« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010.12.31

大晦日

今日は、昼から買い出し、買い物から帰って温泉に行きました。いつもの水沢温泉です。乳白色の硫黄臭い温泉です。吹雪で写真は撮れませんでした。詳細は前の日記を!

秀よし&ラチャンテ

そして買い出ししてきた今年の年越しのお酒です。二本用意しました。どちらも秋田県大仙市(旧中仙町)の鈴木酒造店のお酒です。
最初は、乾杯用のお酒でLACHAMTE(スパークリング ラシャンテ)です。あきたこまち100%と奥羽山脈の伏流水だけから作られた発泡清酒です。精米歩合65%、アルコール分8%です。シャンパンゴールドの中に舞い上がる気泡、フルーティな香りと果物を思わせる酸味と優しい甘さが特徴です。
新感覚の日本酒です。日本酒と気付かずに飲んじゃいます。バランスが良くとても飲み易い仕上がりです。270mlで500円程度とお高いんですが、他のスパークリングな飲み物と同じがお手軽に飲めます。
二本目がメインに飲もうと思った日本酒です。秀よし 特別純米酒 神代です。実家から近い仙北市(旧田沢湖町)神代地区の無農薬美山錦を使用した純米酒で、骨格のしっかりした旨みの感じ取れるお酒です。お燗で味乗りする「燗あがり」として評判です。
いつもは、淡麗辛口と言われる〆張鶴や麒麟山などが好きで飲んでます。他のお酒もいろいろ飲んでますが、最近はそれ以外のお酒も淡麗化して飲み易くなりましたが、ゆったりした気分で飲めるしっかりしたお酒が少ないと感じています。また話は飛びますが、食べ物を味わいたい時には大洋盛を飲んでます。主張が強く主役になりたがるお酒が多い中、名脇役になってしっかり料理の味を引き立ててくれるお酒です。
そんな中、仕事納めで飲んだ北雪YK35は見事なまでにしっかり日本酒を楽しめるお酒でした。1升瓶9000円、4合瓶4500円という値段なので、また来年も飲めるかなってお酒です。この秀よし 特別純米酒 神代のように秋田には4合瓶で1500円から2500円ぐらいで楽しめるお酒が結構あります。口当たり良く綺麗に飲みたいときは淡麗で良いのですが、じっくりしっかり楽しむにはこういうお酒がありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.30

今年食べたラーメン

今年もいろいろコメント情報ありがとうございました。

今年食べたラーメンは、347杯でした。
県内310杯、県外37杯でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.29

道の駅・象潟「ねむの丘」

道の駅・象潟 ねむの丘

秋田県にかほ市(旧象潟町)の道の駅・象潟「ねむの丘」です。
国道7号線沿いにあります。新潟から秋田への帰省の途中です。新潟〜秋田間は新潟〜山形〜秋田と3県を走りますが、3県とも高速道路が部分開通していていずれも無料化実証実験の対象になっています。新潟〜山形間、山形〜秋田間どちらの県境も国道7号線を走ります。山形から秋田に入ったこの辺りは今でこそにかほ市ですが、平成大合併以前の小さな町毎に道の駅が整備されています。休憩に困らない路線です。
新潟市を午後3時過ぎ出て新発田市でうどんを食べ、ここまで着たら午後7時になりました。夕食も食べたいし、早いうちに温泉も入りたくて寄りました。すでに1階の売店は閉店しています。2階のレストラン眺海で夕食にします。
高速道路サービスエリアのレストランと似たような雰囲気、似たようなメニューです。ウルトラ海鮮丼という豪華で美味しそうな海鮮丼があります。家族全員に同じものと言われたら年を越せなくなりそうなので、麺類から夕日ラーメンにしました。
海岸線にある道の駅で、明るければ日本海の眺望を楽しめるのですが、暗くイルミネーションが光っています。席の周りには観光のポスターが貼ってあります。白瀬南極探検隊100周年のポスターもあります。にかほ市(旧金浦町)は、白瀬南極探検隊の白瀬陸軍中尉の出身地で白瀬南極探検隊記念館があります。白瀬南極探検隊が 芝浦埠頭を出航して100年目ということでいろいろな行事があったようです。大曲の花火も100年目ということで、1日だけの花火に80万人の観覧客が訪れる大盛況でした。新潟のスキー伝来から100年は、自治体と経済効果を期待する団体などが力を入れているようですが…?なんて考えている間に夕日ラーメンが出来てきました。

道の駅・象潟 ねむの丘 レストラン眺海 夕日ラーメン

白いスープにオレンジ色の麺です。麺の色が夕日なんだろうか。
麺は、ねむの丘特製唐辛子麺を使用って書いてありましたが、おっ!これか!夕日のようなオレンジ色の麺です。やや細の縮れで食感のいい麺です。ベビースターラーメンのようです。辛い麺です。
スープは、白湯スープであっさりした塩味のスープです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、蒲鉾、あおさ、白髪ねぎです。
まあまあ楽しめたラーメンは720円とちょっと観光地価格でしょうか。

食事の後は、温泉です。道の駅・ねむの丘「展望温泉 眺海の湯」です。
同じ建物の4階になります。
大きな浴槽とジャグジー、サウナ、水風呂と至ってシンプルです。
露天風呂はありません。こちらも明るければ日本海の眺望を楽しめそうです。
備品は、リンスインシャンプーとボディソープです。
泉質は、ナトリウム―塩化物強塩泉です。
入浴料は350円とお手頃です。
暖まりました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.28

仕事納め

北雪 YK35

仕事納めです。
今年は、ご褒美を兼ねて北雪YK35で労をねぎらいました。
うまい!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

祭

新潟市の「麺や 祭」です。
旧国道116号線沿い、坂井交差点近くにオープンしたお店です。並びにヒグマといなば、向かいが味濱家新大前店と3店のラーメン店が鎬を削り、付近にもラーメン屋さんが多い激戦区に新たに加わりました。かずさんから情報をいただいてました。
お店は、越後屋書店や消費者金融無人契約機店と棟続きの一番右側です。奥行きがあり、奥の左側に厨房、右側にカウンター席、手前にテーブル席があります。やや小さめのラーメン店とあまり感じさせないお店です。午後12時30分頃に着きました。半分くらいのお客さんの入りです。入口を入ってすぐ右側に食券販売機があります。
メニューは、らーめんと味噌らーめん、つけめんです。それらにチャーシュー、ねぎ、からしなどを加えたバリエーションがあります。食券販売機は、一般的なボタン配置の上に大きなボタンが4個あり、食べて欲しいものが配置されています。からしめんがおすすめのようです。思い切って豪華にいきましょう。ねぎ味噌からしめんにしました。
少し先に入ったお客さんと一緒に作ってもらえそうです。器に味噌ダレを入れ、大きな寸胴からスープを入れます。豚骨スープです。ゆで上がった麺を入れ、トッピングを施し出来上がりです。早く出来てきました。

祭 ねぎ味噌からしめん

味噌汁のような赤味噌や白味噌に寄らないスープの上にトッピングがぎっしりです。
麺は、普通の太さの縮れでごく普通の麺のようですが食感が良く、味噌味のスープをちょうどの量だけ絡み掬い上げてきます。
スープは、赤味噌と白味噌の合わせで、味噌の旨みがストレートに伝わってきます。最初は普通の味噌ラーメンのスープですが、食べているうちに辛ねぎと辛味からの辛みが増してきます。最後にはかなりの辛みになります。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、海苔、辛ねぎ、辛味です。味噌ラーメンですが野菜炒めではなく、チャーシューとメンマのトッピングです。辛味は、刻まれたザーサイを唐辛子で和えたものです。程良い辛さです。
味噌の味と辛ねぎ、さらに辛味からの辛みと辛さを楽しめるらーめんでした。通常のらーめんが600円で、味噌らーめんは650円、ねぎ味噌からしめんは900円です。まとめるとちょっとお高いかなとも思いますが、ねぎが100円増し、からしが150円増しとそれぞれはお安いものかなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.27

翔

上越市の「ラーメン 翔」です。
直江津のイトーヨーカドー近く、跨線橋の交差点の角です。元うまか亭の場所です。
今年オープンしたお店で、食べたいと思っていてようやくお邪魔できました。長岡にも同名のラーメン店がありますが、関連はなさそうです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。ちょっと明るめ小さめのお店です。午後12時40分頃に着きました。他のお客さんが帰った後で空いています。カウンター席が空いていたので座ります。カウンター席は高めのイスで、近い後ろの低い小上がりに他のお客さんがいます。お客さん同士の座る高さにちょっと違和感があります。
メニューは、正油ラーメン、塩ラーメン、みそラーメンとそれらにトッピングを加えたものがあります。サイドメニューも豊富です。丼物や定食、おつまみ&アルコールも豊富で飲めるお店です。また、麺類は細麺と太麺が選択できます。基本ぽい正油ラーメン(細麺)ミニチャーシュー丼にしました。
他に出来上がりを待っているお客さんもいて多少時間がかかるかなと思いましたが、普通より早い感じで出来てきました。

翔 正油ラーメン(細麺)

黒い器であまり目立ちませんが澄んだ醤油の色が、醤油を楽しめそうでホッとします。
麺は、細いやや平打ちっぽい縮れの強いもので、モチモチした懐かしい感じの麺です。
スープは、醤油味のしっかりしたもので、しょっぱさと甘さのバランスが良く、そこに旨みが加わります。適度な油もあり、あっさりしていながらまろやかな癖のないものです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、海苔、鳴門です。このスープならほうれん草なんかがあったらスープと絡まって美味しそうに思えます。
特徴的な目立ったものはありませんが、作り手の真面目にラーメンを作りましたって感じが伝わってきます。太麺も食べてみたくなります。600円も無難な線でしょう。

翔 ミニチャーシュー丼

ミニチャーシュー丼は、炙りチャンシューが1枚ど~んと乗ったものでタレがかけられています。チャーシューの切れっ端をサイコロ型に切って出すのが一般的かと思っていました。しっかりしていますが、サイコロ型の方が食べやすいです。280円です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.26

ちょび吉

ちょび吉

新潟市の「俺たちのらー麺屋 ちょび吉」です。
国道116号線新潟西バイパス亀貝インターから大堀幹線方向、大堀幹線との坂井東交差点手前に最近オープンしたお店です。
ネット情報では、長らくなおじ本店店長をしてた川島さんが独立したお店とのことです。
お店は、まだ開店間もないようで開店祝いの花輪がかかっています。中に入ると他のなおじ店同様の昭和の中期ようなレトロな雰囲気に仕上げています。奥行きがあり、左側に厨房、厨房の手前と中央にカウンター席、右側にテーブル席があります。そんなに大きなお店ではありません。午後1時15分頃に着きました。ネット上では結構話題になっていたので混んでいるかと思いましたが、何組かのお客さんがいる程度です。
メニューは、しょうゆらー麺とそれに味玉とチャーシューを加えたものです。今のところ1スープ勝負店で、今後は限定系も出るようです。基本のしょうゆらー麺にしました。
他のお客さんはすでに食べていてすぐに作ってもらえました。早めに出来てきました。

ちょび吉 しょうゆらー麺

青い模様入りの器に醤油色のスープとトッピング、くじら軒にとても似た仕上がりです。
麺は、普通の太さの縮れの弱い麺です。ツルツルと触感が良く、モチモチした麺です。
スープは、最近のラーメンに多い濃厚タイプで、麺に良く絡みます。生姜が効いています。香りもそうですが、味にもかなり生姜が効いています。スープが濃いときはうすめスープを出してくれるとのことです。しょっぱめですが薄めなくても大丈夫でした。
トッピングは、脂身の少ない歯応えのあるチャーシュー2枚、メンマというより竹の子の煮物かな、ほうれん草、海苔、鳴門です。
さて、このラーメンは長岡生姜系醤油ラーメンなのでしょうか?今までの長岡生姜系醤油ラーメンのスープとは違う、進化系か創作系のような変化があります。ちょっと嬉しいのは、これで580円です。最近オープンするお店は、基本のラーメンが600円を越えるお店も多く、また青島も700円になりましたから、ありがたい価格設定です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

楓

新潟市の「麺屋 楓」です。
国道7号線新新バイパス竹尾インター近く、赤道沿いにオープンしたお店です。
昨日に続き新潟市東地区にオープンの新店です。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前中央に向かい合わせで使用のカウンター席、さらに手前と右側に小上がりがあります。最近のラーメン屋さんらしい中規模のお店です。午前11時15分頃に着きました。何組かのお客さんがいる程度です。
メニューは、大油中華そばとそれにチャーシューや味玉を加えたもの、黒醤中華そばがあります。大油中華そばがお店のスタンダードのようです。たまり醤油を使ってそうな黒醤中華そばも美味しそうです。大油中華そばは中油にもできるとのことですが、お店の味をストレート楽しみたいので大油中華そばにしました。雑誌のサービス券で味玉のサービスもお願いしました。
大油中華そばと言えば燕三条系でしょうから太麺で、それなりのゆで時間が必要だろうと待ちます。そう思うと意外に早く出来てきたように感じます。

楓 大油中華そば(味玉入り)

大油の言葉を裏切らない背脂です。岩のりのトッピングが嬉しいです。
麺は、やや太平打ちの縮れです。ゆで加減も良く食べやすい麺ですが、もう少し太いものを想像していたので、ちょっと印象が薄くなったかな。
スープは、多めの背脂に覆われています。溶けた油も多くかなりのコッテリ感があります。その下には醤油味ですが醤油っぼさを押さえたまろやかな旨みのあるスープです。
トッピングは、やや軟らかめチャーシュー、メンマ、岩のり、玉ねぎです。サービスの味玉もトッピングされています。雑誌の写真では、いっとうや並のチャーシューに見えましたが、半分ぐらいの大きさです。味玉は完熟のゆで玉子でした。
新潟市内でも燕三条系背脂ラーメンのお店を選べるようになってきました。本場に負けない背脂の量には関心しました。650円と手頃な値段で本格的な背脂ラーメンが、玉ねぎや岩のりなどの充実したとっびんぐで食べられます。なかなかいいんじゃないでしょうか。背脂が特に好きじゃなかったら中油ぐらいがお勧めです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.25

ぼん蔵

ぼん蔵

新潟市の「ラーメン ぼん蔵」です。
ジャスコ新潟東店の向かいに最近オープンしたお店です。新潟東地区も最近になって新店ラッシュです。閉店が重なるときもありましたが、またラーメン店が増えてきました。
お店は、入ってすぐ食券販売機、右側に厨房、中央にカウンター席、左側に掘りコタツ風の小上がりがあります。最近多いラーメン屋さんらしい中規模のお店です。午後12時40分頃に着きました。8割のお客の入りってところでしょう。
メニューは、しょうゆ、みそ、しおとそれらのちゃあしゅう、大盛りがあります。最初なんでいつも通り醤油味のぼん蔵しょうゆからいただくことにします。
家族と一緒なので小上がりに案内されました。まあ普通のラーメン屋さんですから換気扇が勢い良く回っていますが、足の辺りがスウスウします。換気扇で出された空気が、小上がりの足の辺りから入ってきているようです。早く食べないと寒くて大変ですが、ちょっと長い待ちでぼん蔵しょうゆが出来てきました。

ぼん蔵 ぼん蔵しょうゆ

普通のラーメンですが、野菜ラーメンのような多めの野菜がトッピングされています。
麺は、やや太で縮れのしっかりしたもので、やや硬めにゆでられています。しっかり存在感のある麺ですが、これ以上硬めだとダメかなってあたりです。
スープは、醤油味のしっかりしたもので旨味のあるもです。野菜から甘味が出るタンメンのような野菜の自然な優しさもあります。
トッピングは、キャベツ、もやし、玉ねぎ、人参、ニラ、チャーシュなどの炒め物で、少しだけあんかけになっているようです。
これはこれで好きなラーメンですが、普通のラーメンがこれっていうのもちょっと不思議な感じです。650円という値段も野菜と手間を考えると今ではいい線でしょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.24

安福亭

安福亭千手店 叉焼麺

長岡市の「安福亭 千手店」です。
長岡駅と市役所の中間辺り、以前のお店から80m程長岡駅方向の場所です。
最近あまり背脂入りを食べてないような気がします。また、たっぷりのねぎも食べたくてお邪魔しました。午後1時過ぎに着きました。いい雪の降り具合なのでお店脇の駐車場に停めようと思いましたが満車です。前のお店の駐車場に停めても良いのですが歩きたくないので少し待ちます。帰るお客さんがいてすぐに停められました。
お店は、入口を入って右側に食券販売機があります。奥に厨房、中央に向かい合わせのカウンター席、左側にテーブル席、右側に小上がりがあります。広々して新しいお店らしく綺麗です。7~8割のお客さんの入りでしょうか。
メニューは、老麺(通常のラーメン)と味噌老麺、排骨麺(パイクウメン)などがあります。移転後のお店での1杯目は老麺にしました。それ以外で前のお店でも食べていないものがありました。その叉焼麺にします。食券を購入し店員に渡します。カウンター席に案内されました。セルフサービスの水を用意して待ちます。
昼時間を過ぎていますが入ってくるお客さんもあり、程々の混み状態が続きます。麺が太めであり普通のラーメン店の麺よりもゆで時間がかかるのは承知しています。やはり少し長く待ったかなって頃に叉焼麺が出来てきました。
器一杯になみなみ盛られています。チャーシューが背脂に隠されています。

安福亭千手店 叉焼麺(ねぎ盛り後)

ねぎを入れます。このお店の楽しみです。縦に切ったねぎと輪切りのねぎが用意されていますが、最初は縦切りのねぎを入れます。白髪ねぎよりも太めに切ってあり歯応えも楽しめます。香りや効果を考えるとねぎの方がいいですね。
麺は、太くゆるい大きな縮れの麺で、一般的なうどん同じか気持ち細いかなといった太さです。歯応えもさぬきうどんに似た歯応えです。
スープは、背脂が浮いています。普通の量と言うかちょうど好きな量です。その下には煮干しダシの旨みと風味で、醤油のしょっぱさがいい具合のスープです。表面からは想像できないほどあっさりしています。旨味も極端にデシャバるものがないバランスの良いものです。凄くレベルの高いスープの仕上がりです。
麺を食べ終わると、輪切りのねぎをスープに入れて楽しみます。背脂がスープの温度を保っていてくれるのですが、ねぎを多めに入れるとスープの温度も下がります。
トッピングは、硬めの中華そばに合いそうなチャーシャーが5枚です。燕三条系に良くあるタイプの味付けと良いメンマです。
1000円とかなりお高いものです。老麺が700円なので、チャーシュー4枚で300円UPです。ちょっとコストパフォーマンスは良くありませんが、2種類のねぎ食べ放題を考えると老麺ほどではなくても納得できる一杯でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.23

カップ麺

コンビニで購入したカップ麺で、UPしてなかったものです。ちょっと古いものも。

カップヌードル ピッツァマルゲリータ風ヌードル
日清食品 カップヌードル ピッツァマルゲリータ風ヌードル

カップヌードル 欧風チーズカレー
日清食品 カップヌードル 欧風チーズカレー

カップヌードル チキングラタン風ヌードル
日清食品 カップヌードル チキングラタン風ヌードル

カップヌードル 豚リアン
日清食品 カップヌードル 豚リアン

カップヌードルレンジ クリームシチューヌードル
日清食品 カップヌードルレンジ クリームシチューヌードル

ブラウンカレーヌードル
日清食品 ブラウンカレーヌードル

行列のできる店のラーメン 富山ブラック
日清食品 行列のできる店のラーメン 富山ブラック

新潟一麺 エビ味噌ラーメン
とかち麺工房 新潟一麺 エビ味噌ラーメン

津軽ど煮干中華そば
エースコック 津軽ど煮干中華そば

麺の街 新潟燕三条系しょうゆラーメン
エースコック 麺の街 新潟燕三条系しょうゆラーメン

サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば
サンヨー食品 サッポロ一番 名店の味 青葉 中野本店 中華そば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.22

福助

福助 Aセット(チャシュー麺)

村上市(旧朝日村)の「お食事処 福助食堂」です。
村上市朝日支所(旧朝日村役場)前にあります。
割烹品質のラーメンが食べられる食堂ってことで重宝に利用させていただいております。味噌ラーメンが美味しいお店ですが、他のものも食べようかと思いお邪魔しました。
お店は、左側に入口があり入ると真っ直ぐな廊下があります。手前右側の戸を開けると食堂になります。奥に厨房、手前にテーブル席、さらに手前と右側には広々した小上がりがあります。午後12時10分頃に着きました。他に3人のお客さんがいるだけです。なんかの偶然でしょうか他のお客さん3人が多いような気がします。
メニューは、定食・丼物と麺類があります。一品料理や酒類も充実していて飲みも楽しめそうなお店です。麺類は、味噌と中華そば、それらに五目やチャーシューを絡ませたものがあります。セットメニューも充実しています。ミニサラダと半チャーハンを組み合わせたAセット、特大おにぎりと小鉢2品を組み合わせたBセットがあります。セットは麺類の中から選択できます。普通だと安い基本的なラーメンとのセットで、値段の高い麺類を組み合わせる場合は差額を払うのが一般的でですが、差額なしで食べられます。チャシュー麺(Aセット)にしました。
いつものようにまあまあ早く出来てきました。
白い器に味噌ラーメンらしい色のスープ、中央がピンクがかったチャーシューです。
麺は、やや細の縮れで触感のいい麺です。あっさりめのスープに合う麺です。
スープは、ごく普通のラーメンらしいあっさり癖のないものです。ダシの旨味、醤油の味やしょっぱさ、甘さなどバランスの良いものです。さすがです。
トッピングは、歯応えの良いチャーシュー、メンマ、わかめ、鳴門、海苔です。
しっかりバランスの取れた美味しいチャシュー麺です。これで650円ですからお手頃でしょう。ありがたい一杯でした。
さて、Aセットは、半チャーハンと野菜サラダですが、半チャーハンはしっかりボリュームがあります。これで半チャーハン?って感じ。野菜サラダで多少ヘルシーになりました。セットで1000円と安くはありませんが、それに以上にボリュームがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.21

きんしゃい亭

きんしゃい亭新潟駅前店 ラーメン

新潟市の「きんしゃい亭 駅前店」です。
新潟駅前の飲食店街にあります。
新潟風九州ラーメンが食べられる好きなお店です。今年唯一の正式っぽい忘年会でした。多くの人が集まり新潟の食と飲を楽しみ、そして最後の〆のラーメンです。
お店は、奥に厨房、手前にカウンター席、その手前に大小のテーブル席があります。今日は時間も早くそんなに混んでません。
メニューは、ラーメンを基本にいろいろなトッピングを加えたものなどがあります。基本のラーメンにしました。
今日は、おやじさんと若い店員でやってます。週末なら生にんにくを楽しめるのですが、明日のある身、今日は我慢です。九州ラーメンの出来上がりは早いです。
小さめの器に九州ラーメンらしい少なめの量です。胡麻をたっぷりかけていただきます。
麺は、極細の弱い縮れです。本場の九州ラーメンのストレートと違いますが、新潟に合わせた美味しい麺です。
スープは、醤油とんこつらしい色で、旨味と醤油味のしょっぱさが絶妙です。そして、表面に浮いた油の量がちょうどよい量です。駅前店の油の量がちょうど良いです。
トッピングは、脂身の少ない歯応えのあるチャーシュー、紅生姜、胡麻です。さらに胡麻をたっぷりかけていただきます。
飲んだ後にちょうど良い量のラーメンです。替え玉もできますが、そんなにお腹が空いていないので替え玉はしません。替え玉は、60円の半額割引は期間限定だったようで、元の120円に戻っています。ラーメン550円は、ワンコインで食べられなくなりましたが満足な一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

笑美寿亭

笑美寿亭 味噌担々麺

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。竹山病院の隣の小原小路に面しています。
笑美寿亭の担々麺15種制覇に向けての第14種を食べようとお邪魔しました。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。下町の食堂って雰囲気です。午前11時40分頃に着きました。いつもは遅め来るんで混んでいますが、まだこの時間は空いています。カウンター席に座りました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、紹興酒まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系とあります。さらにこのお店ならではの15種類の担々麺があります。本日のランチも3種あり、麺類は白胡麻担々麺と半チャーハンです。白胡麻担々麺を食べていないので、ランチもお手頃で引かれますが、単品とトッピングとかの違いがあると完全制覇にならないので、まだ食べていない味噌担々麺にしました。
その後もお客さんが来て、賑わってきました。今日はファーストフード並みとまではいきませんが、早い出来上がりです。
一般的な担々麺のオレンジ色とマー油の黒が器の表面を芸術的なものとでも言いたいかのように彩っています。
麺は、普通の太さの縮れです。ゆで加減がよくツルツルした触感とプリプリした歯応えのいい、食べていて気持ちの良い麺です。
スープは、担々麺らしい胡麻のまろやかさと深い味わい、味噌の旨味や甘みがバランス良く融合したものです。味噌の存在をしっかり出しながら、担々麺としての味を楽しめるあたりはさすがです。味噌とのバランスってどちらかが勝ってしまうことが多く難しいと思いますがさすがです。
トッピングは、チャーシュー、挽肉の芝麻醤炒め、半熟玉子半個、ほうれん草、白髪ねぎ、糸唐辛子です。
胡麻と味噌を楽しめる見事な担々麺でした。880円なので安いことはありませんが、これだけ楽しめたのですからいい線でしょう。サービスのライスもいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.20

昇 にぼしラーメン

新潟市の「スープ食堂 昇」です。
青山から黒埼に向かう道沿いにあります。
「らーめん 岡村家」がコンセプトを変えてリニューアルオープンしたお店です。午後1時20分過ぎに着きました。幟があり、電光看板が点いていますが、駐車場に車が止まっていません。午後の休憩あったかなと駐車場に車を入れると商い中の看板がありました。お店の入口に本日ライス無料と貼紙があります。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、右側に小上がりがあります。まあまあ新しいラーメン屋さんの雰囲気です。お店の中も他にお客さんがいません。入ってすぐに左側に食券販売機があります。
メニューは、京風の濃厚中華ラーメン、にぼしラーメン、味噌ラーメンとなっています。リニューアルオープン後に、濃厚中華ラーメンは食べています。そのときも気になっていたにぼしラーメンにしました。
ポテトサラダのサービスがあります。セルフサービスで、小さなお皿に山盛りいただいちゃいました。他にお客さんもいないので早めに出来てきました。
にぼしと宗太鰹節で煮出しただし汁をじっくりと長時間煮込んだ鶏ガラスープで割り、太麺(熟成玉子麺)を合わせた一品。あっさりしたスープなのに節の効いたコクがあります。と醤油味がしっかりしてそうなシンプルな中華そばです。との説明書きがあります。
麺は普通の太さの縮れで、ツルツルしたコシの強いものです。元気の良い麺です。
スープは、煮干しの濃厚な旨味のあるものですが、鶏ガラスープで割ったためか強い癖はありません。香りも魚介系のこれでもかって感じもありません。
トッピングは、軟らかなバラ肉のチャーシュー、メンマ、ゆで玉子半個、海苔です。
煮干しの濃厚な旨みがあり、鶏ガラで癖の少ないものに仕上がっています。麺はちょっと好みと違いました。これで780円はかなりお高く感じます。

昇 サービスライス

サービスのライスはお新香付きです。ポテトサラダを加えてセットでの780円と考えれば妥当な線でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.19

フェスタ万代島 2010 with FM PORT 10th Anniversaly

フェスタ万代島 2010 with FM PORT 10th Anniversaly

新潟市の朱鷺メッセで行われました「フェスタ万代島 2010 with FM PORT 10th Anniversaly」に行ってきました。
今日は、ゆっくり起きて特にすることもなくのんびりしていました。FM PORTを聞いていたらMOVE ON STREETが公開生放送されていました。時間も遅くなってしまったので、ちょっとナビゲータの顔でも見てくるか程度に考えて出かけました。
午後2時10分頃会場に到着。午後2時15分締め切りで午後2時30分からの抽選会とのこと、ちょうど良い時間に到着っていうか抽選のために行ったようなことになりました。受付を済ませ会場に入って待ちます。抽選会は、遠藤洋次郎司会で、磯村康子、遠藤 麻理、近藤 のぞみ、佐藤 智香子、hiroe、松本 愛と豪華豪華なメンバーです。
いろんな景品があります。ホテル日航のワイン、SMAPのBOXテッシュ、L'Arc-en-Cielのグラス、Jin Rock FestivalのTシャツや手ぬぐい、サトウのやさしい鏡餅(切り餅)、FM PORTのカレンダーなどなど他にもたくさんあります。
年末ジャンボのためにくじ運を残しておかなければいけないのですが、カレンダーはちょっと欲しいかなって思っていたらサトウのやさしい鏡餅(切り餅)が当たりました。hiroeさんのiCompassでサトウの鏡餅が取り上げられていましたが、鏡餅にHiroeさんのサインがされています。サイン入りステッカーも入っていますが、開封された後もなく、サイン後に工場でパッケージされたようです。手の込んだものをありがとうございます。
正月に飾らせていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.18

阿賀野ドライブ

今日は、子供のプレゼントを買いに開店直後のヨドバシカメラへ行きました。目的のものをGETしてからいろいろ見ていたら、トレッキングに一緒に持って行きたいコンパクトでお手頃なラジオがあり購入。さらに、50mmF1.8のAPC用レンズが特別価格ってことで18,000円を切ってます。欲しかった単焦点の明るいレンズ…。買っちゃいました。買ったら使ってみたい。で帰宅してモタモタしていたらちょうど夕方。暗くなってきました。人の目に見えないものを写真に撮れるか早速出発です。
最初は、人に見えないものってことではありませんが水原代官所のイルミネーションですが…?後で判ったのですが、点灯式の前に通っていました。帰りに通ったら点灯していましたが規模がかなり小さくなってました。
その先の瓢湖で白鳥の写真に挑戦です。

瓢湖

真っ暗ですが、月明かりでほんの少し見えます。F/1.8 1秒

瓢湖

露出時間を時間を長くして撮影です。F/1.8 18秒

瓢湖

トリミングしてみました。人の目にはどこにいるかがようやく解る程度ですが、写真は結構暗くても撮れます。ただ、暗すぎてオートフォーカスが効きません。
身体が冷えたので温泉に行きます。

村杉温泉 露天風呂 外観

村杉温泉の露天風呂です。
周囲の少し雪が残っています。雪見風呂を期待しましたがまだ雪が少ないです。

村杉温泉 露天風呂 入口

入浴券の販売機で入浴券(300円)を購入し、隣の箱に入れて通ります。
先客1名、同時入客1名です。

村杉温泉 露天風呂 風呂

石に囲まれたお風呂です。しっかり熱々です。お風呂の周りはほとんど雪がなく、椿の花が咲いています。といっても空気が冷たく、頭寒足熱が気持ちいいです。もっと寒くなるともっと楽しめます。楽しみに待ちましょう。

村杉温泉 露天風呂 脱衣所

脱衣所の屋根に雪が結構残っています。いい風景です。泉質はラジウム泉、料金300円(子供100円)、石鹸やシャンプーは環境保護のため使用禁止です。脱衣所に鍵のかかるロッカーがあります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.17

勝 らーめん

新潟市の「風の味 麺や 勝」です。
空港通り沿い、お店の賑やかなところにあります。
オープン当時に食べて以来です。豚骨・鶏ガラの動物系と羅臼昆布・国産鰹節の魚介系のダブルスープです。その当時はちょっと馴染めませんでしたが、他の人のブログを見ていたら美味しそうに感じました。いろいろ食べているうちに好みも変化しているだろうし、もう一度食べてみたくなりお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、手前と左側にカウンター席、さらに手前にテーブル席があり、小さめですがダブルスープが流行りだした頃のラーメン店に相応しい雰囲気です。午後1時40分頃とお昼にしては遅い時間ですが、そこそこお客さんがいます。
メニューは、オープン当時中華そばでしたが、らーめんに変更されています。らーめんともやしらーめんに味玉やちゃーしゅう、特製のトッピングを加えたものがあります。冬季の期間限定で味噌らーめんもあります。つけそばは、つけめんになっています。おひつめんというものもあります。6玉と9玉があり、20分以内に食べると無料や5千円の賞金がでます。久々なので基本のらーめんにしました。
麺は、やや太の縮れでコシの強いものです。プリプリして歯応えも良くパスタっぽい食感もしますが、縮れがパスタじゃないぞって主張しているようにも思えます。
スープは、見た目も味噌汁のような感じです。魚介系の香がかなりしてます。豚骨と鶏ガラのまろやかと言うかこってりに近い感じのトロミがあり、いい旨味を出しています。スープを飲んだ最後に粉末(鰹節の粉末のような)が残りました。魚粉を使っているのでしょうか?ちょっと残念。
トッピングは、バラ肉の軟らかいチャーシュー2枚、メンマ、三ツ葉かな青物、鳴門、海苔がのってます。
オープン当時は、あまりダブルスープが好きではなかったので普通ぐらいに思っていましたが、いろいろなラーメンを食べてから改めて食べてみるとなかなかいい感じかなと変わってきました。オープン当時高く感じましたが、今では630円も妥当かなと思います。この麺ならつけめんも食べてみたいです。子供連れておひつめんを食べようかな。期間限定の味噌らーめんも興味ありです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.12.16

笑美寿亭

笑美寿亭 鶏青ネギ柚子塩ラーメン

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。竹山病院の隣の小原小路に面しています。
笑美寿亭の担々麺15種制覇に向けての第14種を食べようとお邪魔しました。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。中華を中心にしているので、ちょっとそれらしい下町の食堂って雰囲気です。12時15分頃に着きました。雪のためでしょうか?いつもより空いていて7~8割のお客さんの入りでしょうか。カウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、紹興酒まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系とあります。さらにこのお店ならではの15種類の担々麺があります。本日のランチも3種あり、麺類は鶏青ねぎ柚子塩ラーメンと半チャーハンです。いつもならグッとこらえて担々麺にするのですが、鶏・青ネギ・柚子・半チャーハンと好きなものを良くもここまで並べやがったな!負けました。ランチの鶏青ネギ柚子塩ラーメンと半チャーハンにしました。
前に同じランチを注文していたお客さん他3食と一緒に作ってもらえたようですぐに出来てきました。ファーストフード並みの早さです。
鶏肉の色白な肌色とねぎの緑が対照的に器の中を彩っています。
麺は、細い縮れで、ゆで加減がよくプリプリした歯応えと適度なモチモチ感があります。モチモチしていながらも変な硬さのない麺です。
スープは、爽やかな塩味です。中華に多いまろやかなものではなく、あっさりしたものです。あっさりした中にもいい旨さがあります。
トッピングは、鶏肉の蒸しでしょうか?薄味で軟らかです。ねぎ、万能ねぎなどもあります。胡麻も塩に合います。柚子の皮を糸状にしたものが数本、一番上に乗ってます。ほんの少しですが爽やかな香りが広がります。
あっさりした塩ラーメンもそこそこ食べてきましたが、かなり上出来です。

笑美寿亭 半チャーハン

半チャーハンです。なかなか食べ易く好きなタイプのチャーハンです。
セットで800円とかなりお得で好みの昼食でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.15

GOGO宝来軒

GOGO宝来軒 トクラーメン味噌

上越市の「GOGO宝来軒」です。
上越市のイオンショッピングセンター近く、上越警察署の裏にあります。
創作系の麺料理を楽しめるお店です。高速道路も冬到来で路面には雪が積もり、あちこちで事故が発生していました。こんな日は味噌ラーメンが食べたくなります。お気に入りの1店、GOGO宝来軒にお邪魔しました。
お店は、奥に厨房、その手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側にもちょっと離れてテーブル席があります。ラーメン屋と言うよりお洒落なランチを楽しめそうな雰囲気のお店です。午後1時近くに着きました。お客さんが半分くらい入っていて、その後もそこそこお客さんがきます。
メニューは、醤油、味噌、黒マー油、赤ラー油の4種にそれぞれトクラーメンとトクモヤシ、創作系はフレーバー旨味ソバで、醤油、塩、味噌、ホタテ、エビの5種、夜のみでBUTAの醤油と味噌があります。定休日の木曜日はタンメンのみでの営業のようです。食べようと思っていたトクラーメン味噌にしました。
普通の待ちで出来上がってきました。白い四角いお皿の上に、白い綺麗な爽やかな器に盛られてきました。以前は、黒い渋い器でしたが、印象ががらりと変わりました。
麺は、普通の太さかやや太ぐらいでしょうか?縮れの少し強いものです。モチモチした食感で黄色がかった色の旨味のある麺です。表面はラーメンそのものですが、中心部はパスタのアルデンテのようです。
スープは、赤味噌と白味噌合わせらしい色です。味噌の旨さと野菜からでしょうか?程好い甘さがバランス良く、コッテリそうに見えますが思いの外あっさりしてます。好みの味噌ラーメンのスープです。表面には、胡麻を煎ったものが浮いています。
トッピングは、15~20ミリ角のサイコロ形チャーシュー、結構入っています。メンマ、鳴門、細切りのねぎ、糸唐辛子が入っています。
とっても楽しく美味しくいただきました。でも850円は、ちょっと懐に痛いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.14

せきとり

せきとり カラ揚

今日は、カラ揚を食べたくて「せきとり 本店」に行きました。
場所は???上手く説明できませんが、新潟島の下の住宅地の中にあります。
お店は、昔ながらの古い大衆居酒屋の雰囲気そのものです。混んでるかと思いましたがそれほどでもありません。予約席が2卓入っているようです。
生ビール、カラ揚、赤(焼き鳥 肉)、白(焼き鳥 皮)、煮込みを一気に注文。生ビール、煮込み、焼き鳥の順で運ばれてきます。お腹が空いているので、かなり箸が進みます。って焼き鳥は箸を使いませんが…。料理が揃うころには、熱燗(日本酒)に変更。日本の季節をお酒の温度で楽しみます。こうすりゃ冬も楽しいです。
やがてカラ揚が出来てきました。ほんの少しおいて食べ易い熱々が取れたあたりでいただきます。そこそこ食べたのですが、カレーの風味が食欲を刺激します。蟹ほどではありませんが、無口になって食べてしまいます。
鶏を楽しみました。鶏最高!
鶏のメニューは、他にムシ焼っていうのもあって、近くで食べている人のを見ましたが、なかなか美味しそうです。これからクリスマスで鶏を食べるんでしばらく開けときますが、今度そのうち食べてみようかと思います。
カラ揚とムシ焼は、いずれも時価ってことになっています。ちょっと勇気のいる寿司屋と違いそんなに高いことないので安心して食べられます。帰りに精算してみると今日は450円でした。ごちそうさまでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

白寿

白寿 うま煮そば

新潟市の「中華 白寿」です。
新潟市の中心街、WITHビルと三越を直線的に結んだ中間くらいにあります。
白菜の美味しい、鍋の楽しい時期になりました。この時期は、白寿のうま煮そばも美味しい時期です。最近来れてませんでしたが、久々に食べれます。
古そうな建物には数件のお店が入っていて、そのうちの1軒です。お店の入口も古さを感じさせるもので、暖簾を潜ると外観から想像した通りの小さな店内が目に入ってきます。右側奥に厨房、その手前と中央寄りにカウンター席、左側に小さなテーブル席です。12時35分頃に着きました。今日もそこそこの混み具合です。カウンターは1席の空き、テーブル席も空いています。今日は、お客さんが食べ終わって帰ると次のお客さんが入って来るという、いい混み具合が続いています。
メニューは、ラーメンとうま煮そばです。このお店はうま煮そばを食べたくなると来るお店ですから、セルフサービスの水を取りに行く途中で『うま煮!』と注文します。先客も後から来たお客さんも今日もみんなうま煮そばです。最近、メニューにない麺類や餃子なんかを注文するお客さんがいません。良いような楽しみがないような状態です。
今日は、親父さんとおばさんがいます。親父さんがうま煮を作って、おばさんが麺をゆでたり盛りつけたりします。中華鍋で一度に多くのうま煮をまとめて作ります。お店に入った時のうま煮の有無で待ち時間が違います。今日は出来上がったうま煮がほんの何人かのお客さんに出されたあたりです。まだたっぷりうま煮の入った中華鍋からうま煮が盛られてうま煮そばが出来上がってきました。
今日も、褐色のうま煮が美味しそうです。結構、熱々です。
麺は、細麺よりも細い極細に近いやや強い縮れの麺です。細麺らしいシコシコした歯応えで、強めの縮れがうま煮を上手く絡めてきます。
スープは、うま煮と混じって判り難いのですが、うま煮と混じってもしょっぱさ控えめの癖のないスープだということは解ります。
うま煮は、白菜、玉ねぎ、もやしなどの野菜と玉子のトロミのあるあんかけになっています。ニンニクも少し効いています。少し薄味ですが最近慣れてきました。うま煮だけを食べるといい味です。もう少ししょっぱさが欲しく感じますが、これぐらいが健康的です。スープや麺と一緒でも同じようなしょっぱさと変わらないのが食べ易いです。白菜も思ったとおり瑞々しく旨味があります。季節の野菜を味わうのは楽しいです。
ラーメンと聞くとカロリーや塩分など不健康な食べ物のように思われがちですが、白寿のうま煮そばは健康的です。500円で美味しいうま煮そばを食べて、身体にも懐にも優しく健康的な一杯でした。いつまでも500円で食べれますように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.13

麺休日

先週からちょっと忙しい日々が続いています。
ラーメンお休み、昼食抜きの1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.12

全国麺めぐり 津軽煮干ラーメン

全国麺めぐり 津軽煮干ラーメン

今日もちょっとお仕事です。昼に軽く食べようとローソンに買い出しです。
カップ麺のコーナーに新発売のカップ麺があります。普段はあまりカップ麺は食べませんが、津軽煮干ラーメンの文字が目に焼き付きました。良く見ると寿がきやの全国麺めぐり 津軽煮干ラーメンです。弘前市のたかはし中華そば店ほどの強烈さはないだろうけど、食べてみることにしました。
麺は、細めの縮れでモチモチ感の強いものです。スープは、結構強めな煮干しの香りがします。いい感じです。醤油味のあっさりしたもので、煮干しダシの旨味が醤油の味と絶妙に合っています。一般的なカップ麺と同じようなチャーシュー、なると、ねぎ、メンマとシンプルなかやくです。
麺はもうひとつかと思いますが、スープがいいですね。こりゃいいや。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.11

じじ&ばば

じじ&ばば しいたけラーメン

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
今日も遅くなってしまいました。軽く食事をして帰ろうと思います。先週もしいたけラーメンを食べましたが、今週のしいたけラーメンは阿賀町産の肉厚しいたけが入ったとのことで、今週も食べてみます。
今週のしいたけは、旨味が倍くらいあります。しいたけの旨味成分がガンガンきます。先週も美味しいと思いましたが、さらにしいたけを楽しめるものでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喰拳

喰拳 そいがぁそば

長岡市の「ラーメン 喰拳」です。
長生橋の西詰から川西地区のホームセンタームサシ東側にあります。
年末は忙しいです。今日は仕事で、長岡地区での昼食になりました。お店を移転後してから食べてなかったので喰拳で食べることにしました。前のお店は駐車場が狭く車を入れるのが面倒でした。今度のお店は停め易くなっています。
お店は、外観がとにかく派手で、ファイヤーって感じです。中に入ってすぐ食券販売機があり、食券販売機近くに待つためのスペースがあります。右側に厨房、中央寄りにカウンター席、左側にテーブル席、奥に小上がりがあります。移転オープンということでまあまあ綺麗なお店です。午後12時20分を頃に着きました。混んでいますがテーブル席を片付けていて座れそうです。
メニューは、中華そば、香り中華そば、そいがぁ、トンコツそいがぁ、塩、味噌、つけそばがあり、トッピングやサイドメニューも豊富です。中華そばのお店で、移転前ですが柚子の香り豊かな特選香り中華そばを食べました。今回はその時から気になっていた喰拳風長岡生姜醤油と説明書きされたそいがぁそばにしました。
前のお店同様、壁には各素材の生産地なども貼り出されています。美味しいかどうかは不明ですが、値段が高くなっちゃうんじゃないか心配です。こだわって悪いことはないでしょう。なんかしっかりしていると安全な気もします。
食べ終わってお客さんがかなり帰りましたが、同じくらいのお客さんが訪れ相変わらず混んでいます。それでも普通の待ちでラーメンが出来てきました。
器の中に結構控えめな盛り付けです。
麺は、やや太の縮れの強いものです。見た目は苦手な麺ですが、最近流行の必要以上の硬さいものではありません。ホッとすると同時に旨味が伝わってきます。
スープは、魚介系ダシの旨味と醤油のあっさりしたのものです。中華そば風のスープに生姜の香り爽やかさがあります。長岡生姜醤油系と聞くと濃厚な醤油味かと想像しますが、喰拳風長岡生姜醤油は中華そば風です。
トッピングは、大きなチャーシュが2枚、メンマ、ほうれん草、鳴門、あおさが入っています。あおさが知ってるものと違って茎付きのものです。旨味が増します。
あっさり中華そばにほんのり生姜の香りとのいい感じの中華そばでした。見ため以上のボリュームはありましたが、やっぱ物足りないような気もします。サイドメニュでも加えたいところですが、650円はちょっとお高いような気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.10

越乃寒梅 古酒 乙焼酎

越乃寒梅 古酒 乙焼酎

今日は、ちょっと忙しかった。昼食も取れず、午後6時からプチ忘年会の予定でしたが、午後11時からのスタートになりました。じじ&ばばにてビールとレバ刺しを楽しみ、仲間が持ち込んだ越乃寒梅 古酒 乙焼酎をいただきました。アルコール40パーセントは、さすがに効きます。最後は、おにぎりで〆ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.09

慶楽

慶楽 素菜湯麺

新潟市の「慶楽」です。
新潟グランドホテルの中華料理店です。
ホテルの中の中華料理店と言うことで雰囲気は良いのですがちょっと肩っ苦しさがさります。12時15分頃に入ったのですが、今日は空いてます。一昨日も蓬来軒の前に来たんですが、40分程度の待ちでした。ホテルなんでイベント等に左右されます。
メニューは、中華全般があり、麺類もそこそこあります。フカヒレのフェアをやっていてフカヒレ入りのスープ麺もあります。こういう機会に食べてみたいのですが、かなりお高いので諦めます。他の麺類メニューは変わりありません。その中でも良く食べているものに素菜湯麺(季節野菜のスープ麺)があります。季節毎に食べたくなるメニューです。使用される野菜がそんなに変わることはありませんが、その中に季節を探すのも楽しいものです。今回も素菜湯麺(季節野菜のスープ麺)にしました。
まあまあ早めで素菜湯麺(季節野菜のスープ麺)が出来上がってきました。中華料理らしい白い器を使うメニューが多い中、この素菜湯麺はあまり見かけない黒い器を使っています。塩味のあんかけ五目湯麺です。醤油味と違って材料の色が綺麗にでます。
あんかけになっていて、青梗菜、白菜、もやし、筍、人参、椎茸、しめじ、きくらげ、鶉の玉子などの材料が使われています。この季節の野菜って白菜のようです。椎茸が見事な肉厚のものを使用しています。
麺は、普通の太さ普通の縮れ具合のものです。表面がツルツルではなく、多少ざらついているように感じます。これが、スープやあんかけとの絡みを良くしているのでしょうか。噛み応えも良く美味しい麺です。
スープは、これといった特徴も変な癖もない塩味の鶏ガラっぽいものです。表面に背脂かと思えるような白い粒が浮いていますが、ねぎを小さく刻んだものです。あっさりしていながらまろやかなスープです。塩ラーメンを出しているラーメン店も少し学ぶものがあるんじゃないかと思うスープです。
なかなか品とボリュームのある一杯でした。935円とラーメン店や街の中華屋さんで食べるのに比べると高い昼食になりますが、ホテルの中華料理店の雰囲気を食べたと思えば安いものかも知れないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.08

飛雄馬

飛雄馬見附店 とんこつ醤油魚粉入り

見附市の「らーめん飛雄馬 見附店」です。
国道8号線沿いPLANT―5近く、日産ブルーステージの裏にあります。
午後12時45分頃に着きました。お店の前と脇にある駐車場は満車ですが、すぐに帰るお客がいて停められました。お店の入口脇に食券販売機があります。
メニューは、みそ、塩、あっさり醤油とそれらに背脂やチャーシューを加えた組み合わせの定番に加え、北海道みそ、長岡チャーシュー麺、三条系背脂、辛みそ背脂、Winterチャーシューなどあります。さらに見附店オリジナルのとんこつ醤油魚粉入りがあります。魚粉を使うこと事態は好きではありませんが、飛雄馬ならどんなものかくと食べてみることにしました。とんこつ醤油魚粉入りは、それとチャーシュー、ミニチャーシュー丼セット、メガつけ麺があります。全メニューとも大盛りの食券購入で大盛りに対応できます。とんこつ醤油魚粉入り・ミニチャーシュー丼セットにしました。
お店に入ります。奥に厨房、手前にカウンター席、さらに手前にテーブル席、左側少し離れて小上がりがあります。お店の中は空いています。カウンター席が空いていたので座り、食券を渡します。麺の種類を選べます。中太と細麺があり、今回は細麺をお願いしました。食券販売機のところの貼紙には、太麺が14番で細麺が20番を使っているとのことです。ラーメンが出来てきました。
とんこつ醤油ということで白濁色が少し醤油色っぼいものかと思いましたが、ほとんど醤油ラーメンです。濁りによってとんこつだと解ります。
麺は、少しだけ細い縮れで、食感の良い麺です。スープを上手く絡めてきます。
スープは、醤油味のしっかりしたものです。魚粉は全体にかけられています。とんこつの旨味に魚粉からの風味が加わり濃厚な味わいになっています。麺を食べているときは良いのですが、スープだけ飲むと結構しょっぱいです。
トッピングは、角煮かと思わせるような塊のチャーシュー2個、メンマ、岩のり、きくらげ、半熟煮たまご半個です。とても充実しています。
普通のとんこつは優しい味わいのものですが、飛雄馬はしっかりした味のものです。やっぱり魚粉はない方が好みです。でも、700円で充実したトッピングは始めこれだけ楽しめるのですからちょっと得した気分です。

飛雄馬見附店 ミニチャーシュー丼

ミニチャーシュー丼は、平日ランチタイムに150円で提供されています。ちょっと小振りですが値段を考えると十分でしょう。チャーシューは、軽く醤油で味付けされています。脂身が少なく、ちょっとパサつくような感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.07

蓬来軒

蓬来軒 たんめん

新潟市の「蓬来軒」です。
新潟島は坂内小路の東寄りにあります。
今日は、野菜を取りたいと思い久々に蓬来軒にしました。
お店は、右側に厨房、その中央寄りと手前にカウンター席、左側にテーブル席があります。庶民的な中華料理屋さんの雰囲気です。12時30分頃に着きました。5割ぐらいのお客さんの入りと少なめです。
メニューは、カラーの写真と説明入りで判り易くなっています。品揃えは、麺類とご飯ものもあります。麺類も中華系を中心に焼きそばにいたるまで豊富です。野菜を食べたいときのたんめんにしました。
お昼時間はお客さんも多く、中華鍋を使う中華系メニューが人気なのである程度の待ちがあります。っていうのが普段なんですが、お客さんも少なく普通のラーメン屋さんと同じくらいの待ちで出来てきました。
塩味の薄いスープの色とたっぷりの野菜が美味しそうです。
麺は、細く縮れが少し弱めのシコシコプリプリした歯応えの良いものです。好みの麺で、食べていて楽しくなります。
スープは、塩ラーメンのような淡い白の半分透き通ったものです。塩味ですが野菜から旨みが全体を軟らかい味に仕上げています。塩ラーメンとしても食べても良いあっさりしたスープです。今日も胡椒が少し多めに入っているような気がします。少し辛めです。
トッピングは、白菜・もやし・玉ねぎ・人参・きくらげ・豚肉の炒め物です。ボリュームがあり、不足気味の野菜を確保できます。
あっさりシンプルな塩ラーメンにたっぶりの野菜を楽しむいった印象です。720円とちょっぴり高めの値段ですが、ボリュームを考えるとなかなかよろしいんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.06

有磯海SA

有磯海SA①

富山県の北陸自動車道「有磯海サ-ビスエリア」です。
サービスエリアに入るとトイレ前のアプローチがイルミネーションになっいます。

有磯海SA②

駐車スペースから展望広場への道沿いにもイルミネーションが飾られています。

で、とろろ昆布おにぎりを食べたいと思ってサービスエリアに寄ったのですが、時間が遅いこともありまして売切れでした。残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

支那そば屋

支那そば屋 三馬店

石川県金沢市の「らーめん専門 支那そば屋 三馬店」です。
金沢市の西、金沢赤十字病院近くにあります。
最近のネット上の書き込みの人気と好みが合わないようでなかなか苦労しておりますが、他に情報も得られず今回もネット情報を頼って人気店で食べてみることにしました。
お店は、中央の広いスペースに厨房があり、その周囲にカウンター席、手前に気持ち程度のテーブル席があります。座敷もあるようですが解りません。ラーメンを作るのをしっかり見て欲しいかのような造りです。午後5時30分頃に着きました。他にお客さんもなくまだ営業前なのかなと思いましたが、大丈夫でした。
メニューは、支那そばとそれにトッピングを加えたものと炭火焼鶏麺があり、醤油と塩味を選択できます。ほかにアゴだし醤油や魚がし醤油など魅力的な名前のものやつけめんがあります。近くに金沢工業大学もあるためでしょうか?学生は大盛無料になっています。また、つまみも多く焼酎などもあり、軽く飲めるような感じになっています。人気メニューを聞いたところ炭火焼鶏麺が人気とのことで炭火焼鶏麺(醤油)にしました。
スープを小分けに仕上げているようで、麺を湯切りして器に入れ、その後にスープを注いでいます。トッピングをして完成です。

支那そば屋三馬店 炭火焼鶏麺(醤油)

炭火焼の美味しそうな香りがガンガンきます。
麺は、普通の太さの縮れです。モチモチ感が強く硬めにゆでられているのでチョット苦手な麺の部類になります。のんびり麺が馴染むのを待ちながらゆっくり食べます。
スープは、醤油味のあっさりした旨味のあるもので、かなり上出来かとお思います。麺を食べているときはスープの旨味がもうひとつ伝わってきません。
トッピングは、鶏肉の焼いたもの、白髪ねぎ、水菜です。炭火焼のいい香りの強い鶏肉の仕上がりになっています。柚子胡椒も付いていて爽やかな香りがますます美味しそうな香りに変化します。香りを楽しめるラーメンになっています。
トッピングでとても香りを楽しめるものになっています。スープが美味しいだけに麺がもうひとつ好みと違ったのが残念です。700円と安くはありませんが、食べられない匂いの料金でしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

呉羽PA

呉羽PA ブラックラーメン

富山県の「北陸自動車道 呉羽パーキングエリア」、店名は「味処 北路」です。
富山市に最も近いだろうパーキングエリアになります。富山ブラックが食べれるかなと思って寄りました。食券販売機を見たらブラックラーメン(濃厚醤油味)があります。期待しながら食券を購入、出来上がりを待ちます。
期待通りの黒いスープです。もうちょっとチャーシューのボリュームが欲しいです。
麺は、若干細めの縮れで多くの人に合わせた麺です。少し硬めにゆでています。
スープは、醤油の色が黒々しています。醤油味の濃さとしょっぱめを期待しましたが、醤油の味の濃さはなく、しょっぱさも普通です。
トッピングは、軟らかいチャーシュー、メンマ、絹さや、もやしです。
富山ブラックは、大喜の中華そばを何度か食べたことがあり、富山ブラックの標準的なものだと思っていました。醤油の色や味が濃く、しょっぱいものだと思っていましたが、ここのは、色が濃いだけでした。540円と値段も手頃だっただけにちょっと残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.05

戸倉山

糸魚川市と長野県小谷村の境界にある戸倉山に登ってきました。
昨日の強風で今週は山も諦めていましたが、下越が曇りの天気予報ですが中越や上越は晴れです。それじゃあちょっと遠征してみまようかと上越地区で眺望のいい山に登ろうってことで戸倉山にしました。歩行時間2時間30分、歩行距離3.5km、累計標高差+380m-380mとかなり小さな登山になります。
北陸自動車道糸魚川IC~国道148号線~根知谷交差点~県道225号線で糸魚川シーサイドバレースキー場の前を通り、塩の道を進みます。ちょっと登山口と違う方向ですがさらに塩の道を進んでみます。何キロぐらい走ったでしょうか?行き止まりです。5cmぐらいの積雪がありました。引き返し登山口というのかスタート地点の原の館駐車場に到着です。他に車が5台ほど停まっています。施設は冬囲いしてあり利用できません。時間的に短いので行きましょう。

戸倉山①

原の館駐車場から白池までは、進入禁止になっていますが車道です。
ザックの調子がいいです。以前のものより荷物を増やしていますがザックの重さが肩を圧迫しません。もっと早くからいいザックにしとけばよかった!
午後12時21分(0時間00分)

戸倉山②

白池が雨飾山を移して綺麗です。ここから登山道になります。
午後12時36分(0時間15分)

戸倉山③

日当たりの悪い場所は、結構雪があります。雪の上は滑りませんが、溶け出したところは泥状になっていて滑ります。

戸倉山④

角間池です。
休んでいる時に地元の糸魚川市の人と話が出来ました。今年は、本当に熊が人里まで出てきているとのことで、今年は熊除けの鈴を2種類装備して登っているそうです。
午後12時58分(0時間37分)

戸倉山⑤

角間池からひと登りすると尾根に出ます。尾根は日当たりが良く雪はありません。

戸倉山⑥

戸倉山⑦

戸倉山山頂到着です。標高975.5mです。途中すれ違い5人、山頂に先1人。
午後1時42分(1時間21分)

戸倉山⑧

うみてらす名立

山頂からの眺望がいいです。糸魚川市中心部方向、駒ケ岳・鬼ヶ面山・鋸山・焼山・雨飾山(クリックで拡大できます)と見事な眺望です。北アルプス方向は、白馬岳だと思うのですが見えます。逆光で写真は無理でした。
遅い昼食にします。ザックが余裕なのでおにぎりが潰れていません。
さて、そろそろ下りましょう。
午後2時42分(0時間00分) 下山開始
午後2時59分(0時間17分) 角間池
午後3時12分(0時間30分) 白池
午後3時26分(0時間44分) 原の館駐車場着
急な登りがほとんどなく、滑落しそうな危険を感じる場所もなく、適度な登りが続く、登りやすい山でした。眺望も良く他の季節も登りたい山です。

うみてらす名立

帰路、上越市(旧名立町)道の駅うみてらす名立のお風呂に入って帰ります。温泉ではないので看板等は風呂と扱われています。通常700円ですが午後5時以降は500円です。タオルレンタル付きです。浴室の入口に青と赤のお湯のお浴槽があります。ブルーハワイとワインのお風呂かなと思いきやローヤルゼリー入りとストロベリーショートケーキをイメージしたお風呂でした。他に通常内湯、ジェットバス、檜風呂、サウナ、水風呂、露天風呂があります。シャンプー、コンディショナー、ボディソープもあります。まあまあいいんじゃないでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.04

ザック

ザック

ザックを買っちゃいました。
今までの町用のザックは荷物が入らないので少し大きいものをってことで思い切って三脚を中に入れて山に行けそうな高さのあるものにしました。セールで安かった。あとは重さに絶えられるかです。
夏の山小屋一泊も対応できそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.03

じじ&ばば

じじ&ばば しいたけラーメン

新潟市の「おかず麺処 じじ&ばば」です。
鍋茶屋通りの下手、東新道通りにあります。
今週は平日から結構残業して仕事をこなしてきました。なんとか午後22時で帰れます。レバ刺しが食べたくてじじ&ばばに向かいます。年末が近づいてきたようで、人通りがいつもりより多い古町界隈を通りじじ&ばばに着きました。
お店は、通りから建物の中に入ってすぐ右が入口です。正面にカウンター席、右側に厨房、左側に小上がりがあります。庶民的居酒屋の雰囲気です。さて、今日は…空いています。レバ刺しもありました。ビールとレバ刺しをいただきます。しばらくゆっくりさせてもらいそろそろラーメンで〆たいと思います。
メニューは、醤油ラーメン、味噌ラーメン、塩ラーメンに加え人気のマーボーメンや担々麺、ジャージャーメン、胡麻ラーメンなど中華系も充実しています。今週からしいたけラーメンを始めようかなって事を言っていましたが、ホワイトボードには何も書かれていません。まだかなと聞いてみると出来るとのことでしいたけラーメンにしました。
2人でやっているので混んでいるときは時間がかかりますが、空いているのですぐに作り始めてもらえました。厨房から中華なべを使って作っている音はしますが時間がかかっています。他のメニューよりちょっと長い待ちで出来てきました。
醤油色のあんかけがいい感じです。好みの味がしそうです。
麺は細縮れで、表面が少しザラついた感じのプリプリした歯切れの良いものです。スープやあんかけととても良く絡まります。
スープは、醤油味のあっさりしたものですが、あんかけも混じりまろやかです。食べ終わりに近づく頃の丼中のスープは、あんかけに溶け出した素材の旨味が混じり、麺を替玉したくなるようないい味に仕上がっています。
トッピングは、白菜・人参・玉ねぎ・たけのこ・椎茸・きくらげ・豚肉のあんかけ、ねぎです。豚肉はバラ肉で一旦焼いて旨さを閉じ込めてあんかけにしているようです。
今日は、レバ刺しが食べれました。新作の「しいたけラーメン」も食べさせてもらいました。マーボーメン同様のしょっぱさと甘さの絶妙なバランスのものです。一日(一週間)の終わりを美味しい1杯で〆る事ができました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

がんこ屋

がんこ屋 屋台らーめん

新潟市の「らーめん処 がんこ屋」です。
新潟西バイパス小新インターから県道2号線小針内野線寺尾朝日通交差点に向かい、左側小新中学校先にあります。
今日は、独身でお金に不自由していない出張者と一緒の昼食です。小新辺りで時間がないのでがんこ屋にしました。味的には嫌いじゃないけど、値段が高いのでなかなか食べれません。前回食べてから5年以上経ってました。その間に女池や新潟駅に支店を出したり撤退したりで、本店だけが残っているかと思います。
お店は、左側に厨房、中央にカウンター席、右側奥にテーブル席、その手前に小上がりがあります。古民家を模した白い壁と黒い柱の凝った造りです。午後12時30分前に着きました。3~4割程度のお客さんの入りでしょうか。過去の繁栄が想像できません。
メニューは、醤油、味噌、塩、ゴマ味に分類され、トッピングや辛みを組み合わせたメニューが豊富に用意されています。でも、食べたいと思っていたのは違います。通常のメニュー以外にまだあります。屋台らーめんとその塩、肉と竹の子らーめん、二郎…か?もやしタワーらーめんがあります。食べたいと思っていた屋台らーめんにしました。麺の太さをを選択できるとのこと細麺にしました。FM―PORTのCMで全品大盛りか玉子がサービスとの情報が流れています。どちらにしようかなと考えていると屋台らーめんは対象外とのことです。嘘かよ!なんだそれって感じです。屋台らーめんだけだとちょっと足りないような気もしてひと口餃子3個とライスをセットにした得ランチセットも合わせてお願いしました。
お客が少ないので早く出来てくるのかと思いましたが、普通の待ちで出来てきました。
屋台らーめんとの名前からあっさりしたものを期待していましたが、醤油色濃い目の醤油味しっかりしっかりタイプのもののようです。
麺は、細い縮れでなかなか味わい深いものです。太い麺を使っているお店なんかでは、細麺といっても普通程度の麺を言ってることもありますが、しっかり細い麺です。
スープは、煮干し味と風味の強力なものです。昔、懐かしい煮干しらーめんです。ってことですが、昔からこんな煮干しの濃いものを食べていたのかと思います。かなりしょっぱいです。割りスープをお願いしたくなるようなしょっぱさです。
トッピングは、チャーシュー、メンマ、ほうれん草、鳴門、味玉半個、海苔です。しっかり歯応えのあるチャーシューで、久々に歯応えを楽しめたような気がします。
この醤油味のしっかりした(ちょっとしょっぱ過ぎますが)らーめんはいいのですが、屋台らーめんという名前がどうかなと思いました。780円という値段はめちゃ高いように感じました。また、5年ぐらいしたらどうなっているか来ましょう。

がんこ屋 得ランチセット

がんこ屋は高いっていんしょうですが、得ランチセットだけはお得です。一口餃子3個とライスで100円です。小さめの器ながらしっかりずしりとごはんが盛られています。サービスのごはんと重さが違います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.02

笑美寿亭

笑美寿亭 黒胡麻担々麺

新潟市の「笑美寿亭」です。
本町にあります。竹山病院の隣の小原小路に面しています。
笑美寿亭の担々麺15種制覇に向けての第13種を食べようとお邪魔しました。
お店は、間口が広く奥に厨房、手前にカウンター席、右側にテーブル席があります。下町の食堂って雰囲気です。12時15分頃に着きました。結構混んでいますが、カウンター席に空きがあり座れました。
メニューは、中華系で麺類、飯類、一品料理、紹興酒まで幅広く揃っています。麺類は、醤油、味噌、塩、中華系とあります。さらにこのお店ならではの15種類の担々麺があります。本日のランチも3種あり、麺類は和風味噌ラーメンと半チャーハンです。ランチもお手頃なので引かれますが、担々麺の中から食べようと思って来たのでまだ食べていない黒胡麻担々麺にしました。
その後もお客さんが来て、凄い賑わいになっています。お昼になってすぐのお客さんも多いようで、空いているときのファーストフード並みとまではいきませんが、ほどほどの待ちで出来上がりました。
一般的な担々麺のオレンジ色の表面と異なり黒胡麻らしく器の中の表面が黒で覆われています。ちょっと食べ物らしからぬ見た目です。
麺は、細く平打ちっぽい縮れです。ゆで加減がよくプリプリした歯応えのいい麺ですが、細さからか絡まって取り難い部分もあります。
スープは、担々麺らしい胡麻のまろやかさと深い味わいのものですが、黒胡麻により黒胡麻の風味とさらにそれが強調されています。辛みはほどほどですが、ビリビリと花椒が効いた仕上がりになっています。
トッピングは、挽肉の芝麻醤炒め、白髪ねぎ、糸唐辛子です。
胡麻を楽しむにはこの黒胡麻担々麺が良いです。780円なので少しお高いようにも感じますが、胡麻の風味を堪能しての満足感からは妥当な線でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.01

ごん助

ごん助 味噌ラーメン

見附市の「中華のごん助」です。
国道8号線今町5交差点近く、スーパーマルイの裏辺りにあります。
先週に続き2週連続の2回目になります。先週は長岡生姜醤油系のラーメンを美味しくいただきました。先週お邪魔した時に、他のお客さんの多くが食べていた味噌ラーメンが気になっていたので食べようかとまたお邪魔しました。
お店は、左側に厨房、中央に厨房向きカウンター席(4席)、右側に小上がり(4人掛×2卓)と小さなラーメン屋さんです。まあまあ歴史のある食堂って雰囲気です。午前11時40分頃に着きました。さすがにまだ早いようで他にお客さんはいません。
メニューは、ラーメン、塩ラーメン、味噌ラーメンとそれらのチャーシューメン、野菜ラーメンがあります。予定通り食べようと思っていた味噌ラーメンにしました。
すぐに作り始めてもらえ早く出来上てきました。
濃い味噌の色とトロミの少ないあっさり感がちょっと不思議な感じの味噌ラーメンです。
麺は、気持ち細目の縮れで、ツルツルしていながら適度なモチモチ感もあるものです。醤油のラーメンでもいい感じでしたが、味噌ラーメンにも良く合います。
スープは、濃いめの味噌の色です。赤味噌の味がしっかりしたもので、油も適度に浮いていますが、結構サラサラしてあっさりした感じのものです。インパクトがやや弱く、ちょっと物足りなさも感じますが、食べていてなんかとても健康的に感じです。
トッピングは、キャベツ・もやし・玉ねぎ・人参の野菜炒め、チャーシュー、メンマ、わかめ、鶉の玉子と豊富です。
あっさりした味噌のスープに慣れていないと思います。それでもしっかり味噌の味を楽しめます。トッピングがこれだけ充実して650円ですから、満足のラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »