« 青島 | トップページ | 林道&蓮華温泉方向へ »

2009.11.14

上路そば処

当初、豪農の館(数館)の広い座敷から見る庭の紅葉を楽しもうと思っていました。しかし、風雨が厳しく楽しめる状態ではないので断念しました。この時期に楽しめることと言えば、最近続いている新そばと温泉でしょうか。新潟県内の新そばの美味しそうなところをネットで検索…ありました。
糸魚川市(旧青海町)の「上路そば処」で行われる“上路・山姥の里 新そば祭り”す。「山姥の里」上路で育てた新そば粉を使い、地区住民による手作りの新そばを提供しますとのこと。ほんの少しの期間しか営業しません。今年は、10月18日(土)~11月30日(日)まで間の土・日、祝日、11:30~14:00の営業です。地元産のそばである間だけ営業するようなお店でしょうか。こういうのを見ると行きたくなります。早速出発。
北陸自動車道親不知インターチェンジを下り国道8号線を富山方向へ、県境を流れる境川を超え富山県側に入っってすぐに左折し県道115号線を上路方向へ進みます。この県道115号線は富山県側を2kmくらい走ってから新潟県側に入ります。県道って越境するんですね。初めて知りました。所々に手打ちそばの幟が立っています。山道を進むと上路集落が見えてきます。

上路そば処(上路山村振興センター)

やがて道沿いに手打ちそばの幟のたくさん立っている建物があり、すぐにそれと判ります。12時をちょっと過ぎた時間です。駐車場には、数台の車が止まっています。食べ終わって出てくるお客さんもいます。

上路そば処 メニュー

入口に立て看板があります。もりそばと郷土料理とセットのそばづくしがあります。

上路そば処 店内

店内は、一枚板の衝立で仕切られた卓が4卓です。すべての卓に年配のお客さんがいて(写真は帰る時のもの)相席もお願いできる雰囲気でもありません。店内入口脇に、地元の観光パンフレットと販売用の炭が置かれています。炭は白炭と書かれていて、軽くて燃料用ではなく空気や水などの浄化用です。店員は、地元のお母さん達です。その1人が店内から見える場所を指して、あそこに見えるのが最近作られた炭焼き用の窯でそこで焼かれたものと説明してくれました。また、糸魚川地区のそば祭りのちらしもあります。そばの食べられる場所が10ヶ所ほどあり、そのうちの5ヶ所でそば祭りをやっているようです。時期はバラバラです。そんなのを見ていたら食べ終わった人が帰って席が空きました。まだ、いろいろ食べようと思っているのでもりそばにしました。

上路そば処 もりそば

上路そば処 もりそば アップ

コシのあるしっかりしたそばです。水がいいのでしょう。美味しいです。手打ちということで不揃いな部分もあります。それが逆に当たりを見つけたように嬉しくなります。
お蕎麦ってこういう山間部で、地元の人達が楽しんだものだろうなと思います。もりそばのお楽しみを600円で分けていただきました。

|

« 青島 | トップページ | 林道&蓮華温泉方向へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/46767061

この記事へのトラックバック一覧です: 上路そば処:

« 青島 | トップページ | 林道&蓮華温泉方向へ »