« じじ&ばば | トップページ | 壱 »

2010.10.02

湯俣温泉

行ってみたいと思っていた温泉に行ってきます。今回は、長野県大町市の「湯俣温泉 晴嵐荘」です。さて何時間の歩きになるでしょうか?

湯俣温泉 北陸自動車道

自宅を午前5時出発します。まだ暗いです。
蒲原平野は霞んでいます。と思ったのですが臭いです。稲わらスモッグです。
長岡JCT~北陸自動車道~糸魚川IC~国道148号線(白馬村・仁科三湖とも天候良好)~木崎湖入口~市道~県道326号線で七倉ダム七倉登山口に到着しました。50台分ぐらいの駐車場があります。午前9時到着です。標準的な道路の流れで走ってきました4時間です。何でこんなところにこんな綺麗なって思えるようなトイレがあります。

湯俣温泉 七倉ゲート

七倉のゲートを通ります。この先は東京電力の関係車両しか入れません。タクシーは入れるので一般的な登山者だとタクシーで高瀬ダムまで(5Km2100円))行くのですが、こちらは温泉観光、体力をバンバン使えるので歩いていきます。
午前9時13分(0時間0分)

湯俣温泉 山の神トンネル

ゲートを通過して最初に山の神トンネルです。いきなり約1200mのトンネルです。ゲートの係員に高瀬ダム堆砂対策事業のダンプが通るので右側の歩道を歩くようにと言われました。トンネルを歩いていると5~6台のダンプの軍団が時々通ります。目印にと懐中電灯を点けて通るとダンプもハザードを点灯させ後続車に歩行者がいることを知らせています。

湯俣温泉 シェッド

トンネルを出るとスノーシェッドかロックシェッドの両用のような感じでシェッドがあり、また、トンネルといった感じで8割~9割が陽の当たらない場所を通ります。

湯俣温泉 高瀬ダム

高瀬ダムの下に到着しました。フィルタイプのダムで、高さ176m、堤頂長362mです。今までいろんなダムを見てきましたがなかなか迫力のあるダムです。
午前9時54分(0時間41分)

湯俣温泉 高瀬ダム 道路

高瀬ダムのダム正面を登ります。
下からダムの堤頂まで1000m以上の距離の歩きになります。

湯俣温泉 高瀬ダム 堤頂

高瀬ダムの上部に到着しました。
午前10時26分(1時間13分)

湯俣温泉 高瀬ダム 100t石

ダムの石碑脇に100tの石が置かれています。10tダンプ乗りそうなんですが。

湯俣温泉 高瀬ダム 案内

高瀬ダムの堤頂に案内があります。湯俣温泉は左側です。
ダムって上流から見るんですね。今まで登ってきたのが背面道路です。

湯俣温泉 高瀬ダム 高瀬隋道

左側はこちらです。また、トンネル(隋道)からのスタートです。

湯俣温泉 高瀬ダム 上流案内

さて高瀬ダム上流部へ向かいます。一般者はここからスタートです。
高瀬隋道(934m)からスタートです。
午前10時30分(1時間17分)

湯俣温泉 高瀬ダム 景色

高瀬隋道入口付近からのダム方向です。北アルプスらしい景色です。

湯俣温泉 高瀬ダム 景色

東京電力高瀬川第5発電所脇を通ります。
午前11時06分(1時間53分)

湯俣温泉 高瀬ダム 景色

ダム湖最上部です。なんとも言えない色です。

湯俣温泉 高瀬ダム 景色

ダム湖な切れた先からの不動岳と不動沢方向です。

湯俣温泉 高瀬ダム 景色

途中、色付いた木もあります。

湯俣温泉 高瀬ダム 景色

林道の終点です。ここまではただの歩きでした。関係者も車ではここまでです。
午前11時29分(2時間16分)

湯俣温泉 登山道

さて、ここから登山(トレッキング)になります。

湯俣温泉 登山道

湯俣温泉 登山道

湯俣温泉 登山道

湯俣温泉 登山道

いろんなタイプの道がありますが、そんなに急な勾配なくて助かります。

湯俣温泉 登山道

途中、美味しそうな水もたくさんあります。

湯俣温泉 登山道

名無避難小屋です。

湯俣温泉 登山道

名無避難小屋に案内板があります。あと50分です。
午前11時51分(2時間38分)

湯俣温泉 登山道

その先の高瀬川上流から槍ヶ岳北鎌尾根が望めます。

湯俣温泉 晴嵐荘

この吊り橋を渡ると目的の「湯俣温泉 晴嵐荘」です。

湯俣温泉 晴嵐荘 案内

案内が立ってます。
ここまで15km歩いてきました。標準時間で4時間ですか?
午後12時43分(3時間30分)
噴湯丘って天然記念物の球状石灰岩とかなんで見に行きます。

湯俣温泉 噴湯丘

東京電力の取水口の裏を通ります。

湯俣温泉 噴湯丘

行く途中に吊り橋があります。吊り橋の途中からさらに脇の橋を渡ります。

湯俣温泉 噴湯丘

大した高さはありませんが、ロープを補助に下りていきます。

湯俣温泉 噴湯丘

下りて見やこんなもの。子供のころなら飛び降りてます。

湯俣温泉 噴湯丘

噴湯丘です。近くで足湯をしている人がいます。

湯俣温泉 噴湯丘

手前の川原では、個人用浴槽を作って楽しんでいる人もいます。

湯俣温泉 噴湯丘

簡単に浴槽を作れないか周辺を見ます。
見えてる手前は、熱湯で石も触れないくらい熱い状態です。

湯俣温泉 噴湯丘

自分で風呂を作って入りたくて周りを見ました。
良さそうな場所がありますが、1から作っていたのでは時間が足りません。

湯俣温泉 晴嵐荘

晴嵐荘のお風呂に入って帰りましょうと晴嵐荘に行くと、今、お風呂にお湯を入れ始めたところでしばらくかかるとのことです。外に露天風呂があるのでそちらなら入れるとのことです。無料とのことです。

湯俣温泉 晴嵐荘 露天風呂

すぐ近くの露天風呂は、湯の花がびっしりです。しばらく使っていないようです。

湯俣温泉 晴嵐荘 露天風呂

ちょっと先に登山客がテントを張っています。『こっちにもう少し綺麗なのあるよ!』と教えてもらいました。近くにあるザルで湯の花を捨てて入ります。いい温度。硫黄の香りが強いです。好きな温泉です。ゆっくり入っていたいのですが、帰りの時間もあるのでほどほどに上がりました。

帰りは、午後2時8分出発です。午後5時45分ゲート到着。3時間37分でした。
薄暗くなりましたが、いい時間まで帰ることが出来ました。あちこちちょっと痛い。

|

« じじ&ばば | トップページ | 壱 »

コメント

本当の露天風呂ですね。気持ちよかったでしょうね。
途中の景色も、ガイドブックに出てきそうな写真が一杯ですばらしいですね。
こういう運動をされるから、ラーメンも沢山食べることができるのでしょうね。

投稿: しゅうちゃん | 2010.10.03 18:30

>しゅうちゃんさん

北アルプスは天気がいいと本当に気持ちいい景色です。
食べものもラーメンばっかりじゃ不味いんでしょうけどね。

でも、体力がある間に行きたい所に行っておかないと!

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2010.10.04 00:03

おはようございます

 大昔、ダムができる前に行ったことがありますので、数々の写真、楽しく見せてもらいました。まさかずっと車で行けるのではないかと心配していましたが、やはりまだまだ山道が残っていたので一安心です。
 この先、左の天上沢でしたでしょうか?そっちを遡って少し行ったあたり露営。猿の群れが怖かった記憶があります。

投稿: 亀井 | 2010.10.04 08:52

>亀井さん

やあ、歩きました。
距離は歩きましたが、車道なんで楽でしたが楽しくないです。
やはりこの辺りは、山も大きいが川も大きいです。どこまでも行きたいと思います。
猿も恐いですね。新潟県内も良く猿を見かけます。胎内の奥には、いっぱい居ます。

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2010.10.05 22:23

はじめまして。
毎日、更新を楽しみにしております。
いつも、パワフルな行動羨ましく拝見しています。
日曜日は私ら夫婦で新発田の「湯の平温泉」に行ってきました。全部歩きで3時間半と「湯俣温泉」と同じくらいの行程でした。おかげで筋肉痛で大変な状況です。
自転車を持ち込めば1時間短縮できます。管理人さんもお湯もいいですよ。お勧めします。

投稿: めいさん | 2010.10.05 22:34

>めいさん

湯の平温泉行きたいと思っていました。
再開したんですか。
いい情報ありがとうございます。
登山道の崩落から閉鎖されているものと思っていました。

自転車も楽かもしれませんが、歩きのスピードがいろんなものが見えて楽しいのでのんびり行ってきます。

いつ行こうかな???

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2010.10.05 22:56

こんにちは、湯俣温泉に興味があったのですが本当に秘境の秘湯ですね!
行くに当たり持って行った方が良いものなどありますでしょうか??
素晴らしい記事をありがとうございました(^^)v♪

投稿: てと | 2011.09.27 16:04

>てとさん

ありがとうございます。

自分の足をフルに使って入口から日帰りぎりぎりですから、かなりの秘湯です。往復の山の景色が綺麗で楽しめます。

出来れば泊まって温泉を深く掘って遊びたいたいです。小さなスコップがあったらと思っていました。もちろん山歩きの装備で!

投稿: 新潟ラーメン日記 | 2011.09.30 08:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/49635391

この記事へのトラックバック一覧です: 湯俣温泉:

« じじ&ばば | トップページ | 壱 »