« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010.05.31

石門子

石門子(東掘) ワンタンメン(大盛)

新潟市の「東堀 石門子」です。
東堀通りに沿い、柾谷小路の下手にあります。ワンタンメンが人気のお店です。
お腹が空いたので多めに食べたいと思いましたが、コッテリは避けたくて石門子にしました。
お店は、奥行きがあり左側に厨房、中央にカウンター席、左側奥に小上がりが1卓あります。右側は、中で待てるように広いスペースがあります。質素な町のラーメン屋さんといった雰囲気です。午後12時15分頃に着きました。前に3人並んでいます。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、スタミナラーメン、冷し中華やそれらにチャーシューを加えたものがあります。並んでいるうちにお客さんの食べ進み具合と厨房の状況で親父さんから『何にしますか』と注文を聞かれます。端から順に注文します。自分のところで『ワンタンメン(大盛)』とお願いします。
やがて席か空いて、セルフサービスの水を右の冷水機から注ぎ席に座ります。
カウンターの上には等間隔でゆで玉子がボールに入れられています。大きな双子のゆで玉子です。殻入れのざるを引き寄せ殻を剥きいただきます。食べ応えあります。その後もお客さんが訪れほぼ満席の状態が続きます。一度にそこそこの量を作ります。そんなに待たずにワンタンメン(大盛)が出来てきました。
大きなチャーシュウと飴色のスープが美味しそうです。
麺は、細縮れで懐かしい感じのものです。
スープは、あっさりした醤油と塩の中間で、程良いしょっぱさとダシの旨味があります。
トッピングは、硬い大きなチャーシュウが2枚、浅漬かりの長めのメンマ、軟らかく具とのバランスが好きなワンタンです。
あっさりしたラーメンにワンタンがのって、新潟の懐かしいを堪能した気分になります。先のゆで玉子もありお腹いっぱいの昼食が650円+ゆで玉子の50円です。ご馳走さまでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.30

今日の夕日

ジェットフォイル

今日も午後からのんびり海を見てました。

今日の夕日

佐渡からちょっと上に雲があり、途中太陽が隠れましたが、また出てきました。今日は雲はありますが空気が澄んでいるためが結構眩しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.29

棚田 ~ 笹ヶ峰

柏崎市で開催されている「かしわざき風の陣」を見に行こうと思いシーサイドラインを通って向かいましたが、「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」のため混雑しています。寺泊中央公園や旧和島村の公共施設の駐車場がギャラリー駐車場になっていて、シャトルバスが運行されています。予定変更で山に進路変更です。まずは腹ごしらえです。春紀でめぎすらーめんです。(別記事)、次に千手温泉千年の湯に入ります。(別記事)

棚田

まずは、いつもの旧松代町星峠の棚田です。田植えが終わっています。明日、朝日の棚田を撮ろうとミニバンでの泊まりの人が何組か居ます。天気が良ければいいのですが…。
上越方面に向かうと雲がだいぶ低くなっています。山に向かえばこの前にように好天かなと思いながら妙高へ向かいます。途中、旧妙高村~旧妙高高原町辺りが雨です。だめかなと思いながら、笹ヶ峰に向います。

笹ヶ峰 霧

霧が薄くなり、牧場の牧草、木々、霧がとても神秘的な雰囲気です。

笹ヶ峰 林道 新緑

さらに林道を進んでみます。先週の雪が消え、新緑が綺麗です。

笹ヶ峰 林道 断念

さらに進むと切り通しで纏まった残雪があります。傾斜がきつく、柏崎に行く予定だったのでスコップも積んでないためここで断念です。小谷の露天風呂も入りたかった。

笹ヶ峰 林道 雲海

帰り、先ほどの笹ヶ峰牧場周辺の霧が下がり、雲海の上に出でいます。
その後、黄金の湯で入浴(別記事)、ラーメンショップで夕食(別記事)と取り帰りました。山の春はまだまだでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメンショップ

ラーメンショップ大潟店 ねぎラーメン(中)

上越市(旧大潟町)の「ラーメンショップ 大潟店」です。
国道8号線沿いにあります。
早朝6時01分から深夜2時までのたぶん新潟で最も長時間営業しているお店です。なぜ6時01分なのかは不明です。
お店は、左奥に厨房、その手前と右側にカウンター席、さらに右側にテーブル席があります。映画「トラック野郎」に出てきそうな雰囲気です。午後11時過ぎ到着しましたが、カウンター席、テーブル席ともほぼ満席状態です。この時間でです。このラーメン屋さんも地元の若い人が集まっています。
メニューは、チェーン店だけのことはあって豊富です。ラーメン、みそラーメン、つけめんが中心でねぎやチャーシューの組み合わせ、こいのりや七味などの追加トッピングしたものや黒酢ラーメン、カレーラーメンがあります。黒酢ラーメンと名の付くものも食べたことがないのちょっと興味ありますが・・・。盛りが4種類もあります。小・並・中・大です。お腹も空いたのでねぎラーメン(中)にしました。以前は注文してザルでのセルフ精算でしたが、食券販売機方式になっています。
カウンター席の空きにすわり食券を出して待ちます。待つ間メニュー見ると盛りについて書いてあります。裏に量について書いてあります。小=1玉、並=1.5玉、中=2玉、大=3玉です。少し多目ぐらいで良かったのにダブル(2玉)です。あらら!まあなんとかなるでしょう。
ラーメンが出来てきました。大きな器の辛味噌で和えたねぎが美味しそうです。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。程良いモチモチ感でスープと合います。
スープは、背脂入りのインパクトのあるものです。豚骨醤油風の濁ったもので、癖もなくまあまあ普通の味でしょうか。らあじゃんと言うのがあり入れてみます。豆板醤のようなもので、味噌ラーメン風に味が変化しました。さらに生ニンニクを加えます。こりゃ美味しいや。
トッピングは、チャーシューの切れ端っぽいものとほうれん草、海苔です。
たっぷりのねぎが美味しいです。
中盛りなんで2玉、さすがにお腹いっぱいになりました。しかし、1玉140gか150gぐらいでしょうか?そんなに多いって感じでもないです。850円ですのでまあまあかなって一杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千年の湯 河原の湯 黄金の湯

千手温泉 千年の湯

十日町市(旧川西町)の「千手温泉 千年の湯」です。
旧川西町の中心部にあります。
今風の一般的な公営日帰り温泉で、玄関前には無料の足湯もあります。入口で入浴券を購入して入ります。入浴料500円とお手頃で、タオルセットレンタルも100円です。下駄箱は、鍵のかかるものとかからないものがあります。フロントで入浴券を渡して入ります。ロッカーキーは、渡されません。脱衣所前に貴重品ロッカーがあります。脱衣所は、鍵のかかるロッカーと籠のある棚とあります。鍵は下駄箱、貴重品ロッカー、脱衣所、全て100円返却式です。

千手温泉 千年の湯 お風呂
千手温泉 千年の湯のパンフレットより

お風呂は、週替わりで男女入れ替えているようです。今週の男湯は、檜風呂の内湯です。端が泡風呂になっています。サウナもあります。ボディソープ、シャンプー、リンスが用意されています。
お湯は、透き通った茶色で、食塩泉に多いような匂いが少しします。効きそうです。お客さんが多めですが、広々しているんで大丈夫です。
露天風呂は、玉石で周囲を囲ったものです。内風呂よりも少し温度が高そうです。
泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)です。

河原の湯

燕温泉の河原の湯です。
河原の湯までの道がブルドーザで除雪したようなキャタピラの跡があり、その後人の歩いた跡もなくやってなさそうなんですがダメもとで見てきました。やっぱまだです。写真は、霧がストロボに反射してご覧のとおりです。

黄金の湯
以前の写真です。

で、手前の「燕温泉 黄金の湯」です。
お風呂に着くと先客1人が入っていました。
ちょうど出るところすれ違いで1人貸切風呂をのんびり楽しみました。
せっかくなので帰りに写真も撮って帰ろうと思っていましたが、出ようとすころに2人後客が来てしまいました。
泉質は、含土類石膏泉(緩和性低張高温泉)です。
無料です。

| | トラックバック (0)

春紀

春紀 めぎすらーめん

柏崎市(旧高柳町)の「小さな小さなラーメン屋 春紀」です。
柏崎方面から国道252号線を旧高柳市街(岡野町交差点)やこども自然王国などに曲がらず進むとすぐ右側にあります。
お店には駐車場が2台分くらいしかありません。道幅が広くなっていて路肩に停められそうですが、近くの地区集会場の駐車場に停めました。お店の前の貼紙で停めていいですよって場所です。
お店は、入口を入ってすぐ前に厨房があり、その前と右側に座れるL字型のカウンター席4席だけです。檜のような色の木目が綺麗なカウンターです。最近、お店をやっている自宅の居間を小上がりにしています。小さなテーブルが3宅あります。今までは新潟県内で一番小さなラーメン屋さんと思っていましたが、1番ではなくなりました。午後2時過ぎにお店の前に着きました。路肩に数台の車が止められています。この前もこんな状態でお店は空いていましたが、今日はカウンター席も小上がりも満席です。少し待ってお店のカウンター席に座れました。
メニューは、らーめん・塩らーめん・たぬきらーめん・つけめん、塩つけめんに加えて、数量限定でみそらーめん・赤だしみそらーめん・赤らーめん、赤らーめんみそ・鶏パイタンらーめん、めぎすらーめんがあります。時間が遅くなり数量限定が売り切れになってないか心配していましたが大丈夫です。まだ食べていないめぎすらーめん+肉増しにしました。
めぎすは、シロギスに似たためニギスのことで地方によってその呼び名がいろいろあります。煮干しや焼き干しとしてダシに使用するってことは聞いたことがなくどのようなものなのでしょう。新潟市内でもスーパーなどでニギスの名前で出ています。また、すり身もよく売られており、鍋やお吸い物に団子として使用すると美味しいダシだ出ます。どのようなスープでしょうか?そろそろ出来てきました。
麺は、やや太平打ちの縮れの強い手打ち風の麺です。このタイプの麺はかたゆでが多いのですが、食べ易い美味しいゆで加減です。良い感触です。
スープは、澄んだお吸い物のようなものです。魚介系に多い魚の香りはそんなに強いものはありません。あっさりした上品な旨みです。ラーメンは結構インパクトを出そうとしているものが多く、そういうのに慣れすぎたのでしょうか、最初食べたときは物足りないように感じますが、食べているうちにだんだん美味しく感じます。
トッピングは、チャーシュー7枚、味玉1個、海苔、なんだろうか?不明な軟らかい葉です。チャーシューは箸で取ろうとすると壊れるほど軟らかいものです。苦手な感じかなと思いましたが、控え目ですが味付けが良いですね。味玉は半熟具合、味とも良いものです。
めぎすらーめんは、ほかのメニューがひらがな書きなのにカタカナになっていますが、ひらがなで記事を作成しました。どのようなダシなのかは良く解りませんでしたが、上品な優しいラーメンに仕上がっています。650円味玉まで入ってこの値段です。肉増し150円で800円の充実したお昼を楽しみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.28

今日の景色

今日の景色

今日は、朝から天気が良くないです。
新潟から上越まで雨時々曇って天気でした。
長野近くまで移動したら嘘のような天気です。
風もあったので久々に綺麗な青の空を見ました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

松茶屋

松茶屋 トン汁ラーメン

妙高市(旧新井市)の「らーめん亭 松茶屋」です。
国道18号線から寺町交差点(インターチェンジ)を国道292号線(旧新井市の市街地)方向に下りた直ぐの左側にあります。
お店は、左側に厨房、右側手前にテーブル席、奥に小上がりがあります。どちらも広々していて4~6人掛けのテーブルが40卓くらいあるでしょうか。新潟県内でも最も収容力があるラーメン店だと思います。11時45分頃に着きました。テーブルはそこそこ入っていますが、小上がりは空いています
メニューは、評判の味噌ラーメンやトッピングを加えたもの、醤油やそれにトッピングを加えたものが豊富に揃っています。空いているテーブル席に着き、いつも通りのトン汁ラーメンにしました。いつもは店内各所に置かれた冷水機からセルフサービスで水を用意するのですが、混んでいないためか持ってきてくれました。
普通の待ちでトン汁ラーメンが出来てきました。
とん汁に似合いそうな厚手の器の中には、玉ねぎと豚バラ肉と豆腐のとん汁、輪切りの青ねぎがのってます。久々で一味唐辛子をかけるのも忘れていただきます。
麺は、太く縮れの強いちょっと平たく感じる麺です。好きなタイプの麺ではありませんが、食べていると麺そのものが美味しく感じます。
スープは、白味噌仕立ての優しいものです。豚肉の旨味と玉ねぎの甘さとニンニクの旨味が上品にバランス良くスープを仕上げています。油も豚肉から自然に出た程度で、見た目と違いあっさりしています。トン汁って名前からも残さず飲んでしまうスープです。
トッピングとはっきり言えるのは、輪切りのねぎだけです。トッピングと言うべきか、スープのトン汁の具は、豚バラ肉と玉ねぎがたっぷり入っています。豚は、豚バラらしい切り方です。玉ねぎは、とても軟らかく口の中で溶けるようになくなります。豆腐は1/4丁入っています。そしてジャガイモも入ってました。これは溶けてなくなっているのか見つからない時も有ります。バランスが取れていて美味しく仕上がっています。
味噌ラーメンとも違った食事って感じのラーメンです。850円と安くはありません。しかし、ラーメン一杯ですが食事って満足感のあるとても好きなラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.27

田丸

田丸

東京目黒の「らーめん 田丸」です。
JR目黒駅から目黒通りを西へ歩いて5分程度の権之助坂にあります。ラーメン店が軒を連ねる激戦区です。向かいには「濃厚中華そば・つけめん なおじ」があります。
お店は、入ってすぐ前に厨房があり、その手前と右側にカウンター席があるちょっと狭く感じる小さなお店です。11時40分頃に着きました。先客が2人しかいません。ここの筈なんだけどとちょっと不安になりつつ席に座ります。
メニューは、らーめんとチャーシュー、ワンタンの組み合わせになります。麺が170gと少し多めです。大盛りは340gとダブルになっています。足りなかったらもう一軒と思い普通のらーめんにしました。
その後、サラリーマンらしき人が続々とやってきてBセットを注文しています。お昼だけかどうかは不明ですが、50円UPでご飯とお漬物が付きます。
このお店は1945年創業開始で、65年間もやっている老舗ラーメン店です。周辺に新店がオープンしてからも平日でも待ちの列ができることもあるお店です。
先客さんのチャーシューメンとワンタンメンが出来たようです。器が変わっています。グラタン皿を深く大きくした洋食器っぽい器です。少し待ってらーめんも出来てきました。

田丸 らーめん

普通のラーメンらしい形の水色の器です。大きなチャーシューが3枚のってます。
麺は、やや太で縮れが強く、口の中で平打ちっぽく感じる麺です。このタイプの麺は、硬いゆで加減で苦手なのが一般的ですが、普通にゆでられています。スープとの絡みがよく、麺自体に旨みがあるように感じます。
スープは醤油味で、これぞ中華そばって印象のものです。醤油味に塩を少し効かせきりりと仕上げています。塩を効かせ過ぎてしょっぱくなるお店が多く見られますが、そんなこともなくいい感じです。しっかりしていながらあっさりして、油も少しあるのでしょうか?いい感じの旨みもあります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ゆでキャベツです。チャーシューは醤油の香りが良く、醤油の香りだけかと思ったらちょっとしょっぱいです。歯応えがあり、東京でもこういうチャーシューを食べられるんだと嬉しくなります。ゆでキャベツは、レタスを湯通ししたような感じです。そう!古潭のキャベツと同じような。
ラーメン二郎も驚きでした。このお店も東京にも美味しいラーメンがあるじゃないですかって嬉しくなるラーメンでした。充実したこのトッピングで600円です。ライスとお漬物付けて650円と東京の凄さを知らされた1杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.26

Bistro 椿

新潟市の「Bistro 椿」です。
万代橋から新潟島に入って礎町と本町の間の柾谷小路沿いにあります。
いろいろありまして本日はラーメンを諦めざるを得ない状況になりました。最近オープンしたこのお店にしました。ビストロってスマスマぐらいしか印象がなく、どんなんかなって興味があります。
お店の前にはオーブンテラスがあり、晴れた日は外でも食べられそうです。外で食べるのって好きなんですが雨なんで中で食べます。お店に入ってすぐに厨房があります。スマスマみたいに格好良い厨房です。その脇を通るとテーブル席が広がっていて、さらに奥に個室があります。雰囲気は、昼のお店よりも夜をターゲットにしたお店のような落ち着きがあります。午後12時40分頃なんですがまだ混んでいます。結構な席数がありますが、1テーブル空いているだけです。店員にその席にと言われそこまで行こうとしますが、通路が狭くて食べている人の近くを通るのが悪くて申し訳ない感じです。
メニューは、洋風のレストランと居酒屋の中間をいっているようです。ランチも何種か用意されています。煮込みハンバーグっていうのも美味しそうなんですが、少しでも麺料理っぽいものをと思いソーセージ入り和風パスタにしました。
ナイフ・フォーク入れバスケットがきましたがスープスプーンだけです。あまり深く考えず、単品かなと思っていましたが、スープが付くようです。と思ったらスープとサラダが運ばれてきました。

Bistro椿 ランチ スープ&サラダ

スープは良しとしてサラダはどうやって食べようか?テーブル上には取り皿とお箸が置いてあり、和風パスタなんで箸かなと思いながらのんびりスープを飲んでいるとメインのソーセージ入り和風パスタが運ばれてきました。

Bistro椿 ランチ ソーセージ入り和風パスタ

可愛いお皿です。これはどう見てもフォークで食べたいと思い『フォークいただけますか』ってお願いしたら忘れていたようです。いっしょにタバスコと粉チーズも持ってきました。おいおいおい。
ちょっと平打ちっぽく、モチモチしてあまりパスタっぽくないパスタです。和風な爽やかな感じでいただけます。ソーセージの塩分もちゃんと考えてあるようで美味しくいただけました。そうそうドリンクも付いています。
これだけのセットで850円だから、お店の店員も慣れてくればと思いつつお勘定して帰ろうとしました。1000円札を出したら100円玉と50円玉が切れているとのことで、150円を10円玉で用意しています。小銭入れを見たら850円あったので支払って帰りました。この接客は・・・?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010.05.25

すずらん

すずらん

東京渋谷の「中華そば すずらん」です。
渋谷駅の近く、駅から東方向になるのでしょうか。
仕事か早く終わりましたが、新潟に帰って仕事をする程の時間でもなく、好きな渋谷の東急ハンズを見ての夕食です。このお店は食べたいと思っていたお店です。過去に1度、同じように時間があって探したんですが、見つけられませんでした。今回はみつかりました。
お店は、奥から手前中央に厨房、厨房を囲うようにコの字形にカウンター席があります。そんなに大きいこともなく、中規模の小綺麗なお店です。午後6時40分頃に着きました。ネット上の評判もまあまあで並ぶのかなと思っていましたが他にお客さんはいません。ネットに投稿するようなラーメン好きの好きなお店で、一般客に人気がないのかなと思いつつ手前側のカウンター席に座りました。店員が男性5人もいます。この店員の数じゃ高そうと思いつつ…。
メニューは、清浄麺(つけそば)と拉麺(中華そば)があり、どちらも醤油と味噌から選択できます。さらに中華そばは、叉焼、角煮、牛筋、雲呑、葱肉など美味しそうな文字がメニュの上で踊っています。自家製麺なんですが、メニューには、平打ち、細皮、乱切なども割り増しになりますが選択できます。最初なんで普通の中華麺にしました。
お店の前に看板が出ていて、素材に対するこだわりなどが書かれています。文字がぎっしりだったので読みませんでした。
お店に入ったときは1人でしたが、後から後からお客さんが入ってきます。誰もお客さんがいないときに入って良かったです。すぐに出来てきました。

すずらん 中華麺

これは・・・、東京で久々に好きなラーメンが食べられそうです。シンプルそうです。
麺は、細ストレートのシコシコした歯応え、九州ラーメンのような麺です。
スープは、醤油の色と味ですが、塩っぽいしょっぱさも感じます。旨みもあり、関東で久々にまともな中華そばに出会えたような気がします。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、小松菜のおひたしです。チャーシューやメンマが一般的なものより甘く感じます。好きな甘味です。
この中華麺が850円です。その他にも何点か1000円未満のものがありますが、多くのメニューは1000円オーバーです。関東は進化したラーメンが多く、こういった一般的なラーメンが少なくなったと思います。希少価値や渋谷という立地などいろいろ考慮してもお高いお店だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デニーズ

デニーズ武蔵小杉店

川崎市の「デニーズ 武蔵小杉店」です。
武蔵小杉駅が最寄駅になります。神奈川の県道2号線沿いです。
ラーメン二郎武蔵小杉店で食べようと思い行ったのですが、定休日でした。周辺で食べたいと思うお店も知らないので、近くのデニーズにしました。会津若松で食べて以来なので10年以上食べていないです。
お店はファミレスらしいっていうか、ファミレスと言えばスカイラーク(ガスト)かデニーズかって時代もありましたんで、ご想像どおりです。午後12時30分過ぎに着きましたが、6割ぐらいのお客さん入りかなって具合です。
メニューは、ハンバーグが中心で、他にもいろいろあります。麺類も中華麺、香辣!!担々麺などがあり、さらに本日5月25日から魚介豚骨つけ麺が新登場のこと。そりゃお祭り好きな性格ですから食べるしかないでしょう。餃子やライスなどの組み合わせもあります。魚介豚骨つけ麺半炒飯セットにしました。

デニーズ武蔵小杉店 魚介豚骨つけ麺

さすがデニーズ。早い出来上がりです。注文請けてから麺ゆでているんだろうな!って聞きたくくらい早いです。
冷し中華のような皿に、冷し中華のように盛り付けられています。
麺は太縮れでモチモチした食感ですが、程良いゆで具合で硬過ぎず食べ易い麺です。
つけ汁は、豚骨と魚介とメニューの名前にまでなっていますが、確かにその通りです。ただ、わざわざそういった名前を付けなくてもいいんじゃないかと思うような標準的な味のつけ汁です。ツルツルしてあまりスープと絡まないだろう麺に合う濃いめのつけ汁です。
トッピングは、麺の上にのせられています。チャーシュー、メンマ、ゆで玉子、水菜、白髪ねぎ、海苔と冷し中華のような豪華さです。逆に何もないつけ汁が寂しいです。
つけ汁の器が小さいと思っていました。中華料理店で飯物や焼きそばを食べたときに付いてくるスープみたいな量です。すぐに温度が下がりました。食べ終わる頃には大した量は残っていません。スープ割りなんかしないんでしょう。
味的には、誰でも食べれる癖のない食べ易いものでした。初めてつけめんを食べる人なんかには良さそうに思えます。って考えたら、家族なんか(孫を連れた年輩客など)が初めてつけめんを食べるときにラーメンスープみたいだと思っていて、つけ汁の味にビックリされないように濃厚な味を想像させる魚介豚骨という言葉を付け加えたんでしょう。

デニーズ武蔵小杉店 半炒飯

炒飯は、醤油味って色をしていますが薄味です。もう少し味の濃さがあってもいいかと思います。玉子も少ないです。
魚介豚骨つけ麺は680円で、半炒飯のセットは230円増しです。910円の昼食ですか。ちょっと高い昼食になっちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅弁 村上牛しぐれ

今日は、朝早い新幹線の移動となりました。朝食をちょっとリッチに駅弁にしようと思い駅弁売場に行くと、朝早いこともあり日中の1/3程度の種類しかありません。

村上牛しぐれ パッケージ

その中から特に美味しそうな村上牛しぐれにしました。

村上牛しぐれ

ご飯の上に牛肉のしぐれがのっています。上のご飯は牛しぐれのつゆが染みています。いい味付けです。昔の駅弁は高血圧特効薬のようなしょっぱさでしたが、今の駅弁は逆に健康的なぐらいの味付けです。
紅生姜がスライスされたものです。最近は千切りの紅生姜しか食べていなかったような気がします。おかずは、ブロッコリーのゆでたもの、玉子焼き、レタスと水菜のサラダです。給食のようなマヨネーズも付いています。
駅弁は、美味しいと思いますが安くないです。朝から1100円はいくらなんでも豪華過ぎの食事となりました。反省!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.24

笑美寿亭

笑美寿亭 葱担々麺

新潟市の「ラーメン・餃子 笑美寿亭」です。
本町にあります。竹山病院の隣の小原小路に面しています。
笑美寿亭の担々麺15種制覇に向けての第9種を食べようとお邪魔しました。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。下町の食堂って雰囲気です。12時15分過ぎに着きました。混み合っていますが座れない程ではありません。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、紹興酒まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系とあります。さらにこのお店ならではの15種類の担々麺があります。本日のランチも3種あり、麺類は肉味噌とニラのピリ辛台湾ラーメンとねぎトロ丼のセットです。今日のランチもお手頃なので引かれますが、担々麺の中から暑くなる前に食べておきたいと思っていた葱担々麺にしました。
ねぎが好きなんでたっぷりのねぎの入った担々麺が楽しみです。
混みもあって多少時間がかかって出来てきました。横に少し長い渋い器に盛られてきました。ねぎが大きな山になって来るかと思いましたが、期待と違い普通の量の白髪ねぎが盛られています。
麺は普通の太さの縮れで、プリプリした食感の良い麺です。
スープは、胡麻の風味の豊かなものです。とてもまろやかな味わいです。
トッピングは、炙りねぎ、焦がしねぎ、刻みで白いねぎと万能ねぎ、白髪ねぎとねぎのパレードです。こういうふうに来ましたか。白髪ねぎの上に糸唐辛子がのってます。芝麻醤で炒めた挽肉ものってます。
白髪ねぎどっさりかなと思っていましたが、いろんなねぎを楽しむことができました。880円と少しお高い昼食になりますが、期待を越える楽しさがあります。残り6種も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.23

シンガポール食堂

シンガポール食堂

新発田市の「シンガポール食堂」です。
新発田市の中心部、中央町の交差点近くにあります。
ちょっと食べたいものがあって来ました。(フレスポ赤道のラーメン店より)
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席だけのシンプルなお店です。結構古く、町並みに溶け込んだお店です。午後2時過ぎなんで他にお客さんはいません。
メニューは、オッチャホイ、ラーメン、中華飯、やきそば、どんぶりがあります。ここで通常ならばラーメンなんですが、食べたいのはオッチャホイです。皿オッチャホイと汁オッチャホイがあります。皿オッチャホイは、さらに具材(えび、しいたけ、にく)を加えたものがあります。普通の皿オッチャホイにしました。
テーブルに置かれたメニューの裏側に新潟日報に掲載された記事のコピーが入っています。ニイガタで世界の味ってことで取り上げられています。父親が戦前シンガポールでホテル経営をしていて、主人もシンガポールで生まれ9歳まで過す。戦後、母の実家の新発田に身を寄せ戦後の昭和21年に食堂を開店させる。その後父親の発案でシンガポールの庶民的味であるオッチャホイを出すことになる。元々はシンガポール料理かも知れませんが、新発田に根付いた食べ物を食べたいと思った訳です。
下拵えに時間がかかる食べ物のようで、その分注文してからは早い出来です。

シンガポール食堂 皿オッチャホイ

想像していたとおりのきしめんで作る焼きうどんです。
麺は、きしめんよりも太い麺で、水分を飛ばして乾いた感じに仕上げている。
もやし、ニラ、キャベツ、卵が油で炒められていて無造作に盛りつけたものです。
焼きうどんのようでもあり、卵の絡まりがチャーハンのようでもあり、美味しい。

シンガポール食堂 皿オッチャホイ スープ

スープ付きです。醤油のしっかりしたスープです。ラーメンも食べてみたくなります。
皿オッチャホイ、汁オッチャホイとも650円です。具材を追加したものは850円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フレスポ赤道

フレスポ赤道 笑美寿亭&克味

長岡市(旧和島村)の道の駅良寛の里わしまから新潟に戻り、気になっていたフレスポ赤道へ。最近、たて続けにラーメン店がオープンしているとの事で・・・。「ラーメン・餃子 笑美寿亭 赤道店」と「麺匠 克味」の2店がオープンしています。
「ラーメン・餃子 笑美寿亭 赤道店」は、本町の本店同様に15種類の担々麺があります。「麺匠 克味」は、なおじ姉妹店の克味(東京)の逆輸入版みたいなものです。新発田雑煮合戦で克味が出展していましたが、新潟でも出店することになったようです。
笑美寿亭の担々麺制覇は本店でやりたいのでパス。なおじは、すぐお店が変わる可能性があるので、食べてもしょうがないような、今のうちに食べておきゃなきゃって格闘ですが、今回は遠慮しておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FM PORT 10th ANNIVERSARY キャラバン ステッカーキャンペーン Vol.1

FM PORT 10th ANNIVERSARY キャラバン ステッカーキャンペーン Vol.1

FM PORTもセーフティドライブキャンペーンが季節毎の開催となり公開放送等以外はイベントもないかと思いましたが、開局10周年をお祝いしての「FM PORT 10th ANNIVERSARY キャラバン ステッカーキャンペーン」が行われることになり行ってきました。
会場は、長岡市(旧和島村)の道の駅「良寛の里わしま」からです。長岡市と川口町の合併も記念して春の楽市楽座というイベントをやっています。子供達の錦鯉のつかみ取りや大道芸などもやってます。

FM PORT 10th ANNIVERSARY キャラバン ステッカーキャンペーン Vol.1 ナビ

今回のナビゲーターは、松本愛さんと愛恵さんです。

FM PORT 10th ANNIVERSARY キャラバン ステッカーキャンペーン Vol.1 ステッカー

いただいたステッカーです。良寛の里わしまとのコラボで今回限りのものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.22

源流

源流

新潟市(旧白根市)にオープンした「チャーシュー撃城 源流」です。
国道8号線沿い鯵潟の押しボタン式信号機の交差点の角にあります。ステーキハウス大蔵のあった場所です。
看板には「らーめん 滋魂」や「ガッツリ食堂 ドカメン」同様に“JUN ism”と書かれています。らーめん処潤の直営なのか暖簾分けなどなのかは不明ですが、最近、味の展開を図っているようです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。開店祝いの花輪越しですが外装はあまり手を入れてないように見えます。内装は全面的にやり直したようで落ち着いた雰囲気です。午後5時頃に着きました。数組のお客さんがいる程度です。
入口正面に食券販売機があります。メニューは、源流ラーメン、淡麗ラーメンとそれらにチャーシューを加えたものや極、タンメン、豚トロBig、味噌ラーメン、BAKUDANなどがあります。つけめんとそれの極、冷し中華はまだ提供前なのか売り切れになっています。食券販売機の上に各ラーメンの説明が書かれています。が、極についての説明がありません。アルバイトらしき店員に聞くと、判らず厨房から店主らしき人が来て説明してくれました。通常のらーめんやチャーシューはもも肉のチャーシューで、極はもも肉、肩肉、バラ肉の3種のチャーシューがトッピングされるとのことです。最初のボタン位置の源流ラーメンにしました。
席数も多くないのですが店員が多めにいます。アルバイト風が2人います。食券販売機の食券を受け取り、席に案内し、出来たラーメンを出すまでが1人、もう1人は水を出し帰ったお客さんの食器を下げるようです。その他は開店直後でらーめん処潤からの応援なんでしょうか?食券販売機や店内のあちこちに『しょっぱうまい!うす味がご希望のお客様は、あらかじめお申し付け下さい。』などと書かれています。どれほどのしょっぱさか気になります。
お客さんが少ないときに注文したので普通の待ちで出来てきました。

源流 源流ラーメン

麺は、やや細のストレート麺です。麺の表面が中華麺などで使用されているようなツルツルしていないタイプの麺です。スープとの絡みのいい麺です。
スープは、色が独特です。醤油味なのは判りますが、黒っぽくではなく茶色で濁りのあるタイプです。黒胡椒が予め振り掛けられていて富山ブラックのような感じもします。実際に食べてみると普通の醤油だけより少したまり醤油が混じっているような印象です。しょっぱうまい!って事で富山ブラックのようなしょっぱさが新潟で食べれるのか?GOINGOINの中田ブラックよりもしょっぱいのか?なんて期待しましたがそれほどのしょっぱさはなく期待外れですが普通で安心した感もあります。おろし生姜がトッピングされていて、麺を食べるときに匂いが鼻から入ってきます。匂いだけで青島ラーメンを食べているような錯覚をしてしまいました。スープに溶かすと結構生姜が強くヒグマのスープに似た印象です。
トッピングは、もも肉チャーシューってことで脂身の少ないものです。味付けなどの醤油の好きな感じです。青島やヒグマに似た印象ですが、軟らかくその分やや厚めに切られていています。量も多めです。他にはメンマ、ほうれん草、輪切りねぎです。
“JUN ism”ってコッテリ脂多めの事かと思っていましたがちょっと安心しました。富山ブラック・青島・ヒグマを食べたような印象が残りました。680円と普通のラーメンにしてはお高いラーメンですが半チャーシューメンのようなボリュームなので最近のお店としてはまあまあいい線いっているようです。チャーシューメンがメニューにないチャーシューメン並みの富山ブラックの大喜が700円、青島が600円、ヒグマが550円を考えるとやっぱお高いかなと思います。ガッツリお肉を食べたい人にはどうでしょうか?

| | コメント (8) | トラックバック (0)

越後三条・高城ヒメサユリ祭り

三条市(旧下田村)森町 ヒメサユリの小径で開催されている「越後三条・高城ヒメサユリ祭り」に行きました。ネットでの開花状況では5月20日現在つぼみに色が付いてきている程度です。花が咲いているかは???ですが天気も良いので行くことにしました。
北方文化博物館から五泉市を経由しました。途中でラーメンでも食べてと思ったのですが、時間が早すぎたので断念しました。
「漢学の里しただ」からシャトルバスが出ているのですが、現地近くに車を停められないか行ってみると休日のみ農道に停められるようで係員の誘導に従って停めます。駐車した場所から袴腰山登山道入口に進みます。袴腰山登山道の高城城址までの道が ヒメサユリの小径になっています。三条市のホームページではハイキングコースという扱いになっています。
登山道の入口はアスファルトの車道です。少し登ると飲み物の販売と管理のテントがあります。維持管理協力金200円を支払い登ります。

越後三条・高城ヒメサユリ祭り ひめさゆりの小径

さらに登ると車道から外れひめさゆりの小径に入ります。入口で入山届のノートに記入して登ります。カメラと懐中電灯のみの所持で入りますが、他は熟年夫婦が多く小さめですがリュックを背負って、トレッキングシューズや軽登山靴 など結構本格的です。

越後三条・高城ヒメサユリ祭り ひめさゆり表示板

少し進んだところにひめさゆりの表示板があります。

越後三条・高城ヒメサユリ祭り ひめさゆり つぼみ

周辺を注意してみるとひめさゆりのつぼみがいっぱいあります。つぼみ・・・つぼみ・・・つぼみです。やっぱり早かったかと思いました。が、

越後三条・高城ヒメサユリ祭り ひめさゆり 咲きかけ

咲きかけているものがあります。淡いピンクの綺麗な花です。さらに進むと、

越後三条・高城ヒメサユリ祭り ひめさゆり

越後三条・高城ヒメサユリ祭り ひめさゆり

ごくわずかですが開いている花があります。可愛い花です。つぼみ全体を考えると1%を遥かに下回るものです。でも、もう少しで開くかなと思わせるようなつぼみです。来週あたりが最高なんでしょう。

越後三条・高城ヒメサユリ祭り 高城城址

高城城址からは守門岳でしょうか?いい景色です。登山口からのんびり写真を撮りながらの1時間の山登りでした。標高373mってことでハイキングを超えた運動量かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北方文化博物館

北方文化博物館の大藤棚のライトアップが、当初の5/7(金)~16(日)から5/13(金)~5/23(日)へ変更になっています。大藤も開花が遅れているようです。ライトアップはネット上写真からそんなに興味はないのですが、大藤棚を見たくて来ました。

北方文化博物館 古民家

午前9時から開館ですが、ちょっと早く着きました。
博物館前の庭を散策、新緑で緑色で綺麗です。

北方文化博物館 通路

午前9時になり入館です。
向こう側に目的の大藤棚が見えます。遠くからでも大っきいです。

北方文化博物館 コデマリ

北方文化博物館 ヒメシャガ

その手前にも綺麗な花があります。コデマリとヒメシャガです。

北方文化博物館 大藤棚 全景

大藤棚・・・でかいです。

北方文化博物館 大藤棚 内部

中に入るとその大きさがより大きく感じます。

北方文化博物館 大藤

この大藤は、樹齢150年の藤1本です。

北方文化博物館 大藤棚 落花

散り始めから花吹雪あたりでしょうか。下に花がたくさん落ちています。

北方文化博物館 大藤棚 花

凄い数の花の房です。

北方文化博物館 大藤棚 花 アップ

ひと房ひと房は、こんな感じです。

北方文化博物館 大藤棚 蜂

凄い数の蜂も飛び回っています。刺激しなければ大丈夫です。

北方文化博物館 大庭

大庭の新緑も綺麗です。
入館料800円と少しお高く感じますが、十分楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.21

今日の夕日

今日の夕日

今日の夕日は、田植え後の水を湛える蒲原平野の水田に写る夕日です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大宮情熱屋台

大宮情熱屋台 九州らーめん吉もん 九州吉もんらーめん

埼玉県さいたま市、大宮駅前のそごう9階レストラン街にある「大宮情熱屋台」です。
4人のラーメン職人いるお店「ラー戦場」から4軒のラーメンが食べられる「大宮情熱屋台」に変わって今回で4回目になります。
入口に路面電車の前部(運転席部分など3mくらいの長さ)が置いてあり、その中に食券販売機があります。鉄道博物館のある街らしい趣向です。お店の中は4つの厨房の前のカウンター席と広いフロアのテーブル席で、一部隅っこに小上がりがあります。レトロな雰囲気になっています。
メニューは、4軒のラーメン屋さんが異なったスープで、基本のラーメンとトッビングを加えたバリエーションがあります。さらに季節メニューがあります。今は激辛対決と銘打って辛いラーメンが勢ぞろいです。4軒とその味は、“北海道らーめん 初代きむら”の味噌、“京都らーめん 匠力”の醤油、“九州らーめん 吉もん”のとんこつ、“横浜中華 ヨシダ”の中華となっています。初回は横浜中華ヨシダのサンマーメン、2回目は北海道らーめん初代きむらの味噌ラーメン、3回目は京都らーめん匠力の青ねぎ盛り京都らーめんを食べました。残る最後は九州らーめん吉もんです。激辛も興味がありますが、基本的な九州吉もんらーめんにしました。食券を購入し店員に渡すと席に案内してくれます。お昼時なんですが、今日は空いています。1人だったので左側のカウンター席に案内されました。
スープの酸化を防ぐため100リットル特注圧力鍋で豚骨、鶏ガラ、新鮮野菜から短時間でスープを取っているとのこと。どんなスープでしょう。
九州ラーメンだけなら早く出来るでしょうが、共同店のような形なので普通の時間で出来てきました。
黒い器に九州ラーメンらしい白濁したスープが美味しそうです。
麺は、九州ラーメンらしい細ストレートです。九州ラーメンの麺は、形は同じようですが、口に含み噛み切ったときの気持ち良さに差が出ます。プリプリした食感とか表現していますが、気持ちよく噛み切れる麺が好きで良しとしています。この麺は、まあまあいい感じで噛み切れます。スープとの絡まみも良く、食べていて安心する麺です。
スープは、九州ラーメンらしい白濁色のものでとんこつの旨みがいい感じです。ちょっとしょっぱめです。油はほどほどでとろみのあるコラーゲンたっぷりといった感じの濃厚なスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、海苔です。九州ラーメンとしては珍しく充実しています。
濃厚な豚骨ラーメンで充実したトッピング。これで650円+替え玉100円です。お店の場所を考えるとかなり満足の1杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.20

山の春

山の春

仕事で山へ。
雪で先に進めません。会社の車は普通タイヤだし…。積雪が30センチ程度なので自分の車ならラッセルして行きそうなんですが。

山の春 水芭蕉

仕方なく歩いて進むと水芭蕉がいっぱいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よしきゅう

よしきゅう新井ハイウェイオアシス店 みそタンメン

妙高市の「よしきゅう 新井ハイウェイオアシス店」です。
上信越道新井ハイウェイオアシスと国道18号線道の駅あらいの両方共通のエリア内にあります。
吉祥寺本店のラーメン店です。
お店は、奥に厨房、手前にテーブル席、さらに手前と右側に小上がりがあります。大きな広々としたラーメン店です。お昼ちょうどに着きましたが、平日ということもあってでしょうか8割程度の席の埋まり具合です。
メニューは、しょうゆラーメン、とんこつラーメン、煎りにんにくラーメン、みそラーメン、辛みそラーメンなどとそれらにトッピングを加えたもの、セット、うどん、定食、丼物が揃っています。お腹が空いています。超人気と書かれているみそタンメン半チャーハンのセットでお願いしました。
駅の立ち食いそば程ではありませんが、交通に関する食事処、早くで出来てきました。
野菜がたっぶりのっています。食欲が増してきます。
麺は、普通の太さの弱い縮れのものです。モチモチ感の強い麺が少し硬いゆで加減です。少し時間をおいて食べると多少良くなります。他のメニューもそうですが、どうも苦手な麺のお店のようです。
スープは、味噌の美味しさや適度な甘さなど好きなものです。油が少なくあっさりしていますが、しっかり味噌っていっているような気がします。
トッピングは、キャベツ、もやし、ニラ、きくらげ、豚バラ肉などが入っています。豚バラ肉がたくさん入っています。野菜がチョットゆで過ぎのような感じもします。
スープは好きです。麺は時間をかければOKです。野菜はもう少しシャキシャキ感を残して欲しいです。これで880円はやっぱお高く感じます。

よしきゅう新井ハイウェイオアシス店 セット 半チャーハン

セットの半チャーハンは、しっかりした味付けで好きなチャーハンです。ちょうどいい食べ易さです。最近サイドメニューを安く提供するお店が多いんで300円はちょっと高く感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.19

大輝

大輝 和風スープ(醤油)

十日町市の「らーめん 大輝」です。
小千谷・越後川口方面から国道117号線を十日町方向に進み、四日町新田交差点先の飯山線の跨線橋のすぐ手前の信号機のないところを右に曲がった先の右側です。
お店は、右側奥に厨房があり、中央寄りにカウンター席、手前にテーブル席があります。白木(杉かな)を打ち付けた清潔感のある内装でです。午後12時30分頃に着きました。7割ぐらいのお客さんが入っています。
前回夕方の時間に食べたときは、多分店主だろう人が1人でやっていましたが、今回のお昼も1人でこなしています。
メニューは、豚骨スープと和風スープがあり、それぞれに醤油、味噌、塩が選べます。豚骨濃厚らーめん(醤油味)、ゴマ味噌豚骨、ゴマ辛味噌豚骨、豚角煮らーめん(醤油味)、カレーらーめんが増えています。夏メニューも始まっています。冷し中華と冷し塩らーめんです。さらに初夏の限定メニューで、辛口麻婆麺と黒ゴマ醤油があります。麺も太麺の他に細麺も選べるようになっています。1人でやるお店のメニューの数ではないでしょって豊富さです。前回お店のスタンダードの豚骨スープの醤油にしたのでもうひとつのスタンダード和風スープの醤油(細麺)にしました。
1人でやっているし、出来上がりを待っているお客さんもいて時間がかかるかなと思いましたが、普通に出来てきました。
小さく深いちょっと渋めな器に盛られてきました。旭川ラーメンのような雰囲気です。
麺は、やや細の縮れです。ごく普通に美味しい麺です。特徴を出そうと工夫してかいろんな麺がありますが、逆に麺が足を引っ張っているんじゃないかってラーメンも多い中、なんかとても安心して食べられる麺です。
スープは、和風スープってことでどんなのかなと想像していました。あっさり系かなと思っていましたが、まろやかからややこってり系のものです。背脂が気にならない程度に浮いています。醤油味ですが、醤油が前面に出ることもなくダシの味を楽しめるものです。焦がしねぎも表面に散りばめられています。
トッピングは、チャーシューとメンマと至ってシンプルです。シンプルですが、背脂やねぎや焦がしねぎなどもあり表面は賑やかです。
“和風まろやか”か“和風こってり”って感じのラーメンでした。和風スープの醤油650円は最近のお店の値段です。ちょっとお高いかなって感じです。600円だと安くて美味しいものを食べたって感じなんですが…。綺麗なお店で、お洒落な感じでいただくことができました。十日町市なんでそうちょくちょく食べることが出来ません。メニューの増えに追いつかないです。夏のメニューも楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.18

白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
新潟市の中心街、WITHビルと三越を直線的に結んだ中間くらいにあります。
お昼時間になり何を食べようかと考えたら白寿のうま煮そばが食べくなりました。ポッと頭に浮かぶと食べたくお店です。
お店は、右側奥に厨房、その手前と中央寄りにカウンター席、左側に小さなテーブル席の小さなお店です。12時15分頃に着きました。混んでいます。ちょうど出たお客さんがいて座れました。
メニューは変わらず、ラーメンとうま煮そばです。このお店は、うま煮そばを食べたくなると来るお店ですから、セルフサービスの水を注ぎに行く途中で『うま煮!』と注文します。先客も後から来たお客さんも今日もみんなうま煮そばです。
今日も、親父さんとおばさんで2人でやってます。親父さんがうま煮を作って、おばさんが麺をゆでたり盛りつけたりしています。中華鍋で一度に多くのうま煮をまとめて作ります。お店に入った時のうま煮の有無で待ち時間が違います。今日は出来上がりを待っている先のお客さんが5人でうま煮も半分ぐらいとぎりぎりの線です。まあそんなに急ぎでもないしと見ていたら、前の人で終わりました。その頃には別の中華鍋でうま煮を作り始めています。お昼時間をだったから良かったのでしょう。そんなに待たずにうま煮が出来上がり、熱々のうま煮そばが出来上がってきました。
今日も、褐色のうま煮が美味しそうです。
麺は細麺よりも細く、極細に近い太さのやや強い縮れの麺です。細麺らしいシコシコした歯応え、強めの縮れがうま煮を上手く絡めてきます。
スープは、いつもうま煮と混じって判り難いのですが、今日は、うま煮が中央に寄っています。端からスープを飲むと、ダシは普通に効いていますが、しょっぱさをかなり控えた癖のない薄味のスープです。これがうま煮と混じってちょうどいい感じになるんです。
うま煮は、白菜、玉ねぎなどの野菜と玉子のトロミのあるあんかけになっています。ニンニクも少し効いています。最近、気持ち薄味になったように感じます。うま煮だけを食べて普通の味の濃さですが、薄味のスープや麺と一緒でも同じ味のようにうま煮を楽しめます。
今日も後から来たお客さんが楽しませてくれました。入って来るなり『ラーメン大盛り』だって。おばさんに『大盛りやってません』。それじゃ『うま煮そば』ってそれだけですが、笑いを堪えるのが大変でした。
500円で美味しいうま煮そばを食べて、白寿を知らないお客さんに楽しませてもらって、良いお昼でした。いつまでも500円で食べれますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.05.17

八七三家

八七三家

東京は新橋駅前の「横浜家系ラーメン 八七三家」です。
新橋駅前ビル1号館1階にあり、ビルの中側、外側に両方に入口があります。
新橋駅前を移動するときは地下を移動することが多く、この辺りなんだがってな具合でなかなか見つけられずにいました。今日見つけました。
お店は、牛丼店みたいなファーストフードっぽい作りで、配膳用の通路2本に向いたカウンター席だけのお店です。小さめのお店ですが、席数が確保されています。午後8時過ぎですがさすが東京です、結構お客さんが結構入っています。
メニューは、ラーメンとつけめんとシンプルです。ラーメンは、盛りが3種(並:1.0、大盛:1.5、特盛:2.0)の3サイズがあり、麺の硬さ・スープの濃さ・油の量を5段階で選択できます。ラーメン(並)で麺の硬さ・スープの濃さ・油の量は普通にしました。
お店の雰囲気からかも知れませんが早く出来てきそうな雰囲気なんですが、普通の待ち時間で出来てきました。

八七三家 ラーメン

白い綺麗な器に褐色のスープが旨そうなんだけどこってりもしてそうに見えます。
麺はやや太の縮れで、硬めにゆでられたものです。苦手なタイプの麺です。家系ラーメンらしく短い麺です。ゆで鍋に残ったものを丼に入れたのかなと思うような麺です。
スープは、豚骨醤油風でトロミがあってかなり濃厚・こってりに感じます。カウンターにニンニク、生姜、豆板醤が用意されています。おろし生姜を入れてみます。青島のようなさっぱりした味になります。こってり感が半減されます。美味しいやって今度は豆板醤を入れてみます。元のスープや生姜との相性も良くこってり感がなくなります。
トッピングが、シャーシュー、ゆでほうれん草、海苔3枚です。家系らしいものです。
生姜と豆板醤のお陰で食べ易くなり完食できました。器の底には“完食ありがとうございました。また、来てね!”と書かれています。他のお客さんが水のコップとラーメン丼をカウンターの一段高いところに返しているので真似をして返して布巾で拭いて帰ります。店員が片付けのお礼と『完食ありがとうございました。』って大きな声で送ってくれました。家系はこってりで好きじゃなかったんですが生姜でもう少し楽しんでみようかなと思う1杯でした。650円もこの場所なら良心的でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

孔明

新潟市の「ラーメン亭 孔明」です。
新潟駅南口から南に伸びる弁天橋線の弁天橋からもう少し亀田寄りの道沿いにあります。
今日もつけめんが好きな同僚と一緒です。ちょっとフライング気味に午前11時45分頃に着きました。早い時間と思ったのですが駐車場は混んでいます。なんとか空きがあり車は停めることが出来ました。
お店は、左に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、その手前にテーブル席右側に小上がりがあります。入口付近に待ちの人が座れるスペースがあります。2人組のサラリーマンと3人組の家族連れが待っています。
座れもせずに待っていましたが、少し経つと座れました。店員がメニューをもってきてくれました。メニューは、つけめん、らーめん、味噌らーめん、それらにトッピングを加えたものがあります。まあまあシンプルです。つけめんを食べるお客さんの多いお店ですが、セブン-イレブンで孔明監修つけめんを販売してから一層の混みとつけめん比率が上がったように感じます。
待っている間に店員が注文を取りにきました。決まっていればとのことです。そんなに好きではありませんが、つけめんを食べてみることにしました。麺の盛りが選べます。並250g、中300g、大350gです。普通のラーメンが160gぐらいですから全体的に多めです。さらにあつもりとひやもりも選択できます。つけめん(大・ひやもり)にしました。
少し待って小上がりに案内されました。それから少し待って、そろそろかなと思いますがまだです。それなりに待ってつけめんが出来てきました。

孔明 つけめん(大・ひやもり)

ラーメンの器です。底に仕切りが入っていてもいい盛りです。つけ汁も雰囲気のある渋い好みの器に盛られています。

孔明 つけめん(大・ひやもり) 麺

麺はやや太の縮れで、つけめんに多いかたゆででコシの強いものです。ちょっと苦手寄りの麺になります。残念。白胡麻が振りかけられています。

孔明 つけめん(大・ひやもり) つけ汁

つけ汁は、醤油色の濃い色でかなりのしょっぱさがあります。他のお店のつけ汁はしょっぱいけど飲めるものも多いのですが、このつけ汁は飲みたくならないしょっぱさです。それでも麺と一緒に食べるとバランスがいいです。スープとの絡みの少ない麺に合わせたつけ汁です。醤油の味と魚介ダシが効いた和風っぽいものですが、鰹節や魚粉らしきものがつけ汁に入っています。ダシを取ったものは捨てて欲しいんですが、最近は昔の料理からすると考えられない料理方法が取られています。
トッピングは、つけ汁の中にあります。コロコロと食べ易い大きさにカットされたチャーシュー、メンマ、海苔、味玉半個です。
最後、つけ汁をスープ割りにしていただきます。魚介系の風味が一段と増したように感じられます。おそばのそば湯をいただく時のようにです。
つけめんは、並680円、中730円、大780円と安いものではありません。ラーメンのようにスープと麺をいっしょにもっと楽しめたらもっと良いのにと思っちゃいました。すぐに好きになる食べ物じゃないようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.16

今日の夕日

今日も天気が良く、綺麗な夕日が見えないかなと思い海岸に来ました。新潟市近郊の夕日は佐渡に沈みます。海に沈む夕日が見たい時は出雲崎方面か村上方面になります。今日は、村上市の瀬波温泉海岸です。

瀬波温泉海岸 恋人の聖地モニュメント

村上の瀬波温泉海岸も柏崎の恋人岬と同じように恋人の聖地に選ばれました。そのことを記念してモニュメントを製作したとのことでです。海岸線が公園になっていて、その公園の中央部分にあります。鐘を鳴らすことが出来ますが、遠慮しておきます。

瀬波温泉海岸 夕日

海岸を散歩しているうちに陽の沈む時間が近づいてきました。

今日の夕日 20100516

今日の夕日 20100516

今日の夕日 20100516

空の中央部分は青空ですが、地表近くは空気が澄んでいません。思ったほどくっきり綺麗に海に沈んでくれません。

今日のお月様

また、今日のお月様は三日月で、すぐ近くに一等星が頑張って輝いています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

丸亀製麺

丸亀製麺

新潟市の「丸亀製麺 新潟中央店」です。
紫鳥線と弁天橋線の交差点近くにあります。
新発田駐屯地の地創設57周年も行こうかと思っていましたが、子供の資格試験の送迎です。時間が空いたので丸亀製麺でお昼にしようとお邪魔しました。新潟県内の主要な町に次々とお店を展開している丸亀製麺を始めて食べます。
駐車場も広めにありますが、満車状態です。空きを見つけてお店の中へ。
セルフサービスです。
基本のうどんを選択します。釜揚げやぶっかけうどんも美味しそうですが、普通に食べるのが好きなのでかけうどんにします。温泉たまご、とろろ、野菜かきあげを加え清算します。かけうどん(並)280円+温泉たまご50円+とろろ50円+野菜かきあげ130円で合計510円です。かなりお高いうどんになりました。四国で食べる讃岐うどんは、1玉80円から100円ですから3倍くらいの値段です。清算した後につゆを入れねぎを入れて席に移動し食べます。最近のPA/SAのうどんやそばもかなり高いものになってきました。それに比べると安いものです。

丸亀製麺 新潟中央店 かけうどん+温泉たまご+とろろ+野菜かきあげ

軟らかそうな感触ですがコシの強い讃岐らしいうどんです。つゆも讃岐らしい薄味でダシの効いたものです。うどんは本場並みでいいかなと思いますが、値段がちょっと讃岐らしくないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.15

長野をドライブ

長野県を旅してきました。
15日午前9時に自宅を出発。燃費走行で北陸自動車道から上信越自動車道に入り、新井ハイウェイオアシスの吉祥で早めの昼食を取りました。

妙高山

その後、車窓からは妙高山が綺麗に見えます。信州中野インターから志賀高原に熊の湯温泉で入浴。

志賀高原 横手山スキー場

横手山スキー場は、残雪でスキーやボードを楽しんでいる人が大勢います。

志賀高原 季節外れの雪

木々には先日の雪が枝にのっています。道路もそこそこの積雪を期待していましたが、スタッドレスタイヤは無用でした。
いつもなら横手山から志賀~草津ルートで草津へ行くのですが、今日は万座に行きます。

志賀高原 雪の壁

途中、雪の壁も少しですがあります。万座も温泉のいい匂いがします。通常なら浅間白根火山ルートを通るんですが有料道路料金もバカにならないので須坂長野方面に向かいます。通ったことのない道を通るのって嬉しくなります。

デジカメ 壊れる

途中で写真を撮ったりしていたらコンパクトカメラの液晶が変な表示になって固まってしまいました。ストロボが光らなくなり一度修理しましたが、購入金額が安かったので、修理費が高いものになりました。で、長野市内の家電量販店へ。

デジカメ NEW

同じメーカーに同じ操作方法で使いやすそうなのが安く売っていました。即購入。
まだ、時間も早いので国道19号線を南下します。途中、信濃新町の国道19号線を信州新町ジンギスカン街道って言います。ジンギスカンのお店がいっぱいありますが肉を食べたい気分でもないのでそのまま松本市内へ。村上のちくにの姉妹店を探しますが、遅かったので閉まっていました。そこで流で夕食を取ります。

松本城

松本城がライトアップしていたので写真を撮りました。国宝は格好良いです。
5月9日放送の“世界の果てまでイッテQ!カレンダープロジェクト5月編~世界一キレイな星空~”で高地の乾燥しているところの星空が綺麗って言ってたので、乾燥はしていないかも知れませんが美ヶ原高原に向かいます。

ビーナスライン

しかし、美ヶ原高原が近づくにつれ霧が濃くなってきます。お昼は天気が良くて、雲なんか見えてなかったのですが、山の天気は変わり易いです。久々のビーナスラインだったので霧が峰、車山高原、白樺湖、蓼科湖を通って、諏訪インターから高速に乗り、中央道、長野道、上信越道、北陸道で帰ってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流

長野県松本市の「らーめん 流」です。
国道19号線沿いにあります。夜になると明るい看板で目立ちます。
何度か前を通って気になったので入ってみました。お店と並んで駐車場があり、お店の規模と比べて十分広いスペースです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。テーブルや椅子は白木を使ったもので、明るくお洒落な雰囲気です。神奈川県の厚木に同じ名前のお店があり、白木のテーブルや椅子で、女性や家族連れが入り易い雰囲気作りをしているようです。松本にあるお店は雰囲気が似ています。支店なのでしょうか。午後8時過ぎになんですが駐車場の混み具合から若い人がたまり場にしているかと思ったら他にお客さんが2人だけです。駐車場奥の居酒屋と共同の駐車場のようです。
メニューは、みそらーめん、しょうゆらーめん、しおらーめんとそれらにチャーシューやねぎを加えたものがあります。みそらーめんが一番上に書かれていて、お勧めは各チャーシューメンです。みそらーめんが800円で味玉入りです。みそちゃーしゅーは900円です。味玉なしのみそらーめんはありません。せっかくなんでみそちゃーしゅーに味玉が入っていることを期待してみそちゃーしゅーにしました。
お客さんも少ないんですが、麺のゆで時間がかかるようで普通の待ちでみそチャーシューメンが出来てきました。

流 みそちゃーしゅー

大きな1枚もののバラ肉チャーシューが器の表面を覆っています。味噌の美味しそうな香りが強く、運ばれてきたら回りの空気が変わりました。
麺は、完全に苦手のお見本のような麺です。太い縮れでかなり硬いゆで方です。噛み切っても口の中で暴れています。スープとの絡みも良くないです。
スープは、白味噌寄りの合わせです。サラサラしていますが濃厚な味噌の旨さがあり、適度量の油によってまろやかさと旨みが増しています。とっても好みのスープです。
トッピングは、豚バラの1枚もののチャーシューが器の表面を覆いつくすように盛り付けられています。薄い切り方です。期待した味玉なありません。メンマものってます。
味噌チャーシューメンだとたっぷり野菜にさらにチャーシューものっての900円だとまあまあいいかなと思いますが、チャーシューメンのスープが味噌っていうだけの900円はちょっとお高いです。スープは好みでしたが、麺が苦手なタイプの麺で残念でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊の湯温泉

熊の湯ホテル

長野県志賀高原にある「熊の湯温泉 熊の湯ホテル」です。
スキーをバンバンしていたころ、志賀高原の熊の湯スキー場、横手山スキー場に良く行ってました。熊の湯スキー場は硫黄温泉の香りがして入ってみたいと思っていた温泉です。好天に恵まれようやくお邪魔できました。
周辺にスキー客の宿泊を中心としたホテルが建ち並ぶ中で、少し格式のあるホテルです。玄関を入ると昔の道具などが展示しています。連休や飛び石連休を除けば日帰り入浴ができる筈です。日帰り入浴の時間が不明です。いろいろな時間がネット上にありますが、12:30~15:00は確実に大丈夫そうです。ホテルにも日帰り入浴の時間の表示はありません。フロントで日帰り入浴したい旨を伝えるとOKで料金は1000円です。まあ、それぐらいはするだろうかなと思ったら、持ち帰れるタオルが付いていました。

熊の湯ホテル 脱衣所

浴場に向かうと脱衣所からホテルとは違うしっかりした温泉です。木や籐など心に優しい色が目に入ってきます。こうでなくっちゃ温泉は。3人先客がいるようです。

熊の湯ホテル 内湯

お風呂に入っていると見えるのはほとんど檜です。
いいお風呂です。この手のお風呂が1番ホッとします。
お湯は若草っぽい緑色です。
国見温泉森山荘のお湯に似ています。が濁りが強いです。
内湯はこの浴槽1個と洗い場です。本当の温泉のみです。
脱衣所の入口に本日のお湯の温度43度表示されていますが、もっと低そう。

熊の湯ホテル 露天風呂

露天風呂もあります。
露店風呂の隣に小さな川があり、3段の滝があります。
風情ありますが、ちょっと煩いです。
そんなに大きな露天風呂ではありませんが、混んでないのでのんびりできます。
太陽の光がお湯に射し込み、緑の明るさが一層目立ちます。
いい温泉です。来た甲斐がありました。
泉質は、硫化水素泉です。
備品は、ボディソープ、リンスインシャンプー、髭剃り、クシなどです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉祥

吉祥 醤油らー麺

妙高市(旧新井市)の「麺屋 吉祥」です。
国道18号線道の駅あらいと上信越自動車道のハイウェイオアシスの両方から利用できます。食堂ミサ、よしきゅうなど3軒のラーメン屋さんがあります。
綺麗な青空に誘われてドライブです。朝食抜きだったので早めの昼食です。
お店は、左側に厨房、厨房に向かってカウンター席、中央からやや右側にテーブル席、更に右側には、壁で個室風に仕切ったテーブル席があります。午前11時過ぎと早めなのでお客さんがポツリポツリといる程度です。
メニューは、煮干しダシの醤油らー麺が一押しのようですが、他にも塩らー麺、焼味噌らー麺、辛味噌らー麺から油そば、つけ麺までメニューがあります。お奨めの煮干しダシの醤油らー麺にしました。
以前食べたときは小振りな器に盛られていましたが、今回は普通の器です。
麺は、細く弱い縮れのものです。スープとの絡みのいい麺ですが、モチモチ感が強く、歯切れが決まらないチョット苦手な面もある麺です。
スープは、煮干しの香りのするダブルスープです。煮干しと動物系のダシとメニューにも書かれていますが、動物系は豚を使っているようです。旨さもありますが、塩味のようなストレートなしょっぱさが効き過ぎです。あっさり系が好きな人にとってはちょっとくどい感じのスープです。ただ、ゆずの皮の細切りもいい香りを加えてくれます。
トッピングは、やや軟らかめバラ肉チャーシュー、メンマ、海苔がのっています。
これで650円ですから、安くはないです。以前は麺が好みのものでしたが変えたんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.14

越後屋

越後屋 濃縮醤油ラーメン

新潟市の「ラーメン 越後屋」です。
東堀通りに面しています。10番町とかなり下手になります。夜だけ営業のお店です。
新潟に来て何年経ったのでしょう。新潟に来てからずっとお世話になった先輩の定年ご苦労さん会がありました。その後レバ刺し食べて、カラオケ歌って、本日4軒目になります。かなり久々にしっかり飲みました。で、〆のラーメンなんですが、拾番にしようと思ったのですが満席だったので越後屋になりました。
お店は、細長いお店で奥に厨房、右側配膳用スペース、配膳スペースに向いたカウンター席があります。奥に小上がりがあります。と書かれた貼紙があります。左奥でしょうか。24時を回っていますが、ほぼ満席です。。
メニューは、越後あっさり、濃厚醤油、越後とんこつ、越後味噌、麻婆の各ラーメンです。バラ肉を軟らかく煮てさらに炙ったトンバラも人気です。食べた記憶のない濃厚醤油ラーメンを注文したら、本当の名前は濃縮醤油ラーメンでした。
そんなに待つこともなく出来てきました。赤い器に派手さのないシンプルなトッピングですが、良く見ると充実しています。背脂も美味しそうです。
麺は、細麺の弱い縮れです。シコシコした食感の楽しい麺です。
スープは、魚介のダシが効いたまろやかな醤油ベースのものです。確かに味が濃く感じます。しょっぱさは普通ですが、旨みや甘みが強く、野菜の煮物なんかにも良さそうな好きなスープです。背脂は、そんなに量もなく、癖もなく、程良い旨みを加えてくれています。
トッピングが豪華です。トンバラ、メンマ、半熟玉子半個、岩のりです。派手さはありませんが、好きなものだらけです。
濃縮醤油ラーメン が550円と早朝まで営業しているお店としてはお手頃です。トッピングの豪華さを考えるとワンコインラーメンに匹敵するラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大雷神

新潟市の「らーめん大雷神 ラグーナ女池店」です。
女池インター近く、ショッピングセンター“ラグーナ女池”の駐車場内にあります。
昨年の7月にオープンして2回目になります。今日もお昼時間がずれてしまい、午後3時に開いていそうなお店と思いお邪魔しました。
お店は、入ってすぐのところに食券販売機があります。奥に厨房、手前にテーブル席、さらに手前に小上がりがあります。テーブル席の中央には向かい合わせで仕切りのあるカウンター席として使用の大きなテーブルもあります。派手さはありませんが、ラーメン屋さんらしい綺麗な建物です。こんな時間ですが家族連れやグループ、昼時間をずれた会社員風の人などでそこそこお客さんが入っています。
メニューは、中華系を中心に揃っています。前回と違うものを食べようと思って来たのですが、あんかけが食べたくなり前回と同じ広東麺にしました。また、餃子フェアを行っていて通常290円が100円です。なんか100円という値段は食べないと損をしたような気持ちにさせる値段です。餃子も食べることにしました。
そんなに混んでいないのですぐに出来てくるかと思っていましたが、先客も出来上がりを待っているようで普通の時間で出来てきました。

大雷神 広東麺

醤油にも、塩にも偏っていないうま煮のような色合いのあんかけのかかったラーメンです。どちらかと言うと醤油っぽいあんかけが好きですが、これも美味しそうです。
麺は、細縮れで噛み応えの良い好みのもので、中華系あんかけに良く合います。
スープはあんかけに混じって解かり難いのですが、醤油のおとなしめで旨みのあるものです。
トッピングのあんかけは、白菜、青梗菜、人参、筍、しいたけ、きくらげ、海老、豚肉などが入っています。中華っぽい、これも好みの味付けです。その上のったねぎとかいわれが色と食感を楽しませてくれます。
広東麺は780円ですが、ちょうどいいかなって感じる価格です。まろやかで優しい味に良く纏まっていると思います。今度は他の中華系麺も楽しみたいです。

大雷神 餃子

餃子フェアとはいえ100円で食べれるので期待していませんでしたが、普通に美味しい餃子でした。とはいっても餃子の味は良く解りませんが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.13

あづまや

あづまや みそらーめん

魚沼市(旧小出町)の「あづまや 本店」です。
国道17号線沿いにあります。関越自動車道小出インターチェンジに曲がる古新田交差点より少し長岡寄りにあります。
お店は、奥中央から左に厨房、その手前左側と右側に厨房向きのカウンター席、それらを囲うようにテーブル席があります。今まで何度かお邪魔して気付きませんでしたが左側にガラス窓越しで見えるように製麺室があります。そんなに新しいお店じゃないと思いますが、そこそこの規模の小奇麗なお店です。
柏崎から魚沼への移動です。春紀で食べようと思っていましたが、午後2時過ぎで売り切れでお店が閉まっていました。そのまま移動して午後3時頃に着きました。この時間なんで他にお客さんが2人いるだけです。
入口正面に食券販売機があります。メニューは、ラーメン、手打ちの特製ラーメン、みそラーメン、塩ラーメンと揃っています。まだ食べたことのないみそラーメンにしました。
こんな時間なんですぐに出来てきました。あづまやってなぜか普通の食事時間に食べてないような気がします。
すり鉢風の器にみそラーメンらしい色のスープ、チャーシューや白髪ねぎなどトッピングもうれしくなります。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。角がしっかりしているのか口の中で平打ち麺のように感じますが、ごく普通の見た目です。食感の良い麺です。
スープは、さらさらしたもので、味噌の味が薄そうに見えますが、なかなかしっかりした味噌の味です。適度な油もあり、それが旨みになっています。合わせ味噌らしい色で、味も赤味噌と白味噌の中間です。食べているうちに程良い辛みがスープを引き締めているのを感じます。麺とのバランスの良いスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、もやし、白髪ねぎ、かいわれです。チャーシューは、脂身の少なくやや軟らかめで味付けの良い好みのものです。ちょっと辛味を効かせたメンマもいい感じです。白髪ねぎとかいわれが茶系統の器に良い色を添えてくれます。
普通の太さの麺に絡むさらさらのスープ。一般的な味噌ラーメンと少し違いますが、しっかりした味噌味を楽しめるみそラーメンが750円です。充実したトッピングを考えるといい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.12

大舎厘

大舎厘 らーめん濃

新潟市(旧亀田町)の「麺や 大舎厘」です。
国道49号線鵜の子インター近く、黒埼方面に向かった右側にあります。交通量の多い場所でしたが、イオンショッピングセンター出来てより一層混むようになりました。駐車場もお店に合ったスペースが確保されています。
つけめん好きな同僚と一緒の昼食になり「ラーメン亭 孔明」、「ラーメン工房 まるしん」と行きましたが、混んでいて諦めました。3軒目の大舎厘です。
新潟ラーメン博に「ちゃーしゅうや 武蔵」・「ラーメン亭 一兆」・「ラーメン亭 孔明」のコラボ店として出店、評判となりそのままラーメン店になりました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きのカウンター席、右側にファミレスっぽい形で普通は4人掛けなんですが詰めると6人まで掛けられそうなテーブル席があります。木を焼いて黒っぽくして使い込んでいるような落ち着きある雰囲気です。12時40分ごろ着きましたが結構混んでいます。
メニューは、濃厚とあっさりに分類され、濃厚はつけめん、辛つけめん、らーめん濃の3種、あっさりはらーめん、ちゃーしゅうめんの2種です。つけめんのお店としてオープンした当時は、つけめん、らーめんだけでした。その後にちゃーしゅうめんが追加され、辛つけめんが追加されました。濃・大舎厘と銘打った限定メニューの濃厚ラーメンも評判となり、いつでも食べれるらーめん濃となりました。そのらーめん濃にしました。
麺は、かなり太い縮れの弱い麺です。コシが強いというかアルデンテ×2の麺です。好きか?と聞かれると嫌いと応えざるを得ない麺ですが、スープとのバランスが良く憎めない麺です。
スープは、本当に濃厚です。コラーゲンたっぷりのようなとろみがあります。最近、脂のこってりしたラーメンを食べると胸焼けするんですが、そのような後味はありません。
トッピングは、箸で持ち上げるときに壊れそうな魚の水煮缶詰に似た味の苦手なチャーシュー、メンマ、鳴門、魚粉です。魚粉なんかトッピングせずにしっかり魚介ダシの効いたスープを作ってくれればと思うのですが…。
らーめん濃は800円です。あっさりのらーめんが630円なので、かなり高価なラーメンになっています。スープも麺もチャーシューも好きなラーメンではありませんが、バランスが良いのか嫌いではない不思議なラーメンでした。つけめんが好きな同僚には気に入ってもらえたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.11

青島

青島西掘 ラーメン(大)+メンマ50+ねぎ50+ほうれん草50

新潟市の「青島 西堀通店」です。
新潟市の新潟島は西堀通り、イタリア軒の並び下手寄りにあります。
最近、県外を含めあちこちのラーメンを食べました。そろそろ味の基準を位置に戻そうかなって意味合いで青島にお邪魔しました。
お店は奥行きがあり、入口を入ってすぐ左に食券販売機があります。右側に広い厨房、左側と手前のカウンター席かあるだけの広いお店です。あまり飾り気のないラーメン専門店らしい造りです。お昼の12時20分に着きました。混んでます。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りとトッピング等の追加です。好きなワンスープで勝負しているお店です。青島は大盛りが50円アップと安いので助かります。いろいろお腹いっぱい食べたい気分なのでラーメン(大盛)+メンマ50円増し+ねぎ50円増し+ゆでほうれん草50円増しにしました。お店に入って左側の食券販売機で食券を購入し、5分ほど待って座れました。カウンター席に座り食券を前に並べて待ちます。
今日は出来上がりを待ちのお客さんも多く、3回目の作りでようやくできてきました。
いつもの醤油色が美味しそうなラーメンです。黒胡椒を挽きながらかけます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で、見た目も特徴のあるものではありませんが、ツルツル&モチモチ感と旨味と噛み応えのあるバランスの取れた麺です。スープとの相性も抜群です。
スープは、醤油色で濃い目で、醤油の味のしっかり楽しめるものです。今日は澄んでいます。醤油色が一層引立ちます。麺といっしょに食べるととてもバランスの取れたスープです。生姜によってすっきりした味に仕上げられています。
トッピングは、旨味・硬さ・弾力も楽しめるチャーシュー、細く硬めのメンマ、ほうれん草、海苔、鳴門です。増量したメンマ、ほうれん草、刻みねぎでボリューム感も得られます。今日は、ちょっと良いボリュームです。
お腹いっぱいで800円です。具沢山をお腹で感じるられるラーメンです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010.05.10

蓬来軒

蓬来軒 たんめん

新潟市の「蓬来軒」です。
坂内小路の東寄りにあります。
久々に好きな麺を食べたくてお邪魔しました。
お店は、右側に厨房、その中央寄りと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。庶民的な中華料理屋さんの雰囲気です。12時15分頃に着きました。サラリーマン風のお客さんが多く8割ぐらいの入りです。
カラー写真入りのメニューは説明もあり判り易くなっています。麺類とご飯ものもあり、麺類は中華系を中心に焼きそばにいたるまで豊富です。お腹は空いてますが健康的に多めに食べたい気分なのでたんめんにしました。
お昼時間はお客さんも多く、中華鍋を使う中華系メニューが人気なので、ある程度の待ちは覚悟しています。時間がかかるときもありますが、今日もいつもより早く出来てきました。
綺麗な美味しそうな野菜の色が器の表面を覆っています。
麺は、細く縮れが少し弱めのシコシコプリプリした歯応えの良いものです。好みの麺で、食べていて楽しくなります。
スープは、塩ラーメンのような淡い白の半分透き通ったものです。塩味ですが野菜から旨みが全体を軟らかい味に仕上げています。旨みのある塩ラーメンなのにあっさりしたスープです。
トッピングは、キャベツ・もやし・玉ねぎ・人参・きくらげ・豚肉の炒め物で、ボリュームがあります。
あっさりシンプルな塩ラーメンに野菜がたっぷりといった印象です。麺がいいですね。720円と安くはありませんが、たっぷりの野菜でボリュームもありなかなかよろしいんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.09

古町どんどん

古町どんどん

古町どんどんに行ってきました。
今回の古町どんどんは、“中国総領事館 開設記念!どんどんにミニ中華街登場!”ってなことでミニ中華街を楽しもうと思っています。

古町どんどん ROSA

アルコールも補給したいのでバスで古町へ向かいました。三越前で降りてROSAを通ります。凄い人です。今までの閑散としたROSAではありません。今回は、9番町のフリーマーケットから白山神社方向に向かおうと思います。大体どの辺りに何があるかを覚えながら進みます。

古町どんどん ミニ中華街

6番町のミニ中華街がめちゃめちゃ混んでます。新潟市の保盛軒をはじめ、横浜や神戸からお店も含め12店舗が出店しているそうです。6番町から柾谷小路を渡り5番町から振り返ると中華街のようなデコレーションが…。(トップの写真)

古町どんどん レーベンブロイ

乾いた喉とお腹を満たします。
レーベンブロイの樽生が350円です。

古町どんどん から揚げ

つまみは、五泉市のとりかんのから揚げです。300円です。
半身揚げも食べたかったのですが、他のものも食べたいので…。

古町どんどん ボルシチ

古町どんどん プレッツェル

相方の食べたボルシチとプレッツェルです。400円+150円です。

古町どんどん 中国獅子舞

5番町のステージでは、横浜の「国術団」による中国獅子舞が披露されました。鐘や太鼓など打楽器だけの賑やかな演奏と原色の華やかな獅子舞です。日本の獅子舞と同じように子供たちの頭を噛んでいます。

古町どんどん エチゴビール

6番町に戻りもう一杯いただきます。
外で飲むと美味しくて好きなエチゴビールです。400円です。

古町どんどん 元町コロッケ+チキンボール

つまみは、横浜の元町コロッケ+チキンボールです。100円+100円です。

古町どんどん 横浜中華パスタ

お腹にもう少しと思い横浜中華パスタです。500円→300円です。

古町どんどん マーボー丼

新潟の中華店も食べます。家寶のマーボー丼500円です。

古町どんどん 肉汁饅頭

最後に子供たちにおみやげを買って帰ります。
神戸中華街から出展した朋榮の肉汁饅頭(肉汁豚まん)です。人気があって常に大勢が並んでいます。ようやくってところで売り切れてしまい蒸し上がりを待ちます。10分ほど待ってやっと購入できました。1個300円。家に帰ってチョットの間に食べられてしまいました。誰と誰だ2個食べたの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.08

東横

東横寺尾店 野菜みそラーメン

新潟市の「東横 寺尾店」です。
西大通り(旧国道116号線)沿いにあります。
楽山苑ライトアップを見て自宅へ直行で帰る予定でしたが、昼をきちんと食べてなかったのと与板の石黒大判屋の大判焼きも食べれなかったので途中の東横に捉まってしまいました。
お店の前に数台停められる駐車場があり、少し離れて第二駐車場があるようです。午後10時と遅い時間だったのでお店の前に車を停めることができました。
お店は、入口が奥まっていて窓が少ない建物です。左側に厨房、中央にテーブル席、右側にカウンター席のように一人のお客さんが使えそうな大きなテーブルの席、奥と手前に小上がりがあります。最近の大きなラーメン屋さんの雰囲気です。お客さんは他に1組だけです。
メニューは、味噌・醤油・塩の各ラーメンを始め、定食まで幅広くやっています。1番好きな野菜みそラーメンにしました。
お客さんが少ないんで早くラーメンが出来てきました。
麺は、やや太の縮れ麺でモチモチしていて東横の濃い目のスープに合う麺です。やや硬めなのかモチモチ感が強く感じます。
スープは、割りスープが付くぐらい濃い目です。味噌の旨みが活きている美味しいスープです。ちょっと田舎みそのような雰囲気を感じる味噌です。味噌の旨みと自然な感じの甘みが良いです。最後に薄め用のスープを入れてみます。普通のラーメン屋さんの味噌ラーメンのスープと同じような味になります。
トッピングは、キャベツともやしの炒め物がのっています。火は通っているのですが、野菜の新鮮さのようなものを感じます。野菜炒めもまた濃い目のスープと良く相まってちょうど良い感じの味になります。
東横の味噌が、だんだん好きになってきました。お腹が空いたときの特に食べたくなる味です。癖になるます。790円と安くはありませんが野菜も多く、しっかり食べたって感じなので良い値段でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽山苑ライトアップ

長岡市(旧与板町)の「楽山苑ライトアップ」を観に行ってきました。いろんな建物がクリスマスから年末年始にかけてライトアップされますが、楽山苑はいつも5月の中旬に行われています。今年は、5月7日から16日までです。この楽山苑は、江戸時代屈指の豪商として知られる大坂屋三輪家11代当主三輪潤太郎の別荘として建てられたものです。簡素な中にもきめ細やかな匠の技が凝らされ、客人をもてなす様々な趣向にあふれています。普段から茶会の貸席として利用できるようで、今回のライトアップ期間中には、お茶会や演奏会などの催しが開催されます。
楽山苑の駐車場もありますが、すでに満車で長岡市役所与板支所の駐車場に誘導されました。と言ってもすぐ近くです。

楽山苑ライトアップ

楽山苑の全体が見えます。新緑の緑とライトのオレンジのコントラストが見事です。
少し山を登ったところに大坂屋別荘の楽山亭があります。

楽山苑ライトアップ 雅楽演奏会

楽山亭では、長岡雅楽愛好会の雅楽演奏会があります。
この演奏は、管楽器(吹物)の笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・龍笛(りゅうてき)、絃楽器(弾物)の楽琵琶(がくびわ)・楽箏(がくそう)、打楽器(打物)の太鼓(たいこ)・鞨鼓(かっこ)・鉦鼓(しょうこ)と8種の和楽器による演奏です。洋楽器の言葉を借りるとフルオーケストラということになります。
演奏される音と目の前に広がる光景は、タイムスリップしたかのような世界です。

楽山苑ライトアップ 積翠菴

茶室の積翠菴です。
落ち着いた雰囲気が素敵です。

楽山苑ライトアップ 景色

さらに上部には、観音堂があります。
観音堂の前まで上ると平野部の景色がとても綺麗です。
久々に歴史を感じる時間を過す事ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の夕日

今日も天気が良く、海に沈む綺麗な夕日が見られるかと夕方からシーサイドラインを柏崎方面に走りました。ちょうど長岡市(旧寺泊町)の郷本海水浴場辺りで日没の時間になりました。今日も綺麗な夕日とまではいきませんでした。残念。

今日の夕日 20100508

今日の夕日 20100508

今日の夕日 20100508

今日の夕日 20100508

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.07

山形のだし

山形のだし

昨日、試写会の後でイオン新潟南ショッピングセンターの食料品売り場を覘いたら・・・山形のだしが売ってました。秘密の県民ショーだったか?TV番組で取り上げられていました。秋田からの帰りに買おうと思えば帰るんですが、すっかり忘れていて新潟のスーパーで見付けました。早速購入。

山形のだし おぼろ豆腐

相手役はおぼろ豆腐にします。値段のお高い豆腐もありますが、高い豆腐はそれ自体が美味しいから山形のだしの美味しさか解らなくなりそうです。普通よりちょっぴり美味しそうかなってあたりの豆腐にしておきます。

山形のだし 調理例

おぼろ豆腐を器に空け、その上にたっぷりかけて食べます。だしの美味しさと野菜の食感がとても楽しいものです。野菜は、胡瓜、茄子、みょうが、大葉など香りとシャキシャキした食感を楽しめます。好みのものなのは理解できましたので、今度は、炊きたて白ご飯の上にかけて食べようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どん兵衛

どん兵衛

ゴールデンウィーク前半で広島までドライブした帰り、兵庫県内の高速パーキングエリアのコンビニでどん兵衛を購入してきました。
そう!関西版どん兵衛を食べてみたかったからです。
カップラーメンは関東と関西で味の違いがないようですが、うどんは関東と関西で味が違うため別物になっているとのことです。詳細は、ネットで検索するといろいろ食べ比べの情報がありますのでご覧ください。

どん兵衛 粉末スープ

粉末スープの袋の色からして違います。関東版:青、関西版:赤です。
さっそくお湯を入れて待つこと5分。スープを混ぜて均一にします。麺やキツネなどの具などに違いは見つかりませんが、スープが違います。スープが下に沈んでいるんじゃないかと思うような淡い色です。関東版のような濃い目の醤油の色ではありません。味もしょっぱさ控えめでダシが効いていてなかなか上品な仕上がりになっています。これもこれで美味しいです。今度行ったら、他のカップ麺も買ってきてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.06

トリック

トリック ポスター

映画の試写会が当たったので観に行ってきました。
映画はトリック 霊能力者バトルロイヤル、場所は「ワーナーマイカル新潟南」です。
試写会も新潟市内のものは月に1回程度当たっています。今回のトリックは、テレビでやっていると見ていて好きなので見ることにしました。

トリック 試写会入場券

通常の試写会は、葉書を見せて入場するようなものが多く、少し早めに行かないと良い場所で観れないのですが、今回は場所の指定ができるものでした。
内容については、上映前ですのでノーコメントとさせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉相

吉相イオン新潟南SC店 ねぎ(こってり)

新潟市の「ラーメン亭 吉相 イオン新潟南SC店」です。
国道49号線沿い新潟亀田インター近くのイオン新潟南ショッピングセンターです。
ワーナーマイカル新潟南での試写会の前に遅いお昼と夕食を兼ねて吉相のラーメンにしました。新潟でも安定した人気を誇るお店です。
お店は、奥に厨房、手前中央には配膳スペースを囲うようにカウンター席、それを囲うようにテーブル席があります。ラーメン店の雰囲気もありますが、ショッピングセンターレストラン街の落ち着いた雰囲気もあります。午後6時前に着きましたが、ポツリポツリとお客さんがいる程度です。
メニューは、らーめんとらーめんにトッピングを加えたものとシンプルです。好きな1スープのお店です。背脂の有無でスープのこってりとあっさりが選べます。吉相のスープならはこってりです。ねぎ(こってり)にしました。
吉相は、出来上がりがし早いです。このお店も待った感じがなく出来てきました。
青のラインの入った白い器にねぎが山盛りで出来てきました。
麺は、普通の太さですが口の中でやや太めに感じるプリプリしたパスタっぼい麺です。それでも好きな範囲で硬くゆでられている程度でまあまあ好みの麺です。
スープは、醤油の味がしっかりし、旨味もあり、なかなか美味しいスープです。背脂が浮いています。女池店を良く利用していますが、女池店より多くこってり感が強く感じます。スープを飲んだときに背脂の胸焼けしそうな重みを感じます。
トッピングは、苦手な魚の水煮の缶詰のような味で軟らかいチャーシュー、もやし、海苔、たっぷりのねぎです。なぜか紅生姜ものってます。テーブルには辛味も用意されていて、半分ぐらい食べてから辛味を入れて食べます。こってりが少し和らぎます。
なかなかバランスの取れたラーメンだと思いますが、こってりがきつく感じました。ラーメンがこってりしているのか、身体がこってりを受け付けなくなってきたのか。

吉相イオン新潟南SC店 らーめん(あっさり)

相方が食べたらーめん(あっさり)です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.05.05

今日の夕日

今日の夕日

今日は、写真の整理をして夕方からのんびり海に来ました。昼間は良かったのですが、低い場所の空気が澄んでいません。まるで黄砂かなって思うほど視界が悪いです。夕日も遥か上空で見えなくなりました。

全日空機

佐渡汽船

飛行機や舟を撮って遊んでいますが。良く見えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.04

櫛引温泉 ゆ~TOWN

櫛引温泉 ゆ~TOWN

山形県鶴岡市の「櫛引温泉 ゆ~TOWN」です。
鶴岡市から国道112号線を月山方面に進み、櫛引総合運動公園の入口にあります。
櫛引町営温泉としてオープンし、鶴岡市との合併もあり第3セクターで運用しています。
新潟~秋田間を帰省で通る途中で温泉はないかと探していくつか見つけました。その中から赤川の花火が見事だったので、赤川に面したこの温泉に入ってみようと思いました。事前のネット情報では、鉄分を多く含むため赤い温泉ということで、先に行った有馬温泉のような温泉かと思って訪ねました。
町の温泉といった雰囲気そのものです。玄関も普通の下駄箱と鍵のかかる下駄箱があります。玄関に置かれた券売機で400円の入浴券を購入して、フロントに券を出して浴場に向かいます。脱衣所も棚に籠があり、貴重品は100円返却される貴重品のローカーに入れるようになっています。
大きな浴槽があり、中央部が泡風呂で勢い良く泡が出ています。赤い温泉といわれていますが、赤いことは赤いのですが思ったほどではなく、違和感なく入れます。これだけかと思ったら扉から出入りする人がいます。行ってみると螺旋階段があり2階に行けます。2階は、透明なお湯です。お風呂の隅に行者ニンニクみたいなものがいっぱい入った網の袋があります。薬湯みたいな感じです。こちらは、マッサージ付きの寝湯、打たせ湯、サウナなどがあります。ネゾネットっぽい温泉は初めてです。
後にパンフレットをいただいて判明しましたが、1階は源泉で、2階は源泉から鉄分を取り除いたものです。
泉質は、1階がナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)で、2階がナトリウム-塩化物・硫酸塩温泉(低張性中性高温泉)となっています。
備品は、リンスインシャンプーとボディソープです。これだけの設備で、効用ありそうな温泉で400円ですからお得な温泉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

庄内観光物産館

庄内観光物産館 庄内庵 肉天稲庭うどん

山形県鶴岡市の「庄内観光物産館 庄内庵」です。
国道7号線沿い山形自動車道鶴岡インターの近くにあります。
帰省の往路途中で荘内飯カレーを食べて、もうひとつ食べたいものがありました。
山形自動道鶴岡インターから庄内観光物産館に入ります。午後2時過ぎとお昼時間を外しましたがお土産を買う人たちなんでしょう駐車場が混んでいます。係員の誘導ですんなり停められました。物産館の中もお土産を買う人で混んでいますが、おそばのレストラン「庄内庵」は、席が半分ぐらい埋まっている程度で座れました。目的の肉天稲庭うどんにしました。お店そのものは、そばと麦きり中心のお店ですが、ディスプレイにあるで肉天稲庭うどんを見て食べたいと思いました。子供たちは麦きりです。
お店のディスプレイには、メニューと値段程度の表示でしたが、メニューにはもう少し詳しく書かれています。稲庭うどん2玉で器の直径が30cmです。
子供たちの麦きりが先に出て、大きな器の肉天稲庭うどんができてきました。
さすがの迫力です。おそばや稲庭うどんは冷たい方が好きなんですが、これは温かいものです。稲庭うどん2玉、海老天2本、牛のそぼろ煮、温泉玉子、天かす、ねぎが綺麗に盛られています。稲庭うどんは、庄内でも作られているようですが、やっぱり秋田県湯沢市の方がチョット好みです。海老天はしっかりしていますし、牛肉のそぼろ煮が美味しいです。
お殿様にでもなったような気分の大きな器にこれだけのボリュームで980円です。とても楽しませていただきました。また、寄らせていただきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

角館の桜まつり

子供の頃は、ゴールデンウィークに角館のお花見でした。近年の温暖化でゴールデンウィークは、葉桜の状況が続いていました。今年は、開花が遅れ子供の頃のようにゴールデンウィークお花見ができます。昨日からのまとまった雨が止み日差しが射してきました。天気予報は、曇り時々雨となっていますが…。朝刊を見ると角館のお花見が1面に写真入りで載っています。10mぐらい幅の武家屋敷通りが人であふれています。こりゃ早い時間にしようとさっそくお花見に行ってみます。
実家から角館に近づくと天気が怪しくなってきました。靄がかかっていて、霧雨も降っています。逆に花見客が少なくて良いかなと思いながら向かいます。
まずは、桧木内川堤のソメイヨシノを下流から観ます。
開花情報では、満開一歩手前です。

角館の桜まつり 桧木内川堤 横町橋

横町橋です。昔は川幅のない川で、知っている限り2代目の橋です。対岸の桜は河川改修後に植えられた桜です。改修前は、対岸も同じような桜並木でした。

角館の桜まつり 桧木内川堤 横町橋上より

その横町橋よりさらに上流側です。

角館の桜まつり 桧木内川堤 横町橋近く

河川堤防で桜を観れるところがいろいろありますが、好きなのは堤防よりも低い位置まで下がった桜の枝に咲いた桜の花です。

角館の桜まつり 桧木内川堤

桧木内川堤の桜のトンネルです。ほんの偶然の一瞬です。人が途切れました。
桧木内川堤にステージや露店が建ち並ぶ普段駐車場になっているスペースがあります。仕込みを始めているお店はあるものの露店の営業開始はまだのようです。

角館の桜まつり 武家屋敷通り 樺細工伝承館

武家屋敷通りに入ります。こちらは混む前にゆっくり観ようとしているのでしょうか。混んでいます。1番人気を集めているのが樺細工伝承館前です。

角館の桜まつり 武家屋敷通り 樺細工伝承館 アップ

樺細工伝承館の庭から撮る写真も良いのですが、まだ会館前なのです。
外からアップの写真を撮ってみます。綺麗な色です。

角館の桜まつり 武家屋敷通り 樺細工伝承館 枝垂れ桜

武家屋敷通りの面したところの枝垂れ桜です。

角館の桜まつり 武家屋敷通り 樺細工伝承館 カメラマン

朝の早い時間は、この場所が人気になっていて三脚の数が一番多いようです。
現在、5月4日7時17分です。

角館の桜まつり 武家屋敷通り 古城山方向

武家屋敷通りです。古城山方向です。

角館の桜まつり 武家屋敷通り 横町方向

横町方向です。

角館の桜まつり 武家屋敷通り まるかわ

甘味処まるかわの枝垂れ桜です。

角館の桜まつり 武家屋敷通り 青柳家

青柳家です。武家屋敷の中でも人気のお屋敷です。

角館の桜まつり 武家屋敷通り 河原田家

河原田家の桜です。黒とピンクのコントラストを楽しめます。

角館の桜まつり 武家屋敷通り

昔は、歩道が高くなっていて散策しにくい通りでしたが、歩道の段差もなくなり散策し易くなりました。武家屋敷通りもだいぶ混んできました。逃げます。
花場を通って田町へ。

角館の桜まつり 田町武家屋敷ホテル

田町武家屋敷ホテルの枝垂れ桜です。昔ホテルなんかなかった。何があったろう。

角館の桜まつり 安藤醸造元

角館町の味噌と醤油の老舗の安東醸造元です。

角館の桜まつり 安藤醸造元 古木桜

角館の桜まつり 安藤醸造元 枝垂れ桜

安藤醸造元の古木のソメイヨシノと枝垂れ桜も綺麗です。五月人形を見せてもらえると思いますが、以前見たので今回はパスして街を抜けます。
角館の桜は綺麗で好きですが、近年人が多くなってきて大変な状態です。アイリスの影響で田沢湖周辺も物凄い人になっています。静かなふるさとは、ガイドブックに載っていないところだけになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.03

夏瀬温泉 都わすれ

夏瀬温泉 都わすれ

秋田県仙北市田沢湖町の「夏瀬温泉 都わすれ」です。
国道46号線神代地区から5㎞ほど徐行しないとすれ違えないような狭い未舗装の山道を入ります。神代ダムの湖畔を通った先に、途中に民家もなくやってきた山の中に不釣り合いな建物があります。
洋館ではありませんが和風ではない、洋風寄りの和洋折衷の建物です。建物前が広くどこにでも車は停められます。ヘリポートもあります。なんで?ドクターヘリ用かな?
案内の看板があり、日帰り入浴は、午後3時までです。午後2時30分なので間に合いました。宿泊用の入口と休憩所の入口があり、日帰り入浴は休憩所の入口から入り、フロントに進みます。

夏瀬温泉 都わすれ ロビー

洋風でお洒落なスペースです。入浴料500円を支払います。大浴場は午後4時に男女入れ替えをするとのこと。午後4時までは女子のお風呂のみ露天風呂があるとのことです。

夏瀬温泉 都わすれ 浴場

廊下を進み浴場に向かいます。浴場の入口からは和風です。脱衣所は温泉らしい小綺麗なものです。
浴室は、壁の下部30㎝ぐらいがコンクリートですが、その上部、床、天井、浴槽などすべて青森ヒバを使ったものになっています。浴槽は普通の温度(42度源泉掛け流し、冬場加温)のものぬるゆがあります。どちらも6人ぐらい入れる大きさです。他にはありません。
泉質は、ナトリウム―硫酸塩泉(低張性、弱アルカリ性温泉)です。無色透明、やや硫黄っぽいような僅かな匂いと鉄分のような僅かな味がします。備品は、ボディソープ、シャンプー、コンディショナーがあります。

夏瀬温泉 都わすれ 本館?

中庭のベンチでちょうどい春風で涼んで帰ります。帰りにパンフレットをいただいて帰りました。都わすれは、10室の宿で部屋に露天風呂が付いています。だから大浴場がそんなに大きくなかったのでしょう。27000円~2名様利用1名様料金と周辺に多い湯治用の温泉とは少し違った温泉です。また、ヘリポートは、秋田空港から送迎ヘリ用のヘリポートでした。1人45000円2名以上で要予約となっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刺巻湿原水芭蕉群生地

秋田県仙北市田沢湖町の「刺巻湿原水芭蕉群生地」です。
国道46号線沿い田沢湖線刺巻駅近くにあります。水芭蕉の群生地があるのは知っていましたが、同町の玉川地区や乳頭温泉郷などあちこちに水芭蕉が群生しているようであまり見ようと思っていませんでした。水芭蕉は珍しくありませんが、湿原がどんなものか見に来ました。
何ヶ所かに分かれて駐車場があり、交通誘導員が誘導してくれます。湿原の入口には、地物を中心に食べ物などが販売されています。入口で協力金をお願いする箱があります。気持ち程度ですが入れて入ります。
3haの湿原は木道が整備されていています。通常の幹線ぽいところはすれ違えるように2本になっていますが、途中を結ぶようなところは1本で、途中にすれ違えるよう広いところもあります。何ヶ所か広くゆっくり見る場所もあります。敷物を敷いて見ている人もいます。湿原ということで傾斜も少なく快適に見ることができました。

刺巻湿原水芭蕉群生地

刺巻湿原水芭蕉群生地

刺巻湿原水芭蕉群生地

刺巻湿原水芭蕉群生地

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八津・鎌足カタクリ群生の郷

秋田県仙北市西木町の「八津・鎌足カタクリ群生の郷」です。
国道105号線沿い秋田内陸縦貫鉄道八津駅近くにあります。実家からあまりに近いので行ってませんでしたが、ちょうど綺麗に咲いているようなので行ってみました。

八津・鎌足カタクリ群生の郷 カタクリ館

駅近くにカタクリ館というビジターセンターがあります。20haの広さがあり車を乗り入れての見学もできますが、徒歩で散策することにしました。里山を巡る散策ですが山の傾斜も適度にあり、なかなかいい運動になります。
秋田の道を通ったことのある人は気が付いたと思いますが、秋田の道路の路肩は季節毎に色とりどりお花が咲いています。昔から“花いっぱい運動”という運動をしていて、県下の綺麗な地域を県が表彰しています。老人から小さな子供までが日頃から手入れをしていて、花を大切にする習慣があります。そんな地域のカタクリの群生地です。
周辺は西木栗という大きな栗の産地で栗山一体がカタクリの群生地になっています。
入園料は一人300円です。

八津・鎌足カタクリ群生の郷 カタクリ

八津・鎌足カタクリ群生の郷 カタクリ

八津・鎌足カタクリ群生の郷 カタクリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.02

サーティワンアイスクリーム

サーティワンアイスクリーム ココナッツグローブ&ハワイアンクランチ

秋田県大仙市の「サーティワンアイスクリーム」です。
国道13号線沿いイオン大曲ショッピングセンター内のフードコートにあります。
ラーメンを食べた後のデザートです。
テレビコマーシャルでバンバン見せられて、しかもGW期間中は31%Offとなると食べずにはいられません。同じような人が多いようで50人ぐらい並んでいます。
今回は、5月から新登場のココナッツグローブハワイアンクランチのレギュラーサイズのワッフルコーンにしました。
…美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林泉堂

林泉堂

秋田県大仙市の「林泉堂」です。
国道13号線沿いイオン大曲ショッピングセンター内のフードコートにあります。
横手焼きそばと十文字ラーメンのお店です。
メニューは、横手焼きそば、十文字ラーメンとトッピングを加えたもの、秋田比内地鶏ラーメンがあります。十文字ラーメンと秋田比内地鶏ラーメンは、モンドセレクション最高金賞受賞とシールが貼られています。十文字ラーメンにしました。
十文字ラーメンは、十文字町(合併等後不明)のご当地ラーメンで、秋田ではそこそこ名の知れたラーメンです。午後2時前とお昼時間を外したのですぐにできました。

林泉堂 十文字ラーメン

澄んだスープが美味しそうなラーメンです。
麺は低温熟成とのこと、極細の縮れでシコシコした歯応えの楽しい麺です。
スープは、煮干しと鰹節の和風スープとのこと、醤油の旨みと塩の引き締まった感じ、ダシの旨み、あっさりした仕上がりが昔懐かしい中華そばの味わいです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、油揚げと麩の中間のようなもの、鳴門とシンプルです。
あっさりして優しい中華そばです。ボリュームはありませんが、480円とお手頃なので、おやつにいいような気もします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.01

庄内観光物産館

庄内観光物産館

山形県鶴岡市の「庄内観光物産館」です。
国道7号線沿い山形自動車道鶴岡インターの近くにあります。
秋田に帰省の途中での昼食です。家族みんなが食べれるお店選びは大変ですが、いろんなお店があって大丈夫そうなのでここにしました。
新潟ふるさと村バザール館と似たような広さとお店の構成になっています。お土産物の販売中心ですが、レストランも入っています。“おくりびと”をはじめとして多くの映画がこの庄内で撮影がされこともあり、その効果か観光バスも含め混んでいます。
おそばのレストランで食べたいと思いましたが、子供たちが軽食コーナーっぽいお店のうどんが美味しそうで、そのうどんを食べたいとそのお店で食べることにしました。
メニューは、うどんとカレーが中心で、だだちゃまめのジェラートもあります。うどんもいろいろあり美味しそうですが、カレーライスには“当店自慢手作りカレー”と書かれたポップが貼られています。気になるメニューがあります。荘内飯カレーです。(庄内と荘内が気になる方はネットで調べてください:どちらも使用できます)1.2㎏と表示があります。カレーライスが500円、カツカレーが650円とお手頃なお店で700円します。1.2㎏もパッと来ません。まあ食べれないこともないだろうと荘内飯カレーを食べて見ることにしました。
屋内にテーブル席がありますが、SAやPAのように屋外でも食べれます。天気が良いので屋外のテーブルで食べることにしました。しばらくすると前払い時に渡された番号札の番号が呼ばれました。

庄内観光物産館 荘内飯カレー

引き渡し場所に行くと、とても大きな器に盛られたカレーがお盆に入っています。こぼさないようにテーブルに移動します。周りの人の目が気になります。
普通のカレーライスって500グラムぐらいなんでしょうか。2人前よりは多そうですが、3人前はありません。2.5人前にあたりでしょう。
カレーは、とろみのある家庭で食べるカレーの感じです。具も大き過ぎず小さ過ぎずに食べ易い大きさです。ビーフが結構入っています。やや甘めで子供でも食べられるカレーです。CABANのガラムマサラとカエンペッパーが瓶ごと付いています。カレーの香りはいい感じなのでカエンペッパーで辛みを加えて食べます。好きなカレーになりました。
美味しくてペロリといけちゃいました。簡単に食べれましたが、だだちゃまめのジェラートをデザートにする気分でもないことを付け加えておきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »