« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010.02.27

おおぎや

おおぎや直江津店 スタミナラーメン

上越市の「おおぎや 直江津店」です。
国道8号線の国道18号線起点下源入交差点の角にあります。
軽いものだけ食べていたのでお腹が空きました。遅い時間でもやってそうなお店を探して旧上越市街地に入ったらいきなりおおごやがやっていました。
大きなお店で、ファミレスのラーメン屋さんバージョンのようなお店です。奥に厨房、その手前に長い向かい合わせのカウンター席、さらに手前と、右側にテーブル席があります。入口にラーメン屋さんらしい食券販売機とファミレスや居酒屋などで席から注文する時に使用するような会話型っぽい食券販売機があります。
メニューは、みそ、岩塩、しょうゆとんこつ、中華そばほか多くのものがあります。みそラーメンのページの上に“自慢のみそ”と書かれています。みそのバリエーションの中にスタミナラーメンがあります。どのようなものか説明書きもなかったので店員に聞くとみそに生卵とバター、わかめを加えたものだそうです。そのスタミナラーメンにしました。
午後11時でもそこそこのお客さんがいますが、そんなに待たず出来てきました。
野菜炒めとコーンのみそに生卵とバター、わかめがのって賑やかになっています。
麺は、太麺ですがそんなに太くなくごく普通の太さの縮れで、感触も良好です。
スープは、なかなかいい感じに纏められています。味噌の旨さも、甘さも、コッテリ感もみんないい感じに出ています。オーソドックスな非のないスープです。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参の炒め物、コーンのみそに加え生卵とバター、わかめです。ちょっと夕食らしい感じになります。
味的に特徴はありませんが、標準的なみそ620円にトッピングがで加えられて840円です。組み合わせでのスタミナラーメンのお得感がちょっと足りないかな?
ライスがサービスになっています。全時間帯でセルフサービスでおかわり自由、たくわんとふりかけもあります。今回はちょっと多めにいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安塚スノーフェスティバル

今日の最終目的地に途中変更した上越市安塚区(旧安塚町)で開催されている「安塚スノーフェスティバル」です。安塚区一帯で開催されています。大島区の「越後・大島雪ほたるロード」同様に道路沿いにはロウソクの明かりが灯されています。区内の道路がキャンドルロードと名づけられ灯されています。さらにまちじゅう雪像館というこであちこちに雪像があり、明かりが灯されています。
楽しみにしていたのが“いっぷく処「雪茶屋」”です。16箇所でいろんなものが食べられます。地元産のそば粉を使用した手打ちそばを食べられる雪茶屋もあります。でも…でも…めっちゃ混んでいて雪茶屋付近の道路が渋滞しています。キューピットバレースキー場に着かないと困るんでそばを諦め、渋滞の中車窓からのキャンドルや雪像を楽しみながら進みます。

安塚スノーフェスティバル キューピットバレースキー場駐車場

対岸のゆきだるま温泉の駐車場には、キューピットバレースキー場の20周年記念の明かりが灯されています。駐車場がいっぱいだったろどうしようかと思いましたが、ゆきだるま温泉の駐車場に停められました。

安塚スノーフェスティバル キューピットバレースキー場 入口

センターハウス入口近くには、雪だるまとキャンドルがお客さんを迎えてくれます。

安塚スノーフェスティバル キューピットバレースキー場 センターハウス前

雪像があります。ゆきだるま神社でしょうか?

安塚スノーフェスティバル キューピットバレースキー場 ゲレンデ

ナイター照明に照らされたゲレンデです。綺麗に照らされています。キューピットバレースキー場って滑ってみたいと思ったことがなかったのですが、この雰囲気なら滑ってみたいです。大きく数回ターンして下まで着くように滑りたいです。まだ、ボードの人も滑っています。時間がありそうなのでお腹になんか入れましょう。

安塚スノーフェスティバル キューピットバレースキー場 塩ちゃんこうどん

キューピットバレイスキー場センターハウスレストランが、安塚スノーフェスティバルでキューピット茶屋としてボルシチ、やきもち入り牛スジ煮込み、塩ちゃんこうどんなどのメニューを出しています。塩ちゃんこうどんです。メニューには、両国某○○相撲部屋直伝とかかれています。500円です。スキー場を考えると安いような気もします。

安塚スノーフェスティバル メモリアル花火

午後9時と比較的遅い時間の打ち上げ開始です。
スキー場の花火は見やすくて好きです。

安塚スノーフェスティバル メモリアル花火

スターマインもお客さんのほとんどが下から上まで見ることが出来ます。

安塚スノーフェスティバル メモリアル花火

最後の花火は大きかったです。ゲレンデが楽々滑れそうな明るさです。
ほんの10分間の花火でしたが、いい花火でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

越後・大島雪ほたるロード

越後・大島雪ほたるロード

上越市大島区(旧大島村)で開催されている「越後・大島雪ほたるロード」です。大島区に入ると道路の雪の壁に明かりが灯されています。

越後・大島雪ほたるロード 灯り

雪の壁に祠が掘られ紙コップにロウソクが入っています。一帯がロウソクの明かりで照らされています。軟らかな光が雪の中ですが暖かく感じます。越後・大島雪ほたるロードは、大島区の6ヶ所の会場を中心に開催されています。田麦地区の「あさひ雪あそび」では花火も打ち上げられますが、昨年見たので今年は仁上地区の「仁上雪ほたる見台」を目指します。仁上地区の人でしょうか交通誘導してくれて車も楽に停められました。中心部では甘酒のふるまいや食べ物の販売などがされています。

越後・大島雪ほたるロード かまくら

横には、かなくらって言って良いのか、雪洞っていいのか判りませんがあります。そして、仁上雪ほたる見台に向かいます。歩いてすぐです。

越後・大島雪ほたるロード 仁上雪ほたる見台

高台に着くと一面の灯りが広がります。広角16㎜でも入りません。見たいと思っていたものです。思っていた以上に壮大な感じがします。

越後・大島雪ほたるロード 仁上雪ほたる

近くに行って見ることも出来ます。仁上地区はもともと蛍の里で、この灯りを雪ほたると言っています。「蛍ニ恋スル里」が今年の文字です。
綺麗なものを見せていただきました。さて、次に移動しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宮中島温泉 ミオンなかさと

おぢや風船一揆の平沢会場を後に小千谷市を見渡せる高台がないかドライブします。小千谷カントリークラブへの道路が除雪されていてカントリークラブまで行くことができます。途中景色のいい場所もありますが空気の澄み具合が今一なので高台からの花火撮影を諦めます。
長岡観光コンベンション協会のイベントカレンダーで長岡市(旧小国町)で「おぐに雪まつり 雪上エンデューロ大会(雪上バイクレース)」が開催されるようなので行ってみます。おぐに雪まつりの灯りの準備をしている人は見かけますが、雪上エンデューロ大会は28日開催のようです。

宮中島温泉 ミオンなかさと

長岡市(旧小国町)から温泉に入ろうと思い十日町市(旧中里村)へ目的は「宮中島温泉 宮中島の湯」です。施設名は「温泉総合保養施設 ミオンなかさと」です。温泉とプール、食事・土産、宿泊・休憩などの複合型施設です。信濃川近くにあります。大きな建物でお客さんも多くいます。温泉は今風の日帰り温泉施設です。脱衣所は、360人分のローカーにある広いものです。

宮中島温泉 ミオンなかさと 大浴場
ミオンなかさとパンフレットより

内湯は、広く天井の高いため開放感があります。大きな浴槽がひとつ、サウナがあるだけのシンプルなものです。洗い場は多く、ボディシャンプー、リンスインシャンプーに加えリンスもあります。

宮中島温泉 ミオンなかさと 露天風呂
ミオンなかさとパンフレットより

露天風呂はこれも広く見えますが、周囲に1段の段があり広めにとってあり、お客さんが多いので入れるところが狭く感じます。
お湯は、ちょっと赤っぽい色の透明なもので、石油っぽい臭いが少しします。味はありません。泉質は弱アルカリ性低張性高温泉 です。
料金は、500円と整った施設にしては安く利用できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おぢや風船一揆

新潟県内の雪祭りもピークを迎えています。今日は、花火の上がる雪祭りが湯沢町の「かぐら・みつまた雪灯り」、川口町の「えちごかわぐち雪洞火ぼたる祭」、小千谷市の「おぢや風船一揆」、魚沼市(旧守門村)の「須原スノーカーニバル」、上越市(旧安塚町)の「安塚スノーフェステバル」、上越市(旧大島村)の「越後・大島雪ほたるロード」など6箇所があり、花火が上がらないだろうお祭りが津南町の「津南雪まつり」、長岡市(旧小国町)の「おぐに雪まつり」などがあります。
夜の花火を見に行こうと思っていましたが、天気が良くなってきたのでおぢや風船一揆も見てみようかとお昼過ぎのゆっくりスタートで出かけました。
高速の小千谷インター手前で平沢会場の熱気球群が見えました。小千谷インターでは、西中会場の熱気球群が見えます。最初に西中会場へ向かいます。10機くらいの熱気球がみえます。

おぢや風船一揆 西中会場

会場周辺は車の乗り入れが出来ず、車を停めて写真が取れるようになる頃には、3機だけしか膨らんでいませんでした。平沢会場に向かいます。

おぢや風船一揆 平沢会場

こちらは、お店もいっぱいあり賑やかです。

おぢや風船一揆 平沢会場 にしんそば

まずは腹ごしらえ。小千谷そば組合のテントがあります。にしんそば、きのこそば、あさり入りかき揚そばがあります。いずれも500円です。ちょっと高いような気もしますが小千谷に来たならそばでしょう。にしんそばにしました。美味しいです。

おぢや風船一揆 平沢会場 熱気球とスノートレイン

こちらも見せられる程度にでしょうか1機だけ膨らましています。ゴムボートをスノーモービルで引っ張っているのがスノートレインでしょう。また、グローバルーンフェスティバルの準備も進められています。熱気球をガスバーナーの火でグローランプのようにするって意味でしょうか。ロウソクも並べられてあります。花火も加わります。

おぢや風船一揆 平沢会場 写真撮影

写真を撮りに来た人たちも開始2時間前でこの状態です。三脚が50脚ほど立っています。続々と増えてきています。年配の人が多いです。花火は興味ありますがなんとなく混じりたくない雰囲気です。片貝じゃなく小千谷だし逃げ出しちゃおうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.26

じじ&ばば

じじ&ばば 味噌チャーシューメン

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
仕事で遅くなってしまいました。タクシーで帰るならゆっくり夕夜食でも食べて帰ろうと今週もじじ&ばばです。最近の古町界隈は不思議と給料日後が空いています。金曜だけのレバ刺しも大丈夫かなと思いお邪魔しました。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、その左側と手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。夜の8時頃から翌5時までの深夜型です。空いてます。アフターの1組だけです。
金曜日にお邪魔すると生ビールとレバ刺しをまとめて金曜日セットと勝手に呼んでいますが、『金曜日セット?』『はい』で注文完了です。お通しと生ビール、レバ刺し、日本酒も1杯いただいて〆のラーメンです。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。お腹が空いていたので味噌チャーシューメンにしました。
麺は、太縮れの存在感がありながら食べ易い美味しい麺です。
スープは、味噌ラーメンの中ではおとなしい味噌で、あっさりした感じで食べられます。それでも味噌の美味しさを楽しめるものです。もやしの美味しいダシが感じられます。
トッピングは、もやし・玉ねぎ・人参・ピーマン・きくらげ、豚肉などを炒めたもの、大きなチャーシュー、メンマものってます。味噌らーめんにチャーシューやメンマがのってると嬉しくなります。
飲み歩いた〆のちょっと食べようかのボリュームじゃないです。お腹が空いていましたが、一気に満腹までの到達しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福楽

福楽 チャーシューめん(背脂入り)

三条市の「らあめん 福楽」です。
国道8号線須頃3北交差点から信濃川方向に少し入ったところにあります。
三条市も街中に食べてないラーメン屋さんも多いのですが、時間もないので三条燕インター近くでのお昼になります。この辺りのお昼は、福楽、侍、龍華亭と好きなお店がありいつも悩みます。太いメンマを久々に食べてみようかと思い福楽にしました。
お店は、右奥に厨房、手前と中央寄りにちょっと高さのあるカウンター席、左側にテーブル席があります。町の古くからのラーメン屋さんの雰囲気です。12時過ぎにに着きましたが、席が半分埋まっている程度です。カウンター席に座りました。おじちゃんとおばちゃんで切り盛りしています。演歌が似合いそうな雰囲気とか言っちゃ叱られるかな、で、女性ボーカルのジャズが流れています。スピーカは見えませんがいい音です。ハイカラなラーメン屋さんにも思えます。
メニューは、らあめんとそれにトッピングを加えたものと担々麺です。らあめんが前回食べた550円から600円に値上がりしています。他の値段は変わっていません。ねぎらあめんが復活しています。三条ということもあってか背脂入りも同じ値段で選択できます。チューシューメン(背脂入り)にしました。
福楽はメンマが美味しいお店で、お土産もできますが、お土産は麺類を食べた方が1個だけだそうです。貴重なんですね。
おじちゃんが『チャーシューは、赤とトロと半々にするかい?』って聞かれました。いろんな味を楽しみたいんで半々でお願いしました。
らあめんを待ってる間にお客が結構来ます。メンマらあめんを注文する人がさすがに多く感じられます。空いてる時に入ったので早く出来てきました。
太めメンマが美味しそうです。ほうれん草とわかめの緑が多いらあめんです。
麺は、普通の太さの縮れで、ツルツルした歯応えや程良いモチモチ感とコシも良くバランスの取れた美味しい麺です。
スープは、醤油色、醤油味の醤油を楽しめる癖のない美味しいスープです。以前より少し薄味のようにも感じますが、煮干しだしの旨さでしょうか?薄味が気にならない美味しさです。
トッピングは、最近では少ない味のしっかり染みたやや軟らかめのチャーシャーです。軟らかいけど肉らしい感触を楽しめるものと、軟らかいとろけそうな感じのものです。太く軟らかいけどシャキシャキするこのお店の看板メンマ5本、わかめとほうれん草と充実しています。
これだけ楽しんで750円ですか。でもメンマらあめんの方がいいかもと思うお店です。ごちそうさまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.25

岡村家

新潟市の「らーめん 岡村家」です。
青山から黒埼に向かう道沿いにあります。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、右側に小上がりがあります。まあまあ新しいラーメン屋さんの雰囲気です。12時30分過ぎに着きました。お客さんが結構入っています。小上がりで食べ終わって帰るお客さんがいて片付けてもらって座れました。
メニューは、醤油、味噌鶏白湯、担タン麺とつけめんです。醤油に力を入れているお店としてオープンしたこともあり、コクだれ醤油麺と節だし醤油麺はオープン当時に食べました。今度新しく中華そばがあります。醤油ラーメンとどう違うのか興味があります。中華そばセットにしました。

岡村家 サービス(メンマ)

メンマのサービスがあるようです。入ってすぐのところに擂り鉢に入ったメンマがあり、小さなお皿も置かれています。ちょっと平たく短いメンマで、味薄で軽く酸味があります。サラダっぽい感覚でいただきながら待ちます。出来上がりを待っているお客さんも多く少し時間がかかって出来てきました。

岡村家 中華そば

醤油味がしっかりしてそうなシンプルな中華そばです。
麺は細い縮れで、中華そばって感じの麺です。ツルツルして口に入れたときは良いのですが、噛み切れ具合がもうひとつです。なんか粘土のような感じで気持ちよくいきません。
スープは、癖のない醤油の味がしっかり楽しめるものです。適度な甘みもあり、好きなスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔とシンプルです。チャーシューは、チャーシューじゃなく焼肉のような気がします。豚バラ肉の厚めを焼いて小さく切ったものです。
麺はちょっと好みと違いましたが、これで480円はなかなかでしょう。

岡村家 セット(半チャーハン)

セットの半チャーハンです。味的にはいいかなと思いますが、最近はお得感のあるセットやサイドメニューを揃えたお店が多いので、180円UPでの量と考えるとセットのお得感がちょっと足りません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.24

杭州飯店

杭州飯店 五目そば

燕市の「杭州飯店」です。
燕三条系背脂ラーメンを代表するラーメン店のひとつです。
旧吉田町から三条燕インターチェンジに向かう途中から少し東側に入ったところにあります。解り易い場所ではないです。12時過ぎの到着です。お店の前を通りその先の駐車場に車を停めます。今日もお店の前に並んでるお客さんはいません。昔ほどは混まなくなったのでしょうか。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、右側に広い別部屋の小上がり席あります。テーブル席・小上がりともテーブル・座卓がところせましと配置されています。雰囲気は、大衆中華料理店です。待ちこそありませんがお客さんでいっぱいです。テーブル席は4~6人掛けで、1卓に2人とか座って座っています。大きなテーブルに相席させてもらおうかと思ったら、店員から小上がりの一番奥に空きがあるとのこと、セルフサービスの冷水を持って座れました。
メニューは、ラーメン屋さんのメニューと中華料理店の麺類のメニューを合わせたような豊富なメニューです。飯類や一品料理もあります。久々なんで普通に中華そばも食べたかったのですが、違ったものをと思い五目そばにしました。
似たようなメニューにタンメン、正油五目そば、みそ五目などもあります。広東麺がないのであんかけを期待しています。中華そばを注文したお客さんに比べ多少時間がかかって出来てきました。
中華そばは、全体量に比べ小さな器に波々と盛られてきますが。五目そばも多少器は大きくなるものの器から溢れたスープが受け皿に溜まっています。
麺は、極太の縮れ麺です。全体的には平たい麺ですが、平たくなっていなところもあります。うどんときし麺の合わさったようなものです。それが1本の麺で途中まできし麺のような平打ち麺かと思えば、その途中からうどんのように厚みのあるものもあります。コシも強いもので、コシの強いうどんのような錯覚を起こします。
スープは、塩味の癖のないもので背脂は入っていません。タンメンのように野菜の美味しさが溶け出したもので、中華そばの醤油がしっかり効いたスープ同様に塩味がしっかり効いています。
トッピングは、あんかけではなくタンメンのような野菜炒めです。白菜、玉ねぎ、竹の子、人参、キクラゲ、豚肉、玉子などを炒めたものです。かなりのボリュームです。
野菜をたっぷりいただきました。お腹がいっぱいです。五目そばは950円とボリュームはあっても少しお高い感じです。タンメンと変わりないような気もします。タンメンが900円なんで、玉子が入った違いのような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.23

くら田

くら田 ラーメン(大盛)

新潟市の「めん処 くら田」です。
本町通りと東堀通りの間6番町にあります。
先週に引き続き大盛り大好きな出張者と昼食です。12時15分頃に着きました。並びはありせんてしたが満席です。
お店は、奥に厨房、右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木の感じが落ち着いた下町の雰囲気です。そんなに待たずにテーブル席が空き座れました。出張者はカウンター席と離れて食べることになりました。その後も満席状態が続きます。年輩のお客さんが多いです。お店に入って諦めて帰るお客さんもいます。並んでないんだから少し待てば空くのにと思うんですが…。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、チャーシューメンがあります。麺は、普通(160g)、中盛り(200g)、大盛り(240g)、ダブル(320g)と選べます。普通の細麺の他に平麺も選べます。スープも醤油味の他に塩味も選択できます。ラーメン(大盛)にしました。出張者は、チャーシューメン(ダブル)です。
いつも通り手際よく作っていますが、一度に多くを作らないので時間がかかります。今日はお客さんも多く少し時間がかかりました。
淡い色があっさりしたスープが美味しそうです。
麺は、ごく細麺の縮れです。口に入った時の感触がいい、噛んだ時に少し弾力があり、その後綺麗に噛み切れます。食べていて楽しい麺です。
スープは、透き通った淡い色です。醤油味の薄味ですが旨味があります。煮干しの香りがほんのり漂う新潟らしいあっさりしたものです。
トッピングは、弾力、歯応えのあるチャーシューがたっぷり入っています。食べようと口の近くにもってくると醤油の香りが強くしょっぱそうですが、味はちょうど良い加減です。脂身の混じり具合も適度にあり好きなチャーシューです。浅漬かり薄切りのメンマ、ほうれん草も入っています。
大盛りでお腹いっぱいになっても500円です。大盛りに変更をしても同じ値段というのがありがたいです。ご馳走様でした。出張者は、ダブルでも期待したボリュームがなかったようです。恐るべき胃袋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.22

笑美寿亭

笑美寿亭 豚肉とキムチの土鍋担々麺

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。竹山病院の隣の小原小路に面しています。
笑美寿亭の担々麺15種制覇に向けての第7種目を食べようとお邪魔しました。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。下町の食堂って雰囲気です。12時10分過ぎに着きました。そこそこの混み具合ですがカウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系とあります。さらにこのお店ならではの15種類の担々麺があります。その中から寒い時期に食べておきたい豚肉とキムチの土鍋担々麺にしました。
土鍋ということからなんでしょうか普通の器より少し時間がかかって出来てきました。
白い土鍋です。他の担々麺が大きな凝った器を使っているので、土鍋が逆に小さく見えます。
麺は普通の太さの縮れで、プリプリ食感の良い麺です。
スープは、胡麻の風味の豊かなものですが、サラサラしています。キムチの程良い酸味が胡麻のまろやかさと相まっていい味になっています。
トッピングは、もやしとニラとキムチと豚肉の炒め物があり、その上に白髪ねぎ、さらに糸唐辛子がのってます。炒め物は結構ボリュームがあります。豚肉は思ったよりもしっかり入っています。チャーシューのようなつもりで噛んだらかなりの硬さに最初驚きました。
豚肉とキムチの土鍋担々麺880円と少しお高い昼食でしたが、ボリュームがあって野菜や豚肉など体に良さそうな感じと勝手に満足していただきました。でも、居酒屋の鍋だと思うと安いような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.21

情報 しぜん堂

新潟市の「しぜん堂」が判り易くなりました。
お店の名前がどこにもないため非常に見つけ難かったお店ですが、お店の建物に店の名前が書かれ、道路沿いに看板も出ました。
場所は、西大通り(旧国道116号線)日本文理高校近くにあります。

しぜん堂 表示前

以前のお店です。
どこにもどういうお店なのか、店の名前を表示するものがありませんでした。

しぜん堂 店名表示

お店の上部にお店の名前が書かれました。
「簡易中華そば屋 しぜん堂」と書かれていますが、簡易中華そばってなんだ?

しぜん堂 看板

西大通り(旧国道116号線)沿いにも見え易い看板が出来ています。
お店を見つけ易くなりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.02.20

ぶしや

ぶしや 特製みそらーめん

長岡市の「麺香房 ぶしや」です。
国道8号線の関原地区から長岡ニュータウンと反対方向、長岡西郵便局の前を通り過ぎたところにあります。
遅いお昼を食べてから何も食べていないので少しお腹が空きました。長岡で食べてから帰ろうと思います。
お店の前に黒板があり、“ガツンと濃厚!!煮干そば 限定20食”と書かれています。この時間なんでないだろうけどあったら食べてみたいです。入ってすぐの風除室に食券販売機があります。
メニューは、らーめん・つけ麺・みそらーめんとそれらにトッピングを加えたもの、さらに限定麺とそれにトッピングを加えたものがあります。限定麺は煮干そばでしょうが、すべて売切れになっています。みそらーめんにしようと思いますが、普通・味玉・ちゃーしゅう・特製とあります。ガッツリ食べて行こうかと特製みそらーめんにしました。
食券を購入し中へ入ります。入口を入って正面に待ち合い用の椅子が置いてあり4人まで掛けられます。お店が左右に分かれています。右側は、その右側が厨房、その手前にカウンター席があります。左側は、一段高くなっていて奥が壁に向かってのカウンター席、手前がテーブル席になっています。リゾート地の小さなロッヂのような雰囲気の内装です。戦国武将の鎧や兜のフィギアが綺麗に並んでいます。
オープン当時は午後9時までの営業でしたが、今は午後8時までの営業になっています。午後7時40分頃に着きましたが結構お客さんがいます。食券を渡し待ちます。
まあ閉店間際ってことでしょう早く出来てきました。迷惑かけたかなって思っていると後からもお客さんが来ます。長岡雪しか祭りからの帰りのお客かどうかは不明ですが…。
器から炙りチャーシューがはみ出していてちょっと豪華な感じが良いです。色が見た色が多く青物がひとつ欲しいように感じます。
麺は、やや太のストレートです。プリプリモチモチと歯応えの良い麺です。ちょっぴりパスタっぽい感じもします。味噌ラーメンにストレートと新しい食感です。
スープは、ややトロミのあるようなスープで、ダブルスープのような味わいです。魚粉で魚系の風味もいい感じに伝わってきます。とても軟らかい・優しい感じのスープです。半分くらい食べたところで辛味を溶かして食べます。きりりとした味になりますが、もともとのスープがあまり辛さが似合うスープじゃないような気もします。前回食べたときは魚粉が殆ど残っていませんでした。今回は結構残っています。
トッピングは、大きめ・厚めでボリュームのあるチャーシュー、穂先メンマ、味玉1個、もやし、なると、辛味です。チャーシューは、炙りの適度な歯応えがあるものです。何枚も入っていますが、脂がちょっときつく感じて飽きてきます。
特製みそらーめん900円です。とっても豪華なラーメンで値段とは相当のものかなといった気もしますが、ちょっと飽きが来てしまいました。普通のみそらーめんの方がバランスがいいかなと思う一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010長岡雪しか祭り

長岡市で開催された「2010長岡雪しか祭り」に行ってきました。
長岡市千秋が原ふるさとの森、ハイブ長岡で開催されました。
今日は、新潟県内で3箇所で花火の上がる雪に関するお祭りがあります。「十日町雪まつり」、「胎内スキーカーニバル」、そしてこの「2010長岡雪しか祭り」です。
十日町雪まつりは昨年見ました。FM-NIIGATA「SOUND SPLASH」WINTER STAGE ’09での山下久美子のステージと雪まつりでの中村あゆみのステージを楽しみました。長岡雪しか祭りも昨年見ました。昨年は1週間ずれていましたが今年は同じ日になっちゃいました。胎内スキーカーニバルは、まだ見たことがないので見ようかとも思います。今年の十日町雪まつりステージの渡辺美里“My Revolution”も聞いてみたいです。でも、やっぱり綺麗な花火みたいです。ということで長岡雪しか祭りを見ることにしました。
小出から高速で長岡まで移動しました。特に混雑することもなくハイブ長岡の駐車場に午後6時過ぎに到着しました。腹ごしらえできるかなと思いましたが、ハイブ長岡会場、長岡リリックホール前食楽座とも終わっています。雪あかり会場へ移動します。

2010長岡雪しか祭り 関原火焔太鼓

近くでステージイベントも開催されています。

2010長岡雪しか祭り 雪あかり

雪あかりです。シャッター時間を長く明るく撮ってみました。

2010長岡雪しか祭り カメラマン

写真を撮ろうと多くの人がいます。昨年は半分もいなかったのですが…。
花火が始まりました。
メッセージ花火、10号玉5発、スターマインなどが打ち上げられます。

2010長岡雪しか祭り 雪花火 ワイドスターマイン

そしてワイドスターマインです。
華やかで、迫力があっていいです。

2010長岡雪しか祭り 雪花火 ワイドスターマイン

好きな千輪菊も数発打ち上げられました。

2010長岡雪しか祭り 雪花火 二尺玉

最後は、二尺玉です。
芯入割物がなかったような気がしました。
冬なので空気は澄んでいましたが、雲が低く光が反射して写真には厳しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大湯温泉

大湯温泉 ユピオ

魚沼市(旧湯之谷村)の日帰りで入れる「湯之谷交流センター ユピオ」です。
国道352号線沿い、大湯温泉入口にある県営奥只見レクリエーション都市公園内にあります。
多目的運動広場(ゲートボール場)、民俗資料室、更衣室、会議・研修室、調理実習室、アリーナ、コミュニティホール、浴室、ラウンジ、食事処などがある施設です。村営体育館のような建物で体育館の受付のような雰囲気の事務所のカウンターで入浴料を払い2階に上ります。

大湯温泉 ユピオ ラウンジ

2階にラウンジがあり、周辺の木々までもが綺麗な雪景色になっています。

大湯温泉 ユピオ 脱衣所

脱衣所は、鍵のかかる事務所っぽいロッカーがあるシンプルなものです。

大湯温泉 ユピオ お風呂

お風呂は、シンプルなものです。泡もジェットもありません。無色透明、無味無臭です。洗い場にボディソープとリンスインシャンプーがあります。シャワースペースもあります。
日帰り温泉というより、交流センター体育館付属のお風呂を一般にも開放しているって感じのものです。入浴料は入湯税込み500円です。400円で良いようにも思えます。
泉質は、アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あづまや

あづまや 特製らーめん

魚沼市(旧小出町)の「あづまや 本店」です。
国道17号線沿い、小出インターに入る古新田交差点よりやや長岡寄りにあります。
塩沢町の「御食事処 美味ん坊」が美味しいとの紹介情報をいただいて向かいました。昼の営業時間が午後2時までですが土日祝などはもう少しやってないかなと期待しましたが、午後2時30分到着時はやはり準備中でした。六日町の「喜八」も準備中でした。小出の「ちんちん亭」も準備中でした。で、4軒目のあづまやで昼食にありつけました。
お店は、奥中央から左にかけて厨房、その手前と右側にカウンター席、そのまわりにテーブル席があります。そんなに新しいみせじゃないと思いますが、そこそこの規模の小奇麗なお店です。午後3時30分前に着きました。他にお客さんが2人います。
入口に食券販売機があります。醤油らーめん、味噌らーめん、塩らーめん、つけ麺と揃っています。さらに手打ち麺の特製らーめんとこしひかりらーめんがあります。人気№1の特製らーめんにしました。
先客はすでに食べていて、すぐに作ってもらえたようで早く出来てきました。
麺は、やや太の平打ちの縮れの弱いストレートに近い麺です。好きな麺ですが、あまりラーメンといった感じの麺とは違った麺です。
スープは醤油味のしっかりしたもので、動物系の旨味と魚介系の控え目な風味のバランスの非常に良い美味しいスープです。あっさりしていますがまろやかさ、甘みも適度に感じられる良く出来たスープです。
チャーシューは、脂身の少ない・やや軟らかめ・味付けの良いものです。ちょっと辛味を効かせたメンマ、岩海苔、煮玉子半個がのってます。
特製らーめん750円とちょっとお高い昼食ですが、麺、スープ、充実したトッピングを楽しめるとても好きなラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM PORT Wステキャン

FM PORT Wステキャン わかぶな高原スキー場

今月もセーフティドライブキャンペーンは、LOVE SNOW PARADISEステッカーキャンペーンと同時開催です。会場は、わかぶな高原スキー場です。
今日は、天気予報では雪ですが、いい天気です。

FM PORT Wステキャン

駐車場からスキーセンターに移動するとステッカー配布が始まっています。今回の担当ナビの遠藤麻理さんです。映画“私をスキーに連れてって”が中継などで話題になっていましたが、あの頃は“私をスキーに連れてって”が生温く見えるほどスキーに行っていました。壁とコブを攻めまくった頃が懐かしい。

FM PORT Wステキャン ステッカー

いただいたセーフティドライブキャンペーンのステッカーとLOVE SNOW PARADISEのステッカーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.19

じじ&ばば

じじ&ばば マーボーメン(大辛)

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、その左側と手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。金曜日恒例のビールとレバ刺しをいただき〆のラーメンです。最近食べていなかったような気がしてマーボーメンにしました。辛さもどうしようかと思いましたが、ずっと前に食べてこれも久々です。マーボーメン(大辛)にしました。
前回の大辛は、オレンジっぽい色が鮮やかなものでしたが、今回は赤く、いかにも辛そうです。食べると辛いです。本当に辛いです。麺を取り出し麻婆に絡めて食べます。甘みが最初に優しく舌に感じられますが、次に辛さがジワーっとじゃなくて、ザーっと押し寄せる波のように広がります。一口二口で汗が出ようと準備しているのがわかります。大辛も辛さと甘さのバランスの良さを感じます。極細の麺はコシもしっかりしていて、安心して引っ張り出して麻婆を絡めていただきます。大辛は、やっぱ凄いです。食べ始めてしばらくしたら準備していた汗が噴出してきました。
冬の寒さをぶっ飛ばす一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちくに

ちくに 肉そば(大盛)

村上市の「ラーメン ちくに」です。
村上市役所近くの城下町らしい住宅地の中にあります。解り難い場所です。
今日は昨日と違う出張者2人と一緒に村上でした。村上で美味しいお店ならやっぱりちくにかなと思いお邪魔しました。
12時30分に着きました。お昼の営業時間が11時30分から12時45分と短く、その時間に合わせられないこともありますが、今日は大丈夫でした。近くの駐車場に停めようと思いましたが、お店の前が空いていたので、お店の前に停めました。
お店は、左奥に厨房があり、食堂には所狭しとテーブルが置かれています。すべて4人掛けのテーブルです。そこそこ古めの地元の食堂って雰囲気です。かなり埋まっていますが空きがあり座れました。そんな都会でもないのにこれほど混んでいるっていうことが、好かれているラーメン屋さんということでしょう。
メニューは、中華そば600円と中華そば大盛り700円、肉そば900円だけです。好きな1スープ勝負のお店です。メニューに書かれているものは、全部食べてしまいました。『肉そばの大盛りってできますか?』って聞いたら、『100円増しになりますが。』と帰ってきました。肉そば(大盛)にしました。出張者は、中華そば(大盛)と肉そばにしました。
おじちゃんとおばちゃんでお店を切り盛りしているようですが、そんな年輩の夫婦らしき人が1スープのラーメン屋さんをやっているって格好いいなと思います。
セルフサービスの水を準備して待ちます。お客さんが多いのと、さらに待っているお客さんが多かったので時間がかかるかなと覚悟していましたが、思いの外早く出来てきました。結構一度にたくさん出来上がります。
いつもの中華そばらしい器に波々と盛られてきました。肉そばなんでチャーシューメンのようなものを想像していましたが、全部のせのような迫力です。
麺は、普通かやや細くらいの弱い縮れでごく一般的なものですが、軟らかめにゆでられています。軟らかいゆで加減は好きじゃないのですが、ちくにはなぜか軟らかさが嫌に感じません。
スープは、お店に入ったときの煮干しの匂いのとおり、煮干しダシの効いたものです。透き通っていますが、醤油の色ではありません。味付けは、醤油を前面に出さない、支那そばなんかに多い塩を上手く使ったものです。あっさりしていそうですが、油もちょっと多めかなというくらいあり、まろやかさと少しこってりした感じもあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、味玉半個、海苔、鳴門です。チャーシューはバラ肉1枚もの、軟らかいものでかなり厚みもあります。食べてみるとこれでもかって量があります。
肉そば(大盛)1000円です。高い昼食になりましたが、麺で大盛り、チャーシューで特盛りを食べたボリュームです。チャーシューの量と質を考えると全然高いと感じさせない一杯です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.18

青島

青島西掘 ラーメン(大)+ねぎ50+ほうれん草50

新潟市の「青島 西堀通店」です。
新潟市の新潟島は西堀通り、イタリア軒の並び下手寄りにあります。
大盛り大好きな出張者が来ました。初めて昼食を食べます。柏崎の萬来のカツカレーを食べてもらいたいのですが、今日は新潟市内なので青島のラーメンを食べてもらおうと思います。
お店は奥行きがあり、入口を入ってすぐ左に食券販売機があります。右側に広い厨房、左側と手前のカウンター席かあるだけの広いお店です。あまり飾り気のないラーメン専門店らしいたたずまいです。お昼の12時15分に着きました。半分くらいのお客の入りのちょっと寂しい状態です。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピング等の追加です。好きな1スープで勝負しているお店です。青島は大盛りが50円アップと安いので助かります。お腹もだいぶ空いていたのでラーメン(大盛)+ほうれん草50円増し+刻みねぎ50円増しにしました。大盛り大好きな出張者はチャーシューメン(大盛)+メンマ50円増しです。大盛りに麺の50円増しとか100円増しを食べるのかと期待しましたが、ちょっと弱気です。
今日は、いつもどおりの親父さん2人でやっています。前々回とてもぬるいラーメンを食べさせられましたが、前回きちんと熱いラーメンが食べられました。今日はスープの寸胴から湯気が出ています。大丈夫そうです。お客さんが少ないのとほとんどのお客さんが食べていて早く出来上がってきました。
最近、ほうれん草と刻みねぎの追加トッピングが器の中を庭のように緑色に染めています。黒胡椒を挽きながら多めにかけていただきます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で、見た目も特徴のあるものではありませんが、ツルツル&モチモチ感と旨味と噛み応えのあるバランスの取れた美味しい麺です。
スープは、表面は追加トッピングで多少冷めていますが中は熱々です。醤油のしっかりした美味しさを生姜がきりりと引き締めてくれます。麺といっしょに食べるても飲んでも美味しいスープです。
トッピングは、旨味・硬さ・弾力も楽しめるチャーシュー、細く硬めのメンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、刻みねぎです。
空いたお腹も程良いボリューム、野菜も取れて健康的になった気分で750円です。出張者にも新潟のラーメンの美味しさを楽しんでもらえました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.17

東横

東横駅南店 野菜みそラーメン(大盛)

新潟市の「東横 駅南店」です。
新潟を代表する味噌ラーメンの人気店です。
新潟駅南口から弁天橋方向へドンキホーテを越えた先の交差点を左に曲がり一方通行の道を進んだ先のマンションの1階にあります。駅周辺なのですが駐車場があるので助かります。
しっかりした味のものをがっつり食べたいと思ってお邪魔しました。というのもサービス券があり、麺大盛り、半ライス、煮玉子のいずれかのサービスを受けることが出来るからです。
午後1時前に着きました。お店の前に数台停められる駐車場があり、そんなに混んでいません。
お店は、右側に厨房、厨房に向かって中央寄りカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。そこそこ歴史のありそうな大きめのラーメン屋さんです。お昼時間も終わりそうな時間ですが、半分くらいの席が埋まっています。
メニューは、味噌・醤油・塩の各ラーメン、つけめんを始め、定食まで幅広くやっています。麺の量も×0.5、×1、×1.5、×2、×2.5、×3、×4と野菜みそラーメンの野菜を楽しみたい女性から大食らいまで対応できるようになっています。一番人気であろう野菜みそラーメン(大盛)にしました。
お客さんが少ないんで早く出来てきました。
大きな摺り鉢風の器です。器が大きいので中の野菜みそラーメンが少ないように見えますが、普通に大盛の量があります。
麺は、ぶっとい縮れ麺でモチモチしています。東横の濃い目のスープに合う麺です。やや硬めの茹で加減で好きなタイプの麺ではありませんが、野菜炒めを食べている間にちょうどよくなります。
スープは、割りスープが付くぐらい濃い目です。味噌の旨みが活きている美味しいスープです。ちょっと田舎みそのような雰囲気を感じる味噌です。味噌を濃い目にするから美味しいのか、濃い目にすると美味しい味噌を使っているのか?味噌の旨みと自然な感じの甘みが好きです。麺や野菜炒めなどを食べ終わって、濃いめのスープを直接飲んで楽しんで、さらに薄め用のスープを入れて、普通か少し薄味になるくらいに薄めてみます。普通のラーメン屋さんの味噌ラーメンのスープと同じくらいになり、後味すっきりでスープを飲み尽くします。
トッピングは、キャベツともやしの炒め物がのっています。火は通っているのですが、野菜の新鮮さのようなものを感じます。野菜炒めもまた濃い目のスープと良く相まってちょうど良い感じの味になります。
東横の味噌は、そんなに好きじゃなかったんですが、食べる程にだんだん好きになってきます。好きになるというよりも癖になる味です。割りスープで遊べるのが良いです。値段も野菜みそラーメンで750円で大盛りを楽しめるのなら今なら良い値段じゃないでしょうか。清算時にサービス券を提示するだけで回収されません。ずーっとサービスを受けられそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.16

三芳八

三芳八 広東めん

東京新橋の「三芳八」です。みよしやと読みます。
新橋駅烏森口の新橋駅前ビル1号館の地下にあります。
お店は、もろサラリーマン居酒屋の雰囲気です。焼き鳥が評判のお店です。4人掛けのテーブルのみで、壁につまみや焼酎の貼紙がところ狭しと貼られています。午後2時前に着きましたが、そこそこお客さんがいます。
お昼のメニューは、長崎ちゃんぽん、長崎皿うどん、ラーメン、四川担々麺、広東めん、五目野菜らーめんなどがあります。長崎ちゃんぽんも美味しそうで悩みましたが、広東めんにしました。
厨房が離れているのでどんな具合か判りませんが、そんなに待たずに出来てきました。
ほうれん草の緑でしょうか?結構派手な印象があります。
麺は、やや細の縮れで食感の良い安心感のある普通の麺です。
スープは、醤油味のおとなしい感じのものです。あまり主張のないスープですが、この手のあんかけの麺のスープとしては、味がしっかりしている方ではないでしょうか。
トッピングのあんかけは、白菜、筍、人参、きくらげの細切り、豚肉、海老、ほうれん草、薩摩揚げなどの餡です。醤油味の程良い味付けですが、もうひとつインパクトが欲しいです。
広東めんは、780円でミニライス付きです。まあまあ美味しくいただいてこの値段ならいいんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.15

ヒグマ

ヒグマ新大前店 チャーシューメン

新潟市の「らーめん ヒグマ 新大前店」です。
旧国道116号線沿いにあります。新潟市西区大野で隣が「いなば」向かいが「味濱家 新大前店」と2店があり、付近にもラーメン屋さんが多い激戦区です。
お店は、入ってすぐ食券販売機があります。奥に厨房、中央に左向き縦一列のカウンター席、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。ごく普通のラーメン屋さんらしい雰囲気のお店です。12時少し前に着きました。午後1時前後に何度かお邪魔して食べています。今日も混んでいるだろうと思ったら混んでません。5割くらいのお客の入りです。12時前後はそんなに混まないのでしょうか?
メニューは、正油、味噌、塩味のらーめんがあり、それらにちゃーしゅーめんがあります。さらに、チャーシューが3段階で増量したものが最初から用意されています。普通量のちゃーしゅーめんにしました。
カウンター席が空いたのでカウンター席に座ります。平日ランチタイムはライスがサービスになっています。水もライスもセルフサービスになっていますが、混んでいないためか水は持ってきてくれました。ライスは、午後3時までのサービスになっています。以前は昼営業が午後2時までだったのですが、延ばしたようです。
カウンター席に座った時はラーメンがちょうど出来上がる時で、次で作ってもらえるようです。午後1時頃にお邪魔した時は、サービスのライスがなくなっていますが、今日は大丈夫です。大きなお釜ですが、ご飯の量はそんなに多くないです。これじゃ午後3時までといっても午後1時までもたない量です。こういうやり方は好きじゃないです。
混んでいないためか結構丁寧そうな仕事で出来てきました。
醤油の色がはっきりした少ししょっぱそうな、でも美味しそうなスープです。
麺は、普通の太さの縮れでモチモチ感の強い、歯切れの良い好きな麺です。
スープは濃い目の醤油色の透き通ったもので、その色の通り醤油味のしっかりしたものです。以前食べた時は少ししょっぱめに感じましたが、今日は控えめに感じます。しょっぱさを覚悟していたためか、少し物足りない感じです。生姜はメッチャ効いています。長岡生姜醤油の青島よりもはるかに強い生姜味です。かなりインパクトのあるスープです。好みが別れるかも知れません。
トッピングは、弾力・歯応えのある大好きなチャーシュー、メンマ、海苔、絹さやです。チャーシューのボリュームがあります。チャーシューメンにしただけのことはあります。
生姜のすっきりした?すっきりし過ぎたスープのラーメンに、これでもかっていうくらいのチャーシューです。ちゃーしゅーめん750円です。正油らーめんが550円なので、チャーシューが200円分UPです。200円でいいの?って思うくらいのボリュームがあります。ライスのサービスは、早いもの勝ちってことであまり期待できませんが、早い時間なら楽しめるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.13

とちお遊雪まつり前夜祭

長岡市(旧栃尾市)のR290道の駅とちおで開催された「とちお遊雪まつり前夜祭」です。R290道の駅とちおはイベントで何度かお邪魔してます。
場所は判っていますが「2010スノーフェスティバルin越路」が終了した午後5時50分からの移動になります。とちお遊雪まつり前夜祭の花火打ち上げは午後8時からです。駐車場が近くに確保できるかなど心配で早めに到着したいと思います。長岡市内を抜けるの時間がかかるとまずいと思い、新しく出来た長岡南インターから中ノ島見附インターまで高速を利用して移動します。
途中、何もなく午後7時に会場に到着、道の駅の駐車場にも停められました。

とちお遊雪まつり前夜祭 雪灯まつり

駐車場横の芝生広場は雪で覆われていて、そこには雪で作った小さな雪洞にろうそくが灯されています。1000個あるそうです。幻想的な雰囲気です。

とちお遊雪まつり前夜祭 栄屋食堂 もつ煮

花火まで時間もあり、お腹も空いてきました。寒くもなってきました。R290道の駅とちおならいつも食べているお店で油揚げを食べたいのですが時間が遅いためかやってません。でも、とちお遊雪まつり前夜祭は、前夜祭という名前の通り、食べ物を売っているお店が結構やっています。助かります。栄屋食堂と貼紙のある露店のもつ煮が美味しそうです。早速いただきます。300円です。軟らかくて美味しいもつ煮です。

とちお遊雪まつり前夜祭 栄屋食堂 カレーうどん

ちょっと食べたらかえってお腹が空いてきました。今度も同じお店でカレーうどんです。400円です。うま煮が美味しかったのでメッチャ美味しいかなと思いましたが普通でした。

とちお遊雪まつり前夜祭 花火打ち上げ

いよいよ花火の打ち上げです。
団体提供花火、メッセージ花火、市民花火などが打ち上げられます。

とちお遊雪まつり前夜祭 花火打ち上げ スターマイン

スターマインもあがります。そんな派手じゃないので、なかなか撮影難しいです。
雪が降ってきました。上向きのレンズに落ちてこないか心配しながらの写真です。

とちお遊雪まつり前夜祭 花火打ち上げ

仕掛け花火(ナイアガラ)と打ち上げ花火を一緒に撮りたいんですが、仕掛け花火が明るくて難しいです。ちょっといろいろ練習して上手く撮れるようになりたいです。

いい湯らてい

体が冷えたのでお風呂に入り帰ります。
三条市(旧下田村)の「下田八木ヶ鼻温泉 いい湯らてい」です。
景勝地八木ヶ鼻の先にあります。第3セクターで運営されている日帰り温泉です。
規模が大きく近代的な、健康ランドと同様な施設、設備です。料金は大人850円(タオル付き)950円(タオル・浴衣付き)ですが、午後5時以降で200円引きになります。
泉質は、ナトリウム・カルシウム硫酸塩温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)です。
暖まりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010スノーフェスティバルin越路

長岡市(旧越路町)の成出運動広場で開催された「2010スノーフェスティバルin越路」の行きました。最初、会場周辺に片貝中学校とか片貝小学校があるんで越路の雪祭りをなんで小千谷でやるのかと思いましたが、旧越路町にも片貝町ってあったんです。
広田鉱泉の湯元館での入浴を終え、信越本線に沿った県道11号線で長鳥から塚山峠を越え越路に入ろうとしましたが冬季閉鎖される道でした。県道72号線を経由して会場に午後4時40分頃到着しました。シャトルバスの運行もあり近くに車を止められないかと思いましたが、大丈夫でした。

2010スノーフェスティバルin越路 ステージショー ソーラン踊り

メイン会場にはステージがあり、雪像づくりコンテストの表彰式に引き続きソラーン踊りが催されています。周囲にテントがあり食べ物の販売等やっていたようですが、缶コーヒー以外のすべてが終了しています。

2010スノーフェスティバルin越路 雪山巨大すべり台

隣に雪の広場があり、中央に巨大すべり台では子供達の歓声が賑やかです。
周囲に、雪像があります。干支の関係か寅とかしまじろうの雪像が目立ちます。

2010スノーフェスティバルin越路 雪像づくりコンテスト 金賞 中央町内有志 景気回復エビス様
金賞 中央町内有志 景気回復エビス様

2010スノーフェスティバルin越路 雪像づくりコンテスト 銀賞 元町A ソーラン春を呼ぶ
銀賞 元町A ソーラン春を呼ぶ

2010スノーフェスティバルin越路 雪像づくりコンテスト 銀賞 十楽寺 越路のねぶた
銀賞 十楽寺 越路のねぶた

2010スノーフェスティバルin越路 雪像づくりコンテスト 銅賞 朝友会 寅
銅賞 朝友会 寅

2010スノーフェスティバルin越路 雪像づくりコンテスト 銅賞 小川興業 まる子不景気なんかぶっとばせ!!
銅賞 小川興業 まる子不景気なんかぶっとばせ!!

2010スノーフェスティバルin越路 雪像づくりコンテスト 新潟アルビレックスBC オレたち転びっぱなしじゃないぞ!!
新潟アルビレックスBC オレたち転びっぱなしじゃないぞ!!

アニメキャラなどたくさんの雪像がありました。

2010スノーフェスティバルin越路 冬の花火打ち上げ

冬の花火の打ち上げというイベントです。午後5時30分開始予定が数分程度の遅れで開始されました。雪の明るいうちの花火で勝手が違います。今まで撮っている花火のように打ち上げから花火が消えるまでを撮ると真っ白になります。絞りとシャッター時間を考えて挑戦しました。

今日は、これで終わらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯元館

湯元館

柏崎市の「越後の秘湯 奥の湯 湯元館」です。パンフレットやホームページには「広田鉱泉くつろぎの宿 奥の湯 湯元館」とも書かれています。
信越本線越後広田駅から南方向の山に入ったところに広田鉱泉があります。手前から中山館、湯元館と2軒の宿があります。一番奥になります。間に湯沢館がありましたが、閉館になっています。
きちんと除雪された広い駐車場があります。宿の外観は、木の板を張り付けた古い作りであまりいい印象ではありません。宿の玄関を入るとすぐに襖があり、中にお入りくださいと書かれています。左側に靴を置く部屋があるのでそこに靴を置き襖を開けます。レトロな応接スペースがあり、先にフロントがあります。フロントに宿の人がいません。インターフォンがあり、受話器を上げてくださいとあります。受話器を上げると宿の人が出たので、温泉に入りたい旨を伝えるとやってきます。

湯元館 廊下

外観と違って、ここまで歴史を感じる和の雰囲気の温泉宿って初めてです。廊下を進むと先に何棟かある宿の中心部になります。そこではお土産を売っていたり、コーヒーなんかも飲めるようになっています。薪ストーブがあり、宿の雰囲気に馴染んでいます。左側に進むとお風呂があります。手前に女湯、先に男湯の入口があります。

湯元館 脱衣所

脱衣所は、そんなに大きなものではありません。杉か檜を板張りで軟らかな色合いがいい感じの脱衣所です。

湯元館 内湯
湯元館のホームページより

内湯は、5人程度は入れるような大きさでそんなに大きなものではありませんが、こちらも周囲の壁が板張りになっていて、いい雰囲気です。洗い場は4人分あり、ボディソープとリンスインシャンプーが用意されています。ぬるぬるしたアルカリ性(PH9.2)の温泉です。泉質は、ナトリウム塩化物泉です。鉱泉ということで温度の高くない温泉です。外観などからまあ内風呂だけのこんなものかな思ったら露天風呂がありそうです。

湯元館 露天風呂

内湯の扉を開けると大好きな雰囲気の露天風呂です。お湯が縁まできていたので、のんびり寝湯のように入りました。本当にいい感じの露天風呂です。天気も回復し雪の白、杉の緑、空の青の綺麗な景色を眺めながらゆったりは入らせていただきました。
これで入浴料が500円です。またお邪魔したいです。今度泊まってみたいです。滅多にない泊まって見たい温泉でした。
さて、そろそろ目的地に移動しなくっちゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

肉よし

肉よし

柏崎市の「焼肉お食事処 肉よし」です。
国道252号線沿い、柏崎インターから十日町方向に1kmほど進んだ先にあります。
国道116号線を走り切り、柏崎市で精肉店が始めた食堂があるということでどんなものか食べてみたいと思ってお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、その右側に小上がりがあります。他にも個室などがあります。庶民の食堂と割烹の合わせたようなお店です。飲みも出来るようで厨房の棚にはキープされた焼酎のボトルがあります。午後1時30分頃に着きましたが、カウンター席以外はいっぱいです。地元の人気店のようです。
メニューは、焼肉、定食、丼物、麺類、一品料理など揃っていて、麺類は中華系を中心となっています。写真入りで、五目あんかけラーメンやマーボーメンなどとても美味しそうです。でも、精肉店が始めた食堂なら肉でしょう。特製チャーシューメン(普通のチャーシューメンはありません)にしました。
混んでいるので多少の待ちは覚悟していましたが、思いの外早く出来てきました。厨房が広いのもありますが、店員も多いなあと思いましたが伊達じゃないようです。

肉よし チャーシューメン

醤油色のスープが美味しそうなチャーシューメンです。ハズレのないタイプです。
麺は、細い平打ちで縮れの強い麺です。あまり他で見たことのない麺です。食感も良く好きなタイプの麺です。
スープは、濃いめの醤油色していて油もそこそこ浮いています。チャーシューの脂が溶け出したものか、もともとの油か不明です。見た目ほどしょっばさはなく、癖のないバランスの良いスープです。
トッピングは、チャーシューとメンマ、鳴門とシンプルです。チャーシューは、厚みがあり脂身のない歯応えのある中心部分と脂身の外周部分の組み合わせです。いい味、いいバランスです。さすが肉を知り尽くした精肉店がはじめた食堂です。
普通のラーメンが500円で、このチャーシューメンが700円です。ワンコインで食べられるお店の高いメニューになっています。他のほとんどのメニューが650円です。いろいろ食べてみたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給油!?

給油

燃料がズルズル値上がりしています。
少しでも安いところで!ってことでいっぱい入りそうな時は国道116号線沿線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.12

GOINGOIN

GOINGOIN 辛味噌PUNK

新潟市(旧白根市)の「風の味 らーめん GOINGOIN」です。
国道8号線沿い旧新潟市近く、ラーメン店の多い激戦区にあります。
お店は、間口の広く奥に厨房、厨房の手前と右側にカウンター席、さらに手前にテーブル席、さらに右側に小上がりがあります。明るい感じの最近のラーメン屋さんです。12時30分頃の到着です。お客さんは半分くらいの入りでしょうか。
メニューは、らーめん、和風らーめん、店長中田氏の地元富山のご当地ラーメンである富山ブラックを新潟向けにアレンジした中田ブラック、つけめんがあります。サイドメニューのカレーライスも人気です。また、壁に貼紙があり、冬期限定さらに1日30食限定で辛味噌PUNKなるものがあります。写真もありますが辛味噌ラーメンと違うのかな?と思いつつその辛味噌PUNKにしました。
写真をみる限りは白味噌仕立ての美味しそうなスープが特徴です。壁の貼紙には“香味油たっぷりで魚介の香りがアクセント”との説明書きもあります。期待しながら待っていると、普通くらいの待ち時間で出来てきました。
写真と同じ白味噌仕立てのらーめんです。
麺は、やや太のやや平打ちっぼく縮れの強いものです。味噌に合いそうなモチモチした麺ですが苦手な麺です。
スープは、白味噌の適度な味噌の風味と甘さのあるもので、見た目と違いサラサラしています。香味油を使っているようですが気になるような油っこさもありません。魚介系の風味が味噌味のスープでも判るほど強めです。
トッピングは、チャーシュー、穂先メンマ、海苔の粉末っぼいの、ゆでもやしと刻み玉ねぎです。味噌なのにチャーシューや穂先メンマが入っていて嬉しくなります。ゆでもやしの上に辛味噌がのっています。辛味噌はゴマやニンニクを使っているとのことで、辛味とは別にゴマやニンニクのまろやかさや旨みがあります。スープに混ぜるとそれまでの味噌のスープと違い辛味が増しますが、それ以上に旨みが増したスープになります。さらに刻み玉ねぎがいい脇役を演じています。
辛味噌PUNKは、麺だけが好みと違いましたが、充実したトッピングで、2種類の味を楽しめて、値段も730円となかなか満足の一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.11

のろし

のろし

阿賀野市(旧安田町)の「ラーメン のろし」です。
国道49号線沿いひらせいホームセンターと同じ敷地内にあります。以前「ラーメン 豊まる」があった場所です。駐車場はホームセンターなどエリアで共同となっています。
新潟市の「らーめんとぎょうざの店 竜胆」の姉妹店です。新発田市の「麺食堂 まる七」と「博多らーめん 玄風」の2店舗に続く3店舗目になります。いろんなバリエーションのお店を展開しています。さて、今度のお店はどういったものでしょうか。
お店は、入ってすぐの風除室に食券販売機があります。奥に厨房その前にカウンター席、さらに手前が小上がりになっていて3卓あります。小締まりとした今風のラーメン屋さんです。午後5時に着きましたが他にお客さんがいません。店員3人とお客1人と変な雰囲気です。
メニューは、ラーメンとみそラーメン、それぞれのチャーシューメンとシンプルです。最初の訪問なんで普通のラーメンにしました。
のんびり左壁のテレビを見ながら、厨房も見たりして待ちます。麺のゆで時間が結構かかる麺のようです。すぐに作ってもらえたようですが、時間的には普通かなって感じで出来てきました。

のろし ラーメン

見た目は、新潟にもラーメン二郎が出来たのかと思うような見栄えです。
麺は、やや太で最初硬いのかなと思ったのですが違います。超モチモチの麺です。もち米粉でも入っていそうな感じです。ここまでモチモチの麺も初めてかも知れないです。
スープは、豚骨醤油でなかなかいい感じです。ただ、背脂でかなりコッテリしています。1週間分の脂を補給できそうな感じです。
トッピングは、ゆで野菜とチャーシューです。もやしとキャベツで結構山盛りで、もやしが中心でキャベツが混じっている状態です。ゆでてから時間がたったのでしょうか?温かくないためスープの温度も表面近くが冷めています。野菜の上に背脂がかけられています。ここまでしなくてもって思います。チャーシューは、分厚いものが3枚入っています。こちらも脂身の多いものです。こってりスープに脂多めのチャーシューは結構応えます。
ラーメン600円です。凄くコストパフォーマンスの良い、お安いラーメンだと思います。標準でもう少し脂を控えてくれた方が嬉しいです。ラーメン二郎と同じボリュームがあったら、この脂では食べ切れるかどうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御神楽温泉

阿賀町(旧上川村)の御神楽温泉です。
1月30日から2月28日まで温泉まつりをやっているとの情報があり調べると…。
まず目に入ったのは小会瀬です。小会瀬はそば職人がいて予約をすればそば打ち体験もできるとのこと。期待できそうなおそばです。おそばはいいのですが、温泉は内風呂と貸切露天風呂です。
あすなろ荘は、まあまあ新しめの雰囲気の母屋から渡り廊下で川を渡った先にお風呂があります。前回は、露天風呂から新緑を楽しみました。
みかぐら荘は、内風呂と露天風呂があります。まだ、行ったことのないみかぐら荘が良さそうです。
さらに調べると…。2月8日の阿賀町の観光案内にかのせ温泉赤湯と御神楽温泉みかぐら荘がレジオネラ菌が検出され利用休止とのこと。とりあえず小会瀬のおそば目指して出発です。
御神楽温泉に入って最初にみかぐら荘があります。入口が閉まっていて、直接外から入れる食堂だけが営業しているようです。

小会瀬

次にそば職人のいる小会瀬があります。おそばをいただきます。太い柱と白壁の雰囲気のある建物です。中も綺麗です。フロントにおそばを食べたいことを伝えると大広間に案内されました。温泉に来た人の休憩所も兼ねているようです。おそばを食べている若い男女と風呂上がりの休憩の中年夫婦、子供を連れた家族の3組がいます。

小会瀬 メニュー(冷そば)

テーブルに置かれたメニューに目を通すと手打ちそばの他に手打ちうどんやご飯物まで豊富にあります。おそばの冷たいものも豊富です。ざるそばでいいかなとも思いましたが、大根おろし汁タレの高遠そばもあります。上川村なら土地がら山菜が美味しそうなので山菜天ざるにしました。山菜はきのこになるそうです。葉物の山菜を期待しましたがこの時期は無理でした。
少し待って出来てきました。

小会瀬 山菜天ざる

おそばも天ぷらも美味しそうです。

小会瀬 山菜天ざる そば

おそばは、普通の太さのおそばですがコシがかなり強いものです。美味しいそばですがこのコシの強さならもう少し細い方が好みです。
つゆは、昆布と鰹節の程良く効いたごく一般的な感じのつゆです。わさびが摺ったものか市販品か解りませんが、爽やかに辛くてキリリとさせてくれます。

小会瀬 山菜天ざる 天ぷら

天ぷらは、ピーマンの緑色が添えられていますが、他はきのこです。舞茸、しめじ、榎茸のの天ぷらです。きのこの食感たまりません。
ざるそばが700円で、山菜天ざるは1100円です。温泉まつり期間中の月曜日は半額で食べられます。
この小会瀬も温泉なんですが、露天風呂が有料の貸切露天風呂しかありません。貸切露天風呂は50分で500円、2名以上となっています。1000円の露天風呂は無理です。昔ながらの木の風情のあるお風呂でもないので好きなあすなろ荘の露天風呂に入ろうと移動です。フロントで精算して帰ろうとすると抽選をやっています。3月からゴールデンウィーク前まで使える無料入浴券が当たりました。ただならまた来るか。

あすなろ荘


御神楽温泉の一番奥に位置するあすなろ荘です。ログハウス風の綺麗な建物なんですが、雪と雪囲いであまり見えません。前回訪ねた時は、10時から20時までの日帰り入浴ができましたが、12時から15時までに変更になっています。フロントで入浴料を払います。通常500円のところ温泉まつりで半額の250円です。廊下を進むと湯上がりの休み場所があります。

あすなろ荘 温泉棟

そこからの温泉棟が風情あります。階段を降り渡り廊下を渡ります。

あすなろ荘 渡り廊下

川を渡る渡り廊下も木の感じが良いものです。

あすなろ荘 脱衣所

脱衣所も木の感じが優しい雰囲気です。

あすなろ荘 内風呂

浴室は、タイル張りの今風の物です。無色透明、無味無臭です。泉質は、ナトリウム硫酸塩泉です。洗い場には、リンスインシャンプーとボディソープ、かかと擦りがあります。

あすなろ荘 露天風呂

露天風呂は、岩風呂です。露天風呂の前にも川があり、せせらぎを聞きながら向かいの山の雪を被った木々を見ながらのんびり露天風呂につかります。細かな雪が風ないようでしんしんと降ってきます。とても雰囲気のある露天風呂です。来て良かった。
あまりにのんびりつかり過ぎて誰もいなくなりました。日帰り入浴の時間を過ぎてしまいました。ぼちぼち帰りましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.10

じじ&ばば

じじ&ばば あんかけ焼きそば

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
休前日ですが週末でもないためか午後7時30分頃に仕事が手に付かなくなりました。で、ちょうど良い時間なんでじじ&ばばで軽く晩酌してバスがあるうちに帰ろうかと思いお邪魔しました。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。休前日ということで人通りがあります。午後8時の開店時間に到着しました。もちろん一番乗りで他にお客さんがいません。
麺メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加え人気のマーボーメンや胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。最近は、マーボーメンに加え担々麺も人気のようです。イカ刺しのお通しとビールを楽しんでいるとママが『これ食べてみる?』って、イカの目の下から足の付け根までを刺身にして持ってきてくれました。『こりこりしていてここが美味しいだよ!』って、確かに通常のイカ刺しでは味わえない軟骨のような歯応えを楽しめます。今度はマスターが『今日はいい白菜があるからあんかけ焼きそば出来るけど食べる?』って聞かれました。マスターのあんかけ大好きだから、即『お願いします!』と返しました。
その後、同伴にしか見えないお客さんがやってきました。遅い時間に店を閉めてお客さんと一緒の人は見ますが、早い時間は同伴でも来るんですね。
中華鍋の心地いい音がしなくなったと思ったら出来てきました。
好きな醤油味のあんかけが美味しそうです。白菜、ピーマン、人参、筍、海老、豚肉など具沢山のあんかけです。醤油味と甘さ、昼のキャベツ違った白菜の旨みも味わえます。うっまい。麺も適度に焼かれていてあんとの絡みがいいです。
美味しいものをいただきました、早い空いた時間帯も楽しめるもんですね。ラーメンにかけた広東麺風でも美味しそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

飲み物

コカ・コーラ プラス

コンビニでコカ・コーラ プラスを発見、即購入。
女性の“美容”や“健康”に関する根強いニーズに対応した、健康的でスタイリッシュに毎日を過ごすための、ちょっとした“plus”をくれる。ノーカロリーでありながらコカ・コーラのおいしさを軽やかに味わえる0キロカロリーのコカ・コーラに、ビタミンCをプラスしました。保存料を使用せず、すっきりとしたレモンフレーバーを採用、すっきりと爽やかな飲み心地をお楽しみいただけます。とのことだが…。
いつもペプシ ツイストやペプシ ネックスを飲んでいるので物凄く薬臭く感じた。コカ・コーラが初めて出たときにお婆ちゃんが薬臭い飲み物と言っていた意味が判ったような気がしました。

仮面サイダー・ウルトラ大怪獣レモネード

ダイドードリンコの自動販売機で新しい仮面サイダー・ウルトラ大怪獣レモネードというものがありました。ウルトラサイダーで受けたウルトラマンと仮面ライダー好きの次男へのお土産に購入。でもショッカーかよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

萬来

萬来 肉そば

柏崎市の「中華料理 萬来」です。
国道8号線のバイパス半田交差点の角にあります。
お店は、右に厨房、中央寄りにカウンター席、左側にテーブル席、左奥に小上がりと言うより座敷と言った方が良い和席があります。定食屋さんといった雰囲気のお店です。12時過ぎに到着しました。駐車場がいっぱいです。店前のあまり車の通らない道に路駐です。カウンター席は空きがありますが、テーブル席や座敷は結構混んでいます。カウンター席に座りました。
メニューは、麺類、ご飯ものともに中華料理のお店らしいものが揃っています。そしてこのお店はカツカレーの盛りの良さで有名なお店で、他のメニューもボリューム満点です。今回は、まだ見たことのない肉そばにしました。どんなものでしょう。ますやの肉そばと同じようなものでしょうか。どんな量でしょうか。わくわくと恐怖の気持ちで待ちます。
厨房で作っている様子が見えます。直径50㎝くらいのガス炊飯器があります。信じられない大きさで、たっぶり入っています。そこからご飯が取り出されチャーハンやチキンライス、カツ丼など作られます。普通の2~3人前がここでは普通盛りの1人前です。
豚ロースの塊が冷蔵庫から出され厚さ2㎝くらいでカットされます。カツ用に切り分けられます。少し叩いて薄くなります。衣を付けて揚げられカツ丼やカツカレーが作られます。今日も何人かカツカレーを食べるようです。
その豚ロースの塊から6~7㎜くらいの厚さに10枚が切り分けられ、さらに真ん中から半分に切られました。なんとなく肉そば用のような予感がします。それを中華鍋で炒めるように焼いています。そこに大量キャベツが入りました。太切りで長さのあまりないものです。カツカレーでご飯の上に盛られるトンカツ用の細切りキャベツと2種類用意されています。やっぱり肉そばのようです。スープが注がれ、人参ときくらげも加えられます。さて何人前でしょうか?
その間にも出来上がった料理が運ばれます。そのボリュームに驚くお客さんの反応も面白いものです。カツカレーが運ばれたお客さんの中には『半分でいいよ』なんて言い出す人もいます。
しばらく中華鍋で煮られてゆであがった麺の上に盛られて出来上がりです。普通だったら4~5人前分くらいかと思える量が二つの器に盛られます。タンメンのような作り方です。混んでいるので多少時間がかかりました。
運ばれてくると野菜の山の迫力に圧倒されます。恐怖が勝利した瞬間です。
トッピングは、キャベツと人参、きくらげ、豚ロース肉の炒め物です。普通“麺は、”って書き出すんですが、麺にたどり着けません。キャベツの旨みと豚肉の旨みがガンガンきます。豚肉は適度な歯応えがありながら軟らかく、キャベツの旨みとの絡みがとても良いものです。美味しいものですが、麺にたどり着く頃には、もうお腹がいっぱいです。
麺は、やや細弱い縮れのプリプリした感じの歯応えの良いものです。野菜の壁に遮られ食べ始めるまで時間を要しましたが、食感の良さを保っています。
スープは、醤油味で豚肉とキャベツの旨みが溶け出したようなまろやかさと甘みがあります。ホッと優しい味です。
肉そばは800円です。美味しいお肉とキャベツの旨み、萬来のボリュームです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.09

大和

新潟大和

新潟市の「レストラン 大和」です。そんなラーメン屋さんないよと思いました?
場所は、大和デパートの7階です。
6月に閉店のようですが、まだ食べたことがないので食べてみることにしました。
7階のレストラン街にエレベータで移動しレストランに近づくと大きなウインドウに見本がいろいろあります。デパートらしくて見ているだけで楽しいです。麺類は、広東麺や五目ラーメンなど具沢山の麺類が美味しそうです。入口脇のレジで食券を購入します。一番標準的そうな大和ラーメンにしました。
中は、広いスペースにテーブルと椅子が整然と置かれています。レストランのような社員食堂のような雰囲気です。12時20分頃、ほとんどの席が埋まっています。食べ終わって出たお客さんと入れ替わりに座れました。デパートの食堂って感じの清楚なおねえさんが水を持ってきて食券の半券を持っていきます。
さすがです。そんなに時間がかからず出来てきました。

大和 大和ラーメン

新潟のラーメンらしいあっさりしてそうなスープの色のラーメンです。
麺はやや細の縮れで、とくにどうこうなく普通の麺です。
スープは、あっさりした醤油味のもので、特に目立ったもののない一般的なスープです。麺とスープはごく普通の食堂のラーメンです。
トッピングは、脂身が少なく歯応えのあるチャーシュー2枚、メンマ、鳴門、わかめ、絹さや、ゆで卵半個、ワンタン1個ととても充実しています。
とっても癖のない標準的な、誰でも食べられそうなラーメンです。大和ラーメン660円+消費税33円で693円です。ちょっとお高いような気もしますが、デパート内で充実したトッピングならまあまあいいんじゃないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.08

天辛

天辛 醤油らーめん

新潟市の「らーめん家 天辛」です。
新潟駅の駅南のけやき通りと笹出線の間にあります。三吉屋駅南けやき通店の裏側、背中合わせになります。
用事があって車に同乗させてもらい駅南まで送ってもらいました。駅南のラーメンも久しく食べていないような気がしたので食べて帰ります。
山形ラーメンのお店です。オープン当時に食べて、今回で2回目になります。その間に新大前店もオープンしています。
お店は、奥行きがあり右側手前寄りに厨房、中央左側には壁方向を向いたテーブルをカウンター席として、左側手前と左右奥にテーブル席があります。最近の一般的なラーメン屋さんの雰囲気です。駅南まで送ってもらいました。用事があって午後20時30分頃に着きました。半分くらいの席が埋まっています。
メニューは、醤油、辛味噌、塩、つけめんとそれらにトッピングを加えたものがあります。トッピングは、げそ天とチャーシューです。おつまみもラーメン屋さんにしては豊富で生ビールもあります。
げそ天と生ビールを飲みながら食べるラーメンでも考えようと思いオーダすると…同じ組み合わせのお得な晩酌セットがありました。
前回、げそ天辛味噌らーめんを食べられているので、今回は醤油か塩です。迷あましたが醤油らーめんにしました。
げそ天と辛味噌らーめんが売りのお店の醤油ラーメンはどうでしょうか。
このお店はオープン当時から手際よくやっていましたが、変わらず早めに出来てきました。
淡い醤油色がなかなか美味しそうに見えますが、味はどうでしょうか。
麺は、普通の太さの縮れですが、食べ易くの好みの麺です。
スープは、醤油味ですがかなりの薄味です。煮干しでしょうか?魚介のダシと風味が効いているので食べれます。背脂も浮いていますが、少しの量でスープをコッテリさせることなくまろやかにしています。
トッピングは、適度な脂身の混じりと歯応えのチャーシュー2枚、メンマ、海苔、鳴門、白髪ねぎ、黄身の固まり具合の良い味玉1個です。
晩酌セット500円、醤油ラーメン600円と合わせても1100円とリーズナブルな夕食でした。味玉をはじめ充実したトッピングを考えるとなかなかではないでしょうか。今度はスープ濃いめでお願いしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鵬龍

鵬龍

新潟市の「鵬龍」です。
本町6番町のアーケード西寄りにある青海ショッピングセンターという市民市場なんでしょうか?その中にあります。
お店は、市場の入口近くに厨房とカウンター席があり、通路を挟んでテーブル席があります。市場の中の食堂の雰囲気です。12時10分頃に着きました。お客さんが7割程度の入りで入れ替わりその状態が続きます。
メニューは、セット、麺類、飯類、一品料理と中華系メニューが揃っています。同じ名前のお店が国内にいくつかあるようですがいずれも四川料理のようです。人気の麻婆麺にしました。
中華系なんで多少時間がかかって出来てきました。

鵬龍 麻婆麺

濃いめの色の麻婆がなんかちょっと期待しちゃいます。
麺は、やや細で縮れの弱いものです。麻婆を始めとする中華に合いそうな麺です。
スープは、麻婆が味わえるようになのか?ほとんど味付けがないものです。
麻婆は、見た目の濃い色とは反対にしょっぱさの少ないおとなしい味です。さいころ型に切られた豆腐とたっぷりな挽肉がおとなしいながらもしっかりとした中華らしい味付けです。
なかなかまとまった麻婆麺ですが、もう少ししょっぱさが欲しいです。750円とラーメン屋さんとしては安くはありませんが、中華料理店だとそんなものかと思うような値段です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.02.07

食の陣 当日座 2日目

今日も「にいがた食の陣 当日座」に行ってきました。
当日座は、古町会場、万代会場、新潟駅会場、ふるさと村会場の4会場で開催されています。やはり食の陣当日座といえば古町会場でしょう。昨夜の除雪作業も1夜で200mくらいの進みでしょうか?バスは今日も運転見合わせです。アルコールを諦めて車で行きます。

食の陣 当日座 古町会場

食の陣や古町どんどんで何度も訪れていますが、雪があるのって初めてです。

食の陣 当日座 古町会場 7番町ステージ

7番町ステージのイベントを確認します。6日の最初に津軽三味線と和太鼓の演奏がありました。佐藤和さんでした。聞きたかったです。残念。7日は見たいものもないのでのんびり食べていきます。アルコールを抜くと楽しさ70%くらいになりそうです。

食の陣 当日座 古町会場 くじら汁

まずは、身体を温めようと思い大助のくじら汁です。
結構くじらが入っています。300円。

食の陣 当日座 古町会場 日本海ブイヤベース

全日本司厨士協会新潟県本部の日本海ブイヤベースです。
魚介の旨みが出ているらしいのですが、良くわかんない味付けです。不味くはないけど好きでもないです。というのもここの・・・

食の陣 当日座 古町会場 ボルシチ

ボルシチが相方とその妹の好物で、お付き合いで食べてるんです。ボルシチも好きじゃないので困ります。ボルシチはパンも付いています。いづれも400円です。

食の陣 当日座 古町会場 カレーうどん

県なま麺組合青年部のカレーうどんです。米粉を50%使用しています。米粉麺のラーメンを食べた時にコシの強さかがありうどんなら合うかなと思いましたが、逆にフニャフニャ軟らかくてうどんじゃない別の食べ物のようです。うどんをゆでたお湯が残ってそれにカレーをかけています。つゆなしでカレーだけです。食の陣では300円→100円とお安いものですが、讃岐うどんが100円以下で食べられるのを考えると300円はありえません。

食の陣 当日座 古町会場 冷かけそば

最後になります。胎内市から出店のみゆき庵の冷かけそばです。ざるそばがなかったので冷かけそばにしました。やっぱ美味しいそばは冷たいものに限ります。美味しいけど冬に外で食べるものじゃないです。
今回人気で並んでいたのは、やま信の村上牛ステーキ串、新潟調理師専門学校のコラーゲンたっぷりのこしひかりラーメン、県なま麺組合青年部のカレーうどんです。おやじの握る生寿司は、にぎり4貫と玉子で500円とちょっとお高いのとバリエーションが豊富じゃなかったのでパスしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.06

新潟の記録的な大雪

2月4日、5日の大雪に加え6日は風が強く、猛吹雪か地吹雪の状態になりました。
そんな中、上越市の金谷山スキー場で開催される「レルヒ祭~日本スキー発祥99周年~」の花火大会を目指します。

新潟の大雪2010 自宅近く

自宅近くです。車道の雪を両脇に積み上げ車の通る幅をの道を確保しています。

新潟の大雪2010 近所

近所です。自宅前に駐車された乗用車。屋根の雪下ろしはされていますが…。

新潟の大雪2010 新新バイパス

新新バイパス弁天インター近くです。
新新バイパスに雪があるのも珍しいことです。そして腹ごしらえは、にいがた食の陣です。ふるさと村会場へ向かいます。国道8号線に入ると高速道路通行止めのため渋滞しています。食の陣は、別記事です。
腹ごしらえして高速方面へ向かいます。新潟西インターは、国道の導入路から閉鎖さされています。高速がだめなら国道116号線で向かってみます。横風が強いです。
新潟西バイパスに入り、柏崎方面を目指します。曽和インターから先が通行止めになっているとの情報もありましたがどうなったことか?通行止めにはなっていないようですが動いていません。曽和インターから混雑時にみなさんが通る農道?に迂回します。

新潟の大雪2010 曽和インター近く

でも、だめでした。1車線ですれ違えない状況のはるか先で吹き溜まりで動けなくなった車があり通行できないとのことです。猛吹雪の中バックです。約200mくらいですが長かった。国道116号線に戻ります。

新潟の大雪2010 国道116号線

国道116号線は、ずっと渋滞です。歩くスピードの半分くらいでしょうか。レルヒ祭の花火は諦めました。西蒲原の地吹雪ツアーに変更です。あまりに進まないので、明田交差点から国際情報大学方面に。岩室~弥彦方面に行こうと思います。しかし、国際情報大学から先が除雪のための通行止めです。セブンイレブン先を左に折れ上堰潟公園方向に向かうとその先も吹き溜まりに突っ込んだ車が2台動けなくなっています。2WDの商用ミニバンが動けなくなり、その横を抜けようとした4WDの大き目のワゴン車も動けなくなったようです。少し後ろに2車線の雪のないところもあり、交わせそうです。その先に行きたいので幾分手前の4WDワゴン車を引っ張ってあげました。2WDのミニバンをそのままにしておくのも可愛そうなのでそちらも引っ張ってあげました。あんちゃんの車と親父さんの車でした。残念。猛吹雪の中、髪の毛がバリバリに凍って地吹雪ツアーらしくなってきました。津軽は金木の地吹雪ツアーまで行かなくても楽しめます。服の間から入った吹雪の雪と髪の毛の雪が溶け出して服がかなり湿っぽくなりました。温泉に入りたくなりました。だいろの湯に行き先変更です。その先はさらに吹き溜まりが深くなり、トラクタ(トレーラーの前だけ)が横になって道を塞ぐように動けなくなっています。諦めてUターンです。

新潟の大雪2010 農道

その後、農道を順調に進むことができました。落ちかけたトラック、道路上に放置された車を避けてだいろの湯に到着し温泉を楽しみました。温泉の詳細は別記事で。

新潟の大雪2010 吹き溜まり

帰りは、農道を走っている車もなく快適に走れます。吹き溜まりが大きく育っています。そんな中、軽ワゴン車が吹き溜まりで動けなくなっています。横を通り抜けようとしましが、おじいちゃんと娘さん(おばちゃん)の2人で頑張っています。これも引っ張っちゃいました。
新潟の雪と西蒲原の地吹雪ツアーでした。花火ほどではありませんでしたが楽しませていただきました。曜日の関係もあってなかなか見れません。今年は、最初で最後でしょう。

新潟の大雪2010 除雪 グレーダー

新潟の大雪2010 除雪 ホイールローダー

新潟の大雪2010 除雪 ダンプ積み込み

帰ったら自宅入口付近が除雪中で間一髪で入れました。一生懸命やっていますが、モーターグレーダーが小さく軽く道路の雪が掻き切れません。いい道具がなきゃ大変だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

だいろの湯

だいろの湯

新潟市(旧岩室村)の「多宝温泉 だいろの湯」です。
県道2号線新潟寺泊線沿いで岩室温泉街から弥彦方面の場所にあります。大きなボーリングの櫓がライトアップされているので暗くなってもすぐに解かります。
猛吹雪を超え地吹雪の天候です。こんな天気は露天風呂に入りたくなります。なぜかだいろの湯です。訳は次の記事で…。
広い駐車場がありますが、いつもは8割くらい駐車されていますが、今日はいつもの半分くらいの車です。最近の結構新しい感じの日帰り温泉そのものです。料金は、タオル+バスタオル付きで800円です。子供は400円です。タオル類はいらないからもう少し安いと助かるのですが…。
フロントに下駄箱の鍵を預け、タオル類とロッカーの鍵をもらって男湯へ。脱衣所は綺麗でロッカーになっています。混んでいると通路が狭く感じますが、今日は大丈夫です。そして浴室に向かいます。浴室の浴槽は普通の広さですが、浴室が狭いです。あがって休めるような場所が狭いです。洗い場は普通に数もあります。サウナもあります。
だいろの湯は、源泉が3本ありそれぞれ少し成分が違います。内湯は、ほんのり硫黄の香りのする透き通ったお湯です。
そこから露天風呂に向かいます。最初にあるのが50畳大庭園露天風呂です。この施設のメインのお風呂です。県下有数の硫黄含有量だそうで、柔道場のような広さの浴室に入ると硫黄の香りがします。浴室のほとんどが浴槽です。1/4程度が浅くなっています。寝湯として使用したり小さな子供を入れ易そうです。でも本当の寝湯のような頭を置く様な作りになっていないのが残念です。しっかりした屋根があり外との間を戸で閉められるようにもなっていて内湯と露天風呂の中間的なお風呂です。お湯は、ここも内湯と同じように透き通ったものです。ただ、内湯と違いかなり硫黄の香りが強くなっています。一番好きなお湯です。
そして、屋根のない外には本当の露天風呂があります。ここでは露天岩風呂と呼んでいるようです。さらに硫黄の香りが強くなるのかと期待しますが、薄くなって内湯と同じ程度です。お湯はぬるく、ゆっくり入っていられそうな温度です。
泉質は、内湯と露天風呂が含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉です。露天岩風呂が含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物温泉です。リンスインシャンプー、ボディソープ、麺棒、ブラシなどが用意されています。
硫黄ってお湯が乳白色が多いのですが、ここは透明です。露天風呂に入っている時には大した風はありませんでした。弥彦山の陰だからでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食の陣 当日座 1日目

食の陣 当日座 ふるさと村会場

新潟市内で今日から開催されている「にいがた食の陣 当日座」に顔を出してきました。当日座は、古町会場、万代会場、新潟駅会場、ふるさと村会場の4会場で開催されています。いつもならバスで行きお酒をいただくのに都合が良くて規模も大きな古町会場に行くのですが、バスが雪で運転見合わせ、吹雪の中の屋外は避けたい、古町会場以外はお酒も少ない、お酒を飲まないのなら車で行き駐車場が有料の場所はいい、などと考えるとふるさと村会場に車で行くのが無難な線かなと出かけました。
午後も中盤のあたりで到着しましたが、ご覧の通りの閑散ぶりです。

食の陣 当日座 村上牛サーロインステーキ丼

村上牛サーロインステーキ丼です。
普段のイベントだと20分~30分並びを覚悟の村上サーロインステーキ丼ですが、今日は待ちなしです。早速いただきます。美味しいです。サーロインステーキらしい軟らかの中にも適度な歯応えがあり、肉の旨みとにじみ出てくる油の旨みがなんとも言えません。1600円とお高い食べ物ですが、並ばず食べられたのでかなり満足です。

食の陣 当日座 牛すじのスープ煮(麺なし)

牛すじのスープ煮(麺なし)です。
牛すじが好きなのと安いので食べてみようと思いました。本当は、牛すじのスープ煮(米粉めん入り)というのが本当のメニューですが、米粉麺がなくなったか美味しく作れなかったのかどちらかでしょう。米粉麺が好きじゃないので助かりました。牛すじが結構入っていて、なかなかいい感触を楽しめます。米粉麺抜きということで300円→200円でした。好きじゃない米粉麺がなくってさらに100円ダウンなんて信じられない偶然でした。
明日は、今日ほど天候が荒れないようなので、天気を見てですが古町会場に出掛けたいと思います。さて、明日はどんな天気になるんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.05

じじ&ばば

じじ&ばば ラーメン(炙りベーコンチャーシュー)

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
バスが昨日から運転見合わせになっています。朝はなんとか根性で歩いて事務所まで来ましたが、帰りも歩くほどの根性もなくタクシーで帰ろうと思います。時間も遅くなったので夕食をいただいてからと思いお邪魔しました。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。今日は雪のためか少ないものの人通りがあります。しかし、じじ&ばばはお客さんが他にいません。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加え人気のマーボーメンや胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。最近は、マーボーメンに加え担々麺も人気のようです。金曜セット(勝手に名付けた生ビールとレバ刺し)をいただきます。
その後、何組か〆のラーメンを食べるグループが来ます。
あさ川の店主がお店を閉めて来ました。お土産を持ってきました。秋刀魚のぬた、海苔です。秋刀魚のぬたって、めちゃ旨です。海苔は、凄い艶々したものです。サッと焼いたものでママがおにぎりを作ってくれました。こちらも美味しいです。
〆は、久々にマーボーメンでもと思っていましたが、あさ川さんのお土産でマーボーメンがお腹に収まりそうになくなりました。ラーメンを食べようと思ったのですが、普通じゃつまらないかなと思ってこの前食べた炙りベーコン焼きをチャーシュー代わりにラーメン(炙りベーコンチャーシュー)をお願いしました。
ベーコンを炙る時間がちょっとかかりましたが、早くできてきました。
レタスなんかで彩りされて美味しそうです。
麺は、細縮れ麺でシコシコした歯応えのあるとっても好みの麺です。
スープは、控え目の印象の醤油味です。適度な甘さもあり、でしゃばるもののない優しいスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、レタスと彩の良いものになっています。普段なら少し物足りないような気もしますが、今日はちょうど良いです。炙りチャーシュー焼きでおつまみとして食べたときは美味しかったのですが、チャーシュー代わりだとちょっとしょっぱいです。レタスを巻きつけて食べるといい感じになります。
美味しいラーメンで一日が〆られると幸せな気分になれます。
さて、タクシーがつかまるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

魚がし

魚がし駅南店 日本海

新潟市の「海鮮鮨市場 魚がし 駅南店」です。
駅南弁天橋線、ドンキホーテの向かいにあります。
角上魚類でやっているお店のようで看板に角上魚類と書かれています。
今日は、出張者の希望もあってラーメンをお休みしてお寿司です。
お店は、ファミレスと最近の大型居酒屋の雰囲気です。12時過ぎですが、雪のためか空いています。
メニューは、お寿司のセットが各種用意されています。日本海というセットです。
お茶と別にドリンクも付いています。食後に楽しみたかったのですが、時間がないので先にジンジャエールを飲みながらお寿司の出来上がりを待ちます。すぐにお味噌汁と小鉢が先にきました。蟹とわかめのお味噌汁とゆでキャベツのカレー風味です。
お寿司は、にぎり寿司12貫(鮪、イカ、鮭、帆立貝、鯛、蒸し海老、玉、バイ貝、北寄貝、鰤、鮹、甘エビ)とかっぱ巻きや鉄火巻きもあります。
お寿司のことは良く判りませんが美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.04

ますや

ますや 肉そば

新潟市(旧巻町)の「中華食堂 ますや」です。
北陸自動車道巻潟東インターチェンジから巻市街寄りの漆山地区にあります。
駐車場がないためいつもと同じ少し離れた車通りの少ない広めの農道に車を停めてお店に向かいます。
お店は、奥に厨房、手前右側にテーブル席、左側に小上がりの小さな古くからの雰囲気のお店です。午後1時30分過ぎに着きました。1人だけ居たお客さんと入れ替わりです。
メニューは、麺類7種類とご飯類8種類があります。多くはありませんが、グループで行ってもみんなが楽しく食べられそうです。肉チャーハンが美味しくて、大盛りのボリュームも評判のお店です。そちらはすでに食べていて、今日は麺を食べに来ました。ラーメンが450円、味噌ラーメンやタンメンやもやしラーメンが500円ととてもお手頃です。そんなワンコインラーメンの中でもうひとつ気になっていた肉そばにしました。
玉子チャーハンが500円で肉チャーハンが600円と100円の差があります。ラーメン450円と肉そば500円の差は50円です。たいしたことないのかなと出来上がりを待ちます。キャベツを切る音、中華鍋の動かす音、麺の湯切りの音、中華鍋から盛り付ける音など想像させる音の通りに出来てきました。
肉チャーハンと同じ少しあんかけ風になったキャベツと豚肉の炒め物がのったラーメンです。
麺は、丸い普通の太さの縮れです。モチモチして少し硬めでしょうか。口の中では見た目以上に太く感じます。元気の良い麺の印象です。
スープは、見た目どおり醤油味のあっさりしたものです。なかなかいい感じですが、おとなしい過ぎるラーメンかなといった印象です。でも、炒め物のあんかけと混じるととても深みとまろやかさが出ます。
トッピングは、キャベツと豚肉の炒め物ですが、少しだけあんかけ風になっています。うま煮とか広東麺などのとろみはありません。普通のラーメンにトッピングされているチャーシュー、メンマ、海苔などがないんで50円だけのUPでこれだけのものが食べれるのでしょう。
この肉そばがワンコイン(500円)ですか?白寿に迫るコストパフォーマンスです。ごちそうさまでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.02.03

じじ&ばば

じじ&ばば 担々麺

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
今日も遅くなってしまい夕食をいただきにお邪魔しました。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。午後11時過ぎに着きました。雪の影響で人通りが少なく、空いているかと思っていましたが結構混んでます。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加え人気のマーボーメンや胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。最近は、マーボーメンに加え担々麺も人気のようです。お通しをつまみにビールを飲んで、〆は最近人気の担々麺にしました。
ちょうど少し空いてお客さんの入れ替わりのタイミングで、いつもより早く出来てきました。週末じゃないので早く帰りたいと思っていたのでありがたいです。
今日も美味しそうです。この手のラーメンなら毎日でも大丈夫です。
麺は、やや太の縮れで旨みのある麺です。力強さのある麺で、プリプリ感とモチモチ感のバランスの良いとても美味しい麺です。
スープは、味噌と胡麻と豆板醤のしょっぱさ・甘み・まろやかさ・香り・辛みが良い感じに交わっています。
トッピングは、挽肉・筍・椎茸などの炒め物、レタス、辛ねぎ、メンマです。挽肉・筍・椎茸などの炒め物は、トロミを無理して加えていないところや挽肉の量が多く、普通のお店の担々麺よりも料理って感じがします。レタスは、青みのあるところ使って良い色を添えています。辛ねぎも無理に混ぜることなくねぎのシャキシャキ感を残しています。
見た目で楽しませてくれて、好きな味でを楽しんで、結構ボリュームがあります。夕食と夜食を兼ねた食事にもってこいです。健康的には、この時間ですからちょっと?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三吉屋

三吉屋 叉焼麺(大盛)

新潟市の「三吉屋」です。
西堀通り三越の並びの白山寄りにあります。
昨日に引き続き今日も出張者、味覚の鋭い同僚と一緒の昼食です。三吉屋に出張者をまだ案内していませんでした。新潟のラーメンを気に入ってもらっているので、是非食べてもらおうとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前がテーブル席になっています。カウンター席は、出来た中華そばの渡し口になっているので端に2人掛けられる程度です。テーブル席は、4人掛けが4卓あります。中華そばの丼だけなら4人で食べられる小さなテーブルです。椅子は5脚あり混みあったときは5人まで座れるようになっています。狭い小さな昔ながらの中華そばやさんの雰囲気です。12時15分頃に着きました。この前はお客さんが戻って来たかなと思いましたが、今日はガラガラです。
メニューは、中華そば・ワンタン・叉焼麺とそれらの大盛りです。三吉屋はそんなにボリュームがありません。叉焼麺(大盛)にしました。
空いているのもありますが、今日もいつもどおりの早い時間で出来てきました。飾らないシンプルな懐かしさを感じるような中華そばにのせられたチャシュウが美味しそうです。
麺は、極細の縮れでシコシコ歯応えと、極細だからでしょうあっさりしたスープを上手く絡めてきます。麺と絡められたスープのバランスが最高です。
スープは、これぞ中華そばと思います。黄色っぽいというか金色のような綺麗な色です。醤油味ですが醤油を強調させない。薄味のようでダシが効いて、野菜から出ているだろうほのかな甘さの大好きなスープです。
トッピングは、脂身の殆どないチャーシュー、浅漬かり色のメンマ、鳴門とシンプルですが、麺とスープに合っています。
三吉屋は、新潟を代表するあっさりした中華そばを食べさせてくれます。中華そばが600円で、大盛が100円UPで普通ですが、叉焼も100円UPと割安感があります。中華そば大盛りの700円よりは満足できたような気がします。
出張者にも満足していただけました。同僚は麺が変わったことがすぐに解りました。麺匠高野からめんつうに変わったのですが、縮れが以前より強くなったので判かったようです。信濃町店や駅南けやき通店はまだ麺匠高野の麺を使用しているので、昔ながらの三吉屋を楽しむには信濃町店や駅南けやき通店がいいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.02

カトウ支店

カトウ支店 あんかけめん(大盛)

新潟市の「中華のカトウ 支店」です。
日銀新潟市店の近くにあります。
今日は、何度かカトウ本店に行ったことのある出張者、味覚の鋭い同僚と一緒にまだ食べたことのないお店と思いカトウ支店にしました。
お店は、左に厨房、中央寄りと手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。奥には、製麺機の置かれたガラス張りの部屋があります。小さめの小綺麗お店です。12時20分頃に着きました。今日も7割り程度のお客の入りでしょうか。3人一緒に座れないので、カウンター席に離れて座りました。やがてテーブル席が空き、店員の計らいでテーブル席に移りました。
メニューは、麺類と定食とセットなど中華系を中心に揃っています。麺類は、ラーメン、味噌ラーメン、タンメン、つけめんなどがあります。新しいメニューで、あんかけめんがあります。このお店は、大盛り(玉1.5ヶ)やジャンボ(玉2ヶ)がサービスとなっていましたが、昨年の途中からジャンボはサービスから除外されました。それがサービスに復活して、普通(玉1ヶ)、大盛り(玉1.5ヶ)、ジャンボ(玉2ヶ)が同じ値段で食べられるようになりました。その他にミニ丼などサイドメニューも豊富です。あんかけめん(大盛)にしました。
先客はほとんど食べていてすぐに作り始めてもらえ、早く出来上がりました。
あんかけが器の表面を覆っていて湯気が上がっています。熱そうです。
麺は平打ちで、普通かやや太の縮れの弱いストレートに近い麺です。今まで食べているときはあまり気にしていませんでしたが、カトウ本店と同じような麺です。多少支店の方が縮れがあるくらいでしょうか。
スープは、いつもの野菜から出ているだろう優しい甘さが心地いいダシが効いたあっさりしたもので、あんかけとの相性も良く、あんかけを邪魔しない薄味に仕上がっています。
あんかけはキャベツやもやし、人参などが中心で、そんなに高そうな食材は使われていないようですが、味付けが好きな中華らしい味付けです。これの中華丼も美味しそうです。程よいしょっぱさ、甘さの好みのものです。
700円と安い方ではありませんが、大盛りやジャンボまでのサービスを考えると割安です。完食するとお腹いっぱいになります。満腹神経が満足した一杯でした。
出張者はあんかけめん(大盛)と半チャーハン、同僚はラーメンと半チャーハンでした。結構満足いただけたようです。みんな良く食べます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.01

春のアイスクリーム

給湯器の調子が悪くだましだまし使っていましたが、どうにもならなくなりました。
そこで今日は、子供を連れて銭湯へ行ってきました。歩いていける範囲に銭湯が2軒ありますが、子供と一緒に行く銭湯は決まっています。帰り道にコンビニのある銭湯です。帰りに寄ったコンビニには新しいアイスクリームが結構出ていました。

雪見だいふく 果実いちご

好きなアイスクリームで、雪見だいふく 果実いちごです。
全体的ないちごの味といちごのソースが入っています。

PINO いちごミルク

もうひとつ好きなアイスクリームで、PINO いちごミルクが出ていました。
冬のアイスクリームって、これがまた美味しいんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

信吉屋

信吉屋 支那そば(中盛)

新潟市の「信吉屋」です。
イトーヨーカドー丸大の近く、本町の市場風お店が並んだ東堀通寄りにあります。
好きなお店ですが、今年なぜか初になります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広いお店です。市場の支那そば屋さんといった懐かしさを感じさせる雰囲気です。並んでいるかな?外だと寒いな。なんて考えながら12時15分頃に着きました。混んでいますが、空席がありました。
メニューは、支那そばと、メンマ、チャーシュウ、ワンタンを組み合わせたものになります。盛りは、普通、中盛、大盛があります。支那そば(中盛)にしました。
少し待って出来てきました。いつもの黒っぽい渋い器に澄んだスープが上品です。
麺は、極細に近く縮れの弱い麺です。シコシコした歯応えがとても好きな麺です。
スープは、塩でしょうか。すまし汁のような綺麗なものです。昆布ダシの旨みで味わう和のスープです。
トッピングは、脂身がなく弾力のある歯応えを楽しめるチャーシューがたっぷり、メンマ、ほうれん草、鳴門です。ねぎがいい風味を与えてくれます。
今日は、メニューや出来た支那そばの写真を撮っているカップルがいました。どっかのブログにアップされているのかな?
支那そば(中盛)600円です。お手頃なのにそこそこのボリュームがありました。今日も美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »