« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009.03.31

うれっ子

うれっ子 五目ラーメン

柏崎市の「うれっ子」です。
柏崎の市役所近くにあります。
見た感じは、古い小さなお店です。お店の中に入ると、左側に厨房、その手前と中央寄りにL字型のカウンター席、右側に通路がありその先に広い部屋があります。テーブル席がたくさんあり、奥に小上がりもあります。12時過ぎに着きました。カウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、昔からのラーメンらしい麺類とチャーハン、餃子定食です。五目ラーメンがあったので食べてみることにしました。
つけめんや焼きそばも人気があるようで注文が入っています。そんなに大きくない厨房で所狭しと作っています。待っているお客さんも多かったのですが、店員も多いので五目ラーメンが出来上がりました。タンメンのような出来映えです。
麺は、細く縮れが強いものです。シコシコした歯応えの好みの麺です。
スープは、塩です。しょっぱさ控え気味ですが、野菜から出た旨さと適度な油が良い感じに味をまろやかにしています。
トッピングは、スープの味付けもありますがタンメンかと思わせるようなものです。白菜、人参、ピーマン、きくらげ、マッシュルーム、豚肉の炒め物?煮物と鳴門、野菜の下に殻を割ってから煮た玉子も入っていました。
見た目は、そんなにボリュームありそうにないんですが、食べてみるとなかなかのボリュームです。野菜たっぷりで730円ですからいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.30

こまどり

こまどり 味噌五目ラーメン

新潟市(旧巻町)のこまどりです。
新潟寺泊線沿い竹野町交差点近くにあります。新潟の味噌ラーメンの代名詞のように言われていたらしいのですが、最近はどうも?と言う声が聞こえてきます。昔、食べたことはありますが、ラーメンに興味を持っていない時期だったので良く覚えていません。とびっきり旨いとか不味いとかはなかったのでしょう。
お店は、入口付近にテーブルの個室風なコーナーがあり、中に進むと右側にラーメン屋にしては広過ぎる厨房があり、その前にカウンター席、右側に大広間を長くしたような広い小上がり、奥に座敷があります。12時30分前に着きました。お店の中から外まで15人くらいでしょうか、並びになっています。八珍亭に行ったのですが定休日でした。同じように来たお客さんもいるのでしょう。並んだ当初は全然進みませんでしたが、一気に進み10分ぐらいで小上がりに案内されました。
メニューは、味噌ラーメンを中心にまあまあ揃っています。麺が4種類あります。味噌用が太麺と平麺、その他が細麺、特製味噌ラーメンにだけ和風平麺が使われています。最近興味を持っている平麺を食べてみたくて味噌五目ラーメンにしました。
厨房は、もの凄い勢いで作っています。混み具合もありある程度の時間は覚悟していましたが、思いのほか早く出来てきました。
味噌五目ラーメンですが、やっぱりあんかけではありませんでした。
麺は、平麺とありましたが普通の麺です。四角っぽさはありますが平麺ではないでしょう。普通の太麺が丸く区別するための平麺でしょうか。麺自体は味噌に合う麺で、歯応えも美味しい麺です。
スープは、赤味噌ですね。味噌の風味があります。味噌の美味しさはちょっと弱い感じでしょうか。あっさりしていて、そのあっさりさがもう一つ物足りなさを感じます。油も甘さも抑えてこの味は立派です。テーブルの上に豆板醤のような辛味が置かれています。たっぷり入れて食べると味が整い美味しいように感じます。
トッピングは、チャーシュー、もやし、筍、わかめ、ゆでたまごです。
普通の食堂の味噌ラーメンなんかよりは全然美味しいと思いますが、最近のラーメン屋さんの味噌ラーメンも美味しくなってきているのでまあまあ普通の味噌ラーメンにしか感じませんでした。714円と値段も高いことありませんが、ちょっと期待はずれの一杯になってしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.29

カップヌードル MYベンディングマシン

カップヌードル MYベンディングマシン

当たりました。
カップヌードル MYベンディングマシン です。
自動販売機の機能を凝縮しています。
ツインバード工業製です。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

まさご

まさご

岐阜県高山市の「まさご」です。
そう、ご当地ラーメン、高山ラーメンの名の知れたお店です。
お店の近くを通っただけで換気扇からの俳風でしょうか?魚介系の香りがします。
お店は、外装・内装とも小奇麗な小料理屋さんのような雰囲気です。ネット上では古いお店の写真で紹介されていたので、綺麗じゃない分美味しいかなって感じるようなお店でしたが…。午後14時40分の到着ですがお客さんが誰もいません。高山ラーメンの創始者のお店のようですが寂しいです。
メニューは、中華そばとその大盛りの2品だけです。解かり易くていいです。ここまでシンプルだと惚れ惚れします。中華そばにしました。

まさご 中華そば

すぐに出来てきました。
麺は、細平打ちの縮れ麺です。カップ麺の細麺のように感じられました。
スープは、醤油味が濃厚なものです。たまり醤油がちょっと混ぜてあるのかなって味です。油も少なく食べ易いスープで、細麺とよく絡んでいます。麺とのバランスがいいです。個人的好みでは、もう少ししょっぱさ押さえた方が良いのではと思います。
トッピングは、歯応えの良いチャーシュー、メンマとシンプルです。
これで700円です(大盛りは900円)。ボリューム感もないので500円か、せいぜい550円くらいでいい線だと思いますがかなり高い中華そばです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.28

ETCの旅

ETCでの高速道路通行料上限1000円となりました。
さっそくあてのない旅に出かけます。

3月28日

13:25 スタート

ETCの旅 スタート

さて、どうなることやら。
とりあえず日沿道から北陸道で南下します。
長岡ジャンクションから北陸道で西方向か?関越道で関東方向か?
関東方面に向かってみるか。
関越道に入ります。

17:00 赤城高原SA

ETCの旅 赤城高原プレミアムソフトクリーム

赤城高原プレミアムソフトクリームです。
とても濃厚でフルーティなソフトクリームです。

さて藤岡ジャンクションから関越道で関東か?上信越道で長野か?
関東方向は渋滞しています。長野方面に向かうか。
上信越道に入ります。

横川SAでの楽しみの峠の釜飯は売り切れでした。

更埴ジャンクションから上信越道で上越方向か?長野道で松本方向か?
ここから上越戻ってもしょうがないでしょう。
長野道に入ります。

20:20 梓川SA

ETCの旅 梓川SA わさびとろろそば

わさびとろろそばです。美味しい。
もう少し移動しようかと思ったら、ヘッドランプのロービーム玉切れに。片目です。
そろそろ玉切れの頃かなと思って購入していたバルブと交換したいのですが、ビス6本、ボルト6本外しての交換です。ボルトが車載工具のスパナで緩められないため、スタンドでボックスレンチ借りようとしましたがありません。スタンドの店員から松本インターチェンジを降りたところに大きなスタンドがあるので、そこならと紹介してもらいました。しかし、高速を降りたらETCの意味がないじゃん。片目&フォグランプを付けて工具のありそうなSA/PAのスタンド探しながらの移動になりました。

岡谷ジャンクションから中央道です。東京方向か?名古屋方向か?
ここは、とりあえず名古屋方向でしょ。

22:40 阿智PA

ETCの旅 阿智PA バルブ交換終了

ボックスレンチがありました。結構しっかり揃っています。ロービーム・ハイビーム×左右の全バルブを交換しました。
阿智PAのスタンドの皆様お世話になりました。助かりました。
思ったよりだいぶ白いな。

23:40 恵那峡SA

ETCの旅 恵那峡SA 飛騨牛コロッケ

このあたりは何が食べられるのかな?
そこそこおやつ程度のものと思い飛騨牛コロッケです。旨!

土岐ジャンクションからどうしようか?
エコドライブをしているので思ったほど進みません。
東京(東名方向)は、行きたいと思いません。
名古屋か?紀伊半島か?関西か?
眠くもなってきたし、帰りもあるし…。
まだ全線開通後に走っていない、東海北陸道に向かうことにしました。東海環状道を美濃関ジャンクション方向に向かい、美濃関ジャンクションから東海北陸道に入りました。

3月29日

2:30 ひるがの高原SA

エリア内の売店等は閉店していますが、コンビニがありおにぎりをいただいて仮眠します。リアエリアカーテンして寝袋で快適に睡眠できます。

7:30 ひるがの高原SA

ETCの旅 ひるがの高原SA 朝の騒音

ハーレーのサイドカー付きでも隣に来たかと思うような音で目覚めました。
ポルシェでした。寝ている頭の近くにリアエンジンを近づけて停めてやがる。

ETCの旅 ひるがの高原SA 大日ヶ岳

夜は見えませんでしたが、景色の良い場所にサービスエリアがありました。
大日ヶ岳とスキー場が良く見えます。気温-2℃です。

身支度をしてスタート。

8:40 白川郷

ETCの旅 白川郷

合掌集落を城山展望台から眺めます。
良い雰囲気ですが、結構合掌造り以外の建物も多いです。
五箇山の方が、良い雰囲気かなと思います。
世界遺産に指定されたためでしょう外国からのお客様も多くいます。

13:00 新穂高温泉 水明館佳留萱山荘

ETCの旅 新穂高温泉 水明館佳留萱山荘

昨日、お風呂に入っていなかったのと奥飛騨地区の温泉に入りたくて、周辺で露店風呂が大きな水明館佳留萱山荘の露店風呂に入りました。
上段が熱く、下段に温めの浴槽があります。広くて良かったのですが、もっと高い山が綺麗に見えればと贅沢なことを考えてしまいます。
泉質は、単純温泉、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉です。

14:40 まさご(高山ラーメン) 別途記事

一言、高山市は電柱や住居に住所表示がなくて探すのが大変でした。

15:00 高山 古い街並み散策

ETCの旅 高山 古い街並み

ラーメンを食べた後に古い街並みを散策しました。
興味あるのは、漬物とアイスクリームぐらいかな。

あとは帰宅します
東海北陸道から北陸道経由です。

18:00 越中境PA 

ETCの旅 越中境PA 白海老かき揚げと玉子のそば

白海老かき揚げと玉子のそばです。
サービスエリアやパーキングエリアでは、おそばが食べたくなります。

21:00 帰宅

ETCの旅 帰宅

帰宅しました。

走行距離1333キロメートル。
高速料金2000円(通常13700円)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.27

じじ&ばば

じじ&ばば カレーラーメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
今週は、3回目になりました。そばでお腹をつなぎ、仕事も本日分終了ってことで26時過ぎに着きました。お客さんも入れ替わり半分くらいの入りでしょうか?
勝手に名付けた金曜日セット(生ビール+レバ刺し)からスタートです。身体と心に栄養を補給しなくっちゃです。今日のメニューにカレーライスがあるんで最後に食べようと予約して生ビールとお酒を楽しませていただきました。途中、定食を食べたくて来た馴染み客がいて残り少なくなったご飯を譲りました。ってことでカレーラーメンになりました。今週は月曜日&火曜日に来ましたが、水曜日に仕込んだカレーとのことで美味しくなった頃に当たりました。
カレー絡まる細麺、カレーの味を引き立てるおとなしいスープ、一般家庭で食べられているようなトロミの強い濃厚なカレーの組み合わせです。じじ&ばばのマーボーメンは最高って思っていましたが、カレーも美味しいです。大きな肉の塊が入っています。豚肉がチャーシューってものではなく、カレー味の角煮って味わいです。前回も思いましたがカレー風味角煮ラーメンとでも呼んで欲しい一品です。ゴロゴロと入っています。
トッピングは、ネギです。前回は、最初からカレーラーメンということでカイワレが彩とあっさりした口の中の残味をくれましたが、今回はなかったです。
本場の三条のカレーラーメンもそろそろ食べに行きたくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すみれ野

すみれ野 天ぷらせいろ

新潟市の「立食・生そば処 すみれ野」です。
本町6番町のアーケード街、柾谷小路側から入ってすぐの本町食品センターの1階にあります。メタリカさんからのコメント、ごンさんのブログ「ごんの新潟日記」などからの情報で是非食べたいと思っていましたが、昼はラーメンメインでやっていたのでなかなか辿り着けませんでした。仕事がまだまだ続いていますが、そろそろ昼のラーメンパワーも薄れてきました。でパワー補給っていうかお腹空いただけなんですがおそばにしようとお邪魔しました。
本町食品センターの1回の入口左側にあります。市場らしく小さなお店が何店も入っているような建物の中にあります。朝早くから流行っていそうですが、夜はどうかなって雰囲気です。午後7時30分頃ですが建物の入口付近は暗くて、もう終わってしまったかって感じです。すみれ野の辺りは明るく店主もいるようです。ドアの前まで行くと自動ドアが開きました。
立ち食いのお店なんで、お店に入るって感じじゃなく立ち食いコーナーに寄るって感じでしょうか?『まだいい?』って尋ねると大丈夫とのこと。メニューもありますね。暖かいものとせいろがあり、天ぷら数種、山菜等組み合わせも豊富です。寒いんですがそばは冷たいものが好きなんで天ぷらせいろにしました。
北海道産そば粉100%で10割そば。カウンター裏側の機械からモーター音がして動き出すとそばができてきます。そばを準備しながら合わせて天ぷらの準備も進めています。そばをゆで、天ぷらを揚げ出来てきました。
冷たいおそばと熱々の天ぷらです。
おそばはつなぎを使っていなので千切れ易く、短いですって言われましたが確かに短いです。箸で取るときに何だよこれって感じの短さです。つゆに軽くつけて食べるとお~!上手いです。普通の太さでそばって感じです。
つゆは、あまり鰹節を強くしたようなものではなく自然なものです。
天ぷらは、茄子、海老、キス、もうひとつ魚の天ぷらです。抹茶塩で美味しく食べられます。熱々で火傷に注意しなきゃって熱さです。
最後にしっかりそば湯もいただきました。
10割そばにあまりこだわりがなかったのですが、10割の旨さがあります。おそばの長さ確保するためつなぎが入っていてもいいかなとも思いますが、旨さを優先した店主のこだわりが判ります。
でも、これだけのものを590円で提供しているって凄いことです。
ご馳走様でした。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

カトウ 支店

カトウ支店 味噌ラーメン(大盛)

新潟市の「中華のカトウ 支店」です。
日銀新潟市店の近くになります。
今日は、お腹が空いたのと仕事が遅くまでになりそうなのでガッツリ食べたくてカトウ支店にしました。
お店は、左に厨房、中央寄りと手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。小さめの茶店でもいいかなって雰囲気のお店です。12時20分頃に着きました。前回は少しの待ちでしたが、今日は6~7割りのお客の入りでしょうか。お客の出入りはありますが、ほぼ良い感じでお客さんがいます。
メニューは、麺類と定食とセットものがあります。麺類は、ラーメン、味噌ラーメン、タンメン、つけめんなどがあります。お客さんはサラリーマン風の人が多く、セットものや定食を食べている人も多く見受けられます。今日は、カレーが良く出ているようです。このお店は、大盛り(1.5玉)やジャンボ(2玉)がサービスです。それで来たんです。味噌ラーメン(大盛)にしました。
普通の待ち時間かなって頃にラーメンが出来てきました。
ちょっと大きめでちょっと浅めの器に盛られてきました。スープが多めで完食できるか心配になる器です。
麺は平打ちで、きしめんよりも少し細いかなって感じの麺です。縮れの弱いストレートに近い麺です。平打ちってそんなに好きな麺ではなかったので特別どうこう思っていませんでしたが、最近はなんか気に入ってきてます。
スープは、タンメンのように中華なべで野菜と一緒にされたので野菜から出る旨みと自然な甘みが優しいスープです。あっさりしていますが味噌の旨みもなかなか伝わってきます。こってりした味噌が好きな人には物足りないかも知れませんが良い線いってると思います。
トッピングは、キャベツ、もやし、玉ねぎ、人参をしっかり中華鍋で炒め、スープと一緒にゆでられたものです。調理する前はかなりの量でしたが、熱が加わると普通の味噌ラーメンの量になりました。
味噌ラーメンの大盛で650円です。大盛り無料って嬉しいです。お腹いっぱいで懐も痛まずってありがたい一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.26

青島

青島西掘 チャーシューメン(大盛)+ねぎ50+ほうれん草100

新潟市の「青島 西堀通店」です。
新潟市の新潟島は西堀通り、イタリア軒の並び下手寄りにあります。
新潟市もこの時期にしては珍しく雪がパラついていました。こういう天気になると青島のラーメンが食べたくなります。また、最近いろいろなラーメンを食べたので舌の感覚をリセットしたくなりました。そういうときは青島がいいです。
お店は奥行きがあり、入口を入ってすぐ左に食券販売機があります。右側に広い厨房、左側と手前のカウンター席かあるだけの広いお店です。あまり飾り気のないラーメン専門店らしいたたずまいです。お昼の12時20分に着きました。天気が悪くてどうかなと思っていましたが、やはりお客さんの入りが少ない状況です。他に5人しかお客さんがいません。その後出入りはありますがお客さんも増えて、半分以上の席が埋まる程度までになりました。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピング等の追加です。好きな1スープで勝負しているお店です。青島は大盛りが50円アップと安いので助かります。最近、人並みに年度末の忙しさに追われています。パワーの補給を兼ねてチャーシューメン(大盛)+ほうれん草100円増し+ねぎ50円増しにしました。カウンター席に座り食券を前に出し待ちます。
お客が少ないこともあって、早く出来てきました。
たっぷりのトッピングが嬉しいです。いつも通りと言いたいんですが、今日はちょっと濃いめの醤油色のスープです。黒胡椒を挽きながら多めにかけます。青島ラーメンに黒胡椒が合います。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で、見た目も特徴のあるものではありませんが、ツルツル&モチモチ感と旨味と噛み応えのあるバランスの取れた美味しい麺です。スープとの相性も抜群です。
今日のスープは、濃いめです。色が濃いとは思いましたが、味も濃いめです。麺といっしょに食べるとしっかりしたちょっとしょっぱいかなと思えるくらいですが、スープを飲むとやっぱ普段よりも濃いのが解ります。生姜によってすっきりした味に仕上げられています。
トッピングは、旨味・硬さ・弾力も楽しめるチャーシュー、細く硬めのメンマ、ほうれん草、海苔、鳴門です。
お腹いっぱいで900円です。昔は高いラーメンだと思いましたが、今ではお手頃なラーメンかなと思います。しかし、トッピングを増やすとやはり良い値段になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.25

ラーメンショップ

ラーメンショップ巻店 ねぎみそラーメン

新潟市(旧巻町)の「ラーメンショップ 巻店」です。
旧国道116号線沿いにあります。
お店は、中央に厨房、厨房の周りにカウンター席があります。古くからのラーメン屋さんの雰囲気です。お昼時の真っ直中なのにお客さんは疎らです。
お店の入口に食券販売機があります。メニューは、ラーメンと味噌ラーメンにねぎやチャーシューの組み合わせたものです。看板や暖簾などにはねぎラーメンと書かれています。ラーメン500円、ねぎラーメン600円、味噌ラーメン600円、ねぎ味噌ラーメン650円です。ねぎ味噌ラーメンがお得そうなのでねぎ味噌ラーメンにしました。
空いてることもあり、すぐに出来てきました。
ラーメンショップの水色の大きく浅い器です。
麺は、普通の太さの縮れの弱い?ストレートに近いものです。
スープは、田舎味噌っぽいような木の樽に入っていたような風味です。味噌らしさは強くはありませんが、麺が太くないためスープとの馴染みは悪くありません。味噌のスープからか?ねぎの辛みからか?は判りませんが、酸味があります。そんなに変な味ではありませんが、少し癖があります。
トッピングは、あまり辛みのない辛味で和えたねぎは、程良いしんなりさがあります。生っぽいシャキシャキも良いのですが、これもありかなと思います。他にわかめ、海苔とチャーシューの端っこを切ったような小さなものが入っています。
同僚も一緒だったんですが、同僚は昼時でもお店が空いていたので避けていたそうです。ねぎラーメンを食べたのですが化学調味料の味が強いと感じていたようです。
ネギみそラーメンは、多少癖はあるもののそれなりに食べることができましたが、しばらくすると口の中が乾くような感じになります。650円でネギみそラーメンが食べられるんですから安いんですが、もう少しでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.24

じじ&ばば

じじ&ばば 味噌チャーシューメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
昨日に続き連荘になります。
仕事が終わらず2次会からの参加です…? 呼び出されました。
午後10時過ぎの到着時には、小上がりが満席と混んでいます。
割勘なのですが、2時間遅れで取り戻すことはできませんが、〆のラーメンは豪華にいただきました。前は海老ラーメンがあったのですが、いま一番豪華なのは味噌チャーシューメンです。
麺は、太縮れ麺です。旨味のある麺です。普通のラーメンは細麺を使用していますが太麺でお願いすることもできます。
スープは、味噌ラーメンの中ではおとなしい味噌の使い方でしょうか。赤味噌ですが、結構あっさりした感じで食べられます。それでも味噌の美味しさを楽しめるものです。もやしの美味しいダシが感じられます。
トッピングは、もやし・玉ねぎ・人参・ピーマン・豚肉などを炒めたもの、大きなチャーシュー、メンマものってます。味噌らーめんにチャーシューやメンマがのってると嬉しくなります。味が中まで入っていて美味しいチャーシューですが、今日は脂身が少し多いかな。
ボリュームたっぷりで美味しくいただきました。空いていたお腹も落ち着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万人家

万人家新大前店 らーめん

新潟市の「万人家 大学前店」です。
新大前の通りに面した雑居建物の1階にあります。
新潟市内に中山店と紫竹山店とこの大学前店の3店舗があります。中山店と紫竹山店は食べたことがありますが、大学前店は初めてです。午後3時という時間になり午後の休みに入るラーメン屋さんもあり、休みなしでやってそうな大学近くにしました。
お店は、奥に厨房、中央にカウンター席として使われている大きなテーブル、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。万人家らしい古い木を使った落ち着いた雰囲気です。午後3時を過ぎていますが、並びこそはしませんがお昼のような混み具合です。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたものとつけめんとシンプルです。普通のらーめんにしました。
学生らしき若い人が多いですね。ほとんどの男性客は大盛りをオーダしています。そんな状況なんで多少時間がかかるかなと思っていましたが、普通に出来てきました。
普通のラーメンですが特徴的な花びら型に盛られたチャーシューがいいですね。
麺は、普通の太さの縮れでツルツル感・プリプリした食感がバランスの良く好みの麺ですが、多少硬めにゆでられています。
スープは、脂と脂が油になりかけたようなものが表面に浮いてます。極微細な背脂が溶けたような感じです。他のお店より多めに感じます。その下には、醤油の味がいい感じのスープですが、油が多めのためあっさりした感じはしません。
チャーシューは、歯応えがありそうで軟らかめ、しっかり味が染み込んだものです。メンマ、もやしがのっています。
550円と値上がりしていないのは、本当にありがたいです。大学前店ということで学生をターゲットしているためか、麺が硬め、油多めが標準のようです。ちょっと好みと違う方向のラーメンでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.23

じじ&ばば

じじ&ばば ラーメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。ラーメンや定食が食べられる居酒屋です。夜の8時頃から翌5時までの深夜型のお店です。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、その左側と手前に小上がりがあります。今日は、出張で来県した人と一緒に居酒屋経由で8時の開店直後に到着しました。空いてます。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。焼酎をいただいて〆のラーメンです。ボリュームのあるメニューが多いのですが、お腹がそんなに空いていないのでボリュームのあるものを避けて普通のラーメンにしました。
同僚は新メニューの担々麺です。担々麺の出来上がりを見てラーメンのシンプルな量に安心しました。
麺は、普通に頼んだので細麺です。適度な縮れの美味しい麺です。
スープは、しょっぱさが適度で醤油の優しい味わいのさっさりしたスープです。野菜からでしょうか?程好い甘さが好きです。
トッピングは、チャーシュー、メンマとシンプルです。少し物足りないような気もしますが、それぐらいの方がありがたいコンデションです。
美味しいラーメンで一日が〆られると幸せな気分になれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心一家

心一家 ラーメン

新潟市(旧亀田町)の「横浜らーめん 心一家」です。
国道49号線鵜ノ子インターチェンジの角にあります。以前は、パチンコ店駐車場の一角でしたが、パチンコ店が建物ごと撤去され寂しい雰囲気です。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。古くからのラーメン屋さんの雰囲気です。午後1時過ぎに着きました。お客さんが疎らにいます。
入口を入ってすぐのところに食券販売機があります。メニューは、ラーメンと塩とんこつらーめん、それらのチャーシューメンがあります。久々なんで基本ぽいラーメンにしました。味の濃さや麺の硬さなど調節出来るようですが、普通にしました。
横浜らーめんということで家系と呼ばれています。まだ食べたことはありませんが、有名な六角家の姉妹店です。以前、食べてからしばらく来ていなたかったので味もうる覚えです。少し待つとラーメンが出来てきました。
なんで家系って海苔が3枚なんでしょう。
麺は、太めの縮れ麺です。表面が軟らかく中が硬めのものです。悪くはないけど好みでもありません。
スープは、コラーゲンたっぷりって感じのトロミのあるものです。醤油の味がしっかり効いています。あっさり好きには結構応えます。
トッピングは、大きめのチャーシュー、ほうれん草、海苔3枚です。普通にラーメンが好きな人にとっては、メンマがないのが寂しいです。
ちょっと重たい感じのラーメンですが、ガッツリ食べたい時なんかはいいかも知れません。650円はちょっと高いかなって印象です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.22

新作花火コレクション2009

昨日の最終目的は新作花火コレクション2009です。
NPO法人大曲花火倶楽部主催する花火競技会です。
大曲の花火が河川敷の公園で開催されていますが、この新作花火コレクションは、山(大曲ファミリースキー場)で開催されます。午後4時10分頃に会場近くに到着しました。警察や警備会社の道路整備の人がたくさんいます。大曲の花火で70万人の人を警備しているノウハウがあるんでしょう。さすがしっかりしています。時間が遅かったため駐車場は遠いところかなと会場方面に向かうとスキー場の駐車場は無理でしたが、意外と近くの大曲西中学校に停めることができました。昼頃平野部での道路温度表示が4℃でした。もう2℃くらいでしょうか。寒いです。車の中で身支度を整えて(首にタオルを巻いて防風・防寒長靴で足元の防風)会場に向かいます。

会場まで500mくらいでしょうか。全然気にならない距離です。スキー場の手前に凄い機材と凄い三脚が並んでいます。多くのマニアのここで撮った写真を見てました。しかし、スキー場のレストハウスが気になってあまり好きな写真じゃなかったのでさらに打上げ場所近くを目指します。

新作花火コレクション2009 会場施設

駐車場に来る間や駐車場の打上げ場所よりには、露店や臨時トイレがあります。

新作花火コレクション2009 会場

さらに上部へ進み、ゲレンデの下に到着しました。スキー場にほとんど雪のない状況は、珍しいことだそうです。とはいえスキー場ですので足場の良くない泥のところもあります。長靴が助かります。三脚を設置して打上げ開始を待ちます。ゲレンデ中腹の打ち上げ場所が良く見えます。いろんな仕掛けも見えます。
時間も近くなり大会の説明がされます。

この花火大会はは国内25の業者が腕を競う大会です。花火は,全国的に最も多量に打ち揚げられる鑑賞用花火の大きさ4号玉10発と,5号玉5発の合計15発の組み合わせで,1つのテーマを構成しいかに表現するかが課題であります。

いろいろな方のあいさつに続き打ち上げの開始です。オープニングに続き、競技大会開始です。競技大会基準玉が打ち上げられ点数が発表されます。夏に開催される全国花火競技大会と同じ競技方法をとっているようです。違いは、花火を製作した花火師が自らの花火を説明することです。頭が真っ白になってしまう花火師もいました。それほどの名誉ある大会なんですね。
競技大会は、第3部構成で、まずは第1部です。

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

第1部の中から写真が上手く撮れたものです。
3枚目のアフロは、顔の形が出てその後に髪の毛が現れます。大喝采でした。

第1部と第2部の間にプライベート花火が打ち上げられます。メッセージが読まれた後に花火が打ち上げられます。ちなみに7号玉使用でして1発20,000円です。

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

暖かなメッセージが伝わる綺麗な花火です。1発打ち上げるのが普通ですが、2発打ち上げる方もいました。定年退職された方で、1発目はお世話になった皆様へ、2発目は自分へのご褒美にということです。

続いて第2部です。

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

第2部と第3部の間もプライベート花火が打ち上げられます。

新作花火コレクション2009

プライベート花火ですが1人で5発くらいでしょうか花火の紹介がされました。メッセージは、告白ってものでしょうか?5発分かも知れませんが長かった。聞いている方が照れちまうって感じでしょうか。その花火の打上げが終わったので、次かと思ったら…。
その花火を上げた人と相手の人が、栃木県の人で会場に来ているってことで紹介されてステージへ。本当に花火が好きなんでしょう。そのステージ上でプロポーズです。ごめんなさいなんて言われたらどうするんだと見ている方が恥ずかしい光景が続きました。女性の応えはOKで、用意してあったエンゲージリングをはめてあげました。

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

そこからスターマインが上がりました。凄いです。この競技大会に相応しい質の高いスターマインです。それも観に来ている目の肥えたお客さんたちを満足させるものでした。お幸せに!

さて、第3部が始まります。第3部最初の花火師さんの紹介は、一言『このスターマインの後は辛い』から始まりました。

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

競技大会終了です。
締めくくりの「FINALHANABI」です。

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

新作花火コレクション2009

「日本国天皇陛下・皇后陛下在位20年記念花火」としてバロック音楽に合わせたスターマインでした。

綺麗な花火をありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.21

麺太

麺太 新橋店

山形県酒田市の「こだわりらーめん 麺太 新橋店」です。
国道7号線沿いにあります。
吉泉食堂が閉店していたので、酒田市内に入って見かけた麺太に入りました。酒田に数店舗あるラーメン屋さんです。看板を見ると新橋店と書いてあります。酒田市の新橋という地名です。
お店は、右側に厨房があり、手前には外からも見えるように自家製麺工房があります。中央と厨房手前にカウンター席、左手前にテーブル席、左奥に小上がりがあります。古くからのラーメン屋の雰囲気です。
メニューは、しろ味噌ラーメン、あか味噌ラーメンをはじめひと通り揃っています。一番お勧めらしいしろ味噌ラーメンにしました。
壁には、麺の販売で2週間ほどの待ちになっていることを詫びる貼紙があちらこちらに貼ってあります。見栄張ってんじゃないよ!と思いましたが、注文していた麺を取りにくるお客さんがいました。
しろ味噌ラーメンが出来てきました。

麺太新橋店 しろ味噌ラーメン

いやいや大きな器です。大きいだけだといろんなお店で見ましたが、厚みのある重厚な器です。
麺は、普通の太さの縮れ麺で、ツルツル感、モチモチ感とコシの強さがあります。なかなか良い麺です。
スープは、白味噌と言ってますが、合わせで白よりかなといった感じのものです。濃厚でもあっさりでもなく、さりげなく味噌を使っています。上手い使い方ですがもうひとつパンチが欲しいです。
トッピングは、ゆで肉の塊のようなチャーシュー、メンマ、海苔、コーンともやしです。もやしは、ゆでとごま油炒めの2種です。
まあ、普通の味噌ラーメンかなとも思いますが、680円はちょっと得したようなお手軽さでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新潟~山形~秋田

道の駅豊栄 天玉そば

朝ご飯を食べずに飛び出してきたので道の駅豊栄で大好きな天玉そばです。
美味しい!
村上までの間にもう一箇所ぐらい「SL村上ひな街道」を撮れるぐらい追いつくのですが、目的の時間に遅れると大変なので諦めてさらに北上です。

鳥海山

山形県鶴岡市に入り波渡崎を通ったときの鳥海山(出羽富士)です。遠距離&降砂のためかすっきりとまでは行きませんが綺麗です。

最初の目的地は、山形県の三川町です。吉泉食堂が閉店したとのネット情報がありました。政子ばあちゃんも99歳だから閉店した方がいいと思いながらも、もしも、もう一度食べられるならと思い訪ねてみました。
でも、やはり閉店していました。前を通りかかった近所おじいちゃんに聞くと政子ばあちゃんは元気にしているようです。安心しました。

それで、そのまま国道(旧国道含め)7号線を北上し、酒田に入ったところでラーメンを食べました。(この後の別記事をご覧下さい)

さらに北上すると秋田県にかほ市のフェライト子ども科学館の前に…。

ババヘラアイス お店

ババヘラアイスがやってるじゃないですか!
流れの乗って走っていたので通り過ぎました。ってまさか3月から路上でアイスクリームを売ってるなんて思っていなかった。すぐにUターン。

ババヘラアイス

今年初のババヘラアイスです。
今年は、3月20日より開始しているそうです。
今年から200円です。大曲の花火は250円になるのかな?

国道7号線から日本海東北沿岸車道に。
両前寺仮出入口~河辺JCT~秋田道を南下します。

西仙北PA(上) いものこ汁

ちょっとしばらく食べられないだろうからと思い西仙北PA(上線)でいものこ汁をいただきます。300円です。暖まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SL村上ひな街道号

SL村上ひな街道号

昨日の「SL村上ひな街道号」写真が思ったように撮れなかったのでリベンジです。
(フォーカスがマニュアルになっていてほとんどピンボケ、良さそうなのも機関車に電柱がかぶる状況)
阿賀野川の鉄橋前後で撮りたかったのですが、良い場所が見つけられずに新崎駅で入場券を購入しホームから撮りました。
ホームには、先客が4人いました。
本人は、満足していますが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.20

今日の写真

SL村上みな街道号

羽越本線を走る「SL村上ひな街道号」です。
加治川にかかる鉄橋付近です。
SL村上ひな街道号が通過後1分もしないうちに、反対方向からいなほがきます。
惜しかった。

新潟空港

新潟空港

夕方の新潟空港です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばる屋

すばる屋

新潟市の「中華そばと炙り親子丼 すばる屋」です。
東新潟駅前近くに昨年オープンしたお店で、やっと食べに来ました。
お店の前には、駐車場は向かいのリオンドールの駐車場を使用して下さいとのような貼紙があります。車を停めお店に入ります。左側に厨房、中央奥にテーブル席、手前にカウンター席、右側に小上がりがあります。ちょっと灯かりを落とした落ち着いた雰囲気のお店です。写真撮れるかな?午後1時頃に着きましたが、結構お客さんが入っています。
メニューは、炙り親子丼、中華そば、旨みそ拉麺、炙り親子丼(小)と麺類のセットがあります。中華そばにしました。こってり(背脂入)も出来ますが、普通でお願いしました。
普通に待ったかなってところで中華そばが出来てきました。

すばる屋 中華そば

充実したトッピングと濃い目の醤油の色が美味しそうです。
麺は、細縮れでモチモチ感のある麺です。食べ易い麺です。
スープは、醤油の濃い目の色です。しょっぱそうに見えますが普通のしょっぱさです。魚介系の旨さと田舎醤油というか、たまり醤油というか醤油の風味は濃厚です。食べ終わる時に解かりますが、かなり多めに魚粉を使っています。ダシを取った物がスープの中に残っているのはどうも感心しません。
トッピングは、炙りの入ったチャーシューです。小さいいけれど厚さがあり歯応えもあります。脂身もあります。炙られた脂身も身の部分にある歯応えのある部分と対照的に軟らかくその対比を楽しめます。半熟玉子半個、メンマ、もやし、岩海苔まで入っています。とっても充実したトッピングです。
650円と安くはありません。トッピングの充実を考えるといい線いってるんじゃないでしょうか。新潟のあっさり系中華そばと違った濃い中華そばでした

すばる屋 炙り親子丼

子供が食べた炙り親子丼です。
炙られて香ばしくさえ感じられる鶏肉と、とろり半熟の玉子の親子丼でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.19

一兆

Photo

新潟市の「ラーメン亭 一兆 駅南店」です。
西の小新で立ち上がり、東の河渡に展開し、いよいよ中央に打って出ました。さっそく行ってみました。
笹出線沿い、新潟駅の南側です。塩館→ワンコイン食堂があった場所です。塩館で新築、改装、改装できました。まだ、新しい建物です。
お店の前はオープンの花輪があります。12時過ぎの到着です。お店に入ると7~8人並んでいます。奥に厨房、手前に配膳スペースがあり手前にカウンター席、両サイドにテーブル席があります。木の雰囲気を全面に出した最近のラーメン屋さんらしい造りです。
時間がないのにオープンしたばかりのお店で並んでいる状態なんでどうしようかと思いましたが、席数も程々あり回転も良さそうなので待つことにしました。待っている間に店員がメニューを持ってきて注文をとっています。
メニューは、にぼし正油味のらーめんとつけめん、みそ味のみそらーめん、それらにトッピングを加えたものがあります。らーめんにしました。
店員の動きは慣れた感じです。と思ったら厨房からは低く煩いあんちゃんの声がします。武蔵、吉相、一兆、孔明かコラボ店の武吉兆、大舎厘のいずれか2ヶ所ぐらいで聞いています。グループ全体で立ち上げに来ているんですね。慣れたものの筈です。10分くらい経ったところでカウンター席に案内されました。
待っている間に注文したためか、混んでいますが早く出来てきました。

一兆 駅南店

トッピングが充実していて嬉しくなってきます。
麺は、普通よりも気持ち太い縮れで、パスタのアルデンテ縮れのような麺です。麺がそんなに太くないのが救いです。これでもう少し太いとアウトです。硬めでモチモチした感じの最近使っているお店の多い麺です。
スープは、醤油のちょうど良い美味しそうな色です。醤油の美味しさもありますが、塩でしっかり整えられています。麺を食べているときはちょうど良いのですが、スープを飲むとかなりしょっぱめです。スープと馴染み難い麺なんでしょうか。にぼし正油味とメニューにはありますが、動物系の旨みと少し臭いもあるような気がします。
見た目を楽しませてくれるトッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、鳴門、海苔です。万能ねぎの彩が良いです。メンマは普通かなと思いましたが、めんまと言う名のメンマラーメンを注文しているお客さんが多いです。
らーめん630円でトッピングを考えるといい線いってるかなと思います。次は、麺軟らかめ、スープ薄味をお願いしてみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.18

ぐゎらん洞

新潟市の「支那そば ぐゎらん洞」です。
大堀幹線でやっていたときにお邪魔してました。好きな味と親父さんの優しそうな雰囲気の好きなお店でした。大堀幹線のお店を閉め、充電してからオープンするようなことを聞いてましたが、ようやくその時がきたようです。
鳥屋野体育館近く、湖畔沿いの道を西に50~60mくらい「上海食堂 Le CHINOIS(ル・シノワ)」の隣です。

ぐゎらん洞

目的の場所に到着しました。道路沿いにラーメンの幟が立っていてその間のお店です。でも、「居酒屋 やすらぎ亭」です。可笑しいな?

ぐゎらん洞 看板

周りを見渡すと看板がありました。「居酒屋 やすらぎ亭」と「支那そば ぐゎらん洞」です。2階がぐゎらん洞かなとも思いましたが、自転車が階段を塞いでいるし民家のようなつくりです。どう見てもお店は1階です。外装をそのままにしているのかなとちょっと心配しつつ入りました。やってました。でも、居酒屋の雰囲気です。お客さんもそこそこ入っていて、WBCの日韓戦を見ています。
お店は、奥に厨房、左側にドリンク用の厨房、その中央よりにカウンター席、右側にテーブル席があります。ちょっと若者が集まりそうな居酒屋さんの雰囲気です。

ぐゎらん洞 メニュー

メニューは、ラーメンとチャーシューメン、みそラーメンとチャーハンがあります。大堀幹線当時は、支那そばとチャーシュー麺でしたのでみそラーメンへと幅を広げたようです。ラーメン半チャーハンにしました。
奥の厨房は見えないようになっています。短めのヘアスタイルのあんちゃんがいます。店員のようで、オーナーのようで、判らない人です。後から来るお客さんも馴染みのようで親しい挨拶を交わしています。奥から親父さんが顔を出しました。大堀幹線当時の親父さんです。良く判らないまま辺りを見渡すとぐゎらん洞の営業時間が書かれていました。平日は昼のみで、日曜・祝日は昼と夜の営業です。
やっと判りました。平日(土曜含む)の夜は「居酒屋 やすらぎ亭」として営業します。それ以外の時間帯を「支那そば ぐゎらん洞」で営業のようです。そしてさっきのあんちゃんは、やすらぎ亭の店主のようです。ようやくかってな想像で納得できる頃ラーメンが出来上がってきました。

ぐゎらん洞 ラーメン

大堀幹線当時は白い小さめの器でしたが、新調したのでしょうかあまり見かけることない肌色の濃そうな色の器です。あっさりした食べ易さが伝わってきそうなラーメンです。
麺は、細い縮れでシコシコした噛み応えの楽しい麺です。
スープは、支那そばらしいあっさりしたものです。魚介系の風味と旨味がでしゃばることなくいい感じに仕上がっています。少しキリリとした辛さのようなものを感じます。生姜と胡椒でしょうか?纏まりのあるものに仕上がっています。店主の優しさと真面目さが伝わってくるようなスープです。
トッピングは、歯応えのあるチャーシュー、メンマ、ほうれん草です。

ぐゎらん洞 半チャーハン

半チャーハンがあるってことだけで嬉しいです。手間ひまは一緒でお金は安いんであまりお店側にとっては良いメニューではないかも知れませんが、お客にとってはもう少しってときにありがたいです。美味しいチャーハンです。
ラーメンが550円と半チャーハンが250円で800円のランチになりました。内容が充実してのまあまあいい線いってるものでした。ちょっと贅沢しちゃいましたが、開店のご祝儀と思っての奮発でした。大堀幹線当時のような450円の支那そばとかなり安く感じましたが、新店舗は550えんとちょっとお安めに落ち着きましたか。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009.03.17

石門子

石門子 冷し中華(大)

新潟市の「東堀 石門子」です。
昨日のSMAP&SMAPのビストロSMAPを見ていたら冷し中華が食べたくなりました。この時期に冷し中華が食べられるお店は、そう多くありません。間違いのない線でと思い東堀石門子にしました。
新潟島は東堀通り、柾谷小路との交差点より下手よりのにあります。ワンタンメンと夏期の冷し中華が人気のお店です。
お店は、奥行きがあり左側に厨房、中央にカウンター席、左側奥に小上がりが1卓あります。右側は、中でも待てるように広いスペースがあります。町のラーメン屋さんといった雰囲気です。12時20分頃に着きました。いつもより空いています。6割くらいのお客さんでしょうか?
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、スタミナラーメン、冷し中華やそれらにチャーシューを加えたものがあります。ここは親父さんがすぐに『何にしますか』と注文を聞くお店です。今日はお店に入ると素早く、親父さんに聞かれる前に『冷し中華(大盛)』と注文しました。勝った。セルフサービスの水のコップを持ってカウンター席に座ります。
ちょうど前に入ったお客さんの麺をゆでようとしたしたところで、冷し中華の麺を加えてゆでます。ラーメンの麺は早めに取り出しラーメンが出来上がりお客さんもとに運ばれました。そこしおいて麺が取り出され、水にさらされしっかり水を切られて、トッピングをして、たっぷりのつゆをかけて出来上がりです。
麺は、ラーメン(温か物)の時には普通の細縮れですが、冷しにするとコシが増したように感じます。シコシコした冷し中華らしい歯応えの良い懐かしい雰囲気の麺です。
つゆも色が淡くあっさりした感じのものです。でも、しょっぱ過ぎず、酸っぱ過ぎずいい感じです。細麺なのでつゆを多めに絡めてくるのでこれくらいのちょっと薄味の方が美味しく食べられます。冷し中華ですが、冷しラーメンといっても良さそうなくらいのつゆです。魚介系の美味しいものです。からしが好きで辛めにして食べることが多いのですが、からし抜きでも纏まりのあるつゆです。
トッピングは、細切りのチャーシュー、キュウリ、薄い色のメンマ、わかめ、紅生姜がのってます。
麺などを食べ終わったら、普通は終わりですが、石門子では最後に残ったつゆを飲みます。ここのつゆは、つゆだけでも飲めるほど優しくさっぱりしています。
冷し中華(大盛)と玉子を1個食べて850円の昼食になりました。とても爽やかな一杯でした。夏の始まりを感じた???ものでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.16

大江戸

大江戸 醤油ラーメン

新潟市の「大江戸」です。
新潟小学校と中央警察署の間の道を東に行った道沿いにあります。
お店は、右に厨房、中央よりにカウンター席、左側にテーブル席があります。普通の食堂って雰囲気のお店です。12時20分くらいに着きました。テーブル席もカウンター席も半分くらい埋まっています。いつもは満席に近いのですが、今日はなぜだか空いています。カウンター席の空きに座りました。
メニューは、醤油、味噌、それらのチャーシューメン、塩と味噌のたんめん、焼きそば、冷し中華です。醤油味のラーメンにしました。
その後もお客さんの出入りはあるものの同じような混み具合です。今日はあんちゃんがいなくておばさん3人で切り盛りしています。空いているためでしょう、それほど待たずに出来上がってきました。
濃いめの醤油の色が印象的な仕上がりになっています。
麺は細い縮れですが、縮れ具合はわりと弱めです。あまりプリプリした感触はありませんが、細さからくるのでしょうか食べ易い麺です。特徴は、その長さです。普通のラーメンのように食べようとすると口の中に収まり切りません。
スープは、その濃い色の通り醤油味のしっかりしたものです。しょっぱ過ぎるんじゃないかと思うような色ですが、見た目の色ほどのしょっぱさはなく程良いものです。あまり旨みを感じるタイプのものとも違います。半分くらい食べたところで、トッピングされていた辛味をスープに混ぜます。辛味が加わり違う味を楽しむことが出来ます。
トッピングは、歯応えのよい周りに脂肉のある厚めのチャーシュー2枚、メンマ、ほうれん草と先にスープに溶いた辛味です。
この麺とスープは、多少好みが分かれるかも知れませんが、550円でしっかり醤油味を味わえるラーメンです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.15

にいがた酒の陣 2009 2日目

万代島

にいがた酒の陣 2009 2日目。
今日は、にいがた酒の陣初参加の会社の同僚といっしょです。
天候が思わしくないものの大崩れもしなさそうなのでのんびり歩きながら会場に向かいました。途中ポップサーカスのテントがあります。3月14日から始まっています。

朱鷺メッセ

朱鷺メッセ到着は、待ち合わせ5分前の12時55分でした。
関東方面からツアーで来た人達でしょうか、タクシーで帰る人も多くいます。
今日も戦国武将の酒から始めました。やっぱ酒の陣オリジナルって伊達じゃないです。美味しい。結局、間を空けながら3回飲みました。
席を確保したかったのですが今日も混んでて無理そうです。会場内で仕切られた空間で鍋の陣が開催されています。昨年までの入場料が高く中でいろんな鍋が食べれるってものでしたが、今年は2人前の鍋が2000円で2時間席が使えるようです。とん八の越後もち豚常夜鍋、竹徳かまぼこの海鮮新潟おでん、大助の海鮮鍋の3種類用意されていましたが残っているのは海鮮新潟おでんでした。最短で鍋・席の予約を入れました。15時からラストまでの時間です。

酒の陣 越淡麗バー

今までは酒蔵のブースで注いでもらって飲んでましたが、終わりに近付いてきて品切れもあり越淡麗バーで飲みたいお酒を何度かいただきました。

酒の陣 ふじの井

ふじの井酒造さん!
こんなの冷蔵庫入れていたら子供に飲まれそうです。

酒の陣 おにぎりだし茶漬け

少し食べ物をお腹に入れてないとやばそうなので、同時開催されている米の陣へ。県内蔵元の仕込み水と羽釜で炊くこだわりのコシヒカリ試食しました。ほんの少しでお米の美味しさも判らなかったので、おにぎり販売している隣へ移動。おにぎりは、鮭、梅干、昆布、たらこの具が用意されています。1個200円です。ばか高くやめようとしましたが、だし茶漬けが50円増しです。250円のおにぎりだし茶漬けならいいかってことで食べました。

酒の陣 菊水一番しぼり

菊水一番しぼりの杉樽です。杉の香りが良く美味しいのですが一番しぼりのアルコール度数ですから注意しなくては!

酒の陣 からすみ

ようやく鍋の陣に予約を入れた15時になりましたが、鍋の陣に席が用意されていません。前の人に終了時間を知らせていなかったようで追い出すような形でやっと座れました。そんなことで鍋が用意されましたが、いっこうに温まりません。朱鷺メッセ内のガス器具の使用禁止からでしょうか電気式です。購入していたつまみとお土産を開けて飲み始めました。からすみは、日本酒に合います。

酒の陣 TV録画

鍋の陣の近くの席に放送局らしき取材クルーがきました。こちらも鍋が温まらずに困っているようです。レポーターも携帯で時間つぶしをしています。

酒の陣 古町芸妓

古町芸妓さん達のステージがあり、お酒を注いでくれるため会場を回っていましたが、近くには来ませんでした。残念!

酒の陣 海鮮新潟おでん

しばらく待ってようやく鍋が食べれるようになりました。15時の予約を入れて15時40分のことでした。2人前で2000円ということで期待していませんでしたが、これはなかなかです。おでんダネも多くカニも丸々2匹入っています。

酒の陣 アルビ勝利

ステージイベントが終了しているはずですが、ステージに人が集まり出しています。アルビレックス新潟が鹿島アントラーズ戦に勝利したということでアルビ関係者、酒の陣関係者と会場が一緒の乾杯が始まりました。

酒の陣 終了15分前

同僚は、『イベントは楽しかったけど終わりにもうひとつ欲しいね!』って行ってました。わかるような気もしますが、酔っ払いが集まり過ぎるのも怖い気がします。って会話しながら16時45分(終了15分前)に会場を出ました。

酒の陣 終了後

少し酔いを冷ましながら帰ろうかと信濃川沿いに出るとかもめかうみねこか良く知りませんが餌をもらいに近付いてきます。同僚が買ったお土産用のせんべいをあげています。最後は手に持っているおせんべいを直接持っていきました。

酒の陣 お猪口

酒の陣のお猪口です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.14

にいがた酒の陣 2009 1日目

酒の陣 入口

今年もこの季節がやってきました。
入場無料。昨年とほぼ同じ内容ですが、試飲チケットが1000円から2000円と100%アップ。この不景気の時代に逆行しています。でも、2000円でも十分楽しめるだけの内容があります。昨年までが安過ぎたような気もします。

酒の陣 会場

会場は、人・人・人です。年々入場者が増えてきています。

酒の陣 戦国武将の酒

会場に入って最初に、にいがた酒の陣オリジナル『戦国武将の酒』のコーナーがあります。天地人「直江兼続」が楽しんだのはこんなお酒?

そして会場で、各蔵元のお酒をいただきます。
今年は本当に人が多いです。なかなかお酒を注いでくれる所まで辿り着けない酒蔵もあります。それでも、好きなお酒や飲みたかったお酒は殆ども飲むことが出来ました。

酒の陣 ステージ

ステージイベントは、道場六三郎の料理講演会を楽しみにしていました。昨年は呂律が回っていなかったのですが、今年はどうでしょう?でも、時間まで待つのも辛くなってきました。
もうひと回りしましょうか?とても写真を撮れる状態ではないので諦めてましたが、いくらかは撮りました。しかし、家に帰って見たら後半の写真は手ブレばっかりでした。
会場には、座って休めるようなテーブルも多く用意されていますが、殆どのテーブルがいっぱいなのと場所取りをしている人がいて全然使えないような状態でした。
食べ物関係も充実しています。食事系からおつまみ系までいろんなものが用意されています。食べる場所がなくて辛いですけど…。
また、今年は昨年にも増して女性客が多く感じられます。お酒を楽しむ人が増えてきたんでしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

三吉屋

三吉屋 中華そば(大盛)

新潟市の「三吉屋」です。
古町へ子供の買物に付き合って行きました。昼時になり三吉屋で昼食にしました。
西堀通り三越の並び白山寄りにあります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前がテーブル席になっています。カウンター席は、出来た中華そばの渡し口になっているので端に2人掛けられる程度です。テーブル席は、4人掛けが4卓あります。中華そばの丼だけなら4人で食べられる小さなテーブルです。椅子は5脚あり混みあったときは5人まで座れるようになっています。狭い小さな昔ながらの中華そばやさんの雰囲気です。
12時過ぎに付きました。土曜日とあって家族連れで混んでいます。平日だとお店の回転も早いのですが小さな子供の食べるスピードですから仕方ないでしょう。子供の美味しそうに食べる顔を見ると『ゆっくり噛んで食べるんだよ』とでも言いたくなるような雰囲気です。平日は値上げの影響かお客さんも以前より少なく感じますが、休日は関係ないようです。
メニューは、中華そば・ワンタン・叉焼麺とそれらの大盛りです。お腹が空いていたので中華そば(大盛)にしました。
いつもならすぐに出来てくるところですが、麺のゆで鍋のお湯でも換えたのか少し出来上がりが止まりました。少し待つと次から次へと出来てきました。いつも通りの飾らないシンプルな中華そばです。でも、美味しそうな雰囲気が伝わってきます。
麺は、極細の縮れでシコシコ歯応えと、極細だからでしょうあっさりしたスープを上手く絡めてきます。麺と絡められたスープのバランスが最高です。
スープは、これぞ中華そばと思います。亜麻色の透き通った綺麗な色です。醤油味ですが醤油を強調させ過ぎない。薄味のようでダシが効いているので美味しい。そして野菜から出ているだろう程良い甘さ。大好きなスープです。
トッピングは、脂身の殆どないチャーシュー、浅漬かり色のメンマ、鳴門とシンプルですが、この麺とスープには合っていると思います。
新潟を代表するあっさりラーメンは旨いです。ただ大盛り700円は懐に響きます。

東掘天龍 閉店

東掘と柾谷小路との東掘交差点近くの東掘天龍が閉店していました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.13

うんっめもん喰い亭

うんっめもん喰い亭

新潟市の「居酒屋 うんっめもん喰い亭」です。
新潟島の東堀通りに面しています。白山神社近く、青島の向かいにあります。
前に何度かお店の前を通ってラーメンがあるのは知っていましたが、居酒屋なんで昼は食べられないだろうと諦めていました。今日、昼時に前を通ったら味噌ラーメンと営業中の幟が立っていました。暖簾はありませんが店内へ。
入ってすぐ左側に階段があります。右側には厨房があり男性2人で調理しています。中央の通路を進むと右側の厨房が狭くなります。火を使わない調理やお酒類を作る厨房なんでしょう。その左側の狭くなった方を向いてカウンター席8席、左側に4人掛けテーブルが4卓、奥には上部がガラス張りの個室があります。お洒落な雰囲気で居酒屋ってよりもダイニングバーみたいな雰囲気です。トランペットのジャズが流れています。個室は使用されていませんが、他はほぼ満席です。カウンター席の端に空きがあり座れました。その後に来たお客さんは『座敷でもいい?』と言って2階に上がろうとしました。2階は座敷のようです。店員は、2階はしばらく対応できないと返しました。2人じゃ1階の対応が精一杯でしょう。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、タンメン、五目ラーメン、もやしラーメン、味噌ラーメンです。11時からラストまで食べられます。午後3時まではおにぎり等が付くようです。いつもは一番上に書かれたラーメンにしますが、幟もの味噌ラーメンも気になり味噌ラーメンにしました。
共進軒の姉妹店ですが、万代店の姉妹店ならいいのですが、東堀分店の姉妹店なら好みじゃない味になります。ちょっとロシアンルーレットみたいな気分です。お客さんも多く時間がかかるかなと思っていましたが、早めに出来てきました。

うんっめもん喰い亭 味噌ラーメン

たっぷりの野菜炒めののったラーメンです。
もやしとキャベツと人参の野菜炒めです。半端な量じゃないです。その上に白髪ねぎと言うか縦切りのねぎがのっています。麺を取り出せないので野菜炒めを食べますがなかなか量が減りません。ようやく麺が取り出せそうになりました。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。癖がなく味噌味のスープに馴染んで食べやすい麺です。
スープは、赤味噌ベースのあっさりしたスープです。油も全然浮いていません。この手のあっさりしたスープは味噌の風味が物足りなくなりがちですが、赤味噌を使っているため味噌の風味がしっかり楽しめます。あっさりしていますが麺の太さが普通なので、相性が良いようです。
半分食べ終わったところでカウンターに置かれた七味唐辛子をかけて辛さを増して食べてみました。辛さを増してもなかなかいける味噌ラーメンです。
あまり多くないタイプの味噌ラーメンです。ボリュームたっぷりでお腹がいっぱいになりました。

うんっめもん喰い亭 サービス

お腹いっぱいですが、午後3時までのサービスもいただきます。
お稲荷とかっぱと玉子の巻寿司です。
これで680円ならなかなか良いんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.12

古潭

古潭 野菜味噌ラーメン+納豆

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
昼食のお弁当が足りなかったようで、お腹が空いてたまりません。少しお腹に入れなければと思い古潭にしました。
越後線巻駅近くにあります。
お店は、車庫のようなところの奥にあります。お店もさらに奥行きがあり右側に厨房、左側にカウンター席、手前に小さなテーブル席1卓、奥の左側に小さな座敷があります。ちょっと古い感じで照明も押さえた落ち着いた雰囲気です。16時50分過ぎに着きました。17時からなので空いていません。鍵もかかっています。中で支度をしているような雰囲気もあります。西日が差し込んでいて待っている自分の影が入口の磨りガラスに移っています。時間前ですが開けてくれるかなと期待していましたが、17時ちょうどに開きました。カウンター席に座りました。
メニューは、醤油、味噌、塩があり、それらの野菜ラーメンと納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。ここもすぐに注文を聞いてくるお店です。味噌野菜ラーメン+納豆にしました。
その後からもお客さんが来てそこそこ賑わっています。昼は夫婦だろうと思いますが2人でやっていますが、夜は親父さんだけのようです。
夕方最初のお客さんというこですぐに作り始め、出来上がるのも早いです。
白味噌仕立ての色が美味しそうです。納豆がまた美味しそうに見えます。
麺は、細めの縮れで歯応え、ツルツル感やモチモチ感などずば抜けてどうこう言う特徴はありませんが、バランスの良い好きな麺です。
スープは、白味噌仕立てのあっさりしたものです。色が白っぽく、白味噌らしくあっさりしているのに、味噌の旨味と適度な甘さと優しさがあります。この点が他の味噌ラーメンに勝っているのでしょう。
トッピングは、予め茹でてあったキャベツともやしです。もやしは、全体に良い歯応えを与えてくれます。キャベツがいつもより少ないような気がします。好みのレタスのような食感です。根に近い太い(厚い)部分や外側や中心の小さい部分を使っていないようです。茹で加減が良いのでしょう。味噌のスープと相まって美味しくいただけます。
さて、それに加えて納豆です。好きな挽き割り納豆です。最初は麺に直接絡めて食べます。納豆の美味しさはガンガン来ますが、しょっぱさが少し足りません。スープの一部分に納豆を多めに溶いて麺を絡めて食べます。いい味です。
味噌野菜ラーメン600円プラス納豆100円で700です。食べた量を考えると安くはありませんが、十分楽しませていただきました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コンビニ弁当

コンビニ弁当

あー!

ラーメン屋さんに行く時間がない。
コンビニのお弁当を買ってきてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.11

KitKatしょうゆ風味

KitKatしょうゆ風味

KitKatのしょうゆ風味というのを見つけたので子供の土産に買ってきました。
東京限定で昨年秋から販売されているようですが初めて目にしました。
見つけたのは大宮駅の売店です。
東京限定商品ですが、大宮駅って東京?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

葱坊主

葱坊主 醤油焦がしラーメン

埼玉県さいたま市の「焦がしねぎらーめん 葱坊主」です。
大宮駅東口繁華街、LOFT隣りビル4階にある大宮らーめん村の中の1軒です。7人衆ってことで始めたようですが現在営業しているのは4軒です。
お店は、カウンター席とテーブル席で木目を活かした山小屋風の雰囲気です。午後1時に着きましたが、ぼつりぼつりとお客さんがいるだけです。
メニューは、醤油焦がし、豚骨焦がし、味噌焦がしとそれらにトッピングを加えたものがあります。いろいろサービスがあります。麺大盛り無料、タイムサービスで醤油焦がしラーメンが650円→500円(麺大盛り100円)、サイドメニューでもネギチャーハンが250円→100円などかなりがんばっています。醤油焦がしラーメンネギチャーハンにしました。
お客さんが少ないこともあってか早く出来てきました。
縁の高いおとなしい雰囲気の器に出しゃばったもののない品の良さそうなラーメンです。
麺は、普通の太さの縮れで、これといった特徴はありませんが、ツルツル感、モチモチ感、プリプリ感などのバランスが取れた麺です。
スープは、醤油って名前になっていますが、そんなに醤油醤油はしていません。一般的なラーメンよりも醤油の味がおとなしく感じます。あっさりとしっかりの中間の味です。油も適度に浮いています。
トッピングは、チャーシュー、水菜、もやし、海苔の天ぷら?です。メンマがありません。チャーシューは、長岡の飛雄馬に似た軟らかい肉をギュッと固めたようなある程度硬さがあるものです。焦がし葱がほんの少しのっています。葱の風味が、これでもかみたいにものじゃなく程良い程度のものです。

葱坊主 ネギチャーハン

ネギチャーハンは、しっかりした味付けで良かったのですが少し油っぽいかな?
あそこのラーメン美味しかったから食べてみてって言うようなラーメンではありませんが、普通に食べれるラーメンです。ラーメンがワンコインでサイドメニューが100円で合わせて600円です。通常650円と250円で合わせて900円。それは高すぎるだろう。いずれも50円ずつ安くてもいいんじゃなかと800円。気分的には200円得した気持ちで帰れました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.10

中華大陸

中華大陸 味噌ラーメン

柏崎市の「ラーメンスーパー 中華大陸」です。
山手よりの新潟工科大や新潟産業大の近く、味の横綱と同じ道路に面しています。
お店は、入ったところに食券販売機(2台)があり、中央から左奥に厨房、左手前と右側にテーブル席があります。午後1時過ぎに着きましたが、結構お客さんが入っています。それも若い人。近くの大学生のようです。国道7号線沿いにあった時にはサラリーマンなどの社会人が多かったのですが、今の場所は大学生が多いようです。そのために移転したのでしょうか。
メニューは、正油・塩・味噌・とんこつから中華系まで豊富に揃っています。どのスープも基本のラーメンは、以前の620円から680円に値上がりしています。新しいこのお店は初めてということで、食券販売機の最初のボタンの味噌ラーメンにしました。
麺は、中太の縮れで特に味噌用に太い麺とかではなく一般的な麺です。スープとの絡みも良い麺です。
スープは、赤味噌よりの合わせ味噌でしっかり濃いめの味になっています。油がちょっと多めで、ややこってりかなといった感じのスープです。
チャーシューは、このお店の特徴でもありとのかくたっぷりのってます。チャーシューメンと言うメニューや追加トッピングがないのも頷ける量のチャーシューです。やや軟らかめで味付けもなかなかです。メンマ、もやし、ゆで玉子半個ものってます。
ボリュームたっぷりの一杯でした。これなら学生も喜んでもらえるかも知れないです。680円で実質味噌チャーシューメンですからお得な一杯です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.03.09

きび

きび 支那そば

東京の品達のラーメン麺達七人衆にある「支那そば きび」です。
品川駅高輪口前の国道15号線沿いを川崎方面に少し歩いた先の京浜急行ガード下にあります。7人全てのラーメンを食べたかと思っていましたが勘違いでした。まだ食べていないお店のラーメンを食べようと思って行ったら2店舗が入れ代わっていました。そちらも興味はありますが、当初からあるお店でまだ食べていない「支那そば きび」で食べることにしました。
店主の渡辺保之は「支那そば びぜん亭」で修行をしたとのことです。都内の口に合わない近代的なラーメンと違う筈、ひぜん亭の味を修行した人なら食べられそうです。
お店の前に食券販売機があります。中は、奥に厨房、その手前と入口付近から手前に回り込むようにカウンター席があります。厨房手前のカウンター席は、使われておりません。さらに手前は、テーブル席になっています。12時20分頃の到着でした。結構混んでいます。厨房手前の大きなテーブル席に相席となりました。
メニューは、支那そばとつけめんがあたります。支那そばは、トッピングを加えたものもあり、さらに塩味も選べます。普通の醤油味の支那そばにしました。
厨房の中に3人とフロア係の4人でこなしていますが、効率があまり良くないようで少し待って支那そばが出来てきました。
あまり飾り気のないシンプルな白い器に、醤油の透き通った色が美味しそうです。
麺は、中太より気持ち細い縮れ麺です。美味しくスープに合った麺です。少しモチモチ感はありますが、プリプリするような歯切れの良さがもうひとつ欲しいです。
スープは、醤油色の透き通った色が綺麗で表面には少し多めの油が浮いています。醤油のしっかりした味付けのもので、ダシの良さとバランスの良さが伝わってきます。
トッピングは、やや軟らかめのチャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔です。この支那そばに合った組み合わせです。
思った通りの醤油の味がしっかり感じられる支那そばでした。でも、支那そば→中華そば→ラーメンと呼ばれる名前も変わって味も変わってきました。これは、個人的には中華そばと言われた方が伝わりやすい味かなと思います。以前は600円で出ていたこのメニューも、今では680円です。東京で食べられるしっかりしたラーメンですが、ちょっと高いかなと感じます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.08

カップヌードル 沖縄風ヌードル

カップヌードル 沖縄風ヌードル

コンビニで新しいカップヌードルを見つけました。
カップヌードル 沖縄風ヌードルです。

日清食品のホームページでは、“沖縄そば風スープで味わうカップヌードル ポークベースのスープにかつおダシ、昆布ダシをきかせた「沖縄そば」風スープで味わうカップヌードルです。”との説明です。

かつおダシのためか日本そばのツユのような和風な感じがします。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.03.07

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり

長野県は野沢温泉スキー場で開催された冬の灯明夜祭りに行ってきました。
会場日陰ゲレンデ近くに車を停め、夕食に繁華街に下ります。野沢温泉バス発着場の近くにある「池光食堂」で食事にします。良く考えると朝食抜き、昼食も採り忘れ本日最初の食事が夕食でした。

池光食堂 ミソバターラーメン

池光食堂は、昔からやっているスキー客相手の食堂の雰囲気です。メニューは豊富で、定食とラーメン類、うどんがあります。ラーメンも塩や味噌から中華系まで豊富にあります。ミソバターラーメンにしました。麺は中太の縮れで極普通の食堂の麺です。スープはあっさり薄味で、なんか薄味のお味噌汁に麺を入れて食べているようです。お店の人が見ていないので八幡屋礒五郎の七味唐辛子と醤油を加えて味を調えていただきました。トッピングは、キャベツ・もやし・玉ねぎ・人参・椎茸・ニラ・豚肉の炒め物です。脇に乗せられたバターがいい香りを出しています。ラーメン550円、ミソラーメン700円、ミソバターラーメン750円と観光地にしては全然高くないです。あとはしっかりしたスープなら…。

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり ゲレンデ

腹ごしらえも終わり、カメラと三脚を持って日影ゲレンデに移動しました。心配していた天気も予報通り、いい天気になって星も見えています。照明に照らされたゲレンデが綺麗です。リフト待ちの人が並んでいるかと思ったら振舞いのおしるこに並ぶ人でした。圧雪車がゲレンデ整備をしているのも見えます。シュナイダーや牛首など壁とコブを攻めていた頃のゲレンデの様子が思い出されます。

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 灯明

日陰ゲレンデの左側に灯明が綺麗に並べられています。1.5リットルペットボトルを半分にして上部を上下反対にして風除けにしています。ロウソクの揺れる灯りが綺麗です。カップルや家族連れが記念の写真を撮っています。

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり ステージ

ゲレンデの最下部には、雪で作ったステージが設けられており和太鼓やフルートの演奏などがされています。澄んだ空気に染み込む音色です。

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 松明滑走

祭りもフィナーレが近付き松明滑走です。最初にスノーボード、後はスキーです。まだ小学校に上がっていないような小さな子供も混じっています。凄い上手です。
さて、いよいよ花火です。

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 花火

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 花火

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 花火

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 花火

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 花火

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 花火

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 花火

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 花火

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 花火

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 花火

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 花火

野沢温泉スキー場 冬の灯明夜まつり 花火

この野沢温泉の冬の灯明まつりは、一眼デジカメを購入して最初に被写体に選んだ花火です。玉数などはそう多くないのですが、冬の花火としてはトップクラスの質の高さを誇っている花火だと思います。今年も綺麗な花火がたくさん上げられました。また、海上花火・湖上花火、浅川町の地雷火で山で上げられる花火がゲレンデで打ち上げられました。ゲレンデを導火線の火が走ったときにナイアガラの逆で上に上げるものかと思ったらこれでした。
とても綺麗な花火を楽しませていただきました。

野沢温泉 大湯

さすがにスキー場の夜は寒かった。
冷えた身体は、野沢温泉13ヶ所の外湯であたためます。今年は大湯です。野沢温泉の外湯の中心的な大湯は、温泉街の中心にあり、江戸時代の趣を現在に伝える美しい外観です。泉質は単純硫黄泉、胃腸病・リウマチ・婦人病・中風に効果的があります。あたたまる湯です。長靴で結構歩き回ったので運動不足が祟って脱げません。足のあちこちが攣ります。時間をかけて脱いで入りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切明温泉

長野県栄村の秋山郷の奥の「切明温泉 川原の湯」に行ってきました。
長野出身の人から“冬場にカンジキ付けて雪の中を進み川原をスコップで掘って入る温泉がある”って聞いたんで行ってみました。
国道117号線の津南町から国道405号線を南下します。平野部は雨交じりの天気でしたが、秋山郷の入口付近からは雪になっていて道路も圧雪になっていました。国道117号線の入口からゆっくり行って小1時間かかりました。
2006年1月大雪のため道路が寸断されたところです。

切明温泉 雄川閣

雄川閣に車を停めさせてもらい、さらにスコップも借りました。今は、ぬかるような深い雪じゃないのでカンジキは必要ないとのことです。

切明温泉 吊橋

雄川閣の裏の吊橋を渡った対岸に進みます。

切明温泉 雪道

対岸に渡ってすぐに左に折れ雪道を進みます。

切明温泉 川

200mくらい雪道を進むと川原が見えてきます。

切明温泉 川原の湯

さらに進むと川原の湯がしっかり見えてきました。
新たに掘る必要はないようです。
掘り足りないようで、浅くて寝湯のような深さです。
せっかくスコップを持ってきましたが、川原の石に負けて上手く使えません。
諦めて手堀で、少し深くしました。
頭ぐらいの石も何個か掘りました。
掘っていると底から沸いてくる温泉で結構熱い作業です。
子供の砂遊びのように楽しんでいたら、3時間以上も掘ってました。
手はふやけるし、指紋がわかり難いほど手が摩り減りました。
源泉は、55℃、カルシウム・ナトリウムー塩化物・硫酸塩泉 無色透明です。
近くまでニホンザルが降りてきます。悪戯されないか心配でしたが大丈夫でした。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.03.06

じじ&ばば

じじ&ばば カレーラーメン

新潟市の「じじ&ばば」です。
お店の詳細などは2月19日の記事をご覧下さい。
週末の楽しみは、レバ刺しです。一週間分の栄養補給です。
いつものようにお店に入ってお奨めが書かれたホワイトボードを見ます。新メニューの担々麺が書かれています。その近くに“限定カレーラーメン”と書かれた文字が…。じじ&ばばのカレーは美味しいし、カレーラーメンももちろん美味しいのです。限定って文字に弱いのですから即一人前確保してもらいました。ビールとレバ刺しで週末の雰囲気を楽しんだ後は『そろそろお願いします』って作ってもらいます。
おー!
なかなか品の良い盛り付けです。全体がカレーで覆われているものも悪くはないのですが、家庭のカレーライスのような全体の半分より少しの多めにカレーに覆われた盛り付けがいいです。美味しそう。
麺は、細麺です。感触の良い細縮れ麺がカレーを見事に掬い上げてくれます。
スープは、かなりおとなしいものにしています。カレーに合わせた薄味です。
さて、そのカレーは一般家庭で食べられているようなトロミの強い濃厚なカレーです。美味しい。これはラーメンでももちろん美味しいのですが、ライスと一緒に食べたくなります。カレーはそれだけかなと思ったら大きな肉の塊が入っています。カレーって考えるとただの肉入りですが、ラーメンで考えるとカレー風味角煮ラーメンとでも呼んで欲しい一品です。ゴロゴロと入っています。こりゃ上手い。
トッピングは、ネギとカイワレが彩とあっさりした口の中の残味をくれます。
美味しゅうございます。ちょっと御馳走って感じのラーメンです。カレーもレギュラーメニューになればと思うのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒグマ

ヒグマ 新大前店

新潟市の「らーめん ヒグマ 新大前店」です。
小千谷市に本店があり中越地区に展開しているヒグマがいよいよ新潟市に進出です。と思ったらお店の看板には“ここが噂の魚沼のらーめん”と書かれています。小千谷が本店だと思っていたんですが違うのかな?
お店の場所は、新潟市西区大野、隣が「いなば」向かいが「味濱家 新大前店」と2店があり、付近にもラーメン屋さんが多い激戦区です。相乗効果でお客さんを獲得出来るでしょうか?
お店は、ショップだった建物を改装したため広めになっています。少し重めの引き戸を開けて入ってすぐ食券販売機があります。奥に厨房、中央に左向き縦一列のカウンター席、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。ごく普通のラーメン屋さんらしい雰囲気です。午後2時少し前に入りましたが、お客さんが多めです。
メニューは、正油、味噌、塩味のらーめんがあり、それらにちゃーしゅーめんがあります。さらに、チャーシューが3段階で増量したものが最初から用意されています。普通の正油らーめんにしました。
カウンター席が空いたのでカウンター席に座りました。あたりを見回すと平日ランチタイムはライスがサービスになっています。水もライスもセルフサービスになっています。ライスは、午後2時までのサービスになっていますが、気が付いた時には午後2時を回っていました。残念!
お客さんが多めですが、殆どの人がすでに食べていて早く正油らーめんが出来てきました。

ヒグマ新大前店 正油ラーメン

醤油の色がはっきりした少ししょっぱそうな美味しそうなスープです。
麺は、普通の太さの縮れでモチモチ感の強い美味しい麺です。
スープは濃い目の醤油色の透き通ったもので、醤油色の濃さに負けない醤油風味の強いものです。少ししょっぱめのスープですが、色や醤油の風味の強さに比べしょっぱさは抑えられています。生姜も効いています。長岡生姜醤油の青島よりも強い生姜味です。かなりインパクトのあるスープです。
トッピングは、弾力・歯応えのある大好きなチャーシュー、メンマ、海苔、絹さやです。このチャーシューなら増量してでも食べたいです。
正油らーめんは550円です。ワンコインから少しだけはみ出してしまいますが、十分納得のお手頃価格になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.05

ちんちん亭

ちんちん亭小千谷店 ワンタンメン

小千谷市の「正油ラーメン専門 ちんちん亭小千谷店」です。
小出に本店があり、その2号店です。小千谷インター近くにあります。
今日は、先日斑鳩に一緒に行って『東京の人気ラーメンはわからん』とやや不愉快な思いをさせた同僚への罪滅ぼしもあって一緒に来ました。
お店は、間口が広く中央に厨房があり、その左右と手前にカウンター席、左側にはテーブル席、右側には厨房を向くカウンター席とお互い背中を向けるような壁向きのカウンター席があります。午後1時過ぎに着きましたが、ポツリポツリお客さんのいる程度です。
メニューは、入口近くの食券販売機を見るだけしかわかりません。正油ラーメン専門らしく醤油味のみです。ワンタンメンやチャーシュー麺などもあります。冷し中華は、紙でボタンを隠しています。前回、ラーメンを食べたので今回はワンタンメンにしました。
お客が少ないし待っている人もいなかったのですぐに出来てきました。
正油ラーメン専門と言うだけのことがあり醤油の色のスープが美味しそうです。
麺は、普通の太さかやや細くらいの縮れで、とても食べ易い麺です。
スープは、醤油の色が美味しそうで、その色に負けないくらい醤油の味のしっかりしたものです。醤油が持っている美味しさが自然に出ている美味しいスープです。
トッピングは、醤油の味がしっかりとしているチャーシュー、メンマ、海苔です。そして、ワンタンは具が小さく皮を楽しめるものの筈ですが、大好きなワンタンの皮が溶けてます。天ぷらそばの天ぷらをつゆに浸けておいたように溶けています。こういうワンタンもあるのでしょうか?初めてです。
ラーメンが600円で、ワンタンメンが850円です。250円もするワンタンなのかなあってちょっと不満ですが、ラーメンの美味しさでとても美味しく食べられました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.04

一品香

一品香 城東店

栃木県小山市の「一品香 城東店」です。
最寄り駅は、JR小山駅になります。駅から東側へそう遠くないところにあります。
そんな大きそうなお店ではありません。お店の前には広めの駐車場がありますが満車です。お店の中も混んでそうです。
お店は、中央から左側の奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前と右側にテーブル席、右側手前に待ちのスペースがあります。12時30分頃に着きました。10人ほどのお客さんが待っています。しばらく待ちかと思いましたが、お昼頃に入ったお客さんが食べ終わりすぐにカウンター席に案内されました。
メニューは、ラーメンとチャーシューメンのみの好きなワンスープ勝負のお店です。また、栃木県らしく餃子もあります。大きな餃子で3個と5個の2種類の量から選べます。餃子好きな人が多いようで、半数以上の人が麺と餃子を注文しています。ラーメンが600円、チャーシューメンが700円と悩むところですがラーメンにしました。
昨日のポンポ子とは逆に、そんなに広くないお店にスタッフが8人もいます。厨房4人、フロア4人です。昼時間の回転が勝負なんでしょう。待っている間に注文を取ったり、スタッフが多いこともありまあまあ早くラーメンが出来てきました。

一品香城東店 ラーメン

ラーメンらしいごく普通の器に、シンプルなラーメンがなかなか良い雰囲気です。
麺は、手打ち風の小さな弱い縮れのある太麺です。ちょっとうどんぽいようにも見える食べ易い麺です。どれぐらいの量かは判りませんが、大盛り(1.5玉)まではないとしても多めの麺の量です。
スープは、醤油ベースでかなり薄目、超あっさりタイプです。ダシは癖もないんですが、旨味も伝わって来るものが感じられません。最初に食べ始めたときに、少しですが小気味良い辛さを感じました。胡椒が効いているのかと思いましたが、生姜です。長岡生姜醤油ラーメンなんかのようなしっかりした味ではなく、あっさりしたものです。
トッピングは、大きく弾力のあるチャーシュー、歯応え良いメンマ、太く厚みもあり食感を楽しめる輪切りのねぎです。
関東地区にもこんなあっさりしたラーメンを食べさせてくれるお店があったんですね。濃厚な味やこってりなラーメンが多いなか貴重なラーメン店です。ボリュームもあって良かったのですが、スープの存在感がもう一つ欲しいです。あっさりスープに手打ち風太麺の組み合わせは、好みからしてないだろうと思う一杯でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.03

ポンポ子

ポンポ子 牛モツみそラーメン

新潟市の「味自慢 ポンポ子」です。
新潟市駅南の弁天橋通り沿いのムサシショッピングセンター寄りにあります。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席として使える大きなテーブル、その手前と左側に小上がり、右側に座敷があります。古くからの食堂・居酒屋さんでも良さそうな雰囲気です。午後1時前に着きましたが席がほぼ満席、空いている席も器を下げ切れていない状況です。片付けてもらってテーブル席に座りました。
メニューは麺類と定食で、麺類も中華系を中心に豊富です。前回来てから時間が経っているので値上がりしていました。最大で50円程度、値上がりしていないものも多くあります。このお店の名前をとった納豆入りのポンポ子ラーメンがなくなっています。また、冬季限定メニューでしょうか、牛モツしおラーメンと牛モツみそラーメンがあります。今日は結構冷えているんで暖まるよう牛モツみそラーメンにしました。
結構お客さんの入るお店をスタッフが3人でこなしています。まだ注文した品が来ていないお客さんも多く多少時間がかかるかと思いましたが、割りと早く出来てきました。
渋い感じの器に、たっぷりのモツ野菜炒めです。
本当にモツ野菜炒めの量が多く、食べても食べても麺が見えてきません。キャベツ、もやし、人参、モツの炒め物です。プリプリした鍋用モツを使用と説明書きされていましたが、かなり弾力のある硬めのモツです。
麺は、太縮れでモチモチ感の強い硬めの麺です。どちらかというと苦手タイプですが、モツ野菜炒めを食べるのに時間を要したためギリギリセーフの硬さになっています。
スープは、サラサラした赤味噌寄りの合わせ味噌で、この手のスープとしては珍しくしっかりした味噌の味わいを楽しめるものになっています。
今日のお腹は普通の空き具合でしたが、麺半分食べ終える頃には腹八分目を越えていました。本当にボリュームがあります。これで850円円ですか。見た目は普通の味噌ラーメンですが、食べ終えての充実感を考えるといい線じゃないでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.03.02

きんしゃい亭

きんしゃい亭新潟駅前店 ラーメン

新潟市の「きんしゃい亭 駅前店」です。
新潟駅前の飲食店街にあります。
新潟風九州ラーメンが食べられる好きなお店です。
新潟に帰って来たので口直しのラーメンになります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前に大小のテーブル席があります。混んでますが大きなテーブルに空きがあり座れました。
メニューは、ラーメンを基本にいろいろなトッピングを加えたものなどがあります。ラーメンをお願いしました。
今日は、おやじさんと若い人の二人ですって見たら親父さんが違う人でした。いつもの親父さんじゃないです。どうしたんだろう。
きんしゃい亭のラーメンは、ファーストフード感覚の待ち時間で出来てきます。
麺は、極細の弱い縮れです。本場の九州ラーメンのストレートと違いますが、新潟に合わせた美味しい麺です。
スープは、白濁色のとんこつらしいもので、旨味はいつも通りですがちょっとしょっぱさが足りないような気がします。そして、表面の油の量も気持ち少なめでしょうか。きんしゃい亭も複数店舗あり、お店によって油の量が違います。言えば調整してもらえますが、駅前店は何も言わなくてもちょうど良い量の筈だったんですが…。
トッピングは、脂身の少ない歯応えのあるチャーシュー、ねぎ、紅生姜、胡麻です。胡麻をさらに加えて食べます。
550円です。深夜のラーメンとしては食べ易い量です。
今日も、結構若い人がグダグダお店で長話をしてました。客層が良くないです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

斑鳩

斑鳩 特製濃厚和風豚骨

東京は九段下の「九段 斑鳩」です。
今日は、新潟から同僚と出張で東京に来ています。新潟でも一緒にラーメンを食べていますが、東京の有名店でも食べてみるかってことで斑鳩にしました。東京のラーメン店の中でも好きなラーメン店ですが同僚にはどうでしょう。
午前11時30分過ぎにお店の前に着くと10人程並んでいます。店員が時々きて列から外れて店前の食券販売機で食券を購入してくださいと案内しています。購入して並んでいると事前に食券を受け取りに来ます。
15分ほど待ってお店の中に入れました。お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側にテーブル席があります。まあまあ新しめの雰囲気のラーメン店です。
メニューは、らー麺、塩本鰹らー麺、海の塩らー麺、濃厚和風豚骨、油そばなどです。らー麺を食べることが多いのですが、今日は少し東京らしかろう特製濃厚和風豚骨にしました。
今日は、元気のいい女の子が待っている間後ろでペチャクチャ話しています。お店に入って静かになったと思ったのも束の間、隣りに来ちゃいました。耐えること数分、後から入った女の子の方から先にらー麺が出来てきました。騒がしいお客さんを黙らせるために先に出してくれたんだと納得。でも、食べながらでも喋るんです。少し経って特製濃厚和風豚骨が出来てきました。
白地に青の模様のそんな変わり映えのない器に、お味噌汁に似た色のスープです。
麺は、中太の軽い縮れでツルツルモチモチとややコシの強さのある麺です。茹で加減も気持ち硬めですが、気にする程の硬さではありません。
スープは、とんこつのトロミとまろやかさがありますが、名前の通り結構濃厚です。好みとしては少し限界を超えています。
トッピングは、脂身の少ない軟らかなチャーシュー3枚、メンマ、海苔、味玉です。味玉は、黄身部分が赤っぽいものです。味付けもいい感じです。斑鳩はねぎを入れていないとのことですが、そのようです。爽やかな感じが加わったものでも面白いと思うのですが…。柚子の皮なんか入れて香りを楽しませてもらってもいいかなと思います。
ラーメン屋の接客なんてそんなに気にしていませんでしたが、やっぱり接客の良いお店はそれだけでラーメンが美味しくします。ラーメンが美味しくて接客が良ければ言うことなしです。でも、今回のラーメンは限界を超える豚骨味に再食はないかと思います。こんな味が東京の人々が好きな味なんだ。って多様化にはついていけそうもないです。980円ですから東京じゃ普通でしょうか。同僚は一般的な特製らー麺にしましたが、口に合わなかったようです。新潟のラーメンを食べている人には、東京の豚骨のこってりはきついですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.03.01

来味

来味

サークルKサンクスから2月24日に来味の中華そばってカップ麺が発売されました。税込み298円と高い値段です。
数量限定ってことになっています。この値段だと売れるんだろうか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

きやり

長男が寮の部屋で使用する電化製品を見たいとのことでビッグカメラを始めて見に行くことになりました。長男が家電品を見ている間カメラ用品を見ていました。ビッグカメラというくらいだから結構豊富にあるのかと思っていましたが家電量販店よりも少し揃っているかなという程度で、ヨドバシカメラのように豊富に揃っているという状態ではなかった。まあそんなものかと思っていたら、長男も探していたゲーム用品が見付からないようす。ヨドバシカメラに移動し、長男は目的のゲーム用品をゲット、その他にパソコン用品、家電品と購入し、カメラ用品も目の保養をさせていただきました。良かったのは、ヨドバシカメラでもビッグカメラの駐車場を提携していて駐車券をもらえました。
お腹も空いたので、そばでも食べようかとちょっと昼時間を過ぎたCOCOLO南館3階「明神そば きやり 新潟店」に入りました。聚楽グループのお店です。
まだ、ランチが食べられる時間なのでランチにしました。小丼とせいろ or かけのそばのセットです。越の鶏親子丼セット、たれヒレカツ丼セット、マグロのたたき丼セット、小海老・小柱と三つ葉のかき揚げ丼セット、きやり風深川丼セットなど豊富に揃っています。越の鶏親子丼とせいろのセットにしました。

きやり ランチ

そばは、ちょっと小麦粉が多いんじゃないかなって感じるようなそばです。
親子丼は、なかなか美味しく、そば屋のそばよりも親子丼が気に入りました。
880円と手頃な値段なんでなかなか便利かなと思います。
こんどはかけそばにしてみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »