« 白寿 | トップページ | 駅弁 味噌カツ・ひつまぶし風弁当 »

2010.01.27

大宮情熱屋台

大宮情熱屋台 北海道らーめん初代 味噌ラーメン

埼玉県さいたま市大宮駅前のそごう9階レストラン街にある「大宮情熱屋台」です。
「ラー戦場」から「大宮情熱屋台」に生まれ変わって2回目になります。4軒の違ったラーメン店のラーメンを食べられるお店です。
入口に路面電車の前部(運転席部分など3mくらいの長さ)が置いてあり、その中に食券販売機があります。鉄道博物館のある街らしい趣向です。お店の中はラー戦場当時と変わらず4つの厨房の前のカウンター席と広いフロアのテーブル席で、一部隅っこに小上がりがあります。レトロな雰囲気になっています。
メニューは、4軒のラーメン屋さんが異なったスープで、基本のラーメンとトッビングを加えたバリエーションがあります。さらに季節メニューがあります。4軒とその味は、“北海道らーめん 初代”の味噌、“京都らーめん 匠力”の醤油、“九州らーめん 吉”のとんこつ、“横浜中華 ヨシダ”の中華となっています。醤油が無難との知り合いからの情報もありますが、京都って言葉を聞くと天下一品のドロドロしたスープをイメージしてしまいます。今日も遠慮しておきます。前回は横浜中華ヨシダのサンマーメンにしたので、今回は北に飛び北海道らーめん初代の基本メニュー味噌ラーメンにしました。食券を購入し店員に渡すと席に案内してくれます。お昼時というのもあって混んでいます。同僚と2人だったので左側奥のテーブル席に案内されました。
同僚は、京都らーめん匠力の醤油を注文しました。同僚よりも先に出来てきました。
北海道の味噌ラーメンらしい重厚そうな濃茶色の器に濃厚そうなスープです。
麺は、普通の太さの縮れです。あまりどうこう特徴はありませんが、スープと良く絡まる食べてて安心な麺です。
スープは、白味噌がやや勝る合わせ味噌のような感じです。味噌のしっかりした味に加え、結構トロミがあります。そのトロミでスープ全体が濃厚な印象に仕上がっています。
トッピングは、濃厚な味噌ラーメンに似合わない薄いチャーシュー、めんま、ゆでもやし、わかめです。味噌ラーメンにチャーシューとメンマがトッピングされているのが嬉しいのですが、濃厚な味噌ラーメンに負けないチャーシューの厚みが欲しいです。
しっかりした味噌ラーメンでした。トッピングは充実していましたが、野菜炒めなんかのったものと比べるとボリューム感がないです。味噌ラーメン780円と駅前のデパート内だとまあまあでしょうか。

|

« 白寿 | トップページ | 駅弁 味噌カツ・ひつまぶし風弁当 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/47406139

この記事へのトラックバック一覧です: 大宮情熱屋台:

« 白寿 | トップページ | 駅弁 味噌カツ・ひつまぶし風弁当 »