« 古潭 | トップページ | 三吉屋 »

2009.03.13

うんっめもん喰い亭

うんっめもん喰い亭

新潟市の「居酒屋 うんっめもん喰い亭」です。
新潟島の東堀通りに面しています。白山神社近く、青島の向かいにあります。
前に何度かお店の前を通ってラーメンがあるのは知っていましたが、居酒屋なんで昼は食べられないだろうと諦めていました。今日、昼時に前を通ったら味噌ラーメンと営業中の幟が立っていました。暖簾はありませんが店内へ。
入ってすぐ左側に階段があります。右側には厨房があり男性2人で調理しています。中央の通路を進むと右側の厨房が狭くなります。火を使わない調理やお酒類を作る厨房なんでしょう。その左側の狭くなった方を向いてカウンター席8席、左側に4人掛けテーブルが4卓、奥には上部がガラス張りの個室があります。お洒落な雰囲気で居酒屋ってよりもダイニングバーみたいな雰囲気です。トランペットのジャズが流れています。個室は使用されていませんが、他はほぼ満席です。カウンター席の端に空きがあり座れました。その後に来たお客さんは『座敷でもいい?』と言って2階に上がろうとしました。2階は座敷のようです。店員は、2階はしばらく対応できないと返しました。2人じゃ1階の対応が精一杯でしょう。
メニューは、ラーメン、チャーシューメン、タンメン、五目ラーメン、もやしラーメン、味噌ラーメンです。11時からラストまで食べられます。午後3時まではおにぎり等が付くようです。いつもは一番上に書かれたラーメンにしますが、幟もの味噌ラーメンも気になり味噌ラーメンにしました。
共進軒の姉妹店ですが、万代店の姉妹店ならいいのですが、東堀分店の姉妹店なら好みじゃない味になります。ちょっとロシアンルーレットみたいな気分です。お客さんも多く時間がかかるかなと思っていましたが、早めに出来てきました。

うんっめもん喰い亭 味噌ラーメン

たっぷりの野菜炒めののったラーメンです。
もやしとキャベツと人参の野菜炒めです。半端な量じゃないです。その上に白髪ねぎと言うか縦切りのねぎがのっています。麺を取り出せないので野菜炒めを食べますがなかなか量が減りません。ようやく麺が取り出せそうになりました。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。癖がなく味噌味のスープに馴染んで食べやすい麺です。
スープは、赤味噌ベースのあっさりしたスープです。油も全然浮いていません。この手のあっさりしたスープは味噌の風味が物足りなくなりがちですが、赤味噌を使っているため味噌の風味がしっかり楽しめます。あっさりしていますが麺の太さが普通なので、相性が良いようです。
半分食べ終わったところでカウンターに置かれた七味唐辛子をかけて辛さを増して食べてみました。辛さを増してもなかなかいける味噌ラーメンです。
あまり多くないタイプの味噌ラーメンです。ボリュームたっぷりでお腹がいっぱいになりました。

うんっめもん喰い亭 サービス

お腹いっぱいですが、午後3時までのサービスもいただきます。
お稲荷とかっぱと玉子の巻寿司です。
これで680円ならなかなか良いんじゃないでしょうか。

|

« 古潭 | トップページ | 三吉屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/44340242

この記事へのトラックバック一覧です: うんっめもん喰い亭:

« 古潭 | トップページ | 三吉屋 »