« 越後三条・高城ヒメサユリ祭り | トップページ | FM PORT 10th ANNIVERSARY キャラバン ステッカーキャンペーン Vol.1 »

2010.05.22

源流

源流

新潟市(旧白根市)にオープンした「チャーシュー撃城 源流」です。
国道8号線沿い鯵潟の押しボタン式信号機の交差点の角にあります。ステーキハウス大蔵のあった場所です。
看板には「らーめん 滋魂」や「ガッツリ食堂 ドカメン」同様に“JUN ism”と書かれています。らーめん処潤の直営なのか暖簾分けなどなのかは不明ですが、最近、味の展開を図っているようです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前に小上がりがあります。開店祝いの花輪越しですが外装はあまり手を入れてないように見えます。内装は全面的にやり直したようで落ち着いた雰囲気です。午後5時頃に着きました。数組のお客さんがいる程度です。
入口正面に食券販売機があります。メニューは、源流ラーメン、淡麗ラーメンとそれらにチャーシューを加えたものや極、タンメン、豚トロBig、味噌ラーメン、BAKUDANなどがあります。つけめんとそれの極、冷し中華はまだ提供前なのか売り切れになっています。食券販売機の上に各ラーメンの説明が書かれています。が、極についての説明がありません。アルバイトらしき店員に聞くと、判らず厨房から店主らしき人が来て説明してくれました。通常のらーめんやチャーシューはもも肉のチャーシューで、極はもも肉、肩肉、バラ肉の3種のチャーシューがトッピングされるとのことです。最初のボタン位置の源流ラーメンにしました。
席数も多くないのですが店員が多めにいます。アルバイト風が2人います。食券販売機の食券を受け取り、席に案内し、出来たラーメンを出すまでが1人、もう1人は水を出し帰ったお客さんの食器を下げるようです。その他は開店直後でらーめん処潤からの応援なんでしょうか?食券販売機や店内のあちこちに『しょっぱうまい!うす味がご希望のお客様は、あらかじめお申し付け下さい。』などと書かれています。どれほどのしょっぱさか気になります。
お客さんが少ないときに注文したので普通の待ちで出来てきました。

源流 源流ラーメン

麺は、やや細のストレート麺です。麺の表面が中華麺などで使用されているようなツルツルしていないタイプの麺です。スープとの絡みのいい麺です。
スープは、色が独特です。醤油味なのは判りますが、黒っぽくではなく茶色で濁りのあるタイプです。黒胡椒が予め振り掛けられていて富山ブラックのような感じもします。実際に食べてみると普通の醤油だけより少したまり醤油が混じっているような印象です。しょっぱうまい!って事で富山ブラックのようなしょっぱさが新潟で食べれるのか?GOINGOINの中田ブラックよりもしょっぱいのか?なんて期待しましたがそれほどのしょっぱさはなく期待外れですが普通で安心した感もあります。おろし生姜がトッピングされていて、麺を食べるときに匂いが鼻から入ってきます。匂いだけで青島ラーメンを食べているような錯覚をしてしまいました。スープに溶かすと結構生姜が強くヒグマのスープに似た印象です。
トッピングは、もも肉チャーシューってことで脂身の少ないものです。味付けなどの醤油の好きな感じです。青島やヒグマに似た印象ですが、軟らかくその分やや厚めに切られていています。量も多めです。他にはメンマ、ほうれん草、輪切りねぎです。
“JUN ism”ってコッテリ脂多めの事かと思っていましたがちょっと安心しました。富山ブラック・青島・ヒグマを食べたような印象が残りました。680円と普通のラーメンにしてはお高いラーメンですが半チャーシューメンのようなボリュームなので最近のお店としてはまあまあいい線いっているようです。チャーシューメンがメニューにないチャーシューメン並みの富山ブラックの大喜が700円、青島が600円、ヒグマが550円を考えるとやっぱお高いかなと思います。ガッツリお肉を食べたい人にはどうでしょうか?

|

« 越後三条・高城ヒメサユリ祭り | トップページ | FM PORT 10th ANNIVERSARY キャラバン ステッカーキャンペーン Vol.1 »

コメント

いつも拝見してます。レポ頑張ってください。
自分も管理人様と同じくらいの時間で源流ラーメン食べてました。十分おいしいラーメンでしたが個人的には価格的にも全体の味のバランス的にも青島を選びますかね。

投稿: ライト | 2010.05.23 13:09

>ライトさん

ありがとうございます。

ニアミスしましたか!
ヒメサユリの小径を汗だくで登ったので、汗臭かったのが私です。

最低ラインが680円なんで家族で食べに行くにはきつく感じます。
チャーシューが好きな人のお店かなって感じました。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2010.05.23 20:02

俺は13:30に行きました。
それでも10人くらい並んでましたよ。
確かに極についての説明なかったですね~
俺は最初だからノーマルにしました。
淡麗ラーメンを今度食べようと思います。

今日は西区青山のマンション(カメリアマンション?)の1階に出来た「菜の」という店に行きました。
和風のサンラータン麺といった感じで好みの別れる味かと思いますが、俺はまあまあいい感じでしたよ。

投稿: かず | 2010.05.23 21:09

>かずさん

淡麗ラーメンは食べておきたいと思います。
お昼だとしばらく並ぶでしょうね。

「菜の」って出来たんですか。
西で食べるときにいってみます。
って覚えていられるか?

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2010.05.24 01:17

淡麗ラーメンは先日BSNで放送した番組で信越麺戦記っていう長野のラーメンイベントを紹介してましたが、その時にらーめん潤がイベント限定で出したラーメンがベースになってる感じです。
俺的にはつけ麺も試したいです。

投稿: かず | 2010.05.25 21:59

>かずさん

信越麺戦記は、前半に行って食べました。
潤は後半でした。

淡麗って日本酒業界からビール業界に広がった言葉だと思うんですが。

あっさりした味わいですよね。
淡水のように綺麗な色と味わい。とか。

言ったもん勝ちのようなことにならなければ良いのですが。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2010.05.26 02:07

こんにちは。レポート参考にさてせもらってます。

僕は23日の11時過ぎに行きました。
さすがに開店してからの初めての日曜日、
すでにお客さんで満員で、店の入り口に8人くらいのお客さんが並んでいました。
でも回転がいいのかすぐに入れましたけどね。

頼んだのは様子見もかねて源龍ラーメン。
濃い色のスープに潤の味を期待しましたが、圧倒的な生姜の味!
もう後半は生姜の苦味というか渋みが苦痛になってきて
ここ最近ではめずらしくスープを残してしまいました。
生姜は苦手ではないのですが、あれはチョット…
今度行った時は淡麗にしようかと思いましたが
調べてみるとどうやら淡麗にも下ろし生姜がのっているとか。
せっかく近所にラーメン店ができたから喜んでいたのに、ちょっと残念です。

あ、でもヨメは味噌は旨いって言ってましたョ

投稿: だい | 2010.05.27 08:11

>だいさん

ありがとうございます。

生姜を全部入れると結構きつめに効きますね。

最近のラーメンは、これでもかって味の強いものが多くて麻痺してしまっている人が多いんであれでちょうどいいと言うことになっちゃうかも知れないです。
入れる量を調整して(混ぜる前に少し取り出す等)楽しむといいかも知れないです。

淡麗って言葉を使ったラーメンは興味あります。
時期を見計らって行ってみます。

味噌は美味しかったようですね。
もう、ラーメン食べると汗が出そうなんで気候みて食べてみたいです。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2010.05.28 00:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/48433373

この記事へのトラックバック一覧です: 源流:

« 越後三条・高城ヒメサユリ祭り | トップページ | FM PORT 10th ANNIVERSARY キャラバン ステッカーキャンペーン Vol.1 »