« 石門子 | トップページ | きよら »

2009.06.22

ひるがお

東京ラーメンストリート

東京都千代田区の東京駅八重洲南口地下1階、東京ラーメンストリート内にある「塩らーめん専門 ひるがお」です。
東京ラーメンストリートは、6月17日に4店舗で(平成23年にさらに4店オープン予定)オープンしています。最初、六厘舎にしようと思いました。普段食べないつけめんですが、六厘舎が東京駅内にあるんなら食べてみようかと思いました。しかし、2時間待ちと1番人気で断念。並びは少ないけいすけですが品川麺達店と違いこのお店では海老からダシを取ったものしかないので遠慮。むつみ屋は、川口町にもあるので並んでまで食べなくていいです。で、ひるがおにしました。
ひるがおは、環七で有名な夜営業のせたが屋が昼に営業するようになって昼営業の店名です。夜の醤油、昼の塩。品川麺達にせたが屋があり、東京ラーメンストリートにひるがおが出来て食べ易くなりました。
20分程度の待ちとのことです。食券販売機で食券を購入してから並びます。メニューは、塩らーめんと塩つけめんとそれらにトッピングを加えたものです。基本的な塩らーめんにしました。
並んでいて20分じゃ無理だろうと思いましたが、順調に進みます。お店にもう少しで入れそうな頃、店員が食券を取りに来ました。食券を渡し待ちます。いよいよお店の中へ。
お店は、右奥に厨房、その左側にカウンター席、あとはテーブル席です。ラーメン村なんかに良くあるような小さめのお店です。
並んでいるときから食券を集めていただけのことはあり、混んでいますがそんなに待たずに塩らーめんが出来てきました。

ひるがお 塩らーめん

シンプルなラーメンなんで安心しました。
麺は、九州ラーメンのような細ストレートです。少しコシの強い歯応えのある麺です。
スープは、薄茶色のやや透き通ったものです。塩らしい味が出ていて油も浮いていて適度なまろやかさもありますが、旨味が薄いです。
トッピングは、歯応えがあって一瞬喜んだのですが苦手な塩の味付けのチャーシュー、メンマ、少量のあおさです。塩にあおさをもってくるあたりが上手いですね。
せたが屋の醤油で多少期待しましたが、もう一度700円出して食べたいって感じの塩らーめんじゃないです。それでも4店の中でむつみ屋かひるがおが一番まともそうかなと思います。

|

« 石門子 | トップページ | きよら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/45434779

この記事へのトラックバック一覧です: ひるがお:

« 石門子 | トップページ | きよら »