« 駅弁 村上牛しぐれ | トップページ | すずらん »

2010.05.25

デニーズ

デニーズ武蔵小杉店

川崎市の「デニーズ 武蔵小杉店」です。
武蔵小杉駅が最寄駅になります。神奈川の県道2号線沿いです。
ラーメン二郎武蔵小杉店で食べようと思い行ったのですが、定休日でした。周辺で食べたいと思うお店も知らないので、近くのデニーズにしました。会津若松で食べて以来なので10年以上食べていないです。
お店はファミレスらしいっていうか、ファミレスと言えばスカイラーク(ガスト)かデニーズかって時代もありましたんで、ご想像どおりです。午後12時30分過ぎに着きましたが、6割ぐらいのお客さん入りかなって具合です。
メニューは、ハンバーグが中心で、他にもいろいろあります。麺類も中華麺、香辣!!担々麺などがあり、さらに本日5月25日から魚介豚骨つけ麺が新登場のこと。そりゃお祭り好きな性格ですから食べるしかないでしょう。餃子やライスなどの組み合わせもあります。魚介豚骨つけ麺半炒飯セットにしました。

デニーズ武蔵小杉店 魚介豚骨つけ麺

さすがデニーズ。早い出来上がりです。注文請けてから麺ゆでているんだろうな!って聞きたくくらい早いです。
冷し中華のような皿に、冷し中華のように盛り付けられています。
麺は太縮れでモチモチした食感ですが、程良いゆで具合で硬過ぎず食べ易い麺です。
つけ汁は、豚骨と魚介とメニューの名前にまでなっていますが、確かにその通りです。ただ、わざわざそういった名前を付けなくてもいいんじゃないかと思うような標準的な味のつけ汁です。ツルツルしてあまりスープと絡まないだろう麺に合う濃いめのつけ汁です。
トッピングは、麺の上にのせられています。チャーシュー、メンマ、ゆで玉子、水菜、白髪ねぎ、海苔と冷し中華のような豪華さです。逆に何もないつけ汁が寂しいです。
つけ汁の器が小さいと思っていました。中華料理店で飯物や焼きそばを食べたときに付いてくるスープみたいな量です。すぐに温度が下がりました。食べ終わる頃には大した量は残っていません。スープ割りなんかしないんでしょう。
味的には、誰でも食べれる癖のない食べ易いものでした。初めてつけめんを食べる人なんかには良さそうに思えます。って考えたら、家族なんか(孫を連れた年輩客など)が初めてつけめんを食べるときにラーメンスープみたいだと思っていて、つけ汁の味にビックリされないように濃厚な味を想像させる魚介豚骨という言葉を付け加えたんでしょう。

デニーズ武蔵小杉店 半炒飯

炒飯は、醤油味って色をしていますが薄味です。もう少し味の濃さがあってもいいかと思います。玉子も少ないです。
魚介豚骨つけ麺は680円で、半炒飯のセットは230円増しです。910円の昼食ですか。ちょっと高い昼食になっちゃいました。

|

« 駅弁 村上牛しぐれ | トップページ | すずらん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/48458703

この記事へのトラックバック一覧です: デニーズ:

« 駅弁 村上牛しぐれ | トップページ | すずらん »