« 雪の舞 | トップページ | 助屋 »

2009.12.08

長野駅にて

長野駅 天玉そば

新幹線を乗り継いで長野駅に到着した。
やはり駅弁だけでは少しお腹に物足りないし、長野の立ち食いそばを食べたかった。長野駅に新幹線が入るとすぐ目の前にその欲求を満たしてくれる立ち食いそばのお店が現れた。
お店は、看板らしきものもなくお店の名前もなさそうである。さらに食券販売機がある。ここまで怪しいと食べないのが普通だが、大好きな八幡屋礒五郎の七味唐辛子がカウンターの上に置かれている。唐辛子だけでも食べる価値ありかなと勝手に解釈し、天玉そばの食券を購入する。
カウンターに食券を置き出来上がりを待つ。他にも食べているお客さんや先に出来上がりを待つお客さんがいる。なかなか流行っている。生のそばを温める程度にお湯に通す。器はお湯で温められていて準備万端。器のお湯を捨て、湯切りしたそばを入れ、天ぶらを盛り、つゆを入れ、生卵・ねぎを盛り付け出来上がりである。
天玉そばが出来上がってきた。見た目はどこにでもある天玉そばです。玉子の黄身を壊し、それに絡まるようにそばを取り食べます。
なにこれ?
コシもなにもない。フニャフニャした軟らかいそばです。そばと言う名の違う食べ物だと思って食べました。
やや薄味のつゆや天ぷら、玉子もまともなだけにもったいない気がしました。420円と値段も良かっただけに残念です。

|

« 雪の舞 | トップページ | 助屋 »

コメント

10年ほど前に長野市に住んでいた新潟県人です。

長野市でそばを食べるなら、駅から少し歩きますがバスターミナルビルの地下の草笛がおいしいです。

昔は駅のホームのそばもそれなりにおいしかったのですがね。最近はそうでもないようです。

投稿: しゅんかん | 2009.12.10 00:39

>しゅんかんさん

草笛の大盛り食べましたよ。
最初の1/3・・・美味しい。
次の 1/3・・・まあまあ。
最後の1/3・・・押されて蕎麦じゃないみたい。

最近は、大盛りを楽しむお店になっちゃっているようです。
大盛りの量を知らずに注文してビックリしている人を観察するのも面白いです。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2009.12.10 00:55

> 最近は、大盛りを楽しむお店になっちゃっているようです。

えっ そうなんですか?
それはなんかショックです。
草笛というと蕎麦は少な目でその分おいしいというイメージがあったのですが・・・

大盛りのそばというと、上田の刀屋を思い出します。
田舎風の蕎麦で、普通をたのむと一般的な蕎麦の2~3倍くらい、大盛り頼んだら山盛りがすごかったですね。 いわゆるデカ盛りのサイトに出てくるようなものでした。 今は代替わりしてそんなことは無いようですが。

思い出した・・・その刀屋の向かい側に渚園というラーメン屋がありました。 そこのみそラーメンがおいしかったです。
鶏がらだしに信州白みその組み合わせ、きしめんのような幅広の麺にそれを吸わせると・・・美味しくて・・・

新潟で鶏がらだしに信州白みその組み合わせる店を探しても、なかなか無いですね・・・みそやくらいだったかな・・・

投稿: しゅんかん | 2009.12.10 01:29

>しゅんかんさん

草笛は、大盛りの話が中心になってしまいますね。
好きなそばがやや細目なんで、草笛はちょっと違ってました。

上田方面は、通ることはあっても高速から降りないのでなかなか寄れないです。

みそ膳とかみそやの信州味噌って美味しいです。
味噌専門のお店では、間違いなさそうです。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2009.12.12 02:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/46981278

この記事へのトラックバック一覧です: 長野駅にて:

« 雪の舞 | トップページ | 助屋 »