« じじ&ばば | トップページ | 中華亭 »

2009.04.29

信越麺戦記 Part1

長野県松本市で開催されている“信越麺戦記 Part1”に来ました。
会場は、南松本駅近くのジャスコ南松本店東側駐車場です。4月25日から5月6日まで開催されているイベントです。長野県内のラーメン店6店と新潟県内のラーメン店3店が出店します。長野県内のラーメン店は前半3店(気むずかし家・ロコ×3・凌駕)、後半3店(ゆいが・おおぼし・烈士洵名)の入れ替えです。新潟からは、来味、潤、なおじが出店します。
もたもた新潟を10時頃出て北陸道→上信越道→長野道を通って来ました。途中上信越道が事故で通行止めになりました。途中で高速道路下りたらETC1000円の旅はどうなるんだろう。ETC導入前のように乗り継ぎ券発行で対応してもらえるんだろうか。

妙高山

ハイウェイオアシスあらいで妙高山の写真撮ったり、ゆっくり休んで再び走り出します。まあなるようになるさって走ると通行止めは解除されていました。
北陸道下り柏崎西山間、上信越道上り豊田飯山信州中野間と2ヶ所で大きな事故が起きています。高速道路も交通量が多く事故が起こり易いんでしょう。気を付けて安全運転で行きます。

信越麺戦記 Part1

午後2時頃会場に到着しました。プレハブのお店とテントのテーブル席です。天気も良く屋根のない所にも椅子が置かれています。
チケット売場でチケットを購入します。ラーメン1杯付き700円です。
最初は、新潟陣営の応援としましょう。

信越麺戦記 Part1 来味 中華そば

新潟から出店しているラーメン店の中で唯一好みの来味の中華そばを食べます。
中華の来味の味を松本で食べるのも不思議な感覚です。
700円(前売り650円)の一杯ということでお店の価格よりも高いためかトッピングを充実させています。味玉が加わり、メンマなど他も量が多目かなと思います。
新潟から応援に来たよ!ってな事を言ったら店主は居ませんでしたが№2と周りに言われる人が来ていろいろお話できました。東掘店は、不慣れなんで長い目で見てくれってな事で、慣れてきたらチャーハンも出したいんだけど…。ってお店側とお客側の考えが一致していて安心しました。

信越麺戦記 Part1 ロコ×3 あってり麺(塩)

長野の最初の1杯は、常に一番長い列が出来ていた「軽井沢創作(つくつく)料理 ロコ 」です。面白いお店で他ラーメン店の駐車場やお祭りなどに積極的にお店を出しています。今回のメニューは、あってり麺(塩)です。あってり麺とは、“味の表現でいう「あっさり」と「こってり」を一つの器の中で伝えたいという願いから生まれたもので「動物系」と「魚and海系」をブレンドしたものだそうだが…。
確かにあっさりしていそうでこってりしています。中間をまろやかと表現してきましたが、まろやかとも違います。口に入れたときはあっさりしていて、後味がこってりしています。このラーメンは難しいです。あっさり食べたい人には後から来るコッテリがきついです。コッテリを食べたいと思う人には第一印象が薄いです。新しいあってりが好きって客層を作っていく必要がありあそうです。軽井沢にお店を構えて活動しているのも新しい味を創作していく上で良いんでしょう。
九州ラーメンのような細めの麺、トッピングは、チャーシュー、メンマ、煮玉子、海苔、ほうれん草です。
朝食抜きで間食もしないで来ましたが、さすが700円です。麺の量も普通にあるようで満腹になりました。さて、移動しましょう。

安曇乗鞍温泉 天峰の湯

乗鞍の休暇村、午後4時到着です。そう、温泉です。スキーで両手ほど訪れた乗鞍高原で、乗鞍温泉はその度毎に入りました。横にそれたゲレンデにあった休暇村には入っていませんでした。温泉名は“安曇乗鞍温泉 天峰の湯”です。建物は近代的で綺麗な建物で、好みの風情あるものではありませんが清潔感があります。

安曇乗鞍温泉 天峰の湯 露天風呂

乗鞍岳を見ながら露天風呂かなと思いましたが、塀に囲まれての露天風呂です。良かったのは標高1800mくらいあるのでしょうか。空気が冷たくて気持ち良かったです。泉質は、カルシウム・マグネシウム・ナトリウム-炭酸水素塩泉です。500円です。
さらに、上部の三本滝の駐車場まで行けそうなので行きました。周辺は雪だらけでスキーヤーがちょうど帰るところでした。乗鞍から下っている途中、何人かが写真を撮っていたので真似して撮ってみました。

乗鞍岳

乗鞍岳です。夕日に輝かないし、山を引き立てる雲もなかった。

信越麺戦記 Part1 夜

さて、夕食にしますか。って「信越麺戦記 Part1」に戻ってきました。午後7時です。このイベントのありがたいのは夜の8時(最終日は午後5時)までやっているのです。

信越麺戦記 Part1 きむずかし家 豚極

夕食も長野のラーメンです。きむずかし家と凌駕のどちらにしようかと思いました。凌駕の炙りチャーシューと春野菜の汁なし麺が気になりました。炙りチャーシューと春野菜までは食べたいと思いましたが、スープあってのラーメンだと思っているので汁なし麺はいただけません。できむずかし家 豚極にしました。
こちらも九州ラーメンのような麺とコラーゲンたっぷりな雰囲気のちょっと動物臭いようなスープです。トッピングは、チャーシュー、メンマです。700円だったら味玉入れてよって思いますが…。
長野のラーメンは結構濃厚なスープできついなあと思って他のお客を見たら、烏龍茶を飲みながら食べている人が多いんです。ラーメンもところ違うと食べ方も違うんですね。
高速料金往復11,700円のところ休日特別割引で2,000円でした。

|

« じじ&ばば | トップページ | 中華亭 »

コメント

また遠くまで行きましたね~
俺には無理です(笑)
明日から5月なので夜食で夷霧来の5月限定ラーメンを食べに行こうと思います。
あと侍元の油そばも食べたいです。
今日明日とまるで仕事をする気にならないのでなんだか体がだるくなってきましたよ(笑)

投稿: かず | 2009.04.30 22:13

>かずさん

遠いですね。
燃料消費を抑えるためのエコ運転していますよ。

夷霧来ってオープンしたときに固定メニューを持たずに月毎のメニューで営業するとの事で嫌なやり方だなと思いました。あの店のあのラーメン食べたいっていうことがなくてどうするのって。
一度行ってしばらく行ってませんでしたが、昨年の12月に行ったら、琥珀中華そばを中心に月替りメニューもあるってやり方になったのでホッとしました。

油そばってラーメンかどうかはありますが、好きです。
侍元もなにげに混んでますね。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2009.04.30 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/44842411

この記事へのトラックバック一覧です: 信越麺戦記 Part1:

« じじ&ばば | トップページ | 中華亭 »