« 孔明 | トップページ | 白寿 »

2010.05.17

八七三家

八七三家

東京は新橋駅前の「横浜家系ラーメン 八七三家」です。
新橋駅前ビル1号館1階にあり、ビルの中側、外側に両方に入口があります。
新橋駅前を移動するときは地下を移動することが多く、この辺りなんだがってな具合でなかなか見つけられずにいました。今日見つけました。
お店は、牛丼店みたいなファーストフードっぽい作りで、配膳用の通路2本に向いたカウンター席だけのお店です。小さめのお店ですが、席数が確保されています。午後8時過ぎですがさすが東京です、結構お客さんが結構入っています。
メニューは、ラーメンとつけめんとシンプルです。ラーメンは、盛りが3種(並:1.0、大盛:1.5、特盛:2.0)の3サイズがあり、麺の硬さ・スープの濃さ・油の量を5段階で選択できます。ラーメン(並)で麺の硬さ・スープの濃さ・油の量は普通にしました。
お店の雰囲気からかも知れませんが早く出来てきそうな雰囲気なんですが、普通の待ち時間で出来てきました。

八七三家 ラーメン

白い綺麗な器に褐色のスープが旨そうなんだけどこってりもしてそうに見えます。
麺はやや太の縮れで、硬めにゆでられたものです。苦手なタイプの麺です。家系ラーメンらしく短い麺です。ゆで鍋に残ったものを丼に入れたのかなと思うような麺です。
スープは、豚骨醤油風でトロミがあってかなり濃厚・こってりに感じます。カウンターにニンニク、生姜、豆板醤が用意されています。おろし生姜を入れてみます。青島のようなさっぱりした味になります。こってり感が半減されます。美味しいやって今度は豆板醤を入れてみます。元のスープや生姜との相性も良くこってり感がなくなります。
トッピングが、シャーシュー、ゆでほうれん草、海苔3枚です。家系らしいものです。
生姜と豆板醤のお陰で食べ易くなり完食できました。器の底には“完食ありがとうございました。また、来てね!”と書かれています。他のお客さんが水のコップとラーメン丼をカウンターの一段高いところに返しているので真似をして返して布巾で拭いて帰ります。店員が片付けのお礼と『完食ありがとうございました。』って大きな声で送ってくれました。家系はこってりで好きじゃなかったんですが生姜でもう少し楽しんでみようかなと思う1杯でした。650円もこの場所なら良心的でしょうか?

|

« 孔明 | トップページ | 白寿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/48388898

この記事へのトラックバック一覧です: 八七三家:

« 孔明 | トップページ | 白寿 »