« こころ | トップページ | 亀甲庵 »

2011.02.23

北越 & 笹すし

もう何年乗っていないだろうか。遠い記憶を呼び戻そうとするが、なかなか呼び戻せない。特急電車に乗るのはいつ以来になるんだろう。最初に乗ったのは、たぶん“つばさ”。母に連れられ母の妹のアパートに遊びに行った時だろう。その後、修学旅行、上京してからの帰省もほとんどが“つばさ”でした。天気の良い日の帰省は、上野発の“いなほ”にのって日本海に沈む夕日を見ながら帰ることもあった。

北越2号

今日は、特急“北越”で金沢に移動しています。新幹線と違い早い時間にホームに入線しました。さっそく乗り込むと『車内販売は直江津からになるので買い物はお早めに』のような車内放送がありました。それなら直江津の駅弁を遅い朝食にと期待しながら刻々と変わる雪の深さ車窓越しに楽しみながら移動します。新幹線に慣れたためのんびりした移動に感じます。各駅停車の旅をしたらどんなにのんびりした旅になんだろう。

笹すし

直江津を過ぎてやってきた車内販売には笹すしがあります。金沢の駅弁は金沢で!と思うのですが『迎えに来てくれたんだ!』って勝手な思いで食べることにしました。
もともと祭りのお寿司とされる笹すし。金沢の懐石料理店「大友楼」が紅鮭と白鮭を使用し笹すし 二味として駅弁にしたものです。おにぎり大に小分けされたお寿司は笹の葉に2重に包まれています。開けるのがとても楽しみです。
醤油をかけて食べますが甘い。お祭りのお寿司ってことで子供でも食べるよう甘めになっているんでしょう。1100円と少し高い駅弁になりますが、十分なボリュームでした。

金沢駅

4時間近くの移動で金沢駅に到着です。金沢は何度も行っていますが、車以外では初めてです。さて、ひと仕事頑張りましょう。

|

« こころ | トップページ | 亀甲庵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18105/50961404

この記事へのトラックバック一覧です: 北越 & 笹すし:

« こころ | トップページ | 亀甲庵 »