« 食堂ミサ | トップページ | 古潭 »

2009.06.11

ラ・ヌイユ

ラ・ヌイユ

東京都中央区の「東京ラーメン ラ・ヌイユ」です。
銀座3丁目にあります。歌舞伎座の裏側と表現されています。
東京のラーメン店を“人気”でネット検索するとかなりの確立で失敗してします。これでもかってくらいの魚系の香りのどろーっとした濃厚なスープが最近人気のようです。東京の人と感覚がずれているようです。で、そんなラーメン屋さんに当たらないように調べたお店の1店です。
“La Nouille”はフランス語で「麺」という意味で、東十条の「東京ラーメン マリオン」の暖簾分けで、店主は元ソムリエで店内にはワインセラーもあり、夜はワインも飲めるお店のようです。店舗は外観は青を基調とした目立つものです。このような情報を得ると最近の好みじゃないラーメンかなと思いますが、違うようなのでそのギャップを楽しめそうでお邪魔しました。
歌舞伎座方向からお店の方に進んでくると角にやや大きめのうどん屋さんがあり、かなりの盛況振りです。その先に青い壁の店舗入口が見えすぐに判りました。ラ・ヌイユは、奥行きのあるお店で左側に厨房、右側がカウンター席になっている。東京の小さいお店の典型の様なお店です。夜も飲めそうな雰囲気です。12時40分頃ですが店内に他1名のお客さんしかいません。ちょっと心配になるような情況です。店主と奥さんかなって雰囲気の店員がいます。
メニューは、東京ラーメンとネギ・ワンタン・チャーシューを加えたもの、カレー南蛮、ナッピーラーメン、もりそばと言う名のつけめんがあります。また、サイドメニューのチャーシューにぎり・カレー半チャーハンなどがあります。ナッピーラーメンは、フィリピンのおふくろの味、肉そぼろ炒めとたっぷりのキャベツが入った人気メニューです。今日のところは昼のスタンダード、東京ラーメン+チャーシューにぎりのランチセットにしました。
すぐに作るはじめ、あっという間に出来てきました。

ラ・ヌイユ 東京ラーメン

東京ラーメンは、中華そばって印象です。
麺は、中太の強い縮れのもので、元気いっぱいの麺といった印象です。
スープは、醤油味の中華そばって感じのものです。動物系の旨みと魚介系の風味があります。安心できるスープです。
トッピングは、醤油で味付けされた程好い硬さの好みのチャーシュー、メンマ、昆布、海苔、鳴門、ワンタンの皮です。昆布はダシ用に使用されたものでしょうか。ワンタンの皮は、ワンタンの軟らかさが美味しくいただけました。

ラ・ヌイユ チャーシューにぎり

チャーシューにぎりは、おにぎりではなく寿司の部類のようです。通常も食べられ3カン300円、5カン500円、持ち帰りもできます。
炊き込みご飯を薄めに切られたチャーシューが包んでいて、チャーシューとご飯の間にネギがあります。チャーシュー丼なんかより楽しくいただけます。
東京ラーメン650円+チャーシューにぎり300円 → セット850円でランチタイムにいただけます。東京ラーメンは、新潟で食べたら普通の食堂の中華そばって感じです。650円はチョットお高いけど銀座なら仕方ないでしょう。でも、チャーシューにぎりのセット850円は、得した気分で気持ちよく帰れるものでした。

|

« 食堂ミサ | トップページ | 古潭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/45312740

この記事へのトラックバック一覧です: ラ・ヌイユ:

« 食堂ミサ | トップページ | 古潭 »