« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010.07.31

和納十五夜まつり 花火大会

新潟市西蒲区(旧岩室村)の和納地区で開催される和納十五夜まつりの花火大会に行ってきました。和納十五夜まつりは、神輿渡御など有名ですが花火大会も2日間開催されます。その初日です。花火は、スターマイン5回とチョット寂しいものですが、田んぼの中で打ち上げられる花火はとてもよく見えます。

和納十五夜まつり 花火大会

和納十五夜まつり 花火大会

帰りはだいろの湯で、ゆったりして帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.30

泉貴

泉貴 サラダ冷麺

新潟市の「拉麺家 泉貴」です。
新幹線の高架下、女池から新和町の中間あたりにあります。
お店は、間口の広く奥に厨房、手前にカウンター席、左側に小上がりがあります。明るい木目調が印象的な清潔感のあるお店です。12時30分に着きました。今日は駐車場が空いていましたが、お店も空いています。
メニューは、醤油らーめん、味噌らーめんとそれらにトッピングを加えたものなどがあります。セットメニューもあります。醤油らーめんや味噌らーめんは食べたので夏らしいものはないかと見回したら、ありました。さっそくそのサラダ冷麺にしました。
親父さんと女将さんでやっています。お客さんが少ないこともあってすぐに作り始めてもらえました。女将さんはトッピングの野菜などを切り始め、親父さんはらーめん類とは別の麺を持ってきてゆで始めました。麺がゆで上がり、つゆをかけ、トッピングをのせて出来上がりです。
野菜たっぷりでサラダ冷麺という名に相応しいものです。
麺は、…。普通の太さのストレート麺です。少し透き通っています。冷麺と名の付いたもは、盛岡冷麺しか食べたことがありませんが、同じような麺です。ツルツルして物凄いコシの強さです。あごに力を込めて噛まないと噛み切れない麺です。本当に冷麺です。
つゆは普通の冷し中華そばっぼいもので、少なめにかかっています。
トッピングは、レタス、カイワレ、トマト、わかめ、赤い海草、チャーシュー、ゆで玉子、コーンと豊富です。サラダ冷麺と言うだけのことがあって野菜のボリュームがあります。
サラダ冷麺…。久々に冷麺の麺をを食べました。盛岡冷麺を食べて、冷麺は辛いものだと思っていましたが、必ずしもそうじゃないようです。でも、ねり辛子が付いていないのは残念でした。820円…。いい線かな。
醤油らーめん575円で、ランチのチャーハンセットが650円と割安です。ほとんどのお客さんがチャーハンセットを注文していました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.29

くら田

くら田 冷し中華(大盛)

新潟市の「めん処 くら田」です。
本町通りと東堀通りの間6番町にあります。
昨日からの雨で気温は高くないかも知れませんが、蒸し蒸ししていています。温かいラーメンより中華を食べたい気分です。いくつかある夏の間に食べておきたい冷し中華の美味しいお店の中で、まだ食べてないくら田にしました。
お店は、奥に厨房、右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木の感じが落ち着いた下町の雰囲気です。午後12時10分頃に着きました。今日は空いています。待たずに座れました。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、チャーシューメンがあり、夏季の冷し中華もあります。麺は、普通(160g)、中盛り(200g)、大盛り(240g)、ダブル(320g)と選べます。大盛りは100円増しですがサービス(無料)になります。壁に貼られたメニューには、残さないでねと付け加えられてあります。普通の細麺の他に平麺も選べます。スープも醤油味と塩味が選択できます。冷し中華がどこまで選択できるのかは不明です。妥当な線で冷し中華(大盛)にしました。
いつも通り手際よく作っていますが、出来上がりを待っている人も多く時間がかかるだろうと思っていましたが、そんなに待たずに冷し中華が出来上がってきました。
以前、同じ冷し中華(大盛)食べたときはラーメンと同じ器に盛られてきましたが、今回はお皿です。
麺は、細く弱い縮れの癖のない麺です。ツルツルして冷しらしくコシのある麺です。
つゆは透き通った薄い醤油色で、醤油の味が控えめ、あっさりに仕上がっています。酸っぱさは一般的なものと同じように効いているので、酸味が強く感じられます。
トッピングは、歯応えのある厚めのチャーシューが3枚入っています。脂の量が冷しでもちょうど食べ易い量です。浅漬かり薄切りのメンマ、胡瓜と生姜の細切りも入っています。生姜は、紅生姜ではなく色付けされていないものです。自然の色だけで美味しそうに見えます。
冷し中華は750円です。大盛り、ダブルまで麺の量を変更しても同じ値段です。とてもお手頃に美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.28

東横

東横駅南店 野菜みそラーメン(大盛)

新潟市の「ラーメン 東横 駅南店」です。
新潟を代表する味噌ラーメンの人気店です。
新潟駅南口からドンキホーテを過ぎた交差点を左に曲がった先にあります。駅周辺ですが駐車場があるので助かります。
今日は昨日と違う出張者と一緒です。札幌や博多で何度か一緒にラーメンを食べている人です。インパクトがあってしっかりした味のものをがっつり食べたいと思ってお邪魔しました。いつもそうです。というのもサービス券があり、麺大盛り、半ライス、煮玉子のいずれかのサービスを受けることが出来るからです。実は昨日も来ましたが、お店の中のテーブルやイスなどを出して大掃除をしていて営業していませんでした。
お店は、右側に厨房、厨房に向かって中央寄りカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。そこそこ歴史のありそうな庶民的で大きめのラーメン屋さんです。お昼時間前で何人かのお客さんがいます。
メニューは、味噌・醤油・塩の各ラーメン、つけめんを始め、定食まで幅広くやっています。麺の量も×0.5、×1、×1.5、×2、×2.5、×3、×4と野菜みそラーメンの野菜を楽しみたい女性から大食らいまで対応できるようになっています。一番人気であろう野菜みそラーメン(大盛)にしました。
お客さんが少ないんで早く出来てきました。
麺は、ぶっとい縮れ麺でモチモチしています。東横の濃い目のスープに合う麺です。やや硬めの茹で加減で好きなタイプの麺ではありませんが、野菜炒めを食べている間にちょうどよくなります。
スープは、割りスープが付くぐらい濃い目です。味噌の旨みが活きている美味しいスープです。ちょっと田舎みそのような雰囲気を感じる味噌です。味噌を濃い目にするから美味しいのか、濃い目にすると美味しい味噌を使っているのか?味噌の旨みと自然な感じの甘みが好きです。普段は麺や野菜炒めなどを食べ終わってから、濃いめのスープを直接飲んで楽しんで、さらに薄め用のスープを入れて楽しんでいます。出張者が途中で薄め用のスープを入れて飲んだら味噌の味がさらにいい感じでくるっていうので真似してみました。味噌の味が薄めてもしっかりきます。いつもは濃いめから普通の濃さにしていたんですが、少し濃いめっていうあたりが味噌の味を楽しむのにはいいです。そばつゆに蕎麦湯を入れて鰹節の風味を楽しむようなものでしょうか。
トッピングは、キャベツともやしの炒め物がのっています。火は通っているのですが、野菜の新鮮さのようなものを感じます。野菜炒めもまた濃い目のスープと良く相まってちょうど良い感じの味になります。
東横の味噌は、新潟に来た頃はそんなに好きじゃなかったんですが、食べる程にだんだん好きになってきて、今は癖になっています。薄め用スープで遊べるのが良いです。値段も野菜みそラーメンで750円で大盛りを楽しめるのなら今なら良い値段じゃないでしょうか。出張者にもなかなか好評でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.07.27

いっとうや

いっとうや 醤油(大盛)

新潟市の「ラーメン いっとうや」です。
紫鳥線の旧市民病院近く、セブンイレブンの裏にあります。
お昼時間を逃し午後5時を回ってしまいました。出張者も一緒で、新潟駅から遠くないお店と思いいっとうやにしました。
お店は、右側に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、手前にテーブル席、奥と左側に小上がり、入口近くに待ちのスペースもあります。この時間は空いています。奥の小上がりに座りました。
メニューは、醤油、かさね醤油、つけめん、辛つけめんとそれらにトッピングを加えたものがあります。夏のメニューもないようです。昨日のぎおん柏崎まつり海の大花火大会で露店で何か食べようと思っていましたが、食べたいものも見つからず、朝食も食べないので、久々の食事です。いつもなら早めに来て数量限定の炊き込みチャーシュー丼も合わせて食べますが、こんな時間なんでないでしょう。いっとうやのラーメンで大盛りを食べたことがないので食べてみます。醤油(大盛)にしました。
空いていて普段よりも早く出来てきました。
普通盛りの白い器ではなく、濃いめの色で厚みのある器です。
麺は、細くストレートに近い自然な縮れの弱いものです。適度なコシと噛み切れ具合の良い食べ易い好みの美味しい麺です。普通盛りで食べると最後まで美味しくいただけますが、大盛りだと多少飽きがきちゃいます。
スープは、醤油の色で、ちょうどよいしょっぱさです。醤油の持つ美味しさもありますが、お魚の煮物なんかに合いそうなとてもまろやかなものです。透き通っていて、魚介系の風味があり、動物系のダシも効いているんじゃないかと思うほど旨味があります。
トッピングは、大きな炙りチャーシュー、マッチ箱かと思うようなメンマ、半熟玉子半個、ほうれん草、海苔です。肉が好きなんでとても好きなチャーシューです。
魚介風味の醤油味スープに歯応えを楽しめる麺、上質なトッピングがのって…お腹いっぱいにになって700円で食べられます。新潟の新しいまろやかな味を楽しませてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.26

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 会場

柏崎市で開催された「ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会」です。
今年は柏崎市制70周年記念ということで例年増して盛大に行われるようです。越後三大花火(海の柏崎、川の長岡、山の片貝)の第一段は、海の花火のぎおん柏崎まつり海の大花火大会です。越後三大花火はいずれも開催日が固定日で決まっていて、今年はそのすべての開催日が平日になっています。
この花火大会、一昨年は東側の海岸から観ましたが、風下で煙に覆われる花火になってしまいました。昨年は、西の高台から観ることにしましたが、またまた風下でした。今年も西の高台で観ようかと思いましたが、東の風で風下です。午後4時過ぎなので風向きが変わるかも知れませんが、東側に移動します。車を停める場所も不明なので西側に停めて歩いて移動します。観覧席の有料席周辺は、さすがメジャーな花火大会の人混みと雰囲気です。駅方面から歩いて来る人、シャトルバスで来る人、観光ツアーバスで来る人、地元らしき人、人人人です。一般観覧席では、高い三脚を真ん中に立てている人がいます。後ろのお客さんの邪魔になるのに…。一部の人のために写真を撮っている人みんながマナー悪いと思われたり三脚が禁止になったら困ります。午後5時30分頃に東側の花火の観易い場所に着きました。東側は浜になっていて広いため場所の確保は容易です。あとは西日に耐えてじっと待ちます。開始時間が近付き隣にも写真を撮ろうとしている親父さんがきました。おいおい、人のアングルの中に三脚立てるなよ。写真撮る人のマナーの悪さを痛感しました。人の振り見て我が振り直せ!って…。
そして時間がきました。

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 花火

いきなり同時打ち上げからスタートです。不意を衝かれたようですが撮れました。
その後、あいさつが行われいよいよスタートです。

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 花火

ぎおん柏崎まつり海の大花火大会らしい花火です。明る過ぎます。

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 花火

これも例年上げられているカラフルなワイドスターマインです。

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 花火

さらにカラフルに綺麗に上がります。

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 花火

朝顔をイメージした花火でしょうか?夏らしい花火です。

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 花火

これも綺麗な花火です。

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 花火

大会の目玉1番目、尺玉100発一斉打ちです。明る過ぎます。反省!

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 花火

これもぎおん柏崎まつり海の大花火大会らしい花火です。

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 花火

いろいろ観ているとシンプルなのも良さを感じてきます。

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 花火

大会の目玉2番目、3尺玉2発同時打ちです。お空が壊れそうな音です。

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 花火

大会の目玉最後、尺玉300連発です。ちょっと渋いあたりを!

ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会 花火

最後は、ワイドスターメインと海上花火、斜め打ちの複合花火で終了です・
花火終了後は、観覧席から帰る人を横切って車まで戻らなくてはいけません。心配しましたが、海岸線の道が通行止めで広々使えて大きな混雑もありません。帰る途中にシャトルバスの乗り場があり、長い列が出来ていますが、バスも引っ切り無しに来ています。帰りは高速を利用し、なんとかその日のうちに帰宅できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.25

燕大花火大会

燕大花火大会 会場

燕市(旧分水町)で開催された「燕大花火大会」です。
大河津分水路可動堰周辺が会場となっています。
会場近くの工場のパナソニック電工の駐車場が臨時駐車場になっていて停めさせていただきました。一昨年の同じ花火大会やおいらん道中などの時に臨時駐車場となっており停めさせていただいております。ありがとうございます。午後5時30分頃の到着ですが一番乗りに近いような状態で、警備の人も仕事を始めたところでした。
会場の中心地まで歩いて行きました。よさこいなどが行われています。しかし、もろ風下のようなので対岸に逃げたいのですが、場所がなさそうだし半端な距離ではありません。そこで、上流か下流に逃げようと思い散策していると上流の方が良さそうです。可動堰のナイアガラと花火を同時に写真に撮れそうな場所にはすでに三脚が10本ほど立てられています。その近くにしました。

燕大花火大会 花火

尺玉が、容赦なく上がっています。可動堰の照明や水面の反射がいい感じです。

燕大花火大会 花火

10号玉の同時上げやスターマイン、10号玉の連続打ち上げなど迫力あります。
途中から可動堰の照明も消灯されました。

燕大花火大会 花火

最後はナイアガラです。ナイアガラ前のスターマインからシャッターを開けっ放しにしていて撮れた写真です。ナイアガラとその後のスターマインを一緒に写真に入れようとしましたが、あれれナイアガラで終わりのようです。
帰りは、弥彦~岩室のルートで帰りました。弥彦公園で開催された弥彦灯篭まつりの奉納花火大会が良く見えます。大きな玉は使っていないようですが、容赦なくあげるって感じです。弥彦温泉は物凄い音に包まれています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新潟みなと水遊記

みねゆき & はまゆき

新潟市の新潟西港で「新潟みなと水遊記」というイベントがありました。
海上自衛隊の護衛艦124 みねゆき126 はまゆきの体験航海と一般公開です。体験航海は応募していませんでしたし、一般公開は時間に間に合いませんでしたが、対岸のみなとピアから写真を撮ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.24

ばりきや

ばりきや前橋店

群馬県前橋市の「八番山 博多らーめん ばりきや 前橋店」です。
前橋の国道17号線から国道50号線入り伊勢崎方面に向かって3kmぐらい走ったところ前橋東署の近くにあります。
花火が終わり帰ろうと思いましたが、長岡方面が混んでいるので一旦魚沼方面に出ます。どうせ高速道路も1000円だしって思い、南の空の雷の下あたりの土砂降りの雨で多少車も綺麗になるかなって不順な動機で南へ向かいます。塩沢辺りから道路に雨の跡がありますが、降っていません。そのまま三国峠を楽しんで前橋まで行っちゃいました。で、お腹が空いてのラーメンです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前に広々したテーブル席があります。木の内装のラーメン屋さんらしい雰囲気です。前橋の若人が屯しています。
メニューは九州ラーメンのお店ってことで、とんこつ、+辛味噌、みそ、しょうゆなどがあり、トッピングやサイドメニューも豊富に揃っています。基本のとんこつ味のばりきめんかた麺でお願いしました。
九州ラーメンのお店らしいお店です。何がって、すぐに出来てきました。おいおいおい!どうなってんだってくらい早い出来です。

ばりきや前橋店 ばりきめん

九州ラーメンらしいラーメンです。トッピングも充実しています。
麺は、九州ラーメンらしい細ストレートで歯応えも良好です。
スープは、とんこつ味らしく白濁食で、しょっぱさや油の感じもなかなかです。擂り胡麻やにんにくをたっぷり入れていただきます。週末の楽しみです。
トッピングは、チャーシュー、きくらげ、もやし、九条ねぎです。
お店の親父さんらしき人に『麺硬くありませんか?』って聞かれました。『美味しいです。』って返しました。替玉は、バリカタでお願いしました。
ばりきめん650円+替玉150円で800円です。やっぱ長浜行って食べたい。

ばりきや前橋店 ばりきめん 完食

完食です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

川口まつり 花火大会

川口まつり 花火大会 会場

長岡市(旧川口町)の「川口まつり 花火大会」です。新潟で唯一であろう手筒花火の観られる花火大会です。中越地震の復興の元気付けにと始まって継続されています。また、長岡市と合併しての初の川口まつりです。温泉入って、ラーメン食べてってなつもりで出掛けましたが、午後6時過ぎに会場脇の国道17号線を流したらもう写真の撮りやすい場所が結構埋まっています。周辺の高台など良さそうな場所がないか見て、旧役場近くの駐車場に車を停め、会場へ向かいます。場所は、確保できました。この場所選びも大変です。通路になりそうなところの脇は人の通りに邪魔されるし、前に子供がいると立ち上がって遊び出すし…。

川口まつり 花火大会 開始前

花火の開始時刻が近づいてきました。
天気が心配です。南の空が時々雷で光っています。

川口まつり 花火大会 花火

花火大会が始まりました。
5号玉、7号玉、10号玉が打ち上げられます。
10号玉はこの姫菊がほとんどです。
川の合流地点での花火なので、ずっと下まで星が落ちてきます。柳のように。

川口まつり 花火大会 花火

10号2発上げなど組み合わせも楽しめます。

川口まつり 花火大会 花火

綺麗なスターマインも上がります。

川口まつり 花火大会 手筒花火

楽しみにしていた伝統花火「手筒花火」です。静岡県三ヶ日町の皆さんです。

川口まつり 花火大会 手筒花火

今回は、紅一点女性も打ち上げに参加しています。手筒花火は自分で製作して打ち上げるものなので、女性がいるとは思いませんでした。

川口まつり 花火大会 手筒花火

最後に、この「はね」と呼ばれる爆発で終わります。迫力あります。
ほんの少しで終わりかと思いましたが、たくさんやってくれました。最後は5人で同時開始です。そして「はね」も同時です。静岡、愛知の花火も熱いです。

川口まつり 花火大会 花火

そしてフィナーレは、復興祈念花火「エピセンタ(震央)」です。
いい花火大会です。今年も楽しませてもらいました。
心配していた雨にも当たらずすみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.23

じじ&ばば

じじ&ばば 冷し中華

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
今週中の仕事を片付けたら遅い時間になりました。じじ&ばばで栄養補給と夕食です。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。街が賑わっていたので混んでいるかと思いました。日付が変わろうとしている時間で着きましたが、2組みのお客さんで半分くらいの入りでしょうか。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加え人気のマーボーメンや胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。お勧めの書かれたホワイトボードには、鳥の唐揚げとミニカレーの定食、カレーライス、冷し中華があります。
まずは、勝手に名付けた金曜コースのレバ刺しとビールをいただきます。栄養補給して連日の暑さを乗り切りたいと思います。ほどほどに飲んでラーメンで〆ましょう。カレーがあるのでカレーラーメンもできるのかな?っていうのもありますが、7月末までの期間限定予定の冷し中華にしました。
以前食べた温かいあんかけの冷し中華かと思っていましたが、彩り鮮やかな普通の冷し中華です。温かいあんかけの冷し中華を少し期待していましたが、普通の冷し中華も期待していたのでちょっと複雑な心境です。
麺は、細く縮れた歯応えの良い麺です。いつもの細麺よりさらに細麺に感じます。水で締めると硬めになるので普通より長めの時間ゆでて、水で締めるそうです。締めると細くなるとのことです。本当に食感の良い好みの麺です。
つゆは、醤油と酢の酸味のオーソドックスなものですが、酸味が抑えてあってそのまま飲めるスープです。辛子との相性がよく細麺を引き立てます。
トッピングは、ハム、胡瓜、玉ねぎの細切り、金糸玉子、メンマ、かいわれ、紅生姜、トマトです。冷し中華はトッピングが豊富だと嬉しくなります。
細い感触の良い麺を楽しめました。この夏のうちにもう一回食べたいです。

じじ&ばば ミニカレー

もう少しお腹に入りそうなのでミニカレーもいただくことにしました。
ご飯がもう少しで終わりだから全部食べてって盛り付けてくれました。ってミニカレーの域を超えて普通のカレーの量です。って食べれないことはありませんが、お腹いっぱいになりました。じじ&ばばのカレーも好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みずさわ

みずさわ 吉田店

燕市(旧吉田町)の「らーめんみずさわ 吉田店」です。
国道116号線春日町交差点から国道289号線を北陸道三条燕インター方向に向かった先、いっこく→心吉があったところにオープンしました。
長岡生姜醤油ラーメンを代表するお店で、北長岡の本店は一度食べたことがあります。最近、吉田にオープンしたとの情報をもらい食べてみたいと思っていました。
お店は、入ってすぐに食券販売機があります。2台も置いてあるって珍しいです。さらに入った右側に厨房、厨房に向かってカウンター席、中央から左側がテーブル席、奥に小上がりがあります。広々したした店内に、白と黒を基調としたインテリアがお洒落です。午後12時40分頃に着きました。お客さんが半分くらいの席を埋めています。
メニューは、らーめん、みそらーめん、とんこつらーめんとそれらのちゃーしゅーめんと大盛りの組み合わせです。トッピングもいろいろ増すこと加えることができます。大盛りが50円UPなのでらーめん(大盛)にしました。
お客さんも少なく早く出来てくるかなと思いましたが、普通の待ちで出来てきました。

みずさわ吉田店 らーめん(大盛)

白い器に醤油色のスープが美味しそうです。
麺は、普通の太さの縮れ麺です。ツルツルモチモチ食感の良い麺です。強くはありませんが細か目の縮れです。
スープは、醤油の食欲をそそる色で、生姜醤油らしい醤油味と生姜のしっかりしたスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草です。チャーシューは、脂身がなく適度な硬さのものです。もう少し量があればと思います。
長岡生姜醤油らしい好みの一杯でした。なかなか良かったのですが、普通盛り650円で、大盛りは700円です。長岡生姜醤油のラーメン店は値上げせずにがんばっています。あおきやが550円で、青島が600円。みずさわはもともと650円で高いかなと思っていましたが値上げしていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.22

東横

東横紫竹山店 冷しみそ担々麺

新潟市の「ラーメン東横 紫竹山店」です 。
紫鳥線沿い、桜木インターと弁天橋インターの間、弁天橋インター寄りにあります。
東横の中でもお店のオリジナルメニューがあったりします。味噌の冷しがあったらと思いお邪魔しました。
午後12時50分頃と少し遅めの到着ですが、駐車場が半分くらい空いています。
お店は、外観が彩りも豊なポップな感じです。外観からは美味しいラーメンが食べられるお店には見えません。入口を入ると風除室兼待ちの部屋があります。さらに中に入ると、奥に厨房、その手前にカウンター席、その手前がテーブル席、左側に小上がりがあります。テーブル席が広く、かなりの収容力があります。お店も半分くらいのお客さんの入りでしょうか。少し寂しい状態です。カウンター席は混んだときに使うようで誰も座っていません。店員もテーブル席、小上がりのお好きな席へと案内しています。
メニューは3店舗共通のもので人気の味噌ラーメンと他のスープも美味しそうなものがあります。味噌ラーメンもみそラーメン、野菜みそラーメン、特製みそラーメン、特製野菜みそラーメンがあります。その他にもお店オリジナルなものがあります。オリジナルは夏?ってことで3種類用意され、冷し系は冷し中華と冷しみそ担々麺が、温かいものでみそカレーラーメンがあります。みそをの冷しを食べたくて来たので近い冷しみそ担々麺にしました。
お客が少ないのですが普通の待ちで出来上がってきました。
冷し担々麺はスープがあるものもありますが、ここの冷しみそ担々麺は冷し中華風です。ガラスの器が涼しげですが、写真に撮るのが難しいです。味玉が美味しそう。
麺は、平打ちコシのある縮れです。太麺よりも冷しに適した麺です。好きな麺です。
つゆは、濃厚な味噌と胡麻のまろやかさの混じったものです。胡麻のまろやかさがみそラーメンのような濃厚なみその旨味を軟らかくしてます。濃厚なみその冷やしを楽しめるかと思ったのですが、どうも違った仕上がりになっています。今年は、辛さを控えめにしているとのことで好みで辛く出来るようにとラー油も一緒に盛ってきてくれました。醤油のように容赦なくかけてみました。かなり辛くなりましたが、味の締りがましてこの方が好きです。
トッピングは、胡瓜・人参の細切り、もやし、メンマ、味玉、カイワレ、白髪ねぎ、糸唐辛子、挽肉のそぼろと結構いろいろ楽しめてボリュームがあります。
冷しみそ担々麺というちょっと長い名前なので値段も高そうな気もしますが890円です。冷しであること、味玉、野菜のボリュームなどを考えると結構いい線かなとお思います。でも、みその濃厚な冷しが食べたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.21

まるしん

まるしん つけめん(2玉)

新潟市(旧亀田町)の「ラーメン工房 まるしん」です。
弁天橋線のズーッと南側鵜の子交差点から大野に向かう道を越えた先にあります。
つけめんが好きな出張者と一緒です。何度か新潟に来たことがあり、細麺のラーメンが好きじゃないということで、太麺でつけめんが評判のお店に行ってました。まるしんの評判を聞き、食べてみたいということでお邪魔しました。
お店は、入ると風除室があり食券販売機が置かれています。さらに入ると左奥に厨房、その手前にテーブル席、右側に周りの窓や壁に向いてるカウンター席があります。最近のシンプルな雰囲気のお店です。午前11時50分過ぎに着きました。早いからでしょうか前に並んでいるお客さんはいません。
メニューは、食券販売機を見なければ解らないのでちょっと不自由です。つけめんをメインにラーメンも豊富に用意されています。つけめんが人気のお店ですが、チャーハンも美味しいとの情報を入手していたのでチャーハンを食べるつもりで来ました。つけめんと半チャーハンのセットにしようと思っていましたが、食券販売機のボタンを見ていたらつけめんをお腹一杯食べたくなり、結局つけめん(2玉)にしました。
つけめんの出来上がりが早いお店ですが、一気にお客さんが入ったようで多少時間がかかって出来てきました。
麺もつけ汁も白い器に盛られ、お盆に乗ってます。以前は割りスープも一緒に運ばれてきましたが、今は水と同じようにテーブルの上のポットに入っています。
麺は、普通の太さの縮れです。一般的に太麺、コシの強い麺、パスタっぽい麺など主張の強い麺が多いのがつけめんですが、まるしんの麺はごく普通の麺です。プリプリした歯応えの食べていて気持ちのいい麺です。
つけ汁は醤油味で、あっさりした醤油ラーメンのスープを濃いめにした感じです。魚介系の風味豊かですが、魚粉のようなきつさはありません。最初は気が付きませんでしたが、食べているうちにピリピリした辛さがあります。最後に割りスープで割ったつけ汁は、魚系の風味が増して別物のように楽しめます。
トッピングは、チャーシュー細切り、もやし、わかめ、海苔などです。つけめん全体のバランスは良いと思いますが、肉類がもう少し欲しいです。いっとうやのような楽しめるチャーシャーがあればと思います。
つけめん(2玉)でした。やっぱりつけめんは、ラーメンより麺の量を食べられます。この美味しさで最初から最後まで熱々で食べれたらと思うのですが…。ラーメンを食べればと言われるかも知れませんが、ラーメンではこの味が出てないです。780円と言う値段もちょっと高いですが、お腹いっぱいなのでまあまあ満足の一杯でした。出張者も気に入ったようで、次はごまだれを食べてみたいとのことでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.07.20

福助

福助 Bセット(担々麺)

村上市(旧朝日村)の「お食事処 福助食堂」です。
村上市朝日支所(旧朝日村役場)前にあります。
割烹品質のラーメンが食べられる食堂ってことで重宝に利用させていただいております。味噌ラーメンが美味しいお店ですが、夏メニューを食べようかとお邪魔しました。
お店は、左側に入口があり入ると真っ直ぐな廊下があります。手前右側の戸を開けると食堂になります。奥に厨房、手前にテーブル席、さらに手前と右側には広々した小上がりがあります。午後12時15分頃に着きました。他に3人のお客さんがいるだけです。
メニューは、定食・丼物と麺類があります。一品料理や酒類も充実していて飲みも楽しめそうなお店です。麺類は、味噌と中華そば、それらに五目やチャーシューを絡ませたものがあります。夏のメニューは冷し中華のだけのようです。セットメニューも充実しています。ミニサラダと半チャーハンを組み合わせたAセット、特大おにぎりと小鉢2品を組み合わせたBセットがあります。セットは麺類の中から選択できます。普通だと安い基本的なラーメンとのセットで、値段の高い麺類を組み合わせる場合は差額を払うのが一般的でですが、差額なしで食べられます。冷し中華にしようか悩みましたが、担々麺(Bセット)にしました。
3人でお邪魔したんですが、みんなほぼバラバラなものをオーダしました。出来上がりに時間がかかるかなと思いましたが、まあまあ早く出来てきました。
白い器に味噌ラーメンのような色のスープ、中央のトッピングが担々麺らしくが盛り付けられてます。
麺は、やや細の縮れで、触感のいい麺です。担々麺は太めの麺が多いようですが、あっさりめのスープに合う麺です。
スープは、あっさりサラサラしたものです。胡麻の風味も控えめに感じます。担々麺に多いスープ表面のオレンジ色の派手さはありませんがしっかりした辛さもあります。
トッピングは、もやしとほうれん草、芝麻醤で炒めた挽肉がのってます。挽肉を摘んで食べると結構甘めの味付けですが、混じるといい味になります。
しっかりバランスの取れた美味しい担々麺です。これで650円ですからお手頃でしょう。ありがたい一杯でした。
さて、Bセットの特大おにぎりと小鉢2品ですが、おにぎりはコンビニのおにぎりよりもひと回り大きいかなってもので、コンビニのおにぎりに慣れた人には特大ではありません。具は村上らしく鮭です。小鉢は、1鉢目は茄子の炒めものになるのでしょうか?2鉢目は凍み豆腐か硬い麩のようなものの巻物とカボチャを葉っぱに見立てた煮物です。とても品のある普段ラーメン屋さんでお目にかかれないものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.19

南魚沼市兼続公まつり・大煙火大会

南魚沼市兼続公まつり・大煙火大会 会場

南魚沼市(旧六日町)で開催された「南魚沼市兼続公まつり・大煙火大会」に行ってきました。
自宅を午前11時に出発し、ラーメンを食べて、少し買い物をして、温泉入って、事前に調べた南魚沼市役所(旧六日町役場)の駐車場に午後4時30分頃到着しました。かなり混んでいますが、空きもあり停められました。歩きでの移動になります。国道17号線を横断します。国道291号線など町の中心部は南魚沼市兼続公まつりのため車両通行止めになっていて多くの露店が連なっています。魚野川河川敷は、煙火観覧席になっています。最初有料かと思ったのですが、無料でした。到着時は写真の通りガラガラで場所取りもほとんどされていません。始まる前も、定員の1/3程度ぐらいかなって観覧客の入りでゆったり見れます。主催者側の煙火部本部席の隣に陣取り開始を待ちます。場所は問題なし、暗くなると本部の灯りに虫が集まってきてやや厄介です。ツツガムシ以外は大丈夫と待ち、開始時間になりました。FMゆきぐにの番組と連携するように進行していきます。
企業提供、メッセージ花火などが次々と打ち上げられます。7号~10号玉の単独や連発とスターマインが交互になるような形で打ち上げられます。ジャスコの花火が六日町地区じゃ一番かなと思いましたが上がいました。雪国まいたけのスターマインは見事でした。超大型○○なんて文字がいっぱい付くスターマインと10号早打ち10発のように最後にこれでもか!って空が壊れそうなぐらいの花火が打ち上げられます。写真は光で真っ白になります。
そして、女性の厄除け、男性の厄除け、1番花火も会場の盛り上がりも凄かったのが還暦のお祝いでした。良く撮れた写真です。

南魚沼市兼続公まつり・大煙火大会 花火

南魚沼市兼続公まつり・大煙火大会 花火

南魚沼市兼続公まつり・大煙火大会 花火

南魚沼市兼続公まつり・大煙火大会 花火

いい花火大会でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

五十沢温泉

五十沢温泉 ゆもとかん

南魚沼市(旧六日町)の「五十沢温泉 ゆもとかん」です。
今日は、国道8号線~国道17号線を経由して旧六日町まで来ました。
一度行きたいと思っていた五十沢温泉です。三国川ダムに何度か行ったことはありますが、近くを通っていましたが初めてです。
古い温泉観光旅館です。玄関で履いてきたサンダルを袋に入れ、フロントで入浴料の500円を払いお風呂に向かいます。2ヶ所お風呂があります。男湯と女湯が分かれたお風呂は、女湯だけが露天風呂付きです。混浴は岩風呂と露天風呂です。

五十沢温泉 ゆもとかん 男湯

最初に男湯に入ります。誰もいません。貸し切り状態です。鍵のかかるロッカーもあります。お風呂はひとつですが、陽が入りとても明るく気持ちよく入れます。ボディソープ、リンスインシャンプー、ドライヤー、ヘアートニック、ヘアーリキッドの備品があります。
フロント脇の囲炉裏の場所でひと休みして、混浴に行きます。

五十沢温泉 ゆもとかん 露天風呂
五十沢温泉ゆもとかんのパンフレットより

脱衣所が男女で分かれています。こちらの脱衣所は棚があるだけで鍵のかかるようなものや備品はありません。お風呂は大きな岩を配した風呂で、入口近くに洗い場があるだけです。洗い場にはボディソープとリンスインシャンプーがあります。大きな岩に隔てられた向かいに女湯も同じような感じになっています。内風呂の女湯の出入口や洗い場が見える位置でお風呂に入っている男性客がいます。ぶん殴ってやろうかと思いましたが、睨みつけたら場所を変えました。露天風呂は岩風呂ですが、全体が浴槽で上がって休めそうな場所がなくて困ります。お湯の温度は低めです。
泉質は、アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)です。男女別のお風呂と混浴があり、備品も整っていて500円で入れるんでいいかなと思いますが、お客が良くないです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

GOINGOIN

GOINGOIN 中田のヒャド

新潟市(旧白根市)の「風の味 らーめん GOINGOIN」です。
国道8号線沿い旧新潟市近く、ラーメン店の多い激戦区にあります。
中田ブラックの夏向け冷しが出たとの情報をもらいお邪魔しました。
お店は、間口の広く奥に厨房、厨房の手前と右側にカウンター席、さらに手前にテーブル席、さらに右側に小上がりがあります。明るい感じの最近のラーメン屋さんの雰囲気です。午前11時30分頃の到着です。早い時間のつもりでしたが、もうお客さんが半分ぐらい入っています。
メニューは、らーめん、和風らーめん、店長中田氏の地元富山のご当地ラーメンである富山ブラックを新潟向けにアレンジした中田ブラック、つけめんがあります。サイドメニューのカレーライスも人気です。聞いていた中田ブラックの冷しらしきものがメニューや壁の貼紙で見つかりません。店員に聞くと大丈夫とのことでその黒魔導士 中田のヒャドにしました。
冷たいスープのラーメンならブラックも解りますが、冷し中華のタレが黒じゃ洒落にならないかなと思いながら待ちます。他のお客さんも入ったばかりのお客さんが多く少し待っての出来上がりとなりました。
黒いスープの普通のラーメン風です。胡瓜がドーンと冷しであることを伝えてくれます。
麺は普通の太さの縮れで、冷しらしく少しコシが強いかなって程度の食べ易い麺です。
スープは、黒いものですが、富山ブラックのようなしょっぱさはなく、逆に色から入ると薄味にさえ感じます。強い醤油の味はなく、酸味っぽいものも殆どなく、焦がしっぽい苦みのようなものを感じます。ねぎを焦がした油の黒い色と苦みのような感じです。
トッピングは、味玉半個、メンマ、胡瓜、辛みのかかった刻みねぎが多めにのってました。梅干しも1個のっています。軟らかいものかと思ったら表面が少し硬く、梅の球体の形を保っているものです。こんな梅干し初めてです。焦げ茶の肉の塊らしきものが3個入っていました。ゼラチン質に固められた肉かと期待しましたが、スープを凍らせたものでした。肉の部類がありません。
まあ、スープ入り冷しラーメンですが、どうもスープがひとつ好みと違っていました。830円と値段は、ほんの少し高いかなって線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.18

せきや浜大花火大会

せきや浜大花火大会 夕焼け

新潟市の関屋浜で開催された「せきや浜大花火大会」に行ってきました。
マリンピア日本海の臨時駐車場に車を停めました。のんびり周囲を散策しますが、花火の打ち上げ場所が判りません。沖のテトラポットの近くに筏でもあるのかと見ますが見つかりません。タグボートが2隻やってきました。近くの浜で準備した筏でもこれから引いてくるのかと思ったら沖で停船したままです。まあ、浜のどこからでも見えるらしいので安心しています。やがて夕日が沈み、ちょうどいい雲が綺麗に色づけられて夕焼けになっています。海の家の近くに移動して三脚をセットし準備完了です。
関屋浜海水浴場組合の主催の花火大会なのですが、組合長ではなく衆議院議員の代理の息子の市議会議員の挨拶から始まりました。組合長なのかな?新潟市長も遅れていていて後ほど挨拶があるようです。って政令指定都市で開催される花火大会の雰囲気じゃないです。まあ気にせず花火を鑑賞しましょう。

せきや浜大花火大会 花火

まだ明るさの残る西の空に花火が上がりました。タグボート?から上がりました。

せきや浜大花火大会 花火

昨日より多少波が出てきて、花火までは映りませんが、明るさが映ります。

せきや浜大花火大会 花火

左右の船の上から交互に上がったり同時に上がったりします。

せきや浜大花火大会 花火

ちょっと早いような気もしますが、フィナーレです。午後7時39分打ち上げ開始、終了は午後8時06分でした。3号玉と4号玉の小さな小さな花火大会でしたが、近くから見れたのでそこそこの迫力はあったような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.17

早川大花火大会

糸魚川市の早川上流河川敷で開催される「早川大花火大会」に行ってきました。
糸魚川市の早川商業会の主催する花火大会で、小さな地域の花火大会ですがいい花火が上がっているようなので観たいと思っていた花火大会です。
龍喜でラーメンを食べ終わっての移動ですが、いずれも旧糸魚川市内なのですぐに着きました。車で花火の打ち上げ場所を確認、近くの高台など花火の見易そうな場所がないかひと通り回ってみましたが、花火の会場が一番見易そうなので、車の停める場所を探します。

早川大花火大会 案内

大きな駐車場が2ヶ所あるようですが、近くの株式会社猪又鉄工所が駐車場を開放してくれていたのでそこに停めました。ありがとうございます。お手洗いも済ませておきたいと思ったら消防の分署のお手洗いを使用できるようなのでお借りしました。

早川大花火大会 早川郷ぎおん祭

この花火大会は早川郷ぎおん祭の花火大会のようで、花火大会の方が有名なってしまっているようです。駐車場から会場までの商店街を行く間に大名行列もやっています。規模は大きくありませんが勇壮な行列です。家々の提灯が下がり祭り一色です。

早川大花火大会 会場

少し歩くと早川の堤防に出ます。打ち上げ場所が近くカメラで入り切れるか心配です。

早川大花火大会 打ち上げ場所

アップにするとブルーシートをかけた花火と空中に張られているナイアガラが判ります。
午後8時、時間になりました。早川商業会会長のあいさつがあり打ち上げ開始です。7号、8号、10号、5号連続打ちなどとスターマインが交互に上がります。打ち上げ場所が近くて大丈夫かと思っていましたが、7号、8号、10号は少し離れた場所から上がります。ズシーンと重たい音が山に跳ね返って聞こえてきます。

早川大花火大会 花火

スターメインの撮影が難しいのですが、いいタイミングで撮れました。

早川大花火大会 花火

10号の割り物もいい花火が上がります。これぞ花火です。

早川大花火大会 花火

仕掛け花火とスターマインの同時上げです。

早川大花火大会 花火

ナイアガラと連続打ち上げ花火です。覚悟はしていましたが風下です。

早川大花火大会 花火

普通の陸地で海上花火のような花火の打ち上げです。スキー場では見たが…。

早川大花火大会 花火

ヘッドライトをつけた花火師が結構動いていたと思っていましたが、再度ナイアガラです。張り替えていたんです。凄い花火大会です。小戸谷市の片貝地区が花火にかける情熱みたいなもので凄いと思いましたが、糸魚川市早川地区もなかなか熱いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

龍喜

龍喜 トマトタンメン

糸魚川市の「らーめん・中華 龍喜」です。
糸魚川から白馬・松本方面に向かう国道148号線沿いにあります。
当初予定では、小谷温泉から平岩地区への林道~国道148号線、さらに小滝からシーサイドバレースキー場近く~海川上流~早川上流へ行こうと思っていましたが、土砂降りの中を行くのに雨は気になりませんが、最近は豪雨による土砂崩れ、土石流、増水によって車が流される被害が出ており、地盤の良くない姫川付近は無理をしない方が無難です。ということで国道148号線にて糸魚川方向に向かいます。そうこの龍喜での早めの夕食を楽しみにしてです。途中少々の雨はありましたが順調に到着しました。
お店は、奥に厨房、手前右側にテーブル席、左側に小上がり、どちらも4人掛けが2卓の言葉にすれば小さなお店のようですが、狭くなく広めです。無理してテーブルを置いてない感じです。午後4時30分と夕食には早めの時間のためか空いています。他にお客さんが1人いるだけです。その後3人組の家族が来ました。
メニューは、醤油・塩・味噌、担々麺に中華系の麺類が中心で、とんこつ、あっさり、こってりなど豊富なメニューがあります。加えて一品料理、定食、セットメニューまで、とにかく豊富に揃ってます。津南ポークの背脂を使用しているとのことでコッテリ系のラーメンにしようかと思いましたが、期間限定風のメニューが2枚あります。夏の冷し中華やざるらーめんとトマトを使用したメニューです。トマトが気になります。トマトつけ麺、トマトと卵の炒め物、トマトタンメンです。季節野菜で健康にと思いつつラーメンらしいものをってことでトマトタンメンにしました。
少し待ってトマトタンメンが出来てきました。野菜炒めのスープ煮トマト添えってな感じでラーメンの部類には見えません。ちょっと見た目は不思議な食べ物です。
麺は普通の太さで縮れがやや強いものです。ちょっと平打ちっぽいかなと思えるような感触で、パスタっぽい麺を昼に食べたのもあるかも知れませんが、とてもラーメンらしく美味しく感じられる麺です。ゆで加減も良いです。
スープは、塩ベースのタンメンですが、普通一般的なタンメンよりも澄んでいます。塩の優しいスープにトマトの酸味が夏でも美味しく食べられそうな気がします。ちょっと品の良いタンメンのスープです。
トッピングは、キャベツ、玉ねぎ、トマト、人参、キクラゲ、挽肉などの炒め物で、トマトの小さく切ったものが美味しいです。強火で一気に加熱されたトマトがとても新鮮です。さらにスライスされたトマトや水菜ものってます。
夏の野菜を楽しめるラーメンがいろいろ出ていて楽しんでいます。龍喜も研究熱心そうだったので夏らしいものがあるだろうと期待していましたが、期待を裏切らない楽しいものでした。780円と安くはないけどいい線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小谷温泉 村営露天風呂

自宅を午前9時30分に出て、新新バイパス~国道116号線を経由して柏崎へ。柏崎で早めの昼食を渚で取り、渚からは鉄腕ダッシュの真似のように海岸線を南下します。米山辺りは国道8号線を走りますが、柿崎から名立近くまでを再び海岸線を通ります。名立からまた国道8号線を走り、糸魚川から国道148号線で小谷村を目指します。
新潟県糸魚川市から長野県小谷村への県境に到着しました。そこには蒲原沢があります。平成8年12月6日発生の土石流で14人の尊い命が失われたところです。その後の捜索作業支援で何度か来ました。また、同郷秋田からの出稼ぎの人も亡くなっており、ここを通るときは慰霊碑に手を合わせるようにしています。糸魚川では梅雨明けで強い日差しだったのでお茶を買って持って来ました。慰霊碑に供えようと思っていました。しかし、蒲原沢は土砂降りです。1時間も降れば40~50㎜ぐらいの勢いです。雨で薄まるかも知れませんが慰霊碑にかけます。
小谷に向けて出発し、少し走ると雨は止んでます。県境のみの雨のようです。

乙見山峠 案内

国道148号線小谷温泉口交差点から小谷温泉方面に入るとすぐに、妙高高原町へ通り抜け出来ますとの看板があります。前回の乙見山峠付近5~6mの雪が残っているのを見でから日数も経っていないので除雪したようです。小谷温泉山田旅館の前が工事中で、交互通行になっています。前にポルシェカレラがいます。工事中のデコボコ道をゆっくり進みます。工事中の道を抜け舗装された道に戻るとメチャ速です。雨飾荘の前を妙高高原町方向にいい感じのスピードで曲がっていきます。妙高高原町まで未舗装路が結構あって腹擦りそうなんですが大丈夫でしょうか。後に温泉に入っている人から教えてもらいましたが、乙見山峠は本日開通とのことでした。

雨飾高原 村営露天風呂 入口

早速、露天風呂へ。常時5~6人ぐらいの人が入っています。お湯は少し熱めです。ゆっくり入って温まって、出て涼みます。熱めのお湯から出たのと標高1000mぐらいあるので高原の爽やかさです。周りの木々の緑も綺麗です。泉質は、ナトリウム、炭酸水素塩泉です。透き通っていて無味無臭です。料金は寸志となっています。

道の駅小谷 栃の実ソフトクリーム

国道148号線に戻り糸魚川方面に帰ります。道の駅小谷で休憩&デザートです。温泉に入って失われた水分はアイスクリームで!栃の実ソフトクリームっていうのがありました。どの味が栃の実かよく味は判りませんでした。280円です。実家の周囲には栃の木がいっぱいありましたが、栃の実は食べたことなかったです。釘で穴を開けて笛を作って遊んだ程度です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

渚

柏崎市の「麺の家 渚」です。
海岸線の国道352号線沿い、松波地区にあります。といってもこのお店に来るのは最後でしょう。今月下旬には国道8号線沿いに移転します。長岡寄りのお店がいっぱいある中のひらせいの駐車場内です。

渚(新店:工事中)

まだ工事中でしたがこんな感じです。
話しは現在のお店に戻ってと、入って直ぐ右側に食券販売機があります。左側が厨房でカウンター席が中央にあり、右の食券販売機の奥に本棚、その奥に片側を壁に付けたテーブル席があります。暗いような落ち着いた雰囲気のお店です。午前11時20分前に着きました。ほぼ満席です。みんな旧店舗になるこのお店で食べようと思って来たのでしょうか。店主の挨拶など馴染みのお客さんが多いようです。
メニューは、好きな醤油ラーメンをはじめ、味噌ラーメン、辛味噌ラーメン、塩ラーメン、つけ麺があります。中盛りや大盛りが同じ料金になっています。いつから追加されたのかビッグウェーブというものがあります。さて渚が生まれ歩んできたお店で食べる最後のメニューは、そのビッグウェーブ(中盛)にしました。

渚 ビッグウェーブ(中盛)

店主と女性スタッフ2名で、店主が仕事を指示をしています。テキパキとした動きが見ていて気持ちいいです。混んでますが普通の待ちで出来てきました。
麺は、丸い普通の太さのストレートです。口に入れた時には、太く、表面が軟らかく芯がモチモチしたように感じます。パスタみたいな感触ですがが、同じような食感の大勝軒と違いラーメンにもいいかなと思わてくれます。中盛りがちょうど良かったようです。美味しいと感じている間に食べ終わることが出来ました。
スープは、醤油味らしいものでしっかりした醤油の味がしていながらあっさりしてます。
トッピングは、やや軟らかで脂身も多い大きめのチャーシュー、っていうより肉の塊です。ゆでたもやしとキャベツ、微塵切りのニンニクも中さじ1杯ぐらい結構多めにかけられています。
ラーメン二郎を思わせるような見た目のラーメンですが、麺もスープも違います。麺は渚の方が好みですが、スープはもう少し絡んで欲しい。680円でお腹一杯になりました。新店舗でも活躍されることをお祈りしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.16

笑美寿亭

笑美寿亭 冷し担々麺

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。竹山病院の隣の小原小路に面しています。
笑美寿亭の担々麺15種制覇に向けての第10種を食べようとお邪魔しました。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。下町の食堂って雰囲気です。12時25分に着きました。混み合っています。テーブル席の相席で座れれました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、紹興酒まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系とあります。さらにこのお店ならではの15種類の担々麺があります。本日のランチも3種あり、麺類は塩マーボー麺とチャーシュー丼のセットです。今日のランチも美味しそうだしお手頃なので引かれますが、担々麺の中から梅雨明けを思わせる天気にぴったりの冷し担々麺にしました。
さて、冷し担々麺はどのようなものでしょうか?期待しながら待ちます。
混みもあって多少時間がかかって出来てきました。大きな渋い器に盛られてきました。見た目では、冷しか温かいものか判りません。トマトが冷しっぽいのですが、最近は温かいトマトラーメンもありますから。
麺は普通の太さの縮れで、プリプリした食感の良い麺です。冷しなのでコシが強くなり過ぎないかと思いましたが、温かいものと同じような食感です。
スープは、胡麻の風味の豊かなものです。とてもまろやかな味わいです。こちらも温かいものと同じ味わいです。
トッピングは、トマト、なんだろう大きな葉、水菜、オクラ、白髪ねぎ、芝麻醤で炒めた挽肉がのってます。
まるで温かい担々麺のようで冷たい担々麺でした。それが違和感なく食べられるって凄いと思います。15種の担々麺は880円です。冷し類は手間がかかりお高いのが一般的なのですが、これならいい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.15

青島

青島西掘 ラーメン(大)

新潟市の「青島 西堀通店」です。
新潟市の新潟島は西堀通り、イタリア軒の並び下手寄りにあります。
時々食べたくなる青島です。定期的に食べているラーメンです。蒸し蒸ししていますが、そんなに暑くもないので温かいラーメンが食べられそうと思いお邪魔しました。
お店は奥行きがあり、入口を入ってすぐ左に食券販売機があります。右側に広い厨房、左側と手前のカウンター席かあるだけの開放感のある広く飾り気のないラーメン専門店らしいお店です。お昼の12時20分に着きました。こんな陽気なんで空いているかと思いましたが、お店の前に3人ほど並んでいます。混んでいるのかと思ったら食券を購入するのに並んでようです。
メニューは、ラーメンとチャーシューメン、それらの大盛りです。好きな1スープで勝負しているお店です。青島は大盛りが50円アップと安いので助かります。トッピング等の追加がいろいろできます。大盛り以上も可能なようで、麺増し、チャーシュー増し、メンマ増し、ほうれん草増し、刻みねぎ増し、海苔増しがあります。最初からトッピングされているもので増しが出来ないのは鳴門です。玉子もありません。前のお客さんトッピングを選んでいて食券購入に時間がかかっていたようです。お腹も空いているのでマイ定番のシンプルなラーメン(大盛)にしました。
食券を購入し中に進みますが、今日はお店の中も結構混んでいます。座ることは出来ましたがほぼ満席です。いつもどおりの親父さん2人でやっています。お客さんが一気に入って来たのでしょうか。出来上がりを待っているお客さんが多いです。スキンヘッドの親父さんがスープを入れるのと麺をゆでをやっています。器の用意とトッピングとお客さんに出来上がったラーメンの出しを小柄な親父さんがやっています。隣の隣あたりのお客さんが麺のかためをお願いしたようですが、小柄な親父さんが『麺かためでしたよね』って2回ほど聞いてきます。『普通』って答えます。たんぽぽの映画ではありませんが、ラーメン店はお客さんの注文をきちんと記憶することが重要で、ちょっと危ない状態です。お客さんに出す順序やトッピングも違ったりして、スキンヘッドの親父さんに強い口調で支持されています。お店の中の雰囲気が悪いです。ですが、麺は着々とゆで上げられ、少し待ちかと思いましたが思ったより早く出来上がってきました。
いつにも増して醤油の色が濃いめに見えます。黒胡椒を挽きながら多めにかけていただきます。ってミルの調子が悪く回せません、多少荒引きの方に調整すると空回りです。隣のミルで黒胡椒をかけていただきます。
麺は、普通の太さ、普通の縮れ具合で、見た目も特徴のあるものではありませんが、ツルツル&モチモチ感と旨味と噛み応えのあるバランスの取れた麺です。なんかチョットですがラーメンができあがるまで不愉快な思いでしたが、吹っ飛ぶ美味しさです。お湯を適度に交換しながらの大きな鍋で泳がされた麺の活き活きしていること。
スープは、醤油のしっかりした美味しさを生姜がきりりと引き締めてくれます。麺といっしょに食べるるといい感じですが、飲むとちょっとしょっぱめです。
トッピングは、旨味・硬さ・弾力も楽しめるチャーシュー、細く硬めのメンマ、ほうれん草、海苔、鳴門、刻みねぎです。小柄な親父さんが悪かったねとでも言っているのでしょうか?チャーシューの盛りが良かったような気もします。
程良いボリュームで650円です。青島西堀は、美味しい好きなラーメンですが、接客は良くないです。それでも、多少バラツキがあっても、でも食べたくなるラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.14

常春

常春 ザルそば(大盛)

十日町市(旧松代町)の「御食事処 常春」です。
ほくほく線松代駅と道の駅松代が一緒なった松代ふるさと会館の2階にあります。
松代での昼食になり「松代そば 善屋」のおそばを食べようと思いましたが、なぜか定休日に当たります。向かいの「はらた家」も食べたことがあります。町の中で食べてみようかと十日町市役所松代支所近くを車で流すと「松代名物 日の出そば」があります。行ってみるとそばを作っている工場のようで、そこでは食べれません。聞くと常春で食べれるとのことでお邪魔しました。
会館らしい大きな建物の2階です。テーブル席と小上がりの広い店内には、午後12時30分頃ですが、お客さんがポツリポツリって入りです。
メニューは、中華そば、日本そば、うどん、丼もの、定食と揃っています。中華そばと分類されていますが、ラーメン、味噌ラーメン、タンメン、坦々麺などありますが、お蕎麦を食べたいモードに入っているので、今日はそばにします。そばも温かいものから冷たいものまでありますがザルそば(大盛)にしました。
そんなに時間もかからず出来てきました。
美味しそうなお蕎麦です。
食べてみると工場で作っているためか整っていて手打ちの蕎麦に慣れると違和感があります。歯切れがモチッとしていて、温かいおそばの方が美味しそうかなと思います。
わさびが利きます。大体の出てきたものは食べます。わさびも2回に分けてつゆに入れましたがかなり効きます。最後まで鼻にきそうな感覚を楽しめました。
悪くはないのですが、好みの蕎麦ではなかった。ザル蕎麦が740円です。大盛りにしたんで半分の370円ぐらいアップして1110円かなと思ったら100円アップの840円でした。大盛りのお得感はあります。次は温かいものをと思いますが、月見そば840円は食べることがないだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.13

長野駅にて

長野駅

長野駅の新幹線ホームの13・14番線ホームの立ち食い蕎麦屋さんです。
名前はありません。名前らしき表示がありません。
ラーメンを早めに食べたのとボリュームがもうひとつだったので、夕方まで持ちそうもないので駅の立ち食いそばを食べることにしました。

長野駅 天玉そば

天玉そばにしました。
見た目はどこにでもある天玉そばです。玉子の黄身を壊し、それに絡まるようにそばを取り食べます。思い出しました。前回コシもなにもない軟らかいものでしたが今回は硬さはいい感じです。噛み切れ具合がもうひとつ良くなるとばっちりなのですが…。
つゆは、やや薄味です。
天ぷらは、与板で食べた大判焼きを思い出すような厚みのあるものです。そば以外はまともなだけにもったいない気がします。420円と値段も良かっただけに残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はるな

はるな

群馬県高崎市の「お食事処 はるな」です。
JR高崎駅の新幹線改札内にあります。だるま弁当で有名なたかべんのお店です。
移動中に時間が空きました。午前11時過ぎで食欲もそんなにありませんが、後にお昼の時間を確保できるか判らないので、ラーメンを食べておきます。
お店は、サービスエリアの軽食コーナーのような感じの厨房とカウンターで、食堂側には2人掛けや4人掛けのテーブルが整然と置かれています。食券販売機&セルフサービスになっています。
メニューは、そばやうどん、ラーメン、定食、カレーライスやセットメニューがあります。ラーメンは、普通のラーメン、味噌ラーメン、あんかけラーメンなどがあります。ここのあんかけラーメンも好きですが、お腹もさほど空いてないので普通のラーメンにしました。
食券をカウンターに出し、水を用意して、テーブル席で出来上がりを待ちます。JRの列車での喫煙ができなくなったためか?はるなは喫煙出来るようになっています。
さすがに交通機関関連の食べ物屋さんは早いです。すぐにって感じで出来てきました。

はるな ラーメン

シンプルな姿で安心できるラーメンです。
麺は、やや細の縮れの弱いものです。普通に入った食堂のラーメンの麺のような見た目ですが、食感も良く、並の上って感じです。
スープは、醤油味のこれもまたシンプルなものです。一般的な感覚で醤油ラーメンと中華そばの中間をあっさりさせたものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ゆで玉子半個です。シンプルですが、ゆで玉子が嬉しいです。そしてこのラーメンの一番嬉しいのは、このラーメンが420円で食べられることです。家賃の高そうなJR駅構内で嬉しい1杯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.12

大蔵

大蔵

新潟市の「やきとり 大蔵」です。
国道7号線沿い、新潟駅前から明石通りの栗の木バイパスに出る交差点手前にあります。郊外に向かう蒲原町のバス停前です。
仕事で遅くなりました。いつもなら“どうせタクシーで帰るんならじじ&ばばでラーメンでも食べて帰ろう”ってことになるのですが、お店の前にラーメンの幟と提灯がある大蔵が気になっていたので行ってみることにしました。ネットで確認すると午後5時または午後6時から翌午前4時または午前5時までの営業時間で、いずれも月曜日が定休日になっています。熱烈巨人ファンのお店ってことは知っていました。試合のない月曜日はお休みなのか?熱烈巨人ファンに囲まれるのも怖いんで月曜日にやっていれば助かる。なんていうのと元巨人に在籍していた石井浩郎が、今回の選挙で秋田から当選できたのを祝って飲みたいと思っていました。
近くまで行くと…やってました。ネットの情報も当てにならないものです。
提灯や看板など巨人軍の色のオレンジで結構派手です。お店の中は、右側に厨房、中央と右側手前にカウンター席、左側にボックス席があります。壁は巨人関連のスポーツ紙一面記事が貼られています。カウンター周りには観戦チケットの半券、棚にはグッズがところ狭し置かれています。他にお客さんはいません。
お店の親父さん1人でやっているようです。変わった人とか怖そうな人かなと思っていましたが、全然普通そうな人です。『2時までだけどいい?』って聞かれました。1時間近くあるのでいいかなと座りました。
メニューは、一番左側に巨人軍選手の名前、中央に一般的なメニュー名、右側に値段が書いてあります。生ビールと焼き鳥を注文し、ラーメンもお願いしました。生ビールを飲んでいる間に、焼き鳥も出来てきました。のんびりラーメンの出来上がりを待ちます。
選手の名前の付いたメニューと別に原監督のおすすめと書かれた何品かの中にあります。ラーメンは1種類で、名前はラ・フォーレラーメンです。原宿か?NEXT21か?なんて見ていたら、森って意味らしいことを書いてあります。ラ・フォーレの人が良く来てくれるのでってこともあるとのことです。雑誌の記事に取り上げられたことがあるようで切り抜きが貼ってあります。
小さな鍋を2個用意してゆでるお湯の温めとスープ作りが始まります。また、卵を2個ぐらいで混ぜて玉子焼きも作るようです。スープは、大きな寸胴や専用の鍋がありません。小さな鍋に牛乳(豆乳?)や白ダシのようなものを入れ味を調えています。玉子焼きを作りながら麺をゆで、その間にスープを器に移し、ゆで上がった麺や玉子焼き、粉チーズなんかも振りかけて出来上がりです。

大蔵 ラ・フォーレラーメン

あまり見たことのないラーメンす。
玉子焼きの焦げ具合やチーズの香りなど、まるでラーメングラタンのようです。
麺は、普通かやや細の縮れ麺です。麺が美味しいのか?スープとの絡みが良いのか?麺がとても美味しく感じます。プリプリした歯応えの楽しい麺です。焼鳥屋の〆のラーメンと言うことでしょうか?量が少なめです。
スープは、ラーメンのスープと言うより、ホワイトソースに近い味です。優しくとてもラーメンの麺との馴染みも良く癖になりそうな味です。カップヌードルのミルクシーフードを濃厚にしたような味でしょうか。
トッピングは、玉子焼きとウインナーの斜めスライスです。どちらもフライパンで焼かれたものです。玉子焼きが半分混ぜたような歯応えのある好きな玉子焼きです。
麺のボリューム感はそんなにありませんが、玉子焼きが結構ボリュームあります。メニューは380円となっています。結構手間がかかっているようですが、本当にいいのって値段です。650円ぐらいの値段でも不思議じゃないのにと思います。親父さんは、お店からは想像もできない普通の人でした。うちのラーメンは本格的なものじゃなくB級グルメですから…と言っていますが、B級グルメだって並大抵のことじゃないんだよと教えてあげたいのですが、味だけなら通用するような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
新潟市の中心街、WITHビルと三越を直線的に結んだ中間くらいにあります。
しばらくお休みにするとお店に貼紙がされたことを知り休みに入る前に食べておこうと思ったが、間が悪いというか近くでの昼食時間が取れず食べれないまま数日が経ちました。もう休みに入ったことと諦めていたが意外に早く再開したとのことでお邪魔することにした。今日は朝からの雨で気温も上がらないので、暖かいものでも大丈夫だろう。
古そうな建物には数件のお店が入っていて、そのうちの1軒です。お店の入口も古さを感じさせるもので、暖簾を潜ると外観から想像した通りの小さな店内が目に入ってきます。右側奥に厨房、その手前と中央寄りにカウンター席、左側に小さなテーブル席です。12時10分頃に着きました。今日はそんなに混んでいません。食べているお客さんが1人、出来上がりを待っているお客さんが3人です。
メニューは変わらず、ラーメンとうま煮そばです。このお店は、うま煮そばを食べたくなると来るお店ですから、セルフサービスの水を取りに行く途中で『うま煮!』と注文します。先客も後から来たお客さんも今日もみんなうま煮そばです。
今日は最初親父さんだけでしたが、後からおばさんも来ました。親父さんがうま煮を作って、おばさんが麺をゆでたり盛りつけたりします。中華鍋で一度に多くのうま煮をまとめて作ります。お店に入った時のうま煮の有無で待ち時間が違います。今日は、ちょうどうま煮の出来上がりの仕上げをしているところです。食べているお客さんいるってことはもう1鍋分のうま煮そばがさばけたということでしょう。周辺には朝7時からラーメン店もあるような場所ですからお客さんの動く時間も早いのでしょう。熱々のうま煮そばが出来上がってきました。
今日も、褐色のうま煮が美味しそうです。
麺は、細麺よりも細い極細に近いやや強い縮れの麺です。細麺らしいシコシコした歯応えで、強めの縮れがうま煮を上手く絡めてきます。
スープは、うま煮と混じって判り難いのですが、ごくまれにうま煮が寄って盛り付けられると直に味わうことができます。うま煮が全体を覆っています。おばさんが盛り付けるとうま煮が少ないと感じていましたが、今日は多めで、スープを直に飲めません。混じってもしょっぱさ控えめの癖のないスープだということは解ります。
うま煮は、白菜、玉ねぎなどの野菜と玉子のトロミのあるあんかけになっています。ニンニクも少し効いています。最近また少し薄味になったように感じます。うま煮だけを食べてももう少ししょっぱさが欲しく感じますが、これぐらいが健康的なんでしょう。スープや麺と一緒でも同じようなしょっぱさです。
ラーメンと聞くとカロリーや塩分など不健康な食べ物のように思われがちですが、白寿のうま煮そばは健康的です。500円で美味しいうま煮そばを食べて、身体にも懐にも優しく健康的な一杯でした。いつまでも500円で食べれますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.11

月岡温泉

月岡温泉 共同浴場 美人の泉

新発田市(旧豊浦町)の「月岡温泉 共同浴場 美人の泉」です。
月岡温泉はいつもほうずきの里に入っていますが、もう1軒日帰り温泉があると聞いたので行ってみました。共同浴場ってことになっていますが、休憩所が個室や大広間などがありゆっくりするのにも良さそうです。入口で500円の入浴券を購入します。
フロントに入浴券を出すとすぐ正面に脱衣所の入口があります。脱衣所は広く綺麗です。ガラス戸の向こうの浴室は広くないです。浴槽は、ひとつです。
泉質は、含硫黄-ナトリウム-塩化物泉です。PH:7.5~7.6と弱アルカリ性の肌に優しい温泉です。井戸が月岡5号井と月岡6号井なのでほおずきの里と同じ温泉です。月岡温泉らしいエメラルドグリーンのお湯です。
備品は、リンスインシャンプー、ボディソープです。
浴室が狭く、5~6人ぐらいの人が常時いるとゆっくり休みながら入るって感じじゃないです。ゆっくりお風呂に入るだけならほおづきの里がいいかなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まる七

まる七 冷し中華

新発田市の「麺食堂 まる七」です。
国道7号線沿いの北側、五十野公園に入口交差点の中条寄りにあります。
お店は、左奥に厨房、左手前と中央寄りに厨房向きのカウンター席、左最手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。午後2時ちょうどに着きました。こんな時間ですが前に待ち4人もいる混み具合です。少し待ってカウンター席に案内されました。
メニューは、らーめん、背脂らーめん、味噌らーめん、担々麺、つけめん、担々つけめんなどです。それぞれ基本とチャーシューと特製の3種があります。でも今回は、夏のメニューを食べたくて来たので念のために店内を見渡します。貼紙がありました。予定通りの冷し中華にしました。
待ちの場所に系列店を紹介する貼紙がありました。竜胆から始まりまる七、玄風、のろしと次々と違う味を提供するお店を展開しています。潤もドカメン、磁魂、源流と展開しています。その味に専念すべきって思いますが、その味用のお店を出していくようです。
冷し中華にしては、混みもありますが早めに出来てきました。
透明な器とトマトのスライスが綺麗です。
麺は、普通よりもちょっと細めの縮れ麺です。暖かいらーめんではプリプリした感じと程良いコシの美味しい麺です。冷し中華にするとコシの強さいっそう増します。
つゆは、醤油と酢の酸味のごく普通のものの感じです。
トッピングは、きゅうりとレタスの細切り、くらげ、トマト、ゆで玉子、湯通しされた豚バラ肉です。冷し中華なんでねり辛子かなと思ったらマスタードです。湯通しされた豚バラ肉に味が付いていないのでそれ用なんでしょう。ねり辛子も欲しいです。
どうこうあまり特徴のない冷し中華でした。その中でトマトが美味しく感じました。冷し中華が750ですからいい線じゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.10

花火情報

2009酒田花火ショー 第2部

新潟県内を中心としたこれからの花火大会です。お好きな方はご活用ください。調べたつもりですが間違いもあるかも知れません。正確な情報は主催者にご確認願います。

 7月

16日  千手観音十七夜まつり花火大会  十日町市川西地区
16日  しおざわ夏まつり大花火大会  南魚沼市塩沢地区
17日  くじらなみ夏まつり  柏崎市
17日  早川郷ぎおん祭 大花火大会  糸魚川市
18日  せきや浜大花火大会  新潟市中央区
18日  松代観音祭花火大会  十日町市松代地区
18日  浦佐夏まつり 大煙火大会  南魚沼市大和地区
19日  南魚沼市兼続公まつり 大煙火大会  南魚沼市六日町地区
22日  咲花温泉水中花火大会  五泉市
23日  見附まつり 花火大会  見附市
24日  栄ふるさと夏まつり 大花火大会  三条市栄地区
24日  川口町 花火大会  長岡市川口地区 
24日  弥彦灯篭まつり 奉納花火打ち上げ  弥彦村
25日  弥彦灯篭まつり 奉納花火大会  弥彦村
25日  燕大花火大会  燕市分水地区
25日  おうみ祭り 大花火大会  糸魚川市青海地区
25日  銀山祭 花火大会  佐渡市相川地区 
26日  ぎおん柏崎まつり 海の大花火大会  柏崎市
26日  上越まつり直江津地区大花火大会  上越市
26日  十日町おおまつり 奉納大煙火大会  十日町市
29日  山崎まつり  十日町市中里地区
29日  岩室温泉まつり スターマイン大会  新潟市西蒲区
30日  岩室温泉まつり 仕掛け花火大会  新潟市西蒲区
31日  吉田まつり 大花火大会  燕市吉田地区
31日  尾瀬三郎供養祭  魚沼市湯之谷地区
31日  和納十五夜まつり 打ち上げ・スターマイン  新潟市西蒲区

 8月

 1日  和納十五夜まつり ナイアガラ・草花火  新潟市西蒲区
 1日  天蓋高原夏祭り  村上市朝日地区 
 1日  三条夏まつり 大花火大会  三条市
 1日  聖籠夏まつり 花火大会  聖籠町
 1日  大巻ふるさとまつり 大煙火大会  南魚沼市六日町地区
 1日  ミオンなかさと ふれあい祭り  十日町市中里地区
 1日  名立まつり 海上花火大会  上越市名立地区 
 1日  糸魚川おまんた祭り 大花火大会  糸魚川市
 1日  赤泊港祭り 納涼花火大会  佐渡市赤泊地区 
 2日  長岡まつり  長岡市
 3日  長岡まつり  長岡市
 6日  西山町花火大会  柏崎市西山町
 7日  酒田花火ショー  山形県酒田市
 7日  あらかわ大祭 大花火大会  村上市荒川地区 
 7日  寺泊港まつり 海上大花火大会  長岡市寺泊地区 
 7日  ふるさとのう海上花火大会  糸魚川市能生地区
 7日  無印良品津南キャンプ場花火大会  津南町
 8日  新潟まつり 花火大会  新潟市中央区
 8日  柿崎納涼花火大会  上越市柿崎区
 8日  きよさと夏祭り  上越市清里区
 8日  うらがわらまつり  上越市
 8日  両津七夕・川開き 大花火大会  佐渡市両津地区 
11日  佐渡の盆「獅子ヶ城祭り」 花火ファンタジー  佐渡市佐和田地区
12日  城下町新発田まつり 海上花火  新発田市紫雲寺地区
13日  かのせふるさとまつり 花火大会  阿賀町鹿瀬地区鹿瀬
14日  万燈みたま祭り  新潟市中央区
14日  かのせふるさとまつり 花火大会  阿賀町鹿瀬地区豊実
14日  越後加茂川夏祭り 大花火大会  加茂市
14日  わしままつり 花火大会  長岡市和島地区 
14日  苗場夏まつり 花火大会  湯沢町
14日  笠島花火大会  柏崎市
15日  胎内温泉まつり  胎内市黒川地区 
15日  かのせふるさとまつり 花火大会  阿賀町鹿瀬地区日出谷
15日  湯沢温泉夏まつり  湯沢町
15日  真人町里地大花火大会  小千谷市
15日  岩沢まつり  小千谷市
15日  真皿ふるさとまつり  小千谷市
15日  船まつり・大花火大会  出雲崎町
15日  刈羽村ふるさとまつり 花火大会  刈羽村
16日  ふるさと上川ふれあい祭り花火大会  阿賀町上川地区 
16日  潟東おまつり広場花火大会  新潟市西蒲区
16日  三島まつり 大花火大会  長岡市三島地区 
16日  五十沢池地区ふるさと祭り  南魚沼市六日町地区
17日  大湯温泉花火大会  魚沼市湯之谷地区
17日  城内豊年ふるさとまつり 煙火大会  南魚沼市塩沢地区
20日  白山神社秋季大祭奉納花火  長岡市越路地区 
21日  角田山提灯登山  新潟市西蒲区
21日  おぢやまつり 花火大会  小千谷市
21日  西川まつり 大筒花火打ち上げ  新潟市西蒲区
22日  西川まつり 仕掛花火、ナイアガラ  新潟市西蒲区
22日  黒埼まつり 花火大会  新潟市西区
22日  蓬平温泉夏まつり  長岡市山古志
25日  阿賀野川ござれや花火大会  新潟市北区
25日  瓢湖大花火大会  阿賀野市水原
26日  小出まつり花火大会  魚沼市小出地区 
28日  えちごせきかわ大したもん蛇まつり花火大会  関川村
28日  しただするさと祭り 花火大会  三条市下田地区 
28日  全国花火競技大会(大曲の花火)  秋田県大仙市
29日  とちお祭大花火大会  長岡市栃尾地区 
29日  もちひとまつり・おぐに大花火大会  長岡市小国地区 
29日  千手神社秋まつり  十日町市川西地区
29日  小木港祭り 大花火大会  佐渡市小木地区 
31日  青海神社秋季祭礼 奉納花火  加茂市

 9月

 1日  青海神社秋季祭礼 奉納花火  加茂市
 4日  千手神社秋まつり  十日町市
 4日  土市秋祭り  十日町市
 4日  馬場集落秋祭り  十日町市
 4日  種苧原祭り  長岡市山古志地区
 5日  中条大祭花火大会  胎内市中条地区 
 9日  浅原神社秋季例大祭 奉納大煙火(片貝まつり)  小千谷市
10日  浅原神社秋季例大祭 奉納大煙火(片貝まつり)  小千谷市
12日  竈(かまど)神社例大祭 奉納花火大会  長野県大町市
15日  長瀬神社秋季祭礼(奉納花火)  加茂市
19日  堀之内十五夜まつり 大煙火大会  魚沼市堀之内地区
20日  関原まつり 花火大会  長岡市

10月

 2日  米百俵まつり 花火大会  長岡市
 4日  土浦全国花火競技大会  茨城県土浦市
 ?日  長岡造形大学 大学祭『彩』  長岡市
11日  筥堅八幡宮大祭  村上市山北地区
23日  河岸段丘花火  津南町
31日  信濃川プロジェクト  津南町~新潟市

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新潟ラーメン事情

みそ道楽

十日町市の「らーめん みそ道楽」です。
十日町市のジャスコの前を通ったら、すし道楽と同じ敷地にみそ道楽がありました。滝乃川グループが「どさんこ」「すし道楽」「ととや」に続き展開するお店のようです。

あづまや 十日町店

こちらも十日町市で、JR十日町駅前にオープンした「あづまや 十日町店」です。
十日町市は新店オープンラッシュです。

天家 長岡店

長岡市の古正寺地区も激しくなっている。燕市の「らーめん 天家」が長岡にお店を出しました。支店名は不明です。

喰拳

スーパーセンタームサシの南側に「ラーメン 喰拳」が移転してきました。
って建物目立ち過ぎじゃないの?
そして、喰拳の移転元には別のラーメン店「らーめん 満丸」が7月21日にオープン予定です。煮干し正油らーめんのお店のようで楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.09

古潭

古潭 野菜味噌ラーメン(大盛)

新潟市(旧巻町)の「らーめん 古潭」です。
越後線巻駅近くにあります。
今日は、昨日と違う出張者や同僚と3人での昼食です。3人とも旧巻町で何度も昼食を取っています。そんな3人が共通して好きなお店ということで古潭にしました。駐車場がないので路駐です。路線バスに支障がないよう停めます。
お店は、車庫の奥にあるような感じです。車が停められそうなスペースの奥に入口があります。お店もさらに奥行きがあり右側に厨房、左側にカウンター席、手前に小さなテーブル席1卓、奥の左側に小さな座敷があります。ちょっと古い感じで照明も押さえた落ち着いた雰囲気です。午後12時20分頃に着きました。半分ぐらいの席が埋まっています。手前テーブル席のお客さんが精算しているところで、片付けてもらって座りました。
メニューは、醤油、味噌、塩があり、それらの野菜ラーメンと納豆ラーメン、特製ラーメンがあります。冷し中華はなかったはずと周囲を見回すと…、7月18日お休みの貼紙があります。冷し中華はありません。何にしようかと考えているとちょっとせっかちに注文を聞かれます。野菜味噌ラーメンまでは良いのですが、トッピングの多くや大盛りが50円増しとお手頃なんで悩みます。野菜味噌ラーメン(大盛)にしました。
お昼は店主と奥さんらしい人と二人です。このお店は出来上がりが早いお店です。もう!って感じで野菜味噌ラーメンが出来てきました。古潭はお店に入って注文を聞くのも早いのですが、ラーメンの出来上がりも早いです。
普通盛りは黒い渋い器ですが、大盛りは水色の器です。白味噌仕立てのスープの色が美味しそうです。
麺は細めの縮れで、歯応え、ツルツル感やモチモチ感などずば抜けてどうこう言う特徴はありませんが、バランスの良い好きな麺です。大盛は少し硬めのゆで加減です。
スープは、白味噌仕立てのあっさりしたものです。でも、今日はいつもよりトロミが強いような気がします。色が白っぽく、白味噌らしくあっさりしているのに、味噌の旨味と適度な甘さと優しさがあります。この点が他の味噌ラーメンに勝っているのでしょう。
トッピングは、予め茹でてあったキャベツともやしです。もやしは、全体に良い歯応えを与えてくれます。キャベツは、好みのレタスのような食感です。根に近い太い(厚い)部分や外側や中心の小さい部分を使っていないようです。茹で加減が良いのでしょう。味噌のスープと相まって美味しくいただけます。
古潭は、トッピングの追加や大盛りなどがほとんど50円増しとお手頃です。味噌野菜ラーメン600円プラス大盛り50円で650円です。美味しく満腹でこの価格です。ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.08

聖龍

聖龍 冷し中華

新潟市の「手打ちラーメン 聖龍」です。
新潟駅前帝石ビル裏繁華街を外れ少し東側にあります。
飲み会があっての軽く飲んだ後の〆で聖龍にしました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席があります。午後9時過ぎですが、夕食の人や飲んでいる人などいろいろいます。空いています。
メニューは、麺類を中心に丼物、チャーハン、一品料理まであり、確かに飲めそうなお店です。麺類は、中華系を中心に豊富です。他の人は基本の聖龍ラーメンにしましたが、このお店で食べていない冷し中華にしました。
そんなに待たずに聖龍ラーメンが出来てきて、少したって冷し中華が出来てきました。
白いお皿にトッピングが綺麗なオーソドックスな冷し中華です。
麺は、やや太のやや縮れ、やや平打ちっぽいものです。聖龍ラーメンと食べ易い麺ですが、冷しなのでモチモチ感がかなり強くなっています。
つゆは、一般的な醤油味の酸味のあるものです。ダシの効いた旨味のあるものです。
トッピングは、きゅうりやチャーシューの細切り、メンマ、もやし、金糸玉子、紅生姜です。そんなに派手なことはありませんがちょうどいい具合です。
あまり代わり映えのない冷し中華ですが、なかなかしっかりしたものでした。740円と値段もいい線いってるんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三吉屋

三吉屋 中華そば(大盛)

新潟市の「三吉屋」です。
西堀通り三越の並びの白山寄りにあります。
今日は出張者と一緒の昼食です。どこのラーメンがいいかなと考えましたが、シンプルな新潟らしいラーメンを食べてもらおうと三吉屋にしました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前がテーブル席になっています。カウンター席は、出来た中華そばの渡し口になっているので端に2人掛けられる程度です。テーブル席は、4人掛けが4卓あります。中華そばの丼だけなら4人で食べられる小さなテーブルです。椅子は5脚あり混みあったときは5人まで座れるようになっています。狭い小さな昔ながらの中華そばやさんの雰囲気です。12時30分過ぎに着きました。今日は、程々に混んでいます。4人で行きました。相席でバラバラに座るしかないかなと思いましたが、食べ終わったお客さんと入れ替わりに1つのテーブルに纏まって座れました。入れ替わりながら待ちがない程度の混みが続きます。
メニューは、中華そば・ワンタン・叉焼麺とそれらの大盛りです。この時期の冷し中華もあります。三吉屋はもともとそんなにボリュームがありません。個人的には冷し中華(大盛)にしたいのですが、同じものを食べる人が多いでしょうから食べてもらいたい中華そば(大盛)にしました。他の人も同じメニューです。
今日もいつもどおりの早い時間で出来てきました。飾らないシンプルな懐かしさを感じるような中華そばです。
麺は、極細の縮れでシコシコ歯応えと、極細だからでしょうあっさりしたスープを上手く絡めてきます。麺と絡められたスープのバランスが最高です。
スープは、これぞ中華そばと思います。黄色っぽいというか金色のような綺麗な色です。醤油味ですが醤油を強調させない。薄味のようでダシが効いて、野菜から出ているだろうほのかな甘さの大好きなスープです。
トッピングは、脂身の殆どないチャーシュー、浅漬かり色のメンマ、鳴門とシンプルですが、麺とスープに合っています。
三吉屋は、新潟を代表するあっさりした中華そばを食べさせてくれます。美味しいんだけど大盛で700円とちょっと懐には優しくないです。でも、食べたくなるラーメンです。出張者は、最近のラーメンを食べているようで、すするように食べる細縮れ麺がもうひとつ物足りなかったようです。そんなものでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.07

安福亭

安福亭 千手店

長岡市の「安福亭 千手店」です。
長岡駅と市役所の中間辺りから80m程長岡駅方向の場所に移転しました。
先輩から移転したとの情報をいただいていましたが、ようやく新店へお邪魔することができました。移転したのを知らないで来たお客さんが、旧店舗隣に交番に移転先を聞くことが多く、お巡りさんから今日何人目とか言われたそうです。そのためか移転案内の看板も出ています。午後1時30分頃に着きました。前のお店の駐車場が空いていたので停めて新しいお店に向かうと新しいお店にも10台分の駐車場があります。
お店は、入口を入って右側に食券販売機があります。奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。広々して新しいお店らしく綺麗です。旧店舗の作業着を着た職人さんの多い映画に出てくる戦後の食堂みたいな雰囲気も味わいのあるものでしたが一変しました。暑くなったためか時間が遅くなったためかそんなに混んでません。
メニューは、老麺(通常のラーメン)と味噌老麺、排骨麺(パイクウメン)などがあります。移転して最初なんで基本の老麺にしました。
昼時間を過ぎていますが入ってくるお客さんもあり、程々の状態が続きます。
カウンター席に座り、食券を渡し出来上がり待ちます。

安福亭 千手店 ねぎ

カウンターの上には、以前と変わらず縦切りと輪切りのねぎが置かれています。その他にラーメンのたれや揚げニンニクなどもあります。ねぎの入った缶のバイクのステッカーがありません。
混雑する時間を外したためかそんなに待たずに老麺が出来てきました。

安福亭 千手店 老麺

以前と変わず杭州飯店ほどではないにしても結構なみなみのスープです。縦切りのねぎをたっぷり入れて食べます。
麺は、太麺で縮れの弱いものです。うどんも手打ち風のものに似てます。歯応えもさぬきうどんに似た歯応えです。
スープは、普通に背脂が浮いています。燕三条系です。その下のスープは、煮干し味ですが香りがおとなしめで、旨味も極端にデシャバるものがありません。醤油で味付けでしょうが、醤油を感じさせない味です。薄味ですがスープのたれで調整できます。
麺を食べ終わると、輪切りのねぎをスープに入れて楽しみます。背脂がスープの温度を保っていてくれるので熱々で味わえます。いやー、美味しい。
トッピングは、硬めのチャーシャー、燕三条系に良くある美味しいメンマです。
700円と高いラーメンですが、2種類のねぎ食べ放題を考えると安いです。新店舗でゆったり食べられるようになりました。好きな楽しい一杯でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.06

カトウ

カトウ チャーシューメン(大盛)

新潟市の「中華のカトウ」です。
古町柾谷小路から1本上手の通りにあります。
カトウ本店で冷し中華を食べたことがないと思い行ってみました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側にテーブル席があります。小さな昔からの中華そば屋さんの雰囲気です。表示されてるものはありませんが、変わってなければ朝7時からお昼時間までの営業です。午後12時20分頃に着きました。他にお客さんが4人います。早い日なら閉店の時間ですが、まだやっています。
メニューは、中華そば、チャーシュー麺とそれらの大盛りです。冷し中華はないかと壁を見ますがなにもありません。冷し中華を食べている人もいません。ちょっと汗を出しますかって乗りでチャーシュー麺(大)にしました。
待っている間にお客さんが来てほぼ満席状態になりました。後からきたお客さんも中華そばやチャーシュー麺を注文いています。前の人までものが出来上がり、次に作ってもらえ出来てきました。
あっさりした感じが見ただけで判る昔からの中華そばです。
麺は、普通の太さの平打ちです。ほとんどストレートに近い麺で、ラーメンの麺よりも冷や麦のような感じです。
スープは、新潟らしいあっさりしたものです。以前食べたときは薄味に感じましたが、醤油味に加え塩がきりりとしていて程良いしょっぱさです。
トッピングは、チャーシュー4枚、メンマ、鳴門、きねさやです。チャーシューは、脂身の少ない歯応えのある中華そばらしいもので、濃いめの味付けになっています。きぬさやが丸々してます。もうすぐ枝豆になれそうです。
新潟のあっさりした中華そばは、醤油の薄味のスープに細縮れ麺かなと思っていますが、少し麺が特徴的な中華そばです。普通の中華そばが450円で、大盛りやチャーシュー麺にしてもそれぞれ100アップです。チャーシューもそんなに多くはありませんが100円はありがたいです。650円でチャーシューを楽しんでお腹一杯になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.05

孔明

孔明 女池上山店

新潟市の「ラーメン亭 孔明 女池上山店」です。
千歳線沿いの新幹線高架近く、「らーめん 我々屋」があった跡、ラーメン店がよく入れ替わるところにオープンしました。オープンして初めてお邪魔しました。我々屋は短かったのですが、孔明なら本店の待ちを考えると長続きするでしょう。
今日は、出張者と一緒です。新潟の美味しいラーメンを食べてもらいたいのですが、新規オープンのお店も行きたいです。その両方が孔明なら間違いないでしょう。ということで孔明が初めて出した支店の女池上山店にしました。午後12時30分過ぎに着きましたが、駐車場がいっぱいです。前にも1台待っています。帰るお客さんもいてあまり待たずに車を停めることが出来ました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前と右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。しゃい亭・伊丸・我々屋と同じレイアウトです。しゃい亭の頃に改装しているのでまあまあ綺麗な最近のラーメン屋さんの雰囲気です。右側手前に待ち用のスペースと椅子があります。3人が待っています。店員がメニューを渡してくれました。
メニューは、ラーメン、味噌ラーメン、つけめんで本店と同じシンプルなものです。それだけかと思いましたが壁に貼紙があり、女池上山店限定、数量限定で手打ちのつけめんがありますが良く見ると夕方からの提供です。
待ちは順調に進みます。小上がりに案内されました。
新しいお店なので基本のらーめんにしました。混みもあってそれなりに待ってラーメンが出来てきました。

孔明女池上山店 らーめん

味玉、チャーシュー、鳴門、海苔など器の中が賑やかで豪華に見えます。
麺は、普通の太さの縮れの弱いもので、見た目は変わり映えのないものですが、食べてみるとモチモチ感とコシの強さが特徴の麺です。
スープは、醤油色で醤油の持つ旨さと魚介の風味が豊かものに仕上がっています。癖のないダシがあっさりしていながらまろやかな落ち着きのある味です。表面には油がそこそこあります。油を加えた感じではなく、背脂が溶けたような旨みがあります。
トッピングは、大きめちょい薄で軟らかく味の整ったバラ肉巻のチャーシュー2枚、薄く歯応えのあるメンマ、味玉半個、海苔、鳴門です。
新潟のあっさり感のあるスープを取り入れまろやかさを加えたらーめんです。値段が610円です。全て本店と同じです。ちょっと高いように感じます。らーめんが580円の時は良かったのですが、600円を超えるとなんか高く感じてしまいます。

孔明女池上山店 みそらーめん

出張者が食べたみそらーめんです。最後まで熱々だったそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.04

ぬれ七味

ぬれ七味 販売中

上越から燕温泉に移動中、道の駅あらいでトイレタイム。そういえば…。
かんずりにぬれ七味っていうのが出たらしいことを聞いていましたが、売っているかなと売店を覘くとさすがにお膝元です。しっかり売ってました。45gで525円です。早速購入。

ぬれ七味

帰宅後、『ハイチーズ』。チーズじゃないよ!

ぬれ七味 調理例

冷奴があったので乗っけて食べてみました。
普通に七味を濡らしただけのようなものです。他の変な味もしなくて良かったような…。ちょっとサプライズが欲しかったような…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すすり家

すすり家

十日町市(旧中里村)の「らーめん すすり家」です。
国道117号線沿いにあります。
十日町市も旧十日町市以遠にはなかなか行かないのですすり家に行けてません。今回は国道117号線を国道18号線との浅野交差点から逆に入ります。
お店は、ペンションを思わせるような建物です。前に広い駐車場があります。中に入るとすぐ食券販売機があります。奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。建物の雰囲気と一緒でちょっと洋風っぽい小奇麗なお店です。午後5時30分頃ですが、他にお客さんはいません。
メニューは、らーめん、塩らーめんとそのチャーシューメン、タンメン、トマトスープ麺、みそタンメンがあります。トマトスープ麺も興味ありますが、食べておきたいと思っていたらーめんにしました。
すぐに作り始めたようですが、なかなか麺を長い時間かけてゆでています。水も出てきません。セルフかと思いましたが、コップや水差し、冷水機など見つかりません。

すすり家 ねぎ

水といっしょにねぎが運ばれてきました。ステンレスのマグカップに入っています。
その後もしばらく待って出来てきました。本当にゆで時間のかかる麺のようです。

すすり家 らーめん

燕三条系の背脂ラーメンそのものです。
麺は、太い平打ち縮れ麺です。短めの麺ですが、太いので少し短い方が食べやすく感じます。硬過ぎることもなく、食べやすく、スープに合うなかなか好きな麺です。
スープは、醤油味でいい具合のしょっぱさがあります。あっさりしたもので癖のない背脂で自然な感じでまろやかになります。背脂は見た目の量より少なめで普通に食べるのちょうど良い量です。煮干しなど風味を抑えてあり、おとなしめです。
トッピングは、脂身のない歯応えのあるチャーシュー、多めのメンマ、玉ねぎです。チャーシューは繊維っぽいものである方向には歯応えがあり、ある方向には軟らかいものです。マグカップに入ってきたねぎも加えて楽しみます。
700円のらーめんは高いだろうと思いましたが、玉ねぎ入り、ねぎもたっぷり、麺やメンマなど充実を考えるとなかなかいい線いってるんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

河原の湯~黄金の湯~笹ヶ峰

燕温泉

7月に入ると富士山をはじめ各地の山が山開きになります。妙高山もどうかなと思い行ってみました。雨が降る中、燕温泉の日帰り駐車場は、霧も出ています。温泉街の入口には山開きの横断幕があります。

燕温泉 河原の湯入口

山開きってことは、昨年行っていた河原の湯上部の岩の撤去も終わり入れるようになったかと期待しましたが、残念ながら入れません。

燕温泉 黄金の湯入口

せっかくなので黄金の湯に入ります。常時5人くらいの人がいます。雨もあってか登山シーズンの芋洗い状態とは全然違います。
さて、もうひとつ露天風呂に入ろうと思います。
小谷温泉の村営露天風呂を目指します。霧の中を走ると笹ヶ峰辺りで霧も晴れています。笹ヶ峰牧場では牛が放牧されていてのんびりとした光景が広がります。

笹ヶ峰 道路障害

笹ヶ峰から奥に進むと立ち木が道路まで垂れてきています。以前はここまで垂れてなかったように思います。邪魔にならないようにして進みます。前回、通れなかった辺りの雪は完全になくなっています。

笹ヶ峰 雪

乙見山峠も近くなったところで雪です。普通乗用車がギリギリすれ違える道幅が全て雪で覆われています。高いところで5~6mぐらいあります。こりゃ除雪しなきゃ7月中に開通するかどうかです。ってことで小谷温泉の村営露天風呂は残念ながら断念します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GOGO宝来軒

上越市の「GOGO宝来軒」です。
上越市のイオンショッピングセンター近く、上越警察署の裏にあります。
創作系の麺料理を楽しめるお店で、夏らしいものがあるかなと思いお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらにその手前にテーブル席、左側にもちょっと離れてテーブル席があります。ラーメン屋と言うよりお洒落なランチを楽しめそうな雰囲気のお店です。午前11時過ぎに着きました。もうお客さんが半分くらい入っています。食べ終わる午前11時30分頃には満席になりました。
メニューは、醤油、味噌、黒マー油、赤ラー油の4種にそれぞれトクラーメンとトクモヤシ、創作系はフレーバー旨味ソバで、醤油、塩、味噌、ホタテ、エビの5種、夜のみでBUTAの醤油と味噌があります。定休日の木曜日はタンメンのみでの営業のようです。ヌードルスター“HG”、チャラメラ、オロチョンは廃止されています。ご無沙汰していましたがメニューはすっかり変わっています。夏らしいメニューがないので店内の壁を見ても何も貼紙もなく店員に聞きましたが夏メニューはないとのことです。食べたことのないフレーバー味噌にしました。
その後来たお客さんですが、ちょっとチャラチャラした雰囲気の親父さんで格好良くオーダするのかなと思ったら、店員にメニューを説明してもらっています。結局食べたかったのは普通の醤油でした。ちょっと笑いそうになりました。作り手側の考えを表したようなメニューだと思っていましたが、お客さん向けのメニューに変えた方が良さそうです。
午前11時のオープンで入ったお客さんですからみんな出来上がりを待っています。暇なのでメニューを見ているとフレーバー味噌の説明に“<ガーリック味噌>ニンニク王子が味噌と出会い、恋は芽生えた!”なんて書いてあります。食べるのが恥ずかしくなってきます。楽しい文句をいろいろ読んでいたら出来てきました。

GOGO宝来軒 フレーバー旨味ソバ(味噌) 姿

普段、器の上面を撮っていますが、器の形を見てもらいたくて正面やや上から撮ってみました。このお店は器も楽しめるのが好きです。白い四角いお皿の上に、深みのある白い器に盛られてきました。ラーメンがなんか別の食べ物になったよう。

GOGO宝来軒 フレーバー旨味ソバ(味噌)

いつものアングルから撮ると器がどのようなものか判らなくなります。
麺は、普通の太さの縮れの強いもので硬めにゆでられています。やった~、苦手な麺です。メニュー毎にいろいろな麺を食べましたがとうとう苦手な麺です。口の中に針金が入ったようです。でもこの手の麺が最近人気のようです。
スープは、味噌の旨味のしっかりしたものです。味噌の濃厚さ、しょっぱさ、甘さ、コッテリ感などのバランスがいいです。麺を食べているときは物足りない味だと思っていましたが、スープだけだといい味です。麺との絡みがもうひとつ欲しいです。焦がしねぎや揚げニンニクなども良いアクセントになっています。
トッピングは、軟らかめのやや薄味のチャーシュー、味玉、白髪ねぎ、万能ねぎです。
麺は好きなものではありませんでしたが、スープはとっても美味しくいただきました。730円とGOGO宝来軒にしてはお手頃でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.03

大雷神

大雷神ラグーナ女池店 らーめん

新潟市の「らーめん大雷神 ラグーナ女池店」です。
女池インター近く、ショッピングセンター“ラグーナ女池”の駐車場内にあります。
花火も終わり帰ってきました。遅くまでやってそうなお店と思いお邪魔しました。
お店は、入ってすぐのところに食券販売機があります。奥に厨房、手前にテーブル席、さらに手前に小上がりがあります。テーブル席の中央には向かい合わせで仕切りのあるカウンター席として使用の大きなテーブルもあります。派手さはありませんが、ラーメン屋さんらしい綺麗な建物です。午後10時頃に着きました。お客さんがポツリポツリといます。
メニューは、中華系を中心に揃っています。夏らしく冷し中華ってのもありますが、普通のラーメンを食べてませんでしたのでらーめんにしました。
出来上がりの待ちもなくすぐに作ってもらえ早く時間で出来てきました。
煮干しの香りのシンプルなラーメンです。
麺は、やや細の縮れでゆで加減も普通です。新潟の食堂で一番多いタイプの麺です。何が違うんだろうか?旨みがあります。スープの旨みと絡まっているのもあるでしょうが麺自体も旨みを持っているように感じます。
スープは、煮干しの風味の良いもので、醤油の薄味です。煮干しの風味と旨みでしょっぱさ控えめでも美味しくいただけます。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔といたってシンプルです。
大雷神自体そんなに古いお店ではなく、その支店で新潟らしいあっさりしたラーメンを食べられるとはなかなかです。らーめんは、オープン当時560円でしたが、食券販売機は530円に値下げになっています。他も5パーセントほど値下げしています。ありがたいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中之口まつり大花火大会

新潟市(旧中之口村)で開催された「中之口まつり大花火大会」です。
約100発の小さな花火大会ですが、今年も観に来ました。
比較的近い場所で、見通しが良く、見易い花火大会です。7号玉が中心で10号までの見応えのある花火が上がる好きな花火大会です。玉数が少ないので約40秒毎に打ち上げるため煙が抜けて綺麗に見えます。
16㎜(APC換算24㎜)の広角ですが場所が近すぎて10号玉など打ち上げ場所から上まで入らないものもあるでしょうが、花火は近くで楽しむのが一番です。

Photo

今日は早めに着きました。昨年の打ち上げ場所辺りです。今年も同じところで打ち上げられる筈ですが、実際に打ち上げられないと判りません。斜め風上の予定です。空気の澄み具合がもうひとつです。さて綺麗に見えるでしょうか?まもなく打上げ開始です。

Photo_4

梅雨中の花火大会だからなのでしょうか紫陽花のようなこの手の花火が合います。

Photo_3

10号玉です。やはり全部入りません。身体に響いてきます。

Photo_5

近すぎる花火は、見上げているので首が疲れます。

Photo_6

終盤に7号玉の連続打ち上げがありました。これは2発の撮影です。

Photo_7

こちらはアップで3発が撮影されています。中心が3個見えると思います。
今年も綺麗な花火を楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.02

拾番

拾番 ラーメン

新潟市の「ラーメン 拾番」です。
広小路と古町通の交差する交差点角にあります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの小さいお店です。じじ&ばばで金曜日の栄養補給でレバ刺しを食べてからのお邪魔となりました。4~5人程度のお客さんでその後も出入りがあり徐々に混んできましたが、なんとか座れる状態が続きます。
常連らしい酔ったじいちゃんがラーメン食べながら管を巻いています。雰囲気悪い。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたものと焼きそばです。お腹もそんなに空いていないのでラーメンにしました。
常連らしい酔ったじいちゃんがもう1人来ました。仲間かと思うとそうでもなさそうで、喧嘩になりそうかと思うとそうでもなく、お客さんで雰囲気が悪くなっています。最初からいるじいちゃんがラーメンを食べましたが量が少なかったようで店の親父に絡んでいます。大盛りがあるって最初から言え!ってな感じです。どうしてももっと食べたいようです。店の親父が替玉に応じるようで200円とのことです。大盛りの0.5玉増量が100円なので1玉200円は妥当でしょう。酔っ払いの常連のおじいちゃんがお金を出すまで作り始めません。しっかりしています。その前にこちらのラーメンが出来てきました。
麺は、細縮れのシコシコした癖のない食べ易いものです。
スープは、醤油ではなく塩味の澄んだあっさりしたものです。以前より薄味です。
トッピングは、チャーシューと浅漬かりのメンマとシンプルなものです。
道路拡幅でリニューアルオープンのときに450円から500円に値上がりしていますが、また値上がりしていて550円になっています。お得感が薄らいじゃいましたが、飲んだ後の〆には良いあっさりラーメンですが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春紀

春紀 たぬきらーめん+肉増し

柏崎市(旧高柳町)の「小さな小さなラーメン屋 春紀」です。
柏崎方面から国道252号線を旧高柳市街(岡野町交差点)やこども自然王国方面に曲がらず進むとすぐ右側にあります。
お店には駐車場が2台分くらいしかありませんが誰も停めず、道幅が広くなっているので多くのお客さんは路肩に停めています。近くの地区集会場の駐車場に停めました。お店の前の貼紙で停めていいですよって場所です。
お店は、入口を入ってすぐ前に厨房があり、その前と右側に座れるL字型のカウンター席4席だけです。檜のような色の木目が綺麗なカウンターです。玄関側を入ると居間が小上がりになっています。小さなテーブルが3宅あります。12時ちょうどにお店の前に着きました。3人待っています。少し待ってお店のカウンター席に座れました。
メニューは、らーめん・塩らーめん・たぬきらーめん・つけめん、塩つけめんに加えて、数量限定でみそらーめん・赤だしみそらーめん・赤らーめん、赤らーめんみそ・鶏パイタンらーめん、めぎすらーめんがあります。開店当初からありますがあまり食べようと思わずに食べていなかったたぬきらーめん+肉増しにしました。
今日もいつもの丁寧な仕事で、そんなに待たずに出来てきました。
麺は、やや太平打ちの縮れの強い手打ち風の麺です。このタイプの麺はかたゆでが多いのですが、食べ易いゆで加減で、楽しく感触を楽しめます。
スープは、少しトロミのあるダブルスープのようなものです。魚介系風味のやや薄の醤油味で、あっさり・まろやかな和風に仕上げてられています。最近のまろやかさと和風の控え目なあっさり感を併せ持つ斬新なラーメンです。
トッピングは、肉増しのチャーシュー5枚、揚げ玉、海苔です。チャーシューは箸で取ろうとすると壊れるほど軟らかいものです。苦手なタイプのチャーシューのようですが、控え目ながら好みの味付けがされています。揚げ玉がのっているのでたぬきらーめんなのでしょう。あまり一般的なメニューではありませんが、天ぷらをのせたラーメンもあるんで違和感は全然ありませんでしたが、和風のまろやかなスープに揚げ玉の味と香りが合います。最後に飲むスープなんか最高です。
たぬきらーめんは550円です。肉増しにしたので700円になりました。らーめんが650円で味玉とチャーシューを外し揚げ玉をのせていますが、なかなか手頃で楽しめるメニューです。天ぷららーめんにしてくれればと思いますが、何の天ぷらにするか好みがあり難しいです。そう考えるとたぬきらーめんがいいメニューなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.01

多来作

多来作

上越市の「多楽福屋 多来作」です。“たごさく”と読みます。
国道8号線石橋交差点から直江津方向へ、途中看板がありそこを左に入ったところです。説明し難い場所です。
上越地区タウン誌のラーメン特集に載っていたお店で、機会があったら食べたいと思っていました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前にテーブル席、さらに手前に手前の外やを壁を向いたカウンター席、右側に小上がりがあります。厨房近くの棚には焼酎の一升瓶が並べられてあってちょっと洒落た居酒屋の雰囲気です。ちょうどお昼に着きました。6~7割のお客さんの入りでしょうか。
メニューは、ラーメン、定食、丼物、セットがあり、ラーメンは、しょうゆ味、みそ味、しお味があり、しょうゆ味を中心にトッピングを加えたメニューが豊富です。ラーメン類には、ミニサラダとコーヒーが付きます。セットは、Aセット~Cセットまであります。それぞれミニチャーハン、ミニカレー、ミニ焼肉丼とのセットです。Aセットにしました。最初に、ラーメン類に付いてくるミニサラダがきました。ミニチャーハンと食べたいのでもう少し待ちます。Aセットが出来てきました。ラーメンとミニチャーハンのセットです。まずはラーメンからいただきます。

多来作 らーめん

シンプルなラーメンです。見ただけで安心できます。
麺は、やや細目の縮れの弱いものです。一般的な食堂のラーメンの麺のように見えます。口に含んだときも同じ感じですが、噛むとモチモチ感の強さが『並の麺じゃないよ!』って喋りそうな麺です。
スープは、醤油味の薄味でかなりしょっぱさを控えめにしたものです。旨みがあり普通の中華そば風ですがなかなかバランスの良い仕上がりです。
トッピングは、歯応えがあり脂身も適度に混じるチャーシュー2枚、メンマ、海苔とシンプルです。

多来作 Aセット(チャーハン)+ミニサラダ

ミニチャーハンもしっかりした醤油の色が美味しそうです。細かく刻まれた具が混じり、味付けもちょうど良い好みの味付けです。パサパサし過ぎず、ネチャネチャもしていない良い水気の飛び具合です。ミニと言いながらほどほどボリュームもあります。
らーめんが、ミニサラダとコーヒー付きで550円ですからワンコインに引けを取らないお得感です。Aセットは800円ですからミニチャーハンが250円とさらにお得です。好きなタイプ中華そばとチャーハンのセットがお手頃に食べれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »