« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010.03.31

大漁まつり

仲間が釣りに行って来ました。釣果をご馳走してくれるとのことでお寿司屋さんで食事になりました。何を釣りに行ったかも聞かずに集合。

大漁まつり お通し

まずはお通し。
ホッキ貝の酒蒸です。これは釣りに行くもんじゃないな。

大漁まつり めばる お刺身

さて、ここからが釣果を刺身にしたものですが刺身では何の魚か解りません。
プリプリです。お昼頃釣り上げたんでめっちゃ新鮮です。

大漁まつり めばる 焼き物

焼き物です。どういう開き方なんだろう。
ここでメバルだということが解りました。

大漁まつり めばる 煮物

メバルの煮物です。メバルって煮物が一番合ってるかも!

大漁まつり 〆鯖

ここからは、お店の料理をいただきます。〆鯖です。

大漁まつり ホヤ

海鞘です。

大漁まつり タコの唐揚げ

タコの唐揚げです。

大漁まつり 玉子

玉子です。お寿司屋に行くと絶対に玉子を食べなきゃいけない人がいました。

大漁まつり 鉄火巻き&カッパ巻き

鉄火巻きとカッパ巻きです。

大漁まつり 味噌汁

しじみの味噌汁です。これで二日酔いがないです。
5~6時間前まで泳いでいた魚は、めっちゃ新鮮でした。
美味しくいただきました。ご馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

盛来軒

盛来軒

柏崎市の「盛来軒」です。
柏崎駅前から駅前通の先西本町交差点の手前右角にあります。
建物の建て替え工事が終わり営業を開始したとの情報をいただいておりましたが、ようやくお邪魔することができました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。ラーメン屋さんぽい並びですが、厨房はオープンな感じではありません。壁に原色のアクセントがあり、中華屋さんの雰囲気を残しています。お店を入ったところにお会計用のスペースがあります。お店の中に入ろうとしたら『食券をお願いします。』とのこと。以前と同じです。昔の駅で駅員が切符を取り出して売っていた切符を入れる常備券箱と同じような箱がまだ使われています。なんか、ホッとしました。
メニューは、麺類、定食、丼物、一品料理と中華系が揃っています。以前あったそば、うどん、スパゲッティ、カレーライスは見当たりません。中華系に絞ったようです。前回改装前に食べたものと同じ中華そばにしました。食券は、常備券箱と同じような箱から取り出し半券が渡されました。
12時30分頃の到着でテーブル席や小上がりはほぼお客さんで埋まっていますが、カウンター席はだれも座っていません。家族連れやグループがほとんどです。新しい建物でお店の中も綺麗だなあと見ているうちに出来上がってきました。早いです。

盛来軒 中華そば

表面の細かい油が浮いていて、濁ったように見えます。でも、以前と変わらず町の中華屋さんて感じで懐かしいような、気取らない雰囲気のあるものです。
麺は、普通の太さの平打ち縮れ麺です。以前は縮れが弱く感じましたが、今回は普通の縮れです。最近好きになってきた麺で、食べるとなかなかいい感じです。
スープは、醤油色の透き通った中華そばらしい綺麗なスープです。醤油の味と豚骨や鶏ガラなどの動物系旨味があっさりしていますがグッと攻めてきます。表面の油が結構多めです。
トッピングは、チャーシューとメンマです。チャーシューは、薄いものですが適度な脂の混じりと弾力のあるもので大好きなチャーシューです。
普通の中華そばが630円とチョットお高いんじゃないかと思いますが、あっさりとこってりの両方を楽しめるような一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.30

梟 野菜みそらーめん

新発田市の「らーめん 梟」です。
入舟と新発田インターの両ショッピングセンターの間にあります。
新発田市でお昼になりました。新発田市には、まる七、和玄、ささ宮、梟などの好きなラーメン屋さんがあります。お腹が空いているので、ランチタイムにごはんサービスのある梟にしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木をふんだんに使った少しレトロな田舎風の雰囲気です。ラーメン屋さんに多い雰囲気です。午後1時頃に着きましたが、前に家族連れ1組5人が待っています。小さな子供もいて小上がりが空くのを待っているようです。カウンター席に空きがあり、その家族連れにお断りを得るような形で案内されました。その家族連れは地元らしいのですが、子供が元気良過ぎです。
メニューは、らーめん、味噌らーめんとつけめんがあります。ヘルシーっぽくボリュームのありそうな野菜みそらーめんにしました。平日ランチタイムサービスのごはんもお願いしました。
お昼時間は過ぎていますが、その後もほどほどお客さんが来ます。多少時間がかかるかなとも思いましたが普通の待ちで出来上がってきました。
表面の味噌らしい色と豊富なトッピングが美味しそうです。
麺は、普通の太さの縮れですが、平打ちっぽい感触やツルツルした触感、歯応えも良く好きな麺です。
スープは、味噌がしっかりしてそうな色です。濃いめの合わせ味噌と適量の油がいい旨味をくれます。しょっぱさと甘さのバランスもいい感じです。辛味がのっています。例によって半分くらい食べたところで混ぜてみます。味が引き締まった感じはしますが、口の中での辛味はそんなに感じません。しかし、もともとスープが熱々なのもありますが、辛味を混ぜて食べたら一気に汗が出てきました。
トッピングは、チャーシュー、味玉半個、もやし・キャベツ・玉ねぎ・きくらげの炒め物です。充実してますが、野菜炒めの量がもう少し欲しいです。

梟 ごはん(サービス)

ごはんがランチタイムサービスってことでこのお店にしたんですが、大きめのお口で3口くらいの量しかありません。半々ライスでしょうか。ちょっと少な過ぎます。
麺もスープもトッピングもまあまあいい感じです。野菜みそらーめんで800円と値段もまあまあじゃないかと思います。レベル高いかなとも思いますが、サービスのごはんが足を引っ張っているような印象が残ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.03.29

衝動

衝動 味噌ラーメン

新潟市の「麺屋 衝動」です。
西区小針球場近くの住宅地の中にあります。
しばらく食べていないので、新メニューが増えていないかなと思ってお邪魔しました。
1階が駐車場になっていて2階にお店があります。外の階段を上がりに2階のお店に入ります。左側から入ると奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席2卓があります。12時30分頃に着きました。他にお客さんが1グループいます。
メニューは、正油ラーメン、味噌ラーメン、味噌チーズラーメン、衝動流担々麺、うま煮ラーメンがあります。新メニューを期待していたのですが増えていません。まだ食べていないメニューがあったので、その味噌ラーメンにしました。
若いあんちゃんが1人でやっているお店です。いつものようにお店に流れているB'zの曲を聴きながら待ちます。
中華鍋で豚肉を炒め、スープと味噌ダレで味を調えます。その後でもやしを入れます。平行して麺をゆでます。鍋のお湯を替えたところで、少し待ってからゆで始めます。ゆでた麺を器に入れ、上からタンメンのように中華鍋の具とスープをかけます。トッピングを施し完成です。
白味噌の濃厚なスープが美味しそうです。
麺は、やや太の縮れです。少しだけ平打ち麺のような感触もあります。ちょうど良い硬さで、味噌ラーメンに馴染む旨味のある麺です。
スープは、白味噌仕立てで、しっかりしたしょっぱさと自然な甘さのあるものです。味噌チーズラーメンのまろやかでコクのあるスープも良かったのですが、この味噌ラーメンは味噌の旨味をストレートに味わうことが出来ます。
トッピングは、チャーシュー、もやしと豚肉の炒め物です。濃厚なスープなんでキャベツも入っているか、野菜味噌ラーメンがあればと思います。でも、高くなってしまうかな?
濃厚な白味噌を楽しめるラーメンでした。750円と安くはありませんが、東横と違った味噌ラーメンを楽しむのも時にはいいんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.27

村上町屋の人形さま巡り

今までは「村上町屋の人形さま巡り」もSL村上ひな街道号が運転されるのを楽しみにしていましたが、今回は村上町屋の人形さま巡りも参加したいと思います。3月1日から4月3日まで開催されていて終わりも近くなってきました。村上駅前を通るとSL村上ひな街道号で来た人達のミーティングのようなことをしています。村上駅前が人で溢れています。駐車場をどこにしようかと思いましたが、駅からは町屋の人形さま巡り対象エリアの反対側になる村上市役所に停めました。

村上町屋の人形さま巡り 市

村上市役所の東側の通りで市をやっているので覘いて見ると魚や漬物など美味しそうなものがあります。お昼をまだ食べていないのでお腹が空いています。市の通りの東まんじゅうで大判焼きを買い食べながら市を見学します。

村上町屋の人形さま巡り 喜っ川

村上市役所に近い「味匠 喜っ川」から見させていただきます。鮭の加工品のお店です。吉永小百合のJRの“大人の休日倶楽部”のポスターで有名になりました。同じ場所に立って記念撮影をしている人がいます。そして初めて中に入ってみます。

村上町屋の人形さま巡り 喜っ川 雛人形

入ったところはお店になっていますが、奥に進むと中間のような部屋にひな人形が飾ってあります。主人の吉川さんがお客さんに説明したり質問に答えています。いろんな雛人形が何組も飾られています。

村上町屋の人形さま巡り 喜っ川 鮭

大人の休日倶楽部のTV-CMで、お店の奥に鮭が自然乾燥のため吊り下げられているシーンがありました。実際に見てみたいと思っていました。TV-CMと同じです。さらにその奥にも干されています。
喜っ川に村上町屋の人形さま巡りのマップがありましたのでいただきました。村上町屋の人形さま巡りって、昔からのお金持ちが見せてくれるもんで10~20軒くらいと思ったら81軒もあります。見せてくれるところによって時間制限もあり、1日で全制覇なんか出来ないものだと知りました。

村上町屋の人形さま巡り 早撰堂

2軒目は、「御菓子司 早撰堂」です。和菓子のお店です。

村上町屋の人形さま巡り 早撰堂 雛人形

こちらもお店の奥の中間かなって部屋に雛人形が飾ってあります。亨保雛といって江戸時代中期のものとのことです。

村上町屋の人形さま巡り うおや

3軒目は、「越後村上 うおや」です。鮭を中心に魚加工品のお店です。
お店の入るとすぐにお茶を出してくれました。

村上町屋の人形さま巡り うおや 雛人形

こちらは、ちょっと市場っぽいお店の壁一面に人形さまが飾られています。

村上町屋の人形さま巡り うおや 雛人形

うおやにも享保雛が飾られています。

村上町屋の人形さま巡り うおや 雛人形

江戸時代後期の古今雛です。

村上町屋の人形さま巡り うおや 雛人形

平成人形です。

村上町屋の人形さま巡り うおや 源氏物語貝合せ

源氏物語貝合せも飾られています。綺麗な色です。

村上町屋の人形さま巡り うおや鮭こうば

うおやの向かいに同じうおやの鮭こうばがあります。

村上町屋の人形さま巡り うおや鮭こうば 鮭

うおや鮭こうばの中には、鮭が吊り下げられています。
こちらでは、鮭の腹を残さず切り開いています。城下町の村上では、鮭の腹を完全に切り開くことは切腹を意味するため嫌い中央部を繋げたままにするのが一般的だと思っていましたが、洗いや乾燥がし易いので完全に切り開いています。

村上町屋の人形さま巡り うおや鮭こうば 武者人形

雛人形に混じって武者人形も飾られています。
無形文化財原米州作の鐘鬼です。

村上町屋の人形さま巡り 益甚

途中から雨や雪も降り出すような天気になりました。他も若干見させてもらいましたが最後になった「益甚酒店」です。大洋盛を中心に日本酒を販売しています。そっちの方が気になります。

村上町屋の人形さま巡り 益甚 加藤清正

雛人形とともに飾られているのが、加藤清正の武者人形です。

村上町屋の人形さまは時間がいくらあっても足りないくらいいっぱいあります。江戸時代頃からの人形を見せてもらいました。城下町の歴史を楽しむことが出来ました。ありがとうございました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

SL村上ひな街道号

今年も村上市で開催されている「村上町屋の人形さま巡り」に合わせて「SL村上ひな街道号」が運転されます。昨年に引き続き今年も写真を撮りに行ってみようかとも思いましたが、天気がどうかなと心配していました。朝、目覚めたら快晴です。行くっきゃないでしょう。昨年は、荒川に架かる鉄橋付近で撮影しましたが、今回は加治川の鉄橋近くで撮影します。10時前に現場到着。三脚にカメラをセットして待ちます。風が逆向きで強く、煙の方がSLより前に進んでたら絵にならないなあって心配です。

SL村上ひな街道号

鉄橋付近には、同じように写真を撮ろう来ている人がたくさんいます。

SL村上ひな街道号

C57 180です。磐越津物語号と同じSLです。
鉄道(SL)ファンの前を悠然と通り過ぎます。

SL村上ひな街道号

二王子岳の前を通っているところです。今ひとつ空気が澄んでません。

おまけ

SL村上ひな街道号

復路。神山駅近くにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.26

越後屋

越後屋

新潟市の「ラーメン 越後屋」です。
東堀通りに面していますが、10番町と結構下手になります。19時から29時までの夜営業のラーメン店です。
今日も遅くなりました。じじ&ばばでレバ刺しを食べてビールをいただき〆のラーメンを食べようかと思いましたが、たまには違うお店をと思いお邪魔しました。
お店は、細長いお店で奥に厨房、右側配膳用スペース、配膳スペースに向いたカウンター席があります。奥に小上がりがあります。と書かれた貼紙があります。左奥でしょうか。27時前に着きましたが結構お客さんが入っています。マンガ本がいっぱいあり食べ終わってマンガを読んでいる人、ラーメンが伸びきっているのに気にせずマンガを読んでいる人、マンガ喫茶ならぬマンガラーメン店です。
メニューは、越後あっさり、濃厚醤油、越後とんこつ、越後味噌、麻婆の各ラーメンです。このお店の人気は、トッピングのトンバラです。バラ肉を軟らかく煮てさらに炙ったものです。前回は、越後あっさりラーメン+とんばら+ねぎを食べました。今回は、越後とんこつ+とんばらにしました。
お客さんが入っていても出来上がり待ちのお客さんもいないので、そんなに待つこともなく出来てきました。

越後屋 越後とんこつ+とんばら

紅生姜が別皿に盛られてきます。とんばらが肉って感じで美味しそうに見えます。
麺は、細麺のストレートに近い弱い縮れです。シコシコした食感の美味しい麺です。
スープはあっさりしたとんこつで、臭みもなくなかなか良好ですが、しょっぱさが塩っけだけのただしょっぱい感じのしょっぱさです。醤油とんこつのような旨みが欲しいです。
トッピングが豪華です。とんばら、メンマ、半熟玉子半個、岩のりです。越後とんこつでもトンバラが1枚くらい乗るのでしょう。とんばらは煮て焼いた豚バラ肉で、軟らかいものです。もう少し歯応えがあると好みなんですが…。
越後とんこつが650円、とんばら250円で900円の夕夜食です。まあ2食分かと思えば納得いくでしょう。越後とんこつのみの650円で楽しんだ方がコストパフォーマンスが良いような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉よし

肉よし 五目あんかけラーメン

柏崎市の「焼肉お食事処 肉よし」です。
国道252号線沿い、柏崎インターから十日町方向に進んだ先にあります。
お肉屋さんが始めた食堂です。前回お手頃で美味しく食べれたので、またお邪魔することにしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、その右側に小上がりがあります。他にも個室などがあります。庶民の食堂と割烹の合わせたようなお店です。午後1時前に着きました。半分ちょっと席が埋まっています。前回の土曜日の混み具合が嘘のようです。地元の家族連れの人気店のようです。
メニューは焼肉、定食、丼物、麺類、一品料理とあり、麺類は中華系を中心に揃っています。メニューは写真入りで、五目あんかけラーメンやマーボーメンなど、さらにセットまでとても美味しそうです。前回はお肉屋さんが始めた食堂ならってことで特製チャーシューメンをたべました。今回は、気になっていた五目あんかけラーメンにしました。
あんかけで手間もかかるだろうと多少の待ちは覚悟していましたが、思いの外早く出来てきました。かなりのお客さんを収容できそうなお店なのが理解できます。
中華系の色が少しかれーっぽい色です。醤油色のあんかけが好きですがどんな味でしょう。
麺は、細い縮れの中華系に合う麺です。あまり主張がない分、他とのバランスが取れています。
スープは、ラーメンより薄くこちらも他を邪魔しない中華系に合うスープです。
トッピングは、五目あんかけです。その五目あんかけは………熱々です。味をどうこう言う前に熱々です。かなり熱いものも平気な方ですが、ゆっくり食べます。白菜、青梗菜、筍、きくらげ、人参、豚肉など具が入っています。海老やイカなどが入っていません。まあそこはいいとしても玉子が入っていないのが残念です。味は、中華って感じの見た目通りの味付けです。
五目あんかけと言う名前なんで、もう少し具の素材を増やして欲しいような気もしますが、これで650円ですから贅沢言っちゃいけないように思います。最近は、普通のラーメンでさえ630円するお店もありますから、頑張っているかなと感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.25

古潭

古潭 野菜味噌ラーメン(大盛)+チャーシュー+メンマ+わかめ

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅前近くにあります。
年度末のバタバタでようやくお昼を食べれるようになりました。場所は旧巻町です。最近食べていないお店ということで古潭にしました。駐車場がないので路駐です。路線バスに支障がないよう停めます。
お店は、車庫の奥にあるような感じです。車が停められそうなスペースの奥に入口があります。お店もさらに奥行きがあり右側に厨房、左側にカウンター席、手前に小さなテーブル席1卓、奥の左側に小さな座敷があります。ちょっと古い感じで照明も押さえた落ち着いた雰囲気です。午後5時ちょうどに着きました。几帳面な店主なのでしょう。午後5時ちょうどに夜の部の営業開始の暖簾がかけられます。一番乗りです。セルフサービスのお水を持ってカウンター席に座りました。
メニューは、醤油、味噌、塩があり、それらの野菜ラーメンと納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。お腹もかなり空いています。野菜味噌ラーメン(大盛)+チャーシュー+メンマ+わかめにしました。
お昼は奥さんらしい人と二人ですが、夜は店主だけです。他のお客さんも来ないままラーメンが出来てきました。古潭はお店に入ってせっかちな感じで早く注文を聞かれますが、ラーメンの出来上がりも早いです。
普通盛りは黒い渋い器ですが、大盛りは水色の器です。白味噌仕立てのスープの色が美味しそうです。
麺は細めの縮れで、歯応え、ツルツル感やモチモチ感などずば抜けてどうこう言う特徴はありませんが、バランスの良い好きな麺です。大盛のためか少し硬めにゆでられています。食べ終わる頃にちょうど好きな硬さになってきました。
スープは、白味噌仕立てのあっさりしたものです。色が白っぽく、白味噌らしくあっさりしているのに、味噌の旨味と適度な甘さと優しさがあります。この点が他の味噌ラーメンに勝っていると思います。そうそう、それから古潭のスープはかなり熱々です。
トッピングは、予め茹でてあったキャベツともやし、追加トッピングで加えたチャーシュー、メンマ、わかめです。もやしは、全体に良い歯応えを与えてくれます。キャベツは、好みのレタスのような食感です。根に近い太い(厚い)部分や外側や中心の小さい部分を使っていないようです。茹で加減が良いのでしょう。味噌のスープと相まって美味しくいただけます。もやしやキャベツがいつもより少なく感じます。トッピングを増やし過ぎたのかな。チャーシューは、歯応えのあるものでタレに漬け込んだような旨みのある味付けです。
普通の麺に美味しいスープ。キャベツが特に他のラーメン店より美味しく感じます。トッピングの追加や大盛りなどがほとんど50円増しとお手頃です。味噌野菜ラーメン600円+大盛50円+チャーシュー50円+メンマ50円+ワカメ50円=800円です。美味しく満腹でこの価格です。ありがたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.24

青島

青島西掘 チャーシューメン(大)

新潟市の「青島 西堀通店」です。
新潟市の新潟島は西堀通り、イタリア軒の並び下手寄りにあります。
今日は、時々食べたくなる青島です。特に理由はありませんが食べたくなります。
お店は奥行きがあり、入口を入ってすぐ左に食券販売機があります。右側に広い厨房、左側と手前のカウンター席かあるだけの広いお店です。飾り気のないラーメン専門店らしい雰囲気です。お昼の12時20分に着きました。半分くらいのお客の入りと前回に続きちょっと寂しい状態です。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピング等の追加です。好きな1スープで勝負しているお店です。青島は大盛りが50円アップと安いので助かります。お腹も空いていますが、いつもみたいに追加トッピングで食券を増やすことなくちょっとシンプルなチャーシューメン(大盛)にしました。
今日もいつもどおりの親父さん2人でやっています。お客さんが少ないのとほとんどのお客さんが食べていたので早く出来上がってきました。
いつにも増して醤油の色が濃いめに見えます。黒胡椒を挽きながら多めにかけていただきます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で、見た目も特徴のあるものではありませんが、ツルツル&モチモチ感と旨味と噛み応えのあるバランスの取れた麺です。
スープは、醤油のしっかりした美味しさを生姜がきりりと引き締めてくれます。麺といっしょに食べるるといい感じですが、飲むとちょっとしょっぱめです。いつもより少しだけですがしょぱめです。
トッピングは、旨味・硬さ・弾力も楽しめるチャーシュー、細く硬めのメンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、刻みねぎです。さすがチャーシューメンです。ラーメンでも多いチャーシューがさらにたっぷり入っています。
肉食ったぞ!って程良いボリュームで750円です。青島西堀通店は日によって多少バラツキがあっても十分に満足できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.23

ますや

ますや タンメン

新潟市(旧巻町)の「中華食堂 ますや」です。
旧巻町の巻潟東インターに近い漆山地区にあります。
とってもお手頃価格で好きなお店です。駐車場がないためいつもと同じ少し離れた車通りの少ない広めの農道に車を停めてお店に向かいます。
お店は、奥に厨房、手前右側にテーブル席、左側に小上がりの小さな古くからの雰囲気のお店です。12時20分頃に着きました。他に2人のお客さんがいます。
メニューは、麺類7種類とご飯類8種類があります。多くはありませんが、グループで行ってもみんなが楽しく食べられそうです。肉チャーハン(大盛)のボリュームが評判のお店です。もうすでに食べているので、食べていない麺類のタンメンにしました。
今日は時間がないのですが、大丈夫でしょうか?他のお客さん2人も注文したものを待っています。親父さんとおばさんのお店で、作っているのは親父さんだけのようです。心配無用とばかり次々と出来てきます。普通の待ちで出来てきました。
野菜炒めがたっぷりのったタンメンがです。
麺は、丸っぽい普通の太の縮れです。モチモチして少し硬めでしょうか。口の中では見た目以上に太く感じます。元気の良い麺の印象です。
スープは、野菜のためか少し緑色がかった塩味っぽい色です。味は、その見た目を裏切らないあっさりした塩味で、でしゃばったもののない自然な感じのものです。胡椒が効いていて大人のタンメンといった感じに仕上げています。
トッピングは、キャベツ・もやし・人参・ピーマンの炒め物です。人参の赤とピーマンの緑が綺麗です。
このタンメンがワンコイン(500円)です。いいんですか?と聞き返したくなるようなコストパフォーマンスの良さに感謝です。ごちそうさまでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.03.22

ドカメン

ドカメン

柏崎市の「ガッツリ食堂 ドカメン」です。
国道252号線沿い、北陸自動車道柏崎インター近くにあります。「らーめん処 潤 柏崎店」があった場所にオープンしました。
看板には「らーめん 滋魂」同様に“JUN ism”と書かれています。潤の直営なのか暖簾分けなどなのかは不明です。
お店は、奥に厨房、手前のカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がりがあります。潤から内装等を加えていないようで前からあったラーメン屋の雰囲気です。午後4時30分頃に着きましたが、時間が時間だけにポツリポツリとお客さんがいる程度です。入口を入ったところに食券販売機があります。
メニューは、中華そば、子豚らぁめん、タンメン、みそらぁめん、黒しびれみそ、つけめん等があります。黒しびれみそは一しびれ、二しびれ、鬼しびれなどがあり、山椒と麻辣で辛さを調整しています。黒しびれみそも興味ありますが、最初は基本らしい子豚らぁめんにします。大盛無料、脂調整可能(中脂、大脂、鬼脂)なので子豚ラーメン(大盛・大脂)にしました。
お客さんの少なくすぐに出来てくるだろう思いましたが、麺のゆで時間がかかるようで普通の待ちで出来てきました。

ドカメン 子豚らぁめん(大盛・大脂)

潤は燕三条背脂ラーメンとのこと、それの魂を引き継ぐJUN isnですから燕三条らしいラーメンかと思いましたが、見た目はラーメン二郎のラーメンです。蒲田の「ラーメン 大 鎌田店」で食べた大脂に似ています。
麺は、太麺の縮れで硬めにゆでられていて歯応えがあります。
スープは、豚骨とのことで豚らしい旨みがあります。潤や滋魂に比べ醤油の味のしっかりしているのでスープのコッテリ感が和らぎ食べ易く感じます。
トッピングは、チャーシュー、キャベツともやしのゆで野菜です。
ボリュームがあります。味もまあまあいいかなと思います。子豚らぁめん680円です。大盛無料ってことで大盛を食べる分にはいいんですが、普通盛りではお高いんじゃないかと思う一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪割草まつり

雪割草まつり

柏崎市(旧西山町)大崎雪割草の里の「雪割草まつり」に行ってきました。
国道352号線沿いの大崎海水浴場付近から少し山側に入った場所です。
新潟市(旧白根市)の南区雪割草展を見に行き、実際に生息しているものを見たいと思い名の知れた大崎の雪割草を見に来ました。
会場はビニールハウスの中で、雪割草の販売、栽培指導、特産品の販売などが行われています。ビニールハウスの奥から雪割草の自生地に入れます。満開との表示があります。整備協力金200円を払い進みます。遊歩道が綺麗に整備されていて、足元まで雪割草が咲いています。写真の左側の山が自生地になっていて、結構傾斜があります。想像したとおりに花が咲いています。

雪割草まつり

雪割草まつり

雪割草まつり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.20

草津温泉 大滝乃湯

草津温泉 大滝乃湯

群馬県の「草津温泉 大滝乃湯」です。
日帰り温泉で午前9時から午後9時(入場:午後8時)までやっています。
さて、群馬の温泉から始まった県外の移動も群馬の温泉で終わりましょう。軽井沢から移動し午後8時5分頃に到着しました。入場締め切り時間を過ぎていたので、だめだった尻焼温泉に行こうと半分諦めでしたが入れてもらえました。
フロントで800円払って脱衣所へ。鍵がロッカーに付いていて100円有料です。
さて、まずは身体を洗って合わせ湯へ。

草津温泉 大滝乃湯 合わせ湯
大滝乃湯ホームページより

合わせ湯は混浴ですが、1日3回女性専用時間が設けられています。3回目の女性専用時間は午後7時30分で終了しています。さらに合わせ湯は午後8時30分で終わるとのことなので先に入ります。木造の浴槽や浴室が風情いあります。38度から46度まで5つの浴槽があります。指定された順番に1分ずつ入ります。46度って効きます。熱い温泉が好きなのでたまに入りたくなります。
露天風呂や内湯も広くさすが草津と思わせる温泉です。日帰り施設なので有料/無料の休憩室もあります。楽しんだら午後9時になっちゃいました。さて、帰りましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

碓氷峠~軽井沢

碓井峠 入口

国道18号線を軽井沢方面に向かいます。道は、もちろん旧道碓氷峠です。
いい感じで走りたかったのですが、三食分の食事でお腹が重くゆっくり行きます。

碓井峠

山道は気持ち良いです。いい峠です。

碓氷峠 信越本線第三橋梁

この橋が、良くポスターになっている信越本線第三橋梁(めがね橋)です。上に登れます。レールや枕木などは外され遊歩道に整備されています。碓氷峠鉄道施設として世界遺産に登録しようとしています。
国道18号線は、軽井沢に近くなるとC-121カーブがあります。佐藤真子ちゃんと沙雪のシルエイティが流しながら来ないかなと思っちゃいます。

軽井沢・プリンスホテルショッピングプラザ

軽井沢では、軽井沢・プリンスホテルショッピングプラザで少し歩いてお腹を楽にします。好きなジェラートもまだ食べたいと思いません。重傷?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おぎのや

おぎのや

“群馬を食べる”第三弾は、「峠の釜めし本舗 おぎのや 横川本店」です。
国道18号線沿い、横川駅の向かいにあります。
お腹も結構いっぱいなんですが、群馬県安中市に足を踏み入れたんだから欠かすことできないでしょう。1階はお土産コーナー、軽食コーナー、パンコーナー、釜めしの販売、食べる席などがあります。2階は団体食堂です。

おぎのや 峠の釜めし パッケージ

早速、峠の釜めしを購入、軽食コーナーになめこ汁がありますが、200円はちょっと高いのでパス。写真を撮りましたが、テーブルの上に敷かれたビニールの気泡がどうしようもありません。

おぎのや 峠の釜めし

中は、ごはん、筍、ごぼう、椎茸、杏子、グリーンピース、鶏肉、鶉の卵、栗、紅生姜です。厳選された素材を使用したとてもヘルシーな味わいです。最初に食べると良かったような気もします。900円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

板鼻館

板鼻館

“群馬を食べる”第二弾は、群馬県安中市の「天下無双のカツ丼 板鼻館」です。
国道17号線から国道18号線に入り、中仙道板鼻宿だった場所にあります。
お店の脇道を入った先や道路の向かいに席数より多いような駐車場が用意されています。お店の前には椅子が置かれ、ファミレスのような待ちの名前を書く用紙もあります。さらにメニューも混雑が予想されるためカツ丼とタルタルカツ丼だけということが書かれたものが掲げられています。
午後3時30分過ぎに着きました。平日なら午後の休み時間ですが、土曜・休日ってことで暖簾が出ていたんでお店に入ります。「板鼻館」が中仙道板鼻宿の旅籠「角菱屋」として営業していた当時のものがお店の中に飾ってあります。
お店は、左側に厨房、奥への通路を挟んで右側奥に小上がり、手前にテーブル席があります。歴史を感じさせる雰囲気です。1組の家族が食事中でした。お店の人と女子高生のアルバイトかな3人くらいで昼の大量の食器を片付けなどしていました。
メニューは、通常ですとカツ丼も上カツ丼や玉子かけなどもあり、さらに麺類もラーメン・チャーシューメン・五目ラーメンなど、セットメニューなどもありますが、今日はカツ丼とタルタルカツ丼のみです。予定通り目的のタルタルカツ丼にしました。
すぐに出来てきました。カツ丼の蓋を取ると…。

板鼻館 タルタルカツ丼

あれ!タルタルソースがかかっていません。
ゆで玉子とマヨネーズっぽいものを好みで混ぜて使用してください。とのこと。

板鼻館 タルタルカツ丼 タルタルソース 調理前

早速混ぜてみます。

板鼻館 タルタルカツ丼 タルタルソース 調理後

結構面倒です。上手く潰しながらタルタルソースっぽくなりました。

板鼻館 タルタルカツ丼 完成

タルタルカツ丼出来上がりです。
薄めの豚カツ(タレカツ)にタルタルソースが加わりとても滑らかでまろやかな味になります。カツは、タレカツです。群馬なんで味が付いていてもソースカツ丼かと思いましたがタレです。群馬も古くからソースカツ丼を提供しているお店も多く、ソースカツ丼じゃないってカツ丼もいろいろ存在しているようです。カツ丼もいろいろな発祥地がありはっきりしていないようです。タレカツって新潟発祥かと思っていましたが、名前はタレカツって使っていませんが同じようなものが存在しているようです。
カツ丼800円、タルタルカツ丼900円です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

永井食堂

永井食堂

“群馬を食べる”第一弾は、群馬県渋川市(旧子持村)の「永井食堂」です。
もつ煮で知られる渋川・みなかみ地区の代表選手的お店です。
国道17号線を南下(上り)すると出入り車注意の看板が見えてきます。

永井食堂

国道駐車帯の脇にお店があります。
営業時間は、平日9:30~20:00、土曜9:30~14:00、土曜(販売のみ)14:00~18:00、日祝(販売のみ)10:00~18:00となっています。普通に観光で食べようとしたら、土曜日の~14:00で食べるしかないのですが、寝坊助にはキツイです。法師温泉もそこそこに切り上げて移動してきました。
お店は、幅の広いカウンター席だけのお店です。カウンター席の後は、人が通れるほどに広さもありませんが、どこからでも出入出来そうになっています。13時30分過ぎに着きました。今日の時間に厳しい移動は終了の予定です。前に10人並んでいます。8分程待って席座れました。その間に、おみやげのもつっ子なる3人前(1.2kg、1070円)のもつ煮を購入する人が途切れない状況です。2~4袋(3人前/袋:1070円)購入する人が多く、今回の最高は10袋でした。

永井食堂 メニュー

定番メニューと日替わりメニューもあります。毎日のように利用している人ならともかく、観光で食べに来た人は、もつ煮定食(590円)かもつ煮定食(もつ大:770円)です。今日は、みんなもつ煮定食でした。女性には『ご飯多めになっていますが大丈夫ですか?』と聞いています。女性は『少なめで!』と答えています。年配男性にも聞いています。年配男性は『普通で!』と答えていますが、ご飯を残す人多いです。年配男性って人の話し聞かない、周りの状況を見ない人が多いです。ああいう風になりたくない。ラーメン320円もネットの情報だと値段が安いけどまともで、麺の硬さを聞かれるらしい。いつか食べてみたいものですと思いながらもつ煮定食(もつ大)にしました。おねーさんからおばちゃん(30代~50代)かな、10人ぐらいの店員がカウンター席の対応や厨房などテキパキと動いています。30秒とかかっていないんじゃないでしょうか?気分的には吉野家の半分から1/3くらいの時間で出来てきます。

永井食堂 もつ煮定食(もつ大)

ご飯ともつ煮、味噌汁、沢庵、薬味のねぎの組み合わせです。もうひとつ小鉢が欲しいような気もします。日替わりメニューのサラダ(100円から150円くらい)なんか加えても良かったような気がします。ねぎも少しずつのせ、七味唐辛子をかけて食べます。

永井食堂 もつ煮定食(もつ大) もつ煮

軟らかくて美味しいもつ煮です。味付けがいいですね。ご飯では、普通のおかずよりも薄味ですが、十分ご飯が進むしょっぱさがあります。お酒のつまみにもしょっぱ過ぎないようなバランスの良い味付けです。軟らかなもつに反してコンニャクは、しっかり歯応えがあります。おみやげのもつっ子は、胡麻が効いてトロッとした感じがありましすが、お店のもつ煮は、もう少しさっぱりしています。
美味しくいただきました。群馬のもつ煮は最高!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

法師温泉

法師温泉 長寿館

群馬県みなかみ町の「法師温泉 長寿館」です。
国鉄時代、上原謙と高峰三枝子がモデルとなったフルムーンポスターの舞台になった温泉です。建物や大浴場の鄙びた雰囲気好きで行きたいと思っていた温泉です。しかし、立寄入浴が受付時間10:30~13:30(利用は14:00まで)でいい加減な時間で動いているものにとっては厳しいものでした。今日は、FM PORTセーフティドライブキャンペーン後の移動ということで余裕ですが、次もあるので高速での移動にしました。外観、屋内とも歴史を感じる趣があります。温泉は、法師乃湯(混浴)、長寿乃湯(ご婦人風呂)、玉城乃湯(野天、男女時間交代制)とありますが、立寄入浴は、法師乃湯(混浴)、長寿乃湯(ご婦人風呂)が利用できます。館内や脱衣所などは歴史を感じる風情あるものです。

法師温泉 長寿館 法師乃湯
法師温泉長寿館のホームページより

大浴場「法師乃湯」です。建築されてから100年以上経っている浴槽だそうです。いい感じですが、写真で見るよりも狭く感じます。お風呂の下に敷き詰めた玉石の間からポコポコと自然に湧出する温泉により4つの浴槽は微妙に温度が違います。温めです。7~8人の入浴していますが、のんびりゆっくりしています。トドの日向ぼっこみたいです。
泉質は、カルシウム-ナトリウム-硫酸塩温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)で、無色透明、無味無臭です。浴槽のほかに何もないと思って行った方が良いです。カランやシャワーがないので、石鹸類も使えるような雰囲気じゃないです。
入浴料が短い時間ですが1000円です。400~500円が妥当な線だと思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FM PORT セーフティドライブキャンペーン

FM PORT セーフティドライブキャンペーン

今月のFM PORTセーフティドライブキャンペーンは、国道17号線道の駅「ちぢみの里」での開催です。
ステッカー配布は、タカハシカナコさんと遠藤麻理さんです。豪華!
一般道で行こうと思っていたのですが、昨日の記事を書き込んでいたら時間がなくなり高速道路利用で移動。10時前に着きました。ステッカー配布前に付いたのは始めででしょうか?

FM PORT セーフティドライブキャンペーン ステッカー

いただいたステッカーです。
今日は、やや先を急ぐ旅。“GOOD MORNING PORT CITY Saturday”の中継はラジオで聞くことにして移動します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.19

じじ&ばば

じじ&ばば 海鮮野菜ラーメン

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
今週は、事務所の模様替えってことで就業時間終了で事務所を追い出されてしまいました。年度末で残業や休日出勤でなんとかと乗り切ろうと思っていましたが、金曜残業、3連休が使えなくなるのでどうなることやら…。で、片付いた仕事の打ち上げを急遽行うことになり居酒屋で一杯いただき、帰ろうかと思いましたがじじ&ばばの新作も気になりお腹の空いた人達でお邪魔しました。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。少し街も賑わっていますが、じじ&ばばも程好く賑わっています。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加え人気のマーボーメンや胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。最近は、マーボーメンに加え担々麺も人気のようです。本日のお勧めの書かれたホワイトボードを見るます。限定で高菜ラーメンと新作の海鮮野菜ラーメンがあります。即、オーダです。
程好い混み具合も食べている人が多くすぐに作ってもらえました。
チャンポンも得意なマスターが、ラーメンの麺で実現したチャンポン風ラーメンです。
麺は、他のラーメンでも使用している太麺を使用しています。いつもより縮れが強いような気もしましたがたしかにそうです。旨みのある麺がスープに合います。
スープは、チャンポンそのものスープです。野菜の旨みと海鮮の旨みが優しく程好い塩加減のスープに仕上がっています。チャンポンのスープは好きです。チャンポンはラーメンかな?って思うことがありましたが、これなら間違いなくラーメンです。
トッピングといっていいのでしょうか?キャベツ、もやし、筍などの野菜に、エビ、ホタテなどの海鮮、蒲鉾や薩摩揚げなども加わっています。みんないい味出してくれてます。
さすが!チャンポンも得意というマスターの味は確かでした。ちょっとお腹一杯になっちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天辛

天辛新大前店 げそ天辛味噌らーめん(大盛)

新潟市の「げそ天らーめん 天辛 新大前店」です。
西大通り(旧国道116号線)沿い新大入口交差点にあります。
山形ラーメンのお店で、駅南に次いで2店目です。っていっても同じ敷地には炉ばたダイニングぽれぽれと鯛焼きの鯛夢があります。キタカタグループのお店ばかりです。一龍、無尽蔵、蔵とラーメン店を展開してきたキタカタグループが、大安食堂や天辛など名の知れた各地のラーメン店の展開をしているようです。オープンして少し経ちますがようやくお邪魔できました。新大前店は駐車場があるので車利用には助かります。
お店は、右側に厨房があり、左側中央に配膳用通路があります。通路の奥と手前にカウンター席、そのカウンター席の手前・左側・奥がテーブル席になってあます。最近のラーメン屋さんですがファミレスの雰囲気もあります。12時10分過ぎに着きましたが、半分くらいのお客さん入りでしょうか。
メニューは、醤油、辛味噌、塩、つけめんとそれらにげそ天やチャーシューなどのトッピングを加えたものがあります。げそ天は山形でよく食べられているものですが、ラーメンのトッピングはあまり聞きません。新潟にも村上市の玉寿し食堂に天ぷらラーメンがあります。玉寿し食堂はイカの身の天ぷらです。お腹も空いています。このお店の一番標準的であろうげそ天辛味噌らーめんの大盛りにしました。
40席くらいあろうお店ですが、厨房はあじさん1人、フロアは女性1人でこなしています。こりゃ時間がかかるかなと思いましたが、どうしてどうして普通の待ちで出来てきました。仕込みがかなりのところまでされているのでしょうか。
みそスープとげそ天が美味しそうです。中央に盛り付けられた辛味も楽しみです。
麺は、普通の太さの縮れですが、少しだけ平打ちっぽい感じの好みの麺です。
スープは、まず辛味を混ぜずにいただいてみます。白味噌仕立ての優しい感じのものです。味噌の美味しさも味わえますが、もうひとつパンチが欲しいところです。辛味を混ぜてみます。結構しっかりした辛味があります。優しかったスープが、きりりとします。
トッピングは、キャベツともやしのゆで野菜、チャーシュー、メンマ、鳴門、それとげそ天です。げそ天もさすがに考えてトッピングしただろうことはあります。すこし硬く、噛み切ろうとしたとき衣が剥がれ中のゲソが唇に。熱々で唇の皮が剥がれ、腫上がっちゃいました。揚げたてのげそ天は、メッチャ熱いです。
醤油らーめんと塩らーめんが580円、辛味噌らーめんが600円、げそ天がプラス150円です。大盛もプラス130円です。げそ天といってもイカのお刺身などで捨てていた部分を使用していますからキタカタグループとしてはもう少しお安く提供してもらえるとありがたいです。げそ天辛味噌らーめん(大盛)で880円は、半ライスも付くのでまあまあいい線かなと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.03.18

八珍亭

八珍亭 特製みそチャーシューメン

新潟市(旧巻町)の「味の 八珍亭」です。
新潟寺泊線沿いにあります。お店の前と少し離れた場所2箇所に駐車場があります。
お店は、左奥に厨房、厨房手前にカウンター席、中央が小上がりというか大広間というか広いスペース、その手前にテーブル席、右側に個室の座敷があります。とても広いお店は、定食屋さんのような雰囲気です。お昼時間もど真ん中ですが、空席がポツリポツリとあります。小上がりに空きがあり座りました。
メニューは、麺類と定食などいろいろあります。ドリンクバーまであります。麺類は、醤油と味噌を中心に中華系まで、こちらもいろいろあります。カレーラーメンも追加されたようでありますが、スープカレーのようなカレーラーメンが好きじゃないので他の人の食べるのを見てからにします。今日はお腹が空いてガッツリ食べたいので特製みそチャーシューメンにしました。
混んでいても早い出来上がりですが、そんなに混んでなくても同じくらいの待ちで出来てきました。
どんな感じでチャーシューが盛り付けられてくるかなと思って楽しみにしていましたが、器の中央に一列に盛り付けられています。あまり見かけない盛り付けです。硬めにゆでられた麺なのでのんびり食べれます。野菜炒めを食べて麺を取り出せるようにして麺を食べます。
麺は、太い縮れの強く硬めにゆでられています。好みのタイプではありませんが、時間をおくと美味しい好みの麺になります。最近はこの手の麺がだんだん好きになって来ているような気がします。
スープは味噌の濃厚なものですが、油が少なくて意外とさらさらしたものです。濃厚なので太い麺や野菜を美味しくしていただけます。とてもバランスが取れています。
トッピングは、脂身の多いチャーシュー4枚、たっぷりのキャベツともやしにきくらげを炒めたものです。チャーシューをそのまま食べてみるとラードの塊を食べているような脂の多さです。残りのチャーシューをスープに沈めますがスープの温度もそんなに高くないので脂の多さが気になります。炒め物は、炒め具合とスープとの絡みも良く、これ自体がひとつのお料理といっていいくらいのものです。
なかなか楽しめました。特製みそラーメンが好きなんで780円でまあまあかなと思っていましたが、特製みそチャーシューメンが200円UPで980円です。チャーシューの好みでしょうが、ちょっと割り高に思えてしまう特製みそチャーシューメンでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.17

じじ&ばば

じじ&ばば 高菜ラーメン

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
年度末が近くなりウィークディも仕事で遅くなりました。タクシーで帰るのならと夕食をいただきにお邪魔しました。送別会シーズンなのでしょうか、少し街が賑わっています。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。街が賑わっていたので混んでいるかと思いましたが空いています。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加え人気のマーボーメンや胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。最近は、マーボーメンに加え担々麺も人気のようです。お通しをつまみにビールを飲んで、平日なので早々に引き上げます。〆にラーメンを食べようととりあえず本日のお勧めの書かれたホワイトボードを見るます。限定で高菜ラーメンがあるじゃないですか。食べたいと思っていました。久々に高菜ラーメンです。
美味しい高菜付けが入らないと作れないと言っていたので期待します。空いていたので早く出来てきました。
高菜が美味しそうな色しています。
麺は、細く縮れた歯応えの良い麺です。本当に好みの麺です。
スープは、塩味です。高菜漬けからくるしょっぱさを考慮して少し薄味になっています。高菜や麺と一緒に口に運ぶとバランスの良さが解ります。
トッピングは、高菜漬け、チャーシュー、メンマです。高菜漬けは、油揚げと炒められています。好き嫌いのある食材かも知れません。鷹の爪の辛さもいい感じです。
美味しい和食の技を見せてもらったような高菜ラーメンでした。
今週の金曜日に新作ラーメンが出るらしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福助

福助 味噌チャーシューメン

村上市(旧朝日村)の「お食事処 福助食堂」です。
村上市朝日支所(旧朝日村役場)前にあります。
このお店は今まで2回来て味噌ラーメンと五目中華をいただきました。どちらもお手頃で美味しかったので、またお邪魔しました。
お店は、左側に入口があり、入ると真っ直ぐな廊下があります。手前右側の戸を開けると食堂になります。奥に厨房、手前にテーブル席、さらに手前と右側には広々した小上がりがあります。午後12時30分過ぎに着きましが他に1組のお客さんがいるだけです。
メニューは、定食・丼物と麺類があります。一品料理や酒類も充実していて飲みも楽しめそうなお店です。麺類は、味噌と中華そば、それらに五目やチャーシューを絡ませたものがあります。おにぎりや半チャーハンなどと麺類を組み合わせたセットもあります。味噌ラーメンが美味しかったので奮発して味噌チャーシューメンにしました。
4人でお邪魔したんですが、みんなほぼバラバラなものをオーダしました。出来上がりに時間がかかるかなと思いましたが、まあまあ早く出来てきました。
白い器に味噌らしい色のスープ、中央にチャーシューとコーンが盛り付けられてます。
麺は、普通の太さの縮れです。触感のいい麺です。味噌ラーメンといえば太い麺が多いのですが、普通の太さの麺が好きです。
スープは、赤味噌2段仕込みとのことですが良く解りません。サラサラした赤味噌の味がしっかりしたスープです。味噌の使い方が上手いのもあるでしょうが、基の味噌がかなり美味しそうです。
トッピングは、もやしと人参と豚肉の炒め物、チャーシュー、コーンです。キャベツが好きなんで炒め物に加えて欲しいです。チャーシューは、程良い歯応えと脂身の適度な混じりがあり、しっかりしたしょっぱさもあります。
しっかりバランスの取れた美味しい味噌チャーシューメンです。味噌ラーメンが600円で、味噌チャーシューメンが750円となかなかリーズナブルです。ありがたい一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.16

東光

東光 味噌らーめん

新潟市(旧豊栄市)の「ラーメンの店 東光」です。
北区役所(旧豊栄市役所)近く葛塚の市が立つ通りにあります。
新潟県内の味噌ラーメンを語る場合、こまどり、東横と並んで必ず名前が出てくるお店です。以前いつ食べたのかを忘れる頃にお邪魔することの多いお店です。近くまで来るとお昼前後は路上駐車の車で場所が判ります。
お店は、小さめで左側にお店に対して広めの厨房があり、中央にカウンター席、右側に小上がりがあります。なかなか古く庶民のラーメン屋さんといった雰囲気です。午後1時過ぎに着きましたが、今回も混んでます。小上がりに相席でなんとか座れました。
メニューは、味噌らーめんがメインで醤油と塩とワンタンメンなどもあります。久々ですからいつもどおり味噌らーめんにしました。
その後もお客さんが来ます。帰るお客さんと入れ替わりで上手くみんな座れるような状態が続いています。
そこそこ混んでいるのである程度の待ちはあるだろうと思っていたら、全然早く出来てきました。
野菜たっぷりの味噌らーめんです。オーダするときに野菜味噌らーめんがないか探しましたがありませんでした。味噌らーめんの野菜の量を見るとあえて野菜味噌らーめんというメニューがなくてもいいことが判ります。
麺は、太めの縮れ強いもので、やや硬めにゆでられています。もう少し硬いと苦手な麺になりますが違和感を感じることもなく美味しくいただけます。
スープは、味噌ラーメンですがサラサラしたあっさりスープです。お味噌汁のようなサラサラです。こんなサラサラしたスープですが、合わせの赤味噌寄りの旨味がしっかりしています。
トッピングは、キャベツ・もやし・きくらげ・挽肉の炒め物です。きくらげの入った炒め物は多くのお店で見かけますが、これほどしっかりした量のきくらげが入ったお店は珍しいでしょう。
サラサラしたあっさり風ですが、味噌の味をしっかり楽しめました。味噌らーめんは、700円と妥当な線かなと思います。コッテリも可能なようなので今度食べてみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.15

大國

大國吉田店 麻婆豆腐ラーメン

燕市(旧吉田町)の「ラーメン大國 吉田店」です。
国道116号線春日町交差点から北陸道三条燕インター方向に向かった先にあります。
お店は、右側に厨房、中央から左側の真ん中に大きな向かい合わせで仕切りのあるテーブルを使ったカウンター席、奥と左側にテーブル席、手前に小上がりがあります。最近のラーメン屋さんの雰囲気です。午後1時頃に着きました。7割程度のお客さんの入りでしょうか。カウンター席に座りました。
メニューは、ラーメン、味噌ラーメン、担々麺、つけめんとそれらにトッピングを加えたもの、定食があります。定食は、ラーメンとのセットが多くあります。壁にもいろいろ貼紙があります。期間限定で麻婆豆腐ラーメンとこってりチャーシューまみれ麺があります。期間限定って言葉に弱いです。麻婆豆腐ラーメンにしました。店員に注文を伝えると店員は厨房に向かって『麻婆麺』と伝えます。ならメニューも麻婆麺でいいんじゃないと思うのですが…。
有線放送でしょうか。J―POPがいいボリュームで流れています。たまにムードミュージックっぽい曲が混じります。飲みに行きたくなります。
混んでもいないのですが出来上がりか遅いです。オープン当時は、混んでいても早かったのですが、応援とかの効果だったのでしょうか。オーダして25分近くかかって出来てきました。
濃いめの麻婆豆腐が好みっぽく美味しそうです。
麺は、自家製中華麺と看板にあるんでそうでしょう。やや細の縮れで硬めにゆでられています。最初は袋入りインスタントラーメンの麺をかたゆでしたかと思うような麺です。食べ易く好きな麺です。
スープは、醤油と塩のバランスが良いもので、でしゃばった主張するものもないバランスの良いものです。麻婆豆腐と一緒だからと特に薄味にはしていないようです。
トッピングは、麻婆豆腐、その中央にねぎがあり、その上に糸唐辛子がのってます。麻婆豆腐は、絹ごしの軟らかいお豆腐で、中華料理店のような味付けです。甘さちょっと控えめで、豆板醤が効いているため適度な辛さがあります。豆板醤独特のしょっぱい印象のスープで、一般的な麻婆麺よりしっかりしたしょっぱさがあります。
なかなか好きなタイプの麻婆麺です。通常の大國ラーメンが600円で、この麻婆豆腐ラーメンが850円です。麻婆豆腐の量も多いってほどでもないので、250円UPはちょっとお高いかな。750円ぐらいならいいのにと思える1杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.13

にいがた酒の陣

今年もやって参りました「にいがた酒の陣」。
会場は、新潟市中央区万代島の朱鷺メッセです。
例年は万代シティまでバスで行き万代シティから歩いていますが、今年は寒いので新潟駅からバスで向かうことにしました。しかし、新潟駅前からバスに乗ろうとしたら長蛇の列です。バスも増便しているようです。他の人の会話が聞こえてきますが関東から新幹線でやって来た人が多いです。午前11時過ぎになんとか朱鷺メッセに着きました。

にいがた酒の陣 エントランス

前売り券を持っている人のだろう列らしきを進むと会場の入口でリストバンドを巻いてくれます。二日間有効、腕から外すと無効、再発行しないと説明書きがあります。飲ん兵はお風呂に入らないか、と思ったら濡れても大丈夫だそうです。でも、なんかちょっと面倒な方式です。

にいがた酒の陣 会場

2階のエントランスからウェーブマーケットに降ります。初日の午前ですがもう凄い人です。会場エスカレータが止められています。階段を下りていきますが、下が混んでいてエスカレータを使える状況でないのが分かります。

にいがた酒の陣 総合案内・お猪口引換所

ウェーブマーケットを下りたところに2ヶ所の総合案内・お猪口引換所があり、そこで試飲券と引き替えにお猪口と仕込み水をもらいます。本当に2日目はリストバンドしか残らないようになりました。

にいがた酒の陣 越淡麗バー

2ヶ所の総合案内・お猪口引換所の間を通ると越淡麗バーです。お酒が飲んでくださいと並んでいます。飲み屋じゃなくバーって言葉に合うような雰囲気です。混んでますが…。一覧表が貼り出されていますが、すでに品切れとなっているものもあります。準備が間に合わなかったのでしょうか?
例年ならここから飲み出すところですが、ステージイベントを観たいのでステージ前に行きます。ステージ前の椅子に座れました。ラジオの公開放送や食べ物のコンテストのランキング発表などをいろいろやっています。音響が…もう少しいい機材使って欲しいです。

にいがた酒の陣 公開録音

そしていよいよ公開録音が近付いてきます。スタッフが、撮影録音禁止と書かれたカードを持って見張り出しました。写真撮影が出来るんなら一眼レフ持って来ようと思っていましたが無理だろうし、酔っ払って壊すともったいなくてコンパクトデジカメにして正解でした。ちょっと強面のスタッフが見ていますのような前説がありましたが、2人程悪役軍団並のお兄さんがその他のスタッフにトランシーバで支持を出しています。
ゲストは、鈴木亜美さんです。ASAYANのオーディションを15歳で優勝。小室哲哉氏プロデュースでのデビューなど当時の幼い可愛さが浮かんできます。可愛いデビュー当時を思わせるような衣装とクラブDJなどの話などです。
公開録音が終わり、そろそろ飲み始めましょうか。さて、さらっと見てオリジナルのお酒が見つけられません。2008年までは“にいがた酒の陣オリジナルの大吟醸酒”、2009年は“にいがた酒の陣オリジナル戦国武将の酒”がありました。総合案内に聞いてみると今年は何もないそうで残念です。

にいがた酒の陣 越淡麗バー一覧

まずは、越淡麗バーからスタートです。朱鷺メッセに到着して越淡麗バーに入場した時には2銘柄だった品切れ(写真左側)が24銘柄(写真右側)に増えています。それでも飲んでみようと思っていた塩川酒造(新潟市)の“願人・山廃純米吟醸生貯蔵原酒”はありました。越淡麗米を100%使用した山廃造りの純米吟醸酒です。

にいがた酒の陣 大洋盛

一般ブースは入口近くの大洋盛からスタートします。一番飲んでいるお酒でしょうか。料理の味を邪魔しないお酒です。〆張鶴、菅名岳、麒麟山、北雪と飲んでいきます。FM PORTのタウンクロッシング内“話はずんで 心はずんではずのみ”に出演している北雪酒造の羽豆社長の声もおりました。

にいがた酒の陣 やま信 村上牛牛すじ味噌煮込み
やま信 村上牛牛すじ味噌煮込み

にいがた酒の陣 やま信 村上牛手作りコロッケ
やま信 村上牛手作りコロッケ

結構お酒の回りが早いと思ったら朝から何も食べていませんでした。腹ごしらえです。「美食や やま信」の村上牛牛すじ味噌煮込み(500円)と村上牛手作りコロッケ(180円)をいただきました。村上牛牛すじ味噌煮込みは、このにいがた酒の陣のスペシャルメニューコンテストで第1位を獲得したメニューですが、第1位に相応しい美味しいものです。

にいがた酒の陣 和楽互尊

お腹に少し入れて再び飲み出します。和楽互尊、緑川、さむらい、鶴齢、峰の白梅、鶴亀を飲みました。出張者が大好きで新潟に来たとき買って帰る緑川正宗の燗酒も飲めました。さむらいのスパークリング大吟醸もいただけました。そろそろお腹も空いてきました。

にいがた酒の陣 タクシー待ち

会場内で食べれるものも少なくなってきたので、帰っても良いかなと思いましたがタクシーの回りは良いのですが待ちの列が長い状態です。

にいがた酒の陣 Bambi

万代島ビルディングで食べたいと思っていたラーメンを食べることにします。ときめきラーメン万代島でも良かったのですがエントランスからそのまますぐの「Cafe×Dining×Bar Bambi」です。信吉屋の暖簾がかかっていて、信吉屋の味を楽しめるのかと気になっていました。
ラーメンは1種類で、サイドメニューはミニ角煮丼、ミニカリカリ桜海老丼、ミニ温泉玉子ピリ辛ゴマダレ丼があります。ラーメン+ミニ角煮丼にしました。

にいがた酒の陣 Bambi ラーメン+ミニ角煮丼

麺は、信吉屋というより三吉屋に似た極細縮れ麺です。スープは、信吉屋のスープを少し一般的な醤油味にアレンジしたもののように感じました。トッピングは、歯応えのある中華そば風のチャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、鳴門です。いい感じでいただけました。ラーメン650円+ミニ丼100円でお腹もいっぱいになりましたがちょっと値段が高めでしょうか。

にいがた酒の陣 女子アナによるサケトーク

午後4時過ぎ、タクシーの待ちもまだ長いので会場に戻ると越淡麗バーは来たときと同じように2銘柄以外が飲めるようになっています。ステージイベントは女子アナによるサケトークをやっています。FM PORTは野沢直子さんです。

にいがた酒の陣 天領盃

にいがた酒の陣もここまでいたなら最後まで居ましょうかってことで飲みましょう。
空いてきて動きやすくなりました。天領盃、代々泉、菊水、長岡藩、越の初梅、天神囃子、能鷹、金鶴、笹祝、君の井、鮎正宗、松乃井、よしかわ杜氏、吉乃川、真野鶴、真陵、麒麟、加茂錦、今代司、萬寿鏡、霧の塔、かたふね、八海山、景虎、越の白雁といただきました。4月1日発売の菊水の紅と黄のリキュールも発売前ですがいただきました。吉乃川のほんわか酒もいただきました。吉乃川淡麗辛口清酒にしょうがとレモン汁を加え、隠し味にはちみつで辛味を抑えたお酒です。

にいがた酒の陣 竹徳かまぼこ

食べ物の残ったものが安く売っていたので食べます。竹徳かまぼこのエビワンタン揚げ(320円→160円)と南蛮甘エビしんじょう(320円)です。

にいがた酒の陣 さむらい梅酒

おみやげに購入しました。「さむらい 梅酒」です。
フラスコに似た容器が気に入って購入しました。600円です。
アンケート抽選でも当たって日本酒をいただきました。
やはり最後までタクシーの待ちは続いています。雨も降っていないようなので万代シティまで歩きバスで帰りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.03.12

じじ&ばば

じじ&ばば カレーラーメン

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
今週も仕事で遅くなってしまいました。金曜だけのレバ刺しで栄養補給です。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、その左側と手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。夜の8時頃から翌5時までの深夜型です。今週も街が賑わっていましたが、じじ&ばばも賑わっています。
街が賑わっていたけど今日もレバ刺し大丈夫だろうと思っていましたが、ママの『金曜日セット?』って言葉が出ません。無くなったのか心配で『レバ刺しある?』って聞くとありました。常連さんから今日はラーメンを食べるお客さんが適度に来て、ママがお酒を飲まずに頑張っているとのことでした。いつものノリじゃなかったようです。お通しと生ビール、レバ刺しをいただきました。
さて〆のラーメンです。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。お勧めが書かれたホワイトボードに今週も限定カレーラーメンがあります。即決でカレーラーメンをお願いしました。毎週でも食べられる好みのラーメンです。
彩を考えた盛り付けがいいですね。特にレタスがいい。食べれて彩りも楽しめて、この手の同系色になりがちな料理に効果大です。
麺は、細縮れの麺でシコシコした歯応えのよい麺です。カレーをいい具合に絡めてきてくれます。存在感のある太麺も好きですが、この細麺もいい仕事してくれます。
スープは、カレーの味を引き立てるよういつもより薄味でおとなしくしています。
トッピングは、カレーとメンマ、レタス、ねぎです。カレーラーメン用のカレーなので少し濃厚です。スープに負けずに麺に絡まってきます。いい味です。好きな家庭的なカレーの上出来なものです。豚肉も小さめで少し歯応えの良い角煮風で結構量が入っています。カレーラーメンに福神漬はどうかなと思っていましたが、メンマが代わっていい脇役を演じてくれます。
〆のラーメンよりもボリュームがあってあっさりではありませんが、美味しいものをいただきました。2週連続でいただきましたが、まだ食べたいと思わせる一杯です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

塩沢石打パーキングエリア

塩沢石打パーキングエリア 醤油ラーメン

南魚沼市(旧塩沢町)の関越自動車道上り線塩沢石打パーキングエリア内の軽食コーナーです。
時間がなくてパーキングエリアでの昼食になりました。パーキングエリアも食べ物に力を入れているところもあり、ちょっぴり期待してました。
メニューは、定食などのご飯もの、麺類、スナックなど普通のパーキングエリアのメニューです。でも、麺類をよく見るとラーメンは醤油ラーメンしかありません。おそばやうどんは種類を選べますがラーメンは選べません。で、醤油ラーメンにしました。
12時過ぎなのに全然混んでなかったのですぐに出来てきました。
ごく普通の想像したとおりのラーメンが出来てきました。
麺は、やや細の縮れで癖のない標準的な麺です。
スープは、醤油味のこれまた標準的なあっさり癖のないスープです。
トッピングは、歯応えのある中華そばっぽいチャーシュー2枚、メンマ、ゆで玉子半個、海苔、鳴門です。おそばやうどんと一緒のところで出来上がるのでセルフでねぎをたっぷり入れました。
標準的なラーメンでした。子供からお年寄りまで食べられる癖のないラーメンです。面白味はありませんが、下手な冒険したラーメンなんかよりまだいいかなって味です。まあいいんじゃないでしょうか。

塩沢石打パーキングエリア 舞茸そば

帰りに同じ塩沢石打パーキングエリアの今度は下り線です。やっぱあの昼食だけではお腹が空きました。舞茸そばがあったので食べてみました。まあまあ美味しいおそばに、舞茸の天ぷらです。天ぷらの舞茸が硬くて舞茸のサクッとくる歯応えはありません。500円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.11

きらら

Photo

東京は新橋の「九州大牟田ラーメン きらら 新橋店」です。
新橋駅から西方向の飲み屋さんがいっぱいある街中にあります。
九州のラーメンも博多(長浜)、熊本、鹿児島などが名の知れたご当地ラーメンがありますが、その他にもいろいろあります。大牟田ラーメンというのが初めて聞いたような気がします。ってことで食べてみることにしました。
お店は、奥に厨房、手前右側に壁に向かうカウンター席、左側にテーブル席があります。飲み屋街の中に似合った雰囲気のお店です。12時15分頃の到着ですが、かなり混んでいます。並ばずにギリギリの状態が続きます。
メニューは、醤油と塩、それらのこってりとあっさりが選べるようです。さらにトッピングの選択です。一番最初にばりこて醤油ラーメンがあります。それにしようと思いましたが、ばりこて醤油スペシャルやばりこて醤油チャーシューなどもあります。スペシャルが思ったほどの値段差がなかったのでばりこて醤油スペシャルにしました。麺は、硬めでお願いしました。
九州ラーメンの“ばり”ってバリカタなど強調する意味合いで“こて”はコッテリだろうからかなりのこってりを想像しながら待ちます。
替え玉をお願いするお客さんが多いです。替え玉優先でなかなか出来ていません。九州ラーメンは早く出来上がるという思いがあるのでかなり待って出来てきました。

きらら新橋店 ばりこて醤油スペシャル

器いっぱいのトッピングが豪華です。
麺は、細ストレートの九州ラーメンぽいものですが、表面がツルツルじゃなく少しザラついたものです。歯切れももうひとつです。
スープは、白濁色の豚骨で、九州ラーメンらしいものです。なかなかいいしょっぱさで好きな味です。油は多めでややこってりですが、ばりこての言葉で想像していたような凄いこってりではありません。
トッピングは、歯応えのある角煮のようなお肉2個(チャーシューだと思ったのですがチャーシューメンのチャーシューと違います)、太いメンマ、きくらげの細切り、海苔3枚、味玉などで量もしっかりあります。紅生姜や高菜、摺り胡麻などが自由に入れられるんでいろいろ入れて楽しみました。
それでもお腹が空いていたので、少し物足りない感じです。替え玉をバリカタでお願いしました。替え玉を食べてちょうどいい量でした。
まあまあ好きな味で、そこそこ楽しめました。ばりこて醤油ラーメンが750円で、そのスペシャルは950円とかなりお高いラーメンです。それに替え玉が100円ですから1050円の昼食になってしまいました。850円ぐらいがいい線かなと思えたんですが、家賃が高いのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.10

しぜん堂

しぜん堂

新潟市の「簡易中華そば屋 しぜん堂」です。
旧国道116号線沿い、文理高校前から槙尾方向へ向かった先にあります。
看板などがない黒っぽい民家風のラーメン屋さんで分かり難かったのですが、看板などが付いて分かりるようになりました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前右側と中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。普通の食堂の雰囲気です。12時30分過ぎに着きました。広いお店ですが、半分くらいお客さんの入りです。
メニューは、しょうゆ、みそ、しお、たんめん、つけめんとそれらにトッピングを加えたものがあります。でも一般的でない名前の付け方なので詳細は不明です。野菜入りのみそらあめん“びみそらあめん”と“なっとうみそらあめん”はすでに食べています。最初に書かれている“らあめん”は普通に理解できますが、次に書かれている“じゃんらあめん”がどんなものか解りません。店員に聞くと濃い口醤油を使用したスープのらあめんだそうです。濃い口醤油も嫌いじゃないんでどんなものかじゃんらあめんを食べてみることにしました。
テレビを見ながらのんびり待とうと思いましたが、今日もまた早く出来てきました。

しぜん堂 じゃんらあめん

濃い口醤油らしい色のスープがたっぷりです。
麺は、細麺の縮れで、モチモチ感の強い麺です。カップ麺なんか、特に生麺を使用したものにありそうな麺で、スープとの馴染みのなかなかいい麺です。
スープは、濃い醤油色で、見た目どおりの醤油の味がしっかり強めに効いたものです。しかし、普通よりもちょっとしょっぱいかなって程度で、見た目のようなしょっぱさはありません。油っ気がないすっきりしたものです。
トッピングは、チャーシュー3枚、メンマ、ほうれん草、海苔、ゆで玉子半個、鳴門が入っています。チャーシューは、分厚く歯応えがあります。味はスープに合うようにしたのか薄味で、適度な脂もあります。半チャーシューメンと言って良いようなボリュームです。
しっかりした醤油を楽しめ、半チャーシューメンのようなボリュームで600円です。充実したトッピングを考えるとワンコイン(500円)ラーメンに匹敵するようなコストパフォーマンスの良いラーメンでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.09

万勝

万勝 マヨねぎらーめん

新潟市の「らーめん 万勝」です。
新潟市東総合体育館の近く、住宅地の入口にあります。
過去に食べたことがありますが、いつだったか全然思い出せないほど前です。久々に食べてみようとお邪魔しました。12時30分過ぎですが混んでいます。駐車場は、1台分がちょうど空いています。
お店は、左側に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席、奥に小上がりがあります。中規模でそんなに新しくもないのですが、綺麗な清潔感のあるお店です。ほぼ満席ですがカウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、らーめん、万辛らーめん、みそらーめんとそれらにねぎやチャーシューのトッピングを加えたしたものがあります。中華そばもあります。らーめんにだけマヨねぎをトッピングしたマヨねぎらーめんがあります。中華そばがワンコイン(500円)で食べられます。中華そばも気になりますが、マヨネーズ好きなのでマヨねぎらーめんにしました。
着いた時には混んでましたが、食べ終わったお客さんが帰り、新たなお客さんが来ないので閑散としてきました。出来上がり待ちのお客さんも少なく早く出来てきました。
マヨネーズに和えられたねぎが太く見え、千切りキャベツをのせたようなラーメンです。
麺は、細縮れで適度にスープを吸っているのか食べ易く好きな麺です。
スープは、醤油豚骨メインですが魚介の風味も良くまろやかなものです。背脂が浮いていますがコッテリはしていません。どちらかというとあっさりです。麺との相性もなかなかいいスープです。
トッピングは、マヨねぎ、軟らかめのチャーシュー2枚、メンマ、味玉半個です。まずマヨねぎ単体で食べてみます。普通に美味しいです。麺と一緒に食べるとマヨヌードルを食べているようです。麺が細いから合うんでしょう。ねぎをスープに入れてみます。ねぎは湯通しされたものに、スープはさらにまろやかなものになります。
マヨネーズ、ねぎがお好きな方へはお勧めの一杯です。なかなか楽しませていただきましたが、マヨねぎらーめんは860円です。らーめんが660円とちょっとお高いので、それの200円UPも解りますが、ちょっとラーメンでもって感覚ではない、ご馳走領域のラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.08

青島

青島東掘 ラーメン(大盛)+ねぎ50+ほうれん草50

新潟市の「青島 東堀店」です。
東堀通り沿い、白山神社の近くにあります。
最近天気の悪い日が続いていましたが、ようやく天気が回復したので少し遠出して青島の東堀店で食べることにしました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席だけの小さなお店です。あまり飾り気のないラーメン屋さんらしいお店です。お昼の12時15分に着きました。外で4人の人が話をしています。待つしかないかと思ったら食べ終わって出てきた人達でした。お店の中はその後に来た人などでほぼ満席がずっと続きました。
お店の外に食券販売機があります。メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピング等の追加できます。好きな1種類のスープで勝負しているお店です。さらに好きなのが大盛りが50円アップと安いところです。お腹もだいぶ空いていたのでラーメン(大盛)+ほうれん草50円増し+刻みねぎ50円増しにしました。
普通の待ち時間で出来てくるものだろうと思っていましたが、結構早く出来上がってきました。小さいお店を2人でやっているので出来上がりが早く感じます。お客の回転が良さそうです。
ほうれん草と刻みねぎの濃淡の緑色が綺麗です。ラーメンに緑色って映えます。黒胡椒を挽きながら多めにかけていただきます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で、特徴のあるものではありませんが、ツルツル&モチモチ感と旨味と噛み応えの良いバランスの取れた美味しい麺です。西堀通店よりスープを良く吸っているように感じます。色も少し醤油色が強いように見えます。
スープは、醤油のしっかりした美味しさを生姜がきりりと引き締めてくれます。麺といっしょに食べるてもスープだけ飲んでも美味しいスープです。
トッピングは、旨味・硬さ・弾力も楽しめるチャーシュー、細く硬めのメンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、刻みねぎです。
空いたお腹も程良いボリュームです。野菜も取れて健康的になった気分で750円です。満足の1杯です。東堀店は外れがないので安心して食べることがお店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.07

はじめ亭

はじめ亭

三条市の「はじめ亭」です。
国道289号線の東三条跨線橋西詰の近く、住宅地の中にあります。
東京からの帰りはそのまま帰っても良いのですが、未食店の多い三条地区でお昼を食べて帰りたいと思います。以前にお店の前まで行ったのですが営業時間外で、今回初めて食べることになります。その時は「波之女」ってお店の名前でした変わっています。
お店は、右側に厨房、厨房向きと反対向きの背合わせのカウンター席の小さなお店です。奥に座敷があるようですが、どのように使用しているかは不明です。古くからのお店っていう雰囲気です。12時30分頃に着きました。お店には地元の親父さん3人がいて談笑しながらお酒を飲んでいます。カウンター席を背にして話しているので小さなお店を占領しているような状態です。
メニューは、ご飯ものや麺類があり、麺類は、ラーメン、塩、チャーシューメン、みそラーメン、タンメン、もやしラーメン、カレーラーメン、担担めん、岩のりラーメン、つけめんなど揃っています。最初なんでラーメンにしました。
親父さんたちは、一般的な世間話をしています。同じ趣味とかで一緒に飲んでるかと思たったら違うようです。テレビもあるのでそちらを見ながら待ちます。燕三条系の太い麺なら時間がかかるだろうと思っていましたが早く出来てきました。

はじめ亭 ラーメン

見た目、醤油味風のシンプルなラーメンです。
麺は、普通の太さの縮れで少しコシの強い麺です。
スープは、醤油味らしい色で、やや薄味のあっさりしたものです。ダシが効いていてなかなかいい感じでいただけます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔です。歯応えの程良いチャーシューは2枚入っていて、少ししょっぱめになっています。ラーメンのスープがやや薄味なので、ご飯とお新香のような感じでいただきます。
燕三条地区のラーメンなので背脂系かと思っていましたが、あっさり系のラーメンもありました。500円(ワンコイン)でこれだけバランスの良いラーメンを食べられることはありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やきいもソフトクリーム

二代目海老そばけいすけで海老そばを食べて帰路に着きます。
国道17号線を戻ります。途中伊勢崎インターから北関東自動車道~関越自動車道と走り駒井パーキングエリアでひと休みです。瞬き1回するのに2時間ぐらいかかったようで、スキー客の車が増えた騒がしさで目覚めました。

関越自動車道 事故渋滞

その後走りだすものの沼田インター近くの事故渋滞、

関越自動車道 チェーン規制

土樽パーキングエリアからのチェーン規制、

関越自動車道 雪

土樽パーキングエリアから小千谷インターまでの道路上の雪です。シャーベット状の雪などがあり大幅に時間がかかってしまいました。途中、越後川口サービルエリアに寄りました。やきいもソフトクリームなるものを発見、即食します。

越後川口SA(下) やきいもソフトクリーム

確かにやきいもの味。やきいもあんまり好きな食べ物じゃなかった。300円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二代目海老そばけいすけ

日本橋

国道17号線をもう少し走ってみようかと走っていたら日本橋に着いちゃいました。

二代目海老そばけいすけ

東京都は高田馬場の「二代目海老そば けいすけ」です。
JR高田馬場駅近くにあります 。
夕食を取りたくなりましたが、目的のお店がある訳でもなく、行ったことのない高田馬場エリアにしました。高田馬場駅近くのコイン駐車場に車を停め、周囲を散策しました。一番賑わっていたので二代目海老そばけいすけにしました。二代目海老そばけいすけは品達ですでに食べていますが、お店が変われば味も変わることも良くあるので、新しいお店のつもりで食べます。
お店は、間口が狭く奥行きがあります。右側に厨房、左側にカウンター席だけの小さめのお店です、白と黒を基調としたお洒落なお店です。女性ボーカルのジャズが流れています。午前1時30分ですがそこそこお客さんがいます。
お店を入ったところに食券販売機があります。メニューは、海老そば、海老みそそば、海老つけそばがあります。つけそばが人気のようです。食べているお客さんが多いようです。大盛とライスがサービスになっています。海老そば(大盛)にしました。
すぐに作り始めてもらってまあまあ早い時間で出来てきました。

二代目海老そばけいすけ 海老そば

嫌いな手前の縁の低い器です。食べ易いとも思わないし、お客さんが安心感も持てないと思っているのですが、なんでこのような器を使用するんだろう。
麺は、普通の太さのストレート麺です。ややコシの良い麺です。乾麺の細いうどんを食べているような感触です。
スープは、醤油味ですが白醤油を使用しているとのことで色もあっさりそうに見えます。醤油の味を前面に出さずに海老のダシでまろやかに仕上がっています。
トッピングは、鶏チャーシュー、山くらげ、水菜、糸唐辛子、海老ワンタンが入っています。彩りも良く充実しています。
結構いろいろ試行錯誤で出来たラーメンなんでしょう。そんな感じがします。安くはありませんが充実したトッピングなんでこんなところでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.06

奥平温泉 遊神館

遊神館

群馬県みなかみ町営の温泉施設「奥平温泉 遊神館」です。
美味ん坊で塩沢の人は、どこの温泉がお勧めか聞いたところ「石打ユングパルナス」が露天風呂などが充実して良いとのことで訪ねてみました。石打ユングパルナスについて玄関に行ったら、日帰り温泉の利用が24時間出来るっていうこと良かったのですが、900円と少し高めです。そこまでは耐えられましたが、スキーから帰ってきたお客さんが玄関やロビーから溢れそうになっています。これはちょっと遠慮させていただきます。
で、国道17号線を南下します。本日の目的は、湯沢温泉雪まつりで花火大会を楽しみしてましたが雨が止みそうもないので諦めて南下します。三国峠を超えると雨も止んでます。猿ヶ京の温泉センターでも入って帰ろうかと思いましたが、受付終了時間が早いため間に合いませんでした。同じみなかみ町の「奥平温泉 遊神館」にしました。
遊神館は、水上町と新治村、月夜野町など温泉地が数多い3町村が合併した町営の温泉施設なので多少期待して来ました。
利用料金が、3時間利用、5時間利用、1日利用で違います。3時間利用通常550円の利用料金が夜間(午後5時過ぎ)は、450円になります。
フロントは、そんなに堅苦しさのない良い意味で田舎のの雰囲気です。館内は広々しており、日帰り客用の大広間も物凄く広々しています。
脱衣所は、好きなロッカーを使用できます。扉裏に100円硬貨を入れるものです。
浴室は、広さもありますが開放感のあるものです。大きな浴槽とジェットとバブルの浴槽があります。他にレシチンの浴槽、サウナ&水風呂もあります。ボディソープ、シャンプー、リンスが用意されています。
露天風呂は、石造りのもので庭園風呂です。
泉質は、アルカリ性単純温泉です。無色透明、無味無臭です。PH8.55ですがアルカリ性温泉のヌルッとした感じはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美味ん坊

美味ん坊

南魚沼市(旧塩沢町)の「御食事処 美味ん坊」です。
「四川飯店」初代・陳建民の愛弟子である久田大吉を師と仰ぎ、10年程ホテルの料理長も勤めたという店主が作る手頃な四川料理が評判のお店です。
一度訪ねたのですが、時間外でアウト。今回リベンジでです。
新潟市内での中越まるごとじまんいち、日本ボケ展、南区雪割草展を食べて見て、時間もあったので国道8号線、国道17号線経由で17時30分頃に着きました。
お店は、右側に厨房、その中央と左側は連続した小上がり風になっています。中央辺りは厨房を向いた掘りごたつ風のにカウンター席になっています。居酒屋であるパターンです。カウンターがやや高いのか?丸太の輪切りの上に座布団を敷いて座ります。他にお客さんはいません。
メニューは、麺類、飯類、一品料理まで中華系を中心に揃っています。麺類よりも一杯やりたくなるメニューです。四川料理だったらマーボー丼といきたいところですが、やっぱ麺類でしょと思いマーボーメンにしました。
中華鍋2つに火が入って、ひとつは麺をゆでるお湯が、もうひとつは麻婆豆腐を作る準備がされます。鍋が温まるまでに豆腐などの素材の準備が終わり、温まった鍋で麻婆豆腐を作り始めます。頃合を見計って麺をゆで、スープを用意して、マーボーメンじゃなくラーメンを注文したかのような待ちで出来てきました。

美味ん坊 マーボーメン

美味しそうな色合いです。
麺はやや細の縮れで、結構コシのある麺です。熱々の麻婆豆腐を食べている間にも伸びることもなく最後まで美味しくいただけます。
スープは、癖のない中華系のスープですが、後味がなんか良いものが残ります。
麻婆豆腐は、新潟四川飯店の珍健一の麻婆豆腐のような山椒の効いたものを想像していましたが、見た目で違うことは判りました。食べてみると薄味でしょっぱさが足りません。辛さは結構あります。ただ、最初感じた薄味が食べてるうちにだんだん慣れてきます。ふだん食べ慣れている麻婆豆腐と違うだけです。しょっぱさや甘さは多少控えめですが旨みがしっかり伝わってきます。
すべて食べ終わったときの後味がいいです。何かの味が口の中に残るってことがありません。食べ終わって気持ち良いっていいです。マーボーメン???あれ???750円だったかな?今度、他のものも食べてみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第2回南区雪割草展

第2回南区雪割草展

新潟市(旧白根市)の白根学習館ラスペックホールで開催された「第2回 南区雪割草展」を見に行きました。
柏崎市の大崎雪割草の里の近くを何度も通っているので、新潟県内に雪割草が群生していて好きな人が多そうなのも判っていましたが実際に花を見たことがないので行ってみました。

第2回南区雪割草展 花

会場に入ってすぐのところに花を水に浮かべられたものがあります。洗面器ぐらいの大きさの器に水が張られ、雪割草の花がいっぱい浮けべられています。

第2回南区雪割草展 細堀交配種標準花

第2回南区雪割草展 千重咲

雪割草もいろんな花の種類があります。直径2cmくらいの小さな花なんですね。
販売もしていますが、2本ぐらいの花が咲いていて1000円以下のものから10000円を超えるものまで値段の差がめっちゃ激しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ボケ展

日本ボケ展

新潟市(旧小須戸町)の花とみどりのシンボルゾーン内のうららこすどで開催された「第33回 日本ボケ展」を見に行ってきました。
主催が日本ボケ協会ということで、そんな全国的な展示会が新潟で開催されているのは凄いと思っっていました。機会があったら見たいと思っていました。そしたら全国ボケ生産量の80%が小須戸の生産とということなのです。日本ボケ協会も小須戸にあるのでしょうか?ただ、ボケの展示会は、全国でやっているところが他にもあるようです。

日本ボケ展 農林水産大臣賞

農林水産大臣賞に輝いた作品です。

日本ボケ展 日本ボケ協会長賞

日本ボケ協会長賞の作品です。

日本ボケ展 アップ

ボケの花って近くで見ると結構かわいい花です。
種類も多いです。
興味があってきたお客さんが多いようで、いっぱい買って帰る人が多いです。値段も1000円以下のものから3000円ぐらいまでのものが多いようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

震災復興 中越まるごとじまんいち

中越大震災被災地域の皆さんが、多くの方々の支援や地域間交流を通じて、元気を取り戻し人々との絆のもとに感謝の気持ちを広くアピールする『震災復興 中越まるごとじまんいち』が新潟市(旧黒埼町)の新潟ふるさと村で開催されました。
今日もお昼になり腹ごしらえに行ってみました。

中越まるごとじまんいち 牛太郎

新潟ふるさと村の入口では、角突き牛「牛太郎」がお出迎えです。
記念撮影が出来ます。
頭いっぱい撫でてあげました。

中越まるごとじまんいち 会場

アプローチ部分の屋外と屋内スペースで各種イベント、食べ物の販売、特産品の販売などが行われています。

中越まるごとじまんいち 田麦山自然塾「ぶっかけそば」

川口町の田麦山自然塾の「ぶっかけそば」です。温かいおそばを食べている人がほとんどですが、冷たいそばもらべれるとのことで食べてみました。大根おろしと冷たいおそばって憎いくらい合います。200円です。

中越まるごとじまんいち TERMしわざ「鯛飯」

中越まるごとじまんいち 三ヶ村いきいき館「きのこたっぷりけんちん汁」

上が柏崎市のTERMしわざの「鯛飯」です。おにぎりです。天然物の鯛を使って炊き上げた鯛飯です。凄く美味しいです。2個で400円です。下は十日町市の三ヶ村いきいき館の「きのこたっぷりけんちん汁」です。本当にきのこたっぷりです。200円です。屋内/屋外別々のブースで販売されていましたが集めていっしょにいただきました。
どれもとても美味しくいただきました。ご馳走様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.05

じじ&ばば

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
今週も仕事で遅くなってしまいました。金曜だけのレバ刺しで栄養補給です。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、その左側と手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。夜の8時頃から翌5時までの深夜型です。今日は街が賑わっていましたが、じじ&ばばもいつもよりお客さんが多いです。
街が賑わっていたし時間も遅かったのでレバ刺しがあるかどうかと思っていましたが、ママが『金曜日セット?』『ある?』『ラストだよ』『いただきます!』で注文完了です。良かった。お通しと生ビール、レバ刺しをいただきました。もう一品食べたいと思っていたら『豚肉とニンニクの芽の炒め物出来るけど食べる?』って、ニンニクの芽が好きなんで二つ返事でお願いしました。

じじ&ばば 豚肉とニンニクの芽の炒め物

彩りも良く、日本酒と一緒にいただきました。美味しい。さて〆のラーメンです。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。お勧めが書かれたホワイトボードに限定カレーラーメンがあります。即決でカレーラーメンをお願いしました。
カレーライス用に作ったカレーは、カレーラーメンに合わないこともあり断わられることもあります。今回のカレーラーメン用カレーはどんなんだろうと期待しちゃいます。

じじ&ばば カレーラーメン

彩を考えた盛り付けがいいですね。特にレタスがいい。食べれて彩りも楽しめて、この手の同系色になりがちな料理に効果大です。
麺は、細縮れの麺でシコシコした歯応えのよい麺です。カレーをいい具合に絡めてきてくれます。存在感のある太麺も好きですが、この細麺もいい仕事してくれます。
スープは、カレーの味を引き立てるよういつもより薄味でおとなしくしています。
トッピングは、カレーとメンマ、レタス、ねぎです。カレーラーメン用のカレーなので少し濃厚なのでしょうか?スープに溶けてもいい味が出ています。肉もカレーライス用よりも軟らかめでいい感じに仕上がっています。カレーライス用のカレーでカレーラーメンも美味しいと思っていましたが、さらに味わい深いものになっています。カレーラーメンに福神漬はどうかなと思っていましたが、メンマが代わっていい脇役を演じてくれます。
〆のラーメンよりもボリュームがあってあっさりではありませんが、いいものを食べたって感じです。いつまでやってるかわかりませんが、また食べたいと思わせる一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ペコペコ

燕市(旧吉田町)の「らーめん ペコペコ」です。
国道116号線の県立吉田病院東側交差点を病院側に入ってすぐにあります。
ペコペコは1度だけ食べたことがありますが、もう何年前のことだったか覚えていないほど前です。たぶん10年くらい前でしょうか。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前と左側に小上がりがあります。食堂のような居酒屋のような雰囲気のお店です。12時20分頃着きましたが混んでます。ほぼ満席状態です。カウンター席から帰るお客さんと入れ替わりで座れました。
メニューは、しょうゆラーメン、人気の白みそラーメン、白みそキムチ、赤みそラーメン、とんこつラーメンから中華系まで豊富なバリエーションがあります。前に食べた遠い頃からすべてのメニューが100円値上がりしてしていますが、昼ラーメン550円というのがあります。それも食べてみたいのですが人気の白みそラーメンとお腹も空いているのでヒレカツ丼もお願いしました。
混んでいるのに加え出来上がりを待っているお客さんも多く、しばらくかかるかなとゆったり待ちます。結構いろんなメニューが満遍なく出ているようです。『まもなく白みそラーメンも出来てきます。』と言いながらヒレカツ丼が先に出来てきました。ラーメンのスープを味噌汁代わりに食べたいので白みそラーメンの出来上がりを待ちます。

ペコペコ 白みそラーメン

あんまり時間差があるといやだなあと思っていましたが、すぐに白みそラーメンも出来てきました。思ったより早く出来きました。
白味噌仕立ての美味しそうなラーメンです。
麺は、太い縮れ麺です。味噌ラーメンの麺をだぞって、いかにも主張の強そうな麺もありますが、普通のラーメンの麺を太くしただけような麺でホッとしました。
スープは、白味噌仕立てのあっさりしたもので、白味噌の美味しさが上手く出ています。微糖です。甘さ控えめであっさり感がますます増して感じられます。
トッピングは、キャベツともやしなどの炒め物です。炒め具合が良く野菜の旨さを楽しめます。白みそラーメンのスープや麺に合う野菜炒めです。
白味噌をあっさりと味わえる熱々の白みそラーメンでした。750円は、妥当かな?少し高いような気もします。

ペコペコ ヒレカツ丼

ヒレカツ丼は、少し甘めのタレカツ丼です。タレカツ丼でカツが1枚は少し寂しいです。お新香付きで200円だからまあまあ良いでしょう。

ペコペコ コーヒー(サービス)

で、帰ろうと思ったらコーヒーのサービスもあります。ランチタイムだけなのかは解りませんが、コーヒーが付いたらちょっと得した気分です。でも、コーヒーってそんなに好きってほどじゃないんだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.03.04

忍 もやしらーめん

新潟市の「麺屋 忍」です。
大堀幹線から新潟西バイパス小針インターに向かってほんの少し先左側にあります。ラーメン店の多い通りです。
オープン当時に一度お邪魔して以来になります。
お店は左奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右奥に小上がり、その手前は広めの待ちスペースになっています。使い込んだ黒い木をイメージした落ち着いた雰囲気のお店です。12時15分に着きました。5~6割ぐらいのお客さんの入りでしょうか。空いています。
メニューは、らーめんとそれにトッピングを加えたもの、唯一細麺を使ったあっさりらーめん、辛みそらーめん、つけ麺などがあります。オーブン当時のみそらーめんのバリエーションはなくなっています。また、オープン当時と値段が変わっていません。頑張っているようです。ラーメンのバリエーションの中に中華あんかけと説明されたもやしらーめんがあります。それにしました。
その後もお客さんが極端に増えることもなく普通の待ち時間で出来てきました。
らーめんと同じ彩りの鮮やかな器のようです。飴色のもやしのあんかけがとても美味しそうです。
麺は、燕三条系らしい自家製麺らしい太く縮れの弱い麺です。やや硬めでコシというか歯応えのある麺です。
スープは、醤油色していてしょっぱそうですがちょうど良いしょっぱさです。醤油味のあっさりしたもので、煮干しダシの風味と旨味があります。背脂が軽く浮いていて少しまろやかさを与えてくれてます。
トッピングは、醤油味のもやしのあんかけです。もやし・人参・ピーマン・きくらげ・豚肉といろんな素材が使われています。味がいいですね。醤油味の旨味とちょっと強いかなと思う甘さがあります。
らーめんが600円で、もやしらーめんが700円です。100円UPでこれだけのあんかけが食べられるって凄く嬉しく感じました。他にもあんかけのメニューが増えればと期待しちゃいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.03

副虹

虹・副虹

今日は、雨が降ったり日が差したりしていました。
こんな日は、虹が見えます。
おお!綺麗な虹だと思って見たら二重の虹です。副虹も良く見えます。
主虹は、内側が青で外側が赤です。
副虹は、その逆になるとのことでしたが本当に逆になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

思い出

思い出 五目らーめん

新潟市(旧巻町)の「食堂 思い出」です。
巻駅前辺り巻支所の近くにあります。
カレーラーメンが美味しいとの情報をいただいて前回カレーラーメンをいただきました。キャベツ中心の美味しいカレーラーメンでした。今回は他のメニューも食べてみようと思いお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、左側に4人掛けのテーブル2卓だけの小さなお店です。古くからのお店の雰囲気です。12時45分頃に着きましたが、他にお客さんはいません。
メニューは、麺類、カレーなどの飯類、丼もの、うどんなどがあります。麺類は、食堂らしい品揃えでそんなに多くはありません。気になっていた五目らーめんにしました。
前回食べに来た時は土曜日のお昼前で、お客さんはいないのに一生懸命作っているし、電話は鳴りっぱなし…と出前の多いお店なのは解りましたが、平日の昼も遅い時間は暇そうです。セルフサービスのお漬け物をいただきながら待ちます。白菜の浅漬けと大根の漬け物です。白菜の浅漬けなんですが、ゆずが効いていて好きな味です。
壁に貼られた短冊風のメニューには五目らーめんと書かれていますが、別の壁には配るためのチラシのようなメニューが貼られていて五目中華と書かれています。さらにチラシには、塩・しょう油から味を選択できます。何も言わなかったときはどちらになるでしょうか?塩のタンメン風かなと思いつつ待ちます。早く出来てきました。
カレーラーメン同様普通の大きさの器の縁ギリギリまで盛られています。しょう油か塩かは、見るからに塩味って感じ色のスープです。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。あまり特徴のある麺ではありませんが、しっかりしたコシのある麺です。
スープは、黄色のような金色のような透き通った綺麗なスープです。カレー味って言っても信じてもらえそうな色です。塩味のあっさりしたもので、もうちょっとしょっぱくてもいいかなって少し薄味です。
トッピングは、やはりあんかけではありませんでした。ゆでたらしいキャベツ・ねぎ・人参・しいたけ・玉子、ほうれん草・歯応えのしっかりしたチャーシュー、浅漬かりのメンマです。五目もチャーシュやメンマがあると嬉しいです。
野菜たっぷりで健康的な五目らーめんでした。これで650円です。本当にありがたい値段です。派手さのない家庭的な味を楽しめました。大盛りが50円増しとこちらも安いのですが、大盛りを注文しなくちょうど良いボリュームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.03.02

滋魂

滋魂

新潟市の「らーめん 滋魂」です。
東地区河渡マーケットシティの先「めん屋 珍竹林」、その前は「らーめん万勝 松崎店」のあった場所にオープンしたお店です。
オープンしたというのは知っていましたが「らーめん処 潤」の姉妹店ということです。コッテリラーメンの潤の姉妹店ですから対応できるようコンディションを整えて挑戦しようと考えていたら遅くなっちゃいました。
ちょうど12時に着きました。小さめってこともありますが、この時間で駐車場がいっぱいです。少し待ちます。看板には「らーめん 滋魂」の他に“JUN ism”と書かれています。潤の魂を引き継いでいるとの宣言のように受け取りました。手強いです。少し待って帰るお客さんと入れ替わりで車を停め、お店の中へ入ります。入口を入ってすぐ3人くらい掛けられる椅子を置いた風除室があります。お店の中は、右側に厨房、中央にカウンター席、左手前にテーブル席、左側奥に小上がりがあります。珍竹林がオープンする時に内装に手を加えていたと思ったのですが、今風のきれいなお店のままです。しかし、ちょうど12時で満席です。風除室に戻り待ちます。風除室には燕三条背脂ラーメンの歴史が書かれた額があります。
燕市の町工場の職人が取る出前のラーメンを美味しく食べてもらおうと、時間をおいても冷めないように背脂を浮かべ、麺が伸び難いようにうどんのような太い麺を使用した。っていうのは知られていますが、それ以前から、当時多かった栄養失調の子供達を力づけたいということで捨てられていた背脂を使ったラーメンが考えられたようです。
なんて読んでいると食べ終わって帰るお客さんと入れ替わりで座れました。
メニューは、中華そばとそれにトッピングを加えたもの、野菜味噌らーめん、タンメン、つけめんなどがあります。多少コッテリ感の和らぐ岩のり中華にしました。
岩のり中華を待っている間にお客さんが増えてきます。風除室にも入りきれないほどです。出来上がりまで時間もかかるかなと思っていたら意外と早く出来てきました。

滋魂 岩のり中華

真っ白な器には“JUN ism”と書かれています。まずはお店の名前を入れた方が良いのではと思うのですが。醤油味のしっかりしてそうなスープ、器の真ん中には岩のりの山があります。
麺は、かなり太めの縮れ麺です。とてもツルツルしています。もう少し太ければ本当にうどんのような麺です。硬くゆでられると苦手な麺ですが、このゆで加減なら大丈夫です。
スープは、醤油味のしっかりしたもので醤油の味を楽しめるものです。しょっぱさは平気な方だと思っていますが、それ以上にしょっぱいです。背脂も適度に浮いていますが、浮いた背脂より多くの溶けた油が浮いているように感じます。かなりコッテリ感の強いスープです。ツルツルした太麺に合わせるとこうなるのでしょうか。
トッピングは、やや軟らかめのチャーシュー、歯応えのあるメンマが少し、微塵切りの玉ねぎが少し、それに岩のりです。岩のりと玉ねぎでコッテリ感を和らげ完食できました。
燕三条系ラーメンでも伝統的な好きなラーメンもありますが、潤の関係はちょっと主張の強いラーメンです。このようなコッテリのラーメンもありでしょうが、美味しく食べれるほど若くないです。潤で以前食べたときには中華そばが580円でした。滋魂の中華そばはもう680円になっています。岩のり中華は880円です。今日は開店祝いってことにしましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.03.01

大むら食堂

大むら 五目中華

燕市の「大むら食堂」です。
燕労災病院から弥彦山方向に進み、上越新幹線をくぐった先にあります。
お店は、お店を入って正面奥に広い厨房、厨房の手前と右側にカウンター席、右側に広い小上がり、左手前にテーブル席が1卓あります。小上がりには2人でちょうど良さそうな飯台が7卓あります。まあまあいい雰囲気の食堂です。2階もあるようです。午後1時過ぎに着きましたが、結構多くのお客さんがいます。
メニューは、麺類、うどん・そば、ご飯類など食堂という名前に相応しいものです。麺類は、中華、みそ中華とそれらにトッピングを加えたもの、タンメン、担々麺、カレー中華など豊富です。中華は、背脂の量を調整できます。また、セットもあります。今回は、中華らしく五目中華にしました。
広東麺などあんかけ風のメニューがないので五目中華があんかけだったらいいなあと思いながら待ちます。お昼時間も過ぎてますが、今日も多くの店員がいます。何人かで餃子の仕込みをしています。餃子の皮からちゃんと作っています。なんか美味しそうです。今度食べてみようかな?五目中華を作っているところは見えません。まだ、もう少しかかるだろうと思っていたら意外と早く出来てきました。
普通の大きさ黒っぽい器に野菜炒めなどが山盛りに盛り付けられています。
麺は、太い丸みを感じるような縮れ麺で、ゆで加減を普通でお願いしたためかチャンポンのような味わいです。
スープは、タンメンのような野菜の旨味が溶けだした適度な甘みのあるものです。ベースが塩のような感じですが、塩とか醤油とか関係なしに美味しいスープです。
トッピングは、白菜・キャベツ・もやし・玉ねぎ・人参・ピーマン・きくらげ・豚肉の炒め物、メンマ、蒲鉾、ゆで玉子半個、ほうれん草と豊富です。
中華が650円とそう安くはないお店の900円の五目中華です。とっても優しい仕上がりの五目そばです。充実したトッピングとボリュームからくる満腹度には満足ですが、それでもやっぱもう少しお安いと助かるのにと思っちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »