« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010.09.30

善屋

善屋 ざるそば(大盛×2)

十日町市(旧松代町)の「松代そば 善屋」です。
ほくほく線松代駅と道の駅松代が一緒になった松代ふるさと会館の近くにあります。
何度も前を通っていますが、運がないのかいつも定休日か食事時間を外していました。ようやく食べることができます。
午前11時20分頃に着きました。もう営業開始している筈なんですが、お店の入口は暖簾が掛けられてはいるものの準備中の札が下がっています。一緒の出張者がお店を覗くと店員が出てきて札を営業中に直しました。お店は、大きなお店で、中が小民家風の作りになっています。奥に厨房、手前に大きなカウンター風に使えるテーブル席、さらに手前にテーブル席があります。大きな建物なのでお座敷なんかもありそうです。テーブル席に座りました。
メニューは、冷たいお蕎麦と温かいお蕎麦、天ぷらなどを加えたものやセットなどがあります。へぎそばがあるかと思ったら松代そばってへぎそばがないようです。ざるそばが735円、大盛りが210円増しです。もっと食べたいので2枚にしたいけど1470円はちょっと高過ぎます。大盛りの大盛りは店員に聞くと判断できないようで厨房に聞きに行きました。大丈夫とのことでざるそば(大盛×2)にしました。
出張者と合わせてざるそば(大盛)が2人、ざるそば(大盛×2)が2人です。ざるそば(大盛)が先に出来てきました。そこそこボリュームがあります。次にざるそば(大盛×2)が出来てきました。おお!一層のボリュームです。
蕎麦は、普通の太さで食べ易く好きなタイプの蕎麦ですが、印象は普通の蕎麦です。
つゆは、鰹節の香り豊かなものですが、かえしがもうひとつ好みのものと違うようです。
ざるそば735円+大盛210円×2で1155円とやっぱお高い昼食になりましたが、食べ易くスルッと入り、お腹いっぱいになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.29

かめや

村上市の「ラーメン かめや」です。
村上市役所のすぐ近くにあります。以前は知らずに村上市役所に車を停めましたが、近くに駐車場があります。今日はそこに停めました。
村上駅近くに中華食堂リンというお店があるとの情報いただき前まで行きましたが、残念ながら定休日でした。その近くで最近食べていないお店と思いかめやにしました。
お店は、左側に厨房、中央にカウンター席、右側にテーブル席があります。小さな町のラーメン屋さんといった雰囲気、年輩の夫婦(たぶん)でやっています。午後12時40分頃に着きました。他に3組の年輩男女のお客さんがいます。町屋の屏風を見に来た観光客でしょうか。

かめや メニュー

メニューは、中華そば、塩ラーメン、みそラーメン、タンメン、野菜ラーメン、カレーラーメン、担々麺、五目中華など豊富なバリエーションです。五目中華にしました。
2組のお客さんが出来上がりを待っていますが、ちょうど作り始めようとしたところに注文したようで一緒に作ってもらえました。

かめや 五目中華

中華系らしいあんかけののった五目中華です。
麺は、細い縮れ麺です。中華系で良く使われる表面のざらついたものではなく、つるつるしたもので中華そばなどで使われている麺と同じ麺なのでしょう。好きな麺です。
スープは、中華そばっぽいものですが、薄味にしてあります。
トッピングは、五目のあんかけです。白菜・筍・ピーマン・人参・もやし・きくらげ・しいたけなどを中華風のあんに仕上げています。
昔ながらの中華そば屋さんの五目中華です。そんなイメージで想像した通りのものでした。800円と安くはありませんが、懐かしい雰囲気ともども楽しむことが出来ました。

かめや 灰皿

かめやのカウンターにあった灰皿です。タバコ吸っていいの?だめなの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.28

六華亭

六華亭

上越市の「お食事処 六華亭」です。
目印らしきものがないので説明し難い場所ですが、高田公園の北側にあります。
上越地区もあごすけとGOGO宝来軒で食べることが多く、他のお店でも食べてみなければと思っていました。角煮の美味しいお店ということで情報をもらったので、行ってみることにしました。
お店は、右側に厨房、中央には厨房を向いたカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。ごく普通の町の食堂といった雰囲気です。午後12時40分過ぎに着きましたが、お客さんが二組とちょっとと寂しい状況です。周囲に住宅地が多いので、土日の出前で稼いでいるのかな?なんて余計なことを考えます。

六華亭 麺類メニュー

メニューは、麺類、御飯・丼物類、定食、一品料理、飲物があり、麺類は、中華そば、チャーシューメン、ミソラーメン、タンメン、五目中華そば、マーボメンなどがあります。さらにラーメンを中心にした定食もあります。麺類の中に今まで見聞きしたことのない大肉麺(ダーローメンと読みます)があります。角煮ラーメンらしきものがなかったのでこれでしょう。漢字もそれらしい文字が使われています。早速、注文して待ちます。
他のお客さんはすでに食べていて、すぐに作り始めてもらえました。お店の中には貼紙があり、餃子は皮もお店で延ばして作っていて、具も国産野菜を使用しているとのことで安心して食べられるものだそうです。今日は、注文した大肉麺が少しばかりお高いので餃子は今度にします。なんて考えている間に大肉麺が出来てきました。

六華亭 大肉麺

あっさりしていそうな中華そばに、角煮がのっています。美味しそうな角煮です。
麺は自家製手もみ麺ということですが、普通の太さの縮れの強い麺です。少し硬めのゆで具合なのでとても元気のいい麺といった印象です。
スープは薄めの醤油色のあっさりしたものですが、塩味も混じっているのでしょうか?それっぽいきりりとした締りのしょっぱのあるスープです。
トッピングは、角煮2個、メンマ、わかめとシンプルですが、角煮の迫力があります。一度揚げてから煮込んでいるとのことで、旨さが閉じ込められています。
全体的にあっさりした仕上がりになっています。塩味の効いたスープと元気な麺が、昔懐かしいものとは少し違うものになっています。普通の中華そばが530円とお手頃ですが、大肉麺は830円とちょっと豪華になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.27

くら田

くら田 ラーメン(大盛)

新潟市の「めん処 くら田」です。
本町通りと東堀通りの間6番町にあります。
あっさりしたラーメンを手頃な値段でたらふく食べたくてお邪魔しました。午後12時40分頃に着きました。この時間なら座れるだろうと近くまで行くと店の親父さんが店前のホワイトボードになにやら書いています。平麺が売り切れとのことです。平麺を食べようと思っていましたが細麺に変更です。
お店は、奥に厨房、右側に壁向きのカウンター席、左側にテーブル席があります。使い込んだ黒く光る木の感じが落ち着いた下町の雰囲気のお店です。カウンター席が空いていて座れました。
メニューは、ラーメン、ワンタン、ワンタンメン、チャーシューメンがあります。麺は、普通(160g)、中盛り(200g)、大盛り(240g)、ダブル(320g)と選べます。普通の細麺の他に平麺も選べます。スープも醤油味の他に塩味も選択できます。麺の量、麺の種類、スープの味を変えても追加料金なしです。ラーメン(大盛)にしました。
いつも通り手際よく作っていますが、一度に多くを作らないので時間がかかります。でも今日はお客さんも少なく早く出来てきました。
淡い色があっさりしたスープが美味しそうです。
麺は、ごく細麺の縮れです。口に入った時の感触が良く、噛んだ時に少し弾力があり、その後綺麗に噛み切れます。食べていて楽しい麺です。
スープは、透き通った淡い色です。醤油味の薄味ですが旨味があります。煮干しの香りがほんのり漂う新潟らしいあっさりしたものです。
トッピングは、弾力、歯応えのあるチャーシューがたっぷり入っています。食べようと口の近くにもってくると醤油の香りが強くしょっぱそうですが、食べてみるとちょうど良いしょっぱさ具合です。脂身の混じり具合も適度にありかなり好きなチャーシューです。浅漬かり薄切りのメンマ、ほうれん草も入っています。
大盛りでお腹いっぱいになるぐらい食べても500円です。大盛りにしても同じ値段というのがありがたいです。ご馳走様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.26

新潟県人会大交流祭 糸魚川ブラック焼きそば

今日も朱鷺メッセで開催された「新潟県人会大交流祭 大物産展」に行きました。
今日は車です。アルコール抜きです。午後12時20分頃に着きましたが、どの駐車場も入る車が並んでいます。近い駐車場は早くから来て、帰る人も多いだろうと会場に近い駐車場に並びます。10分も待たずに駐車できました。会場は昨日よりも混んでます。

新潟県人会大交流祭 糸魚川ブラック焼きそば

今回の目的は、糸魚川ブラック焼きそばです。昨日同様に並んでいますが、それほど待たずにゲットできました。早速食べます。

新潟県人会大交流祭 糸魚川ブラック焼きそば アップ

良く見るとちょっと見た目は好きじゃないです。
味的にはイカ墨の味で好みが分かれるところでしょうか?

新潟県人会大交流祭 高原&上越野菜カレー

高原&上越野菜カレーも美味しそうだったのでいただきました。
駐車場も1時間以内の無料で退散できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.25

新潟県人会大交流祭

新潟県人会大交流祭 朱鷺メッセへ

今日は朱鷺メッセで開催された「新潟県人会大交流祭 大物産展」に行きました。
バスで万代シティに行き、そこから歩きです。いつもより多くの人が歩いています。

新潟県人会大交流祭 朱鷺メッセエントランス

朱鷺メッセに入ると会場エントランスでは、市町村のいろいろな紹介がされています。多くの人がいますが、混み合うイベントに比べれば少なめです。会場内はどうでしょうか?

新潟県人会大交流祭 入口

入口は、混乱なく入れました。時刻は午後12時20分です。

新潟県人会大交流祭 会場

いつも通りのウェーブマーケットの下りエスカレータからの写真です。

新潟県人会大交流祭 万代橋

エスカレータを下りると万代橋を渡って進むようになっています。

新潟県人会大交流祭 県人会紹介

万代橋を渡ると新潟県人会を紹介するエリアになっています。その先には公式ガイドブックを販売しているコーナーがあります。物産展でガイドブックというのも珍しいです。500円です。朱鷺メッセ内はそんなに広くもないのでガイドブックは購入せずに先に進みます。そこを通り過ぎるといよいよ大物産展です。

新潟県人会大交流祭 エチゴビール

まずはエチゴビールから。ビアブロンド、ピルスナー、こしひかり越後ビールの3種がありますが、ピルスナーをいただきます。400円です。

新潟県人会大交流祭 エースコック

エースコックのブースです。ラーメン新麺組の試食が出来ます。「R10 プロジェクト」(食料自給率向上のため、小麦粉消費量の10%以上を米粉に置き換える運動)の商品で新潟県産コシヒカリを10%を小麦粉に練り込んだ麺です。10歳未満が食べられないものではありません。新潟県内限定販売です。

新潟県人会大交流祭 エースコック ラーメン新麺組

袋麺ですが、一般的な袋麺の麺と同じような印象です。あとは安ければいいけど。

新潟県人会大交流祭 トリスハイボール

サントリーのブースは、トリスハイボールの試飲です。これぞハイボールです。

新潟県人会大交流祭 世界のハイボール

キリンビールのブースです。世界のハイボールを試飲させていただきます。3種類あります。右側から樽熟ハイボール:アメリカケンタッキー州のウイスキー使用。樽熟シェリー&ソーダ:スペインアンダルシア地方のシェリー(ワイン)使用。樽熟カルヴァドス&ソーダ:フランスノルマンディー地方のアップルブランデー“カルヴァドス”を使用。美味しい。

新潟県人会大交流祭 天壇やきそば

お腹が空いてきました。ANAクラウンプラザホテル新潟のブースで販売していた天壇やきそばです。具沢山のあんかけが美味しい。600円です。

新潟県人会大交流祭 あなご三昧

築地寿司岩のあなご三昧です。関東周辺の主要駅などでも購入できますが新潟で買えるとは思ってませんでした。1000円です。

新潟県人会大交流祭 新潟タレかつ丼

新潟タレかつ丼です。とん八のものです。とんかつ政ちゃんや他もありましたが、越後もち豚を食べたくなるとお世話になっているとん八にしました。500円です。

新潟県人会大交流祭 ステージ

ステージイベントも開催されています。

新潟県人会大交流祭 日本酒有料試飲コーナー

ちょっと楽しみにしていた日本酒有料試飲コーナーです。県内94の全ての蔵元の地酒を味わえます。混み合って大変かと思ってましたがそれほどでもありません。

新潟県人会大交流祭 日本酒有料試飲コーナー 試飲券

試飲料金500円で、お猪口と試飲5回分の券が付きます。

新潟県人会大交流祭 日本酒有料試飲コーナー 試飲

試飲したお酒です。好きなお酒からいただきます。〆張鶴 純(純米吟醸酒、宮尾酒造:村上市)、麒麟山 グリーンボトル(純米酒、麒麟山酒造:阿賀町)、大洋盛 越乃瀬波(特別本醸造酒、大洋酒造:村上市)、加賀の井 越淡麗仕込(純米吟醸、加賀の井酒造:糸魚川市)、越乃かぎろひ 千寿(特別純米酒、朝日酒造:長岡市)です。
試飲コーナーと別に単独でブースを出展している県内酒蔵、シーバスリーガルのハイボール、ネクターサワー、アサヒ ダブルゼロカクテル、岩の原ワイン、新潟県どぶろく研究会などなどたっぷり(泥酔直前)試飲させていただきました。
特産品の販売コーナーでは試食も多く、いろいろ食べました。お酒とつまみ、にいがた酒の陣よりも充実したお酒が飲めました。

新潟県人会大交流祭 糸魚川ブラック焼きそば

糸魚川ブラック焼きそばもあります。入場してすぐに確認しましたが凄い列だったので後ほどと思っていましたが・・・売切れてしまいました。ほかに一玄のラーメンもありましたが、こちらも凄い列です。市場のお店で食べているのでパスしました。
心地よく酔っ払わせていただきました。ありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.09.24

侍元

侍元 みそらーめん

新潟市の「らーめん 侍元」です。
県道16号線青山内野線沿い寺尾朝日通交差点近く新潟西郵便局向かいにあります。周辺施設との共同駐車場に駐車場になっているので車を停めるのには困りません。
大堀幹線沿いから移転してきて2回目になります。
お店は、奥に厨房、手前に左側からから右側へ、テーブル席、向かい合わせのカウンター席、また、テーブル席、小上がりとなっています。使い込んだ木の最近のラーメン屋さんに多い雰囲気のお店です。午後1時の到着ですが、前に10人くらい待っています。お昼時間を外したのですが並びですか。移転した頃も混んでましたがここまでの混みではありませんでした。店員がメニューを持って来てくれました。何を食べようか考えながら待ちます。やがて注文を取りに来ました。
メニューは、らーめん、しお玉らーめん、岩のりらーめん、味噌らーめんとそれに背脂を加えたちゃっちゃ麺、さらにちゃーしゅーを加えたものなどバリエーションです。他につけ麺、油そば、ちゃっちゃ和え麺があります。移転後最初は岩のりちゃっちゃ麺と豚バラマヨ丼にしました。今回は味噌味を食べてみます。みそらーめんにしました。その後も少し待って、カウンター席が空き座れました。お昼時間を遥かに越えてますが、まだお客さんが来てさらに並びが長くなりました。
入店後30分後、目の前にラーメンが出来てきました。迫力を感じるみそらーめんです。
麺は、普通の太さの縮れの弱いトレートっぽいもので噛み応えの良い好みの麺です。
スープは、味噌なのに運ばれて来たときに魚介系の香りを強く感じました。醤油は匂いを感じやすいのですが、味噌でここまで魚介系の香りがするのは珍しいです。味噌の味もしっかりしていて味噌ラーメンらしい良い具合の好きなスープです。
トッピングは、大きく分厚いチャーシュー、ラー油を絡めたような辛い紐のようなメンマ、味玉、もやし、カイワレと充実しています。以前は角煮だったようですがチャーシューになっています。大きく厚いものです。軟らかく塩中心の味付けは好みと違いますが。

侍元 特製辛味赤玉金剛

今回は、特製辛味赤玉金剛(辛みそ肉和え)も食べてみます。みそらーめんのみを楽しんだ後にラーメンに入れてみます。辛みとしてはほとんど味は変わりませんが、全体的な味としてちょっとだけアクセントになります。ラーメンを食べた後のスープに挽肉が残ります。残った挽肉自体はそんなに美味しいものでもないのでちょっともったいないような気もします。
味噌の味は良いのですが、少し魚介系の香りが強過ぎるかなとも思います。880円とお高い味噌ラーメンですが、チャーシューや味玉などの充実したトッピングで納得です。特性辛味赤玉金剛は、味にアクセントを加えるといったことでいいのかなと思いますが、150円はちょっとお高いような気もします。合計1030円という超豪華昼食になりましたが、会計時には1030円分あったかなといった感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.23

TOWN CROSSING 公開生放送

TOWN CROSSING 公開生放送
会場が撮影禁止でしたので、会場前の看板です。

新潟市の新潟ふるさと村で「FM PORT 10th Anniversary Special TOWN CROSSING 公開生放送@新潟ふるさと村」が開催されたので見に行ってきました。FM PORTのイベントに今まで数多く行きましたが、立石さんが参加するイベントは初めてになります。TOWN CROSSINGやGOOD MORNING PORT CITY Saturdayなど大好きで聞いていますが、セーフティドライブキャンペーンなどのイベントに登場しないのでなかなか会えませんでした。

TOWN CROSSING 公開生放送 ステッカー

公開放送を楽しんで、その後の藤澤ノリマサさんのミニライブの後、ちょっと話が出来てステッカーをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太安亭

新潟市(旧白根市)の「手打ちラーメン 太安亭」です。
国道8号線沿い新潟寄りにあります。
9月15日のオープンで、今回が2回目になります。オープニングセールでラーメンと餃子のみをお手頃値段で提供する期間も終了し、どんな値段でどんなメニューがあるのか気になっていたのでさっそく行ってみました。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。最近のラーメン店らしい綺麗なお店です。カウンター席の前に簾がかけられていて、厨房が見えないようになっているのが残念です。午後1時30分過ぎに着きました。満席に近いお客さんの入りでしょうか。カウンター席がすぐに空き座れました。

太安亭 メニュー

さて、気になっていたメニューは、ラーメンとメンマやチャーシューのトッピングと至ってシンプルです。燕三条系背脂ラーメンは、こんなんでいいんじゃないでしょうか。ラーメン630円と消費税分コブが出ていますが背脂ラーメンとしては良い値段でしょう。この前のオープニングで安く食べさせてもらったこともあり、豪華なメンマチャーシューメンにしました。餃子もお願いしようかと思いましたが500円です。どんな餃子か判りませんが今回はパスします。
出来上がりを待っているお客さんが多く、最初に出来たラーメンは回ってきません。次にすぐだろうと思ったらゆで鍋のお湯を替えます。まあ、美味しい麺になるのだろうからこれは多少待ちます。お湯が沸いて作り始めますが、手際が良くないです。オープンして間もないためでしょうが、ちょっともたついています。

太安亭 メンマチャーシューメン

チャーシューとメンマのボリューム感がいいです。大盛りにしなくて良かった。
麺は、太い平打ち麺です。背脂ラーメンらしいモチモチした感じの麺です。前回食べた麺とは全然違います。前回はかなり軟らかいものでしたが、今回は普通です。一度に何食かの麺をゆでますが、麺を上げるのに時間がかかり最初と最後でゆで時間が結構違いそうです。また、トッピングをしてお客様に出されるまで、また少し時間がかかっています。前回の軟らかさは伸びていたようです。
スープは、背脂が浮いていますがそれほどの量はありません。その下は醤油色の美味しそうなスープです。前回は、しょっぱさ控えめ薄味でしたが、今回は普通か少し控えめ程度のしょっぱさです。ラーメンのたれを加えず食べれます。今日のスープは少し温度が温いような気がします。スープが温いのか?メンマとチャーシューが多いために冷めてしまったのか?いずれにしても美味しいラーメンスープの温度をより低いです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、玉ねぎです。程好い歯応え・脂身のチャーシュー、歯応えの良いメンマ、適度な大きさに切られた玉ねぎとシンプルですがバランスが取れています。チャーシューとメンマの両方を増量したので結構ボリュームあります。
まだ、慣れていないのかちょっと安定してませんが、これから手際よく出来るようしっかりやって美味しいラーメンを提供してもらいたいものです。1100円と高いラーメンでしたがご祝儀ってことにしときましょう。次は少しおいてから来ましょうか。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.09.22

ほうとく

ほうとく高田店 みそラーメン

上越市の「ラーメンほうとく 高田店」です。
高田公園と国道18号線を結ぶ道のちょうど中間辺りにあります。
新潟に居たこともある出張者と一緒の昼食です。いつもラーメンに付き合ってもらってますが、この前どうしてもお米が食べたいってことで「リストランテ ささき」に一緒に行った人です。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、その周りにテーブルがあり、左側に小上がりがあります。外から見るとそんな大きな建物には見えませんが、中は広々しています。雰囲気も落ち着いた感じです。午後2時に着きました。お客さんがぽつりぽつりといます。
メニューは、醤油、塩、味噌毎に数種ずつあります。今日は、期間限定でなにか珍しいラーメンがないかと期待しましたが担々麺でした。出張者はこのお店で美味しいものを食べたいとのこと。みそラーメンかなと思い、しばらく食べていないこともあり、出張者と同じ人気メニューのみそラーメンをライス付きのAセットでお願いしました。
お客さんが少ないこともあり、すぐに出来てきました。
野菜をたっぷり食べたくて野菜みそラーメンを食べようと思いましたが、野菜みそラーメンというメニューはありません。普通のみそラーメンでこの野菜のボリュームですから野菜みそラーメンがないのも納得です。
麺は、普通の太さで縮れ麺です。普通の麺かなって食べるとツルツルプリプリモチモチと際立ったものはありませんが、バランスの良い麺です。
スープは、地元の老舗で特別仕込みされた越後の白味噌を使用とのこと、味噌の美味しさが感じられます。最近多い濃厚な味噌に慣れてしまっているので少しインパクトに欠けるような印象ですが、食べているうちにこれが味噌の味だったことが思い出されます。適度な油が旨さが増し、そこそこの辛みが全体の味を引き締めています。結構熱々でその熱々が長持ちします。
トッピングは、もやし・玉ねぎ・人参・豚肉の炒め物です。小さな豚肉が少しだけ入ってるだけのような野菜炒めが一般的ですが、野菜炒め定食なんかに出来そうなしっかりした豚バラ肉が炒められています。

ほうとく高田店 Aセット

Aセットのライスです。お新香も付いています。
しっかりした味噌を楽しめるみそラーメンです。好きなみそラーメンですが880円とちょっとお高いものです。Aセットは、とってもお得な80円です。ライスサービスのお店もあるからお昼時はそうでもないか?美味しくお腹いっぱいになりましたが、960円とちょっとお高い昼食になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.21

あごすけ

あごすけ 濁汁麺

上越市の「麺屋 あごすけ」です。
上越インターチェンジ近く、ホームセンタームサシの向かいにあります。
午後の移動で上越に入りました。午後2時近くになりました。この時間やってそうなラーメン店ということで「麺屋 あごすけ」にしました。
お店は、左側に厨房、手前と中央にカウンター席、右側にテーブル席があります。木を活かしたちょっとレトロな雰囲気と綺麗に手入れされている厨房のステンレスの反射が対照的です。お店の中、風除室、外と並べるように椅子が配置されています。この時間でも混んでいたら諦めようと思ってきましたが、風除室の手前に並べました。前に10人くらいでしょうか。待つことにしました。
メニューは、醤油・塩・醤油とんこつ・塩とんこつ・醤油背油とそれらにチャーシューを加えたもの、つけ麺、豚骨つけ麺があります。9月限定メニューは胡麻辛つけ麺です。たぶんオープン当時食べて以来の醤油とんこつらーめん(濁汁麺)+餃子にしました。
カウンター席に案内されました。ラーメンを作る様子を見ながら待ちます。いつも感心するのですが、これほど名が知れたお店でも店主が主だってラーメンを作っています。これがラーメン店の姿だと思います。店主ですが以前よりちょっと太ったような気がします。なんて見ている間にラーメンが出来てきました。
醤油とんこつであることなんか関係ないような白濁色のクリーミーなラーメンです。
麺は、他のメニューと同じ自家製麺のやや太のストレート麺です。ツルツルした触感とモチモチした歯応えはやっぱりやや細目のパスタを食べているようです。このままもう少しだけ細く縮れの入った麺も食べてみたいと思います。
スープは、白っぽいクリームスープのような見た目です。クリーミーなとんこつのまろやかさと醤油の深みのある味です。クリーミーなところは人気の塩と同じですが、切れの良い塩に対し深みのある味わいになっています。動物臭さを全く感じさせないバランスの良いスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、揚げニンニク、江戸菜、海苔、焦がしねぎです。
とんこつのクリーミーさと醤油の深み、麺、トッピングとバランスの取れたラーメンです。766円(本体730円)と安くはありませんがまた食べたくなるラーメンです。

あごすけ 餃子

あごすけの餃子って食べたことがあったか定かじゃなかったのでいただきました。小さめですが、野菜が爽やかに感じれる餃子です。241円(本体230円)です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.20

太安亭

太安亭

新潟市(旧白根市)の「手打ちラーメン 太安亭」です。
国道8号線沿い新潟寄りにあります。
9月15日のオープンです。実は、昨日の夕方に来たんですが、すでに売り切れていました。リベンジです。福来亭白山店の花輪が飾られていて期待しちゃいます。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。最近のラーメン店らしい綺麗なお店です。カウンター席の前に簾がかけられていて、厨房が見えないようになっているのが残念です。午後1時過ぎに着きました。8~9割のお客さんの入りでしょうか。カウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、オープニングセールということで20日まで、ラーメンと餃子のみとなっています。餃子は売り切れとなっています。必然的にラーメンになりました。
オープンして間もなく慣れていないためか?太い麺でゆで時間を要するのか?少し時間がかかって出来てきました。

太安亭 ラーメン

燕三条系の背脂ラーメンです。好きな玉ねぎがのってます。
麺は、普通よりも少し太い平打ちっぽく感じる麺です。軟らかいゆで加減です。軟らかい麺が好きなので普通に食べれますが、硬い麺が好きな人には軟らか過ぎるでしょう。ちくにやあさひ楼より軟らかいかも知れません?
スープは、背脂が浮いていますがそれほどの量はありません。その下は醤油色の美味しそうなスープですが、しょっぱさ控えめ薄味過ぎるものです。ラーメンのたれが用意されて好みの合わせて加えます。好みの味に出来ましたが、最初の味は薄すぎでしょ。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、玉ねぎです。いいですね。程好い歯応え・脂身の大きめのチャーシュー、燕三条系ラーメンのメンマらしい良い味に仕上がったメンマ、食感を楽しめる大きさに切られた玉ねぎとシンプルですがバランスが取れています。
しっかりした燕三条系の背脂ラーメンを楽しませてもらいました。オープニングセールでこのラーメンが400円です。餃子300円が売り切れていたのが残念でした。いつも400円ならとんでもないことです。600円ぐらいならと思います。オープニングは、こういう形でお客さんにまず来てもらうっていうのがいい方法かと思います。他のメニューも気になるのでそのうちに行ってみたいと思います。福来亭の花輪は期待通りでした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010.09.19

かも屋

かも屋

新潟市の「かも屋」です。
JR白新線東新潟駅前のスーパーキューピット内にあります。
9月17日にオープンしたとの情報をもらい、行ってきました。
かも屋が健康上の理由でお店を閉めてからしばらく経ちますが、親父さんの健康状態が良くなっての復活です。もういい歳なんで復活することもないだろうと思っていました。

かも屋 建物内から

お店は建物の中と外に入口がありますが、建物内の入口のみ使用しています。内も外も親父さんの姿が描かれています。なんか良くあるただの目立ちたがり屋かよ?って感じです。右側に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、奥にテーブル席、左側に小上がりがあります。テナントのラーメン屋さんの雰囲気です。午後2時30分を回っていますが待ちが途切れることがありません。少し待ってお店の中に入ると食券販売機があります。
メニューは、らーめんとそれにトッピングを加えたもの、カレーらーめんや焼きそばなんかもあります。サイドメニューはカレーライス、チャーハン、ヒレカツ丼があり、セットメニューもあります。とオープン期間と言うことでらーめんとカレーライスとそのセットのみでの営業となっています。らーめんにしました。
混んでいることもあって少し待って出来てきました。

かも屋 らーめん

昔ながらのラーメンといったシンプルで懐かしいようなラーメンです。
麺は、やや細の縮れで歯応えの良いものです。
スープは、醤油味のあっさりした癖のないこれまた昔ながらのものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、鳴門、ゆで玉子半個です。ゆで玉子が結構壊れています。ここまで壊れたらお客さんに出しちゃいかんでしょう。
昔ながらのかも屋のあっさり味のラーメンです。昔は、三吉屋、石門子、信吉屋、おざわの次に好きで食べてましたが、そのままです。550円と今どきオープンのお店としては安いかなとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.18

ちんちん亭

ちんちん亭 ラーメン

魚沼市(旧小出町)の「正油ラーメン専門 ちんちん亭」です。
旧小出町の魚野川の左岸、小出高校前にあります。
小千谷店で何度か食べて、是非本店で食べてみたいと思っていました。過去に本店に来ましたがお休みとかで食べれていませんでした。
お店は、間口が広く中央に厨房があり、その左右と手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。午後7時20分頃ですが、結構お客さんが入っています。
メニューは、正油ラーメン専門らしく醤油味のみです。ワンタンメンやチャーシュー麺などもあります。入口脇の食券販売機でラーメンの食券を購入します。カウンター席に座り、食券をカウンターの上に置き待ちます。
ちょうど作り始めるところに間に合ったようですぐに出来てきました。
正油ラーメン専門と言うだけのことがあり醤油の色のスープが美味しそうです。
麺は、普通の太さかやや細くらいの縮れで、とても食べ易い麺です。
スープは、醤油の色が美味しそうで、その色に負けない醤油の味のしっかりしていながらもあっさりしたものです。醤油が持っている美味しさとダシの旨味が自然に出ている美味しいスープです。醤油味ではかなりレベルの高いものです。
トッピングは、醤油の味がしっかりとしているチャーシュー、メンマ、海苔です。メンマはちょうど良い甘味があり、それ自体を食べたくさせるほどいい味出しています。
このラーメンが600円です。バランスの取れた醤油を楽しめるラーメンです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤湯温泉

インターネット見ていて行ってみたい温泉があります。高天原温泉(登山15時間:2日・富山)、仙人温泉(登山10時間:2日・富山)、白馬鑓温泉(登山4時間・長野)、湯俣温泉(徒歩3時間・長野)、本沢温泉(登山2時間・長野)、赤湯温泉(登山2時間・新潟)等です。その中でも本格的な登山を要する高天原温泉、仙人温泉、白馬鑓温泉は、そこまでしてって感じで諦めています。トレッキング程度で行ける他の温泉は行ってみたいと思っています。その中の新潟県内の赤湯温泉から行こうと思いました。
と言っても、昨日の南魚沼地区の雨での川の増水や登山道の状況など気になることもあります。また、食べたいものもあります。永井食堂のもつ煮定食です。その後は草津温泉にでも入りましょう。いずれにしてもって感じで新潟市内の自宅を午前9時に出発しました。そもそもその時間自体遅いのですが。
北陸自動車道から関越自動車道に入ります。赤湯温泉は、苗場から林道を6kmそこから2時間の登山になります。日帰り入浴は、ネット上で午前9時から午後2時とまでと午後3時までの2つの情報があります。確実に入浴するには午後1時30分頃までには着きたいです。また、永井食堂は平日との土曜日午前の営業で、土曜日は午前9時30分から午後2時までと新潟市内の寝坊助にはなかなかハードルの高い食堂です。でもこの時間なら余裕です。
さてどちらに行こうか時間を見ながら決めようと思い車を進めてきました。赤湯温泉に行こうとすると湯沢ICから苗場まで22km、そこから林道を6km、湯沢ICから40分は見ておきたいところです。そこから2時間の登山ですから、湯沢インターチェンジを午前10時50分には通過したいところですが、石打SA付近を午前11時過ぎの通過です。20分程度の遅れで午後2時前には赤湯温泉に到着できそうですが余裕がありません。最悪は近くの川原の手掘りの温泉もあることなので赤湯温泉を目指してみます。
湯沢インターチェンジから国道17号線に入り登坂車線も多く順調に進みます。苗場スキー場手前から右に入るのですが苗場スキー場の信号までオーバーランしてしまい。Uターンです。そこからは順調です。途中からの未舗装路が楽しいです。ってな具合で走っていたので順調です。

赤湯温泉 登山口

車で行ける最終。左側が駐車場、右側が赤湯温泉道入口です。午前11時50分。

赤湯温泉 駐車場

駐車場は、行き止まりのやや広い場所に路上駐車しているようなものです。
履物を替え、荷物を用意して出発です。
赤湯まで2時間。午前11時55分。到着予定午後1時55分。

赤湯温泉 棒沢橋

車も通れるような道を進みます。道は急に車の行き止まり風になり下り坂になります。その下には棒沢橋が見えてきます。

赤湯温泉 棒沢橋道標

橋を渡ったところには、案内看板があります。
赤湯まで1時間30分。午後12時13分。到着予定午後1時43分。12分短縮。

赤湯温泉 赤湯温泉道

棒沢橋を渡ると道幅は狭く、傾斜が厳しくなってきます。

赤湯温泉 赤湯温泉道

木の根の階段もあります。

赤湯温泉 赤湯温泉道

道は険しくなる一方です。左側は崖でかなり深い谷になっています。
ここからは、安全第一で。時間は次でって感じになります。

赤湯温泉 赤湯温泉道

鷹ノ巣峠4合目通過です。この辺りから岩や石が多くなってきます。
赤湯まで1時間10分。午後12時24分。到着予定午後1時34分。9分短縮。

赤湯温泉 赤湯温泉道

鷹ノ巣峠6合目通過です。工程の半分です。
赤湯まで1時間00分。午後12時30分。到着予定午後1時30分。4分短縮。

赤湯温泉 赤湯温泉道

鷹ノ巣峠7合目通過です。
赤湯まで55分。午後12時34分。到着予定午後1時29分。1分短縮。

赤湯温泉 赤湯温泉道

鷹ノ巣峠頂上通過です。
赤湯まで45分。午後12時43分。到着予定午後1時28分。1分短縮。

赤湯温泉 赤湯温泉道

見返りの松です。ここから下り坂になります。

赤湯温泉 赤湯温泉道

赤湯まで35分。午後12時59分。到着予定午後1時34分。6分延伸。

赤湯温泉 赤湯温泉道

近くの立ち木に復路はここでタクシーを呼んでくださいてな貼紙があります。ここは携帯電話が使えるようです。かぐらスキー場方面に開けているので電波が飛ぶのでしょう。

赤湯温泉 赤湯温泉道

さて、赤湯までの時間が消えて見えませんが計算すると。
赤湯まで25分。午後13時09分。到着予定午後1時34分。

赤湯温泉 赤湯温泉道

登山道には、あちこち栃の実が落ちています。踏んで転ばない様にしないと。
子供の頃、くりぬいて笛を作っていました。中身は石鹸代わりでした。

赤湯温泉 赤湯温泉道

下りも順調に来たら…。おいおい!これどうやって超えて行くんだ?って思ったら手前を左に曲がっていよいよ下りがきつくなります。

赤湯温泉 赤湯温泉道

また、赤湯までの時間が消えて見えませんが計算すると。
赤湯まで20分。午後13時13分。到着予定午後1時33分。1分短縮。

赤湯温泉 赤湯温泉道

またまた、赤湯までの時間が消えて見えませんが計算すると。
赤湯まで15分。午後13時20分。到着予定午後1時35分。2分延伸。

赤湯温泉 赤湯温泉道

最後の難所らしいのですがロープの張られた下り坂が数箇所あります。
遥か下に聞こえていた渓流の音も近くなってきました。

赤湯温泉 赤湯温泉道

下り坂の向こうに橋が見えます。赤湯3号橋です。

赤湯温泉 赤湯温泉道

赤湯3号橋を渡るとすぐに赤湯2号橋が見えてきます。

赤湯温泉 赤湯温泉道

赤湯2号橋の上から山口館の露天風呂が見えます。

赤湯温泉 山口館

木々の間から山口館が見えてきました。

赤湯温泉 山口館 看板

赤湯温泉山口館到着です。午後1時32分。所要時間1時間37分でした。

赤湯温泉 山口館 玄関脇

玄関脇にはいろいろ貼り紙があります。
ペットボトル300円です。山形の酒田、赤川花火と同じ値段です。山形高過ぎ。
玄関を入り入浴料500円を払います。
主人らしき人が出てきてサンダルに履き替えてお風呂を利用してくださいとのことです。また荷物は玄関脇の台の上に置くようにとのことです。

赤湯温泉 山口館 入浴場看板

入浴場に案内看板があります。

赤湯温泉 山口館 温泉分析書

温泉分析書も掲示してあります。各湯の泉質は次の通りです。
 薬師の湯 ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫黄塩泉(低張性中性高温泉)
 玉子の湯 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(低張性中性高温泉)
 青の湯  ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫黄塩泉(低張性中性高温泉)

赤湯温泉 山口館 サンダル

山口館の玄関で履き替えたサンダルです。

赤湯温泉 山口館 薬師湯

屋根付きの薬師湯です。適温です。

赤湯温泉 山口館 玉子の湯

玉子の湯です。川のせせらぎを聞きながらのんびり入ります。
浴槽が3つに分かれていて、一番奥の浴槽からお湯が沸いているようです。沸騰していませんが滅茶苦茶熱いです。中央の浴槽が調度いい温度です。手前がぬる湯です。長時間入るのに良さそうな湯温です。
お湯は、鉄錆の中に入っているような色とにおいです。

赤湯温泉 シオカラトンボ

温泉に入っているとシオカラトンボが遊びにきます。
疲れが一気に吹っ飛びます。

赤湯温泉 山口館 青の湯

青の湯です。だれもいませんが昼間は女性専用なのでここまでです。

赤湯温泉 山口館 別館案内

別館の廊下で休めるようなので行ってみます。

赤湯温泉 山口館 別館廊下

別館の廊下は、縁側風になっていていい雰囲気です。行灯と灰皿があります。
入浴も終わり、山口館にご挨拶して帰りましょう。玄関に行って履物を履き替えて挨拶をするとおばあちゃんが出てきました。池上製麺所のるみ婆ちゃんにも似た雰囲気です。おばあちゃんこの登山道を来ているんです。凄い。

赤湯温泉 雨量計

周辺を少し散策します。
玄関前に雨量計があります。国土交通省赤湯気象観測所になっています。

赤湯温泉 川原の湯

山口館の先、川原に降りると手掘りの温泉があります。少し温めです。

赤湯温泉 清津川

清津川のせせらぎや渓谷などいろんな姿を見せてくれます。

赤湯温泉 清津川 水

上流にダムがないので水が綺麗です。
さて、午後3時です。帰りましょう。
帰りの方が下り坂が多く慎重になります。
ちょうど2時間かかって午後5時駐車場到着しました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.09.17

じじ&ばば

じじ&ばば カレーライス

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
事務所に帰って仕事をしていたら遅くなってしまいました。ぼちぼちと仕事を切り上げ週末のじじ&ばばに移動しました。週末の楽しみのビールとレバ刺しをいただこうと思ったのですが、レバ刺しは完売になっていました。栄養補給失敗です。
他の食べ物はって感じでお勧めの書かれたホワイトボードを見ると限定でカレーライスがあります。レバ刺しはありませんが、カレーライスはラッキーです。今日は濃厚だよ!ってことです。早速、カレーライスお願いしました。本当に濃厚なカレーライスです。辛さもちょっと大人の感じです。麺類も美味しいですが、カレーも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

栄PA(下)

栄PA(下) 大きつねそば

三条市(旧栄町)の北陸自動車道栄パーキングエリア(下り線)です。
長岡ジャンクション辺りから新潟へ追い越し車線を軽快に走っていたら後ろからレールの上を走っているかのように安定した走りで近寄ってくる車があります。HIDのヘッドライトで車幅180センチ以上の車でしょう。スピードメーターを見たらちょっと出ているの走行車線に戻り減速します。その車が追い越して行くだろうと思ったら、追い越し車線でこちらの車に速度を合わせようとしているかのように減速しています。こちらもさらに制限速度近くまで減速します。その車はこちらの車の後ろにつき車間を開けています。少しスピードを上げると合わせて上げてきます。ピー!ロックオンされました。その状態のまま少し走ると後ろからいい勢いで来る車があります。さらに2台がその車に続いています。3台が通過後、後ろの車が3台に続いて追い越していきました。ロックオン解除です。“車間を開けろ”なんて出されない程度の距離をおきついていきます。3台の真ん中を走っていた車が先頭に立ち、中之島見附インターで…。
なんて見ながら栄PAまできました。ついうっかり防止のため栄PAには寄るようにしています。小腹も空いたし、仕事も遅くなりそうだったのでお蕎麦でも食べようかな。
かけそば300円、天玉そば460円…どっちにしようかなと迷っているときに、栄PAでは大きつねうどんしか食べないってネットの知り合いを思い出しました。大きつねを食べてみようかなと思います。確かにきつぬはうどんにしたいのですが、お蕎麦が好きなので大きつねそばにしました。
食券販売機で食券を購入し窓口に出して待ちます。油揚げが大きいのだから1枚まんま入っているのかな?なんて考えているとさすがにおそばです。すぐに出来上がったようで呼ばれました。なに!って感じです。想像していたもの全然違う分厚い油揚げです。栃尾の油揚げのように空気が入っていないのでかなりのボリュームです。ちょっと大袈裟に言うと油揚げ1個でおそば1玉ぐらいのボリュームです。しかも2枚。お腹がいっぱいになりました。
大きつねそば600円という値段を見たときに、ただものではないような予感はしていました。その予感をあっさり越える物凄いものを食べてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

然 海鮮丼ランチ

新潟市出来島の「新味力酒家 然」です。
新潟県庁近くにあります。
同僚と出張者と一緒で、味覚の確かな同僚お奨めのランチが食べられるお店です。
今日は、ラーメン以外のお昼かなと思いつつお店に着きました。お店の前にメニューが出ていて、ランチが7種類もあります。日替わり、ご飯物4種、麺類とのセット2種があります。麺類のランチは、ラーメンとカツ丼セット、坦々めんとネギトロ丼セットがあります。ラーメンが食べられそうです。どっちにしようか考えます。ラーメンとカツ丼が有力です。夜のメニューも掲示しています。和風ラーメンや担々麺があります。つまみもお手頃なので飲みに来たいお店です。
午後12時30分。お店に入るとすでに満席で待ちます。同僚の話ではこれほど混んでいるのは珍しいとのことです。やがてフロア係の案内で席に移動します。お店は居酒屋の造りで個室風に仕切られたスペースがいっぱいです。カウンター席もあります。落ち着いた雰囲気のお店で、お酒を楽しむにはいいですが、ランチには少し暗い感じです。
フロア係が、水とおしぼりを持ってきて日替わりランチの内容を説明をしてくれました。さらにランチメニューの説明、半数以上が売り切れになっています。麺類は全滅です。ご飯物の残ったものの中から海鮮丼にしました。他の人はお弁当風のものにしました。
やはり混んでいるのかしばらくの待ちになりました。海鮮丼が早く出来てきました。大きな器に魚介類がたっぷりのってます。他の人たちはお弁当などをお願いしましたが、それから少し待って出来てきました。
なかなか食べ応えがあって美味しい海鮮丼です。味噌汁、茶碗蒸し、お新香、デザート、飲み物付きで980円です。ランチとしてはお高い部類になってしまいますが、ボリュームのある海鮮丼を考えると妥当なところでしょう。御馳走様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.16

白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
新潟市の中心街、WITHビルと三越を直線的に結んだ中間くらいにあります。
涼しくなって温かいラーメンが食べ易くなりました。何っ処で食べようかと少し考えて、白寿にしました。
古そうな建物には数件のお店が入っていて、そのうちの1軒です。お店の入口も古さを感じさせるもので、暖簾を潜ると外観から想像した通りの小さな店内が目に入ってきます。右側奥に厨房、その手前と中央寄りにカウンター席、左側に小さなテーブル席です。12時20分頃に着きました。今日は7人お客さんがいます。
メニューは変わらず、ラーメンとうま煮そばです。このお店はうま煮そばを食べたくなると来るお店ですから、セルフサービスの水を取りに行く途中で『うま煮!』と注文します。先客も後から来たお客さんも今日もみんなうま煮そばです。最近、メニューにない麺類や餃子なんかを注文するお客さんがいません。良いような楽しみがないような。
今日は、親父さんとおばさんがいます。親父さんがうま煮を作って、おばさんが麺をゆでたり盛りつけたりします。中華鍋で一度に多くのうま煮をまとめて作ります。お店に入った時のうま煮の有無で待ち時間が違います。今日は出来上がったうま煮がほんの何人かのお客さんに出されたあたりです。まだたっぷりうま煮の入った中華鍋からうま煮が盛られてうま煮そばが出来上がってきました。
今日も、褐色のうま煮が美味しそうです。結構、熱々です。
麺は、細麺よりも細い極細に近いやや強い縮れの麺です。細麺らしいシコシコした歯応えで、強めの縮れがうま煮を上手く絡めてきます。
スープは、うま煮と混じって判り難いのですが、うま煮と混じってもしょっぱさ控えめの癖のないスープだということは解ります。
うま煮は、白菜、玉ねぎなどの野菜と玉子のトロミのあるあんかけになっています。ニンニクも少し効いています。最近少し薄味になったように感じていましたが、今日はいいしょっぱさ加減に戻りつつあります。うま煮だけを食べるといい味です。もう少しだけしょっぱさが欲しく感じますが、これぐらいが健康的なんでしょう。スープや麺と一緒でも同じようなしょっぱさ加減に感じます。
ラーメンと聞くとカロリーや塩分など不健康な食べ物のように思われがちですが、白寿のうま煮そばは健康的です。500円で美味しいうま煮そばを食べて、身体にも懐にも優しく健康的な一杯でした。いつまでも500円で食べれますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.15

出張の1日

ここから雲

今日は、東京に出張です。
上越新幹線(MAX2階A席)に乗って、いつもの長岡市渡沢町(滝谷トンネル手前)の田んぼが黄金色になっているのを楽しみにしていますが、燕三条駅を過ぎた辺りから低い雲が立ち込めています。面白いぐらいここからって具合の雲です。

豊作の秋

さて、その田んぼに差し掛かりましたが、陽が当たってないので実った稲の色ももう一つです。稲刈りも結構終わっています。

東京タワー

東京に着きました。東京タワーです。いい形です。

東京スカイツリー

そして建設中の東京スカイツリーです。形的に面白さはありませんが名所です。

銀座ハイボール

仕事が終わり、帰りにちょっと一杯で銀座ハイボールをいただきました。
麦焼酎のソーダ割りです。

大人の休日~秋~懐石弁当

さて、帰りの新幹線ですが、お腹が空いたので駅弁を食べることにしました。アルコールも入ってちょっと豪華にと思いましたが、一番豪華なのは3段重の高級なお弁当で新幹線のテーブルにのらないぐらいです。懐石弁当「大人の休日」~秋~懐石弁当にしました。日本橋大増のお弁当です。

大人の休日~秋~懐石弁当(中)

お弁当の中はこんな感じです。888kcalです。
おしながきもあります。
一の重、鯟昆布巻、きのこ柚香和え、秋鮭七味焼、零余子真丈、エリンギポン酢和え(菊花酢漬)、玉子焼、有頭海老、蒲鉾、合鴨スモーク、いが栗揚、秋刀魚竜田揚、陣笠椎茸揚、とうもろこし蓮根挟み揚、しし唐揚、パプリカ揚、生キャラメル餅。二の重、季節の煮物(海老芋、きのこ信田、蓮根、豆腐野菜寄せ、人参、椎茸、いんげん)、松茸御飯(契約栽培農家による有機認証米秋田県産秋田こまち使用、松茸、銀杏)
食べると普通のボリュームなんですけど…。
おしながきを見ると2000円も理解できますが、食べると2000円はどうかな???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みのや

みのや

東京都港区の「中華そば みのや」です。
最寄り駅はJR新橋駅になります。駅の西側にあります。
ネット情報でごちゃごちゃしてないシンプルラーメンなので食べたいと思っていました。
お店は、奥行きがあり右側に厨房、左側にカウンター席のお店で、夜は居酒屋としてやっているお店で、カウンター席の居酒屋の雰囲気そのものです。ちょうどお昼に着きました。すでに数名のお客さんがいます。
メニューは、らーめんとそれにトッピングを加えたものです。すべて煮干しベースの魚介らーめんです。そして大盛りが無料になっています。基本のらーめん(正油味)大盛りにしました。限定のチャーシューまぜごはんというのもあったのでお願いしました。
夜は、別麺メニューが用意されています。つまみも豊富で夜も楽しめそうなお店です。
普通の待ちでラーメンが出来てきました。

みのや らーめん(醤油味)

期待通りの普通のラーメンです。
麺は、普通の太さの縮れです。少し硬めでモチモチした麺です。
スープは、いかにもって醤油色で、味も醤油の良い加減のあっさりしたものです。しかし、煮干しのダシはかなり濃厚で旨みのあるスープです。
トッピングは、程良い歯応えのちゃーしゃー、メンマ、海苔とシンプルです。

みのや チャーシューまぜごはん

チャーシューまぜごはんは、白ご飯と間違えられたかと思うほど普通のご飯に近いものです。少し塩味があり、気持ち程度に小さな小さなチャーシューが入ってます。
煮干しダシを楽しめる醤油ラーメンと半ライスかなって感じでした。満足の昼食でした。ラーメン500円とチャーシューまぜごはん100円です。新橋駅近くでこの値段は嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.14

信吉屋

信吉屋 支那そば(中)

新潟市の「信吉屋」です。
イトーヨーカドー丸大の近く、本町の市場風お店が並んだ東堀通寄りにあります。
好きなお店ですが、今年なぜか初になります。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席だけの間口の広いお店です。市場の支那そば屋さんといった懐かしさを感じさせる雰囲気です。並んでいるかなと思いつつ午後12時15分頃に着きました。離れても判ります。3人ほど並んでいます。5分ぐらい待ったでしょうか。少し待ったかなってほどで座れました。
メニューは、支那そばと、メンマ、チャーシュウ、ワンタンを組み合わせたものになります。盛りは、普通、中盛、大盛があります。そして夏は、冷し中華もあります。とても好きな冷し中華なのでシーズン中にもう一杯食べたいと思ってきました。しかし、残念なことに冷し中華は先週で終了していました。今日、冷し中華を食べようと思ってきた7人目のお客さんだそうです。また、来年の楽しみにしましょう。お腹も空いていたので支那そば(中盛)にしました。
混んではいますがちょうどタイミングも良く、すぐに作ってもらえ早く出来てきました。
いつもの黒っぽい渋い器に澄んだスープが品良く、大きなレンゲもいつも通りです。
麺は、極細に近く縮れの弱い麺です。シコシコした歯応えがとっても好きな麺です。
スープは、塩味のすまし汁ようなの綺麗なものです。昆布ダシの旨みで味わう和風のスープです。不思議と胡椒との相性もいいです。普通の胡椒とブラックペッパーが用意されていますが、どちらでもいい感じに合います。
トッピングは、脂身がなく弾力のある歯応えを楽しめるチャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門です。ねぎがいい風味を与えてくれます。これも和の感じです。
支那そばの普通盛りが550円で、中盛りが600円、大盛りが700となっています。お特感が50円UPの中盛りにしてしまいます。結構ボリュームがあります。今日も美味しくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.13

東横

東横駅南店 冷やしみそラーメン

新潟市の「東横 駅南店」です。
新潟を代表する味噌ラーメンの人気店です。
新潟駅南口からドンキホーテを過ぎた交差点を左に曲がった先にあります。駅周辺ですが駐車場があるので助かります。
気になっていたメニューがあり、食べにきました。
お店は、右側に厨房、厨房に向かって中央寄りカウンター席、中央にテーブル席、左側に小上がりがあります。そこそこ歴史のありそうな庶民的で大きめのラーメン屋さんです。午後2時過ぎに着きましたが、何人かのお客さんがいます。その後も来ます。午後に休憩を取らないのが知られているようです。
メニューは、味噌・醤油・塩の各ラーメン、つけめんを始め、定食まで幅広くやっています。麺の量も×0.5、×1、×1.5、×2、×2.5、×3、×4と野菜みそラーメンの野菜を楽しみたい女性から大食らいまで対応できるようになっています。夏のメニューで冷やし中華と冷やしみそラーメン、つけ麺があります。東横の冷やしみそラーメンが気になっていました。冷しにも薄め用のスープがあるのか?濃厚さはどんなものか?その冷しみそラーメン(大盛)にしました。
お客さんが少ないんですぐに作り始めたようですが、麺のゆで時間がかかっています。結構時間がかかって出来てきました。
白い丼です。みそラーメンのような力強さより上品さがあります。
麺は、普通の太さの縮れで、冷しということもあって強いモチモチ感があります。冷しとして合う麺です。そしてつゆとも合っています。
つゆは、とろみのある味噌らしい感じですが、東横の味噌ってほど想定していた味噌風味の強いものではありません。でも、なかなかいい感じに麺と絡みます。適度な辛さも夏らしい味わいです。最後に残ったつゆを飲むとかなり濃厚で辛いです。残念ながら薄め用のスープはありません。
トッピングは、ハムの細切り、玉子焼きのやや太切り、キャベツと人参をゆでて冷やしたもの、天かすです。玉子焼きが好きなんで太いものも玉子焼きらしくて良いです。
麺が細く、味噌もややおとなしいものでしたが、味噌の冷やしものとしてはかなり美味しくいただけました。冷やし味噌ラーメン810円と安くはありませんが、サービス券で大盛りがサービスになっているので割安感はあります。期待すると裏切られることが多いのですが、期待を裏切らない東横の冷やし味噌ラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.12

栄PA(下)

栄PA(下) カレーラーメン

三条市(旧栄町)の北陸自動車道栄PA(下)です。
昨日、氷見でラーメンを食べた後富山に戻り、富山インターから帰ろうと思ったのですが、車の燃料がなかったので燃料補給をしようと思いガソリンスタンドを探しながら国道41号線を流して、飛騨古川でスタンドを見付けて燃料補給完了、飛騨古川いぶしでひと休み。まだ雨も落ちてないので東海北陸自動車道飛騨清見ICまで林道で向かいます。軽トラックしか通っていないだろう林道もあり、車の両サイドを草に擦りながら抜けます。清見IC~小矢部砺波JCTで帰路に付きます。時々仮眠を取りながら帰ります。柏崎から大積、中之島見附にかけて土砂降りです。80Km規制ですが、道路上にかなりの雨水が溜まっています。そして、栄インターに午前7時30分に着きました。ちょうど軽食コーナーのオープンです。
そば、うどんが中心ですが、ラーメンもあります。せっかくなのでカレーラーメンにしました。カレーライスやカツカレーもあるのでカレーをカレーかけタイプを期待します。
出来たカレーラーメンは、期待通りのカレーかけタイプです。
麺は、やや細の縮れ麺で、ごく普通の食堂っぽい麺です。不味くはないのですが、ちょっと物足りなさを感じます。
スープは、醤油のあっさりしたものです。場所場所なんで癖のないものです。
トッピングは、ゆで玉子、きぬさや、カレーです。カレーはレトルトものに似た食感のもので、食べ易い大きさの肉が結構入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.11

貪瞋癡(とんじんち)

貪瞋癡

富山県氷見市の「食・麺・呑・笑 貪瞋癡」です。“とんじんち”と読みます。
氷見市の湊川のからくり時計の近くにあります。
おもだからで支那そばを食べましたが、せっかくなんで富山ブラックも食べて帰ろうと思います。富山ブラックを食べれるお店をネットで探しますがなかなか見つかりません。そんな中、週末のみラーメンを提供するのにラーメンの評判の良いお店があります。氷見市ということで新潟からだ遠く能登半島の付け根の富山湾に面したところにあります。とりあえず向かいます。国道8号線~国道160号線~国道415号線を経由して近くまできました。車を路駐してお店を探します。すぐに見つかりました。
お店の中に入ると左側に厨房というか…。中央にカウンター席、座敷もあるようです。ダイニングバーとショットバーの中間のようなお店ですが食べ物が充実しています。ジャズが流れています。午後9時30分過ぎに着きましたが、常連さんらしいお客さんが数名います。店主と富山ブラック食べようと思ってここまで来たことなど会話していたら、黒ラーメンもあるけど白ラーメンも食べてみてと言われたので白ラーメンを食べることにしました。厨房部分は、焼酎がたくさんあって焼酎のバーみたいですが、手前にラーメンが作れるように厨房らしくなっていて寸胴もあります。いろいろ話しをしていたら白ラーメンが出来てきました。

貪瞋癡 白ラーメン

出来上がってきました。なんて品の良いラーメンでしょう。盛り付けが綺麗です。
麺は、普通の太さで細かな縮れのものです。結構モチモチしています。
スープは、塩らしいのですが癖のない完成度の高いものです。あっさりしていますが適度な油も浮いていて、優しいまろやかさと旨味のある仕上がりになっています。
トッピングは、チャーシュー・メンマとシンプルなものです。
メニューも見ないで、注文してどんなものが来るかと思いましたが、とても完成度の高い白ラーメンでした。値段も知らずに食べ終わりました。通常800円ですが、わざわざ県外から来てくれたとことでおまけしてもらえました。高いラーメンですが、また食べたくなるラーメンです。富山のラーメンはレベルが高いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おもだかや

おもだかや 朝日店

富山県朝日町の「おもだかや 朝日店」です。
蓮華温泉から下りてきてそのまま帰ってもいいのですが、遠くても高速道路料金が1000円なのでちょっと国道8号線を富山方向に走ってみます。朝日町から入善町に入る手前に支那そばの看板があります。暖簾分けしたおもだかやが富山県内にあるのは知ってましたがまさかこんなに判りやすい場所だとは思っていませんでした。さっそく食べてみることにしました。
お店に入ると中央に厨房、厨房を囲うようにカウンター席、手前と左側に小上がりがあります。広々としていて定食なんか大きなトレーを使うような食事も出来そうです。午後7時30分頃に着きました。お客さんが何組か食べています。
メニューは、新潟県内のおもだかやと同じようなものが揃っています。そんなにお腹が空いていないので標準的な支那そばにしました。
他のお客さんは食べていてすぐに作ってくれます。すぐに出来てきました。

おもだかや朝日店 支那そば

すり鉢のような形の器ですが、小振りです。味噌ラーメンなんかで使われるのが多いので、大き目のに慣れているからでしょうか?
麺は、細く弱い縮れというよりもストレートに近いもので、シコシコした歯切れの良い、食べて楽しい麺です。あっさりしたスープに良く合います。新潟と同じもののようです。自家製麺?富山で製麺?新潟から取り寄せているのかは不明です。
スープは、すまし汁のような澄んだものです。豚骨の旨味と魚介系の風味のあっさりしたものです。醤油メインですが塩も使われているようでしまりのある味です。
トッピングは、脂身の少ない歯応えのあるチャーシュー、浅漬かりの色でシャキシャキ歯応えの良いメンマ、くきわかめ、鳴門です。
和風な麺料理が、富山でも変わらぬ味で食べれます。支那そばが650円と高めです。ちょっと違いすぎるような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蓮華温泉

白馬岳蓮華温泉ロッジ

今日の目的地糸魚川市の「蓮華温泉」です。
ずっと行きたいと思っていました。昨年は、道路ごと閉鎖されて近くにも行けませんでした。今年こそ行こうと思っていましたが、花火で週末が忙しく露店風呂にもなかなか入れない状況でした。花火シーズンが一段落し、猛暑も一段落したのでそろそろです。そして今日、新潟市周辺は雨が降りそうな空模様ですが、南西に逃げれば大丈夫そうです。長岡辺りから空も青空が広がり、ジェラート+ラーメンで腹ごしらえもできていよいよです。糸魚川市から国道148号線を南下します。大糸線平岩駅前から22Km、県道505号線に入り県道から林道に変わり上ります。蓮華温泉手前の登山用も兼ねた蓮華温泉駐車場に到着です。標高1475mです。涼しく温泉にちょうど良い気温です。
白馬岳蓮華温泉ロッジのフロントで入浴料金を払います。日帰り入浴800円(内湯・野天両方)になります。野天風呂のみ500円や内湯のみ800円というのも出来るようです。食堂を抜けた先に内湯があります。

蓮華温泉 内湯

脱衣所に行くと、まず浴室からの景色が飛び込んできます。額縁の絵のようです。鍵付きの貴重品入れなど思った以上に設備が整っています。浴室に行くとシャワーやボディソープ、リンスインシャンプーなどさらに秘湯って雰囲気が吹っ飛んでしまいます。しかし、景色は一層鮮やかです。窓を外しているのかと思いましたが、大きな1枚もののガラスです。泉質は、単純温泉です。

蓮華温泉 三国一ノ湯

さて、野天風呂巡りを始めましょう。野天風呂が4ヶ所あります。左側から登ります。結構しっかり登らなきゃいけません。最初に現れるのが三国一ノ湯です。ってお湯ねーじゃん。お湯があれば、泉質は単純酸性泉です。

蓮華温泉 野天風呂周辺

さらに登ると温泉らしい荒涼とした風景が広がります。あちこちから湯気やお湯が噴き出しています。立入禁止場所もあります。

蓮華温泉 仙気ノ湯

次が仙気ノ湯です。入っている人が多かったので後で入ることにします。

蓮華温泉 薬師湯

仙気ノ湯から100m登ると薬師湯です。石造りのお風呂です。

蓮華温泉 薬師湯 お湯

緑色がかったお湯です。泉質は、酸性石膏泉です。

蓮華温泉 薬師湯 景色

雲が多くなってきましたが、景色がいいのでのんびり2時間ほど入ってたでしょうか?

蓮華温泉 薬師湯 霧

ガスって来たのでそろそろ下りて行きましょう。

蓮華温泉 薬師湯~仙気ノ湯

手前が薬師の湯で、下に見えるのが仙気ノ湯です。

蓮華温泉 仙気ノ湯 景色

下りて仙気ノ湯に入りました。霧が一時的に晴れ、雲の上での入浴です。
泉質は、単純酸性泉です。

蓮華温泉 新黄金湯跡

黄金湯を目指し下りるとかつて蓮華7湯と言われた頃の新黄金湯跡があります。

蓮華温泉 黄金湯

最後は、黄金湯です。泉質は、マグネシュウム炭酸水素塩泉です。
自然の中のいい温泉でした。もう少し寒くなってからも来てみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とん太

名立谷浜SA ジェラート(塩)

ラーメンの前に名立谷浜SAで食べたジェラートです。黒姫牧場牛乳の美味しいジェラートです。外のお店で販売しています。牛乳、抹茶、塩とありましたが、塩にしました。
牧場って名前が付くと濃厚なのかなと思いましたが、とっても爽やかなジェラートです。350円もするのでちょっといつでも食べれるってものじゃないです。

とん太蓮台寺PA 新潟味噌ラーメン

糸魚川市の北陸自動車道上り線蓮台寺PA内の「ラーメン とん太」です。
お昼になりました。蓮台寺そばも好きなんで食べようかと思いましたが、地産地消と書かれた説明書が貼り出された新潟味噌ラーメンがあります。新潟原産の原材料、野菜のこだわったラーメンとのことです。どのようなものなのか食べてみることにしました。
味噌ラーメンなので大きな器かなと思いましたが、旭川ラーメンで使用されているような小さめで深い器が使われています。
麺は、太い縮れの硬めのゆで加減の麺です。一般的な味噌ラーメンらしい麺です。説明には麺のことは書かれていません。新潟って麦が取れたっけかな?
スープは、味噌の味がしっかりしたものですが、味噌の味以上にしょっぱく感じます。笹川流れの玉藻塩を使用しているとのことですが、それでしょっぱくなっちゃったんじゃないでしょうか。味噌を作るときの塩に藻塩を使用すればとも思います。
トッピングは、もち豚のチャーシュー、きのこ、もやしなどです。
厳選された県内産の原材料を使用しているかも知れませんが、880円ではもう食べることがないでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.10

じじ&ばば

じじ&ばば ラーメン

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
連荘でのじじ&ばばになりました。今日は早めに仕事を終わらせて片貝の花火を観に行く予定でしたが、出張者に手伝ってもらっても花火に行こう!って時間に終わらず諦めました。大曲の花火の目に焼き付いたものを消さずに済みました。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。街が賑わっていたので混んでいるかと思いましたが、午後10時頃で今日も1グループのお客さんがいます。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加え人気のマーボーメンや胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。金曜日高齢のレバ刺しとビールをいただき〆のラーメンにします。醤油ラーメンにします。
麺は、細く縮れた歯応えの良い麺です。本当に好みの麺です。
スープは、あっさりした醤油味で、適度な甘さ、バランスの良い優しいスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマとシンプルです。多めの刻みねぎです。
今週も終わりました。来週はどうなるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささき

ささき 日替りランチ

新潟市の「リストランテ ささき」です。
新潟島こんぴら通りの入口にあります。
いつもラーメンを付き合ってもらっている出張者とのお昼になりました。いつもラーメンを食べているのですが、どうしてもご飯を食べたいとのことでささきになりました。
落ち着いた雰囲気の町の洋食屋さんです。
メニューは、イタリアン中心で、日替りランチ、ステーキランチをはじめ、多くの洋風料理があります。夜、ワインを飲みに行きたいお店です。日替りランチにしました。ポークカツみそソース&マカロニサラダ(カレー風味)です。パンとライスの選択できます。ライスにしました。ドリンクも付きます。アイスコーヒーにしました。
とても美味しくいただきました。850円はランチとしてはちょっと豪華です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.09.09

じじ&ばば

じじ&ばば 味噌ラーメン

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
飲み会でした。ちょっとなんか食べて帰りたくてじじ&ばばにしました。
お店は、右に厨房、正面にカウンターがあり手前と左側にカウンター席、その左側と手前に小上がりがあります。本格的ラーメンを食べられる定食・ラーメン・居酒屋です。夜の8時頃から翌5時までの深夜型です。午後10時頃に着きました。他に1グループのお客さんがいます。
メニューは、ラーメンから味噌、塩、中華系までバリエーションが豊富です。お腹が空いていたので味噌ラーメンにしました。
麺は、太縮れの存在感がありながら食べ易い美味しい麺です。
スープは、味噌ラーメンの中ではおとなしい味噌で、あっさりした感じで食べられます。それでも味噌の美味しさを楽しめるものです。もやしの美味しいダシが感じられます。
トッピングは、もやし・玉ねぎ・人参・ピーマン・きくらげ、豚肉などを炒めたもの、大きなチャーシュー、メンマものってます。味噌らーめんにチャーシューやメンマがのってると嬉しくなります。
ボリュームがあるのは十分知っていますが、やっぱり大変でした。それでも完食。こりゃ寝るまで満腹でいられそう。やばい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ささ宮

ささ宮 カレーセット

新発田市の「お食事処 ささ宮」です。
国道7号線新発田バイパスのホンダカーディーラーのある交差点を市街方向に入り、一時停止に突き当たった場所の左側にあります。
午後12時20分頃に着きました。駐車場がかろうじて空いていました。
お店は、奥に厨房、その前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側に小上がり、右側手前に個室風の小上がりがあります。食堂の雰囲気です。綺麗なお店です。お店もそこそこ混んでますが小上がりが空いていて座れました。
メニューは、麺類、飯類、セットメニューがあります。ラーメンは、塩、醤油、味噌、中華系とそんなに多くはありませんが揃っています。日替わりで値引きをしたメニューの提供もあります。胡麻だれ冷し中華もあり美味しそうですが、ボリュームのありそうな日替わりのカレーセットにしました。
ささ宮は、相変わらず手際が良いです。今日も早く出来て来ました。
ラーメンとカレーチャーハンのセットです。
麺は、やや細めの縮れです。プリプリした歯応えの美味しい麺です。
スープは、新潟らしいあっさりしたものですが…。あれ!この味は塩かな?普通のラーメン店のメニューは醤油、味噌、塩の順番で紹介されることが多いと思うのですが、ささ宮は、塩、醤油、味噌の順になっています。塩がお勧めのラーメン店で、セットメニューの何味か書かれていない、ただラーメンとだけ書かれています。やはり塩なのでしょう。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、茎わかめといたってシンプルです。セットなのでシンプルなのかは不明です。
あっさりシンプルなラーメンです。癖のない食べ易いラーメンです。単体の塩ラーメンだと530円とお手頃です。
カレーセットのカレーは、カレーチャーハンです。コーンがたっぷり入っています。コーンあまり好きではありません。ドライカレーが好きじゃないのにカレーチャーハンも無理がありました。それでも嫌いじゃないので普通に完食出来ました。通常780円のセットが日替わりで730円でした。お腹もいっぱいになったし安くて助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.08

ヒグマ

ヒグマ 女池店

新潟市の「らーめん ヒグマ 女池店」です。
紫鳥線線沿い、鳥屋野寄りにあります。吉相より、東横より、極一より鳥屋野寄りです。
8月に新潟市内2店目をオープンしました。行こう行こうと思っていましたが、なかなか機会がなくようやくお邪魔できました。
お店は、入ってすぐ左側を振り返った場所に食券販売機があります。奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、右側にテーブル席、左側に小上がりがあります。こんなにっていうほど広々しています。車でしか来れない場所なので、駐車台数を考えての席数なんでしょう。新しいお店ということで清潔感のある綺麗な店内です。
メニューは、正油、味噌、塩味の各らーめんがあり、それらのチャーシュー増量があります。盛りも麺×1.5倍の大盛りと麺×2倍の特盛りがあります。醤油らーめん(大盛)にしました。
正午ちょうどにつきました。小上がりに空きがあり座れました。8割くらいのお客の入りです。平日ランチタイム(~午後2時)はライスがサービスになっています。水もライスもセルフサービスになっていますが、混んでいないためか水は持ってきてくれました。麺を大盛りにしたので、サービスのライスは遠慮します。
出来上がりを待つお客さんも多く、多少時間がかかって出来てきました。

ヒグマ女池店 醤油らーめん(大盛)

白い器と対照的にはっきりした醤油の色が美味しそうです。それにしても大きな器です。直径30センチ以上はあります。今まで一番大きな器かも知れません。
麺は、普通の太さの縮れでプリプリ感とモチモチ感のやや強いものです。歯切れが良く食べていて楽しい麺です。
スープは濃い目の醤油色の透き通ったもので、その色の通り醤油味のしっかりしたものです。生姜が良く効いていて刺激的で楽しいものですが、大盛りの量を食べている間に飽きが来るのかここまで生姜を効かせなくてもいいんじゃないかと思うようになります。生姜のすっきりしたスープのラーメンに、ブラックペッパーも合います。インパクトのあるスープです。
トッピングは、弾力・歯応えのある大好きなチャーシュー、メンマ、海苔、ほうれん草です。弾力のあるチャーシューと太いメンマも好きなタイプです。
長岡生姜醤油らしい生姜の風味を楽しませていただきました。醤油らーめんが550円で大盛りは600円とお得です。長岡生姜醤油を出しているお店はみなさん元気なようで何よりです。お腹一杯に楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.07

渚 塩ラーメン(大盛)+味玉

柏崎市の「麺の家 渚」です。
国道8号線沿い長岡寄りのお店がいっぱいある中のひらせいの駐車場内です。
柏崎市内でのお昼になりました。お腹も空いたので、お手頃値段で満腹になりたくて渚にしました。
お店は、左側に入口があり、すぐに食券販売機があります。さらに入ると奥に厨房、手前にカウンター席、その手前左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。ラーメン屋さんらしい気取らない雰囲気のお店です。
食券を購入します。メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、辛味噌ラーメン、塩ラーメン、つけ麺、そして看板メニューになったビッグウェーブがあります。オープン当初から評判の塩ラーメンにしました。
お店の中に進みます。午後12時40分頃に着きましたが、まだ混んでます。少しの時間ですが待ちになりました。小上がり席のお客さんが帰り、片付けてもらって座れました。普通盛りの値段で中盛りや大盛りにできます。大盛りをお願いしました。
混みもあってか少し待って出来てきました。
塩ラーメンらしい淡い色のスープです。トッピングも豊富です。
麺は、丸い普通の太さのストレートです。口に入れた時には、太く、表面が軟らかく芯がモチモチしたように感じます。パスタみたいな感触です。大盛りは2玉のようです。運ばれてきたときはそれほどでもと見えましたが食べてみるとボリュームがあります。
スープは、塩らしい薄い色で、塩味がやさしいあっさりしたものです。適度な油もあり、全体的にはややこってり感もある仕上がりになっています。
トッピングは、やや軟らかで多い大きめのチャーシュー、メンマ、岩のり、玉ねぎのみじん切り、火曜日サービスの味玉です。普通のラーメンよりもボリュームのあるチャーシューが嬉しくなります。
塩味のなかなか纏まりの良いラーメンでした。やや太く感じる麺とこってりを感じさせるスープは、若い人向きなんでしょうか。大盛りは、最後の方でちょっと飽きが来ちゃいました。650円でお腹いっぱいは嬉しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.09.06

一平

一平 ラーメン定食

村上市(旧神林村)の「お食事処 一平」です。
村上での昼食になりました。久々に一平のラーメンが食べたくてお邪魔しました。
岩船町駅の近く、JAの倉庫なんかがある一角にあります。ちょうどお昼ちょっと前に着きました。お昼時は混んでいて駐車するのも大変ですが、お昼前なので何とか停められました。
お店は、左奥に厨房、その手前と中央にカウンター席、その手前にテーブル席、右側に小上がりがあります。木を基調にした落ち着いた雰囲気です。混んでいますが帰ったお客さんのテーブルを片付けてもらい小上がりに座れました。
メニューは、ラーメンが中心で、セット、チャーハンや丼などもあります。もちろん一平のラーメンが好きですが、お腹も空いているのでラーメン定食にしました。
時間が時間なので出来上がりを待っているお客さんも多く少し時間がかかって出来上がってきました。ラーメンの他にご飯と小鉢でリッチな昼食になりそうです。
麺は細く弱い縮れのツルツルしたもので、噛み応えもまあまあです。普通の麺ですが、スープとの馴染み良く美味しく感じられる麺です。
スープは、褐色の透き通った普通の醤油味ですが、いいダシの加減とバランスの良さが抜群のものです。煮干しだと思いますが魚介系のいい香りがします。あっさりしていながら深みと旨味のある優しさの感じられるスープです。
トッピングは、普通のチャーシューと角煮の中間のような軟らかく濃いめの味付けのチャーシュー、メンマ、海苔、鳴門、ほうれん草と充実しています。
一平のラーメンは、特別なものではありませんが、普通って中でも完成度の高さに感心させられます。
定食はご飯と小鉢とお新香です。小鉢は、豆味のケチャップ煮、クリームコロッケ、炙りベーコンです。お新香は、3種類もあり嬉しくなります。
ラーメンが560円で美味しくいただけて、今ではお手頃かなと思います。ラーメンセットは780円です。ラーメンのお手頃がさらに充実できるセットです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.09.05

夏井の稲架木(はさぎ)

新潟市(旧岩室村)の夏井地区の稲架木(はさぎ)です。
秋(?)晴れで空の青が綺麗なので夏井の稲架木を写真に撮ってみました。

夏井のはさ木 ①

夏井のはさ木 ②

| | コメント (2) | トラックバック (0)

わらアートまつり

わらアートまつり 会場入口

子供の資格試験があり新潟大学に送り届けて、時間があったので新潟市(旧巻町)の上堰潟公園で昨日から開催されている「わらアートまつり」に行ってきました。昨年も子供の資格試験の日でした。そういう時期にようです。
まつり自体は、昨日(4日)と本日(5日)ですが作品展示はしばらくするようです。午前10時からですが午前9時前に到着しました。駐車場も管理等近くの駐車場に停められました。公園を会場として展示されている大型わらオブジェを見学です。

わらアートまつり わらアート会場

今年も早くから見学者が来ていますがポツリポツリって状況です。
まず目に入ってくるのは、カブトムシとくじらです。

わらアートまつり カブトムシ

カブトムシです。迫力あります。

わらアートまつり くじら

くじらです。マッコウくじらでしょうか? おっきいです。

わらアートまつり くじら 入口

くじらの横に入口があります。

わらアートまつり くじら 内部

しっかりした骨組みと灯り取りの天窓があります。

わらアートまつり リング

リングという作品です。小さな子供たちは潜って行きますが…。

わらアートまつり 風のフォリー①

風のフォリーという作品です。入口は幅広で低いものです。

わらアートまつり 風のフォリー②

中に入るとだんだん幅が狭く、高さが増してきます。

わらアートまつり 風のフォリー③

反対側は、こんな感じになっています。

わらアートまつり 風のフォリー④

すぐ横にこんな作品もあります。合わせて風のフォリーという作品のようです。

わらアートまつり 龍 化粧中

龍という作品ですが、お化粧中のようです。

わらアートまつり 龍

いい顔になったかな?ネバーエンディングストーリーのファルコンみたいです。

わらアートまつり 龍 前足

龍の前足です。細かなところまでしっかり作っています。

わらアートまつり 家

家もあります。今年の家は小さくて可愛らしい家です。

わらアートまつり 家 内部

家は、窓や天窓があり、中が明るくなっています。

わらアートまつり くつ

くつです。細かいところまできちんと作っています。土踏まずのあたりが通り抜け出来るようになっていますが、子供だけかな。

わらアートまつり あげは蝶①

わらアートまつり あげは蝶②

わらアートの見学を一段落して野鳥の池を一周しました。たくさんの野鳥や昆虫の泣き声がします。お花畑にあげは蝶がたくさんいました。

わらアートまつり メイン会場

まつり会場に戻ってくると、岩室温泉の足湯、農産物販売、浜焼き、浜汁、鮮魚販売、鯛車焼きなどなどたくさんの催しがあります。ステージでは、わらアートを製作した武蔵野美術大学の学生によるパフォーマンスもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010.09.04

ああ博多人情

ああ博多人情新潟店 おおばかねぎラーメン

新潟市古町の「博多長浜屋台ラーメン ああ博多人情 新潟古町店」です。
坂内小路と古町通りの交差する近くにあります。
じじ&ばばでレバ刺しを食べ、たまには違うお店のラーメンも食べようかと思います。2年前のオープン当時にラーメンを食べて以来の2回目になります。普通のラーメンが650円とちょっとお高いので普段なら550円で食べられるきんしゃい亭になりますが、ああ博多人情の味も忘れかけているので食べようとお邪魔しました。
お店は、右に厨房、その手前から中央に厨房向き、奥から左側が壁向きとすべてがカウンター席になって繋がっています。ビニールトタンを打ち付けた安っぽい内装です。長浜の屋台をイメージした内装なんでしょう。午前2時を回っていますが、5~6人のお客さんがいます。
メニューは、ラーメンとそれにトッピングを加えたものがあります。オープン当時に普通のラーメンを食べたので今回はおおばかねぎラーメンにしました。麺の硬さは、普通/かため/バリかたとあり、バリかたがお勧めで近くに座ったお客さんがバリかたにしました。真似したようなのでバリかたは避けかためにしました。
九州のラーメンは麺が細いのですぐにゆで上がり出来てきます。
麺は、九州ラーメンらしい細ストレート麺です。硬さも程良い硬めです。普通のつもりがかためだったんで、メニューの説明書きにはありませんでしたが知ったか振りをして『替玉、はりがね!』って言ったら、さすが長浜って名前を出しているだけのことはあります。あたりまえのように対応していただきました。硬い麺はそんなに好みじゃないけど、ここまで硬いと楽しいですね。ただ新潟の食文化に合う麺ではないように感じます。
スープは、あっさり油の少ない薄味とんこつで、臭みのないものです。タレが置いてあり、少し加えた方が美味しく感じられます。それでもちょっと物足りない感じです。
トッピングは、少しパサついた感じのチャーシューです。たっぷりのねぎも半分乾燥したかのようで水々しさがありません。白根のなおじでなんでんかんでんが食べられた時のねぎもこんな感じでした。そういうものなのでしょうか。
まあまあ美味しいおおばかねぎラーメンでしたが、850円+100円(替玉)と良い値段です。ちょっとパサついた感じのチャーシューとねぎはあまり好みじゃないです。また、2年ぐらいしたら食べるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.03

県庁一般食堂

新潟市の新潟県庁内の「県庁一般食堂」です。
新潟県庁西回廊2階にあります。
県庁に用事があったので安く食べられる県庁一般食堂で食べることにしました。
大きなフロアにテーブルが整然と並んでいて、如何にもって雰囲気です。
食堂に入る手前や入口を入ったすぐのところに食券販売機があります。メニューは、ご飯物、そば、うどん、ラーメン類があります。ラーメン類は、ラーメン、チャーシューメン、味噌らーめん、タンメン、五目らーめん、季節限定で冷しらーめんがあります。メニューにはカタカナのラーメンとひらがなのらーめんが混在しています。少しメニューが変わったかなと思いつつ冷しらーめん(大盛)の食券を購入し食堂に入ります。

県庁一般食堂 米粉入りラーメン

入ってすぐにメニューの説明書きがあります。9月3日より県庁一般食堂の中華めん全てを新潟県内産のコシヒカリ15%入りの麺にするとのことです。本日からです。
午後1時20分頃になります。もうガラガラです。トレーにお箸や水を用意し、食券を窓口に出して待ちますが、席でお待ちくださいとのこと。空いているのに時間がかかるようです。米粉麺のゆで時間がかかるのでしょうか。とか言ってもそんなに時間がかからないだろうと思ったら本当に待たされます。

県庁一般食堂 米粉入りラーメン取材

食堂を見渡すとテレビカメラがあり撮影しています。BSNのカメラです。キャスターがラーメンと冷しらーめんを食べています。米粉麺の取材のようです。
しばらく待って冷しらーめんが出来てきました。

県庁一般食堂 冷しらーめん

見た目は普通の冷し中華です。
麺は、やや細の縮れ麺で米粉が混じっていることは判りません。米粉麺ということで硬めの食べ難い麺ではなかと思いましたが、当初の米粉麺のような物凄い硬さはありません。しかし、冷しなので多少硬めということはあるでしょうが、それ以上の硬さがあります。麺自体の旨味が麦だけのときよりも薄らいでいるように思えます。だいぶ食べ易くなりましたが、まだ麦だけのものに叶わないです。
つゆは、醤油味でしょっぱさ控えめ、酸味やや強めのものです。爽やかなものです。
トッピングは、ゆでもやし、錦糸玉子、ハム、胡瓜の細切り、わかめ、トマト、紅生姜です。種類がしっかり多くて嬉しいです。
味的には、食べたくてリピートするような物ではないでしょうが、普通に食べるにはいいでしょう。普通盛り450円、大盛り510円ととてもリーズナブルな価格が嬉しいです。経済性に県職員が羨ましい一杯です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.02

六綵亭

六綵亭 野菜みそラーメン

新潟市の「らーめん 六綵亭」です。
東堀通の柾谷小路近くの小路を入ったところにあります。
9月に入ったのにまだまだ暑いです。信吉屋の冷し中華を食べようと行きましたが、今年最後の夏休みということでお休みでした。くら田は今シーズンの冷し中華を終わったようで、さらにめちゃ混みで諦めました。冷し中華が好みの六綵亭にしました。
お店は、右側に厨房、中央にカウンター席、左側にテーブル席があります。新しいお店で清潔感があり、和を基調とした内装が小料理屋のような雰囲気です。12時20分頃に着きましたが、今日はカウンター席、テーブル席とも空いています。同僚も一緒だったのでテーブル席にしました。
メニューは、ラーメン、みそラーメン、ワンタンメンとトッビングを加えたもの、夏期の冷し中華もあります。冷し中華を食べようと思っていましたが、メニューを見ていたらみそラーメンが食べたくなりました。普通のみそラーメンはすでに食べているので野菜みそラーメンにしました。
同僚の1人が冷し中華を注文しましたが、自分、同僚、他のお客さんなど多くのお客さんが温かいラーメンを食べています。みんなラーメン好きです。
ここのみそラーメンは、タンメン風の作り方です。中華鍋で挽肉、野菜、スープと味噌で味を調えて、器にスープだけを移し、麺を入れ、上に野菜をのせる作り方です。
あまり一度の多くを作らないようで少し待って野菜みそラーメンが出来てきました。赤味噌寄りの合わせ味噌のスープたっぷりの野菜みそラーメンです。
麺は、普通の太さの縮れで、ツルツル感とモチモチ感のあるものです。スープと合っています。食べてると麺自体が美味しいかのようにいい味を出します。
スープは、サラサラした油の少ないあっさりしたものですが、味噌の味は結構濃厚です。スープの量の多さが見えたときには、しょっぱさを出すために味噌を使っている味噌ラーメンのように見えます。しかし、しっかりした味噌の旨味があります。甘さはやや控え目で、麺との相性の良いスープです。テーブルに一味唐辛子があり、途中から少し辛味を加えていただきました。辛みを増しても良い感じに楽しむことができます。
トッピングは、もやし、きゃべつ、玉ねぎ、人参、きくらげの炒め(茹で)たものです。結構量があります。普通のみそラーメンも同じように野菜がのっていますが、野菜みそラーメンになるとさすがに量が多くなります。
野菜たっぷり健康的にいただいて700円です。普通のラーメンが600円で食べれないお店も増えてきたようなこの頃ですが、ラーメンが500円とお手頃さには感心させられるお店です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.01

小嶋屋総本店

小嶋屋総本店 大盛りそば

十日町市(旧川西町)の「小嶋屋総本店」です。
旧川西町市街地にありましたが、幹線道路が変わったのを追うようにお店も移転しました。大きな水車が目印になります。
暑い日が続きお昼は冷し中華が多くなっていますが、小千谷や十日町市では冷し中華を食べるよりもお蕎麦を食べたくなります。旧川西町で食べるならってことで小嶋屋総本店でお昼をいただくことにしました。
お店は、大きなお蕎麦屋さんです。和食レストランの雰囲気で、カウンター席、テーブル席、小上がり、小座敷、大座敷まであるようです。お昼少し前に着きました。空いていますがお客さんがどんどんやってきます。
メニューは、へぎそばを中心として、和食のお膳スタイルのメニューが豊富です。昨年の秋に来たときには、通常メニューに加え秋のメニューがありました。この時期だと夏野菜とのセットがあるかと思いましたが、季節メニューはありません。通常メニューでチョット多めに食べたかったので大盛りそばにしました。
お昼からビールを飲んでるお客さんもいます。美味しそう。少しして、ねり辛子、ねぎがきました。細く切られたねぎが多めです。それからしばらく待つと出来てきました。
布乃利(海草)を繋ぎに使用した蕎麦です。ツルツルした触感と噛み応えの良さが楽しい、とても好きなお蕎麦です。
残ったそばつゆにそば湯を入れて飲みますが、これまた美味しいです。
840円よお蕎麦はやっぱりお高いかなとも思いましたが、冷し中華の大盛りも同じ値段か、むしろ高いぐらいですからお蕎麦もなかなか良いんじゃないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »