« カトウ支店 | トップページ | じじ&ばば »

2010.02.03

三吉屋

三吉屋 叉焼麺(大盛)

新潟市の「三吉屋」です。
西堀通り三越の並びの白山寄りにあります。
昨日に引き続き今日も出張者、味覚の鋭い同僚と一緒の昼食です。三吉屋に出張者をまだ案内していませんでした。新潟のラーメンを気に入ってもらっているので、是非食べてもらおうとお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前がテーブル席になっています。カウンター席は、出来た中華そばの渡し口になっているので端に2人掛けられる程度です。テーブル席は、4人掛けが4卓あります。中華そばの丼だけなら4人で食べられる小さなテーブルです。椅子は5脚あり混みあったときは5人まで座れるようになっています。狭い小さな昔ながらの中華そばやさんの雰囲気です。12時15分頃に着きました。この前はお客さんが戻って来たかなと思いましたが、今日はガラガラです。
メニューは、中華そば・ワンタン・叉焼麺とそれらの大盛りです。三吉屋はそんなにボリュームがありません。叉焼麺(大盛)にしました。
空いているのもありますが、今日もいつもどおりの早い時間で出来てきました。飾らないシンプルな懐かしさを感じるような中華そばにのせられたチャシュウが美味しそうです。
麺は、極細の縮れでシコシコ歯応えと、極細だからでしょうあっさりしたスープを上手く絡めてきます。麺と絡められたスープのバランスが最高です。
スープは、これぞ中華そばと思います。黄色っぽいというか金色のような綺麗な色です。醤油味ですが醤油を強調させない。薄味のようでダシが効いて、野菜から出ているだろうほのかな甘さの大好きなスープです。
トッピングは、脂身の殆どないチャーシュー、浅漬かり色のメンマ、鳴門とシンプルですが、麺とスープに合っています。
三吉屋は、新潟を代表するあっさりした中華そばを食べさせてくれます。中華そばが600円で、大盛が100円UPで普通ですが、叉焼も100円UPと割安感があります。中華そば大盛りの700円よりは満足できたような気がします。
出張者にも満足していただけました。同僚は麺が変わったことがすぐに解りました。麺匠高野からめんつうに変わったのですが、縮れが以前より強くなったので判かったようです。信濃町店や駅南けやき通店はまだ麺匠高野の麺を使用しているので、昔ながらの三吉屋を楽しむには信濃町店や駅南けやき通店がいいでしょう。

|

« カトウ支店 | トップページ | じじ&ばば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/47490507

この記事へのトラックバック一覧です: 三吉屋:

« カトウ支店 | トップページ | じじ&ばば »