普通は太麺を使用するとのことですが、やや太くらいでしょうか。食べやすい麺です。
スープは、背脂が程々に浮いています。その下のスープそのものは、醤油の味が効いたもので、あっさりではなく、まろやかか少しこってりした感じのものです。
トッピングは、豚肉ロースの唐揚げ、ラグビーボール(味玉)、太めのメンマ、青物などです。豚肉ロース唐揚げは、トンカツの衣が違うものでスープを吸ってなかなか美味しくいただけます。
さすがに850円のラーメンは、食べ応えがあります。

こまつ ミニカツ丼

さて、そこに加えてのミニカツ丼です。こちらはタレカツで、ミニにしてはボリュームがあります。カツずくしなんて言えば格好いいけど、カツ&カツは飽きてきます。オーダミスでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.17

市玄

市玄 らーめん

新潟市の「らーめん屋 市玄」です。
新新バイパス竹尾インターから県道4号線横越方面に向かった新潟市中央卸売市場内にあります。広い市場の中央にある中央棟の1階です。
2回目になります。最初は、昨年の1月17日、その日も雪でした。今回は“マグロの頭からダシを採った全く新たな珍しいラーメンに変わっていました。臭みのない採り方に大変苦労されたそうです。またマグロ節のトッピングが追加されていたり、たびたび変化しているようです。”という情報いただきましたので、早速、食べてみることにしました。
お店はやや奥行きがあり、左側に厨房、その手前と中央よりに12席L字形のカウンター席があります。入口を入ってすぐ右に食券販売機があります。12時ちょうどに着きましたがお客さんが数名いる程度です。朝7時からの市場のお店ですからこんなものでしょう。
メニューは、らーめんに背脂、ねぎとちゃーしゅーの組み合わせでしたが、味噌らーめんが増えています。で新しい味噌らーめんも興味はありますが、マグロのダシを楽しむなら普通のラーメンかなと思いらーめんにしました。
カウンター席の後に水やお茶を入れる道具や灰皿などが置かれています。セルフで水をいただき待ちます。食券を差し出すまでは、手作り餃子を作っていたようです。美味しそうですがあまりお腹が空いてないので次回にしましょう。お客さんが少ないこともあって早めに出来てきました。
茶色のすり鉢の器です。背脂が結構コッテリそうに見えます。後から来たお客さんは、コッテリと言いながら食券を差し出していたので大油も健在なようです。
麺は、普通の太さの弱い縮れで、モチモチした感じの麺です。背脂には燕三条系のような太い麺も好きですが、この麺も食べ易くて良い麺です。
スープは、前回食べた朝ラーメン同様に塩の締まりと醤油の旨さが良いバランスです。マグロの頭から採ったダシっていうのも初めてなんですが、魚系の旨味のあるものです。臭みのない採り方に大変苦労されたとの情報通り臭みが感じられないスープです。
トッピングは、やや軟らかめのチャーシュー、太めのメンマ、切りコブ、マグロ節です。マグロ節は、色が綺麗で鰹節より優しい香りに感じました。魚粉よりは全然いいのですが、節のようにダシを採るものが入っているのはあまり好きじゃないです。
600円と普通の値段でこれだけの新しいものが体験できて楽しませていただきました。食べている時は、臭みを感じることもなく美味しくいただけましたが、お店を出る頃に口の中になんかほんの少し魚っぽさが残ります。いろいろ研究して進化しているようなのでまた食べてみたいと思います。味噌らーめんも食べてみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.16

ウルトラサイダー

ウルトラサイダー

ダイドードリンコの自動販売機でウルトラサイダーというものがありました。
なんか子供が喜びそうで帰宅時に数本買ったらいろんなウルトラがありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

信吉屋

信吉屋 チャーシュウワンタンメン

新潟市の「信吉屋」です。
新潟島のイトーヨーカドー丸大の近く、本町の市場風なお店が並んだ建物の東堀通よりにあります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広いお店です。市場の支那そば屋さんといった懐かしい雰囲気です。12時15分頃に着きました。満席でお客さんが3人待っています。近くの会社で若手社員の研修をやっているようで、その人達で珍しく若者のお店になっています。
メニューは、支那そばと、メンマ、チャーシュウ、ワンタンを組み合わせたものになります。盛りは、普通、中盛、大盛があります。チャーシュウワンタンメン(普通)にしました。
お店に貼紙があり明日17日猫の健康診断のため臨時休業と書いています。なんかそんな理由まで書いてあるところが微笑ましく感じます。
なんて見ている間に出来てきました。いつもの黒っぽい渋い器に澄んだスープが上品です。
麺は、極細に近く縮れの弱い麺です。シコシコした歯応えがとても好きな麺です。この麺ならとんこつのスープと組み合わせて九州ラーメンのように食べても美味しそうな麺です。
スープは、白醤油か塩でしょうか。すまし汁のような綺麗なものです。昆布ダシの旨みで味わう和のスープです。
トッピングは、脂身がなく弾力のある歯応えを楽しめるチャーシューが多め、短めのメンマ、ほうれん草、鳴門です。ワンタンは、小さめの肉団子を包んだようなもので、具も皮も楽しめるものです。当たり前にトッピングされているねぎですが、和のスープと合い豊かな風味を与えてくれます。
チャーシューたっぷりにワンタンまで食べて800円です。結構、贅沢に食べたような気がしている割りには安いです。今日も美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.15

雪見だいふく

雪見だいふく たまごプリン

コンビニで雪見だいふく たまごプリンを見つけました。
本当に、プリンをアイスクリームにした濃い味です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.14

しみず

しみず新保店 醤油ラーメン

長岡市の「ラーメンしみず 新保店」です。
国道8号線川崎インターから長岡市街へ向う愛宕インターを北に進んだ先です。
長岡雪しか祭りの雪花火が終わって、せっかくなので長岡で夜だけ営業のお店で食べようかと殿町辺りをみましたが、準備不足で良いお店が判りませんでした。しばらく食べてないお店ってことでしみずにしました。過去に1度だけ食べたことがありますが何年前に食べたかも覚えていないほど昔です。
午後8時過ぎにお店に到着です。お店前と裏に駐車場があります。表に空きが1台分あり停められました。お店に入ってすぐの風除室に食券販売機があります。先客が4人グループとその後1人のお客さんが食券を購入しています。
メニューは、とんこつ、醤油、味噌、塩があります。どれも同じ値段です。量は、並盛(1.0玉)650円、大盛(1.5玉)700円、特盛(2.0玉)750円、メガ盛(3.0玉)850円とあります。以前は同じ値段でサービスの大盛りや特盛りが食べられましたが止めたようです。一番上のものにしようとしましたが、一番上のとんこつだけが売り切れ(スープ切れ)です。次の段のボタンの醤油ラーメン(並盛)にしました。
お店は、左側に厨房、その中央側と手前にカウンター席、右側に小上がりがあります。普通のラーメン屋さんといった雰囲気です。
こんな時間でもお店の中はいっぱいで、入れ替わりながらなんとか並ばなくても済みそうな状態が続いています。ほぼ一緒に入ったお客さんが多かったこともあり少し時間がかかって出来上がってきました。
濃い目の醤油色がしょっぱそうに見えます。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。ツルツルした感じや噛み応えが特に良いってこともありませんが、スープと馴染んでか普通に美味しく感じられます。
スープは、醤油のしょっぱそうな色ですが全然しょっぱ過ぎることがなく醤油の風味がしっかり活かされたスープです。魚介系の香りがしますが、しつこさがなく良い具合です。長岡らしく生姜の味もありますがこちらも控えめです。醤油の味を盛り上げてくれているスープです。
トッピングは、脂身の少ないやや軟らかめのチャーシューが、こちらも長岡らしく無造作に多めにのってます。メンマと岩海苔までのってます。他のお客さんが注文したものを見ていると、味噌ラーメンなんかは白髪ネギが多めに乗っています。食券販売機を見たときにトッピングのボタンがないと思いましたが、必要ないってことなんですね。
普通のラーメンが650円と以前は高いと思いましたが、このトッピングを考えると今では安いかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長岡雪しか祭り

長岡雪しか祭り

長岡市のハイブ長岡と千秋が原ふるさとの森を会場に本日14日~明日15日開催されている“長岡雪しか祭り”に行ってきました。
花火が見たとも思っていましたが、そんなに行くつもりはありませんでした。まあどんなもんかとネットで見たら津軽三味線や和太鼓などもあり、じゃちょっと行ってきますかと混み合う時間を避け、夕方現地到着を目指しました。午後5時頃の到着したら、ハイブ長岡前の雪しかわんぱく広場には雪の滑り台がありました。周りのは雪がなく大変だったろうと思います。ハイブ長岡に入ろうとしたら、入口近くのイベント案内看板で“ながおか100雪だるま”というみんなで雪だるまを作ろうという小イベントが雪不足で中止と貼り紙がありました。中に入ると風雲太鼓の演奏が始まったところでした。

長岡雪しか祭り かも汁

少しお腹が空いたのでかも汁をいただきました。超大盛りです。本当に350円でいいの?美味しく食べながら演奏を聴かせていただきました。

長岡雪しか祭り 津軽三味線

その後、野外ステージへ移動。浪漫的夜(ロマンティックナイト)と名づけられたステージイベントが開催されています。転太鼓舞、津軽三味線、関原火焔太鼓などの演奏がされています。津軽三味線は、小林組というおしどり夫婦って自ら紹介しておりました2人の演奏です。奥さんの方が津軽三味線全国大会で女子A級で入賞しているようです。

長岡雪しか祭り 雪あかり

音響が良いのでステージ隣に移動します。雪あかりと名付けられたろうそくの灯りによる神秘的な光景が広がっています。
さて、いよいよ午後18時50分からの雪花火の開始です。打上げ場所は、ハイブ長岡の先の信濃川河畔です。場所は良い筈なんですが、あとはフレームに収まるかです。少し遅れて始まりました。狸が花火の上げる線を食べたらしいです。最初は10号玉です。打上げと同時に左右方向を修正し…入りません。近いです。カメラを縦にしての撮影に切り替えです。

長岡雪しか祭り 雪花火

大ワイドスターマインです。時間差で下上が上がるんで合成してみました。

長岡雪しか祭り 雪花火

このイベントらしい雪だるまの花火です。初めて見たような気がします。

長岡雪しか祭り 雪花火

色鮮やかな花火も上がります。

長岡雪しか祭り 雪花火

長岡雪しか祭り 雪花火

長岡の花火は、迫力があります。

長岡雪しか祭り 雪花火

最後は、2尺玉です。
冬の花火は、空気が澄んでいて見易い、気温が低く音の通りが良くて楽しい、だけど寒いっていうのが一般的ですが暖かかったです。綺麗でした。わずか10分間の花火ですが楽しませていただきました。
長岡雪しか祭りも雪がなきゃ何にもねえじゃんかって思いましたが、どうしてどうして花火を始めいろいろあります。十分楽しく過ごせるものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.13

六綵亭

六綵亭 ワンタンメン

新潟市の「らーめん 六綵亭」です。
東堀通の柾谷小路近くの小路を入ったところにあります。
今日は、新潟に長く居て関東に転勤になった出張者と一緒です。同僚の好きなお店は、中華のカトウです。しかし、12時15分頃で中華のカトウが暖簾を降ろす時間なので六綵亭にしました。同僚がいた当時はこのお店はオープンしていなくて、その後も新潟の何度となく来ていますが路地を入った場所にあり気が付かなかったようです。こんなところにもラーメン屋さんが出来たんだって驚いています。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側にテーブル席があります。新しいお店で清潔感があり、和を基調とした内装が小料理屋のような雰囲気です。結構お客さんが入っていますが、テーブル席が空いていて座れました。その後もお客さんが来ていて少しの待ちになっていました。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたもの、みそラーメン、ワンタンメンとシンプルです。つけ麺も焼きそばもありません。しばらく来ていなかったので値上がりも覚悟していましたが、今までのままでラーメンがワンコイン500円で食べらるお店です。ラーメンとみそラーメンは食べたのでワンタンメンにしました。
お客さんは多いのですが、そんなに待たずにワンタンメンが出来てきました。
醤油味がしっかりしていそうなスープに、包子のようなワンタンが印象的です。
麺は、普通の太さ普通の縮れ具合です。適度なツルツル感、適度なモチモチ感、歯応えも程よくあります。バランスも良いのです。
スープは、醤油の味が効いたしっかりしたものです。あっさりした感じもあります。生姜も効いています。長岡生姜醤油系をあっさりにしたような感じです。
トッピングは、大きなやや味薄のチャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草、鳴門です。チャーシューは、普通のラーメンにこんな大きいのいいの?って思うほどの大きさです。そしてワンタンは、包子のように具沢山で肉の汁が出てくる美味しいものです。具が少なく皮を楽しむワンタンが好きですが、ここまで具をしっかり入れてもらうと別のメニューのような楽しみとなります。
ワンタンメン600円です。路地を入って多少判り難いかも知れませんが、柾谷小路から近いこの場所で600円でワンタンメン食べられるんですからありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.12

じじ&ばば

じじ&ばば 胡麻ラーメン(チョイ辛)

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
夜の8時頃から翌5時までの深夜型のお店です。
仕事で遅くなってしまいまして久々に深夜です。食事目的できました。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、その左側と手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。今日は、1年以上食べていない胡麻ラーメンにしました。
麺は、旨みのある太く縮れの強いものです。茹で加減がいいので、この手の麺に多い硬過ぎる嫌な感じもなく美味しく食べられます。
スープは、胡麻の風味とまろやかな深みの美味しいものです。辛さは特に言わなかったのですが、結構辛めです。
トッピングは、キャベツ・もやし・玉ねぎ・ピーマン・人参・筍・きくらげの炒め物、チャーシュー、メンマ、それらの上にすり胡麻がかかっています。とても良い風味です。
胡麻って甘みの多い料理が多く、あまり好きになれませんでしたが、ここの胡麻ラーメンときんしゃい亭のラーメンにかける胡麻を食べて胡麻の旨みを知ることが出来ました。後でマスターに聞いたら少し辛めにしといたよってことでした。暖まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くら田

くら田 チャーシューメン(大盛・平麺)

新潟市の「めん処 くら田」です。
本町通りと東堀通りの間、6番町にあります。
同僚との昼食になり12時15分頃に着きましたが、外に年輩の夫婦が立っています。お店がいっぱいで並んでいるとのことでその後ろに並びました。食べ終わって帰るお客さんも多く少し待って席に着くことが出来ました。
お店は、奥に厨房、右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木の感じが落ち着いた下町の雰囲気です。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、チャーシューメンがあります。麺は、普通(160g)、中盛り(200g)、大盛り(240g)、ダブル(320g)と選べます。大盛りは100円増しですがサービス(無料)になります。壁に貼られたメニューには、残さないでねと付け加えられてあります。普通の細麺の他に平麺も選べます。スープも醤油味と塩味が選択できます。チャーシューメン(大盛・平麺)にしました。
同僚は味の好みが似ていて、美味しいって紹介してくれるお店は本当に美味しいです。もう閉めたお店ですが“太龍”が今までで一番好きだったとのことです。一度だけ食べたことがあります。詳しく覚えていませんが、あっさりした懐かしい味でした。その同僚がくら田のラーメンを食べたことがないとのことなのでどう反応するか楽しみです。
いつも通り手際よく作っていますが、一人前ずつ作っているので時間がかかります。今日はお客さんも多く少し時間がかかりました。
淡い色があっさりしたスープが美味しそうです。
麺は、平麺ですがそんなに太さはなく、食べてみて一般的な麺の太さよりも少しだけ太いかなと感じるものです。ストレートに近い弱い縮れの癖のない麺です。ワンタンを切ったようなツルツルした舌触りの気持ちいい麺です。最初は少しモチモチ感が強めですが食べているうちにちょうど良い歯応えになります。
スープは、透き通った淡い色です。煮干しの香りがほんのり漂う新潟らしいあっさりした懐かしい感じの美味しいものです。
トッピングは、歯応えのあるチャーシューがたっぷり入っています。食べようと口の近くにもってくると醤油の香りが強くしょっぱそうですが、味はちょうど良いしょっぱ加減です。脂身の混じり具合も適度にあり好きなチャーシューです。浅漬かり薄切りのメンマ、ほうれん草も入っています。
これでも700円です。大盛り・平麺変更などの変更をしても同じ値段です。とても美味しくいただきました。ご馳走様でした。
同僚は、お店に入った時の香りが太龍と似ていて期待しています。チャーシューメンを注文しましたが、チャーシューが太龍そっくりでほうれん草の盛り付けなども似ていたようで、満足いただけました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.11

食の陣 おかわり座

食の陣 新潟ふるさと村会場

新潟市の4会場(古町、万代シティ、新潟駅前、新潟ふるさと村)で開催された「第17回 にいがた 冬 食の陣 当日座」の最終イベントおかわり座です。新潟ふるさと村会場のみの開催です。11時40分の到着です。道の駅を兼ねた駐車場はほぼ満車ですが、係員の誘導で広めの通路に縦列駐車で停められました。バザール館前のプレハブハウスのブースは空いています。そのままバザール館に進みます。いつもよりは多くのお客さんが入っていますが、メチャ混みというような混雑はありません。各ブースとも数名の並び程度です。海鮮系と村上牛の対決風な出店です。村上牛サーロインステーキ丼(1600円)や村上牛ももステーキ丼(1000円)も食べたくないこともないのですが、昨日の牛丼に引き続きってのもありますし、プラスチックの容器で1000円以上もする食事っていうのも気が進まないので海鮮系にしました。

食の陣 海鮮ぎっしり丼

海鮮ぎっしり丼(800円)です。まあちらし寿司ってなところです。ご飯がちょっと冷え過ぎていてもうひとつです。

食の陣 にぎり寿司

にぎり寿司(500円)です。安いんだけどスーパーの惣菜のお寿司みたいです。

食の陣 村上牛芋煮汁

鍋や汁は、屋外ブースでのもつ煮込みも美味しそうでした。中でのカニ汁(300円)も小さいズワイ蟹が半身も入っていい出汁が出て美味しそうで捨てがたかったのですが、里芋が好きなので村上牛芋煮汁(400円)にしました。里芋、牛肉・牛筋入りの汁は、とても美味しいものでした。

食の陣 与七丼

妻が食べた与七丼(500円)です。

食の陣 越後もち豚ヒレカツバーガー

食の陣 南蛮海老しんじょうバーガー

家でゲームをしている子供達へのお土産の越後もち豚ヒレカツバーガー(400円)と南蛮海老しんじょうバーガー(500円)です。パンがあまり好きじゃないのでちょっとお高いかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.10

じじ&ばば

じじ&ばば 牛丼

新潟市の「じじ&ばば」です。
今日は、ラーメンではなくカレーを目的にお邪魔しましたので、詳細は割愛します。
先週の金曜日、お店に入ったらカレーのいい香りがしました。じじ&ばばのカレーも美味しいので食べたいと思いましたが、作ってから時間をかけて馴染ませてからお店に出すそうです。月曜日あたりが美味しくなるだろうとのことでした。月曜日に食べ損なったので、多少なりとも残っていればと思っていましたが叶いませんでした。
そんなことでラーメンを特に食べようとも思っていませんでした。おすすめメニューのホワイトボードを見たら日替わりの牛丼があるじゃないですか。大好きなメニューなんでさっそくオーダしました。
ボリュームたっぷり、つゆだくです。とても美味しい牛丼です。
通常メニューではないので、今度いつ食べられるかです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広東楼

新潟市の「広東楼」です。
新潟島のこんぴら通りにあります。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前に小上がり、右に座敷があります。中華料理でしょうが、中華食堂といった方が似合いそうな庶民的なお店です。12時30分頃に着きましたが、他に数名のお客さんです。
メニューは、麺類、飯類、一品料理で、他にセットメニューもあります。麺類は中華系のメニューとなっていて、ラーメンが480円とワンコインで食べられます。お腹が空いたのでセットメニューにしようと思いますが、お手頃な日替わりにしました。今日の日替わりは、肉の野菜炒め付きラーメンライスです。
お客さんが少ないこともあってか、日替わりだからなのか早く出来てきました。

広東楼 日替わり

肉の野菜炒め、もやしとわかめの小鉢、ザーサイです。定食風になっています。

広東楼 ラーメン(日替わり)

ラーメンは、青の入った爽やかな器にしっかりした醤油色のスープです。
麺は、やや細の縮れ癖のない食べやすい麺です。
スープは醤油色で、色の通りの醤油の味が活きたものですが、塩でさらにしょっぱめになっているように感じます。定食風に後でご飯も食べるので、多少のしょっぱさは大丈夫ですが、ラーメン単体では、のどが渇くかも知れないです。セットメニューだからこのしょっぱさかな?
トッピングは、適度な歯応えのチャーシュー、歯応えのあるメンマ、ゆで玉子半個、水菜、多めのねぎとなかなか充実しています。
肉の野菜炒めも量が十分にあり、なかなかのボリュームです。

広東楼 杏仁豆腐(日替わり)

てなことを思っていたら杏仁豆腐のデザートも付いていました。
これだけのボリュームで680円ですから、庶民派には嬉しいお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.09

寿美吉

寿美吉 ラーメン

新潟市の「食堂 寿美吉」です。
柾谷小路の突き当たり日銀新潟支店手前を右折した先にあります。
18時から29時まで営業の夜型食堂です。
お店は、左に厨房、中央と手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。間口の割りに奥行きのある広いお店です。飲んだ帰りのラーメン屋さんといったシンプルな雰囲気です。深夜に着きましたが、他にお客はいません。
メニューは、麺類を中心にご飯物、ちょっとお酒が飲めるおつまみまであります。麺類は、ラーメンとみそラーメンとそれらにトッピングを加えたもの、中華系まで幅広く、夜だけ営業の店と思えない品揃えの豊富さです。普通のラーメンにしました。
お店に入った時たら親父一人でテレビのサッカー観戦していました。注文するとすぐに作ってもらえました。
普通の中華らしい器に盛られたシンプルなラーメンです。
麺は、普通の太さの縮れで癖のない食べやすいものです。硬めに茹でられる最近のラーメンよりは軟らかめです。
スープは、淡い色の透き通ったもので、あっさりしており醤油より塩の味付けのようです。旨味もありなかなかのものです。
トッピングは、小さめのチャーシュー、メンマ、海苔です。
夜のお店で、メニューが豊富、安くて旨いと揃ったお店です。あとは、場所が飲んだ後に行くようなところでないといったところでしょうか。タクシーも近くに止まっていません。酔い冷ましに歩きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いっとうや

いっとうや かさね醤油

新潟市の「ラーメン いっとうや」です。
紫鳥線の旧市民病院近く、セブンイレブンの裏です。
今日は、味覚センスの良い同僚とのお昼です。いっとうやが出来てしばらく経ちますが、まだ食べていないとのことでお邪魔しました。12時20分過ぎの到着でしたが、かろうじて駐車場に空きがありました。
お店は、右に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、手前にテーブル席、奥と左側に小上がりがあります。入口付近には待つために座って並べるスペースもあります。多少の待ちは覚悟していましたが、小上がりに空きがあり、すんなり座れました。
メニューは、醤油、かさね醤油、つけめん、辛つけめんとそれらにトッピングを加えたものがあります。開店当時から変わっていません。値上がりもしていません。前回は醤油にしたので、今回は人気のかさね醤油にしました。1日限定20色の炊き込みチャーシュー丼は、時間が遅いので諦めていましたが、ギリギリ大丈夫らしくお願いしました。
出来上がりを待っている間にもお客さんが増え、待ちの並びになっています。
混み合う前に注文出来たようで、お客の入りの割りに早く出来てきました。黒い少し変形した渋くセンスの良い好きな器です。醤油の白と対照的です。
麺は、普通の太さのストレートに近い自然な縮れの弱いものです。適度なコシと噛み切れ具合の良い食べ易い美味しい麺です。同僚は、関本製麺の麺も合うんじゃないかと感じたようです。新潟のラーメンに合う一般的な麺ですが、ツルツルとした舌触りの良い麺との組み合わせも美味しそうです。
スープは褐色で、色からして美味しそうに見えます。魚介系の風味と動物系の旨味がいい具合にマッチしています。魚介系のみの醤油も美味しいのですが、動物系の旨味を加えたかさね醤油もなかなかです。
トッピングは、大きな炙りチャーシュー、マッチ箱かと思うようなメンマ、半熟玉子半個、ほうれん草、海苔です。チャーシューが好きなので良いんですが、チャーシューが好きでない人には大き過ぎるかも知れません。

いっとうや 炊き込みチャーシュウ丼

炊き込みチャーシュー丼も美味しくいただきました。マヨネーズが盛り付けられていて、チャーシューと合います。良く考えられています。限定とは言え100円は凄くお得です。
いっとうやの驚きは、このラーメンが600円と言うことです。コストパフォーマンスの良さどうこうを越えたなにかがあります。新潟の伝統的なあっさりラーメンとは違いますが、新潟の新しい味として根付いてもらいたいお店です。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009.02.08

新発売 カップ麺

子供とスーパーへ飲み物を買いに出かけた際に新しいカップ麺を発見しました。

新潟ラーメン 燕三条しょうゆ

日清から発売された「新潟ラーメン 燕三条しょうゆ」です。
新潟限定で、250円前後で売られているようです。

カップヌードル チーズ&ガーリックコンソメ

カップヌードル チーズ&トマトクリーム

そして、カップヌードルも2種類発売されていました。
「チーズ&ガーリックコンソメ」と「チーズ&トマトクリーム」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.07

食の陣 当日座

食の陣

新潟市の4会場(古町、万代シティ、新潟駅前、新潟ふるさと村)で開催されている「第17回 にいがた 冬 食の陣 当日座」に行ってきました。今回は、お酒も楽しみたいのでバスで会場に来ました。11時の到着です。
まずは7番町の特設ステージでのイベントを楽しもうと行ったら、多少時間が押しているようでオープニングセレモニーの開場テープカットでした。その後、篠田市長と実行委員長が“愛”と書かれた飾りの付いたカブトでステージに上がり撮影会です。特に写真は撮りませんでした。

食の陣 鏡割り

そして、ステージ横で鏡割りです。これも篠田市長と実行委員長かと思ったら、司会進行の新潟お笑い集団 NAMARAです。

食の陣 ふるまい酒

鏡割りに続きふるまい酒です。枡が60個しかなく先着順となりました。間に合いました。一斗樽から直接枡に注いでいただきました。お酒は半分くらい残っており、お代わりとマイコップの人はいただけたようです。
お酒をいただきながら飛龍会の万代太鼓を楽しみました。

11時30分からは、楽しみにしていた佐藤知の津軽三味線です。
真剣に聞いていたので写真ありません。すいません。
弘前で開催される津軽三味線全国大会で2007年B級(4年以上の経験者)で6位入賞し、 2008年は男性A級 (5年以上の経験者) で7位入賞した若干22歳の青年です。午後から古町5番町でストリートライブをやるとのことで楽しみです。

さて、いよいよ食べましょうか!

食の陣 くじら汁

最初は、7番町のくじら汁です。300円です。
暖まります。

食の陣 味噌もつ鍋

次は、8番町高嶋ファームの味噌もつ鍋です。350円です。
新潟駅前とん八特製と書かれています。

食の陣 日本海ブイヤベース

次は、7番町の特設ステージ近くに戻って日本海ブイヤベースです。400円です。
パンがそんなに食べたくなかったのでボルシチを避けたんですが、パンが入っていました。もっともスープを吸って麩のようでした。

食の陣 親父の握る生寿司

そろそろ食事にしようと思い、7番町で親父の握る生寿司を購入しました。
パンフレットは700円と書かれていましたが、600円での販売でした。
鮪、目鯛、南蛮、イカ、鮭、玉子(しゃりなし)です。
汁物も要るなと思い、さらに上方向に移動します。

食の陣 にいがた地鶏鍋

柾谷小路を渡り、6番町のにいがた地鶏鍋にしました。400円です。
一緒に食べましたが、にいがた地鶏鍋にはおにぎりも付いていました。

食の陣 日本酒カクテル 雪浪漫

お腹もいっぱいになったので、お酒を楽しもうと思います。
7番町の日本酒カクテルのブースで今年の雪浪漫です。500円です。
日本酒、洋梨リキュール、グレープフルーツジュース、ヨーグルトのカクテルです。

食の陣 新潟の地酒

もう少しお酒を飲もうかと8番町の新潟の地酒ブースへ行きました。
新潟の地酒が300円です。これは県外観光客が喜びそうです。

食の陣 新潟の地酒 〆張鶴

新潟の地酒でも好きな〆張鶴の燗にしました。体温確保を兼ねて。
紙コップは、味わいが薄れます。次回はマイコップにしたいです。
冷酒だったらふるまい酒でいただいた枡が使えたんですが。

食の陣 プリンセス

8番町の新潟の地酒近くに新潟市南区観光協会のブースがあります。
ルレクチェを使用して作ったスイーツのプリンセスを購入しました。300円です。
伊勢丹のパルティールで通常368円販売されているものです。

食の陣 NewYorkフレンチバニラコーヒー

スイーツに日本酒?カクテルにしようかとも思いましたがコーヒーでしょう。
スイーツを持って5番町へ移動です。ブリッジス ニューヨーク コーヒーのNewYorkフレンチバニラコーヒーにしました。150円です。ブラックでいただきましたが、バニラの香りで甘くないのって不思議です。

食の陣 雪の萬代鍋

5番町で全体会場の一番上手辺りにある雪の萬代鍋です。400円です。
政令市を記念した創作鍋コンテストで特別名誉賞を受賞した作品とのことです。鱈のすり身、南蛮えびのすり身などが入って、えびの風味の良い鍋に仕上がっています。新潟ラーメン博でえびの香りを強めに出したラーメンがありましたが、これぐらいの香りがいいですね。

雪の萬代鍋を食べていたら太竿の音が聞こえてきました。

食の陣 津軽三味線

佐藤知(さとうあきら)のストリートライブが始まりました。ステージと違い時間の制約もなくいきいきと演奏しているように思えます。また、音響(アンプ)を使用していなので生の音が響いてきます。楽しいです。長い時間ライブを楽しませていただきました。

そろそろ最後としましょうか。

日本酒カクテル 雪やなぎ

7番町の日本酒カクテルのブースに再びやってきました。
2003年の雪やなぎです。500円です。
日本酒、グレープフルーツジュース、パインジュース、メロンリキュールのカクテルです。

食の陣 日本酒カクテル 雪の華

2007年の雪の華です。500円です。
日本酒、オレンジジュース、ライチリキュールのカクテルです。

16時30分まで本当に楽しませていただきました。
他に佐藤知CDシングル1500円、おみやげ550円、往復バス400円で7150円ですか。まあ、そんなもんなんでしょう!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.06

じじ&ばば

じじ&ばば ラーメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。ラーメンや定食が食べられる居酒屋です。夜の8時頃から翌5時までの深夜型のお店です。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、その左側と手前に小上がりがあります。今日は、出張で来県した人と一緒に遅くまで仕事となり、夕食と夜食を兼ねて来ました。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。
今日は、駅前と万代シティの中間辺りで岩船港に上がった魚をいただいての二次会です。目的はレバ刺しです。先週来れなかったので期待して、2週連続で売り切れてしまったとのことで早い時間にしました。レバ刺しをいただいて〆のラーメンです。マーボーメン目的の同僚もいたんで一緒にマーボーメンを食べようかとも思いましたが、胃袋の空きスペースが少なく断念。普通のラーメンをいただきました。
今日は、まだ他にお客さんがいなくてすぐに作ってもらえました。
ほとんどのメニューはボリュームがあり、ラーメンのシンプルな量にひと安心です。
麺は、普通に頼んだので細麺です。適度な縮れの美味しい麺です。
スープは、しょっぱさも甘さも適度な優しい味わいのさっさりしたスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマとシンプルです。
美味しいラーメンです。一日が〆られました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

共進軒万代店

共進軒万代店 タンメン

新潟市の「共進軒万代店」です。
万代シティの万代シルバーボールの裏にあります。12時15分頃の到着です。お店に近付くとおねえちゃんの元気な声が聞こえてきます。外に5人並んでいますが、お客さんの回転が速くすぐに中に入れました。
お店は、奥行きがあり、右に厨房、中央よりにカウンター席、左側にテーブル席があります。庶民派中華大衆食堂って雰囲気です。今日はテーブル席での相席です。いつものようにちょっとごつい無口なおじさんとアメ横で鍛えたかのような声のおばちゃんも元気です。
メニューは、中華系を中心に麺類、ご飯もの、丼ものなどがあります。麺類は、いろんなものが出ています。以前から安かったし久々なんで値上がりも覚悟していましたが、まだそのままの値段で頑張っています。ありがたいことです。おそらくこのお店一番人気であろうタンメンにしました。
その後も外に数名並ぶ状態が続いています。時間がかかるかなと思いましたが、ほぼいつも通りの時間で出来上がってきました。
野菜たっぷりで健康に良さそうなタンメンです。
麺は細縮れで、熱々の野菜を食べてたどりつくまで時間がかかっても延び難いものです。プリプリした歯応えの良い麺です。
スープは塩味で、野菜の旨味が溶けだした美味しいものです。塩味のしょっぱさを控え胡椒でキリリとした仕上げたものになっています。かなり胡椒が効いてます。
トッピングの野菜は、キャベツ、もやし、人参、豚肉の細切れです。たっぷりです。
野菜不足にとってはちょっと健康的に食べられたかと思います。とても美味しいものでした。これだけ美味しく楽しんで500円です。ワンコインでこれですから嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.05

喜八

喜八 ネギみそラーメン

南魚沼市(旧六日町)の「喜八」です。
六日町の八海山寄りにあります。味噌ラーメンと辛い地獄ラーメンが評判のお店です。
お店の横に駐車場があります。休日のお昼時間前後は、駐車場に空きはなく、路駐か駐車場に入るために並ぶかといった状態ですが、平日の12時30分頃は空きがあり停められました。
お店は、左に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、奥と右側に小上がりがあります。昔からの食堂って雰囲気です。小上がりがちょうど空いて座れました。
メニューは、ラーメン、みそラーメン、それらにネギやチャーシューを加えたもの、辛口のラーメンとそれにチャーシューを加えたものがあります。辛口は、小辛、中辛、劇辛、超劇辛、超劇辛を食べた人のみが食べることができる地獄1丁目から地獄3丁目というものがあります。地獄1丁目から地獄3丁目は完食した人の名前が貼り出されています。前回、超劇辛ラーメンを完食できたので地獄シリーズに進むっていうのもありますが、今日は普通にネギみそラーメンにしました。
その後もお客さんが途切れることなく来ます。並びこそしませんが、ほぼ満席状態が続きます。お店の場所を考えると凄い人気店です。
そんな状態なんで時間がかかるかと思いましたが、早く出来てきました。一般的なラーメン丼に盛られてます。
麺は、普通の太さの縮れのやや強いものです。少し硬めに茹でられています。スープとのバランスの良い麺です。
スープは、白味噌の旨さと甘みが程良いさらさらあっさりした美味しいスープです。普通の太さの麺との絡みが良く美味しくいただけます。
トッピングは、たっぷりのネギがまず目に入ります。ネギの上には辛味が少しのっています。ネギの下には、キャベツと玉ねぎの炒め物と軟らかいチャーシューがあります。
750円でした。美味しいネギみそラーメンです。みそラーメン700円に50円アップでネギがトッピング出来るのが嬉しいです。お客さんが押し掛けるラーメン店というのも判ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.04

きんしゃい亭

きんしゃい亭 ラーメン

新潟市の「きんしゃい亭 駅前店」です。
新潟駅前の飲食店街にあります。
新潟風九州ラーメンが食べられる好きなお店です。軽く飲んだ後の〆のラーメンです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前に大小のテーブル席があります。あれ、お客さんが全然いません。閉店時間でもないのに、こんなこともあるんですね。
メニューは、ラーメンを基本にいろいろなトッピングを加えたものなどがあります。ラーメンをお願いしました。
今日は、おやじさんと若い店員でやってます。九州ラーメンで他にお客さんなしということで、ファーストフードよりも早いんじゃないかと思えるほどすぐに出来てきます。
麺は、極細の弱い縮れです。本場の九州ラーメンのストレートと違いますが、新潟に合わせた美味しい麺です。
スープは、白濁色のとんこつらしいもので、旨味としょっぱさが絶妙です。そして、表面に浮いた油の量がちょうどよい量です。
トッピングは、脂身の少ない歯応えのあるチャーシュー、ねぎ、紅生姜、胡麻です。今日も少しだけニンニクを入れて食べます。ニンニクの旨味は凄いです。
ワンコインで食べれなくなりましたが、550円と深夜のラーメンとしてはまだまだ健在です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蜜入り落花生

蜜入り落花生 パッケージ

千葉県から来た出張者から「蜜入り落花生」をいただきました。

蜜入り落花生

黒い殻の姿は、チョコレート菓子のようでそのまま食べられそうに見えます。実際の落花生の殻で食べられません。

蜜入り落花生 中

殻を剥くと黒い蜜に覆われたピーナッツが出てきます。その黒い蜜に覆われたピーナッツを食べると、とても軟らかく煮豆のようです。溶けた黒砂糖が殻を通り抜けて中に入っています。とても甘いものですが、黒砂糖の甘さはとても爽やかさです。
これは、凄いスイーツです。難点は、手がベタベタになることです。
殻は、お湯に入れて黒砂糖湯にして飲めます。さらに焼酎を入れると美味しいお酒として飲むことができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慶楽

慶楽 エビ入りスープ麺

新潟市の「慶楽」です。
新潟グランドホテルの中華料理店です。
ホテルの中華料理店ということでちょっと雰囲気が良いです。12時過ぎに入りました。いつもよりお客さんは多めですが、空きがあります。
メニューは、たくさんあります。麺類はあまり変わりありませんが、ビジネス応援ということで割引されています。メニューによっては15%程プライスダウンされています。その中のエビ入りスープ麺にしました。
このお店は出来上がりが早い方なんですが、今日は少し時間がかかりました。中華料理らしい白い器に盛られるだろうと思っていましたが、黒い渋めの器です。
麺は、細い縮れで適度なモチモチ感があります。なかなか美味しい麺です。
スープは白っぽく半分透き通った、磨り硝子のような色合いのスープです。塩か白醤油で味付けしているんでしょうか。表面的なしょっぱさがあまり感じられないのですが、旨味と相まってとてもバランスの良い美味しいスープに仕上がっています。
トッピングのあんかけは、白菜、青梗菜、筍、人参、椎茸、きくらげ、しめじ、鶉の玉子、そして大きなエビがゴロゴロ入っています。プリプリした美味しいエビです。適度なトロミのあんかけは、スープ同様に良い味付けがされています。
通常、税サービス料込みで1200円近いメニューが990円でした。ラーメン屋さんでの食事を考えると全部のせみたいな値段ですが、ホテルの中華料理店で美味しく食べたと思えば、値段以上に楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.03

じじ&ばば

じじ&ばば 味噌ラーメン(チョイ辛)

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。ラーメンや定食が食べられる居酒屋です。夜の8時頃から翌5時までの深夜型のお店です。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、その左側と手前に小上がりがあります。今日は、出張で来県した人と一緒に遅くまで仕事となり、夕食と夜食を兼ねて来ました。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。出張者から先にメニューを決めてもらいました。このブログを見たことのある出張者は、マーボーメン(チョイ辛)にしました。もう一人は、味噌ラーメンの辛口にハマっているとのことで、マスターに相談して味噌ラーメン(チョイ辛)にしました。マーボーメンと胡麻ラーメン以外は辛口を食べないのですが、便乗して味噌ラーメン(チョイ辛)にしました。
今日は、まだ他にお客さんがいなくてすぐに作ってもらえました。
すり鉢っぽい器に、トッピングがたっぷり表面を覆っています。お腹が空いた時には嬉しいボリューム感です。
麺は、このお店では太麺ですが、普通よりもやや太い縮れ麺です。美味しさに力強さのある麺です。普通のラーメンも太麺で作ってもらえます。
スープは、味噌ラーメンの中ではおとなしい味噌の使い方でしょうか。赤味噌ですが、結構あっさりした感じで食べられます。それでも味噌の美味しさを楽しめるものです。そして、チョイ辛の辛の具合がいいです。マーボーメンのチョイ辛はもともと辛さのあるものをさらに辛くしていますが、味噌ラーメンは辛くないものに辛さを加えたものなので、優しく、スープ全体がきりりと締まりのあるものになります。
トッピングは、もやし・玉ねぎ・人参・ピーマン・豚肉などを炒めたもの、大きなチャーシュー、メンマものってます。味噌らーめんにチャーシューやメンマがのってるがいいですね。
ボリュームも予定通りたっぷりでした。もともと美味しい味噌ラーメンなんで安心していましたが、辛さを加えても美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

港 五目中華そば

新潟市のときめきラーメン万代島にある「伝昔中華そば 港」です。
新潟あっさりラーメンのチェーン店「源ラーメン」の姉妹店としてオープンしました。源ラーメンがお店を閉めて姉妹店の港だけが残りました。
お店は、奥に厨房、その手前にボックス風テーブル席、さらに手前に向かい合わせのカウンター席、右側にテーブル席があります。ときめきラーメン万代島のお店なんでまあまあ小さめの普通のラーメン店です。12時20分頃の到着ですが、お客さんがそこそこ入っています。
メニューは、醤油、とんこつ、味噌、塩と揃っていて他にもとろろラーメン、担々麺などがあります。最近新潟で売り出そうとしている米粉麺を使ったメニューもあります。米粉麺はあまり興味はありませんが、好きな五目があったので米粉麺を使った五目中華そばにしました。
そこそこお客さんも入っているので普通の待ちかなってくらいのところで出来てきました。黒い渋めの好みの器です。五目のあんかけが淡い感じの優しそうないろです。
麺は、普通よりも少しだけ太いストレート麺です。歯応えもコシもありますが、なんかうどんとそうめんの中間のような味わいです。小麦粉のような旨味がないですね。スープが和風っぽいのでまあまあ食べれますが、普通のラーメンだとちょっと無理でしょう。新潟はお米の産地だから頑張って欲しいのですが、ラーメンの麺としてはもう少し研究が必要でしょう。
スープは和風のおとなしいもので、薄味の五目あんかけを上手に引き立てていると思います。細い普通の麺だったら…。
トッピングは、白菜、筍、人参、海老、イカ、きくらげ、きぬさなどのあんかけと味玉半個です。あんかけはスープ同様におとなしい味付けです。玉子は、最初茹で玉子かと思いますが、食べると黄身に味がついています。ちょっと面白いです。
750円の五目中華そばは、もう少しボリュームが欲しいです。味付けは上品にまとまっています。万代島という新潟県の息のかかった場所だからしょうがないかもしれませんが、米粉麺はまだ早いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.02

泉貴

泉貴 醤油ラーメン

新潟市の「拉麺家 泉貴」です。
新幹線の高架下、女池から新和町の中間辺りにあります。12時30分に着きました。今日は駐車場が空いていてすぐにお店の前に停められました。
お店は、間口の広く奥に厨房、手前にカウンター席、左側に小上がりがあります。お店の中も空いています。そんなに大きなお店ではありませんが、最近のセンスの良い綺麗なラーメン屋さんです。
メニューは、醤油らーめん、味噌らーめんとそれらにトッピングを加えたものなどがあります。前回は味噌野菜らーめんを食べたので醤油らーめんにしようと思っていましたが、チャーハンとのセットメニューもあります。今回は、醤油らーめんにしました。
お店が空いていたこともあり、作りかけの小上がりのお客さんのラーメンを作り終えるとすぐに作ってくれました。まわりに会社とかが多い場所じゃないので、混み出すのが遅いようで次から次へとお客さんがやってきます。待ちこそ出来ませんが混んできました。
出来上がった醤油らーめんは、白い綺麗な器です。醤油らーめんというより昔からの中華そばのような淡い色のスープです。
麺は、普通の太さの縮れ麺でプリプリ&ツルツルした美味しい麺ですが、今日はさらにモチモチしたような歯応えも結構感じられます。
スープは、醤油らしい色というよりも塩に近いような淡い色です。魚系の香りの少し強めのスープで、味付けも醤油というより醤油と塩の中間で、結構ちょっぱめに感じます。あっさりというよりしっかりといったことばが似合いそうなスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔とシンプルです。
醤油らーめん575円でした。醤油らーめんというとりも、塩らーめんと言っても良さそうな感じがしました。チャーハンセットが650円なのでそちらの方が割安です。後から来たお客さんもチャーハンセットを注文している人が多いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.01

九州ガラ炊き 黒とんこつラーメン

九州ガラ炊き 黒とんこつラーメン

東洋水産(マルちゃん)から発売されている九州ガラ炊き 黒とんこつラーメンです。九州出身で新潟のラーメンを食べ尽くした(?)先輩が『美味しいラーメン売ってるぞ。イオン新潟南の食品売場で売っている。熊本のラーメンてやつ。一風堂より美味しいかも!?』という情報をもらって早速イオン新潟南に!
ラーメン売り場に行くとありました。東洋水産(マルちゃん)にはビックリです。もっとローカルな新潟じゃ名前の知らないような製麺所のような会社が作ってるのかと思っていました。
まあ、家族全員が九州ラーメン好きなんで2食入り×3袋購入しました。

九州ガラ炊き 黒とんこつラーメン

お昼に作って食べました。
東洋水産のホームページでの説明は“歯切れの良いストレート麺と、“マー油"が香る白湯スープを合わせたコクと風味が特長の熊本ラーメンです。”ってありますが、かなり美味しいです。2食入りで希望小売価格285円です。
子供がテレビゲームをしていて、出来上がってから少し時間が経ってから食べたら『美味しくない』って言葉が返ってきました。かために茹でると美味しいのですが、軟らかめや時間をおくと味が落ちやすいかも知れないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »